俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 椿

第1回 2013年1月24日週の兼題

椿

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句

今週のお便り&俳句道場

『俳句ポスト365』は四月からの本格運用に向け、試験運用のスタートを切りました。沢山のお祝いメッセージをいただき、ありがとうございます!

★今週のお便り〜♪
「俳句ポスト365開設おめでとうございます。松山市の街頭で投句しているような気持ちがして、良いですね♪/すな恵」
「俳句は、五・七・五程度の知識しかありません。四国勤務時代に、松山が俳句の盛んな土地だと知りました。正岡子規を生んだ土地であり当然といえば当然でしょうけど、根付いた文化を継承していく市民の活動に敬服します。難しいことはわかりませんが、俳句遊びを楽しみたいと思っております。/暇人」
「俳句は初めてですが、たまたまネットで見つけた当サイトに参加いたしました。/讃州」
「新しいサイト開設おめでとうございます。水曜日の締め切り、忘れないように頑張ります。/ふづき」 
「サイト開設待ちわびておりました。今後もゆる〜くなが〜くよろしくお願いいたします。椿は落ちるさまを詠んだものが多いですね。蕾とかで作ってみたいけどまだまだです。/奈津」
「新しいサイトオープンおめでとうございます。またお世話になります。こちらでも楽しませていただきます。/都築まとむ」
「今まで、投稿したことはなかったのですが、今回俳句ポストが新しく始まるということで、私もこれを機に、下手でも、出来るだけ毎週投稿しようと思っていますので、よろしくお願いします(^o^)/佐莉」
「新しいスタート、おめでとうございます。これからもよろしくお願いします。/蓮城」
「よろしくお願いします。これから、どんなサイトになっていくのでしょう。楽しみです。最初の一句は、道後温泉・椿湯界隈を思い出して作ってみました。/笑松」
「『俳句の缶づめ』でお世話になりました。他のサイトの方々に俳句の缶づめ紹介し、今回その方々に『俳句ポスト365』を教えて頂きました。/台所のキフジン」

●質問も届いてます!
「『俳句ポスト365』開設おめでとうございます。誰でも手軽に投句できるのが良いですね!サイトのご盛況をお祈り申し上げます。ところで質問なのですが、一人何句でも投句OKなのですか?また、そうであれば、1回の送信につき一句ずつにした方が良いですか?そういう細かな投句ルールがあれば教えていただけると助かります。よろしくお願いします。全然「俳句に対するコメント」じゃなかった…すみません…/鞠月。」

 いえいえ、そういう使い勝手を確認していくための試験運用期間ですので、どんどん質問・ご要望などお寄せ下さい。
 ひとまず私の分かる範囲でのお答えですが、「一人何句でも投句OK」です。「一回の送信につき一句ずつにした方が良いのかどうか」は、運用していきながら調整させて下さい。

 第一回のスタート、さまざまなご挨拶句も届いておりました。

●碧梧桐へご挨拶句
「赤い椿白い椿を振り返る/桔梗@中学の時覚えた俳句。河東碧梧桐の赤い椿にご挨拶です。」
「赤い椿赤い椿しか落ちてない/たかこ@赤と白の椿が落ちる所を見たかったけれど、そんな風にはうまくいかなかったです。」
●子規へのご挨拶句
「山つばき子規をいろんな角度から/ミル」←そんな貴方のためにあるのが、松山市道後の子規記念博物館。俳句愛好者の皆さんは半日いても見飽きない!と言って下さいます〜♪
●夏井いつきにもご挨拶句
「松山はいつきとツバキの良いところ/らっこマミー@俳句のメッカ松山を一度訪れてみたいです(^o^)」←是非おいで下さい!観光ガイド「松山はいく」の吟行コースも楽しいですよ。私は、お酒とビールが試飲できるコースが大のお気に入りです〜♪

●方言俳句も味があります〜♪
「見においでんか椿へ誘ふ姉の文/千九」
「三度目の椿さすけねさすけねえ/根子屋」
 「おいでんか」は「いらっしゃいませんか」という意味の松山の方言。「さすけね」は会津弁で「たいした事ではない」「心配ない」「大丈夫」というニュアンスの言葉なのだそうです。このサイトに全国各地からの方言俳句が集まってくるようになると楽しいですね〜♪

夏井先生

ページの先頭