俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 夏草

第198回 2018年6月14日週の兼題

夏草

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句

今週のお便り&俳句道場

■今週のお便り(●が皆さんからの投稿、○が正人&夏井&茅の輪コメント)

●新しい投句・投稿システムについてのお願い
 投句・投稿フォームが新しくなっています。投句数の増加に伴って、仕分け作業に多くの時間を要します。以下の事項を守って投句投稿して下さると、組長の負担が大きく減ります。ご協力よろしくお願いします。

①俳句の欄には俳句のみ記入して下さい。一つの欄に一句を厳守。

②「俳句に対するコメント」の欄は記入する必要はありません。(特に気になることがあれば記入していただいても結構です。)

③「ギャ句」「聞き倣し季語」は俳句欄に記入して下さい。ギャ句の原句は「俳句に対するコメント」の欄に必ず記入して下さい。

④「兼題季語についての質問・考察・情報(火曜日「俳句道場」)」は、火曜日「俳句道場」への投稿です。

⑤「『俳句ポスト365』への感想・質問・要望・俳号の変更・各地の吟行情報など」「組長&ハイポニストたちへのお便り・近況報告など」はそれぞれ水曜日への投稿です。内容に合った欄に書き込んで下さい。

◆『俳句ポスト365』へのご感想、ご要望、ご質問
●初投稿です。芸能人にならなくても先生に句を見ていただけるとはネット社会に生まれてよかった。/2番神セカンド藤田
●東北は仙台から初参加させていただきます。/いつつばし
●夏井先生、初めて投稿します。よろしくお願いいたします。/さきのすけ
●初めて投句します。堺市美原のいつき先生の句会ライブに参加して、ポスト365を知りました。/さゆり
●夏井先生のテレビは大好きです。 縁がなかったけれど少し楽しめたらと初めて送ってみました。 こんな場があって少しうれしいです。/なし
●夏井先生の書籍を読み、初めて投稿しました。/ヒロタケ
●初投稿です。最近歳時記買いました。プレバト大好きです。/ポキヨシ
●初めて投句します。季語をきっかけにして、自分にも自分に、それ以上に自分の周りに敏感になりたいと思います。/まるひるま
●夏井先生のご本に紹介されて、初めての投稿です。以前、松山市の旅を楽しみました。/磯
●初めて投句しました。色々考えているうちに、結局散文っぽくなったような気がします。敗北感で一杯です。/羽衣使
●今回初めて投句させていたただきました。募集のスピード感が素晴らしいと思います。ぜひこれからも続けていただけたらと思います。/江美子
●twitterで知り、今回初参加です。 まずは並選を目指して頑張ります。/今井毎日
●初めて投句します。 これから楽しく句をつくり投句してまいります。 よろしくお願いいたします。 /最章
●初投稿です。よろしくお願いします。/三水低
●義母もやってみたいとのことで、代理投句します。(俳号うづらと同じメールアドレスを使います、すみません)/笑子
●やっとこの初投句です。宜しくお願い致します。/仁葉
●初めて投句いたします。よろしくお願い致します。/中嶋範子
●初心者です。楽しみながら続けたいです!/直直子
●初めての投稿です。 たくさん作れないのが悩みですが、ポツポツと作句してます。/猫御前
●プレバト観て俳句初めて2日(笑)、とりあえずいくつか実作しながら初めて投稿します。よろしくお願いいたします!/梅雨葵
●毎週楽しくプレバトを見ています。夏井先生の言うことがだんだんわかってきたつもりなので、俳句を作ってみたいと思っていたところ、この投稿サイトを見つけました。先生が選者とのことで、見てもらえるなら作ってみよう、という感じで投稿しました。これからも応援しております。/渡来不二人
●初めての俳句です。 これからもっと勉強したいです。/友子
○はいどうもはじめまして!今回はいつにもましてはじめましての人が多い気がするぞ!皆々様よろしゅうおねがいいたしまする!(正人)

●俳句ポストの運営を通じて投稿できる場を設けてくださり、有難うございます。/みぃすてぃ
○こんにちは!こちらこそ俳句ポスト365に御投句いただき、ありがとうございます^^これからも御投句お待ちしています!(茅の輪)

●組長、正人さん、スタッフのみなさん 「夏草」締め切り日の27日には日本にいます。2年ぶりの日本です。 移動などでばたばたしてしまいそうなので今のうちに投句しておきます。 次日本に帰ったらぜったい松山に行くと決めていたのに、諸々の事情で断念。 次回に持ち越しになってしまいました…ごめんなさい(涙)/露砂
●組長と出会ってから愛媛県を身近に感じます。この前、愛南町の鰹を取り上げたテレビ番組を見ました。外国人実習生の少年が自分達が水揚げした鰹のたたきを食べ美味しさに目を見開いていました。 初鰹異国の少年も唸る その後、父の日に父に送った鰹のたたきを私もお相伴にあずかりました。最高の味で、楽しい季語体験の夜となりました。/青楓也緒
●俳句甲子園の愛媛予選を見に行ってきました。予選とはいえ、各学校の渾身の俳句とディベートを聴き、とても勉強になりました。八月の全国大会も見学に行きたいです。 /育由
○おたよりありがとうございます!俳句甲子園を応援いただき、嬉しいです^^8月18・19日には俳句甲子園全国大会がありますので、どうぞご観覧ください!(茅の輪)

●にこにちは。(^-^)/おけら
●宜しくお願いします。/背馬
●よろしくお願いいたします。/やまぶき
●いつもお世話になります。今回もよろしくお願いします。/塩豆
●二度目の投句です。これから、季語に馴染んでいけたら、と思っています。/島田佳可
●毎回楽しく頭を使ってます。/横じいじ
●拙い俳句ですが、続けて投稿していきます。もう夜も暑くて過ごしにくくなってきたので、涼しくなるような句が詠みたいと思っています。/まゆぞう
●しばらく毎回投稿でがんばります。/田中勲
●毎週出していますけど、ギリギリでも出して、出していない時はありません。でも、最近ぼくはやることができていません。がんばりたいです。/結雅
○連続投稿ありがとさんです!継続は力なり!(正人)

●多くの人が投句しているのに驚いています/由紀
●皆さんの句から新しい感覚を発見し俳句作りに励んでいます/由喜
○ほんとにねー千何百人ですからねー。それだけ発想もいろいろ。結果発表一週間お楽しみに。(正人)

●「断捨離に夏越だものとうそぶいて」 俳句の先輩に誘われて昨年の6月下旬の兼題「夏越」での初投句から1年が経ちました。 最近、家族に俳句がなかなか上達しない事をこぼすと、「当たり前だ。まだ始めてから1年しか経っていないのだろう?」と返されました。 まだまだ、伝えたい事柄を詰め込み過ぎてしまう事や、うっかり「季重なり」をやってしまう事があります。 しかし、夏井先生やウェンズデー正人様、俳句の先輩に支えられながら今日まで続けてこれた事は自分の誇りです。これからも、(出来の良し悪しはともかく) 「俳句をやってて良かった!」と思える瞬間にたくさん出会いながら年を重ねて生きたいです。宜しくお願い致します。 「夏草のやうに五七五に生き」/塩の司厨長
●近況:第177回「鰯」以来、投句も20回を越えましたが、初期の回の雅号を今もお見かけし感服の至りです。小生もこれに背を押してもらい、稚句多句ですが句を刻んでいこうかと・・・   「締切後ふと浮かぶ句のこれ良きと独り善がりのほぞを噛むなり」   「NO名句紅艶なくてシャドウなし」/位相朗
○一年経つとだいたい何回くらいの投句になるんだろう?一年53週として、隔週更新、たまにお盆や年末年始でお盆あることもあるから…ざっくり20回ちょいくらい?おお、20回越えるとほぼ一年近く継続してることになるのかしら。なんだか重みがあるなあ。(正人)

●体調悪く少し休んでしまいました また宜しくお願いいたします/らびっと
○元気な時だけでもOKなのぢゃ!(正人)

●この俳句のサイトに初めて投稿しました。俳句に興味を持ち始めたのも最近なので高校生で俳句を始めるのは遅いと思いますがお手柔らかにお願いします!/うどまじゅ
●喜寿を迎え、感受性が退化しないように楽しみながら俳句を作っています。/いつつばし
○年齢関係なく始められるのが俳句の良いとこであります。高校生も喜寿も同じフィールドで切磋琢磨なのぢゃ~。(正人)

●俳句を考えるのは凄く楽しいです。何より、心の澱を取り除いてくれるように感じます。/土王
●沢山の作品句に楽しんでいます 参加することで、元気が出ます/年相応
●お掃除大嫌い、後片付けも大嫌い。長くお風呂に入るのも、ジムでトレーニングするのも好きじゃない。本を読みながらできたらいいのかに…とずっと思っていました。でも、俳句ポストを、見つけて投句するようになってからは、退屈さが解消?? ながら俳句ですが、これからも悪戦苦闘しながら、チャレンジしたいと思います。/ゆづき裕月
○ながらにはすごくちょうどいいねえ、俳句。ちょっと手をとめてメモするだけで心のデトックス。(正人)

●あと5分。どーして毎回こーもギリギリになってしまうのだろう。学生時代の課題〆切の前日のようです。成長してないなー。 /古都鈴(ことり)
●またギリギリですね。 ゆっくりお便りもできません!/江口小春
●私、毎回締切日に投稿しております。っていうより、投稿って締切日にするものだと思っておりました。むしろ少数派なんですか??初投稿の「湿地茸」から今まで、兼題発表から少しずつ作りためたものを締切日にまとめて投稿しているので、忘れたら大惨事です。えぇ。今まで投稿を忘れたのは一度だけ。忘れもしない「鰯」です。忘れるもんかー!!!(泣)/さとうりつこ
○だよね!我ら締め切り日組は永遠に不滅です!(正人@反省していない)

●〆切一日前に投句したぞ~!と、思ったら日付はとっくに変わっていた。。。/さとう菓子
●お世話になります。締め切り日ですが前もって投稿してあるので余裕です(笑)。俳句感を腕力で引き戻しましたがいかがでしょうか。よろしくお願いします。/まめ小路まめ子
○んー、締め切り日組なのか微妙にそうでないのか…ともかくえらいぞ!(笑)(正人)

●皆さま今回もお世話になります。先週は寝落ちしてしまい初の不投稿。えぇ…締め切り当日の話です。やはり余裕をもって投稿しないと。いつかやらかすと思っていたらキッチリ予定通り落としました。今日は締め切り前日。精一杯頑張りました。/まめ小路まめ子
○あ、やっぱりえらくない!先週えらくなかった!でも今週はえらい!(正人@トータル褒めてる)

●今回の兼題「夏草」はイメージが湧きやすくて初めて6句も投句してしまいました。これまで何回か人並に選ばれていますが、俳句を始めて半年なのでとりあえず1年は続けようと思っています。/佳月
●大阪木の芽組です スマホからの投稿なのですが 時間かかってるので待ちきれない猫が スマホに乗ってくる 消えやしないかまた見直し さらに時間かかり悪循環 …それでもたくさん投句する! ジャッジの皆様ごめんなさぁい /我夢
●いつも夥しい句を選評していただきありがとうございます。 小生初心者につきまだ勝手が分からずどんな句が良いのか分かりません。 よって思いつくままに駄句を多量に送らせてもらって先生のお手を煩わせております。 いずれ一年もすれば勝手が分かり自分で吟味してこれぞと思った句のみを送れるようにしたいと思っております。 それまでは駄句ばかりで申し訳ないですがよろしくお願いします。/くさ
●正岡子規の「富くじ投句」の話が兼題「虹」ででましたが、「初心者は選句能力が未熟なので作っただけ投句してください」「千句作ると十七音の息づかいがわかるようになる」「俳句は筋トレと同じでたくさんすれば着実に向上する」という夏井組長の言葉に甘えて、あるいは信じて、作ったそばから投句しています。 /中岡秀次
○YES,YES,YES。何句でもどかっと送れるのが俳句ポスト365の良いところですよ。続けてるうちに自選できるようになるから最初はぶつかり稽古の気持ちでウェルカムなのです。(正人)

●いつも次の兼題を楽しみに待っています!/気球乗り
●組長お疲れさまです! 暑くなってきましたが、兼題は次回から秋ですね。夏バテしないよう、じっくりと取り組みたいです。/松山めゐ
●梅雨明けが待たれる日々ですが、次の兼題は「踊」! 俳句で四季を身近に感じるようになりましたが、さすがに「秋」を感じるには早すぎて、想像力を鍛えねば(笑)/スタルカ
○早いねえ、もう暦の上では秋が迫ってきております。(正人)

●いつも有難うございます、今回の投句人数と句数を教えて頂けますと幸いです/24516
○毎度質問サンキューです。今回は1355名、7195句!!俳句ポスト365史上最高記録更新!!(正人)

●こんにちは、いつもお世話になります。ありがとうございます。 同じ俳人さんのお名前が入選で続き一句でも読めない私には羨ましく拝見しています。/空
●「薇」の回より投句しております。まだ句歴一年に満たない初学のものです。そこで、質問ですが、とっていただける句数と、投句数は関係があるのでしょうか。それとも、良い句であれば、投句数に関係なく、複数句とっているのでしょうか。ちなみに、わたしはいつも三~四句投句し、一句のみ「人」にとってもらえることが多いです。/みかりん
●「虹」人選2句ありがとうございました。 人選4句、3句の方が並ぶのをはじめて見ました。最近寡作になっている自分を痛く反省いたしました。/猫愛すクリーム
○投句数ととられる数に関連性はないですね。良い句が採られる、その一点だけです。前回は特に連続人が多かった気がしますねえ、それだけ佳句が多いってことでしょうか。(正人)

●「人」と「並」の違いは、なんでしょうか? 読み方について、コメントを頂ければと思います。/母里
○「じん」選と「なみ」選です。え、読み方ってそういう意味じゃない??人の方がより上手い、と思ってくださればOK。天地はそのさらに上、ということですな。(正人)

●いつもお世話になっています 今回何故か?投句がダブってしまいました  ご迷惑をおかけして申し訳ありません/水夢
●すみません。先ほど「踊」を投句してしまいました。破棄してください。/としなり
●兼題「海の日」の句を送信したつもりでしたが、返信されて来た兼題が「夏草」になっていました。 締め切り日の零時を過ぎていましたが、投稿画面の兼題が「海の日」でしたので間に合うと思ったのです。 申し訳ありませんが、「海の日」の句として選句対象にしていただけますよう宜しくお願い致します。 /白蘭
●いつも大変お世話になります。 こちらからで良いのかわかりませんが 前回の兼題「海の日」を三句投句させていただいたのですが、うち二句を「かま猫」で送ってしまいました。 「武井かま猫」に訂正頂けるとありがたく思います。/武井かま猫
○よくある投句エラー系をまとめてお答え。まず、ダブりはOK。どっちか選ぶだけでいいから。フライングはまあ、無害。ちゃんと「踊」の受付期間に送り直してくれたらそれで問題なし。俳号間違いは、うん、できればやめて欲しい。いろいろと大変(直しときました)。一番痛烈なのが、締切すぎてからの投句…。締切の24時を過ぎたらシステム的に受付が次の兼題になってしまうのです。残念ながらこればっかりはどうしようもないのです。なんせこのお便りが我々の手元に届くのが2週間後なもので、これを見た時点で時既に遅しなのです…ごめん。(正人)

●まだ投句3回目の初心者です。俳句に対するコメント欄、皆様がどうなさっているのか分からず、思いの丈を長々と綴ってしまっています。本当は五七五だけで伝えなければいけないのだろうな、と思いつつも。 これからも自分のペースで楽しく俳句を作り、投稿させていただこうと思っています。どうぞよろしくお願い致します。/東岡 千佳
○必要なことがあれば書く、というスタンスで基本OK。プラスαあればご自由に、って感じ。(正人)

●夏草という季語を選んだ理由とは?/貴芭蕉
●兼題季語はふつう使わない季語なのでいつも有難く思っています。 只考えているうちに期限が来てしまう、自分の怠け心で。反省! /布津 健二
○今回の夏草は比較的普段も使いやすい季語ですかね。「老鴬」とかには使わなすぎて苦心しましたが~(笑)。(正人)

●確認のメールが届かないので、投句を繰り返ししてしました。その気持ちが句に出てきたように感じてきました。今度こそ、届きますように。/安芸ゆきこ
○確認のメール届かない事案は①受信時にサーバーが迷惑メールに分類したり弾いたりしてる。②アドレス間違い。の可能性が高いですな。まあこのお便りがここに載っているということは正しく届いてる証拠。(正人)

●入選外にも簡単な添削をしていただけば有り難い。/甲賀忍者
○火曜日の俳句道場にたまにあるから見てね!(正人@いつもではない)

●私の母のような高齢者向けに、ハガキでの応募も可能にして頂けたら有り難いのですが。/波の音
○これも残念ながら難しいですねえ…。そういう場合他のハイポニストさんたちは代理で投句して下さってますな。↑の方でうづらさんがお義母さんの代理投句してくださってたような感じ。(正人)

●パソコンのセキリテイが切れて使用し難く、スマートフォーンは見ずらく投句したいのに 出来ないジレンマに成っておりましたが、セキリテイを新たにやり直し晴れて?投句及び鑑賞が 楽しめます。 とても楽しみ且嬉しい次第です。/こはぎ
○うん、よくわからんが事態解決したならよかった!また引き続きよろしくどうぞ!(正人)

◆我ら並選隊
●初めて投稿した句が並みに載りました!それも、うちの猫を詠んだ句です。とても嬉しいです!ありがとうございました。今日はごちそうです!/田村美穂
●「虹」並を頂き、ありがとうございます。沢山詠めるように頑張ります。 /なご
●前回「虹」で子と共に並選を頂きました。とても嬉しかったです。ありがとうございました。目指せ、人選!/藤すみ
●夏井先生、スタッフの皆様こんにちは。 毎回の発表にどきどきしながら楽しみにしています、「虹」の並選有難うございました、句作を初めて一年半「人」にもたびたび選んでいただけるようになり、少しは成長があるかと感激しています。 これからは人選二句を目指していきたいと、新たな目標に向かって続けたいと思っています。よろしくお願いします。/のぶ子
●夏木先生、 ようやく月曜から金曜日の流れがわかってきたところです。 気を入れ直して初投句の「初鰹」の結果発表を丁寧に見直しましたら、なんと「並」に入れていただいていたことが分かりました。どうして見落としていたのしょう。これからは頭だけではなく目チカラも鍛えなくてはいけないということで、いよいよ忙しくなってまいりました。 今のところ、並、人、並ときておりますが、本当に沢山の投稿句を漏らすことなく目を通して頂いていることに感謝あるのみです。 毎回「天地」の作品の風格と発想と優雅さには感心するばかりです。 私も天地めがけて図々しく頑張ります。/試行錯誤
●「老鶯」の俳句が「並」に選ばれていました。この兼題は難しかったので諦めていました。 なので、俳号を見つけた時は嬉しくて何度もガッツポーズをしてしまいました。有難うございました。 赤ペン「俳句教室」も購入して勉強中ですが、表現力の無さに悩む今日この頃です。 /白蘭
●「虹」の回では並選に挙げていただき有り難うございます。 選ばれるならこの句だろうなと思っていた句を採っていただいたのは今回が初めて。 しかし、喜んでいられたのも束の間でした。 題材にした天皇賞馬レインボーラインは、レース後の故障により先日引退が決定しました。 まさか雄姿を詠んだこの句が最初で最後になってしまうとは・・・。 俳句を始めると、悲しい場面にも遭遇してしまうものですね。 /北村 崇雄

◆俳句修行は楽し♪
●先程投句したものについて、おや、と思い調べたら、サンダルは見事に夏の季語でした。何とか自分で気付けてホッとしたような、残念なような…。/半熟赤茄子
○自分で気づくのがえらーーい!!(正人)

●はじめまして。プレバト!ファンから俳句初心者に相成りました。一句目で詠んでみましたが、風車(かざぐるま)は春の季語で、風力発電の風車(ふうしゃ)は季語ではありませんか? /青伽
○「ふうしゃ」は違いますね。音の数で読み手は判断するから十中八九誤読はされない…と思う。(正人)

●1日10句も出来ません、駄句1句がやっと。/しんしん
○一日一句作ってたら十分立派でありますぞ!(正人)

●日々精進。/すみ
●勉強中です。/研山
●まだまだありきたりの、まさに凡人の発想しか出来ません。精進あるのみか?/いつの間にアラカン
●相変わらず発想力に問題あり/伊予吟会 福嵐
●今回こちらの俳句サイトに初めて投稿しました。俳句を作り始めたのも殆ど最近ですので考えるのがとても悩みましたが楽しかったです。天作品目指して頑張ります!/うどまじゅ
●俳句ポストに投句するのが早いのかそれとも推敲の余地がないのか発想も貧困で一回人に選んで頂いただけであとは何時も並査定です。どうしたらこの負のスパイラルから抜け出せるのでしょうか?俳句を作り続けるしかないのでしょうか?/安田亮一
○迷える子羊こと我々ハイポニスト。他の人はこんな風に精進してるらしいよ、というご紹介を以下に。(正人)

●俳句を始めて2年目に入りました。この1年はとにかく辞書をひいて意味と文語、動詞活用表を確認する日々だったように思います。2年目は「付かず離れず具体的に」、そして妄想しすぎて意味不明にならないように気をつけたいです。火曜「俳句道場」はとても参考にさせてもらっているので、自分からも何かしら情報提供できたらいいなと思っています。これからもよろしくお願いします!/月見柑
○こういう実践訓練情報ありがたいですねえ。情報提供ぜひぜひお待ちしておりまする!(正人)

●以前に、寝入り端や夢の中で俳句やフレーズを思いつくことがあったため、布団の脇に大きめのスケッチブックとボールペンを置いておき、思いついたことを書こうと思ったのですが、実際に試してみたところ、何を書いたのか解読できない文字や、なんの面白みもない言葉だったりと散々でした。思いついた時はかなりのひらめきだと感じたはずなのにです。寝かしてから再読することも大切なのだと実感した次第です。/山香ばし
○吟行でもあるあるですね、これ。作った時は名句!って思うのに見返したら…。(正人)

◆俳号に名字をつけよう♪キャンペーン
●いつもお世話になります。俳号を「更紗ゆふ」より「さらさ」に変更しました。よろしくお願い申し上げます。/さらさ
○「さらさ」さん、名字をつけて下さい。似たような俳号の方々が、今までもおられました。俳号トラブルから自分の作品を守るための、命名です。(夏井)

● 夢ひとすじから本命「大富孝子」へ俳号を変更させて 頂きましたのでよろしくお願いします。/大富孝子
●俳号を変更します:さなえ から、あら さなえ、にします。 /あら さなえ
●こんばんは、お世話になっております。俳号をyunyから高野由多(たかのゆた)に変更お願いいたします。/高野由多
●こんにちは。老鴬より投句させて頂いております。お世話になりまして、ありがとうございます。六十路の手習いですが、楽しく大切に、俳句に向き合って行けたらと思っています。 俳号を今回から、名字をつけて[小川 都雪]にさせて頂きたく、宜しくお願い致します。 /小川 都雪
○『俳句ポスト365』では、「ありそうな俳号をお使いの方は是非とも姓を付けて下さい運動」を展開しています。俳号は、自分の作品を自分のものだと主張する大切な記号。投句者お一人お一人の個性と習熟度を見極めながら、適切なアドバイスができるようにと日々心がけています。以下ご協力の程を。
 ① 同一人物の複数俳号の投句はお控え下さい。
 ② ありそうな俳号には必ず姓をつけて下さい。

●初心者の小生、実は「俳句」について簡単にできるように考えておりましたが、どうしてどうして実に難しく、奥の深い文学であることを痛切に感じました。今後は年齢なりの表現方法などの研鑽に努め、先輩方に追いつけるように頑張って参ります。戦中派の小生ですが、どうしても過去の経験から、貧困を題材にした発想が多い為滋味溢れる作句が生まれません、どうぞ今後のご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。「山都屋」などと妙な屋号を名乗って居りますが祖父母・両親共にこの屋号で材木店を経営していましたが、大戦後・・・つまり敗戦後廃業の上栃木の開拓団に入植、結果として散々貧困を体験しつつも生涯を閉じました。・・・・下らぬ蛇足・失礼いたしました。/山都屋
○俳号にはそういう謂れがあったんですねえ。てっきり松山の老舗旅館のもじりかと…(笑)。(正人@松山ローカルあるある)

◆ウェンズデー正人へ
●正人さん~!アクアパッツァ美味しく出来ましたよ~!きょうはイサキで。/こま
○イカホットしか作れない自分とは格が違った。(正人)

●正人さま、「虹」の回のあたたかいコメントありがとうございました。いつもふんわりと受け取ってくださってホッといたします。   色々書き込んでしまいましたが、自分の状況はとりあえずいづれも小康状態となりました。不安定要素は色々ありますが(それは今までも同じでしたし)、今できる対策を少しずつでも取っていこうと思います。 俳句にも欲が出てきた所だったのですが、無理をせずに息長く続けたいです。これからもよろしくお願いいたします。   もっと大変な方もいるはずなのに、根が単純なせいか年齢とともにますます言動が”すなお”になりお騒がせしました。 俳句でももう一段の客観の視点を取り入れたいものです f^_^)。 本当にありがとうございました。/山内彩月
○考え直した日常生活が身体に馴染んだ、ってことでしょうか。小康状態よかったよかった。(正人)

●祝!『ジョジョの奇妙な冒険 第5部 黄金の風』アニメ化!! 秋からは俳句を詠みながらアニメのレビューを書く日々が始まりそうです。3部の時は、愛を抑えきれなくて、1話分のレビューを書き上げるのに6時間かかっていました。一時的に投句のペースは落ちると思いますが、最低限俳句ポストへの投句だけは続けられるよう頑張ります。 「『レビューを書く』『投句の締切も守る』 「両方」やらなくっちゃあならないってのが「ジョジョ好き俳人」のつらいところだな(笑)」/次郎の飼い主
○6時間がすっ飛ぶとはとんだキングクリムゾンやでえ。(正人)

◆夏井いつきへ
●夏井先生、プレバトを偶然見てから、大ファンになりました。そして、俳句を始めたところです。/さなえ
●夏井先生いつもTV楽しみに学習してます。/いだく水
●プレバトもよく拝聴させて頂いています。/向日葵
●プレバト俳句、毎週楽しみにしています。/富樫 幹
●プレバトで100点の句が見たいです/貴芭蕉
●プレバトに俳句中級著(一般)を参加させてはいかがですか/達哉
●最近どうやって上達したら良いか分からなくなり、投稿も滞っていたところ、プレバトで良いヒントをもらえました!毎回とても勉強になります。焦らずコツコツ続けたいと思います。/ことり
●季語を見ているのですがなかなか俳句ができません テレビプレパド、楽しく見ています/由紀
●かつて俳句はどうしてこんなに深い響きがあるのだろうと 不思議に思っていました。 それが、季語の為せるわざと知り 俳句に夢中になりました。 今年になって初めてプレバトを知り、もっと早く知っていればと悔しく思っています。 夏井先生にほめられるような句を作ることが目標です。/今井 淑子
●プレバトをいつも楽しみに見ています。 いつか夏井先生に今晩のお酒がおいしくなると言ってもらえるような俳句を作りたいです。 私も自分で作った口に合う食事とささやかなお酒が毎晩の楽しみです。/香羊
○美味しいお酒が飲めるような句、引き続き絶賛募集中!(夏井)

●本当は先生の公式ブログ(?)に書こうと思っていたのですが、機を逸したのでこちらに。 「夏草」は、先日の月曜のドラマ(森村誠一サスペンス おくのほそ道迷宮紀行)のラストシーンの兼題(?)になっていたので、それ以来ずっと考えていました。個人的には、ラストシーンの「那須さんは、どうしても頭であれこれ考えてしまうの。だから(俳句が)全然上達しないのよ」という言葉が印象的に残りました。理論派の私としては、何となく那須刑事に共感を覚える……が、リアルの私は、那須刑事ほど芯が通って格好良い人間でもないし、客観に徹する事もできていないけど(^_^;)/灰田《蜻蛉切》兵庫
●6月21日の「プレバト」で、夏井先生が一位の句を「自分の体験から句を作ると必要なことがわかる」と評されておられました。句作に欠かせないヒントを頂けた!と嬉しく思いました。/アガニョーク
○自分の実体験は、リアリティがすでに確保されているといってよいですね。それだけでも頭一つ抜けられるのですよ。(夏井)

●夏井先生へ 小生、少しながら、市の自然農園を借りて、野菜を作って、三年目です。つくづく、農家の大変さを感じ、野菜一つの大切さ、重み、感謝を感じる今日この頃です。特に夏草との格闘は、当事者でないと解りません。夏井先生は、農作業の経験は、有りますか?/KAZUピー
○あります。才能はあんまり無かったですが。(笑@夏井)

●森の中に住んでいます。「君は、葬式と墓と死ぬ事以外に話す事は無いのか」と夫に言われていた私。持病多々有り、通院の車の中で夫の隣の私は自分と家族とペットの心配事しか頭にない日々だったのです。そんなある日偶然見たプレバトという番組の、梅沢さんと夏ちゃん先生の掛合い。久し振りに大笑いしました。夫はすぐに先生の本三冊含め十冊も俳句の本を買って来てくれました。そして初めて気付いたのです。私は何という所に住んでいるのだろうと。俳句同様、自己流の押し花アートも始めました。何と廻りのみんなが 「センスがある」と褒めてくれるのです。俳句もそう言われるまで何年かかるか。頑張ってみます。/葉室緑子
○人生って楽しいね、俳句って笑えるね♪(夏井)

●とても久しぶりに投稿いたします。 数年前、Instagramを始め、スマホから一眼レフカメラへとこだわり始め、写真を撮ることが面白くなりました。 プレバトはほぼ毎週拝見してますが、俳句は小説や散文詩よりも、むしろ写真を撮ることに似ているのではないかと思うようになりました。/てんまる
●テレビや著作物で勉強しています!また刺激を頂ければ幸いです。/寺田流水
●夏井先生の本を次々に読破中。とっても分かりやすくて、リアルで面白い!です。/あら さなえ
●夏井先生のファンです。 俳句の世界の引き算の美学に魅了されました。 昨日入門書を購入したばかりの初心者です。 とても楽しい。もっと深く知りたい。 昨日までと世界が違って見えます。 失敗を恐れずに詠んで詠んで詠みまくり、精進したいと思います。/銀牡丹
●やってはいけないことはない の 固有名詞 で名前を見つけてびっくり。日頃冷ややかな家族に自慢しまくりました。ありがとうございました。/ふわり子
●最近俳句の文法を覚えなければと「文法の本」を 購入しました。が三行程読むと眠くなり先に進めません。錆びた頭では、プレバトで「いつき先生」の説明の方が頭に入りやすい・・・・・・・・なので 後は・・・・・・・・・・・です。/里甫
●最近、夏井先生の①「超カンタン!俳句塾」と②「2択で学ぶ赤ペン俳句教室」を購入しました。 ①では、俳句の作り方には a.一物仕立て b.取り合わせ の二つの方法があることを学びました。     私は、「一物仕立て」こそが俳句と思っていましたので「どうしてこの季語でいいの???」と思うことが ありましたが、納得してスッキリしました。 ②では、私の投句済みの俳句「虹の橋渡りて行きし父と母」と同じ様な句「父母兄も渡ってゆきし虹の橋」を 西郷輝彦さんが詠んでいるのを見て驚きました。そして、解説に・・「虹」とあれば、それが「橋」のよう だという見立てはなくてもOK。・・とあり、勉強になりました。 /白蘭
○勉強すればするほど、楽しくなっていくのが俳句です♪(夏井)

●夏井先生へ 「『時鳥』の歳時記」にて入選を頂きまして、ありがとうございました。 次回の「『月』の歳時記」にもぜひ挑戦したいと思っておりますので、宜しくお願い致します。/塩の司厨長
●夏井先生の「時鳥」歳時記が届き 私の句があり嬉しくて ありがとうございました。家族がやっと認めてくれました。もっと勉強して頑張りたいと思います、本当に有り難うございました。/小塚 蒼野
●夏井先生 映像付きの 歳時記出版 ありがとうございます。 吟行に行けない 私にとって 発想できるから もう宝物書です。/句詩呼
●時鳥の歳時記まだ手に出来ないままです。そもそも近くに本屋さんがない!ちょっと買い物に出た時立ち寄った本屋には悲しいかな置いてなかった。この辺りには俳句に興味ある同士はいないのか?ずーっと忙しくあわただしく、遠くのショッピングモールまで行く余裕がなかったのです。お気に入りのジャスミン茶も切らしてしまいさみしい毎日。そろそろお中元贈りに行きたいし、その時ならなんとかなるかなー?いなか住まいのツラい現実です。/古都鈴(ことり)
●時鳥の歳時記選んでいただきありがとうございました。7月に鹿児島に帰省するので雪の歳時記、花の歳時記夏井いつきの365日季語手帳2018年版など持って帰って母と楽しみたいと思います。 ご活躍我が事のように嬉しいですが、無理なさらずに、お体に気をつけて。 /彩楓(さいふう)
●地震は大丈夫でしたかあ?忙しい毎日を送られていると思いますがお身体に気を付けてお過ごしくださいね。時鳥歳時記写真も俳句も素敵ですねえ。載せて貰えとても嬉しくもう一冊購入しましたあ。やはり次への意欲が湧きますねえ。/有田みかん
●敬愛なる伊月先生 「時鳥」の歳時記購入致しました♪美しい写真と逸品の句はもとより、古典からの統計や柳生父子のお話(号泣しました)、時鳥の生態、呼ばれ方等々大変読みごたえがありました!決して野鳥図鑑ではなかったですよ。前回伊月先生の御句はガジュマルのようですと勝手なことを申し上げましたが、「時鳥」掲載の伊月先生の御句(静かで美しく、静寂から時鳥の声が不穏に響いてくるような御句でした)と微妙なリンク感があり、少し鳥肌が立ちました。秋の「月」も楽しみです!フル回転で大忙しの伊月先生ですが、お体をいたわりつつも、思いのまま突っ走って下さい!私も伊月先生の後姿を目標に追いかけながらがんばります!影ながら応援しておりまーす!追伸。プレバトではいつも笑って元気がでます。笑いと元気をいただき感謝しております。/村上 無有
○現在、シリーズ4冊目の『月の歳時記』の選句&写真との取り合わせ&編集の真っ最中。今回のも素敵になりそうです。

●いつもお世話様になっています。 今日はお昼頃から憂鬱な霧雨で紫陽花の色が濃く雨に打たれております。 お祝いのお言葉が遅くなりましたが、伊月庵の御完成おめでとうございます。/大富孝子
●先生、放送文化基金賞おめでとうございます!審査委員会様は、お目が高い!/シュリ
●夏井先生、受賞おめでとうございます。/直木葉子
○嬉しいことが続きました。ありがとうございます♪(夏井)

●最近、某俳句大会へ応募しました。その際に、結社名を書くところがあったので「いつき組」と書きました(事後承諾ですみません)。結社に入るのには、何か手続きが必要なのでしょうか。夏井先生のサイトを見てみましたが、それらしいことは見当たらないのですが。/みかりん
○俳句結社に入るにはそれぞれ手続きが必要ですが、俳句集団『いつき組』は勝手に名乗って下さってOKです。ご安心下さい。(夏井)

●関東地方での吟行があれば、お知らせください。なければ、ぜひ、近いうちにお願いします。/さなえ
○俳句集団『いつき組』の仲間たちは折々に吟行しているようです。(夏井)

●夏井いつき先生 6月23日奈良市の啓林堂書店でお会い出来た事一生の思い出となりました。俳号を思い出して頂き大変嬉しかったです。俳句ポストに投稿させて頂き始めて2年足らず 並選が多く時々人選の状態でしたか今回の素敵な刺激を胸に飛躍すべく頑張ろうと思います。本当にありがとうございました。出会いを企画してくださった啓林堂書店の伊藤さんはじめスタッフの皆様にも感謝します/俳菜裕子(はいさいひろこ)
●奈良啓文堂のサイン会を経て、小学校の授業以来、初めて俳句を作りました。/海月
●組長へ。近鉄奈良駅前の啓林堂書店さんでの、「時鳥の歳時記」トーク&サイン会楽しかったです。季語に、そして歳時記にかける組長の思いを語られていましたね。一冊で一つの季語に特化した歳時記、それで書棚を埋める・・。来年もおそらくあるのでしょう。2回目の「冬」の季語は何かなあ。季語から広がる世界への好奇心・探究心。本歳時記シリーズを通して、俳句と(理系)「科学」は結ばれているのだなあ、と感じました。天文学、物理学、地質学、生物学・化学・数学・・。俳人の眼と心で「科学」をのぞき込む。 書店のイトーさま、マツダさま、社長さま、みなさまありがとうございました。いつき組の方々とお話しできましたよ。 あ、そういえば啓林堂書店奈良店の入り口の軒下に燕の巣があり、うまれたばかりの燕がてんこ盛りでしたね。1分おきぐらいで母燕が食べ物を運び、その都度の子燕の騒ぎようときたら・・。 燕の巣手のひらほどにてんこ盛り  すりいぴい/すりいぴい
○近鉄奈良駅前の啓林堂書店、面白かったよね!店員さんたちの熱さが、好きや!(夏井)

●ついに生まれて初めての「句会ライブ」なるものに参加してきました。大阪、堺市美原で五百人も参加する大きな「句会ライブ」でステージのまん前に陣取り、組長のお話に大笑いしながら色々勉強してきました。 なんと組長と握手もして頂き、遠く新潟から参加した甲斐がありました。 これからも頑張り過ぎずこつこつ句を作り種を蒔いていきたいと思います。本当に参加できて最高でした。ありがとうございました!!/じゃすみん
●ようこそ堺市までお越し下さいました。句会ライブは楽しかったです。お会いできて良かったです。ありがとうございました。/椋本望生
●7月14日の札幌のイベント、夏井先生の毒舌を期待しています。/田中勲
〇私に毒舌を期待するのは間違っています。どうしてもそれを聞きたいのならば、へたくそな句を目の前にぶら下げて下さい。私は、佳いものを佳いと誉め、ダメなものをダメと言っているだけです。(夏井)

●夏井先生へ  いつもブログを拝見しております すごい行動力と俳句への情熱に感服しております 毎日見て私も元気いただいております 夏井先生を見ていて筋の通った生き方を私もしたいものだと 思う今日このごろです /恵寿
〇ありがとうございます。そのように受け止めていただけると、報われます。(夏井)

◆広がる『俳句ポスト』仲間たち!
●今回の兼題が岩手からの投句最終となりました。 三十年住みし家を処分し、川崎に移り住むことになりました。7/4に荷物を搬入します。(…しました。かな?)今まで岩手から発信するということに、自分なりの思いはありましたが、引越し後の生活のリズムをつくっていくことが第一となります。合唱仲間とも離れてしまいますが、あせらずに歩んでいきます。今後ともよろしくお願い致します。 /天晴鈍ぞ孤
○じゃあ次は川崎での仲間探しぢゃな!蒔こう、新たな種!(正人)

●木の芽の会員です。他のメンバーも沢山投句しています。/南風紫蘭
●大阪木の芽です リーダーのやる気に ついていっております とても自主的に(笑)俳句楽しいです/我夢
●大阪木の芽組です ここのお便りまで ちゃんと読んでくださってるのにも 驚いております 載ると嬉しいですね/我夢
●木ノ芽の山吹美羽です。 どうぞよろしくお願いします。/山吹美羽
●プレバト俳句研究会「木ノ芽」の元喜です。 木ノ芽発足から約3か月。参加者も30名になりました。 微力ですが、富士の裾野を広げるよう頑張ってます。 徐々に木ノ芽会員の俳句ポスト365への投句も増えると思います。 お世話かけますが、よろしくお願い致します。 6月24日には、初の吟行を実施します。/皆見元喜
●夏井先生へ 昨日は、プレバト俳句研究会「木ノ芽」の初の吟行で、大阪城公園に8人で行きました。 句会も楽しくレベルも高くなってきました。 「虹」で入選した人も5人参加していましたので、さらに頑張って勉強しようとみんなやる気満々です。 今後ともよろしくお願いします。/皆見元喜
●夏井先生へ お世話になっております。 プレバト俳句研究会「木ノ芽」の元喜です。 何者?とか言わないで、そろそろ覚えてくださいね。(笑) さて、「虹」の句では、木ノ芽から、 人に3名6句。並みに4名4句、入選させていただき有難うございます。 毎日SNSで俳句を詠みあいしてベテランの方に添削してもらった効果が出ました。 これからも、富士山の裾野を広げるべき努力をしていきますので、どうぞ、よろしく お願いします。          木ノ芽   皆見元喜/皆見元喜
●プレバト俳句研究会の木の芽に所属している楽と申します。 よろしくお願いいたします。/楽
●夏井先生、こんにちわ。四万十では、大変楽しいひとときをありがとう御座いました。また、この度は《老鶯》で地に一句、人に二句も選んで頂き、光栄の至りです。外にも、我らが《プレバト俳句研究会》「木の芽」の仲間も、二名が選句に与り、大変喜んでおります。いつの日か「いつき庵」で、先生から俳句が学べることを楽しみにしております。今後ともよろしくお願いします。 きゅうもん こと、清島久門 /きゅうもん
〇道後の句会場は「伊月庵」で「いげつあん」と読みます。お仲間で、松山に吟行に来た折には、ぜひ句会して下さい。(夏井)

●遅ればせながら、伊月庵のオープンおめでとうございます。また、「虹」の回では人選をいただき、ありがとうございました。ところで、雑誌に掲載された私の俳句(選者は夏井先生)を初めてオットに見せましたところ、「なんやこれ。そのままやん」との感想。さらに「佳作やないか」と追い討ち。おまけに、あろうことか「ワタシに聞いてくれたら、いくらでもアドバイスするのに」とな。……感想は承ります、いくらでも。しかし! ただの一句も詠んだことがないクソジジイが上から目線でアドバイスだと!? 詠んでから言え! と、今度言おうと思ってます。クソジジイは夏井先生のことは大好きで、プレバトを見ては「先生の言うとおりや! すべて正しいとワタシは思うで!」と申しております。先日も、「説明したらいかんのやて。わかった?」と……。んもう、いま一緒に見てるだろうがっ!/本上聖子
○がはは、なんのかんの愉快なご夫婦じゃありませんか~(笑)。夫にも俳句やらせましょうそうしましょう♪(笑)(正人)

●シュトゥットガルト俳句女子の会/網野れいこ
●先日シュトゥットガルト俳句女子会で吟行に行ってきました!月の道さんをリーダーに、あーでもないこーでもない、と約6名が夏草にまつわる言葉をいろいろ拾ってきました。 きっと怪しいアジア人グループに見えたことでしょうね。 みんな、頑張った成果が出ますように!/芍薬
○どうでもいいけど最近『アベンジャーズ』の1を見直したんですよ。劇中のワンシーンでシュトゥットガルトが登場してなんかちょっと嬉しかった。ひれ伏すのを拒否するドイツのじいちゃんがかっこいいんだ。(正人)

●あまぶーの父、好伴(こうはん)と言います。拙い句ですが初めて投句させていただきます。/好伴
●息子・唯萬圓(いちまんえん)も俳句ポストデビューです。(母より)/唯萬圓
●いつもありがとうございます。今回初めて娘(8)が投句させて頂きました。夫は初投句の初鰹から二回連続載っていたのでやる気アップです!私も自分の俳句が誰かに伝わる喜びを味わっています。家族で俳句楽しんでます♪/温湿布
○家族で広がる俳句ポスト365♪(正人)

●よだか様>虹の回での温かくも寛大なるお言葉に本当に恐縮しております。初心者の私に、ご親切にして頂き本当にありがとうございます。いつかはよだかさんのような素晴らしい句ができるように、少しずつがんばります。/ふくろう悠々

●年齢を重ねてくると、夏場の体のしんどさが増してきますね(;´∀`)ここ近年、夏場でも食欲が落ちることはないのですが、食べて寝るだけでは疲れが回復しないので、夏場だけサプリメント的なものを飲むようにしています。みなさん、どうやって暑い暑い夏を乗り切っていますか??/かつたろー。
●季語が兼題の場合の俳句の作り方についてどのようにしたら良いでしょうか? という初心者的な質問です。 某番組は写真が兼題ですので季語以外の物もヒントになったりします。 夏井先生が監修している某タイヤメーカーの企画ではドライブ・タイヤが兼題で季語は自由でしたので10数個作れたのですが、季語が兼題だと取り合わせも難しくなかなかいい俳句が思いつきません。 兼題につき数個がせいぜいで季語によっては一個も出来ない事も・・・ みなさんは何をヒントに作られてるんでしょうか?/けーい○
○ハイポニストネットワークでみんなの体験談募集中!(正人)

◆「人」「地」「天」~ベム・ベラ・ベロ俳人たちより
 誰が言い始めたか、「『人』選にはいりたい=人間になりたい=妖怪人間ベム」という話で盛り上がり、「『人』選に入る=人間になる=ベム俳人になる=ベムる」と、不思議な動詞や、「天地想像」なる四字熟語が生まれております。

●こんにちは。兼題の蟻・老鶯の回では、人の句に選んでいただきありがとうございました。蟻の句で初めて人に選んでいただき、俳句に対するモチベーションがあがりました。これからも精進していきたいです。/津田燕子花
●「虹」では初の人選をいただきありがとうございました。とても嬉しかったです。次は複数句人選を目指して頑張ります。ただ、「赤潮」は難しすぎて全く自信ないです。。。/竹伍
●「虹」の兼題で今年2回目の人選に挙げていただき、頗る嬉しく思います。仕事の空き時間やトイレの合間など、本当にちょっとした時間で、そういえば今度の題はなんだかったかな、とちょっと意識してみるといいかもしれない。などという自己流攻略法(?)で頑張ってみます。今後ともお手柔らかにお願いします。/半熟赤茄子
●いつき先生、正人先生、スタッフの皆さまいつもありがとうございます。「虹」の人選もありがとうございました。今回は全体のレベルも高く、特に天や地には多彩な句が並び、勉強になりました。正人先生の発想もすごかったです。ご多忙の中、皆さまの句を選び、色々を読みコメントした上で!p(^^)qデス♪ いつき先生、お忙しい中、お便りのコメントも重ねて御礼申し上げます。伊月庵でたくさんの楽しい句会が開かれますように☆私もいつか必ず♪できれば一人ではなく父母とか友と♪今週は、また父の手術があり、ばたばたしていました。それでも医学の進歩で父母共に以前以上に元気になれて、私もまだ生御霊の句も詠めて、本当にありがたいと、俳句には感謝ばかりです^^/明惟久里
●組長 正人さん スタッフの皆様 いつもありがとうございます。「虹」の回で主人と共に人選ありがとうございます。 娘に話しましたら 「私も始めようか」と。いつの事になりますやら。孫(2歳)が俳句らしきものを呟いてくれるようになったらと楽しみにしています。/つつ井つつ
●皆様、こんにちは。先日のお題「虹」の回では人選を頂きましてありがとうございます。久しぶりに人選を頂いたので、間違いじゃないかと何度も確認してしまいました。ものすごく嬉しいです!本当にありがとうございます!励みになります! 最近、パソコンの調子が悪くてインターネットにつながりにくい状態が続いています。「俳句ポスト365」への投稿が出来なくなるのは絶対に嫌なので、なるべく早めに投稿するようにしたいのですが、お題が難しくてなかなか俳句が出来ないというジレンマに陥っています。が、頑張ります!/藤野あき
●兼題「虹」の回では水曜日に拙句を取り上げていただきありがとうございました。 虹架かるアプガー指数4の吾子 シビアな状態から生きのびてくれた喜びを虹架かるという言葉に託しました。 正人さんのおっしゃる通り、虹には陰を受け止め陽に見せてくれる季語の強さがあるように感じました。 たくさんの方の人生が虹に託されていて、改めて俳句の力を感じました。 また、この句で初めての人選をいただきありがとうございました。/青楓也緒
●「虹」で久しぶりに「人」をありがとうございました。明日の「天」「地」を待たずに投句します。毎回の列句を見ているとどんな兼題でも多くの方の多くの切り口で魂消ます。自分の声で作句を読みの録音では弱い気がしています。やはりどなたかのやり方、ワードで打っての一人添削をしてみることにしました。プリントして何度か目を通す。センスがないのは百も承知で。[俳句はセンスかも] 何せペンを持つことが出来ないのでキーボードだけが頼りです。古希を目前にして迷い迷いたるヘボ将棋ならぬヘボ俳句ですがこれからもよろしくお願いします。先生の「時鳥」ネットで取り寄せ今から読み始めます。因みにWin10は慣れるまで使いづらいです。愚痴を並べてm(_ _)m。 /駄口竹流
●兼題「虹」にて2度目の人選、しかも2句も拾って頂き、ありがとうございました。ビックリでした。/泥酔亭曜々
●組長!正人様&ハイポにストの皆様,無沙汰しております。組長、「虹」では人に二句も選んでいただきありがとうございました。ひねってもひねっても断水状態で、木曜日に俳句ポストを開けるのすら忘れていたのですが、ふと思い出し、「うひゃあ、皆さんすごいなあ…と見ていたら?有難き事でした。兼題は季節に先行するのでなかなか写生することは難しいですが、できる限り自分の実感のある句をつくっていこうと再確認しました。大きな励みをいただきました。ありがとうございました。/ラッキーの母
●連続して人選二句!特に虹ではほとんど思いつきのようなものだったのでびっくり!ありがとうございます。しかし、日本にいる母からは三句選、四句選を目指すよう、檄が飛ばされました。(自分の並選は棚に上げ?)確かに自選力をつけて粒を揃えられるようにすることは、当面の目標ではありますが、相変わらず厳しい母です。その母は、あと半年で九十歳。投句のときに新設された「90代」を選択できるまで、「ぼちぼち」がんばるそうです。母娘ともどもこれからもよろしくお願いします。/りう女
●夏井先生、ウエンズデー正人様、お世話になります。 兼題「虹」にて「人選」を2句も頂きまして、ありがとうございました。 最近ようやく「並」と「人」を行き来出来るようになって(?)ささやかな幸せを感じていたところ、思いがけない「グリコのおまけ」にとても恐縮しております。これからも、心に感じた事を分かりやすく表現出来るように頑張ります。/塩の司厨長
●組長、『虹』では天に選んでいただきまして、ありがとうございます。このところ俳句作りで悩んでいます。もがいては空回りしてばかりです。それだけに今回のことは、まさかまさかのまさかで…素直に嬉しいです。ありがとうございました。これからは、悩むことを楽しむぞー、と切り換え、休み休みでも作り続けようと思えるようになりました。“つまらん”句のオンパレードかもしれませんが、どうかよろしくお願いいたします/be
●兼題「老鶯」…木曜日に私の句が掲載されておらず、「あ、全ボツ来るか」と思っていたら…まさかの天!!!ありがとうございます!!! 前々から、「日照雨」という単語を一度俳句で詠み込みたいと思っていて、「老鶯」に合いそうだなと思い、作ったのがあの句でした。 ただでさえ天になれたのも嬉しいのに、俳句を始めるきっかけになった夏井先生に選んで頂けたというのがまた…。 「老鶯」での結果に驕らず、今後も精進して参ります!ありがとうございます!/多々良海月

◆近況報告~♪
●体調にお気をつけてください( ^ ^ )//ともかわすてむ
●組長はじめスタッフの皆さまお世話になっております。 /紅の子
●夏井組長様&正人様 暑くなって参りました。どうぞ体調にお気を付け下さいませ。時計子拝/時計子(とけこ)
●暑いです。熱中症にお気を付けて。暑中お見舞い申し上げます。/なにわのらんる
●ハイポニストの皆々さまが穏やかな日々を過ごせますよう祈っております。/紅の子
●梅雨明けももうすぐ、皆さまどうぞお元気に笑顔で7月をお迎え下さいませ☆ 私もまた、ゆっくりぼちぼち毎日俳句と対峙した生活を楽しみます♪/明惟久里
●組長、正人さん、スタッフの皆様、お世話になります。いつも有難うございます。梅雨の中盤、蒸し暑くなってまいりましたね。皆様ご自愛くださいませ。夏は苦手だ~(溜息)/chiro
●梅雨真っ最中です。去年までは蒸し暑さが嫌いだったのですが、今年は梅雨を楽しみ梅雨の俳句を詠んでみたいです。ここのところ、梅雨なのに晴れて暑かったり、雨は降っても集中豪雨だったり。そのうちに梅雨のしとしと雨やじめじめを懐かしむ時代が来るかもしれませんね。/みやこわすれ
●組長、皆さま、いつもありがとうございます。 夏至となり急に猛暑!! どうぞご自愛ください! /靫草子
○7月は愛媛県も豪雨の被害著しく試練の夏であります。本当に皆様ご自愛下さい。(正人)

●地震にあわれた方々お体ご自愛下さい/ふっこ
●夏井先生、皆さん、お世話になります。大阪北部地震の地域の皆さん、お見舞い申し上げます。滋賀県は震度3から4でしたが幸い被害なくすみました。近頃は日本列島あちこちで地震や火山噴火など物騒なことが続きます。日頃からの準備と心構えが必要かと思います。日本各地に出かけられている先生、優しく頼もしいご主人様とご一緒で心強いですね!梅雨による大雨や集中豪雨など、今暫くは警戒しなければならないですね。お体大切になさって下さい。/まさこ
●いつもお世話になっております。 本日、6月18日月曜日。通勤途中で地震に遭って、電車が止まり、既に3時間半電車内にとどまっています。まだまだ運行再開しそうになく、することも余りないので、今の内に一句投句します。被害状況がわかりませんが、関西住みの皆さまがご無事でありますように。/次郎の飼い主
○うおお、まさに当時のリアルタイムの報告が…。他にも同じような目に遭ったハイポニストもいるかもしれませんな…。(正人)

●庭に、ねじ花が咲いた。ピンク色で可愛いです。/藤田由美子
○捩花も夏の季語でありますね。季語との出会いがラッキー!(正人)

●肺気胸治りました。 病院行ってないのでわかりませんが。 /明星
○治ったと思ってもちゃんと病院でチェックやで!(正人)

●最近ようやく悪阻がない日が出てきました。初めての妊娠なので、分からない事だらけですが、せっかくなので今しか分からない感情を俳句にしたいなぁと思う日々です。/気球乗り
○後期悪阻も大変だからくれぐれもお大事に…!(正人)

●初孫が生まれました! さっそく孫の句を作り始めました。夏井先生の孫の句も拝見して、励みにしています。/ぬらりひょん
○おめでとう!いわく句材として大変面白い生物だそうですぞ。(正人)

●病気ではないのですが兼題「夏草」の発表の週に子どもが検査入院をします。入院中の検査は子どもにはしんどいようです。無事に終わりますように。私も病院に3泊4日です。合間に句の種を拾います。 入院の日取り決まりし夏休み/青楓也緒
○こうやって並べると妊娠出産育児、と綿々と続くのだなあとしみじみ。入院、親子共々がんばってくださいまし。(正人)

●5月から川柳、俳句を始めました。この年齢で季語を学んで、日本人で良かった!/寺田流水
●百人一首は知らなかったのですが、最近解説本を読んで面白く思いました、取り入れるにはハードルが高すぎたかも。/藤郷源一朗
●一昨日俳句を始めたのですが、結構ハマってしまい、深夜まで句を考えています。 ゼミの卒論がマズイのですが、我慢できません。 卒業はたぶん並選より難し でしょうか?/今井毎日
○ハマる人々。いやいや卒業の方が大変だから卒論はきっちり仕上げてくれ~(笑)。(正人)

●長女の高校最後の学園祭でした。娘は箏曲部ですが、彼女と同期の仲間たちとの最後の舞台を見ていて、気がつきました。琴という楽器は、弦楽器であり打楽器であるということです。演目によってはロックのように激しい。古典芸能のように思われますが、奏で方ひとつで前衛的になります。俳句と似ているように思いました。/播磨陽子
○へーー箏ってそうなの!?未知の世界だなあ。(正人)

● 高校三年生の者です。とある事情で、先日の俳句甲子園地方大会で優勝したのですが全国大会に進出できませんでした。とても悔しいのですが、大学受験に集中できるようになったとポジティブに考えています。/星野光利
○あららら、受験対策的に?高校によっては3年生が部活動しちゃいけないとかあったりするもんねえ…。(正人)

●地域の俳句大会の締め切り、校正が済み(投句数591句)、選者の方々へ選句依頼を発送してほっとしたところです。/正丸
○大変なご苦労お察しいたします。自分も昔似たようなことをやっとりましたさかい…。(正人)

●何とか今年も松山に向かうことができます。今年はどうなることやら。全国大会でしかできない学びを十全にするために、選手には今、苦労してもらっています。/大雅
○よかったよかった、松山の土を踏めるのがまずは喜びでありますな。今年も名勝負期待しておりまする。(正人)

●これが30代最後の投稿かしら!!!6月22日で40歳になります!! 惑わずとはなかなか難しいですが、にこやかに軽やかにがんばります!! /やえ子
○お誕生日おめでとう!こんにちは40歳の国!(正人)

●心機一転、俳号を変更がした方がいいんじゃないか、と職場の人に言われました。 来月29日が楽しみです!/ローストビーフ
○「ローストビーフ」…となると次は…牛丼…?いや、安くなっちゃダメか…。(正人)

●いつもお世話になっております。数分前に職場の机に足の親指をぶつけ、爪全体が剥がれかけている(←人生初)この状態で、「取り敢えず投句しよう」と思っている自分は冷静なのか、アホなのか…。定時になったら皮膚科に行って来ます。皆さんもお体には気を付けてお過ごしください。/次郎の飼い主
○痛い痛い痛い痛い…!(正人@想像力豊か)

●私は若い頃サラリーマン生活を九年経てその後宣伝会議の協賛企業賞を受賞して本も出し広告イベントの会社を営んでいました。そのせいかどうも説明句が多くなってしまうように思います。自戒はしているのですが。今は当然寝たきりですから無職で生活保護に頼っていますが。/安田亮一
○広告とかキャッチコピー的な要素との親和性は高い気がしますね、俳句。読み手の気を惹く技術というか。(正人)

●筆算の繰り上がりのときみたいに 指折り数えて句作ですが 先生はもう指使わず頭の中で作っちゃうのでしょうか 慣れればできるかしら/我夢
●こんにちは 俳句始めてはや3ヶ月 電車の中吊り広告に見つけた 「訪う」おとなうの言葉 さっそく指を折る仕草開始 たぶん分かる人には分かってしまう 病ですねぇ /我夢
●インスタやSNSのように 俳句を詠む スマホでなく ガラケーなので おもいついたら即 メモです。 兼題季語に対して 通勤バスの中で考えてるのは 俳句の事ばかりです。これが 私の吟行情報かな? /句詩呼
○指折り数えてる通勤吟行も案外人に見られてるかもねえ(笑)。(正人)

● 中学までずっとファンだった西城秀樹さんが、亡くなってしまいました。友人たちは、歌手が亡くなった位で泣けるの?と手厳しい感想が。いや、私はあの葬儀に駆けつけた全国の秀樹ファンと手を携えて、今後彼の冥福を祈るのみ。 夏井先生、ハイポニストさま、絶対に長生きしてくださいね。/榊裕江子
○ニュースになってましたねえ。ご冥福をお祈りします。(正人)

●夏井先生、正人さん、ハイポニストの皆さん、こんにちは。去年、うちのクラスに来たスペインからの留学生の男の子が7/6で約1年の留学期間を終えて、母国へ帰国します。最初はスペイン語と英語しか話せなかったこの子も1年経てば大抵のことは日本語で話をすることができるようになりました。若さってすごいですね。この子が学んで行く中で日本語の奥深さに興味をもったようでした。俳句を教えるまでにはならなかったけど、彼がスペインに帰っても日本語の美しさを伝えていけたらいいなぁと思います。いやー、日本語って本当に素敵です。そして、奥が深い!!/みのる
○また新たな種が蒔かれたかと思うと嬉しいよ♪(正人)

●夏井先生、皆さま、こんにちは。ワールドカップ・サッカー真っ最中です。日本代表の柴崎岳選手が、青森出身者初の出場となった事もあり、当地は大変盛り上がっております。私も、真面目な俳句より、サッカー関連の句ばかり思い付くという有様です。先生方は、試合の中継を見て寝不足になりアイディアが思いつかない、とか、サッカーの句ばかり出来てしまう、なんていう事は無いんでしょうか?私は次戦の事が気になって仕方がない日々を過ごしております(笑)皆さまも体調を崩さないよう、お気をつけて応援くださいませ。ではまた!/薬師丸ひで樹
○お、前回に引き続きですな。しばらくは熱気が続きそう。(正人)

◆ハイポニストの果実♪
●私は現在就活中で、就職支援の機関に通っています。 そこで、履歴書の書き方のレクチャーを受けるんですが、動機や自己アピールの欄に取りかかったとき、「ここをこうすれば伝わるんじゃないか」とか、「こういう表現を入れてみたい」といった考えが、自然と出てくるんです。 私は本来作文が苦手で、文章力には自信がなかったんです。それがある日、解消されていることに気付いたんです…。 おそらく、俳句での一字一句との格闘の日々が、ここにきて活きてきたようです。 趣味の俳句が、思わぬところで好影響を与えてくれた、というお話でした。 ちなみに、就活は6月半ば現在、成就しておりません。/多々良海月
○果実が実ってばっちり就職できますように~!(正人)

◆兼題「夏草」に寄せて
●組長様、正人様、よしあき殿、スタッフの皆様、いつも本当にありがとうございます! 夏草は身近に溢れているのですが、う~ん。。。/ながら
●ぼくは森に入る前の時に夏草を感じました。先生はどんな時に感じましたか。/結雅
●今回は身近な題材、実体験から詠むことができました。わが家にはまだ生後半年にならない仔犬がおり、草も木も犬もすくすく育つ庭はとてもにぎやか。自然と1つの句の中に詠み込まれていきました。そんなわけで今回は早め投句出来るかも…と思っていたのですが、やっぱり〆切ギリギリ、日付が変わる直前に必死で綴ってます(^^;/古都鈴(ことり)
○みんなの生活の中にある夏草。なんだか仔犬って夏草に似合う気がするねえ。(正人)

● なんだか楽しくていっぱい作ってしまいました。夏草、夏草と気安く呼ぶなと夏草が気を悪くしているかも(笑)そこでもう一句。 「夏草」と括れど名あり花もあり  /明爽
○「枯れ草枯れ草」っていうよりは気を悪くしなさそうじゃない?(笑)(正人)

●夏草の〆切10日ほど前に大阪北部地震が起こりました。震源地の近くでは、夏草の多くが枯れました。同時に、夏草の花が多く咲いていました、子孫を残すためでしょうか。夏草らしく生き延びているものと併せて、春と夏と秋が一度にきているようでした。雑草は生命力が強いと思っていたので地震にはびくともしないのかと思っていましたが、草一本一本のレベルで見るとかなりのダメージを受けたようです。そういうところは人間と同じなんだな、と妙に感心しました。/匿名希望
○生存本能ってやつなんですかねえ。(正人)

●いつもありがとうございます。 小学生の時、地区の児童会で毎年神社の草刈りをしたのを思い出しました。また、実家が田舎なので家の周りの草に母が苦慮していました。草刈に関係ない今は「夏だなぁ~」と呑気になります(笑)/くるみだんご
○草刈り・草引きしなきゃいけない時代は本当に憎たらしくて仕方なかったもんだけどねえ(笑)。(正人@幼少)

●組長、ハイポニストの皆様方、如何お過ごしでしょうか? また、先の大阪地震で被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。 今回の季語は、あの有名な句が頭を占領し、貧相な発想を粉々にしていきました。 ……どうやったら、この貧相な発想や、イメージを飛ばせない脳味噌を鍛えられるかなぁ…? 梅雨明けもまだですが、とにかく暑い日が多いですので、どうぞ皆様、体調を崩されませんようご自愛ください。/祺埜 箕來
○昨日の俳句道場でも芭蕉にやられた人たちのうめきがいっぱいでした。今回はこれが最大の共感ポイントだったよねえ。(正人)

◆おすすめ吟行情報~♪
●今回は兼題を直に感じようと、昨日兵庫県武庫川で詠んだ句です。こちらの地方は明日から一週間は本格的な梅雨になりそうです。今日明日のうちに晴れた風景を目に焼きつけておこうと重います。/尼島 里志
○時期的にこれ投句されたのは豪雨の前だろうか…?大丈夫だったかなあ兵庫。(正人)

●森の中に住んでいます。うちの山鳩は「有休とりたい。有休とりたい。有休とりたい。有~」と鳴くのです。有休もとれず一所懸命働く山鳩。 切ないです。皆さんの所の山鳩は何と鳴きますか?/葉室緑子
○「ほーほーほほっほー ほーほーほほっほー」みたいなあの声?僕が思ってるの別物??(正人)

●岩手県の北上市に宿泊した時に、「日本現代詩歌文学館」を吟行してきました。明治以降の日本の詩・短歌・俳句・川柳の書籍や雑誌を保管し、毎年、詩・短歌・俳句3分野それぞれに優れた作品を表彰している(今年の俳句の受賞者・受賞作は岩淵喜代子『穀象』)。近くに盛岡市出身の山口青邨が四季の草花を愛し「雑草園」と名付けた東京都杉並区の家も移設され、青邨の作品集も保管されている。青邨は、俳誌「夏草」を主宰し多くの俳人を育てている関係で投稿しました。青邨が考案した脚立にも使用できるからくり椅子も面白かった。/重翁
○そんな不思議なもの開発するような人物だったのか!初耳~!(正人)

●昨年秋に葛西善蔵作品を知り、初めて鎌倉へ文学散歩旅行しました。当時私は小説は好きでしたが、俳句には全く興味がありませんでした。その際にもちろん鎌倉文学館へも訪ねました。そして俳句に興味を持った最近にあの鎌倉旅行を俳句にしたいな、と思い鎌倉をネットで調べていましたら、文学館初代館長の永井龍男氏の開館記念の言葉にヒットしました。「…文学というものをご自身の生活に消化して身につける。これが文学の味わいの根本だと思う。」というのを読み、正に俳句の持つ自身の生活への近さ感じました。俳句が好きになった今、ああまた鎌倉へ行きたいなぁと思う今日この頃です。/尼島 里志
●先日一人初めて吟行と称して大阪城公園を散歩してみました。今までの休日なら街をうろうろして物欲、食欲を満たすだけのものでした。その日はこれと言って何が起こるでもない休日でしたが、俳句を詠むとなると、何事も五感で捉えようとするので、変わった体験ができました。これからは吟行の時に限らず、普段から五感を研ぎ澄ませておけば、退屈な日常はなくなりそうです。/尼島 里志
○まさに生活に消化して身につけている感。俳句は退屈をなくす魔法の杖でありますなあ。(正人)

◆今週のオススメ「小随筆」
 お便りというよりは、超短い随筆の味わい。人生が見えてくる、お人柄が見えてくる~♪

●「夏草」という季語は、もちろん芭蕉の名句も想起させますが、僕にとってはそれ以上にとても思い出深いものがあります。 中学生の頃、文芸部にいた先輩が俳句好きで、夏休みに吟行に誘われたことがあったんです。その頃はまだ僕は俳句についてほとんど何も知らなかったのですが、先輩は「難しく考えないほうがいいよ」と言ってくださり、僕に「五感で感じること」の大切さを教えてくださいました。せっかく吟行に行くのだから、吟行しなくても詠めるような句じゃなくて、その場に立ってみないとわからない実感の句を詠むこと。これが先輩から教わったことでした。 近所の公園や河川敷、あるいは校舎の中をぶらぶらしたりと、何度かの吟行を経て、ある時、二人で近くの小高い丘に登ることにしたんです。小さなリュックにお弁当と歳時記と句帳と少しの荷物を入れて。三十分くらいかけて開けた草原にたどり着きました。まさに「夏草」の草原でした。人の手がほとんど入っていないので、高さも色も均一ではなく、これが自然の美であると感じましたね。吹いてくる風も、草の匂いも、鳥の声も、想像することはできるでしょうが、やはり実際に触れてみないとわからない感覚です。 適当な所に腰を下ろして句作を始めました。目を閉じたり、寝ころんでみたり、ちょっとその辺を歩いてみたり、飽きてきたら先輩と、学校のことについて話をしたり。日が暮れ始める頃には百句ばかりが、僕のまだ真新しい句帳に書きつけられていました。それは、それまででいちばん充実した吟行となりました。 帰り道、先輩とまた少しだけ話をしました。先輩はよくその丘に来て一人で句作にふけっていたそうです。「夜になったら蛍も飛ぶんよ」という先輩の嬉しそうな声が今でも忘れられません。 先輩とは別々の高校に進学したので、今では先輩と会う機会はありませんが、先輩の存在は僕に俳句の魅力を教えてくれ、先輩の言葉は僕の俳句づくりの原点となりました。今回、「夏草」を兼題に頂き、久しぶりに例の丘に行って句作に励みました。長くなりましたが、僕のささやかな「夏草」の思い出です。/たてしな昇平

●長い夏休みだった。 暑い夏を何をするわけでもなく無為に時間を費やしていた。同級生のあの子に会えない長い休みは私には休みではなく、拷問とも言えるものであった。 そんなある日の昼下がり、悪友が遊びの誘いに来た。長篠城に行こう、と言う。どう思いついたのか一番暑い午後の時間に自転車で長篠に向かった。寒狭川沿いに遡り、登り坂に向かいペダルを漕いだ。緑の中にいつもの長篠城跡はあった。合戦の跡地は夏草で覆われている。 2組に分かれて合戦は始まる。我々は無策だ。勢いだけのチームである。敵には策士がおり、我々の考えの及ばないワナを仕掛けていた。力強い夏草の先を結んだトラップだった。先頭を走っていた私は力一杯転んだ。泣きたいくらい痛かった。倒れたまま嗅ぐ夏草の匂い。むせ返るような青い匂いとぬる熱く蒸された土の匂いが混ざっている。学校で教わる歴史などまったく頭に入ってない私でも死を覚悟して長篠城の仲間に朗報を告げた鳥居強右衛門のことは知っていた。私の第一転で事なきを得た仲間たちのことを考え自身を鳥居に置き換えた。 その時溢れた涙は鳥居強右衛門への思いか、ただただ痛かったからなのかは今となっては定かでない。/宮島ひでき

夏井先生

ページの先頭