俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 初鰹

第193回 2018年4月5日週の兼題

初鰹

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句
本選句欄では、添削した形で句を掲載する場合があります。
添削は作り替えの提案として句会等でも議論されます。示唆された添削案が自分の表現したいことに合致すれば、作者の判断においてその案を自作として採用してかまいません。

人

卓に吹く風うすみどり初鰹
99カリン
富ちゃんとこ子が出来たって初鰹
TAKO焼子
初鰹祖父が隠した軍資金
おやっさん
正座して箸をつけるや初鰹
さくやこのはな
切れ味の良き刃きときと初鰹
宮﨑紅清
棟上の木の香も美し初鰹
空 春翔
シャリショリと骨走る刃や初鰹
香壺
寮生に振る舞ふ酒や初鰹
三島ちとせ
「魚八」のケースはみ出て初鰹
日出時計
初鰹夫の能書きちと旧し
百合乃
初がつお法被干したる神田川
葉子 A
町医者の巨き福耳初鰹
24516
初鰹真昼の月の味の酒
24516
包丁の諸手打ち締む初鰹
ウロ
木の香たつ新俎板や初鰹
ウロ
朝市のこゑをゆたかに初鰹
ぎんやんま
車座や土佐の地酒に初鰹
ぎんやんま
初がつを喰うて鋼の息を吐かん
とおと
初鰹捌くや肉の底光る
とおと
初鰹食うて縄文貌である
まるちゃん2323
初鰹ざくぎがぎざと捌きけり
まるちゃん2323
青やかな風我に来い初鰹
みやこわすれ
風はさらさら初鰹はぴかぴか
みやこわすれ
滴滴と出刃相見ゆ初鰹
めいおう星
初鰹鼻つ柱は父祖伝来
めいおう星
出刃よりも出刃らしき腹初鰹
モッツァレラえのくし
土佐沖の舳乗りは親父初鰹
モッツァレラえのくし
初鰹の尻びれへ出刃振り落とす
一阿蘇二鷲三ピーマン
0倒れかけてる値札初鰹
一阿蘇二鷲三ピーマン
初鰹雨の街には雨の音
亀田荒太
初鰹少しの酒と佳かをなご
亀田荒太
桐箱の白磁あかるし初鰹
月の道
尾はみ出す箱から糶られ初鰹
月の道
岩塩を散らす織部や初鰹
佐東亜阿介@チーム天地夢遥
松の湯の一番風呂や初鰹
佐東亜阿介@チーム天地夢遥
初鰹老舗の庭に風通り
砂山恵子
釣り上げて抱くがごとき初鰹
砂山恵子
さつくりと張り付く出刃よ初鰹
城内幸江
初鰹海裂くやうに切りにけり
城内幸江
爺さまの朝湯長々初がつを
星埜黴円
初鰹猫の命日暮れにけり
星埜黴円
うつくしき鼻濁音にて初がつを
雪うさぎ
ひかり集む銀の皮目や初鰹
雪うさぎ
ばたたたたばたたたたと尾初鰹
中岡秀次
からす座が南中します初鰹
中岡秀次
天心に竜座魚河岸に初鰹
宙のふう
眼光の深ぶかと蒼初鰹
宙のふう
湯上がりの男美々しや初松魚
楠えり子
出刃に断ち柳刃に引く初鰹
楠えり子
今宵死ぬごとく食う子や初鰹
比々き
ヒマラヤの塩はピンクや初松魚
比々き
光に刃入るる心地や初鰹
堀口房水
初がつを女将今日より銀の帯
堀口房水
尾を握る軍手は真白初鰹
凡鑽
俎板に組み伏せにけり初鰹
凡鑽
初鰹下戸の夫を横目にし
有瀬こうこ
うすはりのグラスが好きで初鰹
有瀬こうこ
端正な切子の光初かつを
露砂
初鰹父はいつものほら話
露砂
初鰹また兄けんか買うてをり
ときこ
土佐和紙の魚拓一枚初鰹
28あずきち
卓に吹く風うすみどり初鰹
99カリン
藁燃やし反る初鰹土佐造り
KAZUピー
初鰹食べて不思議な力湧く
Kかれん
初鰹思えば遠くへ嫁にきた
yoko
街路樹のぐらつかずあり初鰹
Y雨日
初鰹そつと持たねば爆ぜさうな
あいだほ
白金へさくりと刃初鰹
あいむ李景
山蒼く海碧ければ初鰹
あい女
大将の下手な品書き初鰹
あつむら恵女
日の本の酒の善きかな初鰹
あまぶー
血と海は同じ匂いや初鰹
あまらんさす
ガレージの前に七厘初鰹
アリマノミコ
品書きの墨跳ね上がる初鰹
いつき組福岡リスナー班/由美子
初鰹上腕二頭筋うなる
いなべきよみ
柳刃のひかり初鰹を滑る
ウェンズデー正人
初鰹今宵潮目の変わりたる
うづら
真つ青の帯留光る初鰹
お気楽草紙
長寿箸相まみえたる初鰹
かつたろー。
潔く話すは今ぞ初鰹
かぬまっこ
初鰹四筋の死相美しや
かのたま
寄席はねて仕草うつりぬ初鰹
かまど
直行直帰こむらみなぎり初鰹
かもん丸茶
初鰹仲居の帯に差根付
かをり
初鰹裏の寡も呼んでやれ
ギボウシ金森
初鰹黒潮知らぬ地にて食ぶ
きみこば
初鰹うまし首でもくくろうか
初鰹焙りの技を極めけり
くさぐき
酒は灘おんなはあきた初がつを
ぐずみ
波打てる連山昏れて初鰹
くりでん
初鰹四股名のごとく名乗り上げ
ぐわ
松の影濃き海道や初鰹
こじ
もふもふと山ふくらみて初がつを
ことまと
初鰹けふは年金受給の日
こなぎ
初鰹髭の意休の横車
こま
ボードには直帰と書こう初鰹
さきのジジ
跡取りの気丈な嫁や初鰹
さとう菓子
初鰹やや上等の吟醸酒
さぶり
生醤油の組み紐解きぬ初鰹
さるぼぼ@チーム天地夢遥
うっかりと訛言葉を初鰹
しー子
青空に竿の弧弧弧弧初がつお
シニアモモ
人んちの初鰹焼く藁爆ぜる
しゃれこうべの妻
江戸弁が喧嘩の如し初鰹
シュリ
初鰹焼けぼっくいのほの赤く
しょうき
年寄の冷や水冷や酒初鰹
すえよし
初鰹七十五日後白寿なり
スタルカ
初孫へ同じ重さの初鰹
スピカ
混浴の土佐の星空初鰹
すみっこ忘牛
初鰹ほぼ恍惚と横たはる
すりいぴい
富士の背に回る日輪初鰹
せいち
排他的経済水域初鰹
せり坊
初公判迫る甲六号証初鰹
だいふく
初鰹招き猫いる定食屋
タケ
焙られて海色残す初鰹
たけし
男の子生まれ路地に捌くや初鰹
たま
初かつを醤油の街を川の風
たんじぇりん金子
初鰹会長講話まだ止まず
ちびつぶぶどう
初鰹夫の機嫌の御し易し
ちゃうりん
千粁沖初鰹両断す
ツカビッチ
初鰹刃の沈み黒潮流る
つぎがい
初鰹とんねる多し土讃線
つつ井つつ
初鰹漁師の力こぶ固し
つむぎ
品書の墨の香すがし初鰹
でこはち
芝浜を語る談志や初鰹
てづかゐちらう
棍棒のごと初鰹持ちにけり
テツコ@第二まる安
まちまちのぐい呑み並べ初鰹
でらっくま
それが旨えの旨くねぇのって初鰹
としなり
住処より秀でる富士や初鰹
とし子
真っ直ぐに割り箸割れて初鰹
トポル
ミニ四駆試走は午後だ初鰹
どろん
他郷とは言い出しかねて初鰹
ながら
常連の数に入りたり初鰹
なご
上司とも少々打ち解け初鰹
なみは
仰け反りて背中へ飛ばす初鰹
にゃん
初鰹利休鼠の雨走る
にんじん
妣よりも上手く炙れて初鰹
ねもじ
喜寿米寿白寿も酒豪初鰹
はまのはの
包丁の研ぎ屋来たれり初鰹
はまゆう
初がつを真紅の虹を潜めけり
ヒカリゴケ
大将の酒は酔鯨初鰹
ひでやん
初鰹グラスからりと鳴りにけり
ひよこ豆
焼串の痕かくれなき初鰹
ひろ志
青空やまず塩で食ふ初鰹
ふさこ
身を焦がす藻塩の加減初鰹
ペコちゃん
初鰹街宣カーの軍歌かな
ヘリンボーン富樽
初鰹出刃庖丁に水走る
ぼたんのむら
遠山のひだの青美し初鰹
ほろよい
新聞から漏れ出す血の香初鰹
ぽんたちん
青天や軽トラ市の初鰹
マオ
あをあをと八丈富士や初鰹
まどん
白亜紀のごとき御空や初鰹
むぎみち
棒手振の笹跳ね上がる初鰹
むったん
金縁の鶴のお皿に初鰹
むらさき(5さい)
山路ずんずん折れて蒼海初鰹
もせきのこ
初鰹海へ行く日を決めにけり
やまぶき
初鰹われは仕様んなきおだつ喰ひ
よあけの晩@しょんない:仕方がない。おだっくい:お調子者。
初鰹海から暮れて街は宵
よしおくん
初鰹ひとり住まいの夜は甘し
ラーラ
大皿の色絵の花鳥初鰹
らくさい
初鰹漱石研究者たりし父
りう女
夜の色のあはきぐひ呑み初鰹
ローストビーフ
古希過ぐやつつがなき夜の初鰹
伊奈川富真乃
粒太き雨痛くなし初鰹
伊予吟会 玉嵐
初鰹届く東湖の蟄居かな
伊予吟会 宵嵐
初鰹海は全てを産めるとや
伊予吟会心嵐
東京の人となりたり初鰹
井上じろ
陶器市まずはのぞいて初鰹
井田みち
新入りはかしきの役目初鰹
育由
海原を食うた気になり初鰹
一呆堂
藁燃して漁夫口笛の初鰹
卯年のふみ
テーラーは白リネン裁つ初鰹
榎本みわ
研ぎ汁のとよめる砥石初鰹
遠音
初鰹軽トラの席濡らしけり
可笑式
上方の落語も好きや初鰹
夏柿
縄文の空青し初鰹来ぬ
歌鈴
舌程な厚みがならい初鰹
花屋
初鰹一番の男に惚れる
花伝
初鰹夜明けへ向かふ特急便
花南天anne
姉ちゃん見ない顔やな初鰹
花紋
初鰹おつとお前は泣き上戸
華女
血合てふ太陽の味初鰹
霞山旅
初かつお捌く前から廻す酒
海星丸
密造酒夜の濃さへと初鰹
海田
初鰹茶で喰らいたる野暮である
灰色狼
江戸よりも酒は冷し初鰹
街麦
相模野に横顔の富士初鰹
樫の木
初鰹壮年といふ門の前
初がつお皿の真白は武士の白
瓦すずめ
初鰹うすくうすく血の味美し
閑茶
潔き生き方在るや初鰹
輝 龍明
五本中二本は鵺に初鰹
蟻馬次朗
生傷や鉄の味する初鰹
菊池洋勝
目には目を歯にはあたぼう初鰹
吉野川
玻璃抜けて水音来たり初鰹
吉良水里
光なす江戸紫や初鰹
久我恒子
初鰹太平洋は我の庭
京のみやび
藁火より出でる朱雀や初鰹
玉木たまね
はつがつをねえやんの忌の近づける
近澤有孝
初鰹もろ肌脱いでぼての来る
吟  梵
初鰹朝の喧嘩を悔いにけり
桑島 幹
まるまるとまるまると腹初鰹
君島笑夢
初鰹空は真青に切り取られ
桂奈
捕り物帖読み終えてやれ初鰹
渓湖
秀吉なら何と言ふかね初鰹
鶏侍
ネクタイも様になりつつ初鰹
月々
バイク屋のカズ来ねえかな初鰹
古瀬まさあき
海底は銀貨のごとし初鰹
更紗 ゆふ
初鰹あをうつくしき江戸切子
香野さとみ
けんけんと咆哮走り初鰹
高尾彩
黒潮の先づひと炙り初鰹
克巳
等高線明日も晴れるや初鰹
根曲がり
天と地と猫神さまへ初がつを
根子屋彦六
初鰹つくづく涙脆くなり
佐々木信天翁
初鰹叩くまな板三拍子
佐川寿々@チーム天地夢遥
老猫へ良き一片を初鰹
彩楓(さいふう)
破顔する演技もじやうず初鰹
斎藤秀雄
地鎮祭の祝詞朗々初鰹
斎乃雪
万華鏡みたいな季節初鰹
桜木レイ改めれんれん
料亭は五十六階初鰹
三重野とりとり
ラニーニャの生まれた話初鰹
山の中のオクラ
六十路とはかくも楽しき初鰹
山姥
生醤油は肌を滴り初鰹
山内彩月
初鰹ぴしりぴしりと板打つ尾
珊瑚
藁火猛る油滴る初鰹
残月
青の匂ひぷんぷんしてゐる初鰹
司啓
品書のルビはローマ字初鰹
四丁目
初鰹気仙の沖の男唄
志保川有
板さんの青き剃り跡初鰹
紙魚
おんちゃんの唄は長調初鰹
次郎の飼い主
初鰹鉄の匂ひの糶場かな
朱河
胎教へ波音すこし初鰹
酒井おかわり
初鰹立志の浜に影一つ
純音
初鰹ピンピンコロと逝くはずが
小鞠
糶り落とす丸太の如し初鰹
小橋春鳥
初鰹売切れ人事異動の夜
小千住
縁切も自由のひとつ初鰹
小泉岩魚
腹割けば魚のとばしる初鰹
小田寺登女
初句集の評判や良し初鰹
小野更紗
うす紅の岩塩とろけ初鰹
松田てぃ
南洋は星々の雨初鰹
松尾寒蝉
無垢な目をしてまな板の初鰹
笑松
ぐらぐらの乳歯の二本初鰹
真宮マミ
外つ国の潮の通へる初鰹
神山刻
夕暮れに辿りつく街初がつお
水夢
初鰹洗濯物の白靡き
粋田化石
初鰹出刃を妻から奪い取り
晴好 雨独
初鰹沖から電話受けにけり
正丸
初鰹銚子漁港へ単車出す
清水仁
競り人の長靴真白初鰹
清清檸檬
初鰹けふ女運良き夫
西川由野
炙りたての冷たきひかり初鰹
西尾婆翔
予想紙を片手に開き初鰹
青柿
割箸に杉のかほりや初鰹
青萄
初鰹愛車が高く売れました
石川焦点
初鰹土佐の夜さりの下戸の膳
赤馬福助
大安の初顔合わせ初鰹
千恵
男娼の美しきおとがひ初鰹
倉木はじめ
原石を切り出す如く初鰹
想予
引き切りのリズムの良しや初鰹
村上 無有
ふたりゐのようなひとりゐ初鰹
村上優貴
酒ありてこその喧嘩ぞ初鰹
多事
初鰹父も昔は泣き虫で
多々良海月
大谷に酔う酒に酔う初鰹
太一
初鰹男子生まるの幟立て
台所のキフジン
初鰹藁の香りのやわらかき
大井河薪
初鰹下戸ですまぬと謝しご飯
大蚊里伊織
トロ箱を滑らす息と初鰹
大西主計
初鰹われに余命のありにけり
大谷如水
初鰹白磁の皿に古女房
大塚迷路
初鰹「お一人さま」と大声で
沢田朱里
半次郎のタタキ一番初鰹
谷口詠美@母方の爺さんの名は半次郎。魚捌きもタタキづくりも料亭の板さんよりうまかったんです。〔笑〕
初鰹みどりの風の透る部屋
池田香
初鰹公民館でわっしょい!
池田和正
競りの指ぴたりと決めて初鰹
竹の子
乾杯の泡溢れけり初鰹
衷子
初鰹俺と親父で建てた家
鳥坂
初鰹喰ふ肩肘の張りぐあひ
直樹里
親友の流転は知らず初鰹
津軽ちゃう
北上に猛る男の子や初鰹
津軽まつ
初鰹父は明治の生まれゆえ
津軽わさお
そは暗き海鳴りに似し初鰹
登るひと
初鰹有次研ぎて滑らせる
登美子
つつつつと野田のむらさき初鰹
土井デボン探花
初鰹誰でも年をとるのだよ
冬のおこじょ
箸の国大皿に盛り初鰹
冬菫
初鰹卓袱台丸き昭和かな
東尋坊
包丁は関の孫六初鰹
桃泉
初鰹ちちこを洗ふ真水かな
桃猫雪子
初鰹血合ひの深き鉄の色
桃八
目細(まぐわ)しき新札さばく初鰹
桃福
名にし負ふ土佐の酒好き初鰹
藤井祐喜
初鰹ゆるりと膝を崩しけり
藤井眞おん
リヤカー曳く袖の鱗や初鰹
藤薫
初鰹一尾残して競りへ出す
陶然
蔵に入り皿見繕ふ初鰹
鉄紺の美しき刃紋や初鰹
初鰹女衒の裔の捌きけり
内藤羊皐
初鰹古伊万里の箱赤茶けて
凪ひと葉
初鰹風にも旬のありにけり
凪野たいら
火の色のわれにも流れ初鰹
日田路
瑠璃色に眼の暮れてゐる初鰹
日暮
まらうどの提げ来びやびや初鰹
猫愛すクリーム
両国に下駄のひびきや初鰹
白鳥国男
初鰹さつぱりとした女だつた
薄荷光
国々の薬味談義や初鰹
麦吉
床磨き柱も磨き初鰹
飯村祐知子
初鰹十年ぶりの店で飲む
尾上真理
鷹城の濠は湾なり初鰹
尾内以太
何もかも堆きかな初鰹
柊 月子
初鰹夫の能書きちと旧し
百合乃
初鰹俎板に青き木洩れ日
武井かま猫
長男に変声期来し初鰹
舞華
山神の御贄や美しき初鰹
蜂喰擬
空は真青や4キロの初鰹
豊田すばる
南洋の陽に研がれたる初鰹
北野きのこ
バーナーに皮そり上がる初ガツオ
万斛(バンコク)
甥二十歳美しき酒酌み初鰹
岬りこ
競り合うた御侠に惚れし初鰹
夢見亭笑楽
ナナハンでめぐる岬や初鰹
夢堂
己が血に濡れ鋭利なる初鰹
牟礼あおい
初鰹琉球玻璃の青き泡
霧子
初鰹そびらに刃にほわせて
椋本望生
ずつかりと切られてやがる初鰹
明 惟久里
初鰹語り草なる初打席
明女
送る日の子の背の眩し初鰹
木村ひむか
夕暮れの色に焼かれて初鰹
木田余ふぢこ
初鰹風はさみどり誕生日
門 未知子
皺の数ほどの蘊蓄初鰹
野々原ラピ
安酒のしみじみ沁みて初鰹
野々村
藁焼きの一気の火の手初鰹
薮久美子
初鰹仮設住まいの四十五夜
夕望
初鰹水平線は弓なりに
誉茂子
俎上にて出刃冷んやりと初鰹
葉月けゐ
初がつお法被干したる神田川
葉子 A
孫六と名のある出刃や初鰹
利平
太陽と潮の鼓動初鰹
理酔
この町のひととなりゆく初鰹
立川六珈
初鰹消防団の服着初む
立歩
初鰹海の向こうはアメリカぞ
竜胆
わたつみの錫はきんいろ初鰹
緑の手
晩鐘の初鰹ある集ひかな
鈴木あむ
柳刃に真白き晒し初鰹
洒落神戸
初鰹まなこ綺麗で空に向く
蓼科川奈
初鰹盛りたる皿の青海波
いづみ
初鰹箸拳実行委員会
いつき組リスナー班・旧重信のタイガース
ひさびさの朝立ありぬ初鰹
小市@67歳
初がつを勝浦港の人いきれ
さとうりつこ
一口にあまる厚さに初鰹
ももたもも
班長は新規移住者初鰹
吉賀京子
クルーザとアフリカワインと初鰹
三重丸
黒服のまま居酒屋の初鰹
笑酔

並

食べてみてうまくなかったはつがつお
がんばれけいご7才
出刃包丁波のりんりん初鰹
しかもり
スーパーのチラシ金文字初鰹
てまり
気立て良き好青年や初鰹
のぶ子
藁の香を焚き染め土佐の初鰹
のぼ子
切り口の波模様なる初鰹
郁李
刃研ぎして夫を待つ夜の初鰹
夏風遊々
盃の蛇の目の青や初鰹
釜眞手打ち蕎麦
ステテコの親父ニヤリと初鰹
月とうさぎ
初鰹サラダを食べて空青し
高村優雨花
出刃研ぐや三陸初鰹揚がる
秋乃智春
切通し跳ぶ早馬と初鰹
晴日和
益荒男の鼻唄久し初鰹
長田写々
出汁かけて掻き込む飯や初鰹
藤野あき
初鰹つるりつりるとてをぬける
ちま(4さい)
夕暮れをネクタイゆるめ初鰹
ぬらりひょん
包丁の切れ味こわい初鰹
谷あやの
初鰹月のナイフが降りてくる
これでいいのだ
初鰹幼馴染の笑ひ皺
田邊えり
初ガツオ天下りの歓迎会
都乃あざみ
塗り箸の撓むや撓む初鰹
土井小文
初鰹犬を相手に食べている
龍田山門
初鰹水車のごとん限りなき
李子
木漏れ日に祖父の木遣や初松魚
流川ゆきはな
初がつを夫に短き宿浴衣
留野ばあば
公民館に男の料理初鰹
老人日記
箸先のぶ厚き血潮はつ鰹
☆彡ましろなぎさ
初鰹光る滴の薬呑器
28ひろきち
粋と云う騙りで喰らう初鰹
⑦パパ
縞の群れ波立つ沖の初鰹
aya
血は錆の臭いにもにて初鰹
be
真新し出刃おろしけり初鰹
chiro
藁の火は遠目に強く初鰹
GONZA
新品の軽トラに積む初鰹
HGDT
初鰹だけで食卓男いろ
k.julia
初かつお活気みなぎる海の町
KKK
土佐に来て札所の宿の初鰹
kokoro
久しぶり親父と飲むか初ガツオ
kuri
銀杯の地酒溢れて初鰹
Mコスモ
銀輪や潮風香る初鰹
M多孫(タマゴ)
黒潮や青のまなこの初鰹
n・桂月
故郷の振り売りの荷や初鰹
PON
藁焼きの香に行列や初鰹
S.A.Y.
息子待つ円卓狭し初鰹
sol
決算の見込み一息初鰹
Yuno
古伊万里の埃拭ひて初鰹
あい琶
店頭に身を乗り出した初鰹
アオキシゲル
初鰹しょうが醤油がよく似合う
アガニョーク
三杯酢かいわれの下初鰹
あけび庵
達筆の二行の文と初鰹
あさり
質入れの女房がさばく初鰹
あすなろ
血の香り冷酒で流す初鰹
あまぐり
タマネギを添えてポン酢で初鰹
あまの
カリエスの文士頬張る初鰹
あめふらし
カルパッチョなる身となりぬ初鰹
あらあらた
子に味見させつつ切れり初鰹
あるきしちはる
なんでだよ父も就活初鰹
あわい
撓う竿空飛ぶ銀や初鰹
あわの花水木
黒潮に乗りて雄々しき初鰹
いくらちゃん
がぶりつく初鰹青くさんざめく
いけのはら
愛南の海の静かや初鰹
いごぼうら
初ガツオ皮の面より焼き始む
いしまさ
初鰹血あいは父に任せをり
いち瑠
競り人の声弾みをり初鰹
いつき組リスナー版、たあさん
かがやく陽すがすがしき風初鰹
いつの間にかアラカン
初鰹鮮度抜群最高だ
いなまさ
黒光りして故郷の初鰹
いまいやすのり
初鰹競り場に熱き気は満ちて
いもがらぼくと
初鰹海のブルーが生んだ赤
うさぎまんじゅう
若人のこむら返りや初鰹
エイシェン
ガチャポンのぐい呑み備前初鰹
えび天
初鰹この画五色の青で塗る
エヨ子
身構えて醤油一滴初鰹
オイラー
初鰹猫が爪研ぐ漁師町
おうちゃん
書き割りの葉蘭うれしや初鰹
おがたま
背をたたく父の忌明けの初鰹
オキザリス
ピカピカのウエットスーツ初鰹
おけら
初鰹諍ふ箸に母静か
おにぎり特急1号車
初鰹妻研ぐ出刃の光をり
かざばな
こちらの方が赤いぜよ初鰹
かずポン
初鰹父の遺影にまず献杯
カンガガワ孝川
はつがつおきったところにみどりいろ
がんばれたくみ4才
古伊万里の朱きに負けぬ初鰹
ギコ
初鰹大海の遊漁一本釣り
きさらぎ
竜馬像見る前にまず初鰹
きちゃん
虹色に照る切口や初鰹
キッカワテツヤ
竜馬さんおんしも喰いしか初鰹
きっちゃん
ラジオからサザンの歌声初鰹
きなこもち
かなりよき血液検査初鰹
きのと
今年から父が炙るや初鰹
きゆうかんちよう
初鰹昨年よりは太っている
きよっちゃん
藁の火を纏いて旨し初鰹
キョンちゃん
気仙沼港の活気初鰹
きんえんくん
透きとほる蒼き江戸切子はつ鰹
くさ
客を呼ぶ威勢よき声初鰹
くじやく女
初鰹提げて港より坂道
クズウジュンイチ
もてなしの酒器磨く老父初鰹
くま鶉
鑑真の御堂拝して初鰹
くめ仙人
初鰹きりりと角の立ちにけり
くるみだんご
生命線濃い掌へ初松魚
ぐれむりん
一本釣りの腕まるまると初鰹
クロまま
龍馬よりせごどんが好き初鰹
けいま
初鰹海の青さの皿にする
けら
明日からの上司あやつか初鰹
コーラ味の水
同伴や美魔女と食べる初鰹
コケデカ
初鰹じわりと滲む潮の香よ
ココダン
初がつお波をきりさくなかまかな
ここな
土佐行けぬ自宅で食べる初鰹
ここなの母
いごっそう初鰹げにあやかしい
こてつ川
初鰹炙る炎は祀りの火
ことだ銀雨
初がつお離乳食にとカゴに入れ
ことり
大室山の丸みの尾鰭初鰹
このはる紗耶
神棚の獺祭を下げ初鰹
こぶこ
初鰹土佐の漁師の塩たたき
こふみ
初鰹食って行くかと問う野暮天
ざうこ
新しき旨き酒もて初鰹
さくみ
初鰹父の皿から奪いけり
さとい
初鰹仲間とろける皿鉢や
さとうくにお
醤油にも一言ありて初鰹
さゆみ
棒手振りの桶を揺らして初鰹
しいちゃん
初鰹韓国船と競い合い
しおかぜ
初鰹黒潮薫る血合かな
しげる
大海やしなる竿先初鰹
しげ爺
四切れと充てがはれけり初鰹
シナモンティー
チャキチャキと出来ねど江戸っ子初鰹
しみみ
初鰹たたいて冷酒婿が来る
じゃすみん
水天宮帰りに母と初鰹
じゅりあん山本
さく買いに夫の包丁初鰹
しんしん
さしみかなたたきで喰うか初鰹
すみれ草
亡き父の七つのうんちく初鰹
スローライフ
初鰹威勢の売りに買わされて
せり花
父兄の年を越し生き初鰹
たけ爺
仕事終え暖簾くぐりて初鰹
タック
リクエストあればすぐ行く初鰹
たまもくろす
初鰹香りも味もミドリ色
たんと
叔父来たる手に銀びかり初鰹
たん造
初鰹愛に興味のない夫
ちーちゃん
初鰹銭を惜しむか難波ゆえ
ツーちゃんの恋人
藁燃やしにんにく擦つて初鰹
つつ井つつ夫
鮮魚屋の声も賑わう初鰹
つわきの嫁
鰹釣る合格通知も今昔
てっちゃん
藁燃して火の粉散らして初鰹
ときこの母よしこ
江戸自慢富士日本橋初鰹
ときめき人
背負い投げ一本釣りの初鰹
とこちゃん
初鰹乗つてトラック疾走す
としまる
初鰹移動店舗は週に二度
とつかあ太
初鰹御江戸日本橋金○両
ともかわすてむ
デパ地下の主役はオレだ初鰹
ドラタンリュウジ
空ひろく岬のむこう初鰹
ドレッシング
真四角の伊万里もてなす初鰹
なかおち
品書の墨痕黒き初鰹
なかの陽子
ぶち抜きの座敷賑わう初鰹
ナタデココ
虹色の脂弾いて初鰹
なないろ
初鰹焼く声嗄れるまで浜風
なにわのらんる
取り合いし父のつまみの初鰹
なべ
南十字星を泳ぎきて初鰹の清し
ニット
初鰹今年も待った地平線
にゃんみー
新入りがクダを巻く巻く初鰹
ぬるっぱ
藁燃える匂ひ立ち込め初鰹
ねこじゃらし
初鰹女が食うていいですか
のら
初鰹黄泉のばーばへ糸電話
バーバラ
陽のしぶきあふれる朝の初鰹
ばあ哉
包丁の照り跳ね返す初鰹
パオ
通知あり入社決まりて初がつお
はぐしー
エプロンに鱗跳ねたり初鰹
はずきめいこ
初鰹父のくだりや瓶ビール
はぢびろこう
初鰹口にしたかと遍路旅
パッキンマン
初鰹駆るは白艇空は青
はっぱ
さかあがりついにできたよ初鰹
はな
舟宿の盃ごしの初鰹
はなにら
初鰹酒酌み交わし父はなし
パパネズミ
命日の夕餉の主や初がつお
はむ
俎に黒潮匂う初鰹
はら美華子
青い空宙に舞う様初鰹
ばんしょう
目を細め藁のけむりと初鰹
ビーエム小僧
飛び出す男へ幸先初鰹
ぴいす
ふるまいの初鰹なり旅行客
ピーター
勢をまるまる捌く初がつお
ひいらぎ
初がつを耳で食はせる噺かな
ひねもす
はちきんにはなれぬ吾なり初鰹
ビビサン
鬼平の粋な着流し初鰹
ひよはるばば
初鰹せりのかけ声波起こす
ひろ
帰国してまず食べたのは初鰹
ひろくん10さいのママ
はつがつお赤ちゃん何匹生まれたの?
ひろしげ10さい
江戸っ子の気風にかけて初鰹
ひろのじょう
口上の良き方で買う初鰹
ひろろ
はちきんの盃重ぬ初鰹
ひろ史
初鰹赤身が映える青薬味
ふあり光
初鰹めざし宜候ヨーソロー
ふうせんかずら
ピチピチと食べて食べてと初鰹
ぶぅちゃん
初鰹サザン流してほしいかも
ふきょう和音
古稀祝ふ兄のたたきや初鰹
ふくいち
二級酒と初鰹提げ父帰る
ふくろう悠々
初鰹メランコリーの日のレシピ
ふじさん
縞肌をすべる水勢初鰹
ふっこ
オペ室の雑談初鰹で酌
ふみの
潮焼けと酒焼けが食ぶ初鰹
ふるしょう福花
渡船場が猫の縄張り初鰹
ふわり子
初鰹お宮参りに集う顔
ぺぱあみんと
初鰹娘の椅子は膝の上
ほしけん
まな板をあふるるひかり初鰹
ほしの有紀
親戚の顔そろひたる初鰹
ぽろたま
一人飯柚子塩味で初鰹
まあああ
初鰹たった今まで活きていたんでぇ
まいるど
夕闇や匂い零るる初鰹
マカロン
初鰹遺影の父に見せてやる
まきた
煙たつひろめ市場に初鰹
まさこ
初鰹背負われて来て朝飯に
まち眞知子
友来たる飲むしかないか初鰹
まなたか
新妻の衣も眩し初鰹
まの
葱の山にどさりどさりと初鰹
まめ小路まめ子
じいちゃんの入れ歯も笑う初鰹
まやこや
初鰹串刺す妻と炙る夫
まゆ熊
この季節江戸っ子好む初鰹
みぃすてぃ
グングンと朝日の中を初鰹
みえ
新歓の宴華やか初鰹
みかりん
蒼天や身体が求む初鰹
みかん
誕生日の酒は獺祭初鰹
みくにく
ポン酢葱辛子生姜初ガツオ
みこ
新入りは活きがいいだけ初鰹
みずほ
初鰹食べに今年も同窓会
ミセウ愛
喜寿祝う父に厚切り初鰹
ミセス水玉
藁焼きの火へ血の通ふ初鰹
みちる
初鰹高速道路ひた走る
みつこ
蒼い海知ってる誇り初鰹
みとちゃん
せせらぎにさらす徳利や初鰹
みどりがめ
初鰹食うてをります旅初日
みなと
初鰹客間のせんせにビール出す
みのる
また延びし健康寿命初鰹
み藻砂
競り落とす女将の息や初鰹
むじーじ
浜小屋のいぶる炭火や初鰹
むすめ
発心の基礎英語1初鰹
むべ
半島に光溢るる初鰹
むらたふみ
ヨガレッスンあと15分初鰹
もちえちゃん
ふく式の習字のじゅぎょう初がつお
モッツァレラ2号
初鰹提げて村長さんを訪ねけり
ももひろじゅん
落日をゆっくり眺む初鰹
もりお
写真立てパタリひとりで初鰹
やえ子
初鰹旅の夜空は酒臭き
ヤッチー
喜寿の膳五勺の酒や初鰹
やっちゃん
遍路宿夕の馳走に初鰹
やぶつばき
初鰹雨降る漁港かまびすし
やまなすび
寅さんの旅の絵はがき初鰹
ヤマボー
獺祭と更に奮発初鰹
ゆぃ
捌く手しわしわしましま初鰹
ゆうほ
水騒ぎ竿のうなるや初鰹
ゆうり
金赤の薩摩切子と初鰹
ゆすらご
老いらくの浮気心や初鰹
ゆみづき
初鰹酒に交われば有頂天
よだか
初鰹燃えさかる藁串熱し
よりみち
黒塚の婆ともなりし初鰹
ラッキーの母
球状に光る海面はつがつを
ららやにほ
下戸なれど一献まねて初鰹
ららら句
初鰹跳ねて見ゆるや富士の山
リバティーさん
煌めきを増していく海初鰹
リライフ
初鰹深呼吸両手を挙げて
りんごのほっぺ
初がつお鮮魚列車に散るしずく
る・こんと
初鰹POPの「初」の太きこと
るびちゅ
はつがつおしぶきとばしておよいでる
れい子
腕捲り握る包丁初鰹
れっどべりー
さあ食うぞ深浦港の初鰹
れんげ畑
待ち侘ぶてゆめの続きと初鰹
ロクヨン
初鰹黄金時や仕留めたり
わらべ詩
初鰹太平洋を食べ尽くす
阿波豊
コンベアを溢れて速し初鰹
阿部 胤友
初鰹赤き声飛ぶ水揚げ場
哀顏騎士
初めての煙草はわかば初鰹
葦たかし
初鰹食いに定時で上がります
或人
チェロの音の腹に響くや発鰹
安田 信洲
隅田川に江戸の風かな初鰹
杏と優
未踏破の稜線を行く初鰹
伊介
潮騒の音を皿鉢に初鰹
伊藤はな
鎌倉の古都をめぐりて初鰹
伊藤欣次
魚河岸のあら煮目当てに初鰹
位子
藁の火に指の共焼き初鰹
位相朗
じいちゃんの競る初鰹市の朝
胃痛
ぶつ切りを酒に馴染ませ初鰹
一宮寅五郎
船神の舞ひ竿の舞ひ初鰹
一斤染乃
父を訪う酒三合と初鰹
一咲ふゆか
初孫の喰い初め飾る初鰹
一心
初鰹生まれ育ちは安房の浜
一人静
黒杖をつきて魅力の初鰹
一炊
むらさきに脂滲ます初鰹
一生のふさく
快楽や夫より先に初鰹
一走人
釣り船の砲弾撥ねり初鰹
一茶お
空の皿宴もたけなわ初鰹
一律
目に沁みる薬味の底の初鰹
羽沖
潮を読む喜寿の眼光初鰹
卯MOON
土佐つぽに自慢の地酒初鰹
雲母
はちがつをしらでくはれしはつがつを
栄レネ
初鰹裾分け交わす伊万里かな
栄魚
土佐の旅名刺代わりの初鰹
永想
藁焼きのタタキは高知初鰹
詠野孔球
南国は初鰹らし牛を追ふ
越佐ふみを
初鰹食べている父えびす顔
酒美味しひろめ市場の初鰹
苑菖
出刃をふる腕(かいな)一本初鰹
塩の司厨長
酒すする父しかと見る初鰹
横溝 麻志穂
初鰹思い高知の幕末へ
温湿布
初鰹順番に陸になりけり
音無早矢
初鰹匂いも味も名のとおり
加藤賢二左右衛門
初鰹ホスピスの母笑ひけり
花 節湖
海無しの地で海を食む初鰹
花咲明日香
初鰹用意して娘婿待つ
茄子紺
初鰹薬味とタレと藁背負い
蛾触
早帰り正座をせよと初鰹
雅雅丸
初鰹出されたぐい呑み一気飲み
雅喜
撫でし手にぷつくりの腹初鰹
雅由
まな板に藁灰ついた初鰹
介タマ母
初鰹食した夜の一升瓶
海月漂
土佐の山抜けて黒潮初鰹
海風山本
初鰹戻れぬ鰹いくついる
灰田《蜻蛉切》兵庫
初鰹ワインそれとも吟醸酒
垣内孝雄
初鰹喜ぶ人とついぞ知る
笠原 理香
初鰹陽光はじく水飛沫
笠静謐
大漁旗掲げ戻りし初鰹
梶  鴻風
初鰹バスの中の専門家
葛城裸時
熊の奴もう初鰹喰ったとよ
葛谷猫日和
店先の大書の下の初鰹
勘太郎
初鰹大船団の長は美女
幹弘
はちきんを名乗る娘や初鰹
甘泉
初鰹切れば赤身の黒光り
岸 れん
初鰹我が家は生姜と葫と
岩のじ
大佛もひざをたゝくや初鰹
岩松 良彦
喫水切り漁船の帰港初鰹
喜一郎
窓越しに大漁旗や初ガツオ
岐阜屋根の草
給料日夫への感謝初鰹
希林
オービス光る土佐は目前初鰹
幾恋良石
好かずとも一度は食す初鰹
気のまま風
初鰹素堂の色紙掲げ見る
貴船貞女
初鰹いただきますの声柔し
貴芭蕉
男衆の前にどっかと初鰹
軌一
まあ食べて美味しいきにと初鰹
吉や
廃村の浜辺に騒ぐ初鰹
吉田悠二郎
新調の兄の俎板初鰹
桔梗
漁師めし茶漬さらさら初カツオ
久衛(ひさえ)
青と金天秤台の初鰹
久仁重
初鰹黒潮の色纏いけり
宮みやび
日本酒のグラスの向こう初鰹
宮下 倖
初鰹人生既に五十年
宮坂変哲
港町メニュー書き換え初鰹
宮写楽
生姜無き初鰹の如し今日この日
宮島ひでき
群青の海と一本初鰹
弓女
初鰹たたいて喰うて友在りき
虚見魚
初鰹チラシに赤き二重丸
京あられ
するべきを置いても先ずは初鰹
京丸
初鰹一本づりも大漁よ
京子
三陸の競り沸きたつや初鰹
京人参
初鰹取り合わせには青い皿
京野さち
花板の指先赤し初鰹
玉ゆき
初鰹さばく娘の別の貌
琴女
初鰹イマショクタクヲホクジョウス
金亀 子
土佐鍛冶の庖丁ざくと初鰹
金子加行
初鰹一本献上風に載せ
金治宜子
うるはしき季節の予感初鰹
金太郎
江戸っ子も死語となりけり初鰹
銀命堂
初鰹食細るトキ至福味
句詩呼
初鰹中指の太さほどに切り
空清
仮住まう遺影に三切れ初鰹
熊耳
給料や海は無けれど初鰹
群馬の凡人
初鰹伊万里の青き波もよう
恵々
父が釣る初鰹見る船揺れる
恵寿
仲裁の重荷煙たし初鰹
雨上がり塔に日が射し初鰹
蛍子
初鰹風強い日の夕餉かな
結城里部
初鰹どつたばつたと一本釣り
月の砂漠★★
艶やかな織部のみどり初鰹
月見柑
供へるは初鰹なり早く下げ
月城花風
雨縁にコンと音たて初鰹
犬井山羊
地も海も息吹きもよおす初鰹
犬散歩人
初鰹センジョウ震わすドライタム
弦流
競りの声響く市場や初鰹
玄鳥
潔し俎板の上の初鰹
玄冬庵
初鰹売り込む声の景気よく
古都鈴(ことり)
朝市や姥の筵の初鰹
己心
急ぎ書く今日のおすすめ初鰹
五月
待ち遠し陽の照り返し初鰹
後田明方
初鰹噛みて一日の締めとせし
鯉太郎
初鰹にんにく添えて息を吐き
光仁
初鰹売りの鯔背な七つ立ち
光風
早旦の剣道の声初鰹
公毅
板前の粋な太文字初鰹
初鰹やからね舌が軽いやろ
広瀬 康
良き友と良き酒交はす初鰹
江戸川青風
古伊万里に紅い虹立つ初鰹
江口小春
能書きはいい黙って飲めや初鰹
江里口泰然
縞くっきり釣りあげ跳ねる初鰹
紅さやか
猫まんま長生きしてと初鰹
紅すだれ
妻が居て一合の酒初鰹
紅の子
海風の薫りに酔うか初鰹
紅映
初鰹囲みて赤い顔八つ
香月
競り人のダミ声長し初鰹
香舟
背伸びして取りし大皿初鰹
高橋寅次
ハイウェー那須野ケ原の初鰹
高原三峯
初鰹呑むは秘蔵の生一本
高田 仁和加
女房がいなけりゃ食えぬ初鰹
黒うさアリス
美濃の国今日潮の風初鰹
黒田もとえ
煌めきの有田の皿に初鰹
今井佳香
初鰹古米ご飯を忘れたし
今治・しゅんかん
嗄れ声せり落とされし初鰹
今日はアッシー
初鰹今宵は女だけで飲む
根本葉音
居酒屋へ上(のぼ)って来ます初鰹
佐山夕子
銀色に光る水面や初鰹
佐藤玉女
白飯の醤油の染みや初鰹
佐藤直哉
初鰹自ら釣りし初鰹
佐保
弥生土器のせたであろう初鰹
菜々の花
初鰹見知らぬ土地に赴任せり
堺の攝子
彼の箸しつこくつつくは初鰹
榊裕江子
今日もある青葱被る初鰹
桜さくら
五十集のおんな初鰹手に買わんかねぇ
桜桃の里
江戸っ子の本懐やっと初鰹
桜姫5
初鰹地方競馬を説く人よ
札六
勝浦の海を背に焼く初鰹
雑草おばさん
召し上がれ今年も母に初かつを
皿田純子
あきらかに旬のまにまに初鰹
三輪えつし
向き合いしテーブルにくる初鰹
三輪佳子
小田原の湘南ライン初鰹
三毳
病人に好物来たり初鰹
山湖ひかり
宵ながらコップなみなみ初鰹
山川咲き
初鰹預金沽券も蔑ろ
山都屋
垂涎の犬に急かされ初鰹
山歩き
江戸つ子の恥とは喰はぬ初鰹
山本 力
初鰹宙舞ふ竿の次々と
山本嘉子
初鰹あり〼の書に釣られけり
山本夏石
へんろ道あるく目標初鰹
惨風3
海の蒼空の青見て初鰹
四葉
初鰹華やぐラベルの酒買いて
枝温李
花束と擦れた背広と初鰹
紙威
初鰹藁を一束用意して
紙田幻草
初鰹厚切りおごり碧皿に
紫香
初給与母と料亭初鰹
紫檀豆蔵
包丁の研ぎ音終いて初鰹
詞意魔の輝久
質草にならぬ妻あり初鰹
詩季
詫び状は盥の中の初鰹
試行錯誤
くろぐろと緋を輝かせ初がつを
耳目
銀色の海颯爽と初鰹
七色美月
初鰹時化に泳いだ子の話
七瀬ゆきこ
初鰹この日に生きるいごっそう
篠田ピンク
そしるやつほめそやすやつ初鰹
柴原明人
初鰹年々切身小ぶりなる
柴紫
甘口の醤油並べて初鰹
紗々
脂のりかえるを待てぬ初鰹
珠稀
初鰹縁起物にて堅く居り
珠桜女あすか
初鰹ショウガ買いつつ夕散歩
酒井千歌女
戦没の遺影と語る初鰹
宗本智之
薦かぶり満ちる香りと初鰹
秋月なおと
初鰹捌くは夫の役目なり
秋光
初鰹今は亡き義姉ともう一度
秋桜
初ガツオ稲藁背負って御座在るや
秋津州はじめ
老猫のゆくかたしれず初鰹
秋津洲はじめ
初がつお吾子と初ざけ酌み交わし
秋乃さくら
初鰹粋を引き継ぐ十代目
重翁
潮穿つ銀の銛先初鰹
春と夏子
銀眩し俎板踊る初鰹
春果
初鰹捌く男の腕太し
春生
初鰹天国で召す父の笑み
春雪
房総の海あをあをと初鰹
春川一彦
彼はまだ初鰹になるを知らぬ
春日のぽんぽこぴーな
舌鼓されて本望初鰹
春爺
ゴム長の猫車押す初鰹
春野いちご
藁焚べる浜は火の粉や初鰹
春蘭
鎌倉で食ぶ初鰹の旨きこと
順女
気の利いた言葉もなくて初鰹
小山晃
初鰹競りを後目のぎょろ目かな
小石日和
喪の席の白き卓上初鰹
小川まこと
親不孝ばかりしながら初鰹
小川めぐる
玄天に集ふ初鰹の土産
小倉じゅんまき
初鰹一本尾っぽをつかみたり
小走りの烏賊
船宿で酒酌み交わす初鰹
小塚 蒼野
荷ほどきす手びねりの皿初鰹
小梅
古漁港潮風香る初鰹
小澤煙管
瑠璃色の深浦漁港初鰹
松浦麗久
もうもうといぶす藁の香初鰹
松永裕歩
三角の角並びたり初鰹
松山
初鰹太陽の塔復活す
松山女
家族旅プラン練りつつ初鰹
松田卯市楼(まつだういちろう)
初鰹一本捌く手際良さ
松田文女
初鰹お供えに後にいただくよ
松野英昌
月明に刺さるしろがね初鰹
松林孝夫
盃を重ね重ねる初鰹
湘輝
しなる竿いぶし銀なり初鰹
照波
初鰹眠りも覚める漁の声
上江洲 睦
初鰹小さき艀で着く故郷
城進也
空に鯉河岸(かし)に縞しま初鰹
常陸人
風の音に海から香る初鰹
植木照美
初鰹噛みしめるや土佐なまり
織田有楽草
居酒屋の怒号は止みて初鰹
色鉛筆
初鰹和尚教えを破るなり
寝たきりオヤジ
兄弟の揃ふ夕餉や初鰹
慎吾
初鰹待てずに龍馬故郷を捨つ
新田 淑
病なら暴言許す初鰹
新藤柑子
上方は質屋通いもせず初鰹
森 佳月
新妻は土佐の人なり初鰹
森一平
初鰹一本背負いで築地まで
森健司
初鰹犬歯鋭きおなごかな
深草あやめ
片棒を担いだ褒美初鰹
真珠
酒すすり薬味さらりと初鰹
真繍
初孫や初歩きして初鰹
真林
友と会う東京駅や初鰹
神山やすこ
初鰹さばくは浜の女将かな
神無
初鰹やくみをのせて藍の皿
水間澱凡
初がつを喰らふ新橋ガード下
水野大雅
大皿に花さくように初鰹
睡花
ライン(LINE)にてひ孫の笑顔初鰹
粋笑
雨上がり光差し込む初鰹
粋仙
ねぎ生姜山と掛けても初鰹
粋篤
アドバルーン勢い強く初鰹
粋流
湯上りの一杯の菜初鰹
翠穂
妻の差す長崎ちろり初鰹
酔楓
たて縞は黒潮の紋初鰹
数鉄砲
藁燃える匂い漂う初鰹
杉尾芭蕉
江戸つ子の金髪店主初鰹
杉本とらを
初鰹バッハを聴いて主待つ
澄海
どこの海の一尾食うかや初鰹
世文亭
板前の心意気なり初鰹
瀬波秋鮭
白まぶし観光船や初鰹
星降松
初鰹捌き上手な孫の嫁
正木児童
初鰹土佐から来たる転校生
清一
初鰹やっと味わい分かる歳
清水羽衣
初松魚お江戸の質草増えにけり
清水仙人掌
旬となり脂したたる初鰹
聖右
振売の声弾みくる初鰹
聖子
庖丁にはじける文目初鰹
西山哲彦
遠来の友を囲みて初鰹
西川あきや
酒瓶の口で栓抜く初鰹
西尾桃太郎
初鰹時計ちらりと皆を待つ
誠馬
初鰹空には南十字星
青い月
晩酌の一本多い初鰹
青玄
潮風に藁もす煙初鰹
青泉
愛南へ高速南下初鰹
青柘榴
側線に残る銀波や初鰹
青嵐@側線=魚の体の両脇に一列に並んでいる感覚器
独り居の小さき皿に初鰹
斉藤ふみえ
初鰹釣られてよりの腹の縞
石井せんすい
人揺れて藁の匂ひや初鰹
石野上路無
初鰹ちよいと一杯つけとくれ
雪花
日に翳す庖丁の研ぎ初鰹
千の葉
初鰹律儀な叔父の土産物
千葉睦女
初鰹土佐っぽ箸を隠しけり
占新戸
活きもよい幟もはねる初鰹
川西勝久
荒磯のしぶき伝える初鰹
泉水
初鰹幼き孫も頬張りぬ
浅見弓楽
銀座にて潮風見たり初鰹
浅田チコ
味知らぬ父母へ供えし初鰹
善多丸
黒潮の波に乗りてや初鰹
倉の人
言い訳は初鰹のあと聞いてやる
相沢はつみ
初鰹母の柳葉おぼつかず
聡草
押し合いて娘払いし初鰹
草翡
まあまあと初鰹にて口封ず
家長なり真先に食らふ初鰹
蒼い朱鷺
遠慮無く大蒜効かせ初鰹
蒼香
串打たれ藁火に跳ねる初鰹
蒼奏
初鰹美しき器に光りけり
蒼鳩
凡々の暮らしに一日初鰹
霜月
子指立つ妻の手杓や初鰹
太子
初鰹念押しされて客の膳
駄口竹流
朝ぼらけ高速船や初鰹
鯛 風
船上のきらめく光初鰹
大ツム
初鰹あゝ金華山沖黒々
大口屋 助六
初鰹藁の匂いが隣から
大三郎
茗荷のせ清しき艶の初鰹
大槻税悦
初鰹眼に生気黒々と
大弐の康夫
漁港に笑み大漁旗と初鰹
鷹龍
つまみつつ語るふる里初鰹
瀧まさこ
冷凍のたたきで届く初鰹
達哉
名の佳きも親潮までや初鰹
谷元央人
新チーム結成の宴初鰹
谷山みつこ
初鰹水揚げ急ぐ力瘤
谷川の蛍子
海岸線なき故郷よ初鰹
短夜の月
孫の泣く夕餉賑やか初鰹
端池
初鰹おれもおまえもいごっそう
竹さ
初鰹藁の焔をほしいまま
竹庵
来たれ初鰹我が竿の初釣り
竹伍
初孫の歩み始めり初鰹
竹春エリザベス
山に雨廻りて海から初鰹
竹吹く
思春期のとんがり帽子初鰹
竹内光希
初鰹のど越しするり清涼感
竹林
競りに競る程良き太り初鰹
ぐい呑みとコップてんでに初鰹
中山月波
江戸つ子の元は浜松初鰹
中嶋浄土
ギコギコと響かぬ家に初鰹
中野久子
なめろうの味は故郷初鰹
朝ぼらけ
初鰹妻は妊娠3ヵ月
朝桜咲花
黒潮の戦帰りぢゃ初鰹
潮ベルト
初鰹と酒五合(ごんごう)と朋友と
町の案山子
初鰹こけら落としの祝い酒
長谷川 博
ハツガツヲオクレ孝行息子なら
直木葉子
竿一本男闘う初鰹
津葦
トロ箱に収まりきれぬ初鰹
辻が花
祝い膳初鰹盛り長寿会
鶴田梅勝
初鰹君の好みし酒を酌み
定吉
一切に山の香乗せて初鰹
泥酔亭曜々
長居せね辰巳芸者や初松魚
哲也
潮満ちて南海の空初鰹
鉄道員
ヒト祝い虚ろ眺める初鰹
鉄鰈
戻り良し初さらに良し鰹かな
天晴鈍ぞ孤
黒潮の名残を腹に初鰹
天野姫城
行商の手元あざやか初鰹
田中ようちゃん
黒潮の空の高みを初鰹
田中耕泉
初鰹嘗めて治したかすり傷
田邉 真舟
初鰹皿持つ指に青ペンキ
塗り猫にゃん
研ぎながら横目にチラと初鰹
土屋 木漏れ日
病身の母と向き合い初鰹
土耳古猫
初孫の祝いの品が初鰹
怒りのえびかずら
初鰹朱の大皿の使い初め
東山
友と呑む今宵のつまみ初鰹
桃花
初鰹一尾買ひたる慶事かな
湯川美香月
初鰹坂本龍馬は食べたるか
湯本 康二
リボ払い決めて豪気や初鰹
燈穂
海越えし友のたよりと初鰹
藤すみ
柔らかさ舌と競うて初鰹
藤ちどり
はちきんと飲み明かす夜は初鰹
藤郷源一朗
初鰹ペットボトルのお茶孤飯
藤鷹圓哉
初鰹そびらの青のひかりをり
藤田康子
初鰹口中で溶け感激感激
藤田由美子
縄のれんまずは一献初鰹
藤娘なつ
ジャズ聞かす蕎麦屋の地酒はつがつを
豆闌
背伸びして生酒グラスと初鰹
洞奈津子
初鰹酒酌み交わす歓迎会
瞳子
酒ならぬ緑茶嗜み初鰹
徳永 北道
晴れた日の親子の列や初鰹
徳本あつ
薬味に夜風まとわりて初鰹
栃木のあーたん
点字ブロックまっすぐに初鰹
敦子
初鰹命が踊る踊る踊る
南雲風花
初鰹食へば根岸を鐘の声
南亭 骨太
釣り上げて家のまな板初鰹
二上松風
燻りの香チビリチビリと初鰹
日本酒
初鰹問ふ生国は相模なり
忍冬
曽祖母に会いに土産の初鰹
初鰹手を振る父の戻り船
猫楽
初鰹蛸唐草の伊万里買う
猫渓
初鰹ひかりの窓の葉を摘んで
猫舌扁平足
酒断ちの満願前や初鰹
播磨陽子
棒手振りの声や近づく初鰹
波音
初鰹徹頭徹尾大雑把
波世遠
爺の誕生日乾杯初鰹
馬場馬子
藁燃やし陸海がっさく初鰹
俳ビギ名
幼子に乳歯の見えて初鰹
俳菜裕子
ぐい飲みは備前がよろし初鰹
梅花人
初鰹マドロスさんの港町
博光
生きているかのような眼だ初鰹
白丘山人(893人)
誕生日膳に添えたり初鰹
白晃
初鰹港に響く競りの声
白桜
箸行き来今年も会えたよ初鰹
白山
藁の香と岩塩甘し初鰹
白瀬いりこ
初鰹司牡丹を父と飲み
白蘭
初鰹母の笑顔に添へる香
麦果酒
初鰹東京弁がうつっちゃう
初鰹皿鉢料理の二尺皿
八幡風花
青釉の皿に大葉と初鰹
半夏生(竹村)
盛り皿を置く音に初鰹香り
半熟赤茄子
高速の屋根日本橋初鰹
飯田 青
初鰹垂れの香沁むる食指かな
比良山
黒衣着てルビーを秘める初鰹
美翠
四万十の旅のとどめの初鰹
美年
貫入の器味わう初鰹
柊の花
初鰹一杯やって出直すか
姫山りんご
初恋の人がさばいた初鰹
百幸
本日は休みの木札初鰹
百草千樹
黒潮の匂ふ皿鉢や初鰹
富樫 幹
カウンターテーブルまで来初鰹
富山の露玉
子の寝顔二階に置きて初鰹
楓也緒
初鰹黒潮かぶる日焼け顔
風らん
初鰹甍のごとく輝けり
風花
黒潮のかほりにわかや初鰹
風峰
集ひ来て皿並ぶ夜の初鰹
風紋
老夫婦薬味たっぷり初鰹
風由花
朝市の氷水(ひみず)ざばりと初鰹
風来
脱藩の道さかのぼり初鰹
風来松
品書きの壁に濡れ墨「初鰹」
福良ちどり
剥げかけた鍍金の指環初鰹
腹胃壮
炙りなら明日にしろと初鰹
初鰹とろりと酒の進みおり
文月さな女
初鰹いそいそ藁を準備する
聞岳
風招かん外はみどり初鰹
平賀乃由
おれ神田母は深川初鰹
平康
箸使い下手でも旨し初鰹
平松洋子
初鰹いつか馴染みの定食屋
片平なにお
初鰹見抜いてみせる君の嘘
穂の美
いせいよい声がひびくよ初鰹
母里
初鰹一生終えた縞模様
峰江
出刃を研ぎ竜馬の海の初鰹
峰泉しょうこ
初鰹鈍足無縁ソッポ向く
方寸
黒猫の空を仰ぎて初鰹
萌久
俺だつて今に舳乗りよ初鰹
蜂里ななつ
潤む目にうつる山々初鰹
夕暮れの鱗飛び散る初鰹
望の月
赤文字の札の店さき初鰹
望月ゆう
初鰹獲る叩く人食べる人
北村 鯨子
初鰹の頃に同僚休暇かな
北村崇雄
初鰹龍馬気分の宴かな
北大路京介
土佐っこの女将おすすめ初鰹
麻呂助
黝き風笑ふ背な初鰹
抹茶金魚
初鰹トカラ海峡黒潮旅
満開
初鰹父が王座を取り戻す
未知
土佐鶴も美丈夫もよし初鰹
未々
売り込みのはちまききりり初鰹
稔久
初鰹藁で焼かれて猛りだし
初鰹室戸を目指す遍路女子
眠るう
初鰹ここは高知のど真中
夢ひとすじ
多量のアドレナリン初鰹漁
夢芝居よしみ
青錆の如く明るや初鰹
綿井びょう
初鰹デンと居坐る夕餉時
茂る
初鰹マストに唸る大漁旗
木人
銀幕開くこけらおとしや初鰹
木槿
義母歌ふ楠公の歌初鰹
勿忘草
初鰹卓に並びて酒進む
紋舞蘭
二年目の陶芸教室初鰹
野ばら
初鰹塩で食うのかこの女
野純
宿の膳たたき一番初鰹
野水
初鰹しんと闇夜の目で睨む
野倉夕緋
初鰹食い放題酒飲み放題の土佐
野中泰風
花嫁の指を血に染め初鰹
野々ゆか
西伊豆の夕陽にあがる初鰹
野々りんどう
初鰹朱し大皿にぎにぎし
野良古
初がつを来たぞと父の連絡網
柳児
ランドセル慣れし初孫初鰹
優純bow
ちびちびと退職前夜の初鰹
裕月
火にくべて脂飛び散る初鰹
遊泉
焼きわらのかほり仄かに初鰹
余熱
風水の方角から来る初鰹
与一
初鰹雲犬となり牛となり
与志魚
流速の煌めき纏う初鰹
洋々
てかてかと虹見て食す初鰹
葉っぱのようこ
一列に長竿しなる初鰹
葉るみ
黒潮を子守唄かな初鰹
葉月のりりん
初鰹腕まくりする母在りて
陽気姫
言葉尻によの付くお酒初鰹
欲句歩
初鰹のどを鳴らすは猫か私か
雷紋
しかめづら薬味微量の初がつお
藍玉
縁側に投げ出すかかと初鰹
理子
声で売る上野アメ横初鰹
璃当
しなる竿初鰹切る水平線
里之照日日
初鰹光る着信出刃を磨ぐ
里甫
初鰹嫁入り道具質入れす
立志
浮き潜る東西線や初鰹
立石神流
花がらのブラウスばかり初鰹
涼木習
初鰹申し合わせて一張羅
遼東の豕
好まぬと言えず一切れ初鰹
緑の街
波うねり季節運べよ初がつお
緑葉
パスポートの更新済ませ初鰹
隣安
初かつを有りますの文字妻が書き
玲風
初がつを婀娜な女将と差向かひ
鈴木麗門
初鰹誰より張り切る猫走る
鈴蘭
見栄で食ふ魚嫌ひの初鰹
蓮華寺
駅ビルも市場のごとし初鰹
老海鼠子
初がつお箸しならせて頬張らん
蝋梅とちる
初鰹回転寿司もオツなもの
六花
あな口惜し下戸の膳にも初鰹
六々庵
水しぶき棹さすだけの初鰹
和田東方
常連に黙して出しぬ初鰹
巫女
不調法一盞所望初鰹
朶美子(えみこ)
初鰹はちきんと呑むいごつそう
淺野紫桜
金盥はみ出す尾鰭初鰹
游真
今日食す眼澄みたる初鰹
澪つくし
鮮らけきいなせな縞の初鰹
珈琲斎
空の蒼みどりの山と初鰹
祺埜 箕來
黒潮の煌を縞目に初鰹
聰子
ころころ亭5時だ女子会初鰹
萬代草舟
初鰹菜切りで挑む句友かな
蓼蟲
恋文は出せず初鰹は清し
鋏と定規
初鰹藁の香りの庭先よ
霖之助
久礼の籠はみ出す尾鰭初鰹
靫草子
魚屋の声はソプラノ初鰹
俎板をはみ出す尾びれ初鰹
髙橋冬扇
初鰹愚痴は言うまい零すまい
髙松遊絲
初鰹薬味と酒と櫂の音
芍薬

ページの先頭