俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 枇杷の花

第208回 2018年11月1日週の兼題

枇杷の花

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句
本選句欄では、添削した形で句を掲載する場合があります。
添削は作り替えの提案として句会等でも議論されます。示唆された添削案が自分の表現したいことに合致すれば、作者の判断においてその案を自作として採用してかまいません。

人

枇杷咲いて犬へ叙事詩を吟じをり
蟻馬次朗
先生にひみつで枇杷の花を嗅ぐ
蟻馬次朗
考へるふりしてねむい枇杷の花
蟻馬次朗
あまやかな柩とならむ枇杷の花
にゃん
枇杷の花人は淋しくても笑ふ
にゃん
猪捕りの檻の歪みや枇杷の花
にゃん
養命酒の中の苦みや枇杷の花
玉庭
枇杷の花落ち鑑真の眼の開く
玉庭
昼の星のやうに恋して枇杷の花
玉庭
妻を稀にきれいと思ふ枇杷の花
神山刻
盲点のやうな夕ぐれ枇杷の花
神山刻
枇杷咲いてポテトサラダの昏みかな
神山刻
咲く枇杷のころころ温し香の甘し
雪うさぎ
ごみに出すキャメルのコート枇杷の花
雪うさぎ
花枇杷のこれで満開なんですが
雪うさぎ
枇杷の花くすりは飲まぬ膝を抱く
桃猫雪子
枇杷の花こんなに痩せてまだ死なぬ
桃猫雪子
枇杷の花醜き猫に懐かれて
桃猫雪子
花枇杷かほるトロンボーンの息注げば
かのたま
枇杷の花鳩舎よりみな放たれて
かのたま
風説が砂鉄のやうに枇杷の花
かもん丸茶
土曜日の猫の血痰びわの花
かもん丸茶
天心に星団枇杷の花ひらく
なみはやらんる
あの家に肺病む息子枇杷の花
なみはやらんる
五十年前の恋文枇杷の花
ラーラ
音楽のような求愛枇杷の花
ラーラ
勾玉を吐きだしそうな枇杷の花
育由
枇杷の花ひそひそ話しそうだよ
育由
ひかりになりそこねた枇杷が咲くのです
一阿蘇鷲二
人骨の記憶は一度枇杷の花
一阿蘇鷲二
弟子へ託す大工道具や枇杷の花
歌鈴
飼育小屋のボスが逃げたぞ枇杷の花
歌鈴
北を向く厨の暗し枇杷の花
樫の木
子の逝きし伯母の頬骨枇杷の花
樫の木
壊される家を見てゐる枇杷の花
中岡秀次
枇杷の花離婚届のやうな白
中岡秀次
清らかにたましい置けり枇杷の花
冬のおこじょ
みややほみややほと枇杷の花咲いた
冬のおこじょ
水に浮くガソリン美しき枇杷の花
比々き
腹で聴くコントラバスや枇杷の花
比々き
枇杷の花淋しき殻を出て淋し
福良ちどり
伊佐坂家の磯野家寄りに枇杷の花
福良ちどり
洗ひ立ての子犬のやうに枇杷咲けり
露砂
書斎てふ夫の遊び場枇杷の花
露砂
昼月のぽあんと白や枇杷の花
COSMOS
枇杷咲きて山羊の乳色あたたかし
COSMOS
枇杷の花小動物のやうな脈
キッカワテツヤ
清潔な寝巻の朝や枇杷の花
キッカワテツヤ
待ち惚けに慣れてしまつて枇杷の花
きゅうもん@木ノ芽
うそつぽい青空だこと枇杷の花
きゅうもん@木ノ芽
どこまでを青空と言う枇杷の花
くりでん
独白でなく花枇杷が聴いている
くりでん
枇杷の花色鉛筆の匂ひして
ぎんやんま
大空に風の乾きて枇杷の花
ぎんやんま
枇杷の花慈母観音に彫る十字
けーい○
絶食のけさ枇杷の咲く空しずか
けーい○
枇杷の花いとこに恋をしてた頃
こじ
石積のぬくみ尻へと枇杷の花
こじ
よそはよそと言ひさうな顔枇杷の花
さとけん
ぼくだけは紙の辞書なり枇杷の花
さとけん
枇杷咲けり長女の長き適齢期
さるぼぼ@チーム天地夢遥
枇杷の花ヤクルト二本ずつ届く
さるぼぼ@チーム天地夢遥
心底怒りたる夜や花枇杷の香
としなり
枇杷の花錆びたるこゑの車夫タトゥー
としなり
花枇杷や水の女神の体臭の
トポル
青空の羞恥を集め枇杷の花
トポル
枇杷の花ばあの必殺竹輪カレー
のつり
枇杷の花なんだか爺に死のにおい
のつり
新聞に一句載る日や枇杷の花
はずきめいこ
枇杷の花リトルリーグのお茶当番
はずきめいこ
着ぐるみから舌打ち幽か枇杷の花
ヒカリゴケ
枇杷の花邪念一喝したる銅鑼
ヒカリゴケ
留守中のルンバの音や枇杷の花
ひねもす
図書室の眠り浅しよ枇杷の花
ひねもす
郷愁はオカリナの宵枇杷の花
ふじこ
花枇杷やオラショ唱ふる刀自の声
ふじこ
やはらかき窒素のごとく枇杷の花
ほろろ。
千年後もきつと枇杷の花のまま
ほろろ。
枇杷の花おらしょの声のかすかなり
みくにく
子規庵へラブホテル街枇杷の花
みくにく
枇杷の花痒いところがずれてゆく
みやこわすれ
片恋の雨の図書館びわの花
みやこわすれ
ぽこぽこと何か生まれる枇杷の花
むらさき(6さい)
なるくんにおてがみかいた枇杷の花
むらさき(6さい)
二泊目は民泊枇杷の花くぐり
めいおう星
吸気より呼気が尊し枇杷の花
めいおう星
命日の来客まばら枇杷の花
やまぶき
枇杷の花ほどの約束守りけり
やまぶき
風の日に墓あがなひて枇杷の花
よしおくん
転校の初日終へた子枇杷の花
よしおくん
枇杷の花もう新聞の来ない家
よだか
枇杷の花六畳ほどの郵便局
よだか
花枇杷や印度をしらぬ園の象
ららやにほ
花枇杷やみんな都会へ行つちまつて
ららやにほ
枇杷咲いて空母は去れり佐世保港
る・こんと
番犬のいつしか孕む枇杷の花
る・こんと
孤独は贅沢病枇杷の花香る
或人
保健室登校枇杷の花持つて
或人
泡盛の壷ならぶ土間枇杷の花
伊奈川富真乃
真贋を問ひたる花押枇杷の花
伊奈川富真乃
枇杷の花鬼ばつかりの鬼ごつこ
瓦すずめ
枇杷咲くや村に聖女の頭蓋骨
瓦すずめ
少年は死後も少年枇杷の花
亀田荒太
そのあたり温度が違ふ枇杷の花
亀田荒太
ネクタイをしない暮らしや枇杷の花
虚実子
会葬者少なし枇杷の花香る
虚実子
倹約を超へし出費や枇杷の花
金子加行
移転先伝へぬ家や枇杷の花
金子加行
独り言念仏に似て枇杷の花
空 春翔
枇杷の花金紗色して日の終る
空 春翔
こはれてもこはれても咲く枇杷の花
桂奈
枇杷の花旅の終わりは美しき丘
桂奈
木と石の影だけの地や枇杷の花
砂山恵子
枇杷の花術後二日のシャワー室
彩楓(さいふう)
馬小屋に蹄鉄一つ枇杷の花
彩楓(さいふう)
花枇杷や微風を慰撫として訃報
斎藤秀雄
本能の不便なぶぶん枇杷の花
斎藤秀雄
木琴の音咲く枇杷の花揺れて
斎乃雪
凱旋のパレードは過ぎ枇杷の花
斎乃雪
待ち合わせらしき人消ゆ枇杷の花
山香ばし
死ぬときは飯に味のり枇杷の花
山香ばし
枇杷の花行方知れずの子のポスター
珊瑚
枇杷の花昨日の傷の膿を吸ふ
珊瑚
良妻は褒められはせず枇杷の花
七瀬ゆきこ
枇杷の花あやめる香にはあらねども
七瀬ゆきこ
枇杷の花毒と薬は裏表
篠田ピンク
枇杷の花人は勝手に詠むばかり
篠田ピンク
死ぬ時の色してる雲枇杷の花
酒井おかわり
枇杷の花別れは硬い握手して
酒井おかわり
妻がゐて子がゐて夕餉枇杷の花
純音
花枇杷や変わらぬ声の黒電話
純音
手のひらに乗る骨壺や枇杷の花
小川めぐる
枇杷の花まど・みちおの詩ぜんぶ好き
小川めぐる
一宇より信徒百人枇杷の花
小泉岩魚
詐欺師待つ媼が枇杷の花の下
小泉岩魚
虫の魂呼びてきれいな枇杷の花
真繍
枇杷の花ポークビーンズ温かし
真繍
白猫の右歯肉癌枇杷の花
星埜黴円
貝塚のくぼみの翳り枇杷の花
星埜黴円
いのちめりめりのぞかせて枇杷咲いた
青海也緒
三歳のふぐりしぼみぬ枇杷の花
青海也緒
昨夜まで枇杷の花だったのに少女
石井美髯
鬼の居る四辻の匂ひ枇杷の花
石井美髯
枇杷の花大役の通行人A
赤馬福助
枇杷の花清楚だが根に持つタイプ
赤馬福助
住職の電動バイク枇杷の花
雪子
枇杷の花病む両親のシーツ替ふ
雪子
にんげんはかなしいうつわ枇杷の花
倉木はじめ
よく道を聞かれる日なり枇杷の花
倉木はじめ
枇杷の花雨より先に傘をさす
村上海斗
漫画には無い色枇杷の花は僕
村上海斗
殉教の血潮見てゐた枇杷の花
谷口詠美
暁に枇杷の咲く音や登山口
谷口詠美
枇杷の花何を食べたかすぐ忘れ
谷川の蛍子
リハビリは歩くことから枇杷の花
谷川の蛍子
連絡船の消えし昭和や枇杷の花
津軽ちゃう
津軽には津軽の気骨枇杷の花
津軽ちゃう
五の段の五七あやしき枇杷の花
尼島里志
枇杷の花明けて帰郷の初日かな
尼島里志
枇杷の花フレデリックは詩人です
播磨陽子
枇杷の花鳴かぬオウムの舌は錫
播磨陽子
枇杷の花養子の話断りぬ
白鳥国男
生涯を三文詩人枇杷の花
白鳥国男
死人なき家無かりけり枇杷の花
富山の露玉
皇后のかかぐる傘や枇杷の花
富山の露玉
枇杷咲けり月に匂ひがあるならば
凡鑽
ラヂオつて年寄り臭え枇杷の花
凡鑽
死者疎くなる淋しさや枇杷の花
門前町光乃
枇杷咲くや山の墓苑が遠くなり
門前町光乃
寂しさの罠にはまるや枇杷の花
野々りんどう
悲しみひゃっこぶん吸うて枇杷の花
野々りんどう
枇杷の木の微熱のように花咲けり
柳児
枇杷の花内緒話が多過ぎる
柳児
マッコリの澱の白きや枇杷の花
油揚げ多喰身
枇杷の花和式便座の純喫茶
油揚げ多喰身
遺言に句読点なし枇杷の花
有瀬こうこ
三度目のマンモグラフィー枇杷の花
有瀬こうこ
にわとりの最期の昼餉枇杷の花
蘭丸結動
太陽のはじめのかをり枇杷の花
蘭丸結動
死にたしと思へど枇杷の花薫る
竜田山門
国宝の厠から見る枇杷の花
竜田山門
花枇杷のもとへかくれるねむくなる
緑の手
アルテミスとほれば枇杷の花のふる
緑の手
御手前の美しきせんせい枇杷の花
ほしの有紀
人前で笑はぬ友よ枇杷の花
ほしの有紀
人前で笑はぬ女枇杷の花
花節湖
とうめいな坐薬のききめ枇杷の花
花節湖
老人ホームの金魚眠たし枇杷の花
ことまと
枇杷の花ふつふつ老いらくの恋よ
ことまと
五年経ちましたね枇杷の花咲ふ
葦たかし
老いの恋幾たびあらん枇杷の花
葦たかし
老いらくの恋はしずかに枇杷の花
ちゃうりん
だんごむしみたいなはっぱびわのはな
ゆいのすけ3さい
びわの花すぐにくずれるどろだんご
幸の実(9才)
受け継ぎし百味箪笥や枇杷の花
古都ぎんう
退職の手荷物一つ枇杷の花
しいちゃん
キユーポラの減りゆく空や枇杷の花
すりいぴい
枇杷の花遊女も海女も海嫌い
ぼたんのむら
無口な子大器晩成枇杷の花
れっどべりー
枇杷咲くや吊橋の架け替へ近し
伊予吟会 宵嵐
盲点へ格納したる枇杷の花
塩豆
枇杷の花刀鍛冶から湯気の立ち
久蔵
日当たりの良き猫の墓枇杷の花
玉木たまね
千葉犬は気性の強し枇杷のはな
君島笑夢
少女らが何をこそこそ枇杷の花
枯丸
解体の一部始終と花枇杷と
三重丸
枇杷咲いた夜は匂わぬ眠い星
司啓
産道を出づれば異物枇杷の花
渋茶雷魚
花枇杷や点滴は静脈冷やし
松尾寒蝉
アルバムは四角く重く枇杷の花
城内幸江
なさぬ仲とは知らなくて枇杷の花
森一平
水牛の痩せた背中や枇杷の花
水夢
外灯の投げる乾きや枇杷の花
大井河薪
枇杷の花向かいの家の子沢山
大雅
枇杷の花牧師は夫に戻りけり
薄荷光
たたまれし牛舎や枇杷の花かをる
蜂里ななつ
目撃者捜す看板枇杷の花
夢堂
枇杷の花建売買うて三十年
竜胆
住職の磨くベンツや枇杷の花
28あずきち
枇杷の花オランダ坂のカフェの香よ
28ひろきち
房総の海は青絹枇杷の花
99カリン
競うことやめたと枇杷の花にだけ
be
枇杷の花式は内輪で済ますらし
GARU
富士にだけ残る日差しや枇杷の花
HGDT
夕暮れか影か枇杷の花だろか
k.julia
てっぺんは星々のもの枇杷の花
Kかれん
一人暮らしがしたいと切り出す枇杷の花
Mrs.Roadmovie
とげとげのはなしほどけて枇杷の花
Mコスモ
枇杷の花写真の女学生は母
sakura a.
口承の滅びの呪文枇杷の花
sol
くさぐさの甕棺あらは枇杷の花
syuusyuu
枇杷の花もう頬杖にさようなら
yoko
枇杷の花やがて夕陽となりにけり
あー無精
枇杷の花これで笑つてゐるつもり
あいだほ
戸板引けば陽の押し寄せて枇杷の花
あいみのり
花枇杷の香りへ硬き道着干す
あいむ李景
待ち人来たらず黄昏のびわの花
アガニョーク
眠る手の小さきことよ枇杷の花
あつちやん
オカリナの音色ふわりと枇杷の花
あつむら恵女
枇杷の花ぽつといふ音聞こえそう
あまぐり
盲腸炎散らして枇杷の花匂ふ
あめふらし
文の束父より母へ枇杷の花
あらあらた
ことぶきの里行きバスや枇杷の花
あるきしちはる
今日もまた薬袋太し枇杷の花
いごぼうら
レコードの針が降りる頃枇杷咲いて
イサポン
海峡の鈍き汽笛や枇杷の花
いまいやすのり
ケア日誌律儀に綴る枇杷の花
いろり
複式になるてふ母校枇杷の花
うさぎまんじゅう
枇杷の花凹凸確と肋骨
うしうし
僕は全く悪くないんだ枇杷の花
うどまじゅ
半月の友とある日の枇杷の花
ウロ@半月(はにわり)
枇杷のはな判定線はまつすぐに
えむさい
枇杷の花産毛の赤子良く匂ふ
おがたま
枇杷の花微かに聞こゆる星のこゑ
かざばな
枇杷の花よくも悪くも長男坊
かつたろー。
枇杷咲くやフーテンの寅戻るころ
かをり
弟とライダーごっこ枇杷の花
がんばるけいご7才
びわのはなみつかったらにげるかくれんぼ
がんばるたくみ5才
枇杷の花今朝隣家より産声す
きさらぎ
志ん朝の死神聴きて枇杷の花
きなこもち
主人無き鳥かご暗し枇杷の花
ギボウシ金森
お茶こぼす粗相が増えし枇杷の花
キヨ
枇杷の花になれぬ私達は未婚
枇杷の花の真上で雲が生まれてる
くさ
病みてのち素直になりし枇杷の花
えんどうけいこ
執念も薬も尽きて枇杷の花
くさぐき
枇杷咲くや殴り返してこない友
ぐでたまご
子天狗の羽根飾りたる枇杷の花
くま鶉
剪定の鋏の冷えや枇杷の花
くめ仙人
この子だけ象と話せり枇杷の花
クラウド坂の上
花枇杷や壜に結晶尖りゆく
くらげを
潮風の通る廃校枇杷の花
くるみだんご
子を持たぬと決めた我が子や枇杷の花
クレイジイソルト
またひとつ旅先ふえて枇杷の花
くれまてぃす恵子
下草に獣道あり枇杷の花
くろべぇ
病名も余命も言えず枇杷の花
クロまま
音もなく嫗の住めり枇杷の花
けい子
枇杷の花明日ばかりが何故明い
けら
仇討の一部始終や枇杷の花
こてつ川
甲府へは鈍行で行く枇杷の花
コナラ
曾祖母の着物解いて枇杷の花
こはまじゆんこ
鉄郎の捨てし地球の枇杷の花
こま
枇杷咲いて蝋燭だけの通夜の席
ざうこ
佳き人を見送る朝や枇杷咲きぬ
さくみ
かすがいをもたぬ暮らしや枇杷の花
さとうりつこ
やさしさはピアノにうつるびわの花
さな(6才)
枇杷の花妻に頷く日の増へて
さぶり
後ろの正面問われて枇杷の花
さゆみ
枇杷の花猟友会は軽トラで
しー子
廃線の神楽の里や枇杷の花
しげる
枇杷の花智恵子の紙絵色褪せず
シニアモモ
兄二人戦死の婚家枇杷の花
ジミーあゆみ
わが町が北端らしき枇杷の花
しみみ
貧しき者の瞳まつすぐ枇杷の花
じゃすみん
枇杷の花ほんとのことを言わぬひと
しゃれこうべの妻
枇杷の花締めた鶏肉温かい
シュリ
枇杷の花持たせ人形お嫁入り
じゅりあん山本
花枇杷や幼馴染は五人いて
ず☆我夢@木ノ芽
枇杷の花こたびの釣書き字少なし
すいぎょくさんご
病気だけ怖い一人身枇杷の花
すえよし
再婚してみようかなと枇杷の花
すみれ色の涙
枇杷の花へその当たりがこそばいぞ
せいち
枇杷の花つくづく長女てふはずれ
せり坊
枇杷の花仏壇裏の宝くじ
せんえい
花枇杷や母は小さい人だった
だいふく
枇杷の花空家に風を小一時間
たま
死の近き星の疼きぞ枇杷の花
たんじぇりん金子
愛犬の墓冷たくて枇杷咲けり
ちびつぶぶどう
旧姓で呼ばるるに慣れ枇杷の花
つぎがい
弟の目もと考似や枇杷の花
つつ井つつ
乗り継ぎの客は少なし枇杷の花
ティーダ
八人の野球部走る枇杷の花
でこはち
枇杷咲きて小さき虫たち風に酔ふ
テツコ
涸井戸を匿ふやうに枇杷の花
てまり
通学路に空き家三軒枇杷の花
でらっくま
点訳は地味な仕事よ枇杷の花
てん点
磨り硝子越しのきやうだい枇杷の花
とおと
枇杷の花抜けて軍艦島へ船
どかてい
花枇杷や朝食は山羊のミルク粥
ときこ
枇杷の花夜色深々蕪村の画
ときめき人
包装紙集めた缶や枇杷の花
としまる
姫宮のおすべらかしや枇杷の花
とし子
まだ九九を覚えられない枇杷の花
とだまゆ実
碧空や枇杷の花だけざらついて
どろん
枇杷の花逃げたインコの尋ねビラ
とんぼ
泊まり客一人もなくて枇杷の花
なおこ
路面電車触るるばかりに枇杷の花
なかの花梨
ポン菓子は十二人待ち枇杷の花
なご
あのチビが親父となるや枇杷の花
ナタデココ
校庭に無人の遊具枇杷の花
ぬらりひょん
陽の箸がゆるゆる掴む枇杷の花
ねむり猫
ささくれる波も白くて枇杷の花
のら
解体のお化け煙突枇杷の花
はまゆう
花枇杷の香杏仁豆腐の衝動
はむ
裏庭に雲の翳おく枇杷の花
はら美華子
枇杷の花道外れつつ走りをり
ハルノ花柊
ボランティアスタッフ募集枇杷の花
ひでやん
ほんとうは甘ったれの枇杷の花
ひなた
水白粉冷たく掃くや枇杷の花
ひな子桃青
枇杷の花険路導く八咫烏
ひよこ司書
何故かくも男は鈍感枇杷の花
ひよこ豆
ふる里を出でぬ暮らしや枇杷の花
ひろろ
岩穴は兵器庫の跡枇杷の花
ひろ史
枇杷の花揺らす鼻歌ト長調
ふくろう悠々
枇杷の花活断層にある我が家
ふさこ
雨のち風ふわり枇杷の花わらう
ふたあい
「お母さん」と呼ぶ子等も父枇杷の花
ふっこ
缶コーヒーぬるし母校の枇杷の花
ふるてい
生乾きのTシャツ被り枇杷の花
ふわり子
百人に百の悲しみ枇杷の花
ぶんご
母似なる眼差し二十歳枇杷の花
へるしんか
溶接のひかりの洩るる枇杷の花
マーフィー
山羊の乳や柔らかそうな枇杷の花
まこち
枇杷の花名は封印を解く呪文
ましろなぎさ
お向かひの長き留守なり枇杷の花
まつだまゆ
占いの一つは当たり枇杷の花
まどん
ゆうすけがなんでもなめるびわのはな
まりな(4歳)
枇杷の花ひとりぼっちになる準備
まるひるま
枇杷の花スカート丈を注意され
みかりん
メイドが洗ふベッドのシーツ枇杷の花
ミズカラス
密やかに初潮迎えし枇杷の花
ミセス水玉
無住寺の妖怪やさし枇杷の花
みちる
新しき生前墓や枇杷の花
みどりがめ
枇杷の花ノートに写したみすゞの詩
みのる
無医村に診療車来し枇杷の花
み藻砂
文豪の憩いの石や枇杷の花
むったん
枇杷の花風呂屋の跡地測量す
むべ
告別の朝雲はなし枇杷の花
めぐみの樹
枇杷の花間引いて甘く毒と成す
めしめし
ぽんこつの唸る農道びわの花
もせきのこ
びわの花みたいなせんせおよめいく
モッツァレラえのくし
ほのかなる墓地の香や枇杷の花
もりお
枇杷の花これから俺は髪をきる。
やえ子
とりこぼすちひさなしあわせ枇杷の花
やまなみ
枇杷の花ノートの隅に師の言葉
やよえ
枇杷の花壊れた望遠鏡担ぎ
畑まで行く道崩れ枇杷の花
ゆすらご
工場のやうな病院枇杷に花
よあけの晩
売切れし絹漉し豆腐枇杷の花
よぶこどり
尋ね来る鳥へだてなくびわの花
ラッキーの母
瞑想曲に開くは枇杷の花弁かな
ラング欄
田中てふ名のこそばゆし枇杷の花
るびちゅ@田中:枇杷の品種名
枇杷の花何アンペアで人は死ぬ
るるの父
知らぬ者はじめて集ふ枇杷の花
わらび一斗
蕎麦店は廃業らしき枇杷の花
亜音洲
枇杷の花テレビは町工場を褒める
安溶二
なんとまあ老けたる花よ枇杷の花
杏と優
既読にもならないLINE枇杷の花
伊湯
缶蹴りのルールいくつも枇杷の花
伊予吟会 心嵐
夜祭や秩父は微醺枇杷の花
位相朗
曇天のにおいをつつむ枇杷の花
為一暢道
接吻を灯す十字路枇杷の花
井田みち
枇杷の花内気な方を採用す
一斤染乃
あの娘まだ島にいるらし枇杷の花
一人静
花枇杷から羽化し尾を引く日航機
一刀斎嘉平
枇杷の花ゆれて沢内甚句かな
羽藤武彦
枇杷の花湯殿に朝の通り雨
雨霧彦@木ノ芽
防風林日差しをためて枇杷の花
瓜中不眠
胃カメラにポリープひとつ枇杷の花
永想
枇杷の花あっという間の内視鏡
越智田文
祖父の声知らぬと気づく枇杷の花
遠音
枇杷の花散る老猫を連れて逝く
塩の司厨長
花枇杷や切腹なんと恐ろしく
茨城之ポキヨシ
今日よりも明日は賢く枇杷の花
温湿布
枇杷の花魚の目疼く薬指
佳月
我と君の影花枇杷に届かざり
可笑式
あの家はまた主変わり枇杷の花
花屋
まだ効かぬ日にち薬や枇杷の花
花咲明日香
枇杷の花小さな傷が蘇生する
花伝
枇杷の花引っ込み思案な白ですね
花紋
枇杷咲く時ほたりほたりと聞こゆるか
茄子美
枇杷の花ここはとうとう猫の島
子兎の親に噛まるる枇杷の花
雅喜
みどり児の髪の甘さや枇杷の花
海野しりとり
午前二時死者の影あり枇杷の花
海老名っこ
自然災害保障支払通知枇杷の花
灰色狼
枇杷の花この時期はいつも鬱々
笠原 理香
回覧板届けて長居枇杷の花
葛谷猫日和
思ふより小さき番犬枇杷の花
都会にも川の流れや枇杷の花
幹弘
何度もねこまたがアホヤナと言ふ枇杷の花
閑茶
花枇杷と指され何やら腑に落ちず
岩魚
枇杷咲けり隣家の息子はまだ一人
岩品正女
そう言へばあれが花枇杷だつたのか
喜多輝女
いつも顔だけを出す犬枇杷の花
紀貴之
病む人の籠る家なり枇杷の花
軌一
増女のまなざし枇杷の花散る
輝 龍明
月末の火曜は定年枇杷の花
鬼怒
枇杷の花歳月まるく芯つよく
吉 や
そういえば牛舎だったな枇杷の花
吉野川
吸殻を拾う散歩や枇杷の花
吉良水里
をとめごのうすき鼾や枇杷の花
久我恒子
軽トラに揺られていくよ枇杷の花
宮坂変哲
枇杷の花記憶のネジが落ちてゆく
宮武桜子
巫女の振る鈴は金色枇杷の花
宮﨑紅清
花枇杷や初潮迎へし十二歳
弓女
枇杷の花全治三週間の怪我
京野さち
帰る家あるにはあるが枇杷の花
琴女
枇杷の花咲きしあの家子だくさん
金治宜子
枇杷の花島本陣の屋敷跡
空山
枇杷の花仔犬は死んだやうに寝る
空蝉
房総の朝風締まる枇杷の花
桑島 幹
口笛の丸めたる口枇杷の花
蛍子
よき町と言はれて下車す枇杷の花
鶏侍
枇杷の花メメント・モリと自問する
月のうさぎ
男なら星も匂ふと枇杷の花
月の砂漠★★
後添ひの柔き耳たぶ枇杷の花
月見柑
枇杷咲けりカーナビにけふも叱られて
犬星星人
枇杷の花タコ釣る人の日暮れかな
元喜@木ノ芽
枇杷咲くや父の便りをそらんずる
古瀬まさあき
鯨幕波うつ枇杷の花香る
古田秀
枇杷咲きてお大師さまにお手紙を
古都鈴(ことり)
すっぽんの甲羅を干す日枇杷は咲く
湖雪
枇杷咲くや牛舎香りの中にあり
公毅
枇杷の花悟って何が悪いんだ
広瀬 康
火伏札ひらひら枇杷の花の風
江戸人
B面は隠れし宝枇杷の花
江戸川青風
ひとはみなこはれてゐます枇杷のはな
綱長井ハツオ
考える映画は嫌よ枇杷の花
香野さとみZ
右耳のイヤホンは君へ枇杷の花
香羊
忘れ物このごろ多し枇杷の花
香壺
転んだら内緒にしたい枇杷の花
今井佳香
かあさんがちいさくなつて枇杷の花
根子屋彦六
枇杷の花本家取り壊され更地
高橋寅次
胎動を受くる諸手や枇杷の花
高尾彩
白銀に香の紛れおり枇杷の花
高野由多
ブルーシート屋根に残りて枇杷の花
克巳
骨少し突き出る背中枇杷の花
佐々木信天翁
枇杷の花用意したのは勇気だけ
佐東亜阿介@チーム天地夢遥
枇杷の花海底ならば発光す
佐藤直哉
自販機の光を借りて枇杷の花
細谷細清
枇杷の花くぐりて友を見舞いけり
咲耶とこ野
借銭をみんな返してびわのはな
桜姫5
枇杷の花服に錆び付く遊具かな
皿檸檬
おさがりの服はやわらか枇杷の花
三重野とりとり
脈打ちて舌下に薬枇杷の花
三大夜景
カーテンの日差しの甘し枇杷の花
三輪えつし
花枇杷や謹慎とけぬたたずまひ
三輪佳子
房総に余白を残し枇杷の花
三毳
形見分け一息つけり枇杷の花
山樫梢
兄嫁の靴の小ささ枇杷の花
山口富子@Mamaly House俳句道場
花枇杷や陽の椅子に母壊れゆく
山内彩月
色褪せた狂犬病シール枇杷の花
山野ゆうり
枇杷の花夜をくすぐるように咲く
山陽兵
枇杷の花月ふかぶかと眠るべし
残月
宿帳にその妻と書く枇杷の花
四丁目
鶏小屋の鶏絞められて枇杷の花
始の子
追憶に花枇杷と背嚢と母
枇杷の花だし巻き卵ふつくらと
紫檀豆蔵
枇杷咲くや土肥温泉の鍼灸院
試行錯誤
コピー紙よりクラフト紙好き枇杷の花
寺尾当卯
枇杷の花駐車禁止を吊られけり
時雨
枇杷咲いて右に傾く抱石葬
次郎の飼い主
風見鶏ひと回りして枇杷の花
耳目
義経の復活神話びはの花
柴原明人
潮の音は匂ひにかはり枇杷の花
朱契
売れない芸人のような枇杷の花
秋津洲はじめ
枇杷の花今なほ多きサユリスト
重翁
黒塀の盛り塩高く枇杷の花
春川一彦
枇杷の花子の好みさへ知らぬ父
春日のぽんぽこぴーな
もう三日見かけぬ犬や枇杷の花
春野いちご
9位までの予選通過や枇杷の花
順三
夫の居て朝陽さしたる枇杷の花
小橋春鳥
醗酵はゆたりと進む枇杷の花
小市
オルガンの足踏み緩む枇杷の花
小春
胃に残るバリウムの白枇杷の花
小倉あんこ
三度目の鬼籍に入りて枇杷の花
小倉じゅんまき
日時計のうすき一日枇杷の花
小走りの烏賊
こんな顔だったか妻は枇杷の花
小田寺登女
祖母役はいつもの女優びわの花
松田てぃ
さみしいと徘徊の母枇杷の花
笑子
枇杷の花百年を経し血判状
笑松
髪へって日めくりへって枇杷の花
常陸人
少年は母にくさくさ枇杷の花
新藤柑子
花枇杷や祖母のルビ入り古新聞
森田まなみ
賛美歌の練習サボる枇杷の花
真宮マミ
囁けばささやきかへす枇杷の花
仁葉
くずし字の詫び状の来て枇杷の花
仁和田 永
泣いたって気づいてくれぬ枇杷の花
逗留舎なお
花枇杷や日がな張り絵の施設の子
数鉄砲
懐の渡せぬ手紙びはの花
杉本とらを
老いが加速する枇杷の花の香り
世良日守
枇杷の花輪切奉天食ひはぐれ
瀬々葱坊主
枇杷の花刻の流れの外に咲く
清一
潮に咲く音戸の瀬戸の枇杷の花
西山哲彦
チェンバロの短き余韻枇杷の花
西川由野
パトカーに続く渋滞枇杷の花
西尾婆翔
漢方の薬湯露天枇杷の花
青い月
祖母ひとり孫ひとり枇杷咲きにけり
青柿
ひもろぎの火のはじまりや枇杷の花
青萄
茂木枇杷の摘花こぼるる水平線
青波
あしびきの山のラブホや枇杷の花
石川 聡
仏壇の奥より指輪枇杷の花
石爽子
枇杷の咲く病欠明けの通ひ径
石田将仁
枇杷の花臨月なりしマリア様
千恵
枇杷の花日向優しきじゃんけんぽん
浅河祥子
枇杷咲くや遺影の服に覚へあり
船岡遊子
葉隠れを鳥の忙しき枇杷の花
善多丸
ねえさまの本の手擦れや枇杷の花
倉形さらさ
枇杷咲きて不治の宣告疑いぬ
想予
ランナーの順位数えて枇杷の花
蒼香
枇杷の花みたいと言われ空蒼し
蒼子
妻のごと我を出迎ふ枇杷の花
蒼鳩
東雲の枇杷の花より覚醒す
蔵木よしか
親としてまだ十二歳枇杷の花
村松 縁
寝転べばくぼむ乳房や枇杷の花
村上 無有
転落死ありし学校びはの花
村上優貴
枇杷の花帽子に星空をいれて
村上瑠璃甫
枇杷のはな苔かぴかぴの尊徳像
多事
花枇杷や夫は根つからお人好し
多々良海月
げっこうに耳落つる音枇杷の花
泰然
枇杷の花行方不明者のお知らせです
大蚊里伊織
鑑識の吐く息しずか枇杷の花
大塚迷路
対岸の故郷遠し枇杷の花
大槻税悦
ビロードの蕾頑な枇杷の花
谷田藪辛子
半跏せし菩薩の思索枇杷の花
池之端モルト
花枇杷や無くなりましたあの店は
竹林
枇杷の花胸病む母の独り言
茶爺
良き声の鳥は空色枇杷の花
中西柚子
枇杷の花ぼろんと匂ふ音符かな
中村遥季
排卵もまちまちとなり枇杷の花
中嶋範子@MamalyHouse
廃線の跡まっすぐや枇杷の花
宙のふう
枇杷の花三十七の君が逝き
朝桜咲花
摘蕾は羽音聞きつつ枇杷の花
長谷川 ひろし
枇杷咲くやタイムカプセル眠らせて
直樹里
枇杷咲くや雨の年金支払日
直木葉子
日の本の判官贔屓枇杷の花
津軽まつ
原発の股座冥し枇杷の花
津軽わさお
枇杷の花太郎次郎は老けにけり
辻が花
陣痛は15分おき枇杷の花
天満の葉子
「コ」「コ」「ニ」「ア」「ル」手旗信号枇杷の花
天野姫城
千駄ヶ谷クレーン忙し枇杷の花
澱凡
早朝の枇杷の花香る頭痛の日
田村美穂
枇杷の花駄菓子屋で買う牛スジ串
田中勲
茶封筒わずかな日銭枇杷の花
田中耕泉
定年は70歳なり枇杷の花
田辺 ふみ
枇杷の花マリア残して人の絶え
渡野しえん太
蛇遣ひ星ごとまはす枇杷の花
登りびと
道ならぬ恋してるらし枇杷の花
都乃あざみ
天国より遠き教室びはの花
土井デボン探花
争ひの荒地に枇杷の花咲けり
土屋虹魚
病人の絶えぬ家あり枇杷の花
桃八
行く風に三歩遅れて枇杷の花
桃福
北口の放置自転車枇杷の花
藤井祐喜
ふるさとに弾き出されて枇杷の花
藤田康子
枇杷の花カレーで祝う誕生日
藤野あき
隠れ吸う旨さ疚しさびわの花
豆闌
枇杷の花峠越えれば鈍き海
瞳子
枇杷の花散歩の犬の武者震い
徳本あつ
枇杷の花綺麗な音のホイッスル
豚ごりら
シスターのミッフィの手提げ枇杷の花
奈緒女
鼓笛隊遠き病室枇杷の花
南風の記憶
母牛の乳房の喘ぎ枇杷の花
南風紫蘭@
母と娘の足踏みミシン枇杷咲きぬ
楠えり子
心音に耳あてている枇杷の花
日田路
往診の医師は軽トラ枇杷の花
忍冬
枇杷の花絵画の裏に二万円
猫ふぐ
にびいろのボビンケースや枇杷の花
猫愛すクリーム
枇杷の花金婚式に妻は亡し
猫渓
花枇杷やラクダはちょっと笑ってる
猫舌扁平足
呼び鈴のくぐもるひかり枇杷の花
白樺みかん
午後四時のテープ起こしや枇杷の花
麦吉
枇杷の咲く映画スタアの母の家
飯田 青
灰色の日差しまぶしや枇杷の花
美翠
鼻息の熱き坂道枇杷の花
柊 月子
今のところ家庭に所属しています枇杷の花
百合園ゆみ
こんなにも小さな街や枇杷の花
武井かま猫
枇杷の花検査結果は×ひとつ
風華
枇杷の花北半球の静かな日
風峰
大ように枇杷の花咲く淋しき村
服部 勝枝
あとがきのやうに寂しき枇杷の花
福蔵
「原発NO」褪せた幟や枇杷の花
文月さな女
枇杷の花薄日のなかで爪を切る
平康
見なれたるはずの団地を枇杷咲けり
平林檸檬
志戸呂焼利陶窯元枇杷の花
法典
花枇杷や雨に朽ちたるトタン屋根
蜂喰擬
枇杷の花初潮迎えて泣いた庭
枇杷の花経文抜けた耳ふたつ
北村 崇雄
枇杷の花武骨なちちが握る飯
北乃天満
枇杷の花ゼロ戦乗りの丸き顔
北野きのこ
人拐ひ来るぞ花枇杷泣き出すぞ
堀口房水
廃校の影の匂いや枇杷の花
麻呂助
湿りたる空の匂いや枇杷の花
万斛
官報の失踪宣告枇杷の花
未補
枇杷の花満つG線に弓落ちて
牟礼あおい@G線(げーせん)=四本あるヴァイオリンの弦の内、一番低い音の弦。
ぽんとはづぽんがしのつぶびはのはな
明惟久里
母の忌をくるんで枇杷の花柔し
綿井びょう
枇杷の花祖母によく似た守り神
網野れいこ
風呂を焚く煙けぶたし枇杷の花
木村ひむか
ライバルはあんまりいない枇杷の花
野ばら
枇杷の花走る部下への恋心
野純
ゆんるりと雨の旅先枇杷の花
野地垂木
花枇杷や静けさに発つかぐわしさ
野中泰風
海岸線ぎざぎざ枇杷の花ひそひそ
野良古
申請書役所通いや枇杷の花
矢的@第二まる安
葬列に眠る赤子や枇杷の花
優純bow
東京に静かな小道枇杷の花
与志魚
弔ひの列は八人枇杷の花
葉月けゐ
枇杷の花奥まで長きまんぢゆう屋
遥明
副乳をむさぼる小豚ビワの花
欲句歩
枇杷の花咲いた音にも気付かずに
雷紋
この先の病の色や枇杷の花
落葉勝山
オーボエのリード削るや枇杷の花
藍時 湘
独り身を紛らはす嘘枇杷の花
利平
枇杷の花錆びた匂いの無人駅
李子
便箋に始める清書枇杷の花
理子
枇杷の花翅あるものを拒まざる
璃当
枇杷の花刺し子ふきんをお返しに
琉璃
枇杷咲くや沈黙もまた心地よい
良子
枇杷の花二食で足りる日曜日
和利
枇杷の花香聞くやうに掌
巫女
善きひとの集う法事や枇杷の花
朶美子(えみこ)
オーボエのか細き指や枇杷の花
淺野紫桜
枇杷の花勘定足つて銭足らず
珈琲斎
東雲の体位交換枇杷の花
脩平
その家の人は死んだと枇杷の花
居残りの化学教室枇杷の花
邯鄲
枇杷の花ラジオのチューニング合わぬ
霖之助
痛みなく歯根膿たり枇杷の花
靫草子
裏庭の鬼門除けなる枇杷の花
一走人
枇杷の花妻の機嫌はいつなおる
竹さ
シルクロードの東端匂ふ枇杷の花
竹の子
枇杷の花みすずの星のやうな花
竹庵
枇杷の花今日はなんにもない良き日
竹春エリザベス
ひとりづつ抜け道ゆけば枇杷咲いて
竹内
鬱々と爪かむ夕や枇杷の花
齊藤ふみえ
詩心のけふはほろほろ枇杷の花
あまぶー
枇杷の花母は唱歌を歌いおり
いつか
花枇杷や無口な姉の逃避行
いつき組福岡リスナー班/由美子
キリシタンの古老住む家枇杷の花
いもがらぼくと
枇杷咲いて後継ぎもなき診療所
カオス
特売の卵ぶら下げ枇杷の花
かまど
枇杷の花目立たぬ様に酒を飲み
ギコ
枇杷の花ちらしあふるる郵便受け
きのと
足元に見知らぬ猫来びはの花
さとう菓子
枇杷の花に気づく校庭四周目
しろ
夕暮の裏階段や枇杷の花
そめいゆ
枇杷の花南蛮船の銃の先
はまのはの
枇杷の花丘のはたての殉教碑
ひで
枇杷の花静かに靴を揃える背
ひら
覗きこむ母の家計簿枇杷の花
ふうせんかずら
突き当り女高野の枇杷の花
マオ
枇杷の花青畝生家の屋敷門
まち眞知子
細々と店続けるや枇杷の花
むらたふみ
表札のボンドの固し枇杷の花
ももたもも
賞罰の無き履歴書や枇杷の花
ヤッチー
村長の土蔵の脇の枇杷の花
枇杷の花少彦名命かな
園壺
うめ園に居候して枇杷の花
花南天anne
一の寺二の寺寺町枇杷の花
梶  鴻風
キリストの父は聖霊枇杷の花
月の道
ピアニカの一音ずれる枇杷の花
湖雪
送られて求婚されて枇杷の花
江口小春
餌乞いに立寄る猫や枇杷の花
江里口泰然
野晒しや川の向こうの枇杷の花
山田ノムオー
ハワイアンショウも終わりて枇杷の花
深川リンの父
化粧とは無縁の暮らし枇杷の花
深草あやめ
アフロディテの沫は咲きたり枇杷の花
真中北辰
枇杷の花今日四人目の客帰る
粋田化石
隠居所に越して幾年枇杷咲けり
石井せんすい
雨降れば夕暮れ忘る枇杷の花
石野上路無
ひつそりとオラショの裔や枇杷の花
沈黙のゲルニカ匂う枇杷の花
蒼い朱鷺
ほうじ茶の茎うとうとと枇杷の花
中山月波
留守かとも裏に廻るや枇杷の花
東尋坊
枇杷の花減らぬ薬を眺めつつ
藤すみ
枇杷咲けり南蔵院の涅槃像
藤田由美子
枇杷の花寺に尼様いると言ふ
文具店曲がれば母校枇杷の花
八幡風花
枇杷の花波風立てぬ本家筋
猫楽
法臘は四十五なりき枇杷の花
板柿せっか
花枇杷の匂ふ小道は除染中
比良山
プロパンガスを交換の昼枇杷の花
福花
枇杷の花父は単身赴任です
文女
片恋せし運河の町の枇杷の花
峰岡名負人
裏庭の錆びた物干し枇杷の花
望月ゆう
枇杷の花犬の蹴り出す土柔し
堀アンナ
枇杷の花今日は誰とも話さなかった
本上聖子
末寺の名を継ぎにけり枇杷の花
夢見亭笑楽
枇杷の花介護日記の六年目
霧子
三丁目の枇杷の花より徒歩五分
椋本望生
二十四の瞳の時代枇杷の花
野々原ラピ
廃校はドローンの基地枇杷の花
洋壬
やり繰りの算段まなぶ枇杷の花
流川ゆきはな
声明は寺の婚礼枇杷の花
留野ばあば
枇杷の花少しざらつく我が心
戌の箸置
ヴァイオリンの洩れをる土蔵枇杷の花
橄欖子

並

枇杷の花貧乏につき子沢山
日出時計
枇杷の花や貧乏人の子沢山
一茶お
髪を切る誰も気づかぬ枇杷の花
オキザリス
総体後も続く朝練枇杷の花
かずポン
朝練のダッシュ十本枇杷の花
夢芝居よしみ
唐揚は一皿に盛れ枇杷の花
クズウジュンイチ
枇杷の花美味しいものは地味に咲く
コケデカ
図書館の木漏れ日揺れる枇杷の花
つわきの嫁
点字の舌読血の垂れて枇杷の花
遠野 かなみ
大好きなものが多くて枇杷の花
海風山本
同期会皆いい人に枇杷の花
笑酔
枇杷の花セピア色した感謝状
枇杷の花てこの原理で起こす母
隣安
旅帰り「家がいちばん」枇杷の花
立石神流
枇杷の花あの娘が見合いしているよ
岸 れん
年下となった姉の忌枇杷の花
24516
この香りいつの香りか枇杷の花
14橘 貞山
思春期の生えた生えぬと枇杷の花
枇杷子
枇杷の花予備校生が達磨買ふ
⑦パパ
ハロパ明け千鳥足行く枇杷の花
A.I 1990
空が友淋しかりけり枇杷の花
aya
枇杷咲けりポップコーンの爆ぜるごと
chiro
女房役地味目が良けれ枇杷の花
GONZA
白色の笑顔を集め枇杷の花
KAZUピー
深々と葉の温もりと枇杷の花
kkk
枇杷の花木漏れ日白き猫の背に
Mミータ
実は描き見過ごされいる枇杷の花
PON
頑な間おもき受話器びわの花
TAKO焼子
ひとことを言えずに分かれ枇杷の花
アーナンダ
枇杷咲くや断捨離したきあれやこれ
あい女
同窓会高齢席に枇杷の花
アオキシゲル
枇杷の花塔婆に染み入る施主の文字
あけび庵
踏みにじる女一人や枇杷の花
あけび二号
五字ヶ丘鳥の子色の枇杷の花
あざみ
一年の茶刈りを終えて枇杷の花
あさもわ
つつましき色が好きです枇杷の花
あさり
枇杷の花湖底の里で食べし種
あすなろ
枇杷の花庫裏に正座の和裁の師
アダー女
ひっそりと実作りしたく枇杷の花
あら さなえ!
しんしんとしみいるしずく枇杷の花
あわの花水木
枇杷の花実りて採りし父は無く
いくらちゃん
花枇杷や欄干擦る猫の鼻
いつき組リスナー班・旧重信のタイガース
枇杷の花むすめ手製のスープの実
いつもの花影
照りはえるひしめきあいて枇杷の花
いと茶
枇杷の花再検査だけはやめてくれ
うずまきタルト
小さき牙隠しおおせぬ枇杷の花
うづら
よそゆきの白き作業着枇杷の花
うに子
葉の照るか産毛か群れて枇杷の花
エイシェン
灰の降る垂水の里や枇杷の花
えらぶゆり
傘一つ汽笛見送る枇杷の花
オアズマン
手話使い伝える香り枇杷の花
オイラー
陽と陰の境目ぐらい枇杷の花
おおやぶちょ
あんな子クラスにいたっけ枇杷の花
おくにち木実
空の雲とおそろい色枇杷の花
おさんぽタケシ
枇杷咲けり去年空き家になりし家
おるか
酔い醒まし夜風やはらか枇杷の花
オルカ
枇杷の花だれにふりむかれなくとも
おんちゃん。
枇杷の花ずつと忘れてゐてほしい
お気楽草紙
治癒願う祈り届けよ枇杷の花
かつら子
失ひて匂ひ再び枇杷の花
かぬまっこ
剃髪の尼のうなじや枇杷の花
かみつれ
雲間から一筋の陽や枇杷の花
きいろいとり
ひそやかに枇杷の花の香誘い水
きっちゃん
見守って笑顔をくれる枇杷の花
きびだんご
飾らずに素で咲いており枇杷の花
きみこば
チェロの音の聞こえる館枇杷の花
きょうや
ほっこりと奢ることなく枇杷の花
キョンちゃん
弟子達の行く末案じ枇杷の花
きんえんくん
片隅にひそりと凛と枇杷のはな
ぎんか
キンとした朝枇杷の花咲くを知る
くすぐり人
秘す思いあふれて咲くや枇杷の花
ぐりーんぴーす
枇杷の花おそるおそるとふれる初夜
くる
太平洋ひろがる手前びわの花
ぐれむりん
機嫌よく枇杷の花背に立ち話
こうや こう
枇杷の花望みはたった二つだけ
ココダン
香よし花よし盛んに褒むれ枇杷の花
こはぎ
葉をください小さき枇杷の花満開
こぶこ
廃屋に空色染みる枇杷の花
こまち婆
バイエルの刻む音色や枇杷の花
これでいいのだ
激務終えふと枇杷の花の香りや
さかまろ@第二まる安
葉の中に小さき憂いの枇杷の花
さくやこのはな
両耳に般若心経枇杷の花
ささき良月
一面に散りて知るらん枇杷の花
さだとみゆみこ
枇杷の花ゆれる河岸映えるかな
さとうくにお
さんぽみち柴の鼻指す枇杷の花
サトシワタナベ
枇杷の花園児のように群れて咲く
しおうらゆうこ
瀬戸の釣り山から望む枇杷の花
しおかぜ
枇杷の花線路の果ての君の名を
しかもり
匂えども枇杷の花とは知らぬなり
しげ爺
枇杷の花ひっそり閑と猫あくび
ジャンボの勝ち
枇杷の花猫の鈴鳴る裏の庭
じょいふるとしちゃん
枇杷の花母の乳房の存在感
しょうき
種飛ばし過ぐる七年枇杷の花
シラクサ
枇杷の花孔雀に折りし箸袋
しんしん
一介の富士の裾野の枇杷の花
しんぼう
花枇杷や邑には邑の習いあり
すずめ
枇杷の花十三年経て香りたち
スタルカ
仏壇な祖母は三十枇杷の花
すみっこ忘牛
枇杷の花庭に古びた車椅子
スローライフ
枇杷の花流れに落ちて川の旅
たいき
枇杷の花雫抱きて震う朝
たか祥
かしましや枇杷の花咲くコンサート
たけし
枇杷花や友よりの文絶えにけり
だけわらび
目標は祖父生きし年枇杷の花
たけ爺
枇杷の花高みに織部の白ありて
たづ
味噌蔵に屋号が残りて枇杷の花
タック
剥製のチョウザメ鎮座し枇杷の花
たま蛙
通り過ぐ列車遠鳴り枇杷の花
たむらせつこ
枇杷の花築百年の名家かな
たんと
豆腐売るラッパの響き枇杷の花
たん造
一人旅廃寺の庭に枇杷の花
ちゃんごりん
実の甘さ期待している枇杷の花
ちゅうちゃん
連関図やじるし散らかる枇杷の花
ちょろたこいん
君と呼ぶべきをどちらに枇杷の花
ツカビッチ
墓仕舞いクレーンの先に枇杷の花
つつ井つつ夫
白内障の老犬仰ぐ枇杷の花
テン@第二まる安
種埋み二十年を枇杷の花
ときこの母よしこ
縁近く種飛ばしの木枇杷の花
とこちゃん
ビロードにつつまれつつまし枇杷の花
とし
時を待つ枇杷の花かな駅の前
とのじ
告白す娘の鼓動びわの花
とみことみ
帰り道あの角曲がれば枇杷の花
とめぞう
此処何処有り無しの祥雲枇杷の花
ともかわすてむ
山門や同行二人枇杷の花
ドラタンリュウジ
ビル街となりし故郷枇杷の花
とんとん
あああれがあれがさうなの枇杷の花
ながいよしかず
枇杷咲くや吾気が付かず通り過ぎ
なかがわ聖一
枇杷の花女子大生も共白髪
なつめモコ
散り散りに落人去りて枇杷花咲く
なみは
路地裏にささやく香り枇杷の花
にゃんみー
室内の小暗さに慣れ枇杷の花
ねぎみそ
グレイヘア流行語らし枇杷の花
ねもじ
枇杷の花吾どう映る赤子には
のぶ子
子三人育て終えへしや枇杷の花
のぼ子
巫女の手に神楽鈴あり枇杷の花
のりた
母の味どんな味する枇杷の花
バーバラ
おしゃべりと鞄が三つ枇杷の花
パオ
鎧着てジャンヌのごとき枇杷の花
はすみん
枇杷の花跡取途絶えたたむ店
パッキンマン
五十路過ぎ異動した身よ枇杷の花
はなだんな
守られて乳母日傘や枇杷の花
ははろ
着信音げんき元気さ枇杷の花
ハマさん
作り出す万病薬を枇杷の花
ばんしょう
床の父へ咲いたと告げむ枇杷の花
ひなたか小春
枇杷の花仁王も破顔コロンの香
ひねこ
なつかしき枇杷の花終戦時思い出す
ひよとり
子らの列見守る爺や枇杷の花
ひよはるばば
花枇杷や匂ふ傍ら護衛の葉
ひろ
主人(あるじ)なき屋敷見守る枇杷の花
ひろきう
枇杷の花何か伝えてくるようで
ひろくん11さいのママ
びわの花ビタミンAがあるのかな
ひろしげ11さい
枇杷の花我生き生きと老いにけり
ひろのじょう
柴犬の尻尾くるりと枇杷の花
ひろ志
ニヤケかおほっぺが落ちる日びわのはな
ぶぅちゃん
枇杷咲くや夕空のあか吸い込みて
ふくろう
コーラスの和音揃ひて枇杷の花
ふみゑ
山野辺に立ちゆく煙枇杷の花
ペコちゃん
合否待つグレーの庭に枇杷の花
ペトロア
老骨に鞭打つ歩み枇杷の花
ヘリンボーン富樽
路地裏に目立たぬように枇杷の花
ほしみのる
路地うらの風の現に枇杷の花
ぼたんぴ
出格子の灯り点りぬ枇杷の花
ぽろたま
枇杷の花母が嫁いだ日の苗木
ほろよい
枇杷の花散りて開花を知りにけり
ぽんたちん
出世など興味なき父枇杷の花
ポンタロウ
枇杷の花陰気に咲いて実は陽気
ぽんのじょう
初恋と言ふべし白き枇杷の花
まさこ
幸いを装いT字路に枇杷の花
まほろ
枇杷の花孫嫁ぐ頃実る頃
まめ小路まめ子
頬べにの拙き少女枇杷の花
まりん
花枇杷や南房総海の風
みえ
枇杷の花まとまりて咲く強さかな
みかん
実が生るや小さき発見枇杷の花
みくらまる
縁側の溝に枇杷の花ひとひら
みさき
実が好きで枇杷の花摘む人のエゴ
みずほ
枇杷の花うつむく赤いランドセル
ミセウ愛
葉影より島の飛び出す枇杷の花
みなと
目の端に流して白く枇杷の花
みよしい
傘畳む薄日に淡き枇杷の花
むじーじ
枇杷の花降り積もりしと見紛うや
めりっさ
枇杷の花語り尽くせぬ普賢岳
もちえちゃん
手に入れしは魔女の薬か枇杷の花
もりたきみ
泣いているいや笑ってる枇杷の花
やぶつばき
枇杷の花海辺の町に嫁ぐ姉
ヤマボー
車椅子巡る園庭枇杷の花
ゆぃ
枇杷の花落としきれない脂粉かな
ゆみづき
朽ちた家となりに凛と枇杷の花
ようざん
枇杷の花見る人なしに香放つ
よしとも
ふるえたる那覇のわびしき枇杷の花
よっきゃ
人しれず雨降る里に枇杷の花
よつ葉
枇杷の花弱音を吐かぬ我妻よ
らくさい
花枇杷の吐息の甘くにほふかな
らごん
悩めるを知るよしもなく枇杷の花
らびっと
救急に命取り止む枇杷の花
りう女
古民家の歴史語るや枇杷の花
リバティーさん
枇杷の花咲き娘さん病如何に
りんごのほっぺ
給食の種より育つ枇杷の花
るりこ
欠席の葉書寂しき枇杷の花
れい
立退きの屋敷の裏の枇杷の花
れんげ畑
枇杷咲きしドラフト会議指名なき
ロクヨン
種植えた子早不惑枇杷の花
わかこ
枇杷の花病いに効けと葉温灸
わこ
咲いてたの知らずにごめん枇杷の花
わたさん
趣味友のなしのつぶてや枇杷の花
わわ
枇杷の花縁側に待つ過去未来
阿波豊
切り岸に人棲まぬ家枇杷の花
哀顏騎士
古希越ゆもあの娘可愛や枇杷の花
安田信洲
枇杷の花にはかに繁る葉の蔭に
伊藤欣次
息災の便り届きし枇杷の花
伊豆子
枇杷の花やうやう翁の功知りぬ
伊予吟会 玉嵐
捨てられし種より出し枇杷の花
位子
枇杷の花家族の如くかたまれり
井上喜代子
句作りに梯子より見る枇杷の花
郁李
枇杷の花庭師の父の古鋏
一の介
げん担ぐ世相は知らぬ枇杷の花
一宮寅五郎
まだ地味な婚荷の着物枇杷の花
一咲ふゆか
再検査告げられて見る花枇杷や
一心
手放したる庭に香るや枇杷の花
一呆堂
突き出した手の先のよに枇杷の花
稲垣加代子
枇杷の花文殊菩薩のむね飾り
羽 真美佐
学舎や夙に悪戯枇杷の花
羽衣使
枇杷の花少し元気な母の声
羽沖
雨上がりバスに凭るる枇杷の花
羽光
せせらぎの音がしそうな枇杷の花
卯年のふみ
迷信に負けぬ強さは枇杷の花
英芯
風誘い振り向く先に枇杷の花
詠野孔球
老老の寄り合ひてさて枇杷の花
越佐ふみを
父供養袈裟にひとひら枇杷の花
遠きいち
湯治へと向かいし車窓枇杷の花
塩風海女
枇杷の花妻亡くしたる友の声
押田圭史
何かの実に似せた蕾や枇杷の花
乙女座のM
海望む山道笑う枇杷の花
音澤 煙管
枇杷の花白く美し季節かな
佳子
萼まといワルツ踊れる枇杷の花
加賀もずく
枇杷の花枇杷島の地に咲いていた
加藤賢二左右衛門
「おかえり」の声消えし家枇杷の花
夏風遊々
一枝を活けてみたいな枇杷の花
花いのち
可惜夜や星降りそそぐ枇杷の花
花のんVn
朝ランの目当てとなりぬ枇杷の花
花みるく
高き空にほへる主や枇杷の花
花猫
明け方に老猫を看取り枇杷の花
茄子紺
枇杷の花子の目を覆い通り過ぎ
華らんまま
荒れ荒ぶ庭に婀娜めく枇杷の花
我省
風が来る枇杷の花には目もくれず
蛾触
缶蹴りの終わりを諭す枇杷の花
雅雅丸
シャッター街外れに今年も枇杷の花
雅鬼
湯上りの母膝添うや枇杷の花
雅由
かくれんぼ子らは散り散り枇杷の花
海月漂
枇杷咲いた咲いたとメール子に送る
海猫
目を瞑りみすゞのごとき枇杷の花
灰田《蜻蛉切》兵庫
枇杷咲きて恋バナすヒジャブの娘
街麦
枇杷の花嫁ぐ娘の角隠し
垣内孝雄
右に鬼左に仏枇杷の花
楽@木の芽
房州に枇杷咲き揃ひ千疋屋
勘太郎
枇杷の花ベビーカートに稚児六人
柑斗梨舞礼
枇杷の花峠越えれば空まさを
甘泉
食べる人なき家に咲く枇杷の花
甘平
曲がり角歩みて先に枇杷の花
閑坐
清貧に甘んじて生き枇杷の花
気のまま風
初産の子の産毛かな枇杷の花
気球乗り
只管につましく生きて枇杷の花
貴船貞女
夕暮れに香りの先の枇杷の花
起承転々
枇杷の花夕暮れ時に友が逝く
輝峰亭
窓開き姿見えずも枇杷の花
輝棒
親子して食べる種から枇杷の花
菊池洋勝
花枇杷や野川の見ゆるところまで
桔梗
枇杷の花又起きて見て寝ても見る
桔梗松山
枇杷の花密かな告白可憐かな
丘 るみこ
ふる里を想いつ亡母と枇杷の花
久仁重
父偲ぶ枇杷の花の香ほんのりと
久村
枇杷の花街ゆくひとは足を止め
宮写楽
たらちねのおふくろに似た枇杷の花
宮島ひでき
娘待つ見上げて優し枇杷の花
京あられ
枇杷の花ひっそり咲いても実は黄金
京のみやび
匂い立つ何やら妖し枇杷の花
京丸
枇杷の花葉が光る時は身体の中
京子
背もたれや車窓の隅に枇杷の花
筋トレ俳人
ひとひらのいのちまつたき枇杷の花
近澤有孝
おとづれし人の転居や枇杷の花
金太郎
じげもんはヒワと言ひます枇杷の花
吟  梵
香り降るひとりの庭や枇杷の花
銀命堂
告白す我が色に似た枇杷の花
銀蜻亭
生け花のポッと赤い葉の枇杷の花
句詩呼
夕方の路地を掃く音枇杷の花
駒子
古き家きれいに飾る枇杷の花
湯治場や飛び石沿いの枇杷の花
熊縫まゆ
枇杷の花あるまじき実は神の知恵
栗田もとえ
背戸の横ひっそりとして枇杷の花
薫風
泥沼に落つと知りつつ枇杷の花
群馬の凡人
喧騒に取り残されて枇杷の花
啓泉
枇杷の花清楚な香り内助の功
恵美子
バスを待つ親子三代枇杷の花
恵風
着ては脱ぎ脱いでは羽織る枇杷の花
敬子
生まれ来ぬ児へ子守歌びわの花
渓湖
枇杷の花はづむ秘めごと知りたるか
月影ミウ
振り向けば君の面差し枇杷の花
月々
葉陰から白き実のごと枇杷の花
月城花風
入院す叔母祖母に似て枇杷の花
犬井山羊
胸開き乳の匂いや枇杷の花
犬散歩人
初孫の光る産毛や枇杷の花
己心
そうなのか薔薇科一門枇杷の花
五月
枇杷の花電車の揺れに抗わず
鯉太郎
看護婦を目指す姉の血枇杷の花
光本弥観
老い一人でしやばらざるや枇杷の花
向日葵
枇杷の花散りて袋をかぶせられ
工藤浩之
枇杷の花葉擦れに惑う牛舎小屋
枇杷の花良妻賢母の鏡かな
江久保亜月
また咲くや祖母の遺した枇杷の花
江津子
角打の談議とびかう枇杷の花
紅さやか
口下手の息子に嫁よ枇杷の花
香舟
柔き陽を集む指編み枇杷の花
高村優雨花
憂きことのあるを知るまい枇杷の花
高田 仁和加
窓辺射す夕日に眩し枇杷の花
今坂 功
地味でよし健やかならば枇杷の花
今治・しゅんかん
酒断ちて粗食の祖父や枇杷の花
根本葉音
卒論の遅々としてはや枇杷の咲く
紺堂まりえ
枇杷の花うろんな上司うわの空
佐々木のはら
びわの花山ゆく吾と目が合いて
佐山夕子
枇杷の花気づけなかった通学路
最章
枇杷咲きてあてなくすすむ酒酒酒
彩然
農婦逝き木々に読経の枇杷の花
菜々の花
退院し次は来月枇杷の花
菜虫
現れる蕾モケモケ枇杷の花
菜奈恵
かくれんぼ鬼よこちらと枇杷の花
桜桃の里
琵琶の音と月の砂漠と枇杷の花
桜木れい子
枇杷の花形見の着物そっと撫で
桜夜月子@木ノ芽
うつむきて香のはかなきや枇杷の花
札六
枇杷の花の風まとう毛や帰路の朝
雑草おばさん
枇杷の花母の轍を我も踏む
三子
枇杷の花フラッシュバックあの生家
三枝木公
枇杷の花手に取る夢の朝ぼらけ
三十三庵
小さき手握って踊る枇杷の花
三水低@第二まる安
枇杷の花きみと見るはずだった青
山さきあかる
枇杷の花明治昭和の家の隅
山の中のオクラ
枇杷の花咲いて平家の古戦場
山口とねりこ
故郷の思い出愛ずる枇杷の花
山口雀昭
古民家に斫るエンヂン枇杷の花
山崎点眼
命脈をゆかしく生きて枇杷の花
山吹未羽
枇杷の花葉は薬草とかや真白なる
山裾 都
芳香の揺らぐ霊園枇杷の花
山本 力
枇杷咲くや過疎の里には多き闇
山本嘉子
端座して茶を待つ座敷枇杷の花
山本夏石
車椅子の兄に枇杷の花香る
山野はな
枇杷の花廟石古りし花山院
山椒法師
この想い風に託すよ枇杷の花
史詠
病室のよごれた窓や枇杷の花
史月
豚ひめく畜魂碑には枇杷の花
四方駄馬@木ノ芽
源泉の噴き上ぐる湯気枇杷の花
子猫陶太
身を引きて呟くごとく枇杷の咲く
志保川有
芳一芳香見あげし枇杷の花
紙威
海沿いのシャッター街や枇杷の花
紫鋼
静寂の庭で香るや枇杷の花
紫香
枇杷咲いて縁側に置く祖母の杖
紫蘭
枇杷の花実のなる日への夢夢よ
詩楽麿
三回忌枇杷の花添え亡き母に
治もがり笛
枇杷の花を曲がればそこに一軒家
七生姫
キャンパスのさざめき遠く枇杷の花
実多しゅうか
目をつむり藁葺屋根と枇杷の花
舎人
母からの荷のこまごまと枇杷の花
斜楽
バイエルにはなまるもらい枇杷の花
紗々
期待の実記憶残らぬ枇杷の花
若澤杏子
出来るだけ小さく生きて枇杷の花
手銭涼月
濡れ縁や潮待ち楼の枇杷の花
朱夏A
哲学の道に路地あり枇杷の花
朱河
胎盤は胎児のきづな枇杷の花
珠桜女あすか
結実を望む人亡き枇杷の花
酒井千歌女
被災地の爪痕未だ枇杷の花
樹朋
無住寺の墓の崩るる枇杷の花
宗本智之
女学校よりの仲良し枇杷の花
秋月
病みて観る枇杷の花こそ美しき
秋月なおと
ファインダー鼻が気づいた枇杷の花
秋月流音@木ノ芽
ゆるやかで高みにひっそり枇杷の花
秋桜
枇杷の花ほのかに香る茂木の町
住吉 敦子
山寺の僧は老いたり枇杷の花
重波
枇杷の花出だす土鍋の重たさや
春と夏子
枇杷の花沈黙よりも無口なり
春果
漫ろ雨や浮き世憂き世や枇杷の花
春猫
枇杷の花実が生る前に我を見よ
春爺
川っぷち踏んばる枇杷の花に風
春蘭素心
目立たないやうに暮らして枇杷の花
順女
学校の休みを待つや枇杷の花
勝る
近づきて枇杷の花の香枇杷と知る
小鞠
籾を焼く煙にかすむ枇杷の花
小熊伸子
枇杷の花白杖止めてじっと見る
小熊利雄
枇杷の花脚立に乗るや虫眼鏡
小原 旅風
つま弾くは昭和の歌や枇杷の花
小山晃
一番に客が気が付く枇杷の花
小石日和
外国人行き交ふ街の枇杷の花
小千住
産衣着る赤子のやうな枇杷の花
小川都雪
枇杷の花アンティク色の子供たち
小町
枇杷咲いて香りほのかに屋敷裏
小塚 蒼野
国道の角の廃屋枇杷の花
小梅
園庭の夕日は長し枇杷の花
小椋晶之
枇杷の花母の着物で能舞台
小林 昇
夕間暮れ秘密の告白枇杷の花
少納言小豆
収穫期待し探す枇杷の花
昭則
ゴミ捨て場すぐ裏の枇杷の花ほのか
松浦麗久
勤行の朝凛として枇杷の花
松永裕歩
東西に枇杷島の駅枇杷の花
松山
枇杷の花君の便りの厚からず
松山めゐ
老僧や枇杷咲くころに遷化せん
松山女
廃屋の裏ゆくバイク枇杷の花
松茶 巴@プレバト木ノ芽
父逝きて百日枇杷の花咲く
松風女
枇杷の花唐代湯湧く華清池へ
松野英昌
枇杷の花そっとほほ摺り便りかな
湘輝
厨より見上げる空に枇杷の花
照波
枇杷の花家には女一人なり
笑々
曇天に香を確認す枇杷の花
上江洲 睦
荒田の中に風にゆれ枇杷の花
植木照美
赤似合う母も惹かれる枇杷の花
寝たきりオヤジ
子の名前並ぶ表札枇杷の花
慎吾
ほどほどの声の呼び掛け枇杷の花
新しいツバメ
枇杷のはな四弦の誘ふ壇ノ浦
新田 淑
枇杷の花明日は百寿となる叔母と
深山 紫
狭き路地一瞬の香の枇杷の花
枇杷の花香りに誘われ歩が進む
真紀子
枇杷の花そこにいるのはわかってる
真紅ゆうこ
枇杷の花蕾ひらきて朝にあり
真白
隠し十字島民の願い枇杷の花
真妃
薪高く朽ちし風呂場に枇杷の花
真優航千の母
闇の中ミシンの音と枇杷の花
真林
枇杷の花ドッチボールの子ら跳ねる
神山やすこ
枇杷の花過ぐ花嫁の人力車
睡花
つつましく日にぬくもるる枇杷の花
翠穂
杏仁の匂いの如き枇杷の花
杉浦夏甫
ああ昭和並んで採つた枇杷の花
杉尾芭蕉
迷彩の服干す軒の枇杷の花
雀虫
枇杷の花読経の声は家の主
澄海
伝わらぬ言葉集めて枇杷の花
瀬紀 眉
枇杷の花臥せたる我に涌く勇気
星海
潮風の段々畑枇杷の花
星降松
幸せはおぼろげなもの枇杷の花
晴好 雨独
導かれ阿弥陀堂裏枇杷の花
晴日和
枇杷の花恙無き日に気付かせり
正木児童
マラソンのゴールを切りて枇杷の花
清ら
枇杷の花寺に居すは弁財天
清波
芳香に誘われ所望枇杷の花
西川あきや
婆の目の想いの残渣びわの花
西泉アモ
一言もしゃべらぬ子供枇杷の花
西尾桃太郎
枇杷の花碁盤の上も白の負け
誠馬
曇天にひしめき咲いた枇杷の花
青泉
ロッキーと持ち帰りたる枇杷の花
青柘榴
飾らずも万事良好枇杷の花
青木豊実
建売りに空き地の名残り枇杷の花
青嵐
枇杷の花オレンジの実を待ちわびる
静香
君知るや姿ゆかしき枇杷の花
赤好庵
御包みにやさしき日差し枇杷の花
千の葉
枇杷の花光集めて象牙色
千葉睦女
枇杷の花押されて泣くな赤い鼻
占新戸
飲み明かす厠の前に枇杷の花
川西勝久
枇杷の花夕陽に顔を染めにけり
川島 欣也
枇杷の花香りで想ふあの人を
川畑彩
枇杷の花その香は誰のためなるや
浅見 弓楽
飴玉をくれたおばちゃん枇杷の花
祖乞
遠き日の想ひかそけし枇杷の花
蘇山
わが姿鏡に映す枇杷の花
双月(そうげつ)
葉の間にま彼方眺める枇杷の花
倉の人
引っ越しの手伝い終えし枇杷の花
相沢はつみ
枇杷の花野外授業の子供たち
草人
朝靄に摘む枇杷の花白き花
草青
枇杷の花匂ふ夕暮れや子の喧嘩
蒼水
迷い犬の首輪に枇杷の花香る
蒼奏
幼子の声朗らかに枇杷の花
霜月
枇杷の花咲いて果たして実のならむ
村上研一
枇杷の花笑顔まぶしいナースかな
多聞仙
誰が種落とした庭の枇杷の花
太一
枇杷の花手の届くまで栗鼠鳴けり
太子
火の用心枇杷咲きて夜回り始む
鯛 風
ばあちゃんの背中のにおい枇杷の花
台所のキフジン
杖を持つ彼にやさしき枇杷の花
大三郎
近づきて匂ひ確かむ枇杷の花
大谷如水
告白をためらひ夜半の枇杷の花
大弐の康夫
闇に住む比丘尼に枇杷の花香る
沢田朱里
ここにまあ白き白さの枇杷の花
只暎
見つけたる妻のごと笑む枇杷の花
達哉
同僚の地味でしたたか枇杷の花
短夜の月
ふわふわの外皮脱ぎけり枇杷の花
知音
牛の乳搾る貴女は枇杷の花
池と堀
枇杷の花座敷わらしの昼寝かな
池田郁英
房総の潮風やさし枇杷の花
池田香
赤ちゃんの産毛の如き枇杷の花
池田和正
恩人は雲の向うへ枇杷の花
竹福
清しき香我に届かぬ枇杷の花
終活を急かされてをり枇杷の花
中井笙石
トンネルの遥かひっそり枇杷の花
中村水音
びわの花ぽつんぽつんと集まりて
中野久子
九十の母のおかわり枇杷の花
仲七
枇杷の花見たくて旅す南国へ
仲川光風
たをやめの世間知らずや枇杷の花
宙蝉(そらせみ)
琵琶の湖果ては見えぬと枇杷の花
昼行燈
枇杷の花教へて貰ひ隠し味
衷子
誰待つや裏庭に咲く枇杷の花
朝ぼらけ
リヤドロの頬色きれい枇杷の花
長田写々
枇杷の花香り嗅ぐ父7回忌
鶴田梅勝
追伸に花言葉より枇杷の花
定規
枇杷の花秘密残して帰り道
定吉
森誘う山姥の爪枇杷の花
泥酔亭曜々
枇杷の花記憶薄れど思い濃く
哲也
銃声に客はどよめく枇杷の花
天晴鈍ぞ孤
枇杷の花はじめて交わす会釈かな
天津飯
杖曳きてリハビリの径枇杷の花
田中ようちゃん
藁葺の煙も絶えし枇杷の花
田畑耕作
枇杷の花今年の残りを数えけり
田付一苗
枇杷の花散開星団になった夜
田名あみ子
枇杷の花もっと大きな実をつけろ
田邉真舟
痛む手に手をさしのべる枇杷の花
杜志
枇杷の花遠いサイレン救急車
渡り鳥初音
欄干に座布団干せば枇杷の花
土井小文
これ見よと伸びたる枝に枇杷の花
土屋 木漏れ日
枇杷の花ペルリ眺めしなまこ壁
東山
来年の暦に予定枇杷の花
東西南北
アルデンテ三田際担ぐ枇杷の花
東平壮太
姫路城そびえる路地の枇杷の花
東洋らいらん
房州の溢れる日射し枇杷の花
桃泉
祖母の笑み庭先へ咲く枇杷の花
桃葉琴乃
立ち並ぶ不動明王枇杷の花
燈穂
外科内科看板薄れ枇杷の花
藤郷源一朗
ひそひそとあることないこと枇杷の花
藤色葉菜
名乗らずひっそり実を待つ枇杷の花
藤鷹圓哉
枇杷の花付きたる位置が臍となる
陶然
朝飯を持ちて来し子や枇杷の花
徳永 北道
枇杷の花一枝部屋に肉桂の香
栃木のあーたん
枇杷の花さみしさ自慢の引きこもり
凪野たいら
枇杷の木に枇杷の花咲く小糠雨
楢山玄冬
花枇杷や助演女優を貫きて
南雲風花
枇杷の花毛深きことよと孫娘
南風
村朽ちて土手の陽だまり枇杷の花
二上松風
葬儀の朝揺蕩う白き枇杷の花
肉野州民菜
枇杷の花去りて久しきかぐや姫
日記
枇杷の花実成るを待ちて臍の黒
日本酒
あれは何?軍艦島の枇杷の花
入口弘徳
甘やかに匂ふ乳房や枇杷の花
猫御前
お互いに片言英語枇杷の花
波の音
枇杷の花北西の陽に輝いて
馬場東風(とうふう)
師を見舞う枇杷の花咲く離れかな
馬場馬子
通学路実り待ちわび枇杷の花
馬門宗太
野は眠り唯一盛り枇杷の花
俳ビギ名
枇杷の花金平糖の親戚か
俳慶
夜行バス徳島に待つ枇杷の花
俳菜裕子
びわの花みたいな人と言はれたる
背馬
朝風の山気の社枇杷の花
梅笠
夕闇や枇杷の香ひそか漂えり
白えび太郎
枇杷の花妻の入院かひがひしく
白井百合子
天向きて無言の行か枇杷の花
白丘山人(893人)
親葉ゆれまにまにのぞく枇杷の花
白桜
昔日の祖母ひらく手に枇杷の花
白傘
枇杷の花白の香りに黄の丸み
白山
枇杷の花今日から酒を選びたる
白瀬いりこ
人生のレールを外す枇杷の花
幼馴染みの顔をもつ枇杷の花
畑 詩音
ALTの横顔の美し枇杷の花
半熟赤茄子
布団干し枕も干して枇杷の花
飯村祐知子
還暦を笑ふ如くに枇杷の花
比保倉亭酢
枇杷の花触れてうぶ毛のそそとして
比呂子
花枇杷や老いて鏡に母の顔
尾上真理
枇杷の花あまくやさしい実のならん
美月
枇杷の花卵型した茂木の地で
美泉
ドアチエーン掛けられし夜や枇杷の花
美年
びわの花介護のなやみ聞いており
柊風
枇杷の花わたしのこころ弱くなり
姫山りんご
曖昧な友の言葉や枇杷の花
百合乃
枇杷の花水分管理されてゐる
百草千樹
トランクは重たし庭に枇杷の花
不夜山
今生の無常奏でる枇杷の花
富樫 幹
忘れものして戻る道枇杷の花
冨樫由美子
億年の糧は涙や枇杷の花
布杏多
夕暮れてカラス飛び立つ枇杷の花
風らん
今日もまた不可無く過ぎて枇杷の花
風花
定年の記憶もうすれ枇杷の花
風間昭彦
街灯の暗きに寄れば枇杷の花
風舎哲坊
産毛裂き枇杷の花生る密かごと
風紋
枇杷の花オブラート透け喉甘し
風由花
つましくも母子の家の枇杷の花
風来
私には五人姉弟枇杷の花
風来子
金婚日変わらぬ空と枇杷の花
服部睦月
万葉の詠み人知らず枇杷の花
聞岳
病窓の枇杷の花見る夕暮れ時
平松智華
枇杷の花隣家から射す月明かり
平松洋子
枇杷の花あの日に庭に蒔いた種
平塚雪月花
青春の名残の駅に枇杷の花
勉邪明
おぼろげな朝日を集める枇杷の花
峰江
風荒ぶひと日に籠もる枇杷の花
峰泉しょうこ
黄金の実り連ねる枇杷の花
抱水
大部屋に日のめ待ちをり枇杷の花
朋知
花嫁の髪かざりのやうな枇杷のはな
蜂 蜜子
逆上がり足裏の先に枇杷の花
天主堂実のあとに咲く枇杷の花
北村 鯨子
見上げても見えても見えぬ枇杷の花
摩莉杏
墓仕舞い香り優しく枇杷の花
妹のりこ
枇杷の花香を聞く人よ落人よ
枕木
枇杷の花大風に鳴るスレイベル
末摘花
お地蔵の頭巾は毛糸枇杷の花
末尾波世遠
終活を切り出す夫や枇杷の花
満る
気管支を病める主人と枇杷の花
未知
母逝きし歳に近づく枇杷の花
未々
ふりむきて君あおぐ香や枇杷の花
岬りこ
抱き合ってあたため合って枇杷の花
民生
枇杷の花えさに群がる鯉の口
眠る烏龍茶
折り返す確かこの道枇杷の花
夢見昼顔
今日だけは仏になります枇杷の花
明夏
母逝きしあの日も咲きしか枇杷の花
明爽
枇杷の花何やら怪し路地の奥
明天田夫
母逝きて絵手紙残る枇杷の花
明明(めいめい)
枇杷の花水色の空白い月
免疫力アップUP
枇杷の花けふも微笑むだけの人
茂る
枇杷の花二十で逝きてはや八十
妄 児
波の音今朝静かなり枇杷の花
木人
おふくろの葬の庭や枇杷の花
紋舞蘭
枇杷の花仰ぎ確かむ現在地
也和
枇杷の花本音は決して気付かれず
野倉夕緋
枇杷の花実がなるまでは夢の中
柳 春子
ピーターラビットの絵本を買ふや枇杷の花
薮久美子
枇杷の花年末調整妻の欄
唯我独善
枇杷の花五人家族の遠き日々
優彩(ゆあ)さとみ
枇杷の花路地に流れるボブ・ディラン
有田みかん
踏切の侃々揺れる枇杷の花
指されれば初めて気づく枇杷の花
由坊
仄か香や薄暮路地裏枇杷の花
余熱
枇杷花に色あわせんと焦る入り日かな
与六
姉残す細字の手紙枇杷の花
葉るみ
ひとり夕げの茶碗の音や枇杷の花
葉子 A
もう何も語ることなし枇杷の花
葉室緑子
母の床雨戸の間より枇杷の花
葉鳥
枇杷の花耳朶には祖母の子守歌
陽気姫
鈴の音が聴こえるような枇杷の花
羅和屋
何につけ寄る年波や枇杷の花
藍植生
痘痕顔香り振りまけ枇杷の花
里之照日日
枇杷の花夫の顔色盗み見る
里甫
ご自愛と文を結びて枇杷の花
立歩
枇杷の花思い出される側もあり
流川透明
いく久し園の花枇杷黄帽の子
隆弘
枇杷の花退職の年花咲きて
龍秀樹
東京の枇杷の花かな智恵子抄
力蔵
枇杷の花真黒き庭に咲く笑顔
林 和寿
ビル風に園児ちりぢり枇杷の花
鈴木麗門
寺の庭枇杷の花落つ行潦
蓮華寺
枇杷の花曇り硝子に日の射して
蓮水
花枇杷や席替えのくじ取引す
蓮石
枇杷咲きて母の小さき姿あり
路風
その昔枝に子らあり枇杷の花
露風
貼り出さる試験結果や枇杷の花
老人日記
枇杷の花ひと言だけの置き手紙
六々庵
病棟の暗き廊下に枇杷の花
愛想の良き飼い犬や枇杷の花
洒落神戸
父さんに並んだ齢枇杷の花
渕野陽鳥
姿見ぬ陽に隠れ居り枇杷の花
翡翠孔
潮騒は浜の守歌枇杷の花
聰子
枇杷の花水溜りたる御影石
芍薬
山裾の鍛冶屋廃業枇杷の花
茫々
早逝の従姉妹の庭や枇杷の花
菫魚
道ならぬ道に芳し枇杷の花
萬代草舟
やはらかき乙女のかをり枇杷の花
蓼科川奈
欠礼の葉書ぽつぽつ枇杷の花
蓼蟲
ポップコーン弾けて枇杷の花となり
藪椿@木ノ芽
エアコンの掃除細やか枇杷の花
鋏と定規
枇杷の花ぽとり波乗り揺らす風
闍夢
同窓の訃報届くや枇杷の花
実るより匂ひ先立つ枇杷の花
髙橋冬扇

ページの先頭