俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >

第210回 2018年11月29日週の兼題

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句
本選句欄では、添削した形で句を掲載する場合があります。
添削は作り替えの提案として句会等でも議論されます。示唆された添削案が自分の表現したいことに合致すれば、作者の判断においてその案を自作として採用してかまいません。

人

寒鮃をかなしいほどに薄く削ぐ
きゅうもん@木ノ芽
俎に鮃の遺すおとがひよ
きゅうもん@木ノ芽
影を埋め身を埋め鮃しづかなり
一阿蘇鷲二
鮃醜し瓦斯の火に煙草を当つる
一阿蘇鷲二
伏してみあぐものみな美しき鮃かな
亀田荒太
月見あげ鮃は海の厚さ知る
亀田荒太
海底へ鮃が落とす月は青
蟻馬次朗
百年の砂を蹴散らし鮃浮く
蟻馬次朗
寂しさにどんどん薄くなる鮃
花伝
釣られては更に歪みて鮃の目
花伝
一月を空の厚さの鮃ゆく
綱長井ハツオ
触診の如く鮃を捌きをり
綱長井ハツオ
反されて腹恥づかしき鮃かな
トポル
複雑な生い立ちらしき平目の目
トポル
月の夜の襞のひとつとして鮃
倉木はじめ
龍の尾より剥がれて来たる鮃かな
倉木はじめ
しよりりしよりり鮃五枚のお弔ひ
あまぶー
口中の甘き鮃に酒をやる
あまぶー
美しく鮃を捌く女かな
にゃん
胸の澱見透かすやうな鮃の目
にゃん
寒鮃海の重力無重力
ほろろ。
平目の目玉抉り取つて星空
ほろろ。
鮃買ふペダルの何と軽きこと
よしおくん
寒鮃もう長崎は遠過ぎて
よしおくん
鮃伏す明石の橋の影に伏す
さとけん
俺に釣られて不機嫌さうな鮃
さとけん
極上の鮃を腹にさびしかり
つぎがい
ひらめよ空を飛びたいか星の名を言え
つぎがい
海神の踝あたり狩る鮃
めいおう星
月明を狩場となせる鮃かな
めいおう星
潜水艦の影落としたる寒鮃
雨霧彦@木ノ芽
A面とB面のある鮃かな
雨霧彦@木ノ芽
遠い木が呼びかけている鮃漁
酒井おかわり
煙草の焦げ跡 無精髭 鮃
酒井おかわり
磁場かつて逆転せしや鮃の目
神山刻
ただでさへ薄き鮃を五枚とや
神山刻
猫逝きて四十九日や鮃喰う
星埜黴円
寒鮃ひとりで訪ふ古きバー
星埜黴円
娘嫁ぐ鍋に言祝ぐ鮃かな
西尾婆翔
鮃棲む暗き真砂の下に骨
西尾婆翔
魚清の裸電球寒鮃
雪うさぎ
鮃うとうと人間だった頃の夢
雪うさぎ
真鮃に微かな浮力月動く
登りびと
金色に鮃犇めく陽のあらは
登りびと
魂ごと返して洗ふ鮃かな
桃猫雪子
星空の綺麗な方を知る鮃
桃猫雪子
あまやかな鮃のあぶら女は五十から
猫愛すクリーム
喰う寝る喰う寝る鮃の腹白し
猫愛すクリーム
雄の鋸歯いささむらたけめく鮃
比々き@いささむらたけ:少しばかりの竹が群れているようす。「わが屋戸のいささ群竹吹く風の音のかそけきこの夕?(ゆふへ)?かも」(万葉集)
往生際よくて平目の以後しづか
比々き
寒鮃捌くあはひの水の音
平林檸檬
寒鮃しづかに今を濡れてをり
平林檸檬
碧空の津軽の富士や鮃食ふ
いさな歌鈴
八重波の底はしづかや寒鮃
いさな歌鈴
暴れける傷の鮃の今しづか
かのたま
ゆふぐれは青い鮃はかからない
かのたま
火星より深海遠し鮃の目
かもん丸茶
沖鮃そんなに海は重いのか
かもん丸茶
論文は厚しひらめの薄造り
かをり
鮃一枚あたりさはりの無き会話
かをり
釣り上げて風のこゑ聴く鮃かな
ぎんやんま
朝市の光に匂ふ鮃かな
ぎんやんま
とぎたての包丁鮃透きとおる
くさ
鮃裏返れば地球裏返る
くさ
酒の友はひらめ上司はべらんめえ
ぐでたまご
昨日の嘘はもうばれてそう鮃の目
ぐでたまご
平らかに御代暮れゆけり寒鮃
くりでん
寒鮃並びて河岸のこゑゆたか
くりでん
鮃ぺらぺら俎板よりも大きくて
こま
鮃突く腕の硬さで吾を抱く
こま
凪の夜や鮃は零るる星を待ち
さるぼぼ@チーム天地夢遥
結納を終へて鮃の白さかな
さるぼぼ@チーム天地夢遥
海光や疑似餌きれいにひらめ釣る
じゃすみん
月光の届かぬひらめ恋を泣く
じゃすみん
こう見えて昔は天使いま鮃
すりいぴい
竜宮の匂ひのほのか鮃焼く
すりいぴい
鮃買う親爺元板前と見た
だいふく
比目魚食う比丘尼の舌の生臭き
だいふく
鮃歯に甲冑類てふ星砕く
ときこ
釣り損ねし鮃の裏のやうに月
ときこ
鮃よくこれで生きをる薄さかな
ヒカリゴケ
ライオンに我に鮃にある犬歯
ヒカリゴケ
水痛し五枚となりし鮃かな
ひな子桃青
行き先は背鰭に任す鮃かな
ひな子桃青
健やかなるも病めるも閑かなり鮃
ひねもす
青空の下に出でたり鮃の目
ひねもす
日暮れ路ややさしき重み子と鮃
ほの 真白
雨だれと夕闇の落つ寒鮃
ほの 真白
飴色の市場の灯り鮃臥す
マーフィー
死亡説飛び交う漢寒鮃
マーフィー
説法も経も短し寒鮃
ももたもも
柳刃に祖父の名のあり寒鮃
ももたもも
ヒラメアラフュメドポワソン呪文めく
ゆすらご
床下の酒選る夫の鮃かな
ゆすらご
友達の居ない人生鮃食ぶ
ラーラ
薬湯の後の夕餉や寒鮃
ラーラ
被爆の海よ砂よ鮃黒々
育由
海に黒波鮃泳いでいるか
育由
魚拓一枚墨残りしは鮃の目
羽光
鮃定食午後に痛めたふくらはぎ
羽光
側線に刃先の沈む鮃かな
勘太郎
今度こそ鮃と思ふ当りかな
勘太郎
皿の上の鮃海の底の鮃
閑茶
暗い底のひらめ帰りたいか
閑茶
寒鮃静かに戻る砂煙
久蔵久蔵
初鮃故郷の酒あわせけり
久蔵久蔵
右の眼に月の記憶の鮃かな
玉庭マサアキ
マントルに耳傾けし鮃かな
玉庭マサアキ
眠る祖母のふくらみに似て寒鮃
玉木たまね
鮃まねる砂は鮃をまねて舞ふ
玉木たまね
砂あらば砂の形に鮃かな
君島笑夢
朝市に買ひし鮃の鍋を打つ
君島笑夢
鮃思ふ死んだら星になることを
桂奈
ひらめひらめこゑの届かぬ海の底
桂奈
目が合うて買わねばならぬ鮃かな
渓湖
鮃のうろこわづかに生きてゐるぬめり
古田秀
身じろがぬ鮃あんまり血が出ない
古田秀
沈む星ばかり見ている比目魚かな
古都ぎんう
三尺の鮃水面に月を喰う
古都ぎんう
能登人は鮃を実にうまく食ふ
枯丸
数式を解き切った手で鮃切る
枯丸
海底の静けさに澄む鮃の目
江戸人
耳を削ぐ風や鮃が竿しぼる
江戸人
板前の手にすきとほる鮃かな
紅さやか
寒鮃五枚おろしの真珠色
紅さやか
砂底がめくれ鮃が獲物呑む
佐東亜阿介@チーム天地夢遥
あの天へ飛ぶと決めたる鮃の目
佐東亜阿介@チーム天地夢遥
寂しさに砂を出でたる鮃かな
砂山恵子
ささやかな嘘や鋭き鮃の歯
砂山恵子
夫婦岩結ぶしめ縄寒鮃
彩楓(さいふう)
釣り上げし鮃の引きを語る語る
彩楓(さいふう)
釣られたる鮃の口のべらんめえ
三重丸
鮃より競艇新聞を剥がす
三重丸
落日を喰い朝日吐き出すひらめなり
山香ばし
流木は風ひらめは波の形かな
山香ばし
なんとなく鮃となつて夜の底
次郎の飼い主
おそろしき白ひらめまた裏返す
次郎の飼い主
星々に擬して鮃の沈みけり
斜楽
寒鮃の白き身に舌洗はるる
斜楽
あかぎれに歯のあるごとき鮃かな
渋茶雷魚
右を言ふために鮃を示されて
渋茶雷魚
家・会社・学校・鮃・大津波
純音
鮃臥す誰かが核を押す日まで
純音
百尋の水の重みを受け鮃
小市
山頂だった海底に寝る鮃
小市
巻き上ぐる砂の一閃鮃の歯
小泉ミネルヴァ岩魚
星空の剥片として鮃寝ぬ
小泉ミネルヴァ岩魚
政治家のやうな貌して寒鮃
小田寺登女
昏き夜を見上げて暗き平目かな
小田寺登女
とほざかる月に鮃の色濁り
城内幸江
波の色鮃の色となりにけり
城内幸江
鮃まあ氷枕のごと冷えて
西川由野
鮃不敵空を睨めつつ石の色
西川由野
鮃の目私の脳の捻れたる
青海也緒
鮃の目猫のふぐりのごとくなり
青海也緒
海流のしんしんたるを聴く鮃
多々良海月
成り行きで出世しました鮃食ふ
多々良海月
りゅうこつ座かすかに見えて寒鮃
中岡秀次
鮃買ふ顔立ちの佳き鮃買ふ
中岡秀次
散骨終へ鮃の身肉透きとほる
中山月波
ふす鮃当面砂のこころもち
中山月波
鮃の尾揚げてサクリと砂の音
田中耕泉
眼の旨味確と魚拓に大鮃
田中耕泉
悠久は海にあり静かに鮃
冬のおこじょ
縁側は虹の咲く色寒鮃
冬のおこじょ
鮃食べ冷たい海の夢を見る
藤色葉菜
ひらめのぼる星落つるのを見たくって
藤色葉菜
千年の齟齬を浴びたる鮃かな
内藤羊皐
白き尾を穢し鮃を食ふ子かな
内藤羊皐
捲き上がる砂礫星めく鮃浮く
播磨陽子
昔日の木の葉の化石鮃らし
播磨陽子
愛人の捌く鮃の匂ひかな
福蔵
鮃待つ磨きぬかれしカウンター
福蔵
鮃まじまじ知人の面のそこにある
蜂里ななつ
ほしぞらを浚ふばかりや寒鮃
蜂里ななつ
真青なる空を割る陽や鮃臥す
北野きのこ
鮃ほろほろステージ4の腑へ
北野きのこ
寒鮃逃げゆくひれは星を撒く
未補
鮃拡げる憂うつをうなぞこに
未補
ひとをやくにほひ鮃の裏ましろ
牟礼あおい
踏んづけた闇に鮃の顔しづむ
牟礼あおい
鮃は海底に水泡は天に
綿井びょう
せかいのひみつ抱えて砂に依る鮃
綿井びょう
十八年生きた鮃もをるさうな
野ばら
生簀へとづるんと放られ鮃かな
野ばら
鮃煮るラジオドラマはまた来週
油揚げ多喰身
原発の町へ鮃は揚がりけり
油揚げ多喰身
衿元の合わせのゆるく鮃食う
有瀬こうこ
柳刃の透けたる伊予の寒鮃
有瀬こうこ
ひらめひらめ月光に触れまたふとる
緑の手
海のあをすうて鮃は透明に
緑の手
愁いつつ鮃の寄り目覗きけり
朶美子(えみこ)
釣られつつ鮃はじめて穹をみる
朶美子(えみこ)
深き夜の厨に鮃裏返す
蓼科川奈
沖睨む源治のまなこ鮃漁
蓼科川奈
聖骸布逸失のちの鮃とか
ウェンズデー正人
ロンドンに鮃焼き上ぐストの朝
ウェンズデー正人
夜を箱と思ふ鮃を描きはじめ
Y雨日
ぴらぴらのぬるぬるてらてら鮃かな
むらさき(6さい)
鮃を見続ける人間が歪む
京野さち
沈みたる兵器の色や寒鮃
金子加行
ひらめひらめ地球が平だった頃
立志
見習いの指に傷ある鮃かな
洒落神戸
打ち込みし手鉤一閃大鮃
珈琲斎
金曜の夜の凝れる鮃かな
ちゃうりん
動かざり鮃の目には夜空色
あまぐり
鮃けふも海の終わりを見上げをり
24516
塩竃の海天鵞絨の鮃かな
28ひろきち
水底の手紙の如き寒鮃
301句会 幹人
海の蒼鮃はまなこ閉じて聴く
99カリン
しめやかに鮃煮る日のああ無情
AQ
海水の粘るが如く鮃かな
HGDT
包丁を寝かせつ開く鮃かな
Kかれん
濁りゆく謝罪の語尾や寒鮃
TAKO焼子
鉄を打つやうに鮃を解体す
あいだほ
鮃ひらひらぬまぬまみな底に
あいみのり
エンゼルス帽の売りしは鮃かな
あい女
ヒラメってデカくて目つき悪いんや
アガニョーク
竜皮巻に螺鈿の如く寒鮃
アダー女
星空へ泡ひとつぶを吐く鮃
あつちやん
海水の重さに抗う鮃なり
あまぐり
地震鎮まり鮃の海となってゐし
いしい美髯
朝市や鮃売り込む津軽弁
いつか
物言はぬ思想犯なる鮃の目
いつき組福岡リスナー班/由美子
集まれば鮃談義や夜の味
いまいやすのり
鮃煮る喪中に付きの便り来て
いもがらぼくと
鮃お前は真っ直ぐに進めていたか
うどまじゅ
鮃の目地球も地軸傾けり
えむさい
本流の重さ暗さに鮃臥す
おやっさん
大皿に鮃花咲く古希の膳
かざばな
接待の舌よく回る鮃かな
かまど
紫のしずく透けたる鮃かな
キッカワテツヤ
致死量の鮃ぞんぞん捌きけり
潜水艦の影のよぎるや大鮃
ぐずみ
セシウムの降る海底に居る鮃
くめ仙人
その鰭へ潮騒孕み寒鮃
クラウド坂の上
大皿の四隅の空けて鮃かな
くれまてぃす恵子
鮃眠る潜伏キリシタンの海
けーい○
釣り上げし鮃を反す空側へ
こじ
佳きことのあるや鮃のカルパッチョ
ことまと
一人夜や鮃は海を連れてくる
コナラ
競る声にはねて鮃の裏表
こはまじゆんこ
波に去られてとり残されたら鮃
ざうこ
海の底鮃はじっと耐えている
さくやこのはな
深海にケーブル跨ぐ鮃かな
ささき良月
写楽の大首絵めける鮃かな
さとうりつこ
ばほばほと砂泥叩きて鮃かな
さとう菓子
鮃には錫の盃吟醸酒
さぶり
鮃は光りが欲しくて上向いた
さゆみ
夜明け前鮃静かに地球抱く
しおうらゆうこ
鮃の眼プラスチックの砂の降る
しかもり
柳刃を寝かす角度や寒鮃
しゃれこうべの妻
寒鮃海の重さを計りおる
シュリ
鮃には藻塩さらりと宵の口
じゅりあん山本
鮃ひらめマグマに抱かれ星を見る
しょうき
寒鮃供えて獅子吼あとの黙
ず☆我夢@木ノ芽
思わぬ地酒とまさかの鮃届きけり
すいぎょくさんご@木ノ芽
悲しげなすし屋に飼はれたる鮃
すえよし
ボサノバを聴いて眠れる鮃かな
すみれ色の涙
鮃釣る尻ポケットに開高健
せり坊
山里を廻る軽四寒鮃
たむらせつこ
おい鮃憲法談義でもするか
ちびつぶぶどう
天を恋ふたびに鮃の背に星
でこはち
正直に生きて鮃になりました
テツコ@第二まる安
釣り上げて樺太近き鮃かな
テノールこさる
好物は鮃ネクタイまがつてる
でらっくま
鯛鮃はべらせて死のうらやかに
とおと
ひらひらとひらめほしくづまきながら
どかてい
鰓際へ切つ尖うねりける鮃
としなり
月欠けて引寄せられる鮃の目
としまる
寒鮃波打ち際に夢を見た
なおこ
天睨む光静かに鮃かな
なないろ
飄と生くすべて鮃になる日まで
なみはやらんる
寒鮃気持ちの合わぬ夫婦かな
のぶ子
ふるさとの星はふるふるかんひらめ
のら
寒鮃目の合わぬやう合わぬやう
はなまる
鮃つてひらめ顔なのに精悍
はまのはの
平手打ちされし日もあり平目食う
はるや
砂上の鮃から船底の赤し
ひでやん
工場のけぶる夜景や根の鮃
ひなた
砂底の昏さや甘き鮃食む
ふじこ
太陽は青海底のヒラメすやすや
ふたあい
寒鮃眠気覚ましの古き歌
ふっこ
うまそうな海の染みたる鮃かな
ふみゑ
寒鮃かかげる手より暮れにけり
ふるてい
喰ろたのに鮃一緒に喰ろたのに
ペトロア
鮃にも夜にも表裏があり
ヘリンボーン富樽
鮃食う君の薄っぺらな嘘
ほしの有紀
キリシタン転びし島に食う鮃
ぼたんのむら
晩酌や鮃刺し身で酔わずでか
ぼたんぴ
黒釉にひらく鮃のうすづくり
ほろよい
北半球だけにいさうな左の鮃
ぽんたちん
どれほどの鮃埋めて鹿島灘
ぽんのじょう
シルル紀の魚は平ら鮃釣る
マオ
日蝕のリングの揺れて鮃かな
まこち
鮃の目映す醜き我の顔
まさこ
砂の隙間にわずかな空を見る鮃
まさよっち
寒鮃貌拉がれて売られけり
まるちゃん2323
寒鮃ゆうぐれ色に煮上がりぬ
まるひるま
煮凝りの中の鮃の目が左
みそまめ
鮃の骨美し嫁の泣きぼくろ
みちる
海深く鮃は背の星揺らす
みやこわすれ
鮃とは水圧に負け二万年
むじーじ
海底の眼差し遠く鮃かな
むべ
鮃の目夜空に星のひとつあり
もりお
明晩へ半分残る鮃かな
ヤヒロ
干し鮃風と光を集めおり
やぶつばき
ひらめのめそのかおなにがこわいんや
ゆいのすけ4さい
磯笛の啼く浜小屋の鮃かな
よぶこどり
天心に月のあがりし寒鮃
らくさい
寒鮃一切れ夫をほころばす
らごん
舌上の沈黙甘し寒鮃
ラッキーの母
柳刃の一息ひかり立つ鮃
る・こんと
峡の家軽トラで来る鮃買ふ
るるの父
ひらめだと判断つきてより厚遇
ローストビーフ
平目切る動画見ながら切る平目
亜音洲
一枚の鮃重たく舞い揚がる
哀顏騎士
次の世は月になりたき鮃かな
葦たかし
空昏く海なほ昏く寒鮃
或人
人と猿は九割同じ鮃食ぶ
安溶二
鹿島灘ひらめ日和の朝明けて
杏と優
天然とことわりのつく鮃かな
伊藤欣次
柳刃を滑らすじよりと鮃の背
伊奈川富真乃
砂泥めくヒラメ月面めく砂泥
伊予吟会 宵嵐
鮃の歯針外す指に夜の風
為一暢道
ふるさとの砂模様なる鮃の背
郁李
一枚で鮃足りるか思案中
一咲ふゆか
煮凝の鮃の目の不機嫌
一人静
隠し持つ犬歯もよかれ寒鮃
一走人
床下に眠る瓶漬け鮃食う
茨城之ポキヨシ
ひらめ眇に今生のみづをぬぐ
遠音
六割の鮃が空を見てゐたり
塩豆
海底の名残冷たく鮃の背
温湿布
地に象の足あと海に鮃かな
佳月
鮃なるものを初めて触る夜
加賀もずく
揺るごとに砂へ埋もりゆく鮃
可笑式
恨みでもありそうな目の鮃買い
茄子美
海重く鮃は顔を上げられず
雅な童
鮃切るをとこの爪の耀ひて
雅喜
鮃食う父や我が家は空の底
海月漂
色褪せし江夏の色紙鮃喰う
灰色狼
月さえも知らぬ鮃の塒かな
灰田《蜻蛉切》兵庫
夜の底真白きままの鮃かな
街麦
海底の下に地震の巣寒鮃
樫の木
盛りつけし鮃に七彩走りけり
梶  鴻風
砂底に丈をひろげるひらめかな
鮃の目漁師の妻の密通す
瓦すずめ
波に裏ありて鮃の腹に影
柑斗梨舞礼
助手席に相棒然と鮃をり
甘党
鮃煮る優柔不断を断罪す
甘平
切り裂かるあす待つ鮃よるの底
軌一
酒場の喧騒うつろなる鮃の眼
輝 龍明
その姿怒れる神は鮃とし
輝棒
寄席跳ねて銀座卯波に鮃かな
鬼怒
寒鮃割く包丁に風宿る
吉良水里
美しや鮃歪みの極まれり
宮武桜子
しづかさや鮃凝れる夜の底
虚実子
水底の鮃或いは世捨て人
空蝉
煮鮃の皮薄薄と薄薄と
蛍川
父ちゃんの捕る鮃母ちゃんと揚ぐ
月の砂漠★★
鮃ゆくααと影揺らし
月の道馨子
鮃捌く朱の滲みたる投書欄
月見柑
寒ひらめ地球が平らだったとは
犬星星人
鮃食う地球が丸いというデマ
広瀬 康
釣り人と鮃の息のたゆたひぬ
光本弥観
長崎や生簀の鮃目が淋し
公毅
釣りあげし鮃夕陽を背負ひけり
香壺
釣り上げし鮃に見得を切りにけり
高橋寅次
骨抜きに撫でる鮃や美し甘し
高野由多
むかしむかしひらめのうみがありました
国代鶏侍
早口の釜山訛りや鮃食ふ
根本葉音
魔法の火比良魚未明の森を這ふ
斎藤秀雄
淡白な鮃存外強面
斎乃雪
魚屋の平目ばたつく昼下がり
三重野とりとり
煮付け食ふ鮃と知りて褒むるなり
山樫 梢
きぃぃんと空気糸はる 鮃煮る
山西琴和浦
銀色の水脈を見上げて寒鮃
山内彩月
幾尋の水圧を支える鮃
山野ゆうり
阿羅斯加と伊勢の間に鮃ゐる
山陽兵@阿羅斯加=アラスカ
目論見はいつか空飛ぶこと鮃
珊瑚
月の白伏せて鮃は眠くなる
司啓
くどくどと言はぬのがよし寒びらめ
志保川有
大皿にひらめ花咲く白寿かな
紙威
半世紀嘘ついてます鮃の目
紫檀豆蔵
寒鮃新地の昼は間延びして
時雨
四人目の王は理想家平目喰う
七瀬ゆきこ
美女の手に津軽の鮃美男なる
篠田ピンク
期せずして煮凝鮃迎え酒
柴原明人
箸を持つ方じゃない方平目買う
紗千子
如何にして恋の鮃の見つめ合ふ
朱契
どくどくと醤油さす考寒鮃
珠桜女あすか
巻き上がる砂にはためく鮃かな
寿山
序破急に竿を締め込む寒鮃
樹朋
極上の酒の匂ひや鮃炊く
宗本智之
煮崩れて妻は静かに鮃と言い
塾志
大津波は鮃を釣つて起こるもの
春響
煮凝りは私のものよ鮃煮る
春猫
融け続く永久凍土干鮃
順三
ひらめひらめ何時になったら泳ぐのか
小鞠
神さまは案外適当ねえ鮃
小川めぐる
鮃煮て浮かれる夫よ鍋洗え
小倉あんこ
鮃締める娘は春を売つてゐる
小倉じゅんまき
鮃あり南海トラフ静かなり
小梅
否応もなく周りに同化する鮃
小木さん
鼻腔へと無香立ち上がるや鮃
松山
出刃睨み鮃は腹をぬたり打つ
松田てぃ
包丁の先は鮃の背の辺り
松尾寒蝉
平籠に敷き詰めてある鮃かな
笑松
大鮃でら照らさるる知多の朝
寝たきりオヤジ@「でら」は名古屋弁で物凄い=どぇりゃあ=
寒鮃回復したる箸遣い
真繍
初恋の褪せし色かな鮃煮る
真中北辰
寒ひらめ夜明けの海は縹色
水夢
地球釣るがごとくに鮃釣る
晴海南風@木ノ芽
煮凝りの真ん中に鮃の目
清波
どちらかと言へば鮃は浪漫主義
西泉アモ
子規顔の友逝き五年鮃食う
青柘榴
ヒラメで謂えば目と目のあいだは光年
青萄
俎板の凹みに添へる鮃かな
青柿
夕暮の紺の薄曇鮃煮る
石井茶爺
風疹が流行っています鮃煮る
石川 聡
鮃には鮃にしか見えぬ景色あり
赤馬福助
刃を入れてなんと真白き寒鮃
倉形さらさ
センター試験終えて鮃釣る
相沢はつみ
海神の旗となりたる鮃かな
蒼鳩
ヴィーナスは貝から祖母は鮃から
村上海斗
煩悩の鮃大悟の鮃かな
村上優貴
暮るる陽もバター色なり鮃汁
多事
鮃喰う白薄紅の花びらを
泰然
鮃なる身に太陽を映したる
台所のキフジン
紛争の海跨ぎたる鮃かな
大井河薪
風刺画の口野暮ったき鮃かな
大雅
鮃まだ恋を知らずに砂に臥す
大谷如水
〆傷が開く鮃の左頬
大塚迷路
海流の重さにしなる寒鮃
谷口詠美
大鮃少し縮んで蒸し上がり
谷川の蛍子
男気とレゲエで捌く鮃かな
池と堀
捌く刃にへばりつきたる寒鮃
池田香
鮃伏す南海トラフの軋む先
池之端モルト
マントルの脈診るごとく鮃臥す
竹さ
砂色や地球にへばり付く鮃
竹庵
寒鮃空半分で生きており
宙のふう
むらさきをはじきて甘し大鮃
朝ぼらけ
星空を映した鮃ゆるりゆるり
朝桜咲花
鮃食ぶ夢の残渣を摘むごとく
直樹里
寒鮃を謀るルアー夕まずめ
直木葉子@夕まずめ=日没頃の好漁の潮時
筋肉の撥ねる龍の尾寒鮃
津軽わさお
金曜の平目とんでもなく旨い
椎の木くるみ
あざやかに食われし平目の骨頭
定吉
金のルアー静かに沈む鮃釣り
天満の葉子
隠れたる鮃が動く砂が沸く
澱凡
風の日は脂ののった鮃くる
田村美穂
海の底鮃ひらひら機雷の上
田名あみ子
虹あらば虹色纏ふなる鮃
土井デボン探花
異形なる釣り師に怯む平目かな
冬戸梅雨
ばふばふと釣り上りたり大鮃
東山
底辺とは思っておらぬ鮃かな
東洋らいらん
ずる休みの旅ひらめの砂潜り
桃八
煮凝りの漫ろに憎し寒鮃
桃福
男運なくて鮃を品定め
藤井祐喜
こう見えて鮃も夢を見るのだよ
深爪の指に鮃の捌かれり
奈緒女
鮃臥すフォッサマグナの深度かな
凪野たいら
創世記ここに始まる鮃かな
楢山玄冬
釣り上げし鮃誰かに似てをるな
南雲風花
月面の砂の色なる鮃かな
楠えり子
鮃開く見たいのは裏側だつた
尼島里志
いい平目でしよとおやじの目が笑ひ
日出時計
黄昏を踏んで独りの鮃かな
日々
鮃だと言われるままに信じけり
背馬
辛口を切子におとし寒びらめ
白樺みかん
目を白うして食はれるを待つ鮃
薄荷光
陽に干せば肝あかく透く寒鮃
麦吉
尾を持たれ生け簀の鮃瞬きす
八作
壇ノ浦より釣り上げしなる鮃かな
八幡風花
天井の高き式場鮃にバター
板柿せっか
人間に翼の名残り鮃に歯
飯田うと
折尺を広げて測る大鮃
比呂子
粘膜の腫瘍のごときひらめの目
枇杷子
海底の一片俎上にあり鮃
美津子
鮃食ぶ海はいつでも昏き穴
柊 月子
夜の底引き?がさんや鮃釣り
富山の露玉
鮃煮る匂い素足で踏む板間
風舎哲坊
月光に海底剥がれ鮃となる
風来松
鮃掛かる風に綻び海揺蕩う
服部 勝枝
競り終えて鮃木箱の檜葉の香へ
福良ちどり
目をそらす鮃へ出刃をぐぐと刺し
文月さな女
息吹けば膨らみさうな鮃かな
文女
寒鮃たぎる海より抜き上げぬ
文彦
軍手噛むこれは鮃に違いない
豊田すばる
縄文の淀みを滋味となす鮃
皮引けば灯るがごとし寒鮃
堀口房水
切り捌く出刃を曇らす大鮃
凡々人
乳癌や砂に隠るる寒鮃
凡鑽
踏まれ鮃と化すそんな夢を見る
無銘氏
日輪や鮃の憂う泥の星
霧子
ひーらめひらめうしろのしようめんだあーれ
椋本望生
鮃盛る皿は瑠璃色卓螺鈿
茂る
ぱふぱふと紛れて砂の鮃かな
木村ひむか
星空を半身に映す鮃かな
野地垂木
悲しみを展開図にし鮃食ふ
野々ゆか
虹彩に潮の潤みて鮃かな
野々りんどう
白神の水呑み鮃白身なる
野々原ラピ
星空を釣れりと思う鮃かな
野良古
鮃食う白き歯応え飲み込めり
唯我独善
殴る様に船揺らす波寒鮃
優純bow
十一匹の鮃二十二の瞳
洋壬
遠くより誰が咳聞こゆ鮃食ふ
葉子 A
砂沈む鮃はモナリザの微笑
雷紋
裏返る鮃かならず返される
利平
鮃割き指輪のあとのかゆきこと
李子
眼帯のとれた夕日や寒鮃
流川ゆきはな
いざ下ろさん文化包丁もて鮃
留野ばあば
星を見やうと鮃の白き腹うねる
竜胆
神怒り踏まれし魚の名は鮃
龍田山門
鮃煮付け出向と云ふ凪にゐて
隣安
星屑にまみれ鮃は眠りをり
露砂
吾は鮃一番星を掴みたし
闍夢
噴煙のまた上がりたる鮃干す
老人日記
どんな日も終へれば佳き日鮃食ふ
戌の箸置
時の鐘鮃は本音吐きにけり
渕野陽鳥
鮃だと言うなら鮃なのだろう
游真
鮃の夜テムズに浮かぶレストラン
芍薬
荒海や千年底に待つ鮃
茫々
ぐんにぐんにと鮃をどれるあぎとかな
蓼蟲
とどのつまり表も裏も鮃なり
be
タンカーの影を見上ぐる鮃かな
あみま
鮃臥す海の平らか十一日
たんじぇりん金子
小上がりに鮃を食べて長居せず
ゆみづき
鮃喰ふ銀座老舗の夕まぐれ
江戸川青風
砂かぶる鮃の腹の白さかな
花南天anne
鮃見ていた真砂のような星の空
茄子紺
ふた昔前の仏蘭西平目食ぶ
江口小春
水槽の砂に馴染みし鮃かな
白丘山人(893人)
裏返し淋しき白や夜の鮃
与志魚

並

恐竜を知りにけりとや鮃の子
おがたま
おなかからひらめはてんてんだすのかな
がんばるたくみ5才
バッテンに味沁みこんでヒラメ反る
ギコ
学校が鮃になったら歌おうよ
ちま(4さい)
鮃伏す團十郎のにらみかな
ときめき人
鮃煮るちょっと辛いと夫ぽつり
ふくろう悠々
鮃縁側の筋肉痛らしき
モッツァレラえのくし
アリババは鮃に乗って海をゆく
宮坂変哲
花びらの刺身と鮃なりにけり
金治宜子
鮃の白で何故か泪の溢れけり
桑島 幹
鮃煮やとろり浸み込む正油味
小川都雪
鮃むれ福島の海へどんと来い
笑子
鮃煮る去年は未だ夫もいて
青泉
日の光どんどん潜る鮃かな
池田和正
お勧めは鮃と墨書美味そうな
藤郷源一朗
大ひらめ五枚におろしさて何を
橄欖子
垂直の街に疲れし鮃鍋
門前町光乃
鮃の横もう止まろうとする時計たち
祺埜 箕來
寒鮃漁夫はウンチク止まらない
花紋
鮃ザラザラギャングエイジと言はば言へ
久我恒子
子に髪を染めさせてをり寒鮃
蘭丸結動
いつ転化磁石の針と鮃の目
14橘 貞山
眼光の鋭き親父鮃釣る
28あずきち
平目の目幼き良寛岩見つむ
⑦パパ
網のなか漁師に見得切る大ひらめ
aya
ご先祖に咎なかりしも鮃かな
GARU
俎板に平目の音がぺたんぺたん
GONZA
鮃ひらめ空を飛べるにちがいない
k.julia
上ばかり眺め退屈寒鮃
KAZUピー
店先に並ぶ鮃に目があひて
kkk
平面の方程式や寒鮃
Mコスモ
養殖の鮃や喝采大魚なり
PON
鮃の歯は針指先血に滲む
sakura a.
船乗りと鮃ふらりと陸に立つ
sol
無定見われに似ている鮃かな
syuusyuu
憂きことのひとつ鮃に一人酒
yoko
江の島の小ぶりな鮃ひとり膳
yoshie
身を隠し隠れ上手か鮃かな
アーナンダ
鮃の誰にも見せぬ裏の顔
あー無精
ひらめのごとき我連勤後の星
あおい
鮃見てつまみ決まれりリゾート地
アオキシゲル
血抜きして鮃白身を極めたり
あけび庵
左目は視界良好鮃かな
あけび二号
日和見のかれかと思ふ大ひらめ
あざみ
初めてのヒラメの煮付け味うすし
あさもわ
半干しのひらめ骨まで透けてをり
あさり
胃切除の夫の御膳に鮃載せ
あすなろ
煮こごりの鮃こちらを睨みをり
あつむら恵女
神秘なり姿変わりし鮃の子
アマリリスと夢
水底から睨んで餌待つ鮃の日
あら さなえ!
お天道様の記憶持つらし大平目
あらあらた
横顔も素敵と言われ鮃かな
アリマノミコ
白き星体に散らし鮃かな
あるきしちはる
藪にらみ鮃は砂に仰臥して
あわの花水木
そろそろと時価の鮃のお会計
アントワネット@ノエル
やり終えて仲間と酒と寒鮃
いくらちゃん
荒縄に鮃吊り下げ海人の行く
いごぼうら
笊のへり叩いて鮃起きてみよ
いしだもよ
磯風の啼く浜小屋の鮃かな
いなほせどり
ひたすらに上見て生きる鮃かな
うさぎまんじゅう
鮃持ちスマホの中の君笑う
うずまきタルト
肉厚の肩いからせて鮃跳ぶ
うづら
透きとおる身をもてあます平目かな
うに子
砂のなか瞼の欲しき平目たり
ウロ
水揚げの鮃は千鳥格子なる
エイシェン
平成も昭和も生きし鮃かな
えらぶゆり
縁側でざぶとん鮃釣り談義
オイラー
翻る鮃の腹の白さかな
おおやぶちょ
海の底何を隠している鮃
オキザリス
ダリの絵と見紛うやうな鮃の目
おくにち木実
ひれ伏して鮃づくしのおもてなし
おけら
冷え切った鮃無言の食卓や
おたま
牙剥くや鮃の喰らふその瞬間
おんちゃん。
敷石の濡れたるごとき鮃かな
お気楽草紙
化石から攻めに転ずる大ひらめ
カオス
早朝の網にズシリと鮃なり
かずポン
轟音のごと喰らいつく鮃かな
かつたろー。
ひらめ煮る母好みしと繰り返し
かつら子
海底の色をまとひて鮃かな
かぬまっこ
鮃食ふ目で分かち合う夫婦なり
きさらぎ
釣上げし跳ねる鮃や白き腹
きっちゃん
海底探知器のごとき鮃かな
きなこもち
大海原天然鮃の腹白し
きのと
ヒラメにはヒラメの世界左寄り
キヨ
店先で 死んだふりする寒鮃
キョンちゃん
へらへらと座布団鮃一夜干し
きんえんくん
横に居てとおく在る夫鮃の目
くう
八十路坂越えていや立つ平目かな
くさぐき
路地行かばヒラメの煮付け卑怯なり
くすぐり人
寒鮃汁たつぷりを所望せり
くによ
伝説の青空見上ぐ平目かな
くま鶉
びちと跳ねし方を買ひけり大鮃
くらげを
しくじりを忘れ鮃の鱗そぐ
クレイジーソルト
ケアマネの鮃の小骨こはがりし
ぐれむりん
給料日買物かごの鮃かな
クロまま
鮃食う焼くか刺身か煮付けかな
コケでか
お目当ての鮃釣れずにスーパーへ
コタロー
海荒れて鮃の上がる出雲崎
こてつ川
この話鮃食して後にせむ
こはぎ
鮃等は斜め三十五度に見る
こぶこ
砂はらい日輪浴びる大鮃
こふじ
うすづくり鮃か鰈舌に問い
こまち婆
検索履歴消し味わう鮃かな
さえまま
ひらひらと抵抗避けて鮃のよう
さかまろ@第二まる安
水底にひそむヒラメの都かな
さくみ
左巻きのつむじの血すじ鮃かな
さだとみゆみこ
宴会を掛け持ち歩く平目かな
さとうくにお
腑に落ちず鮃寄せた眼何を見る
さばいばあ
缶コーヒーヒラメ釣った手温めて
サラダ油とブドウ糖
夜更けて子持ち鮃の煮つけにて
シーちゃん
魚屋の砥石凹みて鮃かな
しー子
鮃釣り捌きのつぎは皿選び
しおかぜ
辛口の酒に鮃の骨しゃぶる
しげる
煮てもよし干してなほ良し鮃かな
しげ爺
九十九里遠くターレーの鮃かな
シニアモモ
青空は水面のきらめき知る鮃
しみみ
「イルカみたい」生簀のヒラメひと泳ぎ
しゅうちゃん@5さい(31)
大鮃素知らぬ振りで砂煙
しゅんらん
エンガワに滑らす包丁寒鮃
じょいふるとしちゃん
ひらめごと海の平らになる夜明け
しろ
鮃好き刺身縁側骨煎餅
しんしん
泰平であれかしと食む鮃かな
しんび
まな板の鮃抗う二度三度
すずめ
煮凝りを透かし目を上ぐ鮃なり
スタルカ
磁器めく目玉トロ箱の寒鮃
すみっこ忘牛
鮃切る左手軽く添えるだけ
スローライフ
手土産に鮃バタバタ海人の客
せり花
底に寝て牙を光らす鮃かな
せんえい
お祝ひは鮃握らせ始まりぬ
そめいゆ
鮃食む祖父の晩酌しつらえる
たいき
大鮃捌く父燥ぐ子ら子ら
たけうち晴美
流し目のヒラメに出会う魚の棚
たけし
世界を下から目線の鮃かな
だけわらび
再就職した夜鮃の煮付け食う
たけ爺
表裏比べながめし鮃かな
タック
鮃一尾の口実よ朝市よ
たま
エルニーニョ知ってか鮃は左向く
たま蛙
お造りが鮃に替わりて飲む今宵
ダリア
新妻の真白き指と鮃かな
だるま
縁側の鮨に病み付き鮃かな
たんと
船上の撓る竿先寒鮃
たん造
酒一合と鮃のさしみで憩う夜
ちづるこ
鮃の目撒き餌か針か見て思案
ちゃんごりん
生臭き鮃あの日のブライトン
ちょろたこいん
曇天の怠けきつたる鮃かな
ツカビッチ
大皿の鮃の刺身透ける青
つつ井つつ
この引きは跳ねて暴れる鮃かな
つつ井つつ夫
箸先の鮃も揺れるケーナの音
つわきの嫁
鍋底の鮃の思い出海の底
ティーダ
絶え間なき進化の果ての鮃かな
てまり
鮃とて夜空を仰ぐ海の底
テン@第二まる安
頭持てひらひら鮃生きてるよ
ときこの母よしこ
鮃食ぶ終の平成惜しみけり
とし子
ギターならチョーキングかな鮃引く
とのじ
富士はるか裾野を目指すひらめかな
ドラタンリュウジ
舌鮃レモンを添えてペンザンス
とりまる
世の中を斜交いに見る鮃なり
ドレッシング
海進の菩薩の跡の鮃かな
どろん
捌かれて裏おもてなき鮃なり
とんぼ
目を寄せて役者気取りか寒鮃
なかがわ聖一
鮃の子海の底から星を見る
なかの花梨
外面の良きをんな児や寒鮃
なご
持ち上げし鮃と夫の映像や
なごやいろり
柳刃に白き身開く鮃かな
ナタデココ
鮃蒸し命をつなぐ小さき匙
なつめモコ
鮮魚売り場に大鮃ゐて二度見する
なみは
時が過ぎ鮃の舞いも味のうち
にゃんみー
寒鮃船待つ妻の焚べる薪
ぬけまいり
祝い酒鮃となりて昇進す
ぬらりひょん
はしこさを砂に沈めて臥す鮃
ねぎみそ
異星より太古舞い降りし鮃かな
ねむり猫
天麩羅のド真ん中なる鮃かな
ノエル@松原羽衣
朝市に海の底あり大鮃
のつり
鮃食う祖母も娘も左利き
のぼ子
おいヒラメ昆布〆、美味くしてやるよ
のもとみな
左の彼女見惚れつつ鮃かな
のりた
上ばかり見て生きたいよ寒鮃
バーバラ
海底の砂の感触競る鮃
パオ
魚拓にす左鮃の寄り目かな
はずきめいこ
眼避けあおのけ返す鮃の背
はすみん
紙縒りて鮃の魚拓星づくり
パッキンマン
見ぬ陸に憧れ鮃砂をかむ
はなだんな
泡を吹く煮汁に沈む寒鮃
ははろ
どう映るそこから見る海鮃の目
ハマさん
風荒ぶ夜に煮付ける平目かな
はむ
煮凝りの旨き朝餉や寒鮃
はら美華子
暗闇に紛れ込みたり寒鮃
ハルノ花柊
白波の鮃の刺身おもてなし
ばんしょう
金婚に妻と頂く鮃かな
ひなたトンボ
海猫の食い飽きたりや鮃かな
ひねこ@母の代理投句です@渡野しえん太
レジまでに戻し戻され鮃かな
ひよはるばば
字面から姿の浮かぶ鮃かな
ひろ
両の目で水面仰ぎし鮃かな
ひろきう
夕食におすまし顔の鮃かな
ひろくん11さいのママ
深海にかくれんぼするひらめかな
ひろしげ11さい
水底でギョロリと餌を見る鮃
ひろのじょう
疑似餌にもすぐに食いつく鮃かな
ひろろ
媚びはせぬ上目遣ひの鮃かな
ひろ史
水桶の砂に紛るゝ鮃かな
ひろ志
一筋の光にギョロリ鮃の目
ふうせんかずら
懐かしき寿司屋のひらめの字のぬめり
ふくろう
トロ箱へこぼれそうなる鮃の目
ふさこ
百センチ一尾の鮃鮮魚店
ふみ
寒鮃に出刃刺すときの夫の貌
ふりる@木の芽
看護実習生鮃の身をほぐす
ふわり子
黒雲や横臥鮃にもの申す
ペコちゃん
日の丸や左旗めく鮃刺し
ほしみのる
台所皿と干される鮃かな
まこち@ひでやんの息子
東京のとある番地の寒鮃
まどん
竜宮の秘密ひらめが握っている
マユミ
夕食の鮃を突き無口なる
まりい@木ノ芽
環境負荷を考慮しつつも鮃
みえ
寒鮃ぺとり触れたる女の手
みかりん
自らの立場貫き鮃食ふ
みくにく
プロポーズ鮃を綺麗に食べたから
みさき
シャレオツな我が家は鮃はムニエルで
みずほ
うま味増す鮃ねっとり昆布締め
ミセス水玉
硬骨の鮃一貫左より
みつこ
円盤めいて鮃の前進かな
みなつ
平然と鮃に刃当ててゐる
みなと
人間の揶揄へ噛みつく鮃かな
みやかわけい子
塩を振り踊る鮃は半刻や
みよしい
水槽の鮃変幻忘れけり
み藻砂
光る海鮃は太り釣り竿へ
むすびめ
鮃には地球半ぶん死角かな
むったん
鮃の身ほろりはらりと外れけり
むにむにちゃん
漱石と賢治を読んで鮃喰ふ
むらたふみ
鮃釣る漁協の旗の褪せし青
めぐみの樹
ヒラメの皮右から剥いでなめすする
めしめし
合格をパーシャルで待つ鮃かな
めりっさ
寒鮃煮汁の闇の水中花
もせきのこ
魯山人の絵付けの皿や寒鮃
もりたきみ
今日は鮃のフィッシュ・アンド・チップス
ヤッチー
ピカソ描く女のやうな鮃かな
やまぶき
棟梁の風情の鮃釣りにけり
ヤマボー
憧れて天を見上げる鮃かな
やよえ
風避けるために平たくなる鮃
鮃刺しこれぞ日本と酒含む
ゆぃ
後ろからつかまえてやるひらめかな
ゆうが
奢られて身の引き締まる鮃かな
ユク
おい鮃上目遣いを誰にする
ゆづき裕月
鼻唄や調子に乗ってゐる比目魚
よあけの晩
グツグツと鮃や鍋で出番待つ
ようざん
海底に砂にまぎれり鮃かな
よつ葉
船ゆらり鮃釣れたかおどる胸
よひら
カウンター席の鮃を噛みしめる
よりたか
古伊万里に跳ねる鮃の薄作り
よりみち
砂叩き身を隠したる鮃かな
ラング蘭
寒鮃煮凝りぷるぷる活断層
りぃらっくま
鮃釣天気急変帰途失せぬ
りう女
走る雲荒れる白浪聞く鮃
リバティーさん
レースのカーテン買い換え鮃焼く
りんごのほっぺ
海底のスペードの形鮃の跡
りんたろう
かたへのみ砂の当たりを知る鮃
るびちゅ
寒鮃夫婦無口な夜なりき
れい
めがすてきひらめのえんがわたくましい
れい子
病む夫にふっくらと鮃煮たりけり
れっどべりー
砂かぶり隠れて眠る鮃かな
れんげ畑
光さす水槽ゆらめくヒラメかな
ローズ
嬉しそう上をみつめる鮃かな
ロクヨン
旅は今鮃のソテー七つ星
わかこ
献杯す釣りし鮃の行く末に
わたさん
泣くほどにまなざし怖き鮃かな
わらべ詩
旬きたり鮃づくしで恩返し
わわ
熱燗に左右を問うて鮃かな
阿波豊
腹白を隠して眠る鮃かな
阿万女
鮃食ふ恋女房のひざまくら
愛みかん
海底の何を喰らいて鮃をり
安芸ゆきこ
海凪ぐや男が捌く寒鮃
安田 信洲
真白なる鮃に着せる昆布かな
伊藤はな
尖閣の潜水艦や寒鮃
伊藤善隆
姫そろう還暦旅は鮃かな
伊豆子
来世には寝返りしたし鮃かな
伊予吟会 玉嵐
咀嚼てふ闘い見得切る寒鮃
伊予吟会 心嵐
水族館わたしに向かってくる鮃
位子
荒磯波聞くや鮃の砂浅く
位相朗
十五時間旅し鮃の名旅館
井田みち
藪睨みわが道一途鮃かな
一の介
鮃ほぐし赤子の舌にそっとのせ
一海
海枯れて鮃目にすることもなく
一橋 ほけ
睨みたる鮃の裏の白さかな
一斤染乃
夕暮れや足並み軽く焼き鮃
一碁一会
鮃釣りヒエラルキーなどくそくらえ
一心
腹黒を笑ふ左目寒鮃
一生のふさく
皿のごと枚とかぞへて平目買ふ
一茶お
ソナー降る海底に張り付くヒラメ
一刀斎嘉平
この美味きひらめ子規にもくわせたし
羽 真美佐
鮃喰う今日のニュースと酒を呑む
羽衣使
源平の騒ぎを語りつぐ鮃
羽沖
妻が煮て夫の味付け鮃粗
羽藤武彦
煮鮃の骨骨骨骨大人味
雨夜猫
店先の視線集めし鮃の歯
卯年のふみ
鮃飛ぶ気になれば空だつて
瓜中不眠
世に飽きて砂に潜める平目かな
栄魚
鮃煮て右の方から攻めまくる
永想
卓囲み母のムニエル舌鮃
詠野孔球
寒鮃淡白な味刺身食ふ
ドヤ顔の腕の震えや寒鮃
遠きいち
臥せし夜のてんじやう眺むる鮃かな
塩の司厨長
左鮃に右鰈目で見分け
佳子
寒鮃腹の白きの潔さ
夏柿
次はカレイに生まれたいという鮃かな
暇親爺
よく似てる上向く鮃と排球と
歌新
断捨離に研ぎし方丈寒鮃
花屋
海底にピカソめきたる鮃かな
花河童
ほの淡き鮃味わう旅の膳
花咲明日香
寒鮃何とも愛嬌のある奴よ
釣り人と朝陽に跳ねり寒鮃
蛾触
妻が煮た鮃連れ来し田舎道
雅雅丸
煙立ち動きに気づきて鮃かな
雅由
水槽の砂に隠れてこそ鮃
海風山本
ちんまりと我家サイズの鮃喰う
海野しりとり
無音なりひらめはりつく海の底
海老名吟
鮃寝る夜の深海ダイビング
芥川光正
古伊万里に鮃の刺身ととのへり
垣内孝雄
まあ食えと鮃の後に内示出る
笠原 理香
鮃にも踊りの流派あるらしい
葛谷猫日和
弾力を舌で確かめ鮃かな
幹弘
吐き出した砂は辛きか大鮃
甘泉
和包丁を砥ぎし俎板鮃寝る
岸 れん
ヒラメ買ふアルバイト店員の目利き
岩のじ
玻璃越しに覗く鮃の動かざる
岩魚
ひらめひらめ右側を見たくはないか
花節湖
ひらめひらめ海の底から何見てる
喜多輝女
惨死さる鮃供養の昆布締め
幾恋良石
寒鮃上目遣いで美食せり
気のまま風
性別とヒラメの向きにある自由
紀貴之
寒鮃上目使いで何狙う
輝峰亭
カウンターの視界へ入る鮃かな
菊池洋勝
カルパッチョいつもと違ふ鮃かな
吉や
鮃煮て煮詰める泡の色にかな
桔梗
鮃煮の甘きかおりに舌騒ぐ
桔梗松山
鮃探し専門店のカレーにまねて
丘 るみこ
今昔に鮃ひたすら上を向く
久仁重
漁師宿膳の上には鮃盛り
宮写楽
鮃の仔踏まれてもなほ鮃の仔
宮島ひでき
この鮃頼りは関の出刃包丁
宮﨑紅清
孫帰り鮃振る舞う爺ありて
京あられ
へばりつき鮃生き抜く処世術
京のみやび
仰向けに寝てもみたかろ鮃かな
京丸
深海の鮃鰈は目に力
京子
左利きそのまま育ち鮃食ふ
琴女
無音貝になりたいと潜る鮃
筋トレ俳人withかすみ草
ひらめには裏の顔などなかりけり
金太郎
釣天狗魚拓のひらめ右を向き
吟  梵
縁側をこりこり遣りて燗鮃
銀蜻亭
鮃釣り船の生簀に跳ねる音
句詩呼
ウインクを左目でする鮃煮る
買い物籠の一番上に鮃乗せ
空 春翔
酒蒸しの鮃ふっくら艶まして
熊縫まゆ
大鮃夕餉のパパは釣り博士
栗田もとえ
キュッキュッと長靴鳴るや鮃漁
群馬の凡人
帝王切開傷痕痒し寒鮃
啓泉
ああ独立エストニアの鮃
圭右
寒びらめ料理上手に生きの良さ
恵美子
食卓でさばく鮃の大きさよ
恵風
偏屈な鮃たまには右を向き
蛍子
玉肌か天女の羽衣かヒラメ刺
福島沖黙して堪ふる鮃をり
月のうさぎ
見上げれど鮃ごときに情かけぬ
月影ミウ
深酒を悔いて干からぶ鮃かな
月々
故郷の浜の色持つ鮃かな
月城花風
普通酒をあえて頼んで待つ鮃
犬井山羊
噛みしめてなお噛みしめて鮃かな
犬散歩人
今宵宴銘酒と共に鮃あり
研山
初鮃歓声あげてワンカップ
元喜@木ノ芽
寒鮃ふりつもる多摩川の砂
古瀬まさあき
反抗期黙々と食ふ鮃食ふ
古都鈴(ことり)
もの言はぬ店主鮃を昆布で締め
湖雪
ひかえしは鮃の舞と玉手箱
五月野敬子
圧縮を繰り返されし鮃かな
鯉太郎
鮮魚棚一瞥くれる鮃かな
工藤浩之
夫の留守鮃煮る夜の一人酒
ねっとりと鮃生簀に寝そべりし
広瀬ナズナ
早い夜鮃の煮付け食べたくて
江久保亜月
星を恋ひ雲に焦がるる鮃かな
江津子
淡泊を昆布締めにして食ふ鮃
江里口泰然
トロ箱にはみ出す鰭や寒鮃
香舟
濃き太き魚拓鮃の逃げ出さん
香羊
上品な鮃に憧れ母知恵
高橋 鰈舟
鮃食う民生委員はサングラス
高橋無垢
ひらめ波は咲けども闇は解けず
高村優雨花
鮃煮た汁かけて喰う昼の飯
高田 仁和加
残されし骨美しき鮃かな
高島すかんぽ
大陸棚千年を待ち伏す鮃
克巳
江戸前の鮃の表白光り
今井佳香
これでいいのだ鮃は鮃俺も俺
根子屋彦六
舞い舞いて店に横たう鮃かな
紺野タキ
待つことは生きることです鮃です
佐々木温美@ハートランド
どこ見てる真っ直ぐ見てる大鮃
佐々木信天翁
幕間無き舞台を生きよ鮃達
佐山夕子
空の青見えるか鮃船の艫(とも)
佐藤
寒鮃ぶ厚き光さばきけり
佐藤直哉
鮃のお腹どうしてそんなに真っ白か
座敷わらしなつき(7才)
水槽に雌伏の鮃夜は明けむ
細谷細清
砂に待つ両目滾らす寒鮃
榊裕江子
君を待つ鮃さばいて君を待つ
咲耶とこ野@木ノ芽
姿煮の鮃の目には空の青
桜桃の里
鍋島の色絵を透かすひらめかな
桜姫5
金曜日鮃のフライに千きりキャベツ
桜木れい子
五十にて鮃の旬今おぼえたり
笹弓
鮃食ふ一咫半はまだ五寸
札六
細波や息潜めたる鮃の背
雑草おばさん
お見合いの沈黙睨むヒラメの目
皿檸檬
寒鮃ぬるり腸壁這い進む
三羽異治
生け簀よりピチピチ鮃活け作り
三寺ひろみ
座布団のごとき鮃を友が釣り
三水低@第二まる安
皺刻む鮃さばく手誇らしく
三大夜景
源泉の砂地に鮃うごめきぬ
三島ちとせ
電球の低く灯りて鮃膳
三輪佳子
辛い事半分知らぬ鮃かな
三毳
一瞬に砂と同化の鮃かな
山口とねりこ
海底の砂に戯れ鮃かな
山口雀昭
大鮃横目でにらむ活造り
山口富子@MH俳句道場
睨む目の二つ並んで鮃かな
山裾 都
海男鮃あがれば吉となす
山茶花静
寒鮃遠慮しつつも縁側を
山田ノムオー
歓談や鮃づくしの七回忌
山本 力
じつと待ち変える体色寒鮃
山本嘉子
潔く裁かれて居り寒鮃
山本夏石
鮃盛る器選びし喜寿の膳
山野はな
海荒るる鮃ひらひら砂潜る
山椒法師
煮こごりの海に潜れる鮃かな
史詠
平目には何色に見える空の色
史月
寒鮃赤絵の底に竜宮城
四丁目
故郷の鮃と会いし京の宿
四方駄馬@木ノ芽
海底を飛んで影追う鮃かな
始の子
だみ声のオヤジ見上げるヒラメの眼
紙魚
お造りの鮃灯しをまぶしめり
寒鮃皿の景色に見せる腕
紫雲英
裏表左右それぞれ皆平目
紫鋼
砂底に寄り目忘れた鮃かな
紫香
ずる休み潜りて迷う鮃かな
紫蘭
主夫業に平目煮付けと釣れぬまま
詩楽麿
透き通る鮃や刺身の美しき
試行錯誤
久方の平目で飲るや左利き
寺尾当卯
四代目の声に惚れ買ふひらめ五尾
慈?
威勢よしいさばの鮃覚悟よし
治もがり笛
寒鮃煮こごりすくうハシの先
耳飾り
鮃ごと上司取り込むネオン街
七生姫
大時化や鮃の寝息しづかなり
実多しゅうか
舌鮃鮃より美味知ってくれ
舎人
鮃には沸騰手前酒の燗
紗々
鮃にも空を飛びたい時がある
若草
しんしんと降り積む朝に鮃食べ
若澤杏子
匍匐する鮃や海の迷彩兵
守安 雄介
寒鮃星屑食べるエイリアン
朱夏A
星降る沖鮃静かに潜水す
朱河
切なさを分かってもらえぬ寒鮃
秋月なおと
腹揺すり砂に隠れし鮃かな
秋月流音@木ノ芽
思い出す子供も鮃の味知りて
秋桜
鮃にも鮃の意地の有りにけり
秋津州はじめ
還暦の男五人の平目かな
舟御前@ノエル
鮃食ふ残りし骨の美しく
重翁
鮃なり上目遣いの人生だ
春果
斜に構え鮃見つめる濁世かな
春川一彦
釣り堀に外人喜喜と大鮃
春日
左側オトコマエです鮃です
春爺
朝まづめ河口に陣取る鮃釣り
春野いちご
海底へ届く青天ひらめ揺れ
春蘭素心
お得意は鮃の煮付けだった姑
順女
寒鮃エンガワ頼む無礼講
勝山
皺の手の鮃にのびる売り場かな
小橋春鳥
一夜干し風に鮃が泳ぎ居り
小熊伸子
来る友を受けて鮃の一夜干し
小熊利雄
友と飲む鮃の刺身縁側で
小原 旅風
房総の鮃や育つ子の背丈
小山晃
翻る真白き腹の鮃かな
小春
熱燗で鮃をしゃぶり句談会
小塚 蒼野
鮃煮て古希祝う妻神妙な夫
小野みっちゃん
ちょっとずつ鮃の刺身一人食い
小林結城
縞模様透ける海底に鮃
松浦麗久
砂地からふわりと泳ぎ出す鮃
松永裕歩
鮃食ふ部屋にピカソの女たち
松山めゐ
造船所跡には鮃の囲いあり
松山女
寒鮃復興めざす被災地に
松茶 巴@プレバト木ノ芽
飼い犬の憐みの目や鮃の目
松野英昌
寒鮃さばく庖丁父譲り
湘輝
夕餉待つ織部の皿の鮃かな
照波
ほろ酔いの夫と一献平目かな
章@ノエル
昇進も左遷も見ぬふり鮃かな
笑々
ヒラメ久し一切れ残す老夫かな
常陸人
夜の光が海の底鮃照らし
植木照美
暗闇に眼をこらす鮃かな
慎吾
プレートに尾の挟まれし鮃かな
新しいツバメ
腹ましろ善人顔の鮃かな
新田 淑
唯一は鮃をきれいに食べること
新藤柑子
大鮃忍者のごとく砂に消え
新米笛
ぶしつけに値段問われし鮃かな
森の水車
もの言はぬ鮃になつてみたきかな
森一平
磯の香と鮃を持って帰る父
森田まなみ
ひとり居の小さき鮃買う夕べ
深山 紫
磯場にて砂踏み鮃舞い踊る
深川リンの父
鮃捌くフジタの裸婦のごとき白
深草あやめ
水族館ヒラメの群れとにらめっこ
煮魚の鮃の白き身ホロホロと
真紀子
扇に盛る鮃に透ける伊万里焼き
真宮マミ
イタリアに菱形と呼ぶヒラメあり
真紅ゆうこ@イタリア語で鮃はロンボといい、「菱形」と同語です。
空白み眠れぬ朝の鮃かな
真林
小紋着て赴くこよひ寒鮃
神山やすこ
ぺたぺたと海底に鮃貼る園児
芯棒
鮃臥す小さくなりし母の背や
壬生紋鬼
荒海や鮃のごとく眠りけり
逗留舎なお
戯れに反す鮃の白きかな
粋田化石
鮃ごと上を目指して婆も生き
翠穂
竿しなるのたう岬や寒鮃
酔いどれ防人
寒鮃五枚下しの挑戦ぞ
杉浦夏甫
観るだけの魚になりし鮃かな
杉尾芭蕉
鮃より鰈が好きと言はれても
杉本とらを
三畳紀氷河期を経て鮃臥す
雀虫
古伊万里の海に鮃の二三切れ
澄海
漁船より照らす音波に立つ鮃
世良日守
鮃とて腹白ければ天然ぞ
瀬々葱坊主
競りの値に尾を打つ河岸の鮃かな
是空
活け造りこの酒ありてこのヒラメ
星海
水族館鮃悠々白い腹
星降松
靴下の裏返し鮃に見られ
晴好 雨独
船上で我は鮃と空睨む
晴日和
芝浜で鮃を競ったころもある
正宮崎
穏やかな潮の砂地や鮃座し
正木児童
昆布と昆布指に糸引く寒鮃
清ら
病院食飽きて鮃の煮つけかな
清一
三人で飲む大連の寒鮃
清水仁
床の間の生花横目に寒鮃
清葉
地曳網雑魚に混じりし鮃獲る
聖右
海底の光の波に揺る鮃
西山哲彦
賑わいて店主さばける鮃かな
西川あきや
退職日皿をはみ出す鮃の尾
西村楊子
黙考す頼みし鮃似合う酒
西田武
擬餌鉤を横睨みする鮃かな
誠馬
海底から宙はゆらゆら鮃いて
青い月
ふつふつと煮汁や鮃投入す
青伽
こりこりと鮃味わう夕餉かな
青玄
水飛沫光る鮃や竿の先
青木豊実
古伊万里の透ける鮃の刺身かな
青嵐
鮃にも旨味ますかな酔うほどに
静香
独り居やひらめの半身残し置く
斉藤ふみえ
砂と紛ふ鮃の突如動き出す
石井せんすい
太陽光パネルの屋根や鮃食う
石原守人
パンクしたラグビーボールのごと鮃
石川焦点
捌き待つ生簀鮃の重なりて
石田将仁
竜宮に一百年生きる鮃舞う
石野上路無
クックパットに皮ひき習ふ舌平目
雪子
砂底に伏して鮃は時を待つ
千の葉
「乾杯!」の声に鮃の尾が跳ねる
千恵
大鮃飲み屋の壁に五年経つ
千葉睦女
砂の浮く背中一突き大鮃
千里一歩
二日目の昆布締めで燗寒鰤
占新戸
舌鮃のムニエル還暦祝い
川口 みち
カメラマン頭上のヒラメ追いかけて
川西勝久
陽暗らむ柳刃研いで待つ鮃
浅河祥子
飴色に透けし青森寒鮃
船岡遊子
皿模様浮かして見える鮃かな
前川悠々
岩礁の欠片鮃となりて跳ぶ
善多丸
死してなおにらむ鮃の腹を割く
祖乞
推敲しまた推敲す鮃かな
創湎
大空の戦闘機ごと鮃かな
倉の人
偏りし世界の果ての鮃哉
想予
君も平目見下ろしてゐた水族館
草青
大鮃万年床の眼鏡哉
草翡
顔だけど仁王と鮃似てるかな
荘介
神饌を下げて一献鮃かな
トロ箱に狭しとばかり鮃寝て
蒼香
ぬらぬらの鮃むんずとつかまれし
蒼奏
小津安の映画や手酌鮃かな
霜月
鮃たち海の底にも幸ありて
尊 雅心
星まとふ比良魚は空に憧れて
村上 無有
鮃煮る三畳一間彼の背よ
村上瑠璃甫
マスカラを塗る人見るヒラメかな
多可木@ノエル
酒蒸しと刺身と煮付け鮃食む
多聞仙
鮃出す女将の指のやわらかさ
太一
ひらひらと鮃になって無重力
太子
盛り場の時の窪みの鮃かな
鯛 風
出刃一本ひらめさしみとなる音よ
大蚊里伊織
若冲がどう描く海中鮃かな
大三郎
昆布締めの鮃べっ甲色となり
大槻税悦
天命は夕雲にあり鮃かな
大富孝子
キスリング婦人のまなこ平目煮る
沢田朱里
似合ひたり場末酒場に寒鮃
只暎
結局は煮つけとなりし大鮃
達哉
深海の鮃ひらひら波を生む
谷山みつこ
後ろ身を見る術あらん鮃かな
谷田藪辛子
本心は隠しムニエルの鮃にナイフ
短夜の月
半額のヒラメは明日の昼ごはん
知音
羨望すヒラメ寿司の透明感
知澪
鮃臥す暮れゆく砂丘の静かなる
池田郁英
海底は星空のやう鮃飛ぶ
竹の子
競り勝ちて3.5キロの鮃かな
竹春エリザベス@鮃は本当は1月キロぐらいが美味しいとか。
波に泡竿もゆっくり待つ鮃
竹福
軽トラで今日も売りくる寒鮃
竹林
トロ箱の二尺の鮃セリの声
今生は浦底ばかり寒鮃
中井笙石
鮃よりカレイが好きと空仰ぐ
中山白蘭
特選を貰ふ競書や寒鮃
中西柚子
めずらしいメニューひらめや入院中
中川裕顕
潮の香にたゆたふ糸や鮃釣り
中村遥季
向き合えばふんぞりかえるヒラメかな
中田氏
深い海潜ってみたい鮃かな
中野久子
鮃なり見あぐる水面下の空
仲七
弾力や鮃刺身の海ぢから
衷子
上向きか左向きか鮃なのか
潮ベルト
寒鮃強面魚(うお)は皆旨し
長谷川 ひろし
ひしひしと鰭の巨大な鮃釣る
長田写々
舌鮃叩く卓袱台大家族
津葦
裏返しされて鮃の食うや泡
津軽ちゃう
岩木嶺背に竿立て釣るや寒鮃
津軽まつ
泥色の鮃刺身は桃兆し
辻が花
番屋からバッハの調べヒラメ漁
釣天狗
競り人や鮃の相場含み顔
鶴田梅勝
此の季節鮃の刺身天ぷらよ
定規
振り向きは時計回りの鮃かな
泥酔亭曜々
鮃の子下見ぬままの親を見よ
哲也
ボクサーのパンチの如き鮃跳び
天晴鈍ぞ孤
川底や鮃飛びつく疑似餌の間
天津飯
黒色の奇妙に進化せし鮃
天野 河
しとやかに見えて鮃のするどき歯
田中ようちゃん
箸つまむ鮃に告ぐや武勇伝
田中勲
天然と言われてみれば寒鮃
田付一苗
寒鮃出刃に絡まる身と脂
田辺 ふみ
海底の砂に目のあり臥し平目
田邉真舟
目出たいと同席ゆるさるヒラメをり
杜志
戦下では機影に怯える鮃なり
渡り鳥 初音
光芒や鮃四十釣り一生
渡辺みゆき
後輩に物申されて鮃食う
渡野しえん太
ヒラメの縁側酒豪の夫のおつなあて
都花
あいつはなぁ腹が真っ黒ひらめ食う
都乃あざみ
安いよ安いよの鮃よ美味いよ
土井小文
店頭の鮃目の位置確かめる
土屋 木漏れ日
裏の顔も見せざるを得ぬ鮃かな
土屋虹魚
鮃食む青磁の皿に薄造り
桃泉
どちらでも構わぬ顔で鮃をり
桃葉琴乃
右斜め四十五度を見る鮃
燈穂
ひらめ釣る笑顔もつれた船の上
藤すみ
ひらめだろわかる人にはわかるはず
藤鷹圓哉
鮃消極的と見せ頭脳犯
藤田康子
ひらめにはひらめの事情仕舞い風呂
豆闌
鮃切り身ムニエル等と気取る妻
陶然
包丁をただ待つ白き背の鮃
瞳子
成田屋のにらみのごとき鮃の目
保護色は要らぬ妻ゐて鮃食む
徳永 北道
浜風にさらされうまみます鮃
徳英
凍てついた星屑映す鮃の背
徳本あつ
床に在る妻に今宵は平目煮る
独醒書屋主人
海の底捕食の瞬間舞う鮃
栃木のあーたん
永遠に左鮃で変われない
豚ごりら
鮃釣り船べり腰掛く程に凪
南風
一刹那砂の蓑裂き跳ぶ鮃
南風の記憶
仰臥位で砂風呂にゐる鮃かな
南風紫蘭
食すれば見極め易きひらめかな
南風紫蘭@木ノ芽
この引きは心踊るや鮃かな
二上松風
縁側を知らぬ娘と鮃喰う
肉野州民菜
寒鮃自我半分の五十路かな
日記
生けるぞと砂をかぶりし鮃かな
日菜
暗黒の星を見ている鮃の目
日田路
熱燗で鮃の刺身至福の夜
日本酒
人帰り半腰上げて鮃釣り
入口弘徳
天空の間生け簀で追うや鮃かな
如月士朗
眼が合へば右向け右の鮃かな
忍冬
鮃を注文するさもさり気なく
猫ふぐ
ひらめひらめ竜宮城はこの先や
猫楽
帰れない故郷のあり寒鮃
猫渓
鮃棲む海峡照らす青き街
猫御前
戦いの無き世あらむや鮃の目
猫舌扁平足
ルア―の歯型のあとや笑む鮃
乃良
知人より今日の釣果の鮃かな
馬場馬子
数じゃない座布団1枚ヒラメ釣り
馬門宗太
大海の香り抱き込む鮃なり
俳ビギ名
瞬きで隠れた鮃見つけたり
梅雨
指差しで魚拓のひらめ競い合ふ
梅笠(代理 じゃすみん)
埋め立ての土積もりきし鮃かな
柏井青史
我夫の阿波釣法や大鮃
白井百合子
砂の色恋しかろうぞ寒鮃
白居易子
何と言おうが此は鮃のえんがわ
白傘
鮃の眼海水温の監視役
白山
塩か醤油か鮃に決めてもらおうか
白瀬いりこ
ピカソの知るやしらずや鮃の貌
白鳥国男
だるまさんがころんだ鮃ひらひらり
鮃にもガラス越しのさよなら言ふ
畑 詩音
朝まだきこの潮流の鮃かな
半熟赤茄子
星空を背負ひ海底ゆく鮃
飯村祐知子
鮃煮る顔を鮃に睨まれり
比良山
芋焼酎ヒラメを充てにポピュリズム
比呂
泥中の目のふいに跳ぶ鮃かな
尾上真理
神様がこう定めたる鮃の目
美月
鮃の身パールと競う妖艶さ
美翠
美味しいよ鮃の刺身大好きよ
美泉
紅白のつまに薄ももいろ鮃
美年
大皿に白き花咲く鮃かな
美遊
寒鮃表はおもて裏は裏
柊風
ふんわりと箸の入りたる鮃かな
姫山りんご
俎板に左目強き鮃かな
百合乃
産砂を這ひずつてゐる鮃かな
百草千樹
酒肴まづはえんがわ鮃かな
富樫 幹
鮃には鮃の流儀うみの底
布杏多
魚市場ひらめ左目確かめに
武田 つなこ
まな板の中也の詩のヒラメかな
武本 松明
鮃待つ期待背負わせて夫送る
風らん
顔押さへぬるり鮃の鱗削ぐ
風花
三度目の降格辞令鮃煮る
風華
獲物待ち砂底潜む鮃かな
風間昭彦
縁側で鮃えんがわ食う漢
風峰
その顔で何を睨むや舌鮃
風摩亜
昆布締めのレシピ添へたる鮃かな
風紋
水底の星背負い待つ鮃かな
風由花
腹側を見せて鮃は売られけり
風来
柳刃の蒼き光や鮃割く
聞岳
朝寒し鮃の煮こごりぷるぷるん
平松智華
ペタペタと泳ぎて鮃愛想良し
平松洋子
白き腹隠し鮃はそつぽ向く
碧女
ひらめあり俳句のタネを探す昼
勉邪明
庶民には姿を隠す鮃かな
弁女
くらいつき痛さ感じる鮃かな
母里 龍之介
なぜ言わぬ鮃やつれて眠りおり
峰岡名負人
やうやうに鮃の煮つけ母の味
峰泉しょうこ
明日の空きにして呑む夜の鮃かな
朋夏
味染むやX解けたる鮃◯
朋知@【文字化け懸念】味染むやバツ解けたる鮃マル 魚を煮る時に入れる切り込みをバツとしましたが、文字化けの懸念があり、エックスの全角大文字を使用しました。×印のバツです。
「泣く女」めく俎板の鮃かな
蜂喰擬
せり市場鮃の口は折紙ぞ
縁側は俺の筋肉寒鮃
望月ゆう
目を逸らす高目の値なる平目かな
北葛城 達生
右翼でも左翼でもなく鮃かな
北村 崇雄
鮃捌けばビーズのごとき鱗散る
本上聖子
鮃砂となる羽衣のごと泳ぎ来て
妹のりこ
俎板で往生してる鮃かな
抹香鯨
祝い膳鮃の昆布締め子ら集う
末摘花
人はみな何かの途中鮃買ふ
末尾波世遠
鮃にもまみえず水面静視せり
未知
カウンター鮃の煮付け分けあって
未々
平目のムニエル食す亭主の平目顔
岬りこ
鮃釣り皿空に待つお夕飯
妙光@木の芽
砥部焼と煮付けの鮃夜の雨
眠る烏龍茶
鮃の巣ぬき足さし足しのび足
夢見亭笑楽
祖母の声みびきてっくいみな鮃
夢芝居よしみ
沈船へ鮃の一尾二尾三尾
夢堂
ヒラメ顔見上げる先の深き空
明明
ヒラメ喰う父の談義の懐かしく
免疫力アップUP
ぽろぽろと喉に刺さりし鮃かな
網野れいこ
鮃跳ね時価と知りつつ馳走なり
木花
脳ねじる鮃よ性根曲がらぬか
木橋
何万年かけた鮃の片側目
木人
食卓に鮃の煮付け加へたり
紋舞蘭
棚曇り鮃揚げ売るピカデリー
也和
フレンチの反せぬヒラメ慈母敗子
野純
鮃食い口腔内は海の幸
野中泰風
友が言う右が鮃と双子見て
矢的@第二まる安
北へ行く海にトンネル寒鮃
柳児
鮃見て値札見てまた鮃見る
薮久美子
寒鮃まずは一献水入らず
薮内椿
煮凝になりし鮃の目は白し
悠遊子ーY
五つ身は閻魔の沙汰か鮃の眼
有無谷六次元
胸板の厚い鮃に憧れる
柚季
飼育槽の砂と見紛ふ平目の子
由坊
絶品と言ふ縁側の鮃かな
遊泉
鮃かな故郷越中昆布じめに
余熱
鮃かと表を見たり裏見たり
与六
不満げな子の唇や寒鮃
洋々
迷いなく一引く刃先鮃かな
葉るみ
向きを変へ鮃さらりと擬態する
葉月けゐ
私事により鮃は砂の床に臥す
葉室緑子
半世紀前のLP聴きし夜の鮃
遥明
切り身売場ジグソーパズルは大鮃
陽気姫
竿頭の寿限無寿限無に乗る鮃
欲句歩
温ご飯鮃煮こごりさつと溶け
落葉 勝山
ダイバーの股抜け捕食する鮃
藍時 湘
煮凝りの鮃久しく喰はざりし
藍植生
柳刃の鈍い光や鮃引く
里甫
星と砂天地擬態する鮃
立石神流
SLの汽笛一声ひらめ寿司
立歩
下調べなしで鮃を捌けても
流川透明
保護色の消えし鮃は寡婦に似て
琉璃
鳴り響く負けじと掴む鮃かな
竜子.@ノエル
定年や平目頼みしカウンター
林 和寿
三光年経てば鮃も空を飛ぶ
鈴木麗門
人の世の縁の薄さや寒鮃
蓮華寺
訝しむ片目で我を見る鮃
路風
大海は夢のまた夢鮃伏す
六々庵
鮃飛ぶステルス爆撃機西へ
和光
夜の底寿司の奥の鮃かな
和彦
太っ腹競ふ市場の寒鮃
國本秀山
白磁皿煮汁の透けて鮃かな
巫女
ひたぶるに上目遣いの鮃かな
淺野紫桜
鮃の目ほじくり返す素面なり
籠居子
海底を五体投地の鮃かな
聰子
赤貧を見透かすような鮃の目
脩平
白血球値戻りて寒の鮃買ふ
菫魚
おかしやか鮃を魚拓やぶにらみ
萬代草舟
鮃にも心はあるか甘辛く煮る
蘂六
好物の鮃や遺影はほほえみて
藪椿@木ノ芽
時価とある鮃に眼を飛ばされて
邯鄲
鮃喰うイタリア人の垂れ目やう
鋏と定規
九谷焼鮃の尾っぽのはみ出して
霖之助
進化は功利真理さみしき鮃かな
靫草子
笠戸島魚拓となりし大ヒラメ
おふくろの味は濃いめの鮃かな
髙橋冬扇
干物鰈くにゃくにゃ焦る七輪の上
俳菜裕子
内臓に逆転ありて鮃かな
比保倉亭酢

ページの先頭