俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 春の風

第102回 2015年2月5日週の兼題

春の風

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句

今週のお便り&俳句道場

■今週のお便り(●が皆さんからの投稿、○が組長コメント)

◆『俳句ポスト365』へのご感想、ご要望、ご質問
●82歳のビギナーです。「超辛口先生の赤ペン俳句教室」を座右の書として、ヨチヨチ歩きを始めたいと思います。よろしくご指導ください。/桜貝
〇最初は誰でも初心者です。ご一緒に楽しんでまいりましょう♪

●里帰り出産の娘と孫の世話で時間がない中、春風の句は全く浮かばず、なんとか2句ひねり出しました。今回も参加することに意義があると信じて投稿します(T_T)/お茶子
●先週は一期一会の1句に選んで頂きありがとうございました。しかし、投句が時間切れでできませんでした(/_;)/~~ 今回初めて新しいスマホから、投句しまーす(*^^*)/珠桜女あすか
●12月の「冬至粥」「冬芽」の投稿より冬眠、2ヶ月ぶり、横浜も昨日今日は12度~14度となり82歳の爺の物干しも霞んだ青空を眺めながら鼻歌交じりでできるようになった。どうやら俳句も久しぶりにできました。ご指導よろしくお願い申し上げます。/ひろし
●昨年の兼題「二月」から、俳句365に投稿を始めて、一年になりました。夏井いつき先生のご指導と皆さんの俳句パワーのおかげで、楽しく充実した日日を過ごしています。今回から、三句以上を目標に精進しようと思っています。ご指導どうぞよろしくお願いいたします。/山上 博
〇参加すること、継続すること、そこから人生の楽しみが開けてきます!

◆要望あれこれ
●俳句ポストにはリンクの出来るバナーが無いのですね。私は写真俳句のブログをずっと続けておりますが、俳句ポストのバナーがあれば自分のブログに貼りたいなといつも思います。もちろんテキストリンクも出来るのですが、これだけブレイクしている俳句ポスト、ぱっと目を引くステキなバナーがあればいいなあ…ご検討下されば幸いです。/雪うさぎ
〇ご要望、ひとまずサイトスタッフに伝えますね。わたしゃ、よーわからんので、ごめんな(苦笑)。

◆俳号に名字をつけよう♪キャンペーン
●苗字を原から凪に変えました。よろしくお願いします♪/凪 ひと葉
●運気をなんとかあげたくて…星野ひとみで御願い申します/桜阪れい改め*星野ひとみ
○『俳句ポスト365』では、「ありそうな俳号をお使いの方は是非とも姓を付けて下さい運動」を展開しています。俳号は、自分の作品を自分のものだと主張する大切な記号。投句者お一人お一人の個性と習熟度を見極めながら、適切なアドバイスができるようにと日々心がけています。以下ご協力の程を。
 ① 同一人物の複数俳号の投句はお控え下さい。
 ② ありそうな俳号には必ず姓をつけて下さい。

◆兼題「春の風」は愛媛マラソン応援企画!
春風も味方にアラ還初マラソン  アイアンママ
●59才でマラソンにチャレンジします。神も仏も春風も、何でもかんでもわたしに力をかしてください。/アイアンママ
●先日、地元の10キロマラソンに出て老骨に鞭打って最高に頑張りました。それは、微風だけど風になったような気持ちでした。/礼子
●私も一病を得る前はランナーでしたから春風の心地よさはわかります。/鈴木 ふみ
●愛媛マラソン応援俳句、Facebookから本名で投句しました。なんと「人」選に拾って頂きました。組長、有り難うございました。賞品が頂けるとか、楽しみにしてます。自分も趣味はマラソンなので、いつかは伊予路を走る春風になります!/隣安
〇去年に引き続いての「愛媛マラソン応援企画」たくさんのご投句ありがとうございました!

●愛媛マラソンの今年の天気は厳しかったです。突然の雨・いつき組の旗が飛んでしまいそうな強い風、私は熊に見えるごとく着膨れていたので大丈夫でしたが、風のせいで体感の寒さはいっそう厳しいものでした。ランナーは本当にきつかったと思います。/雪花
●よしあきくん、ハイトくん、愛媛マラソン応援団ですね?皆さんと走るのかしら? 順位でなくて、楽しんで参加される方も多いのではないかと思います。皆さん無事に完走されますように^o^/紅の子
●2年前愛媛マラソンに知り合いが出ました。復路の沿道で応援していると、現れた彼は歩いていました。「今歩いたら時間切れになる。走れ。」と声をかけて、なんとか時間内にゴール。後で聞くと声援より鎮痛スプレーがほしかったとか。春の風も後押ししてくれましたね。/木槿
●愛媛マラソンのニュースを珍しく静岡でも取り上げておりました。つい組長を探してしまう癖がついてしまいました。/兀兀
〇今年のお天気は過酷でした。『松山俳句ポスト365』のブースにも、冷たい強風が砂を巻き上げ、雨粒を叩きつけ。ランナーの皆さんはさぞかし大変だったろうと!

春の風怒涛の走者伊予路行く  玄次郎
春の風纏ひて走る一万人  ひでやん
●今年の愛媛マラソンは風がひどかったみたいです(出走者のコメント)。/パオ
●愛媛マラソンは冷たい春風のようでしたが、一万人の走者は圧巻ですね/玄次郎
●「愛媛マラソン松山長距離競走路」は、愛媛県庁前をスタートし堀之内の城山公園をフィニッシュとする42.195km(日本陸連公認)のコースで行われる。走り切ったランナーの顔は、一様に満足感に満ち溢れている。俳都松山を吹く春風も喜んでいるようだ。/香壺
●2月8日の愛媛マラソン、寒くて、風も強く、霙も降る中、走ったみなさん、裏方のスタッフ、そして応援した皆様、お疲れ様でした。とても「春の風」という状況ではなかったかと思いますが、風邪など召されていませんか?いやはや一万人といえば町の人口くらいの人数ですからね。延々と続く人の列はすごかった。/ひでやん
〇スタート地点を観るのも圧巻です。最後尾の人たちがスタートするまで、そーとー時間かかるんですもん。1万人って、スゴイよ!

春風やマラソン走るクラス会  むじーじ
●愛媛マラソン協賛句、最近はグループ参加が多いと聞きます。/むじーじ
●各地でマラソン大会がありますね。先日、昨年の愛媛マラソンの模様を『ランスマ』の再放送で見ました。「いつき組」と書かれた赤いハチマキの「100年俳句計画」マラソン部の皆さんのお姿を拝見。いつか愛媛マラソン、走ってみたいです。/さきの咲野
〇いろんなグループがして、それぞれの幟やら旗やら作ってて、「去年はあそこのグループの旗の色に負けたから、今年は旗の数で勝負しよう」とかって思うんだよ、マジで(笑)。

春の風君が女王だマリエちゃん  宇摩のあかつき
●組長!よしあきくん!ランナーの皆様!スタッフの皆様!その他関係者様!愛媛マラソンおつかれさまでした。当日は実況見て、Facebookにも投句して愛媛マラソン楽しませて貰いました。今まで愛媛県民だというのに実況をきちんと見たことがありませんでした。山上選手が怪我をしながらも悪条件の中でがんばる姿を見てテレビ前で感動しました。山上選手、優勝おめでとうございました!とても素敵でした。/宇摩のあかつき
●愛媛マラソン…一万人の走りはテレビでも圧巻でした。若い女子優勝者はこれを最後に陸上とは縁のない道にいくとか…万感の想いのラストランだったはず!新しい道でもがんばってほしいです。/うに子
〇過酷な勝敗には、さまざまな感動があります。今年も胸にじーんとくるシーン幾度か。

●組長 様 娘の愛媛マラソンの応援も無事終わりました。いつも平田町の給水ポイント付近で応援してます。娘の高校時代の友人が幟を作っての応援です。ゼッケン番号でどこを走っているか携帯電話で追跡できるようです。10時頃より平田町で往きを応援、2時前に待てども待てども帰って来ないのでたまらず、北条方面36キロ地点まで歩きました。今年も携帯での追跡が分からず若い女の人に聞きましたが、わからず追跡してもらいました。30キロ地点を4分前に出ましたとのこと、しばらくするとやってきました。応援の声をかけましたら登り坂で相当きついよということでした。少々恥ずかしい様でしたが、ゴールしてから私の声が無かったら諦めていたかなということでした。親ばかですね。 木好/木好
〇いやいや、木好さん。平田の往路復路、声援が力になるというのは、ランナー皆が口にします。ましてや、親の声援ともなれば一入でありますよ♪

春の風喜怒哀楽の波導砲  ちびつぶぶどう
●春風に乗って、いろいろな感情が沸き上がってくる。マラソンで、ゴールテープを切った喜び。足がつった自分への怒り。へたりこんだランナーへの哀れみ。とにかく、誰でもいいから、酒のんで応援する楽しみ。入試や卒業も、春の風に乗って、幸せな、そして残酷な結果を、もたらしてくれます。駄目かも。(涙)/ちびつぶぶどう
〇「誰でもいいから、酒のんで応援する楽しみ」とは、JK受験生とは思えん台詞やな、ちびつぶ~ははは!

健脚のオレンジロード春の風  たんと
●*愛媛マラソンのサブテーマは「湯ったりオレンジロード」でしたね♪/たんと
〇がんがん歌えるんちゃうか、たんと君(笑)。

ランナーの前を春風中継車  田中ブラン
●愛媛マラソンde一句!あっそうそう、3月の「びわ湖毎日マラソン」もヨロシク~♪/田中ブラン
●松野町でも4月5日に桃源郷マラソンが開催されます。私もウォーキング部のスタッフとして河後森城の新城を守っています。吟行にぜひ。 木好/木好
〇マラソンも俳句も一緒に楽しむと、二倍楽しいよ!

◆愛媛マラソン走りました!
〇ランナーたちからの生々しいお便りも届いております。ご紹介しますね、皆さんお疲れさまでした!

骨折十日練習再開春の風  ブルース・リー
●愛媛マラソン3週間前に肋骨骨折。骨折から10日目、久しぶりにジョギング再開してみると、「春の風が頬に優しかった」と言いたかった句ですが、実際はすごく寒かったです。/ブルース・リー

山の神なりきる刹那春の風  照造
●山の神になりきって、平田の坂を走りましたが、なりきったのは一瞬で、後は這う様でした。/照造

ゴールまで膝を騙しつ春の風  原田 甘
●30キロ過ぎからは不平を漏らす膝との対話が始まります。残り5キロは膝を鼓舞しつつ、歩くのと変わらぬ速度でも走り抜きましょう。/原田 甘

この一歩そこがスタート春の風  小夏
●3年前に、一か八かで、愛媛マラソンに応募してからまさかの当選、まさかの完走、まさかのトレーニング継続でもう早3年目になりました。今思えば、あの時のあの一歩から始まったなぁ~と懐かしく感じます。若い方にも、何ごとも、初めては不安はあるけど、はじめの一歩がないと、始まらないということやってを句にこめました。/小夏

雹一つ春の走者が袖下す  切無(せつむ)
●愛媛マラソンに出場しました。4時間越えの遅いランナーです。去年から走り始めました。9回目のマラソンですが最高の大会の一つでした。(良純さんの予報を除いて…うそです)これからも続けてください。できることなら毎年参加させてください。天候は風と雨で大変でした。遅い理由になってうれしかったのですが…。一瞬だけど雹が降りました。寒さに強い私も手袋アームウオーマーを付けました。その時つくれると思ったのですがなかなかできず帰ってからやっとできました。初心者で初めての投稿ですがよろしくです。/切無(せつむ)
〇俳都松山の愛媛マラソンですから、俳句と共に楽しんでいただけたらと思います♪

◆おもてなし日本一の街「松山」の愛媛マラソン♪
おもてなしえひめマラソン春の風  かげろう
道後温泉めざす市民ランナー春の風  ペコちゃん
●地域住民のおかげです。/かげろう
●参加賞に温泉入湯券が付いているそうですね。うらやましく思います。/ペコちゃん
〇マラソンランナーからの「もう一度走りたい」投票1位の実績が、「おもてなし日本一の街松山」というキャッチフレーズとなりました。松山市民が誇りをもって共有する心であります♪

春風や一万人とハイタッチ  雪花
Qちやんに声援止まず春の風  寝ん太郎
メダリスト春風のごとハイタッチ  ごぼうの花
●Qちゃん曰く。「好きな大会ベスト3」に入るとか。きっと市民の応援が素晴らしいのだ。/寝ん太郎
●先日の愛媛マラソンでは、元オリンピック金メダリストの高橋選手がたくさんのチャレンジャーとハイタッチをしていました。とてもさわやかで、春風が吹きぬけていくように見えました。走っている人たちの心にも温かい風が吹いたのではないかと思います。/ごぼうの花
〇Qちゃんの笑顔とランナーたちとのハイタッチは、応援している私たちもほのぼのと嬉しくなるシーンです。

●高橋尚子さんは春の風、有森さんは夏の日射し、赤羽さんは秋の大地、青山学院駅伝メンバーは冬の山。以上、狸の陸上風景解説でした。/狸漫住
〇タヌキマンジュウ君、うまいこというね、君! 文学的やワ~

伊予駆けるもてなし声援春の風  久
脚痛むけれど進むよ春の風  リコフナチバっ子
●初めて愛媛マラソンに参加しました。途中、強風とよこなぐりの雪が辛かったですが、沿道からの温かい応援のおかげで無事完走できました。愛媛マラソンのエイドの充実・沿道の途切れない応援がすばらしく、的確な声援は学ばねばと思いました。最後に疲れが足にきたので「春の風」で俳句を募集していたことを思い出し、気を紛らわせようと俳句を考えながら走りました。超超初心者ですみません。/久
●初めて参加した愛媛マラソン。前日エントリー後に車で試走した時はただ単調な道だなぁとしか思えなかったのにスタートして人の波にびっくり。雨風はつらかったけど人の心の温かさに心に春風が吹きました。温かい春の風のような応援に自分も含めて多くのランナーがゴールまで運んでもらいました。脚をもっているのは本人ですが応援がなかったら多くの人は凹んでいたと思います。素晴らしい応援、運営の愛媛マラソンに乾杯!/リコフナチバっ子
〇ランナーの皆さんのこの声が嬉しいのですよ。こんな声を聞くから、来年も応援しなくては!という気持ちになります。ありがとう!

◆春の選抜高校野球♪
春風よ子規の母校も甲子園  ポメロ親父
出場を決めた球児や春の風  蓼蟲@母校野球部の選抜出場を祝う。
〇スポーツは、マラソンだけではありません。正岡子規さんの母校松山東高校が春の選抜出場が決まったということで、松山は盛り上がっております。

◆組長へ
●長浜句会ライブで組長に初お目見えさせていただきました。/百草千樹
●初めて組長の句会にお邪魔したとき、「東風吹いて唸る黒髪襟白し」に並選をいただきつつ「襟白しってどこのオヤジだ」とツッコミをいただいてから、そろそろ1年になるのか…!と。/理子
〇いろんな「初めての出会い」が、年ごとに熟していく。その年月もまた愛おしいのです♪

●夏井先生が学校には俳句の種が一杯転がっていると書かれていましたね。なるほど、言われてみればその通り。と言うことで、私も足下を見つめてみました。/河内天青
〇河内天青さんも、学校にお勤めですか? どんな職場にも「俳句の種」はあるのですが、学校って子どもたちそのものが「俳句の種」みたいなもんだよね(笑)。

●夏井先生スタッフの皆さんいつも拙い句に目を通して頂きありがとうございます。冬服の並選ありがとうございました。奇しくも初めて投稿したのが丁度1年前のこの日感無量です。俳句も初めてどきどきしながら投稿し表記から教えていただきました。休まず投稿できたのも先生始め皆さんの暖かいお力添えあっての事と感謝しております。なかなか進歩もないですが生活の一部となり季語を通して色んな物に目がいくようにもなり楽しいです。夏井先生お体大事にしてくださいね。今後とも宜しくお願いします。/あさり
●夏井先生、冬服の兼題では、思い出の冬服コーナーに取り上げていただき、ありがとうございました。ちょっと恥ずかしいですネ。/葉月のりりん
●いつもありがとうございます。作句を始めて2ヶ月ほど、先生(組長?)に選句していただく度に理由を考え、少しずつ学ばさせて戴いております。厚かましくもラジオの方へもお邪魔しておりますが、今後とも宜しくお願い致します!/紀貴之
○投句するところから、俳句のある人生が始まってきます。楽しみつつ、続けていきましょうね♪

◆よしあきくんへ
兜あげ春の風受くよしあきくん  小市
●『俳句ポスト365作品集2014』の表紙に登場されたよしあきくんの存在感に圧倒されました。凛々しいお姿を詠ませていただきました。/小市
○次の『俳句ポスト365作品集2015』の準備も始まっていると聞いております。どうぞお楽しみに!

◆ハムテル君へ
どこへでもゆく春の風待ち続け  ハムテル
○私信拝受致しました。俳句のご縁というものの不思議を受け止めております。そんな人生の不思議を共に、俳句に詠んでいきましょう。合掌。
  春の風あれば母あるここちかな   いつき

◆お見舞いありがとうございます!
○先々週は更新が遅れまして、ほんとうに申し訳なかったです。今後もご迷惑をかけることがあると思います……っていうか、明日の更新も金曜日一括とさせてもらいます。すまんねえ。

かなしみを吹き流すだけ春の風  理子
●俳句ポストが更新されないかなしみ。/理子
●松山市のスタッフの方々、組長、いつもありがとうございます。今週の第100回の結果発表が遅くなるとの情報に、心配で落ち着きません。レスポンスの驚異的な速さは、それはそれは有り難いのですが、週1回の更新などでも構いませんから、どうか皆さま無理なさいませんよう。お願い致します。/長緒 連
●「春の風」なんて途方もない数の投稿数になるのではないでしょうか? 組長大丈夫ですか?/紆夜曲雪
●組長、お身体の調子はいかがですか。今回も沢山の投句があるかと思いますが、どうかご無理をなさいませんように。/今野浮儚
●先生。お身体大丈夫ですか? 火曜日、水曜日、何も書かれていないので、少し心配です。/こりのらはしに
●組長 組長のスケジュールが少しハードではないでしょうか? ご自愛ください。/しげる
●いつき組長お身体すこしはよくなられましたか。ハードスケジュールに心身共お疲れではないでしょうか。心配しております。お言葉に甘えて駄句を投稿しますのでよろしくお願い致します。お大事に!/真沙
●組長、博多の句会ではお世話になりました。お疲れから体調を崩されたのですね。養生なさって下さい。/樫の木
●組長、ご自愛くださいの意味を込めてコメント少なめで!笑/江口小春
●組長、お加減いかがでしょうか?各地の句会にいらっしゃるのは良しとしても、テレビ収録の為の東京行きは松山からの中継とかにはできないのでしょうか。四季折々の松山の色々な場所の紹介も兼ねられれば、それも素敵かと思うのですが…。季節の変わり目、どうぞお大事になさってください。/ぷりむら
●先生は体調不良ではありませんか?もしそうならば色々お忙しいでしょうが、思い切り休んでしまうのも勇気です。無理はされませんように。(人生、登山と一緒ですよ)/むじーじ
●前略、組長様。座骨神経質痛はよくなりましたか?以前、娘が部活のしすぎで座骨神経質痛と診断されネットで調べた事があります。油断するととても怖い病気です。無理をされませんように。ご自愛、ご自愛です。/誉茂子
●組長へ 目の痛み、メニエール…と、組長のお身体の具合心配です。先日初めてお会いして熱量のすごさハンパないと思いました。私もたくさんパワーいただいて帰ったのですが、放電する分きちんと充電しないと。酒と本だけではだめですよ。わたし的には睡眠が心身共に一番の回復薬と思っています。お大事になさってください。/奈津
●組長さま。お体の具合はいかがでしょうか。「冬服」の週に、膨大な投句数の話が掲載されていて、そんなに!とびっくりしました。と同時に、ちゃんとそれを私は読んでないなあ、、、とも。ひどいときは投句した結果の確認だけみたいなときもあります。(ご存知だったとは思いますが、、、正直に書いて申し訳ありません。)今、いろいろなことが早過ぎて、これでいいのかなと思いながらの毎日です。もし、更新が隔週になったなら、更新のない週は深く読み返す時間にできるのかなとも思いました。一利用者目線からということで。/ミル
○ざまざまなお便り、ほんとうにありがとうございました。今日は、『プレバト!!』の収録のために東京に来ています。三月に入ると、少しスケジュールに余裕がでてきます。あと少し頑張ります。

◆『プレバト!!』観てます♪
●「プレバト!」は最近私が告知しなくてもチャンネル合わせてくれています♪どうぞよろしくお願いします!代送・まどん/たかちゃん
●季節を塗り替えていく春の風(プレバト版)紅梅の香に包まれをり富士の山 富士山の雲の如きや紅き梅(夏井先生いつもありがとうございます。ご自愛を)/ねもじ
○次回のオンエアは、来週の木曜日です。今日の収録も爆発的に面白かったです。おかげさまで、各地とも10パーセント以上どころか瞬間最大視聴率が20パーセントを超えるという数字が出て、スタッフ一同盛り上がっておりました。楽屋の弁当が豪華でした!(明日のワタクシのブログ『夏井いつきの100年俳句日記』に写真のっけます~ははは!)

◆広がる『俳句ポスト』仲間たち!
●るびいさん冬服の「天」おめでとうございます。るびいさんは北海道でしたよね。実感こもってるな~。折りしも雪まつりの期間中で、雪像を「わーお」とかいいながら見上げているソムチャイさんが目に浮かびました。/奈津
○北海道という土地に住んでいるからの発想だったのでしょうね。素敵な作品でした。

●組長~!最近ぷりむらさんが俳句も好調、コメントもお元気そうでなによりです。このサイトで新しい句友と出会えたり、昔の句友と再会したり、実に嬉しいです。オフ会でもお目にかかりました、松山市の担当者さん、ありがとう!(で、皆さん、ちゃんと投句してますか?)/こま
○もう来年のオフ会が楽しみだよね。あ、春の大花見大会もありますよ。是非、再び松山へ来てね!

◆ちびつぶ物語
●組長~!ちびつぶちゃんに、新しい指令をおひとつ、どうぞ。楽しみにしています。ねえ、とおと様?ほほ(効果音→ゴゴ・・・)。/こま

春の風丸裏に咲くこまとおと  ちびつぶぶどう
●ゴゴゴゴゴゴっっって、こまさま、お手!違う違う、とにかく落ち着いてください!!話し合えばきっとわかるはず。/ちびつぶぶどう
○ちびつぶぶどうよ、女子高生と名乗る君よ、来年の『まる裏俳句甲子園』には万難を排して出場しなさい! この1年で決勝トーナメントに出場できるだけの実力をつけなさい。こまさま&とおとさま、お姉さまがた、もう一度だけ、付き合ってやって下さいな。ほほほ(効果音→ゴゴ・・・)。

◆「人」「地」「天」~ベム・ベラ・ベロ俳人たちより
〇誰が言い始めたか、「『人』選にはいりたい=人間になりたい=妖怪人間ベム」という話で盛り上がり、「『人』選に入る=人間になる=ベム俳人になる=ベムる」と、不思議な動詞や、「天地想像」なる四字熟語が生まれております。

●兼題「黒服」では「人」に選んでいただき、ありがとうございました。夏井先生、お身体に気をつけてお過ごしください!/くわみま
●組長、スタッフの皆さま、お世話になっております。「冬服」では地選を賜り、ありがとうございました。毎週の〆切に疲れてたまには休んじゃおうかなと思っていましたが、ゲンキンなものでシャキーンと元気回復いたしました(笑)。/雪うさぎ
●兼題「冬服」での地選本当にありがとうございます。念願の金曜日の掲載ですが、もしかして別の方の句に、私の俳号が間違って載ってしまったのではとの懸念もありましたが、間違いなく私の句にホッとしております。それにおかげさまで初の五曜日制覇にも至り、昨晩はおいしいお酒を堪能しました。思えば兼題「夜寒」の時から11兼題連続で月~木の四曜日に名を連ねさせていただきましたが、金曜日はとてもとても高い山であり、どうあがいても歯が立たず、自分自身の力の無さを痛感しておりました。ですから今回の地選は素直にうれしく、恐悦至極にございます。まだまだ俳句初心者ですので、これからも日々精進致し、より高みを目指して行きたいと思います。ありがとうございました。/山香ばし
●冬服の天、ありがとうございました。組長がお褒めくださった固有名詞、オノマトペ、助詞はどれもここ俳句ポストで佳句に触れながら繰り返し学ばせていただいていることです。アクロバティック俳人の組長と俳句ポストに関わるみなさまに感謝いたします。/るびい
○なんて刺激的な俳句の広場なんでしょ、ここって♪

◆近況報告~♪
春の風新たな一歩の幕開く  2
●僕は中学1年生です。春の風が中学2年生になるための一歩をアシストしてくれる、背中を押してくれると考えて、この句をつくりました。/2
○君の俳号もユニークやね!

リア充が春風連れてやってくる  でらっくす
●こんにちは。でらっくす@でらっくまの息子、2回目の投句です。僕のこと…と言いたいところですが、僕の向かいから歩いてきたリア充カップルを詠んだ句です。よしあきくんなら、この切ない気持ち分かってくれますよね…?/でらっくす
○ははは、よしあきくんなら分かるのかもしれんが、わたしゃ「リア充」が分からんかったワ~ははは!

春風や腕に巻きたる御魔事無い  くさぐき
●私の星は「一白水星」、嫁さんは「八紫木星」、そして今年、二つの星の相性運は大凶です。やむなく吉野山のお寺に、厄落としをお願い致しました。節分の後に、お札と厄除けの腕輪を送って参りました。肌身離さず、「時のすぐるのを待って」居ります。/くさぐき
○厄落としの旅も吟行やね♪

●いよいよ50代突入です! すみません、句とは全然関係ありません(^^;;/靫草子
○ははは!50代って楽しいよ。わたしゃ、あと2年で60代に突入ですが、60の国も楽しいんやろうと思うよ♪

春風にひしめきあって校舎移転  豆闌
●耐震補強工事のため、仮設校舎に移転しました。机・椅子の移送を高校生自身でやってもらったので、事前準備もさることながら、当日も蜂の巣をつついたような大騒ぎでした。それでもみんな協力的で、スムーズに終えることができました。/豆闌
○君の俳号は「まめらん」と読むのか? 豆闌くんも先生なのか?学校はホントに句材の宝庫やね~♪

意気込みも肩の荷もなく春の風  老兵
●俳句の楽しみは【推敲】し「投句」する事ですが~パソコンも大切な先生で~年々歳々~難しくなります。/老兵
○それもまた楽しいお勉強です。ワタクシの仕事もパソコンなくしては成立しませんが、できるのは原稿の入力とメールぐらいです(笑)。

春風はいつとうきらひ花粉くる  鬼怒
●組長!皆様!お変わりありませんか? 鬼怒は憂鬱です。半死半生で暮らす季節がやってきたからですゥ。私は春が嫌いだァ~~~鼻水は垂れる 悲しくもないのに涙は出る 肌はむずがゆい おまけに熱っぽい! ただでさえ美人でないのに益々ブスになるのよ。春風は私に杉の花粉と黄砂とPM2.5を運ぶだけなんだから!!! 正に、春は「たれこめて」いなくっちゃけなんだから。/鬼怒
○それもまた句材ぢゃ! 読むんだ、鬼怒!(笑)

春風に友の手をひく足かばいつ  寒露
●寒いからと家に閉じこもっているひとり暮らしの友達を散歩に連れ出しました。家のなかより外の方が暖かく感じられました。友達は少し体が不自由。私はといえば膝が悪く本当は歩くのは苦手です。はたからはどんな風に見えるでしょうね。/寒露
○散歩は、そのまま吟行です♪ お友達も一緒に俳句はいかが?

春風や子規の垂幕ゆらしゆく  喜多輝女
●子規記念博物館の前に月替りで掛けてある垂幕のことです。毎月楽しみにしています。/喜多輝女
○子規記念博物館の竹田館長の直筆です♪

春の風膨らむ草木染の出来  山旅人
●地域コミュニテイ事業の一環で草木染のサロンを初めて開設しました。多少の経験はあるものの人に教えるほどの知識の持ち合わせはありません。NHK趣味Do楽のテキストと相談しながらみんなで考えながら進めた。地区内の樹木の剪定で出た枝を利用したものだが結果は上々綺麗な柄のバンダナが生まれてみんな大喜び、次は藍染なんて大胆な言葉も出てきたのでいいのか悪いのかこまっています。/山旅人
○おおー羨ましい、趣味♪

春風に乗つて記念の地中海  重翁
●今年は、45年間、務めた会社を退職し、結婚40周年を迎えます。それを記念に、暖かくなる4月頃、地中海クルージングに出かけたいと計画しています。/重翁
○おおー羨ましい計画!

手賀沼や直哉邸跡春の風  泰然
●我孫子市の手賀沼湖畔は大正時代北の鎌倉と呼ばれ白樺派の文人たちが住んでいました。現在、白樺文学館があります。/泰然
○おおー吟行に行きたいね♪

こちらからあちらへどうぞ春の風  小木さん
なんにでもほいほいほいと春の風  小木さん
春の風姉に彼氏ができました  小木さんの娘
●恋い焦がれている某Tさんに彼氏ができたようで、父・小木さんは傷心しております(笑)/小木さんの娘 
○ははは! す、すまん笑っちゃいかんな、ぷふ。泣くな、小木さん!

立ち待ちの母こちら向き春の風  とうへい
●基本的に土曜日は一人暮らしの母のところへ11時20分に行って、昼食に「セルフうどん」を食べ、一週間分の食材の買い物をし、一時間程度話しをして帰る、ということを続けております。/とうへい
○エライねえ、とうへい君は、たしか同い年よね? ウチは母を引き取っての生活ですが、今日のように県外の仕事で私たちがいない時は、娘夫婦&息子夫婦の力を借りて、なんとかしのいでおります。

来たわけを忘れた妻と春の風  高橋良夫
●夜中の1時頃です。翌日の弁当の事で思い出したらしく、わざわざ起きてきました。しかし、私が先に妻に話しを掛けた為に、妻は、何故起きてきたのか理由を忘れてしまったそうです。原点に戻ると言って寝床に戻りましたが、結局思い出せなくて寝てしまいました。よくある話です。/高橋良夫
○これもまた「春の風」のようなのどかな光景(笑)。

春の風ロゼとチーズと生ハムと  きうい
●ま、わたしゃ、ワインというガラではないからめったにのまへんけど、今回のロゼはクチに合ったみたいやねん。おいしかったわ。へたな大阪弁。ああ、大阪行きたい。/きうい
○きういさん、大阪句会ありますよ。一緒に飲もうぜ~♪

春風や火打石めく白ワイン  田中ブラン
●個人的に、春先~初夏の頃、無性に飲みたくなるのが、ロワール地方(仏)の白ワイン。火打石のニュアンスは、上質なタイプに顕著な香りです。/田中ブラン
○おおー「火打石めく白ワイン」はご教授いただきたい味やね♪

◆「春の風」と子どもたち
○「春の風」という季語は、子どもたちの光景に似合います。可愛いお便りご紹介しますね!

春の風子やぎとオオカミ走りまう  ぐみ
●先日園児(2才児)と梅林へ散歩に出かけました。そこで休憩所を家に三びきのこぶたや七匹のこやぎの劇ごっこをして遊びまわりました。梅の花もチラホラさいてほんわかのどかでした。/ぐみ

しんがりの子は小走りに春の風  江戸人
●お天気の良い日は地元の航空公園で、保育園や幼稚園の園外活動に出会いますが、二人づつ手をつないで行列で歩いている時、最後尾の子は、どうしても速足から駆け足状態になってますね。これがまた可愛いんです(*^_^*) 組長のお孫さんもすぐこうなりますね。/江戸人

春風の土手をジグザグ一輪車  三重丸
●娘が小さい頃、庭の芝生を一輪車で台無しにされた。小学生の練習は半端じゃない。/三重丸

シーソーに双子の兄弟春の風  すえよし
●私の一番上の子どもは双子なんです。「春の風」の句を作ろうとしているうちに、子供が小さい頃のことをふと思い出しました。俳句には記憶を呼び起こす力があるようです。/すえよし

甥っ子の腕時計にも春の風  みえ
●甥っ子ひろしげ7さいの初めての腕時計♪ オレも腕時計が欲しいなあ~なんて可愛い顔で言われるとついつい買ってあげてしまいます。甥っ子が大好きな電車柄の青色の腕時計にしました。/みえ

春の風「とうちゃん」と呼ぶ児がひとり  燐寸坊
●我が家は、子供達は小さい頃からなぜか「とうちゃん」と呼ぶ。だんだん大きくなった息子も今春中学生。私よりも身長も大きくなりつつある息子ですが、それでもそう呼ばれることに、とても温かい気持ちになってます。いつまでもそう呼ばれたい/燐寸坊

◆出会いと別れの春風
わたされたメモ用紙や春の風  勝子
●カメラ持参の散歩道小鳥を撮るおじさんんとカメラとPCの談義で大笑いしました。お別れにHPのメモを頂きました。よき一日でした。/勝子
○おじさんはバードウォッチャー? 鳥の名前が分かる人、羨ましいよ~

呵呵と笑うみんなの写真春の風  松本 だりあ
●最後の独身の娘も終に嫁入りをすることに。家族全員満足の笑い顔。/松本 だりあ
○おめでとう、だりあさん! すぐにまた孫の世話が始まりますねえ♪

見納めの十五万石春の風  クラウド坂上
●娘が4年間お世話になった松山を去ります。2月下旬に引っ越しのため松山を訪れます。/クラウド坂上
○クラウド君、そういうことでしたか。松山とのご縁、今後ともつないで下さいね♪

◆受験生がんばれ♪
春風よ受験生を励まして  たかちゃん
春風や先輩合格おめでとう  でらっくす
●受験シーズンも追い込みですね。我が家は上が大学、下が高校のダブル受験です。長女の机に積まれた赤本を見て、30年前を思い出しました。なんと、彼女は私の母校を受験するんです。なんだか家業を継いで貰う様な気分です。あっ、私はサラリーマンですが。/隣安

朗報を待ちくたびれて春の風  彦山
●いろいろな学校を受験して、ことごとく不合格、そして最後に春風が吹くころにやっと合格の朗報がきました。10年位前のわが愚息のことです。朗報は春風とともにやって来ました。/彦山

春風や合格の声キャンパスに  ちびつぶぶどう
●まだ、合格発表はありません。魔王さんとやらには、まけないわ。/ちびつぶぶどう
○ふふふふ、ちびつぶぶとうよ、がんばれるもんなら、ガンバレよ。魔王ちゃん、こんなおっちゃんの戯言、相手にせんでエエけんな(爆笑)。

◆兼題「春の風」に寄せて
●えっ!こちら北陸は大雪なんですけど。。。春の風、思い出してみます。/富山の露玉
○日本列島長い、長い!

春の風方位磁針と新天地  ひよとり
●転勤するとその地になれるのに一苦労。特に方角となると大変です。現在住んでいる湘南地方では、一般的に相模湾が南ですがそうではなく西湘という場所では東のことがあります。富士山が見える方向は西ですが、見えない場所は方位磁針かな。その点、甲府盆地では道を尋ねれば、地元の人は西へまっすぐ、角を南へこうなるとチンプンわかりません。京都市内も同じようですね。/ひよとり
○山梨とか長野の人、マジ凄いよね! 京都の人もそうか。わたしゃ、方角は全くアウトですワ(笑)。

芥川也寸志の校歌春の風  百草千樹
●1月31日は芥川也寸志の忌日でした。Wikipediaによりますと、也寸志は姪から「はるかぜおじさん」と呼ばれていたそうです。わが母校の校歌の作曲者でもあります。/百草千樹
○「はるかぜおじさん」、エエ名前やなあ♪

春風や松山城は坂の上  老兵
●☆私儀~昭和20年の春~松山城下の「中部第99部隊・航空教育隊」に在隊(現役兵・☆☆☆)~夜間大空襲の時「衛兵当番」で、お濠の「通用門」に立哨していました~兵舎も市内も全焼し沢山の魂が奪われ、その後~伊予鉄道⇒横河原駅の近くでの屯舎にて終戦でした。京都市西京区に在住です~数え年~93才、お陰様にて元気で、77才から「俳句」を習い楽しみに暮らしています。/老兵
○俳句のある人生に豊かさ、ご一緒に楽しみましょう♪

鰭干しももはや終いか春の風  小野寺友香
●わたしの地元はサメヒレ、通称フカヒレですが、日本一の産地です。サメヒレは北風の吹く季節に天日干しして、うま味を凝縮し、黄金色になるのですが、その作業は11月~4月位。あくまでも寒晒しですので暖かな風が吹き始めると天日干しも終了です。春風が終わりを告げているのだと思います。小さな頃からサメのひれが干される風景を見ていましたので、春風の兼題にこの情景が浮かびました 一日でも早く、人選されるように、季節の風物詩や日本の四季を感じるように心がけたいと思います/小野寺友香
○フカヒレ! なんか豪華な地元やね~(笑)。

春風や句集読みつつ土手歩き  八木高穂
●春風に包まれて一茶の句集に目を通しながらの土手歩きは、楽しいひと時です。初夏ともなれば雲雀が鳴き声とともに青空高く舞い上がるのが見られます。土手道ですから、自動車を気にかけることなく歩けることが何にもましてありがたいことです。もちろん排気ガスを吹きかけられたり、吸わされることもありません。/八木高穂
○おおー一茶は、春が似合う俳人ですねえ。そういえば、今日の収録でご一緒した和田正人さん(NHK『ごちそうさん』に出演していたゲンちゃん)が、四月に舞台で一茶をやるそうです。観に行きたいなあと思ってます。

◆オトナの主張
○「春の風」という優しい季語だからこそ、さまざまな思いが心を騒がせるのかもしれません。オトナの主張に耳を傾けてみましょう。

シャンソンも血でなまぐさし春の風  利明
●パリの新聞社襲撃テロは春風一番、それにつづき、日本人、ヨルダン兵の殺戮といとまがない。イスラム国の残忍な行為がいま、まさに世界中の耳目をくぎづけにしている。/利明

かの国に吹いてくれんか春の風  四万十のおいさん
●春の風は厳しい冬が終わったしるし、憎しみの連鎖のかの国に幸せの春は来るのだろうか。/四万十のおいさん

シャングリラ分け合う平和春の風  星野ひとみ
●後藤さんの伝えたかったことは何だろうってネットでも話題になりました。これだけ過ちを繰り返す愚かな人間。平和を願いつつ戦争は無くなりません。彼のように真実を伝えようとして亡くなられた人の思いのようなものを忘れないでいたいと思います。/星野ひとみ

春風や吹いてくれぬかアラブへと  しげ爺
●毎日、新聞TV等でイスラム国に関するニュースが流れていますが、一日でも早く国民の皆様が安心して暮らせるように春風よ吹いておくれと祈らずにはおれません。/しげ爺

集団的自衛権阻止春の風  うらら4号
●夫が、辺野古で、座り込みしています。止めてほしい。ただそれだけ。/うらら4号

大本営発表春の風が吹いてます。  南亭骨太
●最近の政府やマスコミのあり方が私には大本営という言葉を思い出させて仕方有りません。この国は一体何処へ行ってしまうのか不安です。私は郷は愛していますが国を愛することが益々苦しくなっています。/南亭骨太

被災地や今か今かと春の風  髙橋冬扇
●我が故郷、東北は今が寒い時期。底冷えのする寒さの中で仮設暮らしの友もいます。自然の春の風だけではなく、政治の温かい春の風も待ち望んでいるといつも聞きます。東北が立ち直ってこそのオリンピックなのに工事をする人員が不足、資材が不足と嘆きの声が帰郷の折に聞かされました。本当に春よ来いです。/髙橋冬扇

◆今週のオススメ「小随筆」
○お便りというよりは、超短い随筆の味わい。人生が見えてくる、お人柄が見えてくる~♪

春風やすこし派手目のバッグ買ふ  一生のふさく
●特別セールの案内状を貰っていたお店に行った。特に欲しい物があったわけではなかったがお天気もいいし、暖かかったせいもあって、ふらっと覘いてみる程度の軽い気持ちで行ったのに、オーストリッチのカラフルなパッチワークのバッグが目に留まった。派手目なのでしばらく考えていたのだが、一つくらい持ってもいいかなと、えい、やあ、で思い切って買うことにした。家に帰って夫に見せると第一声は「ホー、、、」だった。微妙なリアクションに開き直りの覚悟が決まった。明日から早速、これ見よがしに提げるつもりだ。/一生のふさく

祖父の骨抱く夕暮春の風  稲穂
●春の風の兼題でふと思い出したので。冬季オリンピックや浅間山荘事件があった頃、ダム建設現場へ出勤するため毎朝午前3時には自転車に乗って通っていました。そんな2月5日の事です。当時小学生だった私が、妙な夢を見たか何かで、出かけようとする祖父を必死になって止めようとしましたが、寝ぼけてると一蹴され祖母になだめられ寝床に戻りました。目覚めた時、祖母からたしなめられましたが、釈然としないまま学校の授業を受けていると、呼び出しがあり、至急帰るようにいわれ自宅に帰ると祖父の死が待っていました。稲穂が必死になって止めようとした時刻から約一時間後、居眠り運転のトラックに跳ねられたとのことでした。そして、葬儀で忌引きしている間、する事のない私は、札幌オリンピックや浅間山荘事件の実況中継のテレビ放送の流れる部屋で過ごしていました。春まだ浅い夕暮れ時に、急死した祖父の骨壺の暖かさは今でも掌に残っています。/稲穂

夏井先生

ページの先頭