俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >

第188回 2018年1月25日週の兼題

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句

よしあきくん一期一会の一句!

 「いで湯と城と文学のまち・松山」を応援するのが、それがしの務め。本サイトを応援することも我が喜びにござる。そして、我が座右の銘は「一期一会」。我が心に怒濤の感動を呼び起こす一期一会の一句、今週もドドドーン!とご紹介いたしますぞ!
 以下、●が皆さんからの投稿。○が拙者のコメントでござる。

●俳句ポストの皆様こんにちは。いつもお世話になります。「ラグビー」でよしあきくんセレクションに選んでもらえてとても嬉しく御便りします。ラグビーはイギリス発祥のスポーツですので、これは是非英語俳句にしてみなければと頑張った一句でありました。カタカナ英語で親しみのある単語を使ってできるだけ分かりやすくと心がけて作りました。よしあきくん、ありがとう。/卯MOON
○卯MOON殿、拙者の選句をお喜びいただくとは恐悦至極に存じまする。拙者もますます精進いたしまする。

◆よしあきベストセレクション
第10位
なんぜんまい使ったことかティッシュをば  ぐべの実
●よしあき殿  今回の親父ギャグは風邪に花粉に困った経験からでござる /ぐべの実
○ぐべの実殿、それはたいへんでございました。拙者もティッシュペーパーをたくさんたくさん使いまする。

薇の四十肩 蛹に垂れる おたふくかぜ
●育ちきった薇が、まるで四十肩のように落ちていく姿を、生まれ行く命との対比で表現しました。/おたふくかぜ
○おたふくかぜ殿、蛹?さなぎ?でございまするか。なかなかのシュールな情景でございまするが、拙者にはちと難しかったのでございまする。

第9位
薇を伸ばして放す色気かな いしかわかざん
○いしかわかざん殿、色気でございまするか。拙者は色気はあまり関係ないのでございまするが、食い気ならば大丈夫でございまする。

薇でくすぐられ年上に恋 クラウド坂上
●よしあきくんコレクションに投句でお願いします。/クラウド坂上
○クラウド坂上殿、おお、そうでございまするか。くすぐられて恋に!なんともうらやましいのでございまする。

ゼンマイに男女の別れいと悲し 杉山岱
○杉山岱殿、あなたさまは別れでございまするか。恋も別れも、いと哀し、でございまするな。

第8位
薇を頬にスキップバカボンさ 札六
○札六殿、なんと、でございまする。バガボン殿でございまするか。拙者もなぜか親近感でございまする。

薇や寝技一本柔道耳 ヤッチー
○ヤッチー殿、あなたさまは柔道でございまするか。拙者は柔道耳ではございませぬが、十分に大きな耳でございまする。

第7位
え?何故?ゼンマイ見つけブラタモリ 永想
●知らない街の散策途中にゼンマイを見つけ、その土地の歴史に興味を持つ/永想
○永想殿、さようでございまするか。タモリ殿もゼンマイを見つけられたのでございまするか。拙者もファンでございまする。

街全て薇になり曲がる道 葛城裸時
○葛城裸時殿、こちらは壮大な薇殿でございまする。大都会の道は薇でございまする。拙者のご城下は薇殿ほどではございませぬが。

ゼネコンがパンドラに置く薇や 森健司
●俳号は、難しくて、本名でお願いします。/森健司
○森健司殿、むむ、拙者には難しいのでございまするが、ゼネコンがどののパンドラの箱に置いたのでございましょうか。

第6位
座右の銘一日一ぜんまいライフ みずき
○みずき殿、それはそれは、素晴らしい心がけなのでございまする。拙者も見習わせていただきとうございまする。

薇の花咲く日を待ちわび逝く ココダン
○ココダン殿、悲しいお知らせでございまする。心よりご冥福をお祈り申し上げまする。グスン。

敗戦の家庭援助にゼンマイ科 土屋 木漏れ日
○土屋 木漏れ日殿、ゼンマイ科なのでございまするか。敗戦もたいへんでございまする。拙者は戦はせぬようにいたしまする。

第5位
薇のブラックホール臍へ行く ふじもり よしと
○ふじもり よしと殿、これはまた・・ブラックホール・・臍・・拙者も分からなく・・ブラックホールでございまする。

巨大なのかも薇時間すらない世界 羽沖
○羽沖殿、なんとなんと、こちらは哲学的と申しましょうか、宇宙的と申しましょうか。拙者は頭が・・

第4位
薇と狸お手つき待ったなし 阿片
○阿片殿、狸殿もお手つきでございまするか。一度、狸殿にお話を聞いてみたいのでございまする。

獅子暴れやっと顔出す薇や しおかぜ
○しおかぜ殿、こちらはまた、獅子殿でございまするか。獅子殿が暴れるとたいへんなのでございまする。拙者もかなわないのでございまする。

鬼の首刎ねて普通の薇と たけ爺
○たけ爺殿、はてさてこちらは鬼の首殿でございまするな。ついに鬼の首殿を刎ねるのでございまするな。むむむ、拙者はどのように・・

第3位

ぜんまいで掃除三半規管まで 祖乞
○祖乞殿、おやおや、こちらはついに三半規管殿でございまするか。薇殿も今週はたいへんなのでございまする。拙者の頭もたいへんなのでございまする。

第2位
薇やロックンロールに葉開く 端池
○端池殿、ロックンロールは楽しいのでございまする。拙者も鼻開くのございまする。

第1位
薇や微分積分偏微分 松山
●薇という漢字は、微という漢字と似ています。微とくると私は微分を思い出します。そのうち薇の長い部分が積分記号「∫」に、渦巻きの部分は偏微分記号「∂」に見えてきてしまいます。/松山
○松山殿、さようでございまするか。偏微分殿なのでございまするか。拙者の頭も偏微分、偏微分、偏微分なのでございまする。

◆掲示板

●新しい投句・投稿システムについてのお願い
 投句・投稿フォームが新しくなっています。投句数の増加に伴って、仕分け作業に多くの時間を要します。以下の事項を守って投句投稿して下さると、組長の負担が大きく減ります。ご協力よろしくお願いします。

①俳句の欄には俳句のみ記入して下さい。一つの欄に一句を厳守。

②「俳句に対するコメント」の欄は記入する必要はありません。(特に気になることがあれば記入していただいても結構です。)

③「ギャ句」「聞き倣し季語」は俳句欄に記入して下さい。ギャ句の原句は「俳句に対するコメント」の欄に必ず記入して下さい。

④「兼題季語についての質問・考察・情報(火曜日「俳句道場」)」は、火曜日「俳句道場」への投稿です。

⑤「『俳句ポスト365』への感想・質問・要望・俳号の変更・各地の吟行情報など」「組長&ハイポニストたちへのお便り・近況報告など」はそれぞれ水曜日への投稿です。内容に合った欄に書き込んで下さい。

◆「ギャ句」に挑戦!
 古今東西の名句を1音変えてみると、愕然と意味が変わる?!「最小の音変換による最大の意味変換」を狙う知的遊びであります。

あるだけの金で薔薇買ふひとりの日 猫愛すクリーム
●ギャ句です!原句 あるだけの金で薇買ふひとりの日(野見山ひふみ)/猫愛すクリーム
ぜんまいのはぐれて遠き猫愛す 猫愛すクリーム
●ギャ句です! 原句 ぜんまいのほぐれて遠き海愛す /猫愛すクリーム
○猫愛すクリームくん、いやどうもどうもどうだです。薔薇を買うのは豪華で良いじゃあないか。猫愛もキミらしくて、よいよい良子さんじゃ、うほん。

前妻のののしりばかりの仲人 波世遠
●ギャ句 原句「ぜんまいののの字ばかりの寂光土/川端茅舎」 ノーコメントです。/波世遠
群馬いやまだ街道の峠越え 波世遠
●ギャ句 原句「ぜんまいやまだ海道の峠越/百合山羽公」/波世遠
全体を貫く修理納屋に住む 波世遠
●ギャ句 原句「ぜんまいを貫くシュールレアリスム /櫂未知子」 大掛かりなリフォーム。/波世遠
センマイと云ひかけハラミと云ひ直す 波世遠
●ギャ句 原句「ゼンマイと云ひかけコゴミと云ひ直す/高澤良一」 焼肉の注文は無難なほうが。 /波世遠
ドンマイと明日をめざして立ち上がる 波世遠
●ギャ句 原句「ぜんまいの明日をめざして立ち上がる/佐藤美恵子」/波世遠
○波世遠くん、いや、いいじゃあ内科小児科肛門科。「群馬」も好きじゃのう。こんな風に切れを変えてみるのもギャ句の定石じゃ。してなんじゃが、焼き肉はハラミがよいのう。ワシは塩タンからハラミじゃ、うほんうほん。

陰干しにせよ偶に芋ぜんまいも 比良山
●ギャ句です。;元句;陰干しにせよ魂もぜんまいも;橋閒石/比良山
ぜんまい干す悪に染まりし在らむ黒 比良山
●ギャ句です。;元句;ぜんまい干す灰汁に染まりし荒筵;上石みち子/比良山
叱られて凶は薇の子たち 比良山
●ギャ句です。;元句;叱られて今日はぜんまいのかたち;表ひろ/比良山
和田君と私の愛だ鬼ぜんまい 比良山
●ギャ句です。元句;ワタクシとわたしの間鬼ぜんまい;神山姫余/比良山
○比良山くん、おおそうかそうか草加せんべい。まあ、和田君と悪に染まるのもよいが、子たちを引きずり込むのはどうかのう。ワシならば誘っていただいても、よいよいよいやさ、うほん。

子を産みに来てぜんざいを母と食む 富樽
●ギャ句! 元句は「子を産みに来て薇を母と揉む/渡部柳春」/富樽
ぜんまいをなめてやさしき今年蛇 富樽
●ギャ句! 元句は「ぜんまいにさめてやさしき今年蛇/楸邨」/富樽
○富樽くん、なるほどほどほど。子を産むとな。そうかそうか草加せんべい。いや、めでたいめでたい、うほん。

ぜんまいののの字ばかりの小タルト 明女
●ギャ句: 原句「ぜんまいののの字ばかりの寂光土」川端茅舎/明女
くたくたに煮るぜんまいに触れてみる 明女
●ギャ句: 原句「かたくなに巻くぜんまいに触れてみぬ」 堀江たへ子/明女
○明女くん、おおおお、タルトか。いいじゃあ内科小児科肛門科。ワシもタルトは好きじゃ、うほん。

まぐはひの神にぜんまい成り上がる 隣安
●どうだ先生に捧げるギャ句@トホホギス。原句は「まぐはひの神にぜんまい伸び上がる/伊藤通明」/隣安
陰口やめよ魂もぜんまいも 隣安
●どうだ先生に捧げるギャ句@トホホギス。原句は「陰干にせよ魂もぜんまいも/橋閒石」/隣安
○隣安くん、そうかそうかそうなのか。ぜんまいくんも遂に成り上がったかのう。いや、めでたいめでたい。陰口も大概にせんといかんのう、うほん。

シュウマイが男の手の中にひらく 24516
●ギャ句です!原句『ぜんまいが男の手の中にひらく/金田咲子』/24516
世阿弥寺千円を干す花の下 24516
●ギャ句です!原句『世阿弥寺ぜんまいを干す花の下/細見綾子』こんなギャ句しか思いつかずスイマセン~/24516
○24516くん、なになになんじゃ。ワシもシュウマイ弁当は好きじゃ。にしてもじゃ、なんで千円を干すのじゃ、うほん。

ぜんまいの渦飽きて鳥眠くなる いつき組福岡リスナー班/由美子
●どうだ先生に捧げるギャ句@トホホギス。原句は「ぜんまいの渦巻きて森眠くなる/野見山朱鳥」 /いつき組福岡リスナー班/由美子
薇に吹かれてゐたる揖保乃糸 いつき組福岡リスナー班/由美子
●どうだ先生に捧げるギャ句@トホホギス。原句は「薇に吹かれてゐたる蜘蛛の糸 /佐々木六ひく」/いつき組福岡リスナー班/由美子
○由美子くん、そうじゃそうじゃ、ワシもそうめんは好きじゃ。まあ、鳥もワシも眠くなるときはあーる!うほん。

ぜんまいのほどける音す腹時計 くさぐき
●ギャ句 原句「ぜんまいのほどける音す南谷」外川玲子 最近何時何を食べたか分からなくなって参りました。/くさぐき
○くさぐきくん、まあなんじゃ、ちょっと強引な変換ではあるが、気持ちは分かーるおじさん、じゃ、うほん。

ぜんまい呑むジジばかりの寂光土 つぎがい
●ギャ句です。原句「ぜんまいののの字ばかりの寂光土/川端茅舎」/つぎがい
○つきがいくん、おいおい、よいよい、のどに詰まらせるとたいいへんじゃあ内科小児科肛門科。うほん。

ぜんまいののの字ばかりの発狂度 にゃん
●ギャ句 元句「ぜんまいののの字ばかりの寂光土  川端茅舎」/にゃん
ぜんまいの渦巻きてもうねむくなる にゃん
●ギャ句 元句「ぜんまいの渦巻きて森ねむくなる  野見山朱鳥」/にゃん
○にゃんくん、たいへんなこともあろうが、全部忘れて眠りなさい、眠りなさい、うほん。

全快のいのちしづかに渦ほぐす ハーゲン
●ギャ句:元句は「ぜんまいのいのちしづかに渦ほぐす/三宅句生」/ハーゲン
陰干しにせよ魂も原罪も ハーゲン
●ギャ句:元句は「陰干しにせよ魂もぜんまいも/橋間石」/ハーゲン
前回のほどけし帯の落花かな ハーゲン
●ギャ句:元句は「ぜんまいのほどけし肩の落花かな/中村汀女」/ハーゲン
○ハーゲンくん、いやどうも俳号が気になるが・・。ギャ句らしく出来ておるじゃあないか。よろしいよろしい、この調子でひとつ、よろしく哀愁!うほん。

薇や淡墨の「さ」と「ひ、」と見えず はずきめいこ
●元句 薇や淡墨の里ひと見えず。 石崎そうびん作/はずきめいこ
ぜんまいの若奉仕して奥の院 はずきめいこ
●元句 ぜんまいの綿帽子して奥の院 林 雄次郎/はずきめいこ
○はずきめいこくん、おおなかなかの労作じゃ。よろしいよろしい。不思議なのもよいのう、うほん。

「ギャ句に挑戦!」しんまいは仲よく拗ねて相反き ひろ志
●原句は「ぜんまいは仲よく拗ねて相反き/富安風生」/ひろ志
○ひろ志くん、そうじゃのう、まあ新しい人も大事にせんといかんのう、うほん。

先生のグレて遠き海愛す 卯MOON
●ギャ句です。原句は ぜんまいのほぐれて遠き海愛す 島みえ様です。/卯MOON
新米や聞く耳もたぬ意志一つ 卯MOON
●ギャ句です。原句は ぜんまいや聞く耳もたぬ石一つ 南雲愁子様です。/卯MOON
人生に巻かれてゐたる蜘蛛の糸 卯MOON
●ギャ句です。原句は 薇に吹かれてゐたる蜘蛛の糸 佐々木六戈様です。/卯MOON
偏屈な和尚と暮らすぜんまい伸び 卯MOON
●ギャ句です。原句は 退屈な和尚と鴉ぜんまい伸び 長谷川草々様です。/卯MOON
玄米と味噌のカビ色に指ぬらす 卯MOON
●ギャ句です。原句は ぜんまい摘みその錆色に指ぬらす 高井北杜様です。/卯MOON
ドンマイっと明日をめざして立ち上がる 卯MOON
●ギャ句です。原句は ぜんまいの明日をめざして立ち上がる 佐藤美恵子様です。/卯MOON
○卯MOONくん、そうかそうか草加せんべい。キミも苦労があるようじゃが、そこはじゃ、先生も新米も和尚もじゃな、立ち上がってもらいたいもんじゃ、うほんうほん。

ぜんまいに夫ほら吹く賤ケ岳 ラッキーの母
●ギャ句@原句「ぜんまいにどっと風吹く賤ケ岳」すだ 佐千子/ラッキーの母
日を飲んでぜんまい干しの母荒ぶ ラッキーの母
●ギャ句@原句「日を揉んでぜんまい干しの母乾ぶ」小川千草/ラッキーの母
陰干しにせよ山ピーもぜんまいも ラッキーの母
●ギャ句@原句「陰干しにせよ魂もぜんまいも」橋 閒石/ラッキーの母
ぜんまいの丈のふぞろいママがした ラッキーの母
●ギャ句@原句「ぜんまいの丈のふぞろい天が下」宇田喜代子/ラッキーの母
ぜんまいののの字ばかりのじゃあ今度 ラッキーの母
●ギャ句@原句「ぜんまいののの字ばかりの寂光土」川端茅舎/ラッキーの母
○ラッキーの母くん、キミの周りにもいろんな人がおるのう。夫も母も、のう。「じゃあ今度」というキミの気持ちはよーくわかる、うほん。

「ギャ句」婆が煮て善哉甘し美耶罵倒 亀田荒太
●(元句)「婆が煮てぜんまい甘し深山鳩/佐野美智」善哉が甘くて美味しいからと言って、何故に美耶さんが罵倒するのか、不条理です。/亀田荒太
○亀田荒太くん、だれじゃだれじゃ、誰なのじゃ。美耶くんとは誰なのじゃ。変換が面白いから、良しとしとこうか、うほん。

爺が煮てぜんまい怪し深山鳩 金亀 子
●ギャ句です。婆が煮てぜんまい甘し深山鳩 佐野美智 @そりゃそうよ/金亀 子
○金亀 子くん、確かに怪しいのう。何が入っておるのかのう。のぞいてみたいのう、うほん。

全敗の果は知らねど男臭 桂奈
●原句・薇の果は知らねど男草 小檜山繁子 あまりにスランプなのでギャ句に挑戦してみました。 こちらも難しいですね。。意味が??ですね。/桂奈
○桂奈くん、どんな男じゃ、何か臭うのう臭うのう臭う・・うう。うほんげほん。

街で今日先輩父親ぶりけり 山香ばし
●ギャ句 元句は「待ちて今日ぜんまい土をやぶりけり/水原秋桜子」/山香ばし
ぜんまい煮〆てやさしき今年蛇 山香ばし
●ギャ句 元句は「ぜんまいにさめてやさしき今年蛇/加藤楸邨」/山香ばし
先輩の悪尽きしビキニしつつ 山香ばし
●ギャ句 元句は「ぜんまいの灰汁つきし指気にしつつ/河野扶美」/山香ばし
先輩カツラ脱ぐシュールレアリスム 山香ばし
●ぜんまいを貫くシュールレアリスム/櫂未知子」/山香ばし
ぜんまいの子武士程清く富みず 山香ばし
●ギャ句 元句は「ぜんまいの拳ほどけよ雲と水/桂信子」/山香ばし
阿蘇人やぜんまいレトルトトマトがけ 山香ばし
●ギャ句 元句は「阿蘇人やぜんまい採ると泊まりがけ/阿部小壺」/山香ばし
薇や尿の臭ひのするところ 山香ばし
●ギャ句 元句は「薇や人の匂ひのするところ/日馬のぶ」/山香ばし
ぜんまいお寿司十八も自腹払うに 山香ばし
●ギャ句 元句は「ぜんまい干す四十ハ文字ばらばらに/斎藤耕心」/山香ばし
○山香ばしくん、お、好調じゃあ・・と思ったら、なんだかかんだかわからなくなっておるじゃあナイアガラ。そじゃなのう、ギャ句は迷いも必要じゃがのう。ま、ひとつよろしく哀愁!うほんうほん。

ぜんまいを冷たくシューアイスクリーム 山内彩月
●ギャ句です。元句「ぜんまいを貫くシュールレアリスム/櫂未知子」  お味は? /山内彩月
ぜんまいにかければ餡の昼うまし 山内彩月
●ギャ句です。元句「ぜんまいに跼めば庵の昼ふかし/塘 柊風」  餡かけ丼にしてみました。/山内彩月
焼肉にせよマルチョウもセンマイも 山内彩月
●ギャ句です。元句「陰干しにせよ魂もぜんまいも/橋閒石」  あ、また勇み足(^_^;)/山内彩月
ぜんまいの???ばかりの寂光土 山内彩月
●ギャ句です。元句「ぜんまいののの字ばかりの寂光土/川端茅舎」  謎解きも楽しからずや。/山内彩月
ぜんまいの綿帽子にしておくのよん 山内彩月
●ギャ句です。元句「ぜんまいの綿帽子して奥の院/林雄次郎」  薇綿を使った布があるそうです。本当です。/山内彩月
○山内彩月くん、なになになんじゃ。そうなのじゃ。まあのう、ワシはセンマイよりはマルチョウが好きじゃがのう。「おくのよん」も好きじゃがのう、うほん。

ぜんまいは長けぬ四月初彼の月 小川めぐる
●ギャ句です。元句「ぜんまいは長けぬ四月は疲れの月/ 有働亨」 ぜんまいも大きくなった四月、初めて彼氏が出来ました。 /小川めぐる
ぜんまいを貫くミハエルシューマッハ 小川めぐる
●ギャ句です。元句「ぜんまいを貫くシュールレアリスム /櫂未知子」/小川めぐる
○小川めぐるくん、うんうんうんとこさ。初彼とはめでたいことじゃあ内科小児科肛門科。区切り替えの変換もよろしいよろしい、うほん。

神田の万世橋にあります。有名店です。/星埜黴円
ぜんまいのほぐれて遠きウニアイス 星埜黴円
●元句: ぜんまいのほぐれて遠き海愛す  島みえ/星埜黴円
ぜんまいののの字ばかりの社交場 星埜黴円
●元句: ぜんまいののの字ばかりの寂光土  川端茅舎/星埜黴円
黴円のわた毛つぶせば禿げゐたる 星埜黴円
●元句: 薇のわた毛つぶさに濡れゐたる  串田征史/星埜黴円
へんたいの校長少女に獣めく 星埜黴円
●元句: ぜんまいの毛絮少女に獣めく  古橋千江子/星埜黴円
ぜんまいに不意に金わく古銭商 星埜黴円
●元句: ぜんまいに不意に風わく古戦場  西村公鳳/星埜黴円
ぜんまいに不意に風わく除染場 星埜黴円
●元句: ぜんまいに不意に風わく古戦場  西村公鳳/星埜黴円
○星埜黴円くん、おいおい、なかなか、ほらほら。しかしじゃ、ウニアイスとはのう。変換は素敵じゃがのう。へんたいの校長ものう、困ったもんじゃのう、うほんげほん。

◆今週の「聞き倣し季語」?!
 兼題の季語が、耳にどう聞こえるか?……というクダラナイ試み。

全部前!・喘鳴・膳延え さとう菓子
◯うーん、ごほんげほんうほんげほん・・・

千枚、玄米、現在、原罪、建材 減債 はずきめいこ
◯いやー、げほんごほんむほんうほん・・・

撥条(ぜんまい) 1,000枚 ドンマイ ひろ志
◯まあそうじゃな、気にしてもしょうがないもんじゃ、うほんうほん。

玄米・眼帯・千枚・転売・全敗 まゆ熊
◯なるほどほどほど。全敗ではないはのう、うほん。

千回・ドンマイ・万歳 花 節湖
◯そうじゃそうじゃ、万歳でも三唱してくれたまえ、うほん。

ドンマイ 亀田荒太
せんべい 亀田荒太
◯気にすることはない、気にしないわけでもない、うほん。

全廃、全敗、全開、全壊、全体、残骸、絶対、三枚   桂奈
◯いや、ご苦労ご苦労ご苦労さん、うほん。

無洗米 山香ばし
1000マイル 山香ばし
◯無洗米はうけたがのう、うほんうほん。

◆今週の「なんちゃって回文」

聞薇万全部 まゆ熊
●回文と言いたいのですが、漢文みたいになってしまいました。 "ぶんぜんまいまんぜんぶ" 万の薇全部の声を聞く 難しかった!/まゆ熊
◯まゆ熊くん、いや、ご苦労ご苦労ご苦労さんじゃ。返り点はどこに付けるのかのう、うほん。

甲斐氏の怠慢薇楽しいか たん造
●かいしのたいまんぜんまいたのしいか またしても意味不明な回文第3弾、しかしながら「俳句の解釈は読み手の方にお任せするのです」と夏井先生がおっしゃっていましたので、怪文ながら投稿しました。/たん造
○たん造くん、そういうことじゃ。まあ、誰かに意味が分かれば良しとしよう。ところで、甲斐氏とは誰じゃ?どうしたのじゃ?うほん。

いかん薇!帷幔全開 さとう菓子
●「なんちゃって回文」いかんぜんまい!いまんぜんかい。(帷幔=幕)広めの為の薇が、既に開いてしまっている幕に慌てている様子の意。今回も苦しい~。ダメ?!/さとう菓子
◯さとう菓子くん、ごほげほぐほ・・咳き込んでしまうじゃあないか。ごほげほぐふぁ、うほん。

子病む肺慢性ぜんまい食むや来 ウロ
●回文俳句です。 こやむはいまんせいぜんまいはむやこ / 慢性結核の我が子よ。ゼンマイ食うかい? じゃ、起きておいで! / 別バージョンとして、「二句目」は、も少し口調がいいかも… /ウロ
市賈病む肺慢性ぜんまい食むや固辞 ウロ
●回文俳一句目」の「二句目」として、/  しこやむはいまんせいぜんまいはむやこじ / あきんど労咳を病む。薇食するやと尋ねしに否と応ふ。他に遷蝕するを恐れしとか。いと哀れなり。/ウロ
カイマン背が縮む父かぜんまいか ウロ
●回文俳句です。  かいまんせがちぢむちちかぜんまいか /   「ワニ」と耳にしただけでお父さんったら、まるでゼンマイのように身を縮めているよ。/ カイマン:鰐。クロコダイルに比べるとはるかにおとなしいのに・・・ /ウロ
白亜紀のぜんまい今噎(むせ)軒悪罵 ウロ
●回文俳句です。  はくあきのぜむまいいまむせのきあくば 白亜紀の羊歯類の末裔〈ゼンマイ〉を食し、むせたからといって息巻いて、店のまえでこんちくしょうはないでしょうに…今更、江戸の敵を長崎で、じゃあるまいに。 /ウロ
この草かい?曼生薇家作の子 ウロ
●回文俳句です。 このくさかいまんせいぜんまいかさくのこ / この草なあに?と訊いたらね、ウチの家作の子が、「つるだちみたい。だけどゼンマイだろ」と、教えてくれたのよ。 /ウロ
狗肉会ゼンマイ万歳沸く国来 ウロ
●回文俳句です。  くにくくわいぜんまいまんせいわくくにく / 犬肉とゼンマイがあれば大喜びの国にやってきたんだなあ。犬の肉はウサギの肉と同じぐらいおいしいです。 /ウロ
◯ウロくん、いやあ、ご苦労ご苦労ご苦労さんじゃ。狗肉の策、いや、苦肉の策というのもあるようじゃのう。回文俳句だけは、頭をぐるぐるに捻ってもらうことしかできんからのう。まあ、その調子でひとつ、よろしく哀愁!うほん。

Reあかんゼンマイピーマン前科あり マオ
●回文です。 「リあかんぜんまいピーマンぜんかあり」/マオ
◯マオくん、そうなのか。そんな前科があったとはのう。ワシも知らんことがあるのう。まだまだ勉強じゃのう、うほん。

痩せ身説く薇満席の店屋 衣玖
●回文です。「やせみとくせんまいまんせきのみせや」/衣玖
◯衣玖くん、そうかそうか草加せんべい。痩身美容というやつじゃのう。そう言う店はワシには縁がないようじゃが、女性諸君には良いようじゃ、うほん。

達磨もタイマン薇他も丸だ 遠音
●回文俳句。だるまもたいまんぜんまいたもまるだ/おうおう、張ってくんな!丁か半か…って違うわいな、桃か緑か!?え、何のことかって?タイマンだよタイマン!ついに達磨もだよ!桃の達磨と緑の達磨が相譲らぬ主張、この世は恋よ邂逅の朧月夜、琵琶を相奏でる一刹那の為なら官位も流罪もなにせうぞ、いやいや学業邁進幾星霜、よもやの讒言の果てに言霊で梅の木をも飛ばす神技透徹、さあさあ、蕨はもう緑に賭けたぜ屈もその図体通りの緑に張った、あと誰だっけ、薇やらなんやらもみぃんなそれぞれこの鈍色帳簿に不可逆の丸付けてったぜ、ひょろ長い兄さん、アンタはどっちにするね?さァ??/遠音
◯遠音くん、なかなかの労作じゃのう。薇は手強かったようじゃ。いや、ご苦労ご苦労ご苦労さんじゃ。うほん。

ん~薇もる蕎麦ぞ留萌満船 山内彩月
●回文俳句です。「んぜんまい もるそばぞ  るもいまんせん」  留萌行きの船のぜんまい蕎麦が大人気です。/山内彩月
◯山内彩月くん、そうかそうか草加せんべい。いやワシも食べてみるかのう。蕎麦は好きじゃからのう、うほん。

豚ぜんまい喰ふや腹囲漫然と 星埜黴円
●回文です。とんぜんまいくふやふくいまんぜんと 今回のお題を見て、妻が、ぜんまいと豚バラ肉を醤油で炊いた料理(正式名称不明)を、作ってくれました。 美味しかったです、豚肉が。/星埜黴円
薇は渦巻く魔数倍満ぜ 星埜黴円
●回文です。ぜんまいはうずまくますうばいまんぜ /星埜黴円
ぜんまいを浸け野の色に嘔吐(もど)しけり 星埜黴円
●元句: ぜんまいを浸け野の色にもどしけり 高野寒甫/星埜黴円
◯星埜黴円くん、まあそんじゃな、美味いもんを食うのは好きじゃが、腹囲は気になるのう。かと言って、嘔吐はのう。考えてしまうのう、うほんうほん。

脱サラリーマンぜんまいリラ札だ 猫舌扁平足
●回文です「だつさらりいまんぜんまいりらさつだ」 脱サラして薇をイタリアで売って大当たりしたとさ/猫舌扁平足
◯猫舌扁平足くん、なんとなんとイタリアでも薇か。いや、嬉しいじゃあないか。その調子でひとつ、よろしく哀愁!うほんうほん。

 

※『俳句ポスト365』の文字が小さすぎる?
 この問題に関しては「それぞれのパソコンの個性によって見え方が違ってくるので、統一して同じ大きさにするのが難しい」のだそうです。次の方法でひとまず対処して下さい。
 「CTRL(コントロール)」のキーを押さえておいて「+(プラス)」のキーを押すと、自動的に文字が拡大されます。同じ方法で「-(マイナス)」のキーを押すと小さくなります。一度この方法を試してみて下さい。

よしあきくん

ページの先頭