俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 金縷梅

第3回 2013年2月7日週の兼題

金縷梅

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句
本選句欄では、添削した形で句を掲載する場合があります。
添削は作り替えの提案として句会等でも議論されます。示唆された添削案が自分の表現したいことに合致すれば、作者の判断においてその案を自作として採用してかまいません。

人

金縷梅やこんな日故郷発ちたると
酔う太
金縷梅や丸太二本で渡す橋
ポメロ親父
金縷梅の庭に来て居り宅配人
杉本とらを
金縷梅やダムが復活するうわさ
凍蝶
金縷梅のしずくの光通夜の朝
四万十のおいさん
一所不住金縷梅は北に咲く
バーバラ
トンネルの出口金縷梅明りかな
たかこ
花入れにさす金縷梅の灯りかな
しゅんかん
金縷梅や生まれ始めの雲ひとつ
すな恵
金縷梅や行き着く谷のうどん店
不知火
まんさくや空はいたゞき無きお山
めいおう星
まんさくやお日様の丸ひとつ描き
金縷梅の色を捜して刺繍糸
めろ
金縷梅の記する音沙汰二三行
野風
金縷梅や昔廓のありし坂
空山
雨三度金縷梅甘う蒸らしけり
ハラミータ
まんさくや吊橋走り来る少女
てん点
金縷梅や晴光院前なるバス停
鞠月
金縷梅や板戸を開けて坂本屋
白黒の金縷梅私くらいの母
ミル
金縷梅の下に忘れしウイスキー
理酔
まんさくや寺の跡取り婚約す
ぼたん
万作の黄に停めてゐる郵便車
登美子
霊山の結界なるや金縷梅
さち
金縷梅や棚田の石積み直す夫
金縷梅や古き木椅子の揺れごこち
あねご

並

金縷梅の川面に光あつめけり
マーペー
金縷梅にまとわりつける陽光は
ローストビーフ
金縷梅や確かな光溢れをり
大五郎
まんさくや鯉のつぶやき日もすがら
らっこマミー
金縷梅や鯉に谷より水を引き
貴女にもまんさくの花似合います
佐莉
山峡の金縷梅の黄やことさらに
たま
陽をうけて色に咲くなり金縷梅
ジョービタキまま
金縷梅に色もありけり赤に黄
相模の仙人
金縷梅一色だけの万華鏡
紗蘭
金縷梅や咲き放題に咲き乱る
一心堂
金縷梅や延長インターこの辺り
金縷梅の花よ峠へ続く道
笑松
金縷梅はひかり離陸は風生めり
緑の手
金縷梅や昇任祝ふ色集め
八木ふみ
金縷梅や切り紙細工の花のごと
点額
紅色の金縷梅尋ね友の墓
点額
金縷梅を挿す祖母の手の皺深く
竹春
祖母の目に光を灯す金縷梅や
しかもり
金縷梅深窓に住む誰とかや
春秋 夏炉庵
金縷梅は坪庭の主そよと揺れ
光海
金縷梅やまろ石となる五輪塔
rei
まんさくや胸膨らませ笑い声
西条の針屋さん
金縷梅やわだかまり解く青き空
魚水
金縷梅一生懸命叫びます
ちびつぶぶどう
金縷梅や値札も下げてランドセル
藻川亭河童
山門の中で迎える金縷梅
櫻龍
合格に花を添えたる金縷梅
井深靖久
金ろう梅その香を感じ懐かしむ
金縷梅咲く気持ち新たにランニング
ナイス!
金縷梅の花踊りだす次の角
台所のキフジン
モノクロの庭に陽の照る金縷梅や
曲狸
まんさくや隣の娘嫁にゆく
たかし
まんさくやいまだめざめぬねむりねこ
稲穂
庭の金縷梅二杯目のミルクティー
流星
金縷梅咲いて子離れ親離れ
はまゆう
金縷梅や砂漠の果てにあるモスク
小市
金縷梅の目印ありて本籍地
金子加行
金縷梅やほつれかかっている釦
奈津
金縷梅の皆前に出て無口かな
蓮城
金縷梅やとろりとろりと孫の声
南天
金縷梅や母のリハビリはじまりぬ
あやめ
大振りの龜にばっさり金褸梅
笑酔
金縷梅や笑いの壺に嵌りをり
ヤッチー
「金縷梅が咲いているよ」と友の声
八木高穂
まんさくを包み込んだる師匠かな
KIYOAKI FILM
中二病なんてグッバイ金縷梅
根子屋
金縷梅色の髪染めたがる反抗期
れい
金縷梅や梅の一字にだまされて
旭山桜
金縷梅は先ず咲く花と言はれけり
輝女
金縷梅名のみ事々くあはれ
花屋
嘘つきが金縷梅の花睨み居り
大頭
金縷梅や黄色霞に心狂う
キミミキ

ページの先頭