俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 椿

第1回 2013年1月24日週の兼題

椿

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句
本選句欄では、添削した形で句を掲載する場合があります。
添削は作り替えの提案として句会等でも議論されます。示唆された添削案が自分の表現したいことに合致すれば、作者の判断においてその案を自作として採用してかまいません。

人

玉砂利の音のをちこち白椿
すな恵
白犬を歩かせてゆく椿かな
黒猫と椿とジャズとウイスキー
猫ふぐ
農園の一番底の藪椿
不知火
石段で空を見てをり落椿
阿昼
落椿買い物かごに拾いけり
もね
やはらかに湯の音聞こゆ紅椿
笑松
故郷より祖父の伝えし肥後椿
こま
黒潮といへど紺青藪椿
清水呑舟
嘘ついた途端に白椿落ちる
奈津
乾杯の唄を重ねて椿落つ
たかこ
玉椿煌めく海を船わたる
やにほ
骰子のまずは一の目藪椿
蓮城
つばきつばき家系図しまふ箱階段
ふづき
椿咲く久万の大きな貯木場
ポメロ親父
白椿チェロの聞ゆる新校舎
甘えび
静けさの水面となりぬ藪椿
西原みどり
妹のハナコつないでいる椿
都築まとむ
落椿ローマ数字のⅧとⅨ
兼光
山門にハーレー鎮座白椿
てん点
言語学教授長身椿咲く
漱石の夢に残響花椿
ミル
右の手が紅き椿をむしり取る
理酔
心音のやうに椿の咲きにけり
四万十太郎
紅椿こころ水底深く沈め
尼さまのショールふあと白椿
登美子
藪椿十代藩主の名が読めぬ
毛利あづき
命日や蕊狂ひたる紅椿
大五郎
縁側に椿並べるお飯事
鞠月
おふくろの小言つらつら椿かな
魚水
静けさや懐紙に描く雪椿
八木ふみ
手折られて恋の椿となりにけり
ヤッチー
客と見る椿の落ちしカウンター
のり茶づけ
ふるさとの山は麗し藪椿
八木高穂
独居の父へ手折る桃色の椿
空山
黒潮へつらつら椿なだれけり
原田宗信

並

廃屋の屋根傾きて紅椿
収まらぬ花瓶に浸かる紅椿
紫音
大島を取り持つ絆藪椿
なし
身の色の濃きにたじろぐ花椿
台所のキフジン
落ちてより艶めく椿ありにけり
杉本とらを
椿花あの人の血に違いない
四万十のおいさん
廃業し風呂屋の椿落ちるまま
睡花
潔く落つるも美しや紅椿
輝女
袖垣の乙女椿や中折れ帽
らっこマミー
うとましき女の所業首椿
花屋
椿好きおうな笑窪の窪みまで
バーバラ
孫来たり椿花の陰にかくれんぼ
讃州
亡母残す椿の蕾真白くて
マーペー
落ちてなお 花かんばせや白椿
煤竹
かんざしの椿垣根越しの椿
しかもり
恋葬へ椿ぼっとり落ちにけり
南天
辻斬りの切り捨てごめん椿落つ
クローズ
廃寺の紅さ染み入る椿かな
西条の針屋さん
箒目に落ちて一輪白椿
点額
散り急ぎ客人待てぬ椿の香
むめも
遠く見えお地蔵覆う藪椿
お月さん
ふっくらとくちびる椿耳に落つ
世四
園児らのつらつら椿と踊りけり
三十郎
椿咲くやおら野山を歩こうか
のりみ
椿吸ふ君くれなゐの唇で
一心堂
渾身や花身くずさず逝く椿
たま
第一子公園デビュー花椿
春秋夏炉庵
メール便椿の中を駆けてゆく
花粉症
一花は椿の色の赤で咲く
みゆう
息止めて椿の横を通りけり
いーなん
柴田トヨ椿連れての母らしく
しゅんかん
君までもあの娘が好きか椿咲く
実峰
散らず落つ薩軍墓地藪椿
相模の仙人
築三年庭の小椿蕾みけり
うぶたまご
死生観変えてしまった落ち椿
ようこ
わが故郷は墓守る椿山いっぱい
笑酔
庭いじり音振り返り椿落つ
佐莉
おはようの椿ゆれたりわらったり
ちびつぶぶどう
つばきさく手と手つないでとんでゆく
ソウソウ

ページの先頭