俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 炬燵

第206回 2018年10月4日週の兼題

炬燵

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句

よしあきくん一期一会の一句!

 「いで湯と城と文学のまち・松山」を応援するのが、それがしの務め。本サイトを応援することも我が喜びにござる。そして、我が座右の銘は「一期一会」。我が心に怒濤の感動を呼び起こす一期一会の一句、今週もドドドーン!とご紹介いたしますぞ!
 以下、●が皆さんからの投稿。○が拙者のコメントでござる。

●よしあきくん!トルコとアメリカ、関係修復かもしれませぬ!無花果で今年2回の選出にお礼をこめて、もう一回、チャレンジです!/かずポン
○かずポン殿、よしあきくんでございまする。拙者のコーナーをお楽しみいただいておられるとのこと、恐悦至極に存じまする。引き続きよろしくお願いもうしあげまする。

◆よしあきベストセレクション

第8位
10度ない部屋の炬燵で大火傷 ガミガミ母ちゃん
○ガミガミ母ちゃん殿、炬燵殿は拙者も大好きでございまするが、火傷はたいへんなのでございまする。ご回復をお祈り申し上げまする。

みなで囲みし掘ごたつ舗装路の下 ジミーあゆみ
○ジミーあゆみ殿、舗装路でございまするか?さて、どうされたのでございましょうか。工事でございまするか・・?

第7位
炬燵にもぐり俳句忘れて愚痴川柳 じろうちゃん
○じろうちゃん殿、さようでございまするか。俳句をお忘れでも、川柳とはうらやましいのでございまする。拙者は、なかなかがんばれないのでございまする。

足臭っミケの逆襲炬燵中 のりた
●炬燵に足を突っ込むと、炬燵の中でくつろいでいた猫のミケが臭い足を炬燵に入れるなと言わんばかりに、足に攻撃してきた時の状況を詠みました。/のりた
○のりた殿、なんと、ミケ殿の怒りはたいへんでございまする。拙者も炬燵殿に入るときには気をつけまする。

掘炬燵ネコを追い出す大根ら のりりん
○のりりん殿、大根殿?でございまするか。のりりん殿の炬燵殿はなんでも入るのでございまするか。大根??

炬燵より猫がエコだとやせ我慢 ビーエム小僧
○ビーエム小僧殿、炬燵殿よりも猫殿が頼りになるのでございまするな。猫殿は発熱するのでございまするな。

第6位
「来い魔王!」炬燵踏み締め孫が言う 俵屋無煙
○俵屋無煙殿、孫殿はどうされたのでございまするか。魔王が来るのでございまするか。

便秘なり炬燵出て早三十分 藍時 湘
●トイレに腰かけてどのくらいたっただろうか。入っていた炬燵のぬくもりはとうに失せ、尻に便座の冷たさが伝わるばかり。/藍時 湘
○藍時 湘殿、たいへんでございまする。うんとガンバルのでございまする。

第5位
折れた第五趾炬燵に入る恐怖 筋トレ俳人
○筋トレ俳人殿、第五趾?でございまするか。第五趾?さて、拙者の頭では・・

第4位
かくれんぼコタツの中ってマジ最強 雨夜猫
●これは私が小学生の頃に思っていた事ですが、今思えばそんな訳が無いと思います。/雨夜猫
○雨夜猫殿、かくれんぼでございまするか。拙者の体では炬燵殿に申し訳ないのでございまする。

きらきらの二人の夜は炬燵かな 三輪えつし
○三輪えつし殿、なんかうらやましいのでございまする。拙者はうらやましいのでございまする。

第3位
いよいよか炬燵の中あし4本 やえ子
●からまる脚に期待。/やえ子
○やえ子殿、なんでございまするか。何か、怪しいのでございまするが。拙者も気になるのでございまするが・・

友の姉炬燵で接近バクバクに 三水低@第二まる安
○三水低殿、拙者も気になるのでございまする。接近するとバクバクするのでございまする。

男ならもぐって見たい炬燵かな 小池デカ
●もぐって見たいですよ!/小池デカ
○小池デカ殿、なんでございまするか。もぐるのでございまするか。拙者もでございまするか。

ホリ炬燵やわぬくぬくの君の脚 娘ニ非ズ
○娘ニ非ズ殿、なんでなんでございまするか。拙者は気になり過ぎるのでございまする。なんでございまするか・・

第2位
嫁して三年炬燵なきて去る しおうらゆうこ
●炬燵なき洋風の暮らしに耐えられません。/しおうらゆうこ
○しおうらゆうこ殿、それはたいへんでございまする。炬燵殿が悲しみまする。洋風炬燵殿をお招きくださいませ。

第1位
コタツから肩身を乗り出してどうしてお父さんと結婚したの! Mrs.Roadmovie
○Mrs.Roadmovie殿、どなたでございましょうか。炬燵殿から率直なご質問をされる方は。どうお答えになったのでございましょうか。楽しみでございまする。

◆掲示板

●新しい投句・投稿システムについてのお願い
 投句・投稿フォームが新しくなっています。投句数の増加に伴って、仕分け作業に多くの時間を要します。以下の事項を守って投句投稿して下さると、組長の負担が大きく減ります。ご協力よろしくお願いします。

①俳句の欄には俳句のみ記入して下さい。一つの欄に一句を厳守。

②「俳句に対するコメント」の欄は記入する必要はありません。(特に気になることがあれば記入していただいても結構です。)

③「ギャ句」「聞き倣し季語」は俳句欄に記入して下さい。ギャ句の原句は「俳句に対するコメント」の欄に必ず記入して下さい。

④「兼題季語についての質問・考察・情報(火曜日「俳句道場」)」は、火曜日「俳句道場」への投稿です。

⑤「『俳句ポスト365』への感想・質問・要望・俳号の変更・各地の吟行情報など」「組長&ハイポニストたちへのお便り・近況報告など」はそれぞれ水曜日への投稿です。内容に合った欄に書き込んで下さい。

◆「ギャ句」に挑戦!
 古今東西の名句を1音変えてみると、愕然と意味が変わる?!「最小の音変換による最大の意味変換」を狙う知的遊びであります。

のぼせたる頬美しやアキコ達 24516
●ギャ句です!原句『のぼせたる頬美しや置炬燵/日野草城』ギャ句が本当に難しいです、何句も作られる星埜黴円さん達をホント尊敬してます/24516
○24516くん、いやどうもどうもどうだです。ところでじゃ、アキコくんというのは誰じゃ。まあよろしい。ギャ句はこれからもガンバってもらいたい、うほん。

岡場所の話はずめり置炬燵 くさぐき
●ギャ句 原句「岡惚れの話はずめり置炬燵」日野草城 今は昔の物語でーす。/くさぐき
○くさぐきくん、そうかそうか草加せんべい。そうじゃのう。今は昔と言えば、時代を超えるのじゃのう、ま、ひとつ、よろしく哀愁!うほん。

掘炬燵夫を書生にしてしまふ にゃん
●ギャ句 元句「掘炬燵居間を書斎にしてしまふ」佐々木踏青子/にゃん
べこが出て狐が出てきたる掘炬燵 にゃん
●ギャ句 元句「猫が出て子が出てきたる掘炬燵」小森泰子/にゃん
神プーさんつくまん中に炬燵あり にゃん
●ギャ句 元句「紙風船つくまん中に炬燵あり」岡本高明/にゃん
休日の乳に寝てゐる炬燵猫 にゃん
●ギャ句 元句「休日の父に似てゐる炬燵猫」田中聡子/にゃん
初炬燵妻をかむのはよくないわ にゃん
●ギャ句 元句「初炬燵爪をかむのはよくないわ」芝尚子/にゃん
「おい」といふ夜這いが宝炬燵守る にゃん
●ギャ句 元句「老といふ齢が宝炬燵守る」村越化石/にゃん
○にゃんくん、なかなか面白い炬燵を持っておるようじゃのうよろしいよろしい。こんな不思議な炬燵、いや、ギャ句もいいじゃあ内科小児科肛門科。うほんごほん。

「ギャ句に挑戦!」ぐい呑ふたつ目刺一皿置き孤独 ひろ志
●原句は「湯呑ふたつ眼鏡のふたつ置炬燵/芝宮須磨子」 /ひろ志
「ギャ句に挑戦!」風邪気味の人より早く帰宅して ひろ志
●原句は「風邪気味の人より早く炬燵して/能村登四郎」 /ひろ志
○ひろ志くん、おおなかなかの労作じゃ。世界が見えるのう。いや、キミの生活の世界じゃがのう。よろしいよろしい、うほん。

腰ぬけの妻うつくしき脚立かな 卯MOON
●ギャ句です。原句は 腰ぬけの妻うつくしき炬燵かな 蕪村様です。/卯MOON
腹ペコの頭をゆらし昼炬燵 卯MOON
●ギャ句です。原句は 赤べこの頭をゆらし昼炬燵 小森泰子様です。/卯MOON
炬燵にてお願いのちのこぢんまり 卯MOON
●ギャ句です。原句は 炬燵して己が命のこぢんまり 斉藤實様です。/卯MOON
欠勤は炬燵を出でてよりのこと 卯MOON
●ギャ句です。原句は 決断は炬燵を出でてよりのこと 稲畑廣太郎様です。/卯MOON
○卯MOONくん、なるほどほどほど。いや、どのギャ句も面白いぞ。まあ、欠勤もたまにはよろしい。ひとつ、その調子で、ギャ句もよろしく哀愁!うほん。

故郷の子達を思ふ道化カナ 雅鬼
●ギャ句 (元句)故郷の炬燵を思ふ峠かな 正岡子規 出稼ぎの道化師カナです/雅鬼
子達去に何も聞こえぬ暇ばかり 雅鬼
●ギャ句 (元句)炬燵居に何も聞こえぬ山ばかり 大野林火/雅鬼
○雅鬼くん、そうかそうか草加せんべい。道化のカナくんか。いや、ワシも知っておるぞ。子を思う親の心じゃのう、麗しいのう、うほん。

「ギャ句」炬燵にて坊主あれこれ被りみる 亀田荒太
●(元句)「炬燵にて帽子あれこれ被りみる/波多野爽波」頭を剃っているので冬は寒いのだと思う。/亀田荒太
○亀田荒太くん、いや、そういう坊さんを見たことが・・なに、ワシのことか。まあ、よろしい。ワシの部屋をのぞかんでもらいたい、うほん。

炬燵寝といふは原宿なつかしく 金亀 子
●ギャ句です。炬燵寝といふは淋しくなつかしく@高野素十@殿!それがしは竹の子族時代。代々木公園に見物に行きました。/金亀 子
あの人をここの炬燵に呼びたくて 金亀 子
●ギャ句です。かの人をここの炬燵に呼びたくて 波多野爽波@殿!若者は羨ましいですなぁ。 /金亀 子
○金亀 子くん、そういう時代かのう。竹の子族か。ワシも昔を思い出すのう、うほんぐずん。

炬燵寝の戦友も今よそ見事故す 山香ばし
●ギャ句 元句は「炬燵寝の戦友も今四十路越す/佐藤鬼房」/山香ばし
ふるさとや炬燵ごもりもイチャイチャ 山香ばし
●ギャ句 元句は「ふるさとや炬燵ごもりも一夜二夜/臼田亜浪」/山香ばし
火燵貼つて冷やし飴入れる中々に 山香ばし
●ギャ句 元句は「火燵貼つて日脚余れる中々に/河東碧梧桐」/山香ばし
炬燵にてボカシあれこれがぶり見る 山香ばし
●ギャ句 元句は「炬燵にて帽子あれこれ被りみる/波多野爽波」/山香ばし
泣きながら柱をつかむ子達かな 山香ばし
●ギャ句 元句は「なきがらのはしらをつかむ炬燵かな/飯田蛇笏」/山香ばし
報道の派手さながら見炬燵寝や 山香ばし
●ギャ句 元句は「放蕩の果さながらの炬燵寝や/上田五千石」/山香ばし
いつきでも吐く酒池の町炬燵舟 山香ばし
●ギャ句 元句は「いつ来ても白秋の町炬燵舟/小柳正之」/山香ばし
文無しの足してツケも残り炬燵 山香ばし
●ギャ句 元句は「持てなしの足して漬物掘炬燵/宮坂てい子」/山香ばし
横恋慕炬燵の隅に足が見え 山香ばし
●ギャ句 元句は「かくれんぼ炬燵の隅に足が見え/高橋すず江」/山香ばし
猛虎勝つでもない猫のタイトル手から離し 山香ばし
●ギャ句 元句は「もう炬燵でもない猫の体重手から離し/山崎多加士」/山香ばし
○山香ばしくん、おおおお、なかなかガンバッタじゃあ内科小児科肛門科。ついでに、整形外科耳鼻科。やはり、炬燵のギャ句はギャ句となっても、炬燵の世界をよく現すのう。よろしいよろしい。ひとつ、その調子でガンバってもらいたい、うほんうほん。

あまりにもまぢかにすごす炬燵かな 山内彩月
●ギャ句です。元句「あまりにもしづかにすごす炬燵かな/葉山ひろ子」/山内彩月
雪の日や火燵をすべる馭者一騎 山内彩月
"●ギャ句です。元句「雪の日や火燵をすべる土佐日記 /夏目漱石」   おもちゃの馭者です。/山内彩月"
うとうとと炬燵の妻の日課かな 山内彩月
●ギャ句です。元句「うとうとと炬燵の妻の四日かな/今井つる女」  一月四日と言わず、幸せな日々。/山内彩月
豚と寝を愉しむ如く炬燵猫 山内彩月
●ギャ句です。元句「うたた寝を愉しむ如く炬燵猫/星野こうき」   ペットの猫とミニブタ君。/山内彩月
○山内彩月くん、楽しそうな炬燵じゃのう。よろしいよろしい。炬燵の世界がよく現れたギャ句じゃ。ところで、ミニブタくんは元気か。よろしく言ってくれたまえ、うほんぶほん。

イクか迫る夜々蹠に熱き炬燵 星埜黴円
●元句: いくさ迫る夜々蹠に熱き炬燵  中村瑞穂/星埜黴円
熱き鼓動抱かれしころの彼の匂ひ 星埜黴円
●元句: 熱き炬燵抱かれしころの祖母の匂ひ  野澤節子/星埜黴円
起出して陰嚢と股間焦げんばかり 星埜黴円
●元句: 燠足して貧農の炬燵焦げんばかり  相馬遷子/星埜黴円
立つ人の誘へる夜汽車疲れかな 星埜黴円
●元句: 炬燵火の誘へる夜汽車疲れかな  石塚友二/星埜黴円
炬燵ぬるし泣くみどり児を須可捨焉乎 星埜黴円
●元句: 炬燵ぬるし泣くみどり児を押しつけ合う  田川飛旅子/星埜黴円
思ふ人の側へ割り込む炬燵かな  ISSA 星埜黴円
●元句: 思ふ人の側へ割り込む炬燵かな  一茶 これは、句ではなく、作者の方がギャ句です。 ドリームメーカー(←映画の名前)以来、DaPumpのISSAに対する印象は、こんな感じです。割り込むんぢゃねぇよ!  はい、偏見かもしれません。共演は、上原多香子さんだったですねー。可愛かったですねー。/星埜黴円
狛江出て経堂に入るラッシュかな@小田急小田原線上り 星埜黴円
●元句: 炬燵出て経蔵に入る律師かな  大野洒竹/星埜黴円
くっつくとことのはじまる火燵かな 星埜黴円
●元句: つくづくともののはじまる火燵かな  鬼貫 ある年代以上の方々には、懐かしい青春の一コマでありましょう。私には、無縁のことでしたけどね。モテなかったからでは、ありません。エアコン完備だったので、コタツは持っていなかったのです(と、日記には書いておこう)。/星埜黴円
影法師横になりたる菩薩かな 星埜黴円
●元句: 影法師横になりたる火燵かな  丈草/星埜黴円
炬燵より跳ぶ吾子全身にてこける 星埜黴円
●元句: 炬燵より跳ぶ吾子全身にて受ける  沢木欣一/星埜黴円
炬燵出づ肥を捨てたる如くなり/炬燵の中の放屁は禁止  星埜黴円
●元句: 炬燵出づ恋を捨てたる如くなり  杉本禾人 思わず、付句を足してしまいました。この付句なら、元句につけても大丈夫かも?/星埜黴円
あはれ子のひとりもグレる切炬燵 星埜黴円
●元句: あはれ子のひとりもぐれる切炬燵  高橋鏡太郎/星埜黴円
切炬燵夜の発泡酒雪泡立つ 星埜黴円
●元句: 切炬燵夜も八方に雪嶺立つ  森澄雄/星埜黴円
炬燵居に大往生の霊もあり 星埜黴円
●元句: 炬燵居に大往生の例もあり  富安風生 わたしは、視えない人です。ああ、良かった。聞こえたり感じたりしたことは、あります。 同僚の看護師さんには、いわゆる「視える人」もおりました。 「先生、器材室に女の人がいますよ」とか、「救急外来に、おじいさんがずっといるんですけど?」とか、よく訴えられました。わたしが見にいったって、おりませんがな。/星埜黴円
かなりある多いな舟の置炬燵  星埜黴円
●元句: かゝりゐる大堰の舟の置炬燵  皿井旭川/星埜黴円
大量の酒きゝすます炬燵かな 星埜黴円
●元句: 大空の風きゝすます炬燵かな  渡辺水巴 /星埜黴円
炬燵出て夜の煩悩のお肩衣 星埜黴円
●元句: 炬燵出て夜の勤行のお肩衣(かたぎぬ)  河野静雲/星埜黴円
炬燵出すもてなす心ありますから 星埜黴円
●元句: 炬燵出ずもてなす心ありながら  高浜虚子/星埜黴円
我よりも老行く猫や置火燵 星埜黴円
●元句: 我よりも老行く妻や置火燵  佐藤紅緑 猫は、人間よりも経過時間が早いです。見る見る老いて行きます。/星埜黴円
うずうずと振るや炬燵の虫見猫 星埜黴円
●元句: うすうすと寝るや炬燵の伏見舟  一茶/星埜黴円
火燵から見ゆるヤバしの人通り 星埜黴円
●元句: 火燵から見ゆるや橋の人通り  正岡子規/星埜黴円
腰むけの妻おそろしき炬燵かな 星埜黴円
●元句: 腰ぬけの妻うつくしき炬燵かな  蕪村/星埜黴円
おもらしやこたつの下の水の音 星埜黴円
●元句: 淀舟やこたつの下の水の音  太祇 猫がねぇ・・・猫がするのよ・・。おもらし夏みかんは死んじゃったけど、ゲロ吐き軍団が健在・・・。/星埜黴円
横顔を炬燵にのせて二本の皺 星埜黴円
●元句: 横顔を炬燵にのせて日本の母  中村草田男/星埜黴円
みんな来よ今宵の炬燵あしくさし 星埜黴円
●元句: みんな来よ今宵の炬燵あたゝかし  五十嵐八重子 ウチの猫どもは、おっさーーん臭いわたしの靴下の匂いが大好きです。 炬燵に入ったりしたら、まあ変態・・・もとい・・・大変です。すーりすりすり、擦りつきます。 あろうことか、わたしの足を抱え込んで、恍惚のバカに為り果てます。まるで、マタタビを与えたかのようになるのです。 おっさんの靴下臭とマタタビには、なにか共通のものがあるのでしょうか?/星埜黴円
炬燵出て父大臭をつくりけり 星埜黴円
●元句: 炬燵出て父大穴をつくりけり  原石鼎/星埜黴円
火燵にゐる母にもちあげず一日二日 星埜黴円
●元句: 火燵にゐる母にうちあけず一日二日  中塚一碧楼/星埜黴円
炬燵板その一隅が僕の城 星埜黴円
●元句: 炬燵板その一辺が妻の城  八染藍子 すみません。今回、ギャ句だけで50句以上できちゃいました。炬燵、恐るべし。 自選(笑)して、半分くらいにしましたが、それでも20句以上の投句をしてしまいました(←ギャ句だけで)。 ご多忙のなか無駄に投句数を増やしてしまい、申し訳ないですん。 正人さまの発表されている総投句数には、やっぱりこれらのギャ句も含まれているんですよねー、きっと。 本当に、無駄に投句母数を増やしてしまい、申し訳ないことです。/星埜黴円
凄まじや火燵の上の御器冠  星埜黴円
●元句: 睦まじや火燵の上の小盃  召波/星埜黴円
○星埜黴円くん、おお、なんとなんと南都銀行。いや、無駄な、いやいや、相当な努力を評価しよう。ギャ句の嵐もたのしいもんじゃ焼き。数を生まんといいギャ句も生まれんからのう。多ギャ句多謝じゃ。しかし、キミのギャ句体質は何から生まれるのかのう。生涯ギャ句マイルを作らんといかんのう。ま、ひとつ、よろしく哀愁!うほんうほん。

猫若く鼠もとらず日向ぼこ 甘泉
●ギャグ句投句      元句 猫老て鼠もとらず置火燵 正岡子規/甘泉
○甘泉くん、そうかそうか草加せんべい。まあ、そういう猫もいるもんじゃ焼き。うほん。

染みつかぬ足袋のココアや置火燵 末尾波世遠
●ギャ句 原句「住みつかぬ旅のこゝろや置火燵/松尾芭蕉」/末尾波世遠
トラムプのぐずりちらばる多き御託 末尾波世遠
●ギャ句 原句「トラムプの崩れちらばる置炬燵/高浜虚子」 ジョー句ですよ。/末尾波世遠
○末尾波世遠くん、いや、いいギャ句じゃあ内科小児科肛門科。ギャ句は世界観じゃ。そういえば、なんとか世界観くんの歌詞が道後のあたりにあるそうじゃ、うほん。

塀の中の炬燵の中という処 隣安
●どうだ先生に捧げるギャ句@トホホギス。原句は「世の中の炬燵の中という処/池田澄子」/隣安
脚すこし痒くなりたる炬燵出す 隣安
●どうだ先生に捧げるギャ句@トホホギス。原句は「脚すこし弱くなりたる炬燵出す/柴田佐知子」/隣安
○隣安くん、そうかそうか草加せんべい。堀の中にも炬燵か。いい堀の中じゃのう。夜も更けるのう、うほん。

○どうもどうも金子どうだです。いや、今回もみなさんのギャ句は、よかったじゃあ内科小児科肛門科。ま、ひとつ、その調子で、よろしく哀愁!うほん。

◆今週の「聞き做し季語」?!
 兼題の季語が、耳にどう聞こえるか?……というクダラナイ試み。

誤脱・御託・戸建・強奪・五択・五徳 さとう菓子
●「聞き倣し季語」少々ズレてきたかな…(>_<)/さとう菓子
○さとう菓子くん、いや、いい耳を持っておる、うほん。

「聞き倣し季語」枯渇 解脱 御託 古刹  ひろ志
○ひろ志くん、その調子で飛び立つのじゃ、うほん。

脚立・孤立・ 花 節湖
○花 節湖くん、まだまだ、続くのかのう、うほん。

「聞き做し季語」脚立 亀田荒太
●脚立に炬燵蒲団を掛けているって、そいつは完全に呆けが始まってるぞ。/亀田荒太
○亀田荒太くん、まあ、そういうこともあるジャロウ、うほん。

「聞き做し季語」 はずきめいこ
●古刹 お札 と殺 模索 五冊 /はずきめいこ
○はずきめいこくん、おお、よろしいよろしい、その調子じゃ、うほん。

◆今週の「なんちゃって回文」

炬燵掛け花柄佳奈は毛刈った娘 ウロ
●回文俳句です。 こたつがけはながらかなはけかったこ / 炬燵掛けは、ぱあっと明るい花柄。だのに佳奈は年ごろなのに男刈りにボーイッシュとは? /ウロ
餌摺った子せっせやせっせ炬燵据ゑ ウロ
●回文俳句です。 ゑすつたこせつせやせつせこたつすゑ / いま、小鳥の餌を摺っていた子は、まあ、気の利く子で、もう炬燵を据えようとしているよ。 擬態語でうっちゃり。 /ウロ
古炬燵まづ出した出した詰まったゴルフ ウロ
●回文俳句です。 ふるごたつまづだしただしたつまつたごるふ / なんせ古炬燵捨てきれないで取っておくもので、とっくに御用納めのゴルフクラブセットと奥のほうから取り出すのに一苦労ってわけでして……アタマの奥の回文引き出しでこれまた苦労… /ウロ
処置も秘の炬燵買った後の火もちよし ウロ
●回文俳句です。 しょちもひのこたつかつたごのひもちよし / 家族にも内緒で新薬の被検をしたのだが、こたつも具合いいし、万事好転するだろう。 /ウロ
○ウロくん、そうかそうか草加せんべい。佳奈くんも元気そうじゃのう。今回も、楽しい回文俳句じゃ。よろしいよろしい。うほん。

福この炬燵熱々蛸の子食ふ さとう菓子
●「なんちゃって回文」ふくこのこたつあつあつたこのこくふ/さとう菓子
○さとう菓子くん、おお、いいじゃあ内科小児科肛門科。ワシも蛸の子は好きじゃ。いや、回文のことじゃった。よろしいよろしい、うほん。

へその緒あつたこと炬燵あをの添へ 遠音
●回文俳句。へそのをあつたことこたつあをのそへ/ううっ今日は冷えるねぇ。なんかこの店いいねぇ、炬燵の相席って、面白いもんさね。あ、俺、俺ね、もう五十三なのよ。うん。でね、こないだこれ見つけたの。ほれ。え?何も入ってないんじゃないかって?入ってるさぁ、桐の箱持つの、初めてなの?軽いよねぇ、この軽さに、たまにじんと痺れちまうんさぁ。ん、これはねぇ、ヘソの緒なんだ。俺の。俺ね、親がすぐに二人とも死んじゃってあちこちたらい回しだったんだけど、こないだ、ひょいとこれが出てきたわけよ。人生、わかんないもんだねぇ。え、何してんの?何それ、青いハンカチ?包むのが手順?マヨケ??何、なんかこれ悪いものなの??え、オハライ?なんだかしんないけど、良くなるんなら頼まぁ。天国のとーちゃん・かーちゃん・頼んます!パン・パン!!/遠音
○遠音くん、おお、泣かせる物語じゃあ内科小児科肛門科。臍の緒を大事にするとは大した
もんじゃ焼き。よろしいよろしい、うほん。

いよっ!切炬燵持つた小力!強い 塩の司厨長
●(いよっ!きりこたつもつたこりき!つよい) 回文俳句です。長州小力さんをネタにしてしまいました。大丈夫かな・・・。/塩の司厨長
○塩の司厨長くん、おおそうかそうか草加せんべい。小力くんか。いい回文じゃあないか。ひとつ、その調子で、よろしく哀愁!うほん。

大豆蛸並びし平な炬燵板 星埜黴円
●回文です。 だいづたこならびしひらなこたついた/星埜黴円
血の土間や炬燵立った子山門の地 星埜黴円
●ちのどまやこたつたつたこやまとのち/星埜黴円
名が蔦子貴婦人渋き炬燵かな 星埜黴円
●回文です。 ながつたこきふじんしぶきこたつかな/星埜黴円
良い女乗った炬燵の難を言い 星埜黴円
●回文です。 いいおんなのったこたつのなんをいい/星埜黴円
○星埜黴円くん、おお、今週はギャ句も回文もガンバルもんじゃ焼き。まあそうじゃ、いい女の乗った炬燵はワシも欲しいのう、うほん。

箪笥やら炬燵売った子ら安んだ 西川由野
●回文です「たんすやらこたつうつたこらやすんだ」終活とか大変そうですね。 /西川由野
物言い分かった炬燵可愛いのも 西川由野
●回文です「ものいいわかつたこたつかわいいのも」 /西川由野
1Kに炬燵買った子に意見は 西川由野
●なんちゃって回文です「わんけいにこたつかつたこにいけんわ」/西川由野
○西川由野くん、お、いいじゃあ内科小児科肛門科。やはり、回文も炬燵という季語の身近さに寄り添うのじゃのう。よろしいよろしい、うほん。

炬燵出す手伝い断って巣立った子 白丘山人(893人)
●回文です。「コタツだすてつだいたつてすだつたこ」/もうすぐ寒い冬がやってくるというのに、優しかったあの子が突然出て行ってしまった。いったい何があったのだろうか…。というようなシチュエーションです。/白丘山人(893人)
○白丘山人くん、おお、これも良い回文じゃ。このように、すんなりと意味が通る回文は、快感じゃ。これからも、ひとつ、よろしく哀愁!うほんうほん。

きつい世の炬燵切つたこの良い月 鈴木牛後
●みなさま、お久しぶりです。ちょっと思いついたので投句します。/鈴木牛後
○鈴木牛後くん、いいじゃあ内科小児科肛門科。炬燵からの月も乙なもんじゃ焼き。最近もご活躍じゃが、このコーナーも、ひとつ、よろしく哀愁!うほん。

 

※『俳句ポスト365』の文字が小さすぎる?
 この問題に関しては「それぞれのパソコンの個性によって見え方が違ってくるので、統一して同じ大きさにするのが難しい」のだそうです。次の方法でひとまず対処して下さい。
 「CTRL(コントロール)」のキーを押さえておいて「+(プラス)」のキーを押すと、自動的に文字が拡大されます。同じ方法で「-(マイナス)」のキーを押すと小さくなります。一度この方法を試してみて下さい。

よしあきくん

ページの先頭