俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 菊日和

第176回 2017年7月13日週の兼題

菊日和

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句

よしあきくん一期一会の一句!

 「いで湯と城と文学のまち・松山」を応援するのが、それがしの務め。本サイトを応援することも我が喜びにござる。そして、我が座右の銘は「一期一会」。我が心に怒濤の感動を呼び起こす一期一会の一句、今週もドドドーン!とご紹介いたしますぞ!
 以下、●が皆さんからの投稿。○が拙者のコメントでござる。

●よしあきくん一期一会。取り上げていただき(3位の下)有難うございます。ちょっと予感があって、初めて全部拝見しました。とにかく各コーナーボリュームがあって顎が上がりそう。俳号に疑問を持たれたようですが、先日届けたように。姓名にしました。かえってわかりづらくなったようですね。ちなみに、「ひろのじょう へっぴこ」は、漢字にすると「寛之丞屁っ放腰」ですが、元に戻しますかね。「ひろのじょう」でいいように思えます。 夏井先生、また笑いを込めてお返事ありがとうございます。次の夏越は入選したいです。では、皆様お大事に!/ひろのじょう へっぴこ
◯ひろのじょう へっぴこ殿、拙者の疑問にお答えいただき恐悦至極に存じまする。拙者も、平仮名でございまする。

●毎度お世話になっております。先ほどギャ句を二重投稿してしまったようです。寝ぼけながら操作するとろくなことがありませんね。申し訳ありませんでした。…ということを取り急ぎお伝えしたく、推敲しきれないまま投句します…いろいろ残念な感がハンパない…/赤い彗星の捨楽
◯赤い彗星の捨楽殿、拙者も寝ぼけながらお城の門に激突することがございまする。以後、気をつけまするでございまする。

◆よしあきベストセレクション

第6位
メール来てそちら如何と聞く日和 ぐべの実
●※今回(親父ギャグ)のみ「受付ました」のメールが届いていないのに気付きました 念のため再送します もし、前回分が届いていれば無視して下さい。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー よしあき殿 親父ギャグ2句でござる よしなに /ぐべの実
◯ぐべの実殿、親父ギャグ感慨無量でございまする。拙者も全身全霊「聞く」ことにいたしまする。

a=f/m、a=l/tt、a=v/t、ゆえに、t=af,t=aam,ゆえにtは変位し時間は変位する、F=T/A 浅川嘉延
◯浅川嘉延殿、拙者の頭ではちんぷんかんぷんでございまする。ご指導ご鞭撻お願い申し上げまする。

第5位
扇風機いらなくなって菊日和 なないろはな
●涼しくなってうれしいな/なないろはな
◯なないろはな殿、さようでございまする。拙者の身体にも優しいのでございまする。

第4位
足元のジョロ虫あそぶ菊日和 あまぐり
●私の持っている歳時記には如雨露は季語として載っていなかったのですが,本屋で立ち読みした歳時記には夏の季語でした??なんで?わからないのでとりあえず投句してみます。/あまぐり
◯あまぐり殿、拙者にお聞き頂くとは感慨無量でございまする。と申されましても、拙者には、やはり、ちんぷんかんぷんでございまする。

第3位
菊日和この暑さを飛ばして欲しい 惨風3
●もう、そのままです。 空はこんなに澄んだ秋空なのに、地上は夏のように暑い。空にこの暑さを飛ばして欲しいと思って。。。/惨風3
◯惨風3殿、さようでございますとも。拙者もお城山に登りまする折には、早く涼しく早く涼しくと念じておりまする。

第2位
何もつて出アフリカや菊日和 石野上路無
◯石野上路無殿、拙者はアフリカと申すところに行ったことがございませぬ故、何をもって出ますのやら、こちらも、ちんぷんかんぷんでございまする。

第1位
菊日和針金の嘉明公 木槿
◯木槿殿、ありがたいお言葉でございまするが、はて、針金でございまするか?拙者の身体は針金とは、いささか離れておりまして・・・

◆掲示板

●新しい投句・投稿システムについてのお願い
 投句・投稿フォームが新しくなっています。投句数の増加に伴って、仕分け作業に多くの時間を要します。以下の事項を守って投句投稿して下さると、組長の負担が大きく減ります。ご協力よろしくお願いします。

①俳句の欄には俳句のみ記入して下さい。一つの欄に一句を厳守。

②「俳句に対するコメント」の欄は記入する必要はありません。(特に気になることがあれば記入していただいても結構です。)

③「ギャ句」「聞き倣し季語」は俳句欄に記入して下さい。ギャ句の原句は「俳句に対するコメント」の欄に必ず記入して下さい。

④「兼題季語についての質問・考察・情報(火曜日「俳句道場」)」は、火曜日「俳句道場」への投稿です。

⑤「『俳句ポスト365』への感想・質問・要望・俳号の変更・各地の吟行情報など」「組長&ハイポニストたちへのお便り・近況報告など」はそれぞれ水曜日への投稿です。内容に合った欄に書き込んで下さい。

◆「ギャ句」に挑戦!
 古今東西の名句を1音変えてみると、愕然と意味が変わる?!「最小の音変換による最大の意味変換」を狙う知的遊びであります。

ばあさんの入れ歯新し菊日和 水間澱凡(みずまおりぼん)
●ぎゃ句 入れ歯が入ってない口は、菊の花みたいにしわしわです。入れ歯が入って皺が伸びて、ばあちゃんも美人になりました。/水間澱凡(みずまおりぼん)
◯水間澱凡くん、いやはや、どうだです。ギャ句はじゃ、古今東西の有名句を、最小の音変換で最大の意味変換を競う遊びじゃ。元句が無くては逆ではないのじゃ。うほんうほん。

ミカエルやテモテの村は菊日和 赤い彗星の捨楽
●ギャ句です。原句は「見かへるや麓の村は菊日和」芥川龍之介。当時のトルコに菊が咲いていたのかどうかはわかりません…/赤い彗星の捨楽
若人の気障なぼやきや菊日和 赤い彗星の捨楽
●ギャ句です。原句は「若人のきざむ墓石や菊日和」中村汀女。/赤い彗星の捨楽
◯赤い彗星の捨楽くん、ううん、そうなのか。まあ、ワシも昔の若人じゃからな。気障なぼやきでもなんでもしてみるモンじゃな、うほん。

菊日和雲丹まく親父の長きかお 大島涼波
●ギャ句。菊日和身にまく帯の長きかなー鈴木真砂女/大島涼波
脳天の禿げんばかりの菊日和 大島涼波
●ギャ句。南縁の焦げんばかりの菊日和ー松本たかし/大島涼波
◯大島涼波くん、そうかそうか草加せんべい。この顔と頭は、だれじゃ?ワシではないがのう。だれじゃ、うほんげほん。

御皿より発止とモツや肉日和 波世遠
●ギャ句:元句は「御空より発止と鵙や菊日和/川端茅舎」/波世遠
菊の霊井戸をめぐりて菊日和 波世遠
●ギャ句:元句は「菊の蜂部屋をめぐりて菊日和/阿部みどり女」 お菊さんにからめたかった。せめてギャ句で。/波世遠
◯波世遠くん、なんじゃ、ワシもホルモン焼きというものは好きじゃ。ま、次の機会があれば、ひとつ、よろしく!うほん。

菊日和浄明寺さま花火好き 比良山
●ギャッ句です。原句;菊日和浄明寺さま話好き;松本たかし/比良山
菊日和道を放射に頑丈に 比良山
●ギャッ句です。;原句;菊日和道を放射に環状に;川端茅舎/比良山
菊日和夜は窓が鳴る月照りぬ 比良山
●ギャッ句です。原句;菊日和夜はまどかなる月照りぬ;秋櫻子/比良山
◯比良山くん、なるほどほどほど、どんとこい。まあ、それなりに出来ておる。最小の音変化じゃからのう。よろしいよろしい。次は、意味の飛躍がもっとあるとよいのう、うほん。

縁側のまたたび嬉し猫日和 富樽
●ギャ句! 元句は「縁の日のふたたび嬉し菊日和/杉田久女」/富樽
軍鶏の貌朱に爛れたり肉料理 富樽
●ギャ句! 元句は「軍鶏の貌朱に爛れたり菊日和/水原秋櫻子」/富樽
聞かぬふりいねて寝不足をとりかへす 富樽
●ギャ句! 元句は「菊日和いねて寝不足をとりかへす/水原秋櫻子」/富樽
◯富樽くん、いやどうもどうもどうだです。なかなか難しそうな日々じゃのう。ワシは良い日々じゃ。日々これ好日山荘じゃな、うほん。

骨ごとの大皿を出す肉日和 明女
●ギャ句 原句「祝ぎごとの大皿を出す菊日和」 朝倉和江/明女
猪首よりいろのさめたる小襤褸臭 明女
●ギャ句 原句「菊日和いろのさめたる小風呂敷」 長谷川櫂 /明女
◯明女くん、まあなんじゃ、人にはいろんな事情や三乗もあるのじゃから、多少の臭いのなんの、たまらんのう、うほん。

秋晴の何処かに妻を忘れけり 隣安
●どうだ先生に捧げるギャ句@トホホギス。原句は「秋晴の何処かに杖を忘れけり/松本たかし」/隣安
死後未知の旅行く夫に菊日和 隣安
●どうだ先生に捧げるギャ句@トホホギス。原句は「四五日の旅行く妻に菊日和/石塚友二」 /隣安
◯隣安くん、おお、うんうん、良いではないか良いではないか。ワシもどこかに何かを忘れたような気がするが、それも忘れたようじゃ、うほんうほん。

菊日和身にまく蛇の長きかな くさぐき
●ギャ句 原句「菊日和身にまく帯の長きかな」鈴木真砂女 かって、沖縄の観光旅行で、とあるところで、金色のニシキヘビを全身に捲きつけて、記念写真を撮って貰いました。生きた心地がしました。/くさぐき
◯くさぐきくん、なになに、蛇を巻くかのう。まあ、尻尾を巻くよりはマシかのう。して、ギャ句はなかなか良いじゃあないかのう、うほん。

危機病理くづれさうなる安倍となる ハーゲン
●ギャ句:元句は「菊日和くづれさうなる虻となる/後藤比奈夫」/ハーゲン
山辺の小道は孤独日和かな ハーゲン
●ギャ句:元句は「山辺の小道は小菊日和かな/長谷川 櫂」/ハーゲン
乳首より妻は直ちに汗に濡れ ハーゲン
●ギャ句:元句は「菊日和馬は直ちに汗に濡れ/中村汀女」/ハーゲン
◯ハーゲンくん、いや今週も俳号がなんだか気になるがのう。気のせいかのう。世の中も君の妻も大変じゃのう。ワシはワシで大丈夫じゃ、うほん。

危惧しけり頻りに花を舐める犬 ひろ志
●原句は「菊日和しきりに鼻を舐める犬/山田六甲」/ひろ志
◯ひろ志くん、なになに、なんと。その犬はどうしたんじゃ。あぶない花でなければのう。世の中、いろんな花があるからのう。君も気をつけなさい、うほん。

新婚のタイのハネムン菊日和 ラッキーの母
●ギャ句@原句「金婚の鯛の骨抜く菊日和」藤田トヨ /ラッキーの母
貧困の体の骨抜く聞く病理 ラッキーの母
●ギャ句@原句「金婚の鯛の骨抜く菊日和」/ラッキーの母
退きて日曜ばかり菊日和 ラッキーの母
●ギャ句@原句「働きて日曜のあり菊日和」 数年前まで仕事していましたが、原句のように日曜日にこんなに晴れ晴れしていたことはなかったなあ。 /ラッキーの母
働き手日常は蟻菊日和 ラッキーの母
●ギャ句@原句「働きて日曜のあり菊日和」/ラッキーの母
◯ラッキーの母くん、そうかそうか草加せんべい。まあ、労働は尊い、農道は広い。毎日が日曜日、とはいいじゃあないか、うほんうほん。

乳首より夜はまどかなる月照りぬ 越佐ふみを
●ギャ句 原句「菊日和夜はまどかなる月照りぬ/秋櫻子」 意味不明、ですって?俳句は感性だよ感性。そんなことは自分で考えなさい。/越佐ふみを
◯越佐ふみをくん、そうかそうなのか。君も乳首派か。まあ、よろしい。完成を目指すのがギャ句道ではないからのう。わはははは、うほん。

「ギャ句」ミ・ソ・ラよりファッ・シと鵙や聴く耳より 亀田荒太
●(元句)「御空より発止と鵙や菊日和/川端茅舎」鵙と菊日和で季重りでしたので、解消してみました。鵙の声が音階ではどの高さに聞こえるかという議論であります。 /亀田荒太
◯亀田荒太くん、うーん、そうなのか。ワシには分かったような違うような気もするが。まあよろしい。工夫を良しとしよう、うほん。

聞くの恥じへまをめぐりて菊日和 金亀 子
●じゃじゃーんギャ句。元句「菊の蜂部屋をめぐりて菊日和 阿部みどり女」 @知らざぁー言って聞かせませよう。/金亀 子
◯金亀 子くん、そうかそうか。まあ恥もかかずば成長も無しじゃからのう。ワシなんぞは、恥の3つや4つ3千や4千はどうということはない。そのうち忘れるモンじゃ、うほんうほん。

ざわめける会見無視や菊日和 山香ばし
●ギャ句 元句は「ざわめける廻転寿しや菊日和/長田美智子」7/山香ばし
御空より八市灯すや菊日和 山香ばし
●ギャ句 元句は「御空より発止と鵙や菊日和/川端茅舎」/山香ばし
一軒はなんぼ間借りや菊日和 山香ばし
●ギャ句 元句は「一村は南部曲り屋い菊日和/三船魯帆」/山香ばし
ジバンシィの君にすとんと菊日和 山香ばし
●ギャ句 元句は「自分史の海にすとんと菊日和/岩田柳堂」/山香ばし
盤面のこの待ちが好き菊日和 山香ばし
●ギャ句 元句は「晩年のこの街が好き菊日和/林友次郎/山香ばし
ボンジリのやさしき皺焼肉日和 山香ばし
●ギャ句 元句は「まなじりのやさしき皺や菊日和/松永美重子」/山香ばし
◯山香ばしくん、おおうん、このごろは手堅いじゃあないか。ギャ句の壺を心得るというか、粉々にするというか、良い感じじゃあないか。それにしても、今週はやはり、肉日和が多いのう。いや、よしよしよし子さんじゃ、うほん。

菊日和道を豪奢に頑丈に 出楽久眞
●【ギャ句】原句は、「菊日和道を放射に環状に」(川端茅舎)。 中七下五を「菊日和」のイメージからかな?り遠のかせてのギャ句です。/出楽久眞
◯出楽久眞くん、うんうん、その調子じゃ。元句からの離れ方もギャ句には大事なことじゃからのう、うほん。

菊日和そのまゝ付きのよき夜に 小市
●どうだ先生に捧げるギャ句シリーズ@原句は《菊日和そのまゝ月のよき夜に/高木晴子》/小市
菊日和見にゆく日々の長きかな 小市
●どうだ先生に捧げるギャ句シリーズ@原句は《菊日和身にまく帯の長きかな/鈴木真砂女》/小市
筆洗ふ水が別れり菊日和 小市
●どうだ先生に捧げるギャ句シリーズ@原句は《筆洗ふ水が光れり菊日和/桑内あき》/小市
湾の中物音もなし菊日和 小市
●どうだ先生に捧げるギャ句シリーズ@原句は《棺の中物音もなし菊日和/原裕》/小市
ミカエルや麓の村は菊日和 小市
●どうだ先生に捧げるギャ句シリーズ@原句は《見かへるや麓の村は菊日和/芥川龍之介》/小市
遠出してオタクも思ふ菊日和 小市
●どうだ先生に捧げるギャ句シリーズ@原句は《遠出してみたくも思ふ菊日和/平尾みさお》/小市
◯小市くん、いやどうもどうもどうだです。今回はなかなか手堅いじゃあないか。写生ギャ句という句も散見されるのう。いや、この調子で、さらに飛躍、よろしく哀愁、うほん。

◆今週の「聞き倣し季語」?!
 兼題の季語が、耳にどう聞こえるか?……というクダラナイ試み。

聞く病理・KEY木彫り(木製の鍵)・乳首寄り(あら、失礼。) さとう菓子
◯うん、やはり、乳首派が多いようじゃな、うほん。

狐日和 ひろ志
◯まあ、騙されんことじゃな、うほん。

ギクリ腰・かき氷 まゆ熊
●聞き倣し季語 あくまでもギクリ、ギックリの手前(笑) 暑いからかな~こう聞こえてしまう(汗)/まゆ熊
◯いやそういうことじゃ、涼しくなったら、まあ、同じじゃな、うほん。

聞き流し季語  聞く病理、 聞く妙味、菊冥利、菊料理、 ラッキーの母
●「菊日和聞く病理にて逝く病人」 「炸裂す組長の評聞く妙味」、「添削でへぼ句変身聞く妙味」 /ラッキーの母
聞き流し季語 ミク日和 ラッキーの母
●「獅童惚れし初音太夫やミク日和」、「恋すてふ初音乱舞すミク日和」、「初音の香獅童の粋やミク日和」、先日TVで初音ミクと中村獅童の共演で歌舞伎が上演されていました。演目はわかりませんが、初音ミクの太夫があでやかで素敵でした。大向こうの声が画面に文字列として出てくるので、ほとんど役者が見えなくなることがあるのが難点でしたが、素敵な試みでした。初音ミクの長い髪が乱菊のようで美しかったですよ。さすが獅童さん!!/ラッキーの母
◯そうかそうかそうなのか。まあ、ワシは長い髪なんぞに、少しの未練も無い、うほん。

効く薬・聞く便り・危惧したり・・・ 花 節湖
●難しいです。でも、言葉を考える事は楽しいです!/花 節湖
◯効く薬は欲しいのう。ま、ひとつ、よろしく哀愁、うほん。

「聞き倣し季語」聴く? Bより? 亀田荒太
●昔のレコードにはA面とB面があってどっちを聴くか選べたのですが、CDになったらA面もB面も無くなってしまいました。B面のトップだったのがCDの復刻版だと六曲目に格下げですよ。/亀田荒太
「聞き倣し季語」ち〇びより 亀田荒太
●どこから攻めるかという話なのですが、俳句ポスト365は未成年者の閲覧もありますので、一部伏字にしました。/亀田荒太
◯まあ、今週一番多い派じゃな。うほんげほん。

給料日 山香ばし
●聞きなし季語/山香ばし
◯そうじゃ、嬉しい日じゃ。ワシには遠い遠い昔じゃな、うほん。

◆今週の「なんちゃって回文」

中砂利よ魚篭清き首より魚 桃猫雪子
●●回文です。 なかざりよびくきよきくびよりさかな  魚篭の中は砂利。活きの良い魚は飛び出しちゃう?/桃猫雪子/桃猫雪子
◯そうかそうか草加せんべい。まあ、重い魚籠を引くときも、ビクビクせんことじゃ、うほーん。

二人呼びくきやかや菊日和耐ふ 抹茶金魚@回文
●ふたりよびくきやかやきくびよりたふ /抹茶金魚@回文
◯まあ、正直、ワシも耐えて読んでおるのじゃ、うほん。

雁呼び供犠の庭に野菊日和か 璃当
●回文 かりよびくぎのにわにのぎくびよりか/璃当
◯うん、まあ、意味が分かってきたワイ。さて、今週はどうじゃのう、うほん。

菊日和山逆様やり酔ひ苦来 衣玖
●回文です。「きくひよりやまさかさまやりよひくき」京都府の天橋立の股のぞきは絶景が見えましたが頭がクラクラしました。/衣玖
◯股のぞきは、タマにしなさい。タマに、じゃ。タマに、うほんぬほん。

遥かより呼び来菊日和良かるは 遠音
●回文俳句。はるかよりよびくきくびよりよかるは/母が、手招きしている。音のなき世界、遥か彼方からたなびくように白くきらめく手のひら、細やかにうごめく唇、呼ばわうのがはっきりと、わかる。菊薫る青空のもと、わたくしは幻を見つめている。会えて、よかった。空と、薫りと、白き手と。/遠音
◯おお、景も良い、情緒もある。よろしいよろしい、うほん。

「回文」隣より呼び来菊日和寄りなと 亀田荒太
●「となりよりよびくきくびよりよりなと」菊日和寄って行けやと呼びに来る/亀田荒太
◯おお、軽やかな一句じゃあないか、よろしいよろしい、うほんうほん。
「回文」寝て菊日和宵より呼び来「来てね」 亀田荒太
●「ねてきくびよりよいよりよびくきてね」寝てるところを呼びに来たわけです。/亀田荒太
◯おお、軽やかな2句じゃあないか、よろしいよろしい、うほんうほん。

きくびよりとぶおやおふとりよひくき 月の道
●どうだ先生、なんちゃって回文「菊日和翔ぶ親追ふ鳥よ低き」です♪/月の道
◯これも、軽みがあってよろしい。気に入った、うほん。

月曜回文 紅の子
●手間仕事、菊日和の旅費久喜、戸越まで
てましごときくびよりのりょひくきとごしまで (久喜=埼玉県・戸越=東京都品川区) よしあき君に「だからなんじゃ?」と言われそう>_<あっぱれじゃ、といつか言われてみたい…/紅の子
◯ギャ句は、ワシじゃ、どうだじゃ、どうだじゃ。まあ、努力は認めるぞ。うほんぷほん。

菊日和死すらも洩らす思慮低き ウロ
●回文俳句です。   きくびよりしすらももらすしりょひくき こんな気持ちのいいお日和に、死にたい死にたいと口にする奴がいるんだよ。  /ウロ
菊日和五八ののちは顧慮引く気 ウロ
●回文俳句です。  きくびよりごはちののちはこりよひくき 取引はいったんチャラにしましょうと駆け引きをしている秋の一日。「五八」は御破算の隠語。「ののち」を「と土地」に変えると、「不動産の商談」と話題をせばめ別の句にすることができます。 /ウロ
◯うん、1句目は好きじゃな。回文は理屈よりもリズムで読ますべし、とは、ある先人の言葉じゃ、うほん。

菊日和お母んら知らん香り良ひ茎 くろべぇ
●なんちゃって回文 頑張ったのに~ お母んら知らん顔デス(きくひよりおかんらしらんかおりよひくき)/くろべぇ
◯おお、なかなかお軽みじゃ。そんな調子でよろしく哀愁、うほん。

僂指菊日和祝い旅日久喜知る さとう菓子
●「なんちゃって回文」るしきくびよりいわいりょひくきしる…待ちに待った菊日和を祝い旅に出た日に久喜(埼玉県)を知った。の意。 あ~今回も苦しい。寛大なお心を~。/さとう菓子
◯いや、ワシは寛大じゃ。なんでも許そう。僂指回文を待っておーる!うほんうほん。

利よ低き株買うか部下菊日和 ちびつぶぶどう
●なんちゃって回文 りよひくきかぶかうかぶかきくひより なんたかな。菊日和というよりは、ひより目に祟り目っちゅうやつやな。(笑)/ちびつぶぶどう
●回文はそろそろ卒業するかな。だいぶ、参加者も増えたことだし。 さて、流浪のちびつぶぶどうは、どこへ向かおう。ま、どこでもいいか。/ちびつぶぶどう
◯まあそうじゃな、卒業などということは100年早いのじゃ。ワシの歳になったら卒業しなさい、うほん。

 

※『俳句ポスト365』の文字が小さすぎる?
 この問題に関しては「それぞれのパソコンの個性によって見え方が違ってくるので、統一して同じ大きさにするのが難しい」のだそうです。次の方法でひとまず対処して下さい。
 「CTRL(コントロール)」のキーを押さえておいて「+(プラス)」のキーを押すと、自動的に文字が拡大されます。同じ方法で「-(マイナス)」のキーを押すと小さくなります。一度この方法を試してみて下さい。

よしあきくん

ページの先頭