俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >

第218回 2019年4月4日週の兼題

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句
本選句欄では、添削した形で句を掲載する場合があります。
添削は作り替えの提案として句会等でも議論されます。示唆された添削案が自分の表現したいことに合致すれば、作者の判断においてその案を自作として採用してかまいません。

人

蟇ねむるあひだ十軒の村ひとつ失せ
なみはやらんる
蟇蛙谷が冥くてやさしくて
なみはやらんる
ひきがえるが居たので遅刻しました
あいだほ
蟇鳴くや饐えた言葉の懺悔室
あいだほ
蟇匂ふ母の襁褓を変ふる真夜
あまぶー
この里に蟇の屍を埋める役
あまぶー
蟇の鳴く冷や飯食いの離れかな
トポル
ひきがへる臓器戻せば百匁
トポル
捨て犬のやうに鳴くなよ蟇
にゃん
蟇鳴くや昔ここらに陰間茶屋
にゃん
蟇の夜をかなしき歌のラジオかな
ほろろ。
騙し絵に騙され蟇は無言なり
ほろろ。
沼尻の水の臭へば蟇の声
中岡秀次
蟇蛙這ひしアスフアルトの余熱
中岡秀次
ひきがへるを活断層からひつぺがす
きゅうもん@木ノ芽
蟇の目は笑つてゐないはずだ
きゅうもん@木ノ芽
伸び縮む疣をゆたかに蟇
ぎんやんま
蟇はちみつ色の空にこゑ
ぎんやんま
先王の骸は崩れ蟇
瓦すずめ
ひきがえる青空つくりもののやう
瓦すずめ
昨日より一尺進みたる蟇よ
幹弘
蟇目を逸らしたら石になる
幹弘
ひきがえるずつしり濡れて死んでゐた
亀田荒太
蟇男は夢に家捨つる
亀田荒太
蟇に合ふ蝶ネクタイを買ひにゆく
蟻馬次朗
ひきがへる石竹色の吉夢かな
蟻馬次朗
マシュマロを蟇に詰めたらそれは夢
腸は美しき桃いろ蟇
蟇ゼンマイ切れかかってるか
くさ
蟇ぐやぐや泣いているはおれ
くさ
蟇の鳴く理由大人の泣く理由
ぐでたまご
畦道に蟇とマネキンの死体
ぐでたまご
蟇轢いたかも知れぬ曲がり角
ことまと
産卵の蟇の吐息のあをあをと
ことまと
この雨の薄甘色や蟇の鳴く
ラーラ
蟇鳴くやこの人でなし人でなし
ラーラ
無人駅の切れた電球蟇
或人
蟇誰も手入れをしない墓
或人
雲も星も空に留まり蟇
一阿蘇鷲二
懐中電灯半分浸かる蟇照らす
一阿蘇鷲二
漢方の妙な甘味や蟇
塩谷人秀
撓うては引き締まる森ひきがえる
塩谷人秀
噴火口幾つも背負ひ蟇
花伝
蟇サンスクリット語は読めぬ
花伝
十津川の水は甘くて蟇
玉庭マサアキ
金星は別名多し蟇
玉庭マサアキ
ひきがえる私を陰にしてしづか
古田秀
蟇の鳴く夜を錆びてゆくカーブミラー
古田秀
蟇なくや酒船石に雨はげし
彩楓(さいふう)
蟇前世我が家の猫ならむ
彩楓(さいふう)
鎌倉の「やぐら」陰れり蟇蛙
星埜黴円
蟇鳴くや不動明王火を負いて
星埜黴円
蟇愛づと撫づには差違ありて
西川由野
若冲のまるよりまろき蟇
西川由野
「孤独死のアパートだとさ」蟇
島崎伊介
痛風や秒針の夜を蟇
島崎伊介
耳削ぎのありし沼沢蟇這ひぬ
内藤羊皐
千年に一度息吐き蟇
内藤羊皐
蟇にはかに雨の臭ひ出す
比々き
疲れたる油のごとく蟇ひかる
比々き
口づけに肉の音せり蟇鳴く夜
福蔵
注文の柩に蟇を侍らせて
福蔵
蟇鳴いて男を知らぬうなじ剃り
有瀬こうこ
濡れ髪のまま蟇の田を通りけり
有瀬こうこ
目の隅に蟆ずつとゐる杜の椅子
GARU
風なき夜鼓膜に蟆の棲みつきぬ
GARU
うつくしき雨たまはりぬ蟇の恋
RUSTY
鳴くたびに見えぬ真珠を吐けり蟇
RUSTY
流れゆく雲のゆくへを蟇
あつちやん
ひきがえる巫女のくちびる濡れひかる
あつちやん
柔らかき泥凹ませて蟇
あつむら恵女
蟇踏んだ踏まない縄電車
あつむら恵女
青々とうまくお鳴きよ蟇
あやの
蟇空には空の愚痴があり
あやの
ヒロシマのこゑ蟇のこゑとけ暮の墓
いかちゃん
ひきがへるひろげる脚のひの字なる
いかちゃん
月の底に湛へる水や蟇のこゑ
いさな歌鈴
蟇の腹に食い込んでゆく魔女の爪
いさな歌鈴
桂浜より付いて来し蟇なるか
ウェンズデー正人
死斑醜し蟇いよよ鳴き募る
ウェンズデー正人
蟇明るき雨に濡れゐたり
うさぎまんじゅう
漢字まで墓に似ている蟇
うさぎまんじゅう
潤む月まなこに残す蟇
ウロ
ルーペいっぱいの目ありて蟇
ウロ
ネクタイの今朝より重し蟇
えむさい
母であり妻で嫁でと蟇の疣
えむさい
蟇そこに来てゐる警告が聞こえぬ
かのたま
心中してみやうか蟇よ手を離るな
かのたま
冥王星とんでいきそう蟇
かもん丸茶
才媛の情話もちきり蟇
かもん丸茶
恐さうな蟇と大家のゐる借家
かをり
厠裏に転ぶを蟇に見られけり
かをり
雨水染むヌード写真や蟇
キッカワテツヤ
置屋より出ずる男や蟇
キッカワテツヤ
棒持って鬼こ来たべなひきがえる
くりでん
木田班長の匍匐に蟇の畏まる
くりでん
蟇畳んだ足に力あり
コナラ
蟇我等の毒も目の奥に
コナラ
平らけき日本の臍や蟇
さとうりつこ
夜の湿度凝りて蟇となる
さとうりつこ
蟇鳴いて少年ジャンプくたびれて
さとけん
スクーターに蟇が居るので休みます。
さとけん
暮れ六つの蟇や旅館に開かずの間
さるぼぼ@チーム天地夢遥
蟇掴む手に脇肉の余りけり
さるぼぼ@チーム天地夢遥
ざくりざくり蟇の引き摺る青き影
じゃすみん
読点も句点もなくて蝦蟇の声
じゃすみん
蟇お持ち帰りは不可とする
シュリ
二度寝して三歳老けた蟇
シュリ
月満ちてぼとりと蟇を吐き出して
すりいぴい
ひきがへる秘密は墓へ持つてゆく
すりいぴい
紅茶色かさね膿む闇蟇
せり坊
蟇ひり出す千個の蟲の目
せり坊
ひきがえるぼくのめがねをかけてみて
ちま(5さい)
いしばしにきらきらのいしひきがえる
ちま(5さい)
なまなまと夜に触れたる蟇の足
ちゃうりん
蟇鳴くや激戦村長選前夜
ちゃうりん
散々な一日蟇のいぼだらけ
つぎがい
ひきがえるも死んだせんそうで死んだ
つぎがい
中庭に蟇のふぇろもんピアノ弾く
ときこ
蟇蛙ひとつ星見てひとつイボ
ときこ
ひきがえる雨の予感や膝疼く
とんぼ
この星が住みづらそうな蟇
とんぼ
蟇がなく愛してくれとないている
はまのはの
ねえ蟇 医者は治りませんだつて
はまのはの
蟇の淵心中しよかやめようか
はむ
ひきがへる木霊をひとつ呑み込んで
はむ
蟇火のつきさうな皮膚の艶
ひなた
蟇鳴くや草生ふ古墳にのぼる月
ひなた
蟇の毒きらきら無罪なる雨に
ふるてい
蟇よ蟇よさつきの王女さまはどこへ
ふるてい
低気圧の近づく痛み蟇
ほしの有紀
弟のいじめる蟇をながめをり
ほしの有紀
しんしんと轢かれる蟇のあとへ蟇
まどん
鼻ふたつ小さくないかひきがへる
まどん
出自問えば楊貴妃と謂い蟇
まるちゃん2323
蟇月を蝕む途中なり
まるちゃん2323
飴色にけぶる路地裏蟇の声
みそまめ
蟇鳴くや外厠とふ闇の奥
みそまめ
理科室の暗き臭いや蟇
みやかわけい子
白衣着る女先生蟇
みやかわけい子
蟇牧場に銀の星一つ
みやこわすれ
蟇宇宙吸いこむ薔薇星雲
みやこわすれ
わらわら出でてわらわら轢かれ蟾蜍蟾蜍
めいおう星@茫々四十年前の実景。一生のトラウマ。
ゆく蟇の生ま生ましきはうしろ脚
めいおう星
骨壺の蓋空けそうな蟇
めしめし
亡骸は何処のどなたか蟇
めしめし
どうなるかなんてわからん蟇は鳴く
ゆすらご
蟇鳴いて父の湿布を張り替える
ゆすらご
ジャズかしらダコタ生まれの蟇の唄
よしおくん
サルトルの生まれ変わりの蟇一歩
よしおくん
蟇はズルい私もズルいバブルガム
よだか
生意気に恋とか知つてさうな蟇
よだか
ウォトカの人生ヒキガエルの余生
りんたろう
蟇みしみしかなし鐵の箍
りんたろう
間取り良しひきがえるまで徒歩五分
安溶二
蟇の恋きれいに書けたト音記号
安溶二
蟇の夜の目薬一滴目が乾く
伊奈川富真乃
蟾蜍跳ねず泳がず濡れてゐる
伊奈川富真乃
隣の和尚は蟇が化けたに違いない
井久
図書室の呪いの本と蟇
井久
母の背へ薬ぬりたる蟇の夜
一斤染乃
蟇鳴くや旅の鞄へ六神丸
一斤染乃
伊那渓に闇がまたくる蟇
一人静
洞出でておのが影踏む蟇
一人静
太陽の苦手な父や蟇
一走人
月に酔うてまだ半眼の蟇
一走人
闇歪むごとくに蟇の蠢けり
可笑式
蟇歩くさも待ち合わせあるやうに
可笑式
闇色の蟇鳴く水の明るくて
花南天anne
闇に闇かさねて蟇の夜の愉快
花南天anne
蟇瓦は空へ整然と
海老名吟
うっとりと耳腺の濡れて蟇
海老名吟
火山性微動の庭を蟾あるく
樫の木@4/16に阿蘇山で小規模噴火がありました。火山性微動も引き続き観測されています。
蟇鳴くよ鼓を打つように
樫の木@蟇の声、可愛い声ですね
ぼくの知つてゐる蟇はもつと大きい
岩のじ
ひきがへるみみにはふれてほしくない
岩のじ
天守閣の影さす水や蟇
玉響雷子
蟇つかむ子と友達になりました
玉響雷子
月の影動かしたるは蟇
金子加行
よりましな池もあらうに蟇
金子加行
蟇読経の門に畏まる
月見柑
蟇出でて宵の湿りの忌中札
月見柑
雨催ふ夜の深みより蟇の声
江戸人
蟇が蟇負うて蟇へとのしかかる
江戸人
水パイプふかしてむせる蟇
江口小春@不思議の国のアリスのイメージですよ!私のバイブルです。
嘘の道ばかり教える蟇
江口小春
辻説法蟇を冷たくしてゐたり
高橋無垢
氏素性正しき軒の蟇
高橋無垢
蟇めかけ四五人ありぬべし
佐東亜阿介@チーム天地夢遥
みちのくの鬼の手形や蟇
佐東亜阿介@チーム天地夢遥
蟇夜は微熱を含みをり
砂山恵子
日本一安い宿です蟇
砂山恵子
教会のいつもの席に蟇がゐる
三重丸
蟇をんなのやうに裏がへる
三重丸
蟇の夜の氷嚢微温く目覚めたる
山田喜則
氷嚢より逃げる寝返り蟇の夜
山田喜則
沼の闇凝って重たき蟇
山内彩月
蟾蜍呑み込む嘘が喉で鳴る
山内彩月
まちぼうけひきがえるゐるるるるるる
山陽兵
ねむたげな祖母のショパンや庭に蟇
山陽兵
背広の僧に遇うた角から蟇
司啓
蟇いま動いたのが耳たぶ
司啓
雨の日のモーツァルトに来し蟇か
次郎の飼い主
蟇ないて胃の腑にカメラ沈めゆく
次郎の飼い主
土下座する蟇をわたしは殴りたい
七瀬ゆきこ
淋しいと言えば良かった蟇
七瀬ゆきこ
鍵束に分からぬ一つ蟇の夜
純音
水湛へ天皇陵の蟇の声
純音
蟇ぽたりぽたりと啼いて野辺送り
小川めぐる
隠沼に落ちるぞ蟇の声聞くな
小川めぐる
バイヨン遺跡は顔だらけなり蟇
小泉ミネルヴァ岩魚
掌中の蟇きむすめのこえを出す
小泉ミネルヴァ岩魚
金色の蟇から父帰る
小倉じゅんまき
まだ動く翅やおくびの蟇
小倉じゅんまき
サティを弾こうあなたが蟇となる前夜
神山刻
油小路七条下ル蟇叫ぶ
神山刻
蟇わら人形は三体目
赤馬福助
蟇父の命日はほぼ雨
赤馬福助
蟇鳴いて本降りとなる古刹かな
多々良海月
がまがへる蹴飛ばし蹴飛ばし故郷の夜
多々良海月
帰れない月なれど蟇笑ひけり
谷口詠美
かみさまはお前が好きだ蟇
谷口詠美
蟇跳びて残すぬめりの曼陀羅図
池田郁英
蟇の闇月の言伝て聞いてゐる
池田郁英
人麻呂の墓はひきがえるが守る
池之端モルト
ひきがえるぼくのたあへるあなとみあ
池之端モルト
ひきがえるドレミの歌はあからさま
中山月波
人形の家に蟇飼ふ女かな
中山月波
高虎の首かと思ふ蟇
天玲
足守の明日水攻めの蟇
天玲
ひきがえる六神丸は暗き棚
桃泉
濁だけを飲んだのかしら蟇
桃泉
遺されて永き夕暮れ蟇の声
桃猫雪子
質店の暗き玄関ひきがえる
桃猫雪子
ひきがへる二日月めくまなこかな
藤色葉菜
金星の遅き自転や蟇
藤色葉菜
蟇時に悪夢の甘きかな
月光を吸い闇吐くや蟇
放蕩の果ての帰郷ぞひきがへる
日出時計
跳ねるまで二百数へむひきがへる
日出時計
蟇転けて水平線の斜めかな
比呂子
星を舐め月を啜るや蟇
比呂子
夜半の灯に眠るユンボや蟇
福本羽心
蟇鳴くや御堂を仰ぐ夜警室
福本羽心
重力を一身に受けひきがへる
平本魚水
蟇きのうの嘘がばれました
平本魚水
臍の緒を岸辺につなぐ蟇
平林檸檬
湯屋のまえ星のゆあんとひきがへる
平林檸檬
あの疣に夜は吸われた蟇
豊田すばる
蟇と岩と拗れた昔ばなし
豊田すばる
漢方に混ぜるひと匙蟇
北村 崇雄
蟇匿名が蝕む心
北村 崇雄
崖崩れおおうシートや蟇
霧子
この坂は津波避難路蟇
霧子
のさり出て城を揺さぶるひきがへる
椋本望生
蟇の尻蹴つてあの世へ追ひ返す
椋本望生
もとは沼今は病棟蟇
野ばら
蟇家族写真は皆若い
野ばら
見返りの憂う金の目蟇
野地垂木
貸した目の戻らぬ闇夜蟇の声
野地垂木
死ぬ前に帰りたい場所蟇
野々りんどう
田一面月夜に湿る蟇の声
野々りんどう
鎌倉に黄泉の国あり蟇
柳児
蟇だけの空家へ固定資産税
柳児
嘔吐する渋谷川なり蟇
油揚げ多喰身
還暦の日のスカジャンや蟇
油揚げ多喰身
縁側に蟇の干物とおぼしきもの
洋壬
ひきがえるぶったんぶったん跳びまする
洋壬
大凶の次は小吉蟇
蘭丸結動
聖堂に閂の無し蟇
蘭丸結動
酒好きな蟇の顔つきではないか
利平
西方を朱くして始む蟇の恋
利平
子取りにやらうか蟇にかえやうか
緑の手
星雲はゆくりこはるる蟇
緑の手
守るべき墓なき我や蟇
露砂
生乾きの朝を這いゆく蟇
露砂
虫愛づる姫のおつきの蟇
朶美子(えみこ)
孫が来て蟇来て誕生日
朶美子(えみこ)
散骨の山振り向けば蟇
洒落神戸
畦道にエロ本と蟇濡れてをり
洒落神戸
もう百年経つてゐるかと蟇
茫々
蟾蜍甲斐の山々明けにけり
茫々
蟇鳴けば湧きくる尿意かな
ヒカリゴケ
蟇古き墓標の出べそめく
28あずきち
吐息幾多月影之底蟇
枯丸
蟇鳴きて闇に加わる重さかな
99カリン
蟇うその涙はあまい毒
be
爺様の生まれ代わりぞ蟇
KAZUピー
蟇死せり死ぬほどの恋して死せり
Kかれん
札束がかさばってをりがまがえる
LEON
遺跡から分銅出でて蟇
Mコスモ
爪よりも小さき蟇や上陸す
アガニョーク
蟇の口あくや黄金か鳴きの声
あけび庵
蟇好きなおじさん死んじゃった
あけみ
暴かれし嘘を日毎の糧に蟇
あさおのときえ
たましひの煮こごるほどに蟇
あさふろ
蟇ネオンに雨の線走る
あざみ
蟇蛙こっそり空を飛んでいる
あすなろ
袖の下渡していそうな蟇
あまぐり
継母の泣く声したりひきがへる
あまの太郎
縹渺と星と交信蟇
あわの花水木
蟇その鳴く声の玻璃の色
アントワネット@ノエル
ひきがへる別れ話を一蹴す
いざわ
蟇たしかに居たと置手紙
いしい美髯
谺して蟇は孤独を見失ふ
いつき組福岡リスナー班/由美子
三代を生くる覚悟や蟇
いなほせどり
土くれが今日は三つに蟇
いまいやすのり
蟇砂丘は全てにわたずみ
いもがらぼくと
温そうな蟇の腹の中
いもちゃん
みよし野の草木言問ふ頃や蟇
エイシェン
蟇ジャコメッティの脚長い
おおやぶちょ
折紙の跳ぶ跳ぶ蟇の宙返り
かざばな
蟇チューインガムに味がない
かたな
蟇停まる螺子のゆつくり延ぶる如
かぬまっこ
蟇触って見たくなくもなく
キョンちゃん
休耕地の選挙演説蟇の群れ
くま鶉
おまへにも目力充ちて蟇
ぐりえぶらん
蛇をにらむ蟇の半目や翡翠めく
クロまま
蟇濡れた地球の色をして
けーい○
この蟇はあの日泣いてた時の蟇
けら
闇呑みし腹のふくらみ蟇
こじ
月面の旗翻るひきがへる
こなねこ
嘘つきの喉はひくひく蟇
こはまじゆんこ
後脚艶冶なりけり蟇
こま
一日は千年のごとヒキガエル
これでいいのだ
蟇は空をすすんでいるつもり
ざうこ
猫より固く岩より柔き蟇
さきの咲野
太股の豊かな張りや蟇
さとう菓子
退屈は爺の特権蟇
さぶり
大差なし墓も寝床も蟇
さゆみ
終い湯の掛け湯どっぷり蟇の鳴く
しー子
ツァラトゥストラ資源ごみにし蟇
しかもり
ひきがえる渋谷は極彩色の群れ
シニアモモ
腑を掴みたるかに蟇たわわ
しゃれこうべの妻
ひきがえる排水溝がげっぷした
しゅうちゃん@5さい
居候の蟇に聞かれる立ち話
ず☆我夢@木ノ芽
蟇安全靴に触れてゐる
すずき忍すけ
ヒキガエル鳴きて子は方程式を解く
たま蛙
我が家系蟇の血筋と弁える
たんと
今蠅をワップと呑みし蟇
たん造
蟇派遣元責任者嗤う
ちびつぶぶどう
目玉だけ残してゆきぬ蟇
ツーちゃんの恋人
まるといふ字のやうなもの蟇
ツカビッチ
この星の重力強し蟇
テツコ@第二まる安
蟇ほとほとさざれ石と化す
なご@ほとほと=ほとんど
裏窓の下の宇宙や蟇出る出る
にたいも
周波数合わせ待つ夜の蟇
はなあかり
原発の賛否に触れず蟇
のつり
いて座斬る飛行機蟇の声
はやて
いつまでも蟇なので哀しい
はるや
人類に三歩離れてひきがへる
ひだ岩魚
彼女のペット蟇てふ秘密
ひでやん
元号の話うとしよ蟇
ひねもす
蟇鳴くや温泉宿の夜のショー
ふさこ
メドゥーサに錆びつきたるや蟇
ふじこ
陽光や瞼もたつく蟇
ふっこ
蟇闇にぬるりと孵りけり
ふみゑ
名水に朽ちた立て札蟇
ふわり子
ひきがえる腕組しそうなへの字口
ペトロア
ヒキガエルよりは大きい自尊心
ペンギンおじさん
蟇だとは思つてゐなかつた
ぽおや
蟇夜は伸びたり縮んだり
ほしのあお
いとじりで研ぐ包丁や蟇
ぼたんのむら
龍神の褥匂へる蟇
ほろよい
廃屋で愛し合う声蟇
ぽんたちん
月影の香るパピルス蟇
まこちふる
ひきがへるいぢめるいぢめられつ子は
ましろなぎさ
蝦蟇の目や明日も雨の蒼きこと
まちる
蟇と猫初対面なる木陰かな
まほろ
ひきがえるに飲み込まれたるお月さま
まりい@木ノ芽
ねこバスにのってみたいなひきがえる
まりな(4歳)
蟇耳下腺炎の子の涙
みかりん
人妻へにじり寄りたり蟇
みくにく
ひきがへる視線戻せば消えてをり
みちる
蟇もまた頑なに座し不登校
みどりがめ
『羅生門』の老婆の行方告げる蟇
みのる
蟇の夜クリムト色の恋をせり
みゆき
つちとあめいぼにすわれてひきがえる
むらさき(6さい)
蟇べにょびよどぽん祖父の腕
めりっさ
蟇の目や南方の星見つつ餓死
もせきのこ
庭にある花の名知らず蟇
ももたもも
まだ幕下の肌をしている蟇蛙
もりお
北斎の波にひれ伏す蟇
やぶつばき
蟇爆ぜて急性中耳炎
よあけの晩
遊廓を暮れのこしをる蟇
ららやにほ
ぼくはあるくさんさいだからひきがえる
りすだいすき(3才)
蟇鳴く通学路はつ恋譚
るびちゅ
蟇の夜や爪切る音の鈍きこと
るるの父
墓石より墓石らしく蟇
ローストビーフ
蟇なんと綺麗な舌でせう
ワカシ君1年生
火曜日の早退蟇の無愛想
ワンダフルもずく
蟇鳴くや爪先立てて閨の闇
阿武 玲
蟇蛙怪談上手い女先生
哀顏騎士
この川で去年逝つた子蟇の鳴く
葵 新吾
美沙ちゃんの機嫌が大事蟇
安田 信州
心音は木魚のリズム蟇
伊予吟会 宵嵐
蟇その眼の底の重さかな
伊予吟会 心嵐
蟇鳴くや人柱立つ池の聲
育由
ふるさとに古き井戸あり蟇
一の介
頭蓋骨鈍くがくんと渇く蟇
烏飛兎走
ぺちゃんこですけど生き返りそう蟇
羽沖
なみだ目と思しきヒキガエルのをり
雨霧彦@木ノ芽
夜を打つ木魚や蝦蟇の水重し
卯MOON
かたや貴乃花こなた蟇
永想
やはらかき肌旧りにけり蟇
越佐ふみを
夜を這ふ蟇には蟇の思ひあらん
越智空子
ぬばたまの闇を引き摺る蟇
猿人
みづおとや蟇交みつつ踏む一歩
遠音
金貸しの婆の柏手ひきがえる
横ちゃん
友に吐きし嘘蟇が聴きぬ
横縞堂
蟇低き月より今ぼとり
乙子女
父親の影を踏みたり蟇
温湿布
蟇水溜まりの虹食べようと
音澤 煙管
蟇職質されること幾度
佳山
政治家のだれぞに似たり蟇
加賀もずく
蟇のこゑ集めたやうに無線局
夏柿
日本晴れ雲を喰わんや蟇
夏出ひさし
蟇ATMが閉鎖する
花紋
ガウディの小箱の如き蟇
茄子美
蟇また読み返す歎異抄
我省
わぴわぴと蟇穴を出づ夕べかな
雅喜
蟇の喰い方指南カストリ誌
灰色狼
ボトルキープの埃湿りて蟇
街麦
蟇蛙私もヒトが苦手だわ
笠原 理香
悲しみに鳴くにはあらじ蟇
梶  鴻風
蟾蜍山を背中の母屋かな
冷んやりと牡丹餅ほどの蟇
缶野餡子
岩肌のやはらかさなり蟇
閑茶
撥打てば重き木霊や蟇
岸 れん
三人の飼育係や蟇
貴芭蕉
袈裟脱げば遍くこゑや蟇
輝 龍明
弾痕に潜む蟇空映る
亀の
蟇金の成る木の横に置き
菊華堂
谷蟇や錦市場の古き井戸
吉 や
頭陀袋ほどの撓りや蟇
久我恒子
ひきがえる吾何色に見えしかな
久蔵久蔵
ひきがえる妻は女を辞めたとさ
弓女
蟇のこゑ職業訓練校を立つ
泣きそうだ
のっそりと国境線を越ゆる蟇(ひき)
虚実子
蟇ゐてこの砂場湿つてゐる
京野さち
だるまさん転んだひきがえる動いた
玉木たまね
鳴きにけり夜飲む毎にヒキガエル
金治宜子
今朝の蝦蟇いて座Aから来たらしい
吟  梵
あの美女はどうも銀座の蝦蟇らしい
銀命堂
ゆるゆるの体内時計ひきがへる
空蝉
ひきがえる地球の果てにジフテリア
熊縫まゆベア
盃に映る遊女や蟇
栗子
白髪なお大黒柱ひきがえる
栗田もとえ
蟇の声地軸の少し傾きて
桑島 幹
庭師きてなにやら蟇と話す
渓湖
日の暮れの井戸の深さやひきがえる
月の砂漠★★
死に近づく我を浪江の蟇にせよ
月の道馨子
東へと進路決めたり蟇
月城花風
蟇無から出でたるように不意
元元
蟇鳴くや膝の綿紗の生臭き
古瀬まさあき
はらわたを蟇蠢きて一つ嘘
古都ぎんう
蟇泥の如くに泥の中
光友
ひきがへる筑波山から股のぞき
江里口泰然
蟇腹に孤独を飼いならす
紅さやか
隕石がくだけた蟇がはいだした
綱長井ハツオ
蟇鳴けば子の帰らざる予感めく
香壺
何にでも子は手を伸ばす蟇
高橋寅次
オーボエとして夢に入る蟇
克巳@いつき組
怪奇なる事件の陰に蟇
国代鶏侍
濡れ衣のだぶつきにけり蟇
黒子
杖をつく老父の一歩蟇一歩
今野夏珠子
妻と観る蟇抱く蟇
根子屋彦六
蟇鳴くや案外弱気だと思ふ
根本葉音
深林の月光みどり蟇
斎藤秀雄
石段の真中をぼたと蟇蛙
斎乃雪
秒ごとに膨張するや蟇
細谷細清
竹取の姫座する牛車の蟾蜍
三休
蟇人差し指に黒子あり
三水低@第二まる安
遠い日は仲良しだったヒキガエル
三木亜月
蟇蛙一日九十六時間
山香ばし
夜遊びは主の趣味や蟇
山本 力
蟇長男はまだ引き籠り
珊瑚
戸建て消え蟇消え魔法消え
四十一香 (よいか)
蟇抱きつく闇のなまぬるし
四丁目
小惑星衝突それから蟇は身を屈め
始の子
珊瑚礁に土砂蟇は今日も無言
志保川有
童話からぼたり落ちたり蟇
紫音
爆弾のスイッチを持つ蟾蜍
紫陽花
ひきがえる身重の妻の里帰り
似雷家内
喪の明けに蟇ひとつ来て動かざり
慈温
「お座り」と言わぬに蟇の猫ずわり
柴原明人
蟇来たる隣の後家になにかある
斜楽
鳴くたびに夜が膨らむ蟇
朱契
妻見舞う夕は長くてひきがえる
塾志
ひきがえる心臓をひとつくれてやる
春日のぽんぽこぴーな
ひきがえるひとり暮らしのひとりごと
小鞠
蟇並んで浮いてちんぷんかん
小熊利雄
抱接の目玉虚ろや蟇
小市
蟇鳴くや足踏みミシン調子よく
小春
蟇の目やおもしろきことなき同士
小石日和
癌の芽の現れて消ゆ蝦蟇
昇華
のそのそと片脚遅れ蟇
松永裕歩
我歩く度に泣くのか蟇
松山
入寂の残照見たり蟇
松山めゐ
蟇蛙や一軒とばしの回覧板
松山女
だるまさんころんで進む蟇
松田てぃ
蟇土に居る間に令和始まれり
松野英昌
蟇藪に散らばるカストリ誌
笑松
蟇声は木の根も濡らすらむ
上市まさ
みじろきて目瞑る蟇や月の沼
上倉すず女
蟇いぼを押したら出るおなら
城内幸江
金輪際動かぬ気配蟇
慎吾
うしろには逆さ富士あり蟇
森一平
蟇鳴いてうつかり眠くなりにけりtt
深山 紫
呪いを解くには蟇の液がいる
真宮マミ
おやこれはうちの蟇だね交みをる
真繍
ひきがえる酒は飲めない顔をする
神山やすこ
あるまじき長子の出家蟇
神田央子
朗々たる祝詞や蟇のかしこまる
仁和田 永
蟇は月が綺麗と言っている
逗留舎なお
ひきがえる眠気を丸呑みして出づる
水上さかな
蟇鳴いて蒼き地球に水あふれ
水夢
肩車され蟇観に来る子
雀虫
蟇の背を三秒触れば叶います
世良日守@木ノ芽
なぁんにも聞いてない嘘蟇
瀬波秋鮭
和式トイレに引きこもる蟇
是空
蟇公民館の家族葬
正木羽後子
だぶだぶの皮引擦りて蟇
西山哲彦
蟇蛙職務質問受けている
青い月
ひきがへる愛す社畜の夫愛す
青海也緒
蟇遅れし脚を引き添ふる
青柿
この國ははにかみの國蟇の國
青萄
温かい血でありそうな蟇
石川 聡
前触れもなく義父来る蟇の声
赤橋渡
沼しづか仙人蟇に戻りけり
雪うさぎ
作付けを記す地下足袋蟇を退く
千の葉
美しき日本語で鳴く蟇
千恵
蟇靴擦れの血はひからびて
千葉まどか
蝦蟇のなく外湯に浸る山家かな
川島 欣也
あー田園うー都市構想ひきがえる
善多丸
蟇なかせてみる抜歯窩なめてみる
倉木はじめ
漱石の夢に鎮座す蟇
想予
蟇母を裏切る父である
蒼井雅月
鈍き黒真珠の色月下の蟇
蒼奏
泥濘をサルトル歩く蟇歩く
蒼鳩
土塊のひかりは目なり蟇
村上 無有
蟇揃ひ久遠と鳴けり歌合
多事
さいはてのはてに乗り出す夜の蟾
大塚迷路
おいニーチェ神は死んでも蟇はいる
鷹星
蟇一匹磁場の狂う場所
短夜の月
こんな国未だに捨てず蟇
地に根ざし陽に伸びる
ヒト忙しなく蟇は千年生きる
地球人
ひきがへる噂話は泥の中
智雪
ひき蛙木曽の妻籠は止まぬ雨
竹林
蟇男些末に拘らず
中井笙石
カフカとは遊び友だち蟇
宙のふう
蟇その外枠の中は留守
衷子
呪術師の居そうな森の蟇
朝ぼらけ
手配犯二人バツかな蟇
潮ベルト
丁半に負けて蝦蟇にぞ生まれけり
直樹里
狙ひたるは誰の臍の緒蟇
直木葉子
蟇鳴けよせめて丼食らうげに
津軽ちゃう
胸中を一瞬過る蟇の背
津軽まつ
原発の股座のそりのそり蟇
津軽わさお
蟇腹で地球の鼓動聴く
辻が花
引き残る足首細し蟇蛙
定吉
夢の端入り込まんと蟇
田村美穂
蟇疣とらうとした痕がある
田中勲
今度こそ死なば星座にひきがへる
田名あみ子
三度目のロストボールや蟇
渡野しえん太
鳴く蟇や焦土明るき母の顔
登りびと
蟇の目の美し子の瞳美し朝
都乃あざみ
蟇鳴くや孤月のつひに売れざりき
土井デボン探花
眇なる金色や平和みる蟇
冬のおこじょ
軍神に先客のあり蟇
東洋らいらん
惑星の濁れる水や蟇
桃香
赤錆て眠る戦艦蟇
桃八
蝦蟇合唱仙人谷の水けぶり
桃福
「昭和から跳んできました」蟇
桃葉琴乃
蟇待機そこに幸せあるごとく
藤井祐喜
ヒキガエルの艶やか祖母米寿の炎
藤咲大地
蟇はがねの皮を持ちてをり
藤川さくら
蟇我ら団塊世代なり
藤田康子
分校の採点業務夜の蟇
豆闌
吾の目を借り損ねたる蟇
奈緒女
蟇蛙鳴きて雨呼ぶ神事かな
那須の田舎者
蟇語りたる貴種流離譚
楢山孝明
蟇音符を吐くやうに唄ふ
南雲風花
蟇美し七色の廃液
南風の記憶
悪夢よりまだ覚めやらぬ蟇
南風紫蘭
牧師館に聞き耳立つる蟇
日記
まぐわいの昏き眼をして蟇
日田路
雨はあまくてひきがえると夕暮れ
猫ふぐ
ふるへるわたしふるふると蟇ののど
猫愛すクリーム
ひきがえるフォークソングのしみる夜
波の音
戦争を起こさない事ひきがえる
俳菜裕子
蟇好青年の噂あり
白井百合子
走っても走っても散らかる心ぢっと蟇
白居千夜
蟇静かの海を想ひをり
麦吉
蟇蛙童話の本から出てきた
畑山六十二
古書店や非売品なる蟇の声
板柿せっか
蟇の声もしや古壷が床下に
飯村祐知子@蟇蛙を壷に入れ、呪詛に使うと、『陰陽師』での記載が印象的でした
蟇の声聞きつつ里の子に戻り
比良山
蟇鳴けば吸飲みの影かすかなり
柊 月子
全蟇修行中だと思う
稗田鈴二郎
忽然と土間に蟾出て吉兆かな
百合乃
蟇交尾のままに轢かれけり
百草千樹Z
王宮の池の白磁や蟇
富山の露玉
尖塔の骨爆く火や蝦蟇
浮間普請
蟇涙は縦に流れしか
風花
蟇深夜放送聞く仲間
風華
あめつちを丸呑みにせし蟇
風舎哲坊
蟇の目に映るは我の泣顔か
服部 勝枝
無呼吸の浅い眠りに蟇棲めり
福良ちどり
姫路城を我が城とせむ蟇
文月さな女
蟇半眼で受く池の波
聞岳
五万石の堀から孵る蟇
平松洋子
蟾鳴くや大谷に古き磨崖仏
峰泉しょうこ
天地創造途中にひずみ蟇
朋知
梵唄に酔うたか蟇の動かざる
神農の土の賑はし蟾の池
蜂里ななつ
犬死にしてなほひきがえるの腹白く
暴朴
蟇夜風の色を知っている
望月ゆう
蟇鳴くやアンプめきたる空の鬱
堀口房水
なげやりな病臥の陰嚢蟇
凡鑽@陰嚢=ふぐり
蟇お手をしさうに構へけり
抹茶金魚
尿に立つ静寂にぼそり蟇の声
万斛
ひきがえる媚薬も口に苦かった
未補
人間の心臓ほどの蟇
眠る烏龍茶
地母神に持て余されて蟇鳴けり
牟礼あおい
捨印や蟇のうた聴く蟇の耳腺(みみ)
明惟久里
月光の背中に滑る蟇
明明
真夜中の茶碗の山や蟇
綿井びょう
蟇おじいの通夜に参列す
網野れいこ
脚一本引けば金運蟇
木人
吾を眼に映して蟇の鳴き始む
木村ひむか
逢引きも殺しも見たり村の蟇
門前町光乃
塩漬けの地に窪みあり蟇
也和
ひとんちのにおいはちがう蟇
野の花さな(さな7才改め)
残業のブラックコーヒー蟇が鳴く
野の花誉茂子
御苑前ホストが拾う蟇
野純
蟇地球呑み込み今日は雨
野々ゆか
昼呑みし欝を吐き出す夜の蟇
野々原ラピ
蟇の舌恐竜の舌僕の舌
野良古
蟇 裸の王はロバの耳
矢的@第二まる安
蟇麝香猫果のごと凄みをり
悠久
ひきがえるどこまでもどこまでも膨れ
有無谷六次元
ひきがへる地球に落ちてゐる途中
肌合わせ肌の冷たし蟇
遊飛
蟇瞳に碧き空宿し
余熱
蟇の目のきららきららと月の沼
与志魚
子を背負うひきがえる土偶に日当たる
与六
闇を練る数息観や蟾躙る
楊梅
さっちやんくるほらかくれてよ蟇
葉るみ
丑三つ時のなぞの着信ひきがえる
葉子 A
六分の一のあたしと蟇
欲句歩
蟇飛んで明日へ着地せり
雷紋
左足最後に消えて蟇草に
留野ばあば
蛇の塚より出でたる蟇の眼のひかり
竜胆
思慮深き蟇また轢かれけり
龍田山門
蟇の目の見開いてゐてもねむさう
良子
蟇十年生きて住職死に代はる
老人日記
粉薬みたいな匂い蝦蟇の息
游真
防空壕はや物置や蟇
脩斎@白寿
世界一孤独な呪文蟇
芍薬
蟇前世の記憶消されたり
蓼科川奈
蟇分娩室の鉗子音
蜥蜴の尻尾
築百年の門を開くや蟇
釋証真
月幾たび蟇の頭上を巡りたり
靫草子
ひきがえる凝視の先に父の墓誌
オアズマン
濡るる灯ににぶきかたまり蟇
おがたま
悟りとは腹減ることよ蟇
せいち
一枚の念仏札や蟇
せんえい
蟇5匹大学からの発注書
まゆりんご
蝦蟇の眼や巷の噂など知らん
ヤッチー
鉛筆を削り直して蟇の闇
鳥歩
雲捕るかゴトビキ岩の蟇
鶴栄@ゴトビキ岩は熊野三社のひとつ、熊野速玉大社の摂社である神倉神社の御神体の巨岩です。
土塊の土偶のごとき蟇
山伏の読経雨夜の蟇
八幡風花
蟇葛根湯を探す夜
半熟赤茄子

並

令和元年ひっくり返る蟇
羽光
蟇教頭先生元気かな
城山のぱく
禅僧のごとき面(つら)して蟇
syuusyuu
ひきがえる力士のやうな面がまえ
アーナンダ
恰幅やブルース似合ふ蟇
糸慌@木ノ芽
足音に一瞬(とき)の静寂ひきがえる
14橘貞山
逢魔時外宮の池の蟇蛙
28ひろきち
ひきがえる楽譜はヘ音記号なり
⑦パパ
蟇住まう大樹のおそろしや
AQ
バンパーに張り付く蟇の我が家まで
aya
あたえたる箸の羽虫を蟇
chiro
蟇一歩一歩のフォルテシモ
Dr.でぶ
そんなこと今更言うな蟇
k・julia
蟇目だけ動きし月明かり
KKK
寝過ごして腹減った面蟇
Lu
蟇泥の足跡残しけり
Mミータ
蟇二重奏かな池超えて
PON
土塊の崩れと見ゆる蟇五匹
sakura a.
蟇なにを背負うて地べた這う
sol
ひきがえる流線形の舌伸ばす
Vn 花のん
蟇待ち人未だ現れず
yoko
転車台回りて夕陽ひきがえる
あいみのり
蟇跳ぬることなく命をへ
あい女
丑三つの静寂にただ蟇
あおか
夕闇にコーラス添える蟇の声
アオキシゲル
豚コレラ豚舎静かにヒキガエル
あさもわ
踏み込んで枯れ葉色よりヒキガエル
あさり
壁落ちし蔵の陰より蟇のこゑ
あさ奏
ひきがえる泣くなひたすら雨に濡れ
あじこ
毒をもって成敗するか蟇
あつ子
ひなた道堂々横切る蟇
アネモネ
ヒキガエル柳緑色に憧れて
アマリリスと夢
土塊に眼ができ化けたヒキガエル
あら 小菜恵!
ラインまだ既読にならず蟇
アリマノミコ
ひきがえるおなかいっぱいたべたよね
いおりん6才
月の出やひそりと笑う蟇
いくえ
雨行きて雫光るや蟇
いくらちゃん
やどもりとなりて三年蟇蛙
いごぼうら
口をへに不機嫌そうな蟾蜍
イサポン
誰も来ぬ三叉路になくひきがえる
いしだもよ
蟇動くな私は逃げるから
イチロー
古寺に住み着く蟇の息遣い
いつか
バイブ音蟇と違へて笑ひけり
いっぽ
蟇にらみきかせる日暮れ時
いと茶
選挙カー畦道に出る蟇
いろはニホ
蟇にも訛り有りけり里の宵
うづら
アスファルトどこ吹く風の蟇
うといぺんこ
不動尊鐘に目覚める蟇
うどんこつよし
嫌われてなんぼの稼業蟇
うに子
寝不足や校庭の隅の蟇
うめがさそう
ひきがえる遺産の島を闊歩せり
えらぶゆり
蟇鳴きて我慢比べは我の負け
えんどうけいこ
住み心地良しと帰化した蟇
オイラー
雨粒を拭きて眼鏡にひきがえる
オキザリス
埋めた池どこだどこだと蟇
おくにち木実
一つ飛びずしりと重き蟇
おけら
樹齢300年の主ヒキガエル
おたまじゃくし
玄関を開ければずんと蟇
オリヒロ
蟇まあ取り敢えず座りなさい
お気楽草紙
座したまま土になりけり蟇
カオス
日暮れどき眠れ蟇や動き出す
がかがわ 聖一
路地裏に光る目ジッと蟇
かずポン
曇り空低く響ける蟇
かずみよ
蟇まだ新しき馬糞かな
かつたろー。
ひきがえる醜いなんて誰きめた
かつら子
シュロの糸登って鳴く鳴くひきがえる
カヅラ梅
親知らず疼くや蟇の鳴く夜は
かまど
ヒキガエル満月のもと鳴き徹す
かわいぬ
蟇低い声して刻を止め
ギコ
蟇廃家居座り主となり
きさらぎ
闇深き緊張はしる蟇
きっちゃん
歌袋膨らみ蟇の第一声
きなこもち
常夜灯居場所無くした蟇
きのした小町
泥田出で泥の色せし蟇
きのと
面構えは土偶の如き蟇
ギボウシ金森
蟇しばらく鳴いてそれっきり
キャサリンまさこ(まさこ改め)
雨の池オーケストラの蟇
きんえんくん
ひきがえる「おれが先住」逃げもせず
くじやく女
性の目覚め女子の机に蟇
ぐずみ
悠々と空の岸にも蟇
くすん
雨少し今年の蟇は小ぶりかな
くめ仙人
ひきがえる玉石垣に通り雨
くるみだんご@玉石垣は八丈島にあり、流人に玉石を海岸から運ばせて作った石垣です
蟇内緒話の命懸け
くれまてぃす恵子
保険料値上げのニュース蟇
ぐれむりん
は音鳴り木漏れ日掴む蟇
クロチョイス
蟇羅漢の端に座しておる
けいはく
前石に乗りて動じぬ蟇
こうせん
ランボーのようなハノイの蟇
こうまみえ
憂きことを考へる目の蟇
こうや こう
知らぬ人ばかりの寺の蟇寄り来
こくや こう
ひきがえる万札増えろ油出せ
コケデカ
母のもとへ駆ける畦道蟇の雨
ココダン
蟇顔よく見れば叔父に似る
コタロー
性格俳優の台詞短し蟇
こつき
花を摘む童女に優し蟇
こてつ川
仮名手本忠臣蔵切腹の段見据うる蟇
こはぎ
地蔵道蟇に睨まれ廻り道
コビすけ
古女房の家出さはがず蟇
こぶこ
蟇がん見するなと威圧せり
こまち婆
濡れ縁に希林のやうな蟇
ごようまつ
よたよたと庭を横切る蟇
ころん
目合ふとさっと逃げ出す蟇
こんどうちひろ
触れないで吾は蟇の毒纏いおり
さくみ
蟇暮れゆく町のシャッター音
さくやこのはな
蟇田んぼに響く笑い声
さっき爪割れました
蟇会はぬやうに遠回り
さとう
蟇はいるため池うかんでる
さとうくにお
ヒキガエルお前は水辺のナマケモノ
さばいばあ
蟇蛙や雨到来の知らせかな
サファイア
歩く地雷夜の畔にあり蟇
さむまうす
独居家の茂み這出る蟇
しおかぜ
死んだふり見透かして待つ蟇
しげる
ちさく疾く跳ぶや都心のひきがへる
ししまる
里帰り友の居場所を言わぬ蟇
しっぽ
ヒキガエル観察会で掘り出され
ジミーあゆみ
ひきがえる閉じて久しき古本屋
しみみ
密談や蟇にも耳がある
シモーナ
憚りながら一言申す蟇
ジャンボの勝ち
蟇の声とはまだ知らず吾子眠る
しゅうふう
糞にょろり風呂焚き番す蟇
じょいふるとしちゃん
並び居てもモアイの孤独ひきがえる
しょうき
蜘蛛の糸蟇もぶらさがっていいよ
しんしん
蟇しばしこの世の見張り番
すえよし
百年の硫黄の湯宿蟇の夜
すみっこ忘牛
ヒキガエル雨読する間の愚図りかな
すみれ色の涙
槌を持ちガマの声聞く午前二時
スローライフ
石になり帰国を祈るひきがえる
せんべい
赤い靴歩めば蟇の傍らに
そめいゆ
蟇繰り返す声淡々と
それぞれのしあわせ
畦道や蟇の歩みに道譲る
たいき
蟇の目の好きも嫌ひも親ゆづり
たいぞう
草噎せる合った目離れぬ蟇
たけうち晴美
みささぎを守りて我は蟇
たけし
裏路地や舞妓見送るひきがえる
だけわらび
蟇草間の影より大きな目
タック
神苑の闇に不動や蟇
たむらせつこ
通学路朝はぺちゃんこ蟇
ダリア
夕暮れに我の影踏む蟇
たるみ
蟇鳴かぬゆふべ水ヨーヨーつけり
たんじぇりん金子
だんまりの祖父見るめだま蟇
ちいちい草
校庭のしばふ無数のひきがえる
ちか丸
蟇誰かの声の大きくて
ちゃんごりん
蟇いまだに雨戸は閉めたまま
ちょろたこいん
祖母と入る五右衛門風呂や蟇
つつ井つつ
前世は何をしたのか蟇
つつ井つつ夫
泣きはらす友の病や蟇
つわきの嫁
毒薬は表か裏か蟇
ティーダ
日本一遅き瞬き蟇
てまり
なにゆゑに二十五階の蟇
でらっくま
いぼ石が動くか吃驚蟇蛙
てるてる
蟇だまっておれぬものばかり
テン@第2まる安
ぽつきりとミシン針折れ蟇
どかてい
暁の星崖下に蟇の候
ときこの母よしこ
淵蟇蟇蟇
ときめき人
礫と化す寝惚けまなこのヒキガエル
どくだみ茶
蟇方丈の庭へいげいす
としまる
蟇の声動作の鈍き溝の中
とし子
水中や親蟇残し卵塊
ともかわすてむ
蟇川辺の草も暮れにけり
とりまる
烏帽子には入らぬ隠岐の蟇
どろん
木道の尾瀬蟇声聞かす
とんとん
ヒキガエル親の勧めでした見合い
なおこ
昨日来た蟇かな鉢の上
なおばら
蟇の目に映る地球は和やかか
なかの花梨
ヒキガエル昭和の川の懐かしき
なごみ
絵草紙のガマが火を吐く三竦み
なごやいろり
コッヘルに独りごちたり蟇
ナタデココ
蟇わたしは結構好きだけど
なつぽよ
蟾蜍王子に変はつたりせぬか
なつめ
蟇咥へし猫や口腫らし
なつめモコ
蟇すがた隠して草むらに
なにわっこ
チェロ響く瞑想の庭ひきがえる
なみは
蟇今際の果てで微笑めり
なめろう
鳴き声は乙女なりけり蟇
なよろ
聞きたいなひきがえる呼ぶ呼び笛を
にゃんみー
朝刊を待つ黎明の蟇
ぬけまいり
土砂降りの歩を止めず蟾蜍
ぬらりひょん
動いてはならぬものあり蟇
ねぎみそ
達観のまなこくうみる蟇
ねむり猫
がらんどう垂る皮着る蟇
のぶ子
蟇。今宵月そこにスポットライト
のもとみな
ひきがえるのそと現る写生行
のら
口上にソッポを向いた蟇
のりた
団地の階段洪水のあとヒキガエル
のりりん
弟を訪ねる道や蟇
ノルウェーの森人
ひきがえるあわせてみるやウクレレに
ばあば
同じ場所走り行く児に蟇
バーバラ
蟇我関せずと月仰ぐ
ばあ哉
蟇夜の国道横断す
パオ
片付けて住み家追われし蟇
はずきめいこ
御辞儀され道をお譲りひきがえる
はすみん
岩影に一つ蟇啼き光苔
ハチ太郎
蟇の声待合響く肛門科
パッキンマン
引越の夜は寝付けずひきがえる
はなだんな
白絹の腹見せずをり蟇
ははろ
人気なき畦に蝦蟇鳴き夕暮るる
はら美華子
ヒキガエル姿見えねど声響く
はるちゃん
出戻りの朝も変わらぬ蟇
ハルノ花柊
じっとして自己防衛だ蟇
ばんしょう
遠き日の狭庭の隅に蟇
ピーター
大股に蟇闊歩して人の散る
ひいろみ
畦道を帰る逆光蟇
ひな子桃青
ひきがえる水も空気も気怠そう
ひよとり
蟇酒屋店主の目はつぶら
ひよはるばば
蟇父のいびきと声合わす
ひろ
朝の庭蟇軍の恐怖よ
ひろくん11さいのママ
故郷の闇を濃くせり蟇の声
ひろ史
大仰に令和を迎ふ蟇の声
ひろ志
大中小わが帰り待つ蟇
ピンクソルト
ぶらっくほーるへ消えゆく蟇
ふあり光
背伸びした日の遠くなり蟇
ふあんた
にらみ会う蟇の目ゴジラの目
ふうせんかずら
捕らえればコフケフ唸る蟇
ふくろう悠々
勝者蟇夜闇の五分間
ふたあい
蟇の角度は南十字星
ぶどう雲
蟇愛しどこか昭和の亡父に似て
ふみ
ひきがえる跳ねる水音(みずね)やアンダンテ
ヘルシーアイランド
コンクリート行き場を探す蟇蛙
ほうすい
蟇一途な恋に夜の雨
ぼたんぴ
蟇浮かぶは彼奴の顔ばかり
ほのぼぉの
強面で小心者やヒキガエル
ポンタロウ
蟇迎えてくれし新居かな
ぽんのじょう
蟇そのもの岩となりにけり
ポン太
好きな子にふざけて渡すヒキガエル
まーぴー
絶滅の危惧の半眼蟇
マーフィー
鳴き声の滅法女々しく蟇
マオ
濡れ石の冷ゃこくはないか蟇
まぐのりあ
蟇寂静に般若心経
マソップ
雨上がりポッケふくらむや蟇
マツイミキロウ8911
蟇座禅の静寂心字池
マッキラ棒
英会話教室終へて蟇
まつだまゆ
畔道に躓く蟇笑う
まめ小路まめ子
蟇ガマの油を塗りたしや
マユミ
とぼけ顔実は知るなり蟇
まり姫
昼下がり瞑想中の蟇
みえ
流言しゃっくり止まらぬ蟇
ミカエル
世の中の怨み吸ひたる蝦蟇の口
みくらまる
手紙待つふたりは友だちひきがえる
みこ
蝦夷地にて捕らわれの身の蟇
ミセウ愛
掃き寄せに蟇の重さを感じけり
ミセス水玉
太陽をじつと見てゐる蟇
みどりちゃん
月を見る置物めくや蟇蛙
みなと
抱え上げ伸びるあしひき蟇
みよしい
主逝く夜細き細き蟇の声
み藻砂
蟇辻堂狭き立ち回り
むじーじ
夜の道川の増水蟇
むすびめ
五右衛門と思し眼光ひきがへる
むったん
ひきがえる子孫住み着く狭山池
むべ@大阪狭山池は日本最高のダム式ため池です
不行儀に口から片し蟇
むむむげこ
この池の主の如くや蟇
むらたふみ
蟇みきるる北斗百烈拳
モッツァレラえのくし
知ってても知らぬ顔して蟇
もり こう
あのことは秘密のままにひきがえる
もりたきみ
蟇殺人は脳内だけで
やえ子
パトカーのサイレン止まり蟇の声
ヤヒロ
蟇として生まれるならば雌がいい
やまぶき
前照灯切り取る闇に蟇
ヤマボー
蟇さんかく座りして見てる
やよえ
本当は王子様なのヒキガエル
ゆき蛙
結局は私が退いて蟇
ゆみづき
ひきがえる妾のあとをつけてゐる
ゆりたん
蟇昼強がりて夜に泣く
ヨシケン
空き瓶をならべし半眼ひきがえる
よしこ
ひきがへる鳴くや深夜のさぶしさに
よっきゃ
蟇やっと外の香に跳び跳ねる
よつ葉
生きてるの?つついて跳ねる蟇と人
よひら
清流や鳴き声高し蟇
よぶこどり
蟇蛙握りつぶしたいぼの跡
よりみち
蟇害も憎めぬ愛嬌かな
ライブラリー
初蟇や今年も同じ蓮の葉に
らくさい
ひと歩きて蟇の道つくる
りぃらっくま
置物と見し蟾蜍の動きけり
りう女
祀られて大明神のひきがえる
りこ
軒下に守護神のごと蟾蜍
リバティーさん
逸れたか路上に眠る蟇
りんごのほっぺ
仮通夜のしじまを破る蟇
りんどう
長雨や土間と名付けし蟇
るみ
来しかたを向いて無になる蟇
るりぼうし
裏窓や灯火管制蟇の闇
れい
ひきがえるたんぼのなかでとびはねる
れい子
めんどりの声のごとくに蟇
れんげ畑
毒放つ某は蟇なり
ロクヨン
蟇蛙ちいさきころは可愛がれ
ろん
竹の香にゆったりと坐すヒキガエル
わかこ
雲を呼ぶ蟇のまなこの開く時
わらび一斗
蟇いつまでお宿樋のした
わわ
蟇幼き犬を睨みおり
亜音洲
靴音のそれぞれに癖蟇
阿波豊
蟇天使の羽をつけてみる
阿万女@ノエル
蟇声だけ聞こゆ登下校
換え時の蛍光灯や蟇明滅
安達りんだう
青い空地べた留まる蟇
安倍亭
姥捨ての月をあふぎて蟇
杏と優
五限目の男子の机のヒキガエル
伊佐ササ
夕闇に溶け出す白さ蟇の腹
伊藤、はな
雨来れば主顔なる蟇の庭
伊藤欣次
ひきがえる肩甲骨のストレッチ
伊藤正美
蟇口一文字仕切線
伊藤善隆
寅さんと睨み合ひたり蟇
伊豆子
ヘッドライトに腹を見せたる蝦蟇二匹
位子
蟇世事を捨てたる鍬の先
位相朗
タワマンの地上げ屋ごとき蟇の目ぞ
為一暢道
ひきがえる地図から消えてダムの底
胃痛@キングofド凡人
ひきがえる我八十の無二の友
井上喜代子
トム・ソーヤーであった日々よ蟇
井田みち
蓑虫に少し似ている蟇
一碁一会
搗ち合ひて困り顔かな蟇
一純。
戸惑ひて立往生や蟇
一茶お
蟇大地の毒を知りもせず
一六四
朝ぼらけミイラと化した蟇
稲垣由貴
主より主然とて蟇
右田俊郎
ひきがえる醜女の涙を受けにけり
宇宙生物ぷりちーぴ
ダーウィン絶句ナマケモノと蟇
宇田建
雨後の日の庭石のごと蝦蟇の黙
烏兎
夜夜中ラテン掻鳴す蟇
雨夜猫
青石と一つとなりて蟇
卯年のふみ
一寸の舌一瞬の生や蟇
雲の鳥
石の上禅修行せし蟇
映千
竹林に鑑真が如蟇座り
栄魚
放棄田の地霊なりしか蟇
英子
蟇四角に構え禅の僧
英範
夜もふけて静寂に響く蟇の詩
詠野孔球
何処へ行く道を横切る蟇
越仙
薄明かり蠢く輩ひきがえる
目覚めたる蟇もう世は令和
塩の司厨長
声明や蝦蟇うずくまる寺の庭
横山薫子
ともかくも目は愛らしやひきがえる
荻の風
蟇社の堀を眺めおり
下村ひじり
蟇名は体表す暗き虫
佳月
蟇使う研究室の水槽音
佳子
引越しの先にきて鳴く蟇
加和 志真
ひきがえるあなたの住まいは鉢の底
暇親爺
掴まれてせせら笑いや蟇
花咲明日香
右のもの左に動け蟇
花節湖
サドルの上眠っているのか蟇
茄子紺
蟇やつさもつさどつこいしよ
干からびた蟇にも南無阿弥陀仏
華らんまま
信楽の狸が家来蟇
蛾触
アスファルト陣取る蟇のあはれなり
賀弓
婆這っておだちんくれた庭の蟇
雅な童
今年また「解除」の声待つ蟇
雅雅丸
孫が来る脅かさず置く蟇
雅鬼
雨後の庭草の香満ちて蟇
雅京一
かの沼や蝦蟇の眼の間が病まぬのか
回回子
蟇夫婦げんかをのぞきをり
時の音や闇の天井蟇の声
海葡萄
蟇大病院に増設迷路
海風山本
おや道の真ん中に捨て蟇
海野しりとり
蝦蟇兄弟そろひ塾通い
垣内孝雄
信念は貫くものぞ蟇
葛谷猫日和
蟇鳴いて静けき寺の昼深し
釜眞手打ち蕎麦
久し振りいつ出て来たの蟇
勘太郎
畦道に朝夕出会う蟇二匹
甘泉
ヒキガエル宇宙信号照射中
甘平
動いたらゲップの漏れる蟇
丸山志保
ガンマンが去り行くやうに蟇
丸山隆子
ヒキの目は空見ているか雲浮かぶ
岩品正子
蹲踞して子らと仕切りの蟇
喜右衛門
蟇(ひき)の声聞いてみたくてユーチューブ
喜多輝女
暮れ迫る蟇と対峙の丸太橋
幾恋良石
蟇制限時間いっぱいぞ
気のまま風
蟇禅問答に応えをり
気まぐれ稔久
酔い覚める四谷見附の蟇
気球乗り
森の縁夜這ひ重ぬる蝦蟇の鳴く
季よしこの夜
蟇己の場所を示したり
紀友梨
ひきがへるからすがゐるぞまだでるな
規子
のそちゃんと妻は呼びをり庭の蟇
軌一
夕暮れて出番待ちする蟇蛙
輝峰亭
ひきがえる蠢く大地の声を聞き
輝棒
菜園の見張りを頼むヒキガエル
鬼嫁@ノエル
始業ベル蟇の目に映ゆ弾む傘
亀谷17
蟇にも触れて行く選挙カー
菊池洋勝
何も彼も丸呑みにしてひきがえる
吉村よし生
小夜中や手酌を笑う蟇
吉田竹織
廃線の駅長ならば蟇
吉野川
草むらの蟇の朝の声寂し
桔梗
鳴き声や主の風格ヒキガエル
丘 るみこ
蟇蛙恋の季節か姿見せ
久衛(ひさえ)
吉原をひやかし歩く蟇
宮坂変哲
蟇今夜の舞台池の縁
宮写楽
泰然と見上げる蟇と目の合いて
宮田一代
ヒキガエル睨みをきかす夜の国
宮島ひでき
蟇は親指姫に恋しない
宮武 由佳子
核の世は令和となるや蟇睨む
宮﨑紅清
ヒキガエル睨む子らの黙
弓弦葉
蟇触る触らぬ指の先
京あられ
蟇見ては可笑し悲しや父偲ぶ
京丸
蟇母子きづなの背のぬくみ
京子
妹の振り下ろす鎌がま刺しぬ
鏡葉
蟇蛙アトピーの子に軟膏塗る
玉和
射法訓唱和の朝や蟇
琴女
若白髪に蟇はどう思ふ
筋トレ俳人
蟇つぎ鳴き止めば「はい」告げる
筋トレ俳人withかすみ草
蝦蟇ぢつと犬ににほひを嗅がれをり
金太郎
女木島と男木島となおヒキガエル
吟竜
ひきがえる思ひ出す顔恩師かな
銀蜻亭
生きるため何を捨てたか蟇
空山
蟇しゃがむ膝へと痛み来て
空遊雲
ひきがえるチンチン電車の父の故郷
隅田川さくら
法螺の音のとよもす山や蟇
君島笑夢
蟇月と戯る手水鉢
薫夏
小さき池卵溢れしヒキガエル
啓泉
吠える犬小屋に堂々ひきがえる
恵美子
「あの岩まで」血の汗流すひきがえる
恵理子
褒め言葉のかけらも要らぬ蟇
蟇まぶしき朝に狼狽ゑる
桂奈
蟇ひとりぼっちの刑に処す
渓翠
強面の蟇鳴く母恋し
蛍子
蟇父を偲びし七回忌
鶏心
アスファルトを這ふ蟇ボブ・ディランの反骨
月のうさぎ
畦道のつきかげにのる蟇
月影ミウ
風来坊今ごろ何処のひきがえる
月々
ひきがえる動く者皆食はむとぞ
嫌佐久
油売り筑波山麓蟇
犬散歩人
火星にもいたかもしれぬ蟇
元喜@木ノ芽
背負う子を冷ましておくれ蟇
元木まだら
蟇半音上の不協和音
弦流
半世紀遠くになりぬ蟇の声
古家善哉
蟇は動かぬ天はなお廻る
古山詞穂
ひきがへる煙草燻らすベーシスト
古都 鈴
蟇参道の上現れり
己心
城址の信長めける蟇
湖雪
蟇鳴くや隣の隣のまた空き家
吾亦紅
眠そうに道路横切るヒキガエル
娯李音
水遁の竹筒に蟇泳ぎ来る
後藤和将
蟇テーマパークに留まれり
鯉太郎
荒城のマスカレードや蟇
光風
蟇池に飛び込む股白し
公毅
夕散歩遠いあの日へ蟇なく道
口岩健一
悔し泣き写す水面の蟇の声
蟇白黒つかぬことばかり
広瀬 康
睨まれて身動ぎもせず蟇
弘雲
筑波嶺の古歌の調べや蟇
江戸川青風
なかぬ蟇隅から月を見上げおり
江藤薫
構えたる横網見せてひきがえる
甲賀忍者
ひきがえるまたねがえるや旅の宿
甲山
ヒキガエル観察日記おどおどと
紅すだれ
雨忍ぶ蟇の背 悼む母の苦
購い横丁
振り返る首を持たない蟇である
香野さとみZ
寝屋の闇衣擦れの音と蟇の声
香羊
蟇ごそと土塊動きたる
高橋冬扇
忍び足風呂場に隠す蟇
高月藤村
錆びついた螺子を巻く午後蝦蟇の跳ぶ
高村優雨花
サッチモの声がしたよな蟇蛙
高田 仁和加
ひきがえるお池の星を拾いけり
高田祥聖
悪意なき妻の鼾と蟇
高梅 仁
蟇と会ふ七歩で渡る橋の上
高木風華
寝返りのごと声増して蟇
高野由多
時の番長無表情の蟇
黒うさ狐
とろりの眼悟り顔なる蟾蜍
今井佳香
蟇鳴くや終焉近し開墾地
今治・しゅんかん
蟇が蟇呑みこんでいる裏通り
佐々木のはら
蟇妖怪に化け旅芝居
佐山夕子
ひきがえる抱えて帰る子の笑顔
佐川寿々@チーム天地夢遥
憧れのテノール歌手よ蟇
佐竹ゆかり
声聞けば逃げ出す吾子や蟇
佐藤こはる
蟇鬱を抱えて跳ぬるかな
佐藤筬葉
ひきがえるライバルたちをけりとばす
座敷わらしなつき(7才)
蟇聞いて聞いてと騒がしな
妻一筋
こけむせる墓やひとりの蟇
彩然
蟇綿に浸したホルマリン
歳三
下校道歓声の輪に蟇
細木さちこ
蟇一人片目を閉じて口を開く
咲也
雨音と二重奏なり蟇
咲耶とこ野@木ノ芽
蟇のそり亀にも兎にもならず
桜桃の里
触れちゃ駄目イボがうつるよ蟇
桜姫5
蟇の前世気になりお辞儀する
桜夜月子@木ノ芽
蟇一文字の口何想う
笹弓
蟇おもちゃにしてはなりません
札六(関屋@和祝)
無人駅始発待つかの蟇
雑草おばさん
ヒキガエル筆洗バケツで学校へ
皿檸檬
ひきがえる令和の雨に頬濡らさん
三っ好敦
蟇無駄に貫禄備えおり
三寺ひろみ
窓に前足かけて無動のひきがえる
三重野とりとり
ひきがえる月面背負い地を歩く
三大夜景
コ・ク・来ると鳴く蟇宵の恋
三木庭
チェックアウト一人は蟇捕獲へ
三輪えつし
蟇湖水に映る母の顔
三毳
苔香る地蔵や明けのひきがえる
山下 勲
片恋や弁天池の蟇
山下高
蟇厳父は酒に落魄す
山樫梢
蟇鎧の上に鎧着て
山口雀昭
蟇夕べの鐘に応えして
山裾 都
夜半の恋蟇のテノールこだまして
山部コルチ子
跨ぐ度御蟇(おんびき)に詫びる野良の婆
山部のおおの(やまぶのおおの)
親方の濁声如く呻く蝦蟇
山本嘉子
暗転や箱の中身は蟇
山本先生
不器用な夫に似たりヒキガエル
山野はな
蟇蛙渡る哲学すなる道
山野ゆうり
蟇みつむ屋上自裁の刻
紙威
蟇の前世楊貴妃かもしれぬ
戯れに箱に入れたる蟇
紫雲英
ゴスペルのごと戯れし蟇
紫鋼
ひきがえるマラソンの良き応援歌
紫香菫
恋心ベース響かせひきがえる
紫紺
魔女沼にぷかり廃バス蟇の声
紫檀豆蔵
御目文字や草抜く手止む蟇
紫蘭
蟾鳴くや墓石に刻む名の新た
試行錯誤
肚全部肝つ玉なり蟇
寺尾当卯
ひきがえるリフォーム待つか柵の外
時さん
故郷捨て宇宙へ移住ひきがえる
治(はる)
飛び跳ねる蟇蛙追う子どもたち
治もがり笛
夜通しベースをかなでて蟇
鹿柴
ひたすらに座禅半眼ひきがえる
鹿歩
月明かり溶岩のごと蟇出づる
七生姫
蟇守を頼みし三回忌
篠 悦子
中天や陽に逆らわず蟇の顔
篠田ピンク
木星の衛星ガニメデがまがえる
紗千子
縁側で呟めく祖母は蟇
若葉
蟇鳴く頃我が家カレーなり
若澤杏子
蟇(ひき)のそりお前に蝌蚪の頃在りや
守安 雄介
蟇武士の名残る町角よ
朱夏A
蟇の眼の濡れて彼方の何を見る
朱河
産婦人科は遠くの町へ蟇
珠桜女 絢未来
闇の夜の張り付いている蟇
樹梢@木ノ葉
半眼の座禅の僧や蟇
樹朋
何かもの言いたげに座す蟇
宗本智之
新元号また来るだろうヒキガエル
州芳
せせらぎに間遠に聞こゆひきがえる
秀道
ひきがえる苫屋の庭の主となり
秋月なおと
長き脚ゆらしてするり蟇
秋月流音@木ノ芽
蟇の四肢太く短かしグロテスク
秋桜
蟇あの夜の阿寒湖のムックリ
秋乃智春
メルカリに値段のついたヒキガエル
舟御前@ノエル
万葉の世にも詳しき蟇
重翁
蟇岩に溶け込む日暮れかな
春果
ぎょろぎょろと世界回るやひきがえる
春響
クーと鳴き主顔せり蟇
春川一彦
二つの目が跳ぶ時測る蟇
春日
イイオトコだまし鏡の蟇
春爺
たそかれを慈眼視衆生や蟇
春野いちご
散らかした家にこもるは蟇
春野えがき
やまでらの仁王したがえ蟇二ひき
春蘭素心
手の距離を推し量る夜蟇
潤目の鰯
背に櫓すぐ足元に蟇
純父
百まで十五年の坂蟇
順三
哀愁を帯びたる蟇の蹲踞かな
順女
沼の端を悠々歩くおんぶ蝦蟇
小エビ
夜泣きの子背に星空や蟇の声
小橋春鳥
旋律の合わぬコーラス蟇
小熊伸子
トノサマに負けるなオレのヒキガエル
小山晃
蟇うごき手裏剣のごと飛ぶや舌
小川都雪
ブラックホールのごと貧血や蟇
小倉あんこ
蟇の声仲間を呼ぶが返事なく
小塚 蒼野
生きておるわい案ずるな蟇
小田寺登女
身じろかず結界示す蟇蛙
小梅
売れ筋はストラップですひきがえる
小椋チル
ひきがえる見てきたようなうそをつく
小木さん
ひきがえる畔花道と歩きをり
小崚 糸杉子
蟇猛者の名高き通学路
庄司直也
静けさや祭の後の蟇
昌運坊
蟇睨むもうすぐ雨が降りだすか
松浦勇樹
あなたの家を徘徊してます蟇
松浦麗久
眼裏に蝦蟇を抱えて帰りし子
松原 くるりん
私みたいな声で鳴く蟇
松原羽衣@ノエル
色恋も博打もやめて蟇
松茶 巴@プレバト木ノ芽
のしのしと行くや関取蟇
湘輝
時を超へどこから来たか蟇
照波
ひきがえる我が家の主はガンに死す
笑子
苔の中盆栽見上げる蟇
笑笑
呼ぶ声の向こうに妻と蟇
笑々
ドアの前今日も待ってるか蟇
笑酔
今の世に蟇ののそりは許されず
上峰子
雲切れて影は児雷也ひきがえる
常陸人
つかまえたら勇者になれる蟇
植田早苗
這い出てもコンクリになり蟇
植木照美
ヒキガエル触られ泣かれ仏顔
色幕府
蟇お前雄でも孕んだか?
寝たきりオヤジ
ひとり身の先達つとむ蟇
新田 淑
ため息の背中錆色ひきがえる
新藤柑子
色即是空を唱えてひきがえる
森の水車
進軍す異常発生ヒキガエル
蟇相撲楽しき絵巻物
真咲子
合作の短命オブジェ岩と蟇
真珠
夕暮れの蟇異界へと誘ふ
真珠星倫世(スピカリンセ)
動き止まる子の足先に蟇
真妃
採血や揃え両腕蟇
真優航千の母
泥田から目光らせて蟇
真林
ヒキガエル微分に飽きて風止む夜
神宮くみち
やはらかき土に沈むや蟇
仁葉
蟇あしあと残す雨上がり
壬生紋鬼
繰り言を聞いて二時間蟇
水間澱凡
蟇踏んでしまった肝試し
水城
夕闇や不気味な声の蟇
翠穂
ひきがえる顔忘れけり聴き惚れる
酔芙蓉
みどりみどりふと目の先に蟇
瑞月
三滴の恵みで足れり蟇
数鉄砲
小突かれて跳ねもせずをり蟇
杉浦夏甫
どっしりと大仏のよな蟇
杉尾芭蕉
花嫁の父の黙り蟇
杉本とらを
いやしくも閻魔の使い蟇
澄海
鐘楼の鐘のいぼいぼ蟇
瀬々葱坊主
蟇蛙テノ-ル揺らす夜の窓
星降松
ひきがへる風呂場を仮の栖(すみか)にし
晴海南風@木ノ芽
蟇鳴きて赤子泣くのを止めにけり
晴好 雨独
はやぶさの未知の領域ひきがえる
晴日和
バイパスへエコカー跳ねて蟇
正午
蟇ぽつり佇む道満の塚
清ら
雨上がり夜勤見送る蟇の声
清水祥月
根くらべ触れてごらんとヒキガエル
西の海牛
門灯のもとで睨むや蟇
西川あきや
道渡る蟇の楽観PDD(発達障害)
西田武
蟇の出る時に始める夕餉かな
誠馬
一家言ありげな口の蟇
青伽
出くわして互いにさがる蟇
青玄
踏み外せず引き返す道蟇
青山あじこ
吠える犬蟇の歩マイペース
青泉
抜きん出て三音低い蟇
青柘榴
ひきがえる山椒の主をちちんぷい
青木 藤貴
蟇動かず水無き池の端に
青木りんどう
人気なき夜の小径や蟇
青木豊実
周濠にさざめく声や蟇
青嵐
踏み外す石段の際ひきがえる
斉藤ふみえ
おだちん欲しおばちゃん家へはがまが出る
石井せんすい
煩悩を断つ半眼の蟇
石井茶爺
選挙カーの繰り返すこえ蟇
石野上路無
蟇迫る悪魔の軌道かな
赤木
ひきがえる課長と名付けつまみ置く
雪すずめ
傘畳み視線を感じ蟇
雪渓之岩魚
人間をどかせてゐたる蟇
雪子
蟇土塊となり地に帰る
千葉睦女
合唱の聖地は筑波ひきがえる
占新戸
夕風に甘き匂ひや蟇
川岸輪子
草ゆれて蟇啼く荒畑
川口みち
古希生きてヒキガエルの声稀に聞き
川西勝久
蟇ブフォトキシンや隠れたる
川島湖西
ちちんぷいヒキガエルにはなるまいぞ
浅河祥子
独りゐて月に吠えるや蟇
船岡遊子
虐殺の記憶は重く蟇
祖乞
蟇がゐて星空見つむ俺が居る
双月(そうげつ)
ひきがえる夜空を眺めじっと待つ
倉の人
蟇死して腹は真珠のごと浮けり
倉形さらさ
ヒキガエル一族揃いて宴弾む
爽渓之岩魚
蟇葛きりのごと卵産み
早映
廃屋や闇夜に響く蟇の声
相模
たぷたぷと波羅忍ばせて蟇
草青
ヒキガエル就職氷河期世代です
草翡
にらめっこ我慢比べの蟇
荘介
万葉の調べ真似たし蟇の声
嘆きの夜事もなげなるがまのこえ
霜月
主呼ぶ乾く盆栽ひきがえる
尊 雅心
万葉集詠ってみたし蟇
村上優貴
蟇いまだ嫁いぬ担当医
村上瑠璃甫
兆候の静まり返る蟇
多聞仙
静寂の闇の深さや蟇
太一
蟇に一喝あびせしづまれり
太子
雲重しちょいとジャンプを蟇
駄口竹流
愛犬の七転八倒ひきがえる
泰然
蟇轢くな坂に標識滑るらし
鯛 風
蟇お前わが身を映してか
台所のキフジン
反り返る太腿白きひきがえる
大井河薪
石のごとくビオトープの蟇
大河
蟇二匹雫の落つる午下の森
大黒陽之助
蟇蛙眠る姿や岡山城
大三郎
庭石のくぼみを住み家蟇
大村真仙
西に富士東に筑波蝦蟇
大谷如水
脱ぎ捨てし皮も貪る蟇
大槻税悦
夜の畦跳躍競うひきがえる
大島雲流
見据えたる令和や蟇の大目玉
大富孝子
「お仲間?」と首振る鸚哥蟇の声
大佛清
解体の家へと蟇の鎮魂歌
沢田朱里
蟇吾が人生が二度あらば
達哉
大壺に隠し蟇鳴く一夜かな
谷川の蛍子
蟇産後の肥立ち癒す土手
谷田藪辛子
主のごと道を譲らぬ蟇
知音
鍵待つやグレーチングの蟾蜍
知己(ともき)
掴まれて何を思うぞ蟇
智蝶
蟇連れて無垢なる子の目きらきらと
池と堀
庭の蟾我の足音聴いてゐる
池田香
鋼鉄の都市の池飛ぶ蟇
池田和正
石ごとに声をかけゆく蟇
竹 夢月
命名は「ラブリー」庭の蟇
竹さ
蟇のそり無音の沼の風
竹の子
竜宮は硬き星らしひきがへる
竹庵
古家の鍵を開ければ蟇の声
竹春エリザベス
メールよりお手紙を待つ蟇
竹村マイ
地球とて宇宙の錙銖よ蟇
竹内うめ
庭石や総大将は蟇蛙
竹福
日を祝う令和へ蟇も這い出ずる
リズムとる寝物語の蟇蛙
茶々
蟇世にへつらはぬ面構へ
中根由起子
蟇蛙姿見の中震えおり
中山白蘭
極楽の池は故里ひきがえる
中村 邑
大騒ぎのギャベル笑う蟇
仲七
夫(つま)の愚痴吐き出してやる蟇
朝桜咲花
池に網沈思黙考蟇
長谷川ひろし
石つぶて優しく落ちて蟾蜍
長田写々
蟇呻(うめ)く お前もよそ人か
長島黎明
蟇半径2メートルの結界
長峯千有
家の池吾が主(あるじ)と蟇
鶴田梅勝
安全に無事故で帰る蟇
定規(じょうぎ)
ひきがえる声の調ふ朝まだき
泥酔亭曜々
ひきがえるカカオ五割のチョコの色
泥塗れのポスト
鐘の音に微動だにせぬ蟇
哲也
つま先を通せんぼするひきがえる
天水郷
瞬きて吾を躱したる蟇
天晴鈍ぞ孤
グロテスクでも蟇(ひき)神(かみ)に愛される
貼女(ちょうじょ)
身を守る瘤の鎧ぞ蟇
田中ようちゃん
闇黒の零時ひきがえるの呼ばう
田畑尚美
堂々と忍び登場蟇
田辺 ふみ
蟇どこか似ているブルドッグ
田邉真舟
蟇藪静まらせ巌為す
斗三木童
緑道の下暗渠の底に蟇
土井小文
蟇道端にいる我といる
土王
あの頃はうちにもいたよ蟇
土屋 木漏れ日
生命にも似た凹凸や蟇
冬戸梅雨
蟇闇を這い出て闇に入る
東山
土塊の動いて蟇の主の顔
東尋坊
急ぐ帰路踏んだ塊ひきがえる
藤すみ
ひきがえる我にも育つ嫉妬かな
藤郷源一朗
告白され嬉しくもなし蟇
藤原訓子
蟇闇に紛れた平泳ぎ
藤原寿子
病得て夜の怖さよひきがえる
藤鷹圓哉
石の上影だけ動く蟇
藤田真純
蟇なくや背中のいぼいぼ逆立て
藤田由美子
観ていると時間が止まる蟇
陶豪
蝦蟇歩く自来也見えを切るように
陶然
気が向けば笑う日もあるひきがえる
同行二人
合コンの帰りに蹴った蟇
洞奈津子
青い実の落つ る音して蟇
瞳子
がまの眼や花粉のせいと君も言う
童好
雨に恋二股かけて蟇
道然
生臭き風に蝦蟇鳴き雨を乞ふ
徳永 北道
向かい合い腹式呼吸蟇
豚ごりら
のそのそと岩を背負いて蟇
那須いずみ
口伝の忍びの呪文蟇
凪野たいら
蟇呪縛解かれる日へ歩む
楠青庵
瀬戸物と思えば動く蟇
二上松風
駐停車禁止線黄泉の境を蟇
尼島里志
細き舌瞬時の捕食蟇
日本酒
ひきがえる鳴けば闇夜に魔女が飛び
入口弘徳
蟇後ろに闇を引き歩く
忍冬
蟇、身じろぎもせず夜の雨
猫じゃらし
蟇こころはとてもきれいです
猫になにわ節
雨音に浮かれて踊る蟇
猫のしっぽ
蟇王子様には戻れない
猫楽
蟇眠れぬ夜のベートーベン
猫渓
いぼの背を離さぬ蟇の足蹴力
猫舌扁平足
蟇とゐる猫バス来さうなバス停
播磨陽子
植えたての鉢に図太し蟇
波音
草むしりふつと目の合ふ蟇
波奈
薄暗き杜でともまつ蟇
馬場東風(とうふう)
がまがえる里は溜め池縄張りに
馬場馬子
ヒキガエル見おろす川に星も群れ
馬門宗太
緩慢さ貫ける妙ひきがえる
俳ビギ名
蟇の声のみするここは安全地帯
背馬
蟇いつもの場所で空睨む
梅雨
手裏剣を折る子らの手やがまがえる
梅干船体
蟇が鳴く今日も元気だ雨上がり
白丘山人(893人)
水田へ土跡残す蟇
白玉あん子
蟇白雲眺め翼なく
白銀のシリウス
蟇腿の裏から覗きをり
白傘
餌狙う蟇の眼力む脚
白山
孫曰くおばあに似ているひきがえる
白瀬いりこ
ひきがへる待ち行列のなほ長く
膝かかへ伴に待とふか蟇
畑 詩音
月奔る日々淡々と蟾蜍
比呂
紫煙湧く鍋に蟇煮る魔女の歌
尾上真理
蟇一人夜道の蛍光灯
枇杷子
のしのしと蟇歩む王者めり
美翠
玄関を出ようとしたら蟇
美泉
蟇の声べとつく肌に風のごと
美年
夜の寝間電車の音と蟇
姫山りんご
蟇神社の端の悪代官
姫山雷鳥
蟇三塁ベースも守備範囲
百鶏@ノエル
連弾のメトロノームと蟇
百草@ノエル
封土流出石室と蟇残る里
不知火
天睨み沼の防人蟇
富樫 幹
境内にのしめとその他蟇
敷しま@ノエル
お前もか帰る道から蟇
敷島せっつ
蟇半眼なりて不動心
風らん
蟇蛙人の秘め事知りにけり
風間昭彦
蟇のたりをノタリ追ふ子かな
風慈音
蟇始発まで待つ歌舞伎町
風峰
雨音に蟇鳴く声やホ短調
風紋
夕日浴び禅僧のごとひきがえる
風由花
引っ越しにまずは断捨離がまがえる
風来
眠れぬ夜(よ)道ででくわすヒキガエル
風鈴
屋台村に匂ふナンプラー蟇
福花
蟇応援演説猛々し
文女
ゆっくりと蟇蛙(ひき)の動きに魅せられて
平康
溜息も蟇には秘せず夕まぐれ
平野 水麦
濡れ衣に黙して震う蟇
片岡ひまり
ひきがえる44でもう隠居
勉邪明
哀れなり跳んで轢かれる蟇
峰江
門番のごとき蟇居り通せん坊
朋女
蟇のテノール夜のしじまに
朝まだき棒撥ね返す蟇
蟇日がな一日手紙待つ
睦恵
蟇野糞のごとく鎮座せり
凡々人
日暮れ来て歩み確かや蟇
麻呂助
蟇その容貌に悔しがり
抹香鯨
蟇ベースの響き闇に滲む
末摘花
ひきがへるさてと何から叱らうか
末尾波世遠
身に問わば問うほど似てるヒキガエル
未知
殺気放つ夜道で遭遇蟇
未々
ひきがえる手より放つ池の端
蜜華
土くれの動く畑に蝦蟇一匹
ゆさゆさとでっぷり来たる蟇
妙光@木の芽
蟇おまえも冥土へ通うのか
眠 睡花
口角を上げてとぼけし蟇
夢見昼顔
口伝なるレシピのありし蟾蜍
夢見亭笑楽
ランドセル祖母に近づく蟇
夢桜
新卒の女教師や蟇蛙
夢堂
水掛けし墓前へぬっと蟇二匹
茂る
会いにきた蝦蟇棒先で追いにけり
妄 児
土塊のどさり跳ねたるひきがえる
木綿
住宅地昔は蟇の住処なり
紋舞蘭
仲間らのいのち背に埋め蟇蛙
野漆
蟇ぬめる背に散る雨しずく
野倉夕緋
ざわめきや吾に関せずの蟇
野中泰風
ひきがえる池をはなれて植木鉢
野田の木9
通勤者分かつ厚皮蟇
薬師寺太郎
宵闇や厠近くの蟇
薮久美子
ひきがえる面倒そうに5ミリ跳ね
優純bow
ひきがえる手を止めて立つ縁側の風
優夜
のそのそと田んぼの王子ひきがえる
友佑(ゆうゆう)
クレーター月を食べたか蟇
有田みかん
母認知症の笑顔や蟇
裕人
道祖神の如蟇蛙合掌
夕波
令和に昼一番の蟇
葉っぱのようこ
蟇まぶた下からせり上がり
葉月けゐ
蟇単身赴任の父帰る
葉月のりりん
少年の目は床下の蟇と遇ひ
葉室緑子
ヒキガエル瞳に映る田は無限
遥明
蟇背負ひし闇の重さかな
陽気姫
ひきがえる脱皮見守る仲間たち
羅風音
凹凸という漢字から蟇
落合きり
肘立てて見得を切つたり雄の蝦蟇
落葉勝山
球場の歓声聞くやひきがえる
嵐寛
中性の洗剤で蟇洗ひたし
藍時 湘
蟇蛙次の一歩は何時の事
藍植生
向こう見ず岩に干されて蟇
理準
蟇はやにえなれど折れた枝
里之照日日
蟇眺めの空に星一つ
里甫
美醜など思い込みなり蟇
立志
被災地の瓦礫掻き分け蟇
立石神流
うたかたの唄を唄ふやひきがえる
立歩
徒し世に片意地張って蟇通る
流雨
蟇動き出したよGショック
流鏑馬
淋しいか泣く蟇逃げもせず
琉璃
この蝦蟇か足は幾つか数えたり
隆松
撤収あとにのこった蟇
竜子@ノエル
釣り人や蟇より先にミミズ取り
龍秀樹
蟇つまみ祖父母に見せる吾子得意
緑風
返事する夫の声かや蟇
林 和寿
水やにはいびつならほついぼ蛙
林田栄子
蟇車に轢かれ哀れなり
令子
蟇神輿は避けて通りけり
鈴木麗門
ひきがえる夜気を纏って地(つち)たたく
露草
入院の日庭の蟇沈黙す
老海鼠子
蟇見つめる先や闇光
六花
草陰に置石のそりヒキガエル
六々庵
骨折の帰路ひきがえるの姦し
和池
ひきがえる吾の代わりに泣いている
毒を吐くたまになりたし蟇
國本秀山
ひきがへる田面いよいよ空映し
崑 美已傅
蟇逮捕もできぬ毒気かな
巫女
狙撃手が照準合わす蟇
涅槃girl
吐きだすは世のしがらみか蟇の声
淺野紫桜
蟇雌雄どちらか分からぬが
祺埜 箕來
水鏡蟇に美醜の有りなしや
聰子
側溝のモラトリアムや蟇
脩平
息をのむ沢に群れなす蟇
萬代草舟
夕暮れて花屋訪う蟇
蘂六
父祖の地に百年座せる蟇
藪椿@木ノ芽
ひきがえるねっとりとしたシルエット
蝙蝠
雑踏に紛れて孤独蟇
邯鄲
ヒキガエル君と一緒に歌います
酩酊堂
終戦の跡に一匹蟇
霖之助
写経書くしじまを裂いて蟇蛙
昼深し蟇鳴くや三女の破談
たま
嫁に来た姫に嫌われ蟇
ささき良月
愛おしや君蟇だった頃
さだとみゆみこ

ページの先頭