俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 菜の花

第167回 2017年3月9日週の兼題

菜の花

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句

よしあきくん一期一会の一句!

 「いで湯と城と文学のまち・松山」を応援するのが、それがしの務め。本サイトを応援することも我が喜びにござる。そして、我が座右の銘は「一期一会」。我が心に怒濤の感動を呼び起こす一期一会の一句、今週もドドドーン!とご紹介いたしますぞ!
 以下、●が皆さんからの投稿。○が拙者のコメントでござる。

●「蕨狩」の回で、よしあき殿に9位に選んでいただき、ありがとうございました。小踊りしました。/シュリ
●季語に思い違いをして的外れの句を投稿してしまったのに、よしあきくんのところに入れていただいて感謝しています。メッセージ、嬉しかったです。/三輪佳子
●前回の蕨狩りで、よしあきくんの寸評をいただきありがとうございました。65歳の新人ですので、これからもご指摘のほどよろしくお願いいたします。/治もがり笛
◯シュリ殿、三輪佳子殿、治もがり笛殿、お喜びいただけたとは恐悦至極に存じまする。未熟者ではございまするが、拙者もますます精進いたしまする。

◆よしあきベストセレクション
第10位
花きいろ葉茎きみどり菜んの花 だじゃれ
な~んのはな?それは去年も教えたわ ぐべの実
●よしあき殿  花の名前は何度聞いても、すぐに忘れてしまいまする 姫もあきれたご様子でござった /ぐべの実
◯ぐべの実殿、いつもかたじけのう存じまする。なんのなんの、でございまするな。

菜の花よ食べれる野菜ありますね すその拓郎
●菜の花には、食べれる野菜が何個かありますと言うこと。/すその拓郎

開花待つ君に隠れて食す菜花 二胡
子の箸や菜の花よけて澄まし顔 大家ケイト
菜の花を束ねて嗅ぎて思ひ知る トシヒサ
◯すその拓郎殿、二胡殿、大家ケイト殿、トシヒサ殿、菜の花殿を食されるときには、いろいろな料理もお試しくださいませ。

第9位
菜の花にピカピカ人(じん)の胸躍る 常陸人
●新入社員など春は様々な一年生が誕生する季節。すくっと咲いた菜の花を見て花言葉通り「元気いっぱい」になり胸を躍らせるのでは。一年生はかつてのCMのキャッチフレーズを参考にしてみました。/常陸人
◯常陸人殿、さようでございまするな。ご城下にもピッカピカの方々が闊歩しておられまする。頼もしい春でございまする。

第8位
菜の花を虫と我とでゆずり合う 初音
●菜の花を見つけたので近づいたら虫が花に乗っていました。驚かさないようにそっと離れようとしたら今度は虫の方が飛んで行ってしまいました。今思うと、虫がこの花を譲ってくれたのかもしれません。/初音
◯初音殿、お優しいお言葉でございまする。拙者も小さな虫殿にお会い申し上げた際には細心の注意をするのでございまする。

菜の芽摘むポキポキ折れて腰も折れ 葉っぱのようこ
◯葉っぱのようこ殿、どうぞお気を付けくださいませ。腰殿が折れてはたいへんでございまする。

ネコ戯れて菜花揺らして手に黄色 土耳古猫
◯土耳古猫殿、さようでございまするか。猫殿も楽しまれたことでございましょう。手の黄色は石けんで洗ってくださいませ。

第7位
菜の花でいたいとひと夜種になる みよしい
◯みよしい殿、種に?なるのでございまするか?拙者の大きな体でも種殿になれるのでございましょうか。

夕日浴び菜花揺れ揺れフラダンス 弓
菜の花や心おどらすバレリーナ 果林
●小さな花たちが風邪に揺られて春をおどる軽快感/果林
◯弓殿、果林殿、さようでございまする。菜の花殿は、踊りが得意なのでございまする。拙者も踊るのでございまする・・おっとっと・・

菜の花や八頭身のモデル立ち しんしん
●畑や畔に一二本の菜の花がすっと立っているさまは、『やっと私の出番!』と言うように凛としていると思います/しんしん
◯しんしん殿、さようでございまするな。お城下の川に参りますると派の花殿は、すっくとお立ちでございまする。拙者はなかなか、すっくとは立てませぬが。

第6位
菜の花や夢見心地に酌み交わす コケエロ
●早い時間に誰もいないスナックで付け合わせに菜の花のレピシが出てきました。美人ママさんと二人きり夢見心地です。客来るな!菜の花より美人ママ/コケエロ
◯コケエロ殿、それはそれはそれは!でございまする。拙者もご相伴にあずかりたいおのでございまするが、お邪魔でございまするな。

菜の花とまだ見ぬ貴女重なるる ぶぅちゃん
菜の花をキザな台詞でくどくボク 春と夏子
◯ぶぅちゃん殿、春と夏子殿、菜の花殿を見る頃は、恋の季節でございまする。春でございまする。拙者も早く春が欲しいのでございまする。

第5位
血に染まる菜花逆光の君嗤う ぐ
血の付いた手を染めてくれ菜の花よ 卯辰
◯ぐ殿、卯辰殿、血?!でございまするか。それはたいへんでございまする。拙者は血はダメなのでございまする。ご勘弁なのでございまする。

菜の花の病院のじい黄ばんでく 西銘勇河
●菜の花に囲まれた病院でじいが菜の花のように 黄ばんでく。それはじいが天国という菜の花畑へ羽ばたいてしまったという句です。/西銘勇河
◯西銘勇河殿、哀しいのでございまするな。じい殿は菜の花殿に見送られて、高い高い何花畑に昇られたのでございまするな。じい殿のご幸福をお祈りするのでございまするな。

第4位
菜の花は団塊世代皆んな好き 久仁重
●団地の花壇には菜の花が/久仁重
◯久仁重殿、なるほど、さようでございまするか。菜の花殿は団塊世代なのでございまするか。心して尊敬申し上げる拙者でございまする。

菜の花や婆女子会も撮影会      山旅
●相模湾を見下ろす吾妻山の山頂に大きな菜畑がある。富士をバックに我を忘れての大はしゃぎ、しかしこの人たちは我らが仲間、お許しあれ。/山旅
◯山旅殿、雄大な景色の撮影会でございまするか。拙者も首からカメラをぶら下げて参加させていただきたいのでございまする。

第3位
木久扇が自転車忘れ風に乗り なかなか無茶
●「プレバト」で出題されたものです。風は春風 木久扇師匠は菜の花の黄色そのもの、常にボケをかまし、答えが出来上がっていないのに手を挙げ「忘れた」と言うキャラクター。 自由自在、温かい穏やかな人柄。春風のような存在。菜の花=木久扇師匠 /なかなか無茶
◯なかなか無茶殿、木久扇殿はまことに素敵なお方でございまするな。拙者も大きな体をゆすって笑ってしまうのでございまする。

菜の花やニケツでデート高校生 迷鮎
●菜の花畑を自転車二人乗りでデートする高校生を詠みました。/迷鮎
◯迷鮎殿、二ケツとは懐かしいのでございまする。拙者は普通の自転車での二ケツは無理なのでございまするが。

第2位
菜の花にカニを合わせる男飯 ①S.A.Y.
◯①S.A.Y.殿、それはそれは豪華なお食事でございまする。出来ますれば、拙者もご相伴させていただきたいのでございまする。

荒草としてno菜の花や峡の村 柏井青史
◯柏井青史殿、その峡の村には菜の花殿が広がっておられるのでございましょうな。良い景色でございまするな。拙者もその景色を眺めてみたいのでございまする。

第1位
今月の利益はと菜の花に問う る・こんと
●3月の月締め前に、社長室で期末決算を心配する経営者の独り言をイメージしました。/る・こんと
◯る・こんと殿、さようでございまするか。決算なのでございまするか。拙者のお城も決算なのでございまするが、拙者はとんと分かっていないのでございまする。

◆お知らせ(かつての掲示板)
これまで本掲示板コーナーに掲載していたいつきさんの講演出演情報などは、
夏井いつきの100年俳句日記
http://100nenhaiku.marukobo.com/
で随時ご紹介します。

●新しい投句・投稿システムについてのお願い
 投句・投稿フォームが新しくなっています。投句数の増加に伴って、仕分け作業に多くの時間を要します。以下の事項を守って投句投稿して下さると、組長の負担が大きく減ります。ご協力よろしくお願いします。

①俳句の欄には俳句のみ記入して下さい。一つの欄に一句を厳守。

②「俳句に対するコメント」の欄は記入する必要はありません。(特に気になることがあれば記入していただいても結構です。)

③「ギャ句」「聞き倣し季語」は俳句欄に記入して下さい。ギャ句の原句は「俳句に対するコメント」の欄に必ず記入して下さい。

④「兼題季語についての質問・考察・情報(火曜日「俳句道場」)」は、火曜日「俳句道場」への投稿です。

⑤「『俳句ポスト365』への感想・質問・要望・俳号の変更・各地の吟行情報など」「組長&ハイポニストたちへのお便り・近況報告など」はそれぞれ水曜日への投稿です。内容に合った欄に書き込んで下さい。

◆「ギャ句」に挑戦!
 古今東西の名句を1音変えてみると、愕然と意味が変わる?!「最小の音変換による最大の意味変換」を狙う知的遊びであります。

ぐらぐらと茹でた菜の花はや見ゆる 赤い彗星の捨楽
●ギャ句です。原句は「ふらふらと行けば菜の花はや見ゆる」正岡子規。/赤い彗星の捨楽
◯赤い彗星の捨楽くん、いやどうもどうもどうだです。そうじゃのう、あまり茹ですぎるとのう、ぐにゃぐにゃになるからのう。まあ、気をつけなさい、うほん。

世界の子らになの花いろのひよこっこ 蝶番
●ギャ句です。 元の句は呉羽陽子《世界の子らになの花いろの炒りたまご》。 ひよこ検索したら季重なりしてしまってる…?。ギャ句も季重なり原則NGでしょうか? 清水哲男さんの評を拝見し踏まえて今回のギャ句を補足すると,ひよこは柔らかいだろうしあったかいだろうし可愛いので触れたり育てたりしたらオキシトシン出てハッピー!そして育ったらメスは卵を産む。卵は栄養価が高い!それに美味しい!調理法も沢山!プラス場合によっては鶏の肉を食べることが可能…。/蝶番

菜の花や澳門(マカオ)下れば日の暮るる 蝶番
●ギャ句初挑戦です。 元の句は与謝蕪村の《菜の花や摩耶を下れば日の暮るる》 マカオに菜の花畑あるかは分かりませんがどうやら雲南省の羅平には世界一広い菜の花畑があるようです。/蝶番
◯蝶番くん、おやそうか?季重なりか?まあそうじゃな、ワシは季重なりなど気にもならん。ワシなどは季重なりの名句を山のように詠んでおるぞ。気にせず、マカオでも行くことじゃ菜、うほんうほん。

菜の花や国都砂塵の血は熱く 羽白雨
●ギャ句です。 原句は 松本たかし「菜の花は濃く土佐人の血は熱く」 でした。/羽白雨
菜の花や河馬売る店の夕日影 羽白雨
●ギャ句です。 原句は 正岡子規「菜の花や絵馬売る店の夕日影」 でした。/羽白雨
◯羽白雨くん、なかなかいいじゃあないか。確かに、砂塵渦巻く国都もあるからのう。まあ、ワシは河馬を売る店に興味があるがのう、いやたいへんじゃ、うほんげほん。

菜の花やあちらこちらに一大事 越佐ふみを
●ギャ句 原句「菜の花やあちらこちらに七大寺/子規」 「えっ、何が一大事なの?」キミね、俳句は感性なのよ感性。木曜日夜のTBSでそんなこと言ってみろ。口うるさいあのおばさん(おばあさんか)に即降格をくらうぞ。(追記)でもあの人、美人だよなあ。 /越佐ふみを
◯越佐ふみをくん、そうかそうか草加せんべい。いや、なかなかギャ句は完成せんもんじゃがな、うほんうほん。

なんの花や石蕗東枇杷西に  亀田荒太
●(元句)「菜の花や月は東に日は西に/蕪村」季重りの冬の句になってしまいました。/亀田荒太
◯亀田荒太くん、おお、季重なりじゃあないか。よろしいよろしい。季重なりなんぞ気にしておっては、名句は出来ん。名ギャ句も出禁、いや出来ん。ガンバリなさい、うほん。

菜の花やつぎは冷やしに具はなしに 金亀 子
●じゃじゃーんギャ句。元句は「菜の花や月は東に日は西に 与謝 蕪村」@愛媛はうどん県ですなぁ。 /金亀 子
◯金亀 子くん、いやあ、おれはギャ句精神に溢れておるのう。ワシは好きじゃ、よろしいよろしい。ところで、うどん県は香川らしいがのう、うどんうほん。

菜の花や一旦ホッとの湯上り 山香ばし
●ギャ句 元句は「菜の花や一反ほどの夕明り/山本茂紀」/山香ばし
菜の花に旗日の終わり飲め笑う 山香ばし
●ギャ句 元句は「菜の花に旅の終わりの眼を洗ふ/勝又星津女」/山香ばし
菜の花や昼一人きり生みの音 山香ばし
●ギャ句 元句は「菜の花や昼ひとしきり海の音/蕪村」/山香ばし
菜の花の中お母様の気振りかな 山香ばし
●ギャ句 元句は「菜の花の中を浅間のけぶりかな/一茶」/山香ばし
菜の花のあなたへ遠くハイタッチ 山香ばし
●ギャ句 元句は「菜の花のあなたへ遠く配達夫/東城伸吉」/山香ばし
菜の花のタッパに漬ける風味かな 山香ばし
●菜の花の合羽につける風雨かな/松藤夏山」/山香ばし
菜の花や多喜二のふりし紺絣 山香ばし
●ギャ句 元句は「菜の花や旅路に古りし紺絣/沢木欣一」/山香ばし
菜の花や百戦の風囲碁クラブ 山香ばし
●ギャ句 元句は「菜の花や百千の風動くらむ/大西岩夫」/山香ばし
◯山香ばしくん、おおおお、いいじゃあないか。校長じゃあ、いや、好調じゃあないか。この軽みじゃ、この軽みじゃよ、ギャ句は。しかしじゃ、キミもなかんか苦労があるようじゃ。ひとりでお困りならば、連絡してくれたまえ。まあ、ワシは何も出来んがな、うほんうほんうほーん。

菜の花や食事妻式婚約後 隣安
●どうだ先生に捧げるギャ句@トホホギス。原句は「菜の花や食事つましき婚約後/福永耕二」/隣安
菜の花や村ぢゆうの腹時計鳴る 隣安
●どうだ先生に捧げるギャ句@トホホギス。原句は「菜の花や村ぢゆうの柱時計鳴る/宗田安正」/隣安
◯隣安くん、おお、良い良いよいやさ。そう言えば、ワシも腹時計がなりだした。では、これで失敬、うほんうほん。

いちにちにハンカチ二枚汝が割いて くさぐき
●ギャ句 原句「いちにちにハンカチ二枚菜が咲いて」星野麥丘人 浮気がバレタか、別れ話が縺れたか、および躓いて怪我したか?不明です。/くさぐき
◯くさぐきくん、むむ、たいへんそうじゃが、どうしたこうした?まあ、ハンカチ2枚くらいは大丈夫じゃ。うほんほん。

菜の花や頭突きは東に屁は西に 猫舌扁平足
●ギャ句の元句 『菜の花や月は東に日は西に』 蕪村 菜の花を見て一旦心を落ち着かせ、改めて悔しい思いを爆発させよう/猫舌扁平足
◯猫舌扁平足くん、うん、そうかそうか草加せんべい。ロケット発射の勢いで頭突きとはのう。うんの尽きかのう、うほん。

菜の花や小学校の昼寝ドキッ 比良山
●ギャ句です。 原句;菜の花や小学校の昼餉時;正岡子規/比良山
菜の花の風まぶしくて吾子帰る 比良山
●ギャ句です。 原句;菜の花の風まぶしくて畦蛙;森澄雄/比良山
菜の花の中や手に持つ獣(しし)かしら 比良山
●ギャ句です。 原句;菜の花の中や手に持つ獅子頭;松窓乙二 /比良山
◯比良山くん、学校の階段かのう、それにしても、手のひらの猪とは可愛いのう。不思議なギャ句じゃのう、うほん。

恋人奪いの旅だ なんまいだ なんまいだ 富樽
●ギャ句! 元句は「恋人奪いの旅だ 菜の花 菜の花/坪内稔典」/富樽
さよならがハンザイになる花菜道 富樽
●ギャ句! 元句は「さよならがバンザイになる花菜道/正木ゆう子」/富樽
菜の花どき箱に帰りたし入ってゐる 富樽
●ギャ句! 元句は「菜の花どきは子に帰りたし帰ってゐる/折笠美秋」/富樽
◯富樽くん、おお、なんか破れかぶれでいいのう。まあ、人生気をつけなさい。南無阿弥陀仏波阿弥陀仏、うほん。

うららかやげんげ菜の花草に尿(しと) ハーゲン
●ギャ句:元句は「うららかやげんげ菜の花笠の人/森鴎外」 /ハーゲン
魔の穴魔の穴子供でも生もうかな ハーゲン
●ギャ句:元句は「菜の花菜の花子供でも生もうかな/時実新子」/ハーゲン
歯の穴を挿すか埋めるか見捨てるか ハーゲン
●ギャ句:元句は「菜の花を挿すか茹でるか見捨てるか/櫂未知子」/ハーゲン
愚禿淫乱を触れりあの花菜 ハーゲン
●ギャ句:元句は「愚禿親鸞を触れりあの花菜/永田耕衣」 @小生は偉い親鸞さんとは違うので、自分のことを「ぐとく」とは申しません。ですから、小生のことでは……、念のため。/ハーゲン
◯ハーゲンくん、なにか、俳号が気に掛かるが、まあ、その、よろしいよろしい。立ちションはいかんぞ。ワシはそんなことはせん。座っておる!うほんげほん。

菜の花や西の遥かにとぽるいる はずきめいこ
●元句 菜の花や西の遥かにぽるとがる 有馬朗人作 とぽる様とは高名なハイポニストの方です。尊敬してます。お名前お借りしてすみません。ギャ句/はずきめいこ
菜の花畑ゴジラ一万飛んでいる はずきめいこ
●元句 菜の花畑扉一枚飛んでいる 森田緑郎 作/はずきめいこ
名の「花乃」どこをくすぐったら怒る はずきめいこ
●元句 菜の花のどこをくすぐったら光る/はずきめいこ
◯はずきめいこくん、おおおお、とぽるくんもガンバっておるじゃあないか。ゴジラも好きじゃぞ。そんなこんな、ガンバってくれたまえ、うほんうほん。

「ギャ句に挑戦!」この寺も同じ一本バナナ斎 ひろ志
●原句は「この島におなじ日りん花菜時/飯田蛇笏」  /ひろ志
◯ひろ志くん、これは??が付くギャ句じゃ。ワシも歳を取ったかのう。まあ、気にはしておらんので、ガンバってくれたまえ、うほん。

菜の花やつくば東に飛騨西に よあけの晩
●「ギャ句」に挑戦。「菜の花や月は東に日は西に 蕪村」/よあけの晩
◯よあけの晩くん、確かにその通りじゃ。間違っておらん。その通りじゃ。その通りじゃ、うほぬほん。

大原女が摘む菜の花と胸をもむ 糖尿猫
●元句: 大原女が摘む菜の花は胸にもゆ (萩原麦草)/糖尿猫
安房の海や山の頂きまでさかな 糖尿猫
●元句: 安房の海や山の頂きまで花菜 (村山古郷)/糖尿猫
一本づつ涼しいやうなバナナかな 糖尿猫
●元句: 一本づつ涼しいやうな花菜かな (細見綾子) バナナ句が大量に生産されているに、10000いつきを賭けます。/糖尿猫
医学部の窓のさまざまバカな子 糖尿猫
●元句: 医学部の窓のさまざま花菜光 (森白樹) 医学部って、バカが多いですよ。バカだらけと言っても、過言ではないようですw わたしが、駅弁卒だったからかもしれませんが。 /糖尿猫
菜の花の中に白蟻こりゃまぁ 糖尿猫
●元句: 菜の花の中に城あり郡山(許六) こりゃまあ、よしあきくん殿のお城は、大丈夫でしょうか。 白鷺城などの別称をもつお城は多いのですが、よしあきくん殿のお城は別名「白蟻城」とかいわれたりしていませんか? /糖尿猫
てつぺんに山頂のある花菜丘 糖尿猫
●元句: てつぺんに山荘のある花菜丘 (吉良比呂武) ふつう、てっぺんは山頂にありますよね。/糖尿猫
◯糖尿猫くん、うん、うん、なかなか苦労をしておるようじゃのう。そんな時はギャ句が良いのじゃ。よしあきくん、にも気をつけるように言っておこう。ワシは大丈夫じゃ、うほんうほん。

菜の花や岩を曲ればおとう見ゆ 小市
●どうだ先生に捧げるギャ句シリーズ@原句は《菜の花や岩を曲れば怒濤見ゆ/阿部みどり女》/小市
菜の花に少年富を好みけり 小市
●どうだ先生に捧げるギャ句シリーズ@原句は《菜の花に少年海を好みけり/五所平之助》/小市
菜の花の真っ青な影性深化 小市
●どうだ先生に捧げるギャ句シリーズ@原句は《菜の花の真っ青な影精神科/斎藤愼爾》/小市
内乱期には菜の花がよく似合ふ 小市
●どうだ先生に捧げるギャ句シリーズ@原句は《炊飯器には菜の花がよく似合ふ/川崎展宏》/小市
サヨナラが漫才に似る花菜道 小市
●どうだ先生に捧げるギャ句シリーズ@原句は《サヨナラがバンザイに似る花菜道/正木ゆう子》/小市
菜の花を挿すか茹でるかミステリー 小市
●どうだ先生に捧げるギャ句シリーズ@原句は《菜の花を挿すか茹でるか見捨てるか/櫂未知子》/小市
足の裏まで菜の花の水明り 小市
●どうだ先生に捧げるギャ句シリーズ@原句は《橋の裏まで菜の花の水明り/鳥井保和》/小市
菜の花の妊娠できぬ広さかな 小市
●どうだ先生に捧げるギャ句シリーズ@原句は《菜の花の安心できぬ広さかな/小野裕三》/小市
菜の花のどこをくすぐったら怒る 小市
●どうだ先生に捧げるギャ句シリーズ@原句は《菜の花のどこをくすぐったら光る/村井和一》/小市
菜の花や天草神父に可否たづぬ 小市
●どうだ先生に捧げるギャ句シリーズ@原句は《菜の花や天草神父に歌碑たづぬ/角川源義》/小市
◯小市くん、いやどうもどうもどうだです。今週もガンバッタじゃあないか。よろしいよろしい。しかしじゃ、人生いろいろ、ギャ句もいろいろじゃ。期待しておる、うほんうほん。

かなり矢を花菜の風に飛ばせたな 小川めぐる@チーム天地夢遙
●ギャ句です【原句:カナリヤを花菜の風にとばせたや /太田鴻村 」 追い風を受けて射程距離大幅UP(^^)v /小川めぐる@チーム天地夢遙
てつぺんに雀荘のある花菜丘 小川めぐる@チーム天地夢遙
●ギャ句です【原句:てつぺんに山荘のある花菜丘 /吉良比呂武」 「チー!チーっ!」元気な鳴き声が聞こえる。 「ポン!あ、それもポン!いよっしゃロォオン!」丘の上の雀荘は、今日も鳴き上手のおぢさんたちで賑わっています。 /小川めぐる@チーム天地夢遙
寝てさめて追いゆく花菜明かりかな 小川めぐる@チーム天地夢遙
●ギャ句です【原句:寝てさめて老いゆく花菜明りかな/ 長谷川双魚」 菜の花に魅せられ、開花を追って日本縦断撮影旅行・・・素敵だなぁ(^^) /小川めぐる@チーム天地夢遙
菜の花の中に白蟻こぉりゃあま!(@@; 小川めぐる@チーム天地夢遙
●ギャ句です【原句:菜の花の中に城あり郡山/許六】/小川めぐる@チーム天地夢遙
◯小川めぐるくん、おおそうかそうか。雀荘か。まあこのごろは、少なくなったそうじゃあ内科小児科肛門科。ゆっくりと楽しみたまえ、ギャ句もな、うほんうほん。

◆今週の「聞き倣し季語」?!
 兼題の季語が、耳にどう聞こえるか?……というクダラナイ試み。

あの鼻・他の鼻・奈々の鼻(岡田奈々?←ご存知の方はいらっしゃるだろうか…。 榮倉奈々?) さとう菓子
●「聞き倣し季語」すみませ~ん!/さとう菓子
◯「鼻」シリーズじゃな。よろしいよろしい、うほん。

蛾の穴 はずきめいこ
●聞きならし季語 (菜の花)/はずきめいこ
魔の花 はずきめいこ
●聞きならし季語 菜の花/はずきめいこ
◯なにか、怪しいのう、うほん。

何の鼻? ひろ志
◯おい、触るな、ワシの鼻じゃ、うほん。

青山・和やか・パノラマ まゆ熊@地味ーず
●聞き倣い季語/まゆ熊@地味ーず
◯だんだんと「空耳アワー」化しておーる、うほん。

鼻の穴 山香ばし
なのかな? 山香ばし
◯そうかな?うほん。

名はハナ 亀田荒太
●近所の織田さんちのワンコは「ハナちゃん」という名前です。カワイイ、です。/亀田荒太
◯どうだです!うほんげほん。

◆今週の「なんちゃって回文」

縄の中縄跳びと罠か菜の花 月の道
●どうだ先生、菜の花はちょっとサスペンスなのです。/月の道
なわのなかなわとびとわなかなのはな
◯そうかそうか草加せんべい。サスペンスは分かりにくいもんじゃな、うほん。

名は「野中の薔薇」の騾馬の香菜の花 月の道
●どうだ先生、臭いとウワサの菜の花を表現してみました。菜の花というより、香菜シャンツァイのことを詠んでしまった気はするのですが。/月の道
◯どうかなどうかな、銅鐸かな?まあ確かにじゃ、菜の花に囲まれると、なかなかの臭いじゃからな、うほん。

味油菜並ぶアジア あじあぶらなならぶあじあ 紅の子
月曜 回文 紅の子
◯簡潔でよろしい。ここからじゃ、うほん。

那覇の「な」は遠し来し音は菜の花 遠音
●回文俳句。なはのなはとおしこしおとはなのはな/那覇は口の端にのぼせる瞬間から既に遠いのだよ、彼方から彼の者がおとなう響きは、そう、田畑にいつのまにか黄色く沸き返ってそ知らぬふりの花々のごとく、気づけば僕の領域を心地よく犯している。千里同風。/遠音
◯那覇は遠いのか。キミのところも遠いのう、うほん。

神酒美味し並ぶ油菜仕舞う君 赤い彗星の捨楽
●回文。「みきうましならぶあぶらなしまうきみ」お神酒まで片付けられてしまわないように、飲み過ぎ注意。/赤い彗星の捨楽
◯そうかそうか、もう、閉店か。また明日、うほんうほん。

菜花咲く黄色色生き草菜花 悠
●なばなさくきいろいろいきくさなばな
回文俳句にしてみたよ(笑)/悠
◯そうじゃそうじゃ、なんでも回文じゃぞ、うほん。

恋にか菜の花ほな葉の中に行こ 富山の露玉
●回文俳句に初チャレンジ!む、難しいです。。。なんとか17音になったので送りますが。。。もうしないと思う(-。-;/富山の露玉
◯おお、よろしいよろしい。その調子じゃ。なんでも送ってきなさい、うほん。

菜の花の涙やだ皆の名葉の名 小川めぐる@チーム天地夢遙
●回文です【なのはなのなみだやだみなのなはのな】 美菜、真菜、純菜、春菜、里菜、「菜」のつく名前はいくらでもあるのに、今回のツアーの皆さん、「葉」ばっかり!柏葉さん、椎葉さん、秋葉さん、千葉さん、一葉ちゃん、双葉ちゃん、若葉ちゃん・・・菜の花、悲しい(T◇T) /小川めぐる@チーム天地夢遙
◯そうなのか。うーん、それは知らんのう、知らんのう、うほん。

《トラジ》らし酔ふ菜花笛しらしらと  ウロ
●回文俳句です。     とらじらしえふなばなふえしらしらと  朝鮮民謡トラジの笛の音に菜の花が酔っている。 /ウロ
下り坂菜花に菜花飾りたく ウロ
●回文俳句です。  くだりざかなばなになばなかざりたく  下り坂の絵には菜の花が黄色に…。見ていたらその絵を摘んできた菜の花で飾りたくなってきた。 /ウロ
◯おお、やっと意味が分かるものが・・う、げほん。

長き夜の那覇の菜の花の良きかな 糖尿猫
●ながきよのなはのなのはなのよきかな 回文であります。/糖尿猫
菜の花や知らず珍し簗場の名 糖尿猫
●なのはなやしらずめずらしやなばのな 回文です。/糖尿猫
◯意味が分かるとはよい子とじゃな、いや、よいことじゃな、うほん。

今朝皆は那覇の菜の花花見酒 くろべぇ
●なんちゃって回文 けさみなはなはのなのはなはなみさけ pm11:42ギリセーフかな?/くろべぇ
◯おおおお、菜の花の花見はいいじゃあないか、うほん。

菜の花の咲けば憎しみ止みし国 こま
●「蜂」の鈴木牛後さんの回文俳句の心にささやかな返句。後半だけ回文。/こま
◯後半だけ回文とは、面白いのう、うほん。

ねえ菜の花は那覇の苗ね 猫舌扁平足
●回文です 『ねえなのはなはなはのなえね』やっぱり菜の花は那覇育ちにかぎりますね/猫舌扁平足
◯おお、いいぞいいぞ、なかなか、いいぞ、うほん。

煮香る菜の花の菜は野なる丘に さとう菓子
●「なんちゃって回文」にかおるなのはなのなはのなるおかに…食する菜の花は、野(田畑)のある丘に咲いている。の意。毎回苦しい回文で、失礼致します。/さとう菓子
◯いや、苦しゅうない苦しゅうない、近うよれ、うほん。

舞い立った那覇の菜の花たった今 ちびつぶぶどう
●なんちゃって回文 いちおう意味は通じるかな。/ちびつぶぶどう
◯通じておーる!頼むぞ、うほん。

黄が敷いていく花菜は食いて石垣 ときこ
●「なんちやって回文」きがしいていくはななはくいていしがき・・・初挑戦してみましたが俳句になっているかは微妙?(´・ω・`)/ときこ
◯いや、よろしいよろしい。回文も挑戦せんといかんのう、うほん。

菜の花はいるか明るい塙の菜 衣玖
●回文です。「なのはなはいるかあかるいはなはのな」初挑戦です。/衣玖
この花菜つつきて来つつ七羽の子 衣玖
●回文です。「このはななつつきてきつつななはのこ」/衣玖
◯おお、いいじゃあないか。回文はまず、短くじゃ。その調子でな、うっほん。

横に土間妻菜花待つ窓に来よ 璃当
●回文 よこにどまつまなばなまつまどにこよ/璃当
◯妻を呼ぶのはよいのう、うらやましいのう、うほん。

縄の綯はれこの軌跡のこれは菜の花 鈴木牛後
●なんちゃって回文/鈴木牛後
◯キミが作ると、こう何か格調を感じるのう。いやよろしいよろしい。うほんうほん。

 

※『俳句ポスト365』の文字が小さすぎる?
 この問題に関しては「それぞれのパソコンの個性によって見え方が違ってくるので、統一して同じ大きさにするのが難しい」のだそうです。次の方法でひとまず対処して下さい。
 「CTRL(コントロール)」のキーを押さえておいて「+(プラス)」のキーを押すと、自動的に文字が拡大されます。同じ方法で「-(マイナス)」のキーを押すと小さくなります。一度この方法を試してみて下さい。

よしあきくん

ページの先頭