俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. うらうら

第211回 2018年12月13日週の兼題

うらうら

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句
本選句欄では、添削した形で句を掲載する場合があります。
添削は作り替えの提案として句会等でも議論されます。示唆された添削案が自分の表現したいことに合致すれば、作者の判断においてその案を自作として採用してかまいません。

人

まかないの煮えてうらうら昼休み
かのたま
鳥籠の空虚うらうら陽のたまる
かのたま
投げ売りの古書に正午の陽うらうら
かのたま
水害の真備に注がる陽うらうら
うさぎまんじゅう
うらうらと法然所縁の出湯かな
うさぎまんじゅう
うらうらと牛鳴く声の艶めけり
うさぎまんじゅう
うらうらとベッドは白し母を拭く
ちゃうりん
日うらうら楽譜ちっとも読めません
ちゃうりん
海亀の骸うらうら昼の波
ちゃうりん
うらうらと光るスーラの日曜日
トポル
うらうらと臭う堆肥の先に富士
トポル
陽に濁るソルティードッグうらうらと
トポル
太陽の塔のうらうら正気の沙汰
ときこ
鳳凰像うらうらと日に呑まれたり
ときこ
水切の水輪うらうら離職する
ときこ
うらうらと渓相の良き飯豊山
ラーラ
うらうらと死ぬには佳き日なんて嘘
ラーラ
うらうらと採血の血のまあ綺麗
ラーラ
うらうらとカストリを注ぐ有楽町
玉庭マサアキ
八十七打ちて山路のうらうらと
玉庭マサアキ
日うらうら住職の私服見ました
玉庭マサアキ
ため池の多き播磨の国うらうら
中岡秀次
ポルトガルギターは哀し日はうらうら
中岡秀次
カステラの底のざらめや日うらうら
中岡秀次
うらうらとボウルを満たす生卵
桃猫雪子
馬に蹄猫に肉球うらうらと
桃猫雪子
菜箸で国産みをするうらうらと
桃猫雪子
店番の犬に眉毛やうらうらと
こじ
うらうらと甍の上に星条旗
こじ
鶏小屋に吊るす鮑の殻うらうら
さるぼぼ@チーム天地夢遥
うらうらと鳩入れ替はる水飲み場
さるぼぼ@チーム天地夢遥
うらうらと打ち揚げられて深海魚
一阿蘇鷲二
うらうらと岩礁にトド犇ける
一阿蘇鷲二
うらうらと死は思うより近くありて
温湿布
うらうらと白い象さみしくわらふ
温湿布
うらうらと海によき風よき光
亀田荒太
山に山の神降り町はうらうらと
亀田荒太
うらうらの砂場掘るほどに冷えて
玉木たまね
日うらうら綺麗な本の死の挿絵
玉木たまね
うらうらと水路整ふ宿場町
金子加行
日うらうらトランペットを聞かす海
金子加行
バス待てばうらうら信号機の呆け
古田秀
うらうらと点滴パックひかりけり
古田秀
うらうらの単位バス停ひと駅ぶん
司啓
うらうらと鬼が手ぶらで来よったで
司啓
日うらうらあいこでしょうは永遠でしょう
神山刻
日うらうらトイプードルがみなモヒカン
神山刻
うらうらと宝永山の開ける口
星埜黴円
日うらうら野外犬猫譲渡会
星埜黴円
散歩道昭和ゆらゆら平成うらうら
いしい美髯
りゅうぐうの空気は薄し日うらうら
いしい美髯
うらうらとスワンボートの水飛沫
いもがらぼくと
うらうらと乳房まさぐる子牛かな
いもがらぼくと
うらうらを詰めオーブンのほろほろ鳥
ウェンズデー正人
らうらうと酒瓶うらうらの船出
ウェンズデー正人
うらうらと日のさす骨箱の真白
うしうし
コップの中うらうらと君さかさまに
うしうし
もたれあふみづのほのほのうらうら
ウロ
うらうら土龍つちのこ見たかまだ下か
ウロ
日うらうら朽ち木ほろほろほぐれゆく
おがたま
日うらうら木々の樹液の昇るらん
おがたま
胞衣喰みし山羊の眼のうらうらと
かもん丸茶
南極は水の浄土や日うらうら
かもん丸茶
うらうらと網走監獄鏡橋
くさ
うらうらと波はコマ送りに砕け
くさ
うらうらの形を問えばメロンパン
くりでん
うらうらと波の置きゆくシーグラス
くりでん
山羊飼ひの髭うらうらと長しながし
ことまと
うらうらと身ごもれる龍は金色
ことまと
ガラス器のうらうら水の甘くなる
さとうりつこ
箔押しの背表紙うらうらと9類
さとうりつこ
ラッキーアイテムワニの陶器はうらうらと
さとけん
日うらうら雲吸い込まんとして象
さとけん
うらうらと黄身のほころぶパンの耳
しゃれこうべの妻
うらうらと書架の片付け捗らぬ
しゃれこうべの妻
死神の御座す岩肌うらうらと
しょうき
うらうらと伸びつ縮みつ海岸線
しょうき
うらうらと山羊の瞳の水平線
すりいぴい
うらうらと魚が陸へ上がりそう
すりいぴい
うらうらと創業百年蜂蜜屋
つぎがい
うらうらとかさぶたはぐやちのいとし
つぎがい
円空の唇緩むうらうらと
ときめき人
うらうらと賢治の握るガラスペン
ときめき人
うらうらと浪花ぶりなる水上船
なみはやらんる
うらうらとロダンも恋を考える
なみはやらんる
うらうらと二頭跳び交ふイルカショー
にゃん
うらうらと子ヤギ十頭ミルク色
にゃん
うらうらと鼓膜を撫づる波の音
ヒカリゴケ
日うらうら養蜂箱の上へ猫
ヒカリゴケ
うらうらとプテラノドンの飛んだ空
ひなた
火屋むかう野も街も人もうらうらと
ひなた
うらうらと古墳の刀紙を切る
ひねもす
日うらうら指揮棒どこも曲がりよし
ひねもす
うらうらとふらんすことば唱えおり
ふるてい
市電うらうらポッキーのない旅なんて
ふるてい
色鉛筆の青だけ無いぞ日うらうら
ほろろ。
うらうらと米一粒のひかりかな
ほろろ。
うらうらと垂直になるピサの影
まこち
憂鬱のアダンの海辺うらうらと
まこち
うらうらと地を吊り上げて熱気球
みちる
島唄の息吹くグインやうらうらと
みのる
イカロスの翼うらうら復元中
めいおう星
うらうらとサグラダファミリアの未完
めいおう星
飛行船うらうら出づるミミズかな
やぶつばき
パンの馬車轍の道をうらうらと
やぶつばき
大亀の背中に乗ったうらうらと
ラリロリラリラリラ
うらうらとした日だ好きな人出来た
ラリロリラリラリラ
うらうらとゾウガメはゆっくり生きる
一斤染乃
うらうらと糸ゆるみつつ糸電話
一斤染乃
日うらうら白砂利を敷き墓仕舞
栄魚
うらうらと錆びた舳先や座礁船
加賀もずく
うらうらと中也紐解くゆやゆよん
加賀もずく
日うらうら置き引きにあう聖書売り
花屋
暗渠抜け川うらうらと笑ひたり
花屋
晴れ男いまうらうらと黄泉の国
花南天anne
野仏の口元ゆるむごとうらうら
花南天anne
うらうらと阿蘇や震へて煙を吐き
樫の木
うらうらと赤べこの首虎の首
樫の木
うらうらと人形流す水面かな
虚実子
にじみたる天地のあはひ日うらうら
虚実子
潮風に黙してうらうら磯神社
月の砂漠★★
うらうらと殺生石にやわき風
月の砂漠★★
湘南の電車うらうらかぼちゃ色
月の道
うらうらとオムライスうらうらと地球
月の道
うらうらと此処は戦のありし川
古瀬まさあき
うらうらと跳ねて白墨解は1
古瀬まさあき
日うらうら豊かに開く目鼻耳
古都ぎんう
うらうらと観覧車ひらひらと手話
古都ぎんう
帝国の水路破れてうらうらと
枯丸
ゴッホの色ぶちまけた海うらうらと
枯丸
ふつくらと海うらうらと自由席
香野さとみZ
パイプ椅子うらうら対人恐怖症
香野さとみZ
食べ飽きぬ女と言はれし床うらうら
香羊
五時限目数式たゆたひてうらら
香羊
うらうらとおもちゃの鍋の草カレー
高野由多
日うらうら掃除機のよく歌いたる
高野由多
うらうらと蛇笏龍太の谷の水
根子屋彦六
うらうらと父母の国滅びゆく
根子屋彦六
うらうらと橋の下這ふ橋の影
砂山恵子
うらうらと格子戸の影波うちて
砂山恵子
うらうらとおほきな雲となりにけり
斎藤秀雄
うらうらと螺旋に沈む粉ミルク
斎乃雪
うらうらとボートにつづく湖のしわ
斎乃雪
うらうらと町の外れの焼き場かな
山内彩月
木曜のきりんの睫毛うらうらと
山内彩月
日うらうら万葉集の巻の一
朱契
玉虫の厨子のおはなし日うらうら
朱契
うらうらはまるでためらい傷である
酒井おかわり
うらうらへ身体が透ける一日かな
酒井おかわり
花束をほどきゆく渦うらうらと
純音
黒板の音のみ溜まるうらうらと
純音
うらうらと遺影を撮りにゆく川辺
小川めぐる
ひかひかと午後うらうらと騙し船
小川めぐる
うらうらと馬糞の湯気の白さかな
小田寺登女
求人票をながめる仕事 日うらうら
小田寺登女
うらうらと墓石同士で笑いあう
城内幸江
うらうらと化石に溜る光かな
城内幸江
校長の椅子にロボットゐるうらら
清一
うらうらとピエロの手より鳩の出づ
清一
有平棒うらうら上へ上へ上へ
西川由野@理容店のサインポール
うらうらと仏和辞典の紙透けて
西川由野
日うらうら畑は歌をうたふなり
青伽
うらうらと風車の脚の逞しき
青加
ジェルネイルうらうらはがれかけてゐる
倉木はじめ
失恋によき日うらうら風見鶏
倉木はじめ
ひとりゐのようなふたりゐうらうらと
村上優貴
うらうらと雲をはなさぬ忘れ潮
村上優貴
うらうらと海と訛りの予讃線
沢田朱里
脹脛並ぶ足湯やうらうらと
沢田朱里
西陣の連なる甍日うらうら
池田郁英
日うらうらけふに白旗あげにけり
池田郁英
うらうらと笑って色はこだまして
潮ベルト
うらうらと香る木工用ボンド
潮ベルト
犬の嗅ぐ方へうらうら散歩かな
天津飯
漕ぎ上る坂うらうらとビルの海
天津飯
うらうらと雄蕊雌蕊は火のごとく
登りびと
大戦を終へうらうらと水に雲
登りびと
うらうらと麒麟は首の影延ばす
内藤羊皐
うらうらと塩飴弾く陽射かな
内藤羊皐
日うらうら合鍵わたすなら今日
猫愛すクリーム
婚礼のパン豆あまし日うらうら
猫愛すクリーム@パン豆=「ポン菓子」を愛媛県東予地方ではパン豆と呼び、縁起物として結婚式の引出物にします。
日うらうら波に鳴く鳥眠る鳥
板柿せっか
うらうらととらはれ壜のサナダムシ
板柿せっか
こもれびをうらうら這はす仁王かな
比々き
砂に泛きうらうら鹹くなる田水
比々き
うらうらと海へ千枚棚田かな
比呂子
ハイジャックところで空はうららかや
比呂子
うらうらと秘薬めきたる黒玉子
福蔵
うらうらにクレープ匂ふ蔵の街
福蔵
うらうらに弛む青空夫しづか
豊田すばる
うらうらと数える鉄塔は七つ
豊田すばる
岸うらうら小波らうらう利根川(とね)不動
堀口房水
うらうらと猫うらうらと猫見る子
堀口房水
寝て食べてうらうらと寝て母の口
凡鑽
うらうらに内だ外だと痔の話
凡鑽
うらうらと渚の波やドビュッシー
末摘花
米中関係思案窓の陽だまりうらうらと
末摘花
うらうらとミジンコの水が明るい
万斛
うらうらと爪切る昼の足のうら
万斛
日うらうら心配事は物干しに
門前町光乃
羽生えた音符うらうらモーツァルト
門前町光乃
うらうらと鳩が反吐食ふ朝の駅
油揚げ多喰身
うらうらと都庁へ向かふ街宣車
油揚げ多喰身
うらうらとさても散骨されたさよ
唯我独善
うらうらと電動車椅子楽し
唯我独善
うらうらと空の青さに伸ぶ弧島
茫々
うらうらと火山は昼を眠つてる
茫々
放つ尿川はしずかにうらうらと
けーい○
うらうらと木霊言霊佐保の森
あまぶー
棄てらるる船の神棚うらうらと
塩豆
キッチンの造花にうらうらと日差し
未補
死ぬ時は何思うだろ日うらうら
シュリ
螺子一つ外しうらうら雲任せ
99カリン
うらうらと神馬近づく鼻の息
chiro
着信の響きうらうら草枕
GARU
うらうらと父の白き眉長し
HGDT
うらうらと宙に浮かびし讃岐富士
KAZUピー
うらうらと賞味期限のゆで卵
Mコスモ
うらうらと遅れては鳴く鳩時計
sakura a.
クラシックギターうらうら風となる
sol
神やどる糺の森もうらうらと
syuusyuu
うらうらとハミングの拍計る午后
TAKO焼子
うらうらとあな死にぎはの虎の脳
Y雨日
うらうらと川下りたる小舟かな
あー無精
日うらうら誰も釣れない大運河
あいだほ
猫うらうら欠伸の奥歯獣めく
あいむ李景
うつ伏せの吾子のうぶ毛ようらうらと
あお
うらうらに振り向けば斎場の露
アオキシゲル
うらうらと昭和の唄を腹一杯
あくたがわ智子
うらうらと三塁ゴロは草をゆく
あざみ
うらうらと鬼の住処や島めぐり
あすなろ
うらうらと二分音符の並ぶ曲
あまぐり
エンジンを切るうらうらと舟を漕ぐ
あみま
うらうらと信号の無い島に着く
あらあらた
うらうら遊ぶ空は遊園地なり
アリマノミコ
うらうらと紙飛行機の浮かぶ池
あるきしちはる
うらうらと亡びゆく国眺めおり
いいよかん
花ばたけうらうらうさぎが出てきそう
いおりん5才
大空はうらうらヘリは泳ぐごと
イサポン
うらうらに瞳の澄める岬馬
いつか
うらうらと撫ずれば鼻の下に口
いつせ
渋谷村なりし谷底日うらうら
うづら
新色を告ぐる中吊り日うらうら
えむさい
うらうらと余白を埋める筆の音
おおやぶちょ
三陸の更地照らす陽うらうらと
おくにち木実
うらうらと漁港に船のありぬべし
おけら
メッチェンの紅きリボンやうらうらと
おんちゃん。
うらうらと木べらのジャムを舐めてをり
お気楽草紙
さいはひはうらうらとしる阿修羅われ
かつら子
うらうらと日の差す朝の大黒湯
かをり
うらうらと釣り糸垂れて恋談義
ギコ
うらうらと遠く氷河の崩れる音
ギボウシ金森
うらうらと仁和加芝居ののぼせもん
きゅうもん@木ノ芽
うらうらとうずのほぐれるうみのみず
老妻に切らせる爪や日うらうら
くさぐき
日うらうらこの路何処へも通ず
くすぐり人
竜笛に匂ふ天満宮うらうら
ぐずみ
畝の香ウランバートルうらうらと
くま鶉
うらうらと隅田の橋はアーチなる
クレイジイソルト
湿原の揺蕩う水面うらうらと
くれまてぃす恵子
うらうらと自転車で来る便りかな
ぐれむりん
うらうらとペーパーレスの会議室
コーラ味の水
うらうらと箱根外輪藍い色
コケデカ
うらうらと安達ケ原の黒塚は
こてつ川
うらうらとパラグライダー近づけり
コナラ
うらうらとほだされ恋におちにけり
こま
笙の音は鳥居こえゆく日うらうら
こまどり
縁側に織り機の音やうらうらと
これでいいのだ
うらうらと天から梯子降りて来ぬ
ざうこ
日うらうら吾子のまつげの豊なり
さくやこのはな
日うらうら青きドナウのホルンの音
さだとみゆみこ
閉校の自転車置き場うらうらと
しげる
うらうらと大地小雨にゆるみけり
シニアモモ
空色の水うらうらと匂ひけり
じゃすみん
うらうらと甘味処の話し声
じゅりあん山本
うらうらとカラス日差しを着こなして
しんび
うらうらと五十を余る握り飯
すいぎょくさんご@木ノ芽
うらうらと受くるアペリチフは些し
すずき忍すけ
うらうらと小旗見送る米空母
スローライフ
大川のうらうら江戸を育みぬ
せんえい
うらうらと海辺を辿りカジノまで
そめいゆ
日うらうら此処はイーハトーヴ也
だいふく
うらうらと亀の耳には櫂の音
あつむら恵女
うらうらと二つまわるやフラフープ
ちま(4さい)
うらうらと海風にあり竜馬像
てつ
うらうらと現るる基地美ら海に
テツコ@第二まる安
ロカ岬せかいはまるくうらうらと
テン@第2まる安
うらうらと矢の字に結ぶ御籤かな
どかてい
うらうらと老婆のカートに犬乗せて
ときこの母よしこ
海星うらうら美ら海の空を伸す
としなり
うらうらと牛の涎の太き糸
としまる
うらうらと登り坂奈良二月堂
とみことみ
サイフォンのしずく数えむうらうらに
どみそ
布袋さまの海道行くや日うらうら
とんぼ
うらうらと氏神さまに会釈かな
なおこ
空うらうらうざぎのおらぬうさぎ小屋
ナガ
うらうらと飼ひ犬の笑うたやうな
なご
うらうらに二足歩行や年男
なめろう
日うらうら後ろの正面ふりむくな
ぬらりひょん
うらうらに足踏みミシンの一と日かな
のつり
ガウディーの窓うらうらと息をする
のら
うらうらと平成をはる閉経す
はまのはの
うらうらとサークルのビラ見比べて
はむ
稚児抱けばうらうら乾く寝小便
ふくろう悠々
うらうらと嫁入舟の水脈を曳き
ふじこ
うらうらと鞐を嵌めて佳日かな
ふわり子
漣のうらうら光滴りし
ほの 真白
うらうら樹齢七百年の呼吸
みえ
うらうらと魂を干すベンチかな
みくにく
墨の香に筆すすむ午後うらうらと
ミセス水玉
うらうらと手遊びのはな咲いた咲いた
みやかわけい子
うらうらと旅の青空文庫本
みやこわすれ
うらうらと光の道に揺らぐ船
むじーじ
うらうらと杉玉ゆらり酒かをる
むったん
うらうらと雲はいるかのかたちして
むらさき(6さい)
音一つ外して合唱うらうらと
めしめし
硫酸を注ぐビーカーうらうらと
めりっさ
己が尿に砂蹴る犬の野はうらら
もせきのこ
うらうらと誂えのごと棺桶は
ももたもも
うらうらとさては南京玉すだれ
ゆすらご
失職やうらうらメリーゴーランド
よあけの晩
砂深く指輪埋めれば波うらら
よしおくん
きゅーあーるこーどうらうら賽銭箱
らごん
うらうらとトラクタ鳥の先頭に
ラッキーの母
うらうらと禿鷹の突く我躯かな
ららやにほ
うらうらと古洗濯機見送ります
るびちゅ
うらうらと若き志士らの座禅石
るるの父
うらうらに朝の箒目波のごと
わかこ
電線の影跳ぶ遊びうらうらと
わらび一斗
うらうらと太郎は浜に帰り来ぬ
亜音洲
うらうらと波と歌う陽鯨飛ぶ
哀顏騎士
日うらうら若やぐ声の野点かな
安田 信洲
うらうらと甘き限定缶コーヒー
安溶二
日うらうらロケット一基紛失す
安良居八朶
日うらうら透けてふわりと鉋屑
伊奈川富真乃
列島の八割うらうらと訛り
伊予吟会 宵嵐
うらうらと古書店めぐり神田かな
一人静
うらうらに紐も真白のスニーカー
一六四
うらうらと馬車パレードや旗旗旗
卯MOON
うらうらとさみしき歌に溶くる父
遠音
太く切り分けしのり巻き日うらうら
乙子女
日うらうらわりばし割って別れたり
佳月
うらうらと枯れた献花の交差点
夏柿
靴擦れやうらうらと云う免罪符
歌新
うらうらと階下のピアノたゆたひて
花河童
うらうらとトイプードルの歩幅かな
花伝
日うらら山下り来る馬の鈴
病室に遠き溜池うらうらと
蛾触
うらうらと黒土踏みし足の裏
雅喜
みづうみはうらうら丸い雲に鳥
海風山本
うらうらと大樹の枝のこぼれさう
海老名吟
うらうらと溺るる椅子に溢るる陽
灰田《蜻蛉切》兵庫
うらうらと青超えた白い空
笠原 理香
うらうらの岸へと流れつく赤子
瓦すずめ
うらうらと伸びる偶蹄目の角
岩のじ
うらうらと外れ馬券の空があり
岩魚
飛火野や神の使いもうらうらと
幾恋良石
ふぐりをば伸ばしうらうら野天風呂
軌一
うらうらと照れるポストに訃の知らせ
吉良水里
美しき額の一文字うらうらと
桔梗
うらうらと埃の休む睫毛かな
久我恒子
うらうらと空蒼くして鯨雲
宮坂変哲
うらうらと何をさぼるか決めかねて
桑島 幹
うらうらと浦の紺屋の渡し舟
君島笑夢
うらうらと御朱印もらう列長し
恵風
日うらうら日本橋までなら歩く
渓湖
日うらうら気長に歩む九十九折り
月のうさぎ@久能山東照宮
うらうらとオルガン捧ぐ天主堂
月影ミウ
うらうらと猫の尻尾の撫づる空
月見柑
なりはひに星を砕くや日うらうら
犬星星人
うらうらと午後の吉本新喜劇
鯉太郎
うらうらと作る砂場の長いダム
幸の実(9才)
終末や海うらうらと干からびる
広瀬 康
湖の鳥消えうらうらと逆さ富士
江戸人
占いの甲羅うらうら回りをり
綱長井ハツオ
散歩うらうら気が付けば城の前
香舟
ハチ公の背のうらうらと待ちぼうけ
香壺
うらうらに毛並み光れる競走馬
高橋寅次
日うらうら受付嬢のひざ小僧
高橋無垢
廃線の鉄路うらうら草に抱かれ
根曲がり
日うらうら車夫の背中の広さかな
根本葉音
海割れの道うらうらと渡りけり
彩楓(さいふう)
うらうらと滅びゆくなり我が故郷
細谷細清
日うらうら産着うらうらさくら色
三重丸
うらうらと土あたらしき犬の墓
三重野とりとり
樹皮返す光うらうら草うらら
山の中のオクラ
うらうらとパステルぼかす指ゆるく
山樫梢
うらうらと動物園を猫があるく
山田喜則(やまだよしのり)
掃除機のにおひがちがふ日うらうら
山野ゆうり
掛軸の仏うらうら障子の陽
珊瑚
うらうらと立ちこぎの白い踝
四丁目
うらうらと賀茂を流るる愚禿かな
始の子@「死んだら我が身を賀茂川の魚に与えよ。」 親鸞聖人がありがたく流れて行く様を。
うらうらを例へるならば和毛かな
仙人が笑い転げて日うらうら
慈温
日うらうらイヤホン越しの英単語
七生姫
うらうらと一年生の大きな字
斜楽
うらうらと光集めて父の逝く
若澤杏子
うらうらと遺体遺骨として眠る
宗本智之
歌舞伎町うらうら見慣れぬ横丁
秋月
うらうらと地球は丸し灘遠く
春果
うららかに私は生まれ落ちました
春日のぽんぽこぴーな
うらうらと厄払ひして恋もして
小鞠
日うらうら水上バスや長き列
小山晃
なぜだか涙のあふれ来るうらうら
小市
うらうらと昼を解るるダンゴムシ
小春
うらうらと針穴とおる絹の糸
小雀
うらうらとからからと吾の卒塔婆かな
小泉ミネルヴァ岩魚
日うらうら外出支援ロボットと
小倉あんこ
枝ふるる川うらうらと缶チューハイ
小桃
日うらうら出窓に回るオルゴール
小梅
うらうらと腹帯白く干されたる
小野更紗
うらうらと菊の御紋の馬車の列
松田てぃ
うらうらと昇る朝陽の好きな場所
森の水車
うらうらと墓前で酒を酌み交わす
深草あやめ
うらうらと腐る自由の無き身かな
真繍
うらうらと高層ビルは雲写す
真中北辰
ままごとの小さき道具やうらうらと
真林
うららかやいにしえの原発のあと
仁和田 永
縦笛を吹いてうらうらズル休み
逗留舎なお
うらうらと湯気のかなたに親子猿
水夢
うらうらの車内たこ焼き香りけり
粋田化石
うらうらと数多どくむし誕生す
世良日守
老いの身にうらうら廻る地球かな
正木羽後子
うらうらと錆の匂いつ廃車群
西泉アモ
OBのひとつもなくてうらうらと
西尾婆翔
うらうらと妻は現世で葱刻む
青萄
火葬場の空はうらうら父の逝く
青嵐
うらうらと眩暈の如き川面かな
斉藤ふみえ
うらうらと公衆電話老いゆけり
雪うさぎ
うらうらと富士の裾野の長くなり
千の葉
うらうらに弟橘媛(たちばな)の袖流れ着き
占新戸
年金で生きてうらうら陽のさせり
浅見弓楽
うらうらとアート船旅瀬戸の海
善多丸
うらうらに臨月の腹はみだせり
蒼井雅月
うらうらと電車の曲がる岬かな
霜月
うらうらに照れる猫の尾立ちゐたり
村上瑠璃甫
日うらうら鳥屋の鏡に薄埃
多事@鳥屋=「とや」花道突き当たりの奥小部屋
うらうらとすれ違いざまの薫香
多聞仙
うららかに山は丸ごと脱皮する
泰然
うらうらと薄きグラスの小さき泡
大井河薪
うらうらとぶたのおっぱいゆるるかな
大雅
うらうらと賞味期限は明日あたり
大塚迷路
うじゃうじゃの虫うらうらと草千里
大槻税悦
うらうらと影の余白を生きるなり
大富孝子
うらうらと「再」の字飛んで行きさうな
谷口詠美
うらうらってこんなことだと金亀城
池之端モルト
うらうらと土竜の塚の続く法
竹庵
大なわとびかけ声の間ようらうらよ
朝桜咲花
日うらうら妻とひやかす道具市
長谷川 ひろし
神奈川沖浪うらうらと富士の立つ
直樹里
水うらら白神発ちて日本海
津軽ちゃう
うらうらと蠢く海に風を読む
泥酔亭曜々
うらうらと千年古木なほ天へ
天晴鈍ぞ孤
うらうらとシケモクつまむ嫗かな
田中勲
うらうらと山懐の腹話術
田中耕泉
うらうらと今日の太陽は骨に沁む
田名あみ子
新品のナイキと走る日うらうら
土井小文
盲僧の耳朶に触れたるうらうらや
冬のおこじょ
うらうらと青は蒼きを従へつ
冬戸梅雨
うらうらと終日新人研修
藤色葉菜
うらうらと母の沈むやぼく置いて
藤鷹圓哉
美ら海のうらうら顔の小さき猫
豆闌
うらうらと光を注ぐティーポット
奈緒女
うらうらと訳あり並ぶ陶器市
楢山孝明
うらうらに「劇物」ラベル瓶の列
南風の記憶
あと出しのじゃんけん負けてうらうらと
南風紫蘭@木ノ芽
うらうらと淡路一周ペダル踏む
二上松風
吾子の名のひらがな丸しうらうらと
尼島里志
うらうらにバルーン上がる伊豆の山
虹子(7才)
うらうらと碑の戒名は鯨なり
猫渓
うららかにドラマの嘘を楽しみぬ
柏井 青史
うらうらの太陽を向く子ペンギン
白樺みかん
木もれ日のうらうら金鱗湖ゆらゆら
白瀬いりこ
うらうらと鵜の頭はや婚姻色
白鳥国男
うらうらと猫のふぐりのぽちやぽちやと
薄荷光
土手うらうら工場跡の地鎮祭
麦吉
うらうらと砂上のガラス瓶ふたつ
飯村祐知子
うらうらと回転し立つゆでたまご
飯田うと
死うらうら散骨浮くる太平洋
彼方ひらく@下二段の他動詞の方の「浮く」です。
うらうらとブルーシートの靡く屋根
比良山
うらうらと鳩の啄む雲の端
柊 月子
風琴ようらうらと律のずれたる
百草千樹Z
風渡る疏水ゆらゆら日うらうら
武本松明
うらうらと遊び心や爪化粧
風紋
うらうらと鬼瓦さへ眠る村
風由花
薬害や君うらうらと寝るかたち
福本羽心
日うらうら模写してみたしルノワール
文月さな女
うらうらと鰐やはらかなたまごうむ
平林檸檬
物の怪が宇良宇良のはし喰うておる
朋知
うらうらと積木の城の美味しそう
蜂喰擬
ゴンドラのうらうら往くや地獄谷
蜂里ななつ
うらうらと母の小水ゆだる床
暴朴
うらうらとミルクが満つる哺乳瓶
北葛城達生
うらうらに影踏む吾子の子の笑顔
北乃天満
うらうらと持ち上がりたる飛行船
北野きのこ
今生を趣味のごとくにうらうらと
本上聖子
うらうらと腸軽し靴の紐
末尾波世遠
川うらうら船頭はバイリンガル
眠 睡花
うらうらと剥製口を開けどほし
牟礼あおい
日うらうら雀よ鳩よきーこきこ
椋本望生
戦場はうらうら寝転べば微風
綿井びょう
うらうらと伸ぶ滑走路妻帰る
木人
うらうらと昇る水泡の謎の穴
木村ひむか
うらうらと積み木の家を建て直す
野ばら
うらうらは欠伸途切れる辺りより
野地垂木
うら山もうらうらでなかなか泣けぬ
野々ゆか
うらうらと海の波這うひらがなに
野々りんどう
鐘うらら子規の知らざる竜田揚げ
野々原ラピ
学生の挙手を待ちをりうらうらと
野良古
うらうらとてんてきのくだゆらゆらと
矢的@第二まる安
うらうらと潤けしボーロ吾子の手に
柳児
凸凹と貨物列車やうらうらに
優純bow
日の丸のうらうら揚がる姉妹都市
有瀬こうこ
日時計や針うららかにはみ出して
遊学
うらうらと亀の欠伸の丈測る
遊飛
うらうらと駱駝の背なや日本海
余熱
陶器市廻る裏道うらうらと
葉月のりりん
郵便受けを猫ふさぎたる日うらうら
葉子 A
戦禍にもありしやうらうら過ごせし日
遥明
うらうらと音程はずす救急車
陽気姫
瀬戸内の海はうらうら島抱く
利平
うらうらと牧草ロール吐く草原
李子
うらうらと気流をつかむ飛行船
里甫
うらうらと馬跳びの股くぐる風
立志
雲うらら絵の具の青を筆にとる
竜胆
半焼の地蔵やうらうらときれい
緑の手
雨後の風あましうらうらうらうらと湖(うみ)
緑の手
小吉や字面へなへなうらうらと
蓮水
うらうらと透けて小象の産毛立つ
露砂
石仏や千年先もうらうらと
老人日記
土うらうら斜めに歩く下り坂
うらうらと皇居のお堀絹のごと
巫女
うらうらと海は命を産みにけり
洒落神戸
うらうらと懸樋に住んでいる何か
籠居子
舞姫の黒子うらうら薄化粧
芍薬
うらうらと野のものはみな野にねむり
蓼科川奈
うらうらと東の姫や絹を織る
邯鄲
うらうらと人魚は泡になりました
靫草子
日うらうら流転の風やハルウララ
くさぐき@「負け組の星」として、一躍人気馬となったハルウララに、愛着感を持っております。
耳病みてうらうらとよく眠たる
いつき組福岡リスナー班/由美子
筆走るうらうら波の青絵の具
たか祥
鍵かける音も軽やか日うらうら
つつ井つつ
うらうらとモディリアーニの女過ぐ
マーフィー
うらうらと亀裏返しよく洗う
めぐみの樹
裏町のマリアうらうら買い出しへ
愛棄丸
シャッターの錆さえうらうらするよな
或人
うらうらと子やぎの離乳間近かな
犬井山羊
うらうらと猫の寝返るボンネット
江津子
うらうらと万葉集を捲る指
短夜の月
チェシャ猫の笑みうらうらと風に消ゆ
中山月波
うらうらとキトラ古墳の壁画かな
俳菜裕子
うらうらとあの世で再会する話
富山の露玉
うらうらと石段のぼるリコーダー
北大路京介
うらうらと馬車の死角を見てをりぬ
蘭丸結動
うらうらの陽を栞にす若菜集
あつむら恵女
うらうらの水脈をゆたかに屋形船
ぎんやんま
うらうらのおとはぴいぷうはっぱふく
ちま(4さい)
うらうらの農村とはユーモレスク
ツカビッチ
うらうらの獣舎の庭の豹の鬱
でこはち
うらうらの水平線のゆるきかな
ナタデココ
うらうらの野より戻りて発狂す
ヘリンボーン富樽
うらうらの糸電話より神のこゑ
ましろなぎさ
うらうらのD坂殺人事件かな
まるちゃん2323
うらうらの空へ放てよパンの耳
山香ばし
うらうらの海峡へ撒く骨粉や
冬のおこじょ
うらうらの真只中を遅刻せり
末尾波世遠
うらうらの四万十や吾がエクレシア
野中泰風
うらうらやビリケンさんの出張す
28あずきち
うらうらや葬儀予約の帰り道
いさな歌鈴
うらうらや瀬戸内海の甘き塩
かつたろー。
うらうらや小さき手足の小さき糞
かぬまっこ
うらうらや遊具の馬の目のうつろ
かまど
うらうらや道いっぱいにチョークの絵
キッカワテツヤ
うらうらや九十五歳のひつぎゆく
くう
うらうらや家賃のことは忘れよう
くさ
うらうらや出発前の鼓笛隊
けら
うらうらや昭和へ帰る歌流れ
しー子
うらうらや校舎の影を青で塗る
しお
うらうらや月曜の店余白あり
しかもり
うらうらや義母の小紋で夫を待つ
しみみ
うらうらや絶食明けの粥甘し
じゃすみん
うらうらや次は地蔵に生まれよう
シュリ
うらうらや抜けた子の歯を屋根に投げ
ず☆我夢@木ノ芽
うらうらや青空波に落ちてくる
たむらせつこ
うらうらや教科書の紙まだ硬く
とのじ
うらうらや点字ブロックはどこまで
どろん
うらうらや夫に献体持ちかける
ははろ
うらうらやキッチンカーのワンコイン
ハルノ花柊
うらうらや雀親しき鬼瓦
ひろろ
うらうらや胡座かきたる少女達
まりい@木ノ芽
うらうらやたいようはおおきくつよい
まりな(4歳)
うらうらや光の道なる用水路
み藻砂
うらうらや地球はジェット機より速い
むらさき(6さい)
うらうらや正午に上がるアドバルン
むらたふみ
うらうらやはたもってそらとぶんやで
ゆいのすけ4さい
うらうらや中大兄皇子の相聞歌
よぶこどり
うらうらやんがと埴輪の欠伸口
ららやにほ
うらうらや御居処の下の車椅子
る・こんと
うらうらや電柱の影怠惰なり
れい
うらうらや橋掛け直す芦田川
灰色狼
うらうらや漁船の下に何かゐる
うらうらや墓地にしりとりする小人
瓦すずめ
うらうらや昭和を受信するラジオ
瓦すずめ
うらうらやお見合いしたる二遊間
柑斗梨舞礼
うらうらや開ける扉の軽きこと
輝棒
うらうらや遺影の裏の新聞紙
久蔵久蔵
うらうらや手話で語らふ美術館
宮﨑紅清
うらうらや男泣く泣く泣く泣く泣く
京野さち
うらうらや自転車連ね中堤を
栗田もとえ
うらうらや受胎告知を受けしこと
桂奈
うらうらや開いたままのフライデー
元喜@木ノ芽
うらうらやトイレに貼れる世界地図
光本弥観
うらうらや馬なだめたる装蹄師
高橋寅次
うらうらや抜きてまた挿す鷺の脚
克巳
うらうらや老猫のびて乳首八つ
細木さちこ
うらうらや影踏みの影起きだして
桜桃の里
うらうらや棚田の土手の補修中
山本 力
うらうらやいつからここにだんごむし
山本夏石
うらうらやSunrainただうずまいて
山陽兵@「Sunrain」はドイツの電子音楽アーティスト、アシュラ(マニュエル・ゲッチング)の曲名。 検索するとyoutubeで聴くことができます。
うらうらや童女地に書くいろは歌
山椒法師
うらうらやよだれかけからまずたたむ
時雨
うらうらや亀はしづかに説いている
七瀬ゆきこ
うらうらや津々浦々に太子堂
重翁
うらうらや声張り上げる大道芸
笑松
うらうらや猫のおいどの香しく
新田 淑
うらうらやあの洟たれが議員さま
森一平
うらうらや馬の腹へと聴診器
うらうらや臓器分だけ軽くなり
真宮マミ
うらうらや海峡の橋たわみ揺る
西山哲彦
うらうらや発声練習声伸びる
西尾桃太郎
うらうらや人を助くと耶蘇のひと
西尾婆翔
うらうらや木へんに何を足しませう
青海也緒
うらうらやスタバへとぶらり原付
赤馬福助
うらうらやゆつくりまはす万華鏡
多々良海月
うらうらやありとあらゆる傘干して
谷川の蛍子
うらうらやパンダに並ぶ三時間
辻が花
うらうらや家の娘に薹が立つ
定規
うらうらや若草山に客一人
東山
うらうらや光の中の花鋏
桃泉
うらうらやヒミツは羽を付けたがり
藤田康子
うらうらや米屋の鳴らすゴムラツパ
うらうらや裏拍で水切るうどん
猫ふぐ
うらうらや従妹と交差の二重跳び
梅笠
うらうらや切戸の奥の殿の墓
八幡風花
うらうらやビル全面に映る空
尾上真理
うらうらや覗き込まれしベビーカー
風花
うらうらや瓢箪池の底は砂
風舎哲坊
うらうらや背中を痒くする何か
福良ちどり
うらうらや稚児の耳たぶ透きとおり
文女
うらうらや一錠減りし処方箋
文彦
うらうらやてふのみちありみづのうへ
明惟久里
うらうらや砂場にヒーロー見つけたり
立石神流
うらうらや土踏む音に湿度あり
良子
うらうらや螺鈿細工の母の櫛
輪子
うらうらやHeySiri「辞表」「渡し方」
蓮石
うらうらや上手に書けたト音記号
霖之助
うらうらや人より猫の多い島
アダー女
麗かや禰宜の烏帽子のカラス色
yoko
麗かや改元候補の反古を燃す
せり坊
麗らかや二人で啜るちゃんぽんめん
ちびつぶぶどう
麗かや失せもの出ると占い師
らくさい
麗かや待合室の紙細工
菜虫
麗かや幼子のなんでも拾う
武井かま猫
麗らかな空は大きなスカーフだ
龍田山門
麗かや臨月ちかき土偶の目
吟  梵
麗かや潮流島を泳がする
樹朋
麗かや日輪島を抱きしめる
清波
麗かや円周率を3とする
相沢はつみ
麗らかや北海道は巨き島
津軽わさお
麗らかや遺影はいつも笑みうかべ
田中ようちゃん
麗かや寿限無寿限無がラジオから
風華
麗らかやΩ(オメガ)に曲がる石狩川
悠遊子ーY
うららかやポストに薄き督促状
松山めゐ
うららかや裸婦デッサンの羽音めく
Vn 花のん
うららかや仁王の眼子らを追ひ
いまいやすのり
うららかや柩に掛けるよろけ縞
きゅうもん@木ノ芽
うららかや磁石頼りのけもの道
ぬけまいり
うららかや人形に臍彫られをり
ローストビーフ
うららかや神保町のキーマカレー
伊勢史郎
うららかやおぐらさんという名のきりん
茄子美
うららかや子供のすべてほとけめく
高い金
うららかや儒艮をくるむ水濁る
志保川有
うららかや飴の詰まりし地球瓶
雪子
うららかや非番の所長蕎麦を打つ
津軽まつ
うららかや追試帰りの打球音
東洋らいらん
うららかやけふは魔法がかけやすい
凪野たいら
うららかや弥勒菩薩の薬指
日田路
うららかや銀河のはての駐在所
風峰
うららかや出土の埴輪口を開け
服部聖治
うららかや汀キリトリ線のごと
福花
うららかやロボット犬のお葬式
霧子
うららかや棲む貝殻の品定め
明子小町
うららかやケホンと犬の吐く乳歯
誉茂子
うららかや猫語を話す母卒寿
鈴木麗門
うららかに薄皮剥けてうで卵
隣安
うららかや犬にものいふ夫のこゑ
ピーター
うららかやきれいにはがすガムテープ
ゆうが
うららかや猫の集まる防波堤
照波
うららかや手水に沈む猫の影
上田 修
どの橋もみな麗けし隅田川
あつちやん
レシートの余白に一句うららけし
かざばな
踊りつつ太鼓打つなり麗けし
ぼたんのむら
うららけしカーテン閉めて読む乱歩
日出時計
半眼の野良猫ちらりうららけし
、こまち

並

うらうらや飛鳥の都水時計
14橘 貞山
うらうらや響作の音の延暦寺
28ひろきち
うららかや原爆ドームの雁木降り
⑦パパ
うらうらや杖つく夫の足軽く
aya
うらうらや♡だらけのカレンダー
be
うらうらとうつらうつらと渡守
GONZA
うらうらと喧噪さけて隠れ里
gなかがわ 聖一
日うらうら牧草食べる牛の群れ
kkk
うららかに眠り誘う里湖かな
kuri
うらうらと南の魔女が目覚めたわ
Kかれん
あしのうらうらうらに風吹きぬけし
LEON
嫁入りの行列の道うらうらと
Mミータ
トンネルを抜けて紀ノ国うららかな
PON
うらうらとひねもす土手に横たはり
Qさん
うらうらとうつらうつらと舟を漕ぐ
yuri
うらうらに運転免許返納する
アーナンダ
島の波止場うらうら鴎同じ向き
あいみのり
うらうらと稚魚の群れなす桂川
あい女
お茶どうぞ庭師脱ぎたる足袋うらら
あおい
日うらうらナンキンハゼに鳥つどう
アガニョーク
うらうらと日差し招いて窓辺かな
あけび庵
うらうらな茶畑一人鍬に寄る
あさもわ
空色の揃いの靴やうらうらと
あさり
うらうらにやっと僕らは目を覚ます
アマリリスと夢
うらうらと村正に封を施せり
あめふらし
気鬱な日も句作うらうら顔上げて
あら さなえ!
うららかや猫らの波止場午後一時
あわの花水木
うらうらと木漏れ日のもと水光る
いくらちゃん
うらうらや探す携帯マナーモード
いしまさ
うらうらと小学生は新しく
いつの間にアラカン
うらうらと緊張ほぐれ空の蒼
いと茶
うらうらと空に花嫁のブーケ飛ぶ
うたうた
蕾ありうらうらと照る通院路
うどんこつよし
麗かや卒寿の祖父と熱きハグ
うに子
うらうらの粒々運びけるうしほ
エイシェン
うらうらと天に尾を引くロケツトかな
えらぶゆり
日うらうら古民家カフェに我ひとり
えんどうけいこ
うらうらや欠伸こらえる試験官
オアズマン
うらうらと縁側に出て爪を切る
オイラー
うらうらと墓から見ゆる白き山
オキザリス
うらうらに心さそわれ遠回り
おさんぽタケシ
うらうらと列定まらぬランドセル
おに龍生
うらうらと妣の笑顔に日の差して
オルカ改めたろり
うらうらと仔犬の腹の芝生かな
オレンジりょう
バスうらら本日免許返納せり
カオス
うらうらと陽当り畳波たちぬ
かずえ
うらうらや三毛と並んで甲羅干し
かすみ草
うらうらと紙ひこうきの旋回し
カトレア
うらうらや新元号に胸弾む
きさらぎ
うららかに眠りし犬の寝言かな
きっちゃん
うらうらとなびく真白のワンピース
きなこもち
うらうらと各駅停車乗り継げり
きのと
うらうらと舞妓観光みとれそう
きびだんご
高速道つなぐ新道うらうらと
キヨ
うらうらとミルク色して飛行雲
キョンちゃん
うらうらと木漏れ日の窓遠くに有り
きんえんくん
麗かや多摩川へオーボエの風
ぐでたまご
うらうらと競う縄張ネコの島
クラウド坂の上
うらうらと転勤族のつまや妻
くらげを
空へ海へユーミンの詩うらうらと
ぐりーんぴーす
うらうらと視界の端に彼の頬
くりすけ
タンデムの自転車父娘うらうらと
くろべぇ
「寛解」と電話の声やうらうらと
クロまま
春うらら意志あるごとき藤戸石
こうや こう
うらうらや寄せては返す波飛沫
コタロー
ひきこもりの涙乾く午後うらうらと
ことさら
パラボラの光集めてうららけし
こはまじゆんこ
うらうらやふらっと覗くプラットホーム
こぶこ
雲うらら点滴液のあとわずか
ごぼうの花
綿雲に見惚れし水面うらうらと
こまち婆
うらうらとカラクリ時計待つ足湯
ころん
うらうらと野山と空とビニールハウス
さかまろ@第二まる安
うらうらや口笛もやや上手うなり
さくみ
麗らかや鳳凰の舞う天井画
さくらがい
麗かな通り芳しベーカリー
ささき良月
うらうらと細める目に遺影の吾子
さざんかさん
うらうらや季節はずれの扇風機
さっき爪割れました
うらうらと増水山河かな
さとうくにお
水引の結びて朝のうらうらと
さとう菓子
うららかやレースカーテンうつるかげ
さな(7才)
まどろみに出逢う夢さえうらうらに
さばいばあ
年寄はお洒落するもの日うらら
さぶり
うらうらと犬の毛ふわり金色に
さゆみ
うらうらと仔犬に散歩連れ出され
シーちゃん
うららかや真っ直ぐな目と潤む目と
しおうらゆうこ
車検終え海岸通りうららかに
しおかぜ
うららかや朱の大鳥居海に映へ
しげ爺
うらうらと真白な毛並みなびかせる
しまの四季
失敗成功一年はうらうらに
ジミーあゆみ
うらうらにシリアル白く輝けり
じょいふるとしちゃん
きつし帰路やっとうらうら五十の業
しょうこ
麗らかやコーヒーミルの音静か
シラクサ
うらうらとお掘り眺めし本丸へ
シリウス
うらうらと帽子の並ぶ通学路
しろ
検査終え現場のあとはうらうらと
シロクマ太郎
うらうらに棹のしずくの跳ねる音
しんしん
日うらうら田んぼに畝を長く盛る
すえよし
うらうらと定年明けの詰将棋
スタルカ
うらうらと眠る老母の爪を切る
すみっこ忘牛
うらうらと狭庭に鳥の影残し
せり花
麗らかな日の早朝に鳥の声
そらら
何故に皆眩しいでんですうらうらと
それぞれのしあわせ
うらうらや今日は作業着たたみけり
たいき
あんぱんの臍みな笑ふうららかに
たいぞう
うらうらと瀬戸を分け行く漁船かな
たけし
うらうらや座主朗々と延暦寺
だけわらび
うらうらやうとうとするなガードマン
たけ爺
うらうらと新元号を唱えたり
タック
鐘ついて喜捨は百円うらうらよ
たま
日うらうら余白眩しき学習帳
たま蛙
うらうらと長寿祝うや叔父の酒
ダリア
うらうらとうらら歌いし昭和かな
だるま
難題に頭もやもや外はうらうら
たるみ
うらうらとバードフィーダー揺れてをり
たんじぇりん金子
うらうらや里行き便の国訛り
たんと
うらうらや大空流る熱気球
たん造
うらうらと波紋広がる池の鯉
ちゃんごりん
麗らかにスカート踊るスピンかな
ちょろたこいん
うらうらやベビーシートをしまいけり
チンアナゴ
うらうらと老人あまた日を浴びる
ツーちゃんの恋人
釣り糸のピクリともせん海うらら
つつ井つつ夫
玉砂利を歩む神馬やうらうらと
つばさ
裏庭に墓石立てるや日うらうら
つぶみ
うらうらと舟歌響く川下り
つわきの嫁
日うらうら行きつ戻りつ行く渡船
ティーダ
川の字で畳の香りうらうらと
でくの坊
うらうらと背負いし孫の重くなり
テノールこさる
うらうらに空きさうもなきベンチかな
てまり
うらうらと鐘鳴る丘や海しづか
でらっくま
うらうらやサンバイザーを上げし空
てんこ
待ちぼうけ萌黄の館うらうらや
とこちゃん
うらら日や送る元号待つ元号
とし子
うらうらと過去の自分を越えにけり
とだまゆ実
うらうらとコーヒーカップの湯気揺れて
とめぞう
うらうらやお忘れですよ手袋を
ともかわすてむ
うらうらと 透ける障子を臥して見ん
ともひゃん
麗らかや一人暮らしの初料理
ともよまる
うらうらと七里の渡し宮参り
ドラタンリュウジ
うらうらと日の丸戦ぐ段葛
とりまる
うらうらや主のお喋り待つ子犬
なかの花梨
うらうらに仔猫がじゃれる細き脛
なごやいろり
うららかや閻魔様も目瞑れり
なづな
ワンピースうらうら羽が生えたよう
なつぽよ
うらうらとおやつは300円まで
なつめモコ
日うらうら小鳥臆せず道を往く
なみは
つづら折り春日山城陽うらうら
にたいも
うらうらと待ち人来たり御くじ引く
にゃんみー
日うらうら水栽培の根の白さ
ねぎみそ
うららかや窓辺に妻と地図の旅
ねけまいり
うらうらと地からわくもの数多あり
ねむり猫
障壁は軽く舞い散るうらうらと
ねもじ
うららかや芝生小屋から下駄の音
ノエル@阿万女
愛犬が背伸びして見るうらうらと
のぎくちゃん
うらうらと回転木馬母と子と
のぶ子
うらうらと国語算数涎ズズ
のりた
うらうらとかめのごときのランドセル
のりりん
うらうらと2019年の風を切る
バーバラ
うらうらとひかり囁くおめざめを
ばあ哉
渋滞の都市高 鳶はうらうらと
ハイジ
うらうらと張り替えてみるギター弦
パオ
単線の2両うらうら高崎へ
はずきめいこ
うらうらに重なり微睡む母子猫
はすみん
うららかや竿先遊ぶ太公望
パッキンマン
スタンドはうらうら視線は子の打席
はなだんな
うらうらと息衝く不登校児かな
はやて
リハビリや歩みゆるめて日うらうら
はら美華子
良い天気ドライブ気分うらうらよ
ばんしょう
うらうらと誰もが渡りし三途川
ビッグマム
濁点はつけないでうらうらだもの
ひでやん
うらうらと陽を浴ぶシャツのほつれ糸
ひな子桃青
うらうらと洗濯鋏み障子にうつる
ひよとり
うらうらと鳴き声たどる散歩かな
ひよはるばば
うらうらや皿をもたれるパイシート
ひるね好き
うららかな午後に白墨飛びにけり
ひろ
うららかや減量ついに効果あり
ひろくん11さいのママ
うららかや発車メロディーかなでるよ
ひろしげ11さい
当選に万歳三唱うらうらと
ひろのじょう
麗らかや飴玉光るガラス瓶
ひろ史
うらうらと杖忘れくるカフェテラス
ひろ志
うらうらと道具置き場の窓辺かな
びんちょー
うらうらやパッチワークの基礎達成
ふうせんかずら
うらうらや如雨露の水のゆつくりと
ふくろう
獅子岩へ打ち寄す波のうららかに
ふさこ
始業ベル鳴るまだうらうらと午後のカフェ
ふたあい
うらうらの欠片もなくて暮れにけり
プチマダム
うらうらやひねもす重機の音四方へ
ふっこ
うらうらと旧姓胸に傘寿会
ふみ
子犬曳き帰り曳かれてうらうらと
ふみゑ
うらうらのうらへ船出や万国旗
ペコちゃん
うらうらになぞる金継ぎ夫婦椀
ペトロア
うららかや鉢植えの害虫へ鳥
ほしの佳菜
うらうらともの干し台の枕かな
ほしの有紀
うらうらの心と心掌
ほたる
深谷の山の古刹もうらうらと
ぼたんぴ
うらうらに馴染むシートに知らぬ駅
ポン
うらうらや現に返すクラクション
ぽんたちん
九十歳なにはともあれうらうらら
マーサ
うらうらに蠢きゐたる草の根や
マオ
面影のうらうら揺れし駅舎かな
まぐのりあ
うららかや琵琶の湖面の銀の波
まさこ
うらうらと朱雀門のあかあかあかと
マスラ
日うらうら暖太と名前決めました
まどん
日うらうらハシビロコウの神懸かる
まほろ
金色堂に赤子の産毛うらうらと
まめ小路まめ子
うらうらと雲の行方を見定めり
マユミ
園庭もはしゃぐ子供もうらうらと
まりお
うらうらとタルトの中の海の渦
まるひるま
うららかや雀鴉に鳶応ふ
みかりん
うらうらと歩幅合わせる散歩道
みくらまる
ブリツジの腹にそよ風うらうらと
みこ
歩みだす五十路の人生うらうらと
みずほ
バス釣の小舟うらうら鳰の海
みづほ
うらうらと堀に影落つ大天守
みどりがめ
貸切風呂昭和歌謡をうらうらに
みなと
うらうらと柄杓の水もネクタイも
みもうさ
お向かいの引っ越しの喧うらうらと
みゆき
うらうらと空き地のわきの土手も照る
みよしい
うらうらや小石踏みつつドナウ川
むべ
うらうらや老犬帰路を見失う
もちえちゃん
うらうらと土ぽかぽかと膨らみぬ
モッツァレラえのくし
うらうらと粥を食らいて白寿ごえ
ももとせゆきこ
うらうらと昼風呂入りて下駄をはく
もりお
物干しの産着うらうら宮参り
もりたきみ
うらうらと今日こそ言おう君嫌い
やえ子
うらうらと午後月曜感の無さ
やす
うらうらやちゆつちゆちゆつちゆと乳を吸ふ
ヤッチー
弟へうらうら兄の読む絵本
ヤヒロ
うらうらと波乗る人を待つ浜辺
やまぶき
パンダ舎の水場うらうらからすも来
ヤマボー
ひらひらの白い傘欲しうらうらと
やよえ
うらうらと眠る胎動跳ねるまで
うらうらと犬抱く爺の大あくび
ゆぃ
うらうらや自転車はやる福袋
ゆうたろう
うらうらやチョコの香りとテイーカップ
ユウユウ
昼下がりうらうら水面大あくび
ユク
日うらうら一駅前の歩道橋
ゆづき裕月
うらうらと普段は飲まぬダージリン
ゆみづき
富士樹海抜けて晴天うらうらよ
ようざん
うらうらや浜で大の字ひこうき雲
よつ葉
うらうらや鹿も一緒にお参りす
よひら
三毛猫や揺れるカーテンうらうらと
よりみち
日うらうら一息入れし夫田畔
らびつと
うらうらや子犬の耳のやはらかき
ららら句
光差すピエタの傷やうらうらや
ラング蘭@この「ピエタ」とは「ピエタ像」のこと。キリストの脇腹には生々しい傷があります。
うらうらと隅田のながれや電波塔
らんこ
うらうらやベンチと爺とカップ酒
りぃらっくま
うらうらと旅の列車のホーム先
りこ
うらうらに野良の寝そべる駐車場
リバティーさん
絵の出来の意外に上手くうらうらや
りんごのほっぺ
うらうらと蛙の腹の浮かびけり
りんたろう
うらうらや見知らぬ人と会釈する
るりいろ紫蘭
うらうらとことりもないて花もさき
れい子
うらうらとジグザグ歩く子犬かな
れっどベリー
うらうらや長くて太い象の足
れんげ畑
うらうらやつれづけ草も読終える
ロクヨン
波うらうら犬走りをり波紋消え
ろん
うらうらや本を落とすを繰り返す
わたさん
うらうらや天まで届けリクエスト
わらべ詩
カーテン越し鳥戯れて日うらうら
わわ
瀬うらうらスプーンうらうらセイロン茶
阿井植人
うらうらと音残しゆくセスナかな
阿波豊
うらうらや七色ドロップス和紙の上
愛みかん
うらうらやミシンの音は軽やかに
安芸ゆきこ
泣こうにもけふの日差しのうらうらと
杏と優
潮鳴りの鎌倉山や風うらら
伊藤はな
うららかや夕べ不仲の飲みかたり
伊藤欣次
うらうらや大の字になり一人占め
伊藤善隆
うらうらや堤防をどこまでもゆく
伊豆子
碧の屋根見下ろす足湯うらうらと
伊予吟会 玉嵐
うらうらや垣根を外す笑いヨガ
位子
こぼれ草足に纏いて道うらら
位相朗
うらうらに重機出で立つ選手村
為一暢道
藁寄せて汗ばむ夫もうらうらと
井久
うらうらと御太鼓橋を登りきる
井上喜代子
今日はうらうら病室の母は笑む
井田みち
日うらうら八咫烏舞い降りそうで
育由
首傾げばいばいする子園うらら
郁李
うらうらと縁側ジジが涎垂れ
一ご一会
うらうらと嫁の押しやる車椅子
一の介
うらうらの空スニーカー締め上げる
一衣
うらうらのいきれが誘う金華山
一宮寅五郎
うらうらや物療室の音雑多
一咲ふゆか
どの川も向かふは海ようららけし
一生のふさく
師の米寿祝ふ顔顔うららけし
一茶お
うらうらと樹々は世界になりそびれ
一刀斎嘉平
うらうらを英語に訳す午後長し
一呆堂
うららかや土竜の声を聴かんとす
稲垣 加代子
うらうらと病窓に雲一つ無し
芋徹三
うらうらと文殊菩薩の獅子笑う
羽 真美佐
籾殻もうらうらとしてねむみ増す
羽沖
うらうらや足でコートの線を引く
羽光
うらうらの青きドナウの廻る波
羽藤武彦
うらうらと登山電車の上り行く
雨霧彦@木ノ芽
うらうらや手押し車にテディベア
卯年のふみ
うらうらと日差しは甲羅を温めけり
瓜中不眠
うらうらのなわとびやはらかくゆるる
栄レネ
うらうらや年に一度の友巡り
永想
うらうらやきんと雲待つ停留所
英子
うらうらと野に白が舞うひらひらと
英芯
うらうらや孫と駆けっこまだ負けぬ
詠野孔球
うらうらと櫛流れゆく老いの恋
越佐ふみを
豪雪地季節巡ればうらうらと
越仙
うらうらと雲のゆくへ眺む空
うらうらと黒き土の香匂い立つ
遠きいち
うらうらと自動運転トラクター
塩の司厨長
うらうらや長谷観音もうたたねす
横じいじ
うらうらと影に映る富士の雲
音澤 煙管
うらうらとポニーテール揺れる揺れる
佳山
うららかや大きく鳶すべる空
加和 志真
うらうらや障子の破れ広げる子
可笑式
ぼけにぼけうらうらと生き延びて
暇親爺
うらうらやポップコーンの匂い立つ
花咲明日香
うらうらと原チャでポテトL二つ
花紋
うらうらの窓に褪せゆく万国旗
茄子紺
乳飲み子を抱く温もりにうらうらと
華らんまま
うらうらや友に彼でき一人の下校
雅な童
うらうらに孫子分連れ大冒険
雅雅丸
うらうらに日差し下をり猫欠伸
雅由
うらうらとのののののの字並ぶ猫
海月漂
キッチンの椅子にうらうら日がな居り
海野しりとり
天広し心うらうら恋心
芥川光正
梵鐘の広きみ空にうらうらと
垣内孝雄
うらうらとベネチアの旅カンツォーネ
楽@木の芽
行く川の水うらうらと日を浮かべ
梶  鴻風
武蔵野のうららの風に吹かれおり
釜眞手打ち蕎麦
うらうらや時折動く木の玩具
勘太郎
うらうらや鉄棒に子の手跡かな
甘泉
うらうらと人形干さるる窓のあり
甘党
雑居ビルうらうららかに朝日入る
甘平
うらうらにつぼみのひらく音ふわり
缶野餡子
うらうらや日差しのこんなところまで
閑茶
うらうらと篳篥聞こえバスを待つ
岸 れん
昼のバスうらうらと走る運転手
岩品正子
うらうらや老いもまた吉ぐうちょきぱ
喜一郎
あおいそらきらめくうみのうらうらと
喜多輝女
うらうらと陽だまりに猫大あくび
嬉々諧々
うらうらと座を立つ仏花となり
気のまま風
うらうらと柔肌なでる朝日かな
気まぐれ 稔久
縁側でこっくり老母うらうらと
起床転々
うらうらとワンカップ片手竿片手
輝峰亭
うらうらや浮気の虫が目を覚ます
鬼怒
野路麗幼の沓を拾ひては
亀井カノン
うらうらや歩いて送る路線バス
菊池洋勝
うらうらと豆苗のびる音聴かん
吉 や
うらうらと慢心歪みだす稜線
吉野川
うらうらと河原ぬるみ犬と遊ぶ
丘 るみこ
うらうらとおにぎり一個の摘み草よ
久衛(ひさえ)
うらうらに駆けるあんよや速くなる
宮治あきら
ハイキングリュック枕にうらうらと
宮写楽
うらうらや母にもらいし螺鈿櫛
宮田華珠子
うらうらとはうらはらにあるわがさだめ
宮島ひでき
うららかや吾は手ぶらぞ鳩ぽっぽ
宮武桜子
うらうらやアイスランドへ飛び立ちぬ
弓弦葉
うらうらや犬の首輪を新調す
弓女
うらうらと縫いの手を止め鼻をかむ
京あられ
地蔵さん日和よろしくうらうらと
京のみやび
うらうらや友逝く煙まっすぐに
京丸
窮屈を脱ぎ宇宙を吸う春うらら
玉城
うらうらや今日は何日何曜日
琴女
うらうらやギプスカットのあとの垢
筋トレ俳人
うらうらや猫の居座る菊間瓦
筋トレ俳人withかすみ草
うらうらと勝手知りたる塀の上
金亀 子
うらうらや畑土黒し鍬軽し
金治宜子
うらうらと指の隙間に息吹かな
銀蜻亭
うらうらやシャガールの絵と銘酒の宴
句ゼミ 風あざみ
うらうらと照る陽に独り無言歌よ
句詩呼
うらうらに我を迎える六義園
駒世
うらうらと狸を追ふ人もいる
うらうらと選挙ポスターニヤけ顏
空 春翔
うらうらとやがて微睡の中へと
空山
うらうらとアシュケナージの運指かな
空蝉
うらうらや長蛇の列のパン屋さん
熊縫まゆベア
うらうらやつかまり立ちの得意顔
啓泉
うらうらと前かごにゴミやってきた
圭右
母の墓うらうら陽射し磨く石
恵寿
野も山も麗らかなりし鳥の声
恵美子
うらうらと八坂の塔の見える路地
蛍子
うらうらと街ゆく人を眺めをり
蛍川
うらうらと揺れる教室俺一人
軽油
うららかと麗かに初む我が校歌
箱根路やうらうら夢も醒める頃
月々
すれ違う快速列車さへうらうらと
月城花風
うらうらや親子が歩く災害地
犬散歩人
虎が翔ぶ野天プロレスうらうらと
うらうらや作業机に物は無し
古森てんこ
予後の父うらうらゆららうたた寝か
古都鈴(ことり)
うらうらとシャンソン気取り手風琴
湖雪
引かぬ糸水面うらうら鮒眠る
五橋
海辺町猫も伸びして午後うらうら
娯李音
麗らかやブルーモスクで大の字に
公毅
うらうらの空に北指すVの群れ
工藤浩之
城跡や松を飛び立つ鳶うらら
安産を祈り参道うらうらと
幸多
うらうらとぬれせんべい食むヌートリア
弘平
久々に床出て庭のうらうらと
江久保亜月
麗かや麒麟は首を傾げをり
江戸川青風
海辺の映画館うらうらと添い寝
江口小春
手賀沼やうらうら鳥の博物館
江里口泰然
うらうらと指揮棒のさき音うまる
紅さやか
うらうらな猫のあくびを見てる犬
高月藤村
うららかに無くしたことを忘れゆく
高村優雨花
うらうらと足取り軽ろし遍路旅
高田 仁和加
うらうらと走る軽トラ過疎の村
国代鶏侍
麗かや開店を待つ三人目
今井佳香
うらうらと五重の塔の立姿
今井昭徳
うらうらと小川小径の散歩かな
今治・しゅんかん
うらうらや連絡船にちび犬と
うらうらと廻るわたしとモーツァルト
紺堂まりえ
ブラインドランナーの握るロープや麗けし
佐々木のはら
毛づくろい日もうらうらと親子猿
佐山夕子
うらうらに釣り糸垂らす瀬戸の島
佐藤
陽うらうら馴染みの猫と船を待つ
佐保
うらうらや微笑み返す野の地蔵
左門
うらうらや見上げる顎の剃りのこし
彩然
うらうらと道路工事のそこかしこ
歳三
うららかや二度寝のあとのクロワッサン
榊裕江子
うらうらとその日その日を生きてをり
咲耶とこ野@木ノ芽
笠を吹く足摺の風うらうらと
桜姫5
うらうらや庭ほうき手に立ち話
桜夜月子@木ノ芽
そよ風やうらうら命の煌めけり
笹弓
うらうらと竹馬芸の猿と会い
雑草おばさん
うらうらと太郎の背よりにおいたつえ
皿檸檬
うらうらと過ごしてみたい人生は
三角雲
いつもいつも庭に立ち寄り猫うらうら
三寺ひろみ
親指の先うらうらと土掴み
三水低@第二まる安
うらうらと茶トラの腹を眺めおり
三大夜景
うららかや避難区域に牛の群れ
三輪佳子
うらうらや赤い信女の目覚め時
三毳
春うらら難民の子らにいつ来る
山の漉し餡
うらうらやギプスの足の重きこと
山口とねりこ
うらうらと窓辺陽を射し転寝し
山口雀昭
うらうらと橋梁渡り川光る
山崎くみ
子の夢にうらうら進むバギーカー
山崎点眼
うらうらや屋根で寝転ぶ猫の声
山吹未羽@木ノ芽
うらうらと八十路旅する吾独り
山裾 都
蒸篭中熱海の饅頭うらうらと
山都屋
麗日や牛は寝そべる阿蘇の牧
山本嘉子
うらうらや合格告げる孫の声
山野はな
うらうらのうんこ運動うんとこしょ
司 龍太郎
うらうらと車窓から見る南部富士
史詠
切り立ちし尾根はうらうら谷寒し
士王
うらうらや花屋の不織布散りし風
紙威
アスファルト剥がせば地球のうらうらし
紙魚
牛車ゆく飛び乗る荷台うらうらと
紫雲英
うらうらと男は入れぬ茶会かな
紫苑
麗日や湖面たゆたふ在来魚
紫鋼
うらうらと蚯蚓這いたる畝の上
紫香
うららけしミルク饅頭やめられぬ
紫檀豆蔵
鳥の笛鴨川撫でてうらうらと
紫蘭
うらうらの雲の形に亡父有り
詩楽麿
うらうらと二見浦の夫婦岩
試行錯誤
うらうらと陛下の御代も代わりけり
寺田流水
うららかや鉄人28号像
次郎の飼い主
里帰り孫の動きに日うらうら
治もがり笛
まだ起きぬ頬に左手うらうらと
七四
うららかや宿無しの爺口漱ぐ
実多しゅうか
川と海行き合ううらら垂れる竿
篠田ピンク
うらうらと江戸の昔の童仏
柴原明人
うらうらな休日ポットが急かしをり
捨愛大佐
車検出し煉瓦の歩道うらうらと
紗々
うらうらや標本の翅ひろげたる
紗千子
うらうらと香煙緩やかに流る
紗蘭
うらうらに 縁側の猫もつい片目
若崎 弘美
木洩れ日よモノクロームがうらうらと
若樹あい
木漏れ日の斑模様や堀うらら
守安 雄介
うらうらと気泡の入った硝子玉
朱夏A
うらうらや海賊船の昼休み
朱久瑠
うらうらと4Kテレビ展示観る
珠桜女あすか
復活の爪切り縁にてうらうらと
宗元
頬杖の読書うらうら風ゆきて
秀堂
うららかや東照宮の石畳
秋月なおと
うらうらと車窓にもたれ我が家過ぎ
秋月流音@木ノ芽
花街の朝うらうらと色硝子
秋原みかげ
よく晴れて遠くでうららか鶏鳴きて
秋桜
うらうらに巡り流るるエクジソン
秋津州はじめ
うらうらや煙突のけむ六時五分
塾志
川に落つ野球のボールうらうらと
出石珠子
まっさらの靴ひも結ぶうららなり
春と夏子
嫌なことは「耳が遠い」とうららけし
春川一彦
春日山ももいろ蕾うらうらと
春日瞳
うらうらや徘徊さえも軽き足
春爺
次のバスは三十分後野はうらら
春野いちご
ハーブ園ガイドの訛りうらうらと
春蘭素心
うらうらや汽水の過客プランクトン
順三
麗かや太極拳のゆるゆると
順女
うらうらや讃美歌口ずさみ歩く
初穂
うらうらと曲水に乗る笹の舟
勝山
先取りの花売り出してうらうら
宵待草
川下りうらうら流る船頭唄
小橋春鳥
袴はく学生の髪うらうらと
小熊伸子
うらうらと風に舞い乗る鳶高く
小熊利雄
うらうらやそっと手を添え映画見る
小原 旅風
うらうらや島々遊ぶ瀬戸の海
小石日和
うらうらと遠くに海の匂ひする
小千住
うらうらと生きて地層の数センチ
小川都雪
うららかや沖行く船の足遅し
小倉 嘉治
うらうらと弾む相川くん寝癖
小倉じゅんまき
日うらうら背高のっぽの影法師
小町
うらうらやしがらみ忘れ寮にをり
昇華
うらうらや印鑑まとめてポンポンポン
松浦麗久
うらうらや五事七計を仕舞いたり
松山@五事七計:「孫子」冒頭の「計篇」のエッセンスと言われているそうです。
うらうらと水郷を行く花嫁舟
松山女
三毛猫の静かに老いてうらうらと
松茶
うらうらと砂のオブジェの浜に立ち
松茶 巴@プレバト木ノ芽
うらうらと揺れる草木やまぬ茶話
松風子
揺りかごの這い出る児居てうらうらと
松野英昌
下校する子らの縦笛うららかな
湘輝
うらうらや川辺に鳴く音ホバーリング
笑子
うらうらや牛のくそあり点々と
笑々
うらうらやレモングラスのお裾分け
笑酔
草の息をかぐうらうら雨上がり
上市まさ
吾子あくび猿も大口うらうらと
常陸人
うらうらと日射しさそいし海の波
植木照美
うらうらと子らはしゃぎたるフェリー上
寝たきりオヤジ
うららかや水面をすべる渡し舟
慎吾
別室より調律の音うらうらと
新藤柑子
うららなり山のむこうに山の連
森応援
うらうらと中之島にも昼休み
森蔵三
うらうらに走るユニフォームの真白
森田まなみ
うらうらと光輝く緑葉樹
森田千絵
腹足りて懐メロきけりうらうらと
深山 紫
日うらうら登校練習する親子
うらうらにふらつくヒール初出勤
真綾
うらうらに誘われうかうか転びかけ
真紀子
日うらうら最後のケモに臨む朝
真妃@ケモは化学療法のこと
祖母麗ら手鏡きらら髪染めり
真優航千の母
命うらうら数えつつ七十歳
神山やすこ
三陸の遠き海つ路うらうらと
仁葉
若き日の歌声響けうらうらと
粋篤
船頭の唄声高し瀞うらら
数鉄砲
うらうらと友禅流し眺めをり
杉浦夏甫
麗らかやざる蕎麦食ふて畑仕事
杉尾芭蕉
うらうらと猫の欠伸のうつりけり
杉本とらを
最南端てふ駅うらうらと畝の先
雀虫
うらうらとイーハトーブに風渡る
澄海
うららかや砂あぶ雀眼をつぶり
瀬々葱坊主
うらうらと駅に寝入りし犬の眉
瀬尾ありさ
うらうらな召人の声ひかりをり
是空
土手散歩ふわりと香る瀬戸のうらうら
政宗さん。
うらうらの渚ウミドリ水平線
星海
うらうらににぎやか増すや街の鳥
星降松
うらうらや祖母は背中で船をこぐ
晴海南風@木ノ芽
うらやかや掴まり立ちの手を放し
晴好 雨独
うらうらと栗鼠が忘れし芽の光
晴日和
うらうらと土手に寝転ぶ老犬と
清水仁
キャンバスのドガの踊り子うららけし
清林山
雨粒を透かし青空うららなり
西川あきや
うらうらな裏難波にて裏メニュー
西田武
うららかに猫の足跡拭きにけり
誠馬
うらうらと那須の山脈光さす
青い月
うらうらと書かれしごとき顔ばかり
青柿
麗らかや川の流れも淀みなく
青玄
うらうらとして青切符切られをり
青山あじ子
うらうらとヨットは揺れて僕は沖
青泉
うらうらたる朝陽病床の天窓
青柘榴
うらうらと果ての異国は弾が舞う
青木健一
うらうらや岩に寝転び天仰ぐ
青木豊実
穏やかな波間に千鳥うらうらと
静香
うららかや伏し目がちなる磨崖仏
石井せんすい
うらうらと驕る少女の闊歩して
石井茶爺
うらうらや障子はなちてギター弾く
石川 聡
アナウンスはカタカナ英語旅うらら
石田将仁
うらうらや待ち合ふ人の振り向けば
石野上路無
うらうらと都会のビルの高きこと
赤木
うらうらと津々浦々に日は照りぬ
折戸洋
うらうらと写生の子らも被写体に
千恵
うらうらに中敷き抜きの靴の音
千寿関屋
うらうらと斑に揺れる野山かな
千波
麗かやランチに誘うメール打つ
千葉睦女
うらうらや診察待ちの母と祖母
川口みち
うらうらや人の声遠くに居りて
川西勝久
うららかや渡し手漕ぎの水の音
川島 欣也
うらうらと波が打ち寄せ日本海
川畑彩
蛸飯の醤油の香り旅うらら
船岡遊子
うらうらと舞台廻りて村芝居
善句太郎
うらうらと落研の声澄みわたる
祖乞
うらうらと田舎の香水匂ふ道
素人
うらうらと時去り浜辺津波跡
双月(そうげつ)
うらうらの鼻歌の出るデッキかな
倉の人
波引いて星の砂鳴る浜うらら
倉形さらさ
うらうらと草木導く陽の光
想予
朱の鳥居くぐる先までうらうらと
窓の つき子
うらうらと甍滑らか午後三時
草央
かの朝の公衆電話うらうらし
草青
うらうらと栖鳳雀落ちてくる
草翡
うらうらや散歩を急かす車椅子
荘介
うらうらと18切符の気まま旅
うらうらと孫遊ばせし土手の青
蒼香
うらうらと乳歯転がる屋根の上
蒼奏
うらうらや酒の麹の匂ひ立つ
蒼鳩
うらうらに一万越えの万歩計
村上 無有
うらうらや恋の予感のそこかしこ
太一
うらうらと山のふもとの光る神
太子
うらうらや退院するを決めたき日
駄口竹流
うららかや縁側で笑む笠智衆
鯛 風
まなぶたをとじてうらうらひをすごす
台所のキフジン
うらうらと湯船に似たる観光船
大蚊里伊織
高松の古墳うらうら玄武かな
大三郎
うらうらと天平の空鴟尾光る
大谷如水
うららかな赤子の寝息やリズミカル
大坪美智子
うらうらと人もけものも登りけり
只暎
麗かな縁に手をつき嫁ぎゆく
達哉
教室の壁の習字やうらうらと
谷山みつこ
天照らす神もうらうら小休止
谷田藪辛子
昭和めく温泉街もうらうらと
知音
うらうらとさくらももこよよみがえれ
池と堀
うららかや光の中の吾子眠る
池田香
うらうらと蠢く池の底の底
池田和正
うららかや深々あくび電車待つ
竹 夢月
うららかや吾とトンビと荒井由実
竹さ
濡れ縁に煙草のけむりうらうらと
竹の子
うららかや汽車見送りて我ひとり
竹春
うららかや天狗の庭をひとり行く
竹春エリザベス
予約席リボンうらうら主役たち
竹内うめ
うらうらの休憩タイム帽子パン
竹福
うらうらや布置の妙の城めぐり
竹林
窓辺からうらうら唄ふ母の声
うらうらと歩く二人に風やさし
中井清心
うららかや留守居苦手な子と猫と
中西柚子
日うらうら子猫寝子も寝ゆれる籠
中村水音
わだかまる事もない日のうらうらよ
中村遥季
うらうらに光る埃をかき集め
中田氏
うらうらと一つふたつと曲屁の音
仲七
春うらら千の鳥居を駆け抜ける
仲川光風
うらうらと孔雀ゆっくり羽を閉じ
宙のふう
うらうらと海鼠腸(このわた)流のうたた寝す
宙蝉(そらせみ)
うらうらや母の手求め走る児ら
昼行燈
うらうらと乾いてゆくよ洗濯物
衷子
うらうらと光たたえる水面かな
朝ぼらけ
うらうらと裸婦像青くロダン風
長田写々
うらうらと尾羽展ぐる白孔雀
直木葉子
日うらうら高原の香啜り込む
津葦
うらうらとアスファルト割き伸びた草
津田燕子花
爺のつく杖の音軽き春うらら
椎の木くるみ
バスツアーランチ終わればうらうらと
鶴田梅勝
うらうらや頭を低うして喃語聴く
定吉
うらうらに手止め微笑む宛名書き
哲也
うらうらや大気は白く濁りおり
天満の葉子
うらうらの海風楽し夫婦旅
澱凡
うらうらとメリーポピンズ舞い降りる
田村美穂
海はうらうらタロウはうつらうつら
田付一苗
日うらうらすっぴん爪のピンク色
田辺 ふみ
うらうらや辺野古の海にカヌー漕ぐ
田邉真舟
遠浅波うらうらと座す鎮魂碑
斗三木童
納経の軸うらうらと開眼す
杜志
うららかや答案用紙いざ「始め」
渡辺みゆき
うらうらや二年連続ブービー賞
渡野しえん太
新婚の小さき諍いやうらうら
都乃あざみ
うらうらと宇治十帖のグラシン紙
土井デボン探花
うらうらと手つなぐ園児とうりゆく
土屋 木漏れ日
抱く児のうらうらとほほ白きほほ
冬菫
観覧車光(かげ)は翼やうららけし
東尋坊
うらうらや少し短く刈る頭
東西 南北
うらうらと風がひかりとながれゆき
桃桃
雑踏のメトロの怒濤外の麗
桃八
君乗せて漕ぐ身も軽し波うらら
桃福
うらうらとつがいで眠る水面かな
桃葉琴乃
うららなる浜辺探すはシーグラス
藤すみ
うらうらと焦げ始めたるパンケーキ
藤井祐喜
うらうらや魚籠は空なりそれも良し
藤郷源一朗
四季なき病室硝子窓うらうら
藤原 訓子
うらうらと日差しを浴びる花気分
藤田由美子
うらうらと揺らぐ木立の影を行く
藤野あき
うらうらにきりり東京タワーかな
豆腐太郎
麗日や滑り落ちたる本の音
陶然
うらうらや部屋に流れるビバルディ
瞳子
うらうらと窓辺の猫や尾の二拍
うらうらと口笛遊び牛を追ふ
徳永 北道
うらうらの庭バシャリと赤き尾びれ咲く
徳本あつ
うらうらやアップした髪大人びて
栃木のあーたん
うらうらやたたかわないときめた猫
敦子
上がる湯気焼きあがるパンうらうらと
豚ごりら
麗らかや川香る日も遠くない
那須いずみ
うらうらに作衣もあらた庭に出る
那須の田舎者
うらうらやスマホ操る指軽し
南雲風花
うらうらに目瞑る猫の鼻なぞる
南川カリン
うららかな日和に散歩の足も伸び
南風
うらうらに橋をくぐるや屋形船
楠えり子
うらうらと琵琶湖疏水や曲がりゆき
日記
うらうらと小波越へるや沖ノ島
日本酒
海風がうらうら抜ける喫茶店
入口弘徳
うらうらと頬杖のまま頁繰る
如月十日
うらうらと稚児のお練りの列長し
猫楽
うらうらと寝ころぶ猫ら目は細し
猫舌扁平足
春うらら流れる昭和の青春譜
年相応
麗らかや飛行機雲の見え隠れ
乃良
うらうらと長押の算額に遊ぶ
播磨陽子
うらうらや友と並んで食ふ団子
波の音
麗かに孤児が笑つてナイフ研ぐ
馬勝
平成の尻尾の先や陽うらうら
馬場東風(とうふう)
新元号略称はA春うらら
馬場馬子
ハーフ済みスコアうらうら朝ゴルフ
馬門宗太
うらうらや当てなく歩む淡い色
俳ビギ名
うらうらと今度らーめん食べような
背馬
うらうらに泣くなお前は男の子
梅雨
うらうらと四十路の娘髪を切る
白井百合子
うらうらや融けゆくものの滴りぬ
白居千夜
記念樹の松もうらうら我等喜寿
白傘
うらうらや子らの遊びは窓の外
白山
うらうらといろとりどりの夢想かな
二人掛け沈む背中やうらうらと
畑 詩音
麗かや貧乏神の食い残し
半熟赤茄子
うらうらと信心もなく千社札
比保倉亭酢
たもとおる母の行方やうらうらと
尾内以太
手から手へ誰抱くも眠りうらうら
枇杷子
うらうらと午後の睡魔と耕うん機
美月
昼下がりうらうら陽気でうつらうつら
美翠
公園で足のリハビリうらうらと
美泉
空の青にうらうら染まる窓無限
美津子
うらうらや空気に色を付けるごと
美年
うらうらとアンドロイドに来る睡魔
稗田鈴二郎
うらうらや登校班の声高し
姫山りんご
風変わり爪弾きの音うらうらと
百合根
瓦斯の火の青きぽとぽとうららかに
百合乃
うらうらや公園ベンチみな老人
富樫 幹
うらうらや惚けし母の上機嫌
布杏多
うらうらや眺める湖(うみ)に帆掛け船
浮見亭湖風
風うけて袖折り返すこの日うらうら
風うけて袖折り返す此の日うらうら
うらうらと風車はずむや羽根の音
風らん
麗日に柏手の袖揺れにけり
風間昭彦
深呼吸してうらうらと散歩道
風摩亜
うらうらと饅頭土産温泉場
風来
うらうらと浮かぶ真昼の月の裏
風来松
うらうらや車椅子押すヘルパー達
服部 勝枝
うらうらに照れる川面の蛇行かな
聞岳
日うらうら洗濯物に肩抱かれ
平松智華
うらうらと水面に揺れし顔は我
平松洋子
歩き出す猫もわたしもうらうらと
勉邪明
うらうらやついついでかくひざしかな
母里龍之介
うらうらとはみ出し者の明後日
峰岡名負人
うららかや渡良瀬渡る一輌車
峰泉しょうこ
うらうらに雀たまりて会議中
抱水
うらうらやたましひも浮くうらうらと
牧場の牛低音長くうららなり
うらうらとくねって進む貸ボート
望月ゆう
うららかな日なにもしないで家に居る
北村 鯨子
麗らかに冷めた匂いを頬張るや
北村 崇雄
日うらうらアシモの如く歩む孫
凡々人
うらうらと岬めぐれるレトロバス
麻呂助
牛舎のかおりアスファルトうらうら
枕木
うららかや厳しい人よさようなら
未知
去勢され猫うらうらと尾っぽ舐め
未々
資本主義憂う学者や我うらうら
未来陀
うらうらとシャンパンの泡きみ嫁(ゆ)くや
岬りこ
布団干し身寄せ眼を閉じうらうらと
妙光@木の芽
うらうらやセーラー服の採寸中
眠る烏龍茶
駐在の日誌三行村うらら
夢見亭笑楽
渡英す子見送るうらうらの成田
夢芝居よしみ
うらうらとアンパンマンの揺れており
夢堂
うらうらと空果つる場所母の居る
夢野
うらうらや渚を歩く馬眩し
夢旅作家
陽うらうら私も溶かしていつてくれ
無銘氏
何も無しただうらうらと君と居て
明夏
うらうらや釣り糸揺れる日曜日
茂る
うららかや小魚群れる船溜
妄 児
うらうらと塗りかえられたベンチかな
網野れいこ
目標を定めた朝にうらうらと
木花
日うらうらコサギひねもす浮きを見る
木橋
うらうらと山の麓の小学校
木槿
うらうらと着の身着のまま街歩き
紋舞蘭
うららかやレコード針を交換す
也和
メコン川うらうらゆるり朝が来る
野純
うらうらと折り鶴揺れる無人駅
野倉夕緋
うらうらや米寿の姉の声元気
柳 春子
うららかやまたも小指をぶつけたり
薮久美子
うららけしパン焼きあがるまでのキス
優彩(ゆあ)さとみ
うらうらや岬巡りのバスに乗る
有田みかん
麗らかやチワワと渡る亀甲橋
うらうらや子犬の足の進むまま
由坊
浮見詰むうちにうらうら眠りけり
遊泉
うららかや日向選んで床屋へと
与志魚
またトレビ投げ銭効いたうらうらと
洋吉
うらうらと差す陽は母に寄り添えり
洋々
うららかや水面に雲と河童の碑
葉るみ
うらうらやランドセル朝指を折り
葉苅
うらうらとたゆたふが如母の膝
葉月けゐ
うらうらの光浴び子ら走る奔る
葉室緑子
うらうらと介護の寝床や母いびき
葉鳥
粒ごとに光る点滴春うらら
欲句歩
うらうらと初めて作る朝ごはん
雷紋
日うらうら栓抜き一つ買いに行く
嵐寛
うらうらと眩しきリストカット痕
藍時 湘
城山や麗の先の佐田岬
藍植生
縁側で眠る祖父母やうらうらと
利根川こむら
うらうらやあくびを一つ貰ひたし
立歩
うらうらと御堂も揺らぐ昼の夢
立野音志古
うらうらの水路で濯ぐ豆絞り
流川ゆきはな
陽うらうらイヤホンつけてふらふらと
日うらうら藁半紙折る飛行機に
琉璃
うららかやチャイム拍の間長くして
留野ばあば
麗かや白さを残す富士の山
龍秀樹
うらうらと影の連なる遍路道
涼慶
陽うらうら窓辺に聞く声子守唄
林 和寿
うらうらや黒いボンネットの上の猫
蓮と夏空
うらうらと眼下の村に差す光り
路風
うらうらと敵味方なし草野球
六々庵
うらうらと街は憩えり高尾山
和気
教会の十字まぶしや春うらら
和光
うらうらとインコとともに療養す
石仏や山はパステル日うらうら
國本秀山
うらうらと伊勢の杜にて祈り上ぐ
戌の箸置
うらうらと照る陽に鳴けるカーポート
うらうらと雷門の大提灯
朶美子(えみこ)
雪稜を踏みしめ空のうららかな
橄欖子
ついばみし比翼の雀うらうらと
汪 妻幸
うらうらの猫背の影を正しけり
渕野陽鳥
うらうらと白雲の去りまた来たり
淺野紫桜
麗らかやムーミン谷は起きる頃
祺埜 箕來
うらうらや双子の眠る乳母車
聰子
うらうらやママのハミング#付き
脩平
うらうらや白き尾を描く飛行機や
萬代草舟
鯛めしを待つ旅人やうらうらら
蓼蟲
うたた寝は羊水の記憶うらうらと
蘂六
うらうらと小花彩る廃村や
藪椿@木ノ芽
うらうらと砂糖溶けゆく渦の闇
鋏と定規
うらうらと道照らしたり離縁状
闍夢
うらうらや塗装の剥がれ道の花
うらうらや行き交ふ人はみな会釈
髙橋冬扇

ページの先頭