俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 雪兎

第209回 2018年11月15日週の兼題

雪兎

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句
本選句欄では、添削した形で句を掲載する場合があります。
添削は作り替えの提案として句会等でも議論されます。示唆された添削案が自分の表現したいことに合致すれば、作者の判断においてその案を自作として採用してかまいません。

人

雪うさぎ吐息もおンなじいろをして
きゅうもん@木ノ芽
さびしき音のしさうな雪うさぎ
きゅうもん@木ノ芽
拾つてほしさうなかほして雪うさぎ
一阿蘇鷲二
うまれたての月上りけり雪うさぎ
一阿蘇鷲二
あまさうできつとしよつぱい雪兎
にゃん
青き夜の底へ返さう雪兎
にゃん
雪兎にするか雪礫にするか
耳目
わが名より美しき耳目よ雪兎
耳目
雪兎最期は海を見せておく
かのたま
雨悲し雪兎が帰つてしまふ
かのたま
あたたかき雨の音かな雪兎
ぎんやんま
夕暮の風に触れたり雪兎
ぎんやんま
好きな子をいじめちゃうんだよ雪兎
くさ
雪兎だけは見逃してよ太陽
くさ
雪うさぎ快晴といふ目の傷み
くりでん
五ワット程の温みありけり雪うさぎ
くりでん
ゆきうさぎひろってきてはなりません
シュリ
雪兎起きているのは風だけか
シュリ
妹の方が歪や雪兎
亀田荒太
雪兎向かつて右が雌である
亀田荒太
水の子に見せたくてこの雪兎
よしおくん
しんしんと長崎の真夜ゆきうさぎ
よしおくん
雪兎星は語るのを止めない
冬のおこじょ
ゆきちゃんのまつげの長い雪うさぎ
冬のおこじょ
呆れるほど雪うさぎ作り夜は更けぬ
桃猫雪子
雪うさぎこれはこどもでこれは糞
桃猫雪子
火の色の義眼をもてり雪うさぎ
比々き
雪うさぎ恵方ならざる方を見る
比々き
寂しきを数ふる夜や雪兎
綱長井ハツオ
ぼくの雪うさぎだ何でけつてんだ
綱長井ハツオ
金の鍵呑んでまんまと雪兎
仁和田 永
それは雪うさぎでしたとさおしまい
仁和田 永
雪兎撫でたら小さくなりました
青海也緒
雪うさぎ跳ねると壊れてしまふよ
青海也緒
雪兎昨夜の憂ひ固まりぬ
あいだほ
飛べさうな耳を与えし雪兎
あいだほ
雪うさぎ朝より太つてをりにけり
あまぶー
キルキルと泣くよ星夜の雪兎
あまぶー
雪うさぎその夜星座になりました
せり坊
雪うさぎなんでも無い日おめでたう
せり坊
雪うさぎ光はそこらぢゅうを跳ね
ちゃうりん
小路上ル昨日ノ雪兎ヲ入ル
ちゃうりん
手のひらに石鹸匂ふ雪兎
ひねもす
跳箱に溜まる列あり雪兎
ひねもす
ゆきうさぎかあさんつわりなんだって
花紋
雪兔の写メ送りつけ出方みる
花紋
雪兎に触れたくて手をさましをり
玉木たまね
我が乳房のごと痩せ行く雪兎
玉木たまね
絶滅を案じて二匹雪兎
古瀬まさあき
雪兎かがやくごとに小さくなり
古瀬まさあき
雪兎よりも塗盆ほめらるる
香壺
雪うさぎ松葉の髭の痛かろに
香壺
永遠は死語雪兎に銀玉
司啓
わたしだけ目つきの悪い雪兎
司啓
空室のランプ 雪兎の骸
酒井おかわり
雪兎ふたりへ孤独ふるばかり
酒井おかわり
きらきらと色画鋲の目雪兎
純音
雪兎挟んで座るベンチかな
純音
宿題は忘れた雪うさぎ溶けた
小川めぐる
雪うさぎ透きとほるまで待つてゐる
小川めぐる
雪兎けものはおよそ夜行性
神山刻
ゆきうさぎはじめてぼくへふるゆきで
神山刻
雪うさぎ醜くなつて行くばかり
星埜黴円
ウイスキイへ雪兎の尻割入れぬ
星埜黴円
てのひらは蕾のかたち雪うさぎ
倉形さらさ
雪兎ほつり瞳を落としけり
倉形さらさ
雪兎とけて月光あたらしき
倉木はじめ
妹を泣かせた夜の雪兎
倉木はじめ
はらわたの雪ぞすがしき雪うさぎ
中岡秀次
昼すぎの冥き手もとや雪兎
中岡秀次
迷ひ子の眼を真似る雪兎
内藤羊皐
腑分せば水の翳なす雪うさぎ
内藤羊皐
雪兎さへも私を傷つける
薄荷光
コンビニの夜気青々と雪兎
薄荷光
溶けもせぬ雪兎なら愛さない
有瀬こうこ
雪兎月命日は今日でした
有瀬こうこ
雪兎おのが泪に溶けゆけり
露砂
雪兎蒸しパンの湯気甘やかに
露砂
雪兎目はおはじきの夕日色
sakura a.
雪兎溶けてお話はおしまひ
sakura a.
つつむ手の爪のほのかに雪兎
あつちやん
遠くより妹のこえ雪うさぎ
あつちやん
雪兎腐乱してゆく昼下がり
あつむら恵女
すぐ帰る雪兎が逃げないように
あつむら恵女
ぼくママと結婚するの雪うさぎ
えむさい
雪うさぎ制服はまだぶつかぶか
えむさい
ビー玉の眼は宙(そら)の穴ユキウサギ
おんちゃん。
雪兎「三年前に死んだ」母
おんちゃん。
雪兔朝礼台の上に耳
かぬまっこ
雪兔ちひさきこゑの人がすき
かぬまっこ
表札に残る子の名や雪うさぎ
かまど
雪兎はらむ魁夷の森のあを
かまど
深海のじかんゆつくり雪うさぎ
かもん丸茶
太陽はふくらむとちゆう雪うさぎ
かもん丸茶
雪兎何匹作っても一人
かをり
蝶結びひとりでできた雪兎
かをり
雪うさぎ父母は二合の酒に寝る
ぐずみ
大嘘にして血の交ふ雪兎
ぐずみ
雪兎捨てた男と同じ数
クラウド坂の上
雪兎耳裏にある恋の歌
クラウド坂の上
雪うさぎ片目に夕日集めけり
こじ
目の合うてきゆんと鳴きたる雪兎
こじ
幸せの放物線や雪うさぎ
ことまと
たましひを貰ひてさみし雪うさぎ
ことまと
まりちゃんのゆきうさぎとびはねそうだ
さとけん
雪兎瑠璃色の眼を賜りぬ
さとけん
鼻筋の美しき僧侶や雪兎
さるぼぼ@チーム天地夢遥
風を読む耳のかたちに雪兎
さるぼぼ@チーム天地夢遥
水眠る星やしんしん雪兎
シニアモモ
雪兎ブリキの母の添う夕べ
シニアモモ
空透ける校長室の雪兎
じゃすみん
ヨカナーンの首捧ぐごと雪うさぎ
しゃれこうべの妻
目の位置に気性の出たり雪うさぎ
しゃれこうべの妻
番犬と何か語らむ雪兎
たむらせつこ
ビー玉の少し欠けたる雪うさぎ
たむらせつこ
ちょうどよい耳を探して雪兎
ちま(4さい)
眼鏡とって雪うさぎにかけてみる
ちま(4さい)
さざ波にもらはれてゆく雪うさぎ
つぎがい
ヨハンナの外したピアス雪兎
つぎがい
雪兎かつてはここも京だつた
テツコ@第二まる安
たましひをこめてやらうかゆきうさぎ
テツコ@第二まる安
ほとぼりの雫こぼして雪兎
でらっくま
雪だるまになるはづだつた雪兎
でらっくま
五人兄弟真ん中は雪兎
ときこ
雲に還るまでを雪兎でをりぬ
ときこ
雪兎醜女の呪詛のしづかしづか
どろん
ゆきうさぎ石膏然に作るのだ
どろん
日をのせてこぼれてをりし雪兎
なおこ
雪兎まだ眠そうな朝日かな
なおこ
ゆきうさぎ耳立てている海鳴りに
なみはやらんる
オオクニヌシが抱いてゆきました雪うさぎ
なみはやらんる
生い立ちはすべて嘘です雪うさぎ
はまのはの
雪うさぎ伯父のは四日残りけり
はまのはの
雪兎はばたけさうな耳選び
ヒカリゴケ
雪兎なんだか握り潰したい
ヒカリゴケ
思ふ人は南にいます雪兎
ひでやん
大雪兎小雪兎と雪兎
ひでやん
雪うさぎちょっぴり長い右の耳
ふじこ
雪兎しんしんと星尖る夜
ふじこ
雪うさぎ一晩泣いて目が溶けぬ
ヘリンボーン富樽
雪うさぎ星の言葉に耳たてて
ヘリンボーン富樽
エイリアンのごとき雪兎となりぬ
ほろろ。
雪兎ころしちまつたてふ童
ほろろ。
言ひたきことぎゆつと固めて雪兎
みやこわすれ
届かない星の響きや雪兎
みやこわすれ
いもうとの眼鏡をかけた雪うさぎ
むらさき(6さい)
まるくまあるくにぎればくずれる雪うさぎ
むらさき(6さい)
黒岳の山鳴り遠し雪兎
めぐみの樹
湖渡る風しづかなり雪兎
めぐみの樹
雪うさぎ少女が付けたマッチの目
めしめし
100点を二つ取ったよ雪うさぎ
めしめし
雪兎良いところだけでできている
ゆすらご
愛はそう拳のほどに雪兎
ゆすらご
ゆきうさぎ目は砂利耳は領収書
よだか
理由なくゆきうさぎまた殺された
よだか
テレビ見ぬ子でありました雪うさぎ
ラーラ
わたくしの雪兎だけ海を向く
ラーラ
爆発する雪兎世界は平和
或人
雪兎いつも居留守の我が家かな
或人
雪兎なぜ人殺しいけないの
安溶二
雪兎ぼく一人っ子一人っ子
安溶二
細りたる雪兎もう放ちけり
一斤染乃
雪兎になる雪なれなかった雪
一斤染乃
雪兎鳴くよお空の恋しくて
樫の木
駐輪場の前かご誰かから雪うさぎ
樫の木
雪うさぎ割ればたましひ色の腸
瓦すずめ
ボス猫のユーが雪兎に惚れた
瓦すずめ
雪兎にんじん色の陽の迫り
近澤有孝
雪兎ひかり吾が手に溢れたる
近澤有孝
雪兎恋する目経て寂しき目
金子加行
雪兎目覚めぬ朝に登校す
金子加行
雪兎君の逝くいい夫婦の日
桑島 幹
主人無き三面鏡に雪兎
桑島 幹
雪うさぎ神見習いの手のかたち
古田秀
雪うさぎ名付けては溶け名付けては溶け
古田秀
腐りゆくやうにかゞやき雪兎
佐藤直哉
しぬならばこんなひだまり雪兎
佐藤直哉
この人も寂しがりやか雪兎
砂山恵子
雪兎昨日葬儀のありし家
砂山恵子
山彦と遊びたりない雪兎
彩楓(さいふう)
雪兎星の雫に目覚めたり
彩楓(さいふう)
だるまさんがころんだ皆は雪うさぎ
山香ばし
本日は半休日和雪うさぎ
山香ばし
雪兎名残の水の真珠色
山内彩月
雪兎僕の耳には刺がある
山内彩月
片耳は君に傾く雪兎
次郎の飼い主
片頬を陽に喰はれたり雪兎
次郎の飼い主
雪兎ごめん私が熱すぎた
七瀬ゆきこ
雪兎あまたこさえて吾は女王
七瀬ゆきこ
指跡の中に松葉が雪兎
朱契
雪うさぎ壊しさっちゃんは大泣き
朱契
雪うさぎ妻ねむらせて夫の真夜
小泉ミネルヴァ岩魚
雪兎も凶器も消えている現場
小泉ミネルヴァ岩魚
雪兎ひとつ頬杖の夜
小倉じゅんまき
雪兎産んでは殺す無邪気かな
小倉じゅんまき
本日の天気は雪兎のために
松浦麗久
雪兎あの日のいつかが今朝である
松浦麗久
尻の辺のほのかに黒き雪兎
青柿
片耳の大き過ぎたり雪兎
青柿
飼いころす雪降る夜の雪兎
青萄
雪兎いのち透けゆく途中なる
青萄
雪兎わずかに体温ありそう
赤馬福助
見初めし人の名を雪兎に伝ふ
赤馬福助
眼と耳を探しに行くや雪兎
善多丸
体育と図工が5です雪兎
善多丸
オルゴール聞き入るやうに雪兎
蒼鳩
目も耳も月の絵の具や雪兎
蒼鳩
月光の育んでゐる雪兎
村上優貴
樹と星の語らひありて雪兎
村上優貴
湯の華のささやき雪兎のひかり
中山月波
輪郭のほつれゆくまま雪兔
中山月波
雪うさぎ時間どろぼう捕まえろ
宙のふう@エンデの「もも」の
土の笛聞いて眠りぬ雪うさぎ
宙のふう
雪兎なんてレベルじゃないぞ此れ
潮ベルト
雪兎潤む光は翼なり
潮ベルト
望郷や酔いどれ作る雪兎
津軽ちゃう
借金の形に貰うや雪兎
津軽ちゃう
月蝕の綻びにほふ雪兎
田中耕泉
溶け方の私と違ふ雪兎
田中耕泉
雪兎さうか疾風となつたのか
土井デボン探花
弘徽殿へ疾く雪兎奉れ
土井デボン探花
耳だけは納得いかぬ雪兎
桃福
だるまさんころんだあとは雪兎
桃福
雄二羽の強き純情雪兎
尼島里志
臨月の指先触るる雪うさぎ
尼島里志
昼月の匂ひに歌ふ雪うさぎ
白樺みかん
銀の匙のせる夜の香や雪兎
白樺みかん
初恋の白さ雪うさぎのおもさ
板柿せっか
雪うさぎ核に昨日の雪兎
板柿せっか
雪兎一人で食べるお粥かな
福蔵
雪兎作れるほどの雪でいい
福蔵
雪兎薩摩釦の目の濡れて
蜂喰擬
女子寮の声キラキラと雪兎
蜂喰擬
明日は越す家の余白や雪兎
蜂里ななつ
とんがりををさめてまろしゆきうさぎ
蜂里ななつ
塵をとる雪兎の心を抉るよに
豊田すばる
星の指す方に雪うさぎを隠す
豊田すばる
LED固く灯るや雪兎
堀口房水
雪兎熱なきものはみな美しき
堀口房水
雪うさぎ星を産まんとする形
凡鑽
月に濡れ子の手に濡れて雪うさぎ
凡鑽
雪兎見れば見るほど駄作なり
明子小町
逃げるでも懐くでもなく雪兎
明子小町
妹は妹が欲し雪兎
野ばら
進路相談終へて二組の雪兎
野ばら
ニッポンの空はキレイネ雪兎
野々りんどう
しんしんとこめかみ痛し雪兎
野々りんどう
雪うさぎ先生のだけ痩せている
野良古
雪兎ノルウェーのほうへ向けてみる
野良古
雪うさぎ青き心臓透きとほる
与志魚
降りつづく雪を見てをり雪うさぎ
与志魚
雪兎最初で最後の恋でせう
雷紋
雪兎初めて空の青を知る
雷紋
軒下の尖る雫や雪兎
李子
足跡の翳青くして雪兎
李子
ゆきうさぎささやくこゑのすきとほる
蓼科川奈
透明を集めて白し雪兎
蓼科川奈
雪兎少し高きを尻とする
靫草子
雪兎朱き獣の声遠く
靫草子
抱きしめて痩せてしまひぬ雪うさぎ
谷口詠美
逝きし娘の友とならなむ雪うさぎ
谷口詠美@なむは他に誂えのぞむ終助詞。?してほしい。
雪うさぎコーンに当てるボールかな
がんばるけいご7才@三角コーンにボールをあてる競技(?)を体育でしています。
美しき凶器となりし雪兎
さゆみ
国道のちょっとすすけた雪うさぎ
しゅうちゃん@5さい
雪兎一日だけの名を授く
すりいぴい
父と子に言葉のなくて雪兎
はむ
影しょわりしょわりと縮む雪兎
佐東亜阿介@チーム天地夢遥
空軍の夜景の底を雪うさぎ
斎藤秀雄
ゆきうさぎやまのうえにはきとかある
がんばるたくみ5才@木とかある、です。
そんな目でわたしを見るな雪うさぎ
猫ふぐ
太陽のキャロル雪うさぎの涙
24516
癖字の如き顔歪む雪兎
28あずきち
雪兎利尻の町の潮の香よ
28ひろきち
雪兎いっぱい泣いていいんだよ
be
親一羽大きく作り雪兎
chiro
雪兎翌日タマに舐められて
k.julia
雪よりも少し汚れた雪兎
kkk
雪兎二羽の片方愛されて
Mコスモ
ファの音が飛び出るラッパ雪うさぎ
TAKO焼子
それぞれの心臓ほどの雪兎
Vn 花のん
ゆきうさぎあたしいつから泣かぬひと
yoko
雪うさぎ能登の晴れ間の銀の色
あいみのり
弟が角付けたがる雪兎
あいむ李景
シャガールの青き夜映す雪兎
あみま
雪兎泥の臓器に愉悦せり
あめふらし
母さんは帰ってこない雪うさぎ
あらあらた
雪うさぎ君飽きやすく去りやすく
あるきしちはる
雪兎一羽屠りて婿になる
いしい美髯
雪兎心も白とは限らぬぞ
いしだもよ
月光の滴に濡るる雪兎
いつき組福岡リスナー班/由美子
りょうほうのおててでそっとゆきうさぎ
いとか(3才)
雪うさぎ大きな声は大嫌ひ
いまいやすのり
三日目に魂宿る雪兎
うさぎまんじゅう
こころごと解け崩れたる雪うさぎ
うずまきタルト
雪兎つましき賢者の贈り物
うに子
あかい手のあのこが母さん雪兎
ウロ
雪兎ひかりたくはふ盆の上
エイシェン
老いと死は同じ臭いか雪兎
おおやぶちょ
雪兎月の兎が連れてつた
おがたま
雪兎ボタンの瞳見開けり
おるか改め籠居子
雪兎幾つになつても人見知り
お気楽草紙
雪うさぎ昭和も溶けて共白髪
かざばな
雪兎大事に持ちて歪みけり
かつたろー。
雪うさぎ軍靴の音は聞こえぬか
ギボウシ金森
雪兎けふをつぶさにみられをり
きみこば
夕映えの熱を知らざる雪兎
指先の熱もて磨く雪兎
クズウジュンイチ
あの頃は雪うさぎ居てみんないて
くによ
立山は海より生る雪うさぎ
くま鶉
雪兎朝陽折りたるビルの街
くるみだんご
機械油の染みこむ爪や雪兎
けーい○
雪兎野原はひそかに発光す
コナラ
雪兎目玉遺して月の国
こはまじゆんこ
オムライス型の縞あり雪兎
ごぼうの花
青い目の雪兎ならジョンだろう
こま
拘れる耳の角度や雪兎
さとうりつこ
あいの日だママのたんじょう雪うさぎ
さな(6才)
雪兎フンギュウと泣く新生児
しー子
雪兎トパーズの眼に変えたしと
しかもり
雪兎傾げし耳へショパンかな
しげる
雪兎わたしは何処で暮らそうか
しみみ
赤い目の入れば逃る雪うさぎ
じゅりあん山本
溶けぬまに里へ帰さむ雪兎
しゅんらん
少しずつ鏡に消える雪兎
しょうき
信長の貌に似せたる雪兎
ず☆我夢@木ノ芽
雪兎泣いて片目を落としけり
すえよし
雪兎月の夜汽車の窓に映る
すみれ色の涙
雪兎高知へ送るクール便
スローライフ
雪うさぎ今宵は何と名づけられ
そめいゆ
哀しみの葉だけ残して雪うさぎ
たいき
君の髪黒し雪うさぎ白し
だいふく
舐めたれば泪は苦し雪うさぎ
たんじぇりん金子
一羽より二羽は寂しき雪兎
ツカビッチ
星の夜のポストに座る雪兎
テン@第二まる安
雪兎あはき月光聴いてゐる
とおと
雪うさぎ溶けまたみづのごとく生く
どかてい
兎親雪兎雪兎
ときめき人
雪兎星のこととひ幾重かな
としなり
雪兎月光の野へ帰しけり
としまる
月の子を抱いて暖む雪うさぎ
トポル
この家は四人姉妹か雪兎
なないろ
雪兎その目どこから持ってきた
なみは
腥くなりぬ日なたの雪兎
ぬらりひょん
雪兎雪の女に抱かれおり
ねむり猫
街暮れてサファイアの色雪うさぎ
のら
王子様遊び相手に雪兎
はずきめいこ
ゆきうさぎいっぱいつくってもういっこ
はるか6さい
雪兎お前は風呂に入れまい
ひなた
ゆきうさぎ好きな電車は700系
ひろしげ11さい
ゆきうさぎ(弟)雪兎(姉貴)
ふくろう
眼失せし雪兎夜は晴れわたる
ふるてい
未完の雪兎残し東京へ
ふわり子
おつかいを見送る通り雪兎
ペコちゃん
学校を休み雪兎とひそひそ
ほしの有紀
雪兎雪の中より鳴きにけり
ぼたんのむら
降り止まぬ外に戻せり雪兎
ぽろたま
おひさまと遊びつかれて雪うさぎ
ほろよい
雪兎談志を聴きつ溶けゆきぬ
ぽんのじょう
雪兎溶けて大人になりました
マオ
残光の伸びて雪兎の陰よ
まこち
次男坊おおらかゆたか雪兎
まさこ
帰る路忘れ雪うさぎとなりぬ
ましろなぎさ
ペンギンのおてがみさがすゆきうさぎ
まりな(4歳)
星の夜は星の匂ひの雪兎
まるちゃん2323
跳ねる脚失いて美し雪兎
まるひるま
しんという音のする夜や雪兎
みくらまる
雪兎僕と契約しておくれ
みさき
腑に落ちたのは雪兎跳ねたから
みなつ
雪兎愛でて回覧板渡す
みなと
頑なに足を崩さぬ雪兎
むじーじ
玉鋼の炉の炎や雪うさぎ
めぐ一郎
手のひらの中のうぶごえ雪兎
モッツァレラえのくし
私を母と呼ぶ母や雪兎
ももたもも
わたくしも家族ですねと雪兎
もりお
雪兎学級閉鎖は明日まで
もりたきみ
青空や今生まれたる雪兎
やぶつばき
ゆきうさぎひとりぼっちにしたらだめ
ゆいのすけ4さい
雪兎波打ち際の砂の船
よぶこどり
雪兎解けし此の宵星白し
らごん
兄さんは優しと見をる雪兎
ららやにほ
青空の書き割りに坐す雪兎
ラング蘭
いらっしゃいませ公園のゆきうさぎ屋さん
りんたろう
妹がきみにできたよ雪兎
る・こんと
雪うさぎかほ崩れをる音かすか
るるの父
先斗町裾翻る雪うさぎ
わかこ
雪兎一番小さいのが僕
哀顏騎士
月光に翁のつくる雪うさぎ
葦たかし
忽然と身罷りました雪兎
杏と優
ペンだこの父を偲びぬ雪兎
伊藤はな
明治座の濡れ場に溶けし雪兎
伊藤欣次
雪兎曰くありそな釦かな
伊奈川富真乃
切なきほど世渡りが下手雪兎
伊予吟会 宵嵐
雪うさぎ片耳落ちてコンチェルト
位相朗
とけてまた何処へ降ろうか雪兎
井ノ上 りえ
赤い眼にうぶがみ宿る雪兔
育由
積む程に優しくなりぬ雪兎
一咲ふゆか
盆の上月を降ろして雪兎
一人静
雪兎もうすぐ子供が生まれます
一刀斎嘉平
雪兎田んぼも酒も野球も辞め
茨城之ポキヨシ
残照に影薄くして雪うさぎ
雨霧彦@木ノ芽
耳落ちて耳の穴あり雪兎
卯MOON
近寄るな目が怒つてる雪兎
瓜中不眠
雪兎年金パブに客ふたり
永想
転校の前のわがまま雪うさぎ
遠音
脈動の素手に生まれし雪兎
塩豆
雪兎踏まないように来訪神
温湿布
青い目の女と遊ぶ雪兎
佳月
駄菓子屋のおばちゃんに似た雪兎
加賀もずく
父の雪兎の目はいつも優し
可笑式
雪よりも少し熱持ち雪うさぎ
歌鈴
雪兎逃げたらし瑪瑙の目持ち
花屋
めのこにはめのことならむ雪兔
花伝
雪うさぎ抱きてつぶしてしまひけり
花南天anne
門前の泥被りたる雪兎
蛾触
魂は暖かきもの雪兎
海風山本
百年(ももとせ)をおなじ姿で雪うさぎ
皆見元喜
雪兎やっと作れるくらい降り
笠原 理香
好きでいることに疲れて雪兎
雪兎兄の達磨は外に居り
釜眞手打ち蕎麦
故郷に五年帰らず雪兎
幹弘
雪兎影絵の中に跳ねてをり
岸 れん
雪兎三つ並べてもひとり
岩のじ
雪うさぎ雪にうもれてしまひけり
岩魚
ごめんねが言へないあのこ雪うさぎ
貴船貞女
チャルメラの音は遠鳴り雪兎
輝 龍明
雪兎あの子必ずパーを出す
鬼怒
病室へ入れて貰えぬ雪兎
菊池洋勝
降りしきる明日は千匹雪うさぎ
丘 るみこ
うぶ声のかがやく朝よ雪うさぎ
久我恒子
雪兎空の匂いを固めをり
久蔵
泣いて泣いて泣いて無くなる雪兎
宮武桜子
雪兎ずんずん積りどこにいる
京のみやび
雪兎なんでこの子動かへんの
京野さち
雪兎ベテルギウスはもうなくて
玉庭マサアキ
雪うさぎ今宵紅茶の色深し
金治宜子
過去帳の吾子まだ五歳雪兎
吟  梵
雪うさぎ暖かそうにうずくまる
駒子
雪兎ちりちりとけてゆくはなし
駒鳥ロビン
だるまさん転んだゆきうさぎ逃げた
空山
雪兎お里は疾うに絶へ果てた
空蝉
這い這いの子ゆきうさぎを叩くかな
君島笑夢
片方はルビー入れやる雪兎
渓湖
占いはどれも当たらず雪兎
鶏侍
雪兎稲穂の国に遊び来ぬ
月の砂漠★★
雪兎青いビーズの目に雫
月見柑
目の位置がどうも気になる雪兎
古都ぎんう
蠍座の目を借り受けて雪兎
枯丸
消火栓格納箱の雪兎
湖雪
柔らかな光に座して雪兎
鯉太郎
海のみず雲経由して雪うさぎ
広瀬 康
雪兎の目だった赤がボクを見てる
江戸人
輪島塗に畏まりたる雪兎
香舟
雪うさぎ雪の夜には雪を聴く
香羊
独身をもう責めぬ母雪兎
高橋寅次
ゆきうさぎ独語の夜に繰言の昼
高村優雨花
シリウスに追はれてここに雪兎
根子屋彦六
雪うさぎいろはにほへと旅に出る
佐々木温美@ハートランド
故郷と呼ぶ所なし雪兎
佐々木信天翁
雪兎花に魂宿ると言ふ
佐川寿々@チーム天地夢遥
口があったら雲が食べたい雪うさぎ
座敷わらしなつき(7才)
ゆきうさぎ菰樽に朱の化粧文字
斎乃雪
雪うさぎ左眼転がる先は闇
三重丸
雪うさぎの悲しげな目をつけ直す
三重野とりとり
眼つむらず眠りていたる雪うさぎ
三輪佳子
遙かより梵鐘七つ雪兎
山西琴和浦
初雪をあつめて小さな雪うさぎ
山野はな
雪兎うすごろの子の吾を呼ぶ
山陽兵@うすごろ―東北地方では間引きを「臼殺(うすごろ)」といって、口減らしのために間引く子を石臼の下敷きにして殺し、墓ではなく土間や台所などに埋める風習があった。
雪兎呪文かけられ盆にのる
史月
赤道の埃を撫ぜる雪兎
始の子
五歳の死とわに五歳ぞ雪うさぎ
志保川有
夫の手の子の手の嵩の雪兎
雪兎より白きもの見当たらず
時雨
雪兎の命はどこへ解けるのか
実多しゅうか
ダヴィンチの空に手放す雪兎
朱夏A
動きしか鏡の奥の雪兎
朱河
享年56まだ若すぎた雪兎
朱久瑠
雪うさぎ卒婚に気骨貫く
珠桜女あすか
目と耳は母親の作雪兎
樹朋
雪うさぎ救急隊に踏まれたり
春と夏子
泣くことも悪くないよね雪うさぎ
春野いちご
雪兎愛すことなく愛される
小鞠
雪兎仏間の客の帰りけり
小春
製紙工場の埃の色の雪兎
小石川おやすみ
弟の長靴歌ふ雪うさぎ
小倉あんこ
雪兎時限爆弾仕込みけり
小町
昏がりをばうと明るき雪兎
小田寺登女
おむすびを握り雪兎を握る
松山めゐ
雪うさぎ三面鏡へ跳ね入りぬ
松田てぃ
耳も目もまだ枝の先雪うさぎ
笑松
雪兎大人ばかりの家の中
城内幸江
雪うさぎ月下に跳ねて夢に入る
常陸人
飼主の責任求む雪兎
新しいツバメ
賢治さまとてちてけんじや雪兎
森一平
妹に母を取られて雪兎
深草あやめ
ミニカーの除雪車二台雪うさぎ
真宮マミ
この木をば植ゑしは祖母よ雪兎
真繍
長靴の熱食べ尽し雪兎
逗留舎なお
蒟蒻も売りたる駅や雪兎
雀虫
ゆきうさぎ生贄として生まれけり
世良日守
コーヒーの冷める静寂や雪兎
是空
魂の束の間に消へ雪兎
晴好 雨独
象潟やのづらに凸る雪兎
正木児童
たましひの終い虹色雪兎
西川由野
明日渡す指輪を食べた雪うさぎ
西尾婆翔
あばら家の埃に座る雪兎
誠馬
満月に戻っておいで雪兎
青い月
星の歌耳傾けし雪兎
青伽
星星と真夜の交信雪兎
石井せんすい
雪兎さす陽の方へ傾けり
石川 聡
雪兎5羽目両手が熱い熱い
石川焦点
雪うさぎ弾めぬあしの美しく
石爽子
晴れの夜は星座を巡る雪兎
石野上路無
うさぎ座のR星嵌め雪兎
雪うさぎ@オリオンの下にあるうさぎ座のR星は クリムゾン・スターと呼ばれる全天一赤い星 /雪うさぎ
五十年前のビー玉を目に雪兎
千恵
お陽さまが連れて行つたか雪兎
船岡遊子
雪兎動き出さねば忘らるる
善句太郎
他人の雪うさぎ泣きぼくろ足す
相沢はつみ
雪兎兄さん戦争(いくさ)で死にました
霜月
二百ゐてどの雪兎も眼の虚ろ
村松 縁
生きるぶん目は息をする雪兎
村上海斗
遠縁の家になじめず雪兎
多々良海月
お祝いは雪兎にす朝の音
太子
歌謡曲沁みる喫茶の雪うさぎ
大槻税悦
メルカトル図法の虚に住む雪兎
沢田朱里
雪兎日当たる方の片目失せ
谷川の蛍子
雪うさぎ母とは打ち解けられぬまヽ
短夜の月
雪兎の目と耳が溶けて怖い
池之端モルト
風に耳かすかに畳む雪兎
竹庵
雪兎手の冷たきは母譲り
中西柚子
雪兎どこにも帰る場所はない
中川裕顕@播磨陽子です。この句は学校で仲良くしているヒロ君の作です。
しんしんとたぎる茶釜や雪兎
長谷川 ひろし
雪うさぎ稜線分ける月あかり
長田写々
庭師つひに鋏収めて雪兎
直樹里
雪兎太宰も津軽男児とや
津軽まつ
津軽女の叩くじょんがら雪兎
津軽わさお
逆縁に胸潰れます雪兎
辻が花
雪兎生きた証に溶けにけり
泥酔亭曜々
雪兎もし走るなら北へ行け
澱凡
雪兎溶けぬ薬をくださいな
田中
口づけの余熱のやうに雪兎
田中憂馬
雪兎五十年そこに居りしや
田付一苗
もてあそばれて目がないぞ雪うさぎ
雪兎練乳匂いそうな白
渡野しえん太
上京区雪兎前和菓子店
登りびと
雪うさぎ二男に双子生まれけり
都乃あざみ
看護師は仮眠中なり雪兎
東洋らいらん
雪うさぎ妹は月へ跳んでつた
桃八
雪うさぎ地球の上はずっと夜
藤色葉菜
綺麗にしてくれる声は雪うさぎ
藤鷹圓哉
目も耳も心もくれよ雪兎
豆田こまめ
兄ちゃんとおつかい雪うさぎのポスト
豆闌
海を見るビー玉の目や雪兎
雪兎すでに片目を盗られたり
栃木のあーたん
校庭のサードベースに雪うさぎ
豚ごりら
雪うさぎ一寸寄り目になってゐし
奈緒女
雪兎幸子といふ名つけられし
楢山玄冬
雪うさぎと観ている「魔女の宅急便」
楠えり子
親友とはガラスの器雪兎
日記
星ひとつこぼれて雪兎の泣いて
猫愛すクリーム
たからもの入れのビーズや雪兎
猫舌扁平足
熱の子の鎖骨ひくひく雪うさぎ
播磨陽子
大阪の雪兎なる塵の色
背馬
ばあちゃんがぼっけぇ産みょおる雪兎
彼方ひらく@「ぼっけぇ産みょおる」は岡山弁で、「凄く沢山産んでいる」という意味です。 ちなみに、普通の「沢山」は「よぉけ」です。
鉄臭い父帰る朝雪兎
比呂子
雪兎服喪の空の重く垂れ
尾上真理
顔半分噛まれた痕の雪兎
美年
前略の文字の硬さや雪兎
柊 月子
雪兎あした元気になれるかな
姫山りんご
雪うさぎちいちゃんの窓すぐ分かる
富山の露玉
盆に映ゆ空をつつつと雪兎
武井かま猫
穏やかな声だけ拾う雪兎
風華
雪兎泰山木の耳でせう
風峰
雪兎甘いかどうか猫会議
風由花
父の妻ちらりと見やる雪兎
服部睦月
静かに消ゆる雪兎てふ泉
福良ちどり
父と娘の手の形似て雪兎
文月さな女
見上げては古里が空雪兎
平松洋子
さびしさをうちあけられず雪うさぎ
平林檸檬
雪うさぎ人獣分かつ夜の孤独
朋知
折檻の後姉さま作った雪うさぎ
餌あげるべからずとある雪兎
北村 崇雄
雪兎今日といふ日の丸みかな
北野きのこ
雪兎朝には一羽増えており
堀アンナ
眼の中に愛しかなくて雪兎
本上聖子
来ぬ人や雪兎を食べちゃうぞ
岬りこ
捨ててほしげに雪うさぎ潤みゆく
牟礼あおい
逃げたがる月下の一羽雪兎
椋本望生
ぬる燗を重ね隠れ家雪兎
明夏
柔らかく夕暮れ過ごす雪兎
明明(めいめい)
ヴォルフェルの葬列みんな雪うさぎ
綿井びょう
雪兎目の広がりを直しけり
木村ひむか
雪兎水平線の見えし窓
也和
まだ知らぬ嘘のつき方雪うさぎ
野地垂木
雪兎消えて山姥罠外す
野々原ラピ
神奈火の峰やさしきや雪兎
薮久美子
娘へと来たる恋文雪兎
油揚げ多喰身
孫の手はこれほど熱し雪兎
唯我独善
休校と決まりし朝や雪兎
優純bow
月光に艶を増したる雪兎
悠遊子ーY
雪兎むすめしずかに老いてゆく
有明海
雪うさぎしづか交通安全旗
雪うさぎソソラソラソラそらは青
洋壬
雪うさぎ鬼の気配に立てる耳
欲句歩
陽を溜めて眠りにつきぬ雪兎
蘭丸結動
メアリーの青いビー玉雪うさぎ
利平
雪兎触れてトモダチ溶け消える
立石神流
消えてゆく仲間です吾と雪兎
流川透明
雪うさぎ嬉々と作りて嫁がざる
留野ばあば
泣いてないなんて嘘つき雪うさぎ
竜胆
雪兎ふれれば夢の醒めにけり
龍田山門
マイヨールのごとくゆるやか雪兎
緑の手
雪うさぎ浅間の空は晴れてをり
鈴木麗門
この町のニュース流るる雪うさぎ
老人日記
わが指紋雪兎には残らざる
朶美子(えみこ)
雪兎思い出せない父の顔
洒落神戸
雪兎朱塗の盆にゆまりせし
珈琲斎
放課後のトロイメライや雪兎
脩平
置き去りにされたる駅の雪兎
Kかれん
煌々と電話ボックス雪兎
sol
門柱に雪うさぎ乗せ登校す
アガニョーク
歓声と病室をゆく雪兎
さちこ
かさこそと雪兎かな夜の音
つわきの嫁
後朝の吐息に溶けし雪兎
とんぼ
後朝の文に添へたる雪うさぎ
直木葉子
ひとり待つ夜のしじまや雪兎
ナタデココ
文机のみすゞの詩集雪兎
ラッキーの母
子のつくる鼠のやうな雪兔
垣内孝雄
日の丸の揺れる玄関雪兎
熊縫まゆ
ヤンキーのボンネットにも雪兎
高田 仁和加
通行止めコーンの横の雪兎
克巳
雪兎ねえやの膝のあたたかく
小市
秘境駅ノートの横に雪兎
松山
月光に動き出しそな雪兎
竹春エリザベス
雪うさぎ一番かわいい一匹目
竹福
臥す妻の枕辺に在る雪兎
茶爺
大空に恋はほのかに雪うさぎ
徳英
雪兎がんばらないと決めた朝
敦子
給食はクリームシチュー雪うさぎ
麦吉
雪兎どうぶつえんのまいごふだ
畑 詩音
二万円スッて出口の雪兎
八作
雪うさぎの耳垂れている日向かな
八幡風花
盛り塩と雪兎置く今日の寄席
服部 勝枝
留学の兄の帰国や雪うさぎ
福花
キャバレーの裏口の灯に雪うさぎ
万斛
雪兎つくるその手でシチュー煮る
柳児
雪うさぎ留守番に置いてゆく朝
蘂六
雪兎父の帰りを待っている
なつぽよ
残業の父に見せたい雪兎
なつめモコ
父帰る門に大きな雪兎
紫雲英
月うさぎ雪のうさぎを照らしけり
有田みかん
雪うさぎ月のひかりにとけてゆく
稀勢の山
月光に溶けてしまいぬ雪兎
夢堂
雪兎窓の明かりのひとりぼち
桔梗
天窓の明りに跳ねる雪兎
天窓の光の跳ねて雪うさぎ
キッカワテツヤ

並

片恋が色に出にけり雪兎
芍薬
雪兎瞳残して姿消す
14橘 貞山
老医師と老看護師と雪兎
⑦パパ
かき集め小石交じりの雪うさぎ
99カリン
道産子の握る雪兎の締まり
AQ
足あれば跳ね上がりたい雪兎
aya
雪兎雪のアリスを誘へり
GARU
雪兎雪を被って眠りけり
GONZA
雪兎いつかは天に帰りたる
HGDT
雪うさぎ雪に戻して「さようなら」
KAZUピー
雪うさぎ戸外の子らの声に笑む
nid
いつの世も郷愁誘うや雪うさぎ
PON
雪うさぎ吾の内わらべ唄ひびく
syuusyuu
和ませし溶けてくれるな雪兎
アーナンダ
雪兎まあるい影のありにけり
あー無精
雪兎山の向かうも青空か
あい女
雪うさぎむすめの赤い傘の下
あお
雪うさぎ目と耳生きて口出来ず
アオキシゲル
かしぎかしぎ雪兎の目落ちそうで
あけび庵
病む弟に外の匂いを雪兎
あけび二号
雪うさぎ事情をるると述べる夜
あざみ
雨となり傘さしかけて雪うさぎ
あさもわ
小さき手の目玉決まらぬ雪うさぎ
あさり
雪うさぎ下敷きに乗り聞くチャイム
あすなろ
綾取りもぬり絵も飽きた雪兎
アダー女
雪うさぎ作りし夫の手厳つくて
あまぐり
月明かり足跡残す雪兎
アマリリスと夢
溶けてなお願う難転雪うさぎ
あら さなえ!溶けてなお
嫁ぐ日の衣ならべて雪兎
アリマノミコ
還暦や丸くなったか雪兎
あわの花水木
雪兎今宵短かき命だね
いくらちゃん
「めめはここ」母子のぬくもりゆきうさぎ
いごぼうら
空耳かここでキスして雪兎
イサポン
雪兎異国の子らがはしゃいでる
いつの間にアラカン
雪兎生前葬して長生きす
いつもの花影
雪うさぎ南天もらい目となりぬ
いと茶
雪兎阿弥陀定印浄土かな
いなほせどり
雪兎そのままずっと溶けないで
いなまさ
白いきと赤いおさなて雪兎
イヘウヨシダシヨ
赤い目の落ち窪みゆく雪兎
いもがらぼくと
朝ドラに間に合い今日の雪兎
いろはニホ
しなやかな芯体内に雪兔
いわさき楊子
こっちはわたし吾子の雪兎は親子
うたうた
知らぬ間に大家族なり雪兎
うづら
病室や雪兎とはいえぬもの
うどまじゅ
雪兎しぼみ汚れて消えちゃった
えび天
元号に治の字欲しやと雪兎
えらぶゆり
ちょうどてのひらの尺なり雪兎
えんどうけいこ
海外で拡散中の雪兎
オイラー
遠き日の大小四つの雪兎
オキザリス
朱い目と青い目のあり雪兎
おくにち木実
一羽より二羽が楽しも雪兎
おけら
片耳を飛ばされ動ぜぬ雪兎
カイス
盆の上紅き目をした雪兎
かずえ
無人駅灯りに並ぶ雪兎
かずポン
母の手がつぎつぎ生み出す雪兎
かすみ草
母さんの指から生れし雪うさぎ
かつら子
雪うさぎ夜遊び好きな盆の上
ギコ
雪兎や赤き実求め庭先へ
きさらぎ
雪兎因幡の海の白き砂
きっちゃん
雪兎あんな時代もあったねと
きなこもち
雪兎熱ある子どもの枕元
きのと
雪兎玄関先でおじきする
きびだんご
雪兎千両の目の小ささよ
キヨ
天平の螺鈿に密か雪兔
キョンちゃん
雪兎手水ぽたぽた昼下がり
きんえんくん
雪兎解けぬ二つのわだかまり
くさぐき
抱っこする溶けてしまうさ雪兎
くめ仙人
冬兎融くるまで恋ふ誰や彼や
くらげを
ホスピスの命気高く雪兎
ぐりーんぴーす
白昼や雪兎だった水を踏む
くる
百二十八年前も雪兎
くれまてぃす恵子@札幌は統計開始以来1890年と並び最も遅い初雪でした。
平成やハローキティの雪うさぎ
ぐれむりん
イラストは右下がよし雪うさぎ
くろべぇ
君を待つベンチに置きし雪兎
クロまま
雪兎緩やかに野に帰りゆく
けら
道の端誰が雪兎掃き残す
こうや こう
雪堀の疲れを癒す雪兎
コケデカ
ひっそりと媼がつくる雪兎
こてつ川
畏まり盆に納むる雪兎
こはぎ
雪兎雪猫雪犬雪達磨
こぶこ
埋まらない距離見つめをり雪兎
こまどり
雪兎溶け行く前に跳ねたかろう
これでいいのだ
雪兎作り競争王蟲のよう
さかまろ@第二まる安
雪兎それは食べ物ではないよ
さくみ
清らかな水に生まれし雪兎
さくやこのはな
阿礼誦するそばに童の雪兎
ささき良月
透明に濡れてゆきおり雪兎
さだとみゆみこ
山麓や足跡残る雪兎
さとうくにお
雪兎時も道連れ水となり
さとう菓子
遠き風いま鳴いたよな雪兎
サトシワタナベ
力まずに暮らす幸せ雪兎
さぶり
でこぼこもよしよしと吾子雪兎
しいちゃん
戯れど吠えども澄ます雪兎
シーちゃん
吾の残忍雪兎開腹せしむ
しおうらゆうこ
空高くどこまで跳ねる雪兎
しげ爺
腹に落つバターココアや雪兎
シマノ万里子
雪うさぎかかげし吾子は我を越え
ジミーあゆみ
休日の廃校ミルの音と雪兎
ジャンボの勝ち
雪兎ついにたれ目になりにけり
じょいふるとしちゃん
ストーンサークル隠るる雪うさぎ
シラクサ
店屋物返す器に雪兎
しんしん
あかき目の寝起きの子らとゆきうさぎ
すいぎょくさんご@木ノ芽
雪兎吸いて仄かに白し溝
すずき忍すけ
雪兎二匹目からはブロークン
スタルカ
枕辺の薬と本と雪兔
すみっこ忘牛
赤い目の位置を決めかね雪うさぎ
すめば都
雪うさぎ赤い目をいれ息入れる
せいじ
遠き日の雪兎まだ溶けぬまま
せり花
月曜の朝を見送る雪兎
せんえい
上座にて人待ち顔の雪兎
たか祥
校庭にポツリ大きな雪うさぎ
たけうち晴美
やせ細る雪の兎にさじを投げ
たけし
旅に出て世の中知るや雪兎
だけわらび
雪兎動かぬ首を傾げおり
たけ爺
雪兎赤き目玉は赤き飴
タック
絵日記に永遠の正座や雪兎
たま
夜勤終え欠伸をひとつ雪兎
たま蛙
スマホ鳴り古き友より雪兎
ダリア
数へけるあの娘の齢雪うさぎ
たんと
雪兎月に吸われて縮みけり
たん造
清めたる本塩竈の雪兎
ちびつぶぶどう
雪兎ここまで砕いて悔やんでも
ちょろたこいん
ゆつくりと融けだしてをり雪兎
ツーちゃんの恋人
指で言ふお年はふたつ雪兎
つつ井つつ
夜明け前月に帰りし雪兎
つつ井つつ夫
初靴の底擦り減って雪兎
ティーダ
シーソーに下校を待つか雪うさぎ
でこはち
近くて遠い窓越しの雪兎
てまり
熱の子に少し離して雪兎
ときこの母よしこ
大小が並ぶ実家の雪兎
とし
雪兎終の平成名残惜し
とし子
雪兎ほんとは好きなの陽の匂ひ
とだまゆ実
雪兎この目はマグマかも知れぬ
ドナルド駄句
陽をのがれ月に帰るや雪兎
とのじ
冷蔵庫特等席の雪うさぎ
とみことみ
また積もり耳の葉だけの雪兎
ともかわすてむ
雪兎老いし我が身は白頭
ドラタンリュウジ
一夜明け小柄になるや雪うさぎ
なかがわ聖一
雪兎目に光るのは石榴石
なかの花梨
病床のせめて窓辺にゆきうさぎ
なご
雪兎つくりたいけど泥うさぎ
にゃんみー
二つづつ眼をもらひ雪兎
ねぎみそ
取り置きの実は鄙びけり雪兎
ねもじ
キッスチョコ供へてありぬ雪兎
のつり
雪兎都会に集く狭き部屋
のぶ子
とけるやうにこの世去りたし雪兎
のぼ子
出来ていく雪兎ただ溶けていく
のもとみな
熱寝込み冷凍庫には雪兎
のりた
雪うさぎ庭の足あと大と小
のりりん
雪兎外で合戦始まりぬ
パオ
雪兎こさえた子の手頬に当て
はすみん
湯治場の厨に演歌と雪兎
パッキンマン
雪兎ピアノ部の吾子指長し
はなだんな
忘られて涙目となる雪兔
ははろ
旅の宿お客迎える雪兎
はら美華子
雪兎ビニール傘を差してをり
ハルノ花柊
発泡スチロールに明日の雪兎
はるや
雪兎卓上飾る夢願い
ばんしょう
雪無くて目も耳もあり雪兎
ピーター
雪うさぎ荒れた母の手握りしめ
ひいらぎ
我心捨てられず病みて雪兎
ひな子桃青
脚あげる月まで跳ねろ雪兎
ひねこ@母の代理投句です@渡野しえん太
ふたりっ子の雪兎作・ひとりっ子
ひよこ司書
雪兎少し温度を持つてをり
ひよこ豆
雪兎百均ショップで部品さがす
ひよとり
おかえりとブロック塀の雪うさぎ
ひよはるばば
土混じり俳都で作る雪兎
ひろ
午後十時我が家の門に雪兎
ひろくん11さいのママ
眼を入れてより命あり雪兎
ひろろ
搗き立ての餅のごとくに雪うさぎ
ひろ史
雪兎桜井漆器にのせられし
ふうせんかずら
雪兎あの子がほしいあの子じゃわからん?
ふくろう悠々
ぽんぽんぽん夫の上手な雪兎
ふさこ
月面を跳ぶ 銀色の雪兎
ふたあい
黄昏の景留めたき雪兎
ふっこ
雪兎らしさ遺して実の二つ
ふみゑ
兄残すゴツいあばらや雪兎
ペトロア
雪兎溶けて月へと帰りけむ
ほしの佳菜
静けさや山に帰した雪兎
ほしみのる
雪兎とかして風がつれてゆく
ぼたんぴ
作り手の容姿に似たり雪兎
ぽんたちん
雪兎剣神社の登美子の碑
まーちゃん
雪兎見たことないが美味しそう
まーやん
背伸びして丸い尻尾や雪うさぎ
まいるど
今日だけの子守唄聞く雪兎
まさよっち
青白き森へ向かふや雪兎
まち眞知子
四人目は女の子なり雪兎
まどん
雪兎喪の家の庭に凍てゆるび
まほろ
雪兎アリス探しに行ったきり
マユミ
雪兎二つ並べて夫婦かな
まりい@木ノ芽
懐石料理の一品のごと雪兎
みえ
靴下の穴より小指雪兎
みかりん
あえかなる雪兎飼う床の間や
みかん
一羽でも強く生きるぞ雪兎
みかん二号機
雪兎知らん顔して夜遊びへ
みくにく
明け方の熱を吸いけり雪兎
みこ
雪兎手本に目指せ癒し系
みずほ
雪兎一度でいいから跳びたいの
ミセウ愛
冷凍庫入れっぱなしの雪兎
ミセス水玉
小さき手の痕背に残る雪兎
みち
雪うさぎ溶けてしまひしスウプ皿
みちる
雪兎みんな帰れば跳ぶつもり
みどりがめ
雪うさぎジャズ聴く星のディナーショー
みのる
ため置きし妣が釦を雪兎
みやかわけい子
妹の手の丸みなる雪うさぎ
みやこまる
母さんのオムライス器で雪兎
みよしい
雪兎キラキラまとふ月の粉
み藻砂
濡れ縁の濡れを広げて雪兎
むったん
親と子の大小並べ雪うさぎ
むにむにちゃん
雪兎跳ねて見せるか月でれば
むべ
しんしんと夜更けに作る雪兎
むらたふみ
かぎりなく心中めける雪兎
めいおう星
寄せ植えに馴染むや小さき雪うさぎ
めりっさ
白の海に呑み込まれるか雪兎
もせきのこ
墓じまい置いてけぼりの雪うさぎ
もちえちゃん
ひとりでつくる大家族雪兎
やえ子
雪兎玩具箱には仕舞はれぬ
ヤッチー
最後まで歪のままの雪兎
ヤヒロ
いつか来る娘喜ぶ雪兎
やまのぼる
雪うさぎ目は四つ穴の釦製
やまぶき
酌み交はす友みな去りて雪兎
ヤマボー
ヒマラヤにきっといるはず雪兎
やよえ
門前のでこぼこ顔の雪兎
ゆぃ
雪兎赤い柔手にすまし顔
ユク
ネオン街ビー玉の目の雪兎
ゆづき裕月
母に似ぬ娘ふたりや雪兎
ゆみづき
登校を見守り隊の雪うさぎ
ようざん
ぴかぴかととろけてゐるやゆきうさぎ
よーころ
ふる里や童心にかえる雪兎
よつ葉
雪兎ちりめんの白ルビーの眼
よりみち
童らの手から生れし雪うさぎ
らくさい
障子越し影ほっこりと雪うさぎ
らびっと
紅き実のこぼれあちこち雪兎
ららら句
雪兎脆さに怯み触れもせず
りぃらっくま
雪うさぎ無音という音の夜
りう女
跳ばずとも赤い目ふたつ雪うさぎ
リバティーさん
かしこまり跳ねて行きたし雪兎
りんごのほっぺ
永遠を見きビー玉ふたつ雪兎
るびちゅ
葉の耳は森羅を聴くらし雪兎
るりいろ紫蘭
雪兎母の手先で生まれたり
れい
こどもたちおめめかわいいゆきうさぎ
れい子
雪兎未だ残りぬ指跡と
れっどべりー
塀の上親子のごとき雪兎
れんげ畑
朝には南天のこす雪うさぎ
ロクヨン
雪兎踏む潰す子の胸のうち
わたさん
声を出すことのなきまま雪兎
わらび一斗
雪兔赤き眼でにらめっこ
わらべ詩
雅なき子供時代や雪兎
わわ
雪兎壊れた赤いピアスの目
亜音洲
絵本から子の夢に入り雪兎
阿波豊
月光や命溢るる雪兎
握り飯太郎
休日も塾に行く子ら雪兎
安田 信洲
雪兎消えゆく透明ビーズかな
伊豆子
雪兎お椀一つの生命かな
伊予吟会 心嵐
雪兎三匹目から融けてゆく
位子
生みの親は御前立かな雪兎
為一暢道
日捲りのコンビニ飯や雪兎
胃痛
赤き実のまんまるまなこ雪うさぎ
井上喜代子
雪うさぎ消えて仰いだ空の青
井田みち
雪兎雪に隠れてしまいけり
郁李
三代の作品競ふ雪兎
一の介
軒の下夜明け待つなり雪兎
一海
団らんの声だけを聴く雪兎
一宮寅五郎
夕暮れの郵便受けに雪兎
一碁一会
許されぬ想ひ秘めたる雪兎
一心
お日様に叶わぬ恋を雪兎
一生のふさく
もてはやされ朝には水に雪兎
一走人
この雪兎ロシア産眼が碧い
一茶お
雪兎溶けゆく横にヘップバーン
羽光
逢瀬場のベンチに待つは雪兎
雨夜猫
雪兎は一対湯呑みの一つ
雨利々朱
里よりの荷物の隅に雪兎
卯年のふみ
寂ちゃんと渾名をつけし雪兎
栄魚@寂聴さんが雪兎のように可愛かったので!
5歳児の手で透き通り雪兎
榎本みわ
雪兎真白き庭に遊び来ぬ
仔に喰われ救急搬送雪うさぎ
園内おやつ
雪うさぎ一億匹の白い空
園壺
ぽつねんと白夜の底の雪兎
遠きいち
うっすらと七色めいて雪兎
遠野 かなみ
雪兎また降る雪に還りゆき
塩の司厨長
たまゆらの舞台を務めし雪兎
塩風海女
鉄瓶の湯おと響くや雪兎
押田圭史
目を替えて百面相の雪兎
横じいじ
雪兎溶けて深山に帰りしか
横山薫子
愛おしやスマホに在りし雪兎
王 妻幸
雪兎日本の今見て潤んでる
音澤 煙管
可愛いな雪兎溶けないで
佳子
ビー玉に浮かぶメモリー雪うさぎ
加和 志真
雪兎だれを迎へるわけでなく
夏柿
雪兎刹那に立ちて消えゆくか
暇親爺
雪兎初めて贈るプレゼント
歌新
雪兎都会の夜は眠れない
花咲明日香
雪うさぎ足からとけてしまひけり
花節湖
雪兎耳をたたみてかくれんぼ
花田豊楓矢
雪兎飾りて憩ふ帰省かな
花木柳太
宴席抜けし縁側に雪兎
茄子紺
ビー玉を借りて青き目雪兎
茄子美
不器用もまあこれ程か雪兎
雪兎真っ赤な瞳は冬しらず
華らん12
ちりめんで装い愛らし雪兎
華らんまま
狛犬の相席うれし雪兎
雅かめの
終止符を約す仮設の雪兎
雅雅丸
童心の一日なりけり雪兎
雅喜
孫が言うこれが今年の雪兎
雅鬼
溶け崩れ灯返す盆の雪兎
雅由
さいごには星を見たいか雪兎
海月漂
この庭に赤い実の欲し雪兎
海野しりとり
不揃いな両の瞳や雪兎
海老名吟
番重の雪で作りし雪兎
灰色狼@番重とは、パン屋さんや餅屋さんで使われる、プラスチック製の薄い運搬箱です。
自由課題:幅二メートルの雪兎
灰田《蜻蛉切》兵庫
一人逝く子追いかけしか雪兎
楽@木の芽
雪兎嫁ぐ娘を見送りて
楽@木の芽
雪兎溶けななかまどの実が二つ
梶  鴻風
雪兎吾子は何でもニャアニャなり
葛谷猫日和
雪兎瞬きもせずこちら見る
勘太郎
爆撃や目より澄みたり雪兎
柑斗梨舞礼
これもまあ喜寿の遊びか雪兎
甘泉
雪兎平均寿命は四時間半
甘平
北国の雪兎とけぬままゐる
閑茶
這い這い来てぎゅっと掴みし雪兎
南天の実三つあり雪兎
喜一郎
掌(たなごころ)合わせて作る雪うさぎ
喜多輝女
儚きは無垢なるこころ雪兎
幾恋良石
沼津では絵本に棲みし雪兎
気のまま風
雪兎水と命を掬う手に
紀貴之
雪兎目と耳のこし消えてをり
軌一
雪兎解けずに月へ跳ねて行け
輝峰亭
京小路血飛沫あびる雪うさぎ
輝棒
ふたたびは逢ふこともなし雪兎
吉 や
雪兎となりはたぶん虎と龍
吉野川
チャイム押す指先蒼し雪兎
吉良水里
子らが追ふおいでおいでと雪兎
久仁重
村おこし仲間増やして雪兎
宮写楽
雪兎有期限の恋今年もまた
宮島ひでき
制服の第二釦や雪兎
宮﨑紅清
野に山に飛び出しそうな雪兎
弓女
雪兎セシウムの残る里の子ら
虚実子
彼の手を離れ溶けゆく雪兎
京あられ
溶けてなほ目に力あり雪兎
京丸
盆の上雪兎もおどりそう
京子
思い出は竹座の上の雪兎
京羅坊
懐かしや母笑わせた雪兎
錦江
丸盆のふたりの名前雪兎
琴女
兄の背や揺れる視線は雪兎
筋トレ俳人
荒れた手の母は笑顔や雪兎
筋トレ俳人withかすみ草
雪兎にすわり心地をききてみる
金太郎
雪兎渡り廊下の逢瀬かな
銀命堂
飽きもせず月を眺むる雪兎
銀蜻亭
手から盆瞳輝き雪兎
句詩呼
雪兎流感の子の手の熱き
空 春翔
窓拭けば星ふる峰と雪兎
栗田もとえ
意地悪を言ひて困らす雪兎
群馬の凡人
滑り行く子らを見送り雪兎
啓泉
小児棟窓に小さな雪うさぎ
恵美子
夕暮れや子らの背を追う雪兎
恵風
片方の目はボタンかな雪兎
桂奈
古民家の残る祖谷雪兎
蛍子
雪兎恥多き一年でした
月のうさぎ
雪うさぎぬれぬれ溶け残る目玉
月の道馨子
雪兎かたちあるものはかなき世
月影ミウ
同期にも告げぬ別れや雪兎
月々
塀の上前へならへと雪兎
月城花風
溶けぬ間に日陰に跳ねよ雪兎
嫌佐久
雪うさぎ少し茶色い志賀野村
犬井山羊
授業中みんなともだち雪うさぎ
犬散歩人
白と赤みどりを添えて雪兎
研山
オールデイズ聴いてる父と雪兎
元喜@木ノ芽
行ってきますここで待ってて雪うさぎ
古都鈴(ことり)
跳び跳ねるマジックボールや雪兎
己心
雪うさぎ入りたさうに窓の外
五月野敬子
雪うさぎ兄とお使ひ徒行きぬ
光本弥観
細工師や和菓子の如く雪兎
公毅
雪うさぎ孫の机に爪立ちて
向日葵
翌朝に我子と捜す雪兎
工藤浩之
平成の作り納めぞ雪兎
工藤遊亀子
青い目はびー玉の色雪うさぎ
雪兎手のひらに乗せ空青し
広瀬ナズナ
雪兎溶けて葉っぱの耳残し
江久保亜月
街中に潤む灯火雪兎
江戸川青風
ゆきうさぎ跳ねたあの娘についてゆく
江口小春
ビー玉を青き目として雪兎
江津子
雪兎月の兎とする交信
江里口泰然
雪兎まどろみて耳たれにけり
紅さやか
窓の外みて雪うさぎ朝死ぬの
香野さとみZ
雪兎やうやう憂ひ解かれけり
高尾彩
雪うさぎ昨日はここらにいたのにな
高野由多
雪兎目と耳おいて逃げにけり
今井佳香
校庭の達磨と並ぶ雪兎
今井昭徳
朝焼けに染まり生き生き雪兎
今坂 功
お隣に青い目をした雪兎
今治・しゅんかん
雪兎益子の里に居りにけり
根本葉音
雪うさぎほどに小さくなりし母
佐々木のはら
雪兎嫦娥の胸で眠ります
佐山夕子
雪兎ケーキケースがよく似合う
最章
雪兎を看取り消灯午前二時
細谷細清
雪だ雪小石混じりの雪兎
菜虫
雪兎溶けるのヤダと泣く子供
菜美
遥か北手に届かぬは雪兎
咲也
木陰にてはかなくもあり雪うさぎ
咲耶とこ野@木ノ芽
雪兎鏡の映す空見つめ
桜桃の里
下校の子スクールガードへ雪うさぎ
桜姫5@スクールガード=老人会のボランティアで、横断歩道で黄色い旗を振っています
雪兎幼い頃のお友達
桜木れい子
雪兎銀盤上を跳ねる夢
桜夜月子@木ノ芽
雪兎赤釦の眼いとおしやそ
笹弓
血わき夢おどる跳ねろや雪兎
札六
放課後の溶けし四十の雪兎
雑草おばさん
パーキング轍の合間雪兎
皿檸檬
雪兎パンジーの庭の片隅で
三寺ひろみ
雪兎娘の口に御座します
三十三庵
手を頬におどける君や雪兎
三水低@第二まる安
雪兎繁殖力がハンパない
三大夜景
雪兎北北西に父有る地
三毳
丸盆に縁の角だつ雪兎
山の中のオクラ
雪兎持込む稚児を追ひ捕らふ
山樫梢
2歳児を消えて泣かせし雪兎
山口とねりこ
雪兎泣き泣き融けし盆残り
山口雀昭
やっと寝た枕元には雪兎
山吹未羽@木ノ芽
雪兎寒かろうと木の葉着せ
山裾 都
雪兎キンモクセイの木の下へ
山茶花静
締り雪目鼻整え雪うさぎ
山都屋
黒塗りの盆に息吹くや雪兎
山本 力
庭の隅徐々に老いたる雪兎
山本嘉子
到来の緑茶香ばし雪兎
山本夏石
看護師の捧げる盆に雪うさぎ
山野ゆうり
雪降りて雪に還りし雪兎
山椒法師
空恋ひて恋ひて消えにし雪うさぎ
珊瑚
物言わず耳傾ける雪うさぎ
史詠
床に伏す母の目線や雪兎
四丁目
若冲の絵に寄り添いし雪兎
四方駄馬@木ノ芽
ベランダの手摺りに夜の雪兎
紙魚
古志の里へぎにちょこんと雪兎
紫鋼
雪兎背中に小さき指の跡
紫香
雪うさぎ抜け殻残し月に跳ぶ
紫蘭
雪兎逃げ出さぬ様囲いたり
詩楽麿
赤坂の雪兎なり目のビーズ
試行錯誤
雪兎今日はまあるい耳を付け
寺尾当卯
雪兎一夜あければ姿なく
治もがり笛
雪兎親子三代口伝あり
篠田ピンク
紅涙をしぼりやせゆく雪兎
柴原明人
もののけを呼ぶこともある雪兎
斜楽
青い空日陰ぽつんと雪兎
紗々
ととさまのてのひらひろしゆきうさぎ
紗千子
札幌やショーウィンドウに雪うさぎ
若澤杏子
塩害の耳目爛れる雪兎
守安 雄介
雪兎小さきと大き作りけり
手銭涼月
雪兎狭庭に戻る静寂かな
宗本智之
母のまた小さくなるや雪兎
秋月
五羽分の量で作った雪兎
秋月なおと
ローカル線ベンチの隅の雪兎
秋月流音@木ノ芽
雪うさぎのたれた青耳かわいくて
秋桜
馬乗り可三尺ほどの雪兎
秋津州はじめ
雪兎また来年を誓いあい
秋來月
じいちやんのどうもしぶとい雪うさぎ
渋茶雷魚
北キツネ取り巻く中に雪兎
重翁
子らは去り星と話すや雪うさぎ
重波
鼻すすり今日は母屋で雪兎
塾志
舞台より山野が恋しい雪兎
春果
古里の山の背に似せ雪兎
春川一彦
ゆきうさぎ背よりまろやかに溶けとぶ
春日のぽんぽこぴーな
盆という呪縛の中の雪兎
春猫
雪兎融けないうちに月帰る
春爺
指切りのマニキュアの赤雪うさぎ
春蘭素心
浮く南天もしや朝の雪兎
駿童
金星や居るかもしれぬ雪兎
順三
隣家より赤い目もらひ雪兎
順女
器量よし店頭へ置く雪兎
小橋春鳥
雪兎共に作りしひとは逝き
小熊伸子
雪兎偲ぶ疎開と仲間達
小熊利雄
尊徳のペットの如き雪兎
小山晃
正座して固くなつてる雪兎
小石日和
作られしままに動かぬ雪兎
小千住
手に余る雪を抱く子や雪うさぎ
小川都雪
校庭の雪兎へと赤い傘
小走りの烏賊
雪兎銀河鉄道で空の旅
小塚 蒼野
雪うさぎ手の小ささに気づいた日
小梅
かわいくて食べたくなるよ雪兎
小野みっちゃん
雪兎赤の瞳に運たくす
小林 昇
雪兎残し夕餉や笑い声
松永裕歩
落陽に身を小さくす雪うさぎ
松茶 巴@プレバト木ノ芽
足跡はおぼこ狭庭に雪兎
松尾寒蝉
雪兎ひとり逝く永訣の朝
松風女
真青なる空にとんびや雪兔
湘輝
父贈る宅配便や雪兎
照波
赤い目ややがて芽となる雪兎
笑子
牛小屋の前でかけっこ雪兎
植木照美
三代目和議に造れり雪兎
寝たきりオヤジ
雪兎いずれは帰る飯豊山
新田 淑
大泣きを一瞬止めた雪兎
新藤柑子
寄り添って雪兎二羽親子だな
新米笛
アラスカの陽の温もりや雪兎
森田まなみ
吾子のほほ染めてうれしい雪兎
森野きの子
そう言えば鶏素足雪兎
深山 紫
赤い実の余りて三つ目雪うさぎ
深川リンの父
おもてなし玄関先に雪兎
雪兎二羽にらめっこアップップ
真紀子
霊前に雪うさぎ二羽すすり泣き
真紅ゆうこ
赤い目の涙凍るか雪兎
真中北辰
月変わり白き暦の雪兎
真妃
ポスト脇朗報届けと雪兎
真優航千の母
雪うさぎ跳ねたき足を隠したり
真林
力作とやまあるいだけの雪兎
神山やすこ
雪兎にも虫籠にも降る雪
芯棒
頬よせし児らに慈顔や雪うさぎ
仁葉
目玉には赤きドロップ雪うさぎ
水夢
雪兎丸い背中に差す薄日
粋宣
戯れに教壇の上雪兎
粋田化石
雪兎一夜かぎりの式神か
粋篤
雪兎一献身に染む山の鐘
粋流
子とつくる顔のおかしき雪兎
翠穂
ポケットのボタンの目玉雪兎
酔いどれ防人
陽を受けて垂れ目に涙雪うさぎ
酔楓
童らが賑はひ去りぬ雪兎
数鉄砲
卒哭忌母に供えし雪兎
杉浦夏甫
雪兎耳と目置いてどこいった
杉浦貴子
厳かやふたりして観る雪兎
杉尾芭蕉
雪うさぎ舐むる黒猫叱りけり
杉本とらを
ちょこなんと行儀良くして雪兎
菅谷 糸
雪兎目々が怖いと吾子が泣く
澄海
雪莵ばつちやの背なの子守唄
瀬々葱坊主
残る水行き先告げぬ雪兎
星海
真っ青の空を背にして雪兎
星降松
孫たちの行儀の良さや雪兎
晴海南風@木ノ芽
校庭にブチと茶色も雪兎
晴日和
雪兎インスタ映えを競い合い
正宮崎
赤い実ふたつ置き天へ雪兎
清ら
二十四の瞳見つめる雪兎
清一
雪兎孫の手形のへこみけり
清波
雪うさぎかくれんぼ子のうずくまり
西の凡人
降りしきる窓辺に一羽雪兎
西山哲彦
夕暮れて子らの足あと雪うさぎ
西川あきや
雪兎前世は無きと清々し
西泉アモ
小さき手親子並んだ雪うさぎ
西田武
土まじる朱盆の上の雪兎
青玄
盆の上するりと逃げる雪兎
青泉
雪兎排水溝の穴三つ
青柘榴
雪兎小さき円匙の忘れ物
青木豊実
これなぁにと小さき指差す雪うさぎ
青嵐
雪うさぎわらべ追いかけ走りだす
静香
齧られて三角形の雪うさぎ
斉藤ふみえ
雪兎真実(まこと)二粒残りけり
石井美髯
星空や玄関前の雪兎
赤好庵
床の間に身を固くせり雪兎
雪子
幸せになりたいのです雪兎
千の葉
愛らしい目の置きどころ雪兎
千賀子
窓辺より月見て跳ねるか雪兎
千波
門柱にちょこんといる雪兎
千葉睦女
仏壇を見上げているか雪兎
千里一歩
暖かく見えてこそなり雪兎
占新戸
雪うさぎ一つ一つに名を付けて
川西勝久
雪うさぎ朝日に涙浮かべけり
川島 欣也
雪兎おめめは子らに取られたり
川畑彩
冷凍庫目の色褪せし雪兎
浅河祥子
無人駅われ迎えるは雪兎
浅海なな緒
だんだんと眼見張りし雪兎
浅見 弓楽
四阿に先客のあり雪兎
全自動ひょうたん機
雪兎惚れた腫れたを聞かされて
曽我晶子
雪兎床の間に座す少女かな
倉の人
雪兎忍者が一言見事也
爽渓之岩魚
雪うさぎ作りて消ゆる蔵ぼっこ
想予
朝ぼらけ庭には二羽の雪兎
草央
目も耳も何処にありや雪兎
草青
雪兎ミシュランに星付いたとか
草翡
北国の嫁さんもろた雪兎
荘介
病窓の友の歓声雪兎
バス待つかベンチに一人雪兎
蒼香
歌声の澄める青空ゆきうさぎ
蒼子
まだ嫁に行かぬ娘や雪兎
蒼水
黙々と野郎ばかりで雪兎
蒼奏
ままごとの配役得たり雪兎
蒼馬
赤い実の眼元に映えて雪兎
尊 雅心
青い眼は金平糖よ雪うさぎ
村上 無有
雪うさぎ瞳にマーブルチョコレート
村上瑠璃甫
雪兎とけてとぼけた福笑ひ
多事
失恋のため息白し雪兎
太一
雪うさぎ融けてふんわり昼の月
泰然
この世では何も語らず雪兎
鯛 風
あたためてそのままそっとゆきうさぎ
台所のキフジン
風吹かれ耳の横向く雪兎
大井河薪
ゆきうさぎ三羽作って酔いが覚め
大蚊里伊織
雪兎向いてる先に羊蹄山
大三郎
一年生ひとりで作る雪兎
大谷如水
眼の強し里の雪兎
大弐の康夫
雪兎何でもないと目を逸らし
瀧まさこ
雪うさぎ融けてのこりしABC
達哉
末の子に目を付けさせて雪兎
谷山みつこ
病床の吾子を夜伽す雪兎
谷田藪辛子
帰宅待つ妻と二匹の雪兎
知音
南天で天下見守る雪兎
知究
雪兎知らぬ北国生まれかな
池と堀
雪兎嫁ぐ日までの三姉妹
池田郁英
留守の間に行方不明の雪兎
池田香
雪兎プラネタリウム瞬きつ
池田和正
雪兎見つめて怒り消えにけり
竹さ
富士山の見えたる窓に雪兎
竹の子
孫娘手に雪兎嫁ぐ朝
竹林
雪兎跳ねず溶けゆく盆の上
雪兎子と作りたる日の遥か
中井笙石
雪兎愛しき人が枕なり
中村水音
童心の跳ねて手捏ねの雪兎
中村遥季
じわじわと小便垂らす雪兎
中田氏
雪兎跳んだらどんな姿かな
中野久子
ダム底や遠くまなざし雪兎
仲七
雪うさぎ今朝も逃げらる夢ばかり
仲川光風
外国の言葉を聞くや雪兎
昼行燈
山へ月へと家路へと雪兎
衷子
雪兎あついあついと泣きにけり
朝ぼらけ
月光にふるさと想う雪兎
津葦
子ども会爺が手直し雪兎
鶴田梅勝
土混じりまだら模様の雪兎
定吉
初出馬雪兎にも頭下げ
哲也
鳴き声を知らずに消えし雪兎
天晴鈍ぞ孤
耳を立てここは会津の雪兎
天満の葉子
遠い日の母こさえたる雪兎
天野 河
雪兎涙とともに融けていく
田村美穂
天命あらばわが手で汚す雪兎
田中勲
さっきまで雪兎だった水たまり
田辺 ふみ
雪兎背中の丸みはサイクロイド
田名あみ子
因幡へと足跡残す雪兎
田邉真舟
ホノルルへラインでぴょんと雪うさぎ
杜志
雪うさぎ作って我は両手受けて
都花
子等囲み出来栄えいかに雪兎
土屋 木漏れ日
闇がりに足跡睨むは雪兎
冬戸梅雨
雪兎ボケぬまじないないものか
東山
四肢欲しと赤き眼うるむ雪兎
東尋坊
虹の色各々纏う雪兎
東西南北
熱の子の微笑みまぶし雪兎
桃泉
夢に見し雪原を跳ねる雪兎
桃葉琴乃
つくばいの水飲む態や雪兎
燈穂
窓の外だれかが作った雪兎
藤すみ
万華鏡形変わるや雪兎
藤よし
丸々としてホスピスの雪兎
藤井祐喜
衛星の夜空眺める雪兎
藤郷源一朗
キミ以外待つ人のない雪兎
藤川サチ
雪兎ひとさし指にやはらかき
藤田康子
ふんわりと地上に降りし雪兎
藤田由美子
雪兎指に痛みのありにけり
藤野あき
雪うさぎはや片耳ぞ軟づくり
陶然
街灯の下で誰待つ雪うさぎ
瞳子
雪兎落とさぬ様にポスト開け
饂飩(うんどん)の湯気に薄れる雪兎
徳永 北道
雪兎避けた靴跡続く朝
徳本あつ
雪兎月の夢見て眠るなり
凪野たいら
雪兎儚きゆえに愛おしむ
南雲風花
朝焼けや雪兎またふえており
南行
南国や夢幻の雪うさぎ
南風
不揃いの瞳の色ぞ雪兎
南風の記憶
胎教にモーツアルトと雪うさぎ
南風紫蘭@木ノ芽
雪兎犬が横目で通り過ぎ
二上松風
祖母の墓前しずかに雪兎の二つ
肉野州民菜
冷蔵庫あけて目の合う雪うさぎ
日出時計
目と耳のほかは省略雪兎
日田路
耳もたれ亀にも敗けし雪兎
日本酒
野に居ればいい子に成れる雪兎
入口弘徳
雪兎屋根に残すや足の跡
如月士朗
雪兎生まれし里へ戻りけり
忍冬
雪兎夜の間に跳ねて山帰ろ
猫楽
遭難の峰見るロッジ雪兎
猫渓
雪兎慣れにし夫の知らぬ顔
猫御前
雪兎跳んで融けたか夢の跡
巴琴
園児らの声はずむ朝雪うさぎ
波の音
ささやかな思い出残し雪うさぎ
波音
溶けそうな愛車の屋根の雪兎
馬場東風(とうふう)
孫からのメールを開く雪兎
馬場馬子
雪うさぎガラス越しのにらめっこ
馬門宗太
雪兎一晩経りて照る照るや
俳ビギ名
雪兎童の声に耳動き
俳菜裕子
平和とは形にすれば雪兎
柏井青史
雪うさぎ乗せてみるなりたなごころ
白井百合子
目も耳も白い私の雪兎
白丘山人(893人)
雪兎姪は18トリソミー
白傘
雪兎温暖化に赤い涙
白山
雪兎溶ける前には起きようか
白瀬いりこ
雪兎愛するほどに痩せてゆく
白鳥国男
子らの来て託されたるや雪兎
雪兎更に積もりて暖かし
八十子
ばぁちゃんの手のごつごつと雪うさぎ
半熟赤茄子
雪兎お尻は少しふくよかに
飯村祐知子
ビー玉の眼のこぼれ落つ雪兎
飯田 青
目と耳がパンダになれぬ雪兎
比保倉亭酢
雪兎溶くるや白き月になり
比良山
友からの不意の欠礼雪兎
枇杷子
雪兎溶けし休みも今日までか
美月
雪兎漏れる灯に子らの声
美山
雪兎日が差し風吹き目が残る
美翠
勉強をしっかり見てる雪兎
美泉
合戦は嫌でかくれて雪うさぎ
柊風
雪兎瞬きさうな紅い眼を
百合乃
粉糖をまぶしてみたし雪兎
百草千樹
雪兎一夜の命卓飾る
富樫 幹
盆の上初孫似たり雪兎
風らん
雪兎たなごころでは生きられぬ
風花
雪うさぎ脚ととのえて放しけり
風間昭彦
天守閣なき石垣の雪兎
風舎哲坊
泣き止みて明日は明日の雪兎
風紋
だだこねて部屋に持ち込む雪兎
風来
雪兎飼う雪男雪女
風来松
縁談の話し纏まり雪兎
文女
片言のピザの出前やゆきうさぎ
文彦
雪兎夫婦二人となりにけり
聞岳
雪兎溶けてポツンと我ひとり
平塚雪月花
雪兎どうせなら欲し鼻も口も
碧女
雪兎目を泣きはらす妹は逝き
偏屈堂
ただそこにいてくれる猫と雪兎
勉邪明
雪兎暁に未だ眠る吾子
弁女
雪兎子らのつくりし葉の廂
穂 真白
思はずも眼玉を落とす雪兎
暮井戸
盆からも飛び出しそうな雪兎
母里 龍之介
つかの間の華こそいのち雪兎
峰岡名負人
赤き目を残して去りぬ雪兎
峰泉しょうこ
どう見てもパンダに見える雪兎
抱水
雪兎骨も残せぬ悲しさよ
法典
雪兎赤い実二つ浮く朝
あかとあおつがいで昇天ゆきうさぎ
北村 鯨子
参道の裏道守る雪兎
麻呂助
雪兎の涙白藍子を寝かす
妹のりこ
犬走りまるい名残りの雪兎
枕木
寒村の無縁仏に雪兎
末摘花
雪兎くもる硝子の外は闇
末尾波世遠
雪うさぎ赤き実残し野に去りぬ
万希子
雪兎虫も殺さぬ顔をして
満る
雪ウサギ盆でゆっくりまどろみぬ
未知
最後まで名無しのままで雪兎
未補
泣いている顔になりけり雪兎
未々
雪兎真似してにぎる手は赤に
蜜華
雪兎真白き想ひ出アルバム
妙光@木の芽
雪兎包むあの子の赤い指
民生
箱庭の山小屋に置く雪兎
眠る烏龍茶
顔馴染み疎らになりぬ雪兎
夢見昼顔
みいちゃんはおんもに出たし雪うさぎ
夢見亭笑楽
嫁ぐ朝浚いの風と雪兎
夢芝居よしみ
食うてゆくのがむづかしい日々雪兎よ
夢野
おむすびを握る手つきや雪兎
霧子
おきあがりこぼしつつくや雪兎
名古屋いろり
始発待つ一番客や雪うさぎ
明惟久里
雪うさぎ娘はピーターと名付けたり
明爽
「この佳き日」南天に鯛雪うさぎ
免疫力アップUP
雪兎あなたの聲を聴けたなら
茂る
目鼻立ち十人十色雪うさぎ
妄 児
ろうそくの赤い絵付けや雪兎
網野れいこ
雪うさぎ小さな流転盆の海
木橋
雪兎眠るか耳の垂れて来し
木人
雪兎我が子のかほに似たりけり
紋舞蘭
雪兎おかしな顔もいたりけり
門前町光乃
星々や静かに見入る雪兎
野中泰風
熱の子を囲みて三羽雪兎
野々ゆか
雪兎お盆跨いで大あくび
柳 春子
ホスピスの窓辺にそっと雪兎
薮内椿
右折する道しるべたる雪兎
優彩(ゆあ)さとみ
「ゆきうさぎさむそうね」寿命縮めた吾子優し
柚季
童心に帰り故郷雪兎
余熱
雪うさぎその身を借りて合戦す
与太加
日が上り南天見遣る雪兎
与六
雪兎夜更けて跳ねるかもしれず
洋々
雪兎生まれは水の都とか
羊山羊
雪兎鏡の角度変えてみる
葉るみ
雪うさぎ昨日の夜から冷凍庫
葉月けゐ
天敵は丸いお日さま雪兎
葉月のりりん
雪兎摺り足響く能楽堂
葉子 A
雪兎ひっそり閑と月に戻り
葉室緑子
孫も去り黄昏月と雪兎
葉鳥
雪うさぎ笑みかみころす少女かな
遥明
風の音葉の耳で聴く雪兎
陽気姫
軒したや首傾げたり雪兎
羅和屋
雪兎目と耳残し生天す
落葉勝山
雪兎踏みつけても雪兎か
藍時 湘
半日を待たず傾く雪兎
藍植生
雪兎窓辺でゆるりと溶けていく
利根川こむら
その瞳閉じたくないか雪うさぎ
理子
雪兎跳ねるよ一羽二羽三羽
里之照日日
雪兎赤い涙を残しけり
里甫
タッパーに捕獲されたる雪兎
立志
雪兎盆の広さに崩れけり
立歩
雪うさぎのっぺりとしてある陰影
立野縞子
雪うさぎ目元じわじわ透けにけり
流川ゆきはな
寂しくて泣いているのか雪兎
琉璃
雪兎今日もつまづき学校へ
龍秀樹
雪兎目仕上げの目入れ笑顔なり
旅夢作家
雪兎漆器の闇に沈みけり
良子
亡き夫や共に呑みたし雪兎
林 和寿
臭ひなき獣の匂ひ雪兎
隣安
雪兎夢を食ひしや盆の上
蓮華寺
眼を入れて息吹き込まれ雪兎
路風
ちょいちょいと手出す猫たち雪兎
六花
アリバイを示す机上の雪兎
六日菖蒲
ヴィオロンの唄に寝入るか雪兎
六々庵
雪兎ひとりぼっちで見る駅伝
侘助
腫瘍溶け雪兎溶け快癒する
灰のやう砂利の混じった雪兎
幸せを形にすれば雪兎
戌の箸置
ぎをんまち男衆はこぶ雪兎
橄欖子
てのひらの上のたれ目のゆきうさぎ
毬藻
羽ばたきて消えて仕舞うた雪兎
渕野陽鳥
束の間の浅き語らひ雪うさぎ
淺野紫桜
説法の声の丸さや雪兎
游真
耳出して隠れたつもり雪兎
祺埜 箕來
子の寝ねし夜は星々と雪うさぎ
聰子
雪兎赤き目玉の流れけり
茫々
雪兎爆弾のやうに置いてきた
菫魚
吉野山北を望みし雪兎
萬代草舟
平成の三十年や雪兎
蓼蟲
走りくる子の頬赤し雪うさぎ
藪椿@木ノ芽
雪兎星に願わば跳ねるかや
邯鄲
湯の花やゆらりゆらりと雪兎
闍夢
退院の日取り知らせる雪兎
霖之助
陽ざし受け赤き目うごく雪兎
故郷に帰る術なし雪兎
髙橋冬扇

ページの先頭