俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 海の日

第197回 2018年5月31日週の兼題

海の日

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句

今週のお便り&俳句道場

■今週のお便り(●が皆さんからの投稿、○が正人&夏井&茅の輪コメント)

●新しい投句・投稿システムについてのお願い
 投句・投稿フォームが新しくなっています。投句数の増加に伴って、仕分け作業に多くの時間を要します。以下の事項を守って投句投稿して下さると、組長の負担が大きく減ります。ご協力よろしくお願いします。

①俳句の欄には俳句のみ記入して下さい。一つの欄に一句を厳守。

②「俳句に対するコメント」の欄は記入する必要はありません。(特に気になることがあれば記入していただいても結構です。)

③「ギャ句」「聞き倣し季語」は俳句欄に記入して下さい。ギャ句の原句は「俳句に対するコメント」の欄に必ず記入して下さい。

④「兼題季語についての質問・考察・情報(火曜日「俳句道場」)」は、火曜日「俳句道場」への投稿です。

⑤「『俳句ポスト365』への感想・質問・要望・俳号の変更・各地の吟行情報など」「組長&ハイポニストたちへのお便り・近況報告など」はそれぞれ水曜日への投稿です。内容に合った欄に書き込んで下さい。

◆『俳句ポスト365』へのご感想、ご要望、ご質問
●夏井先生の本でこちらを知り、 初めて応募してみました。 初心者ですが、よろしくお願いします(^_^)/あきしろ
●プレバトの俳句コーナーを見て ちょっと俳句を詠んでみようかな……と、 思いました。/あやママ
●みきゃん俳句手帳をいただいて知りました。今回初めての投句です。/あゆか
●初めて俳句を作り、応募してみました。 平安の歌を読むのが好きなのと、テレビ番組で見ていて俳句に興味をもったのですが、自分でつくってみると文字数の制限の厳しさを痛感しました。/チ尋
●はじめまして。プレバトが面白すぎてついに作ってみて、投句まで。夏井先生の蒔かれた種、ここで小さい芽が出ております。育ちたい。よろしくお願いします。/るりいろしらん
●初見参です。/研山
●初めて投稿します。母に教えてもらって、親子で俳句を勉強中!二人で共通の楽しみができて嬉しいです。/絹さや
●俳句ポストためになってます。ありがとうございます(^-^)//古都鈴(ことり)
●こんにちは。俳句を始めて6日目、自分の作ったものが俳句になっているかも不安ですが、思い切って投句しています。憧れ見てるだけでなく、投句という形で参加できて嬉しいです!鑑賞の力もつけていきたいです!/香宇 千春
●40年勤めていましたが、無事定年退職しました。俳句をもっと勉強したい気持ちで投稿しました。素敵な取組ですね。出来れば毎回投稿しようと思っています。/紫蘭
●今回、松山を訪ねて、初めてこのようなサイトがあること、観光客も投稿できるポストがあることを知りました。ぜひ全国にこの存在をさらに拡めていただけるようにお願いいたします。/春草夢
●初めて投稿します。初心者です。よろしくお願いします。/所沢風声
●初めて投句します。まだよくわかっていない部分とかあると思います。おかしなところがあれば指摘していただければ幸いです。/暢道
●送った後に欠点に気づき、リベンジの連続でした。俳句初心者の私に俳句の千本ノックみたいな機会があり、大変良かったです。選者の夏井先生の名前を発見して、落合博満監督のノックを受けるつもりで作り続けていました(ややマニアック)。基本の文法も身につけて、次の「夏草」も頑張ります。/尼島 里志
○ようこそ俳句ポスト365へ!1000本ノックよろしく好きにお付き合いくださいませ!(正人)

●こんにちは。(^-^)m(__)m/おけら
●いつもありがとうございます。/くるみだんご
●楽しいのです。/ちひろ
●よろしくお願いいたします。/やまぶき
●まだ二回目の投稿ですが、この後頑張って続けていきます。/田中勲
●作品をたのしみに読ませて頂いています。/幸
●月 2回 俳句を詠むために時間を割くのは 楽しく嬉しい時間です。投句した手ごたえがある事は最高です。 /句詩呼
○いっぱい並ぶから読み応えもあるぞ!(正人)

●最近、サボり気味です。でも、休んでも頑張ります。/惨風3
●組長さんはじめ、皆さんご無沙汰でした?携帯の調子がおかしく、俳句投稿、出来ませんでした?やっと機種変更したので、いっぱい投稿できます/☆かよ☆
●夫の句を代理で投稿します。昨年の「烏瓜」以来、久しぶりの投稿です。さとうりつこ/信好
●お久しぶりです。本当に久しぶりでいつ以来でしょうかか・・・また、ぼちぼち投稿したいと思います。よろしくお願いします。/白石 美月
○お帰りなさい&お久しぶりです。見ない名前もいっぱい増えてるんじゃなかろうか~。(正人)

●三月から始めた投句ですが、ここまで私にとっては始めて作句する季語ばかりで楽しいです。/村上優貴
●プレバトで夏井先生を知り著書の超カンタン俳句塾でこのサイトを知りました。テレビを見て自分なりに考えてはいたのですが、写真を見て俳句を詠むのと、決められた季語のもとで詠むのはかなり趣きが違うものだなと思っています。/暢道
○ここでは兼題で作ります。知らない季語いっぱいでてくるの調べるのも楽しい。(正人)

●先般、「上五、中七、下五の間を空けないこと」という指導を受けました、ありがとうございました。/自遊人・宗
○ナイス学びです!(正人)

●組長、正人さん、スタッフの皆様、いつもありがとうございます。お世話になります。投句日まで全く発想湧かず、投句できないんじゃないかと、とにかく焦りました。詩心が無くて自覚してますが、全没覚悟で送ります。宜しくお願い申し上げます。連投継続できて良かった~/chiro
●あと4分で締切です!一句でも多く詠もうと努力しましたが(←当社比)、並選どころか闇選直行句を量産している気しかしません。ごめんなさーい!/次郎の飼い主
●どの兼題も難産ですが、「赤潮」はわたしにはなかなかに難しく投句を諦めてしまいました。拙句でも、と、あれこれ考えて、思い描いて、なのにわたしの脳みそはなぜかまったく動いてくれずじまいで、悔しいかな、締め切りとなってしまったのでした。それでも、これからも皆さまの素晴らしい句を読ませていただきながら、諦めず、コツコツと、拙くとも作句していきたいと思っています。引き続き、よろしくお願いいたします。/秋乃さくら
○今回もいますギリギリ組。諦めない精神!(正人)

●お知らせいただき、6句投句できました。よろしくお願いいたします。鴻風/梶  鴻風
○お知らせメール機能かな?活用していただけてうれしゅうございまする。(正人)

●先日、「返信メールが届いていない…」という理由で句を再送させていただいたりしたのですが、「老鶯」の回で採っていただいた句が、返信メールが届いていないことにも気づいていなかったという体たらくで…(投句したかどうかも覚えていなかったり…) やはり、メールアドレスのミスと思われます。 ダブり投句をしてしまい、大変申し訳ありませんでした。以後気をつけます。/かのたま
●ご担当者さま パソコンの調子が悪く、同じメールが何通も(たぶん5通)送信されてしまったようです。 申し訳ありません。このメールより前に届いたメールがあれば削除してくださるようお願いします。 お手数をおかけします。どうぞよろしくお願いします。 あつちやん/あつちやん
○正しいのが結果的に届いてれば、よし!(正人)

●リアルタイムで他のハイポニストたちとやりとりができる掲示板のようなものが欲しいです。 良いなと思った句があっても、それを伝えるのに2週間、レスポンスがあれば更に2週間。長い…。/だいふく
○勝手連的に発生したりしなかったり?ごめん正直今どうなってるかわかんない。(正人)

●最近、発表句に俳号のだぶりが多いですが、一句一俳号に 限定してほしい。 二者択一の感あり。自信を持って、世界一は、これだという句に絞って 応募しましょう。 /ひよとり
○俳句ポスト365は何句でも制限なく投句できるのが良いところ。いっぱい投句した結果秀句が多ければ複数残るし、一句もなければ没沼に沈む。複数残りは努力の証なのです。(正人)

●人・並に選ぶ数が多すぎるので、精々100句位づつでいいと思います 単に兼題を入れて俳句の体を成していれば1人1句は並に選ばれてる様な気がします /優純bow
○そうか、まだ没沼経験はございませぬか…けっこうさみしいんよ、あれ…。あまりにもストライクゾーン外れてると沈んでくんよ…。(正人@経験者)

●アドレスの入力が楽~。自分のアドレスでもよく打ち間違えてました。ありがとうございます。/花南天anne
○お、野良古システム使ったかあるいは単語登録してみたのかしら?便利よねえ。(正人)

●そっちか。セキュリティ強化かぁ。ガラケー救済をはかつて欲しかったなぁ。GREEは、スマホよりガラケーの方が楽しいのよね。/ららやにほ
○ごめん、正直携帯のことは全然わかんない!技術者じゃないので!すみませぬ!(正人)

●兼題の老鶯の週で結果発表の火曜日を見るまで老鷺と間違えてました。こんなことで連続掲載が途切れるのかと泣いていたらまさかの展開。老鷺のままで人選に。詐欺みたいな話で本当すいませんm(_ _)m/GONZA
○老眼のせいで選ぶ組長も鷺と鶯見間違えたんじゃないかと…(笑)。※追記:直しておきました。(正人)

◆我ら並選隊
●「老鶯」の回では並選に挙げていただき有り難うございます。 いまだこれだと思って投稿した句が選ばれておりませんが(笑)、少しづつその理由が見えてきたように思います。 めげずに今後も続けていきますので、よろしくお願い致します。 /北村 崇雄
●生まれて初めての投稿が「並」に選ばれ、嬉しさの余り四日振りに顔を洗いました!! 持病があり寝付くことが多いのです。俳句のことを考えている時は病気も忘れ、洗顔する力さえ与えてくれるのです。/葉室緑子
○今回はどうだったかな~♪(正人)

◆俳句修行は楽し♪
●句会ライブを楽しみに、かつ、伺った際に組長の仰る事を理解出来るように、ナマケモノより遅い動きの勉強スピードをもう少し上げねば…と思っています。 ハイポニストの皆様方は、どんな風に勉強をなさっているのか知りたいです。/祺埜 箕來
○他の人がどんなことしてるんだろうって気になるよねえ。以下いくつか例やら迷える声やらをご紹介。(正人)

●お世話になっています。 老鶯の回で「春琴」が(お情けで)採られていたのに味を占めて、またまた固有名詞です。 二匹目の泥鰌となるか、はたまた問屋が卸さぬか。 /数鉄砲
○固有名詞もうまく決まるとカッコイイねえ!(正人)

●自分がおもいついた言葉は調べていくうちに皆様が詠んでいたことを知り、自分の凡人以下の発想にあ~あ・・/里甫
●なにも分からないうちはただ楽しいだけ。いつまで経っても成長しないから俳句ブルー。成長しなくても仕方ないやと割りきったつもりが、多少でも知恵がついたばかりに前より発想が大幅に貧困になる。どうしたもんでしょうか?/ふくろう悠々
●十七文字で物語を凝縮する魅力にとりつかれ、最近俳句を始めたのですが、自分の記憶に潜在している物語の中で似たフレーズや描写がなかったかな?と自分の俳句にオリジナリティを感じないことがあります。自分を信じて投句するしかないでしょうか。/尼島 里志
○木曜の他の人たちと見比べることでオリジナリティチェックはできそうな気がする。(正人)

●私のような,所謂「昭和時代」の人間は、江戸時代の俳人のような流麗で格調の高い漢文調や、超現代風の(やばい・まじ・しかと・等)と言った言語に馴染まず、上手な表現が不得意なのです。夏井先生の仰る「俳句作りに・・やっていけない事は無い」を心情として初心者ですが余生を楽しんでみたいと思います、勿論作句する上で非常識な文体も多いと知りつつの句でしょうが、今後のご指導宜しくお願い致します。昭和人間らしく戦中派に乏しいボキャブラリーの少ない言葉遣いを御容認ください。/山都屋
○僕もぎりぎり昭和世代。いいんじゃないですかね、自然体で。(正人@自己弁護)

●風の強い日がありました。「あっ、これが青嵐だっ!」。今までは、「今日は風が強いなあ」とか、「樹の葉がざわざわしてるなあ」としか思わなかったけど、俳句を作るようになって、情景を新しい言葉で感じて見ることができます。俳句の力ですね。/みやこわすれ
○体験はなによりの力!(正人)

●ここのところ、4文字の兼題であれば「や」で切って上五に入れ、中七・下五は季語とは関係ないフレーズにするという基本の型を意識的にやっています。季語との距離感というものを、こうした試みで会得できないかと考えながらの投句です。/る・こんと
○これ、いいですね。他の季語を試しに当てはめてみることでさらに距離感測る訓練ができそう。(正人)

●皆様元気ですか? 先日とある投句サイトで『○○一切』という兼題が出されました。 ○○には季語が入るのですが、一切?はて? 探しても探しても『○○一切』って季語はなく、例とした句会の記録もない。 悩みに悩んで、季語として無理矢理投句してから『○○の一切で詠む』というお題と知りました。。。 納得してないのに投句してしまったことも情けないですし、自分だけで調べるのではなく、ちゃんと俳句の先輩方に聞けば良かったです(汗) 黒歴史と引き換えに良いお勉強になりました(笑)/白瀬いりこ
○すみません、浅学なもので「○○一切で詠む」の意味がわかりませぬ。情報求む!(正人)

◆俳号に名字をつけよう♪キャンペーン
●「がんばれけいご7才」を「がんばるけいご7才」にしたいそうです。/がんばるけいご7才
●お兄ちゃんの俳号変更を聞いて、「がんばれたくみ5才」も「がんばるたくみ5才」に変えるそうです。/がんばるたくみ5才
●俳号を先月までの〈牛石〉から、〈きゅうもん〉に暫定的に変更しました。そのうちにピタッ…とくる俳号を見つけたいと思います。/きゅぅもん
●お世話になっております。 俳号を「八八」から「むたき八八」に変更します。 先回はありそうな名前で投稿してしまい申し訳ないです。よろしくお願いいたします。/むたき八八
●俳号を寝たきりオヤジから本名の安田亮一に改めます。本当なら病名のことは伏せておきたかったのですがふとしたことから後輩が漏らしてしまい(もちろん悪意などなかったと思いますが)バイト先のオーナーにも俳号の変更を考えてみたらどうかと言われていたので思い切って本名で勝負しようと思います。/安田亮一
●組長、よしあきくん、そしてスタッフのみなさん、いつも有難うございます。6月3日の一句一遊の句会ライブより今日はアッシーから「多聞仙(たもんせん)」と俳号を改めましたので宜しくお願い致します。ですが、これまで通り「アッシー」っと呼んでください。/今日はアッシー改め多聞仙
●組長、よしあきくん、スタッフのみなさん、いつも有難うございます。6月3日の一句一遊の句会ライブより主人共々俳号を変えることと決め、私はまゆ熊から「熊縫まゆ」へ変更しました。またまた変てこな俳号ですが宜しくお付き合いくださいませ。ですが、組長お会いした時はこれまで通り「まゆベア」と呼んでくださいませ。皆さんもそう呼んでくださいね。/熊縫まゆ
●これまで「玄冬庵」で投句して参りましたが、これより「楢山玄冬」に改めます。/楢山玄冬
●悠→俳句一本勝負の悠に変更します。同名の投稿者の参入による。 /俳句一本勝負の悠
●すみません。(_ _)何度も俳号かえまして・・・やっと落ち着いた気がします/桜木れもん改め桜木れい子
●むらさき(5さい)は誕生日を迎えたので、むらさき(6さい)になりました。今度組長におめでとうのハグをしてもらいたいです。横でちまもしてほしいと言っています。(むらさき)/むらさき(6さい)
○『俳句ポスト365』では、「ありそうな俳号をお使いの方は是非とも姓を付けて下さい運動」を展開しています。俳号は、自分の作品を自分のものだと主張する大切な記号。投句者お一人お一人の個性と習熟度を見極めながら、適切なアドバイスができるようにと日々心がけています。以下ご協力の程を。
 ① 同一人物の複数俳号の投句はお控え下さい。
 ② ありそうな俳号には必ず姓をつけて下さい。

◆ウェンズデー正人へ
●兼題「老鶯」では、人選に2句選んでいただき、ありがとうございました。久しぶりの複数人選でしたので、とても嬉しかったです。母もハイポニストなので、句を見られるのはちょっと恥ずかしいなぁ、なんて思ったのですが、正人様はそんな事言ってたら俳句できないですよね(笑)/さとうりつこ
○句会はその辺正々堂々の勝負なのであまり気になりませんね。無記名で選びあうというシステムのなんと清々しいことか!(正人)

●水曜日のお便り。組長と正人は机を挟みお便りを読んでコメントしているのだろうか。それとも電話かメールで連絡取り合いながらコメントしているのだろうか。そもそも組長と正人って何。親子?/ららやにほ
○エクセルその他をメールでやり取りしてます。幸いにして僕も木の股とかから産まれたわけではないらしい。(正人)

●いつもお世話になっております。先日の伊月庵のこけら落とし&句会ライブでは大変お世話になりました。俳句ポスト365他でたびたび俳号をお見かけする皆さんに、オフラインでお目にかかり、ご挨拶することが叶って嬉しかったです。ありがとうございました! お会いする方する方に、「まさか女性だったとは…」とか「こんなに若い方とは思っていなくて」と驚かれましたが(注:残念ながら、若くはありません 笑)、もしかして自分の俳号や句からはこれでもかとおっさん臭が放たれているのでは…と不安になっている今日この頃です。 あと、昨夏に仙台で購入したジョジョのスマホケース(ジョジョ展限定グッズ)を褒めていただくことも多かったです(笑)。「ありがとう」…それしか言う言葉がみつからない…。/次郎の飼い主
○失礼なことを申しました、スイませェん。しかも意外と山岸由花子っぽい美人でびびった。(正人@褒め言葉)

●いつき先生、正人先生、スタッフの皆さま、いつもありがとうございます。「老鶯」並選ありがとうございました。お便りもたくさん載せて頂き、重ねて感謝です。PC設置の件で、正人先生のコメントを読み間違えた私、「朗善さんって女優さんもなさるし、PCのアプリかなんかにもなられているみたい…」と友に。このサイトを確認した友は「ろーぜんぢゃねえよ!らいぜん!CPUかなんかだぞ!破門されるぞ!」…をを!そうゆうのがあるのだと調べて知りました!…こちらへの入力も厳しくなりましたから、その何とかってゆうのぢゃないかもしれませんが、今月中には設置します(たぶん)/明惟久里
○いえいえそんな程度で破門されてたらわたくし何度破門しておるか~(笑)。無事にPC設置できましたかねえ。使えるようになるとなにかと便利よねPC。(正人)

◆夏井いつきへ
●プレバト俳句、毎週楽しみにしています./富樫 幹
●6月7日の「プレバト」、スランプ気味だった横尾くんが見事な追悼句で久々の昇格。とっても嬉しい。また東国原さんがトップの九段昇格。素晴らしい映像化でした。人様の句を見ているときはなるほど!と思いますが、実践は…前途多難(汗)/アガニョーク
● 何時も沢山の俳句を選別されてご苦労さまです。 プレバト 東国原さんの発想には何時も感服してます。/たけ爺
●でも、「天」「地」の皆さんの句を読み、季語の意味や背景の捉え方が、まだまだだと落ち込んだり。 いつか東国原さんのような俳句を詠んでみたいです!/半夏生(竹村)
● 先日のプレバトでの、「追悼句は難しい。思いを表現するのが俳句ではなく、映像を表現するのが俳句。」とのご指導に深く納得&すっかりしょんぼり。難しいということを知らずに気軽に手を出していました。知らないというのは幸せというか、恥とも思わずやりたい放題ですね。  ただ、そう知ってもやっぱり手を出したい気持ちもあります。私にとっては、同じ時代を懸命に生きて死んでいった仲間を、自分なりに弔う方法の一つになっているようです。うまくいかないと思いますが、大幅に多目に見て、「またやってんな」と思って頂ければと思います。/ふくろう悠々
●夏井先生、いつもテレビで拝見し、その鋭い視点や美しい日本語の使い方に感心しております。 ご自愛いただき長いご活躍をお祈り申し上げます。/春草夢
●プレバトの特待生たちだけの俳句を全部載せた句集を出すべきだと思います。三千円以内なら買います/貴芭蕉
○いつか、そんな句集ができる日がくるかもしれませんね。(夏井)

●ついに二時間ドラマにまで出没した組長姉妹。神出鬼没ではある。次はどこ?/ちびつぶぶどう
●夏井先生へ 先生が俳句監修をされた「森村誠一サスペンス おくのほそ道迷宮紀行」拝見しました。俳句の中に隠された真相も素晴らしかったですが、最後に詠まれた句が印象的でした。兼題「夏草」のヒントを頂きました。 そして、大変後れ馳せながら「伊月庵」の落成、おめでとうございます。私にとっては、憧れの俳句の聖地のような「伊月庵」です。いつの日か見学に行きたいと思っています。/塩の司厨長
●夏井先生、初めまして。「伊月庵」の完成、おめでとうございます。 何時か松山の街や伊月庵等、お伺いできればと願っています。 今、先生の「時鳥」の歳時記が書店から手元に届くのを心待ちにしています。 これからも、健康に留意して頑張って下さい。 プレバトも、楽しみにしてます。/西川あきや
●夏井組長様&正人様へ 先日は法厳寺での句会ライブで拙句を詠んで頂きまして、ありがとうございました。 私は毎月一回知人友人と句会をしているのですが、思い切って(^^)、今度の7月1日の夜の伊月庵を予約致しました。 初めての伊月庵での句会、とても楽しみにしております。 俳句仲間とお邪魔致しますので、どうぞよろしくお願い致します。 時計子拝/時計子(とけこ)
●先日は句会ライブに参加し、伊月庵も見せていただきました。ウッドデッキにある 桜の木に実がなっていたのが印象的でした。頭の中が実桜に占領されてしまい、句の 出来は最悪でしたが、楽しい一日を過ごさせていただきました。まるやす句会をここで やりたいと元女将が言っておりました。当然参加の意思を伝えております。 /南亭 骨太
○いつでもご予約下さい。まるやす句会、エエですなあ~(夏井)

●「NHK俳句」への投句での類想句については拝読したのですが、夏の鶯、なかなか発想が飛ばせませんでした。並選の時は特に復習をしっかりと心がけています(が、何しろぼちぼちしか進まないので、進歩はあんまり見えません…)。短い時は本当に5分10分なのですが、始めて一年半で毎日俳句と向き合うのは習慣になってきました。そうすると、「いいなと思う俳句に出逢うと、デトックスされたように(=血がきれいになったように)」感じる感覚が、ほんの少しだけ解ってきました。ゆっくりと暮らしの一部になってくれたらいいなぁ♪と願っています。梅雨に入りましたが、皆さまどうぞ体調管理うまくなさって笑顔で6月後半お過ごし下さいませ☆/明惟久里
● 夏井先生の「時鳥」歳時記が6月2日に発売になったとAmazonからメールがきましたので申し込みました、届くのが楽しみです。/小塚 蒼野
●時鳥の歳時記が 6日頃に 手に入ります。楽しみです。俳句をして 2年めになりますけど 周りの環境 季節の変わり目に 少しずつ気ずく事ができるようになったと思うこの頃です。田んぼを見て芒種と。(笑)/句詩呼
●夏井先生、忙しくて本屋に行けません。時鳥まだ手にしてません。一応チャレンジしたけれど…ちょっとズレております。早く月も考えなくちゃ。みなさまNHK俳句だったり他の募集だったりあちこちに投功されてるようですね。しかもお上手。すごいなぁ。こちとら俳句ポストだけでも精一杯。しかもいつも締切ギリギリ。まだまだ修行が足りません。それでも俳句ポストへのチャレンジを通じて前進しているとら思います。こういう場に出会えたことありがたく思います。/古都鈴(ことり)
●組長、正人様、皆様、お世話になっております。「時鳥の歳時記」ではグラビア掲載していただき、ありがとうございました。夏らしい色の表紙で素敵です。また宝物が増えました。最近グリコのおまけを次々といただきビックリしています。それも、個人的に弱音を吐いているとき(よくもう無理だって思うので 汗)絶妙なタイミングでポーンといただけるので驚いてます。これは、組長が「やめるなよ!うじうじするなら句を作れ!!」と言ってくださっているのだと受け取っております。俳句始めて丁度二年になりました。まだまだ掴みきれない未熟者ですが、これからも精進していきますので宜しくお願い致します。  あまぶー拝/あまぶー
●夏井先生 こんばんは! 時鳥の歳時記では写真グラビア特選句に選んで下さってありがとうございました! 初めて夏井先生の選評も頂けてとてもとても嬉しかったです! なかなか俳句では良い結果が出ることの少ない私ですが、これからも地道に俳句を続けていこうと思います。 ありがとうございました!/蓼科川奈
●組長!「時鳥」の歳時記、入選選んで下さってありがとうございます。 今度は「月」ですね。全く浮かんできませんが〆切まで頑張ります!!/珠桜女あすか
●「時鳥の歳時記」出版おめでとうございます。そして、入選句に選んでいただき、ありがとうございます。実は、特選狙いの身の程知らずでしたwww 。特選句は、圧倒的でした。これから、また精進致します!よろしくお願い致します。 /シュリ
●組長様、スタッフの皆様、ハイポにストの皆様。梅雨真っ只中でございます。昨日は雷を伴う大雨でした。 そんな中、店頭に並びましたよ「時鳥」の歳時記が。前回の「花」の歳時記に続き、今回もまた入選句に選んで頂きました。ありがとうございました。前回は本名で、今回は俳号での掲載です。さっそく、90歳になった母に送ったら、大変喜んでくれました。母も私も姉たちも松山生まれの松山育ち。俳句には子供の頃から親しんできました。なのに、俳句に取り組んでいるのは私だけという、寂しい現実です。そういう私も高校生の時は、「百人一首」の方が好きだったのですが…。まずは家族の中に俳句の種を撒こうと、孤軍奮闘しております。/葉月けゐ
●『夏井いつきの「時鳥」の歳時記』、特選句に採っていただき、ありがとうございます。まさかそんなところにあると思わず、嬉しいやら、驚くやらで 大忙し。が、一息つくと欲が出て、ここまで来たなら、グラビアデビューしたかった!と思ってしまいました。・・・浅はかでした。グラビア頁記載の句を詠み、あまりの拙句との差にがっかりです。デビューは、まだまだ遠い道のりだと思い知りました。 折角、今回も偶然使われていた夫の写真。夫婦共演の夢は儚くも・・・です。 落ち込みもしましたが、これからも精進します。 /飯村祐知子
●時鳥の歳時記、入手出来ました。掲載ありがとうございました。全ページ美しいのですが、中でも圧倒されたのが46ページ見開き。波郷、ラーラさん、露玉さん三句の持つ力はもちろん、左ページの物悲しさの中に凛とした清しさを内包している、断ち切りの写真が素晴らしい。句と写真がお互いを説明し合わずに、響き合う関係。シンプルなレイアウト。感動しました。紙媒体の広告でいう、キャッチコピーとビジュアルの関係に似ていますね。俳句の字体も「花」に引き続きこのくらいの明朝がベストと思いました。第2位、58ページ見開き、第3位、31ページ見開き。以上僭越ながらトポル選、「時鳥の歳時記」見開き大賞ベスト3でした。/トポル
●組長へ。「時鳥の歳時記」刊行おめでと うございます。そして選をいただきありがとうございます。組長、先人たち、そしてみなさんの句、美しい写真をゆっくり味わっています。自身も含めみなさんの御俳号を発見する喜びもありました。テキストも充実していました。次は(一応最後?)「月」ですね。大きい季語だなあ・・。月を見ては、本を買っては、映像を見ては、でイマジネーションを楽しんでいます。自分で「これは!」という句が出てきたらいいなあ。楽しみにしています。天体望遠鏡が欲しい・・。/すりいぴい
○『時鳥の歳時記』 んな写真にどんな句を取り合わせるか、実に楽しい作業でした。今は、『月の歳時記』の名句と写真を選び終わり、皆さんの投句の締め切りを待っているところです。楽しみ!(夏井)

●絶滅季語辞典、超絶面白かったです。夏井先生のべらんめぇが大好きです。一杯やりながら、投稿作品全部に目を通してくださってるんですか?!夏井先生の超絶バイタリティに脱帽です。/花河童
○絶滅寸前季語辞典は、十年に一度、書き直す構想なんですが、今ちと忙しくて、追いついておりません。いずれ、やります。(夏井)

●組長、放送文化基金賞受賞おめでとうございます!!/花 節湖
●組長、放送文化基金賞授賞おめでとうございます/花南天anne
●組長はじめスタッフの皆さま、いつもどうもありがとうございます!放送文化基金賞おめでとうございます!!!!!/まどん
●放送文化基金賞おめでとうございます。 プレバトは楽しみながら笑いながら学べ、最高の番組ですね。 ハードスケジュールの日々、ご自愛くださいますように。/薮久美子
●夏井先生、このたびは「放送文化基金賞」受賞、おめでとうございます!.。:*+゜゜+*:.。.*:+☆ 私もプレバト俳人の末端に連なっている者として、お祝いを申し上げられることを嬉しく思います。いま、毎日のように俳句を詠み、投句までしている自分が不思議です。それもこれも、プレバトで夏井先生に出会ったればこそ。毎回の添削を通じて、出演者の皆さんが上達していく過程に引き込まれ、自分もこの中に加わってみたいと思わせてくださいました。あまりのご活躍ぶりにお身体が心配になりますが、どうぞいつまでもお元気で、私たちの手を引いてください。ヘッポコですが、ついて行きます。/本上聖子
●放送文化基金賞受賞 おめでとうございます!ぶれない志を持って20年以上活躍される中では逆風、突風、つむじ風等いろいろ吹き荒れたことと思います。強い風の日ほど旗は美しいと以前仰っていましたが、それはぶれない旗竿あればこそですね!また、その竿を支える兼光さん、正人さん、ご家族やスタッフの皆さんの力も相まって、受賞という実を結ばれたこと、本当におめでとうございます!ブレブレの私ですが、美しい旗を仰ぎながら頑張ります?!/うしうし
●わたしたちも先生のご意志である「俳句の裾野づくり」に参加できたらと思います。/きゅうもん
●組長。放送文化基金賞受賞、伊月庵完成、「一句一遊」十七周年句会ライブ、とおめでたいニュースが続いた1か月でした。あらためましておめでとうございまし た(まとめてしまいすいません・・)。組長の俳句の種蒔きが形になり、実を結んでいる証しと思います。100年俳句計画は終わることなく続き、次の百年へ継がれていくことと思います。いつまでもお元気で。 そして最近は組長選の投句先が増えて嬉しいです。「通販生活」の「俳句生活」、「俳句あるふぁ」の忌日季語連載、NHK俳句の「やっていけないことはない」、テレビ大阪俳句くらぶ、単発かもしれませんが、某社のタイヤ、ドライブの句・・。「俳句新聞いつき組」にも参戦を始めました。ここでも組長の御句、評が読めて、選もいただけ、みなさんとも繋がれるのですね。 NHK「科学で五七五」チバニアン、ニュートリノでは、求められている趣旨に合った句か否かわかりませんが、なんとか投句できました。チバニアンを直接詠み込んではいませんが、科学のワンダー、発見(俳句もある意味「発見」ですよね)を託せたのかな?いずれにせよ用語の説明にならないよう心がけました。/すりいぴい
○皆さん、ありがとう!まだまだお楽しみは続きますよ♪(夏井)

●高知の「四万十川全国俳句大会」でお目にかかって、その後の蛍狩、蝮酒と楽しいひとときから、あっと言う間に十日が過ぎました。昨日は〈プレバト〉を拝見しながら夏井先生の〈俳句の裾野〉のお話を思いだしておりました。また、この度は、俳句道場『いつき庵』オープン、まことにおめでとうございます。いつかきっと『いつき庵』で俳句を学べる日が来ることを願っています(^∧^) /きゅうもん
●前回も書きましたが、夏井先生、7月14日のイベント、楽しみにしております。/田中勲
●7月29日の大阪で生まれた句会や堺筋を楽しみにしています。/ローストビーフ
●先日の松山句会ライブで組長&正人やん&兼光さん&たくさんの句友の皆様にお会いできて楽しかったです! そして、お世話になりました! ありがとうございます! 佳い1日でした! また会えますように!!!/江口小春
●うちのチューハイ(中学生俳人)クンが進学して、いつの間にかあまり俳句を詠まなくなり、チューでもハイでもなくなっていました。でも今年の青森の県俳句大会(東奥日報文化財団主催)の特別選者として10月21日(日)に組長が青森市に来ると知って、急にまた俳句を詠む気になり、コークハイ(高校生クール俳人)クンとして復活しました。今から組長にご挨拶に行くと意気込んでいます。私は、北東北三県や道南のいつき組の方やハイポニストの方々とお会いできるのではないかと期待しております。その日は兼光さんにもお会いできるでしょうか。正人さんやマルコボの方々もいらっしゃったらいいのにと思っています。大勢の俳号しか知らない方々にお 会い出来たら嬉しく思います。/佐東亜阿介@チーム天地夢遥
●初鰹から投句を始めて今回の海の日が五個目の兼題でした。 今日老鶯の木曜日の発表があり、並選いただきありがとうございました。発表の週は月曜、いえ日曜日の夜くらいからそわそわします。本当に隔週の合格発表のようです。 まだまだ多作で自選は難しく、まずはこれができがいい句かなという予想が当たるようになればと思います。今、やっと天地の句への道のりが遠いぞということがわかってきたところです。並をいただいた句のよさはどこか考えつつ、人を目指して句作を続けます。 あと、五曜日制覇ということを目指されている方がおられると知り、私は水木の二曜日制覇を目標にしたいと思います!正人さんよろしくお願いいたします。 隣町にある中丹文化会館で句会ライブが開催されると知り急いで電話予約をしました!今日、チケットを受け取って来ました。端の方ですが2列目です。8月30日がとても楽しみです。組長、よろしくお願いいたします!/青楓也緒
○各地で俳号と作品のみを知ってる人たちと出会うこと。大きな楽しみです。声かけてね♪(夏井)

●肢体不自由のHは、月に何日か入院します。6/3は前々からの約束で、お見舞いに行きました。食べ物のお土産はNGかもしれないので、Tomorrow's Alphabetと、If you give a mouse a cookieの2冊の英語絵本の読み聞かせをしようと思いました。自宅の英語教室以外での絵本の読み聞かせは実は1年ぶり。HとHの入院友達のSと、二人のお母さんに病院のロビーで2冊読んで、If you?の最後についているおまけのすごろくを楽しみました。 お別れする頃には、Sが私がいる学校に「転校したい」というほど私を気に入ってくれました。みんなで撮った写真は笑顔。久しぶりに良い魔法使いの気分です。 大変良い気分で帰路、梅田に寄り、『時鳥の歳時記』を入手しました。歳時記を手にする前は、二日間ほど俳句が全く浮かばず、悲しい!生意気にもスランプか、と思いましたが、心が弾むと句が出てきますね。できはともかく、通常モードの一日5句に戻ってきました。スランプするほどの才能はなく、単に心を動かせなかった、心動かすものを取りに行かなかった怠慢だったのだと気がつきました。私にとって、英語や読み聞かせは生活、俳句、仕事すべてに感動できるトリガーです。 組長にとって句会ライブがきっといろんなトリガーなんじゃないかな、と思いました。/播磨陽子
●敬愛なる伊月先生 俳句には作者の人柄や人間性が出ますね。 作品を発表するということは、作者という「人」を晒す、 と思うと少し怖いですね。私は己のアホっぷりや、小心、 ミーハーのお調子者・・・ というところを存分に晒しているのでしょう。 伊月先生の御句はガジュマルみたいです。 太くてしっかりした根っこが何本も出ていて澄んだ水をたっぷり孕 み、たくさんの葉を茂らせ小鳥たちが集まりゆっくり休める、 大きくて優しくてあたたかくてたくましくてみんなが憧れる木。 勝手なことを言い、申し訳ありません。「 ガジュマルは神様の木で、女の子の名前によく使われる。」と、 台湾出身の友人が言っておりました。/村上 無有
○ありがとう、陽子さん、無有さん。今日からミドルネームを「ガジュマル」にしようか(笑) 夏井ガジュマルいつき♪

●お教え下さい。私は68歳。 小学五年生の ろうけつ染めの授業で、好きな言葉を、 ろうけつ染めにするというのがありました。 私は 「手にとるなやはり野におけれんげ草 芭蕉」と書いたのを覚えています。 芭蕉やれんげ草で調べても見つけることができません。しかし最近 この句は たきひょうすい という俳人の句であることを知りました。 れんげ草が遊女を表している可能性があることも。 私は幼い時感じた たままの句であることを願っておりますが できたらこの句についてご教示頂けないでしょうか。/葉室緑子
○そのような思い入れのある句でしたら、ご自分で調べてみてはどうでしょう♪ 大人の夏休み宿題ってのも楽しいよ。学ぶって楽しい、調べるってワクワクする♪(夏井)

●こなぎさま 私の「金盞花讃岐一国晴れの国」が阿波野青畝先生の「金盞花淡路一国晴れにけり」に酷似していると教えていただいてありがとうございます。 阿波野先生の句は知りませんでした。 私が香川県の出身で、いま香川県ほど湿度の低い地域に住んでいないので、子供のころの記憶を詠んだものでした。 夏井先生、この句の取り下げをお願いします。/きのと
●第194回兼題「老鶯」の地に選ばれた句について質問致します。「山が鳴くやうに老鶯鳴きにけり」は平井照敏先生の「山一つ夏うぐひすの声を出す」という先行句類想句があるように思うのですが、いかがなものでしょうか。先行句類想句とはどのようなものを言うのでしょうか?教えていただければさいわいです。/中岡秀次
○発表した後で、先行句があることを知った場合、それを教えてくれた人に「情報ありがとう」とお礼の気持ちを伝え、以降その句を自分の句だと主張しない。それでオーケーです。俳句の世界では、性善説で物事を考えるのが基本です。なんせ十七音しかないのですから、似たような発想・似たような句ができてしまうのは宿命。それを取り立てて、パクリだの盗作だのと騒ぐのは俳句の世界を知らない人たちでしょう。「夏鶯」の句については、想の根本は似ていますが、叙述は違います。最終的には、作者の判断になりますが、二句のうちどちらが好きかと問われるならば、私は「山が鳴く」のほうが好きだなあ。(夏井)

◆広がる『俳句ポスト』仲間たち!
●夏井先生、正人さん、スタッフの皆様、こんにちは。 夏井先生、「老鶯」でも人選に採っていただき、ありがとうございました!!(老鶯の渡る谷山青響む) 四月から初めて句作2ヶ月め、とっても嬉しい初心者です。 俳句にはかなりはまってしまい、近くの句会を検索して単騎突撃するゲリラ戦を展開しています。2回目に訪ねた句会では、偶然、年の近いハイポ二ストさんとも知り合うことができるなど、嬉しいこともたくさんありました! じわじわ自分の世界が広がっていくのが楽しいです。 まだまだ下手な鉄砲を数打ってる状態ですが、すこしづつでも上手くなれたらなぁと思っております。 /かのたま
●  夏井先生、諸先生 お世話になっております。 夏井先生に心酔して俳句を始めた息子が、「渡り漁夫」で「地」に選んで頂いた事に触発されて俳句作りを始めてより一年が過ぎました。当初は楽しく沢山、創り出していましたが、昨今は産みの苦しみを味わっております。でも一句出来たときは感動します。  息子は其の後『地』に3回、「人」定着と順調に進んでいるようです。そして今、私の二人の妹たちが参戦して私は、その後塵を拝しています。短歌の良きよみてであった亡き叔父に恥じぬよう精進していこうと思います。  夏井先生、ご健康で益々の切れの良い弁舌でご活躍下さい。/新田 淑
●「伊月庵」の完成おめでとうございます?今年のまる裏のとき句友たちで見に行ったあの場所に…?と想像してワクワクしています。一句一遊の17周年記念句会ライブ、参加できず残念でしたがradikoで聴かせてもらいました♪いーなぁ~♪素敵な句がい~っぱい! 金曜ランクの句全部と、水曜ランクの句の一部を、書き留めるため何回も聞きました。 聞き書き、ホントたいへ~ん(^^;) 大変な作業をしていただいているとはもちろん、わかってはいたのですが…聞き書き隊の皆様、毎回毎回・・・あらためまして、本当にありがとうございます。/一斤染乃
○こうやってみんなの世界が広がっていってるの、嬉しいね!(正人)

●いつき組配下大阪木の芽の我夢です 大阪に紅一点ならぬ1人埼玉県人 俳句を始めて三カ月 俳句と、西の方々に揉まれて プチカルチャーショック中 毎日濃いですわ/我夢
●木の芽の元喜です。 よろしくお願いします。/皆見元喜
●プレバト俳句研究会に所属している楽と申します。 宜しくお願いいたします。/楽
●SNSの俳句コミュ「木の芽」の会員です。 初心者ですが頑張っています。/南風紫蘭
●プレバト俳句研究会「木ノ芽(このめ)」の一員です。まだほんの駆け出しですので、これから頑張りたいと思って応募させていただきました。/浮見亭湖風
●タブレットで投句したのですが、うまくいかなかったのでPCから再度挑戦いたします。 俳句は全くの素人ですが「木の芽会」に参加させてもらっています。/咲耶とこ野
●夏木いつき先生 今年4月に発足した初心者ばかりの句会、「プレバト俳句研究会「木ノ芽(このめ)」です。 先日、松山市で開催された「夏井いつき先生」の句会表彰式でお話ししているかと思いますが、 〇6月24日(日)、第一回吟行を大阪城で開催します。 なにぶん初心者ばかりの句会で、駄作しか作れないかと思いますが、また投句させていただきますので、ご指導、よろしくお願いいたします。/趣味園楽
○今回もいっぱい参加してくれてる木の芽の皆々様。吟行どうでしたかねえ。(正人)

●組長、正人さん、運営のみなさま、こんにちは。薇から発足したシュトゥットガルト俳句女子の会、ずっと会員2名でしたが、芍薬さんのネットワークのおかげで仲間が増えそうです~!昨日集まったのは総勢6名。さっそく面白い発想を出してくる方、俳句をやったことはないはずなのに的確な指摘をされる方、と本当にビックリ。私も触発されて、出すかどうか迷っていた季重なりの句、そして会話に動物がたくさん出てきたので、私も動物シリーズをひとつ作りました!とにかく気楽に、まずひとつ作って出してみてーと言ったのですが、どうかなあ~みんな出してくれたかな~。このお便り欄にいくつ「シュトゥットガルト俳句女子の会」という単語が出てくるか、楽しみです♪/月の道
●シュトゥットガルト俳句女子の会/網野れいこ
●「シュトゥットガルト俳句女子の会」に入会させていただき初投稿です。/檸檬
●「シュトゥットガルト俳句女子の会」の月の道さんと芍薬さんに誘われて、人生初の俳句作りをしてみました!/三大夜景
●シュトゥットガルト俳句女子会の会員(笑)が増えました! 面白い視点が炸裂して、これからが楽しみです。 これからも楽しく俳句を作っていけたらいいな?と思っています。/芍薬
○聞いた時から気になってたんだけど、どうやって仲間みつけてるんだ!?シュトゥットガルトの日本人コミュニティ的なものがあるの??(正人)

◆小さな『俳句の種まき』運動♪
●友人から初めての赤ちゃんが生まれたと知らせを受けました。俳句を二句、お祝いに贈りました。その知人も返信に初めての俳句を詠んで送ってくれました。添削してくださいとあったので、心を込めて添削、返信したところ、喜んでもっと勉強すると言ってくれました。赤ちゃんとの新生活に、俳句があればきっとどんな時も勇気が湧いてくると信じています。私も子どもが生まれたときに俳句を知っていれば、もっと子育てが楽しかっただろうなと思います。 私は大仰なことはできないけれど、身近な人とのやり取りの中で、生活に根差した俳句をコツコツ種まきしていこうと思います。俳句に感謝です。/播磨陽子
○ハッピーバースデイ、おめでとう!!小さな種がやがて芽になりますように~♪(正人)

◆「人」「地」「天」~ベム・ベラ・ベロ俳人たちより
 誰が言い始めたか、「『人』選にはいりたい=人間になりたい=妖怪人間ベム」という話で盛り上がり、「『人』選に入る=人間になる=ベム俳人になる=ベムる」と、不思議な動詞や、「天地想像」なる四字熟語が生まれております。

●久しぶりの人選に狂喜乱舞しました。 素直に詠んだのがよかったのかなぁ? ありがとうございました。 /里甫
●夏井先生、ウエンズデー正人様、お世話になります。 兼題「老鶯」にて「人選」を頂き、ありがとうございました。時々ですが「ベムる」事が出来るようになり、密かな幸せを噛み締めております。/塩の司厨長
●「老鶯」人選、ありがとうございまし。以来、「老酒」という字を見ると思い出していまう単語となりました。なんで?/なにわのらんる
●兼題「金盞花」「蟻」と、やや苦戦が続きました。「初鰹」では、自信の無さから久々に全ボツを覚悟しましたが…人選に選んでいただきました。ありがとうございます。 苦しんだ兼題の投句を見返してみると…なるほど、漠然とした内容の句のオンパレード。木曜日の掲載句に見つけた上位互換句では、ある程度具体的な表現・情報が使われていて、「しまった」と思わされっぱなしでした。 今後は「漠然とした句作りをしない」ことを目標にします! …尤も、言うは易く行うは難し、ですが。/多々良海月
●組長様正人様よしあき殿スタッフの皆さま、毎度お世話になります!老鶯では、人に選んで頂き、またもやびっくり致しました。本当にありがとうございます。小さな頭であれこれ考えず、素直を心掛けたいと思います。これからも、よろしくお願い致します。/ながら
●夏井先生 2回目の投句「老鶯」で「人」に選んで頂きました。望外の喜びです。 8句投句したうちの一句でした。他の7句と比較して、ちょっぴり独創性があるということと、日頃先生がおっしゃっている「映像」が明確であったのかなと、自己分析しています。 17音の魅力に魅せられた全くの初心者が、無料で手軽に勉強させて頂けるシステムに心から感謝します。 前回のこのお便り欄で、投句を2句に留める努力をする旨を申しましたが、複数句の中から選んで頂けた 理由を、自分なりに考えるのも勉強であると思い直しました。 一生懸命ついていきますので、ご指導よろしくお願い致します。試行錯誤より/試行錯誤
●夏井先生 「老鶯」の句「人」位を頂きありがとうございます。 以前『「雪」の歳時記』のサイン会でお目にかかった折に、「仲間内の小さな句会に出ているだけなんです」とお話すると、「是非投句してください」とおっしゃっていただきました。 まだ季語によっては全く手が出なかったり、詠めたとしてもヨチヨチした句ばかりですが、また投句させていただきます。何とぞよろしくお願いいたします。 /なご
●夏井先生はじめスタッフの皆様こんにちは、いつも有難うございます。 「老鶯」の回人選頂き、ありがとうございます。 毎回勉強と思い提出していますが、難しい!自分では思いつかない季語です。 そこがいいのですね、なんとか毎回出せるように続けていければと思っています。 暑くなってきましたので、お体気を付けてお過ごしください。/のぶ子
●夏井先生、正人さん、ハイポニストの皆さん、こんにちは。先日、「老鶯」で19回目の挑戦にして、やっと「人」選になることができました。プレバトの出演者の方々が「ワンランク昇格」と言われたり、「才能アリ」に名前を呼ばれたりすると歓喜する気持ちがよく分かりました。よく夏井先生はグリコのおまけのようなものと仰いますが、これは励みになります。50回までには・・・「地」を目指して、またコツコツ努力していきたいと思っています。50回って随分遠いと思われるかもしれませんが、俳句は奥が深いことを認識しました。頑張ります。/みのる
●老鶯で人選二句!密かに憧れていたのでとてもうれしいです。ありがとうございました! しかも、忙しさにかまけて俳句から気持ちが離れ気味のこのタイミング。夏井先生、もしかして、千里眼をお持ちなの?今回と次回はまだ無理ですが、その次からはまたがんばれそうです。ありがとうございました。/りう女
●「初鰹」の兼題で地選を戴きました。「櫨紅葉」から参加しておりますがまさか自分が地選に選ばれるとは無論、想定外のことだったので(笑)一番自分が驚いております。お祝いはもちろん初鰹で飲んじゃいました(笑) ありがとうございました。/まるちゃん2323
●夏井先生、こんばんわ。本日、東京から帰阪したところ俳優ぢゃない俳友の元ちゃんから、小生の句が「地」に一句、「人」に二句入選したと聞き、飛び上がるほど喜んでいます。先月、夏井先生に、お初にお目にかかってもう二○日…。あの日の興奮冷めやらぬ間に、はじめて投句した「老鶯」を計、三句も選んで頂きなんと御礼申し上げて良いやら(_ _)(_ _)(_ _) 我が「クレバト俳句研究会」から五句、三人が入選したことはこの上もない喜びと励みになりました。/きゅうもん
●夏井先生、スタッフの皆様こんにちは! 先日の「老鶯」にて地選に選んで頂きありがとうございました!驚きと喜びで飛び上がりました*(^o^)/* 木曜日の人選並選に名前がなく、とても凹んでましたら、ブロ友さんが地選に選ばれてますよ、とコメント下さり、慌てて金曜日を開いた次第です。 私は夏井先生にご指導頂きたいとずっと思っていました。そんな中での今回思っても見なかった地選で、先生のご感想を頂き、幸せいっぱいです。 ブロ友さんが俳句100年計画の会誌や新聞を進めて下さったので、早速年間購読を申し込みました。 もうすぐ届くのでとても楽しみです。 そして6/24には堺市の句会ライブに行きます。嫁がチケットをプレゼントしてくれました! 夏井先生にお会い出来るのがとても楽しみです。 これからもたくさん俳句を詠みますので どうぞよろしくお願い致します。/こぶこ

◆近況報告~♪
●「海の日」の回が発表の週、二人目の子を授かっていると思います! 3歳の長男も今回からデビューしました。果たして、結果は??/登るひと
●7月16日!僕の誕生日です!海の日です!祝ってください!!/脇々
●誰にも突っ込まれない(?)ので自分で言いますが誕生日を迎え少し前から年齢欄が「40代」となりました。 どうです?正直でしょう笑。/富久まる
○0歳も20代も40代もおめでとう!!大人たちはビール飲んでよろしい!セルフ乾杯!(正人)

●夏井先生、正人さん、スタッフの皆様、暑くなってきましたが、体調などは崩されていないでしょうか? 私は、田舎(大分県)に戻ってきて4ヶ月ほど経ち、自律神経を乱してしまいました。 田舎のゆったりした時間の流れにまだまだ身体がついてこれないようです。 そんな中でも俳句に向き合うときは、落ち着いていられる大切な時間です。/白瀬いりこ
○暑いとなおのこと堪えるしねえ…ご自愛くださいまし。(正人)

●新しい職場になじんでいるか?私?/こま
○逆に職場の方を馴染ませるこまさんである。(正人)

●組長お疲れさまです! この前久しぶりに酔っ払い、その時に浮かんだ「俳句の種」を後で見返したらただの酔っ払いでした(笑)/松山めゐ
○寝る前に思いついて忘れたのが名句だったはず…っていう現象と同じくらいよくあるやつー(笑)。(正人)

●俳句甲子園地方大会行って来ました。とっても楽しかったです。勉強になりました。高校生のみなさん、スタッフの皆様、ほんとうにお疲れ様でした。まだまだこれからが本番! 体に気をつけて頑張って下さい!今年もテレビでやるのかなー?/しかもり
●巷の噂では、今年も我が母校が俳句甲子園の本戦出場を決めた模様。 応援にいかねば。/ちびつぶぶどう
●そろそろ、俳句甲子園の地方大会が動き出してる。和が母校よ、今年もがんばるのだぞ。8月は応援にいくぞ。(*´∀`*)尸"/ちびつぶぶどう
●組長!先日、俳句甲子園地方大会を観に羽田空港へ行ってきました。推しの海城Bが勝ち進む一方、常勝の開成がA・Bどちらも敗退するなど早くも波乱の展開。8月の本戦が楽しみです!そうそう、今年は本戦を観におじゃましますので、松山のみなさま、よろしくお願い致します!/とおと
●俳句甲子園の地方予選、まさかの結果に終わりました。部員たちは負けた気がしないと投句審査を信じています。この兼題の選が出るころには、投句審査の結果も出ているでしょうが、今は祈るのみです。 /大雅
○俳句甲子園まであとジャスト一ヶ月。応援の大人たちも、戦った、そして本戦を戦う高校生たちにも今年の夏がきますなあ。(正人)

●向暑の折り、皆様お身体ご大切に。/なにわのらんる
●風邪をひきました。加齢のため治りが遅くて参ります>_< /紅の子
●この間胃潰瘍で入院して吐血しました この吐血を俳句にできないかと吐血しながら考えていました/ツーちゃんの恋人
○みんなマジでお大事に。吐血とかマジで身体大事にして…!(正人)

●兎に角詠むよむよむ 文法は後でついてきてヽ(´o`; 女ゆえのアデラ○スというコマーシャル が浮かびます シワができるか髪が薄くなるか 首から上が毎日忙しいです(でも楽しい/我夢
● 俳句を作り始めて二か月に入りました。作ろうと思うと中々できませんが、運転中にふっと涌いてくるように言葉が出てくることがあります。想いや、イメージは浮かんでいるのに当てはまる言葉が出てこない時もありますが、 脳に負荷をかけてひねり出せたときはスカッとします!あくまでも自己満足ですが( ´∀` )これはボケ防止になりそうですね。 /明爽
○運転中に浮かんだのメモしてて事故、とかやめてね?いや、人のことは言えんけども…(笑)。(正人)

●ここのところ仕事が忙しく、肩こりもあったのですが、俳句を詠むとスーッと気持ちが晴れていくから不思議。楽しい時間を過ごせていることに幸せを感じます。/山香ばし
○心のデトックス!(正人)

●先日、6年前の盛岡新聞天窓に拙句が掲載されている記事を見つけました。被災地への俳句でエールに投句したものが掲載されていました。2012年3月20日掲載分「花一つ咲くこと見ること希有なこと」。不思議と過去の自分にエールを頂いた気がしています。俳句とは、自分の過去にも未来にも出会う力があると実感した体験でした。/谷口詠美
○6年前の句でも見ると不思議と当時を思い出すよねえ。俳句ってすごい。(正人)

●定期テストで爆死して生きるのも辛いレベルなので俳句です。もっと余裕を持って生きたいですね。それこそ海の日に充分遊べるくらいには。/Elise
○結果、海の日は遊べたかのう(笑)。(正人)

●勤務している小学校に言葉の広場、俳句コーナーができていました。ただいま夏の俳句と川柳を募集中と言うことで、生徒が一人一句投句できます。楽しそう~!みんなの句を見せてもらうのも楽しみですが、もしかしたら発案者の先生と、俳句の話で盛り上がれるのじゃないかしら!身近に俳句をする人がいると知ってわくわくしています。/播磨陽子
○俳句ポスト365にも誘ってみよう~♪(正人)

●ネット検索して 今放映中の大河ドラマ 西郷どんを見て 想像して詠みました。 兼題季語を見て 毎回 難しいと思いながら 17文字で表現する俳句の素晴らしさを感じてます。/句詩呼
○『西郷どん』実は見てないんよ。面白かった??(正人)

●組長?時間ギリギリで浮かんだ一句なので、ボツは覚悟の上!で、ございます。が、是非とも組長に「お便り」読んで頂きたくm(__)m 栄村を震源地とした地震のあった日から二週間余り。私も、投句することで「激震」と向き合っています。これからも、投句し続ける所存です?/おんちゃん。
○句を作ることも祈りであります。今は豪雨被害もだね…。(正人)

●夏井先生、皆様お世話さまです。梅雨に入り、じめじめと鬱陶しい毎日です。観葉植物や多肉植物にハマっていて、今は植え替えして新しい作品にしています。伸びる子伸びない子と植物にも個性が出てきて愉しいです。「海の日」の兼題は難しかったです。暑さには強い方ですが、体調管理して夏を乗り切りましょう!/まさこ
○個人的に「多肉植物」に対して「伸びる」って形容が目から鱗。なんとなく大きさはあんま成長しないイメージだった。そうだよねえ、あいつらも植物だし当然大きくなるよなあ。(正人)

●「老鶯」の句の結果発表があった直後から、庭に鶯が来るようになりました。午前六時頃から毎朝鳴いていて、姿は見えませんが愛らしい声です。実際に声を聴くのと、空想で作句するのとでは、やはり違いますね。もう少し早く鶯がきてくれていたら、と感じずにはいられません。/野倉夕緋
○もっかい聴いて作ってみて、という鶯の発破ですかね?(笑)(正人)

●先日やっと夏野菜の苗を購入し、家庭菜園に植えました。今年はナス・ピーマン・トマト・ミニトマト・きゅうり・オクラ・しそ・えごま・空芯菜・かぼちゃを育てる予定です。毎日の水やりの時に、日に日に育っていく野菜達の様子を見るのって楽しいんですよね?。最大の楽しみは、収穫して食べることですが(笑)/かつたろー。
○いいですねえ、夏野菜カレーとかどうすか!(正人)

●4月から犬を飼い始めました。今まで一回しか飼ったことなくて、それからも結構間が空いてて久々のこと。日常の些細な出来事も犬とのふれあいの中で気づかされたり出会いを導いてくれたり。わんこの俳句まで詠むようになりました。雑種(ミックスとゆーんだそうです)ですがめちゃめちゃかわいいの。写真撮ったり見せたりする気持ちがようやくわかってきた。ザギトワちゃんの秋田犬よりうちの仔の方がかわいいとか思っちゃう。親バカならぬ飼い主バカだよねぇ。/古都鈴(ことり)
○いいなあ、わんこ。うらやましいぞ!!(正人)

●先日1人鎌倉巡りをしてきましたが、吟行目的ではないのに不思議と自然を感じるアンテナが立っていました。俳句で人生がゆたかになるとはこの感覚のことなのですかね。観察の一物仕立てを巧く詠めるようになりたいと感じた1日でした。/ツカビッチ
○まさにその感覚!上の方でみやこわすれさんが青嵐体感してるお便りくれてたけど、こういうことなんだよなあ楽しいって。(正人)

●数年前の夏、海老の皮剥きをしていた際、人さし指の先にチクリと海老の尾が刺さりました。 たいしたことないと思っていましたが、日に日に指先が膨れ上がり、外科まで行く羽目になり完治まで1ヶ月かかり、楽しみにしていた休日の海水浴も行けませんでした。 「海の日」のお題で懐かしい記憶が蘇りました(^^; 皆さんも海老の尾には気をつけてね~♪/ぶぅちゃん
○えー、なにそれ!?毒かなにか!?(正人)

●若い頃から友人の内科医には脂肪肝を告げられ脂肪肝→肝炎→肝硬変→肝癌→早死の覚悟は出来ていましたがまさか四十五歳で脳梗塞で倒れるとは思ってもみませんでした。昼も夜も働き睡眠不足と大酒飲みの結果だと思います。救急車で運ばれる時には記憶も飛んでもう終わったなというのが感想です。その前に大腿骨骨頭壊死の手術をして術後性十二指腸潰瘍も経験しましたがもう安心と思っていました。今は寝たきりの生活なりに楽しんでいきたいと思います。/安田亮一
○正岡子規の時代だったら5回くらいは亡くなってそうな病歴よ…!(正人@戦慄)

●夏井先生、スタッフの皆様いつもお世話になっており、有難うございます。 もうすぐ戌年72歳になります。 最近、身体だけでなく、脳の方!も黄昏てきたように自覚するようになりました。 でも、「自覚可能な事は、まだ、大丈夫という証や」と居直っております。 俳句が好き、詠んでみるのも好き!まだまだ楽しみたいと思います。 本当にいつも有難うございます。/百合乃
○金子兜太の領域まであと20年以上あります!まだまだこれから~!!(正人)

●組長、ハイポニストの皆様方、如何お過ごしでしょうか? 毎年の事ながら、梅雨入りのニュースが流れた直後に晴れたり、夏日や真夏日だったかと思えば、何か羽織らないと寒さを感じるような気温になったりと、色々と忙しい空を見上げ、ほぼ無い語彙を使い、そのままな発想しか出来ない自分に呆れ返っております。 歳時記とも『お友達』になれていない自分に、情けなさを感じつつ、今回も投句させて頂きました。 もっと勉強しなくちゃなぁ……。/祺埜 箕來
○今年はなにかと天候に翻弄される年な気がしますね。それも歳時記開けば「出水」なんて季語として出会ったりするんだよなあ…ずっしりと感慨…。(正人)

●夏井先生、皆さま、こんにちは。明日からワールドカップ開催という日。青森は北海道と同じく梅雨が無いと言われますが、毎年一応の梅雨入り、梅雨明けはいたします(笑)湿気も暑さもあるとはいえ、寝苦しい夜はひと夏に僅か数日。古い木造の戸建てに住んでいてもエアコン知らずです。そんな青森から初のワールドカップのメンバーに選出されたのが「柴崎岳」選手。県民あげて盛り上がっております!サムライブルーの「青」は青森の「青」!けっぱれ(がんばれ)日本!/薬師丸ひで樹
○ワールドカップ、盛り上がったみたいですなあ。句会行ってもワールドカップの句が出る出る。地元メンバーに捧げる一句、なんてのも作れたら粋だねえ♪(正人)

◆ハイポニストの果実♪
●みなさま、こんにちは。長野県も梅雨になりました。わが家の花壇も夏の花が育ち始め、今まさにエネルギーを蓄えているようです。さて、6月24日の俳句さく咲くで、初めて入選を頂けることになりました。ありがたいことです。テキストの夏井先生のコーナーにも頑張って送っていますので、また評価していただけたらと思います。/古瀬まさあき
●皆様、こんにちは。6月6日付の某新聞に、私の投稿した俳句が掲載されました!(坪内稔典先生が選者で、題は自由でした。)投稿したのが3月下旬でしたので、菜の花の俳句を作ったのですが、2ヶ月以上経っていて、ボツだとばかり思っていたので、僥倖です!嬉しすぎます!私の作る俳句は皆、拙句ばかりなので、こんなことがあって良いのかな、と未だに信じられない気持ちです。でも、俳句が好きで良かったと心から嬉しく思いました。まだまだ下手の横好きという程度なので、もっともっと沢山俳句を作って頑張って上達するのが目標ですが、ずっとずっと俳句を好きでいたいと思いました。 /藤野あき
○おめでとう!そういう入賞があると心もほっと嬉しくなる、そんな「グリコのおまけ」であります。それを活力にまた楽しんで俳句やりまっしょい♪(正人)

◆兼題「海の日」に寄せて
●私の地域では、海の日に合わせ神社の夏祭りを行います。小学入学時からお囃子の練習を始め、当日は花屋台を引きながら一生懸命奏でます。我が家でも娘が笛息子達は太鼓と高校まで参加させて頂きました。今年もまたわくわくの夏祭りがやって来ます。/栃木のあーたん
○賑やかでよかばいよかばい。いいお祭りになったかしら~。(正人)

●近況報告:「句の種と株分けしたるも葉を落とし掃き過ごす日々さて句まで掃く」      「独り身は夕餉延ばして八時句字」      海の日と海開き、さほど気にせず混同していました。今回しっかり分けました。/位相朗
●夏井先生、ウエンズデー正人様、お世話になります。前回の「虹」では、投句、お便り共に、おかしな内容になってしまい、済みませんでした。 初めて知る兼題はもちろんですが、日常にある兼題と向き合っても、なかなかイメージが膨らみません。 実際に出歩いての吟行はなかなか難しい状態ですので、せめて身の回りのメディアからの情報を元に脳内吟行力を高めたいです。/塩の司厨長
○海の日、イメージ広げにくかったですね。昨日の俳句道場もいろんな情報盛りだくさん。ぜひご一読。(正人)

●海から直線距離で2kmの土地で育った私ですが、両親が東北の内陸部出身ということもあり、完全に山育ちを継承しております。もちろん、海も大好きなのですが、我がDNAは海の日であっても、確実に山で遊ぶことの方が性に会っていると感じています。/山香ばし
○ナチュラルボーン山男。ちょっとカッコイイ。(正人)

●日本民族独特の勤勉さと夕猛心と誠実な精神が国民の食卓を潤し健康を確保してくれてゐるのだと思います。海国日本バンザーイ・/山都屋
○昨日の俳句道場で海岸面積の話もありましたな。ああいうの見ると「海国」って言葉に実感が生まれるねえ。(正人)

●兼題「海の日」の吟行をと明石海峡大橋へ行ってきました。 ブリッジワールドというツアーに参加して、海上300メートルの主塔塔頂からの眺めを満喫しました。 普段は歩けない鉄骨に囲まれた橋桁内の管理路を歩き、主塔内をエレベーターで登ります。 高所恐怖症の方にはお勧め出来ませんが、興味ある方は是非一度! 高い所は無理でも、大橋ごしに見る夕陽もすばらしいですよ。/ギボウシ金森
○うん、今一瞬想像して高所にくらっときた!でも眺めきもちよさそー!(正人)

●私は長崎県の五島育ち。一年三六五日が俳句ポストのように日常が海の日のようなものでした。ですからことさら「海の日」という特別の感慨はありませんでしたが、都会に住み始めてからは、人が〈海〉を口にするたびになんとなく〈うみ〉に忘れ物をしてきたような気持ちを否めませんでした。 /きゅうもん
○故郷は遠く離れて想うもの、ってね。たまには里帰りいたしませう。(正人)

●処変われば3. 今回の兼題は「海の日」で、私の知らない祝日でした。明治天皇の巡幸とか海洋国ナントカが設定の理由でしょうか。とにかくお盆とか学校の夏休みに入る頃に連休があって行楽にはもってこいでしょう。ドイツは16の州からなりたつ連邦共和国でベルリンはハンブルグ、ブレーメンとともに都市州です。祝日というのは国家として全て統一しておらず州ごとに決まっています。といっても大体は足並み揃えて祝日がありますが、宗教が絡んだ祝日はやはりカトリックの州(ドイツ南部やラインランド)が多く、プロテスタントはドイツ東北部になります。ベルリンは基本的にプロテスタントですが、プロテスタントにも加担しない祝日も一日あり、16州の中で一番祝日の少ない州になります。10月31日は宗教改革記念日(プロテスタント)で11月1日は諸聖人の日(カトリック)で、両日ともベルリンは普通に出勤となります。因みに統計では休みの多いドイツ南部カトリック州の方がベルリンよりはるかに生産性が高いのです。宗教はともかく、とにかく祝日が多い方が個人的にはいいのですけれど。 /ぐれむりん
○へーーーー州によって宗派の割合や祝日の設定まで違うのか!!しかし労働時間や祝日休日と生産性の相関関係って面白いですよねえ。趣味で読んでるメルマガでドイツの労働時間の短さに対して生産性が非常に高いって話を見てから気になっておるのです。(正人)

◆今週のオススメ「小随筆」
 お便りというよりは、超短い随筆の味わい。人生が見えてくる、お人柄が見えてくる~♪

●少年の頃 海の日 7月20日 青い空に白い入道雲そして広がる海、夏休みの始まりである。 買ったばかりの父の軽ワゴンに家族四人で乗り込み海水浴に行った。愛知県豊橋市は渥美半島の付け根、伊良湖岬に行く途中にある。半島の外側は太平洋、波が荒く遊泳禁止の外海では両親には内緒で悪友と泳いだ。白くどこまでも続く太平洋岸の砂浜の行き着く先は島崎藤村のうたった『椰子の実』の恋路ヶ浜である。この歌に心打たれるのはまだまだ先である。 そんな外海とは対照的に内海は静か過ぎるくらい静かだ。国道から脇道に入って松の林を抜けると小さな入江が目に入る。そこに臨時の海水浴場があった。両親の監視の下、障がいを持つ兄と浮輪につかまり日がな一日クラゲのように漂った。そして昼は塩辛い母の作った握り飯を食べた。それから兄は木陰で昼寝、私はまたクラゲになった。一日良い子でいた。 父母は夏休み初日に親としての義務を果たし、次の日からは毎日働きに出た。私は兄とまだクーラーなど無いアパートで休みの間を過ごした。はっきりしない漠然とした不安を抱え本ばかり読んでいた。 夏の日、夏休みが始まるとあの時の気持ちが心の底から湧き上がってくる。青い空、白い入道雲とは対照的なモノトーンなあの部屋の灰色が心に広がる。/宮島ひでき

夏井先生

ページの先頭