俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 重ね着

第207回 2018年10月18日週の兼題

重ね着

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句
本選句欄では、添削した形で句を掲載する場合があります。
添削は作り替えの提案として句会等でも議論されます。示唆された添削案が自分の表現したいことに合致すれば、作者の判断においてその案を自作として採用してかまいません。

人

重ね着の分少しだけ人みしり
つぎがい
重ね着にふんわり埋まる休養日
つぎがい
重ね着や風擦り切れて色無くし
シュリ
重ね着や夕日の音が身を抜ける
シュリ
薔薇色の嘘と知りゐて重ね着ぬ
ヒカリゴケ
重ね着ぬうさぎになつてしまひたく
ヒカリゴケ
重ね着の下から龍の髭やら眼やら
きゅうもん@木ノ芽
重ね着の芯のあたりがはづかしい
きゅうもん@木ノ芽
重ね着やブリューゲルの踊りが重い
トポル
重ね着の親方顎で采配す
トポル
重ね着の襟元きつく銀座の灯
古瀬まさあき
ジャムかひにうきうきかさねぎのこぶた
古瀬まさあき
重ね着や鏡は嘘のはけ口に
山香ばし
家路へと重ね着の群喪のにじむ
山香ばし
重ね着やひとつ単位をあきらめて
朱夏A
指先はナイフのごとし重ね着る
朱夏A
重ね着て鷹揚といふ羽根のばす
渋茶雷魚@抹茶金魚改め
重ね着の鎧のごとし祖父また老ゆ
渋茶雷魚
重ね着を乗せ鉄色の石畳
小川めぐる
マイちゃんの重ね着こうも違うのか
小川めぐる
重ね着るときの自在に回る肩
小泉岩魚
重ね着を剥ぎ現世へ取り出す身
小泉岩魚
下の歯は二本重ね着はキライ
青海也緒
重ね着や臍より下でする交尾
青海也緒
重ね着や今死ぬわけにいかんやろ
薄荷光
重ね着の匂ひに犬が吠えてゐる
薄荷光
重ね着のうへに据置く素面かな
比々き
重ね着をして研いでゐる足の爪
比々き
重ね着を脱ぎて肩甲骨の自由
豊田すばる
観劇の差し色は朱や重ね着す
豊田すばる
怪星が来る重ね着は今日まで
北野きのこ
空青し焼き場に祖母は厚着せり
北野きのこ
重ね着てムンクはまこと好いをとこ
朶美子(えみこ)
厚着してインタビュー受く和光前
朶美子(えみこ)
透明にならん重ね着脱ぎ捨てて
あまぶー
重ね着て裸婦画てこてこ修復す
あまぶー
重ね着のほこんと猫の飛んで乗る
ウェンズデー正人
重ね着や現ルーマニア領モルダヴィア
ウェンズデー正人
重ね着の何処かのボタンかけ違え
オキザリス
重ね着や父の服用薬七種
オキザリス
重ね着て星もカレーもいつしよくた
かもん丸茶
重ね着や鳩わんさかと風神像
かもん丸茶
原宿パンケーキ重ね着の列はパステル
重ね着を脱ぐ知恵の輪を解くように
重ね着の奥にすんごい起伏見た
くさ
重ね着のまんまるわたしはままが好き
くさ
レベル2の警戒続き重ね着る
くめ仙人
重ね着や入山規制続く山
くめ仙人
重ね着の袖口より落つ錠剤
クラウド坂の上
重ね着のなかに五歳の母のおり
クラウド坂の上
重ね着をして真夜中の鏡かな
クレイジイソルト
重ね着や痩せたる母のあばら骨
クレイジイソルト
重ね着に重ね着しても妣居らず
くれまてぃす恵子
重ね着や日記帳燃やせば軽くなり
くれまてぃす恵子
重ね着や牛丼特盛と玉子
けーい○
重ね着やシャッター上げる音烈し
けーい○
重ね着や肩のうすさの父に似ず
こじ
重ね着て留学生の練習帳
こじ
重ね着の解けし後は骨ばかり
こま
重ね着て恋よりとほくなりにけり
こま
重ね着てテラは重たき星となり
さくやこのはな
重ね着て朝の挨拶太き声
さくやこのはな
重ね着て牛車のやうにゆるやかに
すりいぴい
重ね着て僕を見てゐる象を見る
すりいぴい
重ね着のあかちゃんの名前はぽぽちゃん
ちま(4さい)
重ね着の赤ちゃん寝返りできない
ちま(4さい)
重ね着の袖より貰ふゆで卵
とおと
でたらめに重ね着をして宇治十帖
とおと
重ね着を脱がせて辿り着く黒子
にゃん
重ね着や背骨震はす掘削機
にゃん
ドアノブを押す重ね着の気合かな
ふじこ
重ね着の夜の匂ひの帰宅する
ふじこ
重ね着をばさりと脱ぐやカレーうどん
ヘリンボーン富樽
嘘ついたあと重ね着の癖ぬけず
ヘリンボーン富樽
重ね着てノクターン湧く地下二階
まこち
重ね着てチャルメラのラや星の色
まこち
重ね着やわたしも虫も大空も
むらさき(6さい)
重ね着や舌をつんつん大人の歯
むらさき(6さい)
重ね着て遺骨と吾とコーヒーと
よしおくん
重ね着て妻といふ謎多きもの
よしおくん
厚着してゆがんだ魂を隠す
或人
重ね着のマネキンが街を征服
或人
重ね着て転がせさうな母となる
伊湯
重ね着の一枚GUAMのシャツであり
伊湯
重ね着や羊水満ちる正中線
卯MOON
重ね着を脱ぎてギプスに獣臭
卯MOON
重ね着や天に星空又星空
花南天anne
重ね着の子を背へ重ね「ごんぎつね」
花南天anne
聖堂の厚着を割つて花嫁ゆく
亀田荒太
重ね着の背中の震ふ 主よ、主よ
亀田荒太
重ね着のゴーシュ寂しき星を弾く
蟻馬次朗
帰国せり大陸の香を重ね着て
蟻馬次朗
重ね着や馬頭琴鳴る赤き河
玉庭
重ね着や鼻翼で朝を確かめる
玉庭
ヒョウにトラ重ね着て叔母現れり
玉木たまね
五年前に十年前を重ね着す
玉木たまね
重ね着や奏でるやうに脱いで着て
香野さとみZ
重ね着を脱ぐ間も話す今日のこと
香野さとみZ
重ね着の列の伸びゆくバケツリレー
佐藤直哉
重ね着やギターケースに鳴る硬貨
佐藤直哉
重ね着て日あたる方へ尻ずらす
砂山恵子
わたくしは小さな貝よ重ね着て
砂山恵子
重ね着の脛に雄牛の寝息かな
斎藤秀雄
内省の日記重ね着して簡素
斎藤秀雄
重ね着の中に煤ける子の眼光
三重丸
重ね着の抜け殻ひとつある秘湯
三重丸
重ね着や散髪屋の和式トイレ
志保川有
重ね着や漱石山房の跡地
志保川有
重ね着の母が暮れてく恋の街
酒井おかわり
重ね着や貴女は水みたく匂う
酒井おかわり
脱がす手間増やしたったんや重ね着
小市
重ね着や何も言わない父と通夜
小市
重ね着の婆さまたちの二百人
小野更紗
重ね着や読みふけりたる宇治十帖
小野更紗
ガバと脱ぐ重ね着どんと五枚分
笑松
重ね着を増やし締切明日の朝
笑松
重ね着をしてひとりでも平気かな
城内幸江
重ね着の乳房力のなかりけり
城内幸江
重ね着て小さき歯の猫を弔ふ
仁和田 永
重ね着で凡て隠したつもりかよ
仁和田 永
重ね着やこけしの口の点ふたつ
雀虫
重ね着て開くル・モンド求人欄
雀虫
重ね着の逃げも隠れもするわたし
青萄
平均二千円ちょいの重ね着
赤馬福助
重ね着や有休は使えぬままに
赤馬福助
重ね着やだるま悲しく起き上がる
中山月波
重ね着てひとりぼっちがふくらんだ
中山月波
取り込んだやつを着込んでチャリ漕いで
潮ベルト
火薬臭一枚重ね着の星座
潮ベルト
重ね着や明日はクーデターのち晴れ
渡野しえん太
重ね着や丸の内線に遅れあり
渡野しえん太
重ね着やチヤルメラ風がさらふ夜は
日出時計
重ね着て手足にゴムの弾みあり
日出時計
重機ぢゅどどど重ね着の警備員
播磨陽子
重ね着や鏡の端のカレンダー
播磨陽子
時代から降りてしまった厚着とも
白鳥国男
ハローワークへと厚着の身を運ぶ
白鳥国男
やっちゃ場のあんちゃん重ね着してデエト
八作
「道程」を声高らかに厚着の子
八作
重ね着をさせて置き去る夜の街
尾上真理
重ね着や今日の火星は砂嵐
尾上真理
重ね着やするつとかわす癌告知
風華
重ね着や影の重さのくらべつこ
風華
重ね着や混信の北京放送
百草千樹
重ね着の露都に別れを告げにけり
百草千樹
重ね着に疲れてレニングラードよ
福蔵
重ね着し街のゆつくり老いにけり
福蔵
重ね着の芯凍てつかす淋しさよ
重ね着や芯の白骨軋む音
重ね着の背に眠気の溜まりたる
本上聖子
親無くば夜爪切るなり重ね着に
本上聖子
ほどよき重ね着ほどよく独りきり
野々りんどう
藍色に神楽坂暮れ重ね着ぬ
野々りんどう
重ね着のどこへもゆかぬしづかな夜
緑の手
月夜をゆけば重ね着の無重力
緑の手
重ね着に以後は動かぬ覚悟あり
蓮華寺
貸方の木で鼻括る厚着かな
蓮華寺
重ね着やどのポケットにビスケット
洒落神戸
重ね着や家より出でて家に入る
洒落神戸
重ね着をして星空を浸み込ます
一斤染乃
重ね着を脱ぐ白状をするやうに
一斤染乃
重ね着を脱ぐや白状するやうに
久我恒子
重ね着の漢ぽんぽん関西弁
久我恒子
重ね着て聴く新宿の弾き語り
さとけん
五枚目は2-Cのジャージ重ね着る
さるぼぼ@チーム天地夢遥
日没やみるみる重ね着の砂漠
しょうき
重ね着や妣の亥首を受け継ぎて
すずめ
重ね着や星占の乱高下
ひねもす
キャラメルのとける時間を厚着して
一刀斎嘉平
重ね着の父巌のやうな事を言ふ
茨城之ポキヨシ
重ね着の胸てふ陰り芥子真珠
遠音
重ね着しけふ死すなどと思はんや
歌鈴
恋終へたあとは多めに重ね着て
花伝
ターレ駆る重ね着に口紅赤し
克巳
重ね着の中で固まる心かな
佐々木信天翁
重ね着や今も厨にお竃さん
彩楓(さいふう)
重ね着や肩は四角に受験生
山内彩月
重ね着や今朝の筑波の晴れ渡る
山本 力
厚着して赤子ふわふわ青空へ
司啓
重ね着に沁みゆくものとして聖歌
神山刻
重ね着て流星群の空密度
重ね着て白の苦さと緋の甘さ
蒼子
重ね着の重ね着るたるは新聞紙
蒼鳩
重ね着し病の顔を小さくする
村上優貴
重ね着す穴へ入りたい時など
冬のおこじょ
重ね着の心臓にあるアップリケ
桃猫雪子
重ね着のバンジージャンプの未だ揺れる
内藤羊皐
重ね着の双子ふたつのつむりたり
楠えり子
重ね着の最後はマタニティーマーク
24516
重ね着や音羽の滝の空の蒼
28ひろきち
重ね着の重さよ婚姻届の重さよ
be
重ね着や喪服の鈍き列に雨
chiro
重ね着の幼児の欠伸まん丸し
COSMOS
重ね着のパズルのような脱がし方
GONZA
重ね着て新宿歌舞伎町の端
k.julia
重ね着を映せば鏡曇りをる
Kかれん
重ね着や監視カメラに慣れし児ら
Mコスモ
重ね着を陽に脱がされて軽きかな
sakura a.
重ね着の袖鍵盤の上跳ねる
sol
重ね着をめり込むやうに抱つこ紐
TAKO焼子
重ね着て日向を頬に集めおり
あいみのり
重ね着に首細くして会誌繰る
あいむ李景
重ね着や磯のウツボの一夜干し
あけび庵
重ね着やトクホンの香のほのかなる
あつちやん
重ね着やモディリアーニの長き首
あつむら恵女
重ね着を剥がし救命士の苦笑い
あまぐり
重ね着の女子高生の膝小僧
あみま
重ね着を増して軍靴の沈みけり
あめふらし
重ね着の二人ベンチに陽かたぶく
アリマノミコ
重ね着のシベリア帰り父の黙
あわの花水木
弔問客重ね着のまま手を合わす
いしだもよ
重ね着てをんなのかたち整はず
いつき組福岡リスナー班/由美子
重ね着の温む手で引く舫い綱
いもがらぼくと
重ね着て行く僕重ね着て待つ君
うどまじゅ
重ね着のすこし猫背の引越屋
うに子
重ね着や親知らぬ子が親になる
ウロ
重ね着や電光掲示の誤変換
えむさい
重ね着の奥に真紅を隠したり
えんどうけいこ
重ね着の犬に引かれてをりにけり
お気楽草紙
重ね着を詰めのろのろとゆくメトロ
かのたま
珈琲受く重ね着の老教授より
かのたま
重ね着やなかなか進まないすべり台
がんばるけいご7才
かさねぎやけいごといっしょにローラーすべりだい
がんばるたくみ5才
重ね着し給水車の列ならびをり
きうこ
重ね着やせめて清貧のシャツを干す
きおき
塵ひとつなき部屋に重ね着の祖母
キッカワテツヤ
重ね着や若草山は色薄し
きみこば
重ね着に寝息の漏れて乳母車
ぎんやんま
重ね着の宜しき女のシルエット
ぐずみ
重ね着す日月音を立て始め
くりでん
重ね着てキーンと星空観察会
クロまま
重ね着の一番下は勝負の朱
ぐわ
尻尾見えているやも知れぬ厚着かな
けら
重ね着の漱石菊坂駈け上がる
こてつ川
重ね着てナイフのやうな風の中
ことまと
重ね着る森の匂いが迫り来る
コナラ
重ね着や純愛が喜劇となりたり
こはぎ
列に着くあるだけの服重ね着て
こはまじゆんこ
重ね着る父母の丹前重し重し
ざうこ
厚着してポケットにドストエフスキー
さだとみゆみこ
重ね着やひとり遊びのお人形
さとい
重ね着の馴染の顔や発券所
さとう菓子
重ね着て螢雪時代読み耽る
さぶり
重ね着の中のかそけき想いかな
しおうらゆうこ
重ね着を剥がしてまろき君の声
じゃすみん
重ね着の襟より夕闇忍び入り
しゃれこうべの妻
重ね着し清廉な士と時太鼓
ジャンボの勝ち
重ね着やココアの湯気もふかふかだ
しゅうちゃん(5さい)
星青き丘重ね着のきみを待つ
しろ
重ね着てヤマタノオロチ役得たり
しんしん
重ね着の袖の輪ゴムの昼支度
すみっこ忘牛
愚痴聞くの上手い人重ね着の人
せり坊
重ね着や山がゆっくり振り返る
せん
重ね着て口腔外科の薄暗き
だいふく
うつくしき色閉じ込めて重ね着す
ちびつぶぶどう
つくづくと貧しき躰重ね着す
ちゃうりん
厚着して医者の告知を待ってをり
ちょろたこいん
重ね着をしてもそこには星はなく
ツカビッチ
重ね着や背伸びの先の青い空
つわきの嫁
重ね着の丸々として転びけり
ときこの母よしこ
重ね着が似合うおかめに生まれたの
とし
重ね着や姥捨て山へ続く道
としまる
重ね着や沖に小さき流れあり
なおこ
重ね着を解いて大空抱えたり
ナタデココ
重ね着の赤子ころころ転がれり
なないろ
重ね着の隙間のような寂しさや
なみは
重ね着ておしら神めく夜更けかな
なみはやらんる
重ね着の子のこっくりと行儀よく
ねぎみそ
重ね着のいちばんおくの国訛り
のつり
重ね着や外れる前の宝くじ
ハルノ花柊
重ね着の秘色襲となりにけり
ひでやん@「秘色襲」・・・瑠璃色と薄色の襲(かさね)の色目
恋に似たもの終えた日は重ね着ぬ
ひよこ豆
重ね着の下に胎児の動きおり
ふくろう悠々
重ね着のあえかな色も旅の人
ふっこ
重ね着を掻き分け外つ国の便へ
ふるてい
靴の音が瓦斯灯揺らす厚着かな
ペコちゃん
厚着してキリンの前に一時間
ほしの有紀
鶏鳴や重ね着のうちより出れぬ
ぼたんのむら
重ね着の齢の如き重き腕
ほろよい
星芒の切つ先深し重ね着す
ほろろ。
重ね着のまま微笑んで遺影かな
ぽんのじょう
ニューヨーカーの朝重ね着の曇天
マオ
重ね着の二百gを床に置く
まさこ
重ね着や生涯原稿三万枚
まどん@林芙美子の生涯に書いた原稿の枚数です。
重ね着を脱ぐホスピスへ旅立つ日
まほろ
重ね着や三面鏡の歪なり
まるちゃん2323
重ね着る茶の香袂にとゞめ居り
まんぷく
重ね着や放電管の薄き玻璃
みかりん
重ね着や初めの言葉省略す
みくにく
重ね着の眼うつろに居留守かな
みなと
重ね着やにんじん色の星探す
みやこわすれ
重ね着は衣紋掛けにも及びたり
みよしい
重ね着や遅延証明今日も手に
むじーじ
重ね着て着て着て着て独りぼっち
むったん
重ね着を脱いで地球が軽くなる
めしめし
重ね着や笑えるほどに母に似て
もちえちゃん
重ね着や地球と星の交わりぬ
ももたもも
重ね着やもこもこと湧く鉛雲
もりお
重ね着やビニール紐に詰む遺品
ヤヒロ
重ね着て歩幅小さく君遠く
やまぶき
かさねぎやもうおかあちゃんしつこいよ
ゆいのすけ3さい
重ね着の父は大きな森のよう
ゆうが
重ね着や一問目からやり直す
ゆすらご
三代の重ね着錆の鳴るシャッター
よあけの晩
着ぶくれて明治通りのインド人
よだか
重ね着や丹後の国の股覗き
よぶこどり
重ね着の女先生標準語
ラーラ
重ね着る夫の古シャツゆたかなる
らごん
重ね着の顔上げ一歩風を押す
ラッキーの母
重ね着の真ん中カラッポ大宇宙
りぃらっくま
小説はロシアの荒野重ね着す
りう女
新宿の地下伸びゆける厚着かな
る・こんと
重ね着ればいささか時の鈍くなり
るびちゅ
何枚も重ね着をするこころうち
庵原
重ね着の中に小さく老母をり
杏と優
重ね着て河馬にたたずむ男かな
伊奈川富真乃
重ね着やくわりくわりと豆を挽く
伊予吟会 玉嵐
重ね着の庵主テキーラの空瓶
伊予吟会 宵嵐
重ね着や羊水に浮く児の鼓動
育由
重ね着をひとつずつ剥ぎ家事終える
一心
黒に黒重ね着世間はばかりて
一走人
庭仕事形見のボロを重ね着す
羽衣使
重ね着や出社前の衿冷たし
羽光
重ね着や3Gに耐えるつり革
雨霧彦@木ノ芽
登下校重ね着してもさびついて
雨夜猫
重ね着の上手な母に夕茜
卯年のふみ
重ね着の下に入れ墨老漁師
栄魚
重ね着や向かい風だと知りながら
永想
重ね着の「ね」のあたりが絹ですね
塩豆
重ね着て海風テラスにて会おう
温湿布
重ね着や達磨にいまだ目を入れず
佳月
重ね着のまま重ね着の君と逢ふ
可笑式
重ね着やサボテンの棘つつついて
夏柿
重ね着て奏でるは鈍色の音
茄子美
重ね着や妻なきけふをまづ起きて
雅喜
重ね着た中の二番目着替えたし
雅鬼
重ね着の妻ころころと身籠れる
海猫
重ね着や銀河の隅で転寝を
海風山本
曇りよりも重く着重ね接骨院
皆見元喜
重ね着のどれかから煙草の臭い
笠原 理香
犬の子に曳かれてをりぬ厚着の子
重ね着の人はひよこを飼つてさう
瓦すずめ
重ね着や紙人形はお嫁入り
岸 れん
重ね着や童女の髪は陽の匂い
鬼怒
重ね着や灘は杉玉吊りはじむ
吉 や
重ね着や罵る女冷める男
久蔵
重ね着の先生置きしクラス会
金子加行
重ね着や参道で売る砂糖菓子
空 春翔
寂しけりゃ重ね着たんとしなさいや
渓湖
重ね着や日本国籍捨てにゆく
月の道
重ね着の足湯を匂ふ硫黄かな
月見柑
実験棟は煌々と重ね着の帰路
古田秀
重ね着てちょいと厠へ星あまた
古都ぎんう
重ね着の漱石髭にジャムの跡
枯丸
重ね着やメトロノームのひびく朝
幸の実(9才)
重ね着て月面歩く気分して
江口小春
重ね着を剥けばなくなるかもしれず
江津子
重ね着や筑波の山の清々し
江里口泰然
重ね着や出港の汽笛響くなり
紅さやか
派手な化粧派手な重ね着派手な口調
綱長井ハツオ
重ね着やハイボールはひと混ぜが好し
香羊
重ね着や箱の写真はセピア色
高橋寅次
重ね着や包丁の音母の音
高野由多
母国語と日本語重ね着の親子
根子屋彦六
重ね着や義足の犬と沖を見る
佐々木のはら
重ね着や氷生まるる音を聞く
斎乃雪
重ね着の君重ね着の僕と母
細清
重ね着と幸は双曲線を描く
三羽異治
重ね着のくるぶしだけは見えており
三子
重ね着の胸に御守はさみある
三重野とりとり
重ね着の背中暮れゆく屋台かな
三輪佳子
お下がりはあんちゃの匂い厚着の子
山口雀昭
重ね着に歳の差見えて雲走る
山裾 都
重ね着やじんじん宵の忍び寄る
山西琴和浦
重ね着やビリケンさんはまあ元気
山陽兵
重ね着や縄文土器は火の匂ひ
山椒法師
重ね着の鮮やかなりし紐育
珊瑚
重ね着の袖焦がす単身の朝
紙威
生家てふ重ね着をして行くところ
重ね着て江戸川乱歩三冊目
紫檀豆蔵
岩木嶺も吾も白色重ね着て
篠田ピンク
重ね着や我が裡(うち)にあるつむじ風
朱河
腥きもの重ね着の丸背より
朱契
重ね着の先陣を切る今朝の祖母
春川一彦
重ね着て指一本で点くテレビ
純音
重ね着や院号で橋渡る祖母
順三
重ね着の児の柔らかき千鳥足
勝る
腎石の一つ動ひて重ね着す
宵待草
重ね着し泣けば嬰児熱を帯ぶ
小鞠
厚着して鉄路の響き聞きに行く
小石日和
重ね着や猫の弔い三万円
小倉あんこ
重ね着や母の呪縛で愛情で
小町
重ね着の黒多き街空の碧
小梅
重ね着の肩凹ませる撮影機
松永裕歩
重ね着の母の指から紙の鶴
松茶
重ね着の雲の低きを戦闘機
松田てぃ
重ね着ややや紺寄りの夜来る
松尾寒蝉
重ね着の我が百キロを憂うなり
寝たきりオヤジ
パソコン打つ重ね着の背に会話なし
新藤柑子
鈍色に重ね着て炊き出しの列
深草あやめ
ショーウィンドウ重ね着の老婆また映る
真繍
重ね着や礼拝堂の花活けて
神山やすこ
重ね着やなむばあるきの洟垂らし
仁葉
重ね着やブルーノートでジャズに酔う
水夢
重ね着は津軽の妣の接ぎし襤褸
数鉄砲
自治会の混迷見越す厚着かな
瀬々葱坊主
重ね着の僧侶を運ぶ騾馬の道
瀬波秋鮭
重ね着の人はみちのく訛りかな
正木児童
重ね着の僧の説法円やかに
清一
重ね着や星座盤持つ待ち合わせ
清水仙人掌
厚着して星座を示すポインター
西山哲彦
重ね着を脱ぐやさざんか散らすよに
西川由野
片恋を秘密にせよと重ね着す
西泉アモ
重ね着の六枚目より他人めく
西村楊子
重ね着を捨てたら広い空だった
西尾婆翔
重ね着や告解室に跪く
青伽
重ね着の深部に緩き鼓動あり
雪うさぎ
仕込樽のこゑに頷く厚着かな
雪子
重ね着や荒波統べる老漁師
占新戸
重ね着が無性に似合う無精髭
川西勝久
重ね着て釣り糸ゆるむ昼下がり
浅河祥子
重ね着て女の螺子を弛めをり
船岡遊子
重ね着のおんなアキレス腱細し
善多丸
重ね着のひだりのそでがねぢれをる
倉木はじめ
ボロ布の重ね着にあるダビデ星
相沢はつみ
重ね着を脱げば乳房のおそろしき
多々良海月
重ね着や築百年の土の壁
多聞仙
重ね着や学芸会の手風琴
泰然
重ね着の残り香軽く払いけり
大井河薪
重ね着や猫の機嫌の収まりぬ
大雅
重ね着が似合う人にはならないで
大三郎
重ね着を解きて自前の躰かな
大塚迷路
重ね着の一番下のお気に入り
大槻税悦
重ね着や何度も欲しがる野比のび太
大弐の康夫
重ね着の子の声鼓膜に触れる声
沢田朱里
重ね着の妻の小さくなりにけり
達哉
重ね着や日向臭さも堂に入り
谷田藪辛子
重ね着てぴかぴかの臍隠しもつ
短夜の月
重ね着や一つのこころ守る為
池田和正
重ね着の寝袋野獣の気配あり
池之端モルト
重ね着を解きて富山の薬売り
竹春エリザベス
椅子の背に重ね着させて足湯かな
竹福
重ね着を夜の重さと脱いでゆく
中岡秀次
重ね着や地平線からカノープス
宙のふう
叔母様の重ね着裾のサテン揺れ
衷子
重ね着のなか「ステージⅢ」の吾よ
朝桜咲花
重ね着や濃さ2Hの男なり
直樹里
鉈で割るじょんがらの節厚着脱ぐ
津軽ちゃう
重ね着をせずに旗振る娘ぞかなし
津軽まつ
重ね着や人はまだ空を飛べない
泥酔亭曜々
眠らない街を重ね着して帰る
天津飯
重ね着やジュラ紀を眠る三葉虫
天野姫城
重ね着を詰め込み電車定刻なり
田中勲
重ね着の女馬券を噛みちぎる
田中耕泉
重ね着しオーロラの端ふれる頬
田名あみ子
重ね着や帰国の船は白に消ゆ
登りびと
胎動のマリア重ね着し給へり
土井デボン探花
重ね着や清少納言良きあだ名
桃泉
重ね着す酒の空き瓶置き場まで
桃福
重ね着や二つボタンの緩みあり
重ね着の衿元美しき松重
重ね着し夜来の雨を聞きてをり
徳永 北道
消費税さえなければと重ね着す
徳本あつ
重ね着や採血待ちは九十分
栃木のあーたん
重ね着に学ランを貸す仲であり
凪野たいら
重ね着の中に膨らむ命あり
南風紫蘭@木ノ芽
重ね着のトンネル抜けて元の部屋
尼島里志
重ね着を脱ぎて授乳の夜の深き
日記
重ね着の女や外向きの乳房
猫愛すクリーム
からまれている帰宅時の重ね着に
猫舌扁平足
クロスワードをこづく重ね着の妊婦
梅野ゆみ子
重ね着の仕上げにはめる金ボタン
柏井青史
天狗杉ざわつく翳や重ね着す
白樺みかん
重ね着を剥げば鈍重の塊
白丘山人(893人)
重ね着て沙翁の科白となえをり
麦吉
重ね着てプラットホームの向こう側
畑 詩音
手水場のぬつと手を出す厚着かな
比良山
重ね着のあばら探るや聴診器
枇杷子
重ね着の子犬の顔は憂いてる
美翠
重ね着や街は端から灰色に
美年
重ね着をはがしてくようなメールの来
百合園ゆみ
重ね着の中にひとりでいる心地
富山の露玉
重ね着てサティは部屋に充満す
武井かま猫
重ね着や屋台で歌う応援歌
風間昭彦
重ね着の鉄人二十八号飛べず
風峰
重ね着て本は佳境に入りにけり
風来
重ね着の仕上げ股間のチャック上ぐ
福本羽心
重ね着に湯気を纏うた君を足す
福良ちどり
重ね着のポケットポケット鍵の鳴る
文月さな女
淋しくて君の匂ひを重ね着ぬ
文女
手のなかのひよこ眠りて厚着の子
平林檸檬
重ね着てとろりと酔いし午後ひとり
峰岡名負人
さしすせそれうりのやうに重ね着す
蜂里ななつ
重ね着の今にも月へ行くやうな
堀口房水
重ね着や錠剤だけが白い部屋
妹のりこ
重ね着を解きてポン酢の買ひ忘れ
末尾波世遠
五百円食堂厚着の主ははっちゃん
未貫
重ね着の君を飛び越え夜の星
未補
重ね着てファラオの墓を夜歩く
眠る烏龍茶
重ね着と凝りをすとんと落としけり
夢見昼顔
重ね着の暖かそうな寒そうな
夢堂
重ね着のほのぼのと火を足すやうに
牟礼あおい
重ね着やゆるキャラ配るミニティッシュ
明惟久里
内定を受けて重ね着背や弛む
明夏
重ね着を解くや大きくなる赤子
茂る
重ね着や斜交いに見る星判じ
也和
重ね着の一枚目たる皮かゆき
野地垂木
重ね着の間を重ね着の通り抜け
野良古
重ね着のおけら街道馬券散る
柳児
重ね着やどっかにいった銀行印
油揚げ匠己
厚着してたあいなきもの買ひにけり
与志魚
夜中だって逃げられるほどの重ね着
洋壬
重ね着の姉のお古の色が厭
葉月けゐ
重ね着や半歩ずれゆく交差点
葉月のりりん
天に鳶地に遺跡掘る重ね着の人
葉室緑子
重ね着や大叔母常に若作り
遥明
重ね着や抜け殻を置く鬼ごっこ
雷紋
重ね着や馬のゆまりを外に待つ
蘭丸結動
重ね着て質屋の親父なる気分
利平
重ね着や芯のわたしは消えました
立石神流
重ね着て親の介護を話し合い
琉璃
重ね着を解いて老母の豊けしや
留野ばあば
重ね着の右肘のちと不自由な
竜胆
厚着の芯てふ生き方もあしからず
隣安
重ね着のオモニが歌ふ藤圭子
鈴木麗門
やすやすと重ね着を刺す朝の風
露砂
重ね着や首相答弁虚ろなる
老人日記
切れのある手旗厚着の警備員
蝋梅とちる
重ね着で余すベンチの淋しさや
六々庵
重ね着や願ひ色々おしら様
巫女
重ね着のはためきをりし漁り船
橄欖子
重ね着が朝刊持ちて戻りたり
珈琲斎
重ね着て言葉つまずく電話口
聰子
重ね着の今朝の差し色木賊かな
芍薬
重ね着の満員電車に突進す
菫魚
重ね着を脱いで夜風に紛れたる
蓼科川奈
重ね着を脱捨て懸垂二十回
蓼蟲
傘寿の身を重ね着の色目に収む
藪椿@木ノ芽
重ね着や山には川の合言葉
邯鄲
重ね着の夫へ辛辣なるはたき
鋏と定規
重ね着やタルチョの空は青過ぎて
靫草子
重ね着の手には塩ビのウルトラマン
あらあらた
重ね着の女集へり講習会
あるきしちはる
重ね着に包む痩躯や退院日
ギボウシ金森
海亀のやうに重ね着して背中
クズウジュンイチ
哈爾濱の厚着の侏儒の大荷物
ぐでたまご
重ね着の母がことさらよく動く
くらげを
重ね着し心の芯が細くなり
ささき良月
重ね着や筑波の峰の尖る朝
さとうりつこ
重ね着しシカゴの風に向かい立つ
しみみ
重ね着て信仰心の薄くなる
せいち
重ね着の関節可動域狭し
のぼ子
重ね着て見るとはなしに訃報欄
のら
重ね着を吐き出す新宿東口
灰色狼
重ね着や道行く首の折れさうな
灰田《蜻蛉切》兵庫
バギーからこぼれおちさう厚着の子
金太郎
酒は苦いし煙草は辛いと重ね着す
月の砂漠★★
重ね着の妻に嘘など通じない
月々
重ね着や缶コーヒーの落つる音
江戸川青風
重ね着や灯揺らめく美術室
三島ちとせ
ウオッカと重ね着をして寄合へ
松野英昌
重ね着しショパンは歩く石畳
澄海
重ね着にしばし間の空く聴診器
晴好 雨独
厚着してライターがまた見つからぬ
石川焦点
重ね着た嘘に締め付けらるる日々
台所のキフジン
重ね着て薪割る斧の重かりき
大谷如水
重ね着て空の恋しい鳥になれ
大富 孝子
重ね着て発掘調査始まりぬ
中西柚子
重ね着や下宿二階のチェロバッハ
天晴鈍ぞ孤
重ね着やハンガー埋るラーメン屋
澱凡
重ね着て自分の殻を厚くする
藤田康子
重ね着て妻たることを省略す
日田路
重ね着の学芸員や地層説く
猫渓
重ね着て避難所裏の喫煙所
板柿せっか
重ね着て重ね着て避難所の夜
文彦
重ね着や父と並んだ映画館
風らん
重ね着て四畳半にも早三年
風舎哲坊
重ね着て難問一つ解けぬ夜
麻呂助
風の子と言う父厚着させる母
有瀬こうこ

並

重ね着や頂上極め酒の味
重ね着の街に薄暮の降り積もり
ぬらりひょん
重ね着の明日のデザイン生き通し
14橘 貞山
重ね着や鉄柵を背に待ち合わせ
28あずきち
このにほひどれからにほふ重ね着の
⑦パパ
重着の子が迎待つゼミの夜
99カリン
我が子より預りし子に厚着させ
aya
重ね着て未熟隠せし恋の朝
GARU
重ね着てハワイの航路予約する
HGDT
重ね着を重ねて脱ぎて脱衣籠
Kazu
重ね着の中に女の秘密あり
KAZUピー
風吹きて上着一枚重ね着て
kkk
重ね着よボデーラインはどの辺り
kuri
重ね着をしてデイケアを待つ朝
Mrs.Roadmovie
重ね着てモーターそりでやまの湖へ
PON
重ね着や剥ぐ束の間のときめきや
syuusyuu
重ね着をすれど心の温からず
yoko
寂しさや重ね着増して暖かき
アーナンダ
重ね着を剥いてゆきたる更衣室
あー無精
重ね着を数えられたる脱衣場
あさり
重ね着る順に重ねて床に入る
あい女
重ね着やバスにとびのる旅の朝
あい琶
リハビリの帰りは重ね着荷も重い
アオキシゲル
重ね着を拒否し我が子の走り去る
アガニョーク
重ね着て馬上モンゴルの牧童
あざみ
重ね着を脱げば厚い欲の皮
あすなろ
病み上がり重ね着の君の笑顔かな
アナグマ
南国で重ね着剥げば肌眩し
あら さなえ
重ね着の父の襟元我のシャツ
いいよかん
着ぶくれの家族写真のセピア色
いくらちゃん
海沿いカーブハーレー操る厚着して
イサポン
考もまた我も重ね着嫌ふ父
いつき組リスナー班・旧重信のタイガース
重ね着をさせられて乗る自転車
いつの間にアラカン
重ね着や弾く音色のやわらかさ
いつもの花影
重ね着やよわい60の痩せ我慢
いなべきよみ
重ね着の遠き母見ゆ藍模様
いまいやすのり
重ね着や風呂場に向かう服の列
いろり
重ね着て応援の前君走る
うずまきタルト
重ね着は主のかたちで帰り待つ
うづら
重ね着の色を愉しむ母卒寿
えっちゃん
重ね着で荷物検査を通り抜け
えび天
那覇を立ちオスロに降りて重ね着る
えらぶゆり
重ね着やあれやこれやの旅支度
オアズマン
重ね着でエアコンオフのエコ家族
オイラー
重ね着はせぬあのペルー人の黙
おおやぶちょ
重ね着の前を押さえて帰路につく
おがたま
重ね着の襟元白き女学生
おくにち木実
重ね着の兄弟姉妹勢揃ひ
おけら
重ね着しリハビリの人息荒らし
おさんぽタケシ
着ぶくれて肩こりて仰ぐビルかな
おるか
「気をつけ!」の締まらぬほどの重ね着す
おんちゃん。
越後屋の厚着して亥四ツ半薄笑い
カオス
看護師のずらす厚着や聴診器
かざばな
重ね着や抜け殻のように脱衣場に
かずえ
五十肩重ね着時間かかります
かずポン
重ね着や男社会を迎え討つ
かすみ草
重ね着に差し色入れて歩く朝
かすみ草with筋トレ俳人
一人分埋まる重ね着立ち見客
かつたろー。
白蛇の脱皮の如く厚着脱ぐ
かつら子
重ね着や堅牢なりし敵の城
かぬまっこ
しがらみのやうに重ね着脱いでをり
かまど
厚着してジムに通うや脱ぐ脱ぐ脱ぐ
かをり
重ね着しスローで動く一人居や
ギコ
重ね着ころころ我肩も凝り
きさらぎ
重ね着て麦酒飲み干す立ち飲み屋
きっちゃん
重ね着の下は巨大な乳房かな
きなこもち
応援席君のパーカー重ね着す
きな粉のおはぎ
重ね着の母いつまでも手を振れり
きのと
重ね着て添い寝する子とぬいぐるみ
きびだんご
重ね着やユカタ姿で遊戯室
キヨ
重ね着の仕上げは亡父の博多帯
きょうや
ちぐはぐの重ね着笑う集会場
キョンちゃん
重ね着や味噌ラーメンにトッピング
きんえんくん
重ね着を魅せる難儀な靴選び
くさぐき
腰掛ける自習室重ね着を脱ぐ
くにたち太郎
重ね着にみがくや色のハーモニー
くによ
重ね着やほんとは鎖骨見せたいの
くま鶉
議論する重ね着の衆恵迪寮
ぐりーんぴーす@恵迪寮は、古くからある北海道大学の学生寮。
重ね着を一思いにはぐり授乳
くる
重ね着やドリルの響くビルの底
くるみだんご
重ね着や発つ空港で夜明ける
ぐれむりん
重ね着や心とそろえ脱いでみる
けい子
重ね着の遠出の朝に青い雨
こうや こう
◎童らと谺は遊び重ね着ぬ
ココダン
重ね着は母の愛情ちと暑い
ここな
重ね着し病室廻るナースかな
コタロー
重ね着のユニフォームとキャップとメガホンと
こぶこ
重ね着や足元さぐるハイヒール
ごぼうの花
重ね着の子が駆けてゆく通学路
こまどり
重ね着しポチと散歩汗にじむ
ゴンタ
子を思い重ね着重ねマシュマロマン
さかまろ@第二まる安
重ね着の人深山より罷り越す
さくみ
雨模様重ね着持参晴れ着かな
さとうくにお
重ね着や小さく会釈お互いに
サトシワタナベ
赤子よりおもい重ね着ひるのまち
さゆみ
厚着した鉄道員(ぽっぽや)の背に発車ベル
しいちゃん
重ね着に迷惑そうな仔犬かな
しーちゃん
重ね着やゆるりとたたみ診察へ
しー子
このごろは重ね着しても気にならず
しおかぜ
重ね着や肩にボストンかるう夜
しかもり
網揚げの声で重ね着脱ぎ捨てる
しげる
重ね着を脱ぎクレーンの空を突く
シニアモモ
夕暮れや背に重ね着の子の重み
ジュミー
重ね着で受けた電話は事故の報
じゅりあん山本
衿元に紅色ひとつ重ね着る
しゅんらん
重ね着や改札の母自慢顔
じょいふるとしちゃん
重ね着や自転車きいきい息ふうふう
ジョー
重ね着で屈んで見するしりこぶた
シラクサ
重ね着や庭の小鳥を参考に
しんぼう
重ね着のセンス九回裏の二死
ず☆我夢@木ノ芽
重ね着しまるくまあるい赤子かな
スタルカ
重ね着の襟をまさぐるビルの風
スタンリー
失敗は失敗のまま重ね着す
すみれ色の涙
重ね着を脱いで短パン機内食
スローライフ
重ね着を手伝う母やかかる息
ズンバンバ
重ね着に割烹着つけ妣の朝
せつ華
老いらくの恋かも重ね着色を足す
いごぼうら
重ね着で抱く老いらくの恋にして
せんえい
重ね着をしてなほ細き大女優
そめいゆ
重ね着の下に渡せぬラブレター
たいき
重ね着や久留米絣の野良仕事
だけわらび
重ね着の女子高生の腿のいろ
たけ爺
重ね着や底深く映ゆ真白肌
たづ
上野山重ね着させたし西郷さん
タック
重ね着て神父と待つや流星群
たま
重ね着の下に秘めしは粘マグマ
たま蛙
重ね着やお地蔵さまの鼻低し
たむらせつこ
重ね着の老母の袖の毛玉かな
だるま
重ね着てギョエテ論ずる師の白寿
たんじぇりん金子
重ね着や威張る癖ある痩せ男
たんと
重ね着や肩やら頸やら凝りはじむ
たん造
重ね着で身動きとれぬ食後かな
ちゅうちゃん
重ね着に重ね着重ね転びたり
ツーちゃんの恋人
重ね着て夫の声待つ風呂屋かな
つつ井つつ
重ね着をすれど足踏み夜明け前
つつ井つつ夫
駅ごとに重ね着を脱ぐ上り線
でこはち
重ね着を吐き出す電車官庁街
テツコ
重ね着て命拾ひの男かな
てまり
開店を待つ重ね着の無言かな
でらっくま
重ね着のダウンを脱ぎて熱放つ
テン@第二まる安
重ね着の八百屋も一つおまけ入る
どかてい
買い足しに角までをまた重ね着て
ときこ
上州の風翻る重ね着ぞ
ときめき人
厚着して見上げる空や藍の色
とこちゃん
重ね着る小指の幅の衣紋美し
としなり
厚着して北へ発つ孫のずだ袋
とし子
重ね着や留目は君の胸の中
とだまゆ実
今日もまた光かさね着陽ののぼる
とのじ
後ろ手に閉めた玄関重ね着や
とみことみ
ゆらぐ枝重ね着脱ぎてティショット
ドラタンリュウジ
重ね着や虚の説法をする我は
どろん
重ね着や二枚減らして日曜日
とんとん
重ね着て国訛り聞く夜行バス
とんぼ
重ね着て八十路の肌を隠しをり
なかおち
重ね着や肩肘張って肩凝らす
なかがわ聖一
重ね着やスクールゾーンの見守り隊
なかの花梨
重ね着を隔てて鼓動速きこと
なご
半袖や若者真似て重ね着す
なつめモコ
重ね着やビル風すさぶ摩天楼
ニコライ
重ね着の肩こり悩み着ないこと
にゃんみー
重ね着の文学青年くしゃみする
ねむり猫
寒がりの父の重ね着一生かな
のぶ子
お父さん重ね着となる子供達
のりた
重ね着やかき分け滑る銀世界
のりりん
重ね着を嫗一度に脱がせ取る
バーバラ
風なき風重ね着の間をこじて吹く
ばあ哉
重ね着て歩幅短し通勤路
パオ
ありったけ重ね着したる疎開かな
はずきめいこ
一重二重重ね着差し色色合わせ
はすみん
重ね着て外野の外野守備固め
パッキンマン
姿見に映し重ね着やめて出る
はなだんな
重ね着の過ぎて届かぬつり手革
ははろ
重ね着の心中みいちゃん早く来い
ハマさん
重ね着てこのまま冬眠したいです
はまのはの
万歳をさせて重ね着すぽと抜く
はまゆう
行き会ひて今日の厚着を悔やみけり
はむ
十二単祖母の厚着を笑ひけり
はら美華子
あさおきてふくをかさねぎさむくない
はるか6才
腕の裾ピカピカ光る重ね着だ
ばんしょう
日差し出て重ね着悔やみ駅目指す
ビーエム小僧
重ね着や北極星を観測す
ひいらぎ
上人の重ね着の袈裟鮮やかに
ひなた
青橙重ね着の空沈みゆく
ひなたか小春
縁側の重ね着の母髪白く
ひなたトンボ
重ね着も回る洗濯日和かな
ひな子桃青
重ね着をむすんでひらく宇治の宴
ひよこ司書
重ね着し池の端たたけど鯉知らんぷり
ひよとり
重ね着に入浴介助泣くヘルパー
ひよはるばば
重ね着の背震う赤門前駅
ひら
重ね着の鎧脱ぎ捨て湯につかる
ひろ
日めくりが減って重ね着一つ増え
ひろきう
あまやかな初の重ね着4ヵ月
ひろくん11さいのママ
ころころと重ね着の妻いと愛し
ひろし
重ね着や脱げばマイナス1キロだ
ひろしげ11さい
重ね着す母の作りし褞袍まで
ひろのじょう
重ね着て起きる座るを人の世話
ひろろ
重ね着の準備万端北に発つ
ひろ史
重ね着やほつれしままのまつり縫ひ
ひろ志
厚着して朝一番の歯科医院
ふうせんかずら
「重ね着は武器よ」アラサー女子は言う
ふくろう
重ね着をぱっと脱ぎ捨て米を研ぐ
ふさこ
ランジェリーより赤ばかり重ね着る
フジコ
重ね着や手には焼き芋午後三時
ふたご座
重ね着の脱ぎ散らかして一夜かな
ふみゑ
重ね着の脱ぐたび増える愚痴の数
プリマス妙
予防接種重ね着の袖ごろごろと
ふわり子
重ね着やオールディーズに振り返り
ペトロア
重ね着の下はパジャマでコンビニで
ほうじ茶
校庭に重ね着知らぬ風の子ら
ホーリー
重ね着のへんてこりんな色あわせ
ぼたんぴ
洗濯機重ね着のまま廻されり
ぽろたま
重ね着や年輪のごと増へにけり
ぽんたちん
重ね着の脱ぐを手伝ふ診察医
ポンタロウ
重ね着や神話の国の風孕み
マーフィー
重ね着の五十肩なり脱衣場
まいるど
重ね着や杖の向こうの峠みち
まこと
朝練で重ね着し行く球児たち
まさひろ
重ね着の一枚として脂肪あり
ましろなぎさ
重ね着の肩抱かれたるがつしりと
マダム・キムコ
重ね着の順序大事や朝まだき
まち眞知子
重ね着やしばらく星の話など
まつだまゆ
重ね着をさせてふっくら母の愛
まつもん
重ね着の二枚内側小さき手
まの
重ね着や紅色ちらりが決め手です
まめ小路まめ子
重ね着やペンギン何を隠したる
まるひるま
重ね着や顔は小さい姫だるま
みかん
さあ帰ろ重ね着の子の抱きにくし
みき
六枚の重ね着よりもあなたの手
みこ
重ね着の防虫剤の香りかな
みさき
重ね着や見えない層にも手を抜かず
みずほ
重ね着の重さ季節の深さかな
ミセウ愛
重ね着やホームの端の小便小僧
ミセス水玉
重ね着やはばかるなしの大あくび
みちる
重ね着の妻の悋気や宵の空
みどりがめ
とりあえず重ね着させて自転車に
みどりちゃん
優しさを重ね着したら分け合える
みなつ
重ね着し今宵屋台で一人呑み
みのる
重ね着に解放されし細き肩
み藻砂
重ね着を腰にまきつつ歩き出す
むすびめ
重ね着て覗く天体望遠鏡
むにむにちゃん
重ね着やクロークの札五十番
むべ
雨の日の黒黒黒の重ね着や
むらたふみ
重ね着てわさわさと編む藁草履
めぐみの樹
半袖と重ね着の子のいる教室
めりっさ
重ね着を放りて扉開けはなす
メルモ
重ね着や悪霊のごと老笑ふ
もせきのこ
重ね着てちろりを探す夜半かな
もりたきみ
重ね着や今日は脱がない意地と罰
やえ子
重ね着のころころころと小さき母
ヤッチー
重ね着も背筋伸ばして口に紅
やぶつばき
重ね着の一番下の湿布かな
ヤマボー
重ね着の男の呆け庭の墓
重ね着でマトリョーシカに変身す
ゆぃ
重ね着や一番奥は派手な色
ゆうほ
重ね着すシャッター閉まるネオン街
ゆづき裕月
重ね着の芯に届かぬ逢瀬かな
ゆみづき
重ね着てロボのやうなり子の仕草
よっきゃ
重ね着やまんまる祖父の後ろ姿
よつ葉
湯冷めして半纏重ね着夜は長し
よりみち
重ね着の女事実をはぐらかす
らくさい
背まるむる重ね着闇の塒へと
ららやにほ
厚着して待つ駅Tシャツの彼来
ららら句
市たたみ厚着ゐちまい脱ぐ売り子
ラング蘭
重ね着の中は女の勝負服
りさ
重ね着にあらがう人気下着かな
リバティーさん
重ね着を数える子らの数尽きて
りんご
星座観賞重ね着に重ね着や
りんごのほっぺ
重ね着や年代物の魔法瓶
れい
春がきてかさねぎぬいでとびはねる
れい子
厚着して剥ぐやに脱ぎぬ診察室
れっどべりー
重ね着や体ころころころころろ
れんげ畑
重ね着のブクブクよりも温かさ
ローズ
重ね着のおおよそ脂肪だと思ふ
ローストビーフ
重ね着の早朝散歩富士仰ぐ
ロクヨン
重ね着の袖繕いのほつれ糸
わかこ
顔まっ赤重ね着忘れ遊ぶ子ら
わたさん
重ね着の最後に綴じるチャックかな
わらび一斗
来し方の重ね着脱ぎて良き余生
わわ
重ね着やナフタリン臭振り払い
亜音洲
重ね着や蕾剥ぐよに脱がせましょ
阿波豊
重ね着た扉の先に白の国
握り飯太郎
重ね着や朝日の匂ふ深呼吸
葦たかし
重ね着や演歌飛び交うバス旅行
安田信洲
重ね着に包まれ夜半のカラオケ屋
安溶二
人一枚重ね着たりし齢かな
伊藤欣次
七つの子夕暮れチャイムに重ね着す
伊豆子
重ね着や弱々しくも逞しく
伊予吟会 心嵐
重ね着しゴルフスコアも重ねたり
伊予吟会 福嵐
重ね着の吾子かたぶきてまろ寝かな
位相朗
重ね着の祖父の背中は刃文かな
為一暢道
重ね着や縄文杉の年の功
胃痛
重ね着に猫のぬくもり隠す朝
井ノ上 りえ
重ね着て昭和となってをりにけり
郁李
重ね着や母の遺せし毛編み物
一の介
重ね着を一枚捨てて宙へ飛ぶ
一宮寅五郎
重ね着の垢切れ母は洗濯へ
一碁一会
昼脱ぎし重ね着又も順に着る
一咲ふゆか
また一人重ね着て来る通夜の客
一人静
重ね着てまあるく包む割烹着
一茶お
曇天を厚着する羊群の黙
一刀斎
子の置いて行きしコートを重ね着ぬ
一呆堂
母の着た紬にニットを重ね着す
羽 真美佐
重ね着る腕の動きの蟹めいて
羽沖
平成の終わりの夜を重ね着る
羽藤武彦
重ね着の懐に猫住みついて
瓜中不眠
重ね着を脱いでゴールは湯船なり
詠子
重ね着と胎児のしゃっくりを包む
榎本みわ
重ね着の達磨の如し母の顔
重ね着のぬくもりを抱く夜風かな
園壺
重ね着で季節感じる並木道
苑菖
念の為重ね着羽織り風の街
遠きいち
重ね着や熟れて貴方を許す夜
遠野 かなみ
重ね着でうたた寝もまた堂に入る
塩風海女
重ね着も寒さ迎えし色変わり
音澤 煙管
丸まると重ね着しても痩せている
佳子
重ね着や尾張名古屋は流行らない
加藤賢二左右衛門
重ね着を脱ぎて佇む眼鏡橋
夏甫
農作業休憩時間は重ね着で
暇親爺
重ね着を熱の籠った手が剥がす
歌新
重ね着て胸ぐら掴むみずからの
花屋
重ね着や天井裏は運動会
花河童
酔いどれの重ね着はがす夜半かな
花咲明日香
重ね着を脱ぎて機上の人となり
花節湖
重ね着の子ら駆け回りほお赤し
花猫
待ち合わせ素通りされるほど重ね着
花紋
三月経ち初重ね着の吾子抱く
茄子紺
重ね着や隣の犬に吠えられて
重ね着し目指す流しの屋台の灯
我省
重ね着にちょいと覗きしもみじの手
蛾触
母一人昭和我が家を重ね着る
雅雅丸
声高にヨイショ掛け声重ね着かな
雅由
筍の皮に例える我重ね着
介タマ母
重ね着のままでふるさと後にする
海月漂
重ね着や足の短き駱駝居る
海野しりとり
重ね着や十二単を着てみたし
海老名っこ
重ね着て発つ午後2時のラブホテル
街麦
妻走る蓑虫のごと重ね着し
柿林
重ね着で叩く鍵盤腕重し
楽@木の芽
沖へ出る漁夫重ね着と頬被り
梶 鴻風
重ね着や見えぬ所は襤褸に継ぎ
葛谷猫日和
重ね着をまとめて脱ぎて風呂ダッシュ
釜眞手打ち蕎麦
重ね着の一枚母に借りにけり
勘太郎
重ね着の最後は毛皮女坂
幹弘
重ね着で負けぬ気にして外に出る
患子
灯を消して重ね着を解きほぐす指
柑斗梨舞礼
重ね着て齢をうめる年となり
甘泉
重ね着し脱いで忘れる一張羅
甘平
養老院の入口で重ね着を解く
閑茶
重ね着す家から五分のポストまで
岩のじ
重ね着の汚れ幾年新調す
喜一郎
厚着して犬の散歩に出行かん
喜多輝女
歳重ね重ね着は増し気は萎む
気のまま風
重ね着の中のTシャツお気に入り
稀勢の山
重ね着の背や警策の音三度
紀貴之
重ね着の童の頬の赤きかな
貴船貞女
若づくりヒートテックの重ね着し
起承転々
重ね着の仏頂面の子どもかな
輝 龍明
虚しさや重ね着しても効き目無し
輝峰亭
重ね着し一人残りて棚卸し
輝棒
重ね着の腕捲りして採血す
菊池洋勝
重ね着て仏舎利塔を仰ぎけり
吉野川
重ね着て風濃く匂う防波堤
吉良水里
重ね着や産土神の御前に
桔梗
重ね着を重ね重ねて顔ゐらず
桔梗松山
重ね着し自慢する孫コロコロと
久衛
重ね着を剥ぐ優しさと優しさと
久喜吉圀
重ね着の襟元決めて待つ正午
宮みやび
まるまると重ね着赤ン坊眠る
宮坂変哲
年ごとに老いを感じて重ね着し
宮写楽
重ね着や脱いで逆立つ静電気
モッツァレラえのくし
重ね着を脱ぐやぱちぱち静電気
弓女
重ね着る父の匂いと母の香を
宮島ひでき
吾が為重ね着一枚くれし君
宮武桜子
重ね着の仕舞は夫の脱ぎし服
宮﨑紅清
庭先に重ね着の父今はなし
虚実子
重ね着に隠れしベスト手編みなる
京あられ
ずっしりと重ねる衣年の功
京のみやび
重ね着の子ら湯気吐いてかくれんぼ
京丸
晴れ姿重ね着して天気になれ
京子
重ね着や数字にならぬ乗車率
京野さち
重ね着を嫌ふ幼子赤き頬
琴女
重ね着の首筋にある羽根のタトゥー
芹沢雄太郎
重ね着や身もこころにも重ねをり
金亀 子
うち解けて一枚脱ぎし重ね着よ
金治宜子
重ね着の母背に軽し冠着山
吟  梵
重ね着やいざ出て行かむ星空へ
銀命堂
霊峰も白き衣を重ね着し
銀蜻亭
重ね着の枚数かぞえ苦笑い
句詩呼
着ぶくれの電車の席は浅く掛け
駒子
重ね着は古着で洒落る七十代
制服の下は七枚の重ね着
空山
重ね着や上手に嘘をつける人
空蝉
いつもならやせ我慢する重ね着す
熊縫まゆ
重ね着を脱ぐたび勝利卓球児
栗田もとえ
手編服重ね着し夜汽車の別れ
桑島 幹
厚着せぬ習慣未だ独り者
君島笑夢
重ね着を脱ぎ散らかすや引籠る
群馬の凡人
重ね着や母から衣類宅配で
恵寿
重ね着やバスの座席で身を縮め
恵美子
重ね着にまた重ね着て母の朝
恵風
重ね着の子の指探し手を繋ぐ
桂奈
朝ぼらけ重ね着脱ぎ二度寝する
蛍子
重ね着や好きが嫌いに変わるとき
鶏侍
重ね着の粋なご婦人歌舞伎座前
月のうさぎ
北斎の床這ひ被る重ね着や
嫌佐久
重ね着や枚数限る獄舎の吾
犬亀猫男
重ね着や重なる匂いぬくもりが
犬散歩人
重ね着て夜景となりたる二人かな
元喜@木ノ芽
着ぶくれて朝の通勤サウナ風呂
玄鳥
重ね着や女子高生の膝小僧
古都鈴(ことり)
重ね着の合間に見上げる目がふたつ
孤色
重ね着や歩く二人の影長く
湖雪
重ね着に流行りの薄手試す朝
五月
ユニホームのなか重ね着の外野席
鯉太郎
重ね着の薄さ競ふやなには人
光本弥観
重ね着て虫食う穴の広がりて
工藤浩之
重ね着や柏手高き風の道
重ね着の鼓動の限りなく無音
広瀬 康
重ね着を解くごと伝う君の熱
江久保亜月
重ね着や箱根の五区で振る小旗
江戸人
口の端や風の匂いて重ね着る
荒磯魚々
散歩道重ね着少しずつ解かれ
香舟
厚着して雑踏をゆく月曜日
高村優雨花
重ね着で信号なみの赤青黄
今井佳香
重ね着を止め暖肌着試し見て
今坂 功
重ね着の数だけ祖母の小言聞く
根本葉音
歓びを第九の舞台重ね着る
佐山夕子
重ね着のますます顔の小さくなり
佐川寿々@チーム天地夢遥
重ね着の空は灰色鼠色
佐東亜阿介@チーム天地夢遥
鼻水を止めてくれよと重ね着す
砂東元気@チーム天地夢遥
重ね着のころ五分程早起きし
最章
重ね着は親の期待の重さかな
彩然
重ね着をして可愛さの二倍増し
歳三
重ね着に更に重たき心かな
坂本 大吉
重ね着をぬぎちらかしてふくれつら
咲耶とこ野
観音は薄着見る吾は重ね着し
桜桃の里
乗り換えのドバイ空港厚着して
桜姫5
重ね着の衿元楽し色合わせ
桜夜月子@木ノ芽
重ね着の襟たてて待つ始発かな
雑草おばさん
部活行く子の背に放る重ね着や
皿檸檬
重ね着の増量お洒落の減量
三水低@第二まる安
重ね着て夜空の星を子供らと
三大夜景
日光路背骨の軋み重ね著て
三毳
重ね着に潜むちぐはぐ静電気
山樫梢
重ね着を洒落て魅せたり粋娘
山研
ジョギングにビタミンカラー重ね着す
山口とねりこ
重ね着を脱いぎたる母の小さき背makojck@
山吹未羽
厚着して羊のごとき外遊び
山茶花静
着ぶくれの尻を押されて乗る車両
山都屋
重ね着や阿吽の仲の老夫婦
山本嘉子
丸々と重ね着の妻達磨めく
山本夏石
重ね着し朝刊を取るお手伝い
山野ゆうり
重ね着の肩凝る三味の稽古かな
残月
重ね着や重い思いは憚かるや
司 龍之介
暖無きて持てる服みな重ね着す
史詠
重ね着の曲がらぬ肘で握るシーソー
史月
重ね着や魚臭する定期入れ
四丁目
号砲に驚き重ね着を脱ぎぬ
四方駄馬@木ノ芽
重ね着で摘む徳利差し向かい
獅子扉
重ね着の抜け殻めいて風呂場前
紙魚
姿見へ肩を前出し重ね着を
紫雲英
地球にもオゾン重ね着何時の日か
詩楽麿
重ね着の子路地に出て待つ母を待つ
試行錯誤
重ね着を脱ぎ捨て孫の後を追い
寺田流水
脱衣場2籠使う重ね着で
治もがり笛
重ね着の尻のポケットへと財布
耳目
大雪山頂三日見ず重ね着
七瀬ゆきこ
ザックの背の重ね着重し七合目
七生姫
仕送りの野菜ことこと重ね着す
実多しゅうか
重ね着に猿の寄り来る観光地
柴原明人
重ね着も役に立たない極地隊
舎人
重ね着のおしゃれ素足の女学生
斜楽
重ね着やお風呂に続く道標
紗々
長女次女三女の服を重ね着て
若澤杏子
重ね着の手首に細き脈のあり
手銭涼月
お見合いのセーター重ね着する相手
朱久瑠
老犬や遅々たる歩み着ぶくれて
酒井千歌女
重ね着や趣味の異なるシャツ二枚
樹朋
トレッキング重ね着脱いで心地よし
宗元
重ね着を脱ぎ着する間に遅刻する
宗本智之
街灯眩し重ね着ることすら出来ず
秀貴
重ね着で乗る自転車に向かい風
秋月なおと
重ね着や祖母と遊ぶ子紅ほっぺ
秋月流音@木ノ芽
重ね着や人との出合い避けにけり
秋桜
タイムラグ重ね着の子の腕まくり
秋乃智春
重ね着やブラシャツニットコート俺
十十
重ね着やセンス良く着る母九十
重翁
和太鼓のバチ握る手や厚着の子
春と夏子
重ね着や積もり積もった不養生
春果
重ね着で体操いちに笑みはなし
春日のぽんぽこぴーな
逝く君や重ね着してもなお足りぬ
春猫
重ね着をいちまい残し聴診器
春爺
重ね着に肩擦れ合ひて屋台かな
春野いちご
山頂や昼脱ぎし服重ね着る
春蘭素心
改札で待つ重ね着の君と傘
駿童
手術後の身にゆったりと重ね着す
順女
竹を割る爺の重ね着士のごとし
小橋春鳥
背の丸み重ね着故と言い訳す
小熊伸子
あきし穴重ね着をして隠しおり
小熊利雄
重ね着でほころび一時隠しけり
小原 旅風
重ね着に重ね履きする早出かな
小山晃
会ひたしや亡母の肌着重ね着る
小春
重ね着のうなじに結ぶよだれかけ
小青(句ゼミ)
重ね着のマラソン人や風の先
小川都雪
厚着する子ら顔隠れ声走る。
小倉 嘉治
真夜に仔の生まれて吾子に厚着さす
小倉じゅんまき
重ね着し陽あたり猫とお茶をのみ
小塚 蒼野
重ね着の背中へ差し込む夫の腕
小田寺登女
重ね着て耐える麻疹や部屋の隅
小野みっちゃん
重ね着の数を競った爺がいた
松浦麗久
重ね着や予防接種の絆創膏
松山
重ね着の親子暮れゆく遊園地へ
松山めゐ
年寄りっ子重ね着させて三文安
松山女
厚着して犬の毛玉を伸ばしやる
松風子
重ね着のまま食事する震災地
松林平行管
重ね着のお汁粉前に思案かな
湘輝
重ね着て魁夷の絵画の道歩む
照波
重ね着て希林の遺作観にシネマ
笑子
重ね着の緋色が衿に見え隠れ
笑々
重ね着てコンビニに走る我ずぼら
笑酔
寂寞とかばんのひももきつい重ね着
上市まさ
重ね着の舞鶴悲喜の波猛る
常陸人
重ね着し指先だけでスマホする
植木照美
重ね着の中よりつまむ白き襟
慎吾
重ね着す異国の駅舎の大時計
新田 淑
重ね着や飲み友達と歩く街
新米笛
重ね着や防弾チョッキ着ますので
森一平
亡き夫の想い出ひとつ重ね着る
深山 紫
重ね着て主人なき実家を訪し
深川リンの父
はっきよいのこった重ね着相撲取り
真紀子
重ね着の母腹に打つインスリン
真宮マミ
重ね着に重ね着重ねホットヨガ
真紅ゆうこ
重ね着や動物園に長居する
真珠
重ね着しからだゆらゆら初子守り
真中北辰
淡し香やきみの上着を重ね着る
真白
駅伝の応援行くぞ重ね着す
真林
いみじくも重ね着ぽっこり腹鼓
壬生紋鬼
重ね着や手つなぐ君の部屋間近
水間澱凡
木戸口に鈍重怠惰重ね着を
水田なぐ
今日もまた重ね着増やし夜の暮れ
粋宣
どんより雲の重ね着ひとすじの陽
粋流
重ね着て日あたりながら話し居り
翠穂
重ね着の厚さも齢も重ねたり
酔楓
祖母編みしチョッキ重ね着箪笥の香
杉浦貴子
重ね着の風に向うて散歩かな
杉尾芭蕉
重ね着の叔母来て直ぐに帰りけり
杉本とらを
重ね着に珈琲染みる漁夫の朝
世良日守
重ね着や鍋はまだかと着る一枚
星海
重ね着の袖より光る薬指
星野悠然
重ね着やパッチワークのごとき色
晴海南風@木ノ芽
重ね着て車内パンパンしぼむ肺
晴日和
朝練や重ね着をして登校す
正宮崎
都では重ね着競う平安の世
清ら
重ね着の漢腕組む波飛沫
清波
重ね着が嫌いな男伊達にあり
聖右
重ね着に心かくして遠まわり
西川あきや
重ね着の試行錯誤の朝楽し
西田武
ジャンパーを重ね着したる老農夫
西尾桃太郎
重ね着やマトリョーシカの赤い頬
誠馬
寒かろと母の温もり重ね着す
青い月
重ね着し顔を赤める子供かな
青玄
汗まみれ重ね着すぎた空青し
青泉
重ね着や犬舎グレードアップする
青柘榴
重ね着の弾け溢れる脱衣籠
青木豊実
重ね着や街路樹の影あそこまで
青嵐
重ね着の上下ちぐはぐ夕仕度
石井せんすい
重ね着の一番下のシャネルかな
石井美髯
重ね着の中のおんなは白い蛇
石川 聡
重ね着の母はますます丸くなり
石爽子
重ね着の母に付き添ふ鍼治療
石田将仁
重ね着や「あ」の口に入るおにぎらず
赤橋渡
重ね着の妻黙々と何を編む
赤好庵
重ね着の子のまんまると風ん中
千の葉
重ね着や風が吹くのを顔で知る
千恵
重ね着や祖母の口癖もう一枚
千葉睦女
重ね着で体型隠す四十路かな
川畑彩
重ね着の赤子の顔をそっと撫で
浅見 弓楽
重ね着や兼六園のにわか雨
浅田チコ
重ね着の彼女に期待冷めてゆく
祖乞
重ね着の我が身を隠しほとけがお
倉の人
重ね着の吾子の本音や三者面談
倉形さらさ
重ね着て星の奏を眺む天(そら)
想予
重ね着の終わる予感や今日の風
草央
重ね着や振り向くときは体ごと
草人
重ね着を脱ぎてクワ持つ女かな
荘介
もう一枚箪笥かき混ぜ重ね着す
蒼香
線路脇の重ね着ひとりトランペット
蒼奏
異国の夜くれた重ね着友ここに
蒼馬
重ね着や畑と話せば背なに風
霜月
重ね着に音あるならばシンフォニー
村上 無有
重ね着や少しまつげも濃く見せて
村上海斗
重ね着て歩む幼子やじろべえ
村上研一
重ね着や「る」の字になりてオペラ座へ
村上瑠璃甫
重ね着のマニキュアのみが光りもの
多事
引き返し羽織る重ね着朝の風
太一
重ね着の中の私のさすらいぬ
太子
重ね着もすぐ脱げるよう街歩き
鯛 風
重ね着や犬の散歩の人まばら
大蚊里伊織
重ね着やアルビノーニのアダージョ
瀧まさこ
厚着して丸くなる子ら通学路
只暎
重ね着の手元あやふし飲み薬
谷 百合野
鳩鼠の襤褸重ね着す清貧の尼
谷口詠美
重ね着のうち三枚が肌着とは
谷山みつこ
停電はいつも突然重ね着す
谷川の蛍子
重ね着を動ける範囲にとどめたい
狸漫住
重ね着し待つ北国の路線バス
知音
曇天に派手な重ね着初デート
知澪
手作りを重ね着すれば母の温
池と堀
日は高し重ね着二枚脱ぎにけり
池田香
静電気生る重ね着バリバリと
竹の子
裸婦像を仰ぐ人みな厚着せり
竹庵
重ね着の母のハミング磨く鈴(りん)
竹口ゆうこ
重ね着や描く絵手紙誰宛に
竹林
豪の友重ね着外し帰路につく
重ね着や縄文土器の分厚くて
茶爺
重ね着の釣り人の髭白くなり
中村水音
重ね着の寝返りうまく子供かな
中田氏
重ね着のだるまや七転び八起き
中野久子
駅に重ね着の娘の笑みと育児書
仲七
重ね着や尾瀬ヶ原よ燧ヶ岳よ
仲川光風
重ね着す荷物待ち侘ぶ白き床
宙蝉(そらせみ)
重ね着る桃源郷の老父かな
昼行燈
重ね着や膨らむ電車轟々と
朝ぼらけ
重ね着て眺む星空八ヶ岳
長谷川 ひろし
重ね着や汽笛を耳に杖を曳く
長田写々
厚着して宵のお百度参りかな
直木葉子
重ね着の地蔵の顔を拭いてやる
津葦
厚着して震えし戦後痩せ我慢
津軽わさお
重ね着やみゆき通りの舶来屋
辻が花
重ね着や漢字浮かばず孫に聞く
鶴田梅勝
窓閉めて祖母の形見を重ね着す
定吉
日めくりは痩せて太るは重ね着か
哲也
重ね着て半ズボンの腿通学路
天満の葉子
重ね着をごっそり落とす下向いて
田村美穂
重ね着やペアールックのシニア行く
田中ようちゃん
重ね着やこだわりの末時間切れ
田畑耕作
重ね着や予防注射の腕まくり
田辺 ふみ
重ね着や追われる事を卒業す
田邉真舟
重ね着や風吹きさらすおらが田へ
都花
重ね着て閉ぢこむ孤独仮設かな
都乃あざみ
重ね着の奥仄白き乳房かな
土井小文
太陽は重ね着脱がす情け持つ
土王
重ね着で灯油値上げに対抗し
土屋 木漏れ日
重ね着て貌の小さくなりをりぬ
土屋虹魚
重ね着の父ひっそりと王手飛車
東山
外交や重ね着を脱ぐまた一枚
東西南北
重ね着や途切れ途切れのハーモニカ
東洋らいらん
重ね着て年輪などと言はれけり
桃八
重ね着すカギ入れたのはどこだっけ
藤すみ
重ね着やふうふう吹いてお味噌汁
藤よし
反り返る重ね着の子の泣きつ面
藤井祐喜
重ね着の産着の中は桃の色
藤郷源一朗
重ね着の祖母の真白き脛の肉
藤色葉菜
厚着させ君の生まれたわけ話す
藤鷹圓哉
重ね着や我慢比べの選手達
藤田由美子
重ね着の袖折り袋詰めの午後
豆闌
重ね着の年季重ねし祖母座る
陶然
同窓会重ね着脱ぎて笑顔なり
瞳子
本当の自分など有りや重ね着し
萄子
お揃いの重ね着温くハーレーまたぐ
豚ごりら
重ね着やリムジンバスの補助座席
奈緒女
重ね着を厭ふをんなの矜持かな
楢山玄冬
重ね着を心にすれば嘘つきに
南雲風花
重ね着の袖「あか、あお……」とめくる吾子
南風の記憶
重ね着やヒルクライムの地獄かな
二上松風
重ね着の雑踏擦り減っていく心
肉野州民菜
グラス手にベスト重ね着京の街
日本酒
重ね着の六つのポッケに老眼鏡
日曜生
重ね着の分だけダウンの重さかな
入口弘徳
ネオン街重ね着すれど生ビール
如月士朗
重ね着て別れ恋歌熱唱す
忍冬
重ね着を自慢しあって配達に
猫ふぐ
つむじ風重ね着の子ら追いかけて
猫楽
重ね着の数で値上げと根比べ
年相応
重ね着で粥温める老母かな
波音
腰痛や重ね着をしてこもり居る
馬場馬子
重ね着や荒涼のもと星辿る
俳ビギ名
重ね着が思い出させる衣替え
俳慶
重ね着の縞を合わせて粋な祖父
俳菜裕子(はいさいひろこ)
重ね着をした後悔で登る坂
背馬
重ね着の野暮さ残して六本木
背番号17
猛勉強そっと重ね着母の影
梅笠
快復しそっと脱ぐなり重ね着も
白井百合子
重ね着し達磨と化した祖母にやり
白傘
親厚着子は半袖に半ズボン
白山
重ね着か戸惑う地球温暖化
白山
泥酔の朝重ね着の数だけ無言
白瀬いりこ
重ね着の児のころころと神の庭
八幡風花
ポリエステルの無機質ばかりの重着
半熟赤茄子
背もたれの厚着してをり更年期
飯村祐知子
重ね着の男ら叫ぶ愛の唄
飯田 青
サンダルでスリランカ人重ね着す
彼方ひらく
重ね着の中にケロイド一文字
比保倉亭酢
重ね着す張りぼての猫丸き顔
美山
重ね着で体ぽかぽか軽くなる
美泉
重ね着を楚々に施し棺蓋ふ
柊 月子
定番の重ね着ルック立ち話
柊ふう
ころころや重ね着のちんと座る子
姫山りんご
重ね着や昔ながらの海老ピラフ
百幸
重ね着の孫の正座や達磨さん
富樫 幹
マトリョシカになれる心地や重ね着す
冨樫由美子
重ね着で十二単の姫になり
布杏多
重ね着の満員電車乗り過ごし
浮見亭湖風
重ね着の過ぎたる姪やペンギン歩き
武田つなこ
母となる子に重ね着を勧めたり
風花
重ね着る色決めかねてひと日過ぐ
風紋
重ね着のそぞろ歩く夜白川郷
風由花
着て防ぎ重ね着をして守りたり
風来松
重ね着を脱ぐ一枚に煙草の香
服花
重ね着や電子レンジの窓明る
福花
着膨れて「はい、飴ちゃん」の熟女かな
腹胃 壮
心まで重ね着したる吾の居り
聞岳
重ね着して準備万端面接に
平康
重ね着はみっともないとババシャツ着て
平松智華
重ね着の内に温もり母の肌
平松洋子
バルコニー猫との散歩は重ね着で
勉邪明
駅前の重ね着ダンサーひらふわり
弁女
重ね着し削減めざす暖房費
母里 龍之介
重ね着て見る岩山の紫苑色
峰江
重ね着や犬に引かるる丸き影
峰泉しょうこ
重ね着の薄物百片一重とす
法典
ふくらみの区別なくなる重ね着や
重ね着の最後は赤をのぞかせて
重ね着の内科検診捲っても捲っても
望月ゆう
新橋の重ね着は黒紺黒紺
北葛城 達生
重ね着やデカルトカント車寅次郎
北村 鯨子
重ね着やフレデリックのいる社会
北村 崇雄
重ね着の女や引き算の美学
北大路京介
重ね着の母の歩みの静かなり
堀アンナ
溜息と雲の厚着と赤い花
麻依弥
重ね着をして初孫を抱き上げる
抹香鯨
重ね着に傷跡隠し夜道行く
末摘花
重ね着のサンドロまろし鉄道員
万斛
重ね着や今度の席は廊下側
満る
重ね着に個性の滲む公民館
未知
旅の朝君の肌着を重ね着す
未々
重ね着の奥に深紅の勝負ブラ
岬りこ
重ね着の衣擦れ荒ぶビルの風
湊利久
歳かさね重ね着も増え老い感じ
重ね着や四角き部屋を丸く掃く
夢見亭笑楽
重ね着の餅返す手のしわのしわ
夢芝居よしみ
重ね着をすっぽり脱ぐや猫ほいほい
霧子
コンコース厚着してより待ち惚け
椋本望生
重ね着の重さは温さの証なり
明希羅
丸々と重ね着の弟ばあちゃん子
明爽
古稀過ぎて重ね着すれど凍てし夕
明天田夫
重ね着とカレーうどんや夕の風
明明
重ね着や一筋襟の緋色かな
免疫力アップUP
横浜の重ね着みんな喧しい
綿井びょう
重ね着やエスプレッソが冷えるまで
網野れいこ
重ね着の最上層はあちら物
木人
重ね着て日に数本のバスを待つ
木村ひむか
重ね着の袖揃えるや喜寿の母
木槿
重ね着ていざ北国へ旅に出る
紋舞蘭
重ね着ができぬ非力の齢かな
門前町光乃
重ね着の父の背中や茜空
野ばら
重ね着で空港待機ハノイの夜
野純
重ね着のあの人とまた間違われ
野倉夕緋
重ね着や星に引かれて無動の吾
野中泰風
重ね着の数笑ひ合ひ朝練へ
野々ゆか
厚着の子の目にパンダの子厚着めく
野々原ラピ
重ね着の袖口についボロが出る
薬師丸ひで樹
重ね着の服あれこれと北の旅
薮久美子
重ね着の数を競った通学路
薮内椿
重ね着の数ほど恋を重ねけり
唯我独善
重ね着て鎧となりし我が躯
優彩(ゆあ)さとみ
重ね着と言われ清少納言泣く
優純bow
重ね着のびんだれなおす母の声
勇信丸さき
重ね着に一枚足して出発す
有田みかん
夫のシャツ重ね着させた地蔵さま
柚季
重ね着のばっちゃコロコロよく笑う
由坊
温もりや重ね着手つなぎ身と心
祐吾
重ね着で粋になる人為らぬ人
余熱
重ね着や子規庵に句友の熱し
誉茂子
ぬぎすてし重ね着吾の過去の形
洋々
重ね着を上手に脱がす人やった
窯魚@直樹里
重ね着のまま歯科台で口開けし
羊山羊
ぴんぴんとねんねんころり重ね着す
葉るみ
重ね着のおしゃれ演ずるシャツの裾
葉子 A
愛犬が重ね着匂う認知症
葉鳥
重ね着しベランダに立つ星降る夜
陽気姫
重ね着の強気と弱気聴診器
欲句歩
四股を踏む傘寿の老ひの重ね着や
落葉勝山
家を出て戻って転けて重ね着す
藍時 湘
厚着して泣きたい気持しまいこむ
李子
焼夷弾重ね着のまま防空壕
里之照日日
重ね着は爺婆のユニホームなり
里甫
重ね着の地層めきたる媼かな
立志
重ね着や銭湯までの路遠し
立歩
重ね着て骨の形を隠しけり
流川ゆきはな
重ね着の下は貧しき裸かな
竜田山門
杣人や重ね着の腰ナタ下げる
龍秀樹
重ね着の重ねる服に悩みけり
良子
着替えの間惜しんで今日は重ね着す
路風
重ね着て達磨のような幼き子
露風
重ね着のまた重ね着の母の晩
和彦
重ね着て病の重さ一枚分
スカートは膝上制服の下重ね着る
重ね着を脱ぎちらかして夢も見ず
徘徊人
重ね着のローテーションが始まつた
戌の箸置
重ね着の最後は彼の上着かな
体震えかさねぎの子への羨望
毬藻
重ね着のなかは誰にも見せぬ妻
淺野紫桜
重ね着や洗濯物の多い多い
游真
重ね着で誰が誰だか分からぬ背
祺埜 箕來
重ね着の茨城弁の祖母微笑
茫々
重ね着て手水で袖を濡らしけり
萬代草舟
腎を病む重ね着の体重36kg
蘂六
重ね着は嫌だとわめく長毛犬
闍夢
重ね着や課題終わらぬ苦学生
霖之助
ペタル踏む重ね着悔やむ老いの坂
独り居の重ね着茶色ばかりなり
髙橋冬扇
重ね着の瞽女の声する風の中
髙田 仁和加
着せ重ねマトリョーシカを抱くセピア
朋知
重ね着渡すエスコートされ光る処女
服部 勝枝
重ね着の父謝罪会見の朝
逗留舎なお
重ね着やおしゃれに決めて出かけよう
わらべ詩
重ね着の中重ね着の遠ざかる
エイシェン
着ぶくれてふっくら若き日のわたし
紫香
着ぶくれる妻ばかりが元気なり
押田圭史

ページの先頭