俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 罌粟坊主

第219回 2019年4月18日週の兼題

罌粟坊主

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句

今週のお便り&俳句道場

■今週のお便り(●が皆さんからの投稿、○が正人&夏井&茅花コメント)

●新しい投句・投稿システムについてのお願い
 投句・投稿フォームが新しくなっています。投句数の増加に伴って、仕分け作業に多くの時間を要します。以下の事項を守って投句投稿して下さると、組長の負担が大きく減ります。ご協力よろしくお願いします。

①俳句の欄には俳句のみ記入して下さい。一つの欄に一句を厳守。

②「俳句に対するコメント」の欄は記入する必要はありません。(特に気になることがあれば記入していただいても結構です。)

③「ギャ句」「聞き倣し季語」は俳句欄に記入して下さい。ギャ句の原句は「俳句に対するコメント」の欄に必ず記入して下さい。

④「兼題季語についての質問・考察・情報(火曜日「俳句道場」)」は、火曜日「俳句道場」への投稿です。

⑤「『俳句ポスト365』への感想・質問・要望・俳号の変更・各地の吟行情報など」「組長&ハイポニストたちへのお便り・近況報告など」はそれぞれ水曜日への投稿です。内容に合った欄に書き込んで下さい。

◆『俳句ポスト365』へのご感想、ご要望、ご質問
●初めて作りました。難しかったです。/ゆりこ
●はじめまして。プレバトファンです。よろしくお願い申し上げます。/じゃらんじゃらん
●初めて俳句を詠んでみました。 当たって砕けろ的に頑張って本も読みたいと思います。 ボケ防止 、久々に日本語の勉強をこの歳になってした様におもいます。/雲居の空
●初めての投稿です。夏井先生のプレバトは良く見てます。超カンタン俳句塾を読み、この俳句投稿を知りました。兼題季語も初めてです。何もかもお初。これから楽しんでみます。よろしくお願い致します。/榎本紀子
●嫁いだ娘に誘われて、初めて投稿します。最後かも知れません。/強引愚我路
●新参者です。宜しくお願いいたします。 /恭一
●はじめて投稿します。きっかけはプレバトですが、いい年の取り方をしたく、俳句を勉強していこうかなと思っています。/桜桃侍
●初めて投句させていただきます。 今は、何事も日常的に五・七・五で考えるように習慣づけるようにしています。 目に映る全て、聴こえ・触れる様々が、ことばになってくれるのを楽しみにしつつ……。 未熟ですが、『俳句ポスト365』のような機会をいただけることに、感謝しています。 ありがとうございます。/山沖阿月子
●初心者です。よろしくお願い致します。/山部オーリー
●こちらに初めて投句しました。 よろしくお願い致します。/山部オーリー
●初めてこちらのウェブサイトで投稿させていただきます。旅行先や、あるいは日常生活の中で日々観察しながら俳句のネタを探しております。俳号には特に意味はなく、青月という名前の響きに良さを感じ俳号にいたしました。今後他の方の俳句など見ながら少しずつ勉強していきたいと考えてます。/青月
●夏井先生の『世界一わかりやすい俳句の授業』を読んで このサイトを知り初めて投句しました。/千歳
● 今回初めて投稿するのですが、さすが俳句の町、投稿先がたくさんあり戸惑ってしまいます。しかし自分で整理しながら出来るだけたくさん投稿してみたいと想います。  最近、徳島が台頭してきているようですが、なんといっても隣県、まして漱石大好きの自分としては ”松山よ 負けるな俺が ついている”でしょうか。/川辺沓治
●初めての投稿です、よろしくお願いします。/船橋やすへい
●初めて投稿します、鳥ノ海開(とりのうみかい)と申します。SNSで俳句ポスト365が賑わっているのを知り投句ですが、俳句は世代を超えた仲間たちとの楽しみになるのを感じました。よろしくお願いいたします!/鳥ノ海 開
●全くの初心者です。初めて投稿させていただきます。これからも長く続けていこうと思います。よろしくお願いいたします。/豆挽子
●初投稿です。これからよろしくお願いいたします・・・m(@)m/秘まんぢ
●はじめまして。テレビで拝見させて頂いておりますがなかなか勇気が出ず、投稿することができておりませんでした。 今回、最近毎日のように見ている罌粟坊主であった為、「頑張って気持ちや思い出を俳句にしてみよう」と思い、投稿させて頂きました! /舞
●初投稿です。/綿屋雨
●夏井先生の世界一わかりやすい俳句の授業で俳句デビューをしてみました。 よろしくお願いします。/綿屋雨
●はじめまして。よろしくお願いします。/木乃伊
●最近になり、詩句に興味がでたため、まだこのサイトを詳しく拝読していません。 これから、勉強させて頂きます。 よろしくお願いします。/慚愧至
●初めて投稿しました。宜しくお願いします。/栞
○皆々様ようこそ俳句ポスト365へ!じわじわ興味とともに読み進めていただければ嬉しゅうございます♪(正人)

●すこやかデイサービス利用者様で、現在87歳の方が最近病気の進行を感じ落ち込んでいました。 大好きな俳句の投稿を提案した所、とても喜んでくださり元気に過ごそうとの気持ちが引き出されました。 投稿させて頂ける事に感謝しております。/蘇生
●「1月に80歳になりました。80の手習いです。 俳句は575程度の知識しかありません。 生涯学習にしようと思います。」とお便りをしました。 「何十の手習いでもよいのです。やろうと思った時が吉日です♪(夏井)」と先生より返事を 頂き感激しております。年齢制限がある数ある句会の中で、参加できありがたく思っております。 次に、サイネリアの投句が並に選ばれました。飛び上がって喜びました。 今では俳句作りは、生甲斐、生活そのものなっております。 感謝 英ちゃん/英ちゃん
○こういうお言葉嬉しいですねえ。人生の杖に俳句をぜひ。(正人)

●少しずつ今までの結果発表を読んでいますが、皆様本当に色々なことを考えて、考え抜いて詠んでいらっしゃるというのが伝わってきます。早くも俳句の奥深さにビビってますが、楽しむことをモットーに長く続けていけたら嬉しいです。 このような素晴らしいサイトを運営してくださっている松山市の皆さまに心より感謝申し上げます。松山には一度旅行で行ったことがありますが(道後温泉、良いお湯だったなぁvv)、次回は吟行に行ってみたいです。/碧西里
○結果発表では、思いもよらない発想や工夫の溢れる俳句に出会えますね。俳句ポストを楽しんでいただき、とても嬉しいです♪今後も末永くよろしくお願いいたします。吟行の旅、素敵ですね。「俳都」松山への二度目のお越しを、お待ちしております(*^^*)(茅花)

●10連休を利用して、松山と道後温泉を訪れました。時期が時期なので、人気の観光スポットや飲食店は非常に賑わっており、特に松山城のロープウェイにおける長蛇の列には驚愕しました。ほぼ20年前にも同じようなコースの観光をしたことがあるのですが、俳句に少し携わってから訪れる子規記念博物館の展示には、まるで違った感慨を抱きました。また俳句とはほとんど関係ありませんが、初めて訪れた石手寺は、想像以上のワンダーランドでした。/る・こんと
○ご来松ありがとうございます!10連休はどこも大混雑でしたね(>_<)20年越しの松山市再訪、嬉しい限りです。俳句に触れてから子規記念博物館を訪れることで、以前よりさらに興味深く感じられたのかもしれませんね。石手寺境内の雰囲気は、確かにワンダーランド。想像以上で何よりです!(茅花)

●にこにちは。(^-^)/おけら
●よろしくお願いいたします。/やまぶき
●よろしくお願いします。/山田喜則
●よろしくお願いいたします。/なよろ
●毎回楽しみにしています。今回もよろしくお願いします。/楠青庵
●投句を初めてまもないですが、よろしくおねがいします。/日午(ひうま)
●いつも楽しみにしています。私もハイポニストをいつか名乗れたらな、と思います!笑/片岡ひまり
●初めて投句してから3回連続チャレンジしまいます。もう時間さえあれば俳句を考えているようになっています。もっともっと勉強せねば!/あおか
●いつも俳句もどきにお付き合いいただき誠にありがとうございます。/いつの間にアラカン
●発想表現の難しさに悩んでいます。日々奮闘中!です。/抹香鯨
●やっとできました。よろしくお願いします。/ハチ太郎
●五回目の投稿。/酔芙蓉
●夏井先生様 選者様 いつも 拙い俳句や 便りを読んで 見て下さって ありがとうございます。 /句詩呼
●17音に 収めて 詠むのに いっぱいです。 基本なので 勉強します。天や地や人の 俳句のような 発想は まだまだですが ゆっくり勉強できるサイトです。/句詩呼
●今回も気持ちのおもむくまま、自分らしく詠んでみます。/平本魚水
●俳句初めて半年前後ですがこのポストは季語を勉強できるところが良いかなと思います。/藤咲大地
●季語の勉強となって楽しいです。/楢葉
●テレビの プレバトを見て 写真を見て 発想をするのが 易しく思いますが 兼題季語で 色々発想をするのが ネット投句しやすいと思います。季語の植物図鑑が 吟行情報元です。/句詩呼
●満足してます。/コタロー
●とっても楽しいです!是非続けてください!/タカギ
●いつもお世話になります。これからも宜しくお願いいたします。/マツイミキロウ8911
●要望は、この「俳句ポスト」続けてください。/風間昭彦
●夏井先生、スタッフの皆様、お世話になります。先日すでに二句提出しており、心に余裕があります。毎回こうでありたいですね。/まめ小路まめ子
●夏井先生、スタッフの皆様、久しぶりの投稿日、よろしくお願いします。早く感覚を呼び戻したいです。/まめ小路まめ子
○ゆっくり一歩ずつ確実に。久しぶりの投稿日逃さず出してるだけえらいえらい~(笑)。(正人)

●兼題 赤潮 から投句し始めました。 還暦を迎えての趣味になればとの思いでした。 ビギナーズラックで 赤潮 並に選んで頂き、それ以来欠かさず投句して一年。 俳句のおかげで、この一年を前向きに明るく生きてこれた気がします。 目標は人選二句です。 これからは、俳句の勉強も出来ればと思います。 /琉璃
●   夏井先生 正人さま スタッフの皆様いつも有難うございます   2017年4月(青芝)から参加させて頂き早や3年目を迎えました     【継続は力なり】かな。 /水夢
●俳句を始めて二回目の夏が来ました。去年は赤潮や老鶯、初鰹などバラエティーに富んだ兼題に、驚きながらもチャレンジしてきました。今年はどんな季語と出会い、何ができるのか。とても楽しみです。/古瀬まさあき
●確認したところ、僕の本格的な俳句の始まりは昨年5月17日の俳句生活「蛍」、次いで5月22日の俳句ポスト「赤潮」への投句だったようです(当時は綱長井春一、その後一時期つながいハツオでしたが)。ということで、「罌粟坊主」の句の発表週には既に2年目に入っています。振り返るととても不思議で面白い一年間でした。俳句の可能性を広げられるよう今後も精進する所存ですので、よろしくお願い致します。/綱長井ハツオ
○なんだかもっと昔からご一緒してるような気がするんですが、2年とか3年な人も多いんですねえ、意外。(正人)

●ちょっと俳句ポストさぼっていましたが,また挑戦しようと思います。/うりずん
●私生活の環境の変化に伴いしばらく投句をしていませんでしたが、この度再開することに致しました。実に半年ぶりの投句になります。今後も自分のペースで末永く俳句を続けていきたいです。よろしくお願いいたします。/蒼乃月子
●久しぶりの投句です。 オフィスのオープンガーデンが吟行シーズンで、毎日昼休みに5分でも10分でも訪ねて俳句に思いをはせます。/ふなちゃん
●こんにちは。たいへんご無沙汰しております。またぼちぼちと投句したいと思います。前回復帰した時は、「また前みたいに欠かさず投句するんだ!」と気負うあまりに2回かそこらで挫折してしまったので、今度は無理せずマイペースにいきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。/赤い彗星の捨楽
●プレバトが切っ掛けで始めた俳句今ではどっぷりとはまっています。兎に角楽しく且つ自身の腕を上げるのに大いに役立っていて残りの人生を活き活きとと過ごせそうです。 自分が詠むようになってからほぼ二年半、以来詠んだ句は200句は越えました。近頃は一日に5~10句も。 NHK俳句に投稿し始め2月号のテキスト「短日」の兼題で初めて佳作となりました。結構嬉しいものと感じました。 夏井先生ならではのぶっ飛んだ選句も興味深いところで、俳句ポストでしか楽しむことが出来ないように思います。久しぶりの投句ですが過去数回人と並には載ったことも有ります。この機に投句を再開します。 /乙女座のM
○久しぶりのご投句感謝感謝。マイペースにまいりまっしょい。(正人)

●俳句のおかげで忙しく楽しい毎日です。/松山めゐ
●いつひらめいてもいいように、枕元や洗面所にメモ帳を置いています。/松山めゐ
●いつき先生、正人先生、スタッフの皆さまいつもありがとうございます。「桜鯛」での人選、お便りの掲載も深謝です。茅の輪さん、茅花さん、お元気でお過ごしでしょうか、ご活躍お祈りしています。NHK俳句の先日のお題が井上弘美先生の「名越の祓」でした…句は浮かばぬことが多いまま、とにかくぐずぐず勉強だけは続けています。/明惟久里
○日々学ぶ楽しさがあることが活力になる♪(正人)

●敬愛なる伊月先生 引越しにおけるパソコンの契約で、俳ポ投句ができなくなるかもしれません。 2017年の3月8日より、欠かすことなく投句し続けて参りました。 たかだか2年かもしれないですが、今まで皆勤賞の皆無の私にとっては、小さな自信につながりました。 続けてこられたのは全て伊月先生のおかげです。ありがとうございました! パソコンが繋がり次第、俳ポに戻って参りますので、その時はまたよろしくお願い申し上げます! /村上 無有
○めんどくさいんですよねえ、引っ越しとネット回線の再設定…うちも復活までほぼ一ヶ月ネット無しでしたわ。(正人)

●初投稿でスペースあける失敗をしたので、リベンジ句。/桜桃侍
○火曜日俳句道場にて学んでいただいてサンキュー!!(正人)

●投句するときはスマホで手書き入力するのですが、それで「罌粟坊主」も書けるようになりました。俳句を詠んでいると漢字もたくさん覚えますね。 /はまのはの
●夏井先生・スタッフの皆様こんにちは。 清々しい季節になり嬉しいですね、毎日こんな日々ならと考えてから、いやいやそれでは俳句が出来ないと思い一人笑ってしまいました。 毎日何かにつけ俳句を考えられる、それだけで幸せです。 夏井先生有難うございました、短歌や俳句は教養のある高唱な人がするものという、私の概念を破ってもらい感謝いたします。毎日楽しく過ごせています。/のぶ子
○教養も高尚も関係ないですが、漢字覚えられるのはちょっとうれしい俳句の効能~(笑)。(正人)

●夏井先生、正人様、スタッフの皆様 「ていれぎ」で人、「桜鯛」で並に選んで頂き、ありがとうございます。 「柏落葉、サイネリア」をパスした1ヶ月は、正人様のおっしゃる通り本当に「さみしい」1ヶ月でした。投句出来る日々は幸せな日々であることを、実感しました。/試行錯誤
○でしょー?(正人@最近出し忘れやらかした)

●間に合いました。/ローストビーフ
●締め切りライン有難うございます 久々です ギリギリに作ってみました/はるちゃん
●今回の罌粟坊主は記念すべき投句30回目の兼題です。なので気合いが入ります!しかし入り過ぎるとスベる場合あり。とにかく締切ギリギリまで考えます。(あと30分)/温湿布
○30回目おめでとう!ギリギリまで粘るその姿勢に僕は敬意を表する!(正人)

●募集期間が長かったので、これでもかと大量投句してしまいました。お目汚しすみません。目指せ初の二句入選!/風舎哲坊
●同じ兼題での何度もの投句、失礼いたします。/天水郷
●2回目の投稿です。よろしくお願いいたします。/天水郷
●平成最後の日にゲリラ投句。 今回は締め切りまでまだ時間があるので、もう少し粘って追加投句します。 /北村 崇雄
●切りがないので「罌粟坊主」はこれで最終投句にします。 そろそろ「楊梅」に取り掛かります。/北村 崇雄
●毎度投句数が膨大で処理しきれないのではと心配しております。特に今回は大型連休を含み締切が通常より遅かったので、とんでもない数がきていそうです。そこで難しい兼題を出してやろう!ということで「罌粟坊主」なんですね。はい、難しかったです。今回は6句です。/いかちゃん
●2回連続で投句出来なかった(今回はパソコンの前で寝落ちしてました)ので、募集期間が長いにも関わらず今回は早く投句します。内容の吟味はさておき、まず投句することを目的といたしました。選者の皆さま、悪しからず。/いつの間にアラカン
●組長はじめスタッフの皆様、いつもありがとうございます。平成から令和への連休ボケで、不作の今回ではあります。・・・・あ、不作は毎回で、ボケも常態化しちゃってます( ;∀;)/江戸人
●今回珍しく締切までたっぷり時間があったのでのんびり罌粟坊主眺めたり作句したりできました。締切当日慌てないようまずは投句しておきます。/古都 鈴
●皆さんこんばんは。投稿ももう直一年になります。続けることを目標に頑張っていますが、締切日前日に、あ、まずい!と考え始めるようじゃ上達は遠いですかねー。/海野しりとり
●ゴールデンウィーク中は出かけることが多いため、締め切りに間に合うようにと、早めの投句をしようと思ったところ、なんと締め切りは5月15日とあるではないですか。まだ3週間も先。これはラッキー!じっくりと句作できるなぁと思いましたが、いい句が詠めるかどうかは別問題。たくさん詠んでたくさん捨てられるように努力してみます。/山香ばし
● 今回だいぶ長い投句期間がありましたね。だとすると今回の投句数は今まで最多の1万句に肉薄するのではと妄想しておりますが、いかに。/山香ばし
○期間が今回は一回分長かったわけですが、成果はいかがなもんでっしゃろ。さて投句の数はといいますと…。(正人@↓につづく)

●24516さんがお忙しいそうなので代理です。516さんが復帰するまで、このコーナー?を守ります。今回の投句人数と投句数を教えて頂けますと幸いです。 罌粟坊主、難しいですね……なかなか実物を見る事もできませんし。そして、「罌粟」「ケシ」「阿片」などをネットで検索しながらドキドキしたり。投句者数、投句数は少なめと見ました。 /洒落神戸
○受け継がれる意思、サンキュー!今回は1554名8844句とめっちゃ多いです。投句期間の長さの方が効果上回った感。(正人)

●まだ、投句に全然慣れていません。 というのも、前回は投句後のお知らせメールが届かず、その後投句するのをためらっていました。 今日はちゃんと届くでしょうか。どきどきです。/登起枝
●5月20日に投句いたしましたが、受付してくださったとのメールが未着ですので、再度投句させていただきました。 二重に届いているようでしたら、お詫び申し上げます。 よろしくお願いいたします。/林 和寿
●さきほどいつも俳句ポスト投稿に使用してるのとは違うメールアドレス(easygo@)で投稿してしまいましたので、改めて投稿します。ご面倒かけて申し訳ありません。/GARU
●初めてお便りします。 実は先ほど投稿したのですが、メールアドレスを 間違えてしまって、再度投稿しました。 プレバトいつも楽しく拝見させて頂いております。 俳句初心者なので、ご批評心待ちにしております。 よろしくお願いいたします。/愛津2号
●投稿句変更と訂正のお願い 変更:4月26日投稿の「ジリジリ焦がし香る罌粟坊主」字足らずでした。4月27日投稿済の「罌粟坊主こしあんぱんのへそ飾り」 訂正:4月26日投稿の「けしぼうず振って音無し青きかな」を4月27日投稿済の「けしぼうず振るも音無し青きかな」 お手数で申し訳ございませんがよろしくお願いします。青木藤貴 /青木藤貴
●4月30日に操作ミスで「一句目」と「二句目」に同じ句「採血の針さす痛さ罌粟坊主」を入力して送信してしまいました。済みませんが「二句目」を削除方宜しくお願い致します。/中山白蘭
○だいたいの場合、不安があったら再度投句しておけばOKです。が、一つだけ例外がありまして。(正人@↓につづく)

●季重なりの句2題、間に合えば削除願います。 4月12日投句「蚕様飲み込む蟇を払う音」 4月14日投句「蚕様飲み込む蟇のDNA」/くめ仙人
○こういうケース。投句締切を過ぎた、前の兼題に関する訂正や削除はできません。というのも、この投句一覧とお便りが手元に届くのはさらに2週間後なのです。なにか訂正などありましたら、その兼題の締切期間までに!(正人)

●先日、「桜鯛」の結果発表を拝見しました。並選で私の句を選んで頂き、 ありがとうございます。只、その句を読み大きな間違いを侵していた事に気が付き、並選を 頂いて良いものかと思っております。 投句 祝い膳生け作りかな散歩かな桜鯛 元句 祝い膳生け作りかな桜鯛 今後は、投稿前には しっかり確認をして送信致します。/なかがわ 聖一
○大胆に字余りではあるけど、これはこれで大らかで愉快な気もする♪(正人)

◆我ら並選隊
●コツコツ俳句を詠んでいます。新聞にも投稿していますが、なかなか載りませんね。/コタロー
●先月は俳句ポスト並選、通販生活よ句もわる句も選外、でしょんぼり。 自分の凡人具合を実感させられます。 みなさんの選ばれた句をたくさん読んで、兼題に触れて、発想を豊かにしていけるよう精進いたします。/香羊
○しょんぼりもしみじみも、明日花咲くために!(正人)

◆俳句修行は楽し♪
●なかなか自分自身もぴたりとくる句をつくれません。 感受性欠如でしょうか? 創造性欠如でしょうか?/ふなちゃん
●最近始めたのは新聞の俳壇・歌壇の欄を切り抜きトイレに貼っておくこと。何度も何度も繰り返し選ばれた句を眺め“これいいな”“自分だったらこうは詠まない”“この季語こんな風に使うんだ”など勉強になります。毎週掲載されるので一週間眺め続けたら貼り換え。俳句の本や新聞を開くのとは違ってちょっと新鮮で気に入ってます。また名句名歌のコーナーもあり、毎朝チェック◎みなさんとっくにやってることかな。/古都 鈴
○ぴたりとこない…と悩んでる人のための勉強法のようですねえ、実地体験サンキュー!他の句眺めてるうちに、なにかヒントがあるかも?(正人)

◆俳号に名字をつけよう♪キャンペーン
●俳号の変更です 佐藤筬葉から筬葉へと変更致します 宜しくお願い致します。/筬葉
●蒼子→蒼乃月子へ俳号を変更致します。/蒼乃月子
●俳号を「あさおのときえ」から「登起枝」に変更します。よろしくお願いいたします。/登起枝
●俳号の変更です。唯我独善→ワカシ君1年生→今回から、「ワカシ君一年生」で、お願いします。俳句は縦書きが基本でございますので。/ワカシ君一年生
○『俳句ポスト365』では、「ありそうな俳号をお使いの方は是非とも姓を付けて下さい運動」を展開しています。俳号は、自分の作品を自分のものだと主張する大切な記号。投句者お一人お一人の個性と習熟度を見極めながら、適切なアドバイスができるようにと日々心がけています。以下ご協力の程を。
 ① 同一人物の複数俳号の投句はお控え下さい。
 ② ありそうな俳号には必ず姓をつけて下さい。

●『俳号』なんかは勝手につけても良いものでしょうか!?? たいした教養もなくただ『文化的リズム』が好き!! と云(ゆ)うだけで独り善がりに指を繰ってみています。浅はかな知識で『17音と季語』が必須条件だと云(ゆ)う事だけは心得ています。が・・・。 これから良く好くと勉強できればと思っています。よろしく良しなにお願いいたします。/月尾(げっぽ)
●令和に入り改名致しました。/令雅
●現在名乗っています「大福ママ」の俳号を次回のお題から変更しようと思います。新しい俳号は現在考え中です。/大福ママ
●昨年に続いて2回目の投稿です。 次回から俳号で投稿したいと思っています。/竹口 ゆうこ
○俳号は自分で好きに名乗っていただいて結構です。↑でも書かれてますが、自分の作品を主張するための大切な記号ですから他の人と被らないような俳号を!また、俳号を変更する方は「○○から■□に変わりました」というようにビフォアアフターを書いていただけますと嬉しゅうございます。(正人)

●皆様は、俳号をいくつぐらい持っているのでしょうか?/コタロー
○俳句ポスト上では同一人物の俳号は一つでお願いをしております。ごっちゃになるとわからなくなるからね!(正人)

◆ウェンズデー正人へ
●ウェンズデー正人さんへ 今年のラジフェスは「俳句でGo!」のイベントはないのですね。なかなか吟行に行けないので、今年もあるといいなと思っていたのですが残念です。 某テレビ局の俳句のコーナーの復活も、毎週のようにメールしてますよ!/猫愛すクリーム
○応援ありがとうございます!貴女のメールがなにかを変える!?…かもしれない(笑)。(正人@予定は未定)

●組長、お誕生日おめでとうございます!令和初の投稿となります。よろしくお願いいたします。正人さん、10連休とはいかなかったでしょうが、少しは休めたでしょうか?家族サービスに勤しまれたか?はたまた「お父さん預かり所」にいかれたか?今時のパパさんは、かなり家事手伝いが上手なので、しっかりとママさんの助手を勤められたと思います。我が家の婿殿も家族サービスバッチリだったようですよ!今回の罌粟坊主、眺めて眺めて詠んでみましたが、毎回ぎりぎりの投句になってしまいました。/キャサリンまさこ(まさこ改め)
○「お父さん預かり所」ってなんぞや…?季語の煤逃みたいな話…?(正人)

●長らくのお休みがあった筈なのに、一句目が出るまで時間がかかってしまいました。この一句だけで終わらなければいいのですが…ちょっとどうなることかという位、自信がありません。落ちつくんだ!疑心暗鬼は心の弱さだ!プロシュート兄ィならきっとそう言ってくれる!/次郎の飼い主
○大丈夫?動揺して下唇とか噛んでない?恐怖のサイン出ちゃってない?(正人)

●今回は初めて4句入れました。本当に考え貫き貫いたので入選本当にお願い致します。 入選されるだけでも御の字です。/藤咲大地
●今回は本当に天か地の入選を頼みます。それじゃなきゃ俳句ポストじゃないですから! なっちゃん頼む!歴史的仮名遣いとかばかり使ってる古い俳句師はもう要らない! 令和になって言語文化もかなり変わったんだからそこを考慮して!下剋上って言うのを果たさなきゃいけないんです!/藤咲大地
○フランク・ダラボン監督の『ショーシャンクの空に』っていう名作映画があるんだけど知ってる?冤罪で投獄された銀行員が刑務所を抜け出すまでを描いた映画なんだけど、モーガン・フリーマン演じる「調達屋」レッドがまたいいキャラクターでしてね。仮釈放審査を何年も受けるんだけどその度に却下され続けて、服役40年目、「こんな審査にはなんの価値もない」って静かな凪のような心に至ってついに仮釈放が認められるのよ。その後レッドがどんな結末を迎えるのかはぜひ映画を観て欲しい。それくらい辛抱すればいつか天地に、っていう教訓話風にしようと思ってたけどそんなことよりほんまモーガン・フリーマンの演技が素晴らしいから僕はこのあと映画観ようと思います。(正人@書いてるうちに自分の中で映画熱が盛り上がった)

◆夏井いつきへ
●組長!お誕生日おめでとうございます!!!/まどん
●この投稿は5月13日です 夏井先生、お誕生日おめでとうございます/ず☆我夢@木ノ芽
●夏井先生お誕生日おめでとうこざいます。/古都 鈴
●夏井先生、お誕生日おめでとうございます。 季節の変わり目です。くれぐれもご自愛くださいませ。/猫愛すクリーム
●夏井先生、ハッピーバースデー。なんと1日違い12日は自分の誕生日でした。ますます親しみがでてまいりました。お互いに楽しく良い歳を重ねていきたいですね。/たけうち晴美
●お誕生日を過ぎたので、ちま(4さい)はちま(5さい)に、むらさき(6さい)はむらさき(7さい)になりました。そして組長、お誕生日おめでとうございます!/ちま(5さい)
●夏井先生へ 大変遅くなりましたが、お誕生日おめでとうございます。 私よりも一回りも年上の先生の縦横無尽のご活躍に、いつも「あやかりたい、あやかりたい」と思っております。 先生にとっては、毎年がそうかも知れませんが、今年が(も)最高の無二の一年間になりますように。どうかくれぐれも、お身体を大切になさって下さい。応援しております。/塩の司厨長
●夏井先生、お誕生日おめでとうございます!お身体を大切にしてこれからも頑張ってください。プレバトも楽しみにしています。木曜日は7時までに夕食と食器洗いを済ませ、テレビの前でスタンバイです(^^;/乙子女
●ブログ拝見しました。お誕生日おめでとうございます。「罌粟坊主」に残された時間もあと僅かですが、高橋寅次様よりご提供いただいた写真も参考にしつつ俳句を詠んでいきたいと思います。/京野さち
●私は4月14日で65歳となりました。 ダンス教師としては若い方がよいのでしょうが、俳句を趣味としたことで年を重ねるのも楽しみとなりました。 ここに投句すること、皆様の俳句を見せていただくこと、そして毎週木曜日のプレバト、 私の日々の生きがいともなってきました。ありがとうございます。 そして、夏井いつき先生お誕生日おめでとうございます。/咲耶とこ野@木ノ芽
●組長、誕生日おめでとうございます。小生も同じ誕生日なので同じ62歳になりました。夕食は赤飯でした。ありがたいです。新元号、初の誕生日なので少し新鮮な感じがあります。/長谷川 ひろし
●夏井いつき先生、 本日13日お誕生日おめでとうございます。 (私も同じなので忘れません) 益々のご活躍を祈念しております。 先生も各地で俳句の種まく人なのですね、 素晴らしいと思います。/桜夜月子@木ノ芽
〇皆さん、ありがとう!心楽しく六十二歳を迎えています。(夏井)

●夏井いつき様、プレバト観てます。皆様の頑張りと添削に毎回驚き、モチベーションが、高くなります。これからも、応援してます。/コタロー
●プレバトを楽しみに見ています/吹田しがゆうこ
●プレバトを毎週拝見してます。1つ1つの俳句のどこが良いのか、どこが悪いのか、自分自身でも考えながら勉強させていただいてます。/青月
●いつも、楽しくTVで拝見させていただいております。 夏井先生の笑顔と的確な添削に、納得しております。。 駄作ですが、お目にとまると、嬉しいです。/野うさぎ
●プレバト視聴しました。久しぶりに録画でなく木曜19時に……。数時間して「平成最後の」放送だったと気付きました。早いものですね。/京野さち
●夏井先生がプレバト山の梅沢悟空を手の内で転がされている場面が痛快で。/常陸人
●≪夏井 いつき先生≫の事はいつも『TBS系プレバト(番組)』を視聴(み)ながら関心を寄せています。「キレが良く鋭い解説」が心地よく!! 大変勉強になります。 私メが如き愚存には難解(むずか)しい面もあります。がこれからも良く好くと拝聴(みさせ)て頂き!! 勉強したい。と想っています。よろしく良しなにお願いいたします。/月尾(げっぽ)
●プレバト、とても楽しくかつ勉強になります。毎週楽しみにしています。/雨霧彦@木ノ芽
●ちょっと前になってしまいましたが、ベテランの俳人の方々が出演された「プレバト」楽しかったです。さすが大御所の先生方、3人がそれそれご自分の意見をズバズバとおっしゃって、みごとでした。ほんとにかっこよかったです。/みやこわすれ
●『プレバト!!』へ投句するために芸能人になろうと思っています。うそです。/こなねこ
●なかなか綺麗な俳句ができませんが、プレバトで夏井先生が指摘されることなどを思い浮かべながら作句しております。/泰然
●前回から、ほぼ一ヶ月ぶり。「プレバト」も四回みました。一番面白かったのは、高校生との対外試合。高校生たちの俳句も秀句揃い、手に汗握る熱戦でした。審査の先生方のトークも楽しく、ユーチューブで何回も再生しています。/アガニョーク
●夏井先生 皆様 昨日のプレバトに、たいへん創作の刺激を受けました。 夏井先生、俳人の先生皆様、ありがとうございます。 今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。 赤沢/四十一香 (よいか)
●プレバトチーム対松山東高校、面白過ぎて何度も見直して(特に高野先生の部分)しまいました。次回は開成高校とお願いします。もちろんジャッジは世界の高野ムツオ先生でお願い致します。いつき組、屍派、「鷹」「街」「童子」等各結社の選抜チーム対プレバトチームの対戦も観てみたいです。/純音
〇プレバトチーム対松山東高校、面白かったですね!俳句の面白さを、多角的に味わっていただきたいと制作スタッフ一同、いろいろとアイデアを練ってくれてます。(夏井)

●NHKテキスト5月号に載っていた句、 「The Long and Winding Road」渋滞に時雨くる 正木ゆう子 じんわり心に残るいい句だなあと思いました。是非この先生もプレバトに呼んで欲しく思います。/純音
●プレバトを見て感銘を受け、俳句を始めて二週間になります。まず「夏井いつきの世界一わかりやすい俳句の授業」を買って作句に取り組んでいますが、知れば知るほど、言葉の奥深さ、季語の豊かさ、17文字でストイックに練り上げられる世界感に感嘆しています。 夏井先生、いつも鮮やかな添削とわかりやすい解説、とっても楽しみにしています!お忙しいでしょうが、どうぞご自愛ください。いつか句会にも行ってみたいです。/碧西里
●組長、NHKラジオで放送された文化講演会、宇田喜代子先生との対談を拝聴しました。季語を自分自身の五感で感じとる大切さ、これからもっと学んでゆきたいと思っています。/かつら子
●いつもTVで拝見している夏井先生が、大学の先輩と知り光栄です!ますますのご活躍を楽しみにさせていただきます。/豆挽子
●組長、一句一遊が、愛媛・長野・岩手と三局になりましたこと、おめでとうございます。プレバトは関東ではTBSテレビです。10分の番組ですので、お昼前にTBSラジオで、「永さんの誰かとどこかで」や「小沢昭一的こころ」や「秋山ちえ子の談話室」のごとく、令和の長寿番組となるよう、社長に働きかけお願いします。今は、radikoで聴いており、私は困ってはおりませんが、種まきのお手伝いがしやすくなるかと思うところです。/ワカシ君一年生
〇ぜひそのご意見を、メールなりお手紙なり電話なりで放送局に伝えて下さい。視聴者の皆さんの声が一番です!(夏井)

●最近、夏井いつき先生のご本を読ませていただいています。 季語を勉強すると、日常の些細なことも愛らしく、美しく見えて、毎日とても楽しいです。 まだまだ趣味だと胸を張って言えるような身ではないですが、俳句を始めてよかったな、と思います。/片岡ひまり
〇学びの進度や状況に応じて役立つよう、さまざまな本をだしております。活用していただけると嬉しいです。(夏井)

●先日今治のライオンズに講演に来ていただいたときに楽しさを感じました。日記代わりに日々を読んでみようかなと思ってます。/しゅん
●4/26に嵯峨嵐山で組長の句会ライブに参加しました。爆笑の内のあっという間の、二時間。楽しくなければ俳句じゃない、といういつき組の初心に戻る事が出来ました。過密スケジュールの中、京都まで来てくれた組長と兼光さんに感謝です。組長のお志(のほんの一部)は不肖の弟子、隣安が(全部)引き継ぎますぞ?ってカッコ内どっちやねん。/隣安
●過日東京町田での組長のライブ講演会に参加できました。800人を超える参加者で驚きました。 TVでは辛口で梅沢さんにも負けない迫力で応戦されていますが、あれが本番そのままというのにはまた驚きでした。 町田会場では、俳句経験者、未経験者を問わず参加者への温かいご配慮のあるお話で、本当に気づかいのなさるお方だと改めて感動しました。旦那さんへのさりげないお心遣いも心温まる思いでした。 先生の「俳句の効用」や励ましのお言葉で、まだ始めて数年ですがやりづづけようという思いで岐路につきました。ご本も何冊か購入いたしました。楽しく参加できました。ありがとうございました。/高橋冬扇
●組長、こんにちは!4月の町田句会ライブでは温かいお言葉をいただき、ありがとうございました。平日の真昼間でしたが、仕事休んで参加して本当によかったです。3か月も前に代わりにチケットをとってくれた妻も、話を聞いて喜んでくれました。失礼ながら、組長は私の母に似ていらっしゃるので、若かったころの母と対面しているようでもあり、なんだか不思議で放心気味でした。これからも楽しみながら、組長の活動を応援していこうと思います。/こじ
●周南市の句会ライブ、最高でした! 今でも組長の笑顔を思い出し、励みにしております。サイン会まで開いていただいて、本当にありがとうございました! また、おいでませ山口へ?。でも、どうかご無理をなさらないように……。句会ライブ、特選に選ばれた皆様本当におめでとうございました!/しかもり
●夏井先生、正人さん、ハイポニストの皆さん、こんにちは。5月12日(日)周南市文化会館での夏井先生の句会ライブに参加させていただきました。先生の句会ライブは2年ぶり。あの時のサイン会でこの俳句ポスト365を教えていただき、俳句歴も2年になります。今回の句会ライブで7選には選ばれなかったけど、「こんな良い句がある」と幾つか紹介してくださった中で、自分の俳句が読まれ、1500名のお客さんの前で夏井先生から名前を呼んでいただきました。お話しさせて、「あんた、相当俳句やってるでしょ?」と仰っていただいた時は、冬麗戦の千賀くんの気持ちが良く分かりました。あの時の「チョーク粉のペンだこさすり夏の夕」を詠んだ「一応」学校の先生が僕です。次、夏井先生の句会ライブがあった時は必ずや7選の中に!!夏井先生、ありがとうございました。/みのる
●組長!5月12日の周南市句会ライブに参加しました(壇上から見て左手一列目におりました)。サイン会でご挨拶もできて本当に嬉しかったです。家庭の事情で暫く俳句ポストへの投句をお休みしますが、必ず戻ってきますのでそれまで檸檬のことを覚えていてくださると幸せです。兼光さんとまた山口にいらしてくださいね(^^)/平林檸檬
●いつもお世話になっております。黄金週間一日目の朝は、推しキャラの死によって始まりました(泣)。心の準備はしていましたが、無駄無駄無駄ァッ、でした。オンエアは夜中の2時55分。悲しみの余り一睡も出来ないハイパーお通夜テンションで4時間かけて向かった先は、豊岡の但馬信用金庫さん主催の句会ライブでした。追悼句しか詠めなかったらどうしようと思っていましたが、どうにか席題に合った(当社比)句を詠めてよかったです。夏井先生、兼光さん、但馬信用金庫の皆さん、ありがとうございました。追悼句はまた別の機会に…。/次郎の飼い主
●夏井先生今日は。京都宇治田原での俳句ライブとてもよかったです。 生まれてはじめて俳句?を作りました。あの日以来、自分の中で何かが変わったようです。 先日、松山に帰った時も一草庵 庚申庵 そして伊月庵(先生には逢えませんでした)と 行く所すべてが俳句、俳句の毎日でした。 いつき組の裾野、たどり着くにはまだまだ遠いです。 夏井先生お体に気をつけて、同郷人の一人応援しています。/小古岳
●やまくにでの句会ライブに行きました。サインと握手、ありがとうございました。とても楽しい二時間でした。 味をしめてしまい、ちょっと遠いのですが、堺のチケットを購入。楽しみです!/真珠星倫世(スピカリンセ)
●いつき先生、スタッフの皆様、いつもありがとうございます。令和二日目、大分県中津市山国町の句会ライブに参加しました。新緑のなかゆく鈍行列車で吟行しつつ日田市に前入り。朝は天領の面影のこる豆田町の蔵酒屋や薬問屋を周り、午後は山国の句会ライブへ。いつき組の皆様との再会。いつき先生の深いお話にぐぐっと引き込まれ胸が一杯に。キスマイの千賀さんの俳句への情熱、おうちDE俳句の表彰でのエピソードなど。俳句に生きる力を得ている人々の姿に、参加されたみなさんの俳句に力を得て、新緑のエネルギーをお土産に帰宅致しました。お忙しい日々と存じますが、いつき先生、どうぞ長旅のお疲れを癒されますように。お祈り申し上げます。/谷口詠美
●京都に住んでいます。 夏井先生のライブにぜひ参加してみたいです。/なよろ
〇日本各地でやっております。情報を仕入れて、是非来てね♪(夏井)

●夏井いつき組長、こんにちは。先日、盛岡の国際俳句大会に投句しました!休みの調整が可能となったら長野県から頑張って向かいます!/古瀬まさあき
〇会えたらいいね!(夏井)

●俳句の勉強で、過去の俳句を鑑賞することにあると思うのですが、この時、江戸時代以前の先達の俳句をやるべきか、近現代の俳句を鑑賞するべきか? どっちもやるべきなんでしょうが、まず始めるなら? /酔芙蓉
〇まずは、下手でもなんでもいいから作り始めることです。そして近くの句会や講座を探して参加する。そこからのスタートです。(夏井)

●今、悩んでいます。短歌もしたいですが、ややこしくなりますか。いつき先生の感性に近い人を紹介していただきたいのですが。/くによ
●夏井いつき様は、俳句を詠む以外に短歌や川柳を読んだりするのでしょうか?又、俳句以外の趣味はお持ちでしょうか?/コタロー
〇俳句は趣味ではなく、職業です。川柳や短歌は作りません。趣味は温泉に入るぐらいかな~(笑)(夏井)

●夏井いつき様、いつもプレバト見てます。夏井いつき様は、旅行は、お好きですか?中部地方にも足を運ばれましたか?海外も行かれますか?/コタロー
〇旅は、仕事です。日本語の通じないところに、私の仕事はありません。中部地方は何度も何度も何度も経めぐっております。(夏井)

●ハイポその他の各種兼題に取り組む傍ら、今年は花百句に挑戦しました。おかげさまであと一句でゴールですが、やってみて疑問に思っていることが一つ。桜鯛や桜貝、花鳥賊など、「花・桜」とはつくもののそのほかの動物を指す季語は、花百句に数えないと思うのですが、「桜餅」はどうでしょうか?「桜湯」はどうでしょうか?もし「桜餅」は花百句には使えないとなると、ゴールが一句分遠ざかるのですが。みなさま、どうお考えですか?/播磨陽子
〇私たちがやっている修行「花百句」は、桜の花が咲き始めて散るまで、植物の季語「花」あるいは「桜」の句を一人で百句作ることを指します。(夏井)

◆広がる『俳句ポスト』仲間たち!
●俳句にはまった妻と一緒に勉強するうち、自分でも作りたくなりました。/とりこ
●いつき先生へ。徳島の板東のアレです。板東は最近ダイエットと称してウォーキングを始めたそうです。ウォーキングをしながら句を考えているそうですよ。/カズラ梅
●夏井先生、はじめまして。 こぶこがお世話になっております。 こぶこの夫です。 この度こぶこに勧められて、初めて俳句を作り、投句する運びとなりました。 今後ともご指導のほどどうぞよろしくお願い致します。/こぶこの夫
●組長、こんにちは! このたび、ようやく我が家への「俳句の種蒔き」が成功し、妹と父が俳句を始めてくれました。父がネット出来ないので、代わりに投句をさせて頂きます。長らく疎遠にしていたようなところがあるんですが、俳句のおかげで、メール交換や電話の機会が増え、感謝しています。父がいかにも親子っぽい俳号にしてくれたのが凄く嬉しいです。楽しく俳句を続けてくれたらいいな~!親子ともども、どうぞよろしくお願いいたします!!/小川わたる
○最近ますます家族で俳句楽しんでくれる人が増えてる気がする!(正人)

●ていれぎの回から投句スタート、並・人・人・並とビギナーズラックが続いています。採って頂いた句を見て、あれ?こっち?と首をかしげるのがまた楽しい。想像や理屈でから起こした句よりも実写というか、実際に体感した句を採って頂いているように感じます。見抜かれてる!!!って思います。/三木庭
●「ていれぎ」の回から俳句を始めて、投句。ビギナーズラック?が続いて気持ちがぐんぐん上向きになって嬉しい限り。周りにどんどん勧めています。友人が二人、桜鯛から投句を始めました。お陰様で話題が増えました。 採って頂いた自分の句を見て、あれ?こっちの句?と思うのも面白いです。想像や理屈から作った句ではなく、実写と言うか、体感から作った句を採って頂いているように思います。空の様子、風の流れ…窓から外を眺めるのが今まで以上に好きになりました。/三木庭
○実体験は強し、ってやつですねえ。お友達と吟行に出かけられたらなお楽しいですぞ!(正人)

●Twitterで教えて頂く事が、私の励みになります。いつも有難う御座います(^_^)/紫苑
●自分の句が夏井先生の目に触れるというだけでワクワクします。また、ツイッター仲間にハイポ二ストも多いので切磋琢磨していけたら良いなと思っております。/高梅 仁

●最近、「ブルーピリオド」という漫画にハマりました。 美術を題材にした作品で、内容も面白いのですが、作中には俳句にも活かせそうな教訓が多く、考えさせられる一作です。 「サイネリア」の地選のお礼のお便りで「身の丈にあった句作を続ける」と書きましたが…この漫画を読んで以来、ちょっと違うかな?と思ってみたり。 「身の丈に合った句作」をやめるつもりはありませんが…今のままだと、近いうちにまた句作で行き詰まりそうな気がしています。 「ブルーピリオド」の主人公は、絵を描くことに対して苦心し続けていますが、俳句も時には、そんな苦心が必要なのかと思うのです(「楽しむ」ことは忘れず、根底に置いておきたいところですが)。 そこで、新たなトレーニングを自分に課したいのですが、思い付かない日はとことん思い付かないので、句日記は向かない気がしますし、昔やっていた「ハイポのバックナンバー読み返し」は、資格の勉強との兼ね合いが難しそうで…と、ジレンマが止まりません。トレーニングについては、大変な模索になりそうです。/多々良海月
○検索してみたら変わった画風で面白そうですねえ。あれこれインプットしてみるのも足しになるのかもしれませんよ?映画みたり漫画読んだり。(正人@結局自分の好きなものにいく)

●俳句の勉強句会で手向け草が季語の句が投句されました 私は手向け草が季語だと知らずとても良い句と思いましたが無季と勘違いし選句しませんでした 持参していた電子辞書内の角川2013版の歳時記と講談社カラー図説日本大歳時記で調べましたところ手向け草は載ってなかったのですが、投句した方の持っている歳時記には載っていました その後、ネットで検索しましたが手向け草が春の季語だとの確認出切る記述は見つけられませんでした 手向け草は春の季語なのでしょうか?記載されている歳時記と記載されてないものがあるのは何故なのでしょうか? /斗三木童
○「手向け草」ですか。編者の考えの違いによって収録季語に幅はあるものですが、僕も初めて聞きました。なにか「手向け草」についてご存じのハイポニストからの情報求む!(正人)

●「サイネリア例の天使と目があった」という一句のイメージに何か覚えがあるなあとずっと気になっていましたが、思い出しました。梨木香歩『家守綺譚』に、木槿の開花を依り代にして、庭の築山にうずもれているマリア灯籠から聖母の幻が立ち現れる場面があり、改めて読んだらそれでした。何年も前に読んだ本を思い出させてくれました。私もこんな、心にさざなみが立つような句が作りたいです。/楠青庵
○へー、初めて知りました。その場面だけ聞くとちょっと漱石の『夢十夜』っぽい味わい。(正人)

●前回の兼題「桜鯛」、皆さんの作品を拝見し感心しております。 哀顔騎士さんの「桜鯛選ぶ母の眼怖かった」は思わず吹き出してしまいました(笑)周りの白い眼?気にしないことにしました。 しゅうちゃん@5さいさんの 「桜鯛産着のほっぺぴちぴちだ」 「桜鯛産湯のほっぺしわしわだ」 には見事やられた?感満載です(笑) 連句?コンビネーション句?こんな俳句の楽しみ方も面白いなぁと思いました。 /小エビ
○偶然生まれる句の並びが妙に愉快な感じになるのも句会あるあるですねえ(笑)。(正人)

●『シュトゥットガルト俳句女子の会』/豚ごりら
●シュツットガルト俳句女子の会 海葡萄 です。/海葡萄
●シュトゥットガルト俳句女子の会/亀の
●シュツットガルト俳句女子の会/三大夜景
●シュトゥットガルト俳句女子の会/遥明
○正式名的には「トゥ」なのか「ツ」なのか。ドイツ語的にはどっち??(正人)

◆小さな『俳句の種まき』運動♪
●何時も大変お世話になっております。お蔭様で「ベルリン俳句をたのしむ会」は5月に5回目を行い、定期的に4-5人で月間にて開催できております。今回は三重の季重なりの方がいらっしゃり、これはアッパレでした。モットーはお互い大いに褒めることなので、力強く褒めました。先生のおっしゃる通り映像を描写と心掛けていますが自分で出来ていないので我ながら呆れます。毎回とても楽しい、とおっしゃっていただけ、開催するモチベーションがアップいたします。先生の松山ハイポを真似して、1.兼題で句作、2.ベルリン道場(文法など)3.一句鑑賞、4.季語探耕(季語の紹介)をしております。1年位経って「俳句」らしきものになってきましたら参加させていただきます。その折はどうかよろしくお願いいたします。/ぐれむりん
○集まった人が笑顔だとなにより嬉しい♪(正人)

◆「人」「地」「天」~ベム・ベラ・ベロ俳人たちより
 誰が言い始めたか、「『人』選にはいりたい=人間になりたい=妖怪人間ベム」という話で盛り上がり、「『人』選に入る=人間になる=ベム俳人になる=ベムる」と、不思議な動詞や、「天地想像」なる四字熟語が生まれております。

●サイネリアの回から俳句を作りを始めました。桜鯛の回は2回目の投稿でしたが、一句「人」の句に選ばれました。嬉しかったです。俳句作りを続けようと思いました。ありがとうございました。/映千
●桜鯛でも1句「人」に選んでいただけてとっても嬉しく励みにしていきたいと思います。投稿した自分の句で落ちた句と選ばれた句と違うところを自分なりに考えているところです。なんとなく感じることはできるのですがまだまだよくわからないというのが正直なところです。これからも皆さんの句を勉強させてもらいながら少しずつ私なりに頑張ってみます。いつも有難うございます。蜥蜴の尻尾/蜥蜴の尻尾
●兼題「桜鯛」の回では人選に挙げていただき有り難うございました。 拙句は、自分一人ではうまくまとまらず悩んでいた時にとあるネット句会に参加して、みなさんからいだだいた選評を元に再度作り直した句です。 一番採っていただきたかった句であったのと同時に、改めて句会の効果を実感しています。 「蟇」の回にも推敲句を一句混ぜてあります。 そちらも選ばれますように。 /北村 崇雄
●「桜鯛」で初投稿が人選に!ありがとうございました。夏井先生に自分の句を読んでいただいたことが何より嬉しく、俳句をちゃんと勉強して続けていこうと思うことができました。私の報告を受けて「罌粟坊主」には実家の父も投稿したそうなので、ますます発表が楽しみです。倦まず弛まず調子に乗らず、がんばりたいと思います。よろしくお願いします。/藤井白亜
●遅くなりましたが、「桜鯛」二句人選ありがとうございました。そしてとうとう「令和元年」。気を新たに俳句投稿に邁進していきたいと思います。改めまして宜しくお願い致します。/京野さち
●兼題『桜鯛』で、初めて2句同時「人」を頂きました! ありがとうございます!! あまりの喜びに、思った以上に叫んでいたようで、家人が何事かと飛んで来てしまいました。とにかく、嬉しく、数日間は気づけば、口角が上がっていたようです。 しかし、いつまでも浸ってもおられず、この調子を落とさないよう、精進あるのみです。 まずは、今年の目標の第一歩、達成です。ありがとうございました。 /飯村祐知子
●夏井先生、スタッフの皆様、お疲れ様です。この頃、人、割合が多くなり、ご機嫌の良い生活を送っている、田村美穂です。今回の罌粟坊主は、パソコンで、字を出すところから苦労し。子供にさらりと、字を出され、頭の上がらない思いをいたしました。何せ、罌粟坊主は、はるか昔に見た限りで、ご近所のポピーを見つけ、なめまわすように、長時間見つめ、挙動不審者と思われ、恥ずかしい思いも致しました。でも、五十三歳パソコンと格闘したり、あちらこちらをうろうろ、きょろきょろ、するのが、楽しくて仕方ありません。俳句帳も三冊目に入り、サイネリアでは、八千句以上の中に、人で、二句、選んでいただき。すごく幸せな思いをさせていただいています。作品を選ぶのも大変でしょうが、お体に気をお付けになってください。家の庭では、やっとちゅーりぷが咲きました。老いた父に向けて。初夏の空坂道自電車汗と父。/田村美穂
●桜鯛では「地」に選んでいただきありがとございました。ただただビックリです! まさか金曜日に自分の句が掲載されるとは考えてもみませんでした。 友人のブログで俳句ポストを知り、「私もやってみよう」のノリで昨年の「夏草」より投稿をスタート。「まずは年内」から「何とか一年は続けてみよう」「せめて今年いっぱいまで」と、休まないことのみを目標に続けてきました。 そして「地選」をいただいた平成の終わり。夏井先生のコメントまでいただけて、これはきっと「令和に向けて頑張って続けなさい」とのお励ましなのですね。ありがとうございました。 私のようなノリでも気軽に投稿できる俳句ポスト、それを支える皆さんに心から感謝です。今後ともよろしくお願い致します。 /小倉あんこ
●改めまして、兼題「サイネリア」では地選にとって頂き、ありがとうございました。 実は今回の句のことで、不安に感じたことがありましたので、お話させてください。 地選の句「サイネリア母は再婚くりかへし」は、実際の私の母のことを詠んだものではありません。あくまで「サイネリアの特徴を調べている過程で思い付いた句」です。 実際の母は、離婚歴はありませんので、句を御覧になった方は、どうか誤解をなさらないでくださいね(汗)/多々良海月
● 嘘でしょう!うそでしょう。信じられない。こんな句私詠んだかな?でも私の句です。桜鯛で地選に選ばれました。他の句は目に入りませんでした。先生、スタッフの皆さま有難うございます。薄暑からお世話になって二年。こんな日が来るなんて。・・・嬉しくて、嬉しくて涙が止まりませんでした。90歳の夫に告げると「なんぼ貰えるんや」と。抽選に当たったのと違うと説明。我点がいったのか「おめでとう」と笑いました。 齢85年最良の日となりました。継続は力なりですね。 日夜膨大な選句に力を尽くされている先生や、スタッフの皆さま本当に有難うございます。 孫や、子供たち、友人からもお祝いのスタンプやメールが届いています。 これからも精進していきます。ありがとう。/岸 れん

◆第一回「おウチde俳句大賞」♪
●おウチde俳句大賞授賞式楽しかったです。第2回の会も参加したいので、ノミネート目指して精進します!トランクスへ東風の句で入賞して嬉しかったです!初めて俳句で賞品貰いました。愛南ゴールド楽しみです。ありがとうございます。俳句の楽しさを改めて実感しています。/奈緒女
●5月1日おウチde俳句授賞式で お隣になった奈緒女さんに 俳句ポストを教えてもらいましたので 投句してみました! なんだかこちらも物凄い数の投稿があるそうですね? 本当にいつもありがとうございます/佐藤儒艮
●先日第1回 おウチde俳句大賞の表彰式に参加させていただきました木塚夏実です。 楽しい時間をありがとうございました。 俳句ポスト365へは初めて投句致します。 宜しくお願い致します。/木塚夏実
●おウチde俳句大賞のニュースをおウチで見ました。受賞した皆様おめでとうございます!/松浦麗久
●俳句を始めたばかりです。5月1日の『夏井先生を囲むつどい』に参加させていただき『俳句ポスト365』の存在を知り、初めて投句いたします。その時に知り合った人達と連絡を取り、初めて吟行に参加させていただきました。老若男女の垣根なく楽しめる俳句にとても魅力を感じ、人生が俳句に傾き始めた刺激的な日々でした。難しそうだと敬遠していた俳句を、今はとても楽しいと感じています。これから、頑張ります!/つちのこ
●スタッフのみなさん、いつもありがとうございます!!今回は令和の初めての投稿なのでドキドキわくわくしています。10連休はゆっくりお休みできたでしょうか?これからもまた元号が変わってもずーっと続けて下さいね。/じゃすみん
●ついに改元になった五月一日、「おウチde俳句」の授賞式イベントに参加して来ました。私は残念ながらノミネートされませんでいたが、この俳句ポストで御名前をよく目にする有名俳人さんと顔を合わせることができて、嬉しかったです。組長の受賞句へのコメントと受賞者のコメントに泣いたり笑ったり、その後の句会ライブもとても楽しくハッピーな一日でした!! 来年も再来年もこの企画が続くことを願っています。今年参加できなかった人も来年は一緒に頑張りましょう!/じゃすみん
●5月1日のイベントでぼくの句を選んでくれてありがとうございます。これからも俳句をやり続けて、俳句ポスト365を出したいです。/ゆうが
○コメントみる度に当日を思い出しまする。一句一遊でもいっぱい感想いただいております。ちょくちょく読んでいけたらいいなあ。(正人)

●改元の当日、子どもとともにお会いできたこと、うれしく思います。会が終わったら、学校に戻り俳句甲子園の地方予選の合宿にとんぼ返り。それも彼らが俳句甲子園に一生懸命であるから。そう、高校生の男子が、予選で泣くのです。それほどまでに熱心に取り組む姿になんとか支えていけたらと思っています。/大雅
○大雅ゆうが親子、表彰式を終えたらさっそく俳句甲子園モードお疲れ様です!!先々週末、先週末と涙を飲んだ高校生達も多かったであろう激動の六月…!(正人)

●世間の10連休、私の休みは3日と4日だけ。5/1の日比谷松本楼にも行かれず。代休全部取ってやる!/こま
●たぶん再就職その他のストレスで、ついに下奥歯を噛み割りました。去年夏に金冠の下で一部ひしゃげ、この5/1に完全に割れて金冠ぽろり。おうちde俳句イベントに行けなかった哀しみがトドメになったようでした。連休明けたので、本格的に根っこ抜きます。2時間コースだそうです。/こま
○来年の表彰式には参加しよう、奥歯が無くなる前に…!(正人)

◆近況報告~♪
●先日、奥さんと近くの公園でバドミントンをしました。久し振りだったのですが、『まぁ、できるだろ』ぐらいに思っていたら、思った以上にできないこと、疲れること!!もちろん翌日は筋肉痛でした(笑)最近ウォーキングもサボってますし…ちゃんと体を動かさないといけないなと、改めて感じました。でもやっぱり体を動かすのは気持ちいいですし、感じる疲れも心地いいものですね?。/かつたろー。
○血行が良くなると肩こりにもきいてきますしねえ。(正人@現在実感中)

●菜の花から始まって、花巡りをしています!桜、芝桜、牡丹、藤、つつじ、ルピナス等々・・・どこも綺麗です!!!/KAZUピー
○一年中なにかしらの花を追える日本って素敵。(正人)

●とあるお店の配送ダンボールに「初夏のキャベツ」と書いてあり、心くすぐられました。/なつぽよ
●ホウレン草より投句始めました。これまで通勤中も入浴中も仕事のことばかり考えてました。それが最近は、芽吹き、囀り、空気のぬくみにも気づくように。まあ、それを巧く言葉にできないんですけどねぇ~/黒子
●80代の家族と暮らす毎日に、10連休は無関係でした。投句に少しお休みをいただいたので何かステップアップできるかと思いましたが、それもなく…逆にいろいろなことで年初に立てた予定からはどんどん遅れています。でもそうしたらそれらを句にすればいいか♪と考えています。俳句と出逢えてよかったひとつは、あらゆることを違った方向からも見られるようになり、結果マイナスのスパイラルに入ることは皆無に。多少凹むことがあっても、食べて寝て、起きて一句作ると、大抵リセットされるようになりました☆更にボーっとなったのか…こんな私ですが、ゆっくり俳句に恩返しできたらいいなぁと願っています。 いつき先生も皆さまもどうぞできるだけ笑顔で初夏をお過ごし下さいませ。/明惟久里
●15時ごろ事務所入口扉から外にある電柱に何かの影が出来ており仕事中にも関わらず575にならないかとぼぅおっと見てる私がおりました/むむむげこ
○目線が俳人になると毎日が発見に満ちますねえ。なんて幸せなこと。(正人)

●4月から近所の句会に参加し始めました。お互いに句を選んだり評したり、本当に勉強になります。俳句は「座の文芸」と言われますが、それを実感しています。/虚実子
● 俳句仲間と、隅田川の屋形船に、ようやく、行ってきました。八重桜が、満開とき、食べ物も、おいしく。松尾芭蕉の座像も、夕方、こちらに、向きそうになりました。/とこちゃん
○夏の納涼を兼ねての屋形船なんてできたらまた気持ちよさそう♪(正人)

●こんにちは。青森は、桜が咲いて散ったばかりです。青森の桜の開花期間は1週間と非常にはかないです。今、八重桜がモリモリしています。/若澤杏子
○まるで蝉…!(正人)

●おかげさまで長男が無事に大学生に。一緒に吟行に行こうと計画中です。/銀蜻亭
●夏の匂いが濃くなりました。娘突然散歩する日が待ち遠しいです。/神宮くみち
○うちもはやく大きくなってくれないかなあ…。(正人)

●先日退職された私の上司の送別会で、一句認めて手紙を送りました。俳句を始めて初めてのことです。各人が送る言葉の挨拶をしたのですが、私はその手紙を読み上げました。喜んでいただき私も嬉しく思いました。ちょっと万葉の世の宴を思い出したりもしました。誰の添削も受けていない俳句で、良し悪しは分かりませんが、俳句を始めて良かったと思えたひと時でした。/尼島里志
●聞いてください。 実は私、5月18日に結婚式をするのですが、その披露宴で俳句を詠むことになってます(司会者との事前打ち合わせで決定)。 不安です。 怖いです! でも、当たって砕けてきます! 応援していてください~~っ!!!! あと、最近俳句を交えた日記のブログを始めました。今は読者はいない(おそらく)のですが、頑張って運営していこうと思ってます。 毎日毎日何への応募のため俳句と向き合い、俳句のための勉強をし、とても楽しいです。日に日に俳句が好きになります。 いつか仕事にできたらな、なんて大きな夢を抱いてます! 頑張ります!/夕波
○送別会や結婚式でさらりと詠めたらカッコイイよね!!つつがなく良い結婚式が迎えられましたかしら~♪(正人)

●令和に なっての 投句です。令和になって 仕事場が 変わり 心機一転で 俳句を詠み勉強します。 宜しくお願します。/句詩呼
●30年間の平成時代が終り、いよいよ新元号“令和”元年が始まりましたが、各地では大賑わいのようで…平和な時代だな~と想いながらも、小生を含めこれからの高齢化社会の事が気になる今日この頃です。 が、小生(年寄り)は人様に迷惑を掛けずに、静かに俳句を楽しんでいきたいものと痛感致しております。/山本 力
●新元号令和に、孫が増えます。考え深いです。娘よ。頑張れ!10月の予定です。/藤田由美子
○令和の新生活健やかに過ごしてらっしゃいますかねえ。新しい命が平和に生きていける令和であれかし。(正人)

●最近すぐ夏になる。/こま
●チョコレート専門店のお姉さんが「最近夏が早くて」と嘆いていました。気温が高いと細工も崩れるし売り上げも減るそうです。チョコレート、冬の季語でもいいんじゃないかしら。バレンタインの傍題だと春かなあ。/こま
○チョコレート専門店の方が言うとなんか夏が余計おしゃれっぽい!(正人@おしゃれと縁遠い人間の浅はかな考え)

●「桜鯛」では人選をありがとうございました。一方、オットは季重なりブラザーズに仲間入り(笑)。プリントして渡したところ「何やてー!? こ、こんなところに…。天かと思ったのに、アカンかったか~」「何が季重なりだったかわかりますか?」「うず潮か? そうやと思った」…思ったならやめときゃいいのに(そういう私も気づかなかったので、ちょっと申し訳ない気持ち)。「やっぱり“受験”でいけばよかったなぁ」「受験も季語です」「えっ、そうか? ワタシは季語が好きなんやな」いや、そういうことじゃなくて…。/玉響雷子
○それだけ季節の風物に敏感な雅な夫ということにいたしませう(笑)。(正人)

●昨年の4月に脳出血で倒れて、左阪神マヒ状態になりました。10月に退院して、今は車いすでなんとか頑張ってます。パソコンも右手でなんとか。歩く練習もしています。俳句もボチボチがんばります(*^_^*)/いととんぼ
●これを書いている3日後(5月18日)に入院をすることになっております。手術をしてリハビリをする必要もあるので、数ヵ月は投句できなくなります。「指で○作りてわらう星月夜」のような組長の境地にはまだまだ至れないと思いますが、俳句の種を可能な限り見つけてこれたらとは思います。復帰はいつになるかわかりませんが、また投句できることを夢見て予後の回復に励みたいと思います。/高橋寅次
●去年の暮れ、母を 看取って バタバタと月日が、流れ 今は、まるで、大きな荷物を 下ろしたような、逆に 背負ってしまった思いです。外は、すっかり、初夏の様な空を見上げ見ていたら、俳句 作りたいって思いました。難しいけど、母の事、読めたらいいなぁ。/三子
○闘病、入院、喪失。人生の苦難や悲しみの時期にも、ぜひその思いを句にしながら過ごしていけると良いですね…これから暑くなる時期、くれぐれもご自愛を…!(正人)

●曖昧な季節、ご自愛くださいませ/はるちゃん
●季節の変わり目で身体が悲鳴あげてます。 それを理由に、俳句に向き合えず(苦笑)兼題をつぶやく日々が続いています。 でも、ボケ防止で頑張りま~す。 夏井先生・正人さんもお身体御自愛下さいませ。/里甫
●いつもありがとうございます(⌒‐⌒) 少し時間に余裕が出てきましたが、まだまだです。 この一週間、寒い日があり雨も降ったので、遠くの白富士と近くの新緑がとても美しいです。ただ、10連休は大掃除になります!/くるみだんご
●連休は排水管は壊れる、給油管は壊れる、洗濯機は壊れる、やっと1日たったら今度は私の目がおかしくなり角膜に傷が行く・・・結局10連休か9連休かわからないけど、こういうのより「ちょっとずつ分けての連休」の休日ほしいです。 でも、家の庭から湯気(給油管の故障でしたが)が出たときは私「ああ、工事だ」旦那「ああ、温泉だ」・・・この違いはなんでせうか?/砂山恵子
●GWはあんなに長かったのに、無為に時は過ぎていきました。通信の課題も手つかずです。そろそろ頑張りたいと思います。/ふくろう悠々
○日常のあれこれと追われてると結局十連休もなにもただただ普通の日の連続だなあって思う。思わない?(正人)

●「ムーンウォークレッスン中」は「ムーンウォークのレッスンす」として 五七五にしなければならないとも思いましたが、イメージとしてはやっぱり違うと そのまま投稿しました。初心者としては悩む所です。 /筬葉
○助詞の「の」いれるかどうかの悩みどころ。…それはそうとムーンウォークのレッスンするってどういう状況だろう…ダンサー??(正人)

●組長、ハイポニストの皆様方、如何お過ごしでしょうか? 先日、初めて句会に参加しました。 自分を含めて4人の小ぢんまりとした句会で、句会ライブとはまた違った楽しさがありました。 初心者歓迎かつ少人数であったからだと思いますが、自分の句にも点が入り、現金な自分は、もう少し頑張って、俳句を続けていこうと思った次第です。 温かいというより日差しが強く暑い日もあり、体調管理が難しい時もあるかと思います。 日々、全国を飛び回っておられますので、どうぞご自愛下さい。/祺埜 箕來
○句会の人数も4人くらいの少人数から10人、20人、と規模によって味わい変わって面白いですよ。いろんなタイプのやつにぜひぜひ♪(正人)

●夏井先生、ウェンズデー正人様、お世話になります。 兼題「桜鯛」にて「人選」を頂きまして、ありがとうございました。 実は、私は「桜鯛」の締め切り前後の約1週間は内視鏡の検査入院をしておりました。 幸い検査の結果は、それほど悪くはなく経過観察となりました。ホッと一息です。 これからも、体調と相談しながら俳句に挑みたいと思いますので宜しくお願い致します。 「胃カメラは無罪放免桜鯛」/塩の司厨長
○経過観察ってどんくらい経過観察してりゃいいんですかね。いつまで僕の心臓は低電位のまま放っといていいんだろう…。(正人@健康診断B判定)

●関西勤務だった親友(公務員)の祇園の感想。 「あなた、坊主と医者って最強の組み合わせよ。政治家なんか目じゃないわ」/こま
○どう目じゃないのだ!?何者!?(笑)(正人)

●楽しかった松山伊月庵からの旅が終わり やっと松山ロスから立ち直ってきました/ず☆我夢@木ノ芽
○次は8月の俳句甲子園にくるといいヨー!(正人)

●私はもう十年前年になりますがキツイ睡眠薬(四ついっぺんにのみ九時間程眠りますが起床までの一,二時間が脳内吟行の時間です。ボーッと考えていますが俳句ポストだけでもなく一句一遊も十分考えようと思います。反省しています。/寝たきりオヤジ
●大学の同期のいつの間にアラカンさんとか大学の後輩宮島ひできさんと競い合っていますが稀に誰かが人になるくらいでいつも三人枕を並べて並ということが多いです。もちろん彼等の俳号を述べることは承諾を受けています。/寝たきりオヤジ
○気になってたんですが、たまに一句一遊に投句されてる「寝たきりオヤジは同級生」さんはまた別のお仲間?(正人)

●今は、作業所で、6月の演劇があるので、運転手かショップ店員になるのか間だわからず、言葉を覚えないといけません!あんまり時間がありません!すいません!/春野えがき
○丁度今頃練習されてる頃か、はたまた上演が終わった頃でしょうか。(正人)

●初夏が来たかと思うと、しとしと雨で肌寒かったりしますが。夏井先生、スタッフのみなさんは、お変わりありませんか?罌粟坊主は、相変わらず難しい、お題ですが、少し締切に余裕があるので。ホスピス病室に飾る、A4サイズの絵を描いています。鬱蒼とした葉の中に、赤いミニ薔薇が咲いています。私は、日本画をかじるので、日本画とパステルを合わして、描きました。それで、二句ほどできましたが、病室に絵が飾られるといいなと、思っております。私は、母を癌で早くに亡くしているので。ホスピスの大切さは、身にしみています。もちろん、寄贈の形ですが。私の絵を見て、すこしでも、ほっとして頂けたらな、と思っています。俳句は、おこがましくも、地、を目指して頑張っています。直接、夏井先生のコメントを頂けたらなー。嬉しいだろうなと思っております。百四歳の祖母が今年の夏を乗り越えられますように!皆様も暑くなってきたら、お体にお気を付け下さい。百合が蕾をつけております。楽しみです。 田村美穂/田村美穂
●去る4月29日、妻主催のピアノ教室発表会を市内の小ホールを会場にもちました。生徒さんたちに混じって私も一曲弾かせていただき、二部のデュエット(主に連弾)では妻の伴奏でソプラノサックスを演奏いたしました。今回はミスチルの「365日」というラブソングを吹きましたが、上皇ご夫妻のようにいついつまでも仲睦まじくいたいものであります。 夕焼に君を座らせ演奏す(淡い思い出です。29日は僕等の結婚記念日でもありました)/純音
○なんかめっちゃいい話やん…。俳句ももちろんですが、絵しかり、音楽しかり、なにがしか自分の中のものを表現できるって素敵なことですねえ。(正人)

●こんにちは!最近おもうところがあり、やりたいことは、すこしずつでも行動して実現!しています。まず、平成のうちに曜変天目三碗を拝見できました。会いたかった友達に会って、三段セットの豪華アフタヌーンティーをしました。ポニーにも乗りました。次の予定は、念願のバリカンで羊を丸刈りです。もちろん句会ライブも行く気満々です!できるときが、やるとき!いつかを待ってる暇はない!と思います。/ちょろたこいん
○その中で羊の毛刈りだけはやったことある!けっこう羊そのものの油脂でべとっとしてて、想像してた感触とは違うのが面白いのだ!(正人)

●方位除けのご祈祷受けに神社へ。たまたま日曜日だったのと令和元年となったのとでめちゃめちゃ混んでまして、整理券取らないと御朱印いただけないとゆー…700番くらいまで配布されてました。結婚式も行われていて幸せのお裾分けいただいた気分です。待ち時間で写真撮ったり作句したり投句したり。ミスドでお茶するのはあきらめました。/古都 鈴
○700番!?全ての順番捌き終えるまでどれくらいかかったんですかねえ…(笑)。(正人)

●7歳から9歳の頃、夏から秋の黄昏時になると嘘のようですが、小学生の私の周りに数えきれない生首がうめき声を立て飛び回りました。 当時の私には、その現象を親や人に説明できる言葉を持ってなく、ただ、「夕方になると夢を見る」としか説明できませんでした。みんな怪訝な顔をしていました。 今考えると、心の不安定から来ていたものだと確信出来ますが、それからはどんな不思議なものを見ても動じなくなっています。 いわゆる霊感と言われるものはこの歳になると全く無くなっていますが、心霊現象どんとこいです。/大塚迷路
○耳なし芳一の墓場のシーン思い出して背筋ひやっとしたぞ!!(笑)(正人)

●南半球は冬の気配です。 涼しくなったので、子ども達がチョコレートを売って、学校の備品を購入する資金を集める「チョコレートファンドレイジング」の季節でもあります。 もしも日本にもチョコレートファンドレイジングの習慣があったら、季語になっていた…かな?などと妄想しています。 長い単語ですけどね(笑。 昨年、娘の学校のすぐそばにニュージーランド首相が自宅を購入したので、さて、誰かジャシンダさんにチョコレートを売りに行く子がいるでしょうか?…というところも気になります。 /ほしのあお
○子どもながらに資本主義の基礎を学ぶとはなんて生きた学び…たくましいねえ!(笑)(正人)

●組長!俳句仮面!こんにちは! /江口小春
●温かくなってきた。俳人は、人にあらず。俳句仮面は、正人にあらず。しかし、ベタな設定やな、(笑)/ちびつぶぶどう
●組長・正人さまこんにちは。大阪・羽曳野で行われた「俳句王国がゆく!」収録、楽しかったです。舞台上に美しき3人の女性、お会いしたことがある大阪の俳人さま、そして謎の俳句仮面・・。これを書いている現在、放送日はまだですが楽しみにしています。特製組長特大キーホルダーをいただきありがとうございました。また大阪でお会いできる日を心待ちにしています。で、その収録がされた大阪・羽曳野と、堺市の古墳群、百舌鳥・古市古墳群49基が世界遺産に登録されることがほぼ決定いたしました。/すりいぴい
●「俳句王国がゆく」の羽曳野での公開収録行かせてもらいました! リニューアルされて新鮮♪ 笑いながら鑑賞ポイントがよりわかりやすく学べて、とても楽しかったです。 特に、どこかで聞いたような気がする声(笑!!!)の俳句仮面が、俳人でありながら、芸人的役割&スタッフ的役割まで素晴らしい仕事を果たしておられ、魅力的なキャラクターでファンになりました! ファンレターをどこに出していいかわからず、NHKの番組へのお便りに、ファンレター的感想を送りました~ (^^)/ いつき組の方にもたくさんお会いできて、素敵な一日でした。/一斤染乃
○リニューアルした俳句王国、いかがでございましょうかねえ。謎の俳句仮面、正体はいったいなに人なんだ…。(正人)

◆ハイポニストの果実♪
●先日、本名で投句した出雲の句が入賞してコツコツのご褒美を頂きました。 とても嬉しかったです。とても美味しかったです。作る楽しみ、知る楽しみ、誰かと交信している気になれる楽しみ、楽しいこと尽くしで俳句が出来るのも、こうして学ばせて頂けて投句する場所があるおかげです。 どうも有難うございます。またコツコツ作ります。/衷子

●他サイトの話で恐縮ですが、『通販生活』の「俳句生活」で地選に取っていただきありがとうございました。夏井先生のテレビでのご活躍を拝見したことをきっかけとして俳句を始めた身としては、先生に評価していただけてとても光栄です。今後も投句を続けてまいりますのでよろしくお願いいたします。/ほろろ。

●野性俳壇では拙句を特選にしていただき本当にありがとうございました。本当に嬉しかったです。ポストの難しいお題には結構てこずっていますが、このトレーニングのお陰か少しずつ俳壇や大会で結果が現れてきています。引き続きよろしくお願いします。/塩谷人秀

● 夏井先生お世話になっております。神山刻です。 このたび連作「シエフを呼ぶ」で、澤好摩先生推薦により第3回円錐新鋭作品賞・花車賞を受賞いたしました。 「プレバト!」で夏井先生を見て作句を開始してもうすぐ2年になりますが、本当に俳句をはじめてよかったなと思います。俳句ポストに投句しながら培えたものが形になって嬉しいです。 作品を見て触発されたフルポン村上さんにもお礼を申し上げたいです。村上さん風にいうなら、喜ばしいです。 これからも精進いたします。今後ともよろしくお願いいたします。 以下円錐新鋭作品賞のサイトのURLです。夏井先生にはぜひご覧いただきたいです。サイトへの表示の是非の判断はお任せします。 http://ooburoshiki.com/haikuensui/2019/05/01/353//神山刻

◆おすすめ吟行情報!
●組長。大阪の阪急百貨店の催事「昆虫GO」へ行ってきました。大きな規模ではなかったのですが、南米の珍しい蝶や蛾、甲虫、蟷螂などの貴重標本、そして3億年前のメガトンボの化石、虫が閉じ込められた琥珀などを見ました。もともと蝶が好きだったのですが、まずます好きになりました。某昆虫大好き俳優の立ち上げた昆虫柄子供服ブランドの商品も出店していました(笑)。昆虫琥珀は欲しかったのですが高くて手が出ないですね・・。帰ってから少し調べると蝶と蛾についていろいろわかりました。俳句の種もいくつか仕入れることもできました。/すりいぴい

●ゴールデンウイークは熊祭りに行ってきました。 熊汁を食べ、熊の毛皮が当たる抽選会に参加し、またぎの里で春を堪能しながら 俳句も詠みました。 /筬葉

●過日、三重県の関宿に吟行に行ってきました。天候よしで久しぶりに、東海道四十七次を散策しました。 山間の桜、ヨモギ摘み、竹の子の土産で句つくりは、句会での楽しみとなりました。/たけし

●長崎では躑躅が終わり、そろそろ菖蒲が見られそうです。5月中頃には近くで蛍も飛び交うので楽しみにしています。/高梅 仁

●病のため、季題の事、ころりと忘れていました。従って、再投稿させていただきたいと想います。  5/12 いっき先生、周南市で公演があり、小生楽しみにしています。                前出の句、無視するか破棄していただいて結構です。またどこかで使うことがあるでしょう。 周南市(徳山)を案内してみたいと思います。 文明が 芸術の成り 夜夏の舟 (工場群を海から見物) なべ鶴に 田圃を譲り 望遠鏡 今年又、閉鎖校舎に 桜かな (余談)沢の梅 匂い鼻つく 今日昨日) 以前にも投稿たようにおもいますが、まあ、下手な鉄砲もかずうちゃ当たる、そのうち目にとめて頂けると想います。/川辺沓治

◆兼題「罌粟坊主」に寄せて
●罌粟坊主!!むずかしい!!です!!/かのたま
●今までの兼題のなかで一番難しかったです。/なつぽよ
●なかなか面白い句ができません!/春野えがき
●けしぼうずをみたことがなかったので、発送が貧困です!もう少しかんがえます!/春野えがき
●先生、正人さま、いつも有難うございます。 けしぼうず、難しかったです。 じゃあ他は簡単かと言うとそうではありませんが・・・(笑)/大和田美信
●先生方こんにちは。平成最後の俳句を令和最初に出します。/浅河祥子
●組長、正人さん、スタッフの皆様、いつもお世話になりまして有難うございます。兼題/罌粟坊主・・・どうにも詠めません。お手上げです(泣) 次回、投句できるよう頑張ります。/chiro
●「罌粟坊主」。このGWを挟んだ長い間、作句を始めるたびになぜか「さて、くりぼうず」と呟いてしまいました。それほど私には馴染みのない植物です。/尼島里志
●前回の蟇、蛙と田んぼの発想がありきたり過ぎと投稿した後で気付き少々凹みました。句の中の一声はどちらでも良いなと思いつつ「いっせい」と読ませるつもりだったとか「蟇」は結構後から色々ぼろぼろ出て来ます。罌粟坊主はまだ時間もあるのでもう少し考えてみたいと思います。/大佛清
○馴染みがない人けっこう多かったんですかねえ。あるいは時間があるので悩みすぎた?(笑)(正人)

●罌粟坊主は、実際に見たことが無いのですが、今も日本に自生しているのでしょうか?/コタロー
●罌粟坊主は実際には見たことがない。Webで写真や情報を得、歳時記を確認して、想像しながら作句。/鳥歩
●夏井先生はじめ皆様こんにちは。俳句ポストがお休みだとだれてしまって、今回はいつも以上に大変でした。兼題罌粟坊主なのに罌粟の花だとばっかり思っていたり。やっと俳句モードになってなんとか投句終えたら二回送信していたり。どうかよろしくお願い致します。/こはまじゆんこ
○松山だとそこらへんに生えてたりするんですけどね。地域的な分布とかの問題なのかしらん。(正人)

●名前さえ知らなかった罌粟坊主。手入れもしない家の庭にも毎年、罌粟が咲き実を成らせます(栽培ではなく自然に咲き始めたのです)。退院から週2度の通院となり点滴などでその日は潰れますが、点滴の合間にも五七五が頭にあって、退屈ではありません。罌粟は今年も同じ処に同じように咲くだろうと季語と共に楽しみです。今日のプレバトもまた、目からうろこがありました。夏井先生ありがとう!/駄口竹流
●恥ずかしながら、40年以上生きてきて初めて罌粟坊主というものを知りました。 俳句超初心者の私ですが、俳句を始めてから、初めて知った言葉やものがたくさんあります。自分でどういう言葉なのか、ものなのか調べるのが楽しいです。 この歳でもまだまだ勉強できる。 自分のペースでがんばります。 /竹内みんて
○生涯勉強、生涯現役!今年の罌粟と来年の罌粟見比べて句作るのも楽しみというもの♪(正人)

●今回は一句のみ投句してみました。芥子の実、写真でも探すのに苦労しました。特に熟した実の写真がとにかく少なかったです。/ミズカラス
●投稿させていただくようになって1年半ほど経ちました。途中でギブアップもしましたが、なんとか復帰しています。それにしても!季語を使うといってもほとんど縁のないものばかりだとつくづく思います。思い出や経験などに頼れません。ネットで写真を見て想像して句を詠む。句を詠むこと自体がかなりのチャレンジなので、毎回四苦八苦してます。/峰江
●罌粟が読めず 芥子のことと初めて知りました。 確かに果実は坊主頭みたい 葱坊主とはまた違って可愛い。 今年は罌粟坊主を振って種の音を聞いてみようと思いました。 一句が精一杯です。 次々と俳句が浮かばないのが 悩みです。/千歳
●葱坊主と罌粟坊主はどう違うのでしょうか?/コタロー
○葱はユリ科(分類法によってはヒガンバナ科らしい)、罌粟はケシ科。罌粟の詳しいあれこれは火曜の俳句道場ご覧くだされ。(正人)

●夏井先生、「桜鯛」の回では人選ありがとうございました。最近は人選やラジオ「一句一遊」の水曜を継続的に頂き自分の中で自信になっておりますが、力を入れた句が選ばれずに他を選んで頂く機会も多くありまだまだ修行不足を感じています。 今回の「罌粟坊主」は4句投稿しました。植物の中でもかなり癖のある題材だと思いますので、皆さんの作品がいつも以上に楽しみです。/安溶二
●平成最後の投句です。大型連休で 〆切が延びて 何とか詠む事ができました。 記憶をたどって 見た体験を思い出しました。毒がある事を知らずして イタズラした事も思いだし 幼き自分に 怖さ知らずに 寒気を感じました。/句詩呼
●罌粟から犯罪をイメージし、坊主イコール少年という安易な発想で「罪を犯した未成年」を詠みました。仕事上、児童相談所とは関わりがあった時期もあり、色々な子どもたちのことが脳裏に浮かびました。彼らが今、幸せなことを願っています。/めりっさ
○かわいい姿やら毒の不穏さやら、イメージの幅が広くてたしかにクセありますねえ。みんながどんな発想をしたのか木曜金曜お楽しみに。(正人)

●けしぼうず、探したら、ビルの角のちょっとした植え込みに、雑草に紛れてありました。夜だったので見づらくて、立ち止まってじぃーっと見てきました。その時の自分は、ただの怪しい人でした。/白居千夜
○センシティブな大人がいたっていいじゃない?(正人@自己肯定)

●夏井先生 皆様 お世話になります。 今回、罌粟坊主とは何だろう、というところから始まり、江戸の子供の髪型のことでもあることを知りました。 葛飾北斎の罌粟坊主の子供の画を観ていましたので、まだ句を詠めるのではないかと、江戸の子供で創作しています。 どうぞよろしくお願い申し上げます。 赤沢 /四十一香 (よいか)
○植物の罌粟坊主とは意味違いますが、髪型の情報も「へー」って感じでしたねえ。(正人)

●ご近所にピンク色の芥子の花が咲いていました。罌粟坊主は、オクラの先が無いような形でした。コスモス、水仙、芥子の花と楽しませてくれる魔法のような花壇です。 低いブロック塀と崩れ石の間の花壇です。 花が咲いていると、写真を撮ります。 写真を見ると、花の数が少なく感じるのは、私だけでしょうか? 次の兼題が出されると、前の取り合わせがこれに向いてると思う時があります。/昇華 /昇華
○「魔法のような花壇」ってのも詩の言葉になりそう♪(正人)

●昨日、昨年の100年俳句日誌5/30高橋寅次さん特派員レポート記事を読み直し、本日東京都薬用植物園に出かけてきました。罌粟坊主を直近で見ることができました。かといって、降りてくるような句が詠めたわけではありません。ただ、季語の現場に向き合うことが、自分に向き合うことになる。そんな思いになりました。自然とどう向き合うか?そんな問いかけもうまれました。 /天晴鈍ぞ孤
○季語の現場に立つのはなにか心の自浄作用みたいなものがある気がしますねえ。いいなあ、植物園とかいきたいな。(正人)

●久しぶりのお便りです。今回は締切日に余裕があったのに、やはりぎりぎりの投稿となりました。休まず続けることを目標に…何とか振り絞って頑張っています。ハイポニストさん達のお便りに励まされながら!特にお気に入りは、宮島ひできさんの「小随筆」です。毎回楽しみに読ませて頂いております。これからも続けてくださいね。お便りを書いたら気持ちが落ち着きました。ありがとうございます。/杉浦夏甫
○今回も頂戴しております、以下どうぞ~♪(正人)

◆今週のオススメ「小随筆」
 お便りというよりは、超短い随筆の味わい。人生が見えてくる、お人柄が見えてくる~♪

●これもまた亡き父の思い出である。 イランで高速道路を作っていた頃である。 延々と続く沙漠に高速道路の建設である。 父はいつも切り込み隊長、原野に宿舎を設営して建設工事に着手する以前の準備から竣工まで現場に張り付いていた。 その時は日本人のコックが来るまで父が飯を炊き、昼部下が現場で食べる弁当を作り朝持たせていたと聞いた。 弁当と水を持たされた若い兵隊たちは数キロ毎に建てられ電柱の電装をしていた。 父は車に積んだ兵隊たちを朝一人ずつ下ろし、夕方拾い帰ったと言う。 灼熱の炎天のもと、苛酷な作業であったに違いない。 その中で一人の若い職員を死亡させている。 夕方迎えに行くと電柱の下で倒れて冷たくなっていたそうだ。 晩年まで口を開くことのなかった父のサラリーマン人生での痛恨の極みであったに違いない。 今では通用しない企業戦士たちの話である。 イランでの仕事は心身ともに辛かったに違いない。 あの父がげっそり痩せて帰ってきた。 その時の土産の中にあったのが罌粟坊主だった。 顔に斜めのキズが数本入った罌粟坊主だった。 NHKの番組で観たゴールデントライアングルで阿片の汁を顔の刻み口から垂らしてた罌粟坊主だった。 カサカサと音のする乾いた実の中にはケシ粒が入っていた。 日本の日常から遠く離れた異国の地で厳しい生活を強いられた父にとっては、日本で食べたケシ饅頭が懐かしく手に入れたと言っていたが私にはその存在ばかりでなくカサカサという小型マラカスから出てくる音も聞いてはいけない音、誰かに聞かれればそれで私の人生が変わってしまう音のような気がした。 罌粟坊主はいつまでも私の机の引き出しに隠していた。 二十歳で家を出た。 その後の罌粟坊主の行方を私は知らない。 間違い無いのはその故郷、乾き切った台地に帰ることは無かったであろうことだ。 雲一つない真っ青な空、灼熱の太陽のもとその美しさを誇り立っていた罌粟坊主はその顔を切り刻まれ、血を絞り取られその骸は異国の地へ持ち去られた。 私以外彼の存在を思い出す者はいないであろう。 儚い罌粟坊主の一生である。 /宮島ひでき

夏井先生

ページの先頭