俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 無花果

第203回 2018年8月23日週の兼題

無花果

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句
本選句欄では、添削した形で句を掲載する場合があります。
添削は作り替えの提案として句会等でも議論されます。示唆された添削案が自分の表現したいことに合致すれば、作者の判断においてその案を自作として採用してかまいません。

人

パンドラの函に残されてゐる無花果
きゅうもん@木ノ芽
キリシタン墓地に無花果いつも熟れる
きゅうもん@木ノ芽
無花果やラヂオにノイズ走りたる
きゅうもん@木ノ芽
あの海が割れて無花果裂ける朝
司啓
無花果の花にナイフが溶けるやう
司啓
無花果に花あり我は脱税す
司啓
無花果の仏間人魂流れたり
星埜黴円
無花果や老猫死せる呉服店
星埜黴円
患者死す夜無花果を縦に断つ
星埜黴円
胆嚢の膨らむごとし無花果は
星埜黴円
無花果やイエスの墓は空つぽで
清清檸檬
無花果に触れて指紋の薄れてく
清清檸檬
無花果のここと定めて剥きはじむ
清清檸檬
無花果を爆発前に吸ひ尽くす
青楓也緒
いちじくやみんなふつうにうむんだな
青楓也緒
無花果やいのちの数のかぞえかた
青楓也緒
いちじくの歪める円のやさしさよ
大雅
無花果の刃吸ひたる昏さかな
大雅
無花果や女性週刊誌は騒ぐ
大雅
たましひと無花果おなじ重さかな
福花
無花果や隕石降りて転生す
福花
無花果を生贄として日の昇る
福花
無花果や湯灌の妙に明るくて
福花
無花果や遠きに尼僧歌ひけり
北野きのこ
無花果の尻に敷かれた男性誌
北野きのこ
無花果の種噛む度に近付く死
北野きのこ
臆病な色に無花果熟れ垂るる
24516
無花果の熟るといふより思案せる
24516
独身の姉妹住む無花果の家
24516
無花果の下の納体袋かな
一阿蘇鷲二
無花果やぷかんとネオンテトラ死す
一阿蘇鷲二
無花果や月から垂れてくる腐臭
一阿蘇鷲二
いちじくや今宵の自転なまぬるき
ヒカリゴケ
いちじくのなか燃えてゐる燃えてゐる
ヒカリゴケ
無花果膿んで星の産卵酣に
めいおう星
淋しき重力無花果を甘くする
めいおう星
無花果や良いおっぱいに良いお尻
ラーラ
無花果を割る眠剤を噛み砕く
ラーラ
無花果や乳の粘つく笊の縁
28あずきち
沸沸と怒っているのか無花果よ
28あずきち
無花果やこれは内緒の話だが
あつむら恵女
無花果が熟れた中耳炎が痛い
あつむら恵女
無花果割るさつきの雨の匂ひかな
あまぶー
無花果を売るは土偶のやうな叔母
あまぶー
無花果のいちじくらしき肥り腰
ウェンズデー正人
粗紙のごと剥ぎ無花果の皮ぬめる
ウェンズデー正人
かぶりつく無花果肚の子のあくび
うしうし
無花果やかくしごとある盆の窪
うしうし
いちじくのじくのあたりに虫がゐる
無花果や原初の星の生臭し
無花果酸っぱいもう少し生きられそう
くさ
無花果やルノワールの女子まるっこい
くさ
いちじくやあの日の太宰の瑞々し
ぐでたまご
無花果や不妊治療は三年目
ぐでたまご
無花果や節つけて詠む般若経
クラウド坂の上
無花果や床下にある隠しもの
クラウド坂の上
無花果の匂ひ残りて赤き月
くりでん
無花果すっからかん猿のあっけらかん
くりでん
息甘し無花果お口を閉じなさい
さくみ
いちじくを捥ぐように腫瘍の手術
さくみ
無花果の断面恐し産まざれば
さとうりつこ
恐るべき恍惚いちぢくの裂目
さとうりつこ
手のひらのいちじく重きひと日かな
じゃすみん
無花果や舌にざらりと残る嘘
じゃすみん
真夜中の無線交信いちじく食ふ
じゃすみん
豊穣な女神の尻やほろろいし
しゃれこうべの妻
無花果を捩じ伏す舌の滑りかな
しゃれこうべの妻
無花果や鬼に取られた頬のコブ
シュリ
無花果や義姉は財布を開かない
シュリ
引っ越しは雨暗紫色の無花果
しょうき
無花果や地層がねじれ上がってる
しょうき
無花果の種心臓に似てしずか
しろ
渡されていちじく温む今朝の晴れ
しろ
無花果や火星の長き水路跡
すりいぴい
無花果や壁画の女ひざまづき
すりいぴい
無花果の奥に誰かが覗き居る
だいふく
無花果ひとつ生贄のつま先に
だいふく
星をゆくキャラバン無花果は熟れぬ
たんじぇりん金子
いちじくを煮るに夜色と赤ワイン
たんじぇりん金子
無花果や原罪の血はだくだくと
ちゃうりん
バザールで買ふイチジクと耳飾り
ちゃうりん
無花果のひそりと狼の乳房
とおと
映日果のつめたき焔舐め取りぬ
とおと
ジプシーの恋占ひよ無花果よ
どかてい
無花果を割るゆつくりと星ほぐす
どかてい
無花果もぐ指はロザリオ握る指
にゃん
無花果やよく乳の出る嫁である
にゃん
大戦を思い出すから無花果は
ぬるっば
戦闘機墜ちる無花果の向こうに
ぬるっば
無花果の割れ放題や義父老いる
パッキンマン
無花果と強い癖字の剪定帳
パッキンマン
無花果の乳で呪(まじな)ふ若き魔女
ふじこ
無花果や暁闇は生殖の色
ふじこ
無花果の鳥のかたちに熟れゐたり
まるちゃん2323
無花果や御国言葉の生臭し
まるちゃん2323
無花果の園海底にあるごとし
みちる
無花果を食ふ子つぶす子ぶつける子
みちる
無花果や汝が肉もかくも甘きか
よしおくん
長崎や無花果落ちて雨となり
よしおくん
無花果として生まれ♀として死ぬ
よだか
生きるとは憎むこと無花果の腸
よだか
さまよえる漱石いちじくの落果
る・こんと
無花果や生家を出ぬといふ長姉
る・こんと
無花果や我に瘡蓋めく記憶
ローストビーフ
無花果を剥いた手で触られてゐる
ローストビーフ
無花果や臓器移植に◯印
葦たかし
無花果や嘘つくたびに甘くなり
葦たかし
無花果の円熟や釈尊の耳朶
伊介
無花果やファラオの両の爪甘し
伊介
無花果や秘密とはざわざわ赤き
一斤染乃
無花果の香仄かな着床痛
一斤染乃
太陽の毒吸い尽くし無花果熟る
歌鈴
この無花果は神様への賄賂
歌鈴
無花果を半分与ふ間柄
霞山旅
無花果の滴ることも出来ぬ赤
霞山旅
無花果が熟れている喧嘩はしない
海野しりとり
無花果をぶつけたかった我慢した
笠原 理香
無花果や一人より寂しい夫婦
笠原 理香
裂く指にまとはる無花果の触手
樫の木
無花果の熟れ天金のニーチェの書
樫の木
無花果を噛むや蔵には不発弾
瓦すずめ
無花果を齧りて野生児の系譜
瓦すずめ
無花果に棲む海の音聞いてゐる
亀田荒太
無花果の採りごろ少女嫁ぎごろ
亀田荒太
無花果が焦げ死ぬように裂けてきた
蟻馬次朗
いちじくにマリリンモンローの吐息
蟻馬次朗
シヴァ神の哮りをイチジクの深紅
久我恒子
モディリアーニの女渇くや映日果
久我恒子
目印はいちじく龍宮への井戸
玉庭
うまさうでまずさうであまいいちじく
玉庭
瞼の裏側と同じ色の無花果を買ふ
玉木たまね
無花果に吸はれし指を吸ひにけり
玉木たまね
無花果のその悲しみを喰ひつくし
近澤有孝
三文詩人無花果のある夜を睨み
近澤有孝
無花果の森鬼の食ふ神の食ふ
金子加行
無花果の下を噂の通りけり
金子加行
無花果や空はからっぽただ青い
佐東亜阿介@チーム天地夢遥
無花果や法事の叔母の車椅子
佐東亜阿介@チーム天地夢遥
無花果といぢめられたる思い出と
砂山恵子
無花果の成るそれだけの家だつた
砂山恵子
無花果の紅に琥珀を煮含める
山内彩月
無花果や導火線は花に仕込む
山内彩月
無花果や割ればアフロディテの子宮
珊瑚
ルノワールの裸婦や無花果の芳香
珊瑚
いちじくやきっとわたしも痛かった
次郎の飼い主
朝採りの無花果を心臓として
次郎の飼い主
いちじくはかどはかされてほかされて
朱契
まひるまをいちじくすこし膨らめる
朱契
無花果を捥ぎ暫くは夕日なり
酒井おかわり
青無花果 昭和のノイズ 父 野良犬
酒井おかわり
無花果や教えなくても悪いこと
純音
無花果やけふもをんなのせいにする
純音
無花果の熟れゆく午後のタンブーラ
小川めぐる@インドの撥弦楽器。
無花果や崑崙山に不死の川
小川めぐる
無花果の花というには人臭き
小泉岩魚
いちじくいちじくあの娘がふられますように
小泉岩魚
無花果やゆふぐれ熟れてしまひけり
城内幸江
無花果や体内の綺麗なところ
城内幸江
屋上庭園無花果熟れる銀座かな
真繍
無花果を食べて孕める黒き猫
真繍
無花果のぺれれりりりと剥けにけり
神山刻
無花果は獄中である剥いてやる
神山刻
無花果や親友と腹割って語る
晴好 雨独
無花果を妻が好きなる訳知らず
晴好 雨独
無花果の大口が陽を喰ひ尽くす
西尾婆翔
纏足のごと無花果を育てたる
西尾婆翔
無花果や花詞あり「憎む」とふ
青伽
宇宙とは無花果のやうかもしれぬ
青柿
いい年をして冗談ばかり無花果
青萄
いちじく放るましらのごとき老婆来て
青萄
楊貴妃より贅沢一日一無花果
石井美髭
沢庵と無花果と三女も揃ふ朝餉かな
石井美髭
無花果が時限爆弾ならわかる
雪うさぎ
無花果や疎まれし子でありし頃
雪うさぎ
無花果を生殖器ごと食べにけり
倉木はじめ
夜を受信して無花果の割れにけり
倉木はじめ
生まれる前の記憶が欲しがる無花果
蒼奏
尻子玉の代わりによこせ無花果を
蒼奏
無花果や西太后の金の護指
中岡秀次@護指(ごし)、伸ばした爪を守る装身具、宝飾品。
無花果を食うて賢しきことを言ひ
中岡秀次
将校より無花果を受くヴィオロンよ
中山月波
無花果をモデルの礼に貰ひけり
中山月波
無花果よたまごを産めさうな熱よ
土井デボン探花
鷹見泉石いちじく食うた顔しとる
土井デボン探花@「鷹見泉石像」渡辺崋山作(国宝)
いちぢくてふひびきのいたき無花果
冬のおこじょ
腑分けの儀南蛮柿の血の甘さ
冬のおこじょ
魚だって眠る無花果だって啼く
桃猫雪子
無花果や君が産まれる前の恋
桃猫雪子
天に地に無花果にある裂け目かな
イチジクやビーシージーの病みし痕
無花果煮る紅色へしんと透く
敦子
無花果を頬ばりて脳の溶けだす
敦子
無花果を掻爬の妻のしむと割る
内藤羊皐
無花果はやや児の耳のいろ纏ふ
内藤羊皐
無花果をほおばり義母に口答え
南風紫蘭
無花果や脳の画像に萎縮あり
南風紫蘭@木ノ芽
無花果や薔薇のタトゥーの腕細し
楠えり子
無花果や星見えぬ夜はまるく寝る
楠えり子
無花果の根元に死体埋める夢
日出時計
無花果や聖書読まれることもなく
日出時計
無花果やサイレン響く木工場
日田路
無花果のずるりと剥ける倦怠期
日田路
どくどくと無花果一個てふ熱量
猫愛すクリーム
無花果やぼくら海綿体持てり
猫愛すクリーム
無花果に温かなりしゆびの傷
背馬
いただいた無花果甘くない模様
背馬
無花果や外つ国の雑誌の匂い
薄荷光
無花果を牛の乳房とすれば、うん
薄荷光
無花果や貴人みなもつ乳兄弟
比々き
無花果もぐ乳房より子をもぐやうに
比々き
ペルシアの陽に無花果と銀の壺
柊 月子
無花果や太陽の子を孕みたる
柊 月子
卓に無花果壁に安井曾太郎
武井かま猫
無花果や膝にオキシフルの発泡
武井かま猫
無花果や喧嘩のはじまりを忘れ
舞華
無花果を食らひ臍の緒の疼き
舞華
無花果の中の電球灯し頃
風峰
無花果は冥王星を見て眠る
風峰
無花果や伯母の片恋の話
碧女
無花果や引力のまま熟れにけり
碧女
いちぢくやことのははみな星となり
蜂里ななつ
無花果をころさぬやうに歯を立てり
蜂里ななつ
守衛兼無花果守の日誌かな
堀口房水
二枚舌恥づよ無花果裂け初むよ
堀口房水
つまむやうにつなぐ手いちじくの傷み
抹茶金魚
いちじくを裂くいのちとは柔らかし
抹茶金魚
姉の変身なので美味しい無花果です
牟礼あおい
狐狗狸さん狐狗狸さん無花果匂ふ指三つ
牟礼あおい@狐狗狸(こっくり)さん
色街のどんつきに寺無花果成る
野ばら
停電の厨無花果の立ち食ひ
野ばら
無花果や直す気のないサボりぐせ
油揚げ匠己
無花果や統計通りにオヤジ死ぬ
油揚げ匠己
無花果や遺産放棄の判を押し
有瀬こうこ
無花果は熟れて娘は離婚して
有瀬こうこ
背徳も殊勲もなくただ無花果
龍田山門
無花果や我らの罪の五千年
龍田山門
無花果や駱駝の瘤のやわらかき
露砂
無花果の完結あまやかな密室
露砂
いちじくの落暉の色の甘きこと
朶美子(えみこ)
完熟の無花果運ぶロバの村
朶美子(えみこ)
無花果や「趣味の園芸」どほり生る
珈琲斎
無花果や記憶の淵に何かをり
珈琲斎
無花果を剥いてなんだか痛さうな
笑松
切り傷はうずく無花果は甘くて
マオ
無花果を裂いて乳房を失くす夢
まどん
いちじくや嘘は催眠術のせい
☆彡ましろなぎさ
無花果や優しき嘘を噛みしむる
TAKO焼子
無花果や銀山の風黒々と
28ひろきち
無花果を割く停電の夜の百灯し
99カリン
嬰児に胸ひらく無花果をむく
chiro
無花果やコンビニの無い一本道
COSMOS
無花果や人の母にも海ありし
HGDT
いちじく割く笑う老母の拇指没す
KAZUピー
無花果やレジスタンスの手記熱し
Mコスモ
無花果や甘く或るほど死は儚
yoko
紫の夜を剥きたる無花果かな
あー無精
無花果や昔虐められてたでしょ
あいだほ
無花果を待たせて数学を解く
あいみのり
思い出は時にざりざり青無花果
あいむ李景
無花果の赤き先より黄昏るる
あい女
無花果を咥えて背負うランドセル
あすなろ
無花果を煮るしあはせな午後は雨
あつちやん
ぬちやと噛む無花果の香消す雨の音
あまぐり
無花果のジクの語感と食感と
あみま
無花果を潰す真白き選挙カー
あめふらし
無花果のお尻に時が詰まってる
あら さなえ
無花果や意気地無しとは遊ばない
アリマノミコ
無花果を剥いているのか傷つけているのか
あるきしちはる
無花果や婚家の闇に立ち入らず
いいよかん
ラジオから訃報無花果剥きにけり
いつき組リスナー班・旧重信のタイガース
無花果や夕陽の傷のありにけり
いつき組福岡リスナー班/由美子
無花果の小さく爆ぜり星またたく
いつ女
無花果を割ると摩訶不思議な迷路
いなべきよみ
片恋のどこか似ている無花果煮
いまいやすのり
無花果や女を孕み熟れていく
いろり
危うく身を崩すところの無花果
うさぎまんじゅう
借りたのは家か無花果生る庭か
うづら
畔で女立ち小便してる無花果熟れる
ウロ
無花果の吸いし生き血を吸い返す
おおやぶちょ
無花果や塩田平の無言館
おがたま
ぱんぱんの無花果破れて今日も晴れ
おくにち木実
無花果に閉ぢ込めて食ぶ不実かな
お気楽草紙
雲片の貼り付いてゐる青無花果
かざばな
無花果を模す祈祷師の首飾り
かつたろー。
無花果や筋腫と暮らす普通の日
かのたま
無花果や笑い袋が泣き出した
かもん丸茶
無花果よえなの流れる川岸に
ギボウシ金森
無花果の熟れて終戦空青し
キョンちゃん
高台へ猫と無花果持って行く
きんえんくん
いちじくのへそのあたりが火元です
くさぐき
いちじくをほつたらかしにして昏む
クズウジュンイチ
無花果や文士は胃腸薬を飲む
ぐずみ
病室に祖母と無花果のなきがら
くにたち君
無花果やゆふべのタトゥーシール消ゆ
くま鶉
無花果や置き薬代弐千円
くめ仙人
無花果をくぷくぷ煮たる晩婚期
くらげを
無花果や停電の宵の蝋燭
けーい○
ひよこ抱く心地無花果手の窪に
けら
無花果の熟れて嫁がぬ三姉妹
こじ
無花果や第二子まだかとは問へず
ことまと
いちじくくつくつこの世に星の芯いくつ
このはる紗耶
無花果や柩に入る体験会
こはまじゆんこ
無花果や生殖の秘事かたくなに
こま
鼻に抜ける無花果の断末魔
ざうこ
人の口無花果の口頬張り合い
さかまろ@第二まる安
無花果や不動明王の炎とす
さとう菓子
ずぶずぶと無花果の弾痕に指
さとけん
無花果や妻の座欲しい訳でなく
さるぼぼ@チーム天地夢遥
いちじくの甘露煮恋に急く晶子
じあん
無花果の不敵に笑う我喰えと
しおうらゆうこ
無花果や猫のふぐりのような朝
しげる
人死んで更地にまろぶ青無花果
シニアモモ
イチジク買ふ団地暮らしの長くなり
しみみ
無花果や子を孕みたる牛のいる
ず☆我夢@木ノ芽
無花果や夫のきれいな食べっぷり
すかんぽ
無花果や紙の花嫁売られゆく
すずめ
無花果やカント枕に魔王聴く
すみっこ忘牛
無花果を剥いて話のこじれ出し
せいち
夕映えや無花果捥ぎし父の指
せつこ
無花果や踊り子砂の息を吐く
せり坊
無花果を尻から剥けば恋臭う
たけ爺
無花果の裂け目舞台の幕は開く
ちびつぶぶどう
無花果赭し崩れ燃ゆるや西の地は
ちゅら
殺人のありしてふ無花果の肉色
ツカビッチ
無花果ら月の心臓紛れをる
つぎがい
いちじくを河童のへそと交換す
でこはち
シェエラザードの夜や無花果の含む秘話
テツコ@第二まる安
無花果を割る星占いは十一位
でらっくま
無花果やミサを終えたる人の声
とかき星
あらびあの不老不死いちじくの実は
ときこの母よしこ
無花果や大きな口は母譲り
としまる
無花果や火星に爆弾放り込む
とだまゆ実
手榴弾投げて無花果返されり
トポル
心臓はたぶん無花果ほどでした
どろん
無花果は子の心臓の大きさよ
とんぼ
無花果や人なき寺の空青く
なおこ
規制線無花果実るお宅まで
なみは
無花果やにんげんだって割れもので
なみはやらんる
無花果を剥くや射手座に乳流れ
ぬらりひょん
大病院病む無花果や透く不安
のぶ子
無花果の熟れて夜空のさみしかり
のら
この国の終わり無花果ふさわしく
はくち
掌に重き亡父の無花果よ
はすみん
笑い方忘れ無花果には蟲が棲む
はなたれ
無花果や修道服の裾重し
はまのはの
無花果やはぜて内緒があふれだす
はむ
売れているようには見えずほろろいし
はら美華子
無花果や喧嘩別れの同級生
ハルノ花柊
無花果のように重たき少年期
はるや
無花果やポケットの数珠確かめて
ひいらぎ
無花果やアダムもイヴも知らんがな
ひでやん
無花果の秘密知り得た日の翳り
ひなこ
無花果の種がプチプチ留守居かな
ひな子桃青
無花果や砂漠に埋る水袋
ひねもす
返信はなきや無花果また熟れて
ひよこ豆
無花果食う誰の子だっけと考える
ひよとり
無花果の熟れてインターハイ終わる
ふくろう
無花果の香りに眠る母眠る
ふくろう悠々
オルガンに震ふ無花果あまくあまく
ふるてい
無花果や手話の賛美歌合唱団
ふわり子
無花果を軸より吹けば猫の夢
ペコちゃん
いちじくの下で愛犬鶏を咬み
ヘリンボーン富樽
無花果や彼女はわざと悪ぶって
ほしの有紀
べうべうと饐える無花果畑かな
ぼたんのむら
無花果をむく難しき顔となる
ぽろたま
いちじくの芯の闇から過去のキズ
ほろよい
無花果やよしみちゃんちの厠裏
ぽんのじょう
無花果を裂けば広がる拉致の海
マーフィー
口中に無花果の脳ぷちと鳴る
まさこ
無花果をもぐ柔らかき乙女達
まの
無花果や株式市況流す昼
まるひるま
避難指示熟れ無花果はそのままに
ミィ
キミその声は無花果を食つたとか
みかりん
無花果の匂ひたるゴミ集積所
みくにく
無花果とアダムの肋骨のような月
ミセス・ロードムービー
好きな娘へひとつ無花果をぶつける
みどりちゃん
暗紫色の出羽三山と無花果と
みなと
無花果や深呼吸して吐く星座
みやこわすれ
無花果や豊かな翁の佇まう
むじーじ
いちじく欲し球団も欲し不老の身欲し
むったん
無花果や駅長脚立さげてゆく
むべ
無花果やぜんぶのえだがそらつつく
むらさき(6さい)
無花果の乳房になっていく予感
モッツァレラえのくし
無花果の赤いおいどの弾けさう
ももたもも
無花果やポトリ良心落ちる音
やぶつばき
無花果や女同士は判る嘘
やまぶき
無花果や東京訛りを笑われて
ゆすらご
無花果を裂く母脳に黒き影
ゆづき裕月
どの道も細き集落無花果もぐ
よぶこどり
軽トラに爪痕深い無花果が
よりみち
頬紅き大臣の手のいちじくよ
ららやにほ
一番星いちじく色に暮れる空
りぃらっくま
無花果割れチグリス河のにおいかな
リバティーさん
無花果やダンサー憩ふ小楽屋
哀顏騎士
無花果や官能小説語彙辞典
或人
無花果やヒトに進化をし損ねて
杏と優
無花果や土偶の腹の妊娠線
伊奈川富真乃
微睡は罪無花果のよく熟れて
伊予吟会 りひこ
無花果や隠れしキリシタンの島
伊予吟会 宵嵐
無花果の一果地球といふ重さ
伊予吟会心嵐
無花果のぷちぷち母の世迷い言
一走人
無花果の裂け目は土偶の孕み女
一茶お
40%引きの無花果割れてゐる
茨城のポキヨシ
無花果や外人墓地の風眠る
雨霧彦@木ノ芽
無花果を宿す妻かも情あり
卯MOON
思春期や無花果は熟れて危うし
瓜中不眠
鳥食みし無花果を投ぐ失速す
遠音
無花果が割れる無花果生きる為
塩の司厨長
人狼ゲーム勝つて無花果貪れり
塩豆
雨、無花果を食う胸中は嵐
温湿布
無花果や妻のくすっの意味不明
佳月
無花果よ看病に倦む掌よ
可笑式
無花果の闇に火星を見つけをり
夏柿
無花果の腐爛午後の曳航
歌新(うたら)
無花果が食べ頃ですよお義母さま
花咲明日香
無花果や暮らしに鳥の声ありて
花南天anne
いちじくやじいちゃんかなりへそまがり
花紋
ここで見た河童がイチジク食べるとこ
茄子紺
無花果や母に教わり数え歌
無花果を喰うや死産せる姪と
灰色狼
無花果に埋めゆく舌の厚さかな
街麦
初めての無花果に子の戸惑ひぬ
葛谷猫日和
無花果は音を立てずに熟れてゆく
無花果をもいだ仲なり友去りぬ
岸 れん
無花果やぽつてりと双子のおしり
岩のじ
無花果の蔕折る信管のやうな
輝 龍明
皮一枚完熟いちじく守りおり
金治宜子
まだ青し柩の中の無花果は
金平糖
無花果や粘つく指の置きどころ
空 春翔
外国の市場や無花果の無口
熊縫まゆ
セザンヌとなり無花果を選びけり
桑島 幹
腐りゆく太陽無花果を孕む
桂奈
無花果を大盛にして核談義
渓湖
爆発寸前の無花果を食らふ
鶏侍
無花果の内で脈打つ嬰児かな
鯨木ヤスカ
無花果を持たせて送る後生かな
菊池洋勝
無花果を剥くやFoujitaの裸婦出づる
虚実子
垣根からぼってり無花果重かろう
京のみやび
無花果に赤らむ五臓六腑かな
京野さち
足しても引いても割っても無花果
月の砂漠★★
無花果やアフロディーテの痂皮をむく
月の道
あれやこれ気に病む夜と無花果と
月々
無花果や山羊のふぐりの円き皺
月見柑
無花果の割れ放題の世界へ来
古瀬まさあき
無花果は優しくもげば哭かぬもの
古都ぎんう
無花果に生ハム口説かれてるらし
鯉太郎
無花果やつとめ終へたるわが卵巣
紅さやか
無花果を貪り花の香の吐息
香野さとみ
無花果の裂け目にひゅると星の入る
高野由多
熟れて割れけり無花果も星雲も
佐藤直哉
満天の星へ無花果供へたり
彩楓(さいふう)
結婚のじかんへいちじくの血合ひ
斎藤秀雄
無花果や透析椅子のやはらかし
斎乃雪
秘密の恋で産まれたる無花果や
菜々の花
100km/hで人面無花果潰しをり
桜川俵船
イチジクノ火口ヨリ地底湖ニ入ル
三重丸
無花果を煮るかぷかぷとクラムボン
三重野とりとり
無花果の枝折れ易し父は無し
山口富子
無花果やメビウスの輪のうやむやに
山香ばし
いちじくや牧場の朝の搾乳機
山本嘉子
無花果の中で覚めない夢を見る
山野ゆうり
無花果落つやモンローのつけぼくろ
四丁目
無花果の割れ目に銀河覗きたり
詩楽麿
少し口開け無花果の意気地無し
時計子(とけこ)
無花果はきつといちじくアレルギー
耳目
無花果やヨーコの恋の熟し方
七瀬ゆきこ
無花果食む終わりにしよう私たち
七日
無花果の傷つきやすく実るかな
柴原明人
百個目の無花果青い空を食べ
紗々
いちじくや楽譜追う耳めくる指
紗蘭
無花果や猫の去勢は明日となり
珠桜女あすか
無花果やぶつぶつぶつと愚痴こぼす
春生
割れた無花果不登校と闘う
春日のぽんぽこぴーな
無花果の子壺の形をうつくしむ
春野いちご
無花果や星の欠片を詰め弾く
小鞠
無花果の臍から割きて子だくさん
小橋春鳥
無花果のしずく垂る「野火」の頁に
小市
ぽこぽこと無花果を煮るだけの夜
小石川小石
無花果は無花果らしくナイフ入れ
小千住
無花果を噛めばぷつりと止まる風
小川 都雪
無花果の歯に逆らわず食われたり
小走りの烏賊
無花果の饒舌になる嵐の夜
小町
若かりし父と社宅の無花果と
小田寺登女
無花果のサラダ再婚の話
小野更紗
無花果を発酵させんと集う四人
松浦麗久
青いちじく少女憂ひの入り口に
松山めゐ
無花果やスロバキアより着く手紙
松山女
無花果やぽかりとあいた予定表
松茶 巴@プレバト木の芽
無花果の畝ゆく風の毛羽立ちぬ
松田てぃ
ころころと無花果がゆく地平線
笑々
無花果やアインシュタインの脳の謎
笑酔
無花果や祖母の裁ち板はすべすべ
新藤柑子
無花果は禁断の果実なのですか
新野見墨花
テルアビブ無花果噛みて夜行便
深川リンの父
無花果や中途半端な町の路地
仁和田 永
無花果や嵐が来ると産気づく
水間澱凡
龍のタトゥーいちじく売りの太き腕
水夢
三途川いちじく売りのありにけり
酔いどれ防人
無花果の香に朝の気の弛む(たゆむ)なり
酔楓
無花果の殊に繁れるチャペルかな
数鉄砲
部屋代を払ひ無花果貰ひけり
杉本とらを
無花果やシャツのはりつく雨催い
菅谷 糸
無花果の腹柔らかく湿りたり
瀬波秋鮭
無花果や時計とダリの時計の間
無花果や隣の人のあたたかし
正子
無花果や般若心経書き損じ
正則
無花果の一本熟れる牧師館
清波
無花果の実より暮るるやビル間
西山哲彦
無花果や熟女にまるき力瘤
西川由野
無花果や孫の眼の他人めく
西村楊子
いちじくの血の純白や空青む
西尾桃太郎
無花果や富山の薬置き薬
青い月
イチジクや佐渡の裏庭声溢れ
斉藤ふみえ
白いゆび無花果の肉しなだれる
石川 聡
無花果の実かたぎて火星のゆらぐ
石野上路無
いちじくの実のやはらかや面会日
赤い彗星の捨楽
無花果や八百屋の嫁の男癖
赤馬福助
無花果を割る瞬間に高ぶりぬ
雪花
無花果の青き鈴生り雨催い
千の葉
胎動嬉し無花果三つめなり
千恵
無花果や隣の家は子沢山
千葉睦女
いちじくを分けてもらった駐在所
千里一歩
無花果やちゆるんと喉を潤して
船岡遊子
無花果の乳の黄口(あくち)の戦後かな
善多丸
無花果のはらわたえぐるぐしゃぐしゃと
祖乞
無花果の夜半胎の子を宿したり
倉形さらさ
心臓の高さに生りて無花果や
想予
無花果は愚痴聞かされてジャムになり
草翡
無花果や棺のじいちゃんは冷たい
蒼子
無花果や貧しき信徒の子沢山
蒼鳩
無花果を煮るあやすやう甘く煮る
村上 無有
無花果を捥ぐ初恋の次の恋
村上優貴
無花果や米研ぐ水の澄んでをり
村上瑠璃甫
女子寮の廻し飲み見し青無花果
多事
無花果を割れば海鳴る丘の上
多々良海月
無花果や不老長寿は望まぬが
太一
無花果を呑む如く食む雨しとど
駄口竹流
無花果のみな尻向けて尻割れて
大塚迷路
無花果や嫉妬が生まれる瞬間
大槻税悦
無花果や帰り待つ間につめを染め
瀧まさこ
無花果の落ちて湿りに湿り足す
沢田朱里
「連れて帰れ」と無花果の声耳にする
谷あやの
無花果や紅型の帯締めて行く
谷口詠美
ドラキュラが無花果食べる間に逃げよ
谷山みつこ
無花果煮る祖母の名印す大しやもじ
谷川の蛍子
無花果や割ったら不意に母のこと
竹 夢月
無花果やサイロの礎石残る家
竹庵
無花果を食べて木登りしたくなる
中嶋範子
無花果の冷たさ手のひらに重さ
宙のふう
魍魎の息より無花果の仄か
衷子
五センチ先の君いちじく食む黙
朝桜咲花
奥歯の唐突 無花果の告白
潮ベルト
無花果の庭から消えし売家札
長谷川 ひろし
無花果の抗ふごとき重さかな
直樹里
青無花果どこか母似の乳房かな
津葦
青無花果学徒出陣壮行会
津軽ちゃう
無花果を二つに割れば友来たる
津軽まつ
無花果や消毒臭きナースの手
津軽わさお
無花果や誰にも云わぬ母の恋
辻が花
母の機嫌見つつ無花果剥く夕べ
定吉
無花果や母の乳房の暖かさ
天晴鈍ぞ孤
ご詠歌や無花果握る児を膝に
田中耕泉
週刊誌濡るる無花果頬張れば
田中憂馬
無花果の白いところで待ち合わせ
田島ハル
無花果のぽたりと重し反省す
田付一苗
無花果や罪は甘くて柔らかく
田辺ふみ
胃の底をぬらりぬらりと這ふ無花果
登りびと
二股道の股にイチジク捥ぎて右
都乃あざみ
無花果の生るまではただの樹でした
土井小文
無花果や鬼に取られし頬の瘤
土屋虹魚
ひと山の無花果煮たり七回忌
東山
無花果や物干し竿の大安売り
東洋らいらん
無花果や肝臓色の食べ頃に
桃泉
泪もろくて男好きないちじく
藤鷹圓哉
無花果や身籠る夜のついぞ無く
藤田康子
無花果や母にひ孫の十三人
藤娘なつ
無花果を天狗が葉ごと捥いだらし
豆田こまめ
無花果や子を離されし山羊の乳
栃木のあーたん
無花果の互ひ違ひにつめらるる
奈緒女
無花果や童話にいつも爺と婆
凪野たいら
無花果や不義の恋なら朽ちるのみ
南雲風花
いちじくを掴む軍手の丸みかな
尼島里志
無花果の香楊貴妃の声の義姉よ
肉野州民菜
あたまよりおしりがあまい無花果よ
虹子(6才)
無花果の熟れ落つほどに遠い君
寧菜
無花果や雨を聞きつつカヌレ焼く
猫渓
無花果や元禄六年の位牌
猫舌扁平足
無花果や母たる者の胸は張り
播磨陽子
欲しいだけ母に無花果渡す夢
波の音
無花果や妻の米研ぐ音続く
麦吉
無花果や俺が喰はれているやうな
八作
無花果や土間の簀の子の角丸し
八幡風花
無花果や閉経までは幾年か
半夏生(竹村)
無花果やなくともそこに昼の星
飯村祐知子
無花果に指の幽かにしづみをり
彼方ひらく
無花果や共に食ぶ顔見ずにおく
比良山
いちじくや段のぼり来る数え歌
尾上真理
おつとめ品なり昼下がりの無花果
枇杷子
無花果や赤子の足のむっちむち
姫山りんご
いちじくやルビ丁寧に道の駅
百合乃
無花果や炭化せし板絵の出土
百草千樹
無花果食べる母いつも祖母のこと
富山の露玉
無花果の色濃く成りて家出かな
風華
無花果や妊娠線を纏う腹
福良ちどり
無花果を食ふシャム猫になりたくて
文月さな女
無花果や真逆さまに落ちる夢
文女
軒下の無花果売りは半迦思惟
碧井びわこ
無花果や水源へ行くまでの径
暮井戸
無花果や常世にありて黄泉のみづ
豊田すばる
無花果の熟れてもかろき涙型
本上聖子
無花果や庵主は昼寝して帰る
凡鑽
無花果やヤクルトさんを呼び止めて
未貫
無花果の畠の横で逢うらしい
未知
無花果を迷へば鴉めく鋏
未来羽
片恋や無花果を丸齧りする
岬りこ
踏切の警報に熟す無花果
眠る烏龍茶
無花果の熟れごろ女のお年ごろ
夢見亭笑楽@「女」は方言で「へな」
無花果を煮て洗濯は三回目
霧子
ぐうの音のぐうは無花果熟れし音
椋本望生
もぎたてのいちじくなきがらのひよこ
明惟久里
無花果を君の臓腑として喰らう
明星
無花果を仲間と思う不死者かな
綿井びょう
無花果や歪な明日を詰め込んで
野倉夕緋
無花果や声にせぬもの呑下す
野地垂木
無花果や産みたてたまご湿りをり
野々りんどう
も一個と言えなかったよいちじくの木
薬師丸ひで樹
無花果やフジ子・ヘミングまろやかに
薮久美子
無花果は食わぬが困る予定なし
唯我独善
無花果や尻のムズムズするかたち
優純bow
無花果や孫には甘い祖母だった
洋々
無花果やかくれんぼは鬼が好き
葉るみ
裏庭に無花果縁側に亀
葉月のりりん
無花果や病み失ひしヒラメ筋
葉子 A
いちじくの基地で秘密を頬張りて
葉室緑子
親元を離れ無花果のいたみ
雷紋
無花果や鏡に交はす無駄話
蘭丸結動
無花果や船団を飲む大落暉
利尻
無花果や日本のへそは渋川市
利平
無花果や乙女のやうな詩を秘す
李子
無花果は嫌ひお父様も嫌ひ
理子
老いらくの恋の味して無花果は
立志
いちじくを噛めば副腎の歯ざはり
緑の手
無花果の落ちてぽん太の啖呵かな
鈴木麗門
無花果や疎水滑れる風清し
蓮華寺
無花果の甘さ柱の傷のあと
老海鼠子
無花果や仮眠のはずが熟睡す
戌の箸置
無花果や通夜に不遜な熟れ具合
橄欖子
無花果やつっと張りくる乳痛し
游真
無花果を割る古代の香りがする
祺埜 箕來
香港へ此処の無花果飛ぶそうな
邯鄲
無花果や今朝から怒り疲れてる
鋏と定規
通夜終えて庭の無花果濡れており
霖之助
さん付けで呼びあふ姉妹いちじくの家
靫草子
無花果やこぶ爺さんのこぶの色
sol
湧き水に無花果の影ひかりをり
いくらちゃん
無花果の固さ駱駝のこぶほどに
いもがらぼくと
無花果の空のざらりと暮れゆけり
かまど
無花果剥く父に線香上げた手で
かをり
無花果のロールシャッハや青き空
しいちゃん
無花果に内包されし遺留分
ゆみづき
無花果やイーゼルの影長くなり
幹弘
妖怪の卵と渡す無花果や
工藤浩之
観劇の夜無花果を食らう王
広瀬 康
無花果やくわがくてふ名のエノラゲイ
綱長井ハツオ
愛嬌のよき華人無花果くれり
香舟
無花果を寝床で食らふ子規のごと
高村七子
無花果に触れて落ちるは星の声
高村優雨花
無花果や実家につづく上り坂
三輪佳子
無花果や実家跡地の駐車場
秋月
無花果や熟れるに任す墓地の奥
秋月なおと
無花果のゆたかに実る曲がった木
秋桜
無花果やフロムアラビア医学伝
宵待草
チェロを弾く指よ無花果むく指よ
小倉あんこ
無花果やペルシャの王が槍を取る
澄海
無花果やペルシャの空の日本晴れ
草人
無花果の裂け目よりマダムボヴァリーの夢
短夜の月
無花果と卵抱えて崖降りる
塗り猫にゃん
無花果や空欄多き母子手帳
板柿せっか
無花果と古代ローマ帝国の末路
飯田 青
無花果欲し術前の声遠ざかる
美人晩成
無花果のひと齧りごと獣めく
風来松
無花果を割って叫んで投げ捨てる
服部睦月
無花果やゲバラに捧ぐ葉も全て
堀アンナ
無花果の納屋へ隠したなみだ壺
茂る
無花果に貰ふ清けき旅の朝
木人
無花果食う人事部長の熟れた指
野純
無花果の熟れて落つるや工学部
与志魚
無花果をねっとり食みて陽の沈む
六々庵
キッチンドリンカー無花果を剥き殺す
さちか
パンドラの函に残されてゐる無花果
きゅうもん@木ノ芽
キリシタン墓地に無花果いつも熟れる
きゅうもん@木ノ芽
無花果やラヂオにノイズ走りたる
きゅうもん@木ノ芽
あの海が割れて無花果裂ける朝
司啓
無花果の花にナイフが溶けるやう
司啓
無花果に花あり我は脱税す
司啓
無花果の仏間人魂流れたり
星埜黴円
無花果や老猫死せる呉服店
星埜黴円
患者死す夜無花果を縦に断つ
星埜黴円
胆嚢の膨らむごとし無花果は
星埜黴円
無花果やイエスの墓は空つぽで
清清檸檬
無花果に触れて指紋の薄れてく
清清檸檬
無花果のここと定めて剥きはじむ
清清檸檬
無花果を爆発前に吸ひ尽くす
青楓也緒
いちじくやみんなふつうにうむんだな
青楓也緒
無花果やいのちの数のかぞえかた
青楓也緒
いちじくの歪める円のやさしさよ
大雅
無花果の刃吸ひたる昏さかな
大雅
無花果や女性週刊誌は騒ぐ
大雅
たましひと無花果おなじ重さかな
福花
無花果や隕石降りて転生す
福花
無花果を生贄として日の昇る
福花
無花果や湯灌の妙に明るくて
福花
無花果や遠きに尼僧歌ひけり
北野きのこ
無花果の尻に敷かれた男性誌
北野きのこ
無花果の種噛む度に近付く死
北野きのこ
臆病な色に無花果熟れ垂るる
24516
無花果の熟るといふより思案せる
24516
独身の姉妹住む無花果の家
24516
無花果の下の納体袋かな
一阿蘇鷲二
無花果やぷかんとネオンテトラ死す
一阿蘇鷲二
無花果や月から垂れてくる腐臭
一阿蘇鷲二
いちじくや今宵の自転なまぬるき
ヒカリゴケ
いちじくのなか燃えてゐる燃えてゐる
ヒカリゴケ
無花果膿んで星の産卵酣に
めいおう星
淋しき重力無花果を甘くする
めいおう星
無花果や良いおっぱいに良いお尻
ラーラ
無花果を割る眠剤を噛み砕く
ラーラ
無花果や乳の粘つく笊の縁
28あずきち
沸沸と怒っているのか無花果よ
28あずきち
無花果やこれは内緒の話だが
あつむら恵女
無花果が熟れた中耳炎が痛い
あつむら恵女
無花果割るさつきの雨の匂ひかな
あまぶー
無花果を売るは土偶のやうな叔母
あまぶー
無花果のいちじくらしき肥り腰
ウェンズデー正人
粗紙のごと剥ぎ無花果の皮ぬめる
ウェンズデー正人
かぶりつく無花果肚の子のあくび
うしうし
無花果やかくしごとある盆の窪
うしうし
いちじくのじくのあたりに虫がゐる
無花果や原初の星の生臭し
無花果酸っぱいもう少し生きられそう
くさ
無花果やルノワールの女子まるっこい
くさ
いちじくやあの日の太宰の瑞々し
ぐでたまご
無花果や不妊治療は三年目
ぐでたまご
無花果や節つけて詠む般若経
クラウド坂の上
無花果や床下にある隠しもの
クラウド坂の上
無花果の匂ひ残りて赤き月
くりでん
無花果すっからかん猿のあっけらかん
くりでん
息甘し無花果お口を閉じなさい
さくみ
いちじくを?ぐように腫瘍の手術
さくみ
無花果の断面恐し産まざれば
さとうりつこ
恐るべき恍惚いちぢくの裂目
さとうりつこ
手のひらのいちじく重きひと日かな
じゃすみん
無花果や舌にざらりと残る嘘
じゃすみん
真夜中の無線交信いちじく食ふ
じゃすみん
豊穣な女神の尻やほろろいし
しゃれこうべの妻
無花果を捩じ伏す舌の滑りかな
しゃれこうべの妻
無花果や鬼に取られた頬のコブ
シュリ
無花果や義姉は財布を開かない
シュリ
引っ越しは雨暗紫色の無花果
しょうき
無花果や地層がねじれ上がってる
しょうき
無花果の種心臓に似てしずか
しろ
渡されていちじく温む今朝の晴れ
しろ
無花果や火星の長き水路跡
すりいぴい
無花果や壁画の女ひざまづき
すりいぴい
無花果の奥に誰かが覗き居る
だいふく
無花果ひとつ生贄のつま先に
だいふく
星をゆくキャラバン無花果は熟れぬ
たんじぇりん金子
いちじくを煮るに夜色と赤ワイン
たんじぇりん金子
無花果や原罪の血はだくだくと
ちゃうりん
バザールで買ふイチジクと耳飾り
ちゃうりん
無花果のひそりと狼の乳房
とおと
映日果のつめたき焔舐め取りぬ
とおと
ジプシーの恋占ひよ無花果よ
どかてい
無花果を割るゆつくりと星ほぐす
どかてい
無花果もぐ指はロザリオ握る指
にゃん
無花果やよく乳の出る嫁である
にゃん
大戦を思い出すから無花果は
ぬるっば
戦闘機墜ちる無花果の向こうに
ぬるっば
無花果の割れ放題や義父老いる
パッキンマン
無花果と強い癖字の剪定帳
パッキンマン
無花果の乳で呪(まじな)ふ若き魔女
ふじこ
無花果や暁闇は生殖の色
ふじこ
無花果の鳥のかたちに熟れゐたり
まるちゃん2323
無花果や御国言葉の生臭し
まるちゃん2323
無花果の園海底にあるごとし
みちる
無花果を食ふ子つぶす子ぶつける子
みちる
無花果や汝が肉もかくも甘きか
よしおくん
長崎や無花果落ちて雨となり
よしおくん
無花果として生まれ♀として死ぬ
よだか
生きるとは憎むこと無花果の腸
よだか
さまよえる漱石いちじくの落果
る・こんと
無花果や生家を出ぬといふ長姉
る・こんと
無花果や我に瘡蓋めく記憶
ローストビーフ
無花果を剥いた手で触られてゐる
ローストビーフ
無花果や臓器移植に◯印
葦たかし
無花果や嘘つくたびに甘くなり
葦たかし
無花果の円熟や釈尊の耳朶
伊介
無花果やファラオの両の爪甘し
伊介
無花果や秘密とはざわざわ赤き
一斤染乃
無花果の香仄かな着床痛
一斤染乃
太陽の毒吸い尽くし無花果熟る
歌鈴
この無花果は神様への賄賂
歌鈴
無花果を半分与ふ間柄
霞山旅
無花果の滴ることも出来ぬ赤
霞山旅
無花果が熟れている喧嘩はしない
海野しりとり
無花果をぶつけたかった我慢した
笠原 理香
無花果や一人より寂しい夫婦
笠原 理香
裂く指にまとはる無花果の触手
樫の木
無花果の熟れ天金のニーチェの書
樫の木
無花果を噛むや蔵には不発弾
瓦すずめ
無花果を齧りて野生児の系譜
瓦すずめ
無花果に棲む海の音聞いてゐる
亀田荒太
無花果の採りごろ少女嫁ぎごろ
亀田荒太
無花果が焦げ死ぬように裂けてきた
蟻馬次朗
いちじくにマリリンモンローの吐息
蟻馬次朗
シヴァ神の哮りをイチジクの深紅
久我恒子
モディリアーニの女渇くや映日果
久我恒子
目印はいちじく龍宮への井戸
玉庭
うまさうでまずさうであまいいちじく
玉庭
瞼の裏側と同じ色の無花果を買ふ
玉木たまね
無花果に吸はれし指を吸ひにけり
玉木たまね
無花果のその悲しみを喰ひつくし
近澤有孝
三文詩人無花果のある夜を睨み
近澤有孝
無花果の森鬼の食ふ神の食ふ
金子加行
無花果の下を噂の通りけり
金子加行
無花果や空はからっぽただ青い
佐東亜阿介@チーム天地夢遥
無花果や法事の叔母の車椅子
佐東亜阿介@チーム天地夢遥
無花果といぢめられたる思い出と
砂山恵子
無花果の成るそれだけの家だつた
砂山恵子
無花果の紅に琥珀を煮含める
山内彩月
無花果や導火線は花に仕込む
山内彩月
無花果や割ればアフロディテの子宮
珊瑚
ルノワールの裸婦や無花果の芳香
珊瑚
いちじくやきっとわたしも痛かった
次郎の飼い主
朝採りの無花果を心臓として
次郎の飼い主
いちじくはかどはかされてほかされて
朱契
まひるまをいちじくすこし膨らめる
朱契
無花果を?ぎ暫くは夕日なり
酒井おかわり
青無花果 昭和のノイズ 父 野良犬
酒井おかわり
無花果や教えなくても悪いこと
純音
無花果やけふもをんなのせいにする
純音
無花果の熟れゆく午後のタンブーラ
小川めぐる@インドの撥弦楽器。
無花果や崑崙山に不死の川
小川めぐる
無花果の花というには人臭き
小泉岩魚
いちじくいちじくあの娘がふられますように
小泉岩魚
無花果やゆふぐれ熟れてしまひけり
城内幸江
無花果や体内の綺麗なところ
城内幸江
屋上庭園無花果熟れる銀座かな
真繍
無花果を食べて孕める黒き猫
真繍
無花果のぺれれりりりと剥けにけり
神山刻
無花果は獄中である剥いてやる
神山刻
無花果や親友と腹割って語る
晴好 雨独
無花果を妻が好きなる訳知らず
晴好 雨独
無花果の大口が陽を喰ひ尽くす
西尾婆翔
纏足のごと無花果を育てたる
西尾婆翔
無花果や花詞あり「憎む」とふ
青伽
宇宙とは無花果のやうかもしれぬ
青柿
いい年をして冗談ばかり無花果
青萄
いちじく放るましらのごとき老婆来て
青萄
楊貴妃より贅沢一日一無花果
石井美髭
沢庵と無花果と三女も揃ふ朝餉かな
石井美髭
無花果が時限爆弾ならわかる
雪うさぎ
無花果や疎まれし子でありし頃
雪うさぎ
無花果を生殖器ごと食べにけり
倉木はじめ
夜を受信して無花果の割れにけり
倉木はじめ
生まれる前の記憶が欲しがる無花果
蒼奏
尻子玉の代わりによこせ無花果を
蒼奏
無花果や西太后の金の護指
中岡秀次@護指(ごし)、伸ばした爪を守る装身具、宝飾品。
無花果を食うて賢しきことを言ひ
中岡秀次
将校より無花果を受くヴィオロンよ
中山月波
無花果をモデルの礼に貰ひけり
中山月波
無花果よたまごを産めさうな熱よ
土井デボン探花
鷹見泉石いちじく食うた顔しとる
土井デボン探花@「鷹見泉石像」渡辺崋山作(国宝)
いちぢくてふひびきのいたき無花果
冬のおこじょ
腑分けの儀南蛮柿の血の甘さ
冬のおこじょ
魚だって眠る無花果だって啼く
桃猫雪子
無花果や君が産まれる前の恋
桃猫雪子
天に地に無花果にある裂け目かな
イチジクやビーシージーの病みし痕
無花果煮る紅色へしんと透く
敦子
無花果を頬ばりて脳の溶けだす
敦子
無花果を掻爬の妻のしむと割る
内藤羊皐
無花果はやや児の耳のいろ纏ふ
内藤羊皐
無花果をほおばり義母に口答え
南風紫蘭
無花果や脳の画像に萎縮あり
南風紫蘭@木ノ芽
無花果や薔薇のタトゥーの腕細し
楠えり子
無花果や星見えぬ夜はまるく寝る
楠えり子
無花果の根元に死体埋める夢
日出時計
無花果や聖書読まれることもなく
日出時計
無花果やサイレン響く木工場
日田路
無花果のずるりと剥ける倦怠期
日田路
どくどくと無花果一個てふ熱量
猫愛すクリーム
無花果やぼくら海綿体持てり
猫愛すクリーム
無花果に温かなりしゆびの傷
背馬
いただいた無花果甘くない模様
背馬
無花果や外つ国の雑誌の匂い
薄荷光
無花果を牛の乳房とすれば、うん
薄荷光
無花果や貴人みなもつ乳兄弟
比々き
無花果もぐ乳房より子をもぐやうに
比々き
ペルシアの陽に無花果と銀の壺
柊 月子
無花果や太陽の子を孕みたる
柊 月子
卓に無花果壁に安井曾太郎
武井かま猫
無花果や膝にオキシフルの発泡
武井かま猫
無花果や喧嘩のはじまりを忘れ
舞華
無花果を食らひ臍の緒の疼き
舞華
無花果の中の電球灯し頃
風峰
無花果は冥王星を見て眠る
風峰
無花果や伯母の片恋の話
碧女
無花果や引力のまま熟れにけり
碧女
いちぢくやことのははみな星となり
蜂里ななつ
無花果をころさぬやうに歯を立てり
蜂里ななつ
守衛兼無花果守の日誌かな
堀口房水
二枚舌恥づよ無花果裂け初むよ
堀口房水
つまむやうにつなぐ手いちじくの傷み
抹茶金魚
いちじくを裂くいのちとは柔らかし
抹茶金魚
姉の変身なので美味しい無花果です
牟礼あおい
狐狗狸さん狐狗狸さん無花果匂ふ指三つ
牟礼あおい@狐狗狸(こっくり)さん
色街のどんつきに寺無花果成る
野ばら
停電の厨無花果の立ち食ひ
野ばら
無花果や直す気のないサボりぐせ
油揚げ匠己
無花果や統計通りにオヤジ死ぬ
油揚げ匠己
無花果や遺産放棄の判を押し
有瀬こうこ
無花果は熟れて娘は離婚して
有瀬こうこ
背徳も殊勲もなくただ無花果
龍田山門
無花果や我らの罪の五千年
龍田山門
無花果や駱駝の瘤のやわらかき
露砂
無花果の完結あまやかな密室
露砂
いちじくの落暉の色の甘きこと
朶美子(えみこ)
完熟の無花果運ぶロバの村
朶美子(えみこ)
無花果や「趣味の園芸」どほり生る
珈琲斎
無花果や記憶の淵に何かをり
珈琲斎
無花果を剥いてなんだか痛さうな
笑松
切り傷はうずく無花果は甘くて
マオ
無花果を裂いて乳房を失くす夢
まどん
いちじくや嘘は催眠術のせい
☆彡ましろなぎさ
無花果や優しき嘘を噛みしむる
TAKO焼子
無花果や銀山の風黒々と
28ひろきち
無花果を割く停電の夜の百灯し
99カリン
嬰児に胸ひらく無花果をむく
chiro
無花果やコンビニの無い一本道
COSMOS
無花果や人の母にも海ありし
HGDT
いちじく割く笑う老母の拇指没す
KAZUピー
無花果やレジスタンスの手記熱し
Mコスモ
無花果や甘く或るほど死は儚
yoko
紫の夜を剥きたる無花果かな
あー無精
無花果や昔虐められてたでしょ
あいだほ
無花果を待たせて数学を解く
あいみのり
思い出は時にざりざり青無花果
あいむ李景
無花果の赤き先より黄昏るる
あい女
無花果を咥えて背負うランドセル
あすなろ
無花果を煮るしあはせな午後は雨
あつちやん
ぬちやと噛む無花果の香消す雨の音
あまぐり
無花果のジクの語感と食感と
あみま
無花果を潰す真白き選挙カー
あめふらし
無花果のお尻に時が詰まってる
あら さなえ
無花果や意気地無しとは遊ばない
アリマノミコ
無花果を剥いているのか傷つけているのか
あるきしちはる
無花果や婚家の闇に立ち入らず
いいよかん
ラジオから訃報無花果剥きにけり
いつき組リスナー班・旧重信のタイガース
無花果や夕陽の傷のありにけり
いつき組福岡リスナー班/由美子
無花果の小さく爆ぜり星またたく
いつ女
無花果を割ると摩訶不思議な迷路
いなべきよみ
片恋のどこか似ている無花果煮
いまいやすのり
無花果や女を孕み熟れていく
いろり
危うく身を崩すところの無花果
うさぎまんじゅう
借りたのは家か無花果生る庭か
うづら
畔で女立ち小便してる無花果熟れる
ウロ
無花果の吸いし生き血を吸い返す
おおやぶちょ
無花果や塩田平の無言館
おがたま
ぱんぱんの無花果破れて今日も晴れ
おくにち木実
無花果に閉ぢ込めて食ぶ不実かな
お気楽草紙
雲片の貼り付いてゐる青無花果
かざばな
無花果を模す祈祷師の首飾り
かつたろー。
無花果や筋腫と暮らす普通の日
かのたま
無花果や笑い袋が泣き出した
かもん丸茶
無花果よえなの流れる川岸に
ギボウシ金森
無花果の熟れて終戦空青し
キョンちゃん
高台へ猫と無花果持って行く
きんえんくん
いちじくのへそのあたりが火元です
くさぐき
いちじくをほつたらかしにして昏む
クズウジュンイチ
無花果や文士は胃腸薬を飲む
ぐずみ
病室に祖母と無花果のなきがら
くにたち君
無花果やゆふべのタトゥーシール消ゆ
くま鶉
無花果や置き薬代弐千円
くめ仙人
無花果をくぷくぷ煮たる晩婚期
くらげを
無花果や停電の宵の蝋燭
けーい○
ひよこ抱く心地無花果手の窪に
けら

並

いちじくをむりしてたべたひとつだけ
がんばるけいご7才
いちじくのあじうすすぎたなんでかな
がんばるたくみ5才
おばさんが無花果持って茶を飲みに
Kかれん
無花果の口にあますやがっさがさ
アーナンダ
青無花果下校のあの児まろみけり
もせきのこ
無花果やクロネコヤマトでやってくる
るるの父
無花果や介護疲れをプチプチプチ
花伝
無花果の花プチプチと食らふなり
⑦パパ
無花果や返す言葉がありません
いつもの花影
無花果の皮乾いたる廃止路線
93kgのプッコラ
無花果は花実の母か乳垂れる
aya
無花果や白き乳房の赤ぼくろ
be
無花果のつましく淫靡に香るかな
GARU
無花果や旨味の元の潮風来
GONZA
紫の冠位無花果眺む斑鳩や
H-bird
無花果や美女は三日で飽きるらし
k.julia
無花果をもぎて手に着く白い乳
kkk
いちじくをぱかつと割って産まれた子
nasa
無花果の食べ頃カラス先取りし
PON
無花果や密かに願ふ不老不死
sakura a.
無花果を体育館の北へ運ぶ
Y雨日
無花果やねっとり甘きけさの乳
うに子
無花果や舌にたゆたふ甘き乳
ふみゑ
ケンカのあとは無花果のコンポート
あい琶
無花果や往昔思ふ無垢なあじ
あおき甜瓜
鳥が抉った無花果の赤い穴
アガニョーク
公園の採るな無花果たべるなよ
あけび庵
無花果のつややか朝の墓参り
あざみ
無花果やあの娘本心口にせず
あさり
人妻の無花果割る手嫋やかに
あわの花水木
旧邸の手水と苔と無花果と
いごぼうら
抜け殻に無花果詰めて投げようか
いしだもよ
いちじくの香りなつかし味甘し
いつき組リスナー班・旧重信のこゆき(@タイガースの妻)
無花果や父の手紙の書痙文字
うずまきタルト
切断面まろし無花果剥く指の
エイシェン
無花果の味知らぬまま仮免許
エース古賀
無花果の今高級果物なの
えび天
作り手によく似た無花果煮の主張
えむさい
早起きし無花果喰らう井戸の端
オアズマン
無花果や早起き鳥に先越され
オイラー
割れました木漏れ日ごしの無花果よ
オキザリス
無花果の食べ頃目星付けにけり
おけら
前世は無花果に集る(たかる)ものでした
おんちゃん。
無花果や空き家の庭で食べ頃に
カオス
無花果を割る親指の力かな
かぬまっこ
初物のずっしり光無花果や
ギコ
無花果や海峡わたり交歓す
きさらぎ
無花果の首筋に爪立てにけり
キッカワテツヤ
無花果の天麩羅と聞き箸止まる
きっちゃん
いちじくやはじめてできたさかあがり
きなこもち
「ただいま」と言ふなり無花果もぎにゆく
きのと
聞かせてよ楽しい話いちじくに
きびだんご
無花果の熟してずしりと枝撓む
きみこば
無花果のジャムを煮ながら母のこと
キヨ
蓬莱柿裸でくれし見舞客
きよし@蓬莱柿とは無花果の品種の一つ
無花果や娘は花嫁になった
きゆうかんちよう
無花果や畑一面の切り株
くりすけ
無花果や無口な女人の秘め事
くるみだんご
無花果や葉の巨なりして若き祖母
ぐれむりん
分校の記憶いちじく三個づつ
クロまま
また手出るくちびる痒し無花果め
けいこ
無花果や内に秘めたる恋心
ココダン
無花果や無為に過ごして日は暮るる
こてつ川
無花果や吾子の昼寝の甘きこと
ことり
無花果や褪せた記憶の中で熟れ
コナラ
無花果の青み残るをジャムとせむ
こはぎ
無花果や我の血となり肉となり
こぶこ
無花果を分ける二人の秘密基地
さきのジジ
無花果やクレオパトラの白き肌
さくやこのはな
無花果や甘酸っぱきは恋の味
さくら・由美子
水やりと雑草ぬきと無花果の熟れ
さくらがい
無花果や資産無くとも子沢山
ささき良月
無花果や小鳥も日よけ庭の隅
さとうくにお
無花果や亡くした子宮いま何処に
さとみ
無花果や含み笑ひの隠しごと
さぶり
白ワイン無花果のはらわた満たす
さゆみ
無花果食う引っ越しの荷を解きつつ
しー子
無花果や餓鬼共揃い土手で食う
しおかぜ
無花果や我より先よ小鳥食ふ
しげ爺
無花果の甘煮供えて七回忌
じゅりあん山本
命日や無花果三つ婆の手に
しょもパンダ
無花果や鞴の叫び聞いてをリ
しんしん
無花果の内なる炎滲み出づ
すえよし
売れ残り無花果三つ陽も陰り
スタルカ
書き置きなくも無花果は飾り切り
すま
無花果や社宅廃墟となり果てて
すみ
無花果や打てずに負けるタイガース
スローライフ
無花果に熟れてきたねと路地の人
せり花
主無き庭の実熟るる無花果の樹
せんえい
無花果や墓石の前に母しのび
ぜんりゅう
神話など忘れ無花果貪りぬ
そめいゆ
無花果を嫌がる孫に息子見る
たいき
無花果の泪にあらじ乳あふる
たけし
無花果や今日も見守る登下校
だけわらび
無花果や天つく拳花秘めて
たづ
無花果やまだ女ではない君と
たてしな昇平
無花果の小さき実や解体の朝
たま
無花果や柔き乳房の遥かなる
たんと
老いたる樹されど無花果たわわ生る
たん造
無花果や緑の底に赤探す
ちょろたこいん
無花果の噛み潰しいる無言かな
つきひ星
無花果や町工場のベルの音
つつ井つつ
廃屋の屋根に転がる無花果は
つつ井つつ夫
叱られて無花果の粒潰しけり
つわきの嫁
無花果や勝手知つたる祖母の庭
てまり
無花果の香りの照らす闇路かな
テン@第二まる安
無花果や老いゆく母の手の温み
てん点
いちじくの熟れかた佳きをおとうとに
ときこ
吾子の手の握りこぶしや無花果ぞ
ときめき人
山籠る買いだめ品に無花果や
とこちゃん
肩馬でもぎし無花果自慢顔
とし
上顎の粘膜に味ほろろいし
としなり
当惑す熟れ無花果に触るるとき
どっこいしょ
無花果の一日一果熟しけり
トッピー
白肌に紅く染まりし頬無花果
とねりこ
無花果のジャムを夜更けに煮てるわけ
とみことみ
無花果を供えし遺影笑みし祖母
とめぞう
無花果の生ハム巻きで赤ワイン
ドラタンリュウジ
無花果に決められぬ事問うてみる
ドレッシング
無花果や祖父の育てし贄ゆたか
とんとん
熟れすぎた無花果投げて祭り気分
なお
初物の無花果を食ぶ嗚呼祖母よ
なかおち
無花果やもぎとり見れば乳たらす
なかがわ 聖一
無花果や明日香の里に小雨降る
なかの花梨
鬼門に無花果代々無頓着
ながら
無花果を割りて始まる母の愚痴
なご
無花果を割って始まる日曜日
ナタデココ
無花果や今日もなんとか登校す
なないろ
手に取って無花果悲し穴模様
にゃんみー
大箱にジャム用無花果三キロ
ねもじ
無花果を好む祖母譲りの味蕾
のぼ子
無花果や籠一杯にジャム作り
のりた
付いて来や無花果の風薬屋へ
バーバラ
おずおずと無花果の蔭に始まれり
ばあ哉
無花果やラストスパートの宿題
パオ
無花果を愛でて熟成するを待つ
はずきめいこ
無花果の裂けて吾誘ふ紅き口
ははろ
無花果に秘めし花色問う子の目
ハマさん
無花果や女々しい奴と疎まれて
はまゆう
無花果はドボンとひとつ深間へと
はやて
朝起きて5、6個とれる無花果よ
ばんしょう
無花果や白き汁落つ下駄の緒に
ビーエム小僧
昼下がり無花果煮つむ匂いかな
ピーター
いちじくを割って大きさ比べする
ひなた
無花果を捥いで食べては鬼ごっこ
ひよはるばば
無花果の読みを問いつつ齧りけり
ひろ
到来の無花果割って夜ひとり
ひろきう
無花果にワッと飛び付く従姉妹達
ひろのじょう
無花果の香も立てず売られけり
ひろろ
無花果の割れて顔出す秘密の緋
ひろ史
無花果の乳固まつて黒くあり
ひろ志
ふつふつの無花果ジャムを味見する
ふうせんかずら
無花果や甘い宇宙が鎮座する
ぶぅちゃん
無花果の花をぱくつく音甘し
ふさこ
「花宵道中」晩酌はいちじくの酒
ふたあい
無花果やひとり逃れて雑踏へ
ふっこ
無花果割る咬み跡疼く薬指
プリマス妙
乳のやう熟れ無花果のもぎり口
ペトロア
ほっかむりを脱りて無花果入れてをり
ぽんたちん
いちじくを剥く手がいつも痒い痒い
ポンタロウ
手を伸ばし無花果ちぎる窓の空
ほんゆみ
いちじくをはんぶんこしてあかいほっぺ
まいく
無花果や母の後ろ手爪黒し
まこち
田の見える畳に無花果ころがりて
まさよっち
無花果のざらりと甘き懺悔かな
マダムキムコ
無花果や最後に鼻へ青き味
まち眞知子
無花果の匂ふ部屋へと通される
まつだまゆ
無花果に伸ばす吾子の手たかいそら
まつぼっくり3号
無花果や故郷の香り箱のなか
まなたか
無花果の漢字の由来千回目
まめ小路まめ子
無花果にため息我が身重ねたり
マユミ
無花果や遠い昔の祖母の笑み
みぃすてぃ
無花果や日のぬくもりをんぐとのみ
みかん
一人夜のいちじくいの字に開かれる
みこ
無花果に痺れて笑う母の皺
みさき
無花果を小洒落たタルトに仕立てけり
みずほ
無花果の舌触りたる甘き粒
ミセウ愛
背伸びして煮る無花果はワイン色
ミセス水玉
無花果はよんじゅうごねん口にせず
みどりがめ
万人に好かれなくてよい無花果
みなつ
おとといの秘密バラすな無花果よ
みのる
無花果の子孫何処や庄屋の子
みよしい
いちじくや裂けて又けふ始まりぬ
み藻砂
無花果や握り締めたる赤子の手
むにむにちゃん
昼寝から覚めて無花果食ひにけり
むらたふみ
朝市の婆いちじくを割いて食う
めぐみの樹
主なき庭のいちじく匂いけり
めりっさ
無花果や雨後に紫色を深めをり
もりお
無花果やわかる人だけわかりゃいい
やえ子
危うくて熟れ残りたる無花果は
ヤッチー
ブロック塀無花果木足る通学路
ヤヒロ
無花果やぱつくり咲いて青き空
やまぐち
無花果や破瓜の痛みの隔たりて
ヤマボー
庭のすみ無花果熟れて子が集う
ゆぃ
あれもたべたいいちじくもたべたい
ゆいのすけ3さい
祖父へはたいこまん祖父からは無花果
ゆうほ
君送り出し無花果にブランデー
よあけの晩
15号無花果色に染める空
ようざん
無花果の酸味に覚ゆ去りし候
よしとも
好物の無花果がぶり里恋し
よつ葉
祖母思ふ茅葺き屋根と無花果と
ライブラリー
駅広場熟れ無花果の量り売り
らくさい
揚げて煮て母のイチジク祖母の味
らごん
無花果の理路整然と輝けり
ラジャーナイン
いちぢくや遠き日の恋に一つ食む
らびっと
庭の奥いちじくざらり秘密基地
りう女
母の好きな無花果供え笑顔偲び
りんごのほっぺ
無花果の安い横丁へ遠回り
るびちゅ
裏庭の無花果家は東向き
るりこ
臓器めく無花果並ぶ道の駅
れっどべりー
テヘランの宿で無花果食べにけり
れんげ畑
無花果やひとつ残して転寝す
ロクヨン
仏壇に無花果残し紫煙消ゆ
わかこ
無花果を取る茎は乳葉はザラリ
わたさん
無花果やみぬちの襞に目覚む時
わらび一斗
いちじくの豊かに実る角曲がる
わらべ詩
勾配の熟すいちじく誰のもの
わわ
臓物の色の無花果地にはぜて
亜音洲
遠浅の無花果畑に潜める子
阿波のオードリー
無花果を食む君ぼそり丸高と
阿波豊
無花果はほんのり甘く友も好き
愛棄丸
骨張つた指が無花果割いてゐる
綾夏
大好きとほおばる無花果床の母
安純
無花果や西域生まれの小入道
安田 信洲
ひと匙でなみだ止めたるいちじくよ
安藤あゆみ
天近く熟れし無花果地に開く
伊藤欣次
無花果熟る波斯の今此にあり
伊予吟会 玉嵐@波斯:ペルシア
不死と聞き十個頬張る無花果
伊予吟会 淑女
家事の間に無花果一つかぶりつき
伊予吟会 福嵐
いちぢくやお礼は三つ肩たたき
伊予吟会 朗女
なぜ甘い虫害に遭う無花果よ
位子
無花果や裂きて華やぐ内を知る
位相朗
無花果やピンポン玉が裂けちゃった
胃痛
無花果の青き実数え熟るる待つ
井上喜代子
無花果や祖母と摘み知るひいふうみい
井田みち
無花果噛めば母性の蜜の薫り
育由
無花果の皿に落ち着く向きのあり
郁李
無花果を捥ぐ手に乳の迸る
一宮寅五郎
嫌ってた亡き父だけの無花果や
一碁一会
雨貰い今朝の無花果ふっくらと
一咲ふゆか
三日待て無花果の口割るるまで
一心
ありし日の無花果貪る老母かな
一人静
無花果で機嫌とりたる宿酔ひ
一呆堂
無花果や甘き果汁と腕の傷
右川かみな
無花果の古来種小さくまろ甘く
羽 真美佐
北限を名告るいちぢく命かがやく
羽沖
無花果や車窓の風に髪止めず
羽光
無花果や覗く果肉の桃の色
羽藤武彦e
無花果の枝しならせて空に放つ
羽尾理紀
無花果のゆれるがままに雲ながる
卯年のふみ
無花果や臆する心に赤沁みて
唄葉
イチジクの熟れて齢が七十二
栄魚
不器用な夫無花果をするり剥く
永井桂
無花果は妻をいたわるやう煮詰め
永遠の19歳
無花果や大事なことは秘めてをり
永想
無花果や完熟含み恵比寿顔
詠野孔球
無花果や隣のピアノ聞き育つ
無花果や不思議な味を嚙みしめる
苑菖
無花果や大雨暴風警報
塩谷
無花果を頬張る記憶口痒し
奥なし筆
手伝ひの礼の無花果十ばかり
岡二
無花果の香りが漂う裏通り
音澤 煙管
無花果の実は独特の味がする
加藤賢二左右衛門
無花果の耳たぶほどのやはらかき
花 節湖
見えねども種の数だけ無花果の花
花河童
亡き父を語るきっかけ無花果のピザ
花氷の君
濃厚に怯えた記憶無花果の味
華らんまま
四つめの無花果止めたセピアの手
蛾触
能人や無花果天に弘し道
雅まな
無花果が昭和の我が家連れて来る
雅雅丸
無花果や登校拒否の女の子
雅喜
一字一句無花果の文字意地で書く
雅鬼
無花果を皮ごと頬張る熟し時
介タマ母
少年に無花果甘し空青し
海風山本
無花果や堕ちた唇噛み合ひて
灰田《蜻蛉切》兵庫
無花果や熟女と呼ばるるをんなどち
垣内孝雄
無花果を食ひし口持て阿弥陀経
梶  鴻風
無花果の歯応へ薄きぐにゃりかな
勘太郎
無花果の潮風抱く甘さかな
甘泉
無花果のおしりが割れてまとめ食い
甘平
ふたり黙つていちじくをもぎる朝
閑茶
どぶ川やまたも無花果落つる音
岩魚
無花果や昔髪結い叔母の家
喜一郎
無花果の乳にかぶれし幼き日
喜多輝女
無花果と里の香丸々口の中
希林
無花果の実るは女一代記
幾恋良石
垂乳根の無花果をもぎ母憶ふ
気のまま風
無花果やスタッカートを食べる朝
気球乗り
無花果を嫌いな人がいるなんて
貴船貞女
無花果を焼くばあちゃんの割烹着
貴芭蕉
無花果や手のひらの陰でぷっくり
輝峰亭
すぐ戻るいちじく添えて走り書き
輝棒
無花果盗るあらぬところを斜に見て
鬼怒
無花果よ私には子宮が無いの
吉 や
無花果や物憂い午後のドリル音
吉良水里
無花果のひも解けぬ日やいつかまた
桔梗
無花果を頬張る妻にうっとりと
橘 貞山
店先に愛しく並ぶ無花果よ
丘 るみこ
朝取りと夫が届けしいちじくよ
久衛(ひさえ)
無花果とぬるい珈琲車中泊
久喜吉圀
新幹線無花果匂う里帰り
久仁重
寄り添うや無花果食べる共白髪
久蔵
年老いた母にあげたし無花果を
久村 由美子
無花果や火種諸々天日干す
宮原青佳
無花果や預言者の手を濡らす赤
宮坂変哲
ラベル貼り無花果出荷無人店
宮写楽
無花果と逃げる背中に婆の声
宮武 桜子
背徳の無花果の汁手に流れ
宮武桜子
無花果や乳の匂ひのあまやかに
宮﨑紅清
無花果や母の垂れたる乳に似し
弓女
無花果と丸き優しき子の乳房
京あられ
無花果や吾子の匂いを思い出す
京丸
初物の無花果食す笑顔なり
京子
無花果の座りの悪し床頭台
玉ゆき
無花果や何か云おうとしてたのに
琴女
無花果やハート型の実食べた君
筋トレ俳人
無花果を頬張る厄の男かな
吟  梵
無花果や古代に使用有る歴史
句詩呼
無花果の奥歯で潰す曖昧さ
駒鳥ロビン
狭庭にも食べきれぬ程無花果ぞ
無花果を割れば笑む母想う朝
空翠
無花果の二つ実るる町工場
熊耳
皮散らす鳥ら無花果青い空
栗田もとえ
無花果のもげぬ高さを仰ぐのみ
君島笑夢
裏庭の草をむしりて踏みし無花果
無花果や深夜電話の震え声
群馬の凡人
無花果や実る先には青き空
啓泉
無花果や花を包んで香り立ち
恵美子
無花果の痛々しげに皿の上
恵風
脂肪腫を背負い無花果の赤におう
無花果の熟れる香りや坂の道
蛍子
二藍の無花果もぐ手手を添へて
月城花風
無花果と干し無花果を売り申す
嫌佐久
真っ青な空に無花果熟れを知り
犬散歩人
虫の来て健気に生きる無花果よ
研山
お見合いの無花果二個が卓の上
元喜@木ノ芽
無花果は店で買うものにはあらず
原田一行
無花果で染まるモノトーンの遺影
弦流
無花果や君の背中の夢を見た
古都鈴(ことり)
仏壇に供えし無花果今下ろし
己心
カラスさえ盗らぬイチジク宮の前
湖雪
無花果は咲き誇れるもの奥に抱き
五月
無花果の青さ貧しさ傍らに
光乃
幹侵されて生きててくれよ無花果よ
公毅
一番の次にいちじくが食いたい
好伴
もぎとる手無花果伝う雨しずく
いちぢくの歯ざわり弾け香り立つ
江久保亜月
無花果を屋根の上より捥ぎにけり
江戸川青風
無花果の甘き花冠の摩訶不思議
江口 麻
白昼に人の無花果もいで喰む
江口小春
目を閉ぢて疼痛赤きほろろいし
江津子
無花果や雛を包む手の厚み
江美子
無花果やその家ごとの家族葬
江里口泰然
老いの身にいちじくの味忘られず
甲賀忍者
街の灯に無花果の歌返した日
紅すだれ
爆ぜる無花果アダムとイヴの乖離
紅の子
無花果の幟の小屋のうたた寝や
香羊
無花果はたとへば親のなき童丱
香壺
無花果や食はず嫌いは母譲り
高橋寅次
無花果や郷の厠に雨の景
高田 仁和加
無花果や気高く乳は揺れにけり
高尾彩
無花果の尻の甘い香(か)鼻を寄せ
高野 浩 たかの こう
いちじくや自打球の腿冷やす兄
克巳
無花果の形に似合う香りかな
今井佳香
無花果や人見知りする私です
今治・しゅんかん
無花果を剥いて乳房を吸ふごとく
根子屋彦六
無花果を舐りし口をまた舐り
根本葉音
顔に似ておちょぼ口なりほろろいし
佐山夕子
朝市のいちじくザラリ喉の奥
佐川寿々@チーム天地夢遥
無花果や祖母のジャムなら食べようか
佐藤エヨ子
プツプツと無花果を食む君が口
彩然
無花果の宿卓上残る寝巻かな
榊裕江子
祖母の売る潰れ無花果ジャムとなる
咲也
無花果のはじけるほどの重たき実
咲耶とこ野
無花果のつぶつぶ深紅の暗さ抱き
桜桃の里
無花果やシングルマザー増え続け
桜姫5
無花果を割りて我が身の胃とおもふ
桜木れい子
無花果や見た目は熟女まだ五十
桜夜月子@木ノ芽
無花果や聞かせてあげよう帰ったら
札六
無花果や双子の孫のお食い初め
雑草おばさん
裏庭や無花果だれが一番乗り
皿田純子
あの辺り探すイチジク実家跡
皿檸檬
無花果や吾子のお手手は万力か
三羽異治
無花果や不妊検査の結果待ち
三子
生ハムと無花果口に手にグラス
三水低@第二まる安
お洒落したいちじく囲んで微酔なり
三大夜景
いちじくやライブの列に粗き雨
三輪えつし
無花果も酒神ばっかす手の中に
三毳
拘りの男(お)の子犇く無花果の木
山の中のオクラ(Okra)
終電やお新香巻と無花果と
山ノ内ドカ
孤独死の苑に無花果たわわなる
山樫梢
リズミカル種プチプチと無花果かな
山裾 都
いちじくのあのむらさきのあまそうな
山都屋
仲買の青無花果へ青き声
山本 力
所在無く無花果を食む爺となり
山本夏石
集う猫庭の無花果御旗にす
山陽兵
もぎたての無花果食むや日の甘み
残月
好物のいちじく喰らう呆けた父
史月
無花果や二人の愛を裂くごとく
四季園楽*木ノ芽
無花果を母の秘伝のレシピとす
四方駄
無花果や乳腺腫れて乳にじむ
四葉
無花果とラフマンの音満ちた潮
士王
無花果や吃音になる君の前
子猫陶太
法事より戻りし妻へ映日果
志保川有
無花果の隠れた棘に舌刺さり
獅子扉
画版越し無花果みつめ君みつめ
紙威
無花果の柔らかに抱く夜明けかな
紙魚
無花果の横残る電柱歴史あり
紫雲英
無花果の臍から熟し弾けたる
紫香
無花果の天麩羅つまみ一人呑み
紫檀豆蔵
食べごろの無花果横目に草むしり
紫蘭
無花果や無実の人が居るのです
試行錯誤
無花果や今も左右に輸卵管
時雨
鼻垂れて無花果喰らう帰り道
治もがり笛
無花果を描いてみれど赤を足す
七生姫
無花果やパックで並ぶ道の駅
疾風
無花果の繋ぐ垂乳根祖母母吾
篠田ピンク
いちじくは幼心に禁断の実
若澤杏子
無花果に触れし唇柔らかし
朱夏A
無花果もぐ祖父は無口なひとでした
朱河
朝からの出掛けにひとつ無花果を
朱久瑠
イチジク煮甘露々と母の声
酒井千歌女
冷たさや口いっぱいの無花果の
寿山
無花果の滴る乳を地に吸はす
樹朋
こっそりといちじく舐めた理科の時間
宗元
無花果の腐りかけたる恋の末
宗本智之
無花果やかはやのそばの日陰の身
修生
無花果やゆるり転がり笑み誘う
秋月流音@木ノ芽
無花果や品よく食らう術しらず
秋光
いちじくや秘密の小径雨と往く
秋好子
無花果のコンポート添え小指立つ
秋乃智春
無花果やキスで受胎す聖マリア
重翁
いちじくに傷つけたのは我の爪
俊介
無花果のやっと実をつけ二つ三つ
葉隠れの無花果見れば爆発だ
春果
無花果の樹液塗りたる疣いくつ
春川一彦
無花果や思ひつめての甘き汁
春木未空
禁断の果実であろうも無花果
春爺
無花果を割れば真紅の口びるや
春蘭
無花果の取られず道に踏まれけり
順女
三方の無花果そっと熟れにけり
勝る
無花果の豊かに実る池の上
勝山
空耳とデジャブと幻覚と無花果
小夏
無花果やお萩のごとく熟れてをり
小原 旅風
明け透けに無花果を喰ふ艶女かな
小山晃
無花果や宿題終へた褒美やる
小青(こしょう)
無花果は捥いで食むもの昭和の子
小石日和
無花果を訝しがるや三女の目
小倉じゅんまき
垣根ごし無花果もらい食べており
小塚 蒼野
無花果や見えざることも花のうち
小田慶喜
無花果の朱電球に透ける朱
小梅
無花果を丸呑みにするおばあちゃん
小暮 あずさ
無花果を取りに登りし屋根の上
昭則
無花果にかぶりつきたる双子かな
松永裕歩
無花果や生クリームと蕩けたり
松山
いちじくを食ひてプチプチ言わすなり
松楠
死んでも祖母は無花果が好きである
松尾寒蝉
無花果のとんがり揃え斜め右
松野英昌
塀越えて無花果熟す朝の道
湘輝
待ち合わせ無花果熟るる木の根元
照波
手元灯つけ一人無花果を煮る
照彦
空家にも無花果だけはにぎやかに
笑子
無花果やぷっくり出づる白樹液
上江洲 睦
無花果や子らの基地なる鎮守かな
常陸人
無花果の葉に隠されて熟れを待つ
植田 宗一
無花果が荒田に落ちし風の音
植木照美
無花果のジャム煮る午後の老姉妹
伸ちゅん
無花果を描く清の安城路
寝たきりオヤジ
無花果を主居ぬ間に捥ぎにけり
慎吾
無花果はしりから剥と妣は云ひ
新田 淑
無花果や祖母のことなど思ひ出す
森一平
無花果をもげば白き血たるるごと
深山 紫
いちじくや胸ふくらめるセーラー服
深草あやめ
無花果をほおばり二学期迎えたり
真紀子
軍手より染みる無花果の乳白
真宮マミ
祖父母の手いちじくいっこ半分こ
真優航千の母
無花果の乳光たる朝日かな
真林
無花果や親亡きあとの親談議
神山やすこ
飴色の映日果そぼの無二の味
仁葉
いちじくを割けば女が笑いけり
水口よしよし
無花果に負けし唇幼き日
水水水澄
いちじくを無口な人とわけあって
睡花
実を割れば炎沸き立つ無花果や
粋宣
無花果を皮まで食べてやや痛し
粋篤
被災して知るや情けか無花果や
粋流
無花果の収穫期なる暗紫色
翠穂
無花果や幼き日語る母の頬
杉浦貴子
無花果のもがれし果ても香りけり
雀虫
無花果や窓の向こうは青い空
晴海南風@木ノ芽
無花果や無数の仏内に秘め
晴日和
郷土紙のインクの匂ふ無花果や
正木児童
無花果を盗みし悪餓鬼の痛み
清一
無花果の実がなる頃に恋を知り
清水羽衣
無花果や真っ赤な決意うちに秘め
清水仙人掌
乳滲む捥ぎたての茎無花果に
聖右
山出しの無花果おしゃれ京料理
西川あきや
無花果の首すっぽりの潔さ
西野モカ
無花果の熟るる奥処に赤子かな
誠馬@奥処(おくか)
無花果や裂けば浄土の匂ひあり
青玄
にぎわいや無花果採りの庭の隅
青泉
薄皮過ぎる無花果の旨し
青柘榴
無花果や白き雫を手に擦る
青木豊実
義歯鳴らし祖母かぶりつく無花果や
青嵐
詩歌の道無花果の実が見え隠れ
静香
無花果食ぶ里のあの場所あの光
石井せんすい
無花果や妻が得意のジャムとなる
拙嗚
無花果やケンカ別れの帰り道
雪だるま
下の歯でこさぐ無花果通学路
千波
無花果や写真のように皮剥けず
占新戸
無花果のプツプツ残る名残惜し
川畑彩
無花果や採られ無念の乳を吐き
浅見 弓楽
無花果のつぶつぶを噛む昼休み
浅田チコ
無花果の香りたなびき足止める
倉の人
無花果や無名女優の初主演
相沢はつみ
無花果の重さ忘れし五十路かな
草央
無花果や押す手が停まる車イス
荘介
無花果や菩提寺の祖は如何に詠む
取り手無き無花果貰う散歩道
蒼香
百代の過客や無花果色づけり
霜月
無花果の裂けて妖しき色模様
村上研一
無花果やにぎる胃の腑のやわらかき
多聞仙
無花果の白い汁の香在りし帰路
太架子
鍋の耳あっちあっちや無花果煮
太子
無花果や名前の齟齬を嘆きをり
泰然
そういえば無花果の乳婆の疣
鯛 風
無花果のなにおもうたか艶めいて
台所のキフジン
無花果や素焼の皿の潤むほど
大井河薪
うれうれと無花果のなか指入る
大蚊里伊織
縁側へ並べし無花果戦利品
大岸歩美
イチジクの畠道から減ってゆき
大三郎
無花果の蜜の垂れたる手をしやぶる
大谷如水
無花果は葵の上の心かな
大弐の康夫
無花果も全てが初めて我が子には
大迫啓正
無花果の傷付きやすし生の果て
大富 孝子
無花果の滴る汁に鼻入れて
達哉
無花果の孕みし花の甘さかな
谷元央人
ぷちぷちと無花果の花主張する
池と堀
病める姉無花果ひとつ食べにけり
池田香
公園で無花果採る手小さきかな
池田和正
無花果や本心は腹にとどめる
竹さ
無花果を沈めて食らう淵の主
竹の子
無花果に命の一字添え祈る
竹春エリザベス
無花果や甘露甘露とかぶりつき
竹林
我捥ぎし無花果五つ一人喰ふ
隣家の無花果いまや完熟す
中井清心
無花果や眠る子頬に乳のあと
中村水音
無花果や口の中にて花が咲く
中野久子
無花果や泣く吾子連れて里帰り
仲七
無花果や言の葉を紡ぐ朱唇
昼行燈
無花果の高さもどかし鳥の声
朝ぼらけ
爛熟の文字にいちじく匂ひ立つ
長谷川陶子
遊楽の手に無花果や昭和歴
長田写々
無花果や乳欲る子の手はらひのけ
直木葉子
いちじくを九と名付ける頓知かな
蔦屋
無花果や群れて汁だし香りかぐ
鶴田梅勝
無花果や一番爆ぜた尻がいい
泥酔亭曜々
無花果は口に優しく吉備路晴れ
哲也
いちじくの後腐れなき甘さかな
天津飯
無花果を摘む畔兄の下校待つ
天満の葉子
無花果や登校前の路線事故
天野 御影
無花果や舌チロチロと爬虫類
天野姫城
無花果が部屋の沈黙空気吸う
田村美穂
無花果や媼気長に煮てゐたり
田中ようちゃん
無花果や砂漠で海を見る女
田中勲
無花果の乳の痒さよ里の家
田邉真舟
無花果をもぎる月夜の秘め事か
渡辺みゆき
無花果を提げてフィアンセ訪ね来る
渡野しえん太
義実家の裏庭の主は無花果
渡来不二人
分限者の庭の無花果色づきぬ
土屋 木漏れ日
無花果や酸いも甘いも嚢のなか
東尋坊
母さん無花果の実はどうなつたの
東西南北
賑やかに無花果喇叭咲き匂ふ
桃八
無花果旨し階段落ちて泣きし後
桃福
無花果のフィシン溶かすやじゆくじゆくと
燈穂
無花果や妊婦の豊かなる肢体
藤すみ
無花果を煮れば良妻賢母とや
藤井祐喜
板塀の上の無花果熟れて落つ
藤井眞おん
無花果の庭学び舎に甲斐もなく
藤郷源一朗
無花果や姪の旦那に顔合わせ
藤原閑坐
畦に立つ無花果の木の下に猫
藤色 葉菜
無花果や昼寝の吾子の甘き頬
藤野あき
すってんころりあばら折った日の無花果
豆闌
無花果採る笊に十個の几帳面
陶然
禁断の無花果熟れて一人食ふ
瞳子
無花果の尻の裂け目に蜜溢る
無花果や人影背負ふ墓の道
徳永 北道
線香と無花果薫る開山堂
徳本あつ
秘め事の重さで膨らむ無花果
豚ごりら
無花果を剝きて無言の夫婦かな
楢山玄冬
無花果は鳥より先に喰いにけり
南風
無花果の枝の撓りが味保証
二上松風
無花果や修道院に刻の鐘
日記
無花果や熟して薬不老不死
日本酒
颯爽と老女の紅に無花果を
入口弘徳
無花果のジャムふつふつと外は雨
猫楽
塀のぼりイチジク捥ぐやランドセル
波音
無花果の煮る香いぶせき身重かな
波琴
叱られて庭で飾りし無花果よ
波奈
取立ての無花果をもて妻見舞
馬場馬子
白樹液尊き母なり無花果よ
俳ビギ名
無花果やなかなかパンダ身籠もらず
俳菜裕子(はいさいひろこ)
無花果や入れ歯の祖母を笑顔にす
背番号17
まったりと幸せの艶無花果は
梅笠
無花果や甘き香りと方えくぼ
白井百合子
無花果は仄かに甘し秘する花
白丘山人(893人)
池の上無花果取り合うカラスども
白銀むさし
無花果の香や下校子の引き連れて
白虎
廃屋の無花果に群れる親子鳥
白桜
無花果を頬ばりし枝揺れ続く
白山
いちじくや探しては噛む粒を噛む
白瀬いりこ
初恋は無花果食んだあの日から
白兎
愛唱歌無花果の郷にこだます
畑 詩音
無花果や風に倒れる紙コップ
半熟赤茄子
無花果を喰らひて晒す女風呂
比保倉亭酢
無花果や書を読んでいるひと静か
美紀子
無花果や古代の甘さ感じをり
美山
無花果を蟻より早く食べる朝
美人教師
アルバム見かしましき夜に無花果あり
美翠
朝起きて無花果ちぎり楽しみだ
美泉
優先席無花果のぞく膝の籠
美年
無花果や割って親指沼の中
富樫 幹
無花果や笑いこぼれし日の記憶
布杏多
無花果の早いは不味ぞ遅いは美味
布津健二
無花果にズブリ孕まぬ我の爪
浮舟
無花果の割れて内臓見せにけり
風花
無花果や盆地に浮かぶ雲の壁
風間昭彦
無花果やぽっかり割れて明日を見る
風紋
無花果を窓からもいで受験生
風来
無花果や罪の匂いに丸くなる
百合園ゆみ
売家に無花果たわわ朽ちるのか
服部 勝枝
無花果や下からずつと女子高で
福蔵
憂鬱さうに無花果を食ぶ娘
聞岳
どうしても本心知りたし無花果を裂く
平康
無花果を誉めて称えて貰ふなり
平松洋子
無花果や食わず嫌いで半世紀
平塚雪月花
無花果や腹で濾過したあれやこれ
弁女
無花果やざらりと舌に残る恋
穂の美
赤ワインにて甘さます無花果や
母里 龍之介
無花果を煮てをり母の黄金比
峰泉しょうこ
無花果よ齢かさねて語る味
抱水
無花果や彼の人誓ふシナイ山
泡水
無花果の黒かればなほ甘し
無花果に花咲く暇の無かりけり
芳香
無花果や柔いプチプチ子だくさん
友来訪す紅茶と無花果のコンポート
望月ゆう
無花果の熟れて淑女の心かな
北村 鯨子
無花果にパックの筋の残りをり
北村 崇雄
無花果や恋人の名を書く試し書き
北大路京介
無花果を味わいてバビロンの空
麻依弥
無花果は食べぬと子らは年重ね
麻呂助
無花果や娘いまだに独りなる
抹香鯨
盗みぐひ無花果の血の白さかな
末摘花
無花果や虫おだやかにつままれて
末尾波世遠
無花果を睨む五右衛門風呂の窓
万斛
無花果やちぶさに紅きあとふたつ
未々
無花果を含む若き日の無謀
好物の無花果かかえ白寿祝う
夢見昼顔
父の無花果愛犬と半分こ
夢芝居よしみ
無花果の畑を低く熱気球
夢堂
野の無花果暮れる山里風吹きぬ
夢野
無花果の乳白の汁いぼを取り
娘ニ非ズ
無花果や嘘付きしなだれ星と哭く
明夏
無花果も夢も希望もありません
明子小町
無花果も柘榴もごっちゃの夫かな
明爽
無花果を開けてびっくり内蔵か
網野れいこ
雨催ひ無花果の嚢爆発す
木村ひむか
無花果のコンテナ道の駅の朝
木村青石
無花果や門閉ざされし浄水池
也和
無花果や家族の仲を見る映画
野中泰風
無花果の下にペーパータオルあり
野津理恵
さわやかで無くて無気味で無花果で
野々ゆか
無花果や遠き下校の摘まみ食い
野々原ラピ
姉さんの秘密無花果を割れば
野良古
無花果の割れてちらちら本音かな
柳児
大量の無花果を買う妻の顔
友里
無花果やおいでおいでと背戸の裏
有田みかん
無花果の真ん中にある未来かな
湧雲文月
いちじく煮る妻の鼻唄居間にまで
由坊
無花果を食めば優しき祖母のかお
遊泉
無花果の色付く順にもぎ取られ
余熱
制服へ果汁を飛ばす無花果よ
与一
じいちゃんの白無花果やまろき蜜
洋壬
無花果をむく母の手の丸みたる
葉月けゐ
無花果やジャムに変身笑顔咲く
葉雪華
愛犬の鼻先に潰れし無花果かな
遥明
送り終え無花果割れば涙落つ
陽気姫
無花果をいつむぅななやぁランドセル
欲句歩
無花果の花見つけたり蜜の中
藍植生
無花果を口あけて待つ老鯉よ
里之照日日
無花果や平穏な日々いつまでも
里甫
なまぬるき無花果食みしゆふまぐれ
立川六珈
雨の日に柔き無花果貰ひけり
立歩
張り出して実るいちじく雨催ひ
流川ゆきはな
無花果は退廃的に熟れていき
琉璃
無花果を剥きて逡巡続く黙
留野ばあば
無花果の天ぷらもあり京料理
隆星
無花果熟るや浸水せしこの地に
竜胆
無花果の横みちそれて家遠く
龍秀樹
嫁ぐ娘や無花果あえてデザートに
力蔵
無花果の味も懐かし操車場
林 和寿
しわ深し熟れすぎ無花果訪頰ばりて
林也
無花果や手のひら小さき京美人
隣安
無花果やガールズバーの立ちん坊
玲風
この野郎いちじくみたいに割ったろか
鈴乃屋
無花果や今は傷つきやすい僕
呂久帖間
無花果の下「勝手にお取りください」と
老人日記
子ら走る無花果かおる墓の坂
蝋梅とちる
無花果を子供のごとく妻が食ふ
鷲巣
無花果や珊瑚の色の濃かりけり
巫女
夜の闇浮かぶ無花果誘ひけり
愀悟
隣宅の無花果美味し妻の美し
洒落神戸
無花果や手にマルクスの資本論
淺野紫桜
無花果のワイン煮明日は子の来る日
聰子
無花果やねっとり甘き薬指
脩平
無花果や無数の生命宿る部屋
芍薬
無花果の熟れて羽音の忙しけり
菁波
無花果の隠しきれない甘さかな
萬飲助
この街の無花果の場所覚えたり
蓼科川奈
丁字路の無花果無人直売所
蓼蟲
最果てまで君と逃げたし我は無花果
蘂六
無花果や乙女のほほのゆたかなる
藪椿@木ノ芽
無花果の熟れてなにやら恥ずかしき
驢人
無花果や不作をかこつ餓鬼どもは
無花果は厠隣りになってをり
髙橋冬扇
帰り道踏みて汚なき無花果や
住吉 敦子
無花果や九(いちじく)という珍四股名
石川焦点
無花果の杜でこの宵少年祭
無花果やゴムの手袋溶かしおり
矢的@第二まる安

ページの先頭