俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 桜鯛

第216回 2019年3月7日週の兼題

桜鯛

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句
本選句欄では、添削した形で句を掲載する場合があります。
添削は作り替えの提案として句会等でも議論されます。示唆された添削案が自分の表現したいことに合致すれば、作者の判断においてその案を自作として採用してかまいません。

人

さくらだい長唄長き元村議
トポル
弐の重の箸付けがたき桜鯛
トポル
ざんと割る兜に目玉さくら鯛
トポル
桜鯛なみだのやうな鼻の孔
あいだほ
新聞紙ゆたかに濡れて桜鯛
あいだほ
木偶の目の金色桜鯛の目の碧
きゅうもん@木ノ芽
桜鯛息吹き返しさうだこと
きゅうもん@木ノ芽
三十畳三間ぶち抜く桜鯛
GARU
桜鯛よき日よき酒よきめうと
GARU
桜鯛金の花散る漆箸
一阿蘇鷲二
にんげんに桃色乏し桜鯛
一阿蘇鷲二
さくらだい渥美半島はらみをる
蟻馬次朗
「寿」にはらいとはねと桜鯛
蟻馬次朗
ジャー開けて桜鯛より睨まれる
七瀬ゆきこ
桜鯛春一巻分の清貧
七瀬ゆきこ
桜鯛これは嫉妬を知る前歯
小泉ミネルヴァ岩魚
桜鯛もろて暮色へ手を合わす
小泉ミネルヴァ岩魚
桜鯛ほどよき家の暗さかな
福蔵
ほほゑみといふしづけさに桜鯛
福蔵
おろしたての螺鈿の箸や桜鯛
あまぐり
ぬる燗のお猪口は青磁桜鯛
あまぐり
さくら鯛ミケが二十歳になりました
あまぶー
鯛乗っ込む海はゆるしの色に跳ぬ
あまぶー
運ちゃんも呑みな今夜は桜鯛
いかちゃん
さくら鯛の斑は天いろ聴いろ
いかちゃん@天(あま)いろ聴(ゆるし)いろ
金波銀波宿し桜鯛となれり
いさな歌鈴
地震を経し金継ぎの皿さくら鯛
いさな歌鈴@地震(ない)。熊本地震が2016年4月14日に起こりました。あれから三年。
威勢よき生前葬や桜鯛
いつき組福岡リスナー班/由美子
妹が先に嫁ぎて桜鯛
いつき組福岡リスナー班/由美子
それとなく初潮祝うや桜鯛
うさぎまんじゅう
いにしえの山彦の婚桜鯛
うさぎまんじゅう
ほれぼれと刃を立ててみる桜鯛
かのたま
歯を見せて桜鯛事切れてをり
かのたま
くれないは祝ふ色かな桜鯛
ぎんやんま
俎に佳き音たてて桜鯛
ぎんやんま
桜鯛研ぐべきものは研ぎ終えて
こはまじゆんこ
食べ初めの皿にミッフィー桜鯛
こはまじゆんこ
大将と呼べぬ一見桜鯛
さとう菓子
和帽子の折目ぴしりと桜鯛
さとう菓子
ボストンの息子は寝起き桜鯛
さとけん
桜鯛海はあまくてからい色
さとけん
桜鯛月に広ごる神酒の海
さるぼぼ@チーム天地夢遥
良きことのあとの佳きこと桜鯛
さるぼぼ@チーム天地夢遥
つぷつぷと鱗激しや桜鯛
しゃれこうべの妻
海の青吸うた瞼か桜鯛
しゃれこうべの妻
桜鯛産着のほっぺぴちぴちだ
しゅうちゃん@5さい
桜鯛産湯のほっぺしわしわだ
しゅうちゃん@5さい
桜鯛一本締めで店を出る
シュリ
桜鯛でっかい富士の見える町
シュリ
お悔やみを申し上げます桜鯛
すずき忍すけ
包丁の慎重桜鯛桜鯛
すずき忍すけ
さくらだひ鯛のかたちに戻されて
すりいぴい
桜鯛にほんは波が洗ふくに
すりいぴい@くに、国、か迷いましたが・・。
梁高く上がりて美しや桜鯛
ちゃうりん
桜鯛蒸してやさしい夜が来る
ちゃうりん
桜鯛甘しそのうち嫁にゆく
ときこ
海神の息はももいろ桜鯛
ときこ
引き上ぐる海の繚乱桜鯛
にゃん
かけまくもかしこき出刃を桜鯛
にゃん
金と赤ゆたかに祝ぎて桜鯛
ふじこ
桜鯛所作うるはしくさばかれて
ふじこ
桜鯛の尾鰭に鳳凰の面影
ふるてい
ドラム缶風呂の塩気や桜鯛
ふるてい
金星のしずくは海へ桜鯛
ほろろ。
真直ぐなる押印清し桜鯛
ほろろ。
吹上の風日の本へ桜鯛
よしおくん
桜鯛目に縄文の藍の夜
よしおくん
華やげる父の法事や桜鯛
ラーラ
姑も吾も女紋さくら鯛
ラーラ
桜鯛ざんしゅざんしゅときるリズム
りんたろう
金ばっか減る桜鯛はうまい
りんたろう
桜鯛選ぶ母の眼怖かった
哀顏騎士
渦潮の縁廻る舟桜鯛
哀顏騎士
海神のはらわたの色桜鯛
育由
水軍の勝鬨揃う桜鯛
育由
塩釜のごつとあらわる桜鯛
卯MOON
桜鯛檜の香する厨かな
卯MOON
平成を仕舞うしゃんしゃん桜鯛
塩の司厨長
鬼子母神のやうな目だつた桜鯛
塩の司厨長
桜鯛皿の出自を選ばざる
可笑式
捌かれて皿を花なす桜鯛
可笑式
備前焼捧げて重し桜鯛
花伝
海賊の娘を娶り桜鯛
花伝
桜鯛落ちた鱗はもう白い
海老名吟
桜鯛めでたき色して死んでおり
海老名吟
尾のあたりことにそれらし桜だい
亀田荒太
釣竿の折れよと引くや桜鯛
亀田荒太
あまやかにもの言はんとす桜鯛
久我恒子
「嫁入り前」は廃れて久し桜鯛
久我恒子
列島を満開にして桜鯛
京野さち
桜鯛さばかいだうを通りしか
京野さち@さばかいだう=鯖街道(さばかいどう)
旧姓をつつむ括弧や桜鯛
月の道馨子
桜鯛本家の婿は准教授
月の道馨子
晴れの国らしき引き波桜鯛
古瀬まさあき
桜鯛はなよめはようはたらく子
古瀬まさあき
桜鯛ひらきて骨の透きとほる
古田秀
桜鯛つひに正しく置かれたり
古田秀
飲めぬ酒呷る佳日や桜鯛
古都ぎんう
渦潮が唸る桜鯛が軋る
古都ぎんう
うるはしき海色凝らしさくら鯛
香壺
あしなへの蛭子明石の桜鯛
香壺
桜鯛鬱金に染まる朝の島
砂山恵子
あけぼのの鱗を散らし桜鯛
砂山恵子
肉どれも淫らなしろさ桜鯛
斎藤秀雄
桜鯛かかへ昇降機に速度
斎藤秀雄
桜鯛創業秘話にもらい泣き
山香ばし
桜鯛我が名四股名のごと呼ばれ
山香ばし
甲冑の頬をせせりて桜鯛
山内彩月
俎の杉の香立ちて桜鯛
山内彩月
桜鯛まことに美しき毒味役
純音
嬰児へ赤紙くるな桜鯛
純音
桜鯛太閤はんの金の箸
小川めぐる
王冠の如き背鰭や桜鯛
小川めぐる
桜鯛赤子に神の宿るとき
城内幸江
取り皿の真新しくて桜鯛
城内幸江
国生れし淡路の海の桜鯛
新田 淑
舟盛の己が尾を見る桜鯛
新田 淑
青空の真中に掲ぐ桜鯛
仁和田 永
たまゆらに波明るしや桜鯛
仁和田 永
淡淡しき白の濁りぬさくら鯛
星埜黴円
サナトリウム白し桜鯛若し
星埜黴円
内海の明けの漣桜鯛
西川由野
帯揚げの絞り華やぎ桜鯛
西川由野
桜鯛波のトンネル光飲む
西泉アモ
桜鯛いにしへ色に横たはる
西泉アモ
さくら鯛はかなき色とのみ思い
青萄
ぬらぬらと夜もさくら色さくら鯛
青萄
わが爪より美しき鱗や桜鯛
雪うさぎ
古希なんて嬉しくないわ桜鯛
雪うさぎ
桜鯛囲む写真を納棺す
千恵
紅引けば仕度ととのふ桜鯛
千恵
跡継ぎは双子なりけり桜鯛
多々良海月
桜鯛百年ぶりの襲名に
多々良海月
正中を眼の据わる桜鯛
大雅
晴ならば晴れの境を桜鯛
大雅
桜鯛夕陽を食べてしまったの
短夜の月
背骨まで美しさうな桜鯛
短夜の月
桜鯛須磨のをみなの琴とろん
池之端モルト
桜鯛見送りひとりいたら良い
池之端モルト
暁の海の色あり桜鯛
中岡秀次
ふしだらな色に太つて桜鯛
中岡秀次
ほんとうの桜鯛だけ濡れている
登りびと
春ほどの重さ整う桜鯛
登りびと
そのほかは群れて桜鯛の孤独
冬のおこじょ
鱗逆立て桜鯛の芳し
冬のおこじょ
謎解きの手つきで料る桜鯛
内藤羊皐
龍宮は死人の無きや桜鯛
内藤羊皐
私以外が楽しい夕べ桜鯛
薄荷光
桜鯛いくらか骨もやわさうな
薄荷光
写真にも一献ささぐ桜鯛
飯村祐知子
桜鯛巫女の勾玉光りけり
飯村祐知子
桜鯛まへに左遷の噂せり
比々き
縄文の縫針は骨桜鯛
比々き
桜鯛十四階の夜景かな
富山の露玉
桜鯛優勝杯に銀の鳥
富山の露玉
敷き葉すすいだ桜鯛はまだか
武井かま猫
桜鯛風はらむ帆のごとき鰭
武井かま猫
花嫁の箸はくちばし桜鯛
凡鑽
黒檀に住まふ死人や桜鯛
凡鑽
フィアンセの父の饒舌桜鯛
野ばら
桐の間は廊下の奥や桜鯛
野ばら
船長は初のおなごや桜鯛
柳児
生きている今を言祝げ桜鯛
柳児
桜鯛甘しや輪島大士逝く
油揚げ多喰身
大阪へ来たる力士や桜鯛
油揚げ多喰身
入水せる女御の衣や桜鯛
龍田山門
桜鯛跳ねて淡路を越へにけり
龍田山門
桜鯛朝日の紅の新しき
蓼科川奈
桜鯛ほぐさんとして白匂ふ
蓼科川奈
富士浮かぶ水平線や桜鯛
小倉あんこ
月光纏ひ桜鯛うつらうつら
めいおう星
ぬめりをる海は産み月桜鯛
くりでん
あかあかと海を叩けり桜鯛
中山月波
迎賓館見下ろすホテル桜鯛
24516
濃藍の淡路の海や桜鯛
28ひろきち
海はまだ朝焼けの色桜鯛
99カリン
飲み込みし闇多きこと桜鯛
AQ
桜鯛と日本中のおめでとうと
be
桜鯛光を散らし鱗かく
KAZUピー
穢れ一つなき桜鯛の鱗
Kかれん
桜鯛最上階のワンフロア
Mコスモ
ひかりごと捌きて桜鯛となる
RUSTY
孕りし女は綺麗桜鯛
sakura a.
内海(うちつうみ)あけぼのに染む桜鯛
syuusyuu
桜鯛芦生の里の祝詩
yoko
ほろ酔いの寮歌幾度も桜鯛
あいみのり
その閨は虹の脚とふ桜鯛
あいむ李景
捌く手に潮の香りや桜鯛
あい女
背割りしてほろろ匂ふや桜鯛
あかしの小桃
大橋は星に吊られて桜鯛
アダー女
祝言の雨きらやかに桜鯛
あつちやん
屍も艶やかなりし桜鯛
あつむら恵女
玉手箱売る骨董屋桜鯛
あみま
桜鯛河岸のをとこのからび声
いざわ
第二志望の地元大学さくら鯛
いしい美髯
大厨銀の箸置く桜鯛
いね
上棟へ一尾ぶら下げ桜鯛
いまいやすのり
嫁入りの海女ひやかされ桜鯛
いもがらぼくと
陸揚げの塩辛声や桜鯛
うしうし
桜鯛淡路におはす七福神
うに子@淡路七福神めぐりをしてきました。国生み神話の島は桜鯛や玉葱A5牛など豊かな食材がいっぱい!
桜鯛よく食べよく泣く義弟なり
えむさい
美丈夫に捌かれてゐる桜鯛
えんどうけいこ
内海の波間を咲くや桜鯛
おくにち木実
桜鯛総身に傷もなかりけり
おけら
桜鯛少しきれたる魚拓の尾
おたまじゃくし
あと一夜明けて百歳さくら鯛
おへま
桜鯛女は光る物が好き
お気楽草紙
風評に兜煮どんと桜鯛
かざばな
大将の仕入れ桜鯛の光
かつたろー。
桜鯛天のパレット色あまた
かつら子
シャンパンの泡の螺旋や桜鯛
かまど
はらわたに鉄気の匂い桜鯛
かもん丸茶
全員がそろふ日曜桜鯛
かをり
成人の娘の酌や桜鯛
キッカワテツヤ
目ん玉は主賓のもんや桜鯛
ギボウシ金森
嫁ぐ手の色ふくやかに桜鯛
桜鯛吾子の臀部の艶やかに
くさ
桜鯛跳ねて大阪相撲かな
ぐずみ
桜鯛さうさ日本は海の国
くめ仙人
桜鯛うすらひのごと光たる
クレイジイソルト
桜鯛あの娘がほしいじゃんけんぽん
くれまてぃす恵子
塩をふる手の高々と桜鯛
けーい○
太陽は海から海へ桜鯛
こじ
桜鯛都知事と象の虚ろな目
こま
腥き初潮の夜の桜鯛
ざうこ
還暦の華やかなりし桜鯛
さくやこのはな
かみさんの腹に手をあて桜鯛
ささき良月
黒留の金糸銀糸や桜鯛
さだとみゆみこ
肩へ雨柔らかき夜や桜鯛
さとうりつこ
はずむいきなわとびとべたさくらだい
さな(7才)
桜鯛けふ高遠は七分咲き
さぶり
桜鯛卵子を包むもや濁る
じゃすみん
桜鯛さらに地球は柔らかに
しょうき
水面の陽喰いちぎりよる桜鯛
しんしん
太平洋の匂いのしたる桜鯛
ず☆我夢@木ノ芽
幸せは先に死ぬこと桜鯛
せいち
アクアパッツァの案は却下に桜鯛
せり坊
桜鯛ぽかりぽかりと雲流る
たむらせつこ
那須与一の絵皿は小さし桜鯛
たんじぇりん金子
よその子を命名したり桜鯛
ツカビッチ
桜鯛かの紅を子へ与へける
つぎがい
さくら色の婚姻届さくら鯛
つつ井つつ
おのころの島に有明桜鯛
でこはち
桜鯛波の下にもある都
テツコ@第二まる安
家中の襖ぶち抜き桜鯛
てまり
監督としての一勝桜鯛
でらっくま
浮き袋のちと抜く空気桜鯛
としなり
寄せ書きの癖字の跳ねて桜鯛
としまる
桜鯛全き様に盛られけり
とんぼ
塩竈を割る手逸りて鳴門鯛
なつめ
満ち潮の底に玉あり桜鯛
なみはやらんる
桜鯛一匹二匹千匹よ
なめろう
桜鯛爛漫なるをポワレして
ぬらりひょん
桜鯛待たせ赤飯蒸しあがる
のつり
身下しの刃ひとすぢ桜鯛
のぶ子
身ごもりて綺麗と言われ桜鯛
はなあかり
桜鯛なんと明るきこの世界
はなまる
圓生を肴につつく桜鯛
はむ
桜鯛御代代わりの日も晩支度
ひいらぎ
海の顔かはつて桜鯛とれる
ヒカリゴケ
桜鯛伸びきっている発条秤
ひでやん
宝船のごと装いて桜鯛
ひな子桃青
桜鯛それとちょっとの純米酒
ふくろう悠々
まな板は祖父の山の木桜鯛
ふっこ
棟上げの弓矢飾るや桜鯛
ぽおや
棟上げの声空にあり桜鯛
ぼたんのむら
桜鯛まともに塩を浴びにけり
ぼたんぴ
龍の尾のうねりうずまき桜鯛
ほろよい
桜鯛吉宗の膳小振りにて
マオ
明日からは飯屋の女房桜鯛
まぐのりあ
卵巣の夕雲のごと桜鯛
まこち
棟梁の鉋の速し桜鯛
まどか
桜鯛船いっぱいに朝日差す
みえ
桜鯛むつちり鱗はみつちり
みかりん
水うまき瑞穂の国や桜鯛
みくにく
不機嫌な唇厚き桜鯛
ミセス水玉
青空の上は星空さくら鯛
みちる
佳きひとのくれなゐの帯桜鯛
みやかわけい子
人生に×はないのだ桜鯛
みやこわすれ
桜鯛泡一つの思案かな
みゆき
上棟に頭かしこむ桜鯛
み藻砂
犬飼うてならぬ島あり桜鯛
めぐみの樹
桜鯛娘を産んだ朝の空
めりっさ
喉元へ嫁の一太刀桜鯛
もせきのこ
陽光の螺旋なりけり桜鯛
モッツァレラえのくし
写真館の笑顔のかたし桜鯛
ももたもも
桜鯛居酒屋の傘借りて帰途
ヤヒロ
みづいろのゆめみてなみだ桜鯛
よあけの晩
包丁は堺づくりや桜鯛
らくさい
桜鯛天平人の餉にあらん
ラング蘭
伯母様はきれいに呆けて桜鯛
りう女
空よりも海の青き日桜鯛
る・こんと
良き酒は漁師に聞かむ桜鯛
ローストビーフ
桜鯛鬼六の子に目玉やる
わたさん
桜鯛ひとはあまねくほろ酔ひに
わらび一斗
三宝小さし桜鯛天へ反る
葵 新吾
子の小爪あわく儚く桜鯛
桜鯛の眼に充満する大海
或人
話題また昔のおんな桜鯛
安達りんだう
桜鯛見合いの君の箸使い
安溶二
祝ひごとはいつもひとごと桜鯛
杏と優
白妙の光まとひて桜鯛
伊奈川富真乃
桜鯛引くや燧灘は深し
伊予吟会 宵嵐
桜鯛宴の初手から目を食はれ
位相朗
ひとはみな恋をしてゐる桜鯛
井久
百畳の膳跳ぶかたち桜鯛
一斤染乃
日本に滅びの匂ひ桜鯛
一走人
桜鯛子を産まぬ吾れの月経
映千
うすべにへ散る血の深緋(こきひ)桜鯛
遠音
ぼろ船へ降り頻るかな桜鯛
塩谷人秀
桜鯛葉巻の似合ひさうな顔
乙子女
コンクリに投げられていた桜鯛
温湿布
桜鯛離島に三たび婿養子
佳山
包丁へ脂残すや櫻鯛
加和 志真
引く網の闇より出づる桜鯛
夏柿
水引の金銀さくら鯛光る
花南天anne
祝い事ないこともないので桜鯛
茄子紺
桜鯛釣れて繋がる海と空
我省
泣くまいとひねもす釣るや桜鯛
雅喜
花嫁の頬ゆたかなり桜鯛
樫の木
魚屋の三女の恋や桜鯛
葛谷猫日和
桜鯛武家の娘は寡黙なり
瓦すずめ
地下鉄の中吊りに海さくら鯛
幹弘
かっぽう着水晴れやかに桜鯛
丸山志保
顔出しの出来ぬ宴席桜鯛
幾恋良石
酔ひどれの薩摩隼人や桜鯛
輝 龍明
桜鯛囲われものと呼ばれけり
久蔵久蔵
桜鯛潮にもまれて骨頑固
宮田一代
海鳴りの静けきここに桜鯛
弓女
満月に酔ひ岸に寄る桜鯛
虚実子
海峡の潮を疾めて桜鯛
玉響雷子
桜鯛傷つけぬやうころしけり
玉庭マサアキ
音の無い夢を見ている桜鯛
玉木たまね
かしわ手をした手でつかむ桜鯛
筋トレ俳人
人生の佳き日何度や桜鯛
金子加行
大広間朗らかなりや桜鯛
金治宜子
桜鯛思わぬ若妻(つま)の出刃捌き
吟  梵
杉箸の香りとともに桜鯛
銀命堂
桜鯛今日はシャンパン選びたる
空遊雲
鱗目に跳ねて飛ばすや桜鯛
栗田もとえ
仏壇の塵一つ無く桜鯛
桑島 幹
鶴姫の甲冑丸し桜鯛
桂奈
この胸も紅いのですよ桜鯛
月の砂漠★★
桜鯛朱塗りの椀の開かぬ蓋
月見柑
桜鯛リハビリ効果有と書く
古都鈴(ことり)
花びらの幻燈でせう桜鯛
枯丸
素麺に吸はせる煮汁桜鯛
湖雪
炊きたての飯きらめきぬ桜鯛
光本弥観
捕はれて眼の力桜鯛
光友
神の幣尾に触れたるや桜鯛
紅さやか
独立や木箱の出刃と桜鯛
綱長井ハツオ
桜鯛夜の光に飢えにけり
綱長井ハツオの後輩
桜鯛の香し塩釜を割りて
香羊
本家より大皿二枚桜鯛
高橋寅次
あの酒を開けてしまおか桜鯛
高橋無垢
お互いにふたつぺけあり桜鯛
高田祥聖
乾杯の音頭は専務桜鯛
国代鶏侍
桜鯛吾子の歯あはく生えにけり
黒子
桜鯛煮こごりうまき夜勤明け
今野夏珠子
日本語の聞えぬ市場桜鯛
根本葉音
舟宿の朝まだ暗し桜鯛
佐東亜阿介@チーム天地夢遥
死者もわたしも雨の宴に桜鯛
座敷わらしなつき(7才)
教え子が桜鯛下げ酒を下げ
彩楓(さいふう)
糊硬き紺地の暖簾桜鯛
斎乃雪
桜鯛けふもまな板平なり
笹風
桜鯛ほぐす佳きひと佳き匂い
三重丸
桜鯛竜宮城の月青く
山野はな
頬骨を探り串打つ桜鯛
山野ゆうり
海峡へ向く砲身よ桜鯛
山野穴太
密航船は沈む桜鯛は産む
山陽兵
青空に海横顔の桜鯛
司啓
仁清が茶壺の甘み桜鯛
志保川有@野々村仁清
桜鯛の塩釜コンと百寿なり
頬をなで背なより一気桜鯛
紫雲英
さくらだい日本の色をまとひけり
慈温
教壇に立つ教え子や桜鯛
次郎の飼い主
桜鯛の色を相談地軸と陽
篠田ピンク
道祖神海にもいたり桜鯛
柴原明人
名にし負はば咲かせてみせよ桜鯛
柴原明人
塗箸の金のひとすぢ桜鯛
若林哲哉
桜鯛この日の為の祝い歌
朱夏A
串打つて抗ふ形さくら鯛
朱契
桜鯛の眼に昨日の夜が少し
酒井おかわり
光りを集む薄造り桜鯛
樹梢@木ノ芽
水を出てわが色得たり桜鯛
樹朋
柏手の響き三秒桜鯛
秋月
桜鯛空はますます青くなり
秋月なおと
桜鯛やすこし私に笑ったよう
秋桜
桜鯛ちょっと笑った顔をして
春日
横綱の弓手に嬰児さくら鯛
塾志
潮に勝ち竿に負けたる桜鯛
春野いちご
桜鯛それは偉そうに横たわる
潤目の鰯
桜鯛米寿の母の佳き日かな
小鞠
櫻鯛釣れて上げるに小半日
小熊利雄
美しい供物となりぬ桜鯛
小川都雪
海道は白くて桜鯛うたふ
小田寺登女
桜鯛見合結婚今はまれ
小木さん
桜鯛跳ぬる姿の正しけれ
昇華
笑った笑った桜鯛のまあるい眼
松浦麗久
花びらはやがて千尾の桜鯛
笑松
桜鯛海青ければ海に棲む
森一平
免状の墨みづみづし桜鯛
深草あやめ
深海の記憶は前世桜鯛
真宮マミ
桜鯛浦島姓は美男美女
真繍
さくら鯛よこたはる目に星しずく
真心素秋
東雲はうつりにけりな桜鯛
神山刻
幾久しくかくしかじかと桜鯛
神田央子
鴇色の空のなごりや桜鯛
逗留舎なお
目の玉に指掛け捌く桜鯛
杉本とらを
さざ波は群舞のごとし桜鯛
瀬戸 薫
瀬戸内の猫は長生き桜鯛
是空
群青に吐く息硬し桜鯛
清波
むつかしき話ととのい桜鯛
西山哲彦
大阪を湧かす力士や桜鯛
西田武
しぁらしぁらと鱗つらなる桜鯛
青伽
食初の主役濡れたり桜鯛
青海也緒
桜鯛甘辛さうな潮を垂れ
青柿
親戚が一人ずつ減る桜鯛
青木健一
桜鯛跳ねて光の生まれけり
川岸輪子
をとこでのかなくぎりゅうやさくらだひ
川島湖西
兜割る出刃の刃毀れ桜鯛
船岡遊子
桜鯛血の滲みたる眼かな
倉形さらさ
桜鯛まさか常務まで来るとは
倉木はじめ
青き日の軌跡の如く桜鯛
想予
潮汁に色染めかえし桜鯛
蒼奏
楽の音は青海波とや桜鯛
蒼鳩 薫
桜鯛ふりさけ見れば天守閣
村松 縁
故人にも長き歳月さくら鯛
村上優貴
桜鯛ひときわ金環蝕の瞳で
多事
月の夜は黄金に染まれ桜鯛
太一
痛きほどのヒマラヤの塩桜鯛
大槻税悦
桜鯛手に還って来そうな父
地球人
こをろこをろくにうみ桜鯛をうむ
池田郁英@「こをろこをろ」、淡路島から国生み神話に思いを馳せて。
大八島生みそれからの桜鯛
竹庵
桜鯛モーツァルトを波に聴く
竹内うめ
道行きをあまくしめらせ桜鯛
茶鳥
桜鯛さては秘蔵の吟醸酒
中井笙石
仲人のぶら下げて来る桜鯛
中根由起子
鴇色に透ける鱗や桜鯛
中西柚子
桜鯛出雲に勝る村鎮守
中村もへじ
包丁の研ぐ音寂し桜鯛
仲七
桜鯛の墓を探しに海は瀬戸
宙のふう
その口がなにか不本意さくら鯛
宙蝉(そらせみ)
鯛之鯛発掘作業桜鯛
長谷川 ひろし
祝詞挙ぐ声の佳きかな桜鯛
直樹里
定年に桜鯛をと法律案
津軽ちゃう
綺麗所ら素手な触りそ桜鯛
津軽まつ
定年にしみじみ涙桜鯛
津軽わさお
はなむけに贈る砥石や桜鯛
椎の木くるみ
尾道のどの坂も晴れ桜鯛
辻が花
良い風が吹きますように桜鯛
泥酔亭曜々
始まりは邪馬台国や桜鯛
天野姫城
「羽化」という時の「う」の口桜鯛
天玲
物言うて歯が美しい桜鯛
田村美穂
桜鯛少し凹んだ証書筒
渡野しえん太
海光のしるると溶けて桜鯛
土井デボン探花
仏蘭西語の長きメニューや桜鯛
土井小文
義父となる男は厳し桜鯛
冬戸梅雨
桜鯛国士無双のごとき晴れ
東山
桜鯛酒で飲み込む目玉かな
東洋らいらん
桜鯛を百人囲み酒杯かな
桃泉
迷い箸咎めぬ宵や桜鯛
桃猫雪子
桜鯛今日は尾頭つきの無垢
桃福
まだ柔き歯茎確かむ桜鯛
藤井白亜
包丁を入るや綻ぶ桜鯛
藤咲大地
陽光のこぼれおちたる桜鯛
藤色葉菜
桜鯛うろこに虹をとじこめた
豆田こまめ
桜鯛鱗はあの娘の爪の色
洞奈津子
松山の良きをみな知り桜鯛
徳永 北道
桜鯛龍にならむとした日々も
楢山孝明
桜鯛をんなの余生考えた
南雲風花
桜鯛清ら水俣の百年
南風の記憶
桜鯛父はやっぱりえらかった
尼島里志
桜鯛「新規」で買った定期券
猫になにわ節
桜鯛チョークで書かれしさようなら
猫渓
ひちひちと潮ひらひらと桜鯛
播磨陽子
裏木戸を潜り吉座へ桜鯛
俳ビギ名
口中にひかり生まれて桜鯛
白樺みかん
いっそ桜鯛のごと化粧をせむ
白傘
国生みの矛や円舞の桜鯛
尾上真理
桜鯛食うは瀬戸内食らうなり
美年
バーナーの火のほの暗し桜鯛
柊 月子
明日こそ吾子を怒らぬ桜鯛
姫山りんご
桜鯛十三代目花嫁来
百合乃
再見と告ぐるラヂオや桜鯛
百草千樹Z
陽光にいま爆ぜむとす桜鯛
風舎哲坊
歓びを海に投げやう桜鯛
風峰
ひと粒の振り塩ひかる桜鯛
福花
淡路島に海峡ふたつ桜鯛
福良ちどり
むず痒き乳歯の記憶さくら鯛
文月さな女
島々の影はたゆたふ桜鯛
平本魚水
桜鯛楷書の硬き詔
平林檸檬
玉垣の「一金十円」桜鯛
蜂里ななつ
桜鯛ぽよと波打つ岩田帯
北村 崇雄
見るだけで終わる大会桜鯛
北野きのこ
桜鯛むしりし母の指あまし
万斛
海よりもなお青い雨桜鯛
未補
格闘の一部始終や桜鯛
夢堂
漢の委の奴の印のある桜鯛
牟礼あおい
振りかぶる掛矢はしりの桜鯛
椋本望生
ふくよかなくはしめのほほさくらだい
明惟久里
桜鯛澱む黒目こそ密室
綿井びょう
桜鯛盃置く音に応へける
茂る
桜鯛薄く引きたる刃のしじま
木綿
入船の帆柱高し桜鯛
也和
一片の鱗は澄みて桜鯛
野地垂木
桜鯛海のホテルの星ゆたか
野々りんどう
白神の水青ければ桜鯛
野々原ラピ
きみおめでとうぼくおめでとう桜鯛
野良古
桜鯛廃止されたるたこフェリー
有瀬こうこ
桜鯛魚の顔にも美醜あり
与志魚
268gの五臓六腑や桜鯛
葉子 A
桜鯛滾る平家の海滾る
欲句歩
桜鯛髷より高き空の青
雷紋
無聊なる上座となりぬ桜鯛
蘭丸結動
桜鯛酒は辛口との御託
利平
桜鯛皿にうすむらさきの陰
理子
桜鯛散りぬるを和歌三神や
里之照日日
過去帳に法螺吹の祖父桜鯛
立志
棟上の幣のたちたり桜鯛
竜胆
あをき瀬をひかり趨れる桜鯛
緑の手
社伝には勅命とあり桜鯛
隣安
塩釜の清しく砕け桜鯛
露砂
桜鯛折り目正しく食べにけり
朶美子(えみこ)
この国の始まり祝う桜鯛
洒落神戸
桜鯛あちらは祝いこちらは喪
祺埜 箕來
桜鯛鍋に仲居のチャッカマン
脩平
今日あの娘綺麗だったね桜鯛
芍薬
桜鯛桜の色のあはれなり
茫々
目は今も好物である桜鯛
蜥蜴の尻尾
水引の蝶はばたくや桜鯛
アリマノミコ
大泣きの吾子百日目桜鯛
とみことみ
桜鯛そこそこ真面目に生きてます
ねむり猫
桜鯛小兵力士の勝ち名乗り
もりたきみ
言祝ぎのさざめく宵や桜鯛
茄子美
七福神巡り鎌倉さくら鯛
風鈴
七福神巡りのしめや桜鯛
宮﨑紅清
岩塩の甘し桜鯛甘し
高野由多
荒食ひの漁場や桜鯛火照る
克巳@いつき組
桜鯛百尾新船長初日
大塚迷路
上人を一目見むとや桜鯛
只暎
桜鯛オランダ人の上司来る
知音
大阪の賜杯右手に桜鯛
竹の子
兜割る出刃は鈍色桜鯛
天晴鈍ぞ孤
翻す楽屋のれんや桜鯛
桜鯛修士論文書き終へり
猫げそ
船玉にまずは捧げし桜鯛
背馬
花嫁より先に誉めらる桜鯛
平松洋子

並

さくらだいかわいいけれどきょうぼうそう
がんばるたくみ5才
びしょ濡れの海を泳げり桜鯛
オリヒロ
三日月に糸を垂らして桜鯛
ギコ
桜鯛母の十八番の祝い膳
きさらぎ
水金地火木土天桜鯛
キャサリンまさこ(まさこ改め)
桜鯛丸顔のまま半世紀
くま鶉
触れたれば鼓動なくした桜鯛
さゆみ
幼き日釣れし光は桜鯛
ハイジ
さくらだいの目はとうめいにこっちをみる
ふくろう
桜鯛ひとしく命をしむ雲
ほしのあお
とんがったさくらだいのはわにみたい
まりな(4歳)
さくらだいぼくがおさきにねむっちゃう
りすだいすき(3才)
初めての言葉「まんま」や桜鯛
日記
桜鯛赤ちゃんはいはいできました
霖之助
桜鯛刺身はちょいと温燗で
加賀もずく
桜鯛料る君には泣きぼくろ
蘂六
砥部焼に盛られて生きる桜鯛
14橘貞山
桜鯛締める手練れの手鉤かな
28あずきち
さくら鯛うろこを弾く伊達メガネ
⑦パパ
板前の造る手際やさくら鯛
aya
赤子抱く新婦退席さくら鯛
chiro
焼酎にお湯を注いで桜鯛
Dr.でぶ
横綱の前にすえたる桜鯛
KKK
桜鯛愛でつつ喜寿の同窓会
PON
乙姫の涙の色や桜鯛
sol
桜鯛鱗がまぶい地神祭
アーナンダ
尾道に商う祖母よ桜鯛
あおい
食ひ初めの吾子を抱く夫桜鯛
アガニョーク
はし止まる舟形あそぶ桜鯛
あけび庵
生れし子へ美しきかな桜鯛
あけみ
泣きさうに口をへの字に桜鯛
あさおのときえ
桜鯛旅のはじまりうず潮へ
あざみ
初孫ぞ天に掲げる桜鯛
あざむ
桜鯛弾むピアノは早や中二
あさもわ
桜鯛姪から届く喜寿祝い
あさり
糴市のトロ箱狭し桜鯛
あさ奏
万歳のその手に掴む桜鯛
あすなろ
ドアホンは今にも鳴らん桜鯛
あまとう
ぼんぼりと溢れる声と桜鯛
アマリリスと夢
千年のうろこの記憶桜鯛
あやの
桜鯛だぞと父の背伸びたよな
あるきしちはる
小湊の僧に懸想し桜鯛
あわの花水木
桜鯛どっしり構える土鍋かな
アントワネット@ノエル
頬撫でる浜風優し桜鯛
いくらちゃん
競る人のこえ一段と桜鯛
いごぼうら
とろ箱を跳ねて路上へ桜鯛
イサポン
いつだって折りの真ん中桜鯛
いつか
杯の底の鱗や桜鯛
いつき組リスナー班・旧重信のタイガース
桜鯛ゆらりゆらりとほろ酔いなり
いつの間にアラカン
桜鯛皿の骨にも笑顔あり
いと
桜鯛皿に一匹喜寿の膳
いと茶
桜鯛鱗バリバリ剥ぎ捨てる
いなほせどり
鱗ひとつひとつの光桜鯛
うづら
万華鏡めくや波為す桜鯛
うめがさそう(旧 梅笠)
尼御前の御所望瀬戸の桜鯛
ウルトラのはとこ
今際(いまは)へ桜鯛のまなこの無心
ウロ
お七夜の嫁のお膳の桜鯛
えび天
桜鯛源平の海染めにけり
えらぶゆり
竿しなり大きさ膨らむ桜鯛
オイラー
樹の下の屍体甘くて桜鯛
おおやぶちょ
桜鯛産声ひろごる瀬戸の海
おがたま
廃鉱の動かぬ猫や桜鯛
オキザリス
桜鯛星の光を纏いをる
おんちゃん。
板前のまずひと撫でし桜鯛
カオス
臨月に里に戻るや桜鯛
かこ
明日は東京家族分けあふ桜鯛
かずポン
内定やちらし彩る桜鯛
かすみ草
誰が為に桜色なり桜鯛
かたな
尉と姥一の膳には桜鯛
かぬまっこ
桜鯛子を抱き瀬戸の潮に跳ね
きっちゃん
横綱の掲げる腕に桜鯛
きなこもち
桜鯛出刃包丁を研ぎはじむ
きのと
おもてなし入学生の桜鯛
きびだんご
桜鯛狭き流しにウロコ散り
キヨ
船べりに糸の手応え桜鯛
キョンちゃん
母の愚痴ヨメノナミダと桜鯛
きんえんくん
桜鯛手術成功とて呉るる
くすん
再就職きりり桜鯛の眼
ぐでたまご
たとふれば亀の味する桜鯛
くによ
よだれ掛け三枚干すや桜鯛
くるみだんご
箸つつく桜鯛かな寡婦の友
ぐれむりん
桜鯛透けたるウロコ瀬戸の海
クロまま
合格の祝ひの卓に桜鯛
こうや こう
桜鯛マネレベイへの潮の道
ココダン
桜鯛釣りたる父を見直しぬ
コタロー
桜鯛跳ね魚棚の貴賓席
こつき
ようやくに祝言決まり櫻鯛
こてつ川
坂登り来る曽祖母の手に花見鯛
ことさら
桜鯛はねて海光乱しけり
ことまと
桜鯛美しき名のチリチリす
コナラ
姉妹目玉取り合ふ桜鯛
こはぎ
女から男へ変わり桜鯛
ごようまつ
俎板に乗っ込みて桜鯛散る
これでいいのだ
釣竿と桜鯛持ち拝まれる
さかまろ@第二まる安
桜鯛義母は傘寿になりにけり
さくみ
婿殿の含み笑ひや桜鯛
さとう
桜鯛庶民の口にほどとおい
さとうくにお
薄紅に黄と黒射して桜鯛
サトシワタナベ
急所突く手かぎが引き出す桜鯛
さばいばあ
桜鯛ランドセルの孫晴れやかに
サラリーマン忍者
焦るなと今朝の占い桜鯛
しー子
指先で骨二本抜き桜鯛
しかもり
おふくろよ天にもいるか桜鯛
しげる
桜鯛寿留女末広小さき吾子
ししまる
桜鯛子には寛解告げぬ宴
シニアモモ
桜鯛男勝りの我と吾子
ジミーあゆみ
気の利いた言葉にかえて桜鯛
しみみ
桜鯛逢ふ瀬の衣(きぬ)の美しや
シモーナ
水槽に花を散らして桜鯛
じゅりあん山本
まなこ澄みつや姿よし桜鯛
しゅんらん
焼き網に一片のうろこ桜鯛
じょいふるとしちゃん
雄に生(な)る産卵終えし桜鯛
シラクサ
桜鯛生きていくため戻りくる
シロクマ太郎
鱗取る出刃の角度や桜鯛
すえよし
七色の海の虹なり桜鯛
すみっこ忘牛
桜鯛は客船の下紅く染む
すみれ色の涙
赤い○一時帰宅や桜鯛
スローライフ
婚姻の色晴れやかに桜鯛
せり花
黙然と和服の棋士や桜鯛
せんえい
老夫婦佳き日写真に桜鯛
せんべい
大海へ子を送る日や桜鯛
そめいゆ
桜鯛恵の幸を口に運ぶ
それぞれのしあわせ
新婦呼ぶ父の涙や桜鯛
たいき
桜鯛さてどのやうに妻の手で
たいぞう
大皿の絵付けは跳ねる桜鯛
たけうち晴美
誕生の祝いは決まり桜鯛
たけし
桜鯛昨日と同じ日記書く
だけわらび
定年を跳ねて祝えり桜鯛
タック
桜鯛ひかる器の真白くて
たてしな昇平
桜鯛帽房ゆるる父母へ
たま
桜鯛を観察するルーペや5000円
たま蛙
桜鯛フォーマルドレスにシミをつけ
ダリア
土庄の鐘の響くや桜鯛
だるま
桜鯛もう食べようかまだ見たい
たるみ
一礼し腹撫で捌く桜鯛
たんと
逆剥ぎし鱗飛ばすは桜鯛
たん造
赤ん坊のやわらかき肌桜鯛
ちづるこ
桜鯛五歳になったお祝いに
ちま(4さい)
歓迎の酒と明石の桜鯛
ちまる
桜鯛1片かざし飯を食う
ちゃんこフォンデュ
桜鯛絵の具の朱冴え市長賞
ちゃんごりん
オーロラのごと煌めいて桜鯛
ちょろたこいん
訳あつて顔も赤きや桜鯛
ツーちゃんの恋人
桜鯛釣針はずす指太し
つつ井つつ夫
幾重にも都構想の字さくらだひ
つぶみ
還暦のギターのソロや桜鯛
つわきの嫁
アイシャドウ透けるブルーや桜鯛
ティーダ
この潮で獲ったを売りの桜鯛
てつ
抱卵中体おもし桜鯛
てるてる
いつぶりの筋肉痛や桜鯛
テン@第2まる安
ひとつづつ留める小鉤や桜鯛
どかてい
桜鯛さしみ目玉もまったりと
ときこの母よしこ
広重の風波大渦桜鯛
ときめき人
寅さんの口上切れる桜鯛
としえ
孫の契り婆の至福や桜鯛
とし子
網あげよ桜鯛ようかかりよらい
とのじ
食卓に試験の結果と桜鯛
とめぞう
食い初めや魚売り場の桜鯛
とりまる
不器用な右手恥らふ桜鯛
とんとん
年齢区分ひとつあがりて桜鯛
なおばら
祝い膳生け作りかな散歩かな桜鯛
なかがわ 聖一
桜鯛見つけましたよ鯛の鯛
なかの花梨
桜鯛結ぶ糸あり五十年
なごやいろり
玄関は靴屋のごとし桜鯛
ナタデココ
桜鯛プロポーズ断りました
なつぽよ
桜鯛みんなで探す骨の鯛
なつめモコ
瀬戸内に慶びの色桜鯛
なにわっこ
爛漫の瀬戸に満開桜鯛
なみは
桜鯛骨まで出汁にする昼餉
にたいも
桜鯛なみなみなみの釣りの波
にゃんみー
塩釜を囲む三代桜鯛
ぬけまいり
縄文杉へ伴は昆布締め桜鯛
ぬるっぱ
子を送る前の一日桜鯛
ねぎみそ
桜鯛を花のごとくに並べけり
ノエル@竜子
桜鯛親父と夕陽赤ら赤ら(アカラアカラ)
のもとみな
両瞼閉じてくれんか桜鯛
のら
恵比寿持つ桜鯛今宵の肴
のりた
桜鯛言葉つかえし結納日
ノルウェーの森人
桜鯛潮騒近き風呂義母と
バーバラ
ステンレス平台の中桜鯛
パオ
折り箱の蓋持上げる桜鯛
はすみん
うず潮の白波のあわ桜鯛
ハチ太郎
網尻に園児等叫ぶ桜鯛
パッキンマン
子のメール買い物かごに桜鯛
はなだんな
口閉じて覚悟のほどや桜鯛
ははろ
しやくり泣く礼装の父櫻鯛
はまのはの
桜色重ねめでたき明石鯛
はら美華子
胎児から赤子になりて桜鯛
ハルノ花柊
釣り天狗当たりの強い桜鯛
ばんしょう
名物に旨きものあり桜鯛
ばんじょうし
トロ箱に朝日の跳ねる桜鯛
ピーター
調理場にうろこ花咲く桜鯛
ひだ岩魚
本榧のまな板を拭き桜鯛
ひなた
まさおなる闇潜りけり桜鯛
ひねもす
桜鯛式が終わった体育館
ひろくん11さいのママ
酒通のドンヘどでかい桜鯛
ひろのじょう
前かけに吹く浜風や桜鯛
ひろ志
桜鯛港に暖色もたらす
ふあり光
会心の笑み身につけて桜鯛
ふあんた
花見鯛金看板の漁師飯
ふうせんかずら
桜鯛ゆるりゆるりと抱く赤子
ふさこ
潤む夜一人前の桜鯛
ふたあい
イパネマの娘のやうな桜鯛
ぶどう雲
紳士らしアクアリウムの桜鯛
ふみ
桜鯛ほの色づきて恋籠る
ふみゑ
桜鯛伊予弁にある京言葉
プリマス妙
桜鯛人体模型と祝杯を
ふわり子
甲板の怒号に桜鯛の歌
ペコちゃん
競り人の声も紅潮桜鯛
ペトロア
店先にいばっておわす桜鯛
ほうすい
義父となる人へお酌す桜鯛
ほしの有紀
桜鯛受胎告知の愛娘
ポニョリズム
桜鯛の生存食めば日の暮るる
ほの 真白
辛口に至福ひと皿桜鯛
ほのぼぉの
身をほぐしほぐして母へ桜鯛
ぽんたちん
水軍の裔に釣られて桜鯛
ポンタロウ
桜鯛うろこ花びら纏うごと
ぽんのじょう
桜鯛いずこいずこと訊く娘
ポン太
見失ふ現在地点さくら鯛
ましろなぎさ
還暦の祝いや松山桜鯛
まち眞知子
桜鯛声をそろへていただきます
まつだまゆ
桜鯛尾鰭も食らう妊婦殿
まめ小路まめ子
前祝い言ってはならぬと桜鯛
マユミ
虹色を内に秘めたる桜鯛
まりい@木ノ芽
気っ風よく本音聞きたし桜鯛
まり姫
桜鯛鱗散らして捌きけり
まるちゃん2323
さくら鯛鮮魚売り場の主役かな
ミキロオ8191
高速船駆ける伊保田や桜鯛
みくらまる
桜鯛まぐれで釣って季節知る
みずほ
桜鯛芝居御膳に鎮座する
ミセウ愛
玄海の蒼き潮より桜鯛
みそまめ
桜鯛売るしわがれの婆の声
みどりがめ
朝刊は大鵬両手に桜鯛
みどりちゃん
ろうそくの赤い炎よ桜鯛
みなつ
結納式陽の斑が揺らぐ桜鯛
みなと
桜鯛うまく煮付ける理系女子
みのる
祝い膳渦に跳ねたり桜鯛
みよしい
桜鯛軽やかに聴くカルテット
むじーじ
瀬戸内の塩ふりかけて桜鯛
むすびめ
野見宿祢に好かれさし上ぐ桜鯛
むったん
店先に目線合ひけり桜鯛
むにむにちゃん
桜鯛瀬戸内みるや白鷺城
むべ
桜鯛のキラキラ鱗みみたぶに
むらさき(6さい)
桜鯛釣果自慢に配りけり
むらたふみ
まな板に切り口残し桜鯛
めしめし
赤ちゃん筆と食卓の桜鯛
める
古希の膳フォトスタンドに桜鯛
もちえちゃん
地引網のぼこぼこ躍る桜鯛
もりお
出産日越えてまな板桜鯛
やえ子
桜鯛稚の名久し内祝
ヤッチー
朝六時寺の鐘聴く桜鯛
やぶつばき
桜鯛大漁大奥かの如く
やまなみ
新しき制服披露桜鯛
やまぶき
こぐま座をうろこに持てり桜鯛
ヤマボー
じっくりと遅い者勝ち桜鯛
やよえ
祝い席ヒーローとなる桜鯛
ゆぃ
桜鯛猫もほのかに桜色
ゆう4○才
桜鯛鮮やかな色ぼくにらむ
ゆうが
高校の三年皆勤桜鯛
ゆすらご
桜鯛のそっと取り出す卵巣
ゆみづき
爺婆の骨までしゃぶる桜鯛
ようざん
百日や双子に二匹桜鯛
ヨシケン@男女双子(10歳)の父です。
桜鯛うたかたと消え竿天を指す
よしこ
板前に鱗飛びちる桜鯛
よつ葉
強い引き良型揚がるや桜鯛
よひら
吾に似る五百羅漢や桜鯛
よぶこどり
桜鯛旬を食しにローカル線
よりみち@和歌山市加太は桜鯛が有名で、南海電車の鯛電車が走っています。
神饌のひときわ光りて桜鯛
らびっと
桜鯛慣れぬ制服面映い
りぃらっくま
お食い初め主役となりて桜鯛
りこ
桜鯛鳴門の渦で染まりけり
リバティーさん
神経痛今日はまだ出ぬ桜鯛
りんごのほっぺ
身の内に大志秘めたる桜鯛
りんどう
桜鯛黒門市場の異国かな
るびちゅ
彼氏来る勝負料理は桜鯛
ルプママ@比らり
桜鯛市場に並びなほ光る
るみ
君があの五十五尋の桜鯛
るりぼうし
下魚と言ふは僻目か桜鯛
るるの父
化粧塩以外に大き桜鯛
れい
桜鯛煮物焼物お吸物
れんげ畑
目出度さに釣り合うほどの桜鯛
ロクヨン
桜鯛ちょっと受け口ほころぶ顔
ろん
うろこ舞う古まな板や桜鯛
わかこ
桜鯛介護疲れを癒しけり
わわ
桜鯛我偉大なる一般人
ワンダフルもずく
嫁ぐ娘と膳囲みけり桜鯛
阿波豊
命ほどうすくれなゐにさくら鯛
阿武 玲
創業祭老舗の旦那の桜鯛
阿万女@ノエル
桜鯛古き同僚目に浮かび
握り飯太郎
変しいと書いて恋文桜鯛
安芸ゆきこ
古希祝う子等も遠くや桜鯛
安田信洲
一番は瀬戸の育ちよ桜鯛
伊藤はな
ひとしほよ浜で焼きたる桜鯛
伊藤欣次
料亭の毛氈踏んで桜鯛
伊藤善隆
新元号聞くや桜鯛注文
伊豆子
小漁師の光る指先桜鯛
伊予吟会 心嵐
サプライズ古希の祝いの桜鯛
位子
渦潮や仄暗き奥の桜鯛
為一暢道
桜鯛七夜に動画見てさばく
井田みち
桜鯛父似の少女十五歳
一の介
桜鯛紅差すやうに指運ぶ
一井蝸牛
煮か焼きか刺身か迷う桜鯛
一碁一会
大皿の桜鯛ひかる門出かな
一純。
三方に桜鯛のる佳日かな
一人静
半額の札つきを買う桜鯛
一泉
吸物に滲み出す桜鯛の遺志
一茶お
桜鯛船縁を打つ尾鰭かな
一六四
甘辛くたまご煮付ける桜鯛
稲垣由貴
目ん玉を欲しがる子らや桜鯛
右田俊郎
晴れの日やひとみ大きな桜鯛
烏兎
北斎の涛へ散り敷く桜鯛
羽沖
横の鍋に貼りつくは桜鯛の尾
羽光
桜鯛あの日に帰る同窓会
雨霧彦@木ノ芽
俎板の影に鱗や桜鯛
卯年のふみ
潮の香を連れて土産に桜鯛
瓜中不眠
桜鯛舞妓の袖の匂い立ち
栄魚
桜鯛ひとり祝ひのありてよし
永想
桜鯛餌刺しの指に匠あり
英ちゃん
島に生れ島に嫁いで桜鯛
英子
指折りて臨月待つや桜鯛
詠野孔球
ラインブレークゆらりと青へ桜鯛
越佐ふみを
橋白く聳ゆる海や桜鯛
越智空子
まな板に鱗キラキラ桜鯛
何威張るギョロ目への字の桜鯛
横じいじ
桜鯛泣き虫送られ卒業生
音澤 煙管
朱に染まる戦う力士桜鯛
下村ひじり
桜鯛不遜な目をして吾にらむ
佳月
連れ来たる男無口や桜鯛
河合郁@娘が北海道から彼を連れて来ました。無口で、自分からは何もしゃべらないのです。 なんとか、するべき挨拶だけはしてくれましたが。
玉の杯象牙の箸ぞ桜鯛
花屋
桜鯛白寿「老後」の夢語る
花河童
桜鯛波ゆるやかに恋めきて
花咲明日香
桜鯛空の切手を投函す
花節湖
桜鯛大見得切りて皿の上
ふと思う痛みがあるのか桜鯛
華らんまま
新聞紙覗く頭は桜鯛
蛾触
参観日大花まるの桜鯛
雅雅丸
化粧映え一人気にする桜鯛
雅鬼
櫻鯛鬨の声湧く壇ノ浦
雅京一
桜鯛潮の目染めて浮き沈み
雅由
桜鯛にんげんの声聞き逃す
色留と螺鈿の漆器と桜鯛
海葡萄
桜鯛旅立ちは常に華やかに
海風山本
桜鯛奥羽の白き峯に映ゆ
海野しりとり
水底の都に住まう桜鯛
灰色狼
桜鯛皿に命を咲かせけり
灰田《蜻蛉切》兵庫
門波へと糸たる船や桜鯛
垣内孝雄
桜鯛死んで生まれて産んで死ぬ
笠原 理香
妊りしこと告げられし桜鯛
梶  鴻風
桜鯛銀地に万朶散りばめる
群青の海の底より桜鯛
釜眞手打ち蕎麦
お見舞いに釣ってきたよと桜鯛
勘太郎
一天の青海から覗く桜鯛
甘泉
糸たぐり右へ左へ桜鯛
甘平
昆布〆の桜鯛夕暮の風
閑茶
ぎゅんと反り返りたる尾や桜鯛
岩のじ
跳ねる尾を構わず包丁桜鯛
喜一郎
婚姻色てふ美しき色桜鯛
喜多輝女
お食い初め誰が食うやら桜鯛
気のまま風
お食い初め今日の主役と桜鯛
気球乗り
やん衆や崇めし神の桜鯛
貴桜李
桜鯛眺めてしばし箸つけず
軌一
桜鯛婚礼衣装と妍競う
輝峰亭
水軍の先陣切るは桜鯛
輝棒
折箱にこげたよそ事桜鯛
亀の
人寄せに一役買ひし桜鯛
菊華堂
焼立てへかける醤油や桜鯛
菊池洋勝
桜鯛裂く血の失せし頬骨よ
吉 や
桜鯛いつかは吾子も睨み鯛
吉村よし生
なき人の席あり飲めや桜鯛
吉田海音@これが人生初俳句!
蒼海や竿先弛み桜鯛
吉田竹織
桜鯛勝った負けたも同じ顔
吉野川
晴れの日や潮仕立てに桜鯛
桔梗
瀬戸内を赤く染めにし桜鯛
丘 るみこ
初孫を遺して往きぬ桜鯛
久坂晶啓
曳ずり行く鱗ちらほら桜鯛
久仁重
祝い事無くて手に取る桜鯛
宮みやび
鉄の味噛みしめている桜鯛
宮坂変哲
瀬戸内の桜鯛の膳漁師宿
宮写楽
桜鯛喰らいし我が指青き日々
宮島ひでき
下処理の鱗残せり桜鯛
宮武桜子
桜鯛ちひさき釜を揺するらむ
泣きそうだ
合格や鱗飛ばせし桜鯛
京あられ
まな板に花びら散らす桜鯛
京丸
祝い事姿あざやか桜鯛
京子
新米の漁師の声や桜鯛
琴女
佳き日なり奉る膳さくら鯛
句詩呼
一日を廚ごもりや櫻鯛
腕まくり昆布ふき待つは桜鯛
熊乃福助
土鍋から頭としっぽ桜鯛
熊縫まゆベア
咲き誇る笑顔の真ん中桜鯛
栗子
船底を叩くや集ふ桜鯛
君島笑夢
ふくよかに頬染めたるは桜鯛
啓泉
桜鯛花より団子太公望
恵美子
見事さに気後れするや桜鯛
敬之
晴天や凪にキラリと桜鯛
桂坂
食い初めの子と勝負なり桜鯛
桂翠
桜鯛いのち寿ぎつつ生きる
渓湖@癌と道連れ15年、70才に辿り着きました。病気で死ぬんじゃない、寿命が尽きたら死ぬんだろうなと思う70才^^
炭おこし振り塩串打ち桜鯛
蛍子
桜鯛もうすぐ天より嬰児の降る
蛍川
桜鯛海流速し尾にはこぶ
鶏心
まるい頬百日祝いの桜鯛
月のうさぎ
桜鯛ほろ酔い気分で一人酒
月影ミウ
間の悪さ隠して不味し桜鯛
月々
兜煮に鰓血合い取る桜鯛
嫌佐久
桜鯛手練れたふり塩まず一杯
犬散歩人
祝宴やワイングラスと桜鯛
元喜@木ノ芽
エビの赤もらひて赤く桜鯛
元元
母の地へ単身赴任桜鯛
元木まだら
水揚げに弾ける笑顔桜鯛
己心
大きめで制服採寸桜鯛
五月野敬子
土鍋からはみ出す尾ひれ桜鯛
娯李音
東より訪ね来る友桜鯛
鯉太郎
盛皿に大輪のごと桜鯛
倖菜(こうな)
桜鯛海面に映る大鳥居
公毅
白波や岩場の陰に桜鯛
口岩健一
曾祖父の大往生や桜鯛
工藤浩之
捌く娘の指輪魅かれる桜鯛
桜鯛天地明察なる暦
広瀬 康
みどりごの頬にも似たり桜鯛
弘雲
桜鯛他人行儀に口開くる
弘美
瀬戸内の海はおだやか桜鯛
江戸川青風
桜鯛末広りの尾の傘寿
江口小春@父が傘寿、私は父が三十の時の子供なので今回から50代です…
二日目は骨湯すすらん桜鯛
江藤薫
目と舌で至福味はふ桜鯛
江里口泰然
海流や舞ひ散るやうに桜鯛
香野さとみZ
祝言に祖父釣り足りし桜鯛
高宮茜
栄転を噛みしめるなり桜鯛
高橋冬扇
釣り逃し大きくなつた桜鯛
高月藤村
桜鯛まなこに秘めた千の青
高村優雨花
悠然とコマセ見上げる桜鯛
高田 仁和加
海峡の急流顔の桜鯛
今治・しゅんかん
花婿の四角赤面桜鯛
根子屋彦六
そつと出す妻へ感謝の桜鯛
佐々木温美
活け造りされて背を見る桜鯛
佐々木温美@ハートランド
割箸の先のほつれて桜鯛
佐々木青斗
姿見の鯛や孫らと宴会よ
佐山夕子
身ごもりて浅瀬を進む桜鯛
佐竹ゆかり
桜鯛父の好物並べたり
佐藤こはる
桜鯛みんな忘れし母の指
細木さちこ
朽ちた網陽に立つ鱗や桜鯛
榊裕江子
帰省子に父の炊き込む桜鯛
咲也
尾鰭立て寿ぎの膳桜鯛
咲耶とこ野@木ノ芽
桜鯛うろこ全てが恋の色
桜桃の里
金の釣り針胸から出たの桜鯛
桜姫5
桜鯛囲みて祝うお食い初め
桜夜月子@木ノ芽
ポシェット贈る平皿に桜鯛
札六@まる裏(関屋@和祝)
桜鯛移る築地のターレの灯
雑草おばさん
雨の夜ネオンは友か桜鯛
三ノ宮ねこ
桜鯛小さく朱い児の手形
三子
片思い水面も揺れる桜鯛
三水低@第二まる安
桜鯛人間だけが喜んで
三大夜景
桜鯛修羅を越え友は若々し
三木庭
一次志望合格メール桜鯛
三輪えつし
競艇の与り知らぬ桜鯛
三毳
贐に長持唄と桜鯛
山口とねりこ
桜鯛産土参り食い初め
山口雀昭@産土参り=俗に言う宮参り
桜鯛来島の香に便り添え
山裾 都
箱寿司の蓋をはずせば桜鯛
山茶花静
むしむしと桜鯛喰ふ喉ぼとけ
山田喜則
祝い膳ひとみ澄みたる桜鯛
山本 力
桜鯛祝ふ米寿のど真ん中
山本嘉子
桜鯛の目虚ろ宴席の真中
珊瑚
「サクラサク」スマホで見るや桜鯛
史月
富士あおき空はね広ぐ桜鯛
四十一香 (よいか)
桜鯛箱に写真と式次第
四丁目
桜鯛門出の船へ紙テープ
始の子
背比べの柱に別れ桜鯛
紙威
桜鯛結婚ラッシュの職員室
紙魚
我を見る目に力あり桜鯛
紫苑
水軍の宴に積まれし花見鯛
紫鋼
元号と舞い降りてくる桜鯛
紫香菫
くぐりぬけ幸訪れし桜鯛
紫紺
桜鯛表札無しのマイホーム
紫檀豆蔵
灯つく一軒目から桜鯛
紫蘭
桜鯛華やぐ車内や今日は大安
試行錯誤
古稀祝ふ孫の絵菓子や桜鯛
時さん
無精髭似合ふとおだて桜鯛
時雨
黄帽子の踊る園児と桜鯛
治もがり笛
桜鯛とびちる鱗は花のよう
鹿柴
瀬戸内の野球少年さくら鯛
鹿乃山千里
安産の礼に供える桜鯛
実果
渦潮に揉まれもまれて桜鯛
舎人
釣り人は丘に上がらず花見鯛
捨愛大佐
桜鯛写楽の描きし赤襦袢
斜楽
持つ手出し撮影釣った桜鯛
紗々
桜鯛エコーに吾子の影ふたつ
紗千子
桜鯛明石のペンフレ今如何
若澤杏子
桜鯛弥生の鉄の返し針
守安 雄介
酒盛の手打ちに躍る桜鯛
朱河
優勝に華を添えたる桜鯛
珠桜女 絢未来
尾を打ちて鱗飛び散る桜鯛
寿子
どくどくと俎板に散る桜鯛
宗本智之
海峡よああ瀬戸内の桜鯛
州芳
身にあまり格闘する孫桜鯛
秋月流音@木ノ芽
新婚の漁夫の腕(かいな)や桜鯛
秋原みかげ
桜鯛生簀の主となりにけり
秋津州はじめ
恋文のエピローグかな桜鯛
秋籠る
一升餅負う初孫や桜鯛
舟御前@ノエル
粤語舞う街市ではねる桜鯛
舟木@異国香港のマーケットの人混みで、広東語の喧騒に包まれる中。
唾のむ昆布で〆たる桜鯛
住吉敦子
桜鯛見上ぐる空は乱反射
重翁
うす緑わさびが透ける桜鯛
出石珠子
釣られたり眼球(まなこ)一点桜鯛
春果
漁師妻さばきて今日も桜鯛
春川一彦
われ先と色気引っ提げ桜鯛
春爺
父卒寿こよいあかしの桜鯛
春蘭素心
店頭に命の色や桜鯛
順女
ぬる燗やエサを啄む桜鯛
小エビ
桜鯛船べり叩く鰭光り
小橋春鳥
櫻鯛おろす前掛け銀鱗
小熊伸子
祝福の詞は尽きぬ桜鯛
小山晃
桜鯛淋し気な顔釣り上げる
小市
手刀を切って花道桜鯛
小春
かはたれに船出す父や桜鯛
小雀
母子手帳男泣きして桜鯛
小倉じゅんまき
豪快に腹に噛みつき桜鯛
小池敬二
桜鯛焦がしニンニク香りけり
小町
桜鯛婚活の宴に色を添え
小塚 蒼野
桜鯛葉蘭飾りの亀添えて
小梅
検診のあとのお酒や桜鯛
小野みっちゃん
織部皿並べ客待つ桜鯛
小林風花
緊張の制服今日の桜鯛
小崚糸杉子
旬のはず高き値のつく桜鯛
松井慶幹
今朝揚げし桜鯛とぞ淡路島
松永裕歩
コメ立てり南予中予の桜鯛
松山
桜鯛きと赤く染むいのちかな
松山めゐ
桜鯛制服の裾一寸出し
松山女
桜鯛魚売婦(おたた)行き交ふ城下町
松山帖句
鈍色の海の中から桜鯛
松茶 巴@プレバト木ノ芽
桜鯛さばく父親許す朝
松田あめ
折り詰めの蓋押し上ぐる桜鯛
松田てぃ
桜鯛けふの百日の舌つづみ
松風女
尾をムンズ掴み突き出す桜鯛
松野英昌
荒潮を越えて入賞桜鯛
湘輝
廃校の宿に替はりて桜鯛
照波
活気なき市場に君臨す桜鯛
笑子
園庭の蕾の多し桜鯛
笑酔
桜鯛褪せたデニムの腿太し
上市まさ
桜鯛流行色を身に宿し
上峰子@今春の流行色は「リビングコーラル」だそうで、桜鯛イヤーのようです。
寅の字にさくら涙の桜鯛
常陸人
おめでたの姉は厨の桜鯛
植田早苗
土鍋あけ匂いわきたつ桜鯛
植木照美
金婚に空(くう)と明石の桜鯛
寝たきりオヤジ@空(くう=愛知県の関谷酒造の幻の酒)は愛知県でも入手困難で高価です。金婚式には奮発してその酒と明石の桜鯛で祝ったことを詠みました。
新築の厨に届く桜鯛
慎吾
進級の軽い足取り桜鯛
新藤柑子
桜鯛祝いに捧ぐ命かな
森の水車
生けるもの皆輝く時節桜鯛
深山 紫
防波堤すわ大物か桜鯛
桜鯛びちびち跳ねて舞踊る
真紀子
桜鯛祝いの酒に染まるほほ
真咲子
ぎゅううんとしなる釣竿桜鯛
真珠星倫世(スピカリンセ)
ハレの日に特製カルパッチョ桜鯛
真妃
独学なる一年半や桜鯛
真優航千の母
桜鯛尾を跳ね祝うお食い初め
真林
めばえたる思い二十歳や桜鯛
神山やすこ
緑帯ぶ朝光の海桜鯛
水城
食卓にあなたと私桜鯛
水帆
貝砕くやさしき顔の桜鯛
水夢
内祝笹に華やぐ桜鯛
翠穂
桜鯛大学入試一本釣り
酔芙蓉
桜鯛冷蔵庫で待つ「サクラサク」
瑞月
桜鯛待ちて始まる披露宴
数鉄砲
御食国淡路の贄や桜鯛
杉浦夏甫
悩みなき往時を想起桜鯛
澄海
桜鯛窓側席の夜明け色
世良日守@木ノ芽
産み落とす思い出いくつ桜鯛
瀬紀 眉
桜鯛捌き任され四苦八苦
瀬々葱坊主
還暦のほお華やぎて桜鯛
瀬波秋鮭
ぐい呑みや傍で意地張る桜鯛
星海
南淡の島影深し桜鯛
星降松
行く雲を見上げて待つは桜鯛
晴海南風@木ノ芽
妻の箸箸で払ひて桜鯛
晴好 雨独
桜鯛祖母と探す「鯛のタイ」
晴日和
優勝力士片手で持つや桜鯛
正宮崎
紅をさす漢をりけり桜鯛
正木羽後子
桜鯛牛車に揺られ新都へと
清ら
桜鯛あっと言う間に社会人
清水仁
歩き初む児やふっくらと桜鯛
西川あきや
満開や浅瀬に群れる花見鯛
誠馬
跳びはねて風のこゑ聴く桜鯛
青い月
駿河湾船を浮かべて桜鯛
青玄
陽の当たる道ゆきなさい桜鯛
青山あじこ
桜鯛天を仰いで活き作り
青泉
桜鯛食いたし愛媛に帰りたし
青柘榴
渦潮の泡弾けるや桜鯛
青木豊実
イタリアンなどにはせぬぞ桜鯛
青嵐
釣り糸がしなって踊る桜鯛
静香
貴重な日々や桜鯛うすく削ぐ
斉藤ふみえ
鯛の浦いういうと舞ふ桜鯛
石井せんすい
桜鯛優勝杯に紅映す
石井茶爺
うず潮を揺り籠にして桜鯛
石野上路無
桜鯛夕闇深く星青く
赤橋渡
桜鯛関門の夜ごとほおばる
赤馬福助
桜鯛は走れぬ我は泳げぬ
赤木
髷断ちて高く掲げる桜鯛
折口
桜鯛円となりたる祝い事
節子
桜鯛北海道の海へ来い
雪すずめ
湯気上がり父ほくそ笑む桜鯛
雪客
桜鯛板場に届く華やぎよ
雪子
振り塩の繊細なひれ桜鯛
千の葉
桜鯛斜光を浴びて蒼滲む
千葉睦女
桜鯛子を太らせて身細る
川越雷鳴
桜鯛異動の友と酌む昏夜
川口みち
桜鯛あさの光へひるがえる
川崎の黒猫きょん
櫻鯛尾鰭に厚く化粧塩
川島 欣也
初恋のまだあげそめし桜鯛
川畑 彩
桜鯛のアラで祝う進学
浅河祥子
桜鯛光の風に乗り来たり
浅見弓楽
姿造りの丸き眼哀し桜鯛
善多丸
海賊の宴に光る桜鯛
祖乞
嬉しくて骨までしゃぶる桜鯛
素人
床の間の相撲甚句の桜鯛
倉の人
ランドセル背負いて食べる桜鯛
爽渓之岩魚
桜鯛「今日は俺が」と父捌く
相模
東に堺の意気や桜鯛
草青
改元やたいしょう次さくらだいね
草翡
桜鯛朝日が照らす父の舟
荘介
祝い膳主役は孫と桜鯛
蒼香
桜鯛讃岐に聖人ありにけり
霜月
汁椀より頭突き出し花見鯛
村上 無有
釣り糸をひからせたるや桜鯛
村上瑠璃甫
新調の家具と家電と桜鯛
多聞仙
俎板に水すべらせて桜鯛
太子
桜鯛色を加えし魚籠の中
駄口竹流
母和服僕は詰襟桜鯛
泰然
いろは丸沈みし海や桜鯛
鯛 風
海に咲く色為る君が桜鯛
台所のキフジン
軽ろき音聞く塩釜の桜鯛
大井河薪
桜鯛沈む無常は底ひなし
大黒陽之助
桜鯛よくぞ日本に生まれたる
大三郎
桜鯛床の間を背に相撲部屋
大谷如水
桜鯛生まれた島を出る明日
大福ママ
夫が持つ針あるままの桜鯛
大和田美信
桜鯛つつきて探す鯛の鯛
大佛清
境内に雅楽艶やか桜鯛
鷹星
桜鯛変わりましたね髪形が
沢田朱里
眼より食べて目なしの桜鯛
達哉
桜鯛五十五歳の曲がり角
谷兼州
桜鯛米寿の母の演歌かな
谷口詠美@この一月米寿を迎えた母は、デイサービスでカラオケの楽しさにハマり。帰省すると、自宅で八代亜紀を熱唱しております。
少女にはある桜鯛ほどの幸
谷山 みつこ
くじ引き二等桜鯛の引換券
谷川の蛍子
祝い事久しくなりぬ桜鯛
谷田藪辛子
桜鯛友の帰国の手紙かな
地に根ざし陽に伸びる
桜鯛琥珀色したヒレ酒よ
智蝶
丁寧に骨除かるる桜鯛
池と堀
小さき島の現れ崩れ桜鯛
池田香
南武線今夜我が家は桜鯛
池田和正
桜鯛乳せがみ泣きお食い初め
竹 夢月
桜鯛しゃべり続ける旅の人
竹さ
桜鯛さばく鱗のはじけ飛ぶ
竹春エリザベス
物憂げな青いシャドウの桜鯛
竹青
入園の名札が笑う桜鯛
竹村マイ
夕暮れや航跡二本桜鯛
竹福
引き網に踊る金鱗さくら鯛
竹林
神神し鱗は幸色桜鯛
明日は出づ祝いの膳の桜鯛
茶々
山葵ツンと茶漬けの旨し桜鯛
中山白蘭
湯上がりの傘寿の義母に桜鯛
中村公彦@勤続30年の特別休暇に妻とその母の3人で道後温泉に旅行に行きました。
学び舎を去り行く友に桜鯛
中村水音
一等席お重の中の桜鯛
中村芳雄
明日から一人暮らしや桜鯛
中村遥季
産み月はまだまだ先よ桜鯛
中嶋範子@MamalyHouse俳句道場
輪をかいて煙のごとし桜鯛
中野久子
桜鯛名簿目で追うクラス分け
昼行燈
園服にこぼす醤油や桜鯛
虫めがねん
兄弟の夕日と恋と桜鯛
衷子
瀬戸内の紅の誉や桜鯛
朝ぼらけ
ひこ六人祖母は米寿に桜鯛
朝桜咲花
重力を奪つて咲ふ桜鯛
潮ベルト
磯の香の欠片となりて桜鯛
長田写々
昭和遠し御魂鎮めの桜鯛
直木葉子
瀬戸内の桜鯛釣り城眺め
鶴田梅勝
目玉好き骨残りけり桜鯛
定規
今日よりは別姓の子や桜鯛
定吉
箸先の目玉を無くした桜鯛
鉄鰈
祝い膳染めいて良しの桜鯛
天津飯
友人より杯もらう花見鯛
天野河
瀬戸の海俎上免れ桜鯛
貼女(ちょうじょ)
ひとり酒すすりつついて桜鯛
澱凡
弾力が歯茎くすぐる桜鯛
田中勲
桜鯛島の力士の髷光る
田中耕泉
桜鯛茹でてつぶして父の餌
田辺 ふみ@医療での「食餌」という言葉に「餌」が含まれているのに気持ちがざわつきます。
「あ」の字がねうまく書けたの桜鯛
田名あみ子
弥栄の声待ち望む桜鯛
斗三木童
山国もまんぷく競う桜鯛
杜志
桜鯛しながき華やか誕生日
渡邉くるり
桜鯛釣る百貫とほらを吹く
都花
支援者に取り囲まれて桜鯛
都乃あざみ
店の棚願い遂げたか桜鯛
土屋 木漏れ日
えがったな合格出来て桜鯛
冬菫
桜鯛捌く男の頬赤き
東尋坊
沼津沖釣る桜鯛背には富士
東西 南北
一斉に華やぐ湾や桜鯛
桃八
返事だけ元気良くして桜鯛
桃葉琴乃
生真面目な一文字口桜鯛
燈穂
手繰る糸やがてその色桜鯛
当卯
桜鯛骨についた身しゃぶりたい
藤すみ
搔敷を選るも楽しき桜鯛
藤井祐喜
新調の竿もて挑む桜鯛
藤郷源一朗
桜鯛鎧のごとき鱗かな
藤原訓子
二の腕の太きが捌く桜鯛
藤川さくら
桜鯛自分で自分をほめてみる
藤鷹圓哉
桜鯛恋爪に似し鱗飛ぶ
藤田康子
B.G.M.はジャズ桜鯛捌く
藤田真純
退院日家族で囲む桜鯛
藤野あき
鰭下に刃を滑らせて桜鯛
陶然
桜鯛うしおの光と見まごうて
同行二人
知つてるかい龍の鱗は桜鯛
還暦の膳に跳ねたる桜鯛
瞳子
桜鯛ピストグラムがおもてなす
童好
桜鯛幾年を経て板にのる
銅鑼の音
桜鯛見送る海は寂しかろ
徳本あつ
気をつけの姿勢のままや桜鯛
奈緒女
桜鯛ヒジャブの少女たちの夢
奈良香里
さくら鯛身までピンクに乙女かな
那須いずみ
友来たる飲むしかないか桜鯛
那須の田舎者
桜鯛うろこ鎧に恋給う
凪野たいら
頬染めし朝礼の君桜鯛
南川カリン
たんじょうび病院食の桜鯛
南風紫蘭@木ノ芽
桜鯛お囃子の稽古鳴り初める
楠青庵
お食い初め孫よりでかい桜鯛
二上松風
桜鯛仄かに紅引く薄化粧
日下まひろ
検事さんみたいな顔ね桜鯛
日出時計
桜鯛父を差し置き目玉食ぶ
日田路
鰓骨で大きさ競ふ桜鯛
日本酒
桜鯛焼けば敬語の猫の声
入口弘徳
尾をぴんと武士の意地桜鯛
忍冬
桜鯛今日お日柄もよろしくて
猫楽
桜鯛鳴門のうずの彩霞かな
猫舌扁平足
大きめの制服の子ら桜鯛
波の音
初孫のほほやわらかし桜鯛
波音
桜鯛祖父の笑顔やお箸初め
馬勝
魚探でもこころの読めぬ桜鯛
馬場東風(とうふう)
元号の無きカレンダー桜鯛
馬場馬子
床の間に障子越しの陽桜鯛
馬門宗太
銀鱗を四五枚飛ばし桜鯛
俳句の元ちゃんさん
孫誕生鱗飛び散る桜鯛
俳菜裕子
桜鯛担いで笑う恵比寿様
梅雨
振り向かぬ母の覚悟と桜鯛
白と紺
そのままの遺愛の釣具桜鯛
白井百合子
祝い膳とびきり朱き桜鯛
白丘山人(893人)
桜鯛釣るうでもなくかねもなく
白銀のシリウス
桜鯛抱え吠えたる恵比寿顔
白瀬いりこ
金華山沖も観よとや桜鯛
白鳥国男
五徳にも飛びし鱗や桜鯛
麦吉
ヘルニアの寛解卓に桜鯛
桜鯛水面にたゆたい色づきて
函峰明治
磯のかほりも買い求め桜鯛
畑 詩音
祝い膳どっしり構へて桜鯛
畑 詩音
桜鯛焼いてひとりの日曜日
八幡風花
桜鯛あんな介護は辞めちまえ
半熟赤茄子
東雲にしなふ釣竿桜鯛
板柿せっか
瀬戸内の海に舞ひ散る桜鯛
彼方ひらく
桜鯛焼し匂ひの弥栄さ
比良山
しま星の影中り待つ桜鯛
比呂
桜鯛目玉転がす宴あと
比呂子
羊水に手足伸ばすや桜鯛
枇杷子
折箱に尾ぴんと立つ桜鯛
美山
桜鯛蒸せば花咲き口福なり
美翠
活きのよい誕生祝い桜鯛
美泉
鯛中鯛自慢しあった桜鯛
柊風
新人は早や酔うたふり桜鯛
稗田鈴二郎
宴席の上座にぼくと桜鯛
姫山雷鳥
入居日の窓開け放し桜鯛
百草@ノエル
船にのりどんなもんだい桜鯛
富永安昭
神官の遅刻に怒る桜鯛
富樫 幹
桜鯛淡く透けゆくシーグラス
富士子
桜鯛もまれ鳴門や渦二つ
敷島せっつ
えびす顔お食い初めや桜鯛
風らん
君の前目立ちたし我桜鯛
風花
桜鯛離婚届けの端が折れ
風華
桜鯛愁いを帯びた両目かな
風間昭彦
棟梁の柏手一本桜鯛
風更紗
塩釜に祈ぐ「いやさか」や桜鯛
風慈音
俎に何を語るや桜鯛
風摩亜
羞じらひの彩かも知れぬ桜鯛
風紋
汁椀の歯をむき出しの桜鯛
風来
桜鯛網破るほど犇いて
服部 勝枝
皆同じ顔してゐたり桜鯛
文女
落人の小さき漁村桜鯛
聞岳
孕む身の色づくあはれ桜鯛
平康
桜鯛丸ごとドカンと祝い善
平塚雪月花
桜鯛釣り上げし朝姫産まる
平野水麦
桜鯛祝い膳での白目かな
碧三五
一瞬の命のかがやき桜鯛
峰江
朝市の華やぎにある桜鯛
峰泉しょうこ
号笛や櫻鯛のごとまなじり
平成の元号終わる桜鯛
俎板の木目たいらか桜鯛
蜂喰擬
のけぞった桜鯛の尾のとげとげし
豊田すばる
桜鯛ゆえに今しむ祝膳
口取りの桜鯛入る今朝の汁
房菓
桜鯛の塩釜叩く茶帯かな
暴朴
桜鯛だってむくれることもある
望月ゆう
川原の夜友と炭火の桜鯛
北葛城 達生
父逝きて姉縁付くや桜鯛
北村 鯨子
初めての接待の席桜鯛
堀アンナ
幼帝の忌よ桜鯛褪せ初むる
堀口房水@安徳天皇、1185年4月25日(寿永4年3月24日)、壇之浦にて6歳で崩御。
桜鯛鯛中鯛も色あるや
凡々人
ネプチューンの矛に刺さりて桜鯛
摩莉杏
海峡のうねりに踊る桜鯛
麻呂助
染液のごときバケツに桜鯛
抹茶金魚
桜鯛実習期間の短くて
末摘花
桜鯛ゆれるマストの遠屋島
末尾波世遠
生命を抱く海の目桜鯛
未知
桜鯛角の寿司屋に灯が点る
未々
アクアパッツァの桜鯛笑む女子会よ
岬りこ
海流のにほひ残るや桜鯛
妙光@木の芽
接待の桜鯛新聞にくるたまれて
眠 睡花
盆に盛る不機嫌そうな桜鯛
眠る烏龍茶
桜鯛男照れ屋の多きかな
夢見昼顔
過疎地イベント磯汁の桜鯛
夢芝居よしみ
桜鯛夫婦で競いたぐる糸
霧子
桜鯛煮付けて妻と吟醸酒
明石焼穴子
桜鯛炙ってチリリ酒一献
明爽
甘き夜の月の使者立つ桜鯛
明明
荒汁や味付けいらぬ櫻鯛
妄 児
柄の鱗朝剥がす母桜鯛
網野れいこ
桜鯛テレビ越しでもまた美味し
木花
鎮魂の海遡る桜鯛
木人
襁褓ほす我家に届く桜鯛
木村ひむか
桜鯛の目が尾を睨み踊りたる
木槿
桜鯛捌くその手が震えがち
紋舞蘭
紅潮の力士の総身さくらだい
門前町光乃
桜鯛網の隙間を紅く染め
野倉夕緋
肉色の桜鯛燃ゆる海かな
野中泰風
父さんと同じ顔です桜鯛
野々ゆか
杉の葉を添えられ粋に桜鯛
柳 春子
結納の祝膳飾る桜鯛
柳悦
感謝する喜寿の祝いや桜鯛
柳川 銀葉
幟旗のリメイク服や桜鯛
薮久美子
桜鯛取った鱗がまだ光る
薮内椿
船頭の「のっこみのっこみ」桜鯛
唯我独善
背伸したスーツぞろぞろ桜鯛
優純bow
瀬戸内の潮のにほひや桜鯛
悠久
食い初めの膳から飛び出す桜鯛
有田みかん
引く網の桜鯛揺れ万華鏡
裕人
釉裏銀彩を施し桜鯛
遊佐小月
魚棚の真ん中占めて桜鯛
遊泉(ゆうせん)
羽衣に鱗刺すてふ桜鯛
遊飛
邪気封じ込めた目玉よ桜鯛
夕波
百トンの底で彩積む桜鯛
余熱
桜鯛跳び暁天を赤く染む
与六
急潮の僚船ひかる桜鯛
誉茂子
野十郎めくろうそくひとつ桜鯛
楊梅
桜鯛白ネクタイの父正座
葉るみ
桜鯛天秤の皿揺らしたる
葉月けゐ
彼女から妻になる日を桜鯛
葉月のりりん
桜鯛紅く染むるや鞆の浦
葉室緑子
桜鯛辞書で調べるドイツ名
遥明
餞のずしりと重き桜鯛
陽気姫
もやい鳴く舟溜まりかな桜鯛
嵐寛
魚の名の最高峰や桜鯛
藍植生
初孫の頬ふくふくや桜鯛
里楽
そうめんの波に泳がす桜鯛
里甫
桜鯛瀬戸内生まれ何語る
立香
古稀を祝ぐおのれと妻と桜鯛
立歩
お食い初め身丈に余る桜鯛
流雨
桜鯛喰ひて話の尽きぬ夜
流川ゆきはな
桜鯛還暦の君目をどうぞ
琉璃
明日は立つ子の食欲よ桜鯛
留野ばあば
桜鯛真一文字に口結び
隆松
さざなみに喜びまいて桜鯛
龍秀樹
桜鯛アクアパッツァで祝う夜
旅夢作家
桜鯛ひとり訪ねる母の里
涼音
長皿に白身やさしき桜鯛
良子
窓に富士華燭を祝う桜鯛
林 和寿
尾道の海は満開さくら鯛
鈴木麗門
桜鯛米寿の膳のカルパッチョ
路風
桜鯛米寿の母にカルパッチョ
露風
桜鯛ほぐす少女の爪のいろ
老海鼠子
生き様を尾びれに残し桜鯛
老人日記
桜鯛境港の猫の艶
六日菖蒲
船影を巡る巡るよ桜鯛
六々庵
桜鯛里の母来て煮付けられ
円い目の気高く閑か桜鯛
國本秀山
一箸を舐めて贅知る桜鯛
巫女
仙厓と呑めや歌へや桜鯛
戌の箸置
桜鯛墓前供える通い妻
涅槃girl.
桜鯛夫婦茶碗にある大小
渕野陽鳥
手ぬぐいで頭押さふる桜鯛
淺野紫桜
醤油受くる青磁の小皿桜鯛
游真
桜鯛のせる皿など吟味する
籠居子
テーブルで風格見せる桜鯛
翔 大夢
うろこまでうす紅色や桜鯛
聰子
一杯の祝盃に酔う桜鯛
萬代草舟
神職の式服白し桜鯛
蓼蟲
絵手紙をはみだしている桜鯛
藪椿@木ノ芽
桜鯛千歳緑の帯締めす
邯鄲
眼力や西郷めける桜鯛
釋証真
桜鯛浮きの果てに見た白雲
闍夢
婿殿はあがり症なり桜鯛
靫草子
桜鯛うろこきらめく祝いかな
釣り上げし竿の重さや桜鯛
髙橋冬扇
桜鯛爆発直前の紅緋
細谷細清
桜鯛死後硬直を見とどけむ
立石神流
瀬戸内の竜宮城の桜鯛
令子
竜宮へ一度は出でな桜鯛
順三
定年の親友祝う桜鯛
抹香鯨
桜鯛神保町のキーマカレー
腹胃壮(伊勢史郎)

ページの先頭