俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >

第188回 2018年1月25日週の兼題

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句

今週のお便り&俳句道場

■今週のお便り(●が皆さんからの投稿、○が正人&夏井&茅の輪コメント)

●新しい投句・投稿システムについてのお願い
 投句・投稿フォームが新しくなっています。投句数の増加に伴って、仕分け作業に多くの時間を要します。以下の事項を守って投句投稿して下さると、組長の負担が大きく減ります。ご協力よろしくお願いします。

①俳句の欄には俳句のみ記入して下さい。一つの欄に一句を厳守。

②「俳句に対するコメント」の欄は記入する必要はありません。(特に気になることがあれば記入していただいても結構です。)

③「ギャ句」「聞き倣し季語」は俳句欄に記入して下さい。ギャ句の原句は「俳句に対するコメント」の欄に必ず記入して下さい。

④「兼題季語についての質問・考察・情報(火曜日「俳句道場」)」は、火曜日「俳句道場」への投稿です。

⑤「『俳句ポスト365』への感想・質問・要望・俳号の変更・各地の吟行情報など」「組長&ハイポニストたちへのお便り・近況報告など」はそれぞれ水曜日への投稿です。内容に合った欄に書き込んで下さい。

◆『俳句ポスト365』へのご感想、ご要望、ご質問
●2月3日の早朝、NHK『小さな旅』で松山市が出ていましたね。 驚きました! 本当にあるんですね、俳句ポスト。 ゲゲゲの鬼太郎の妖怪ポストに似たそれに、小学生の女の子が句を投函してました。 その女の子が羨ましかったですよ。 私も松山に生まれ子どもの頃から俳句に浸ってみたかったです。 でも何事にもタイミングってありますよね。 私の場合はこの歳が熟した機だったんだと思います。 楽しく美しい日本語に浸っていきます。 これからもよろしくお願いします。 /宮島ひでき
●NHK朝の小さな旅松山編 見ました。俳句ポスト。小学生の俳句。など 目から鱗でした。生活に余裕ができたら 訪ねてみたいです。/たけ爺
●先日NHKの「小さな旅」で松山市を取り上げている回を見ました。なんと俳句ポストが登場したんです。関東人の私はこのネット上の俳句ポストしかしりませんでしたが、松山市内には本物の俳句ポストがあちこちに立っているんですね!正にポスト!素敵!このネーミングがすとんと落ち着いたというか、納得がいきました。『坊っちゃん』『坂の上の雲』のドラマなどで松山と知らずに松山に触れていたようで、紹介された場所はなんとなく記憶にあるとこらもあり大変楽しく拝見しました。いつか訪れたい街だと思いました。/古都鈴(ことり)
○おたよりありがとうございます^^そうなんです!松山市内には名前どおりポストの形をした俳句ポストがあります!90ヶ所以上にありますので、ぜひ松山で俳句ポストに投函してみてください^^(茅の輪)

●お昼休みの3秒俳句であります。/ぱむだ木下
●SNS の友達 がこちらに投句してると知り、今回、初めて応募しました。/梶間 とし女
●俳句初心者です。こんなに考えるのいつ以来でしょうか。すっかり虜です。/ひよこ豆
○脳が活性化されてる感じがしますよね。フル回転。(正人)

●初めて俳句に挑戦しました。沢山の季語があるのに驚き、心が豊かになり新たな発見と感動が増えました。/風らん
●手軽に気軽に投稿できて楽しいです。/夢焦
●まだ始めたばかりで、よくわからず、すみません。/木島の芋兄さん
●初めての投句させていただきます。始めたばかりで分からないことばかりですが、勉強させていただきます。/佑字
●数えるほどしか作ったことがない初心者です。これから勉強しようと思っています。/洋々
●はじめまして 初めて応募してみました、よろしくお願いします/咲良あぽろ
●俳句初心者です。 「大寒ややかな始めてはや三月」 「初夢や4S4T超えむとす」/森一平
●初めて投句致しました 俳号は 持っておりません ペンネームを 書いて見ましたが 宜しかったでしょうか。/ももちゃん
○ペンネームも俳号も似たようなもんですね。↓の方に出てくる「名字をつけようキャンペーン」もぜひよろしく!(正人)

●昨日〆切だったシャボン玉。 フランスは日本より8時間遅れていますので、こちらで15時40分。 日本では23時40分、外出先から携帯で俳句を投稿しようとしていました。 ところが何度トライしても、年齢のところが打ち込めません.... 結局タイムオーバー。 なぜだったんでしょうか??? 随分と前に作句していたのですが、もう少しなんとかならないか? と、温め過ぎました.... ちなみに、その俳句は 無重力向き変え色変えシャボン玉 手を伸ばす猫の上ゆくシャボン玉 これからは〆切ぎりぎりまで考えずに、もう少し時間にゆとりを持って投稿しよう! と思い知った出来事でした。 /まやこや
●水曜日夜、コメントを直す数秒で兼題がチェンジ!本命句が没に…。ショック…。/こま
○これも俳句ポストあるあるですねえ。逃がした魚は大きいっていう…。(正人)

●しばらくお休みしていました。また、熱が出てきました。よろしくお願いします。 田山恵里子/田山恵里子
●2回目投稿の初心者です。前回は締め切り日前日に「俳句ポスト」を見つけあたふた投稿。今回はゆっくり考えたのですが、わからないことだらけ。でも楽しそう、その気持ちだけで学びつつ進んで行くつもりです。よろしくお願いいたします。/ゆか
●組長、正人さま ハイポニストの皆様 こんにちは。最近自分の句を書き留めてある手帳を読み返してみました。汗の出るような拙い句も勿論たーーくさん有りましたが 中には 今そんな読み方ができるかなぁと新鮮な気持ちになるものもありました。こちらやプレバト、組長の御本などで勉強させてもらい、かつ時々昔の句も振り返りながら進歩できればと思う日々です。/ニット
○最初の頃のあたふたも記録に残しておけば自分の進歩が確認できるってなもんです。小学生の時に作ったような句とか、たしかに今だと同じ発想できない気がするなあ。(正人)

●最近、俳句が前より楽しく感じられなくなったような気がします。私はただ「俳句っぽいもの」を投稿することで、日常の気晴らしと楽しみを得たくてここに来たと思います。しかし皆さんの向上心・熱心さと自分の温度差に、だんだんと焦りや後ろめたさを感じるようになりました。加えて、なぜか人に選ばれる回数が増えたことで、無意味な欲まで出てきて、時々パニックになります。上達しなくてもいいからのんびり楽しく続けたいというのは、許される参加方法なのでしょうか。/ふくろう悠々
○それぞれが自分のペースでやれるのが俳句ポスト365の良いところであります。いつぞや夏井いつきブログで「グリコのおまけ」の話があった気がしますが、賞や選に入るのはいわば「グリコのおまけ」。続けてるうちに上手になっていくのも「グリコのおまけ」。自分が楽しいと思えるように続けましょう。楽しくなくちゃ俳句じゃないぜ!(正人)

●いつも拙い 俳句を詠んでいただきありがとうございます。兼題とか 分からなくても ハイポ二ストさん達の お便りとかは 参考になります 楽しく勉強してます/句詩呼
●ここに投句するのが習慣になりつつあります。自分でなんとなく目にした風景を詠むのとは違い苦労しますが励みになります。楽しい!頑張りまーす(^-^)//古都鈴(ことり)
●こんにちは。「薇」難しかったです。全然、思いつかなくてやっとの思いで出来た句はもう、どうしようもない拙句で、お恥ずかしい・・・でも、何もしないよりはマシ、とボツを覚悟で投稿させて頂きました。夏井先生をはじめスタッフの皆様にはお手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。/藤野あき
●プレバト!!カルチャースクールで凡人査定だった者です。 それっきり、俳句を作っていなかったのですが、今から、俳句ポストでチャレンジしていこうと思っています。よろしくお願いします。/こふみ
●いつもありがとうございます。俳句に触れて早一年になりますが、知識がないため解らない事が多く 今更で恥ずかしいのですが、促音 拗音などの数え方がいまいち解りません。 教えて頂けたら嬉しいのですが・・・。(聞くのは一時の恥と自分に言い聞かせてます。) これからも私の拙い句 宜しくお付き合いお願いいたします。/しー子
●組長、正人さん、茅の輪さん、ハイポニストの皆さま、こんばんは。今は平昌オリンピックカウントダウンです。私、オリンピック期間の目標として、「下手でもオリンピックに関連した俳句を一日一句読む」という事を掲げたいと思います。言ったからには、達成させたい!頑張ります!組長も皆さまもお体にはお気をつけて。何はともあれ生きてオリンピックを観られる事に感謝します(ちょっと大袈裟ですが、、、)。/しかもり
○このシーズン、いろんな句会に行く度にオリンピックネタが出るわ出るわ、みんな作りたくなるんやね~(笑)。あ、しー子さんの質問ですが拗音は基本的にまとめて一音、促音は単独で一音です。きっと明日もレベルアップ!(正人)

●今回の投句人数と句数を教えて頂けますと幸いです/24516
○1137名5281句です。ちなみに前回書きそびれてた気がしますが「しゃぼん玉」は1219名6275句という過去最高を記録しました。わぉわぉわぁーお!(正人)

●締め切り日にメールで知らせていただき、新たな気持で向き合えるので、ありがたいです。/蝦名 瑠緋
○お知らせメールシステムぜひご利用下さいませ♪(正人)

◆我ら並選隊
●皆様、俳句を楽しませて頂いています。兼題ラグビーでは並の評価を頂きありがとうございました。皆様の句を目の当たりにし、改めて自身のラグビーが臨場感や躍動感に欠けると学びました。季語としての鮮度を活かせず、ラグビーに対して申し訳ないと思います。全て作り直しました。まだまだ未熟者ですが、力いっぱい薇を句にしましたので、よろしくお願いします。/古瀬まさあき
○ラグビーは今から体験するのはキツイ部分あるけど、薇なら季語体験もしにいけそう♪(笑)(正人)

◆俳句修行は楽し♪
●俳句の勉強に季題は日々の課題になり楽しみです。/杉浦貴子
○毎日脳が動くことの素晴らしさ!(正人)

●夏井先生、正人さん、ハイポニストの皆さん、こんにちは。毎日、寒い日が続きます。先日、学校で生徒たちに「おーいお茶」の俳句大賞に応募する俳句を作らせたんですが、人の作品を手直しすることの何と難しいこと・・・。夏井先生がよく仰る「言いたいことが全く分からない中から想像するということがこんなにも大変名作業だとは・・・/みのる
○まあ無理に手直しをすることもないのかな、と。設計図がわからない状態で手いれるとガラガラ崩壊することもあるしね!(正人)

●ワニブックス社のプラスアクトという雑誌で連載されている俳句ス27の回で、切れ字の説明がありました。分かりやすくてよかったです。いろいろなところで俳句の種まきが行われているみたいですね。どんどんチェックしていかないとです?。みなさま体調にお気をつけてくださいね。/ともかわすてむ
●図書館の講演会で、「良い文章」の条件として、ラフカディオ・ハーンの「散文芸術論」から引用されていたのが①形容語が少ない②説明がない③感情が抑制されている、でした。これ、夏井先生の言われる良い俳句にも通じるなと思いました。/アガニョーク
○まったく芸術にはほど遠いんだろうけど最近『パルプ』(チャールズ・ブコウスキー著 / 柴田元幸訳)を読みましてね。全然その要項からは外れてるんだけど面白いのよ。尺度として「良い」軸もあれば「面白い」軸もあるんだなあ、って思わされる一冊でした。(正人@発作的に始まるおすすめ本の話)

●皆さんこんにちは、最近、文語文法の勉強をしておりますが、本当に難しく四苦八苦しております。 私の場合、文語表現がわからず、他の言い回しで逃げている句が多いです。人選に入った句もザ・文語の句は一句もありません。皆さんどのように勉強されておりますか?。/さきのジジ
●組長、正人さん、よしあきくん、スタッフの皆様、いつもお世話になります。 久しぶりの全没でしたが(泣)兼題/ラグビーでは、添削していただき誠にありがとうございました。俳句らしくなるよう推敲した挙句の文語「めり」(…にみえる、視覚推定)として使ったと思います(汗) お恥ずかしい限りです。きちんと文語を勉強して理解してから使いたいと思います。兼題/薇、四句投句致しますので、宜しくお願い申し上げます。 /chiro
○学生向けの教科書なんかはさすがにわかりやすくまとめられてたりしますね。昔の教科書とか持ってる人は引っ張り出してみるのもいいかも。佐藤郁良さんの『俳句のための文語文法』という本も良いと聞きます。(正人@実際自分では読んでないので伝聞で申し訳ない)

●いつもお世話になっております。ラグビー、一句一遊のボブスレーと結果を見て没句の猛省をいたしました。発想を飛ばそうとするあまり季語がおろそかになっていること、自分本意の句になっていること、まだまだです。/あまぶー
○その猛省が明日への一歩!(正人@スポ魂)

●俳句を始めて1周年記念投句です。 初投句[渡り漁夫]は「灯瑳緒」の俳号で始まり、何とか欠席無しで24の兼題に向き合うことができました。昨年5月[青芝]お便りコーナーで、正人さんから”潜水してても進むものは進むんやで?”の励ましが支えになってきたように思います。ありがとうございます。 周りを見渡し発想の豊かさに触れながら、ある方のブログを参考に自習を書き留めてみることに(一昨日から)しました。高みを目指す思いと具体的な行動が結びつかずに一年が過ぎてしまったようにも思います。時の移ろいとことばを味わうことは楽しくありますが、悩ましさを嬉しさに変える瞬間めがけていきます。一年前のお便り同様、ワクワクする時間となっていますこと、音楽と同じです。 種まきは継続しておりますが、成果に結びついておりません。 今後ともよろしくお願い致します。/天晴鈍ぞ孤
○うわー、もはやなっつかしい俳号!最初一句一遊で「灯瑳緒」の漢字を説明しようとして難しくて諦めてたのがつい昨日のことのようです(笑)。今後も末永くお付き合いくださいませませ♪(正人)

●気がつけば、ハイポデビューから丸一年が経過しました。 当時募集していたのは、「渡り漁夫」などという聞いたこともない季語。 「まあ乗らんだろうな~」と軽い気持ちで試しに送ってみたら、乗っちゃったものですから驚き。以後、味をしめて毎回送るようになり、今日に至っております。 ほぼ無趣味だった私にとっては、このサイトとの出会いは大いに刺激となっております。今後も時間がある限りは、投稿を続けたいと考えておりますので、どうかお付き合い願いたいです。/多々良海月
○ファーストインプレッションが「渡り漁夫」って相当インパクト強いよね(笑)。(正人)

●出句するようになってから1年を過ぎ、「並」選から「人」位選を頂けるようになりどうやら俳句の様子がわかってきました。これも先生の手ほどきの賜物とうれしく思っています。/ わたしはおそらく最年長者だろうと思いますが、難しい兼題にも、取り組むこと自体が楽しく先輩同輩のウンチクに感心したり合点がいったり新しい知識を得て世界が広がってゆく実感に生きがいを感じています。/若い人には「空想」になる兼題も老人にとっては「回想」や「追想」になるケースも多くその点ハンディを与えられているようなものですから、負けるはずがないと自らを鼓舞しています。/投句欄に「年齢」90歳~を追加するようお願い…そばで二人目の家内がムリムリと言っています。三人目の家内をムニャムニャ…(いまの家内にはヒミツ)/ウロ
○三人目は聞かなかったことにムニャムニャ…。しかしこうやって見ると本当に俳句ポスト365は年齢幅広いですねえ。下は3歳から上は90代。同じ土俵で俳句を楽しめてる事実が幸せであります。(正人)

●質問です。 先生は俳句を作るとき、実体験と創作の割合はどのくらいですか?? 私は95%は創作で、実体験はほとんどありません。 特に季語を限定されると。 いいのでしょうか?? /有瀬こうこ
○実体験があってこその、季語の把握だと考えています。季語の現場に立つことは重要です。出会えない季語、季語の現場に立てない事情がある場合は、脳内吟行します。五感のアンテナを使って、想像という名の季語の現場に立ちます。(夏井)

◆俳号に名字をつけ、よう♪キャンペーン
●「プレバト!!」をいつも楽しく拝見しています! 楽しいご指導宜しくお願いします!/曼珠沙華
○ありがとう! 実は、俳号「曼珠沙華」さんという方が他にもいらっしゃいますので、俳号に名字なり、住んでいる場所なりをくっつけて名乗って下さい。(夏井)

●私、第80回の季題「舞茸」を初回に数回投句させて頂いています「貞女」です。紛らわしい俳号に「苗字を」ということですので「貴船貞女」としますので よろしくお願いいたします。/貴船貞女
●俳号を尾内圏外から尾内流麦に変えました。/尾内化外
●地元の俳句結社に参加して、6年経ちましたが俳号を持ってませんので、自分の名前・俊子 から 「とし女」と 自分で つけました。 /梶間 とし女
○『俳句ポスト365』では、「ありそうな俳号をお使いの方は是非とも姓を付けて下さい運動」を展開しています。俳号は、自分の作品を自分のものだと主張する大切な記号。投句者お一人お一人の個性と習熟度を見極めながら、適切なアドバイスができるようにと日々心がけています。以下ご協力の程を。
 ① 同一人物の複数俳号の投句はお控え下さい。
 ② ありそうな俳号には必ず姓をつけて下さい。

●俳号のスペース詰めました。たびたびすみません。/風舎哲坊
○俳号のスペースは大した問題ではありませんが、お気遣いありがとうございます。

◆ウェンズデー正人へ
●正人さん こんばんは( ??? ) ラグビーの回ではお便りを紹介して下さってありがとうございました/蓼科川奈
○ただいま一句一遊の収録の合間に水曜原稿を書いております。目の前の紙にも名前があって不思議な気分です(笑)。時に、ラグビーの彼とはその後どうなったのかね?(正人@野次馬根性)

●組長さま、正人さま、ハイポニスト及びスタッフの皆さま、お世話になっております。兼題「蜩(昨年7月12日〆切)」の回で「復活しました!」とハイポに戻った私ですが…兼題「探梅(11月29日〆切)」を最後に、再びお休みをすることに…。一旦好きになった俳句を辞めるなんて、私にはやはりできません!それゆえに、門戸の広きハイポの存在と、懐深き組長さまには大変感謝いたしております。ここ暫くは投句できたりできなかったりという状況になるかと思います。それでも上達できるよう頑張る所存ですので、どうぞよろしくお願いいたします。/高尾彩
○もうえらいぞ、はるかちゃん!あらため高尾彩さんとこうやって俳句で繋がるようになって何年経ったでしょう。俳句の広場に集う仲間としていつも応援の念力を飛ばしております。Forza!!(夏井&ウェンズデー正人)

◆夏井いつきへ
●湖の子こと林友佳里です。滋賀の長浜で行われた句会ライブに「みつゆき」と参加していた「ゆかり」です。夏井先生に名前で呼んでいただき、快感でした(笑)とても楽しい時間をありがとうございます。 その「みつゆき」と俳句を作り合いしています。今後も投稿を続けて、天の句に選ばれるよう頑張ります。/湖の子(うみのこ)
●組長!正人やん!寒いですけどインフルエンザは大丈夫ですか?! 寒いといえば、長浜、豪雪でしたね。句会ライブ楽しかったです! あそこからの琵琶湖の眺めは最高ですね!/江口小春
●組長&正人様&ハイポにストの皆様 全国的に大雪でお見舞い申しあげます。今年の冬は本当に異常です。かく言う私も、1月27日の滋賀長浜の盆梅句会ライブ、雪のせいで伺えませんでした!!え~~ん…。東京NHKホールもあきらめ、今度こそ組長に会える!きっと関西のハイポニストの方々も見えてる!と、めちゃくちゃ楽しみにしてたのに…。しかし、父も風邪が治らずデイに行けないし、雪はぼんぼん降ってくるし、どうしようもありませぬ。きっと、まだ私は組長に出会えるだけの実力が伴っていないんやなと考えることにしました。が、あ~~~残念!!来年の楽しみにしておきます。組長ぅ、待っててくだされ~~っ! /ラッキーの母
●群馬県前橋市の俳句ライヴ、心待にしております。/堺 美典
●組長、正人さん、お疲れ様です。年明け年度末が近くなり仕事が色々と大変で、俳句のやる気が奪われています。2/17の沼津の句会ライブに行きます、即吟は本当にムリなので句はダメダメだとは思いますが、俳句力を元気づけて下さい。/24516
○各地で句会ライブやってます!是非ご一緒に楽しみましょう。(夏井)

●夏井大組長!初めにまず、御無礼仕りましたこと、心より陳謝したく候…m(__)m…、師匠の苗字をまつがえますた!、もとい間違えてしまいました。当然のことながら、夏井いつき大先生のお名前は頭に刷り込んでおります。が、なぜか指が…という言い訳をしても後の祭りであります…。本当にごめんなさいm(__)m。/まめ小路まめ子
○ご心配は無用。だいたい当たってたら返事することにしてるくらいですから。(笑@夏井)

●いつも難しいです。組長、すぎはらで待ってます。/惨風3
●還暦を迎えました。ふけこまず、夜のいでたちで頑張ってます。/克巳
○飲み屋で会った仲間もいれば、句会ライブで知り合う仲間もいる。面白い人生です。克己は大阪のクリスマス句会ライブで初お目見えでした。(夏井)

●組長、こんにちは。初めてこちらに投句します。去年松山に引っ越してきて、小学二年生の娘と一緒に俳句を作り始めました。娘はいつも楽しげに作ってます。一方自分は思うようにいかなくて駄目だなーと凹みがちですが、力まずにゆるゆると俳句を楽しんでいきたいと思ってます。よろしくお願いいたします。/幸の樹
○親子で楽しんでくれてるのが、何より嬉しい。素敵な3人家族でした。(夏井)

●プレバト俳句、楽しみにしています。/富樫 幹
●プレパトをよく見てます。芸能人の人は、上手ですね。閃きを参考にしたいと思います。/藤田由美子
●初めて俳句をつくりました。プレバトで、興味をもったのがきっかけです。このページ之ことは、夏井先生の本てを図書館で借りて、スミマセン!知り真下/野原鶫
●最近「俳句」を始め、季語と切れ字が分からなくて右往左往しています 組長さんがテレビで俳句を番組で紹介されていて、お話がとても楽しくて「俳句」作りを始めました /冬霞
●プレバトでの夏井組長の解説を毎週楽しみにしています。 このほど「寝る前に読む 一句、二句」を笑いながら、「超カンタン俳句塾」をなるほどそうかと思いながら、読ませていただきました。おおいに啓発され、自分も作りたいと思いました。今回初作句・投句です。 米作り、野菜作りなどしながら、尺八、ランニングなどを楽しみにしてきましたが、俳句を加えてさらに充実させていきたいです。/竹吹き
●組長の『NHK俳句』も今月で終わり。寂しいです。 『プレバト!』はやめずに、長く続けて下さい。ご多忙で大変だとは思いますが、もう少し、俳句が私に根付くまで! 勝手な願いで申し訳ないですが、どうぞよろしくお願いします。/飯村祐知子
●4月からのNHKの選者の中に組長の名がない。選者をやられているうちにうまくなりたかった。楽しみが減りましたがお疲れ様でした/赤馬福助
●NHK俳句「鹿」に佳作として載せて頂きありがとうございます。僕は永井貴之として、貴芭蕉として俳句を詠み続けます。/貴芭蕉
●NHK全国俳句大会、入選結果が届きました。FBで出楽久真さんから複数選よとお知らせは頂いていましたが。 秀作の賞状二枚、今井聖先生選、坊城俊樹先生選が届き、次の週に大会集が届き、夏井先生選、高柳克弘先生選佳作に入っていて、思いがけないことで、我が家で飛び上がりました。 「金魚買ひ睡眠薬を捨てました」薬が合わず早逝した姉へのレクイエムとして、また、自身が大病から立ち上がる時の思いも重ねた作品なので、言葉の下にある心は重層的なものであります。向日性を目指して書いただけに、作品化することで様々な思いが昇華されました。先生方にそれをくみとっていただいたこと、大きなエールを頂きましたこと、心からお礼申し上げます。皆様のお導きに心より感謝申し上げます。/谷口詠美
○テレビでも学べる、ラジオでも学べる。そして「俳句ポスト365」でも学べます♪(夏井)

●組長、正人さま、みなさまこんにちは。第7回瀬戸内・松山国際写真コンテストの結果発表をみました。課題句部門最優秀句の、富山の露玉さんの句に響くものがありました。そして本サイト等でよくおみかけする、酒井おかわりさん、はじめ(まとめてしまいすいません)素晴らしい句がたくさん。6回に比べて入選数が少ない印象の中、好きな句をみつけることができました。私は課題句部門へ四句投句で全ボツ。「お昼のクローバー」といい写真俳句といい、ビジュアルからというのが苦手かもしれません。でも頑張る。やりとりさせていただいたことのある、かつたろー。さん、笑松さんが、自由句部門に露砂さんが入選されているのに励まされます。入賞、入選のみなさまおめでとうございます。あらためて噛みしめて熟読させていただきます。/すりいぴい
●365日季語手帖 2018年版 サイン入りの本送って頂きありがとうございます。 投句した頃は夢にも思っていませんでしたので感激しています。 少しでも上達出来るよう頑張ります(´∀`*)/珠桜女あすか
●夏井先生のサインいり365日季語手帖いただき大変嬉しいです。10月24日団栗に選んでいただき有り難うございました。驚いております。ハイポニストのみなさまにまじり来年も選んでいただけるよう精進いたします。/蓮の実
●組長へ 先日、365日季語手帖が送られてきました。まだ注文していないのに、なぜ?っと開けて見ましたら、サイン入りのご本!!送り状を見てはじめて事の大きさがわかった次第です。選句して頂き、大感激です。うれしーーーーい。有難う御座いました。励みになります。これからも精進して参ります。どうぞよろしくお願いいたします。/k.julia
○さまざまなところに投句して、実力を試して下さい。時々、ご褒美もらえると、ぐんとやる気がでるしね!(夏井)

●組長&カンパニーの皆様 いつもお世話になります。 俳句新聞いつき組を購読者になりました! 今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。/湧雲文月
●組長、正人さん、スタッフの皆さま、いつもどうもありがとうございます!俳句新聞いつき組や組長のブログで書かれている『伊月庵』、完成が楽しみです!松山にまた行きたいです!(コメントだけの記入です、ごめんなさい)/まどん
○庵の完成は5月末の予定。また松山に来てね♪(夏井)

 

◆広がる『俳句ポスト』仲間たち!
●いつもお世話になっております。 先日、誕生日を迎えたのですが、友人知人へのプレゼントのリクエストとして、俳句ポストへの投句を要求しました。まず一人目が、今回の兼題に投句してくれている筈です。ハイポニストの皆さんとは、最初に俳句ありきで出会いましたが、そもそも親しかった友人知人が詠む俳句を見るのは今回が初めてなので、意外な一面を知れそうな気がして、ただただ楽しみです。自分の芽が出る前に俳句の種まきをしているような気分ですが(笑)、どうぞよろしくお願いいたします。/次郎の飼い主
○その誕生日プレゼントのお願い、めっちゃいいな!(正人)

●先日のお茶の社中の新年会で判明したことなんですが、気がつけば社中みんなハイポニストになってたコトが判明いたしました。なんだ、みんな僕の話気になってたんだ。/大口屋 助六
○「あの俳号おまえだったの!?」みたいなのが判明する瞬間ってなんだか妙に楽しいよね♪(笑)(正人)

●組長、正人さん、運営の皆様、こんにちは。 今日はご報告。なんと!「シュトゥットガルト俳句女子の会」が発足いたしました!会員は堂々の2名ですっ。つまり私ともうひとり。最近知り合った女性、俳号「芍薬」さんを見事俳句の世界へ引きずり込みました(笑) そこへ締切が近づいてきた薇。全く経験もイメージもなく困っていたところ、この芍薬さんは子供の頃薇を採ったことがあるというではありませんか。ゼンマイってどんなんやった? (芍薬さんも偶然同郷) ゼンマイってどんなとこに生えてんの?ここにはゼンマイないんはわかってるけど、でも似たよーな、ありそーな景色のとこない?など話しているうち、じゃああそこ行ってみっか!!と、あるハイキングコースへ締切二日前に泥縄吟行へ。いや、本当の吟行をやったことがないので、吟行になっていたのかどうかはわかりませんが、とにかくふたりで歩き、いろんな景色や物、音に足をとめて、頭の中で季節を春にし、そこに薇が生えていることにして、それぞれに思いつく言葉の欠片をメモしました。そして我が家へ帰り、一緒にプレバトの録画をひとつ見て笑ってから、いよいよ薇ブレインストーミング。びっくりしたのは、同じ景色、同じ会話をしていたのに、書きとめた言葉の違うこと!お互いに、おおお、確かに確かにと互いを称賛しまくり、おおその比喩ええやん!あ、最後にこの映像に持ってきた方がええんちゃう?おおおええやんええやん、それええやーん、と、気持ちがよくなったところでお開きに致しました。その後の実際の句になるまでの過程はいつも通り苦しいものではありましたが、初めて仲間と共有した空間、時間を出発点に生まれてきた句たちは、また違った愛しさがあるものですね♪ 次の兼題は春潮。「海なんかないし!どうするん!」と一瞬思いましたが「ほんならボーデン湖にでも行って無理やり海やと思ったらええんちゃうん」とさっそく第二回泥縄吟行を計画しているたくましい 「シュトゥットガルト俳句女子の会」。どうぞお見知りおきを~/月の道
● Stuttgartの月の道さんと一緒に吟行してきました!/芍薬
○ええやーん!「ええやん」の登場率が楽しそうでええやん~♪(笑)(正人)

●一時帰国中に歳時記だけは買おうと思っていたのですが、なんと、自分の書棚にあった!一度大量に本を処分し、今は図書館用の書棚一本分になっていた中に残っていました。教養書のつもりで備えていたのでしょうか。中に大学の履修届の紙が入っていて、多少はめくった形跡もあるのに自分が持っていることさえ忘れていました。中学時代の先生が、一か月後の自分は他人だからしっかりノートをとれ、教えてくださったのを思い出しました。まあ、40年もたっていれば忘れていても仕方がないか。40年もほったらかしていてごめんなさい。これからはしっかり親しんでいこうと思います。  兼題ラグビーでは、初投句の鰭酒以来二度目の「人」に選んでいただけました。並が続いていたのでうれしかった!ありがとうございます!毎回発表があると、日本語のできない夫に報告します。私たちの先生は「漢俳」をたしなんでおられました。最近は「僕も漢俳ならできるかなあ」と言うようになっています。夏井先生の播いた種が中国にも広がるといいですね。私もまだ初心者の段階ですが、来学期は学生にも宣教活動、しちゃおうかな?/りう女
○「漢俳」って初めて聞きました。音数じゃなくて漢字の数を五七五の三行に並べるんですね。へぇー、面白い!知らないこと教えてもらえるって楽しいなあ。俳句の種蒔き、中国でもぜひぜひ♪(正人)

◆「人」「地」「天」~ベム・ベラ・ベロ俳人たちより
 誰が言い始めたか、「『人』選にはいりたい=人間になりたい=妖怪人間ベム」という話で盛り上がり、「『人』選に入る=人間になる=ベム俳人になる=ベムる」と、不思議な動詞や、「天地想像」なる四字熟語が生まれております。

●皆様、こんにちは。「ラグビー」の回では人選を頂きまして、ありがとうございます。たくさん投句した中のこの句が選ばれた理由を考えても考えても、答えが分からず、他の方の俳句と自分の作った拙句を読み込んでいる今日この頃です。天選や地選は私にとって雲の上の夢のまた夢ですが、今は人選の常連を目指して日々、頑張ってまいります。これからも、どうぞよろしくお願い致します。/藤野あき
●おお、初めて金曜日にのったー!ありがとうございます。この調子で...と言いたいところなのですが、忙しくて芯まで疲れ切ってしまいました。句作する余裕がないので、しばらくはお休みすると思います。※このサイトは欠かさずチェックします。/那須新香
●組長「ラグビー」の人選、ありがとうございました。いつもながら天地選の句と講評を読み下してみますと、どこをどう見るか、どう目をつけるか、ラグビーのように動きのあるものだったら、いろんな発想ができたなと反省しきりです。(猫愛すクリーム)/猫愛すクリーム
●いつき先生、正人先生、スタッフの皆さまいつもありがとうございます。 「ラグビー」の人選も、ありがとうございました。 このところ、家族や自身の身体のメンテナンスで急に大変な時期になっています。去年俳句を始めたころとは大違い。こうした期間になっても俳句は私を棄てないでいてくれるのか…いつき先生が説いて下さったように「とにかく無理はせず、長く続けること」を心がけます。/明 惟久里
●夏井先生、スタッフの皆様、初めまして。「プレバト」を見て、俳句の面白さを知りました。去年の11月から投稿させていただいております。前回の「ラグビー」では、はじめて「人」選をいただき、ありがとうございました。嬉しくてたまりません。とにかく毎回投稿することを目的にしております。どうぞよろしくお願いいたします。/眠る烏龍茶
●先日は、ネガティブなことを書いてしまい、大変申し訳ありませんでした。ラグビーでは、初めて友人と揃って人に選んで頂き、とてもうれしかったのに、なぜ気持ちが後ろ向きなのかと自分でもイライラするばかりです。がんばります。/ふくろう悠々
●組長様スタッフの皆様こんにちは、当地では雪が半端無い量で毎日雪かきです。 寒い毎日体調管理気を付けてください。 今日は豆まき、明日は立春、もうすぐ春ですかね。 ラグビーの兼題「人」選頂き有難うございました、毎回楽しみに待っています。先日娘の家で、幼稚園の孫たちと俳句ごっこで遊んできました。小さい時から日本語遊びをしていれば自然に身に着くといいなと思います。/のぶ子
●探梅の句「人」を頂き有難う御座います。 寒波が続いています。先生、皆様お気をつけて下さい。/一咲ふゆか
●兼題「炭」では人選に2句も選んで頂き、ありがとうございました。 炭についてあれこれと考えていた時にたまたますれ違った小学生を見て自身の子供の頃が蘇りうかんだ 句でした。これからも季語の意味を理解し、季語をいかす句が作れるように精進してまいりたいと思います。尚、今回の「薇」より俳号を(m.ソラ)から(一人静)に変更いたします。 どうぞ宜しくお願いいたします。/一人静
●組長はじめスタッフの皆様、いつもありがとうございます。ラグビーの週では人選、ありがとうございました。ラグビーはサッカーほど馴染がなく、難しかったですね。加えて伝統と歴史にも疎く、皆様のように発想が広がりませんでした。ま、これはいつもの事なのですが。今回の薇も山菜採りは皆無ですので、これまた景色が浮かんできません。薇と言って浮かんでくる映像は、情けないことに山形の田舎の母が送ってくれる、茶色の束だけです・・・(^_^;)/江戸人
●寒い日が続いていますが、俳句ポストを開くときは背中がちょっと温かい気がします。ラグビーで人に入れていただいて余計です!沢山の投稿を見てくださる夏井先生、皆様の熱気を感じていつも元気をもらっています。/三輪佳子
●夏井先生、ウエンズデー正人様、お世話になります。 兼題「ラグビー」にて「人選」を頂きまして、ありがとうございました。今回の「人選」は私にとって記念の俳句になりました。俳句を続けていて良かったです。これからものんびりと頑張ります。/塩の司厨長
●何時かはと思っていました「地」にラグビーで選んで頂きました。感激の一言です。 ラグビーは詳しくありませんが、テレビ見てジャージの「縞」が歪んでいるなあとは思っていました。/くめ仙人
●先生、ラグビーでは天に選んでいただきありがとうございました! 結果を見たときは嬉しさよりも、驚きと全ボツではなかったことの安堵の方が大きく、ちょっと泣いてしまいました。それだけでもほんとうに夢のようでしたが、一番嬉しかったのは、木曜日に全ボツだと落ち込んでいた私を、いつき組のお仲間が一所懸命なぐさめたり励ましたりしてくれたことです。なかには、天地に入っているようにと神社にお参りまでしてくれた方も!そして金曜日には本当にたくさんの方からお祝いとお褒めの言葉をいただきました。 いつき組には最高にステキで優しい人たちが大勢います。私は今回、そこに参加できていることの幸せを感じました。先生がこの素晴らしい俳句の広場を作ってくださったことを心から感謝いたします。 身に余るほどの選評をいただいたことを励みに、さらに頑張って学んでいこうと思います!!/ちゃうりん
○俳句は楽しい。俳友と一緒にやれるともっと楽しい!良き仲間達と天にかんぱい!(正人)

◆近況報告~♪
●組長、正人さん お元気ですか?立春を迎えても更に寒いですね~ 小生、暖房がガンガン効いた部屋で、もっぱら俳句三昧の毎日です。 でも良い俳句が出来ません。反省? /KAZUピー
●おはようございます。(^-^)♪/おけら
●もう1月が終わり、2月に突入してしまいました。1月はいぬる、2月は逃げる、3月は去る …とはよく言ったもので、本当に1月はあっという間だった気がします。年度末で仕事は忙しいし、娘の進学準備はあるし…インフルエンザが大流行中ですが、体調を崩さず乗り切りたいと思います!/かつたろー。
●いつも選句をありがとうございます。インフルエンザが流行っていますが、組長もお気を付けてお過ごしください。/澪つくし
●立春を過ぎたのに西の方まで雪が降りて行ってるのですね。松山俳句に参加させていただき松山の方のお天気も気になり始めました。会津では雪は春の彼岸を過ぎても降っていて当然の景色なのに四国・九州の方々には大変な出来事でしょう。私は熱の出ないインフルエンザにかかって身体がだるく食欲もなしでヘルパーさんを困らせていますがどうぞ先生はじめハイポニスト方々お身体お大事に。追:このごろ寝ても覚めても頭が五・七・五です(オキヲツケクダサイは私が言われたりして)<(_ _)>/駄口竹流
○松山は木曜からまた冷えるというか、天気が崩れるとのこと。うーん気温差出ると鼻もむずむずするしつらい…。(正人)

●こちら北陸は金沢、記録的な豪雪に見舞われています。 家が半分雪で埋まりました。早く春になって、大学の裏山に生えている薇やら蕗の薹やらを採りに行けるようになるのを願うばかりです。寒い日が続きますが、夏井先生、正人さん、ハイポニストの皆さんも、ご自愛ください。/若林哲哉
●近況:「季重なり五音五音と句の骨張されど響きのちと心よき」 「手強きはむかし婦女子いま句助詞」 「吟行や紅い灯のつく冬構」/位相朗
●以前にゲームをしながら俳句を創っていると言いましたが そのゲームには難しい漢字が沢山出てくるのです。何か浮かべばと思いながらやっております。/マカロン
●投稿を始めて3回目になります。兼題を見ながら、なぜか在りし日の母や父を思い出しことばをつないでみています。でも、難しいですね。皆さんの句を詠ませていただきながら、「勉強が足りないな。もっとことばを知らないと…、もっと広く知識をもたないと句は詠めないな…。」と実感しています。楽しもうと思います。/宗貞
○上の方で組長も言ってますが、勉強や知識以上に「季語の体験」でしょうかね。実感は正義。(正人)

●立春の今日、まだ積み上げた雪は残っていますが、日差しは暖かいです。薇の季題も難しかったです。なにせ本物の薇を摘んだことはなく、苦戦しました。俳句裾野チームとして、これからも楽しく俳句に向かい合いたいと思います。/まさこ
●寒いです。今朝は積雪の中通勤。( ̄▽ ̄;)/狸慢住
●寒いですね。皆さまインフルエンザと転倒にお気をつけて。/直木葉子
●こんにちは。寒い日が続き、ここ仙台も氷点下の日が続きます。同じ仙台のハイポニスト、たんじぇりん金子さんからの情報によると、近くの滝が凍り、凍滝となっているようです。近くなので、寒いうちに吟行兼ねて見にいきたいと思います。/出楽久眞
●始めて投句します。富士山の麓で一年位前からかたつむり句会に参加しています。 かたつむりの様に歩みはおそくとも、少しづつ前に進めたらと思います。/美山
●50も越えて就活中です!俳句も頑張る! よろしくお願い致します!/靫草子
○寒くてもがんばる!といいつつ、今は三月半ば。仲春ですってよ。はやいねえ。(正人)

●山や田畑、牧場やぶどう畑とワイナリー、馬蹄作る工場などは家の近くにあったり毎日見えたりしているのですが、海がなく、なかなか海からの発想ができなかったので、先日(病院帰りに←海が近い)海に一人吟行修行に行ってきました。久しぶりの潮風が優しくて、作俳後1時間わんわん泣いてすっきりしました♪春には元気になれますように☆ 今日こちらも雪です。これから明日の恵方巻の準備をします。今年は南南東です^^ 皆さまも丸かぶりや豆まきをなさり、どうぞ笑顔で2月をお過ごし下さいませ♪ /明 惟久里
○お便りの中にやまっほど季語が!季語だらけの生活やね~(笑)。どれくらいあるか数えてみよう!(正人)

●病気になり自宅療養となりました。前向きに改善して行こうと思います。ゆっくり俳句を創り楽しみます。/マカロン
●不自由な右手だけでタブレットをしている身体障害者です。いつも難しいですね。俳句には本格的に向き合い四ヶ月くらいしか経っていませんが容赦なくやってください。/寝たきりオヤジ
●重度の脳性麻痺、市内で車椅子生活を送っています。 投句するのも初めてで俳句も初心者ですのでよろしくお願いします。/夢ひとすじ
○車イスでも寝たきりでもやれるのが俳句のいいところ。車椅子で参加できるイベントとかもあればぜひご一緒したいですなあ。(正人)

●組長、意を決してここでカミングアウトします。ちょっと病気があって多くの人が集まる場所や雑踏、お祭りなどなど賑やかな場所が苦手なんです。それでも俳句を始めたことで、人の中に入っていくことができるようにはなりました。発作を起こして倒れてしまう時があるので、いつも薬は手放せません。地元にいながら俳句甲子園のボランティアやまる裏には参加できず申し訳ありません。最近はいつき組の何人かの方とTwitterで繋がれたので、とても嬉しく思っています。/猫愛すクリーム
○ええんですええんです、自分のやれる範囲でええんです。気負うことなかです。緩やかな繋がりが世界を広げてくれるんです。(正人)

●冬はちゃんとそれなりに寒くなった方が自然にとっては良いのですが、ベルリンは毎日暗く雨模様で、とくに寒くもありません。ユーウツな天候が続きます。「君よ知るや南の国」アルプス越えてイタリアにでも行きたいよ。/ぐれむりん
○ドイツ人はイタリアが好きだと聞いた。暖かくて開放的なものに惹かれるのかな??(正人)

●いつもお世話になっております。 私事ですが(…いつも私事ですが 笑)、念願叶って、この度競走馬の一口馬主になりました!大好きなゴールドシップの産駒の馬主です。クマの飼い主のみならず、馬主になってしまうとは。 順調にいけば、この仔は来年デビューします。中央になるか、地方になるか、芝とダートのどちらに適性があるのか、まだまだわかりませんが、デビューの際には応援よろしくお願いします。 デビューが決まったら、お祝いと応援の気持ちを込めて、一句詠んであげたいです。駄句過ぎて馬の勝負根性を削いでしまわないよう、私も頑張らなければ…!/次郎の飼い主
○すげーーー!割と人気みたいですね、一口馬主。他の句友でも一口馬主になってた人がいたような…。(正人)

●こんにちは! 現在都内在住ですが、この薇が選句される頃は実家の大分県に移り住みます。 18年ぶりの実家での生活には色々と不安もありますが、生活変われば句材も変わるだろうと思いますので、楽しみたいと思います! 松山が近くなるので遊びにいきたいなぁー!/白瀬いりこ
○はいおかえりなさい!ぐっと近くなりましたねえ。九州でも句会やってたりするんでそちらもぜひに♪(正人)

◆兼題「薇」に寄せて
●こんにちは。五十数年前に自宅のすぐ前の山裾で薇採りを思い出し、懐かしい思いに浸ることができました。幸せな時間をありがとうございました。/栃木のあーたん
○採った記憶も味の記憶も蘇ってくるもんだから季語の記憶って侮れない。(正人)

●薇に花言葉があることに意外性を感じました。/シナモンティー
●薇(山菜類)の食感が苦手だった私なのですが、大人になるにつれその味わい深さが少しずつ分かってきたように思います(笑) 薇の花言葉のひとつに「夢想」があると知り、くるりとした見た目がどことなく可愛らしく感じられました… /秋乃桜
○「夢想ですか」と書こうとして変換押したら「無双ですか」に誤変換。あの群れで無双…うーん、強そう…。(正人)

ぜんまいと豚を炊き込む銀婚日 星埜黴円
●個人事ながら、1/30は結婚記念日でした。 今年は、25周忌・・もとい、銀婚式でした。 それとは関係なく(笑)、妻に頼んで「ぜんまいと豚バラ肉を醤油で炊いたもの(正式名称不明)」を作ってもらい、季語の現場に立つことができました。原料は、中国産ぜんまいの水煮、でしたけど(笑)。それ以外、何もしない銀婚式だったです。ダイヤとか、プレゼントしませんでした、わはは。食べ物系のお題では、妻のおかげでだいぶ助かっています。淡雪羹とか巴旦杏とか、知らなかったよ、おじさんは。/星埜黴円
●最近は、食べ物が兼題になった時は『とにかく食べてみよう!』という事で、速攻でスーパーに出掛けてます(笑)。ただ、高級食材の食べ物の兼題が出た時にどうしようか考えております。奮発するか、想像力だけで何とかするか…(汗)/霖之助
●ぜんまい、これは得意、と思いきや、美味しいぜんまい煮しか思い浮かばない。母が元気な内に美味しいぜんまい煮の作り方マスターしたい!/きょん
●いつもありがとうございます。 幼いころ、祖母が摘み干した薇を時々混ぜるをお手伝いしたことを思い出しました。自宅で薇を煮ることもすっかりなくなり、焼肉屋のナムルで時々食べるだけになってしまいました。 家でまた(水煮ですが)煮てみようと思います。/くるみだんご
●乾燥ぜんまいを戻した後にごま油で炒め、韓国海苔で海苔巻き(キムパプ)にするとおいしいですよ。/山香ばし
●今回は薇ということですが、これって目を閉じて食べると蕨と同じ味ですよね。田舎のおばあちゃんが、よく蕨と豆腐の和え物を作っていましたが、大抵、蕨に薇が混ざり、蕨と薇と豆腐の和え物になっていたことを思い出します。/宗本智之
●正月の雑煮に薇を入れるのは山形県と新潟県の上越地方に多いようですが、我が家もその家系を引いています。薇は湿った場所に生えるので採るのも難しいですが、何回も日干しして手揉みでで柔らかくするのが大変です。また、採る時に、鬼薇と間違えないようにする必要があります。 /重翁
○気になって「鬼薇」を検索してみると、ネットに「鬼薇を食べてみた」という記事が。うーん、形は似てるのに美味しくなさそう…。(正人)

●昨年は蕨狩りのお題があって苦労した覚えがあります。蕨と薇、わりとセットで扱っていたので、今回違いを鮮明にせねばならないのかと考えました。綿毛を被っていること、少し育つとヘッドフォンみたいに葉が見えてくること、そのままより干して使うことが多いなあなど。窓の外はいつも真っ白の雪景色、有象無象覆いつくせと吹雪くのを眺めつつ、幼いころの山道の風景や義母が庭先にたくさんの竹笊を並べていた有様を脳裏に浮かべて何とか作ることができました。当地では今年は雪が多いねえ程度で済んでいますが、例年にない豪雪に見舞われている地方の皆様、大変だと思います。でもこんな年の春の訪れはいつもよりずっと嬉しい、心躍るものになりますよ。北国に嫁いだ私の実感です。/ふきょう和音
●「薇(ぜんまい)」……春の山菜の代表格。その辺に自生している事も多いだろうから探せば比較的簡単に見つかるんだろうけど……都会っ子の私は、「和食料理屋の小鉢」と「焼肉屋のビビンバ(ナムル)」と「レトルトの山菜釜めしの素の具」でしか見た事がありません(^_^;)……そもそも、よく似た山菜である蕨(わらび)との性質的・雰囲気的な違いも微妙……どうやって詠み分ければ?(-_-;)/灰田《蜻蛉切》兵庫
●幼い頃、家族総出で山に山菜採りに出かけることが、我が家の春のレジャーでした。子供たちは母親と一緒に明るく目に付く場所でワラビを採り、父親は山の奥へと入り、ぜんまいを採ってきました。採り終えて帰ると下処理が待っているのですが、これが好きな子でした。ワラビは芽先をしごいて取り去るのですが、これをそぼろ御飯と呼び、ぜんまいの綿は集めて人形の布団にしてみたりと、おままごとに使えるとあって、率先して手伝っていたように思います。特にぜんまいの綿は、もっとたくさん集めて、自分の布団にできないかなと思っていたことが蘇ります。/山香ばし
○いったい何百本の薇綿をむしったら人間用の布団にできるんだ!?(正人)

薇を転がし揉んで美味しいね コケデカ
●3月の小春日和に営業で新潟にいきました。少し田舎の地区で、おばあさんが地面に腰をおろして薇は揉んでました。家族の為に自分の為に、薇と薇をくるくるまわして、根気よく蓙の上で揉んでました。いい表情です。料理をするまえから、これはうまくなるとわかりました。/コケデカ
●今回の兼題「薇」に関する近況報告です。偶然なのですが、コープデリで売られていた薇の煮物を母が注文しており、先々週届きました。薇の甘みと胡麻油の風味がよく合っていて美味でした。生の薇はアクが強く、重曹で煮込んだり、干す時も何度か揉んだり干したりを繰り返すそうです。そういった作業も今は機械で行うのだろうな、と考えながら味わいました。これほどまでに山菜を真剣に味わったことはなかったと感じています。/野倉夕緋
○工程にまで思いを馳せるとありがたみが増しますねえ。めっちゃ大変な作業に思える。脱帽。(正人)

ぜんまいは愛ある母の涙です さな(6才)
●どうして薇でお母さんを連想するのかな?と不思議に思いました。どうもアニメ映画の「おおかみこどもの雨と雪」を思ったようです。なるほど…何となくわかるような…。(祖母・誉茂子)/さな(6才)
○あの映画観たことないんだよなあ。CMで野原転げてるようなシーンはあった気がする。薇も出てくるの??(正人)

煙草吸いふと気が付けば薇ら 矢的@第二まる安食堂
●さのヨイヨイですが、私の実家の北側の雨どいの下に薇が毎年生えて来ます。昔はそこで隠れて煙草を吸っていたので、其処に自生する薇たちが仲間のように思っていました。/矢的@第二まる安食堂
○仲間みたいにぴょこぴょこ生えてる様を想像するとちょっとかわいい(笑)。(正人)

陸奥の薇祈るがごとく生う クラウド坂上
●震災句です。23年前に阪神淡路大震災後ひと月ほどたって「下関ふぐ鍋隊」の一員としてボランティアにいった経験が有り、避難所生活の大変さを身を持って知りました。俳句を初めてから毎年この時期、東日本大震災を読んでいます。昨年は一句一遊で「除染土に草六度目の駒返る」をとってもらいました。ゼンマイはなんだか頭をたれて祈りを捧げている人に見えます。その印象をもとに今年は詠んでみました。自選力がないので二句目の同じような句です。/クラウド坂上
●実家の傍の斜面には薇が、斜面に続く山林のクリタケ、シメジ採りは日々の生活の小さな楽しみでしたが、原発事故で汚染され食用になりません。薇は一度採っても数日後また採れ、伸び具合も楽しみでした。薇と油揚げの料理は春のおかずの一つでした。/くめ仙人
○こんな形で震災句を見かけるとは。野山は今年どんな春を迎えてるんでしょう。(正人)

ぐるぐるに輪廻重ねるゼンマイか 野純
●百科事典の微生物から哺乳類への進化が渦巻き状に挿し絵つきで説明されていたのでオウム貝や洗面所の排水を見ていると輪絵を感じてしまいます、ゼンマイもまた然り。/野純
●よくよく考えればわかるのですが、植物としての薇の方が、時計や玩具の部品であるあのゼンマイの名の起源だということに、何だか引っかかってしまいます。どうしても逆に思えてしょうがない。(すいません、独り言つぶやきました。)/せり坊
○気になってネット検索してみた。なるほど本当に薇に似てるからの命名だったのね。wikipediaによれば初めて発条(ぜんまい)が用いられたのは1400年頃だとか。へぇー。(正人)

かやとの原みどりにする薇かな ひよとり
●退職前のわが社は、ぜんまいを製作するメーカーです。 わが社では、 勿論、 ぜんまいと言えば発条。 古くは時計の駆動元でした。 今では、安いおもちゃの駆動元でもあります。 ぜんんまいと発条をかけました。/ひよとり
○おー、現場にいたハイポニストが!大きいのから小さいのまでどれくらいの大きさの発条があるんだろう。ホンットにハイポニストの懐は広いな!(笑)(正人)

◆今週のオススメ「小随筆」
 お便りというよりは、超短い随筆の味わい。人生が見えてくる、お人柄が見えてくる~♪

薇や遠方の伯母来ずかなし 鷹
●薇が旬の季節になると遠方に嫁いだ父の姉の伯母さんが毎年のように規制しては薇を摘んでいました。 しかし私が父と大喧嘩をして一生帰らないと決め家を飛び出し全国を転々としていた頃に叔母は病気になり長期入院をし最後には病室のドアが開く音がすれば私が来たのかと毎回言ったそうで本当の最期を迎えるまで私の名前を呼び続けたそうです。 私は霊感力が強く伯母が亡くなったのが解っていました、毎晩私の前に喪服を着て出てくるのです。 そして帰れと言っては消えるのでした。 そんな現象が一か月位続き実家よりも先に伯母の家に行き手を合わせると私が帰るのを待っていてくれたようで魂が真っすぐに天に昇ってゆくのが解りました。 私の一番好きだった伯母は薇の季節になっても、もうこの世にはいない、遠い世界にいるから来れないと思い、伯母の在りし日を思い出し書きました、/鷹

薇は灰汁も味なり叔母来たる 光風
●なかなかアクの強い叔母がいます。若い頃は苦手でしたが年月を経てこちらも図太くなったのか 最近は面白い人だなぁと思うようになりました。その叔母がたくさんの山菜を持って来てくれた事があります。その頃はまだ叔母の個性に閉口しながら 山菜の灰汁抜きをしたのを思い出しました。/光風

夏井先生

ページの先頭