俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 舞茸

第180回 2017年9月7日週の兼題

舞茸

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句

よしあきくん一期一会の一句!

 「いで湯と城と文学のまち・松山」を応援するのが、それがしの務め。本サイトを応援することも我が喜びにござる。そして、我が座右の銘は「一期一会」。我が心に怒濤の感動を呼び起こす一期一会の一句、今週もドドドーン!とご紹介いたしますぞ!
 以下、●が皆さんからの投稿。○が拙者のコメントでござる。

●兼題鰯の回ではよしあきベストセレクションに私の句を選んで頂き、ありがとうございました!うれしかったです。一応返信です。アラザンは仁丹に似たケーキなどに使われる食べ物です。鰯の俳句を考えていたときにアラザンというものがあるのも知りまして、両方使いたいなあと考えた句でした。どうもややこしい素材を選んでしまった?ようですみません(⌒-⌒; ) /ゆきこ
●よしあき殿へ 先般はへっぽこ長たらしきオイルサーディン野郎にお目をとめ下さりまことに忝なく一筆御礼申上げ候。限りなくブルーな月曜にぶるぶるな刺激をを深謝深謝。羽沖/羽沖
◯ゆきこ殿、羽沖殿、懇切丁寧なるお便りをいただき恐縮至極に存じまする。拙者も精進いたしまする故、今後もなにとぞよろしくお願い申し上げまする。

◆よしあきベストセレクション
第10位
巻いた毛の女に映るFinの文字 ぐべの実
● よしあき殿 今回の親父ギャグは   フランス映画のラストシーンからでござりまする /ぐべの実
◯ぐべの実殿、親父ギャグ恐れ入りまする。今回の親父ギャグはなんと申しまするか、上品なような気がいたしまするが、いかがでございましょうか。

舞茸やダイエットにはよりにけり いなまさ
◯いなまさ殿、拙者にダイエットのお勧めでございまするか。かたじけのうございまする。

きな臭い北の若殿に舞茸キムチ・ギャク句 本句 舞茸や先駆けて食命懸け 竹林
◯竹林殿、ギャ句?でございまするか?どうだ先生にお渡しした方がよいのでございましょうか?

第9位
舞茸じゃ造句難し「マイッタケ」 雅鬼
●「舞茸」と限定されてしまうと難しいなぁ。 「茸」であれば「茸山」「茸狩」「茸鍋」などと色々思い浮かべ結構優れた俳句が出来そう?!。 /雅鬼
◯雅鬼殿、難しい兼題にご投句いただき痛み入りまする。拙者も(*_*) マイッタケでございまする。

舞茸に虫がおるぞなまいったけ 木槿
◯木槿殿、さようでございまする。(*_*) マイッタケでございまする。

第8位
夏井家の鍋からはみ出る舞茸 萌久
●夏井家では、今夜は鍋料理。大皿に盛られた豊富な種々の具材。煮立つお鍋に、溢れるほど具材を盛り、蓋で押さえて煮る。しかし、舞茸だけはどうやっても鍋からはみ出てしまう。夏井家では「舞う」は嫌われており、舞茸も逃げ出すとか。 /萌久
◯萌久殿、さようでございまするか。夏井家殿は「舞う」をお嫌いなのでございまするか。「まいう」ならよろしいのでございまするか?

第7位
舞茸を狙いし狩りも外道茸(外道だけ) だじゃれ
◯だじゃれ殿、舞茸狩でございまするか。拙者もお城山で挑戦するのでございまする。舞茸殿はあるのでございましょうか。外道茸殿がおいでになるのでございましょうか。

オカルトか血肉を溶かす舞茸よ みもうさ
●肉と一緒に漬け込むと 成分で柔らかくなるそうですが、肉が明らかに小さくなっているんです・・・。 それを詠んでみました。/みもうさ
◯みもうさ殿、さようでございまするか。拙者は舞茸殿にそんなお力があるとは存じておりませぬ。一度、舞茸殿にじっくりとお聞きしたいのでございまする。

第6位
舞茸や今日はツバメの傘踊り 吟  哉
●スワローズの勝率3割台。/吟  哉
◯吟  哉殿、さようでございまするか。燕軍殿の勝率でございまするか。舞茸殿は応援されておられるのでございまするか。

第5位
戴冠式わしの頭に舞茸を 金亀 子
◯金亀 子殿、国王にお成りでございまするか。拙者も城主としてお祝い申し上げまする。

第4位
尼酔うて舞茸回す鑑識に 澄海
◯澄海殿、鑑識?でございまするか?尼殿は大丈夫でございまするか?血迷おうたのではございませぬか?

第3位
夢を追い魂もらう舞茸に コケのー
●舞茸と言えば雪国まいたけです。宣伝ではありませんが、あののどかな新潟関越にドンと雪国まいたけのビルがひとつです。大変な苦労の末の成功者とききました。/コケのー◯コケのー殿、さようでございまするか。雪国まいたけ殿のご城主にお祝いを申し上げたいのでございまする。

第2位
舞茸や鍋はランドルト環ごと焦ぐ 豊田すばる
◯豊田すばる殿、ランドルト環でございまするか。フンボルトペンギン殿ならよく存じ上げているのでございまするが・・。一度、視力検査をしないといけないのでございまする。

第1位
ダース・ベイダーと舞茸の天婦羅 藤鷹圓哉
◯藤鷹圓哉殿、ダース・ベイダー殿もよく存じ上げているのでございまするが、ベイダー殿と舞茸殿の天麩羅を召し上がるとは・・

◆掲示板
●新しい投句・投稿システムについてのお願い
 投句・投稿フォームが新しくなっています。投句数の増加に伴って、仕分け作業に多くの時間を要します。以下の事項を守って投句投稿して下さると、組長の負担が大きく減ります。ご協力よろしくお願いします。

①俳句の欄には俳句のみ記入して下さい。一つの欄に一句を厳守。

②「俳句に対するコメント」の欄は記入する必要はありません。(特に気になることがあれば記入していただいても結構です。)

③「ギャ句」「聞き倣し季語」は俳句欄に記入して下さい。ギャ句の原句は「俳句に対するコメント」の欄に必ず記入して下さい。

④「兼題季語についての質問・考察・情報(火曜日「俳句道場」)」は、火曜日「俳句道場」への投稿です。

⑤「『俳句ポスト365』への感想・質問・要望・俳号の変更・各地の吟行情報など」「組長&ハイポニストたちへのお便り・近況報告など」はそれぞれ水曜日への投稿です。内容に合った欄に書き込んで下さい。

◆「ギャ句」に挑戦!
 古今東西の名句を1音変えてみると、愕然と意味が変わる?!「最小の音変換による最大の意味変換」を狙う知的遊びであります。

今だけをひっぱり出せば過去は空ら ハーゲン
●ギャ句:元句は「舞茸をひっぱり出せば籠は空ら/中田みづほ」/ハーゲン
抜いた毛の舞はねば消ゆる月の前 ハーゲン
●ギャ句:元句は「舞茸の舞はねば消ゆる月の前/石寒太」/ハーゲン
お前だけが好きでよく気の変はりたる ハーゲン
●ギャ句:元句は「舞茸が好きでよく気の変はりたる/鳥居真理子」/ハーゲン
◯ハーゲンくん、いやどうもどうも、どうだです。それにしてもじゃ、なんか俳号が気になる・・・どうだです。まあワシは気が変わることはあまりないのじゃ、え、毛が変わる?そんなことはない!毛は昔から・・・うほんげほん。

Myだけが好きでよく気の変はらざる ひろ志
●原句は「舞茸が好きでよく気の変はりたる/鳥居真理子」/ひろ志
◯ひろ志くん、そうじゃそうじゃ、ワシは気が変わることは無いのじゃ。毛も変わらん変わらん、うほん。

巻いた毛をひっぱり出せば加護は空ら くさぐき
●ギャ句 原句「舞茸をひっぱり出せば籠は空ら」 中田みづほ 巻いた毛とは、螺髪(らほつ)のことです。仏の知恵の象徴で、右巻きになっております。/くさぐき
◯くさぐきくん、そうかそうか草加せんべい。神仏のご加護もお願いせねばならん。まあ、ワシは巻いた毛は見当たらんが、うほん。

愛だけをきしきしきしと病みにけり ラッキーの母
●ギャ句@原句「舞茸をきしきしきしと噛みにけり」増沢 和子/ラッキーの母
妻棚の下で舞茸採りにけり ラッキーの母
●ギャ句@原句「熊棚の下で舞茸採りにけり」菅原 庄山子/ラッキーの母
愛だけの逢はねば消ゆる月の前 ラッキーの母
●ギャ句@原句「舞茸の舞はねば消ゆる月の前」石 寒太/ラッキーの母
愛だけが花とひろごり他人無視 ラッキーの母
●ギャ句@原句「舞茸が花とひろごり土瓶蒸し」恩智 景子 /ラッキーの母
愛だけをひっぱり出せば過去は空ら ラッキーの母
●ギャ句@原句「舞茸をひっぱり出せば籠は空ら」中田 みずほ/ラッキーの母
舞茸をひっぱり出せば季語は空ら ラッキーの母
●ギャ句@原句「舞茸をひっぱり出せば籠は空ら」中田 みずほ/ラッキーの母
愛だけをかかへて転げ落ちたると ラッキーの母
●ギャ句@原句「舞茸をかかへて転げ落ちたると」矢島 渚男/ラッキーの母
◯ラッキーの母くん、そうかそうか草加せんべい。愛に病んでおるのか。それも必要じゃ。ワシなどもいくつになってもな、その、あのじゃ、それがその、なんなのじゃが、うほんほんほん。

舞茸をふみつけ小走りせし女 卯MOON
●ギャグ句です。原句は山内なつみ様の 舞茸を見つけ小躍りせし女 です。/卯MOON
ぞっとぞっと舞蛸の足はづしをり 卯MOON
●ギャグ句です。原句は奥山テル子様の そっとそっと舞茸の階はづしをり です。  /卯MOON
毒茸が好きでよく気配の変はりたる 卯MOON
●ギャグ句です。原句は鳥居真理子様の 舞茸が好きでよく気の変はりたる です。/卯MOON
この山の舞鷹地鶏釜飯に 卯MOON
●ギャグ句です。原句は中澤文次郎様の この山の舞茸地鶏釜飯に です。/卯MOON
◯卯MOONくん、おお、変換文字数を抑える努力が見えるじゃあないか。よろしいよろしい。後は、最大の意味変換をどこまで意識するかじゃ。まあ、ガンバってもらいたい、うほん。

巻いた毛が好きでよく気の変わりたる 越佐ふみを
●ギャ句 原句「舞茸が好きでよく気の変わりたる/真理子」巻いた毛たアなんだ。怪しいお話か、わからん。ならばこれでどうだ。「前田家が好きでよく気の変わりたる」ますますわからん。/越佐ふみを
◯越佐ふみをくん、そうじゃのう、確かにのう。よくわからんがのう。まあワシは巻いた毛はないので、適当に変わってくれたまえ、うほん。

だみ声の風邪になりけり昨日今日 雅鬼
●ギャ句 元句: 我声の風になりけり茸狩 子規/雅鬼
◯雅鬼くん、いい線はいっておるのじゃが、もう一押しじゃ。ガンバってくれたまえ、うほんうほん。

茸舞やいろはにほへとちりぢりに 亀田荒太
●(元句)「竹馬やいろはにほへとちりぢりに/久保田万太郎」師匠、「舞茸」の句が見つかりませんので「竹馬」の句を「舞茸」の句に変えてみましたが、ただ「舞茸」としても単に季語を置き換えただけで芸が無いので、ジャズ風に「茸舞」にしました。/亀田荒太
◯亀田荒太くん、ジャズ風?か?ジャズ風?のう?まあワシの有名句もあるが、ジャズのう・・・まあ、そうじゃな、うほん。

舞茸を見つけ小太りせし女 金亀 子
●ギャ句です。舞茸を見つけ小躍りせし女 山内なつみ@食欲の秋ですなぁ?。 /金亀 子
◯金亀 子くん、なかなか、ギャ句じゃあないか。ワシは好きじゃ。その調子で、ひとつ、よろしく哀愁、うほん。

婆のごと森林浴の舞茸よ 月の道
●ギャ句に挑戦!元句は「花のごと森林浴の舞茸よ 佐藤鬼房」。あのひだひだがお腹のたるみに見えるお年頃です。/月の道
◯月の道くん、いや、そうかそうか草加せんべい。つい下の、いやその、その方をじゃ、覗いてしまうじゃあないか。いやあ、なんじゃ、うほんごほん。

名ばかりの舞茸の顔踏んだのに 山香ばし
●ギャ句 元句は「手計りの舞茸の香をふんだんに/園部佐智子」/山香ばし
この山の舞茸自撮りか写メにし 山香ばし
●ギャ句 元句は「この山の舞茸地鶏釜飯に/中澤文次郎」/山香ばし
奥多摩の叔母に参った毛を取るかに 山香ばし
●ギャ句 元句は「奥多摩の蕎麦に舞茸踊るかに/北村香朗」/山香ばし
工場にマーケット舞茸買ひ込めり 山香ばし
●ギャ句 元句は「口上に負けて舞茸買ひ込めり/吉田和子」/山香ばし
舞茸のありど君臨在位は果つ 山香ばし
●ギャ句 元句は「舞茸のありど金輪際言はぬ/佐藤よしい」/山香ばし
舞茸を見つけ頭取せし女 山香ばし
●ギャ句 元句は「舞茸を見つけ小躍りせし女/山内なつみ」/山香ばし
◯山香ばしくん、いやどうもどうも。いや今回はなかなか、悩ませたようじゃのう。苦悩が舞茸のひだのようじゃのう。しかしじゃ、工夫は良く分かる。その調子じゃ。ワシも期待してオール5。これからも、ひとつ、よろしく哀愁!うほん。

舞茸や沖にうつりし頭(つむり)風邪 山内彩月
●ギャ句です。元句「舞茸や沖にうつりしつむじ風 /栗栖恵通子」 沖さんのお見舞いに舞茸を。 前回は締切一秒前の投句で、ギャ句とも書かずに失礼いたしました。 /山内彩月
オーマイガー、ガッチャンジンと珠割りし 山内彩月
●ギャ句です。元句「大舞茸月山神に賜りし /菅原庄山子 」 大切な宝珠が・・・。/山内彩月
忖度が好きでよく気の変わりたる 山内彩月
●ギャ句です。元句「舞茸が好きでよく気の変はりたる /鳥居真理子」 つい、言いたくなっちゃいました。/山内彩月
笑い茸が好きでよく目のまわりたる 山内彩月
●ギャ句です。元句「舞茸が好きでよく気の変はりたる /鳥居真理子」 危険な好みですねえ。/山内彩月
生きている舞茸剥げてきたりけり 山内彩月
●ギャ句です。元句「生きている舞茸提げて来たりけり/加藤知世子」 いえ、その、舞茸が脆いもので・・・。 /山内彩月
窓ごとに箒舞茸丸の内 山内彩月
●ギャ句です。元句「舞ふ如き大き舞茸朝の市/佐藤フクエ」 ハロウィンの飾りつけ。九文字変換ですみません(^_^;) /山内彩月
◯山内彩月くん、いや、分かってやっておるのなら・・いや、許さん!気持ちは分かるが、ギャ句はギャ句じゃ。いらん、忖度をせずに、ギャ句に邁進してもらいたい。と、ハゲ増しておいて、ひとつ、よろしく哀愁!うほん。

舞茸の大きを胸にかかヘグる 小川めぐる
●ギャ句です。元句:舞茸の大きを胸にかゝへくる/滝沢伊代次 ヘグる【東北方面の方言、競馬用語で「失敗する」。】おかーさん失敗しちゃったのね(;;)/小川めぐる
舞茸を見つけ小躍りセシボンだ 小川めぐる
●ギャ句です。元句:舞茸を見つけ小躍りせし女/山内なつみ セシボン【(フランス)C'est si bon.】それはすてきだ。すばらしい/小川めぐる
◯小川めぐるくん、なるほど、ほどほど、それほど。「へグる」なのか。そういえば、世志凡太さんは、お元気かのう、うほん。

舞茸の天ぷら嘔気す昼寝かな 星埜黴円
●原句: 舞茸の天ぷら大きく昼餉かな  仁平則子/星埜黴円
手計りの舞茸の顔踏んだんね 星埜黴円
●原句: 手計りの舞茸の香をふんだんに  園部早智子/星埜黴円
奥多摩の蕎麦に舞茸踊るカニ 星埜黴円
●原句: 奥多摩の蕎麦に舞茸踊るかに  北村香朗/星埜黴円
キティより受く舞茸と肉球 星埜黴円
●原句: キャデイより受く舞茸とOB球  遠藤逍遙子/星埜黴円
舞茸や大きい胸をかゝへくる 星埜黴円
●原句: 舞茸の大きを胸にかゝへくる  滝沢伊代次 /星埜黴円"
舞茸を見つけ小便せし女 星埜黴円
●原句: 舞茸を見つけ小躍りせし女  山内なつみ/星埜黴円
舞茸や星野ナッキーつむじ風 " 星埜黴円
●原句: 舞茸や沖にうつりしつむじ風  栗栖恵通子/星埜黴円
舞茸の裏より揚がるビールを注ぎ 星埜黴円
●原句: 舞茸の裏より上がる昼の月  飯塚ゑ子/星埜黴円
◯星埜黴円くん、なかなか、いいじゃあないか。数への挑戦も大事じゃ。ワシが好きなのは、「ふんだんね」と「カニ」じゃな。あ、その、「大きい胸」も元々好きじゃが、いやその、よいではないかよいではないか、うほん。

豪勢な舞茸憂い良い池ぢゃ 桃猫雪子 桃猫雪子
●原句:豪勢な舞茸売れり平家茶屋/駒沢たか子  高価な舞茸を貪るより、この寂れた池を見ているほうが心が落ち着くのぢゃ/桃猫雪子/桃猫雪子
舞茸の手でない足の踏むところ 桃猫雪子 桃猫雪子
●原句:舞茸の手の舞い足の踏むところ/長谷岳  何度言ったら分かるんだ!舞茸の足だよ!足を踏むんだ!手じゃないんだ!/桃猫雪子 /桃猫雪子
◯桃猫雪子くん、そうじゃのう。あんまり、足踏みはせん方がよいがのう。ギャ句は、足踏みが良い場合もあるからのう。まあ、ゆっくりとガンバリなさい、うほん。

奥多摩の傍に舞茸怒る蟹 比良山
●ギャ句です。;原句;奥多摩の蕎麦に舞茸踊るかに;北村香朗/比良山
工場に負けて舞茸買ひ占めり 比良山
●ギャ句です。;原句;口上に負けて舞茸買ひ込めり;吉田和子/比良山
舞茸の多くを棟にかかへ繰る 比良山
●ギャ句です。;原句;舞茸の大きを胸にかゝへくる;滝沢伊代次/比良山
◯比良山くん、なるほど、ほどほど、それほど。確かに、工場生産じゃからのう。すごいもんじゃ焼。しかしじゃ、買い占めすぎるとたいへんじゃ。その場合は、ひとつ、ワシにもよろしく哀愁!うほん。

舞茸を焼く森番の不倫恋 百合也  
●ギャグ句です。元句ー舞茸を焼く山番の妻子なしー曽根満 森番はチャタレー夫人の恋人でぇーす。/百合也  
◯百合也くん、うーん。不倫恋かのう。分からんでも無いが、分からん。まあ、チャタレー夫人の恋人は好きじゃが、ううほん。

泣いた子をかかへて転げ落ちたると 富樽
●ギャ句! 元句は「舞茸をかかへて転げ落ちたると/矢島渚男」/富樽
巻いた毛に触るれば脆き舞衣 富樽
●ギャ句! 元句は「舞茸の触るれば脆き舞衣/三村武子」/富樽
◯富樽くん、おお、それは危ないじゃあないか。気をつけなさい。心配しておる。ワシは何も出来んがな、うほん。

舞茸に逢うた昔のママが好き 明女
●ギャ句: 原句「舞茸に逢うた昔の山が好き」松本多加/明女
前掛けをかかへて転げ落ちたると 明女
●ギャ句: 原句「舞茸をかかへて転げ落ちたると」矢島渚男/明女
◯明女くん、なんと、キミも気をつけなさい。それにしても、ママさんは、なんという名じゃったかのう。懐かしいのう。う・ほ・ん。

舞茸をかさねて転げ落ちたると 隣安
●どうだ先生に捧げる写生ギャ句@トホホギス。原句は「舞茸をかかへて転げ落ちたると/矢島渚男」/隣安
爛々と昼の星見え菌中る 隣安
●どうだ先生に捧げる写生ギャ句@トホホギス。原句は「爛々と昼の星見え菌生え/高浜虚子」菌:きのこ/隣安
◯隣安くん、そうかそうか草加せんべい。いや、キミも気をつけなさい。中るのは良くない。重ねすぎるのも良くない。そんなことをしておると、「良くない症」になるぞ、うほんうほん。

◆今週の「聞き倣し季語」?!
 兼題の季語が、耳にどう聞こえるか?……というクダラナイ試み。

巻いた毛・前掛け・待ったけ?・待ったね・松茸(別もの~?) さとう菓子
◯そう言えば、マエタケという方もおられたのう、うほん。

まったく 舞い立つ 撒いた毛 前田家 舞滝 マイ酒 前掛け はずきめいこ
◯巻いた毛のみなさんもご苦労さんであった、うほん。

前垂れ 豆炭(冬)  ひろ志
◯赤尾の?うほん。

参った・有明・有り丈・ありったけ 花 節湖
●兼題に取り組む時に、まず「聞き倣し季語」を考えてしまいます。毎回、難しいです。/花 節湖
◯いきなりの「参った」がおかしいのう、うほん。

麻痺したね 亀田荒太
●えーっ、庭に生えてた舞茸を食べたって、それ、多分、舞茸と違うと思う。/亀田荒太
◯確かにのう。それは違うのう、うほん。

まいたけ、My竹、巻いとけ、書いとけ、割いとけ、シャイな毛 月の道
●聞き倣し季語。最後のはお友だちのよしあきくんにどうぞ。えっ!どうだ先生もですかっ!?/月の道
◯うほんうほん、どうだです。

蒔いただけ 山香ばし
●聞きなし季語/山香ばし
◯アイタタタ、うほん。

◆今週の「なんちゃって回文」

遭難だ舞茸だ今旦那嘘 星埜黴円
●回文です。 そうなんだまいたけだいまだんなうそ/星埜黴円
舞茸や丹那火難だ焼けた居間 星埜黴円
●回文です。 まいたけやたんなかなんだやけたいま /星埜黴円
吐け旅間嘔吐の塔を舞茸は 星埜黴円
●回文です。 はけたびまおうとのとうをまひたけは/星埜黴円
新潟の舞茸大麻野互いに 星埜黴円
●回文です。 にいがたのまいたけたいまのたがいに/星埜黴円
舞茸や知らず珍し焼大麻 星埜黴円
●回文俳句: まいたけやしらずめずらしやけたいま/星埜黴円
◯星埜黴円くん、確かに珍しいのう。まあ、キミも気をつけなさい、舞茸ならよいが、大麻はのう、うほん。

●泣きつつ舞茸炊けた今つつきな 回文俳句です。なきつつまいたけたけたいまつつきな おじいちゃんが大事に育てた舞茸が炊けたよ。一周忌の今晩、みんなでつつこう。うぅっ(泣) /中山月波
◯中山月波くん、まあのう。つつきなと言われてものう。笑い茸の方が、良かったかのう、うほん。

舞茸や熊の手の膜焼けた今 あまぶー
●回文に挑戦してみました。「まいたけやくまのてのまくやけたいま」・・・こんなんでいいのか・・(@_@;)/あまぶー
◯あまぶーくん、いやどうもどうもどうだです。こんなんで良いのじゃ。意味が分かるのが大事じゃ。それにしても、森の熊さんが可愛そうじゃが、うほん。

舞茸と膾(なます)の簀魚(すまな)溶けた閑 ウロ
●回文俳句です。   まひたけとなますのすまなとけたひま  舞茸となますの魚がありゃあ、もう退屈なんざ、吹っ飛んじまったってことよ。 /ウロ
舞茸氏リア会稚くありシケた時間 ウロ
●回文俳句です。    まひたけしりあくわいいわくありしけたひま  マイタケさんは、ブログ仲間のリア会に出たのですが、若い連中と話が合わず、とんだ時間つぶしだったのですよ。 中七字余りですね。「リアしめじあり」とでもすればいいかな。キノコの「しめじ」くんが来ていたので座はすっかり湿ってしまったというオチ。 でも、これはダメなのです。旧仮名では「しめじ」は「しめぢ」ですから。 /ウロ
かの名舞茸香深げだ閑七日 ウロ
●回文俳句です。  かのなまひたけかふかげだひまなのか この匂いは、おう、マイタケではないか。無聊七日も、こう来りゃあ、御の字よ。 /ウロ
舞茸や気の合ふあの木嫉妬けた蓖麻 ウロ
●回文俳句です。   まひたけやきのあふあのきやけたひま  舞茸が楢の根元で茂っているのを見てヒマが真っ赤になって妬いている。 蓖麻…唐胡麻(トウゴマ)の別名。タネを絞ってヒマシ油を作る。/ウロ
◯ウロくん、おお、なかなかの努力の結晶と言うのかのう。いやその調子でハゲんでもらいたい。今度は、決勝に残るものを見たいもんじゃ焼、うほん。

舞茸やタレ差しされた焼けた今 くろべぇ
●なんちゃって回文 /くろべぇ
焼けた舞茸熱々あげた今だけや くろべぇ
●なんちゃって (やけたまいたけあつあつあげたいまだけや) 焼くことしか思いつきません シューン/くろべぇ
◯くろべぇくん、そうじゃそうじゃ。なんでも焼けばうまくなる。まあ、ワシも良く分からんが、焼けばうまくなるもんじゃ焼、うほん。

民舞茸の桁今見た。 さとう菓子
●「なんちゃって回文」たみまいたけのけたいまみた。/さとう菓子
◯さとう菓子くん、なるほど、ほどほど、どれほど。自由律じゃあ内科小児科肛門科。それでよいのじゃ、うほん。

舞茸や泣かさず魚焼けた今 マオ
●回文です。まいたけやなかさずさかなやけたいま/マオ
◯マオくん、いや、基本の型になった回文俳句じゃ、よろしいよろしい、よろしく哀愁!うほん。

舞茸と墾る地に散る葉溶けた今 衣玖
●回文です。「まいたけとはるちにちるはとけたいま」/衣玖
◯衣玖くん、いや、なかなかの労作であった。その調子でハゲんでもらいたい。うほん。

悩みとふ懈怠舞茸太身やな 遠音
●回文俳句。なやみとふけたいまいたけふとみやな/悩むぅ!?「我思う故に」ってか?はははは、懊悩が修行だとでも?「自分は今何かを真剣にしている」と一箇所で安堵しているだけじゃないのか?あのな。半径50cmの安寧地帯には深化も進歩もない。飛び出さねばならんのだよ。未知へ。激流へ。ほらご覧、この舞茸の株、これから夕飯用に切り刻むんだが、見ろよ、このうたいだすような拡がりを、太やかさを。いのちの形が、ある。まぁ、この後平らげちまうんだがな。/遠音
◯遠音くん、いやどうもどうもどうだです。いつもご考察ありがたい。みんな悩んで大きくなった!のじゃから、その調子でハゲんでもらいたい。ワシもハゲみたい、うほん。

まいたけがしたのおのだしかけたいま 月の道
●回文「舞茸が下の斧出しかけた今」。デンジャラスマイタケ。逃げろ。/月の道
◯月の道くん、なになになんだ。下の斧?なになになんだ。下の斧?うほーーん。

甘い竹の子春箱のけた今、あ 山内彩月
●回文俳句です。「あまいたけのこはるはこのけたいまあ」 あ、舞茸が化けて、竹の子の句に・・・!   /山内彩月
旨い舞茸有り開けたい舞い舞う 山内彩月
●回文俳句です。「うまいまいたけありあけたいまいまう」 天岩戸にお隠れになっているので、一生懸命舞をまっています。 /山内彩月
◯山内彩月くん、まあ、よいではないかよいではないか、回文俳句を楽しもうではないか、うほん。

ほらね舞茸じいじイジけた今狙ほ 小川めぐる
●回文に挑戦です。【ほらねまいたけじいじいじけたいまねらほ】 (意:ほら、じいちゃんがイジけている今が舞茸の狙い目だ!) 「狙おう→狙ほふ」のようなので「狙お♪→狙ほ♪」と・・・無理矢理ですね(^^;/小川めぐる
◯小川めぐるくん、うーん、なかなかの無理栗三年じゃのう。いや、ガンバってもらいたい、ハゲんでもらいたい。うほん。

モニカの呆けた今居丈ほのかにも 桃猫雪子
●回文です もにかのぼけたいまいたけほのかにも 若い頃散々やんちゃであったモニカも呆けてしまった今は、居丈もほのかに小さく見えることよ/桃猫雪子/桃猫雪子
◯桃猫雪子くん、なるほど、ほどほど、それほど。して、モニカさんはお元気か。ワシが若い頃にお会いしたモニカさんじゃあないか、うほん。

舞茸だし漉すと少しだけ大麻 猫舌扁平足
●回文です「まいたけだしこすとすこしだけたいま」みなさん、シー!ここだけの話です。秘密のアッコちゃんです。/猫舌扁平足
◯猫舌扁平足くん、そうなのか。それはワシの軍隊生活でも知らんかったのう。まあ、ヒミツじゃがのう。その節はワシにもご連絡をいただければのう、うほん。

舞茸や良い味愛よ焼けた今 波世遠
●回文俳句です。「まいたけやよいあじあいよやけたいま」 舞茸や、を逆さにすると、焼けた今。「舞茸や~焼けた今」 この形は多そうですね。/波世遠
舞茸やよだれ誰だよ焼けた今 波世遠
●回文俳句です。「まいたけやよだれだれだよやけたいま」 舞茸を焼いて食べるのはバーベキューぐらいでしょうか?/波世遠
◯波世遠くん、いや、分かりやすい回文俳句も必要じゃ。分からんとワシの頭が、ハゲ増されるのじゃ、うほん。

舞茸や憎い良い国焼けた今 抹茶金魚@回文
●まいたけやにくいよいくにやけたいま /抹茶金魚@回文
舞茸や四つ五つよ焼けた今 璃当
●すみません、先ほど投句した回文が回文になっていなかったので もう一度投句します。 回文 まいたけやよっついつつよやけたいま/璃当
◯璃当くん、いや、憂国回文俳句かのう。まあ、国を憂い世を憂い、舞茸でも焼くかのう。今週もご苦労をかけたのう、いや、またひとつ、よろしく哀愁!うほんうほん。

 

※『俳句ポスト365』の文字が小さすぎる?
 この問題に関しては「それぞれのパソコンの個性によって見え方が違ってくるので、統一して同じ大きさにするのが難しい」のだそうです。次の方法でひとまず対処して下さい。
 「CTRL(コントロール)」のキーを押さえておいて「+(プラス)」のキーを押すと、自動的に文字が拡大されます。同じ方法で「-(マイナス)」のキーを押すと小さくなります。一度この方法を試してみて下さい。

よしあきくん

ページの先頭