俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 罌粟坊主

第219回 2019年4月18日週の兼題

罌粟坊主

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句
本選句欄では、添削した形で句を掲載する場合があります。
添削は作り替えの提案として句会等でも議論されます。示唆された添削案が自分の表現したいことに合致すれば、作者の判断においてその案を自作として採用してかまいません。

人

罌粟坊主ふるふる異人墓地へ雨
すりいぴい
罌粟坊主摘んで河童になる呪ひ
すりいぴい
罌粟坊主すぐ歌う癖治らない
桃猫雪子
どの辞書を枕にしやう罌粟坊主
桃猫雪子
罌粟坊主ペンキ吐ききり空は青
山香ばし
ケンケンのついでに蹴るや罌粟坊主
山香ばし
熱気球ごんごん罌粟坊主しゃらしゃら
小川めぐる
ブルースハープひりひり泣いて罌粟坊主
小川めぐる
罌粟坊主軽し灼かるる父の骨
綱長井ハツオ
バス停の名残の穴や罌粟坊主
綱長井ハツオ
質問に答えぬ大人芥子坊主
古田秀
芥子坊主揺れて悲しくなんかない
古田秀
罌粟坊主と揺れてみやうか山頭火
よしおくん
罌粟坊主聖書に倦めば山河古る
よしおくん
罌粟坊主火星が近い磁気嵐
なみはやらんる
百年はただ揺れるのみ罌粟坊主
なみはやらんる
教会に罌粟坊主ある一見平和
きゅうもん@木ノ芽
芥子坊主影に手足の生えてくる
きゅうもん@木ノ芽
くりくりと風のなでたり罌粟坊主
ぎんやんま
案内板抜かれてをりぬ罌粟坊主
ぎんやんま
スコープに揺れる戦車と罌粟坊主
トポル@みすゞ
アフガンに孤児院あまた罌粟坊主
トポル@みすゞ
淋しさはさらさら鳴るよ罌粟坊主
にゃん
寝ない子をどこに捨てやう罌粟坊主
にゃん
罌粟坊主ざわわ埋立処分場
ぬらりひょん
罌粟坊主ゆらゆらハモニカの「家路」
ぬらりひょん
けしばうずおれのなまへをあててみよ
ひねもす
恐竜の目線けし坊主の目線
ひねもす
星がわらったそして芥子坊主はゆれた
ほろろ。
罌粟坊主おそろしけふの陽は真つ赤
ほろろ。
酒壺の月飲みほして罌粟坊主
まこちふる
罌粟坊主昭和はこんな体操着
まこちふる
罌粟坊主ざわわあひるの冒険譚
蟻馬次朗
思春期のやうにけむたき罌粟坊主
蟻馬次朗
憧れの東京は君罌粟坊主
久蔵久蔵
罌粟坊主今年も自殺は増えました
久蔵久蔵
罌粟坊主こわさぬやうに富士揺れん
玉庭マサアキ
罌粟坊主は傷付けられてきつと痛い
玉庭マサアキ
月の夜は猫のランタン罌粟坊主
田村美穂
ぽろんぽこミロが描くよな罌粟坊主
田村美穂
野晒しの伯父の眼窩を罌粟坊主
内藤羊皐
耳鳴りを夜の罌粟坊主へ埋む
内藤羊皐
買ひ手待つ墓地美しや罌粟坊主
比々き
或る日みな見事抜かれて罌粟坊主
比々き
俺んちは「一部地域」か罌粟坊主
油揚げ多喰身
シンナーは十五でやめた罌粟坊主
油揚げ多喰身
罌粟坊主はちきれそうなものは夢
龍田山門
曲がってるあれが僕だね罌粟坊主
龍田山門
悲しめばくすくす笑ふ芥子坊主
与志魚
芥子坊主なかのひとつが頷いた
与志魚
罌粟坊主の首で勘弁してください
いさな歌鈴
口答え覚えたんです罌粟坊主
いさな歌鈴
罌粟坊主踏切はまだ開かない
かのたま
空に引力罌粟坊主つんと立ち
かのたま
十四の恋は秒殺罌粟坊主
GARU
罌粟坊主揺れたら眠うなるちゆーねん
GARU
罌粟坊主ゆらりと歌舞伎町はそこ
RUSTY
罌粟坊主きのふへ翳を捨てきつて
RUSTY
錆びついた風に罌栗坊主千本
あいだほ
罌栗坊主みんなの中に居て独り
あいだほ
くやしかろ鈴になれない罌粟坊主
あやの
しゃらしゃらと誰をあやすか罌粟坊主
あやの
木琴のぺんぽん罌粟坊主ぱふん
ウェンズデー正人
けしばうずきみしにたまへしにたまへ
ウェンズデー正人
罌粟坊主さみしくないと言ってみる
うさぎまんじゅう
某国のミサイル発射罌粟坊主
うさぎまんじゅう
罌粟坊主世界のはじまり記す文字
うしうし
立ち漕ぎの白衣疾走罌粟坊主
うしうし
罌粟坊主たゆたふ孤独死の余熱
罌粟坊主剥けば弾ける幻肢痛
罌粟坊主お薬手帳忘れたり
ぐずみ
垂直の雨の恐ろし罌粟坊主
ぐずみ
ワレワレハ罌粟坊主ダ人間ハ愚カダ
ぐでたまご
けしぼうず二十歳過ぎれば余生なり
ぐでたまご
戦争と平和罌粟坊主と坊主
けーい○
西空に晴れの風穴罌粟坊主
けーい○
面会の解錠の音罌粟坊主
こじ
あと何回まはる地球や罌粟坊主
こじ
罌粟坊主薙ぎたし空が蒼すぎる
さとうりつこ
淋しくば鳴らせ罌粟坊主の緑
さとうりつこ
留学のはなし罌粟坊主くらくら
さとけん
葉書出すだけの外出けしぼうず
さとけん
兵隊はゼンマイ仕掛や罌粟坊主
じゃすみん
千年後の砂漠に揺れる罌粟坊主
じゃすみん
罌粟坊主たまさか紛れ込む悪夢
ちゃうりん
王様は病気ゆらゆら罌粟坊主
ちゃうりん
ぬめりつく夜罌粟坊主震へ出す
つぎがい
万華鏡緩く渦巻く罌粟坊主
つぎがい
夕暮れやお前いつから罌粟坊主
はるや
けしぼうずしんじられないくらいばか
はるや
罌粟坊主たねがとんだらがらんだう
ひなた
モノクロの過ちをふと罌粟坊主
ひなた
けしぼうずばさまもいつか星になる
ふじこ
駆け落ちは失敗でした罌粟坊主
ふじこ
子の担ぐバットに罌粟坊主触れて
ふるてい
どの本も飽きて罌粟坊主を撫でに
ふるてい
風の子のひしめきあひぬけし坊主
みくにく
シロフォンをたたく風音けし坊主
みくにく
罌粟坊主納屋で拾った肥後守
めぐみの樹
罌粟坊主この前あったはずの家
めぐみの樹
人買の優しき声よ罌粟坊主
ラーラ
罌粟坊主欲しかったのは男の子
ラーラ
己が影追って芥子坊主揺れてゐる
るるの父
罌粟坊主風のない日は退屈か
るるの父
充電は人にもあつて罌粟坊主
ローストビーフ
罌粟坊主頭痛も咳も恋のうち
ローストビーフ
マリンバの弾く風あり罌粟坊主
ワカシ君一年生
天国と地獄弾けて罌粟坊主
ワカシ君一年生
罌粟坊主不器用なのは母に似て
或人
まろき罌粟坊主サナトリウムへ風
或人
ガンジスは神の排泄けし坊主
伊予吟会 宵嵐
罌粟坊主カスピ海まで征く鉄路
伊予吟会 宵嵐
罠の檻に日向のみあり罌粟坊主
一阿蘇鷲二
たまのをはきつとやはらか芥子坊主
一阿蘇鷲二
こんな世の明るき不倫罌粟坊主
佳月
罌粟坊主名前の出て来ぬたそがれ
佳山
風に少し遅れて揺るる罌粟坊主
可笑式
罌粟坊主のうしろ罌粟坊主がのぞく
可笑式
罌粟坊主防火バケツを満たす雨
夏柿
罌粟坊主紙ひこうきは手を離れ
夏柿
罌粟坊主さあ軍隊が攻めてくる
花伝
猫ならばもう行きました罌粟坊主
花伝
罌粟坊主噂話のよく膨れ
花南天anne
罌粟坊主かくれ里より赤き椀
花南天anne
けしぼうずネコの夜会のはじまりぬ
花紋
けしぼうず小さな歌ができました
花紋
罌粟坊主龍は卵より生まる
海老名吟
罌粟坊主傷はうつとりぬれてゐる
海老名吟
遠く行くサイレン罌粟坊主しずか
樫の木
色街のどんつきに寺罌粟坊主
樫の木
罌粟坊主閑を詰め込む駐車場
罌粟坊主この土地店が居つかざり
罌粟坊主をんなは星をみごもりし
瓦すずめ
罌粟ぼうず竜が埋められたる村に
瓦すずめ
ゴルフより畑が気楽罌粟坊主
幹弘
罌粟坊主錆びたる門に南京錠
幹弘
熊楠の自在の反吐や罌粟坊主
輝 龍明
へんてこな家がいっぱい罌粟坊主
輝 龍明
罌粟坊主グラフィティの空剥げる
亀の
瞑想のポニーの背中罌粟坊主
亀の
罌粟坊主やがて銃後の町が来る
亀田荒太
けしぼうず夢から覚めた夢をみる
亀田荒太
罌粟坊主一生分見られる所
京野さち
罌粟坊主しけもく拾ひたる右手
京野さち
粉を吹く昼間の月や罌粟坊主
玉木たまね
メトロノームになりきれぬ芥子坊主
玉木たまね
海からび人ほろび罌粟坊主の星
月の道馨子
月が罌粟坊主の頭ひっぱった
月の道馨子
空よ海よ罌粟坊主をぼつてんとん
枯丸
けしぼうずかぷかぷわらふ逃亡者
枯丸
先生のストラップ変けし坊主
高橋無垢
花ちいさければちいさく罌粟坊主
高橋無垢
罌粟坊主あとは惰性でつぶす殻
黒子
お日さまの粒のつぶつぶ芥子ばうず
黒子
退院延期罌粟坊主揺れている
三重野とりとり
罌粟坊主ハローワークのドア重し
三重野とりとり
きよらかな日は自殺の日芥子坊主
山陽兵
芥子坊主思春期の子は良くはしる
山陽兵
誘致の結果罌粟坊主だけでした
司啓
人工分布図の余白に揺れる罌粟坊主
司啓
基地の人と語らひし日や罌粟坊主
志保川有
よき人の逝き罌粟坊主の魂となる
志保川有
タナトスの翼さはだつ罌粟坊主
次郎の飼い主@死の神タナトスの肖像にもケシが登場する
空想のキスのつめたし芥子坊主
次郎の飼い主
ひとひらを離さじ罌粟坊主あはれ
七瀬ゆきこ
罌粟坊主ひとりがいいは負け惜しみ
七瀬ゆきこ
けしぼうず明日は河川清掃日
塾志
十五まで良い子だったわ罌粟坊主
塾志
日曜の渡り廊下や罌粟坊主
純音
棒あればかならず拾ふ罌粟坊主
純音
毛穴からたましい逃げた罌粟坊主
小泉ミネルヴァ岩魚
塹壕は風に均され罌粟坊主
小泉ミネルヴァ岩魚
罌粟坊主マッチを擦った匂ひかな
城内幸江
罌粟坊主微熱のままでいる恐怖
城内幸江
戦争をみんな忘れて罌粟坊主
罌粟坊主福島第一発電所
罌粟坊主けものの星は天の沖
神山刻
罌粟坊主罌粟と振れ幅同じうす
神山刻
けしぼうず群るる巨きな不発弾
仁和田 永
ロボットのもがれし腕や罌粟坊主
仁和田 永
帰らざる故郷は近し罌粟坊主
星埜黴円
罌粟坊主弾痕古き通信所
星埜黴円
罌粟坊主海明かるくてはじけ飛ぶ
清波
罌粟坊主ほどの恨みを持ち生きる
清波
罌粟坊主訂正印をまたもまたも
西川由野
ポッペンの切なき音色罌粟坊主
西川由野
罌粟坊主やけに正しき野生かな
逗留舎なお
ワレワレハミナケシボウズ罌粟坊主
逗留舎なお
今日つがう二人静かや罌粟坊主
青海也緒
ヒト消えた池の辺に罌粟坊主爆ぜ
青海也緒
罌粟坊主を振る聖水を撒く如く
石川 聡
罌粟坊主どうし触れれば起爆する
石川 聡
罌粟坊主姉を奪ひに来た男
倉木はじめ
ヒーローは泣いてはならぬ罌粟坊主
倉木はじめ
罌粟坊主美人に遠く二十歳かな
霜月
風の道ドレミファソラシ罌粟坊主
霜月
明日は旅果つる日か雨の罌粟坊主
村上優貴
永訣の風かもしれぬ罌粟坊主
村上優貴
赤子にはガラガラ風には罌粟坊主
多々良海月
罌粟坊主「右に倣へ」の国に生ふ
多々良海月
告白と言ふ歳でなし罌粟坊主
大雅
台本に名前の無くて罌粟坊主
大雅
罌粟坊主風の中には何かいる
大福ママ
罌粟坊主砂の音する祖父の墓
大福ママ
空爆や罌粟坊主まだ燃えている
鷹星
罌粟坊主すべての子には母がいる
鷹星
罌粟坊主上司よお馬鹿になりなさい
短夜の月
良寛さんの頭ポンポン罌粟坊主
短夜の月
罌粟坊主そらにもあぶくありますか
茶鳥
罌粟坊主後ろの正面のつぺらばう
茶鳥
罌粟坊主煤け高速分離帯
辻が花
ジャズマンの昼はチャーハン罌粟坊主
辻が花
背番号1を譲りぬ芥子坊主
天水郷
太陽の引力つよし芥子坊主
天水郷
しばらくは垂るるをやめて罌粟坊主
天玲
わたくしに不安ありけり罌粟坊主
天玲
罌粟坊主となりの人も平たい顔
田名あみ子
オイラーの定理わからん罌粟坊主
田名あみ子
罌粟坊主ホスピスの部屋空きました
土井デボン探花
恍乎たるしづくの濁り罌粟坊主
土井デボン探花
罌粟坊主振れば呆ける音のする
冬のおこじょ
罌粟坊主あれは意中のろくでなし
冬のおこじょ
二十年の嘲笑ケケケ罌粟坊主
島崎伊介
出勤や右は罌粟坊主の母校
島崎伊介
をうなにもをんなの二文字罌粟坊主
藤色葉菜
月蝕の赤銅色や罌粟坊主
藤色葉菜
みな坊主なりあかい罌粟しろい罌粟
藤田康子
罌粟坊主中から風の音のして
藤田康子
罌粟坊主ひょいと斜陽の明るさよ
猫ふぐ
笑うにも力が要るぞ芥子坊主
猫ふぐ
罌粟坊主遺品整理のきりもなし
富山の露玉
大破風や本家分家に罌粟坊主
富山の露玉
罌粟坊主微温しゆばりや日に三度
服部 勝枝
遺言書ひとつ書こうか罌粟坊主
服部 勝枝
けしばうず人は焼かれて骨となる
福蔵
風よりも雨に甘えし罌粟坊主
福蔵
いぢわるな隣人のをり罌粟坊主
平本魚水
タンタンはハノイへ行った罌粟坊主
平本魚水
三界に家なくもなし罌粟坊主
平野水麦
すっぴんは生協までよ罌粟坊主
平野水麦
攫われて東京駅の罌粟坊主
心音は確かにふたつ罌粟坊主
蛋白が+++なり罌粟坊主
豊田すばる
からからとそらのおとする罌粟坊主
豊田すばる
罌粟坊主やめて耳石がこぼれるわ
北野きのこ
決着といふがらんどう罌粟坊主
北野きのこ
罌粟坊主阿片の阿の字して散華
堀口房水
罌粟坊主舐めて山頭火の小鼻
堀口房水
寂しさを殴るボクサー罌粟坊主
凡鑽
また人を傷付けました罌粟坊主
凡鑽
一行の詩の設計図罌粟坊主
未補
わたくしはただの袋よ罌粟坊主
未補
海風の一両列車けしぼうず
霧子
罌粟坊主大人の喧嘩焦げ臭し
霧子
罌粟坊主軌道の石は錆もらう
也和
粉落つるチョークの文字や罌粟坊主
也和
ばうばうと機関車煙るけしばうず
野々りんどう
柵越えの球に揺るるや罌粟坊主
野々りんどう
瞑想は理科室のごと罌粟坊主
有瀬こうこ
罌粟坊主クスコの赤い両替商
有瀬こうこ
けしばうず夕日けらけらふとりたる
緑の手
鴟を追ふ鴟追ふ夕陽罌粟坊主
緑の手
星屑はみどりラオスの罌粟坊主
朶美子(えみこ)
剣呑剣呑かわゆい罌粟坊主
朶美子(えみこ)
罌粟坊主爆けて空の広がれり
茫々
蕭条と団地消え失せ罌粟坊主
茫々
火傷の手軟膏白く罌粟坊主
蜥蜴の尻尾
曇天の蒸っす蒸っす日罌粟坊主
蜥蜴の尻尾
塹壕は都会の底に罌粟坊主
かもん丸茶
光化学スモッグ罌粟坊主傾ぐ
いかちゃん
けしぼうず道端少年合唱団
ぬるっぱ
罌粟坊主まだ傷一つなき光
99カリン
罌粟坊主振ってこの世の終わりかな
AQ
水晶の夜の間に罌粟坊主
GONZA
千本の罌粟坊主あおぞらを刺す
KAZUピー
疑ひの晴れていきいき罌粟坊主
Kかれん
静脈の透く手の翳る罌粟坊主
Mコスモ
罌粟坊主はて何色の花すみし
sakura a.
罌粟坊主やま猫からの手紙待つ
sol
天地(あめつち)のぐにやりぐにやりと罌粟坊主
syuusyuu
雨ぬくし一糸纏わず罌粟坊主
あいみのり
木琴の撥かろやかや罌粟坊主
あいむ李景
罌粟坊主ひみつと秘密は違うのよ
あい女
罌粟坊主地軸の音に揺れており
あさふろ
罌粟坊主見え隠れする青い鳥
あざみ
一片をしかと残して罌粟坊主
あさり
罌粟坊主音叉のごとき響き合い
あさ奏
罌粟坊主月夜に魔女とダンスする
あすなろ
マリンバの音に総揺れ罌粟坊主
アダー女
罌粟ばうず上海租界より微風
あつちやん
罌粟坊主重そうに揺れ赤い月
あつむら恵女
罌粟坊主ささえる茎のゆがむなり
あまぐり
罌粟坊主ならんで笑ってる未来
あまの太郎
罌粟坊主兄はアレスに攫はれた
あまぶー
乳色の微睡みの午後罌粟坊主
あわの花水木
罌粟坊主うわさの好きな町内会
いいよかん
あとちょっとあるけばおうちけしぼうず
いおりん6才
部活動サボって帰る罌粟坊主
イサポン
上海の夢みてゐたり罌粟坊主
いつき組福岡リスナー班/由美子
罌粟坊主宇宙は静かに生まれけむ
うづら
銀座にも罌粟坊主の雨が降る
うめがさそう
罌粟坊主の茎しなやかに排卵日
えむさい
ボサノバのゆるきリズムや罌粟坊主
カオス
罌粟坊主あまりに広き地雷原
かまど
移住先の星で見た罌粟坊主群
かわいぬ
空家ポストにチラシあまたや芥子坊主
かをり
罌粟坊主振れば魔法が使えるか
きなこもち
風の音静かに孕む罌粟坊主
きのした小町
罌粟坊主たまに繋がる母の回路
くさ
罌粟坊主同窓会の服をぬぐ
くすん
罌粟坊主靡く団旗の根は不動
くりでん
けしぼうずねむくなるほらねむくなる
くれまてぃす恵子
賢治より長生きをする罌粟坊主
ぐれむりん
罌粟坊主またも叶わぬ恋でした
けら
罌粟坊主素朴な人と言われけり
コタロー
罌粟坊主ばうずになれておめでたう
ことまと
罌粟坊主まつすぐ天へ落ちさうな
こなねこ
時の帯たやすく捩れ罌粟坊主
コナラ
罌粟坊主あの子には良い一日を
これでいいのだ
いない子の唄うたひたる罌粟坊主
さとう菓子
悪友が出世頭や罌粟坊主
さぶり
鬼ごっこルールは熟知罌粟坊主
さゆみ
嘘泣きの子のすぐ立ちぬ罌粟坊主
さるぼぼ@チーム天地夢遥
窓に立つ裸マネキン罌粟坊主
シニアモモ
ゆらゆらと葬列の行く罌粟坊主
しみみ
大地てふ重石つりさげ罌粟坊主
しゃれこうべの妻
けしぼうず核廃棄物どこいった
しゅうちゃん@5さい
罌粟坊主後宮を追われ尼寺へ
シュリ
罌粟坊主ひとつくらいつまんでも
ず☆我夢@木ノ芽
造形の律儀なるかな罌粟坊主
すえよし
罌粟坊主泥棒の通らなかった道
すずき忍すけ
もつれたる恋はにび色罌粟坊主
すみれ色の涙
夕暮れや墓誌に傾く罌粟坊主
スローライフ
予想紙の穴をまた買ふ罌粟坊主
せいち
罌粟坊主じゃんけんすればぐうばかり
せり花
ロケットの打ち上げ失敗罌粟坊主
せり坊
砂利道のダンプに逃げる罌粟坊主
たけうち晴美
油膜めくゴッホの空や罌粟坊主
たんじぇりん金子
クレペリン検査呪いて罌粟坊主
ちびつぶぶどう
きのうまで空をくすぐるけしぼうず
ちま(5さい)
何もしないのは褒めてよいこと罌粟坊主
ツカビッチ
ポンポンと跳ねるビードロ罌粟坊主
つちのこ
けしぼうず二対三の草野球
つつ井つつ夫
罌粟坊主垂れてバカンスも終盤
ティーダ
罌粟坊主女衒がくれし菓子包
テツコ@第二まる安
閂の黒光りして罌粟坊主
テノールこさる
献血を終へて晴天罌粟坊主
でらっくま
頭数揃はぬチーム罌粟坊主
どかてい
偽物はどれ一面の罌粟坊主
ときこ
罌粟坊主別れの時はしゃんとして
ときこの母よしこ
罌粟坊主ロシア教会まだ知らぬ
とこちゃん
罌粟坊主の孤独青空の孤独
としまる
泣き場所を探して野辺の芥子坊主
とんぼ
シャガールの太陽笑ふ罌粟坊主
なつめ
空き地に陽風と罌粟坊主たくさん
のりりん
罌粟坊主で猫を釣りつつ船を待つ
ハイジ
防衛大任官拒否や罌粟坊主
パッキンマン
觔斗雲むかえに来る日罌粟坊主
はなあかり
罌粟坊主妊婦と娼婦すれ違ふ
はなまる
芥子坊主ゆれて河童の子をあやす
はむ
同居なんて寂しいだけ罌粟坊主
ハルノ花柊
罌粟坊主道路予定地三十年
ヒカリゴケ
つくづくと命のかたち芥子坊主
ひだ岩魚
斃れたるひとりひとりや罌粟坊主
ひでやん
ささめくや夕日の色の罌粟坊主
ふさこ
罌粟坊主呼吸の合わぬジャズトリオ
ふわり子
風まかせの罌粟坊主よ企みよ
ペトロア
三蔵を喰らふ企て芥子坊主
ぽおや
群青の空の質量罌粟坊主
ほしのあお
罌粟坊主アラブの馬の眼濡れ
ぼたんのむら
自殺者の絶えぬ踏切罌粟坊主
ぽんたちん
罌粟坊主ディランの風に吹かれけり
マオ
芥子坊主午睡の夢のぬるさかな
まぐのりあ
クロスワードことごとく解け罌粟坊主
まつだまゆ
大勢の罌粟坊主たちみつめないで
まみのすけ
罌粟坊主カランと朝の独り言
まめ小路まめ子
芥子坊主夜の女神のお気に入り
まりい@木ノ芽
さいしょにガリッというガムけしぼうず
まりな(4歳)@駄菓子の回りにコーティングがされてある、丸くて小さいガムのことです。
罌粟坊主風の点字に揺られをり
まるちゃん2323
罌粟坊主かはたれどきといふ不思議
みそまめ
罌粟坊主地味なわたしの切り札だ
みっこりん
ケバブ屋の行方知りたる罌粟坊主
みどりちゃん
晴れと書くオロロン海道けし坊主
みなと
罌粟坊主只今爆発五秒前
みやこわすれ
しゅくだいのなまえ大きくけしぼうず
むらさき(7さい)
罌粟坊主落札さるるキャリコ♂
めいおう星
駆け足で大人になるな罌粟坊主
めりっさ
お下がりにまわす靴選る罌粟坊主
ももたもも
人間はどうせ口だけ罌粟坊主
ヤヒロ
お別れのセリフ棒読み罌粟坊主
やよえ
夕暮れの侮辱罌粟坊主は黙る
罌粟坊主ふって寂しさ倍となる
ゆぃ
友達は一人もいないけし坊主
ゆうが
罌粟坊主蹴飛ばし親でも子でもない
ゆすらご
堂々と吐く嘘の勝ち罌粟坊主
ゆりたん
目撃者は左記へ連絡罌粟坊主
よあけの晩
校舎裏窓覗き込むけしぼうず
ようざん
罌粟坊主いつも廊下に立たされた
よーこ
罌粟坊主揺れて売地はまだ売地
よだか
あの娘罌粟坊主を喰ったそな
りう女
ひらがなをさがすぼうけんけしぼうず
りすだいすき(3才)
大怪獣の映画二度借る芥子坊主
りんたろう
罌粟坊主マザーグースの数え唄
る・こんと
けしぼうず影の揺るがぬ午後三時
るりぼうし
ひと刷けの空簡単な罌粟坊主
わらび一斗
罌粟坊主生まれる前の歌謡曲
ワンダフルもずく
保育園のドアに母待つ罌粟坊主
阿波豊
電池切れのペダルは重し罌粟坊主
安溶二
みはるかす海煌めいてけし坊主
伊奈川富真乃
罌粟坊主夕日のここもシャングリラ
位相朗
子を産みし傷痕痒し罌粟坊主
井久
口笛は兄より達者罌粟坊主
一人静
留守番はいつも一人で罌粟坊主
一走人
花散って重たき孤独罌粟坊主
一茶お
触れずとも重さ手に有り罌粟坊主
一六四
罌粟坊主ボードゲームに日の暮れて
烏兎
言い訳は風に転がり罌粟坊主
烏飛兎走
音を失くした吾子に握らす罌粟坊主
羽光
きのうまで末っ子だった罌粟坊主
卯MOON
うんうんとおひさまうんとけしぼうず
雲居の空
罌粟坊主弾けて逃避行せむか
英子
芥子坊主そのうち手が生え足が生え
詠子
芥子坊主こつんと揺れて夢の中
芥子坊主ぽつくりさんの閻魔帳
猿人
罌粟坊主祈りの指のいよよ締む
遠音
けしばうず疾きに静止したる翅
塩谷人秀
東には消えた王国罌粟坊主
温湿布
路地裏の戴冠式や罌粟坊主
加賀もずく
連休の子の退屈や罌粟坊主
夏出ひさし
我が夫は後生楽です罌粟坊主
花咲明日香
罌粟坊主ふるふるふるふるるるるるる
花節湖
空の穂にスピカ地上に罌粟坊主
茄子美
罌粟坊主嫁がきさつた隣村
芥子坊主それは校則違反です
我省
おとうとの失恋話罌粟坊主
海月漂
銀色のグライダー行く罌粟坊主
海葡萄
長生きのだんだん怖く罌粟坊主
海風山本
フォー喰うや未だ音鳴らぬ罌粟坊主
灰色狼
罌粟坊主今日も約束すっぽかし
笠原 理香
罌粟坊主因数分解に梃摺れり
梶  鴻風
初恋の人幸せにケシボウズ
甘平
ふたりとも好きならすきで芥子坊主
閑茶
よく伸びよよく干涸びよ罌粟坊主
岩のじ
罌粟坊主帰ったら今日はパンを焼こう
季よしこの夜
罌粟坊主女人にちょいと撫でられて
軌一
罌粟坊主明日に向かって風に立つ
輝峰亭
罌粟坊主接続されぬこの世界
菊華堂
罌粟坊主王墓に愛のつまびらか
久我恒子
罌粟坊主あるいはラストエンペラー
宮坂変哲
飛び越えてゆくべきは親罌粟坊主
宮﨑紅清
淋しさを忘れた頃や罌粟坊主
弓女
芥子坊主ほら撫でてやる撫でてやる
泣きそうだ
風吹かば風の音聴け罌粟坊主
虚実子
夕暮れの遠吠えや罌粟坊主振る
鏡葉
雌犬の声に険あり罌粟坊主
玉響雷子
宇宙との交信いかが罌粟坊主
金子加行
けし坊主冷たき水の欲しかりき
金治宜子
河童皆こっち振り向く罌粟坊主
熊縫まゆベア
罌粟坊主婆より聞きし恋話
桑島 幹
罌粟坊主砂の惑星かも知れぬ
桂奈
罌粟坊主一日遊んだあとの顔
渓湖
生きる意味まだ見つからぬ罌粟坊主
渓翠
海望む坂は急なり罌粟坊主
畦のすみれ
罌粟坊主おじぎしていくランドセル
蛍川
万歩計8000辺り罌粟坊主
月の砂漠★★
罌粟坊主薬草園は喪の匂ひ
月見柑
罌粟坊主子山羊を真似て笑うかな
犬井山羊
罌粟坊主ビルマ文字はゆれるころがる
古山 詞穂
逢ひ引きの雨に散らして罌粟坊主
古瀬まさあき
逆立ちができた芥子坊主わらった
古都ぎんう
罌粟坊主空の反対側は何処
鯉太郎
大臣は失言ばかり罌粟坊主
光友
なんと厩舎芥子坊主の中にあり
公毅
猫股の首輪の鈴は罌粟坊主
口岩健一
爆発は何色に塗る罌粟坊主
広瀬 康
老いてゆく匂ひのありて罌粟坊主
紅さやか
芥子坊主目指すところは三番手
香野さとみZ
グローブを構える罌粟坊主はぴんと
香羊
剥がれたる瘡蓋より血罌粟坊主
高橋寅次
罌粟坊主タネも仕掛けもありまして
高田祥聖
オリオンへ星ひとつ足し罌粟坊主
高野由多
余生とはおまけに非ず罌粟坊主
国代鶏侍
蓋の中広大無辺の罌粟坊主
黒うさ狐
骨壺に赤子の重さ罌粟坊主
根子屋彦六
八百正閉店の貼紙ちぎれ罌粟坊主
佐々木のはら
遅刻魔といはれてゐます罌粟坊主
砂山恵子
罌粟坊主ここらあたりに悉皆屋
彩楓(さいふう)
頚椎は七つひとつは罌粟坊主
斎藤秀雄
言い訳はクドクド罌粟坊主カラリ
斎乃雪
罌粟坊主揺れる校歌の前奏に
細谷細清
乳歯三つ光て風に罌粟坊主
細木さちこ
今日こそはこじゃんとゆうちゃる罌粟坊主
桜姫5@高知の方言
罌粟坊主戻れこの先行き止まり
札六(千寿関屋@わいわい句会)
黯きもの罌粟坊主より溢れをり
三重丸
罌粟坊主誰かに似てる雲走る
山裾 都
芥子の実を罠ではないと考へたい
山田喜則
罌粟坊主胸にカラカラ夢乾き
山内彩月
四日目の腕立て伏せや罌栗坊主
山本先生
罌粟坊主テスト用紙の紙飛行機
珊瑚
罌粟坊主一坪店がはち切れそう
四丁目
シュメールの星夜奏でる罌粟坊主
紙威
罌粟坊主風の花占いのあと
紫音
ハムマヨの芥子たつぷり芥子坊主
紫檀豆蔵
押し込めた癇癪玉や罌粟坊主
紫陽花涼音
罌粟坊主塀に凭れて上ぐ紫煙
試行錯誤
風吹けば風と遊ぶや罌粟坊主
慈温
罌粟坊主グラフに打つは特異点
時子
けしぼうず怒濤のごとし反抗期
鹿歩
完成間近のドミノ倒れり罌粟坊主
柴原明人
芥子坊主日に日に首の定まれり
守安 雄介
賛美歌のソプラノ清し罌粟坊主
朱夏A
罌粟坊主きつねが鳴いて月が出て
朱契
球児らの声途切れざる罌粟坊主
樹朋
空っぽとなるまで叩く罌粟坊主
宗本智之
ニュータウン空っぽドミノ罌粟坊主
秋月流音@木ノ芽
言い訳の顔義父に似て罌粟坊主
秋鹿町
よく跳ねるパチンコ玉や罌粟坊主
重翁
諸行無常寂滅為楽罌粟坊主
春野いちご
草が飲み込むまだ青い罌粟坊主
小エビ
履歴書を書きては丸む罌粟坊主
小鞠
罌粟坊主いじられる人いじる人
小山晃
転んだら笑ってくれた罌粟坊主
小川わたる
「神隠し」とふバス停暗し罌粟坊主
小倉あんこ
罌粟坊主はらを空かして買う煙草
小倉じゅんまき
今朝もまた守備練習や芥子坊主
小走りの烏賊
かみさまはきんいろだった罌粟坊主
小田寺登女
晩年の夢散りやすし罌粟坊主
昇華
罌粟坊主わたし隠れるのは得意
松浦麗久
罌粟坊主落とさぬように罌粟を刈る
松永裕歩
ぷつくりと血豆育つやけしぼうず
松山めゐ
罌粟坊主オスプレイの風に耐えん
松山女
売土地のまなか明るし罌粟坊主
松茶 巴@プレバト木ノ芽
ショーケンのやんちゃなまゆ毛罌粟坊主
松田てぃ
二胡の音の蕩けたる夜の罌粟坊主
笑松
罌粟坊主揺れて混声合唱団
城山のぱく
揺れながら私語交はし合ふ芥子坊主
慎吾
青空にぱいぽぱいぽと罌粟坊主
深山 紫
オクターブ高い声だす罌粟坊主
水夢
風も猫も通り過ぐる罌粟坊主
菅谷 糸
万歩計見せ合うベンチ芥子坊主
雀虫
不器用に生きて悪いか罌粟坊主
澄海
澱みなく天に朽ちゆく罌粟坊主
世良日守@木ノ芽
芥子坊主ひとつ揺れまたひとつ揺れ
晴好雨独
マリンバに弾むマレット罌粟坊主
西山哲彦
風くらひ総身でたへる罌粟坊主
西藤智
罌粟坊主のっぺらぼうの薄笑ひ
誠馬
罌粟坊主これより太極拳始め
青伽
罌粟坊主叱られながら見てゐたり
青柿
妹にうつるあくびや罌粟坊主
青田 葵
罌粟坊主呼び止められた気がしたが
青萄
夕日射す砂場の食器罌粟坊主
青木豊実
罌粟坊主ぽこぽこ未来都市のやう
石井茶爺
くずれゆくぼくの美学や罌粟坊主
赤馬福助
傷付くのは未熟だからか罌粟坊主
千葉まどか
罌粟坊主貴妃の涙は玉(ぎょく)なり
千葉睦女
罌粟坊主遥かアフガンの地もまた
善多丸
憧憬は山頭火なり罌粟坊主
教科書にメガネの落書きケシ坊主
蒼い朱鷺
罌粟坊主揺れて地球の舵をとる
蒼井雅月
罌粟坊主硬貨差し込むドロップ缶
蒼奏
蒼空は透くる音板罌粟坊主
多事
寂しくて種あふるほど罌粟坊主
鯛 風
崩落の石垣あまた罌粟坊主
大井河薪
罌粟坊主ひとの頭の歪さよ
大黒陽之助
傷つくも泣いて堪るか罌粟坊主
大谷如水
黄昏のお前は誰だ罌粟坊主
大塚迷路
朝礼の童ひそひそ罌粟坊主
大槻税悦
一滴の水の輝や罌粟坊主
大富孝子
けし坊主のかさこそ子消しのきゅっきゅ
沢田朱里
能古島に河童産み捨て罌粟坊主
谷口詠美
青空は余りに遠く罌粟坊主
谷田藪辛子
今はもう星に届かぬ罌粟坊主
地に根ざし陽に伸びる
ショッカーの首領の園の罌粟坊主
地球人
「お弁当」の号令一下けしぼうず
池田郁英
種はぜて空へ遊びに罌粟坊主
池田香
マジで俺還暦ですか罌粟坊主
竹さ
けしぼうず有罪判決は知らず
竹の子
裏庭の空はまんまる罌粟坊主
竹春エリザベス
偏差値の数字並ぶや罌粟坊主
竹内うめ
神童と言われて久し罌粟坊主
竹林
弟は拗ねて二階へ罌粟坊主
中岡秀次
罌粟坊主今日咲く罌粟を揺らしをり
中根由起子
罌粟坊主耳は洗って返してね
中村 邑
罌粟坊主山羊の首にもとうからじ
中野久子
夜を逃げてトスカーナにゐる罌粟坊主
宙のふう
コンクリ壁のじんと冷え沁む罌粟ぼうず
宙蝉(そらせみ)
顔あらば五百羅漢の罌粟坊主
衷子
けしぼうず神隠しでもおきそうな
朝桜咲花
罌粟坊主監視カメラに揺れる影
長谷川 ひろし
ちかづけば怒らるる気して罌粟坊主
鳥ノ海 開
一周忌からからと鳴く罌粟坊主
鳥越暁
廃船の海向けるあり罌粟坊主
直樹里
罌粟坊主こそこそ子らの悪だくみ
直木葉子
歌詠みの恋は弾けて罌粟坊主
津軽まつ
五時限の板書消す子や罌粟坊主
天晴鈍ぞ孤
ここで皆鬨上げたはず罌粟坊主
田中勲
ノー残業デー罌粟坊主振る帰り道
田辺 ふみ
焼夷弾落ちた原っぱ罌粟坊主
田邉真舟
罌粟坊主隣家の嫁の声青し
斗三木童
罌粟坊主猫の来りて右フック
渡野しえん太
罌粟坊主しか群れ揺れぬ廃病院
渡邉くるり
罌粟坊主ほらね地球は丸いのよ
登りびと
星屑を集め鳴らさう罌粟坊主
登起枝
陽はここに落ちて爆発罌粟坊主
桃福
罌粟坊主回れ右して見る未来
桃葉琴乃
ころころと多産の嫁や罌粟坊主
燈穂
ハンコ注射の痕鮮やかに罌粟坊主
藤井白亜
潮垂れし罌粟坊主なら家に居る
藤井祐喜
あをによし 神はいますと罌粟坊主
藤鷹圓哉
ローライズのヒップにタトゥ罌粟坊主
豆闌
芥子坊主バイエル下巻もらったよ
透史
罌粟坊主ひょろひょろひょろと風囃す
青空へ罌粟坊主首伸ばしけり
瞳子
罌粟坊主揺れる拍手の応援団
童好
罌粟坊主葉巻の似合う男なれ
老人会列の最後に罌粟坊主
徳本あつ
悪口は堂堂と言へ罌粟坊主
奈緒女
罌粟坊主褪せゆく「行方不明」チラシ
南風の記憶
自らの影におののく罌粟坊主
南風紫蘭
嘘つきと見抜いてをりぬ罌粟坊主
日記
線量計響く静けさ罌粟坊主
日出時計
罌粟坊主たった一人の文芸部
日田路
罌粟坊主「少年時代」三度観た
猫になにわ節
罌粟坊主タピオカミルクティーぷにゃり
猫愛すクリーム
曲屋の馬の居た場所罌粟坊主
猫渓
罌粟坊主 太陽に弾ける
俳句初心者
罌粟坊主哀しい風をつめており
白樺みかん
あざやかさ昨日に置いて罌粟坊主
白居千夜
罌粟坊主阿寒湖の小波のごと
白傘
祖母の居た土間は瓦礫や罌粟坊主
白瀬いりこ
お父さんの一時預かり罌粟坊主
麦吉
罌粟坊主の中に孕める昨日かな
八幡風花
罌粟坊主わたり廊下の感謝状
半熟赤茄子
罌粟坊主多勢となりてさみしかり
板柿せっか
口にせねば無と同じなり罌粟坊主
飯村祐知子
傷だらけの故国より出づ罌粟坊主
彼方ひらく
罌粟坊主蒼穹見たる故宮かな
比良山
膨張を続ける宇宙芥子坊主
比呂
右を向け言われ右向く罌粟坊主
比呂子
淋しさも伝染したる罌粟坊主
秘まんぢ
昼月から延びる引力罌粟坊主
尾上真理
ほろぶほろばぬほろぶ滅ばぬ罌粟坊主
稗田鈴二郎
罌粟坊主の蓋を開けたら虹が出た
姫山りんご
罌粟坊主放課後受ける追試験
百合乃
罌粟坊主ざら紙の学級だより
百草千樹Z
待つことは得意罌粟坊主ゆらゆら
不知火
罌粟坊主図鑑の虜なる一日
富樫 幹
罌粟坊主痛いの痛いの父へ飛べ
浮間普請
罌粟坊主三号棟の子沢山
風華
墓じまい結論つかず芥子坊主
風間昭彦
罌粟坊主迷ひて漫ろ神となり
風慈音
罌粟坊主になっちまいたいよ私
風舎哲坊
房総の海あらあらし罌粟坊主
風知草
罌粟坊主ゆるい整列ゆるい礼
福良ちどり
動き出すブリキのアトム罌粟坊主
聞岳
ランドセルきょうは軽いなけし坊主
平康
夕暮れに頭ぶつかる罌粟坊主
平松洋子
罌粟坊主尻ポケットに日刊競馬
平林檸檬
芥子坊主つついて鳥よ空はどこ
朋知
聖痕の如き傷あり罌粟坊主
蜂里ななつ
罌粟坊主空手着のまま乗る補助輪
暴朴
始発のバスに同じ顔ぶれ罌粟坊主
望月ゆう
よく喋る電子レンジめ罌粟坊主
北村 崇雄
また母に足蹴にされる罌粟坊主
抹茶金魚
罌粟坊主となりは誰の影法師
末尾波世遠
北支より暗文打てり罌粟坊主
万斛
園庭に団子虫狩る罌粟坊主
眠る烏龍茶
高跳びのポールの軋む芥子坊主
夢見亭笑楽
老人に前期と後期芥子坊主
夢堂
罌粟坊主あつてはならぬ後ろ傷
椋本望生
罌粟坊主夕空遠く飛行船
明惟久里
テロリストは隣人だった罌粟坊主
綿井びょう
罌粟坊主けふのおやつの花林糖
茂る
罌粟坊主今日は機嫌が良さそうだ
木人
狐日和に祝の記帳罌粟坊主
木村ひむか
罌粟坊主の空サマルカンドの碧
木綿
罌粟坊主ランプが点きそうな野道
門前町光乃
けしぼうずなんでわたしがおこられた
野の花さな(さな7才改め)
罌粟坊主ゆれて軍事境界線
野の花誉茂子
けし坊主髪型から書く似顔絵
野ばら
一劫の重みに垂れし罌粟坊主
野倉夕緋
罌粟坊主石蹴りとおす帰り道
野地垂木
青春は一生続く罌粟坊主
野々原ラピ
赤字だけ消えし看板罌粟坊主
野良古
寅さんのロケ地淋しき罌粟坊主
柳児
太陽光発電列ぶ罌粟坊主
薮久美子
罌粟坊主ガラスの靴の製作者
遊飛
友だちがいないできないけしぼうず
夕波
罌粟坊主廃墟に古代語の聴こゆ
楊梅
罌粟坊主丸刈り四百八十円
葉月けゐ
うなづきて子の旅許す罌粟坊主
葉室緑子
うつしみに空は青かろ罌粟坊主
雷紋
罌粟坊主守銭奴となるおままごと
蘭丸結動
勉強の不出来は問はず罌粟坊主
利平
木琴に撥の跳ぬるや罌粟坊主
立志
罌粟ひらく真中に既に罌粟坊主
留野ばあば
吾子逝きて星に語らん罌粟坊主
林 和寿
罌粟坊主けふの天気を嗅いでをり
隣安
金色の雨は精子か罌粟坊主
鈴木麗門
手術痕伸びて臨月芥子坊主
露砂
恋すでにはじける予感罌粟坊主
老人日記
剥がれそうな入居者募集罌粟坊主
淺野紫桜
△(さんかく)の答案用紙罌粟坊主
祺埜 箕來
罌粟坊主メトロノームに遅れたり
籠居子
富士塚の五合目の罌粟坊主踏む
罌粟坊主
飛鳥野に首塚一基罌粟坊主
萬代草舟
秘密とはこうして隠す罌粟坊主
蘂六
罌粟坊主内緒話は筒抜に
邯鄲
罌粟坊主振ったら今日がもう終わる
霖之助
芥子坊主犬のいばりに揺れてをり
靫草子
からからと罌粟坊主笑う放課後
あなぐま
雨ふらぬ日々けしぼうずの憂鬱
アガニョーク
罌粟坊主どこか物憂げ雨の午後
アマリリスと夢
野ねずみのマラカスとして罌粟坊主
こま
罌粟坊主事の起りはそんなもの
伊藤欣次
エゲレスの煙草のけむり罌粟坊主
山下高
青ざめる西太后や罌粟坊主
神田央子

並

アイドルに笑いの才あり芥子坊主
ジミーあゆみ
高架下の駐輪場に罌粟坊主
28
万座毛たたずむ影や罌粟坊主
14橘貞山
罌粟坊主コインパーキングは満車
28あずきち
罌粟坊主一人息子のさびしさよ
28ひろきち
秘密基地にアンテナ立てる芥子坊主
⑦パパ
罌粟坊主ふるふる種の鈴の音
aya
風の声あいづちを打つ罌粟坊主
Dr.でぶ
罌粟坊主リズムを奏で風にゆれ
KKK
暫くは虫も来ぬなり芥子坊主
LEON
罌粟坊主りゅう星の砕けちる音
Lu
知恵袋より自戒なり罌粟坊主
PON
あかつきを遠退く牛車罌粟坊主
TAKO焼子
村一のポーカーフェイス罌粟坊主
Vn 花のん
戦争を知らぬ大人さ罌粟坊主
yoko
罌粟坊主西へ東へと風まかせ
アーナンダ
罌粟坊主乾いた音のカラカラと
あおか
落下セしけしぼうずの種弾け
アオキシゲル
罌粟坊主花朽ち橙の櫛比する
あきこ小町
咲き落ちて花より重き芥子坊主
あけび庵
重心を保ちスイング罌粟坊主
あけみ
酔い覚めて寝冷えを笑えけしぼうず
あじこあ
アヤマチハニンゲンノセイ罌粟坊主
あみま
算数も国語もきらい罌粟坊主
あらあらた
罌粟坊主スマホの群れの月曜日
アリマノミコ
罌粟坊主振りてサンバを口ずさむ
いくらちゃん
面立ちはこころのままに罌粟坊主
いごぼうら
禊ぐごと降りやまぬ雨罌粟坊主
いざわ
団栗は二学年下罌粟坊主
いしい美髯
エゲレスに踏まれた曽祖父罌粟坊主
いしだもよ
スナックの話し上手な罌粟坊主
イチロー
罌粟坊主イーゼル開く丘の上
いつか
芥子坊主咲いたことなど忘れられ
いつの間にアラカン
花のあと折れて曲がって罌粟坊主
いととんぼ
首ふって種こぼれとぶ罌粟坊主
いと茶
文机万葉集や罌粟坊主
いなほせどり
夕闇に様変わりして罌粟坊主
いのえみ
この風にぶつきらぼうの罌粟坊主
いまいやすのり
人生がかかっておるぞ罌粟坊主
いわきり かつじ
けし坊主首三十度傾けて
うぅりゃりゃ柚季
爆音のYouTubeと揺る罌粟坊主
うといぺんこ
血の重み罌粟坊主ゆれ空見上ぐ
うどんこつよし
毛深さは無垢なる証し罌粟坊主
うに子
真っ黒な高校球児罌粟坊主
うりずん
通帳の利息七円罌粟坊主
ウロ
キューポラのある街そこに罌粟坊主
エイシェン
ぬっと立ち夕日に染まるけしぼうず
えらぶゆり
在りし日の想ひ出包む罌粟坊主
オイラー
罌粟坊主扁平足の夕まぐれ
おうれん
死神の瞳を見たか罌粟坊主
おおやぶちょ
罌粟坊主そぼ降る雨に前のめり
おがたま
風も陽も浴びて素っぴんの罌粟坊主
オキザリス
からかえばぷうと膨れる罌粟坊主
おくにち木実
かさこそと種の起源を罌粟坊主
おけら
ケシボウズ駐車違反の紙ひらり
おたまじゃくし
さよならじゃなくてまたねと罌粟坊主
オリヒロ
隠してることがまだある罌粟坊主
お気楽草紙
ポケットに秘めたる宝罌粟坊主
お抹茶
赤白黄色袈裟脱ぎ捨てて芥子坊主
カクレクマノミ
護摩香る苔むす墓や罌粟坊主
かげろう
小坊主の芥子はひたすら眠りけり
かこ
罌粟坊主届けレノンの反戦歌
かざばな
一つ増え一つ増えるや罌粟坊主
かずポン
天向かんその場しのぎの罌粟坊主
かすみ草
監査官眺め見る野の罌粟坊主
カズラ梅
罌粟坊主知育玩具は角がない
かたな
卓球の猛練習や罌粟坊主
かつたろー。
芥子坊主子規のみた夢種となり
かつら子
背伸びして風をつかむや罌粟坊主
かぬまっこ
地から生ゆカプセルホテル罌粟坊主
からかん
銅板の庇ある街芥子坊主
ギコ
二拍子のリズムで遊ぶ芥子坊主
きさらぎ
泣きじやくる子の言ひ分や罌粟坊主
キッカワテツヤ
罌粟坊主かさかさ命紡ぐ音
きっちゃん
一本あり色失なへる罌粟坊主
きのと
花弁の饒舌寡黙な罌粟坊主
ギボウシ金森
花びらを一片とどめ罌粟坊主
キャサリンまさこ(まさこ改め)
胆嚢を失せし吾子なり罌粟坊主
きょうの空
カラカラと思い出ばかり罌粟坊主
キョンちゃん
妹よ俺より先に罌粟坊主
きんえんくん
身の丈の風を呼び込め罌粟坊主
くによ
衛兵の行進のごと罌粟坊主
くま鶉
千年の音の響きや罌粟坊主
くめ仙人
罌粟坊主河太郎の家族かもしれぬ
クラウド坂の上
電波にも風にも揺れて罌粟坊主
ぐりえぶらん
孫の爪背に柔らかや罌粟坊主
くるみだんご
けしぼうずギアを5にしてケッタ漕ぐ
くれあしおん
罌粟坊主明日はきつと良いことが
クレイジイソルト
今日も無事生きてゆらりと罌粟坊主
クロまま
罌粟坊主観念したごと頭下げ
けいはく
法要のあとの静けさ罌粟坊主
こうもり傘
罌粟坊主一つひとつにある理由
こうや こう
罌粟坊主長男よりも先に肥え
ココダン
黄昏の溥儀の即位や罌粟坊主
こつき
もろ肌の姐御の愛でる罌粟坊主
こてつ川
保守と反動似て非なるもの罌粟坊主
こはぎ
遮断機のととんと下りて罌粟坊主
こはまじゆんこ
がら引漁の遊ぶ大人や罌粟坊主
こぶこ
叱られてきのう見た花けしぼうず
こぶこの夫
鄙の原旅立ち待つや罌粟坊主
こまち婆
傍らにふっと散りたる罌粟坊主
ごようまつ
罌粟坊主鼓動最期の一打まで
ざうこ
風吹かば隣家の気配罌粟坊主
さくみ
罌粟坊主ゆらりゆらりと眠りたる
さくやこのはな
愚痴ひとつ呑み込んでおり罌粟坊主
さこ
すきま草罌粟坊主なる名前あり
さだとみゆみこ
罌粟坊主風が奏でるシンフォニー
さつまおごじょ
五十肩認めたくなし罌粟坊主
さとう
引率やアリの行列罌粟坊主
さとうくにお
ランナー過ぎゆるき風巻く罌粟坊主
しー子
罌粟坊主雀の羽音恐れたり
しおかぜ
罌粟坊主地べたに俳号のみ記す
しかもり
人影の無き追分や罌粟坊主
しげる
勝手口のきしみ闇夜の罌粟坊主
ししまる
罌粟坊主ストライダーの速さかな
しっぽ
畦道を素面で帰る罌粟坊主
シモーナ
けし坊主二重鉄柵の生と罪
じゃらんじゃらん
罌粟坊主伝わる言葉揺れており
しゅうふう
廃屋の庭にそよぐや罌粟坊主
じゅりあん山本
罌粟坊主カラカラはたく吾子ふたつ
しゅん
万物はブラックホールへ罌粟坊主
じょいふるとしちゃん
トラクター罌粟坊主踏まず去り行く
シラクサ
罌粟坊主令和はじまる季節かな
シロクマ太郎
缶蹴りに散り散りになる罌粟坊主
しんしん
罌粟坊主沈黙さえも愛おしい
スピカ
働き方改革庭の罌粟坊主
すみっこ忘牛
風ん中罌粟坊主の句からからから
せんえい
人去りておしゃべりはじめるけしぼうず
せんべい
罌粟坊主骨子のごとく彳めり
そめいゆ
花散らしぷっくりほっぺ罌粟坊主
それぞれのしあわせ
ずぶ濡れの息子の髪型罌粟坊主
たいき
罌粟坊主つひに兄さん風になる
たいぞう
路地裏で命をこぼす罌粟坊主
タカギ
罌粟坊主諳んじるごと唄に揺れ
たけし
黒板に君が好きだと罌粟坊主
たけわらび
君の名を書いては消した罌粟坊主
だけわらび
父切りし吾子の前髪罌粟坊主
タック
悪だくみ風に浚わる罌粟坊主
たま
バイエルを終えた手繋ぐや罌粟坊主
たま蛙
青空に撥ねし水車や罌粟坊主
たむらせつこ
制服も白く替わりて罌粟坊主
ダリア
けしぼうず駄菓子屋の前横一列
たるみ
バス待つ間眠気を誘う罌粟坊主
たん造
絵手紙や父の描いたけしぼうず
ちか丸
芥子坊主猫のねぐらに主なし
ちばくん
先輩に心ざわつく罌粟坊主
ちばさん
産まれた甥そっくりそのまま罌粟坊主
ちゃんこフォンデュ
仕事待つ線路と憩うけしぼうず
チョクメイ
文句たれ黙っておれぬ罌粟坊主
ちょろたこいん
罌粟坊主坊主あたまを振ってみる
ツーちゃんの恋人
LPはゴットファーザー罌粟坊主
つつ井つつ
霊柩車クラクション哭く罌粟坊主
つわきの嫁
罌粟坊主天正遣欧使節団
てまり
良寛の野辺の髑髏画罌粟坊主
ときめき人
カラカラと猫隠れたる罌粟坊主
どくだみ茶
漏電の焦げたアルバム罌粟坊主
としなり
けし坊主即位を祝す参賀人
とし子
野球部の最後見届け罌粟坊主
とめぞう
罌粟坊主呼んでるはずが誰も来ず
ともかわすてむ
罌粟坊主咲き染む恋のさめるまで
ともけん
動物園駆ける子の背や罌粟坊主
とりこ
プロレスのリンクに踊る芥子坊主
とんとん
種守り健気に揺れる罌粟坊主
なおばら
筋通す頑固者かな罌粟坊主
なかがわ 聖一
罌粟坊主一番お喋り誰ですか
なかの花梨
缶蹴りの足高々に罌粟坊主
なご
罌粟坊主乳歯を屋根に奉る
なごやいろり
あんぱんにヘソ忘れまじ罌粟坊主
ナタデココ
けしぼうず昨日大阪今日博多
なつぽよ
罌粟坊主明日の天気はわからぬか
なつめモコ
風にゆれ唄っているよな罌粟坊主
なにわっこ
パンプスの甲もこんもり罌粟坊主
なみは
罌粟坊主犬に愛され萎れけり
なめろう
罌粟坊主一生懸命は見えぬもの
なよろ
幾千の言葉カラカラ罌粟坊主
にたいも
けしぼうずかくれんぼする種の夢
にゃんみー
村人のごとき顔して芥子坊主
ぬけまいり
苦い澱溜めてざわざわ罌粟坊主
ねぎみそ
罌粟坊主音なく時なく廃工場
ねむり猫
漉餡のほのかなかをり罌粟坊主
のつり
罌粟坊主誰が入門してくれる
のぶ子
はらわたに兆の細菌罌粟坊主
のぼ子
「あら可愛や罌粟坊主やね」「見くびるな」
のもとみな
蹴つまずく涙がポロリ罌粟坊主
のりた
ケシ坊主アリスの挿し絵思う野に
ノルウェーの森人
タクト振振車両に合す罌粟坊主
バーバラ
放課後に悩む宿題罌粟坊主
パオ
盛り過ぎ抜かれるを待つけしぼうず
はすみん
迷ひ道あそこにもまた罌粟坊主
ハチ太郎
罌粟坊主狭い草地を横泳ぎ
はなだんな
しなやかに揺るる晩年芥子坊主
ははろ
つい合掌子よ何願う「罌粟坊主」
ハマさん
その里はもうありません罌粟坊主
はまのはの
同じ場所忘れず在りし罌粟坊主
はら美華子
顔見つけ頬膨らます罌粟坊主
バリー
うたた寝に照れ笑う芥子坊主かな
バリすっぱマン
若者のスタイルに似てけし坊主
はるちゃん
応援だ広い球場罌粟坊主
ばんしょう
夕暮れや空家となりぬ芥子坊主
ピーター
「晩鐘」の如く祈るや罌粟坊主
ひいらぎ
罌粟坊主その種数ふ人もあり
ひいろみ
晴天へ背比べして罌粟坊主
ひな子桃青
薬科大象徴となるけしぼうず
ひゃあ
罌粟坊主無罪放免と高らかに鳴る
ひよとり
暮れて尚パステルの空罌粟坊主
ひよはるばば
罌粟坊主花びら落ちて尼姿
ひろ
罌粟坊主有終の美の組体操
ひろくん11さいのママ
けしぼうず特急ラビュー初対面
ひろしげ11さい
学生の青い理想よ罌粟坊主
ひろ史
罌粟坊主同級生の泣き笑ひ
びん
軒下へ鳥影せはし罌粟坊主
ピンクソルト
けしぼうず野の背の順の最後かな
ふあり光
行列は過分数めく罌粟坊主
ふあんた
粛々と元号変わる罌粟坊主
ふうせんかずら
罌粟坊主売る少年の歌風の歌
ふくろう悠々
カプリース居眠る薮の罌粟坊主
ふたあい@クラシック曲のカプリース(パガニーニ作曲)
弓肩の乙女夕日へ罌粟坊主
ふっこ
罌粟坊主尼閉ぢ込めて膨れをり
ふなちゃん
そよぐ風罌粟坊主との会話かな
ふみ
佇むはスクランブル交差点罌粟坊主
ふみゑ
罌粟坊主祖父の墓前に正信偈
ブルージー
けしぼうず親の小言は半分に
ペコちゃん
罌粟坊主揺らぎ魔界の亡母呼ぶ
ヘリンボーン富樽
罌粟坊主なびくさとわに子らの声
ヘルシーアイランド
バンドマン憧れて振るけしぼうず
ペンギンおじさん
けしぼうず薬となるやタスマニア
ほうすい
熟年の関係揺らぐ罌粟坊主
ほしの有紀
今日の恥捨ててしまふや罌粟坊主
ぼたんぴ
罌粟坊主日記に残す文字も無し
ほのぼぉの
星々は無量大数罌粟坊主
ほろよい
罌粟の実やいたずら盛り食べざかり
ポンタロウ
罌粟坊主いかに生き抜くことばかり
ポン太
罌粟坊主残し朽ちぬる美し赤
まきぢ
罌粟の実やふうらいばうとなりてみむ
ましろなぎさ
罌粟坊主振りし子らはオーケストラ
マソップ
罌粟坊主少女はらみてふくむ乳
まちる
罌粟坊主鳴くや陽向のエイリアン
まちるま
上向いて歩こう歩け罌粟坊主
マツイミキロウ8911
前世では宇宙生まれか罌粟坊主
マッキラ棒
❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎罌粟坊主
まどん@もじばけしなければいいのですが。❇︎アスタリスクです。
産着の子に風ふうわりと罌粟坊主
まほろ
万歩計足取り軽く罌粟坊主
マユミ
罌粟坊主くうきを握りゆうらゆら
まり姫
罌粟坊主、太陽の歌奏でたり
みえ
罌粟坊主脂光りの吸引具
みかりん
古傷の無いフリををして罌粟坊主
みかん
起き上がり小法師のごとく芥子坊主
みこ
飴色に溶ける脳髄芥子坊主
ミズカラス
揺れながら不穏な気配罌粟坊主
ミセウ愛
見つけたり銀座の露地に罌粟坊主
ミセス水玉
あの山を越ゆらば羅宇罌粟坊主
みちる
院内学級歌声ひびく罌粟坊主
みどりがめ
罌粟坊主明日のことさえケ・セラセラ
みのる
罌粟坊主ゆうらり風の子守唄
みやかわけい子
罌粟坊主たばこ折り捨つ兄の通夜
みゆき
罌粟坊主抜かれ去りゆく花園より
みよしい
罌粟坊主冷静よそおひ聞く告知
み藻砂
罌粟坊主拘置所の庭にて無言
むじーじ
消しゴムや我が人生を罌粟坊主
むすびめ
井戸端のおっかあの背の芥子坊主
むったん
戦前は立派な農家罌粟坊主
むにむにちゃん
叱られて泣く児あやすか罌粟坊主
むべ
罌栗坊主アヘンと人の物語
むむむげこ
三婆婆のヒソヒソ話罌粟坊主
むらたふみ
床屋の指ツボからツボへ罌粟坊主
むらぴ
罌粟坊主仕事無くしてあくびする
めしめし
芥子の実や個人情報漏洩す
もせきのこ
罌粟坊主小人のコテージは遠近(あちこち)
モッツァレラえのくし
芥子の実や宇宙を開く「はやぶさ2」
もりお
罌粟坊主祖父の遺影を選びをり
もりたきみ
昇進は取り消されたわ芥子坊主
やえ子
子を叱り共に涙す罌粟坊主
ヤッチー
罌粟坊主小人のガラガラ玩具箱
やぶつばき
ままごとの果てなくつづく罌粟坊主
やまなみ
老ゆれどもあだ名で呼ばれ罌粟坊主
やまぶき
罌粟坊主一寸法師の音を聴く
ヤマボー
パレードの鼓笛高らか罌粟坊主
ゆみづき
罌粟坊主ライブのように風が乗せ
ゆりこ
罌粟坊主緘黙の子の声秘めし
ゆりこ
野の舞台風が指揮者か罌粟坊主
ヨシケン
五限目に変拍子の罌粟坊主
よしこ
罌粟坊主風にカラカラ月夜かな
よつ葉
ふわやわな衣脱ぎ捨て罌粟坊主
よひら
怒りかな罌粟坊主みな千切りおり
よぶこどり
枯れてなお音を残すのか罌粟坊主
よりみち
牛小屋の屋根に草生ふ罌粟坊主
らくさい
おどけたる河童にも似て罌粟坊主
らびっと
剃髪のあの日懐かし芥子坊主
ラリロリラリラ
罌粟坊主奏でる音はピアニッシモ
りぃらっくま
芥子坊主頭揃えて行儀良し
りか
怪しげな媚薬となりし罌粟坊主
りこ
風にゆれ合唱するごと芥子坊主
リバティーさん
薬剤師いつも丁寧芥子坊主
りんごのほっぺ
花びらのチュチュはらり落ち罌粟坊主
るびちゅ
けしぼうず善と悪の差放ちたり
るみ
夕さりの噂話や罌粟坊主
るりこ
芥子坊主作業所の子等歌い通る
れい
けしぼうずかわいみになりおとがする
れい子
罌粟坊主振れば異国の音がする
れんげ畑
風を呼ぶこつりこつりの罌粟坊主
ロクヨン
罌粟坊主こぼれる種子よ令和に咲く
ろん
ケシ坊主なら描けそうな野外授業
ワイス
房総の沖白波や罌粟坊主
わかこ
朝戸出の罌粟坊主凛と令和待つ
わわ
森深く少女に会えず罌粟坊主
亜音洲
罌粟坊主今日も負けたり少年野球
哀顏騎士
彼の如く怪しき馨り罌粟坊主
愛津2号
球場を越えて白球罌粟坊主
葵 新吾
相席の青年チャラく芥子坊主
葵そら
橙の夕暮れ寂しき罌粟坊主
上海の粗末な飯や芥子坊主
安達りんだう
容赦なき日差し受くるや罌粟坊主
安田信州
罌粟坊主男はだれもマザコンさ
杏と優
罌粟坊主老いたる猫の髭の張り
伊佐ササ
王羲之の真名やはつらつ罌粟坊主
伊藤 大樹
祈り知る今が一番罌粟坊主
伊藤はな
頭頂部結びし雲や罌粟坊主
伊藤正美
酔い醒まし風に吹かれて罌粟坊主
伊藤善隆
罌粟坊主風にしなひて自己主張
伊豆子
罌粟坊主慰亭の髭に見ゆる欲
伊予吟会 玉嵐@慰亭は袁世凱のこと。 皇帝までになったり、10人の妻と31人の子どもがいたらしいですね。 髭の形が印象的です。
まつすぐに生きた証や罌粟坊主
伊予吟会 心嵐
老犬の散歩を吠ゆる罌粟坊主
為一暢道
罌粟坊主稚児たちならぶ姿して
井上喜代子
いやいやをおぼえた吾子と罌粟坊主
井田みち
海中の機雷のごとし罌粟坊主
育由
五つ六つ未だ幼き罌粟坊主
一の介
下宿生音沙汰もなく罌粟坊主
一井蝸牛
能書に注釈縷縷と罌粟坊主
一斤染乃
ちりぬるを未来を詰めし罌粟坊主
一碁一会
より高くより打つかれよ芥子坊主
一純。
風待ちの罌粟坊主うつむき静か
壱太
もふもふの犬に埋もれる罌粟坊主
稲垣由貴
罌粟坊主なにかと誤解されやすい
右田俊郎
ぷっくりと膨れた子の頬罌粟坊主
宇宙生物ぷりちーぴ
けしぼうずゆうらりゆらりカサカロリ
宇田建
罌粟坊主Googleマップの我が家かな
烏龍
ひかりとかげ贋作ルソー罌粟坊主
羽沖
罌粟坊主ダキニ天など横におり
羽藤武彦
散り散りに己の道を芥子坊主
雨霧彦@木ノ芽
カラカラカラ私はわたし罌粟坊主
卯年のふみ
舞いの後唄聞きたくや罌粟坊主
雲の鳥
罌粟坊主テンガロンハット似合いそう
映千
首塚や花びら落とすけし坊主
栄魚
ディズニーの音符のごとき罌粟坊主
永想
風まかせタクト振りおり罌粟坊主
英ちゃん
旅の湯に疲れを癒す罌粟坊主
詠野孔球
罌粟坊主何処より来て何処へいく
越仙
旅の案無数に浮かぶ罌粟坊主
榎本紀子
星になってしまった人よ罌粟坊主
塩の司厨長
この町にいくつの種子が罌粟坊主
横じいじ
罌粟坊主おやじ四十になりにけり
横ちゃん
後部座席遊び疲れて芥子坊主
横縞堂
罌粟坊主内なる闇を見たいとき
乙子女
園児らの礼深々と罌粟坊主
乙女座のM
罌粟坊主片手に走る夕陽の影
音澤 煙管
芥子坊主触らぬ神にたたり無し
加和 志真
罌粟坊主風を受けつつ令和かな
夏風
子だくさん野っ原揺れる罌粟坊主
花隠元
罌粟坊主千の仏を孕みおり
花屋
カラス振る罌粟坊主振るカラカラと
茄子紺
罌粟坊主恐る恐ると臭ひ嗅ぐ
華らんまま
罌粟坊主皆でぐるぐる大合唱
蛾触
カラカラと一寸法師や罌粟坊主
雅な童
朝礼の欠伸こらへて罌粟ぼうず
雅喜
罌粟坊主ハナタレ坊主にイジメられ
雅鬼
罌粟坊主目鼻何処や揃いをり
雅由
「ギガギガ」と笑う園児と罌粟坊主
懸命に生きるは誠罌粟坊主
海野しりとり
罌粟坊主赤黄青の園児帽
垣内孝雄
大道芸背伸びで覗く罌粟坊主
葛谷猫日和
「空あり」の錆びた看板罌粟坊主
釜眞手打ち蕎麦
休耕田罌粟坊主だけいきいきと
勘太郎
星空と語り昼眠り入る罌粟坊主
甘泉
一陣の風に爆ぜるや罌坊主
岸 れん
風呂上がりゆらゆらこつん罌粟坊主
岸田朋香
芥子坊主からり天麩羅揚がりたり
岩品正子
抱っこ紐頭を垂れる罌粟坊主
喜右衛門
罌粟坊主なにいろの花だつたのか
喜多輝女
罌粟坊主うなだれてをり母の傍
希林
虚栄心はらり 罌粟坊主は自由
幾恋良石
野に揺れる河童の群れや罌粟坊主
気のまま風
芥子坊主こちらの悩み知りもせず
季凛
ゆらりゆら群れて楽しき罌粟坊主
紀友梨
道ならぬ恋におちたり罌粟坊主
規子
罌粟坊主平和生まれる令和かな
貴茂菫
罌粟坊主彼女はいくつに成るのやら
輝棒
襟足の剃刀跡や罌粟坊主
菊池洋勝
罌粟坊主清掃日まであと三日
吉 や
罌粟坊主向ひ合はせてエレキテル
吉村よし生
薄衣脱げば坊主か罌粟の花
吉田海音
おぼつかぬピアノ漏れるや罌粟坊主
吉田竹織
罌粟坊主平成最後の断酒会
吉野川
揺るる実の揺らす天上罌粟坊主
桔梗
空地に群れ可愛さに摘みて罌粟坊主
丘 るみこ
朴訥に魔性を秘めて罌粟坊主
久坂晶啓
旅立ちに友を見つけの罌粟坊主
宮写楽
親知らず抜きし吾に揺る罌粟坊主
宮田一代
蒼き空何を夢見たけしぼうず
宮島ひでき
子の頃の夢はなんぞや芥子坊主
宮武桜子
弁当のあと一品よ罌粟坊主
京あられ
花散りて悟り開くか罌粟坊主
京丸
罌粟坊主過去の栄の背比べ
強引愚我路
罌粟坊主悠久の子らよ何れ又
恭一
こんにちは片山里の罌粟坊主
玉井 瑞月
けしぼうず米寿の母の遠き日々
琴女
来松す松本平の罌粟坊主
筋トレ俳人
けん玉の乗ってるやうや罌粟坊主
金太郎
無医村や地蔵の前の罌粟坊主
吟  梵
罌粟坊主ばかりとなって風も止み
銀命堂
何階か気になるあの児芥子坊主
銀蜻亭
揺れている我がこころ粒罌粟坊主
句詩呼
ちょこんと高貴な帽子罌粟坊主
校則といふ拘束や罌粟坊主
空蝉
行きずりの恋は罌粟坊主の如し
空白みゆき
罌粟坊主乾いて命鳴りにけり
空遊雲
生まれたり花弁2枚に罌粟坊主
栗田もとえ
振れば鳴る振らねば鳴らぬ芥子坊主
君島笑夢
罌粟坊主フジタのやうなシルエット
薫夏
遠き夫よこの手に抱くよ罌粟坊主
薫風
日差し避け信号待ちて罌粟坊主
啓泉
幼子の離さぬおもちゃは 罌粟坊主
恵理子
罌粟坊主いつとは言えぬままの恋
カッパらし罌粟坊主立つ村の奥
蛍子@旅行でタイのチェンマイの山村の、罌粟ばたけを見に行きました。子供たちが、もっと小さい子供を背負い私達に、チップを求めて集まってきました。
罌粟坊主風に任せて何処までも
鶏心
暖色の花びら罌粟坊主の靉靆
月のうさぎ@「靉靆(あいたい)」
高僧が生まれ変わるや罌粟坊主
月影ミウ
けしぼうず酔いどれ人や戯れる
月々
罌粟坊主爆弾のごと毟り投げ
月城花風
懐かしきあの娘が笑う罌粟坊主
月尾(げっぽ)
また蹴った臨月迎え芥子坊主
嫌佐久
あの一瞬の波忘らよか罌粟坊主
犬散歩人
小雨降る令和の朝の罌粟坊主
元喜@木ノ芽
白球は無惨に空へ罌粟坊主
元元
放課後の汗匂うらむ罌粟坊主
元木まだら
罌粟坊主カーブミラーは割れしまま
弦流
病名のただぐるぐると罌粟坊主
古都 鈴
罌粟坊主うぶ毛につたがからまれり
己心
ぬいぐるみ干す三輪車罌粟坊主
湖雪
けしぼうず蛭子漫画を読み返し
五月野敬子
戒名に俗名一字罌粟坊主
吾亦紅
風うけて野に戯れる罌粟坊主
娯李音
校舎裏ジョロ忘られて芥子坊主
光風
学校のチャイムかすかに罌粟坊主
光本弥観
数学の図形問題罌粟坊主
孝逸
高速道を照らすがごとく罌粟坊主
工藤浩之
罌粟坊主花に別れのキスをして
会下の友小道に小さき罌粟坊主
弘雲
いっせいに風にうなずく罌粟坊主
江戸人
住職の頭は固し罌粟坊主
江戸川青風
繰り返し罌粟坊主たつ空地かな
江口 麻
コクトーと海をとりなす罌粟坊主
江口小春
吾子泣かす道に蠢く罌粟坊主
江藤薫
大聖堂炎上を聞く罌粟坊主
江里口泰然
ゆらりゆら耳石はおどる罌粟坊主
甲山
らっきょう酢てに浸む夜明けしぼうす
紅塩寝子
一輪の咲きて夕べに芥子坊主
荒木清枝
ジャンプするイルカの群れや罌粟坊主
香舟
王朝の揺らぎてゆくや罌粟坊主
香壺
晶子行くパリにもあるや罌粟坊主
高橋冬扇
けしぼうず生酔いの終電車待ち
高村優雨花
羽衣を風に奪われ罌粟坊主
高田 仁和加
寡婦の編む木偶のおべべや罌粟坊主
高梅 仁
捨て畑の隅やいつつの芥子坊主
高木風華
廃校や筆塚の如罌粟坊主
克巳
惜しげなく花弁離つや罌粟坊主
今井佳香
韋駄天の正直者や罌粟坊主
今治・しゅんかん
罌粟坊主参拝客をお出迎え
佐山夕子
弁当の空の音する罌粟ぼうず
佐川寿々@チーム天地夢遥
罌粟坊主内緒話をせるごとく
佐東亜阿介@チーム天地夢遥
空あおぎ背比べかな罌粟坊主
佐藤こはる
潑刺と花壇抜け出し罌粟坊主
佐藤儒艮
息止むる国境近くの罌粟坊主
佐藤文旦
陽も雨も我が力なれけしぼうず
咲耶とこ野@木ノ芽
罌粟坊主会長さん似と見付く吾子
桜桃侍
チベットの幼き修行僧罌粟坊主
桜木レイ
丘一面罌粟坊主バトン継ぐ
桜夜月子@木ノ芽
売りに出す生家の隅に罌粟坊主
雑草おばさん
負けて蹴る引退試合罌粟坊主
皿檸檬
けしぼうず火星にいても不思議なし
三子
罌粟坊主『いずれにしても風は吹く』
三寺ひろみ@ボヘミアンラプソディーの最後に囁くような声で歌われるこの歌詞。『風』は人の心を癒すのかもしれない。
罌粟坊主子供は急にとまれない
三水低@第二まる安
子供部屋乱す者去り罌粟坊主
三大夜景
けしぼうず園の石垣夕陽射す
三男坊
背伸びして真昼の月見る罌粟坊主
三木庭
罌粟坊主朝な夕なの寂しさよ
三毳
山奥の仙人寺の罌粟坊主
山 口 雀 昭
黄の帽子駕籠の散歩や罌粟坊主
山沖阿月子
芥子坊主退職願破り捨つ
山口富子@Mamaly House俳句道場
芥子坊主ひょっこり朝のレンガ路
山茶花静
廃屋の空見上げるは罌粟坊主
山部オーリー
蓼科の空守りひそり罌粟坊主
山部コルチ子
罌粟坊主隠居の休むベンチかな
山本 力
咲きて散り鳴りゆく種の罌粟坊主
山本嘉子
花よりも愛しく切なく罌粟坊主
山野はな
転びたる吾子の両手に罌粟坊主
山野ゆうり
うたたねの涎のあとや罌粟坊主
史子
風遊ぶ罌粟ぼうずと子鼓笛隊
四十一香 (よいか)
二筋の飛行機雲や罌粟坊主
糸慌@木ノ芽
往診の鞄に弾む罌粟坊主
紙魚
親分の葉巻めくなり罌粟坊主
芥子坊主杣へと続く上り坂
紫苑
罌粟の実や今日の風向きラテンかな
紫鋼
旅ゆけば黄昏色の罌粟坊主
紫香菫
罌粟坊主振れば聞こえしコンチェルト
紫紺
懺悔かな夜灯に揺れる罌粟坊主
紫蘭
罌粟坊主王墓に並ぶ兵士俑
似雷家内
チケットは二枚あるのに罌粟坊主
時雨
江戸の町至るところに罌粟坊主
治もがり笛
子らの声残して揺れる罌粟坊主
鹿柴
王道は先静かなり罌粟坊主
篠田ピンク
父親の歩幅の狭く罌粟坊主
柴田侑秀
罌粟坊主星降る夜の大騒ぎ
斜楽
縁側にバリカンの音罌粟坊主
紗々
罌粟坊主あまた数多の銀河系
紗千子
暴風に罌粟坊主首傾げ耐ふ
若澤杏子
罌粟坊主令和の風吹きにけり
朱久瑠
風の心音優しかる罌粟坊主
珠桜女 絢未来
罌粟坊主進軍ラッパに並ぶ影
樹梢@木の芽
罌粟坊主種(しゆ)になりきれぬ薄さかな
州芳
けしぼうず我を慰むことはせず
罌粟坊主揺れるビートや野外フェス
秋月
罌粟坊主君が好きだと言えぬ恋
秋月なおと
ひゅうからり風は芥子坊主と遊ぶ
秋月真
ゆらゆらと夢見心地の罌粟坊主
秋桜
通る度さわりたくなる芥子坊主
秋桜
帰省して娘に会えず罌粟坊主
秋籠る
ケセラセラ風が残した芥子坊主
出石珠子
河童頭のくせに名乗るか罌粟坊主
出来筆樹木
罌粟坊主煩悩忘れし出家の身
春果
櫓の音の矢切の渡し罌粟坊主
春川一彦
罌粟坊主てるてる坊主他人顔
春爺
片言の子をひざに乗せ罌粟坊主
春蘭素心
母の名は忘れましたと罌粟坊主
潤目の鰯
君と来たサンタモニカの罌粟坊主
純父
ともかくもインスタ映えや罌粟坊主
順三
毒を持つ女の果てや罌粟坊主
順女
ゆるゆると生きる余生やけし坊主
小橋春鳥
花の色問うて答えぬ罌粟坊主
小熊伸子
青二歳なのかいや果てなのか罌粟坊主
小熊利雄
罌粟坊主スイングジャズの喫茶店
小古岳
鉄柵の二重に囲む罌粟坊主
小市
男の子らしくできぬか罌粟坊主
小春
花の海浮くも沈むも罌粟坊主
小石日和
休止符の次の音符や罌粟坊主
小川都雪
川沿いにトランペットや罌粟坊主
小鳥ひすい
罌粟坊主実をうちならし走る子ら
小塚 蒼野
碧天に木魚のリズム罌粟坊主
小殿原 あきえ
罌粟坊主みんな違ってみんないい
小梅
罌粟坊主あの決裁の行く末や
小椋チル
ゆらゆらとメトロノームや芥子坊主
小野みっちゃん
警策を待つ肩もあり罌粟坊主
庄司直也
アスファルトの割れ目一列罌粟坊主
松原 くるりん
罌粟坊主選挙帰りの更地かな
松山
罌粟坊主風にふらふらフラダンス
湘輝
罌粟坊主ベビーカーには双子かな
照波
隠れ待ち急に飛び出す罌粟坊主
祥葉
赤白の衣脱ぎ捨て罌粟坊主
笑安
罌粟坊主ピエロに似たり立ち姿
笑子
罌粟坊主十字架ふたつ背負いたり
笑笑
黄昏に力を見せて罌粟坊主
笑々
風に揺れ純情そうな罌粟坊主
笑酔
ジョギングの足が向くかな罌粟坊主
上市まさ
諍いのだんまり解かず罌粟坊主
上倉すず女
罌粟坊主六道の粋を滴らせ
上峰子
秘境駅鳥山空よけし坊主
常陸人
カラカラと風に揺れてる罌粟坊主
植木照美
大氷見の丘に淋しき罌粟坊主
寝たきりオヤジ
罌粟坊主我ランタンを灯しけり
寝不足のラムネ
煩悩の媚薬溜めおり罌粟坊主
新田 淑
赤ちゃんを抱かせてもらいけし坊主
新藤柑子
揺れるのがただ楽しくて芥子坊主
森の水車
つながらぬ携帯電話罌粟坊主
森一平
罌粟坊主軍服の背の遠ざかる
深草あやめ
校庭裏の百葉箱と罌粟坊主
真宮マミ
罌粟坊主極楽浄土を夢見るか
真熊
ビル狭間彩り終へし罌粟坊主
真咲子
揺れ方は未定の気持ち罌粟坊主
真珠
罌粟坊主犬に見せたら食べちゃった
真珠星倫世(スピカリンセ)
街路樹に罌粟坊主軍駐留中
真繍
罌粟坊主触れれば微か釈迦の聲
真心素秋
罌粟坊主けたけた嗤う小人なり
真茶子
罌粟坊主揺れ宇宙通信中のごと
真妃
罌粟坊主一人が好きかゆらゆらと
真林
罌粟坊主胎を蹴る子とWeWillRockYou
神宮くみち
罌粟坊主きのう見た人きょうも行く
神山やすこ
けし坊主蔭に日向に傾きたる
仁葉
鳴きのリフ崩れた空に罌粟坊主
壬生紋鬼
罌粟坊主娘妻母へと化して
水城
ひもすがら風にまかせての罌粟坊主
翠穂
天国と地獄の境罌粟坊主
翠呂
罌粟坊主還暦過ぎて門くぐる
酔芙蓉
一切を風に委ぬや罌粟坊主
数鉄砲
罌粟坊主赤き一弁残りをり
杉浦夏甫
置き去りのビーチサンダル芥子坊主
杉尾芭蕉
平安の風に柔順罌粟坊主
杉本とらを
罌粟坊主咥えて遊ぶ新地猫
雀狼蘭
青春の後ろ姿か芥子坊主
瀬々葱坊主
人生の応援歌たる罌粟坊主
是空
橋杭や右へ倣えの罌粟坊主
星降松
家人亡き庭に戯る罌粟坊主
星野 美咲
けし坊主揺れるさま見て拍子とる
晴海南風@木ノ芽
けしぼうずこれのことかと通学路
晴天屋りん
罌粟坊主五万の兵を隠しおり
晴日和
叱られて項垂れし我罌粟坊主
正木羽後子
罌粟坊主モヘンジョ=ダロに死者眠る
清ら
長雨に折れ重なりし罌粟坊主
清林山
けしぼうず枯れ朽ち得た音色かな
西の海牛
ガレージの幅寄せ誘導罌粟坊主
西川あきや
罌粟坊主風に捧げるフラダンス
西田武
いだてんの足に触れたる罌粟坊主
青山あじこ
罌粟坊主猫け散らして花の波
青泉
直立の事業報告罌粟坊主
青柘榴
鼻にぴあすボードと翔ぶや罌粟坊主
青木りんどう
刑法に巣食う我彼の目罌粟坊主
青木健一
罌粟坊主ハイテンションのらりるれろ
青木藤貴
悪しき夢孕んで揺れり罌粟坊主
青嵐
カラカラと奏でる音色罌粟坊主
静香
揺れ動く疑心を抱き芥子坊主
斉藤ふみえ
ちゃっかりと畑に揺るるは罌粟坊主
石井せんすい
さ緑の身を寄せ合うて罌粟坊主
石井茶爺
シャッター街の老舗の灯罌粟坊主
石野上路無
姑獲鳥棲む河原に群るる罌粟坊主
赤い彗星の捨楽
歯ブラシの毛先いろいろ罌粟坊主
赤橋渡
カイザーロール焦げて香ばし罌粟坊主
雪うさぎ
お向かいのやけに大きな罌粟坊主
千の葉
夕日背に罌粟坊主ばかりになりにけり
千恵
影揺れる赤子の頭と罌粟坊主
千江夏溝
渋滞のハローワークへ罌粟坊主
千歳
へのへのと顔を書こうか芥子坊主
占新戸
罌粟坊主の翠緑光る雨の夜
川口みち
女から男に変わる芥子坊主
川島 欣也
今夕は二番星見ゆ罌粟坊主
川島湖西
誰待つやチャイナタウンの芥子坊主
浅河祥子
罌粟坊主親父の死に様思い出す
浅見弓楽
狂いをるメトロノームや罌粟坊主
船岡遊子
道ならぬ恋の終わりや罌粟坊主
船橋やすへい
罌粟坊主やさしく愛でる病の身
蘇生
罌粟坊主おまえに罪はなかろうに
双月(そうげつ)
井戸端の妻が仕切るや罌粟坊主
倉の人
罌粟坊主さなぎひとつの耳飾り
早映
キッチンの天井のシミ罌粟坊主
相模
ちひさきけしちひさきけしぼうずトル
草青
九つの淡き脱帽けしボウズ
草翡
雨降れどじっと我慢の罌粟坊主
荘介
罌粟坊主やがてあんパン飾るかな
蒼香
母と子とスタンプスタンプ罌粟坊主
蒼乃月子
罌粟坊主着陸したよハヤブサ2
蒼鳩 薫
芥子坊主雨のあひまに帰らなきゃ
村上 無有
あんパンを貪りながら罌粟坊主
多聞仙
念仏の後ろ姿や罌粟坊主
太子
罌粟坊主今が良ければ良しとする
駄口竹流
風吹けば木魚の調べ罌粟坊主
泰然
涙目をかくして揺れて罌粟坊主
台所のキフジン
強き林則徐のごと罌粟坊主
大河
アララトの山に残した芥子坊主
大三郎
罌粟坊主怒号の如く首を振る
大村真仙
ゆらりゆれナスカを憶う罌粟坊主
大島雲流
けしぼうず摘む道罪の恋の道
大和田美信
客途絶えひそりと肥ゆる罌粟坊主
大佛清
土器の皿を頂き芥子坊主
只暎
うな垂れてゐてはダメだよ罌粟坊主
達哉
雑草の中で膨らむ罌粟坊主
谷川の蛍子
ウィリー・バンクスの手拍子に揺れ罌粟坊主
狸之ポン太
安寧の御代を願ふや罌粟坊主
知音
さりげなく生きたいだけさ罌粟坊主
智雪
令和の風ケシ坊主ただ揺れ続く
智蝶
モヒカンの従業員や罌粟坊主
池と堀
罌粟坊主ロックのリズム軽やかに
池田和正
使われぬ隧道芥子坊主二本
池之端モルト
ひょっとして今がしあわせ罌粟坊主
竹 夢月
罌粟坊主フェアリードールてふバレイ
竹庵
わたしは私を生くるや罌粟坊主
竹口 ゆうこ
昼下がりけだるく揺れるけしぼうず
竹村マイ
雨風にのんべんだらり罌粟坊主
竹内みんて
罌粟坊主交通事故の目撃者
竹福
「グー」の頭開く間に間に罌粟坊主
カラカラとパーカッションのけしぼうず
茶々
抜きん出て番長めける罌粟坊主
中井笙石
罌粟ぼうず風の囁き真に受けて
中山月波
通院の重たき空や罌粟坊主
中山白蘭
裏街も灯ともし頃よ罌粟坊主
中西柚子
庭先の水音跳ねる罌粟坊主
中田氏
軽やかに踏むマラカスや罌粟坊主
仲七
罌粟坊主お前に罪は無かりしよ
昼行燈
風ふくやひょろり立ちたる罌粟坊主
朝ぼらけ
発車ベル日向へ消えた罌粟坊主
潮ベルト
つまずいて手の着きどころ罌粟坊主
長田写々
SNS書くことないか罌粟坊主
鳥歩
やれそいや野点の碗に罌粟坊主
直雪
連休明けの午後の教室罌粟坊主
津軽ちゃう
団塊世代出立みんな罌粟坊主
津軽わさお
罌粟坊主夢を大空風任せ
鶴田梅勝
風吹けばこつんこつんと罌粟坊主
定規(じょうぎ)
カラカラと風をからかひ芥子坊主
定吉
ハムスターくるむ手に似た罌粟坊主
泥酔亭曜々
麻薬所持黙秘権あり罌粟坊主
泥塗れのポスト
鏡見て苦楽の証罌粟坊主
哲也
罌粟坊主花を弔いからからと
天津飯
罌粟坊主雨をふらせる雲ひとつ
天野姫城
天空に鳥一羽舞う罌粟坊主
貼女(ちょうじょ)
負けん気が顔に出ている罌粟坊主
田中ようちゃん
けしぼうず姿勢正して背比べ
田畑尚美
明け方は満天の星罌粟坊主
都花
罌粟坊主知らず花だけ摘んだ日や
都貴子
牛歩く手招く緑野芥子坊主
都南萌生
けしぼうずその一生は女性なり
土屋 木漏れ日
けし坊主横で縄跳び女の子
冬菫
罌粟坊主煙草燻らす見張番
東山
丸顔のぶつかり合ひて罌粟坊主
桃香
罌粟坊主宇宙交信していぬか
桃泉
傷に泣く涙の秘薬罌粟坊主
桃和
風に乗り遠く遠くと罌粟坊主
灯路奈
割礼の刃物は鈍し罌粟坊主
当卯
罌粟坊主頭を上げて生きていく
藤すみ
罌粟坊主砂漏のごとく種零れ
藤原訓子
罌粟坊主渦巻く雲の如きなり
藤咲大地
潮風に乾き尽くして罌粟坊主m
藤川さくら
風吹けば河童のダンス罌粟坊主
藤田真純
太陽に向かいて笑ふ罌粟坊主
藤田由美子
ファミレスのランチのおまけ罌粟坊主
藤娘なつ
青筋を立てた乳房や罌粟坊主
豆田こまめ
風そよぎ弾けたいぞと罌粟坊主
豆挽子
罌粟坊主何もお前が悪くない
陶豪
エイリアンと交信せるか罌粟坊主
陶然
罌粟坊主切りすぎたまえがみ気にして
同行二人
罌粟坊主何度も頷く風強し
洞奈津子
野球帽かぶせてみたき罌粟坊主
徳永 北道
楽園はここにあったか罌粟坊主
豚ごりら
罌粟坊主竹馬とたわむ土手に舞う
那須いずみ
芥子畑歩けばこつん罌粟坊主
那須の田舎者
離婚してまた恋人に罌粟坊主
凪野たいら
呪術めく緑の顔の罌粟坊主
楢山孝明
道の辺にぐらりぐらりと罌粟坊主
楢葉
罌粟坊主見ることなかれ白昼夢
南雲風花
そよ風に雛罌粟坊主はじゃれ合ひて
南風
罌粟坊主時の神去り立ち尽くす
楠青庵
咲き乱れ後に悪魔の罌粟坊主
二上松風
なんとなく会社へ向かう罌粟坊主
尼島里志
罌粟坊主こころも通う認知症
日下まひろ
芥子坊主揺れて誘ふ遠き国
日午
散歩道花を見ぬ間に罌粟坊主
日本酒
罌粟坊主ピカドンのごと音がする
入口弘徳
罌粟坊主返事はいつも背中でし
忍冬
罌粟坊主なくした合鍵の行方
猫げそ
少子化を議論ゆれたる芥子坊主
猫舌扁平足
月影を触手のごとき罌粟坊主
播磨陽子
人嫌いでも人が好き罌粟坊主
波の音
年とれば皆おなじ顔けしぼうず
波音
匙かげん毒も薬ぞ罌粟坊主
馬場東風(とうふう)
名付けの親は誰かしら罌粟坊主
馬場馬子
けし坊主ふけばとぶよな本命馬
馬酔木
利根の土手寝返りうてばけしボウズ
馬門宗太
罌粟坊主ひそむ宝物幾多の智
俳ビギ名
面影を寺に探すや罌粟坊主
俳菜裕子
罌粟坊主放送禁止用語めく
背馬
奏でては誘う怖さよ罌粟坊主
梅雨
芥子ぼうず配達員が元美人
梅野ゆみ子
罌粟坊主救う力の不思議かな
白井百合子
罌粟坊主メトロノームの振れるやう
白丘山人(893人)
罌粟坊主たたいて歩くや帰宅道
白銀のシリウス
罌粟坊垂れる頭が風に揺れ
白晃
罌粟坊主ヨガ教室のクールダウン
砂粒にまみれて遊ぶ罌粟坊主
函峰明治
指先でそっと触れてみる罌粟坊主
畑 詩音
罌粟坊主侵略主義の臭いあり
畑山六十二
罌粟坊主「風の又三郎」の如
比艮山
首筋にじとり無風の罌粟坊主
枇杷子
罌粟坊主フン落とされて涙する
美翠
罌粟坊主風に吹かれてダンスする
美泉
五線紙を空気に描き罌粟坊主
美年
けし坊主振ればマラカスウキウキと
美遊
罌粟坊主一夜の恋も恋のうち
柊 月子
罌粟坊主唐子たはぶる平戸焼
武井かま猫
罌粟坊主振りつつ話した散歩道
帰り道友と笑うや罌粟坊主
風らん
罌粟坊主錆びたる柵にそよぎをり
風花
文明は進化と呼べるか罌粟坊主
風文
罌粟坊主一泊二食八千円
風峰
ボヘミアンとなりたき日よ罌粟坊主
風紋
罌粟坊主まだ音はせず上を向く
風由花
これがこの阿片の素か罌粟坊主
風来
罌粟坊主そよぐ足並みジェンカかな
風林亭
軽やかな風の音聞こえるけし坊主
風鈴
花びらは海に消えたる罌粟坊主
福花
切りすぎた前髪芥子坊主が笑ひ
福島宙輝
側溝に五百円玉罌粟坊主
文月さな女
この地より特攻発ちて罌粟坊主
文女
手のうろの闇ながめをり罌粟坊主
碧西里
妖精のサッカーボール罌粟坊主
片岡ひまり
薬用と善を唱える罌粟坊主
峰江
汽車の音に曳きつれられて罌粟坊主
峰泉しょうこ
レジ前のうそ泣き坊主罌粟坊主
朋女
新居の午後カステラうまし罌粟坊主
朝の傘夕べに捨てて芥子坊主
芳香
罌粟坊主みずまきし朝カッパめく
おつかい来し八百屋の空き地罌粟坊主
房菓
けしぼうず吾子に真白のスニーカー
北葛城 達生
罌粟坊主切られて流す涙かな
凡々人
罌粟の実よ畢生ただその中に在り
枕木
空っぽじゃないと自慢の罌粟坊主
抹香鯨
メトロノームのごと風の歌聴く罌粟坊主
末摘花
罌粟坊主UFOと交信中
満る
罌粟坊主倒れて涅槃像と化す
未知
時を待つここにいますと罌粟坊主
未々
締切やさざめき嗤う罌粟坊主
岬りこ
彩落ちてまどろみの世の芥子坊主
妙光@木の芽
皿のせて風にうなずく罌粟坊主
眠 睡花
遺跡の謎トルコ土産の罌粟坊主
夢芝居よしみ
罌粟坊主吾の顔見て肯けり
明爽
罌粟坊主踏みてパンダに逢いに行く
明明
甥っ子の抜きし白髪と罌粟坊主
綿屋雨
コクリコの粋な名罌を持つ罌栗坊主
妄 児
南向くシナの兄弟罌粟坊主
網野れいこ
罌粟坊主花の色など忘れたわ
木槿
罌粟坊主眉におもかげ残る人
木塚夏実
「もうやめた」と遊び終わるや罌粟坊主
紋舞蘭
芥子坊主苞に包まれ種小さし
野うさぎ
観覧車縮んで伸びて芥子坊主
野うるし
肩ごしの大粒なみだ罌粟坊主
野の花倖菜
罌粟坊主タトゥーだらけの娘婿
野純
パトカーにこわばる如き罌粟坊主
野中泰風
罌粟坊主三人寄りて密談す
野々ゆか
罌粟坊主赤き花びら追いもせず
野良
罌粟坊主こくりこくりと風まかせ
薮内椿
トムクルーズを真似て振りしや罌粟坊主
優純bow
装いをやめた私は罌粟坊主
優夜
初恋の人も健在罌粟坊主
柚和
夕闇の幽界めくや罌粟坊主
裕人
引っ掻けば涙の滲む罌粟坊主
余熱
貧しい子といわれ涙罌粟坊主
与六
スタジアム建設現場罌粟坊主
葉っぱのようこ
利根川の土手の夕日や罌粟坊主
葉るみ
罌粟坊主ここより先を紛争地
葉月のりりん
芥子坊主今年もよくぞ一直線
葉子 A
罌粟ボウズ野に弾けたる小宇宙
遥明
銘々に星の冠罌粟坊主
陽気姫
芥子坊主朝日を浴びて背伸びする
陽光
泣きやんで風と話す子罌粟坊主
欲句歩
善し悪しをどこ吹く風と芥子坊主
嵐寛
罌粟坊主まだ育ちます生きてます
藍時 湘
罌粟坊主弾け飛び散り宇宙(そら)の旅
里甫
罌粟坊主謝罪会見十秒で
立石神流
罌粟坊主小遣い貰ひて肩たたく
立歩
記念写真師の足下に罌粟坊主
流雨
罌粟坊主安息薬に微笑みて
琉璃
罌粟坊主河童の歌を懐かしみ
隆松
アフガンの青空深し罌粟坊主
竜胆
けしぼうずのようなおっさまと芥子坊主
令和らない
罌粟坊主ゆらゆら種を育てをり
蓮水
有刺鉄線に囲まれ罌粟坊主
露草
罌粟坊主あしたはましな日になるか
老海鼠子
さよならの花呼び返す罌粟坊主
六々庵
風向きの左右まじえて罌粟坊主
和光
けしぼうず術後も消えぬ飛蚊症
和池
罌粟坊主踏まれてもなお震えてる
初七日や読経聴き入る罌粟坊主
國本秀山
天空の牧場に揺るる罌粟坊主
巫女
罌粟坊主大人になったら何になる
戌の箸置
グルーヴを風に感じる罌粟坊主
罌粟坊主コツンコツンと頭突き合い
栞父
罌粟坊主おとづる地図の水害碑
櫻川俵船
メッカへと頭垂るるや罌粟坊主
洒落神戸
ゴルゴダの丘で揺れてる罌粟坊主
涅槃girl
芥子坊主つぎは南瓜になるつもり
游真
罌粟坊主やけに妖しく右左
瀑 五月茶
ベクトルで面積求む罌粟坊主
爬虫類
谷弄る甘やかな風罌粟坊主
獺八
罌粟坊主探す上野のクリムトに
筬葉
罌粟坊主赤毛のアンの島の道
聰子
百歳の煩悩枯れぬ罌粟坊主
脩斎@105さい
髭剃りといつものカット罌粟坊主
脩平
罌粟坊主じっちゃま見てた時代劇
芍薬
・ほどの種からからと罌粟坊主
蓼科川奈
昼酒はやがて暮けり罌粟坊主
蓼蟲
罌粟坊主土手にひしめくのっぺらぼう
藪椿@木ノ芽
影武者のごとし縁下罌粟坊主
苦節偲び祝砲たらん罌粟坊主
かたちゃん
水中の鍾乳洞や罌粟坊主
村上瑠璃甫
稚児の運命闇宿る眼に罌粟坊ぞ
山下 勲

ページの先頭