俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 菊日和

第176回 2017年7月13日週の兼題

菊日和

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句

今週のお便り&俳句道場

■今週のお便り(●が皆さんからの投稿、○が正人&夏井&茅の輪コメント)

●新しい投句・投稿システムについてのお願い
 投句・投稿フォームが新しくなっています。投句数の増加に伴って、仕分け作業に多くの時間を要します。以下の事項を守って投句投稿して下さると、組長の負担が大きく減ります。ご協力よろしくお願いします。

①俳句の欄には俳句のみ記入して下さい。一つの欄に一句を厳守。

②「俳句に対するコメント」の欄は記入する必要はありません。(特に気になることがあれば記入していただいても結構です。)

③「ギャ句」「聞き倣し季語」は俳句欄に記入して下さい。ギャ句の原句は「俳句に対するコメント」の欄に必ず記入して下さい。

④「兼題季語についての質問・考察・情報(火曜日「俳句道場」)」は、火曜日「俳句道場」への投稿です。

⑤「『俳句ポスト365』への感想・質問・要望・俳号の変更・各地の吟行情報など」「組長&ハイポニストたちへのお便り・近況報告など」はそれぞれ水曜日への投稿です。内容に合った欄に書き込んで下さい。

◆『俳句ポスト365』へのご感想、ご要望、ご質問
●松山へは以前旅行で行ったことがあります。松山市内を巡る「坊ちゃん電車」に乗ったり、子規堂や記念会館や道後温泉に宿泊して、石手寺を訪問してきました。その折愛媛県に住む友達より「俳句投稿」の行事を知らされ、その場で4句作って推敲もせず、投稿用紙に書いて投句しました。結果は見るまでもなかった。俳句は季語の扱いで行き詰まり、時折中断しては、思い直して作っています。/徳永 北道
●夏は何かイベントか何かありますか?/かよ
○こんにちは!松山市へお越しいただきありがとうございました。俳都松山でより深く俳句に親しんでいただけたようでしたら嬉しいです。夏には俳句甲子園があります。ぜひ来年観に来てください!(茅の輪)

●気軽に投句できて嬉しいです。/いけのはら
●投句できる場を提供してくださり有難うございます、初めて半年まだまだ先は長いです。 細く長く続けまので、よろしくお願いいたします。/のぶ子
●句作は楽しく、ドキドキする自分が面白い。そう思います。/谷元央人
●菊日和とても素直な季語でした。類句 多そう!/たけ爺
●久しぶりの投稿になります。『菊日和』、なんて綺麗な言葉でしょう。きっと皆さん爽やかな句を詠んでくるのでしょうね…ぐぎぎぎ(歯ぎしり)/桜井そら太
●俳句を6月に初めてから、日々新しい言葉に触れることができてありがたいです。今回の「菊日和」も日常の感覚に取り入れ、季節先取り、優雅に過ごしていきたいと思います。/結城 然
●3年前の兼題「法師蝉」から俳句ポストに参加させていただき、今回の兼題「菊日和」でちょうど100兼題目となりました。これからも楽しみつつ、参加し続けたいと思いますので、よろしくお願いします。/山香ばし
○おお~こつこつ参加記録もはや100兼題目ですか。三桁突入ってメモリアルだなあ♪(正人)

●これから投稿させて頂きます。 宜しくお願い致します?/朱河
●初参加ですが よろしくお願いします。/光風
●初めての投句で選句される状況を見さしていただきます。/甲賀忍者
●俳句を自己流で始めたばかりです。主人と毎週プレバトを見るよになってから始めてみました。。/いけのはら
●超初心者、初めての投句です。 よろしくお願い致します。 プレバトやNHKの番組を楽しく視聴させて頂いています。 娘が歳時記と超カンタン俳句塾をプレゼントしてくれましたのでしっかり楽しみたいと思います。/順女
○いい娘さんですなあ、ようこそ俳句の世界へ!(正人)

●こんばんは。先程髪を乾かしていたら、今日が締め切りだと気付きました。あと2時間!昨日お知らせメールをいただいていたのに…。間に合って良かったです。よろしくお願いいたします。/さとうりつこ
●今夜は早めに投句しました。まだあと少し考えて、今夜中にはまた投句する予定です!あくまで予定ですが・・汗/k.julia
●またまた締め切り日がやって参りました!今週もよろしくお願いします。まずは2句 。しかし時間の経つのは早いですね-。子供の頃は退屈な時間が割とあり時間持て余してたっけ!/まめ小路まめ子
●これでよし、と自信をもって投句できるように、早くなりたいです/松山めゐ
●組長様、正人様、よしあき様、スタッフの皆様、毎々お世話になっております! ひぃひぃしながら、なんとか続けさせていただいています。未だうまく発想を飛ばすことができずにいますが、いつかいつかと、楽しんで考え続けたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。 /ながら
●俳句、句会文化に不慣れなのに、急に思い立って投稿してしまいました。 また勉強して、出直してきます!/ゆうり
○不慣れだからこそ、無料にしていつでも参加できる『まつやま俳句ポスト365』があるのです。出直す気概があるのならば、次回投句から頑張りましょう。(夏井)

●句会はどんなことをするんでしょうか?/いでお
●夏井先生、正人様。 私の俳句が、「ひこばえ句会」で誉められました。そして、句会初参加の私はよそ様の俳句を批評したりしました。 やぁーッ!世の中進歩しています。 私も、私なりに進みます。/水間澱凡
○句会とは、ま、こんな感じ。(笑@夏井)

●いつもありがとうございます。 投句の結果発表も楽しみですが、月,火、水の皆さんの投稿も楽しいです。難しい兼題が出されると あ~私だけでなかったと思いますが、さらに皆さんはいろいろ奥深く調べるんですね(当然?) 沢山の投句で大変と思いますが、投句人数、投句数が見やすい所にあると助かります。 それから、水曜の今週のお便りの正人様とはどんな方なのでしょうか?すてきな句を作られるウェンズデー正人様ですか?すみませんまだいろいろ解からなくて。これからも宜しくお願いします。/しー子
○勿体ないお言葉をありがとうございます、お察しの通りウェンズデー正人でございます。今回は1040名、5202句でございます。今後ともよろしくでございます。(正人)

●いつき先生、いつもありがとうございます。 秋櫻子忌の天地人の皆様の句に感動しまくりました。 よくわからなかった事も、先生の丁寧な解説に書かれてあり、読みながら暫く唸っていました。 この感動で、日々の煩わしい出来事も乗り越えていけそうです。 詩の力、言葉の力、俳句の力は偉大ですね。 先生、いつも感謝の気持ちでいっぱいです。/ほしの有紀
●夏井先生、正人さまはじめスタッフの皆さま、ハイポニストの皆さま こんにちは。17回目の参加になります。宜しくお願いいたします。 夏井先生 兼題「秋桜子忌」の回では、先生のお名前の一字を間違えたお便りを出しまして、大変失礼いたしました。申し訳ございませんでした。また、並選いただき、どうもありがとうございました。忌日を詠むのは本当に難しかったです。実感のある句を詠むのには、人生経験がいるでしょうか。 最近、自分の感性をどう磨くか摸索しています。コツなどございましたらご教示お願いいたします。 さらに、私は、まだ吟行に参加したことがありません。沖縄で気軽に参加できる吟行情報などございましたら、こちらもご教示お願いいたします。 今回の「菊日和」も頑張ります。どうぞ宜しくお願いいたします。     龍明 拝 /輝 龍明
○吟行っていうか俳句甲子園の沖縄大会どうですか、って書こうにももう終わっていた。嗚呼悲しみの時間差。(正人)

●毎回、結果を見るのを楽しみにしています。さて、天以外の選についての質問です。掲載の順番に優劣の意味はありますか?同じ入選でも、最後の方に掲載されるより始めの方に載っている方が嬉しい気がします。/吉川哲也
○100句ぐらいから始まった投句数ですが、現在はコンスタントに5000句を越えるようになりました。順番を整えるだけの余力はありません。ご了承下さい。(夏井)

●既出だったらすみません。 「よしあきくん 一期一会の一句」?「今週のお便り」のコーナーのテキストのフォントの装飾(色を変えたり、太字にしたり)は出来ない仕様なのでしょうか? /次郎の飼い主
○句の部分だけ強調フォントに、みたいなことでしょうか?技術としてはできなくもない…んだけど、あまりに数が増えてますからねえ…。こちらもご了承いただけますと誠にありがたく。(正人)

◆我ら並選隊
●なかなか並みから、上に行くことができません。一言ご教示いただけませんか?/松野英昌
○日頃から十二音の言葉のストックをとにかく貯めておく、てのはいかがでしょう。五音の季語とくっつけてみると予想外の名句が誕生する可能性もありますよ。(正人)

●二回「地」に選んでいただいた息子に刺激を受けて 「青芝」より投稿始めました。「白靴」で添削して頂きまして 感嘆しております。 有難うございました。 /新田 淑
○息子と切磋琢磨であります!(正人)

●いつき先生、正人様ほか組員の皆様 暑中お見舞い申します 烈夏 並が続き、やっぱりセンスないかなと半ば諦めていました。どうしようかの波が大きくなったり消えたりで・・・。でも、今度の兼題は昨年週3回のリハビリを受けていた頃、終えて外に出ると職員さんたちの丹精込めての菊が並びこの情景を思い出しました。1つにつき十句以上は出るのですがきちんと表現はまだまだです。「日々勉強」をと改めて思います。/駄口竹流
○待てば海路の日和あり、相性の良い季語でびびっ!とくることもあるかもです♪(正人)

◆俳句修行は楽し♪
●いつも皆さんの考察や俳句に刺激をいただいています。今は俳句を詠むので一杯一杯ですが、季語考察にもそのうち参加してみたいと思っています。そのためにもまずは経験! ですね。今年はできるだけ菊を見に行ってみたいです。/霞山旅
○実物見に行ってみるのがなにより楽しい修行でありますなあ!(正人)

●今日7月21日、兼題「秋櫻子忌」の天地の句を拝見して、本当に素晴らしい描写に心打たれました。私自身も四苦八苦しながら、一つの兼題で初めて14句も作った、思い出の兼題となりました。やっぱり熱心に考えた季語の句は、鑑賞できる。天地の12句、すっとその世界に入れる。私も俳句を作るだけじゃなくて、ようやく歴史や、俳人の人となり、過去の傑作に目が向くようになってきたのがわかって嬉しいです。知識不足を突き付けられても、それこそが新鮮で楽しく、もっともっと知りたくなります。色々な人のいろいろな感覚、知識、発想を分けていただいて、多くの句を鑑賞できるようになりたいです。/播磨陽子
●ハイポの過去の作品を読み漁る一周目は「どうかしてゐる歌留多にひらがなは群れて」(兼題 歌留多 Y音絵さまの天句)の状態。読むのに苦労しつつ、どうしてもやめられず一ヶ月かけて読みました。意味の分からない句が多くあったのが本音です。しかししかし二周目は脳と目が俳人用バージョンアップされたとしか思えないほどイメージが沸き立って興奮しました。自分で作ったり本を読んだり他の方と交流しつつ句歴半年、原点に戻って三周目を読んでいます。過去に読んだ句、読んだ講評であるのに全く違う感触で胸に迫り、泣いたり笑ったり感情が揺さぶられます。分からなかった句が分かるようになる喜びといったらまさに法悦。これも硬軟織り交ぜたる刺激的な選と脳髄を震わせる組長の講評があってこそ。いよいよ俳句にはまってしまい、美容院に何ヶ月も行っていないワタクシがとうとう角川大歳時記秋を買ってしまいました。…はい、今度美容院も行ってきます。ハイポは私の拠り所であり、迷った時に帰る処です。これからもよろしくお願い致します。 /桃猫雪子
○「俳人用バージョンアップ」ってめっちゃ適切な言葉ですねえ。読むことでインストールされるのか~(笑)。(正人)

●ハイポ投稿やバックナンバー閲覧を経て、気になったことはとりあえず調べてみる癖が付き始めました。より良い俳句作りの為の修行が、私の中の何かを変え始めたようです(これが私生活や仕事でも活かせればなお良いのですが…)。 ただ、今回の兼題では、なかなか文献がなく調べるのに少し苦労しました。「菊日和」で探しても出てこず、「菊」の文化を(主にウィキペディアで)探ってみたところ、ようやくヒントを掘り起こしました。こういうちょっとした切り替えも、以前の頭の固さならできなかったでしょう。俳句、始めてよかったです! ただ、この切り替えも俳人モードの時しか発揮できないというのがなんとも…。/多々良海月
○「どこから調べたらいいのか?がわかってくる」というのも経験知ですよね。シナプスが繋がるようにそれができるようになってくるという。うーん、まさに成長!(正人)

●「紫陽花忌」「喜雨亭忌」「群青忌」などの傍題がある、先日の「秋櫻子忌」の金曜日の組長の評、大変勉強になりました。天・地選句もさまざまでした。併せて「忌日の季語は、季節感というよりは連想力を核としています~」というのも考えさせられます。季語の持つ力の中にも強弱みたいなもの、割合(?)が、季語により、ある、変わるということなのでしょう。/すりいぴい
○季語の六角成分図を基本として、あれをさらに立体化させるみたいなイメージでしょうか。明るい・暗い・動・静・etc…。(正人)

◆俳号に名字をつけよう♪キャンペーン
●あまりに並みの行進なので名前をちょびっと変えました。せめて「人」になりたいと焦っております。/駄口竹流
●俳号に苗字を付けました。「とべの」が苗字です。今までも組長には、とべのひさのと呼ばれていましたけど?これからは、正式にとべのひさのとします。よろしくお願いします。/とべのひさの
●こんばんは!いつもお世話になってます。今春の「雲」の兼題から、ずっと「けいやん」と言う俳号で参加させてもらってましたが、よく似た名前の方も居られるようなので、今回より「眉山ケイ」に変更致しました。宜しくお願いします。m(__)m/眉山ケイ
●ブログのほうには 本名(光恵)で投句していましたが 俳号を作ってみました。 光風には初夏の風という意味があるらしくて 一年中で一番好きな季節なので決めました。  /光風
○『俳句ポスト365』では、「ありそうな俳号をお使いの方は是非とも姓を付けて下さい運動」を展開しています。俳号は、自分の作品を自分のものだと主張する大切な記号。投句者お一人お一人の個性と習熟度を見極めながら、適切なアドバイスができるようにと日々心がけています。以下ご協力の程を。
 ① 同一人物の複数俳号の投句はお控え下さい。
 ② ありそうな俳号には必ず姓をつけて下さい。

●組長に質問なのですが、ネット句会(俳句ポスト365も含め)で使用する「俳号」についてなんですが、あまりにも長いとかふざけてるとか(私もですが)いうのはあまり感心しませんか? 同じような俳号にならないようにと考えたものなんですが、いかがでしょうか。混乱を避けるために、もっと短い分かりやすい俳号に変えた方がよいでしょうか?/猫愛すクリーム
○長いとか、ふざけているとか、そんなことは問題ではありません。本人の好きなように名乗って下さい。活字の俳誌の場合は、文字数の関係で嫌がれられるかもしれませんが、ここはネットなので、それも問題なし。
 ただ、今までの傾向を眺めていると、実力がついてくるに従って、真っ当な俳号に変える人が多いですね。俳号も作品の一部のような感覚になってくるのかと思います。(夏井)

◆ウェンズデー正人へ
●7/26よるマチ『向日葵』で正人さんに採っていただきました。ありがとうございます!放送は見られない地域なので、コメントも掲載されているのがとても有り難かったです!自分の句にどのような読みがつくのか、今一番興味があります!/小倉じゅんまき
●正人さんへ。 よるマチ句会、兼題「向日葵」佳作に選んでいただきありがとうございました。/猫愛すクリーム
○web結果発表ご覧頂きありがとうございます!7月放送の紹介文は夏休み子どもスペシャルでしたのでああいう形で選評書かせていただきました。紹介したいの多いけど尺が足りんのぢゃよ~!(正人@泣)

●ウェンズデー正人様 秋櫻子忌の回は、お便りコーナーに掲載頂きありがとうございます。「群青という酒は実在するのか」、愛媛の方で作られつおりました「群青」!いつかそのお酒も口にできる事を楽しみにしながら、般若湯一花浮かべて菊日和 といきたいものです^ ^ /大口屋 助六
○おお~あるんだ!いいねえ、綺麗な名前だねえ。冷でいきたいお名前だねえ♪(正人@最近少しだけ日本酒もいけるようになった)

●組長、正人さま、みなさまこんにちは。 正人さま、「よるマチ!」の結果発表pdfで正人さまのコメント分量が増えていますね。「ちょこっとアドバイス句」コーナー、これからもご継続ください。「向日葵」の発表を楽しみにしています。/すりいぴい
○投句時点との時間差がよくわかるコメント~(笑)。なにがしかのお役に立てれば幸いです!(正人)

●正人どの、自分は決して出たがりではない。どちらかと言うと、引っ込み思案なJK のような性格なのです。そこんとこ、よろしく。(笑)/ちびつぶぶどう
○先日、俳句甲子園の会場でばったり豊田すばるさんとお会いしたんですけどね。「今日ちびつぶさんも来てるんですよ」とお伝えすると「女子高生ですよね!どれですか!?」と目きらきらさせてまして。アルカイックスマイルで沈黙した僕の心中を察してほしい。(正人)

◆夏井いつきへ
●暑さが一段と激しくなっています。組長のバイタリテイある言葉に元気が出ます。/白晃
●組長お元気ですか? 先日は空港ですれ違って、お顔が見れてよかったです。私達しょい区会の数人は、熊本の玉名市がやって下さっている、写真俳句を出して楽しんでいます。今年のキャラバンも、熊本で行われるので、入賞した自分と友人達の写真俳句と組長にお目にかかりたかったです。御手紙になっちゃいました。お元気でいて下さい。お祈りしています。/雪雀
○松山空港でしたね。声かけてくれてありがとう♪ また、ぶんぶく句会で会いましょう。(夏井)

●いつもありがとうございます。日々、お忙しいことと思います。この夏はまた猛暑が続きそうです。お身体お大事になさってください。TVでいつもお会いしている気持ちです。/七生姫
●プレバトは、組長さんから講習を受けているようで、毎回楽しみです。天や地の俳句を詠むのも楽しみです。勉強です。忙しい中 俳句を作る時間を作ることが出来 嬉しいです。メモ帳が、真っ黒です。/句詩呼
●「一句一遊」で、夏井先生が紹介された投稿。 枝豆肴に、亀虫の大宴会している。 のお話しがとても気に入りました。 この夏中、思い出し笑いで、笑っています。 今も、もう可笑しい。先生の読み方がまた、可笑しかったです。 ありがとうございます \(^o^)/ 水間澱凡(みずまおりぼん)
●あちこちのTVでの組長様の俳句全体の技術力と言うか、納得力に毎回感動させられています。 何年か先には少しは良くなったかと自分で言いたいものだ。/オイびっき
○何を、どんな理由で、どんな解釈で佳しとするか。そこが選者の個性であり力であると、肝に銘じています。日々、己を磨くしかない世界です。(夏井)

●組長の某週刊誌の対談記事、拝見しました。俳句ポストの居心地の良さのわけが分かったような気がしました。同人になりたい!というほどの大それた望みも熱意もないけど、感動をなんとか形にしたい、それをちゃんと表現した句を作れるようになりたいと思ってる程度の私にそれでもいていいよという感じの場所。違ってたらすみません。それでも居続けるつもりですので今後ともどうぞよろしくお願いします。/ひむか
○俳句集団『いつき組』が立ち上がった時の理念は、この二十数年間、何一つ変わりません。それが具現化できているものの一つが、本サイトです。ここは、小さな感動を言葉にする方法を覚える場であり、真剣に切磋琢磨する場であり、仲間と繋がる場であり、自分の都合に合わせて自由に学べる広場です。広場のど真ん中に私はいつもいますので、それぞれの居心地の良い場所を見つけて、俳句を楽しんで下さい。(夏井)

●組長、よしあきくん、正人さん、スタッフの皆さま、暑中お見舞い申し上げます。組長のブログの「俳句を愛するということ ふたたび」を拝読しました。ちょうど「人生の杖」としての俳句を感じていた時だったので 「俳句を愛する」ということも心に留め、俳句に向き合っていきたいです。/まどん
○人が集まると、どうしても様々な心の行き違いや誤解、言葉のはずみなんてのもあって、問題が起こるのは当然のことです。「俳句に捨てられないよう、己を磨いていくしかないよ」と、これもいつも肝に銘じることです。(夏井)

●NHK俳句「遠雷」の週。二席にして頂き感謝致します! 俳句は純文学と同じく、読み手の感じ方は様々で変化したりもする。そのような姿に少しでも近づけるよう、これからも感性を磨いて参ります。頑張るぞー!/登るひと
●Nhk俳句で 類句のランクは しんせんでした。!!/たけ爺
○類句調査、実はうちのスタッフたちが黙々とデータ化してくれてます。いつかどこかでその結果等、ご紹介できたらいいなと思っています。(夏井)

●組長、東京新聞・中日新聞でやってる「平和の俳句」、昨年組長が選者をされその後にミニ句集を出されたというので、「組長に続け」と僕も昨年秋から本気モードになってコツコツと出してきたのですが、7月に念願かなって掲載されました。 でもって、僕の句が載った日に8月の選考会は組長がゲストで参加される発表されていましたので、これはもう「8月選考会にすごい句を絶対に出すぞ!」と一念発起し、「菊日和」で作った句の中に「平和の俳句」向きのものが一つあったので、少し直して、そっちに出してしまいました。もしも選考会で「菊日和」の句を目にされていたら、それ多分、僕が本名で出した句ですから。(事前選考で落ちる可能性が高いとは思いますが・・・)/亀田荒太
●夏井いつき先生が、東京新聞「平和の俳句」の選者になられると知り、この句をそちらに出そうかとも思いましたがこちらにしました。 金子兜太・いとうせいこう選は、スローガンもどきか、ポスターのキャッチフレーズめいて、どうしても好きになれませんでした。 こんどこそ、俳句らしい俳句が並ぶものと期待しています。/ ウロ /ウロ
○私も、スローガンめいたものは苦手なので、詩になっているものを選ばせていただいたつもりです。9月1日から1か月、ゲスト選者として一日一句、俳句が発表されます。(夏井)
○ウロさん、コメント拝読しております。ネット社会の罵詈雑言めいた他人への対し方には、私も深い憂慮を覚えております。掲載は控えますが、力強い援護射撃、嬉しく有り難く。深謝。(夏井)

●昨今、SNSのトラブルを垣間見、無力で日々祈るしかなかったとき、古事記の和睦の神さま、菊理媛さまに祈りました。加賀白山ひめ神社の神さまでもあります。千代女俳句大会いきたいなと意図しています。/谷口詠美
●十月石川県松任の千代女俳句大会に申し込みの確認をいたしましたところ、すでにいっぱいでキャンセル待ちも断られ、がっくり。係の方曰く、いつき先生の人気であっというまに定員と。九州の方はご遠慮くださいと のこと。地元の方に優先してあげてとのことで断念いたしました。飛行機とホテルは押さえたので、ご先祖のお墓参りと友人に会いに行くかな迷っています。千代女記念館も季語体感スペースがあって。大好きな場所。お庭の貴船石や巨石も亀のような顔をしていて。一日楽しみました。もうすこし悩みつつ投句だけはしようかなと。/谷口詠美
○そうでしたか、それは残念。また、福岡にも行きますので、そこでお会いしましょう♪(夏井)

◆広がる『俳句ポスト』仲間たち!
●組長!!今日からハイポニストの仲間に入れてください。へたくそですが,「17音の言葉に感じたことをまとめることを楽しむ」をモットーにこつこつ学んでいこうと思います。 俳句キャラバン熊本でたまたま隣り合わせた素敵なハイポニストの方にこのサイトを紹介していただきました。俳句を通じてすてきな出会いがあったことに感謝です。/あまぐり
●先日の熊本での俳句対局楽しく観戦いたしました。新幹線を予約していたので松山からお越しの皆さまとはご挨拶しかできず とても残念でした。嬉しかったのは隣におられた方に俳句ポストを紹介したら 是非「菊日和」から投句あいたいと仰って頂けた事でした。ここのどこかにお名前があったら嬉しいと思っています。/はまゆう
○ありますあります、素晴らしい俳縁♪聞けば福岡のおらぶ俳人の会にもお二人参加されたとか。ブラボー!(正人)

●夏井先生、山口県の光市民ホールの夏期大学で講演をしていただいた時に聞きに行って、サイン会の時に一緒に写真を撮らせていただいた高校教員です。今、卒業生と毎日、夏井先生の365日季語手帖を使って俳句を詠んで、学校のホームページに載せるという大胆不敵なことをやっています。こうでもしないと毎日作らないし、人に見せるという負荷をかければ少しは上達するかなぁと。俳句歴3ヶ月のチームすそのです。機会があったら夏井先生、見てください。「聖光高等学校」のホームページの中の「みのる通信」をクリックしていただけたら見られます。暑い夏ですがお体にはくれぐれも気をつけられてくださいね。/みのる
●現在、僕は就職の関係で地元の山口県を離れ、兵庫県の加古川にいます。母校の高校の先生と日々俳句を詠み合っています。先生のブログに出ているので良かったら見てください。「聖光高等学校」の「みのる通信」です。/たいき
○素晴らしい師弟のコンビネーション!!(正人)

●蝶番さま。たくみ3才の「ぼうしゅかなピークピークはチーズだよ」の句にお便りくださり、ありがとうございました。たくみの俳句を受け止めてくださる方がいた! と感激しています。こどもの句はなるべく手を入れずに出していますのでこれからも不思議な句があると思いますが、楽しんでいただけたら幸いです♪/あるきしちはる

●「それミー吟行隊」関西支部では定期的に吟行を行っています。吟行に限らずさまざまなことが話題にのぼります。関西のハイポニストのみなさん、「それミー吟行隊」関西支部掲示板を覗いてみてくださいね。もちろん関西以外の方も。/すりいぴい
●組長、正人さま、みなさまこんにちは。「それミー吟行隊」関西支部掲示板では、古典文法の疑問を話したり、俳句まで飛び出して盛況となっています。情報交換も盛んです。目からウロコだったり、自戒する点に気付かされたりと貴重な、そして楽しい場となっております。/すりいぴい

◆「人」「地」「天」~ベム・ベラ・ベロ俳人たちより
 誰が言い始めたか、「『人』選にはいりたい=人間になりたい=妖怪人間ベム」という話で盛り上がり、「『人』選に入る=人間になる=ベム俳人になる=ベムる」と、不思議な動詞や、「天地想像」なる四字熟語が生まれております。

●兼題「日焼」の地選、ありがとうございました。これからもコツコツ続けていきたいと思います。/かまど
●秋櫻子忌 地選ありがとうございました。波郷忌は、なす術もなく沈没してしまったので今回は本を何冊も借りて読み、俳人で愛媛大学准教授青木亮人さんの「正岡子規から俳句甲子園まで/NHKラジオストリーミング」を繰り返し聴きました。忌日も他の季語同様、まずは兼題にドップリ浸かるのが俳句の醍醐味だと感じた次第。/としなり
●いつもお世話になります。 兼題「秋櫻子忌」では、母よしこの句を人選に載せて頂きありがとうございました。 初の人選!母もわたしもかなりテンション上がって喜びました♪ 兼題についてはいつも母の方が知識があるのですが、今回はさらに熱心に調べていたようで電話でよく喋りました。 組長に選んで頂けたこの句を色紙に書きたいからお習字を習おう、と80代の夢は広がっているようです^^ /ときこ
●日焼、秋櫻子忌と人評価頂いてありがとうございます。できすぎです。正直、どうしてこんなに評価されたよくわかりません。ただ、取ってくださった句が、しこたま脳みそ使って作った句ではなくて割と簡単に作った方の句なのでちょっと意外です。特に「日焼子の右ポケットの手榴弾」は車を運転中にふっと浮かんだ句でほとんど考えてません。「蛹のなみだ」の方も、そのあと難読語辞典で「?涙」という言葉を見つけて「おお、なんてカッコイイ単語、これ使いたい」と蛹と?涙でああでもないこうでもないとけっこう考えたんですが・・たぶんやりすぎ、言い過ぎ、説明的、作為が見られるということなんでしょう・・「まだそんな言葉は使わんでよろしい!」と誰かの辛口が聞こえてきそうです。 とにかく初心者なので下手な句変な句は当たり前。自分の感性信じて、学ぶべきことは学びつつ、自分が詠みたいものを詠みたいように詠みたく思います。 「たかが十七音されど十七音」最近作句する時によく浮かぶ思いです。/純音
●先生、こんにちは。日焼の兼題に続き、秋櫻子忌で再び人選に選んで頂き、ありがとうございました。今年中にもう一度人選…という野望を叶えてしまい、大変びっくりしています。次の野望は、「並選に複数選ばれる」にしたいと思います。俳句を始めてから、命や自然について、大切にゆっくり考える機会が増えました。また、たった17文字に自分の思いを込める難しさや楽しさを知ることができました。この楽しさを一緒にと、半ば強制的に友人を引きずり込みました。いよいよ夏越の兼題から参加します。お互いドキドキ。 先生、夢・幻に続き、何かをあまり透かして見ないよう気をつけます。/ふくろう悠々
●2回目の人に入れました。落ち込んでいるときのご褒美でした。ありがとうございました コツコツ努力しているつもりです。よろしくお願いいたします。/ふっこ
●兼題「日焼」では2句も人選出して下さいましてありがとうございます。大変嬉しく有難いです。まさかと思ってましたが凄く嬉しいです。締切日ぎりぎりでの投稿でしたので感謝しております。努力は裏切らないを信じて精進したいと存じます。/マカロン
●秋櫻子忌の兼題では、人選に取っていただきありがとうございました!少しは上達してきたのかなと嬉しく思っています。今後とも宜しくお願いいたします。/やまぶき
●いつもありがとうございます。 秋櫻子忌で初め人に選でくださりありがとうございました。暑さとともにショートしかけていた脳に爽やかな風が吹いた感覚になりました。 正人さん、やはり前向きに「プチ」セルフ大絶賛を続けていこうと思います。 /くるみだんご
●組長はじめスタッフの皆様、いつもありがとうございます。暑中お見舞い申し上げます。「秋桜子忌」の週では人選をいただきありがとうございました。忌日詠は殆ど詠んだことがありませんでしたので、とてもよい勉強の機会とはなりました。/江戸人
●いつもお世話様です。秋櫻子忌の兼題で初めて人に選んで頂きました。ありがとうございます。自分は才能なしだ、と諦めそうになっていたところの人選だったので本当にうれしかったです。兼題はとても難しいものばかりですが、普段の生活では接しない美しい日本語に出会うことができます。これからも精進したいと思っています。よろしくお願いします。/浅田 チコ
●皆様、こんにちは。先日は「秋櫻子忌」の兼題にて「人」に選んで頂きまして、ありがとうございました。 初めての「人」選だったので、間違いじゃないか何度も確認してしまいました。めちゃくちゃ嬉しいです! まぐれでも嬉しかったです!本当にありがとうございました!これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願い致します。(兼題「菊日和」の締切が近いのに、夏風邪をひいてしまい、考える力が低下しております。何とか投稿だけでも、との思いで気力のみでPCに向かっております。拙い俳句で申し訳ございませんが、よろしくお願い致します。)暑い日が続いていますが、皆様、体調を崩されませんよう、お気を付け下さいませ。/藤野あき
●組長「秋櫻子忌」人選に採っていただきありがとうございました。忌日を詠むのは難しく、全没まつりだと思っておりましたのでホッとしました。「夏越」も同じように自信がないのですが、どうなることやら怖いです。/猫愛すクリーム
●秋櫻子忌で「人」以上になったら、水原秋櫻子監修の日本大歳時記を買うんだ!と決意して、運命の木曜日を迎え、即注文しました。取り上げていただいて感謝です。/播磨陽子
○おお~それを機会に歳時記買うってのもメモリアルでいいね~♪ますます充実する俳句のある生活!(正人)

●先生方へお礼とお詫び   秋櫻子忌の回で「胎脂ぬぐう」の句を初めて地に選んでいただきありがとうございました 並選のほうがまだ多いぐらいなので驚きすぎて心臓が一瞬止まりました ただ喜びもつかの間 お詫びしないといけないことがあります 自分の句を見ながら なんとなく気になり胎脂について調べたところ 最近では胎脂は赤ちゃんの皮膚を保護する役目があることがわかり ぬぐうようなことはしなくなっているようです 30年以上前の医療系の学校での体験からイメージしたものだったのでこんな間違いをおかしてしまいました 投句する前に調べるべきでした 夏井先生には選評まで書いていただいたのに本当に申し訳ないです 読んでくださった方にも間違ったことをお伝えすることになりますので取り消していただけたらと思います どうぞよろしくお願いいたします /かみつれ
○俳句は現在のみを描くものではありません。「胎脂ぬぐう」という措辞で、ある時代の出産が描かれているわけですから、何の問題もありません。現在の医学に作品を擦り合わせる必要はありません。堂々と作品として生かしてやりましょう。(夏井)

◆近況報告~♪
●いつもお世話になっております。息子ひろしげ9さいが先日10才になり、俳号もひろしげ10さいになりました。お誕生日の前夜は、「今日で1けたもおしまいか…いよいよオレも10代か」と、いろいろ思うところがあったようで(笑)、なかなか眠らず、11時15分まで起きていました。お誕生日当日はすっきりとした顔で起きてきました。10才はどんな俳句が飛び出すか!?楽しみです!(ひろくん10さいのママ)/ひろしげ10さい
○誕生日おめでとうひろしげ10さい~!!これから長い2桁時代を一緒に過ごしていこうぜ~♪(笑)(正人@30代)

●初めてお便りさせて頂きます。先日、ボーナスが出たので思いきって「花の歳時記」という本を買いました。全て写真&例句付きで、パラパラめくっているだけで心が豊かになるようです。/禿凡夫
○いいよねえ、特化した歳時記。写真とか解説が普通の歳時記よりも踏み込んでて読み応えある。(正人)

●「子規の音」を読了しました。長患いの中、読み続けた句。視覚、嗅覚、触覚、そして聴覚を駆使した表現に感動を覚えました。 次は、高校時代に教科書でかじっただけの「奥の細道」に挑戦したいと思います。/アガニョーク
○「有名すぎて逆に読んでない」ってあるよね。(正人@そのうちの一人)

●菊日和の季節に定年退職を迎えます。/心楽庵馬空
●退職して4か月、三連休にも気が付かず、なんと1学期が終わっていました。 仕事中は待ち遠しかった三連休、終業式までにとあわてていた毎日があったことが すでに別の人の過去のようです。 PCで文章を打つのも投句だけ。/黄金のあひる
○俳句三昧楽しめる黄金の時代の夜明けである…!(正人)

菊日和歯に頂いた表彰 おはぎ
●ご無沙汰いたしております。とうとう八十路と成りまして、健康な歯が20本以上有る人は、市の歯科医師会から表彰して頂ける事に成りました。因みに26本有ります。全国的な行事だと思います。 お元気なご様子、プレバトやNHK俳句で拝見致して居ります。 /おはぎ
○愛媛県歯科医師会では歯ぴかちゃん俳句大賞という催しを長年開催しています。選者夏井いつき。詳しくは検索してみてネ。(正人)

濁り酒菊浮かべても濁り酒 雅淑
●過飲の結果、足の切断となりました。 自分の不徳ながら、悔いは消えません。/雅淑
●夫の老々介護で俳句からしばらく遠ざかっていましたが、状態も落ち着いてきましたので、又お仲間に入れていただきます。 /黄昏草
●いつもお世話になっております。 今回、病床から投句します。 病床なんて書くと何だか大袈裟ですが。 自宅のエアコンが故障していて、連日の猛暑をうちわと霧吹きと氷枕だけで耐えていましたが、とうとう昨夜ダウンしました。貴重な有給休暇が一日分消えました。 エアコンは明日やっと修理されます。明日、今年初の稼動を果たしてくれる筈、つまりは冷房が入っている中、リアルタイムで『プレバト!!』を楽しめている筈です(意訳:定時で帰りたい)。 結果発表、8月下旬ですか。きっとまだ最高気温30度以上の日が続いていそうですね。 皆さまもお体健やかにお過ごしください。/次郎の飼い主
○みんなマジでご自愛ください。マジで。身体が資本です人生。(正人@最近膝痛めた)

●夏休み前の突貫工事中! 本日は海にて/狸漫住
●早くも夏バテ気味です。/羽尾理紀
●梅雨が明けこれからの暑さにビーツを薄く切り、かんたん酢につける、ひと夏の元気。 先生、みなさま、お体を大切に、ね。/太子
●豪雨地震猛暑と厳しい夏ですが、みなさまどうぞお大事に。/直木葉子
●連日真夏日もしくは猛暑日が続いています。こう暑いと、ちょっと動くだけで汗が止まりません。すぐにTシャツがびちょびちょになってしまうので、着替え着替えの毎日です(笑)暑いのですぐ洗濯物が乾くのはいいのですが、洗って干して畳んで…この繰り返しが延々続き、また汗をかく…そんなエンドレスループな毎日です(^_^;)/かつたろー。
●田畑の草取りに多忙中、高校野球の地方大会が気になります。今年は特に孫の同級生が、あちこちにいて、対戦している所もあり大変でした子供の頃から好きで、甲子園と聞くと~。 もちろん俳句甲子園はテレビでみましたが、生で見たいです。/一咲ふゆか
●ようやく梅雨明けして、蝉は驚異的に鳴いていますし、暑いのは嫌ですが、夏らしくなってきました。夏といえば、いつものことですが、ケーキのない誕生日を思い出します。お盆生まれで、今ですとケーキ屋は開いていますが、昔はお盆に開いているケーキ屋はなく、誕生日当日にケーキが無かったのです。今のお盆生まれの子は、いいですよね。 /宗本智之
●まいどー、毎日暑い日が続いています。体調が戻ってきました?(*^^*)腰はまだ起き上がるときに違和感ありますが、いい感じです\(^_^)/ おりゃ、俳句作りに頑張るよ?なんて強気に出れそうです。 あっ、正人さん、家の回りの草取りをしましたよ。野焼きはしなくて済みました(笑)/松尾千波矢@チーム天地夢遥
●今年もお盆が近づいてきました。私は西瓜を食べるのが楽しみです。食べたら元気が出てきます。 みなさん、厳しいこの夏の暑さを乗り越えましょう。/松尾富美子@チーム天地夢遥
●暑中見舞い申し上げます。途切れ途切れではありますが、半年以上も投句をさせて頂きまして、本当に感謝しております。私は今夏バテの二歩手前の体調です。食欲があるのかないのか、もうよくわかりません。なので映画館に行きまして涼しさと元気を頂き、夏を乗り切ろうかなと画策しております。皆さま、充分な水分補給などをして、どうぞ暑さを楽しんでください。いつもありがとうございます。/ゆきこ
○暑さしのぎの映画館っていいな、猛暑回避のウルトラC。映画観たいなあ。(正人@今観たい映画は『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』)

●先日にあったちょっと嬉しかったことをご報告します♪ 主人が仕事の関係でドイツからのお客様とお話しをする機会があり、その中で私が俳句をやっていることが話題に出たそうです。ドイツ人の方に俳句を説明しようとしたところその方は俳句は知っているしドイツ語(英語?)で作ってもいるとおっしゃったとのこと。 それだけなのですがなんだかとても嬉しく、そのお話をしてくれた主人に俳句ってすごいやろ?となぜか私が自慢してしまいました。 国を超えて愛される俳句ってほんとに素敵なものだと思います。/豆田こまめ
○遠く離れた異国でもこの文化を愛して下さる方々がいるのが自分のことのように嬉しい♪(正人)

●4月から仕事上の役が増え、一気に多忙になって、あれほど誓った俳句ポストと一句一遊の皆勤がすぐにできなくなってしまいました。まさに汗顔のいたり、痛恨の極みです。量が質に転化するはずだったのに元の木阿弥。一から修行し直します。まずは並選を目指します!/クラウド坂上
○おらぶ俳人の会で燃料も注入されて百万馬力のクラウド坂上氏である。(正人)

●組長~!正人さん~!旭山動物園に行きましたが、あまりに楽しくてテンションがあがって一途に見物。俳句モードになりませんでした。組長はフクロウだけで代表作を詠んでいるのに…。凡人、いえ才能ナシで結構です。はい。/こま
●此れからの季節は鎌倉の海、丘陵、神社仏閣等史跡の多くが吟行地として活気を帯びて来ます。/前田和男
●鳥海山の滝と日本海の夕陽を見てきました。 自分なりに切り撮った1枚の写真で、俳句を詠んでいます。 「プレバト!!」出演者のような気構えで推敲し、ブログにアップしたりして楽しんでいます。 /天晴鈍ぞ孤
●徳島へ旅行に行って来ます! 眉山と鳴門へ行く予定。百聞は一見に如かず。楽しみです!/しかもり
●昨日(7/25)は土用の丑の日でしたが鰻は召し上がりましたか。我が家はその前日に穴子の蒲焼を食べました。私は瀬戸内育ちなので穴子の方が好きなんですよ。昔買った三津浜駅の側の店先で焼いてた穴子は美味かったです。/樫の木
●九州一周旅行をしてきました。 神社仏閣をまわり、被災地に気持ちを示してきました。 自身は暗くなることなく、積極的に消費をして、できることを続けようと思っています。/結城 然
●組長!正人やん!みなさま!こんにちは。先日、久しぶりに海外に行きました。台湾。やはり旅はいいものですね。 海外はあれですけど、またちょこちょこ旅に出てみようかなぁと思いました。うそです。本当は毎日旅気分なのでわざわざ出かける必要もない、と思ってます。今日は早めに投句やで?。/江口小春
○みんな夏の旅行満喫してるなあ。かくいう自分も熊本に斑鳩と初めての地を踏めた夏でありました。(正人@俳都松山キャラバン)

◆ハイポニストの果実♪
●お茶メーカーの俳句大賞に佳作入選し、表彰状が届きました。これも俳句ポストで修行した成果です。スタッフ及びハイポニストに感謝申し上げます。 これからも「人」「地」「天」目指して頑張ります。/正木児童
○おめでとうございます!コンビニで某お茶を見てみよう♪(笑)(正人)

◆ハイポニスト参上!
●第二回文学フリマ札幌へ俳句集団itakの五十嵐秀彦先生達と参加してまいりました。松山には、まだまだ勝て無いけど北海道の俳句シーンは熱いぜ!!無料から超安価だった事もあるけど一瞬のうちに売る本が無くなりました!来年も参加するんでハイポニストの方も是非買いに来てください。オススメとしては酒井おかわり作品が掲載されている結社誌が代金はスマイルで!! 鈴木牛後作品、五十嵐秀彦作品が掲載されている結社誌もスマイルで!! 立ち読み大歓迎のブースなんで気軽に来てくださいな! 鈴木牛後句集、五十嵐秀彦句集も読んで楽しいのですが、句集って着飾った、よそ行きの句が多い気と私は思ってるんで、逆に普段から毎月出してる結社誌の普段着の方が読みごたえありますよ!!/酒井おかわり
○夢の万能通貨スマイルの誕生である(笑)。よそ行きの俳句・普段着の俳句って捉え方も面白いなあ。並べて比較とかしてみたくなるね!(正人)

◆兼題「菊日和」に寄せて
●「菊日和」という季語は美しい言葉だと思います。 /小鞠
●こんにちは 今日は菊日和の締切日7月26日です? 菊日和とは程遠い湿度90パーセント近くもある蒸し蒸しとしたどんより空の日です? 菊日和を想像するには大変過酷な気象条件でした? 頭から湯気が出ているのを気付かれないように作ってみたのですが 湯気の気配は消えているでしょうか? 暑中お見舞い申し上げます 組長、スタッフの皆さんくれぐれもお体ご自愛くださいね! /針トいと子
●兼題/菊日和、城や菊花展覧会をイメージしたところから詠みました。菊花展で思い出したのは小学校低学年の頃、学校で一人一鉢の菊を育てた記憶があります。(朝顔はもちろん夏休みに育てたけれど。)今にして考えてみると、少人数の学校でしたから、地区の方の寄贈してくれた菊鉢なのではと思います。/chiro
○毎年朝顔だと飽きる(?)し新鮮でいいですねえ。(正人)

●菊と言うと、私の実家では仏壇にお供えする花というイメージが強いです。 40年前の小学校教室の花は、児童が自分の家の庭に咲いた切り花を持って行って花瓶に生けたものでした。冬は花の種類が少ないので私が小菊を持って行きたがると、祖母が「縁起が悪いから駄目」と持たせてくれませんでした。入院患者に首の折れる百合をお見舞いに持参してはいけないと言う迷信的なものですが、ずっと信じていたところ、10年前位からアメリカで鉢植えの小菊が人気になって驚いたものです。 /千波
○文化の違いってやつですね。古来から日本人の花や木に対する縁起の捉え方ってユニークだよなあとあらためて思います。(正人)

菊日和運梯からこぶしふたつ落つ ゆう
●兄弟が運梯で遊ぶ様子を見て、その景を読みました。 弟はお兄ちゃんについて行きたいけど、どうも体力が続かないのです。 「こぶしふたつ」で運梯で残った「残り2つのこぶし」が伝わるとよいのですが。 /ゆう
○なるほど、二人でやってる状況だったのですね。ならば「兄弟二人で雲梯してる句」と「拳が離れる句」、二句に分けて作ってみてもいいかも。(正人)

菊日和スクランブルす領空を ミセウ愛
●度重なる航空自衛隊のスクランブル発進。今年は沖縄からだけではなく北海道からの発進の方が多いというニュースを目にし唖然としました。Pm2.5だけじゃなくミサイルも降ってくる。先日友人のお嬢さんが無事出産。彼女が小さかった頃から付き合いのある我が家は大喜び。この可愛い子供の未来はどんな世界なのだろう、平和である事を切に願います。菊の香かおり澄んだ空、そんな日が続きますように。/ミセウ愛
○この原稿を書いている8月29日火曜日、北海道上空をミサイルが飛びました。不穏。(正人)

トスブーケひたいに受けし菊日和 る・こんと
●語順に苦戦した句です。「菊日和」を下五に置くことで、「ひたいに受けし」の対象が「トスブーケ」と「日和」(=日光)の両方に係るのではないかと思いました。ただ「菊」の単語の印象が強く、「ブーケ」とマッチしきれないことを不安に感じています。/る・こんと
○個人的には今の語順好きです。気になるのは「受けし」かなあ。過去がいいのか、現在がいいのか…悩ましい。(正人)

菊日和無垢たる母ともしほさん 三ツ谷健
●祖母は歌舞伎が好きで、波乃久里子さんが昔お書きになられた『菊日和』という本もありました。祖母の家は子供にとって遊びも少なく、公園で遊ぶか本を読むしかなく、手遊びのような感覚でこの本と出会いました。子供の頃は理解出来ませんでしたが、最近になって読んであの時代になんて甘酸っぱいんだろうと感動しました。/三ツ谷健
○検索してみると十七世中村勘三郎の娘さんの書かれた日記というか伝記というかなんですね。初めて知りました。(正人)

菊日和なのに凄惨なこの事態 惨風2
●きくびより なのにせいさん なこのじた い 秋の清々しい気候とは裏腹に、目の前に突きつけられている酷い現実に「なすすべもなく」という句です。 そういえば、9.11の朝は僕はたまたま仕事で信楽にいました。平和な朝でした。宿のTVを何気に観ると、WTCに飛行機が突っ込んでいる映像が繰り返し流れていました。まるでSFのような感じ。と同時に、田舎の信楽には絶対テロは起きない、となぜか考えました。そして、現場にかけつけて救助を手伝えるわけでなく。。/惨風2
○気づけば今年も9.11が目前。もう16年も前になるのか…。(正人)

菊日和半月生きた子の忌日 税悦
●私の母の第一子は昭和36年9月9日に生まれた男の子でした。でも15日生きただけで9月23日に亡くなったそうです。 重陽の節句に生まれ、お彼岸の御中日に亡くなりましたので、母は私が小さい頃から「そういう子だったんだ」とよく言っていました。 私が第一子を産んだのは、兄の死から40年後の9月6日。兄の亡くなった23日を過ぎるまで、同じ運命を辿りはしないかと、本当に心配で心配でたまりませんでした。(おかげさまでもう今年で16歳になります。) そのとき初めて、母がいかに辛かったか、悲しかったかを理解できた気がしました。 母と私の第一子にまつわる思い出です。 こういう悲しい思い出を句にするのはどうかという意見もあろうかと思いますが、あのときの気持ち、そして前向きにずっと生きてきた母の生き様、年月を経て命日が悲しむ日ではなくなっているので、季語ともピタッと合うと思いましたので、詠みました。/税悦
○悲しみも句にすることで昇華することもあるかもしれません。堂々と。(正人)

菊日和二十の妹の逝きし日も 川島 欣也
● 六十数年前、たった一人の二十歳で妹はみまかりました。病院へ駆けつけましたが、死に目にもあえませんでした。一人で母は解剖を直ぐに認めたそうです。一人病室で終るのを待っていました。  この勇気に圧倒されました。あの日は菊薫る良い日で、かすかに「日本シリース」のラジオの音が聞こえたと思います。/川島 欣也
○「菊」の持つイメージが「菊薫る良い日」へと転換されていく瞬間。(正人)

銀輪競う突風も菊日和 猫舌扁平足
●自転車競技イベント「2017ツールドフランスさいたまクリテリウム」が2017.11.4に開催される。 1週約3㎞を何周か回って順位を競う。観客は選手のせめぎ合うスリリングなレース展開を何度も間近で見られる。/猫舌扁平足
○1週約3㎞を繰り返して、同じ距離走るってことなのかな?(正人)

雨去りてミランの街は菊日和 野純
●出張でミランに行ってきたのですが食事が安く恐ろしく美味しかったですね、労働者が集う食堂でペンネアラビアータが2.1ユーロでした。ホテルで自転車を借り街を散策したのですが途中で雨が降ってきまして「イタリアに雨などない」と完全に油断していましたので帰るには遠くに行きすぎていました、雨の中ずぶ濡れになりながら自転車でホテルへ到着すると雨はやんでいてスモッグは消え綺麗な空になっていました。/野純
○雨に濡れたのは気の毒だけど綺麗なイタリアの空ぢゃ~♪(笑)(正人)

●「菊日和」と聞き新潟名産の食用菊「カキノモト」を思い浮かべました。菊を食べると言うとあまり馴染みがない地域の方もいらっしゃる様ですが、「菊膾(きくなます)」という季語はあると知り嬉しくなりました。もきゅもきゅとした歯ごたえが面白く楽しい食べ物です。組長は食べたことありますか?/ツナサラダ
○粋で気になる季語だなあと思いつつも食べたことないですね。さっぱりといきたい。(正人)

◆今週のオススメ「小随筆」
 お便りというよりは、超短い随筆の味わい。人生が見えてくる、お人柄が見えてくる~♪

●還暦をとうにすぎた母が、学生時代、加藤楸邨先生にお世話?になっていたそうです。先日、秋櫻子忌について母と話していましたら、楸邨先生は水原秋櫻子の弟子にあたるのだと言っていました。お便りで、どなたかがお二人のテニスのラリー、俳句のラリーについて書いておられたのが、ぐっと身近に感じられました。 母はまた、楸邨先生が戦中、俳句で軍の慰問をされていたかどで、戦後ご苦労なさったことも教えてくれました。私にとって新鮮だったのが、「俳句が兵隊さんの慰問になる」ということです。命のやり取りをする場で、なにかに思いを託したい、そんな切羽詰まった状況もあったのでしょうね。運よく帰郷を果たして胸の奥に埋もれてしまった辞世の句もあれば、誰にも知られぬまま地に還った句もあったでしょう。 こんな話を母とするのは、40年以上生きていて初めてです。俳句のおかげで自分の中でなにかが網の目のように広がっている感覚があります。/播磨陽子

夏井先生

ページの先頭