俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 重ね着

第207回 2018年10月18日週の兼題

重ね着

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句

よしあきくん一期一会の一句!

 「いで湯と城と文学のまち・松山」を応援するのが、それがしの務め。本サイトを応援することも我が喜びにござる。そして、我が座右の銘は「一期一会」。我が心に怒濤の感動を呼び起こす一期一会の一句、今週もドドドーン!とご紹介いたしますぞ!
 以下、●が皆さんからの投稿。○が拙者のコメントでござる。

●組長、正人さん、スタッフの皆様、お世話になります。いつも有難うございます。兼題/色鳥では、よしあきくんの月曜日に掲載していただきました。投句4年目にして、よしあきくんからも、お言葉をいただけるなんて嬉しいです(笑) 兼題の「重ね着」で思い出すのは、中学生の頃、下校時のあまりの寒さに友達と二人で、どうせ誰も通らないし、暗くなるしということで、制服のスカートの下に、長いままの状態でジャージを履いて歩いていたら、帰宅の担任がバイクで通りかかり、私達のあまりの恰好に停止するという(笑) 次の日に小言を聞かされたのは言うまでもありません。 /chiro
○chiro殿、よしあきくんでございまする。拙者の月曜日をお喜びいただけるとは、恐悦至極に存じまする。拙者もますます、精進いたしまする。

◆よしあきベストセレクション

第7位
重ね着やちょいワルおやじと呼ばれたい 竹さ
○竹さ殿、ちょいワルおやじでございまするか。拙者でよろしければ、いくらでもお呼びいたしまするが。

ハゲ頭どないしましょう重ね着る 秋津州はじめ
○秋津州はじめ殿、さようでございまするな。ア○○ン○とか、様々の方法があるかとは存じまするが。重ねるという方法もあるかとは存じまするが。

重ね着の妻の弾ける蒸発地 久仁重
○秋津州はじめ殿、奥方殿はどうされたのでございまするか。蒸発地でございまするか?どちらにおいででございまするか。

リサイタルカーネギホールカサネーギ だじゃれ
○だじゃれ殿、紐育でのリサイタルでございまするか。晴れの舞台でございまするな。紐育は寒いということでございまする。

軍手脱ぎ重ね着脱いで汗冷える ジミーあゆみ
○ジミーあゆみ殿、脱ぎすぎて風邪を召されぬようにご用心くださいませ。ハ・ク・ション。

第6位
重ね着やだんごの袖に串を打ち 燈穂
●重ね着をすると衣類同士で袖がからまることがあり、串を打つ要領で腕を袖に通す。/燈穂
○燈穂殿、さようでございまするか。拙者も試してみるのでございまするが、拙者の腕では串と言うより電柱でございまする。

孫娘重ね着をきす藁人形 己心
○己心殿、藁人形殿にも重ね着でございまするか。藁人形殿も暖かいことでございましょうな。

トレーナー重ね着3枚腕定規 榊裕江子
● ワタシはこれをやったことがあります:しかし、この句には詩情はない・・・?/榊裕江子
○榊裕江子殿、腕定規?でございまするか。拙者の頭では、どうにも歯が立たないのでございまする。

重ね着や遊ぶ二枚目は虫食い 弦流
●重ね着はおしゃれのしどころですがどうしても合うものが一着だけ。チラリと見える部分はちょっと遊び心もありおしゃれポイントなんだけど、実は穴が開いていることにびくびくしながら過ごした日。/弦流
○弦流殿、おしゃれは大変でございまする。虫食いも大変でございまする。

重ね着のキャラ盛り過ぎて肩がこる 月影ミウ
○月影ミウ殿、肩が凝るほどにガンバっておいででございまするか。拙者はガンバラずとも肩が凝りまする。

第5位
重ね着の老僧吾に憑きにけり 隣安
○隣安殿、なんと、その老僧殿はいかがなされたのでございまするか。隣安殿が心配でございまする。

重ね着も失せて小町の骨となる 夢野
○夢野殿、骨?でございまするか。これまた、拙者の頭ではどうにもならないのでございまする。

水浸る重ね着の骸は重く 酔いどれ防人
○酔いどれ防人殿、それは大変でございまする。水難事故でございまするか、はたまた・・・。大変でございまする。

皿屋敷ごと脱ぎ捨てる重ね着を 斉藤ふみえ
○斉藤ふみえ殿、皿屋敷?!でございまするか。ますます、大変でございまする。

首吊りの老爺着膨れ裸足 哀顏騎士
○哀顏騎士殿、お次は。首つり!ますますます、大変でございまする。

第4位
重ね着や芯の細きだるま落とし 矢的@第二まる安
○矢的殿、だるま落とし?でございまするか。重ね着をしただるま落としでございまするか。

重ね着どころかすね毛出す白人や 俳号未定
○俳号未定殿、その白人殿はすね毛をお出しなのでございまするな。すね毛を出すとは、白人殿は大丈夫でございましょうか。

ほらマトリョーシカも重ね着しているよ 塩の司厨長
●よしあき殿、字余りですがベストセレクションにお願いします。/塩の司厨長
○塩の司厨長殿、マトリョーシカ殿も確かに重ね着・・その、その、あれは重ね着でございまするか?

重ね着やまだまだ脱げます野球拳 あけび二号
○あけび二号殿、野球拳!でございまするな。拙者のお城下でも野球拳音頭が盛んでございまする。

将軍の呪縛重着解放つ 札六
○札六殿、将軍さまはどうなされたのでございまするか。札六殿はどうなされたのでございまするか。

重ね着でもう一声と傘値切る クラキリン
●重ね着をしていると、なぜだか無性に傘を値切りたくなりますよね。/クラキリン
○クラキリン殿、さようでございまするか。傘・・値切・・る・・・確かにさようでございまするが・・。

第3位
重ね着や暑いと笑顔家族鍋 蜂 蜜子
○蜂 蜜子殿、確かに、さようでございまするな。拙者などは、体が重ね着でございまする故、暑いのでございまする。

重ね着を脱げない急なランチ会 井田みち
○井田みち殿、ランチ会はお供したいのでございまするが、拙者もなかなかランチ会には行きにくいのでございまする。

しいたけのカサネギ味噌のお汁のむ のもとみな
●ダジャレです。 しいたけとネギの味噌汁はいかがですか?/のもとみな
○のもとみな殿、味噌汁は美味しいのでございまする。椎茸殿と葱殿と。カサ・・ネギ・・でございまするか・・・

重ね着を嫌がる赤子イナバウア 紫蘭
●寒くなって、赤ちゃんに重ね着をさせようと頑張るお母さんですが、母心とは反対に反りくり返る赤ちゃんは、まるでイナバウアをしているよう。/紫蘭
○紫蘭殿、赤ちゃん殿も大変なのでございまする。生きてゆくのにイナバウアも必要なのでございまするな。

あつい腕重ね着超えのギプスかな 筋トレ俳人
○筋トレ俳人殿、ギプス!それは大変でございまする。どうされたのでございまするか。

第2位
重ね着はダサいとセレブは痩せ我慢 平塚雪月花
●お洒落なセレブは真冬でも真夏と同じノースリーブドレスに生足にサンダルなイメージです。寒そう。。。 /平塚雪月花
○平塚雪月花殿、セレブ殿もご苦労が多いのでございまするな。拙者も大変なのでございまする。重ね着は出来ない体でございまする。

重ね着は日本の知恵エコ文化 桜木れい子
○桜木れい子殿、さようでございまするとも。重ね着は文化でございまするとも。拙者もガンバってみまする。

ヒートテック重ね着笑う時代かな 詠野孔球
○詠野孔球殿、ヒートテック殿もガンバっているのでございまする。ヒートテック殿と重ね着殿はともにガンバっていただきたいのでございまする。

重ね着は死語となりけり新素材 しげ爺
○しげ爺殿、これは、新時代の到来でございまするか。重ね着殿はまだまだ、ガンバっていただくのでございまする。

重ね着をミルフィーユに例えて若作り 華らんまま
○華らんまま殿、ミルフィーユ殿でございまするな。拙者はミルフィーユ殿が好きでございまする。重ね着殿はミルフィーユ殿でございまする。

重ね着を太ったせいにする娘 とめぞう
○とめぞう殿、さようでございまするか。重ね着殿はお嬢様方とも仲良しでございまする。

重ね着やウエストひっぷ定まらず たけし
●家内に漏れると怖いのでコメント差し控えます。/たけし
○たけし殿、さようでございまするか。拙者もコメントを控えさせていただきまする。

重ね着の黒きニットやきみはルター 犬星星人
○犬星星人殿、おお、さようでございまするか。ルター殿でございまするか。偉大な絵を思いまする。

第1位
重ね着やペーパー尻へ届かない 脩平
○脩平殿、なんとも拙者のことでございまするな。拙者は重ね着はしていないのでございまするが、手が届かないのでございまする。グスン。

重ね着をしても春には脱ぐさくら ニコ
○ニコ殿、まだまだ遠い春殿でございまするが、待ち遠しい桜殿でございまする。冬の間は重ね着殿とお過ごしくださいませ。

◆掲示板

●新しい投句・投稿システムについてのお願い
 投句・投稿フォームが新しくなっています。投句数の増加に伴って、仕分け作業に多くの時間を要します。以下の事項を守って投句投稿して下さると、組長の負担が大きく減ります。ご協力よろしくお願いします。

①俳句の欄には俳句のみ記入して下さい。一つの欄に一句を厳守。

②「俳句に対するコメント」の欄は記入する必要はありません。(特に気になることがあれば記入していただいても結構です。)

③「ギャ句」「聞き倣し季語」は俳句欄に記入して下さい。ギャ句の原句は「俳句に対するコメント」の欄に必ず記入して下さい。

④「兼題季語についての質問・考察・情報(火曜日「俳句道場」)」は、火曜日「俳句道場」への投稿です。

⑤「『俳句ポスト365』への感想・質問・要望・俳号の変更・各地の吟行情報など」「組長&ハイポニストたちへのお便り・近況報告など」はそれぞれ水曜日への投稿です。内容に合った欄に書き込んで下さい。

◆「ギャ句」に挑戦!
 古今東西の名句を1音変えてみると、愕然と意味が変わる?!「最小の音変換による最大の意味変換」を狙う知的遊びであります。
うほんうほん、金子どうだです。

厚着もそもそ腕まくりして急所かな いつき組福岡リスナー班/由美子
●どうだ先生に捧げるギャ句@トホホギス。原句は「厚着もそもそ腕まくりして注射かな /高澤良一 」/いつき組福岡リスナー班/由美子
コラ見るなコアラ色なる厚着の子 いつき組福岡リスナー班/由美子
●どうだ先生に捧げるギャ句@トホホギス。原句は「コアラ見るコアラ色なる厚着の子 /高澤良一」/いつき組福岡リスナー班/由美子
○由美子くん、どうもどうも、どうだです。なんじゃなんじゃなんじゃもんじゃの木。急所だと。コラ見るな、うほん。

重ね着の中に女のさががあり くさぐき
●ギャ句 原句「重ね着の中に女のはだかあり」日野草城 重ね着の好きな女居りますかネ。十二単なら、男も好きですけど?。/くさぐき
○くさぐきくん、どんなもんじゃの木。まあ、中身にはいずれにしてもじゃ、いいもんじゃ焼き、うほん。

十日経れば重ね着のはや年古りし さゆみ
●原句「十日経れば箱庭のはや年古りし/松本たかし」 歳時記で原句が目に留まり、季語を変えたらイマドキのファッション業界みたい?と思いました。 /さゆみ
遊女屋の使はぬ部屋の重ね着よ さゆみ
●原句「遊女屋の使はぬ部屋の秋の暮/松本たかし」 こちらも歳時記で原句が目に留まり、季語を変えてもこの句の雰囲気はさほど変わらず?/さゆみ
重ね着の師のうぬぼれし過去未来 さゆみ
●ギャ句です。 重ね着の師の美しき過去未来/勝又一透/さゆみ
重ね着に海を出でしが目曇りぬ さゆみ
●ギャ句です。 重ね着に晴を出でしが日曇りぬ/原石鼎/さゆみ
重ね着の老僧息を吐きにけり さゆみ
●ギャ句です。 重ね着の老僧斎につきにけり/河野閑子/さゆみ
重ね着の同窓時を止めにけり さゆみ
●ギャ句です。 重ね着の老僧斎につきにけり/河野閑子/さゆみ
○さゆみくん、そうじゃのう、季語を変えるという手はあるがのう。まあ、難しいもんじゃ焼き。「うぬぼれ」はちと、好きじゃがのう、うほん。

重ね着をせり発狂期が近附きぬ にゃん
●ギャ句 元句「重ね着をせり波郷忌が近附きぬ」草間時彦/にゃん
重ね着にうすうす強欲燃えゐたる にゃん
●ギャ句 元句「重ね着にうすうす五欲燃えゐたる」能村登四郎/にゃん
重ね着や妻に知らるゝぼくのつぼ にゃん
●ギャ句 元句「重ね着や妻に視らるゝぼんのくぼ」早川緑野/にゃん
重ね着や栄子正妻みな遠く にゃん
●ギャ句 元句「重ね着や栄枯盛衰みな遠く」日野草城/にゃん
重ね着て恋の苦すこし就職す にゃん
●ギャ句 元句「重ね着て恋の句すこし修飾す」鈴木栄子/にゃん
重ね着て腹といふやはらかきもの にゃん
●ギャ句 元句「重ね着て母といふやはらかきもの」伊丹さち子/にゃん
ブルドッグ麒麟のガウンを重ね着て にゃん
●ギャ句 元句「バルザック霧のガウンを重ね着て」樋笠文/にゃん
老醜の甥の重ね著はじまりぬ にゃん
●ギャ句 元句「上州の老の重ね著はじまりぬ」布施春石/にゃん
○にゃんくん、老い老いどうしたこうした、なんとした。まあそうじゃのう、苦しいこともある、楽しいこともある、全てがギャ句じゃ。ブルドッグも悩みがアルじゃロウ。まあひとつ、よろしく哀愁!うほん。

「ギャ句に挑戦!」瘡蓋や栄枯盛衰みな遠く ひろ志
●原句は「重ね着や栄枯盛衰みな遠く/日野草城」 /ひろ志
○ひろ志くん、臭いものに蓋、じゃあなかった、瘡蓋も栄枯盛衰も、やがて遠くとなるもんじゃ焼き。うほん。

鴨葱や嫁ぎし頃の料理本 卯MOON
●ギャ句です。原句は 重ね着や嫁ぎし頃の料理本 前山豊子様です。/卯MOON
重ね着や栄子脊椎みなとどく 卯MOON
●ギャ句です。原句は 重ね着や栄枯盛衰みな遠く 日野草城様です。/卯MOON
重ね着の中に女のわだかまり 卯MOON
●ギャ句です。原句は 重ね着の中に女のはだかあり 日野草城様です。/卯MOON
腰硬や重ね着るほな足入れて 卯MOON
●ギャ句です。原句は こしかたや重ね着る皆綿入れて 長谷川かな女様です。/卯MOON
○卯MOONくん、今週は「栄枯盛衰」じゃのう。全ては栄枯盛衰じゃからのう。そしてじゃが、「ほな」はちと、好きじゃ。この調子で、よろしく哀愁!うほんごほん。

重ね着て大根で道を教へけり 甘泉
●ギャグ句  元句 大根引大根で道を教へけり  小林一茶/甘泉
○甘泉くん、まあそうじゃがのう。分かるのじゃがのう。うほん。

「ギャ句」傘で来て日当れば来る人なりし 亀田荒太
●(元句)「重ね着て日当れば来る人なりし/長谷川かな女」雨が降ろうが晴れようが、毎日来る人だったんでしょう。年中毎日だから無季です。/亀田荒太
○亀田荒太くん、まあそうじゃがのう。分かるのじゃがのう。げほん。

重ね着て子等孫等まず悪そうに 山香ばし
●ギャ句 元句は「重ね着て子等孫等待つワルソーへ/高木晴子/山香ばし
重ね着の妻先に孫を呼びけり 山香ばし
●ギャ句 元句は「重ね着の爪先にまで及びけり/蓬田紀枝子」/山香ばし
重ね着てお買い物提げ通ひ妻 山香ばし
●ギャ句 元句は「重ね着て重いもの提げ通ひ妻/石塚友二」/山香ばし
重ね着の一枚乳の嵩みなり 山香ばし
●ギャ句 元句は「重ね着の一枚父の形見なり/渡邉益壽」/山香ばし
重ね着やエリー湖静水港置く 山香ばし
●ギャ句 元句は「重ね着や栄枯盛衰みな遠く/日野草城」/山香ばし
重ね着をセリ場凶器が近附きぬ 山香ばし
●ギャ句 元句は「重ね着をせり波郷忌が近附きぬ/草間時彦」/山香ばし
不機嫌な母さんネギをつまみに刻む 山香ばし
●ギャ句 元句は「不機嫌な重ね着の妻何刻む/猿橋統流子」/山香ばし
重ね着て生身の虫の女中刺す 山香ばし
●ギャ句 元句は「重ね着てなまけの虫を助長さす/後藤春翠」/山香ばし
○山香ばしくん、なんとなんと南都銀行。なかなかの労作じゃったのう。ま、1枚では重ね着とは言わん気もするが・・まあ、よろしい。しかしじゃ、刺すのは犯罪じゃ。よーく反省しなさい、うほん。

ちちはは経て断片となるを重ね着ぬ 山内彩月
●ギャ句です。元句「ちちはは経て半纏となるを重ね着ぬ/茂里正治」   愛着があって。/山内彩月
重ね着の老僧鬨をつくりたり  山内彩月
●ギャ句です。元句「重ね着の老僧斎につきにけり/河野閑子」   鬨の声をあげています/山内彩月
重ね着の中にお腹の目方あり 山内彩月
●ギャ句です。元句「重ね着の中に女のはだかあり/日野草城」   しっかり隠し持っています。/山内彩月
○山内彩月くん、そうじゃそうじゃ、愛着じゃからのう。確かに、目方が隠れるのも重ね着ギャ句の本意じゃのう、うほん。

重ね着てなんだか白菜の気分 秋津州はじめ
●ギャ句 元句=着膨れてなんだかめんどりの気分/正木ゆう子/秋津州はじめ
○秋津州はじめくん、確かに分かるのは分かる。分かりすぎるくらい分かる。うほん。

重ね着の人妻に視るぼんのくぼ 星埜黴円
●元句: 重ね着や妻に視らるゝぼんのくぼ  早川緑野/星埜黴円
厚着して燈台守納沙布焼(のさっぷやけ) 星埜黴円
●元句: 厚着して燈台守の湿布薬  加藤憲曠/星埜黴円
かさね着の無期限妻に出づ湿気り 星埜黴円
●元句: かさね着の不機嫌妻にうつしけり  高橋潤/星埜黴円
重ね着てシルビアのタントのごとし 星埜黴円
●元句: 重ね着て醜老の胆斗のごとし  川端茅舎 シルビア: 日産の普通自動車。タント: ダイハツの軽自動車。/星埜黴円
本厚木行けフネの渋赤極む 星埜黴円
●元句: 漁夫厚着いけぶねの渋赤極む  大野林火/星埜黴円
重ね着のいちばん下にある補正 星埜黴円
●元句: 重ね着のいちばん下にある故郷  鈴木郁子 今は、補正下着というか矯正下着というか、ある意味強制下着というか・・・。すごいのが、あるみたいですねー。/星埜黴円
重ね着やみだるゝ裾のひとむかし 星埜黴円
●元句: 重ね着やみだるゝ袖の色ふかし  長谷川春草/星埜黴円
母のひる屁の近き重ね着へ出す気 星埜黴円
●元句: 母となる日の近き重ね着へたすき  加倉井秋を/星埜黴円
重ね脱ぎて吾もウフンの愛に在る 星埜黴円
●元句: 重ね着て吾も阿吽の間に在る  角川照子/星埜黴円
○星埜黴円くん、おいおいおいおい、あんまりジロジロ見るもんじゃ内科小児科肛門科。まあ、「屁」は、ちょっと好きじゃが。しかしじゃ、重ね着というとなんで、こういう方向に行くのかのう。不思議じゃのう、うほん。

重ね着の中に女のわだかまり 谷口詠美
●ギャ句 重ね着の中に女のはだかあり 日野草城 前述は誤りでした。申し訳ありません。「は」ではなく「に」でした。/谷口詠美
○谷口詠美くん、おお、この元句からのギャ句では、一番納得した。重ね着ギャ句の本意も突いてオール5。うほん。

重ね着の中に女の博多織 末尾波世遠
●ギャ句 原句「重ね着の中に女のはだかあり/日野草城」/末尾波世遠
笠値切る中に女の歯形あり 末尾波世遠
●ギャ句 原句「重ね着の中に女のはだかあり/日野草城」 意味不明?/末尾波世遠
○末尾波世遠くん、おいおい、歯形か。入れ歯か。どうしたどうした、腰の下。うほん。

重ね着て子等孫等待つダイソーヘ 万斛
●原句 重ね着て子等孫等待つワルソーヘ 高木晴子 「ワルソーとはなんじゃ? 」と思ったのは私だけでしょうか。ダイソーなら知ってるけど。/万斛
不機嫌な重ね着の妻人刻む 万斛
●原句 不機嫌な重ね着の妻何刻む 猿橋統流子 いくら不機嫌だからといって、それをしちゃいかんでしょう。サウジアラビア大使館じゃあるまいし。/万斛
○万斛くん、いやあ、ワルソーからダイソーは、いいじゃあ内科小児科肛門科。よしよしよし子さんじゃ。うほん。

見せどころなく世にありて厚着せり 隣安
●どうだ先生に捧げるギャ句@トホホギス。原句は「よんどころなく世にありて厚着せり/能村登四郎」/隣安
○隣安くん、「見せどころ」とはよく言った。して、それは、どこじゃ?うほん。

◆今週の「聞き做し季語」?!
 兼題の季語が、耳にどう聞こえるか?……というクダラナイ試み。

母さん、葱!・タダ葱・加算年貢(苦し~(>_<)) さとう菓子
●「聞き倣し季語」/さとう菓子
○さとう菓子くん、確かに、苦しい。うほんげほん。

「聞き倣し季語」カササギ(秋) 土器(かわらけ) ひろ志
○ひろ志くん、いや、なかなかご苦労さん、うほん。

「聞き做し季語」ダダ葱 亀田荒太
●ダダイズミに感化された葱。どういうものか想像できないのだが、なんか、ちょっと、怖い。/亀田荒太
「聞き做し季語」傘凪 亀田荒太
●静かな雨の中で、風も波も無い冬凪の海を眺めています。きみは元気ですか。/亀田荒太
○亀田荒太くん、いや、ワシは元気じゃが。それがどうした、さのよいよい、うほん。

◆今週の「なんちゃって回文」

重ね着す鎌倉熊が過ぎ寝釈迦 ウロ
●回文俳句です。 かさねぎすかまくらくまがすぎねさか / 見ろ!あの男。着ぶくれてまるで鎌倉山の熊だぜ。寝釈迦のまえを、ほら、いま、テクっている…。 /ウロ
杵酒代弾まれ先づはて重ね着 ウロ
●回文俳句です。 きねさかてはづまれまづはてかさねぎ / 餅つきの酒手をはずむといわれて引き受けたはいいが、さてと、この厚着ではどうもね。〈酒手欲しいが杵持てず〉。 /ウロ
曲技乗り重ね着品下がり野菊佳き ウロ
●回文俳句です。 きょくぎのりかさねぎねさがりのぎくよき / 若者は自転車の曲乗りをして得意がっている、丸々と重ね着をした様子がそのオトコの値打ちを下げていることも知らないで。冬の入り。むき出しの残り野菊が可憐にふるえている。 /ウロ
重ね着がノビる或る日の垣根坂 ウロ
●回文俳句です。 かさねぎがのびるあるひのかきねざか / ゆるやかな、だが長い坂にかかって重ね着の男は息が切れました。思いの外、ぽかぽかと汗ばむような日差しの午後でした。 /ウロ
○ウロくん、おお、なかなかの労作じゃ。「垣根坂」は飄々として、いい味じゃ。この調子で、ひとつ、よろしく哀愁!うほん。

利抱く重ね着市議ね坂下り さとう菓子
●「なんちゃって回文」りだくかさねぎしぎねさかくだり/さとう菓子
○さとう菓子くん、そうかそうか草加せんべい。まあ、どんな市議かのう。気になるのう、うほん。

過ぎね坂の嘘を僧の重ね着す 遠音
●回文俳句。すぎねさかのうそをそうのかさねぎす/ほぅら、やり過ごしちまうんだよそれをさ、この坂のいびつを草鞋の底で躙り、蹴って、登ってくんだよ、みぃんな。「真実の坂」、笑っちまうわな、この坂道をゆく者だけが真実の扉へ辿り着けるときたもんだ、本気で説いてるからかなわねぇったらありゃしねぇ。でもよ、ゆくんだろ、あんたもさ?なぁ坊さんよ、キャメルの襟をたくし込んで袖も肩も内へ内へと巻き込んで、内省的ていやぁなんかカッコいいけどさぁ、みんな見て見ぬふりをするんだよ、この坂を登るやつはさぁ。逃げられないことを知るだけなのに、さ。なぁ、その草鞋の縁もほどけかけて、広がりだしてるじゃんよ、あんたの魂みたいにさ。なぁ。いいのかい?そ・れ・で?/遠音
○遠音くん、いや、物語るのう。よしよしよし子さんじゃ。まあ、世の中、嘘が蔓延しておる。しかし、真実勝つのじゃからのう。うほん。

宵月は重ね着ね坂はキツいよ 塩の司厨長
●(よいつきはかさねぎねさかはきついよ) 回文俳句ですが、季重なりになってしまいました。残念無念。(泣)/塩の司厨長
○塩の司厨長くん、なるほどほどほど。まあ、きつい坂もあるがのう。季重なりは、許しておこう、うほん。

好きね性従ひ堅し重ね着す 星埜黴円
●回文です。 すきねさがしたがひかたしかさねぎす/星埜黴円
重ね着やお母あんかを焼き寝酒 星埜黴円
●回文です。 かさねぎやおかんあんかをやきねさか/星埜黴円
古な風さ重ね着ね逆さ初な娘 星埜黴円
●回文です。 こなふうさかさねぎねさかさうふなこ/星埜黴円
重ね着て痔が蒸る昔的ね性 星埜黴円
●回文です。 かさねぎてじがむるむかしてきねさが/星埜黴円
くづ餅の杵さ重ね着後も搗く 星埜黴円
●回文です。 くづもちのきねさかさねぎのちもつく/星埜黴円
○星埜黴円くん、なるほどほどほど。ガンバったじゃあ内科小児科肛門科。「お母あんか」は、なかなかのもんじゃ焼き。その調子でガンバってくれたまえ、うほん。

継ぎ接ぎの重ね着ね坂の木掃きつ 西川由野
●回文です「つぎはぎのかさねきねさかのきはきつ」ご精が出ますね /西川由野
まさか重ね着か垣根さ母様 西川由野
●回文です「まさかかさねぎかかきねさかかさま」最近目が悪くなってねぇ /西川由野
長靴に重ね着杵逆に搗くかな 西川由野
●回文です「ながぐつにかさねぎきねさかにつくかな」餅つきが季語じゃないかって?まさか! /西川由野
○西川由野くん、そうかそうか草加せんべい。それぞれに、ガンバっておる。よろしいよろしい。うほんげほん。

冬場は重ね着粋ね酒場は夕 白丘山人(893人)
●回文です。「ふゆばはかさねぎいきねさかばはゆふ」/冬の夕べ、酒場でのたわいもないファッション談義です。/白丘山人(893人)
年寄り重ね着脱ぎ値下がり良しと 白丘山人(893人)
●回文です。「としよりかさねぎぬぎねさがりよしと」/年金暮らしの老人にとっては何であろうと値段が下がるのはよいことなのです。重ね着との関係性は???ですが、おそらく私同様認知症気味の老人が突然発した言葉なのかと。/白丘山人(893人)
○白丘山人くん、なんとなんと南都銀行。いや、「酒場」も「値下がり」も身近なものをよく回文ったのう、うほん。

照布にて重ね着手杵逆手に振りて 鈴木牛後
●なんちゃって回文/鈴木牛後
○鈴木牛後くん、なるほどほどほど。まあ、逆手はちと、危なそうじゃが、気をつけなさい。うほん。

○いや今週も、ガンバってもらったわい。ワシも満足じゃ、うほん。

 

※『俳句ポスト365』の文字が小さすぎる?
 この問題に関しては「それぞれのパソコンの個性によって見え方が違ってくるので、統一して同じ大きさにするのが難しい」のだそうです。次の方法でひとまず対処して下さい。
 「CTRL(コントロール)」のキーを押さえておいて「+(プラス)」のキーを押すと、自動的に文字が拡大されます。同じ方法で「-(マイナス)」のキーを押すと小さくなります。一度この方法を試してみて下さい。

よしあきくん

ページの先頭