俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >

第177回 2017年7月27日週の兼題

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句

今週のお便り&俳句道場

■今週のお便り(●が皆さんからの投稿、○が正人&夏井&茅の輪コメント)

●新しい投句・投稿システムについてのお願い
 投句・投稿フォームが新しくなっています。投句数の増加に伴って、仕分け作業に多くの時間を要します。以下の事項を守って投句投稿して下さると、組長の負担が大きく減ります。ご協力よろしくお願いします。

①俳句の欄には俳句のみ記入して下さい。一つの欄に一句を厳守。

②「俳句に対するコメント」の欄は記入する必要はありません。(特に気になることがあれば記入していただいても結構です。)

③「ギャ句」「聞き倣し季語」は俳句欄に記入して下さい。ギャ句の原句は「俳句に対するコメント」の欄に必ず記入して下さい。

④「兼題季語についての質問・考察・情報(火曜日「俳句道場」)」は、火曜日「俳句道場」への投稿です。

⑤「『俳句ポスト365』への感想・質問・要望・俳号の変更・各地の吟行情報など」「組長&ハイポニストたちへのお便り・近況報告など」はそれぞれ水曜日への投稿です。内容に合った欄に書き込んで下さい。

◆『俳句ポスト365』へのご感想、ご要望、ご質問
●「俳都松山キャラバンin斑鳩」(8/6)行きました~! 組長のお話「百年俳句」「風の中の旗」など、心に響きました。「俳句対局」は初めて生で見せてもらって興奮!審査員の方々の句評も勉強になりました。 組長と正人さんの解説・進行も、息ぴったりで、楽しくわかりやすかったです。有意義な時間ありがとうございました!/一斤染乃
●「十七音が未来を変える」参加させていただきました。いつき先生の旗のお話し勇気をいただきました。 俳句対局も色々な先生方の評もウェンズデー正人さんといつき先生の掛け合いも楽しかった~。 ウェンズデー正人さんかっこよかった!!(席が会場の一番後ろからでしたけど・・・)お声もよし♪ いつき先生のクーポン付お名刺もちゃんといただいて帰りました♪ありがとうございました。 あ~松山行きたい! 細々俳句作って、ポスティングして・・/みもうさ
○「俳都松山キャラバン2017in斑鳩」への御参加ありがとうございました。楽しんでいただき、嬉しく思います。ぜひクーポンを活用して、松山の観光名所で俳句を作ってみてください^^(茅の輪)

●俳都松山キャラバン2017in斑鳩に行きました。俳句対局初めて見ました、面白かったです。作句の練習に一人一文字つなぎの練習を始めました。/しんしん
●斑鳩の里の俳句対決を見学しました。そういえば、組長から俳句対決の課題をもらってたな。いつでもかかってきなさい。(笑)/ちびつぶぶどう
●昨日、奈良・斑鳩ではじめて俳句対局を見ました。即吟の面白さと反則ルールも解りました。作句能力の高い人間と対局したいと思いました。仕掛けが大変だと思いましたが、時計係はなく、審判員は一人か無しで、短冊をかざしてやればできるでしょうか。簡単な対局方法があれば紹介ください。/荻野鷹生(孝雄)
○最低限の練習ってことなら自分一人でOKですね。自分の作った句から対局ルールでどんどん作ればいい。…むしろこの酔狂な遊びに付き合ってくれる句友探す方が大変かもしれない?(笑)(正人)

●自分では客観的に俳句を見れないので、他人に審査されるのが勉強になります/とらお
●俳句の楽しさを発信し続けてくれてありがとうございます。/とらお
○俳都松山の取り組みに関心を向けてくださり、ありがとうございます!これからも、俳都松山の魅力を発信していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。(茅の輪)

●高校生です。初投稿。 松山には旅行で初めて来て俳句ポストの存在を知り、帰りの空港、待ち時間に練っています。夏休みが終わってもモチベーションがあれば、これからも投稿するかも、です。/りゃう
○松山へお越しくださり、ありがとうございます!ぜひこれからも続けて俳句ポストへ御投句ください。心よりお待ちしております^^(茅の輪)

●初めての挑戦です/増白
●俳句初心者です。よろしくお願いします。/小牧穏楽
●先生、俳句ポスト365になるべく投句する様心掛けしてます。だから、私も、天になれる様頑張ります。/太鼓祭り好きの祭り娘
●初参加です。お仲間に入れて下さいね。どうぞよろしくお願いします。/もちえちゃん
●初めての投句です。よろしくおねがいします。/えるざ
●おはようございます。(^-^)m(_ _)m/おけら
●いつも楽しく読まして頂いてます。初めて投句しました。よろしくお願い申し上げます。/ピーター
●初心者以前ですが、まずは一句、一歩踏みだしてみます。ドキドキ。。。/あいす茲亞
●よろしくお願いします。/こあまぶー
●毎回、楽しみです!まだまだ勉強中です♪/かよ
●皆さん、こんにちは(^o^)頑張りますのでヨロシクですm(__)m/かよ
●組長様、正人様、よしあき様、スタッフの皆様、またお世話になります。 小さな脳みそがひからびてきています。しゅん。。。/ながら
○どうもどうもはじめましてよろしくお願いいたします!こあまぶーさんは文字通りあまぶーさんの子ども??(正人)

●あーー、またまたギリギリセーフ!続けることが大切と自分に言い聞かせてます・・汗/k.julia
●家族の体調不良やら色々で忙しくしていたら締切日を迎えてしまいました…トホホ/紅の子
●組長様はじめ皆様ご機嫌いかがでしょうか。うっかり二回もすっ飛ばしてしまいました!完璧に寝落ちです。爆睡してました。正人様にはコメントいただき、励まされております。ありがとうございます。俳句の杖に寄りかかりながら、ゆっくりと歩いてみます。/ざうこ
●組長、正人さん、スタッフのみなさま、よしあきくん、ハイポニストのみなさま、立秋を過ぎましたが、暑いですね。次々に迫る締切に追われヒーヒーハーハーです。季節の変わり目は体調を崩しやすいのでどうかご自愛ください&ご健吟を! /猫愛すクリーム
●5月から殆ど投句できなかったのですが、また少しずつやっていきたいと…。あぁ、なんか同じこと前にも書いたなー!でも、焦らず慌てず諦めず!/うしうし
○次の投句締めきりはだいぶ先の10月4日なのでだいじょうぶです。よゆうがあります。だからぎゃくにあぶないです。(正人@自戒)

●先日帝塚山大学にて俳句の講義を受けました。とても面白かったです。 茶さんから投句 の事教えて頂き初めて投稿してみました。/ギコ
○おお、俳句ポスト365でもよろしくお願いいたします。俳号もついて気分一新ですね!(正人)

●組長さんの、お手本が欲しいです(^o^)  /かよ
○句集読んで下さい♪ははは~(夏井)

●勉強のためにいろんな俳句を読んでいるのですが五十句目を通すだけでもへろへろになってしまいます それなのに先生方には五千句もの俳句をいつも読んでいただき本当にありがとうございます 感謝感謝です/シナモンT
●下手な鉄砲を沢山撃っておりますが、方向が違うと幾ら撃っても当たらないと悟りました。上級者の方のを参考にして射撃が上手くなるように頑張ります。そのうちミサイルも撃ち落とせるかもしれませんよ。組長様。/西尾婆翔
●ひとつの季題に対して一体どれぐらいの応募数が有るのでしょうか/ツーちゃんの恋人
○今回は1057名、5210句です。(正人)

◆「鰯」難しかった……
●こんなに鰯を眺めたことはなかったような気がします・・・。/ココダン
●めっちゃ難しいです。 兼題の難しさは、字数ではないということがよくわかりました。/惨風3
●兼題「鰯」むずかしかったです。だらけている脳ミソを一生懸命刺激するのですが、なかなか・・でも、楽しいです。/かすみ草
●組長様、正人様、スタッフの皆様、いつもありがとうございます。 今回の兼題、ほんとに難しくて難儀しました。鰯とはなにか・・・と。夏越の回では、具体的に映像化すること、季語を主役にすることを学ばせて頂きました。今回もまだまだですが、組長に読んでいただけることが大きな励みです。。/ラッキーの母
●残暑お見舞い申し上げます!今週の鰯、一句一遊で前に 「ひしこ」がありましたが、そのときまじめにやればよかったなと反省です。歳時記で隣どうし。読んでも違いが頭に入っていかないです。よろしくお願いいたします。/まどん
○苦心の跡は昨日の俳句道場にも…。(正人)

◆我ら並選隊
●夏越しで初投稿しましたが、並選に選ばれてうれしかったです!会社で見てこっそりガッツポーズしました笑 またコツコツ投稿していきます。/コーラ味の水
●並み選、感謝しております。先日、絶滅危急季語辞典、楽しみが増えます。/太子
●「夏越」では並をいただきありがとうございました。俳句を始めて4ヶ月。勉強すればするほど奥深くて楽しいやら、苦しいやら。これからも楽しく七転八倒していきたいと思います。/寿々子(寿々改め)
●6月の兼題「夏越」にて並選を頂きましてありがとうございました。これを励みに、と思い夏井先生の「赤ペン俳句教室」を購入しました。 自身に当てはまる課題の多さに日々唸っております。(苦笑)/塩の司厨長
●夏井先生、正人さまはじめスタッフの皆さま、ハイポニストの皆さま 18回目の参加になります。宜しくお願いいたします。 夏井先生 兼題「夏越」では並選をいただき、ありがとうございました。十七音の型の中で、もっと自由に詠めるように精進します。 皆さま 作品を拝読させていただき、勉強いたします。宜しくお願いいたします。     龍明 拝/輝 龍明
●組長さま いつも有難うございます。 「秋櫻子忌」では並選ありがとうございました。始めてから五か月が経ちました。毎回「並」を頂き「日焼」では「人」を頂き俳句は楽しく生甲斐になっています。 総て難しくて作句しては投句しています。選句して頂かないと判らないのでよろしくお願いします。 今年は特に暑い夏です。どうぞご自愛のほどお祈り申し上げます。/小橋春鳥
●春から始めた超初心者です。並選に載せて頂くだけでも忝いのですが、発表の都度、つい人選を二度見してしまう欲張りです。いつか人選に載せて頂いたら、メザシでなく煮付けあたりで祝杯をあげたいと思います。/沼田慎也
○この前だれかのフェイスブックだかツイッターだかで「木曜になかった~;;」って嘆きを見た翌日、「金曜にあったー!!!」って狂喜乱舞してらしたのを見た気がする。二度見してもなかったら金曜に期待ぢゃ~!(笑)(正人)

◆俳句修行の悩み
●先日何だか俳句の一端が分かったような気がしましたが、早くもそれが見当違いであることに気付きました。気付いたのが良かったのかどうかは今後次第だな!と・・・ワハハ。/やまなすび
○掴んだかと思いきやすり抜けたり、思ったのと違ったり。あるある。(正人)

●俳句は難しいと実感しています。いろいろ投稿しても投稿しても採用されず、そろそろまあ良いかと諦めつつあります。でも、せかっく定年後の趣味として始めたのですが、ある時誘われて、ある句会の行くとかって学校の先生、特に国語の先生が多いと感じていました。語彙豊富で基礎があるなと感じていました。/徳永 北道
○まあいいか、と肩の力が抜けてきたあたりでいいのがぽろっと出てくるかもよ?(正人)

●僕が思いますに、句会って、少人数(5~10人ぐらい)が良いと思います。古参の人の慣れた振舞い、 話しっぷり。新参は、ただただ、じっとしておとなしく、声さへだれにも掛けてもらえません。句会の作法もぎごちないので、つらく、ちっとも楽しくありません。性格の問題でしょうか。生いうようですが、僕が慣れている人側でしたら、新しい人を見かけたら、きっと声掛けぐらいします。気持ちをほぐしてあげたい。これからも、なんとか楽しめる句会を探すつもりです。/谷元央人
○規模やらなにやら合う合わないってありますからねえ。持って生れた優しさは大いなる財産です。めげずに良い句会探しませう。あるいは自分で作っちゃうのもありかもよ?(正人)

●虫がとにかく苦手な自分は、前回の兼題に投句出来ませんでした。ごめんなさい。 世の虫嫌いな俳人の皆さんは、どのようにクリアされているのでしょうか。 /次郎の飼い主
○KMCの皆さんには申し訳ないですが、基本的に僕も虫は苦手です。まあ苦手だからこそ歳時記の写真やらみて観察できるということも…うああ。(正人@震え)

●袋回しに初参加しました。 袋叩きの自滅! 転んでも、タダでは起きません。 十年後の澱凡を、乞うご期待! 一年後!と、何処かで言っちゃてたかも? /水間澱凡
○十年が一年に、一年が一ヶ月くらいに短縮されてったりして。(正人)

●酷暑お見舞い申し上げます。この炎天下でまだ来ぬ秋をイメージすることはなかなか難しいものでしたが、想像する楽しさも味わいました。ですが、ついつい目の前の光景を表現してしまいました。/これでいいのだ
●最初は自分が並選に載っているかにしか興味がありませんでしたが、最近は皆さんの句をよく読むように心がけています。しかし、俳句を観賞しそこから学ぶ方法がわかりません。みなさんの句を読んで、いいなぁ好きだなぁと思うことはたくさんありますが、そこで終わってしまっています。どういったことに気をつけて観賞すればよいのでしょうか。また、天地選の句は、解説を読んでも尚理解できないことが多く、そもそも観賞するまでに至りません。 /ふくろう悠々
○ご安心ください、大概みんなが通る道です。「最初は金曜の良さが全然わからなかった」と多くのハイポニストがいいます。手始めに、型を意識する、秀句の形を真似て句を作ってみる、みたいなとこでいかがでしょう。(正人)

●最近、ここでの評価に固執するコメントを見かける様に思います。誰かに認められなければいけないのでしょうか?何のために発句しますか?確かにボツになるのは哀しいです。でも、夏井先生を師事しますが、だからと言って先生の評価が全てでは無いと思います。他の誰かが詠んだら素敵だと思ってくれる事もあるでしょう。何より、自分が、誰が何と言おうと好きだと思える俳句を詠めたら、それでいいのでは無いかと思います。ただひとりよがりにならない為にはこうした場をお借りし、自己の成長のためにも良い事と思い、参加させて頂いております。考え方も価値観も違うから個性も生まれるとおもいますから、私の考えがいいとは思いません。でもあまりにも評価だけに偏ったコメントを読むのは正直、辟易します。底辺素人のくせに生意気言ってすみません。/ざうこ
○「あくまで評価はグリコのおまけ。俳句を作ること、それ自体を楽しいと思える自分でいたい。」…そんなことをいつぞや夏井いつきブログで読んだような記憶が蘇りました。もうかれこれ昔の記事だった気がする。(正人)

●「俳句ポスト365」に投句するようになってもう少しで一年になります。 パソコンを整理していて当初の句を見たのですが、稚拙な掴みとり方、詩作品としての表現方法のあまりの幼さに驚くとともに、セピア色の写真を見るように懐かしさと可愛いさを感じました。 ここをこう直せばずっと良くなる、と推敲しかけましたが、やめました。 このままウロくんの成長記録として見守っていこうと考えたのです。 こんな楽しみ方もあるんだな。/ウロ
○自己客観するにあたってそういうのもいいね。ウロくん、ってのもかわいいな~♪(笑)(正人)

◆俳句修行の楽しみ♪
●通勤時の、バスの中で、俳句を詠むのが、座禅を組むようで楽しいです。精神集中デス 余計な雑念が入らないで、仕事に集中できますので!/句詩呼
○目を開いての座禅、みたいな。(正人)

●プレバトから妻の勧めもあって、4月から俳句を作り始めました。その間父の入院や亡くなったことも俳句にしています。少しは上達していればいいのですが、まだまだ上級者の方々の使う言葉の意味が分からなくて、色々な番組、雑誌、辞書、ネットで勉強しています。頑張って続けていけたらなと思っております。数だけは出来るようになりましたので、下手な鉄砲のつもりですべて投稿させていただいております。今後ともよろしくお願いいたします。/西尾婆翔
●皆様いつもお世話になります。日焼けの回より参加させていただいております。NHKの俳句番組も見たことはあったのですが俳句に興味は湧かず、たまたま見たプレバトで一気に俳句の楽しさを知り、俳句ポストに投句をするまでになりました。俳句のハードルを感じさせず大笑いしながらも知的好奇心を大いにくすぐり、素晴らしい番組と毎週楽しみにしております。もちろんNHKも欠かさず見ております。あのプレバトの大先生に拙句を見ていただき、並、人、人と連続で選んでいただき感激しております。。発想が乏しく毎回産みの苦しみですが、継続は力なりで頑張ってまいりますので、これからもよろしくお願いいたします。/さきのジジ
○いろんなもの見て、いろんなとこに出して、楽しい俳句修行であります♪(正人)

●夏井先生に怒られてしまうと思いますが、実は今まで歳時記を持たずスマホで調べてやっていました。重いし大きいし、スマホで済むならスマホでと。しかし最近買った先生の本で、季寄せという小さなものがあることが紹介されていて、早速購入しました。今まで兼題になったものを調べて、あったあったと一人で喜んでいます。/ふくろう悠々
●不謹慎かもですが、恥ずかしながらゲームをやりながら時々手を止めて歳時記読んで俳句の発想を飛ばしております。私流です(笑)何故か「!」と浮かぶのです。集中してるからでしょうか。今回も入選してたらとドキドキしてます。/マカロン
○レトロゲーマーはワタクシ、反応せざるを得ない。…でもあんまり俳句できた試しはないなあ(笑)。(正人)

●猛暑、台風と自然の激しさに人間は微力だなあと思う日々です。組長は休む間もない日々と存じますが、体調はいかがでいらっしゃいますか。いつも気を張り詰めて日々の仕事をこなしておられるのだと思います。 そんな中で丁寧な選をいただきほんとうに感謝です。人と並をうろうろしている私は、いつか人に落ち着きたいと願いつつ、組長、皆様と細い糸でつながっていることが励みになっております。/三輪佳子
○俳句は世界とつながるツールでもありますね。人とも、自然とも。(正人)

●組長、正人さま、よしあきくんさま、みなさんこんにちは。 組長。「それミー吟行隊」関西支部掲示板にて、「野性俳壇」が話題になりました。知らない、あるいは投句していない方へ、洒落神戸さんとともおすすめし、2名、新規に投稿された方がおられました。まだおられると思います。「野性俳壇」でも「それミー吟行隊」関西支部にご期待ください。/すりいぴい
●茨木市立川端康成文学館が主催で、川端康成先生に所縁のあるもの、文学や旅などにちなんだ俳句作品を募集しているようです。一度チャレンジしてみるつもりです。まだまだ暑い日が続きますが体調などくずされませんように。/ゆきこ
○『まつやま俳句ポスト365』で学び、いろんな投句欄に挑戦してみる! 武者修行もまたよろし♪(夏井)

◆サイトスタッフより
●沢山の俳句 駄作はどこにも載せてもらえなくて アドバイスも頂けないのでしょうか? いただければ幸いです。/aya
○同じようなお便りが時々届きますが、かなりの確率で、どこかの曜日に載っているはずです。丁寧に探してみて下さい。 ※ガラケーの場合、容量の関係で途中から観られないことがあるようです。(サイトスタッフ)

●近頃、俳号のあとに@を付けて、長々と句の説明をされる方がいらっしゃいます。「句に対するコメント」の欄は別に設けられているのに、マナーとしてどうかと思います。皆さんはどうお感じですか?/吉川哲也
○難しい言葉などの意味、特殊な場所の情報等は、アットマーク以下に載せる場合があります。(夏井)

●8月4日投稿の近況報告訂正  訂正後   わが句作ひらめ句あらず四句八句    あが句ばかりできらめ句はなし      ほんに地に咲き天に煌きたし。 /位相朗
○投句の訂正は、その旨をコメント欄に明記して、再度投句し直して下さい。(サイトスタッフ)

●重ね重ね申し訳ありません。 醤油かけほお膨らまし鰯食う を 2度投句しました、1度目は私の注意力不足と思い、2度目は注意しました が なぜか「ほお」 が漢字に変換されないようで 2度ともに ほお が ? になってしまいました。 ですので ひらがなの ほお に変更します。 ご理解どうぞよろしくお願いします。/せつ華
○環境依存文字が変換されてない場合があります。(サイトスタッフ)

◆俳号に名字をつけよう♪キャンペーン
●昨年11月に俳句を始めたときから俳号を「税悦」とさせていただいておりましたが、今回、苗字「大槻」をつけました。 従いまして今後は「大槻 税悦」で投句させていただきます。 よろしくお願い申し上げます! (@税悦 あたらめ 大槻税悦)/大槻税悦
●俳号を月見草から月見柑に変更します。よろしくお願いします。/月見柑
●七月より俳号を「寿々子」と変更しました。よろしくお願いします。/寿々子(寿々改め)
●俳号の再変更。「ひろのじょう へっぴこ」が評判が悪く「ひろのじょう」に戻します。ごめん。 /ひろのじょう
●こちらへの投稿を1年は続けようと始めて半年 蜩ぐらいから息切れ?してきて空蝉になりかけです それで名前を変えたらがんばれるかと安易なことを思いつきました かみつれからシナモンTに変更させていただきます これからもよろしくお願いします/シナモンT(
○『俳句ポスト365』では、「ありそうな俳号をお使いの方は是非とも姓を付けて下さい運動」を展開しています。俳号は、自分の作品を自分のものだと主張する大切な記号。投句者お一人お一人の個性と習熟度を見極めながら、適切なアドバイスができるようにと日々心がけています。以下ご協力の程を。
 ① 同一人物の複数俳号の投句はお控え下さい。
 ② ありそうな俳号には必ず姓をつけて下さい。

●同じ俳号の「輝久」さんが登場致しましたので、輝久より「詞意魔の輝久」へ変更お願い致します。難しい事だとは思いますが、現在選句中の兼題も新俳号で出来ますれば・・・/詞意魔の輝久
○なにぶん大量の投句ですので、その対処は難しいかと思います。ご了承下さい。
 さらに、「旅役者其の地その日の夏越祭」の類句問題についてお便りをいただきましたが、俳句は短いですので偶然に同じ句(ほぼ同じ句)が生まれることはあり得ます。ましてや、どこかのHPで見たというレベルまで把握することは不可能。悪気もないまま、うっかり刷り込まれていることもあります。俳句は、投句する側も選句する側も「信じる」という心で結ばれるしかない、と腹をくくっております。(夏井)

◆ウェンズデー正人へ
● ◎正人さんへ 角川「俳句」8月号「精鋭10句競詠『僕でなく』」見ましたよ~! すごーい!さすがです!!かっこいい!!! /一斤染乃
○恐れ入ります、ありがとうございます。初めてのことで大変どぎまぎしております。(正人)

●組長、正人さま、よしあきくんさま、みなさまこんにちは。 正人さま。先日の「よるマチ!」の「向日葵」では優秀句に選んでいただきありがとうございました。どうしても語りたい一句コーナーができ、一覧以外の部分が充実してきましたね。このときは日ごろお世話になっている「それミー吟行隊」関西支部のめぐるさん、じゅんまきさんの句でしたので、感慨ひとしおでした。これからも正人さまの評のコーナーを継続してください。なお「それミー関西」掲示板ではこの話でひと盛り上がりあり、新規に「よるマチ!」へ投句される方が増えるといいですね。/すりいぴい
●正人さま。よるマチ句会で拙句に素敵な選評をありがとうございました!おもわず「ええ~っ!」と叫んでしまうくらい嬉しかったです!プリントアウトして家宝と致しました(笑)静岡では放送を見ることができないのが本当に残念なのですが、ホームページで拝見させていただいております。10月からまた募集スタートとか。枯れ木も山の賑わい、また投句させていただきますのでよろしくお願い致しますm(_ _)m/ちゃうりん
●正人様へ。「よるマチ」では、さな(5さい)の「向日葵」の句を優秀句に選んでいただいてありがとうございました。あいテレビの封筒から、次々賞品を取り出しては目をキラキラさせてました♪次の兼題を楽しみにしてたのですが、しばらくお休みとは…寂しいです。(祖母・誉茂子より)/さな(5才)
○再開してくれ~のおたよりをあいテレビさんに送ると後押しになるかもしれません~♪(笑)(正人)

◆夏井いつきへ
●うれしいことに、9月は居住区近辺で句会ライブやら俳句甲子園エキシビションマッチやら、組長イベント盛りだくさん!近場での開催は大変助かります。遠いところなら、私の故郷が、組長を招いてくれればいいのになぁなんて思います。そしたら、帰省を兼ねて行けるのに(笑)/小倉じゅんまき
○今年は、なぜか東海地方の句会ライブ多いのです。また会いましょうね、じゅんまき♪(夏井)

●組長「怒り」は俳句の核になるんですね。(猫愛すクリーム)/猫愛すクリーム
○怒りも、哀しみも、恋も、死も、誕生も、全てが俳句の核です。(夏井)

●夏井先生の「子規365日」を図書館で借りました。俳句をノートに書き写しています。季語も覚えられるし、表現方法も学べるし、嬉しい相乗効果です。この本を写し終わったら、「365日俳句手帖」に挑戦です。/アガニョーク
●夏井組長の本を、買い読みました。俳句が、趣味にしたいです。九州もいろんな吟行あってます。来てください。/藤田 由美子
○九州でも、句会ライブやってます。来てください♪(夏井)

●TVで夏井先生のお顔がほっそりしたのを見て、かの時のインフル痩せかと推察、夏井先生、スタッフのみなさま、くれぐれも夏バテなどなさいませんようご自愛くださいませ。いつもありがとうございます。/加果生
●組長こんにちは。7月13日に放送されたプレバトを見てて、なんだかいつもよりバッチリメイクな気がしました。ついに専属メイクさんが!?バッチリメイクな組長もとても素敵でしたよ。/ツナサラダ
○メイクは、いつものメイクチーム。彼女たちが、私の平たい顔の扱いに慣れてきたのではないでしょうか。(笑@夏井)

●いつも楽しく拝見しております。我が家ではチャンネル権をほぼ持たない私ですが、プレバトだけは唯一私の意見を通して見させてもらっています。私だけでなく息子も楽しんで見ているようで、最近ではお題の写真を見て番組が終わるまでに一句作る対決をしようと言ってきます。いつも私は早々にギブアップするのですが、息子はずっと指おり考えています。息子の作る俳句はツッコミどころ満載ですが、きちんと五七五には合わせてくるところがなかなかやるなと毎回思っています。/豆田こまめ
○いつか、家族みんなで句会ライブにも来てね♪(夏井)

●組長が気さくに写真撮影に応じて下さいました。肖像権がとわれるのに、感心しました。しかも日本で一番幸せなご主人と一緒に私もショットに収まりました。感動の写真です。/荻野鷹生(孝雄)
○なんのことない、ただの俳句オバサンです。写真ぐらい喜んで。(夏井)

●組長、遅ればせながらですが、夏井&カンパニー創立三周年おめでとうございます。超ご多忙のご様子ですがくれぐれもご自愛くださいますよう、そして長くご活躍下さいますことお願いいたします。まだまだ浅学で?な事の多く、いろいろな入門書にオロオロしてしまい馬鹿なコメントを送ったりしておりますが、組長が採ってくださった句が答、とこれからは「人」も「並」も気にせず楽しもうと思います。ここが学びの場ということが漸く分かってきました。これからもよろしくお願いします。/あまぶー
○『まつやま俳句ポスト365』は、学びの場。失敗したり、新しいことを知ったりするのが、学びです。共に、楽しく学んでまいりましょう。(夏井)

○酒井おかわりくんへ
 メール拝受しております。お気持ちも十分察しております。
 私は、(新興宗教みたいな言い方ですが)沢山の人が俳句と出会うことで、「救われて欲しい」と願っています。そのような人だからこそ、切にそれを願います。このままだと、その人は「俳句に捨てられる」に違いありません。大好きな俳句に捨てられる。それを考えるだけで、胸が痛くなります。いつか、その人が「俳句に救われる日」が来るかもしれないし、来ないかもしれない。全ては本人次第ですが、その救われる可能性を奪ってはいけません。
 おかわりくん、私たちは俳句に捨てられないよう、自分の心を清く保ちつつ、真摯に精進しましょう。私たちは、そのように歩いていきましょう。(夏井)

◆広がる『俳句ポスト』仲間たち!
●俳句をやってなければ、会えなかった句友の皆さまありがとうございます。ぺこり。/こま
●七瀬由紀子、まやこやと私蛍子で毎日俳句をラインで盛り上がっています。毎日が楽しく生活に、張りが出て確実に30歳は、わかくなりました。組長の若々しい声大好きです。これからも拙い句ですが、今に上手になりますから宜しくお願い致します。/蛍子
○パリと三重を繋いでの、三人の会。30歳も若返るとは!(笑@夏井)

●組長!福岡の句会に参加させていただきます。俳句を始めたばかりで、「もう少し上手くなってから。」と尻込みしていましたが、「もう少し上手くなるために」参加することが大事と考え直し、清水の舞台から飛び降りるつもりで参加します。私を誘ってくださったはまゆうさんとのご縁に感謝。俳句と出会い、そこから、人とのご縁がつながることに、また、感謝、です。組長の熱血指導、楽しみです。あまぐり。/あまぐり
○福岡で会いました♪ あまぐり&歌鈴、そしてクラウド坂上にも会いました。句会の楽しさ、句友との出会い。これからも楽しんでいきましょうね。(夏井)

●息子の夏休みの宿題に俳句を作るという課題を発見し、これは!と喜んでいます。 せっかくなので、実家に帰省するときに親戚の子供たちとも一緒に作れないか思案中です。/豆田こまめ
●俳句の良し悪しはともかく、毎日楽しんでおります♪ 英語教室のニュースレターには日付は入れず、代わりに万緑号とか大暑号と記して、冒頭に必ず季節の俳句を入れるようにしました。英語教室なのに! 小学生の生徒たちや、保護者さんもプレバトが大好きだったりするので、いつか英語だけじゃなく、俳句でもつながって、みんなで吟行したいです。/播磨陽子
○ピアノ教室してる俳句仲間がいますが、その教室で子どもたちと俳句作りを楽しんでくれてます。小さな種蒔き、ここにも♪(夏井)

●組長、正人さま、よしあきくんさま、みなさんこんにちは。最近本コーナーや「一句一遊」でも話にのぼるように「それミー吟行隊」関西支部が活気づき、各結果発表において交友あるみなさんのお名前をきくことが増えているように思います。単に褒め合うだけではなく、みなめらめらとポジティヴな闘志を燃やしているよう思われます。ゆるやかで多様な結合。いや結合といっていいのかすらわかりません。関東・関西以外でもそんな「ゆるやかで多様」な場ができるといいなあ。たいそうなことではなく。/すりいぴい
○私の理想としている俳句集団は、まさにそれです。「ゆるやかで多様」に一つ付け加えるとすれば「真摯」。佳きライバルとしてお互いを高め合い、佳き句友として豊かな友情を育む。それが理想です。(夏井)

◆「人」「地」「天」~ベム・ベラ・ベロ俳人たちより
 誰が言い始めたか、「『人』選にはいりたい=人間になりたい=妖怪人間ベム」という話で盛り上がり、「『人』選に入る=人間になる=ベム俳人になる=ベムる」と、不思議な動詞や、「天地想像」なる四字熟語が生まれております。

●・夏越で「人」選ありがとうございます。一年なんとか続いたのはこういうご褒美があるから・・・ これからもぽちぽちやっていきます♪/みもうさ
●兼題「夏越」では、人選に取って頂きありがとうございました。改めて没になった句も含め投稿した句を見返すと推敲の足りなさを痛感いたします。/やまぶき
●夏越しの句「人」に選んで頂きありがとう御座います。 前回初めての選外だったので、とても嬉しかったです。 まだまだ暑くなりそうです。先生、皆様お気をつけて、夏をお過ごし下さい。/一咲ふゆか
●「夏越」では初の複数人選有難うございます。 天地の句を見ていて思ったのですが、夏の季語なのに水を連想させて涼しげな季語ですね。 茅の輪はいろんな形が有りますし、限定の御朱印を出している神社もあるので、俳ポ二ストの皆さん来年もどんどん潜りに行きましょう!/霞山旅
●いつも有り難うございます。「夏越し」で思いがけず2句も人に選出されて感謝です。しかし!にわかに信じがたく、きっと夏井先生は何かとてつもなく良いことがあって、つい採点も甘~くなったに違いない!と勝手に分析。だって、いけません。ハードル上がっちゃって。人になりたいのになったらなったでまた大変なんだわよ!・・・ってことを学びました(^^!/まめ小路まめ子
●俳句をはじめて半年。初めて「人」を頂いた句は、亡くなった息子を思っての句となりました。俳句を通じてまた息子と触れ合うことが出来て、嬉かったです。ありがとうございました。/秋雲
●組長はじめスタッフの皆様、いつもありがとうございます。「夏越」の週では人選を頂きありがとうございました。私の氏神様では毎年、6月30日に夏越の大祓が行われますので、間近に目にすることができます。それ故にかどうかわかりませんが、天、地の皆様のように縦横に発想を飛ばした句が出てきませんで、目の当たりにした景色しか文字にできませんでした。ま、これはいつもの事なのですが・・・・・・。残暑厳しき折、御身ご自愛下さって益々我々を楽しませて下さいませ。/江戸人
●組長、兼題「夏越」人選に採っていただきありがとうございました。ボツ句まつりを覚悟していましたので、ありがたかったです。 義母の退院が一旦決まりかけましたが、延びてしまいました。病人がいると(ましてや介護も)泣きたくなることもありますが、俳句が支えになってくれています。義母も「結果はどうやった?」と気にかけてくれてくれるので、気張らんといかんのです。(猫愛すクリーム ) /猫愛すクリーム
○励むは人のためならず。でも人も喜んでくれるとさらに嬉しい。(正人)

●席題「夏越」では地選をいただきありがとうございます。投句を諦めずに続けていれば俳句の神様が微笑んでくださることもあるのだとぶち嬉しかったです。チーム天地夢遥と俳号につけていますが、あたしゃ一生もらえん!と夢は遥かと思っていましたが。今回の地選をチーム天地夢遥の皆さんもブログにアップしてくださったりで皆さん喜んでくださいました。組長ありがとうございました。/松尾千波矢@チーム天地夢遥
●組長、正人さん、みなさんこんにちは!「夏越」の回の地選有難うございました。しかしデボンを卒業して土井探花に戻るにはさらなる精進が要るようです(?) 引き継ぎ見守って頂ければ幸いです。/土井デボン探花
●兼題「夏越」にて地選を頂きましたさるぼぼです。愛の赤ペンという組長からのメッセージ、しっかりと受け取りました!ありがとうございました?!またがんばるぞ。/さるぼぼ@チーム天地夢遥
●組長!「夏越」で初めての地選有難うございます。木曜に名前が無かったので全ボツを覚悟しておりました。びっくり仰天、とても嬉しかったです。一日中舞い上がっておりました。美味しいお酒が頂けました。(とりあえずのビールからの焼酎ちびっとからの日本酒で〆の・・・飲兵衛か? (笑) )六十の手習いと始めた俳句ですが、面白さと難しさが日に日にエスカレートしていきます。焦らずにコツコツと学んで行きたいと思います。組長!これからもよろしくお願い致します。/夏柿
●兼題夏越では地選ありがとうございました。うれしくてささやかではありますが、祝杯をあげさせていただきました。実は締め切り後のことですが、河原を歩いていると、手に鎌を持った男性を発見。普段ならば関わり合わないようにするのですが、今回はなぜか目に見えない何かに呼ばれたように自分から声をかけていました。お話を伺うと、なんと茅の輪用のチガヤを集めていると言うではありませんか。多くの神社では、稲藁を代用して注連縄を作ることが多いのだそうですが、ここでは古来よりチガヤにこだわっているといいます。最終的に1万5000本のチガヤを集め、乾燥させた後に200mほどの縄をない、カヤの葉を束ねて茅の輪を作ったそうです。部外者ではありましたが、7月31日の夏越の大祓に招いていただき、行灯を手に持ち、参加させていただきました。これも季語の世界、季節感に興味を抱いたからこそ、実現したものと思います。俳句をやっていたお陰です。俳句に感謝したいと思います。ありがとうございます。/山香ばし
○おお~それも俳句の結ぶ縁でございますねえ。(正人)

●夏越の天、ありがとうございました。もう思い出せないくらいぶりの天で、リアクション忘れるほどびっくりしました。これからも地道に精進していきます。/剣持すな恵
○さすがでございます、お見事!探してみよう~と試みたら案外検索で一発ぽんとは出ないもんで。結局いつ以来だったのだろう??(正人)

◆近況報告~♪
●徳島旅行から帰ってきました。最高でしたー!渦潮も吉野川も阿波おどりも人形浄瑠璃も全てがときめきました。次は道後温泉に行く予定です!/しかもり
○ぜひ道後温泉にもお越しください!9月26日には飛鳥乃湯泉がオープンしますので、お時間があれば、ぜひお立ち寄りください^^(茅の輪)

●組長、正人様、よしあきくん、スタッフの皆様、いつもお世話になっております。ありがとうございます。毎日うんざりするほど暑いですね。今年は汗疹ができたりしております。塗り薬で凌いでおりますが、母はいい歳をした私に「シッカロールを叩きなさい!シッカロールよ!」って、うるさいです(笑) 二句投句致しますので、宜しくお願い申し上げます。 /chiro
●毎日猛暑日…夜天気予報を見ると、今日の気温は37度超えなどなど、自分が子どもの頃には考えられなった気温の数字を目の当たりにします。小学生時代に所属していたソフトボール少年団の夏休みの練習時間は14時開始。今ではそんな時間から練習開始なんて考えられません!今みたいに水分補給の重要性も認識されてい鳴った時代…熱中症という単語を聞くたびに、そんなことを考えます。/かつたろー。
●いつもありがとうございます。 暑い毎日ですので体調にお気を付け下さい。/くるみだんご
●先日花火大会に行ってきました。迫力があり昼の暑さがぶっ飛びました。/松尾富美子@チーム天地夢遥
●猛暑が続いております。 ものも考えられなくなるほど暑さに弱い私ですが、俳句で季節を先取りしてみます。少し体力の落ちてきた母のためにも、自分がしっかりせねば。 夏井先生、スタッフの皆様も、くれぐれもご自愛くださいませ。/山内彩月
●ゆうき しかる です。いつも勉強させていただいています。3回目六句目の投句です。夏が本気を出してきましたね…、皆様お体ご自愛下さい。 なかなか会えない祖父祖母に、暑中見舞いで俳句を披露すべく、現在、ねた探し中です。/結城 然
○9月も半ばになってようやく日中も多少秋らしくなってきた気分。(正人)

●組長、正人さま、よしあきくんさまこんにちは。先日、某サイトで講談社「カラー図説日本大歳時記」秋(と冬)を格安で入手しました。毎日少しずつ読んでいます。持ち運びには重たいですが、カラー図版が多くてよいですね。この歳時記に恥じないような句が詠めるよう努めます。/すりいぴい
○五巻揃うとまた充実感があって良くてですね。(正人@本好き)

●最近生協で愛媛名物の甘酒アイスを発見!!早速注文していただきました。おいしかった!! このアイスを組長はじめ愛媛の皆様が召し上がっておられるのだな、と感慨無量。そして、今日、スーパーで大手企業の甘酒コーナーを発見。そのパックに「甘酒は夏の季語」と書かれてあり、これは組長のプレバトでの一言が影響してると思いました。すごい!ついに俳句は経済効果にまで波及しております。最後に、組長様、くれぐれもご自愛くださいませ。/ラッキーの母
○そこまで影響あるのか!?(笑)(正人)

●組長様&ハイポニストの皆様、残暑お見舞い申し上げます。今日、40代で亡くなった知人のお墓参りへ行ってきました。生きたい、もっと人生を楽しみたい、と願いながら旅立ったのです。生きていると悲しい事、辛い事たくさんありますよね。でも人生一度きり、限られた時間の中で生かされていると思えば、その時間を大事にしたい。私は彼女の死をきっかけに、気持ちが下を向きそうになったら「俳句を楽しむ時間」を持つようになりました。これからも17音にときめく瞬間の幸せを味わいながら、精進してまいります。ちなみに俳句との出会いは、息子の俳句甲子園出場でした。息子との二人句会もなかなか幸せな時間です。組長様、感謝です。 /りら
○俳句の杖、自分一人だけじゃなくて息子と二人ならなおのこと頼もしく。(正人)

●近況!語らずにはいられないッ! 今度の日曜日にジョジョ展&ジョジョフェスに行ってきます♪ 四部で承太郎が連泊していたホテルのモデルとなったホテルに泊まってきます♪ もちろん、花京院他のマンホールも巡って、むかでやにもお邪魔します♪ …と、書いて理解してくださる方が果たしていらっしゃるのでしょうか?(笑)/次郎の飼い主
○ぼくは敬意を表するッ!(正人@一番好きなのは四部)

●八月一日より教員免許更新講習で大学通いで今日で5科目30時間全て終了。興味ある講座取ったのはいいけれど、教育、国文学、全部で10本の論文試験。すっかり頭は散文脳。今日から韻文脳に。しんどかったけれど、収穫もたくさんです。中でも大久保順子先生の近世文学とてもおもしく、貞門派、談林派、蕉風の違いが全てよくわかりました。全て古典の雅語というレトリックをふまえつつ、当世風を目指したものの、雅語をそのまま揶揄して使った貞門派、雅語を俗語と絡め当世風の俗の世界に引っ張りこんだ談林派の西鶴、俗な言葉を使いつつも古典に心を寄せて独自の風雅を追求した芭蕉。それぞれのベクトルの違いよくわかり、大変お得な時間でした。クラス句会レポートは、職場の改装工事を終えて、データを取り出してから俳句教育研究会にお送り致します。おすすめ頂きましてありがとうございます。/谷口詠美
○詳しいレポート期待しております!(正人)

●組長、 長女が不妊治療の甲斐あって、やっと着床になったようです。 子どもたちの悩みを知らずに、まだかまだかと待っていましたが不妊治療を続けていたことを知ったのは最近のこと。今回で長女も少し解放されたようです。しかし、未だ予断は許さないとのこと。 不妊治療ってお金がすごくかかるんですね。状況を知った時に援助しましたが、元気に育って欲しいという思いだけです。父親は何もできないです。 詠む機会が多くなりそうです。 堺利彦のことばで思い出しますが、春の日の暖かさや光と微風があれば。 光に照らされて、微風に吹かれ、花が咲き、花の香に惹かれ蝶、蜂、鳥がくる。 いのちの授かった家庭に春の日の光と微風が…という気持ちでいっぱいです。/天晴鈍ぞ孤
○個人的に自分も治療について調べていた時期がありました。お金がかかることもそうですが、またその成功率のシビアさに仰天するのです。本当に本当におめでとうございます。一生分のいたわりを今この大切な時に注いであげてくださいまし。(正人)

◆兼題「鰯」に寄せて
みわけにくいよいわしのいわたくん さな(5才)
●「いわしのいわたくん」とはなんぞや? さな曰く「いわたくん」という名前の鰯なんだそうです。いわたくんが泳いでいると、弟鰯や兄さん鰯がどんどん泳いできて、どれが「いわたくん」だかわからなくなるということらしいです(笑) さなが「いわしの」はいらないというので、「そうすると、いわたくんが何なのかわからないよ」と私が言うと 「そうだね。夏井先生もそう言うね。」と納得しました。笑(祖母・誉茂子より)/さな(5才)
○ははは、絵面を想像するとまた可笑しい楽しい~!絵本が一冊できそうやな~♪(正人)

煮付けてもなほ光りたる鰯かな カリメロ
●醤油やら梅干しやら入れてしっかり煮てもぴかぴかするのでびっくりします。/カリメロ
●正人さん~!鰯にパン粉つけてニンニクとオリーブオイルで焼くイタリアン、美味しいよね。ワインにあいます。/こま
●子供の頃、よく食卓に 上がっていた鰯。好きじゃありませんでした。大人になって、酒の肴に 頼む鰯の美味しさを 知ったのに、お値段、お高い。/三子
●鰯を買って調理しました。頭を落とし腹を裂いてローズマリーを詰めて焼きました。/樫の木
●小鰯を生姜と梅干しで煮たのが好きです。一昨年亡くなった義母も最期の頃まで、喜んで食べていました。 秋は美味しい食べ物がいっぱいありますが、先生は何がお好みでしょう?/一咲ふゆか
○うちでは煮付け的な感じのものが多かったような記憶。洋風な食べ方ってあんまり記憶にないなあ。(正人)

●超お忙しい組長様に、超手抜きの鰯料理をご紹介します。「なんちゃってイタリアン、鰯のパン粉焼き」 ①フライパンの底が隠れる程度にパン粉を播きます。(袋のはしを切ってシャカシャカと) ②オリーブオイルを、お好み焼きのマヨネーズのように縦横に播きます。(パン粉にしみてないところがあっても大丈夫)③その上に開いた中羽~大羽鰯をフライパンに並べ、軽く塩こしょう。 ④その上に、パン粉とオリーブオイルを①②同様に播き、点火。中火で。 ⑤パン粉がきつね色になってきたら裏返し、火が通ったら出来上がりです。 正人様の愛するイタリア料理をぐうっと簡単にアレンジ。パン粉の中にハーブを入れたらおしゃれに。 この方法で、鯵、鱈、牡蠣(ひっくり返してチーズをのせる)、豚肉なども同様に作れますが、ピカイチは鰯です。手開きして作る価値あり。パン粉、ちゃんとくっつきます。お試しください。後始末も楽チンです。/ラッキーの母
●僕の地元の北九州では鰯を糠炊きにして食べます。 匂いが独特でちょっときついですけど食べ慣れると癖になってご飯のお供にびったりです。 小倉駅近くの旦過市場では糠炊き鰯を売る店が多くあり昔の闇市を連想させる怪しい雰囲気があります。/あいだほ
○レシピ情報ありがとう!!両者並べると、同じ魚なのに全然違う感じの仕上がりになってるのが面白い~(笑)。(正人)

●「鰯」と聞いて、「集団心理・群集心理」をキーワードにして何句か書いてみたけど……抽象概念ゆえ、俳句として完成させるのはやはり難しい…… このキーワードを持つ競合句(=他の人が書いた類想類句)も、結構多そうだし(汗) ……ところで、「鰯玉」という単語は使用しても大丈夫なのかな? 「鰯玉」には、「球形になった鰯の魚群」と「鰯の擂り身を練って団子状にした物(=鰯のつみれ)」の、2つの意味があるそうですが……もしも、「鰯玉」の意味の比重(一般的な人がこの語に対して持つ印象の軽重)が「後者>前者」だった場合、今回の私の句はほとんどがボツになる恐れが……(涙)/灰田《蜻蛉切》兵庫
○句の内容的にさすがにわかることが多いんじゃないか…と推察しますけど、結果はいかに。(正人)

妣のごと鰯手で裂き料理せり きのと
●子供の頃は瀬戸内海沿岸で育ち、毎日のように、イワシやさばや味を食べて育ちました。イワシやアジは小さいので、包丁を使わず、母が料理をしていました。 この頃、魚類は食べることが減りましたが、今でも、鯵やイワシは、包丁を使わず料理をします。/きのと
●鰯が高くなった、とスーパーでため息が出ます。/桂
●鰯と言うと、恵方巻と食べるので2月のイメージが強いですが、旬は秋なのですね。しかし、秋の鰯は魚屋に置いていないことが多く、意外と入手困難です。大阪だけなのか、僕の住んでいる所だけなのか、不思議です。そもそも節分の日以外で鰯を見たことがありません。普段はどこに売ってるのでしょうか。/宗本智之
●季節は違いますが、「鰯」と聞きますと思い出すことが…。私が育った九州の片田舎では毎年、どちらの家も節分には昔から魔除けの風習として、鬼がその煙や臭気を嫌がるという理由などで、七輪で鰯を焼き…身は食べて残りの鰯の頭を、大豆柄と一緒にヒイラギの小枝に括り付け門塀に掲げていました。嫁いで来ました当地でも毎年実施していますが、まもなく50年となります…。/山本嘉子
○子供心にぎょっとしたもんですねえ、あのビジュアル。そりゃ鬼も逃げるわ。(正人)

一の棚をててかむ鰯しめてをり くらげを
●「ててかむ鰯いらんか~とれたての手手噛むいわし~」魚屋さんのだみ声はよく通ります。最近は聞くこともなくなりましたが。/くらげを
○「ててかむ」って「手手噛む」なのか!なぜかわいげに「手手」…語呂がいいからか…?(正人)

骨酒と洒落てみる夕鰯焼く としなり
●鰯食ふ大いに皿をよごしては/八木林之助 の鑑賞に「鰯は下魚に徹してる。・・(中略)皿を汚し箸をよごし口許をよごして『ああ、うまかった』と鼓腹する。」と日本大歳時記(講談社)にある。大量に獲れ廉価ゆえ下魚と呼ばれる、が食べれば美味い。この庶民的肌触り。 /としなり
●鰯と聞きますと必ず思い出すことがあります…。 転勤族のサラリーマン時代に、昭和の終わり頃は東京都中央区の下町に勤務していましたが、下町の長屋の通路では、日中や夕方になりますとよく目にした…鰯干しや鰯を焼く光景が浮かんできます。 /山本 力
○すぐ↑で「鰯が高くなった」って桂さんがつぶやいてらっしゃったのを思うと、すごい差ですよね。漁獲量の推移って如実に庶民の暮らしに跳ね返るもんなんだなあ。(正人)

●鰯。私の育った町は鰯の漁獲高全国一の漁港の町で、冗談ではなく道端に鰯がよく落ちていました。それだけ身近だと好きになれないんですよね(笑)子どもの頃は嫌いでした、鰯。大人になって美味しさが分かり食べたくなったらプリン体が!(笑)因みに田舎では、鰯刺はじめ秋刀魚刺、しめ鯖などの青魚は七味醤油で食します。美味しいのでお試しあれ。/可不可
○七味醤油、酢醤油、甘口刺身醤油、etc…。全国の魚料理向け醤油博覧会とかあったらおもしろそう。(正人)

鴎舞ふ鰯が浜の鰯網 荻野鷹生(孝雄)
●漁師の掛け声で真剣に引きました。 漁師3人は高齢でしたがとても逞しくしかも親切でした。近年は鰯も秋刀魚も不漁続きのようですが、温暖化の影響でしょうか?、人類がこぞってシーオー2の排出削減をすべきです。/荻野鷹生(孝雄)
●鰯を干していたあの浜辺は遠い思い出。埋め立てられて見る影もありません。/さっちゃん
●盆地の会津は以前、魚は干したものが多く生の鰯を見たのは大分経ってからのような気がします。季語のイワシも頬刺しとか目刺ししか思い当たらず、残念です。/駄口竹流
●昔は下の魚と言われていました。私には幼いころから馴染みの魚。ただ足が速いと言われて朝水揚げされても夕方にはぐったりしていました。一夜干しは家庭でよく見られました。野良猫や野良犬がさかんに狙っていました。中には頭の黒いネズミもいましたね。/忍冬
○諸々の季語雑学情報、昨日に続いて今日も豊漁であります。地域によって干したり生だったり違うのも面白い。(正人)

●三重県大王崎近くの漁港で釣りをした時のこと。地元の釣り人のサビキ籠は空、オキアミが入って無い。聞けばオキアミで釣ったアジや鰯は腐りやすく美味くないとのこと。すると、やおら鰯を一尾掴み爪で腹を裂き頭と骨を取って、あっという間に鰯の開きが出来た。「兄ちゃん食え」と口に放り込まれた。「おっさん手を洗ったか!?」なんて言う間もなかった。・・甘く旨かった。/としなり
●江ノ島水族館では日本初の鰯の稚魚(しらす)の生体展示をしています。とてもかわいいです。/宇野うづら
● 現代っ子(死語?)の自分は硬い鰯よりししゃもの方を好んで食してきたので、鰯の頭のおいしさがまだわかりません。歯も弱いようです。/榊裕江子
○生の鰯を洗ってない手で裂いて食う、そんなハイポニストを君も目指そう!(正人@無茶な煽り)

餌買の鰯二網買ひ占めり 香壺
●鰹漁は、まず鰹の大群に近づき、生餌を投入し、同時に海面に散水して小魚の群を演出しておびき寄せる。そうしておいて次々に竿を入れて、鰹を釣り上げる。この時投入する生餌が鰯である。この鰯を買い付ける 人を餌買、又は餌買人という。大量の生餌が要るので、餌買は一網二網の鰯を買い占めるのである。 この餌買人の腕前が鰹漁の成功の鍵を握っている。/香壺
○海老で鯛を釣る的な。でも餌として投入する規模が違うなあ!(正人)

みすゞの詩脳ガッと割れ鰮とむらう 冬のおこじょ
●金子みすゞの有名な詩「大漁」を初めて読んだときの衝撃を詠んでみました。/冬のおこじょ
○未読ながら衝撃だけは伝わってきたゾ。(正人)

●生きている鰯を注意して観察したことがないなあと検索していたら、こんな動画が(音量が結構大きいので注意!):https://youtu.be/rBRre0CONqM (YouTube、SADAKIAさんという方の「イワシの群れにスマカツオがアタック!」という動画へリンクしています。私はYouTube吟行をしたら、ささやかなお礼として動画にLikeをつけることにしています。) ちょっと前半が長いのですが、1:15ぐらいから鰯が出てきます。いろいろと形を変えながら泳ぐ様子もなかなかなのですが、最後にやってくる「その」瞬間は、何度見てもうわっ!と声が出ます。 どなたかこの瞬間そのものを切り取った俳句を作ってくださらないかなあ。私ももちろん頑張りましたが、難しかった。。。/月の道
○見てみました。うっわー、すごい迫力!散る前の巨大な鰯玉もまたすっごいですねえ。ハリーポッターの魔法みたいだ。(正人)

夏井先生

ページの先頭