俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 空蝉

第221回 2019年5月30日週の兼題

空蝉

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句
本選句欄では、添削した形で句を掲載する場合があります。
添削は作り替えの提案として句会等でも議論されます。示唆された添削案が自分の表現したいことに合致すれば、作者の判断においてその案を自作として採用してかまいません。

人

空蝉や抽斗はタイムマシーン
すりいぴい
空蝉や睡眠剤の壜昏く
すりいぴい
空蝉をウルトラセブンと交換
すりいぴい
空蝉に激しき声のあつたらうか
一阿蘇鷲二
ひしやがれし空蝉の横貌昏し
一阿蘇鷲二
ぷつくりと空蝉の眼のあまさうな
一阿蘇鷲二
空蝉を拾う仕事と割りきりぬ
胎盤に残るは空蝉の匂い
たましひをはなちうつせみこはれけり
空蝉の爪が瞼を放さない
小泉ミネルヴァ岩魚
握り潰すならば空蝉か君か
小泉ミネルヴァ岩魚
ニッポンや瓶をあふるる蝉の殻
小泉ミネルヴァ岩魚
空蝉を鳴かす硝子の瓶振つて
比々き
空蝉や板ゼラチンのやうな空
比々き
空蝉の取つ組みあつてゐる机
比々き
日光を浴びて空蝉ピキと鳴る
くさ
空蝉の爪刺さる幹まだ百年
くさ
空蝉の最後の爪の深きかな
くさ
五十年前は空蝉の樹であつた
いさな歌鈴
三年寝太郎の背に空蝉三つ
いさな歌鈴
これは昨日のあれは明日の空蝉
いさな歌鈴
空蝉のおもさ半音ひとつぶん
ほろろ。
右にゆふぐれ左に空蝉のかけら
ほろろ。
空蝉や空はまるいという仮説
ほろろ。
うつせみやちちをかへしてくれまいか
猫愛すクリーム
空蝉やこの木を神の木とさだむ
猫愛すクリーム
空蝉や吾の脳髄の熱わびし
猫愛すクリーム
空蝉透けり妣はもう老いぬ
凡鑽
空蝉や術痕拭いて母の腹
凡鑽
空蝉のきのふに縋り付く形
凡鑽
蝉の声絶へて空蝉なほ硬し
北野きのこ
精通の夜よ机の空蝉よ
北野きのこ
葉の裏に空蝉我が手にビニール本
北野きのこ
空蝉やラヴェルを弾けば日の翳る
古田秀
臍の緒の横へ空蝉しまひけり
古田秀
空蝉となるを見てゐる仮病の日
古田秀
うすらかに琥珀剥がるる蝉の殻
青田 葵
空蝉へ防犯灯の暗さかな
青田 葵
空蝉をとる瘡蓋を剥がすごと
青田 葵
せがまるる空蝉に張る絆創膏
雪子
こゑ万端に空蝉となる構へ
雪子
蝉の殻兄のにほいかもしれぬ
雪子
空蝉を潰すまあるい眼は残る
あつむら恵女
空蝉の中に居た子は死にました
あつむら恵女
空蝉の背にちょっぴりの羽の跡
あつむら恵女
空蝉を埋めて墓ではない何か
西藤智
空蝉に何を詰めても渇くだけ
西藤智
空蝉の渇き潤せぬまま破瓜
西藤智
空蝉の影に空蝉入りけり
城内幸江
空蝉や空はこんなに軽いのか
城内幸江
空蝉やジャングルジムの鉄匂ふ
城内幸江
砂を噛むやうな音して空蝉は
ヒカリゴケ
空蝉や遺せるもののある素敵
ヒカリゴケ
穴の数より空蝉の数わづか
ヒカリゴケ
蝉の数ほどの空蝉あらざりき
大塚迷路
みちゆきや空蝉もれなく背中に傷
大塚迷路
空蝉や形代燃やすかに落暉
一斤染乃
さみどりを放ちて空蝉の余熱
一斤染乃
空蝉を潰さば歳月も潰る
花伝
空蝉に怪我させらるるほどひ弱
花伝
夜を産み朝には空つぽの空蝉
亀田荒太
脚ちぎる空蝉はもう血がでない
亀田荒太
HongKongや空蝉しがみつく葉尖
蟻馬次朗
空蝉には到底登れない段差
蟻馬次朗
空蝉や正義を語るにはかろし
古瀬まさあき
空蝉を愛で星ぼしの棺とす
古瀬まさあき
空蝉を寺門に高く掃き寄せり
星埜黴円
空蝉や除染テープの巻かれる田
星埜黴円
空蝉の中に火傷の匂ひかな
倉木はじめ
空蝉や売物件の札に錆
倉木はじめ
空蝉のままで唄へなかつたのか
かのたま
空蝉はストラディバリウスの色
かのたま
新宿に引つ掛かつてゐたうつせみ
きゅうもん@木ノ芽
空蝉やラヂオ体操から帰らぬ子
きゅうもん@木ノ芽
空蝉の一体どこが死んでんだ
さとけん
空蝉や暫し青空見て死んだ
さとけん
空蝉へ戻りたい蝉きつとゐる
GARU
空蝉の樹の垂直に抗へり
GARU
背中から風吸うてゐる蝉の殻
Kかれん
空蝉を観てゐる接吻の眼
Kかれん
空蝉や影は直下に潰れ居て
あいだほ
空蝉の静かに終わりゐる形
あいだほ
寝つかれず空蝉割れる音がした
あかしの小桃
空蝉や彼の口笛は丁寧
あかしの小桃
さびしかろ空蝉だらけのかさかさ
あやの
思うほど空あおくないよ空蝉
あやの
三郎の屋根に空蝉ふりつもる
いしい美髯
エリーゼのために空蝉ひとつ在り
いしい美髯
空蝉の見残した空映す眼
ギボウシ金森
空蝉の眼最初の陽を見たか
ギボウシ金森
空蝉を昨日に拾ふ古墳かな
ぎんやんま
空蝉も空も暫くがらんどう
ぎんやんま
空蝉に憑かれたらここにおいで
ぐでたまご
空蝉透けて開戦前の空透けて
ぐでたまご
空蝉の折鶴ほどの軽さかな
こはまじゆんこ
空蝉を飼う金色の空箱に
こはまじゆんこ
ああこんな小さな草に空蝉が
こま
空蝉を万と提げたる樹齢千年
こま
空蝉をポッケに空は遠すぎる
さとうりつこ
空蝉と云うには生々しすぎる
さとうりつこ
空蝉や夢の中では壊れない
さゆみ
空蝉に選ばれし葉の瑞々し
さゆみ
空蝉つぶす肺胞きゆと縮む
さるぼぼ@チーム天地夢遥
空蝉や門まで遠きサナトリウム
さるぼぼ@チーム天地夢遥
空蝉にしがみつかれている仔犬
じゃすみん
空蝉や愚直に雨の透き通る
じゃすみん
空蝉やパンドラの匣爆ぜたあと
しゃれこうべの妻
空蝉や千尋の夜を吸うて咲く
しゃれこうべの妻
空蝉に言霊ふっと入り込む
シュリ
空蝉やあと一時間の日曜日
シュリ
月光の幽く空蝉を灼いて
せり坊
空蝉にオパール色の止まってる
せり坊
空蝉からころそうだ明日帰ろう
ちびつぶぶどう
空蝉を蹴ってガス欠駐車場
ちびつぶぶどう
墓の字のところで空蝉となりぬ
ちゃうりん
空蝉の木がある空と地のあひだ
ちゃうりん
鏡割るごと空蝉の破れをり
ツカビッチ
空蝉の虚ろ時報はずれている
ツカビッチ
空蝉の憂鬱殻のカラッカラ
つぎがい
空蝉を放らば茴香のかほり
つぎがい
いつまでもいびつなる雲蝉の殻
でらっくま
空蝉や傾いている自転軸
でらっくま
空蝉の腕あかがねに漲れり
とおと
わるいことならうつせみに詰めておいで
とおと
空蝉のぽーんエンジン再始動
どかてい
蝉の脱け殻解答はバツばかり
どかてい
空蝉に微量の落下てふちから
ときこ
空蝉の丸みに窪むたなごころ
ときこ
空蝉の朝に晒されしわくちや
としなり
空蝉やつなぐ吾子の手の熱量
としなり
空蝉やご詠歌のこぶしはスロー
トポル@みすゞ
空蝉と成れば寂し と寄り合ひぬ
トポル@みすゞ
空蝉の背から白昼が出てきた
なみはやらんる
幾千の聲降るそれはわたしの空蝉
なみはやらんる
空蝉や今日あをあをと被爆の木
にゃん
空蝉の柩清閑たる文箱
にゃん
拾いあぐ空薬莢と空蝉と
はむ
空蝉や伽羅の香満ちて宵となる
はむ
空蝉や明るき母の無頓着
ひだ岩魚
哲学の道に空蝉拾ひをり
ひだ岩魚
空蝉や縄文時代は海でした
ひなた
空蝉や東の空が赤かった
ひなた
空蝉の蝉より長きうつつかな
ひねもす
空蝉やソークラテース以前以後
ひねもす
空蝉の目の明星をとどめけり
みかりん
空蝉を振ればかすかな鈴の音
みかりん
空蝉は木霊孕みてがらんどう
みそまめ
空蝉にフィルムケースといふ柩
みそまめ
空蝉の重なりてなほ青き空
みやこわすれ
空蝉となれぬ骸の眼のあをし
みやこわすれ
木霊らの蒼然空蝉の黙然
めいおう星
空蝉は風を聞く虚澄ます虚
めいおう星
葛藤の後の虚ろや蝉の殻
めぐみの樹
殊に美しこの空蝉の目鼻立ち
めぐみの樹
空蝉のどこか胎児の姿して
ラーラ
空蝉よ魂の色教えてよ
ラーラ
Xの仕業、空蝉の残骸
りんたろう
空蝉や人は青空好きだという
りんたろう
自慰したる夜へ空蝉のすきとほる
ローストビーフ
空蝉こはす初恋は不倫でした
ローストビーフ
空蝉や一壷の天に日はのぼり
わらび一斗
空蝉や黙しがちなる変声期
わらび一斗
空蝉の体臭風に怠き朝
哀顏騎士
閃光の夜空蝉は交尾する
哀顏騎士
蝉の殻握りつぶして天気雨
或人
空蝉や御朱印帳のまっさらで
或人
空蝉や過ぐる月日は澱となり
伊奈川富真乃
紙垂汚す雨のしづくや蝉の殻
伊奈川富真乃
空蝉や猿猴橋に親柱
伊予吟会 宵嵐
空蝉や斜塔のごとき箒の柄
伊予吟会 宵嵐
ご自分の空蝉は持ち帰れとか
井久
空蝉のすがる看板キンチョール
井久
節穴に空蝉嵌めて忘れけり
遠音
翅脈まだあをし空蝉ほの甘し
遠音
空蝉のしばらく父の書架に座す
可笑式
ことごとく空蝉まれにして涅槃
可笑式
空蝉やあの日奪つた宇宙ゴマ
夏柿
空蝉や聲かけられたやうに風
夏柿
空蝉のなんて素敵なすっからかん
花南天anne
空蝉や乾けば空になる心
花南天anne @空(から)
空蝉や人もなかなか壊れ物
霞山旅
空蝉の最早光と紛ふ影
霞山旅
空蝉や燃やせば写真反り返る
樫の木
伐採の杉の空蝉ごと倒る
樫の木
主婦たちの密談うつせみがひとつ
瓦すずめ
空蝉が動いて僕は家出中
瓦すずめ
この辺りの空蝉はB級品
岩のじ
空蝉の中はアスフアルトの匂ひ
岩のじ
空蝉の中や乾いた風のこゑ
輝 龍明
空蝉や司令部壕の中へ風
輝 龍明
空蝉や団地の夜のぬめる風
久蔵久蔵
空蝉や黒猫の背の乾きをり
久蔵久蔵
山門や空蝉少し生臭き
京野さち
近頃の空蝉どうも柔らかい
京野さち
空蝉や風をトパーズ色にして
渓湖
うつせみやゆたかにそらをかわかして
渓湖
うつせみはじゆうですか
月の道馨子
空蝉や母居る壺の重きこと
月の道馨子
空蝉の一カラットの雨零る
月見柑
空蝉の風を溜めたる棺かな
月見柑
空蝉の空にとまれば空の色
原田駿
空蝉の腹にゐるやうな夕暮れ
原田駿
空っぽや商店街も蝉の殻も
綱長井ハツオ
頭より崩れ初めけり蝉の殻
綱長井ハツオ
さかさまの空蝉さかさまの社
香羊
うつせみやとつきとおかの鼓動あり
香羊
空蝉の声を聞かんと耳すます
国代鶏侍
此ノ日ヨリ空蝉ノ売買禁ズ
国代鶏侍
空蝉の粉ふる谷を喇叭響む
斎藤秀雄
空蝉の割れ目撫づれば都会の火傷
斎藤秀雄
マンションの空蝉砕く車椅子
斎乃雪
空蝉の猪除け柵にたわわなる
斎乃雪
空蝉五個ネットで四百九十円
三重丸
空蝉はコロポックルのされこうべ
三重丸
空蝉やピカソは非対称に生き
山香ばし
空蝉は鳴かずタクシーは人を待つ
山香ばし
空蝉の背を割る月のつぶてかな
次郎の飼い主
空蝉のまだ濡れてゐる凸レンズ
次郎の飼い主
空蝉や弥勒の指の曲がるごと
七瀬ゆきこ
空蝉の影がからつぽ連れてゆく
七瀬ゆきこ
空蝉を蝉殻として潰しけり
朱契
月を仰ぐマリアは空蝉を握り
朱契
空蝉を探す日庭は森になる
秋月真
学習机は今日から空蝉展示場
秋月真
空蝉の声がここに染みてゐる
春日のぽんぽこぴーな
空蝉や嘘つきの毒は届かない
春日のぽんぽこぴーな
空蝉の中の青年時代かな
純音
空蝉や牛舎にうごく牛の影
純音
空蝉を七年煮ます忘れます
小川めぐる
空蝉を吹いて寂しき音逃がす
小川めぐる
空蝉や朝練の無い朝だった
小椋チル
空蝉と目が合つてゐたのです先生
小椋チル
空蝉のむかしはよかつたよかつた
小木さん
空蝉の当分続く寿命かな
小木さん
ピッコロの音なら入る蝉の殻
松山めゐ
ともだちはえらべるのですせみのから
松山めゐ
一列に空蝉置けば死出の旅
笑松
空蝉を並べあの世に行くかたち
笑松
空蝉に成りきれぬものなんと呼ぶ
上倉すず女
空瓶へ空蝉ほとりほとりかな
上倉すず女
空蝉となりて見る世は歪みをり
城山のぱく
空蝉の背を丸めたる痛みかな
城山のぱく
空蝉や今朝交番の「死亡 1」
寝不足のラムネ
水楢の幹空蝉の脚ひとつ
寝不足のラムネ
空蝉や抜けたるは蝉だけでなく
仁和田 永
砂山の王となりたる蝉の殻
仁和田 永
空蝉の産毛に空ろありにけり
逗留舎なお
空蝉やギブソンの弦錆びている
逗留舎なお
空蝉の少し焦げたる匂ひかな
杉本とらを
爺ちやんの匂ひに似てる蝉の殻
杉本とらを
空蝉の軽さ産褥期の怠さ
青海也緒
空蝉や私の胸はみづみづし
青海也緒
空蝉にまだ霊魂の濡れのこる
青萄
空蝉のうえに空蝉撮られたる
青萄
空蝉や告ぐ唇に日の翳り
青木りんどう
空蝉や不妊治療をやめた朝
青木りんどう
薪くべる空蝉しがみついたまま
石川 聡
空蝉や二三匹ほど蟻透ける
石川 聡
空蝉潰すろくでなしの気分です
雪うさぎ
空蝉の御神木ごと祀らるる
雪うさぎ
空蝉の風を濾したる林かな
大雅
蝉の殻隣は蝉に成りきれず
大雅
空蝉のなかに私を匿って
短夜の月
空蝉のまず掴まれて捨てられて
短夜の月
からからに空蝉を灼くひかりかな
中岡秀次
空蝉の主はいまごろ交みたる
中岡秀次
空蝉や虚空の隅に涸びたる
中山月波
空蝉やラジオをつけたまま眠る
中山月波
少年の隠れ家せみのからのなか
宙のふう
空蝉や幹にせせらぎあるといふ
宙のふう
空蝉の置かれて長男は家出
登りびと
空蝉はおほかた陽より湧くのだらう
登りびと
空蝉の生まれる涙だったのか
冬のおこじょ
空蝉のために空指す樅なりき
冬のおこじょ
深呼吸ほら空蝉のごと澄めり
桃猫雪子
借景に空蝉ありて母子かな
桃猫雪子
国へ帰らむとす空蝉のかたち
藤田康子
空蝉に蝉の思ひはなかりけり
藤田康子
空蝉は松に力を溜しまま
陶然
空蝉や私を知らぬ母とお茶
陶然
おとうとの塚へ空蝉犇めけれ
内藤羊皐
空蝉に隠逸の水ひとつ鳴る
内藤羊皐
一滴の水に空蝉またうごく
日出時計
空蝉の背の割れてゐる腥し
日出時計
引き籠もる蝉の抜殻空いてますか
日田路
泣き方が思い出せない蝉の殼
日田路
空蝉や教訓的なとこが嫌
畑山六十二
空蝉や泥にまみれる夢もある
畑山六十二
空蝉の眼や万物は光なる
板柿せっか
うつせみのかぜにゆられてかぜをゆらして
板柿せっか
街やおほきなおほきな空蝉のなか
彼方ひらく
空蝉や辛いニュースは聴きなさい
彼方ひらく
傷自慢一等蝉の殻あげる
稗田鈴二郎
空蝉が蝉一式をしぼり出す
稗田鈴二郎
人生の頂点はいつ蝉の殻
福蔵
空蝉や鏡見ぬ日も人老いて
福蔵
避難勧告じっと聞いている空蝉
平本魚水
空蝉の収集瓶が足りない
平本魚水
なむしゃかと空蝉の鳴る母屋かな
綿井びょう
空蝉を踏みて割れたる胸の骨
綿井びょう
空蝉の渋滞の木の痒からむ
木村ひむか
空蝉や空缶甘く棺とす
木村ひむか
空蝉に選られ一木の鈴生り
野地垂木
空蝉や腹に飼ひたる黒き渦
野地垂木
【衝撃映像】空蝉に入ってみた!
野良古
空蝉のからりと浮きて東京都
野良古
空蝉の転がる真夜や歌舞伎町
油揚げ多喰身
交換す空蝉五個と掃除係
油揚げ多喰身
空蝉に星の浮力のありにけり
有瀬こうこ
水飲み場に鼻血の匂い蝉の殻
有瀬こうこ
空蝉に溜りて重き光かな
与志魚
空蝉や蝉は静けさここに脱ぐ
与志魚
空蝉やえりちゃんにあげるか迷う
和池
空蝉やお道具箱に残る足
和池
空蝉や背に魂の尾の白く
洒落神戸
カッコイイ順に並べる蝉の殻
洒落神戸
空蝉の中は宇宙の静けさで
龍田山門
空蝉が二人の間に落ちている
龍田山門
空蝉や空へたましひぶらさげて
緑の手
空蝉やこはれものなる暮色の眼
緑の手
だからこそ空蝉を粉粉にする
鈴木麗門
罅すこし又すこし割れ空蝉に
鈴木麗門
空蝉にしやらしやらと聲ふりつもる
蓼科川奈
うつせみや輪郭線のあはき朝
蓼科川奈
空蝉はきれいな白亜紀の氷
ウェンズデー正人
青空の迫り空蝉まつぷたつ
玉庭マサアキ
空蝉をまあるく避けて母は拭く
牟礼あおい
空蝉の曙色の眼かな
28あずきち
空蝉や天皇陵の赤む空
28ひろきち
空蝉になるためにだけ木を登る
⑦パパ
空蝉のあれは地中を恋うる色
99カリン
町を出る空蝉千個集め終へ
be
空蝉に潮騒の音届きけり
Dr.でぶ
空蝉がまた襲い来る夢をみる
KAZUピー
空蝉に透くよ明日の青い空
RUSTY
月光に空蝉の動き出しさう
sakura a.
空蝉の見上ぐる夜のアドバルーン
TAKO焼子
邪念なき空蝉よ琥珀に還る
Vn 花のん
空蝉よ私あすから元の姓
yoko
空蝉を柔くつかんで飛ばしたり
アーナンダ
空蝉や自作怪獣描いてた頃
あいみのり
空蝉をもげば樹皮にのこる爪
アガニョーク
かさかさとかさかさとおやうつせみが
あきおかば
空蝉やレコード針を置くように
あざみ
鳴き声は家の空蝉かもしれぬ
あさり
空蝉やヨガの帰りの空赤し
あまぐり
空蝉や燃えてゆくヌードグラビア
あまの太郎
剥がすとき痛い気がする空蝉を
あまぶー
空蝉やアコーディオンの空虚五度
いかちゃん@「空虚五度」とは、長調の基本的な和音「ドミソ」や短調の基本的な和音「ドミ♭ソ」から真ん中の音「ミ」「ミ♭」を取り去った「ドソ」という和音のことを言います。真ん中の音がないために長調とも短調ともつかない空虚な響きを持つとされ、とりわけ20世紀以降の音楽では基本的で重要な和音のひとつとしてよく研究されています。
空蝉や音を拾えぬ母となり
いつか
空蝉のたましひ森の透くるまで
いつき組福岡リスナー班/由美子
歳月を割って余りよ蝉の殻
いなだ君二年生
空蝉にやはらかさうな夜明けかな
いまいやすのり
空蝉のまわりの空気から壊れ
いゆ蘭
空蝉を懺悔話の袋とす
うしうし
空蝉の背の破れ目の正しさよ
うづら
うつせみや床には古き鎧櫃
ウロ
処理班の如く空蝉回収す
えむさい
空蝉や奄美の空の丸いこと
えらぶゆり
空蝉の中に希望が残ってた
おおやぶちょ
空蝉の背中に鍵もなかりけり
おけら
空蝉の中にまだ息残りをり
お気楽草紙
哀れなど潰して吹いて蝉の殻
カオス
空蝉や黙祷からのクラス会
かこ
美しい戒名や空蝉壊る
かざばな
空蝉の十匹目から不気味なり
かたな
空蝉の朽ちて風任せの体
かつたろー。
空蝉や雲の重さの日向雨
かもん丸茶
カラフルな空蝉あってもいいじゃないか
きしきし
空蝉の背なより出る糸の果
キッカワテツヤ
空蝉や片付け始む献花台
きなこもち
パパにだけ見せる空蝉良い形
きな粉のおはぎ
おもむろに空蝉となる夜明けかな
キャサリンまさこ(まさこ改め)
空蝉やスキップの子のニ長調
ぐずみ
空蝉や嘘はつかない歳となる
クラウド坂の上
腐らぬものに空蝉と我が心根と
くりでん
うつせみと綴るペン先細かりし
ぐれむりん
空蝉や竹刀に戻りくる残心
けーい○
空蝉の数だけ空は青でした
けら
空蝉や戒名にある山と風
こじ
特攻の清らな手紙蝉の殻
ことまと
こゑといふこゑ解き放ち蝉のから
こなねこ
空蝉や何か残されてはいぬか
コナラ
空蝉や時差に奪はるる太陽
こぶこ
空蝉や振れば砂漠の音のする
これでいいのだ
空蝉や傘寿の脳は透けている
さくやこのはな
指の腹ぱりりと空蝉弾けをり
さとう菓子
蝉の殻また動き出しそうな爪
さわこ
空蝉はキャラメル箱に横たわり
しー子
空蝉や臍の緒入れの名は掠れ
しかもり
空蝉やしがみつきたる防空壕
しげる
雨湛へ空蝉水の星となる
ししまる
ショッピングモール予定地映る空蝉の目
ジミーあゆみ
派出所に届きし空蝉三件目
しみみ
手の平へ空蝉おけば風のきて
しゅんらん
空蝉や明日をさぐる枝のさき
シロクマ太郎
胸に空蝉二階級特進す
ず☆我夢@木ノ芽
空蝉は即身成仏のかたち
すえよし
そよ風に壊れた空蝉がひろがる
すずき忍すけ
空蝉や朱橋に風の雲巌寺
すみれ色の涙
半生を抜かれ空蝉残りけり
そめいゆ
蝉のから石屋に墓銘きざむ音
たいぞう
空蝉や掴みし爪間に風ぬける
タック
空蝉や渾身の反り身なる完
たま
あの体勢は並みの空蝉じゃない
たるみ
片恋のをはり空蝉焦げ臭き
たんじぇりん金子
川遊び空蝉越しに見てゐたる
ちゃんごりん
空蝉の背より最後は希望出づ
テツコ@第二まる安
格子戸に空蝉のやはらかにをる
でぷちゃん
空蝉の千は下らぬ御神木
てまり
空蝉や賢治の空を宿したる
ときめき人
空蝉や金色堂の夜光貝
としまる
翅やぶれても戻りたくはない空蝉
どどめ色
町の音切れて空蝉となりぬる
とのじ
空蝉や認知症告ぐ友の声
とんとん
空蝉の重なりをるははらからや
とんぼ
恍惚の跡はあめ色蝉の殻
なご
空蝉やグラスはからんと最終章
ナタデココ
空蝉や白紙のままの進路希望
なつぽよ
万匹の空蝉の声一つかな
なめろう
夕刊に空蝉乗せてかざし見る
なよろ
抽斗の空蝉やがて番ひだす
ぬらりひょん
空蝉や朝のラジオのカラ元気
ねむり猫
空蝉を留まらせ朝の立ち上がる
のぶ子
空蝉の転がりてなお尖りけり
パオ
空蝉や数万体の骨仏
パッキンマン
空蝉や思ひ残しのなき骸
ははろ
空蝉の淋しくなれば空を飛ぶ
はら美華子
空蝉を甘やかに割るハイヒール
はるや
空蝉を落とす響きや黒重機
ひいらぎ
空蝉のクレバス覗き込んで風
ピサロ昆布
空蝉や記憶がからからといふよ
ひでやん
苦労して脱いだうつせみ700匹
ひろしげ11さい
空蝉にやどる木霊 の金の色
ふあんた
空蝉は永遠に黄昏色まとふ
ふじこ
空蝉や延びた昼下がりの匂ひ
ふたあい
空蝉や湖の樹間へ散る太虚
ぶどう雲
青空の底を仰臥の蝉の殻
ふるてい
空蝉もままごとセットも置き去りに
ふわり子
空蝉やあてなく拾う癖抜けず
ヘリンボーン富樽
空蝉や我の痛みは我のもの
ほしのあお
空蝉や舌に乳歯の抜ける味
ほしの有紀
うつせみや正倉院の絹の履
ほろよい
空蝉と蝉は赤の他人でした
ぽんのじょう
空蝉や岩石標本箱の香
マオ
空蝉のしわに犬のよだれつく
まこちふる
空蝉や哀しき顔の固まらん
まちる
一震え二震えもして空蝉に
マツイミキロウ
空蝉の寝言わたしは生きている
まどん
空蝉の動き出したる気配かな
まりい@木ノ芽
ひと舐めで溶けさうな空蝉握る
みこ
空蝉のまだ気が付かず己の死
みちる
空蝉に戻りたくなる夕間暮
みどりちゃん
宿下駄の焼き印四角蝉の殻
みなと
空蝉のなかを茫茫時流る
みやかわけい子
空蝉の空蝉つらぬきて 朝(あした)
みやこまる
空蝉の詰まるカンカラあさだ飴
みよしい
空蝉やかさかさじゃりと薬研ひく
むったん
空蝉や昼間を閉ざし父眠る
むらぴ
空蝉や地球のヘリにしがみつき
めしめし
空蝉や昨日に生きる今日の吾
もせきのこ
空蝉や父には妻のあるらしき
ももたもも
尻押すと歩き出しそな蝉の殻
もりお
空蝉や実家をたたむ話出て
やまぶき
玄関にうつせみの脚落ちてゐる
ゆうが
空蝉の中身を追って老いた僕
ゆみづき
空蝉や透明な嘘吐くむすめ
ゆりたん
空蝉よ鳴け被爆者の絶ゆる時
よしおくん
空蝉や弥生の笛の指のあな
よぶこどり
ひとかぜにずずと机上を蝉の殻
ららやにほ
空蝉を見てたら腹が減ってきた
ラリロリラリラ
しゃっくりをしたらうつせみにげるかな
りすだいすき(3才)
空蝉や名刺の上の知己ばかり
る・こんと
空蝉や「空」の哲学ひとしきり
るびちゅ
ことのはのはしからうつせみになりぬ
るりぼうし
秘密めく空蝉ありや姫鏡台
れい
空蝉や日を照り返す吾子の墓
ワルイージ
空蝉と癒えゆく傷の痒みだけ
ワンダフルもずく
空蝉に傷海峡にだるま船
葵 新吾
空蝉やこの世に歌のあるあかし
伊藤欣次
空蝉の勲章放る風呂場かな
伊豆子
空蝉や輪廻の脆き澪標
位相朗
手に取れば空蝉指にすがりつく
井上喜代子
ひりひりと空蝉壊れ筋肉痛
一音乃 遥
あは去年のこは今年なる蝉の殻
一生のふさく
空蝉のうつせみ色に暮れ泥む
一走人
空蝉生まれたて今日も生まれたて
宇田建
昇る陽や地面に空蝉十億
宇田建
空蝉や抱きあってるるるるるる
烏飛兎走
空蝉が陽気なところだけ見せる
羽沖
空蝉を掴むパリッと駄菓子かな
羽光
空蝉の落葉の如き聲を聞き
羽藤武彦
空蝉や万年筆は夜に鳴く
卯年のふみ
空蝉の裂け目から入る黄泉の国
映千
実はうそです空蝉こはれます
越智空子
空蝉をつぶす昇進までつぶす
遠野 かなみ
空蝉や茶色の弁当が旨い
塩の司厨長
空蝉の影生きてゐるかも知れず
塩谷人秀
空蝉に羽なし我に翼なし
乙子女
空蝉や回るコインの止まり際
佳月
七日目の空蝉土へ落ちる音
佳山
空蝉やがらんどうなる森の跡
加賀もずく
空蝉を求む視線の賊めける
夏出ひさし
空蝉やひと思いには踏めませぬ
花紋
引き出しの空蝉ゆうべ泣いたかも
茄子美
菓子箱の空蝉留めるピン錆びて
蛾触
空蝉や胎児のやうに動きさう
雅喜
空蝉の背中からもれる独り言
海野しりとり
空蝉や上海は空暗き街
灰色狼
空蝉や脱いでしまえば殻薄く
笠原 理香
耳鳴りを蝉の殻へと移しをり
再会は二年後空蝉はいない
幹弘
空蝉になれぬ奴らの死を想へ
菊華堂
空蝉やいつからそこに本棚に
丘 るみこ
空蝉に風の始まる朝かな
久我恒子
空蝉のまず目にしたる己が身よ
弓女
中古らし空蝉拾う下校かな
泣きそうだ
空蝉の爪にセシウム残りたり
虚実子
へばりつく空蝉ワイン樽の染み
鏡葉
弔いのごと空蝉の透けゆけり
玉響雷子
空蝉や遠くラジオは雨を告ぐ
玉木たまね
空蝉やダンプに土砂と掬はるる
金子加行
空蝉や少し心を置いて行き
金治宜子
己が影追うて転がる蝉の殻
吟  梵
空蝉を呪いのように君の手に
空蝉
空蝉やあなたは誰と父に問はれ
空遊雲
空蝉やどうやって抜く君の棘
桑島 幹
空蝉やうつつのひかりまぶしかろ
桂奈
母は空蝉を潰した訳話さず
月の砂漠★★
空蝉を貰いプリンを譲りけり
元元
放置自転車のタイヤに空蝉
元木まだら
月の夜に空蝉少しだけ動く
古都ぎんう
キャラメルの色に風鳴る空蝉よ
枯丸
空蝉や空と大地の境界線
口岩健一
あ 奇麗だね空蝉の目の透明度
江戸人
空蝉を踏んで足占のやりなおし
江口小春@足占(あうら)は古代の民間占法。
空蝉の爪に力の哀しさよ
香壺
空蝉の空っぽ過ぎる目へ光
高橋寅次
空蝉の割れて零るるもののなし
高田祥聖
漆喰の凪に空蝉へばり付き
克巳@いつき組
空蝉のうへの空蝉すけてをり
黒子
空蝉の旅発つところは見なかった
根本葉音
空蝉は真昼の星座見てをりぬ
砂山恵子
空蝉の壊れて薄き紙の音
彩楓(さいふう)
空蝉を見て上を見て下を見る
三水低@第二まる安
空蝉というには爪の鋭さよ
山裾 都
うつせみの裂傷よく頑張ったよく頑張った
山田喜則
空蝉よ木喰行満ちて木霊
山踏楊梅
せみのからあつめたしかたなくうめた
山陽兵
空蝉の目玉であったはずの虚無
珊瑚
空蝉の背から墜落したようだ
司啓
空蝉が賽銭箱の底にいる
四丁目
空蝉をどこから抜けて行ったやら
始の子
人生は暇つぶしとか蝉の殻
志保川有
空蝉の玻璃の眼よりの銀河系
糸慌@木ノ芽
耳元で空蝉崩し森を聞く
紙威
空蝉や築百年の梁の艶
空蝉や掌にある戦後なんとせう
慈温
空蝉や絵日記のうそひとつ描く
鹿歩
思ひ出を一つ忘るる蝉の殻
朱夏A
空蝉の覚悟の力爪先に
樹朋
空蝉に何が残っているのだろ
潤目の鰯
空蝉やべっ甲色に影縮み
小エビ
空蝉の数ほど蝉の鳴かぬ庭
小熊伸子
小箱には方位磁石と空蝉と
小市
掌の空蝉こはれさうに恋
小春
空蝉や土に還らぬ空ボトル
小倉あんこ
空蝉や義兄が婚約してしまふ
小倉じゅんまき
シャンソンのこぼれいでたり空蝉よ
小殿原 あきえ
空蝉や割る背を甘美なる痛み
小田寺登女
賛否問う光集めし空蝉に
小梅
潮騒を聴き続けたる空蝉は
小野更紗
空蝉に樹液の音の聞こゆるか
昇華
空蝉の太陽呼び寄せる呪文
松浦麗久
空蝉の数よりあまた蝉の声
松山
空蝉や団塊去りし2DK
常陸人
空蝉をこはさぬやうに掃きにけり
慎吾
どうしても空蝉潰す気になれず
森の水車
空蝉や再婚すると人づてに
真宮マミ
空蝉と乳歯を攫う予報あり
神宮くみち
空蝉やあの娘が泣いた訳を知る
神山やすこ
ガンダムと独楽と空蝉いっしょくた
神山刻
空蝉や手つかぬままの仕立て物
神田央子
空蝉や安土城跡風来たる
水城
母の掌は長寿の相ぞ蝉の殻
水夢
空蝉や未だ生きてるか鳴いてみよ
杉尾芭蕉
空蝉やジュラ紀の記憶錆びた海
世良日守
空蝉にぎゅうぎゅう詰めの愛もある
瀬紀 眉
空蝉や今年も祖母が帰って来た。
晴海南風@木ノ芽
空蝉や水音昇る御神木
正木羽後子
盲いし蝉丸 杖先の空蝉
清ら
空蝉や若狭の朝の海の碧
清水祥月
空蝉の無窮に透ける茜雲
清波
空蝉に九年分の黙を嗅ぐ
西川由野
空蝉を見下ろしながら啼いてをり
青玄
空蝉や深い眠りのカタコンベ
石井茶爺
空蝉やまたぼくに生まれてこよう
赤馬福助
空蝉や空から遠くなつてゐる
赤木
我が声を知らず空蝉風になる
千恵
空蝉や未婚・既婚の間に◯
千葉まどか
空蝉や署名押印して他人
占新戸
空蝉よもう青空に届いたか
浅河祥子
まだ空に憧れてゐる蝉の殻
創太
夢なのは空蝉までかそれからか
蒼奏
葬送や空蝉は日にあたたまり
村上優貴
空蝉や鴎外旧居抜くる風
多事
空蝉を時の残滓と思ひけり
多々良海月
引き潮の埠頭の杭の蝉の殻
泰然
空蝉やさらの私になりたいよ
大津美
空蝉や納骨終えし妣の壷
大槻税悦@「壷」が上手く返還できるか否か心配なので、読みを記載します。「うつせみやのうこつおえしははのつぼ」骨壷にお骨が入っているときは、その骨壷を母だと思っていました。お墓に入れるための布の袋にお骨を詰め替えて、ふと骨壷を見ると、それは母の名前が書かれたただの壷でしかありませんでした。なんとも言えない不思議な感覚でした。/大槻税悦
うつせみを拾うたびに鐘なりぬ
大坪美智子
隣人は真夜中と空蝉を掃く
大和田美信
退屈と死を空蝉へ置いてきた
鷹星
空蝉の残る力を剥がしけり
達哉
空蝉のかたち神さま苦心せり
谷口詠美
手のひらの空蝉空の音がした
池田郁英@空(くう)
空蝉をじやりじやり噛めば無味なりき
池田香
空蝉の綺麗なままでふさぎこむ
竹 夢月
空蝉や透かして七年前を見る
竹内みんて
空蝉は砂のお城の墓じるし
茶鳥
空蝉や羅生門の森にまよふ
中根由起子
空蝉や星を見つめし星の見つめし
衷子
空蝉も皆鳴きにけり鎮守様
長田写々
空蝉を幾つ遺してゆくや人
津軽ちゃう
空蝉や夢の続きに居る我ら
津軽まつ
空蝉や西暦高が二千年
津軽わさお
空蝉や死人はひどく重かった
椎の木くるみ
一代記了え空蝉の軽さかな
辻が花
空蝉やたんすの底の鯨尺
定吉
空蝉やドナーカードの「眼球」に×
天水郷
空蝉や昭和生まれもいるそうな
天晴鈍ぞ孤
空蝉や女の尻のやうな岩
天玲
空蝉やジョンレノンが流れてる
田村美穂
空蝉や戦車のおもちゃ進攻す
田中耕泉
空蝉の眼だけ時間が動いてる
渡野しえん太
空蝉は海を孕むや雨の庭
都南萌生
空蝉に青空人に性善説
都乃あざみ
空蝉も宇宙に持つて行けぬとは
土井デボン探花
空蝉の名はキャサリンといふらしい
冬戸梅雨
歩きスマホ空蝉を踏み潰しけり
島崎伊介
空蝉や眼に洋館の灯を写す
東山
お迎へを素直に待ちて蝉の殻
桃和
空蝉や遺影相手に酒を酌む
藤原訓子
空蝉のみしと破るる背中かな
藤色葉菜
空蝉や遺影を選ぶ母の昼
藤野あき
空蝉や森には雨と死の匂い
豆田こまめ
空蝉や鬼の宿りて墨を摺る
豆闌
空蝉や松煙墨に瀞む青
透史
空蝉の背より泥水ふた滴
空蝉や人はみいんな良品だ
奈緒女
空蝉の背を縫ひつけて軍備かな
凪野たいら
空蝉をとほる光の美しき
楢山孝明
空蝉や振り返るのは人だから
尼島里志
空蝉やジュラ紀の夢を語りだし
入口弘徳
空蝉のこれは雌だというお尻
猫ふぐ
空蝉や全てでたらめだった夜
猫渓
嘘つきは閉ぢ込めますよ空蝉に
播磨陽子@花野句会
空蝉のぬくもり失せし朝日かな
波音
夕暮れの空蝉なにか言ってくれ
背馬
空蝉の裂け目に漏れる夕陽かな
梅雨
空蝉をつまむ力を迷いおり
白居千夜
脚のない空蝉ひとつ波へ消ゆ
白瀬いりこ
掌の空蝉に風生まれけり
白鳥国男
かしやと踏む空蝉かしやと杉木立
麦吉
嬰児の手に空蝉のくしゃと鳴く
ローカル線の改札口空蝉一つ
畑 詩音
空蝉の脚の先まで虚かな
八幡風花
空蝉や眼球に光の記憶
飯村祐知子
空蝉や実家を捨つる親の傘
比良山
空蝉に少し届かぬ犬の綱
美年
空蝉の怒りくわっと背の口
柊 月子
空蝉のなかに山家の風孕む
武井かま猫
空蝉の中には過去が入ってる
風花
空蝉や鳴声増さりゆく山路
風慈音
天守閣喰らい付きたる蝉の殻
風舎哲坊
うつせみは夢をみるらむ琥珀のゆめを
福花
子宮てふ空蝉のをる腹は冷え
福良ちどり
空蝉や群青の夜の月赤し
文女
空蝉を脱ぐに怪我などせぬものか
聞岳
水たまる仏足石に蝉の殻
平康
空蝉をハンカチーフに埋葬す
片岡ひまり
空蝉や借り物ひとつ還したり
弁女
産土の空蝉あまた禰宜ひとり
空蝉に広きあしたの翅の有り
蜂喰擬
無格社を百年蝉の蛻かな
蜂里ななつ
空蝉や力み弾けし残一糸
お食い初め空蝉の脚隆々と
暴朴
空蝉の童女五人に囲まれる
望月ゆう
空蝉から音が漏れるは木の声か
北村 崇雄
空蝉にカーブミラーの反射かな
睦月くらげ
引き籠る子よ空蝉に何を埋める
堀口房水
空蝉の風に螺旋を描きけり
凡々人
靴のうら空蝉ぱきゃりぱきゃり鳴く
枕木
背中から斬られたる呆蝉の殻
抹茶金魚
空蝉や沛雨のあとに体火照る
末摘花
空蝉やわたしから出てしまった子
未補
空蝉や生きたいという形して
眠る烏龍茶
空蝉に触れて少年探偵団
椋本望生
空蝉の掬ふ涙のやうな雨
明惟久里
還暦や我の空蝉探す夜
明明
空蝉や瓦礫の村の水の跡
木乃伊
空蝉の飴色甘くなかりけり
木塚 夏水
空蝉にひかりの記憶ありぬべし
木塚夏水
喪の明けて眼に空蝉の軽きかな
門前町光乃
空蝉や翡翠の森を月照らす
野うるし
空蝉は乾いた空にあらわれる
野の花さな(さな7才改め)
空蝉の奥で囁き合う二人
野純
空蝉の硬さに指の先痛む
野倉夕緋
空蝉の抜けて膨らむ大宇宙
野々原ラピ
空蝉や目玉にこびり付きし泥
矢的@第二まる安
空蝉やコインロッカー闇深し
柳児
空蝉や傍にいるだけの初恋
薮内椿
空蝉を振れば聞こゆる波の音
有田みかん
空蝉の標大樹の一合目
ステナイデフルサトダカラウツセミハ
遊飛
蟻一匹空蝉の中通り抜け
与六
空蝉を抜けて少年時代かな
羊山羊
塾帰り空蝉乗せる単語帳
葉るみ
空蝉の軽さ竜巻注意報
葉月けゐ
空蝉はいつ空蝉となるのだろ
雷紋
空蝉は星を見つめたまま残る
利平
空蝉の小切手ほどの軽さかな
立志
空蝉として今うすあをき翅の陰
留野ばあば
空蝉や清拭終へし背臀部
竜胆
空蝉や森深きこと怖れずに
龍秀樹
形よき空蝉旅に連れゆくに
露砂
千の手に空蝉侍る菩薩かな
老人日記
長谷寺の回廊長し蝉の殻
巫女
空蝉に届くか星々の哀歌
朶美子(えみこ)
脱ぐために五分の傷あり蝉の殻
淺野紫桜
空蝉や形がにほふ伽羅細工
獺八
空蝉の影がうるさく泣いている
祺埜 箕來
現世に残す詩欲し蝉の殻
聰子
空蝉や厠に響く尿(しと)の音
芍薬
空蝉の傷に光の祝祭歌
邯鄲
ブロック塀ぎぎと空蝉剥がす音
闍夢
空蝉の村に嫁げば静かなり
鴉飛兎走
陽に透かす空蝉今日を閉じ込めて
sol
空蝉やほたりと落ちるとき笑う
あさふろ
空蝉が留まりし草に風そよぐ
あらーさなえ
空蝉の額に乾ききった泥
あるきしちはる
乾ききる洗濯物も空蝉も
いいよかん
仏像の掌におく蝉の殻
いわきり かつじ
空蝉のばかりと割れてがらんどう
おくにち木実
空蝉の角度に仰ぎ見るあした
かまど
洗濯機に残る空蝉らしきもの
かをり
空蝉のひしゃがれやすき硬さかな
ひいろみ
すずなりの空蝉の木や恐ろしき
ビッグマム
空蝉や古代鉄器の刃の欠片
ひろ志
鏡台に空蝉ひとつ置かれをり
ふうせんかずら
空蝉やひっくり返した砂時計
ぼたんのむら
ころんと空蝉無人駅のベンチ
みえ
空蝉や工期の伸びた駐輪場
むらたふみ
空蝉の爪の微かな引っかかり
ゆすらご
教室も空蝉もまた静かなり
るみ
空蝉や被曝電車の走る町
紅塩寝子
空蝉やファーブルの子にヴェルヌの子
今田無明
空蝉の無一文なり風の朝
大井河薪
空蝉やトラック島の墓標朽ち
津葦

並

空蝉や廊下の夫のズボン下
かぬまっこ
うつせみやバレエ衣装の仮縫い日
みずの風華
羽化させて眼力つきる空蝉や
きっちゃん
空蝉やクローゼットの剣道具
こつき
空蝉を握りしめたら消えちゃった
みっこりん
空蝉の降臨したるオモチャ箱
山下高
空蝉やでっかい地球抱えおり
山口雀昭
空蝉や子孫につなぎ響き合う
14橘貞山
空蝉の黙の奥より蝉時雨
直樹里
空蝉を土に埋めたら増えるかな
浮間普請@と4歳児が言っていました。
蹴とばした空蝉の主鳴いてるや
空蝉をはなれて鳴きて七日間
aya
タンデムとシートにちゃっかり空蝉が
Benじい
金網の空蝉にしがみつく夜
chiro
空蝉をしゃくと潰す子のあどけなさ
Elise
空蝉や上着脱ぎ捨て置き去りに
KKK
空蝉の力の限り命脱ぐ
あけみ
葉のうらを命にほふ空蝉かな
Lu
空蝉や修行僧衣に日の暮れる
Mコスモ
空蝉や空へ飛翔のゲート開け
PON
また土へ還る空蝉魂つきて
syuusyuu
バスは行く空蝉ふたつ乗車して
wolf626
空蝉の待つ夕暮れの寺の鐘
空蝉を競い集めて忘れけり
あいむ李景
空蝉や空をいういう飛行船
あい女
空蝉や地中で何を思わんや
あおか
空蝉をテーブルに置き写生する
アオキシゲル
空蝉を集めて積んで遊ぶ子ら
あかつき 緑
かなしくも透けて空蝉忍ぶかな
あけび庵
空蝉や夫婦二人となりし家
あさ奏
うつせみはプラネタリウム近寄るな
あじこ
空蝉の眼が濡れて今脱皮
あすなろ
空蝉や今宵も月に愛されて
あつちやん
空蝉に我が手の斑点(しわ)を重ねつつ
あなぐま
空蝉や無言の流れ駅向かう
アマリリスと夢
主七日空蝉十日生きにけり
あみま
空蝉の永くて軽き残滓かな
あわの花水木
空蝉や早世の子に菓子手向く
いくらちゃん
空蝉の土塊のままに眼の濡れて
いごぼうら
勲章のごと空蝉を胸ポケットへ
イサポン
クレヨンの散らばる机上蝉の殻
いざわ
空蝉を残して恋の始まりぬ
イチロー
空蝉と免許返納完了と
いつき組リスナー班・旧重信のタイガース
空蝉や吾にもあるや飛翔の日
いつの間にアラカン
空蝉や這い出しようよう枝先へ
いととんぼ
空蝉や松の木爪をたて宙へ
いと茶
静けさに探す空蝉まだ会えず
イナケン
空蝉や脱け殻の爪食い込みぬ
いなほせどり
空蝉に縋る空蝉橅の森
うさぎまんじゅう
空蝉や生を残して其処此処に
うといぺんこ
空蝉や祖母の残せし青の庭
うどんこつよし
空蝉や消印に知る城下町
うに子
空蝉やまだ魂のおる気配して
うま子
空蝉や翠玉の香連れ耳たたく
うめがさそう
園庭の空蝉さがす朝の風
うらら恵子
産土の庭空蝉のならびける
エイシェン
空蝉や電話番時給八百円
えんどうけいこ
空蝉にニイニイゼミの影残り
オイラー
空蝉やコスメの香る夜の地下
おがたま
空蝉や妊婦の肌に見惚れたり
オキザリス
空蝉を好きなあの子に付けました
おたまじゃくし
空蝉や証明写真の余りたる
オリヒロ
息止めて空蝉剥がすそっとそっと
おんちゃん。
空蝉の傍まだ静か雲は行く
ガオガオ
空蝉や古木の下は穴だらけ
かげろう
空蝉の土に戻るや雨の朝
かずポン
美術館樹に空蝉や名画なり
かたちゃん
月を背に衣脱ぎ捨て空蝉の
カタツムリ
空蝉や言霊というもののあり
かつら子
空蝉や光る私の出発点
カヅラ梅
こわれそなうつせみひとつみつけけり
カトレア
空蝉を残し君どの木で鳴くや
ギコ
空蝉や出して引っ込めて吾子の手
きさらぎ
空蝉や古い記憶を選り分けて
きのした小町
空蝉の背より雨水の溢れをり
きのと
葉に止まる空蝉掌では転びけり
キヨ
空蝉や飛び立つ命の重きこと
キョンちゃん
空蝉や私は嘘をつき通す
キリンと鳩
空蝉の足の踏ん張りひぃひぃふ
きんえんくん
空蝉や静かにたぎる命の音
くすん
空蝉や蘇る国立駅舎
くにたち太郎
空蝉よ心残りのある如く
くによ
空蝉や父の眸と同じ色
くま鶉
空蝉は抜け殻の部のチャンピオン
くめ仙人
空蝉を満たす不易や流行や
ぐりetぶらん
空蝉にも届かぬシリアのあの日
くれあしおん
折り紙の練習に飽き蝉の殻
くれまてぃす恵子
世に縋る空蝉視線空にあり
クロチョイス
空蝉や確かに私も生きてます
クロまま
眠りつく子の手より落つ空蝉なり
けいはく
空蝉の香を残しけり薄ごろも
コウ
うつせみや野球人生悔いはなし
コケデカ
空蝉や八百の暦の更けし朝
ココダン
空蝉の背に一条の光かな
コタロー
空蝉の世に空蝉の身を嘆く
こてつ川
たかが蝉殻されど空蝉朝上がり
こはぎ
空蝉に手を引っ込めて向かいの子
ころん
空蝉やモラトリアムとかいう鎧
さくみ
蝉の殻をカンタって友達みたいな呼び方で
さこ
空蝉や黄色い点字ブロックに
ささき良月
黙想する長老のごと空蝉
さだとみゆみこ
やんちゃ坊主掌そっと空蝉を
さつまおごじょ
空蝉や爪立てているブロック塀
さとう
空蝉や風にとんとんしがみつき
さとうくにお
転居せり空蝉ひとつ置土産
さぶり
空蝉や昨日はなかった通学路
さむまうす
小学校空蝉のみが聞く木霊
サラリーマン忍者
空蝉を透かして光る青と白
じじい風まかせ
青き壜の空蝉うみとそらに染む
シニアモモ
里帰り空蝉待ちし秘密基地
しぼりたて
空蝉に手や合わせけむ我が父は
シモーナ
うつせみや死んでもかじりつく気合い
しゅうちゃん@5さい
腰に棒胸にうつせみ日暮れまで
しゅうふう
空蝉を残し飛びたき日もありて
じゅりあん山本
空蝉の爪鋭さに我重ね
しゅん
空蝉や天知らぬ山門を行く
シラクサ
空蝉や朝練に耐へ黒帯に
しんしん
空蝉やあの世とこの世通過点
スズ音
空蝉やLINE未読の続く夜
すみっこ忘牛
古戦場作るジオラマ蝉の殻
スローライフ
うつせみや自分勝手な人だつた
せんえい
空蝉や背中のボタンが止められぬ
せんべい
空蝉で泣かせた妻の下校道
たいき
空蝉がしがみつく錆びた自転車
たけうち晴美
魂の叫びの残る蝉の殻
たけし
空蝉や君を尋ねてギター弾く
たけわらび
空蝉と蛇の抜け殻宝もの
だけわらび
空蝉や素数の不思議を子に教え
たま蛙
空蝉の目玉透けたる青き空
たむらせつこ
空蝉や林に響く笑い声
ダリア
吹かれ来し空蝉殻はすり減りて
たん造
庭の木に今朝空蝉の残りけり
ちか丸
空蝉を拾ひて祖母の七回忌
ちばさん
空蝉をかざして透かし万華鏡
ちゃんこフォンデュ
背が割れて空蝉ぽつり化石めく
ちょろたこいん
空蝉や妣の着物の浅葱色
つつ井つつ
空蝉や子の旅立ちの飛機の音
つつ井つつ夫
空蝉に耳寄せ無音を感じる
つりっくマン
空蝉やもう欲はない我が人生
つわきの嫁
空蝉も人肌ほどに温もりて
ティーダ
空蝉や大草原にゐて孤独
テノールこさる
空蝉や光源氏の想いは今も
てるてる
すがる足はがし空蝉持ち帰る
ときこの母よしこ
空蝉や居留守決め込み昼間酒
どくだみ茶
空蝉に手伸ばす甥の背丈かな
としろう
ぬぎ捨ての空蝉睨む鬼瓦
とし子
空蝉の風に揺らるる影薄し
とべのひさの
空蝉やからからと鳴る宝箱
とみことみ
地近く空蝉たかる蟻に召され
ともかわすてむ
空蝉を触りたいけど触れぬ子
とりこ
空蝉や下灘駅のベンチ裏
なおばら
空蝉を出でて厳しや恋の詩
なかがわ 聖一
空蝉や地図にない道探す我
なかの花梨
残されて空蝉ただその声きく
なごみ
子のポケットに石ころと空蝉と
なつめ
怖々と空蝉嬲る子猫かな
なつめモコ
空蝉や延命拒む母の印
ななこ
うつせみや長い歳月脱ぎ捨てて
なにわっこ
空蝉を踏む子の頬に涙跡
なみは
屈のかたちして伸びやかなる空蝉
ニット
うつせみに遠い昔の風をみた
にゃんみー
空蝉やつまんでは散りゆく杮
ぬえとじ@杮(こけら)
空蝉の泥を落としてやる二歳
ぬけまいり
空蝉や堂々巡りの悩みごと
ねぎみそ
無言の帰路空蝉へ託す恋
ネコ目
空蝉を避けて見上ぐ一つ星
ノエル@竜子
空蝉やまた妹を蹴りました
のつり
空蝉を背中につけ、好きと伝へた
のもとみな
空蝉やよくぞ登りき竹ぼうき
のら
空蝉や挨拶交わす友となり
のりた
空蝉や出棺の朝雨静か
のりりん
空蝉や母の忌明けに見つけたり
ばあば
空蝉の月影小さく小さく群る
バーバラ
空蝉さがす孫のためやら我がためやら
はごろも
置き手紙空蝉ひとつ添えてあり
ハチ太郎
空蝉や虫カゴいっぱい動き出す
はなあかり
空蝉や陸上部員の荒い息
はなだんな
朝日差す空蝉はまだ湿りをり
はまのはの
空蝉や夕日へもどる友の背
はやて
吾子の手にそっと乗せたる蝉の殻
ハルノ花柊
空蝉や子ら研究し日記記入
ハレルヤ
縁葉に突風空蝉舞い踊らん
パンケーキ大好き(*^o^*)
親心見守り終わり空蝉に
ばんしょう
空蝉を踏めばわたしも悪い人
ひかり
空蝉をやおら起こした仕事靴
ひな子桃青
空蝉や北の大地へ行きし子ら
ひよはるばば
空蝉の丸き背に吾の老い重ね
ひろ
空蝉や白のワンピのブローチに
ひろくん11さいのママ
空蝉や残り僅かな命出ず
ひろのじょう
空蝉や子を抱くごとくしがみつく
ひろ史
空蝉やあと十年で母の歳
ふあり光
空蝉よ今ちょっと動いたよな
ふくろう悠々
空蝉をつまむ力や朝の風
ふさこ
肌をさす空蝉の足崩れけり
ふっこ
空蝉やじじっと動き出しさうな
ふなちゃん
空蝉や生きた証と踏んばりぬ
ふみ
曇るときやや鋼めく蝉の殻
ふみゑ
空蝉や未明の光なほ伝ふ
ペコちゃん
空蝉の爪欠けぬやう外す朝
ペトロア
リビングに瓶詰めの蝉の抜け殻
ペンギンおじさん
空蝉や絵日記からの父のメモ
ぼたんぴ
箒止め空蝉の主探す空
ほのぼぉの
空蝉や花を手向ける歩道脇
ぽんたちん
空蝉の出口を指で隠し見る
ポン太
空蝉の目に生命の名残あり
まぐのりあ
まだ登るつもりのかたち蝉の殼
ましろなぎさ
深深と空蝉生まる17年
マッキラ棒@素数ゼミというのが有り、17年ゼミは17年ぶりに地上に出て、短い一生を終えます。あまりにも可哀そうに思います。アメリカでは、それをチョコレートなどに浸けて食べます。ゲェー、信じられない。
空蝉を大事にしまふ男の子
まつだまゆ
空蝉の目映りし日の源氏かな
まつゆう
空蝉や置いてけぼりのかくれんぼ
まにあ
空蝉や道をカラカラ吹かれおり
まぬう
空蝉の古代のおもかげ琥珀色
マヌー
空蝉を残しあるじは声となり
まほろ
うつせみを素知らぬ顔の猫またぐ
まみのすけ
空蝉や一人奏でる愛の詩
マユミ
自由研究の空蝉妹の顰め面
まゆりんご
七年の修羅場ありけり蝉の空
まるちゃん2323
燃ゆる日の果てて空蝉皆軽し
まんぷく
空蝉のあし掴んでる永遠の時空
みぃ
空蝉や頑張り方を間違える
みかん
空蝉のなごりの音の吹かれけり
みくにく
踏ん張りて地上五センチの空蝉
みくらまる
空蝉や田辺源氏を読み返し
ミセウ愛
空蝉や水琴窟の音清ら
ミセス水玉
空蝉のうなだれてなお枝の上
みつ湖
空蝉やこの瞬間にモノとなり
みどりがめ
空蝉やアスファルト突き破ってよ
みなつ
空蝉や開腹するも縫合す
みのる
空蝉の羽音木霊し木々渡る
みゆき
空蝉や輪廻転生土深し
み藻砂
空蝉や魚眼レンズの横並び
むくいぬ
空蝉や中はからりと響いてた
むじーじ
朝ぼらけ光を浴びて空蝉や
むすびめ
蝉の殻命まるごと朝へ発つ
むにむにちゃん
空蝉と一度は飛んでみたかった
むむむげこ
空蝉や木漏れ夕日に映え姿
めそしる
空蝉の手招き対の道祖神
もちえちゃん
空蝉や箪笥の奥の母子手帳
モッツァレラえのくし
箱ぎっしり空蝉は子の宝物
もりたきみ
空蝉の爪に残るる生気かな
ヤッチー
飴色の悲しみの目の空蝉よ
ヤヒロ
空蝉や念仏唱ふ空也かな
やぶつばき
空蝉やまだ蒼さうな柔さうな
ヤマボー
空蝉やいつものカフェは定休日
やよえ
空蝉や墓石の影で旅立つか
ゆぃ
懐かしむ手にし空蝉走馬灯
ゆーし
空蝉を探したあの日は宝物
ゆき蛙
留守電に不在を告げるは空蝉か
ゆりこ
空蝉の並ぶ枝ごと幼子へ
よーこ
空蝉やたましい空を飛んでいる
よしいくえ
空蝉のひとつところに集まれり
ヨシケン
犬立ちて匂う空蝉半乾
よしこ
庭に二つ朝日浴びけり空蝉よ
よつ葉
空蝉は虫捕りの子に身動がず
よひら
空蝉や儚きいのち幸あれと
よりみち
空蝉に蘇る日のありにけり
らくさい
宝箱戦利品なるせみのから
らびっと
胸につけし空蝉の脚肌を刺し
りう女
空蝉や孤独の終わりかひたと鳴く
りえぞう
空蝉や求愛こばみ衣のみ
りこ
空蝉や魂残る殻であり
リバティーさん
うつせみの己を満たす旅に出たい
りん
兄逝きて顔に手をあて空蝉や
りんごのほっぺ
空の色空蝉の目に映りけり
れんげ
空蝉の一つ一つが発射台
れんげ畑
空蝉や一年生と同い年
ロクヨン
空蝉の中に居りしは何者か
ろびんちょ
水害後強く並んだ空蝉たち
ろん
空蝉やよくぞここまで登りけり
わかこ
空蝉を孫に重ねて飾り置く
わわ
十九士の便り草間の空蝉
亜音洲
空蝉や子の独立に我重ね
亜久琵
空蝉や送り出す子の背中かな
阿波豊
空蝉を探し見上げた太い幹
空蝉や足跡四歩にて消ゆ
安達りんだう
空蝉や飴色に透く雨上がり
安田 信州
空蝉や次が最後の一曲です
安溶二
空蝉や引きとり手なき落し物
杏と優
空蝉やおふくろ語る通夜の夫
伊藤はな
空蝉や寺社の足場を組んでゐる
伊藤正美
空蝉や戦地に散った父遺影
伊藤善隆
空蝉やいのちの重さ知る梢
伊予吟会 玉嵐
空蝉の墓群となりし宝箱
伊予吟会 心嵐
空蝉や壁に爪立て塵まみれ
位子
空蝉や柱時計の発条ダラリ
為一暢道
空蝉や七年間の土の色
井田みち
空蝉や陽に朽ち往くセルロイド
育由
掌の空蝉魅入る女の子
一の介
空蝉や亡父の歳に近づいて
一井蝸牛
空蝉に怯えし吾子もはや二十(はたち)
一雲
空蝉や飛び立てぬ主哀れなり
一碁一会
空蝉や進路指導を受ける朝
一純。
空蝉のただようている豪雨後
一人静
死あるのみ知つていたのか空蝉よ
一茶お
空蝉を黄金に染めて陽は昇る
壱太
帰り道鞄に詰める蝉のから
稲垣由貴
空蝉やこの世儚きものなれど
右田俊郎
空蝉やしがみつく木に未練あり
宇宙生物ぷりちーぴ
空蝉や三時間まつ無人駅
烏兎
白い歯と虫網一杯の空蝉
烏龍
空蝉やマンションの鍵返します
雨霧彦@木ノ芽
空蝉の尻つきあわす分かれ道
卯MOON
空蝉やベンチに残る野球帽
栄魚
透き通るあまりに軽い蝉の殻
永想
空蝉の上に空蝉狭き門
英ちゃん
儚くも生きた証しの空蝉かな
英傑
飛びたくて飛びたくて空蝉風に
英子
連れ帰る空蝉今日で九つ目
詠子
空蝉や木陰に憩う昼下がり
詠野孔球
空蝉のすがる神木ここに在り
銀座四丁目で空蝉を拝む
猿人
空蝉の背中の割れ目まだ温し
横じいじ
空蝉や訪ね人無き墓一つ
横ちゃん
空蝉や源氏ひもとく経机
横山薫子
空蝉やミサイルは頭上を過ぎて
横縞堂
空蝉や昨日と今日を分かちたり
岡本 波六
空蝉を脱ぎ捨て立つは日の出かな
空蝉の抗う如く急くときに
乙女座のM
空蝉やあの木で会おうと言ったのに
温湿布
空蝉や垣より世間見渡しぬ
下村ひじり
閉鎖から解き放たれる蝉の殻
加和 志真
空蝉や元の勤めの服も捨て
夏湖
空蝉をじっと見つめる幼児かな
暇親爺
空蝉のひとつは春のデスマスク
花屋
空蝉や今暫くは飛んで鳴け
花丸
空蝉に目を見張りけり幼な子や
花見川太郎
空蝉の中は謎めく異空間
花咲明日香
空蝉やごめんなさいを言ふかたち
花節湖
空蝉や歯医者に予約を入れなくちゃ
茄子紺
泣くまいと空蝉そっと掌に
華らんまま
空蝉に残る埋め立て地の記憶
我省
老犬は蝉殻を吠え午後の道
芽衣
塗り立ての黄色のつきし空蝉よ
雅な童
空蝉に真剣顔の孫の傘
雅鬼
空蝉がカサカサと鳴く半ズボン
雅京一
空蝉に下界へ出し余生かな
雅由
空蝉をつぶし大人になってゆく
海月漂
空蝉や心のカサカサに気づく
海葡萄
空蝉や漱石山房デスマスク
海風山本
空蝉や悔やむばかりの恋でした
海老名吟
空蝉の霧にかすみし我が恋よ
芥川光正
空蝉に見る七日後のデスマスク
灰田《蜻蛉切》兵庫
空蝉やここは新宿新宿歌舞伎町
垣内孝雄
空蝉の力限りに開墾碑
梶  鴻風
空蝉や少し汚れてきたギプス
葛谷猫日和
両の手で包む空蝉ここはどこ
勘太郎
砕かれし空蝉落つる難波かな
幹人
空蝉の背に風入れて飛んでくる
甘泉
濃い空を空蝉透かし覗きけり
甘平
空蝉やテイクフアイヴ鳴りつづく日
閑茶
空蝉を集めたるビン朝の居間
丸山隆子
黄金射す今朝の空蝉数えをり
岸 れん
空蝉や旧姓に似て虚ろなる
岩品正子
空蝉に命ふき込むごとき風
喜多輝女
空蝉や吾も一皮剥けたなら
気のまま風
空蝉や兄ちゃん元気でいるかなあ
季よしこの夜
空蝉のしづかに描く波紋かな
規子
空蝉に「頑張ったね」と敬礼す
貴桜李
雨で目覚めし七日目に空蝉消えぬ
貴至
おらを見ろ空蝉胸に十八個
貴茂菫
鈴なりの空蝉抱へそびえ立ち
軌一
空蝉や夕日を浴びて光けり
輝峰亭
空蝉の転がるトタン人気なく
輝棒
在りし日やフィルムケースの空蝉
亀の
空蝉や相応の新陳代謝
菊池洋勝
化野や空蝉拾ふ杖の人
吉 や
空蝉現れる洗濯機の中
吉永美幸
空蝉やふたりっきりのビートルズ
吉村よし生
空蝉や零は終とも始ともなり
吉田海音
空蝉よ映像で聞く人の死を
吉田竹織
空蝉や軍艦マーチ吐き出しぬ
吉野川
空蝉の照りて大地を動かざる
桔梗
舗装道ころころころと空蝉よ
久衛(ひさえ)
現世にしがみつく空蝉の影
久坂晶啓
空蝉や目鼻凛々しく寄り添いて
久仁重
空蝉や青白き生命の焔
宮坂変哲
立ち止まり空蝉眺め朝帰り
宮写楽
子育ての終わりし庭や蝉の殻
宮田一代
空蝉に射す木洩れ陽は飴の色
宮島ひでき
空蝉の背中に指を入れてみる
宮武由佳子
耐へ偲ぶ恋は古いよ空蝉よ
宮﨑紅清
空蝉を集めたる生きた証よ
京あられ
空蝉の脚だけ枝に残りおり
京丸
空蝉の今が七年これからだ
京子
空蝉や一夜に平成脱ぎ捨てし
玉井 瑞月
空蝉を数ふ退職決断す
玉和
空蝉や還りし祖父を刻む墓
桐亜
空蝉や転校生の靴の土
琴女
血が沸騰するかの如く空蝉よ
筋トレ俳人
人は墓標蝉は空蝉残すかな
近江 綾
空蝉に苦悶の貌ののこりけり
金太郎
空蝉を見つけなばほらそこここに
銀命堂
空蝉の瞳に映る現(うつつ)かな
銀蜻亭
虫網に空蝉かかる失意なり
句詩呼
空蝉のつまみたくなる琥珀色
「明日にしよう」ポストの口の空蝉や
空白みゆき
空蝉や木陰でもたれる着ぐるみら
熊縫まゆベア
集めても帰れぬ里の空蝉や
栗子
睨み合う空蝉ともに風に地に
栗田もとえ
空蝉の身は何処やら風戦ぐ
君島笑夢
本物の姿を隠す空蝉や
恵寿
空蝉や生はなくてもしがみつき
恵美子
空蝉や日暮れ間近の何食べる
敬之
空蝉や姉に背負わす父の老い
空蝉や白木の箱へ吾の明日
桂木綾子
うつせみはおかあさんにもさわれます
畦のすみれ
空蝉を一つ土産にパリへ行く
蛍子
空蝉やわたしはわたしあなた誰
蛍川
空蝉の琥珀を溶かす夕陽かげ
鶏心
ほったらかしウルトラマンと蝉の殻
月のうさぎ
うつせみや鳴き出す前の静の跡
月影ミウ
真夜中に空蝉蠢くページあり
月々
青き空空蝉抱く葉の先に
月城 花風
空蝉の数十を超え大橡
健次郎
「空蝉の」男子寮から弾き歌い
嫌佐久
空蝉や母山羊の墓低くなり
犬井山羊
空蝉や丸みの張の割れ様よ
犬散歩人
空蝉が二つ並んで寺の隅
元喜@木ノ芽
空蝉やポストの上に新聞紙
弦流
空蝉や部長ではない新学期
古都 鈴
葉の裏に空蝉ふたつ残りけり
己心
空蝉を並べし箱はセルロイド
湖雪
空蝉やまずまず今朝のアイライン
五月野敬子
空蝉で生命の尊さ子に伝承
五十嵐 淳
朝市に木椅子わたしと空蝉と
鯉太郎
空蝉の止まる浜辺の錆びしちやり
光本弥観
空蝉や眉唾で聞く立志伝
光友
空蝉やダンテ枕に爆睡す
公毅
仰け反りてより空蝉となりにけり
好文木
老いた手に蝉の殻乗せ無人駅
空蝉や老いてますます健やかに
幸久
空蝉が聞こえるぐらい細い風
広瀬 康
空蝉や軒端の風は葉裏より
江戸川青風
うつせみや石ころもあり宝箱
江藤薫
空蝉やかつては森の在りし土地
江藤鳥歩
空蝉や安産祈る水天宮
江里口泰然
空蝉や姿そのまま残りけり
甲賀忍者
空蝉か枝震わせて哭く巨樹よ
甲山
空蝉の縋りつきたるご神木
紅さやか
空蝉や母なき家の鍵の穴
香舟
空蝉や咲ふみたいに泣く老女
香野さとみZ
空蝉や古き衣をそつと置き
高橋冬扇
空蝉やバスもう来ない停留所
高橋無垢
空蝉や天地無用の溢るる世
高村優雨花
蝉の殻そっと触って壊れけり
高田 仁和加
空蝉や世が世ならばと知覧の碑
高梅 仁
広島の焼野原いつみれるのか空蝉よ
黒うさ狐
空蝉のしがらみ潔く棄てし
今井佳香
母の樹に空蝉縋る樹木葬
今野夏珠子
空蝉や履く人の無き靴遺る
佐々木のはら
空蝉が宝の箱を埋めつくす
佐々木温美
空蝉や思ひの丈の薄衣
佐山夕子
空蝉や粉々となり吾子の手に
佐竹ゆかり
空蝉の恋に後悔なかりけり
佐藤こはる
空蝉のおはかが出来たばぁばン家
佐藤文旦
空蝉の風に転がるちっぽけさ
佐羅
空蝉やすかす光は幾光年
細木さちこ
空蝉と同じ鳴き声だなあ我
榊裕江子
空蝉や届かぬ文を書き散らし
咲耶とこ野@木ノ芽
うつせみや恋も語らず逝きし友
桜姫5
空蝉や琥珀のブローチくれた男
桜木レイ
眼の丈の空蝉透かす朝日かな
笹弓
空蝉の声はいつものまあだだよ
笹風ゼット
空蝉に我の定年告げにけり
札六(関屋@和祝句会)
アスファルト空蝉ひとつ転びけり
雑草おばさん
空蝉の詰まりし都営靄の朝
三角州
空蝉や土器の欠片の縄模様
三重野とりとり
空蝉や小僧と共に陽を浴びる
三大夜景
朝陽浴びはや空蝉は硬くなり
三木庭
うつせみの旅立ちの朝置き手紙
三毳
小さき手で拝む卒塔婆に空蝉や
山ノ内ドカ
古里や空蝉墓碑のごとく在り
山樫梢
空蝉をかりりと踏みし吾子の靴
山口富子@Mamaly House俳句道場
母の忌の空蝉見れば蒼い空
山茶花静
空蝉の重なる枝の重たさう
山内彩月
空蝉やたったひとりで生まれける
山部 ビブリ
空蝉の主はあの子を忘れたかい
山部オーリー(やまぶおーりー)
空蝉や葉脈に足そろえをり
山部コルチ子
あの頃の友は何処へ蝉の殻
山歩き
空蝉のまだ柔らかし初夜の星
山本 力
星の夜のいまだ嫋やか蝉の殻
山本嘉子
空蝉や読書感想文の罠
山本先生
街路樹に空蝉ひとつビルの谷
山野はな
空蝉やミュンヒハウゼン症候群
山野ゆうり
空蝉に未だ羽伸びぬ蝉のをり
散土
枝撓ふ空蝉つかむ爪の音
紫雲英
夕暮れて眼のみぞ光る蝉の殻
紫鋼
空蝉や衣一枚からからと
紫香菫
幼な子のやや手を伸ばし蝉の殻
紫紺
空蝉や母居ぬ日より十二年
紫檀豆蔵
東雲や空蝉の鼓動残すも
紫蘭
雲間より空蝉覗く陽射しかな
詩楽麿
旅立ちの決意幹掴む空蝉
試行錯誤
パッチワーク古希の手習い空蝉や
治もがり笛
空蝉となってもしっかと葉を掴み
自由美子
空蝉や声を吸い込む木陰かな
鹿柴
空蝉や握り潰した夢甘く
式子
空蝉となりてなお足雄雄しかな
七生姫
空蝉に夕日射し込みカンロ飴
篠 悦子
空蝉を隠す身中少女さび
篠田ピンク
空蝉の静寂聴きをり日の匂ひ
柴原明人
空蝉の転がるままにふたりかな
斜楽
空蝉や日に三便のバスを待つ
紗々
空蝉や百木をたたく朝の雨
紗千子
空蝉は木漏れ日のステンドグラス
若葉
空蝉や旅の荷ほどき終えぬまま
若葉猫
空蝉とどちら早しか涙涸るは
若澤杏子
重力を使い上向く蝉の殻
守安 雄介
雨風に爪離すまじ空蝉よ
樹梢@木の芽
空蝉を掌にのせてみる国文科
宗樹
空蝉となりて自由な空へ飛ぶ
宗本智之
空蝉や被爆地の木に爪立てる
秀道
幼子がそおっと運ぶ空蝉や
秋月流音@木ノ芽
空蝉の命かけても這いにけり
秋桜
空蝉に土臭い記憶を探す
秋鹿町
空蝉や疾風に命纏けり
秋色あじさい
空蝉や子を置き里に去ぬをんな
舟御前
空蝉やぽとりと落つるその日まで
住吉 敦子
空蝉や村に一軒ある飲み屋
重翁
うつせみやとりあへず手にのせてみる
塾志
空蝉に旅立ち知らせり夜明け前
春果
空蝉や背中の丸くなる齢
春川一彦
空蝉や風雨に負けじしがみつく
春爺
永き黙を放り空蝉のまだ濡れて
春野いちご
空蝉やにじり口より入り込む
春蘭素心
靴に空蝉やつ叱ろうか笑おうか
純父
空蝉の爪たててをり胸の上
順女
空蝉や手足口病の高熱
小鞠
子等が指はめし空蝉空を飛び
小橋春鳥
空蝉の頭に残る土の跡
小熊利雄
喜々として空蝉の墓作る子ら
小山晃
空蝉や風にからから竿の上
小石日和
空蝉や忘れ形見が今日を啼く
小川都雪
空蝉を踏んづけていく通学路
小走りの烏賊
空蝉を光に透かし風をきく
小塚 蒼野
愛しきはここがふるさと蝉の殻
小野みっちゃん
鳴く庭の空蝉は親にも見えて
庄司直也
火の空蝉プラスチックのごと歪む
松永裕歩
カーテンに空蝉残る朝かな
松原 くるりん
空蝉や生きた証の転がりし
松山のとまと
空蝉や脱力という安堵かな
松茶 巴@プレバト木ノ芽
空蝉をつまむかげんに迷いおり
松田てぃ
空蝉や大樹の陰に世を忍ぶ
湘輝
雨どいに空蝉一つしがみつき
焼津昌彦庵
空蝉や禅寺の鐘こだまする
照波
空蝉や遥か田舎のかくれんぼ
笑子
空蝉はうつろい告げる暦なり
笑笑
空蝉を川に流して遊ぶ子ら
笑々
雅なる名の空蝉の姿醜し
笑酔
空蝉や叶うはずなく落ちてゆき
上峰子
空蝉や葉に脚かけてゆうらりと
上峰子と
アスファルト熱にゆらぎて空蝉や
植木照美
全身の土も干からぶ蝉の殻
寝たきりオヤジ
カサカサと風に転がる空蝉が
新井 ふみ
空蝉や背のほころびに夢のこし
新田 淑
空蝉や新築の壁木の記憶
新藤柑子
ぬれぬよう幹の空蝉そっと手に
新米笛
空蝉や御霊集ひし庭の木々
森一平
海抜5.0m空蝉すがりけり
森沢奏
空蝉や欲には果ての無いものを
深山 紫
空蝉や無言電話の息づかひ
深草あやめ
空蝉を銜えて帰る猫の髭
空蝉を残して七日の命燃ゆ
真咲子
空蝉の足に気迫の命見ゆ
真珠星倫世(スピカリンセ)
空蝉の張る結界の地は緑
真繍
空蝉や語られぬ年月を君は捨てるか
真妃
山崩る吾子掌の空蝉の
真優航千の母
空蝉の光る眼や空見つめ
真林
喧噪の森に空蝉声を聴く
仁葉
葉の上に空蝉ポツリ声を待つ
壬生紋鬼
蝉の殻未だ生々し濡れにけり
水木 華
空蝉のつかまるる葉のかろやかさ
翠穂
空蝉や大地に根おろす2号炉は
酔芙蓉
空蝉や眼の光なほ失せず
数鉄砲
空蝉も此世に残る形なり
杉浦夏甫
空蝉の中身に焦がる余生かな
雀狼蘭
山姥に度肝抜かれて空蝉に
澄海
忘れかけた恋の空蝉何処へやら
世の中ひろし
空蝉をくだこうとして指迷う
瀬波秋鮭
空蝉の記録映画の幕が開く
是空
空蝉の大樹切り裂く吾子の声
星海
廃校に空蝉の声残るかな
星降松
空蝉や夢張り裂けてそれつきり
晴好 雨独
空蝉や朝陽通して黄金色
晴日和
臨月の腹撫づ木陰に空蝉
晴乃日
空蝉や光るの君の恋悲し
正宮崎
カーテンにしがみつきたる蝉の殻
正子@いつき組
空蝉や若さに価値のなき仕事
正木
かけ寄る子服にあまたの空蝉の友
西の海牛
空蝉の納まりきれぬ拳かな
西山哲彦
空蝉やあまりに細き枝先に
西川あきや
土と木と葉と空蝉と前に空
西田武
空蝉の幹に漂ふ無心かな
誠馬
ポッケの空蝉は宝石跳ねる子ら
青鉛筆
箒木に空蝉のひつかかりをり
青柿
空蝉の箱一つ捨て嫁ぎけり
青山あじこ
空蝉をそっと手の中持ち帰る
青泉
空蝉と成り行く闇を翅の白
青柘榴
空蝉や踏み潰し押し潰す
青木健一
鈴なりの空蝉御座す新居かな
青木豊実
巡礼路空蝉ひとつ友にする
青嵐
空蝉や独り身虚し膳に付く
静香
転がるや空蝉といふ優雅な名で
斉藤ふみえ
空蝉やおまえがここにいた証
石岡女依(早映改め)
空蝉やカルメラぷうと膨れをり
赤い彗星の捨楽
空蝉の√しっかと幹掴む
赤橋渡@ルートは平方根の記号
空蝉や株に腰掛けただ見つむ
雪渓之岩魚
下草に優しく軽く空蝉落つ
仙丈
空蝉の余力大樹を掴みけり
千の葉
空蝉の木の幹掴む脚欲しき
千歳
空蝉よ旅に出るのか外は雨
千津江
空蝉や忌中の家の門柱に
千葉睦女
地上への未練の爪痕蝉の殻
川越雷鳴
朝靄や木々にやわらかい空蝉
川口みち
空蝉ののけぞる先の空広し
川島 欣也
空蝉の命の証し置いてゐる
川島湖西
うつせみの勲章付けてる木々が好き
川畑 彩
空蝉の手指確かに岩を噛む
浅見弓楽
空蝉や青の時代を脱ぎ捨てり
船岡遊子
空蝉の取り付く襞のあり処
善多丸
空蝉を食べてしまつた子はいづこ
禅十郎
空蝉や顔を上げない帰り道
祖乞
空蝉をつまみ軽さを確かめり
双月(そうげつ)
空蝉の殻を破りて新天地
倉の人
埋め立てのこんな処にも空蝉
倉形さらさ
空蝉や逝きし主の天仰ぐ
想予
離れ行く君の残り香空蝉や
相沢 雨
空蝉や退ける木の枝震えてる
相模
9才のキャップ10から蝉のから
草青
空蝉や一人生まれて一人死ぬ
草翡
空蝉や叔母と一緒に草を引く
荘介
空蝉や母刻刻の旅支度
空蝉や金さん銀さんの血筋
蒼い朱鷺
空蝉を残し何処で鳴くのやら
蒼香
空蝉を十個集めて弔へり
蒼鳩 薫
空蝉や三日の定めの響きかな
霜月
空蝉をしだいて時を解き放つ
村松 縁
空蝉や箪笥深くに服在りて
多香
空蝉やブロック塀に二つ三つ
多聞仙
空蝉の身の光りおり天守閣
太子
空蝉や七年の日を土に置く
駄口竹流
空蝉の森空蝉の町空蝉の
鯛 風
空蝉へ己が身を映したる
台所のキフジン
祖父と見た早朝の空蝉の黙
大河
空蝉の背の割れわが身腹を見る
大三郎
空蝉の殻に私は入りたや
大村真仙
空蝉や暁といふ紅きもの
大谷如水
空蝉と言うには長き土の中
大島雲流
空蝉の全力尽くし木々の幹
大富 孝子
葉にしずく涙の如し空蝉の
沢田朱里
泥付きのまだ空蝉でありにけり
谷川の蛍子
空蝉や主の声聴く葉陰裏
谷田藪辛子
空蝉や陽を待ち焦がれ地へ落ちて
狸之ポン太
空蝉や盆栽オブジェに二匹居り
丹羽信道
空蝉に駆けて教える通学路
炭の絵
木を見上ぐ子の手に潜む空蝉や
知音
ボンネットに眠る空蝉海の夕
知己(ともき)
空蝉や東京には空がない
地に根ざし陽に伸びる
翡翠色隠して割れて空蝉に
地球人
空蝉や七年分のイノセンス
智雪
短命の静かな痕跡空蝉や
智蝶
空蝉のひとつひとつが天目指し
池と堀
空蝉や退き際よしな茜雲
池田和正
虚空蔵菩薩手のひらに空蝉
池之端モルト
空蝉や亡父と写る謎の美女
竹さ
空蝉や二重線引く住所録
竹の子
空蝉や父の残しし道具箱
竹庵
空蝉の中に琥珀の小宇宙
竹春エリザベス
すきとおる空蝉恋が匂いたつ
竹村マイ
空蝉や生まれでぬ子の予定日来
竹内 桂翠
しがみつく空蝉の手や命懸け
竹内うめ
空蝉を胸に止まらせ赤信号
竹福
空蝉や輪廻転生からからと
竹林
空蝉の残す姿を称えけり
怖いもの見たさに触る蝉の殻
茶々
空蝉のしがみつきたる草の茎
中井笙石
うつせみやまうじき昨夜になりさうらう
中原秋波子
空蝉の石垣上る最中かな
中山白蘭
空蝉や施設実習最後の日
中西柚子
木々に聴く今は何処に空蝉や
中川 徳之
空蝉や恋して過ごす最晩年
中村 邑
空蝉の五つをそっと母の手に
中野こと子
空蝉をじっと眺めて誕生日
中野久子
空蝉や無明の背から吾子の顔
仲七
手のひらの空蝉の目に矜持あり
宙蝉(そらせみ)
空蝉や思いの果てのやるせなさ
朝ぼらけ
濁流にのる空蝉や雨の庭
朝桜咲花
空蝉の掴んだままのベンチかな
潮ベルト
空蝉や縄文杉の糧となる
長谷川 ひろし
空蝉や忘れじの写真全消去
鳥ノ海開
空蝉の果たして淡き夢のあと
鳥羽二三
空蝉や今年も息子の宝物
鳥越暁
空蝉の指先軽く透ける空
直雪
空蝉よ父のたましひ戻り来よ
直木葉子
空蝉や爪食い込ませ大谷石
鶴田梅勝
マイク置き舞台去るよう空蝉は
泥酔亭曜々
アスファルトだらけの街に空蝉や
泥塗れのポスト
空蝉を振り向きもせず一直線
哲也
空蝉を潰して匂う土と風
鉄鰈
スモックを脱がせばぽとりと空蝉
天宮歩奏
金網の空蝉の前脚の生
天野姫城
空蝉を半身で見る子動くかと
貼女(ちょうじょ)
うつせみや目覚まし要らぬ時期となり
田中さっちゃん
眠る子の手に握らるる蝉の殻
田中ようちゃん
空蝉やいとこのはぶる幼き吾
田中勲
軒下の並ぶ空蝉逃げる猫
田畑尚美
空蝉や実家に戻らぬ三十年
田辺 ふみ
握力をゼロにし握る空蝉よ
田名あみ子
空蝉や小さき島のグスク跡
田邉真舟
うつせみの仮れる身数多風攫ふ
斗三木童
空蝉さえも弟の戦利品
渡邉くるり
ふとあわれ御苑の木々にうつせみが
都花
空蝉は朝の木陰に光をり
都貴子
空蝉や一方通行の坂道
都築つみ木
空蝉の中に暖か気のありて
土屋 木漏れ日
空蝉や泥にまみれた日々ありて
冬美
空蝉や巣立ちし子らの部屋灯す
東尋坊
空蝉がすべるは街角ごみの山
東西線イフリート
空蝉や地球に生きし証なり
桃香
空蝉や自死せし友の葬儀出づ
桃泉
千の風空蝉揺らして仏壇へ
桃桃
空蝉や終の笑顔の写真立て
桃福
空蝉や明日の天気は如何なる
桃葉琴乃
雨に濡れ空蝉一つ大都会
灯路奈
空蝉やただしがみつきしがみつき
燈穂
定点のそら空蝉の落つるまで
筒井花子
我が服に空蝉つけた子は笑顔
藤すみ
空蝉や異形に棲みしは何者ぞ
藤郷源一朗
自殺者よ観よ空蝉のたましひ眩し
藤咲大地
空蝉やペットボトルの水わずか
藤鷹圓哉
空蝉や後何年の土の中
藤田由美子
空蝉の時の流れは万華鏡
陶豪
空蝉やチームメイトに重ね鳴く
洞奈津子
空蝉を集めし古木は枯れにけり
瞳子
うつせみや古よりの七年目
童好
空蝉は亡骸ではないが悲しい
童子
空蝉の足も眼もあり腹もあり
空蝉を足蹴にしても気は晴れず
徳永 北道
うつせみの思い出つまるいく星霜
徳英
鬼怒の川ラインを下る空蝉か
那須いずみ
空蝉になってしまえば恐れなし
那須の田舎者
空蝉や人体の壁厚かりし
南雲風花
空蝉や実家の蔵へ断捨離品
南城馬天
縋りつく空蝉恋文の切れ端
南風の記憶
空蝉の声聴いている霊媒師
南風紫蘭@木ノ芽
蝉逝くも空蝉の目は空映す
楠青庵
穴ぼこや空蝉探す空青し
二葉みのる
空蝉や大統領になるつもり
日記
空蝉や三者面談親は来ぬ
日午
空蝉や刹那の命木漏れ日に
日向えみり
空蝉が子孫を残す石碑なり
日本酒
空蝉はニテコ池の御魂を知るや
猫げそ
空蝉をすかして覗く青い空
猫じゃらし
杜の朝空蝉の背の阿吽かな
猫舌扁平足
空蝉や指先すがることはなし
熱帯ヤー
空蝉の潜む無口なおててかな
脳筋女子
誰も来ぬ墓に脱ぎ捨て蝉の殻
馬勝
空蝉や落ちた候補の顔写真
馬場東風(とうふう)
空蝉に内緒話を聞かれけり
馬場馬子
子ら巣立ち空蝉の居やや広く
馬門宗太
空蝉に永し苦節を重ね見ゆ
俳ビギ名
空蝉や我もこうして生まれたか
俳菜裕子
この思い空蝉捨てて舞い上がれ
空蝉の風の抜け道通り道
白井百合子
空蝉を服にすまわせ遊ぶかな
白銀のシリウス
空蝉のあわれや今日も離れ行
白晃
空蝉とる子エーミールは見ている
白傘
孫の手に空蝉ひとつ大樹鳴く
白山
空蝉や川の流れに身を浮かし
函峰明治
生まれ変わりし墓石の空蝉や
八高啓茶
空蝉やネジ締めやらぬガスバーナー
半熟赤茄子
見上げ飛ぶ空蝉残し空の青
板東まーぴー
空蝉やつねられ痛む母の愛
比呂
拾いたる空蝉水に浮かべたり
比呂子
火葬場の子ら空蝉を踏み潰す
緋路
手の中の空蝉を潰す妄想
尾上真理
空蝉や猫眠る土からも穴
枇杷子
空蝉や男無言のままぐしゃり
美宇
空蝉やからからからと泣きにけり
美山
ポケットの空蝉次から次へと
美祥
空蝉のお人柄なら清廉潔白
美翠
うつせみやカナメモチにて三つ巴
美智子
たましいはまだ殻にありうつせみや
美魔女
空蝉や友だち出来たこの町で
姫山りんご
空蝉の透けるその身に矜持あり
百合乃
空蝉の猶しがみつく力かな
百草千樹Z
空蝉の出生地ここ幹の下
富樫 幹
空蝉の眼の透明な朝来たる
富山の露玉
空蝉や我も捨て去る松葉杖
風らん
空蝉や樹からはかなく落ちにけり
風間昭彦
空蝉のまだしがみつく力有り
風知草
もしかして空蝉鳴きし日暮れかな
風峰
空蝉や背なの割れ目と母の胎
風紋
半分の窓に空蝉砂の城
風由花
空蝉や鄙の居酒屋木看板
風来
空蝉やあちこちそちこち陰日向
風林亭
空蝉や主人無き昼のリビング
風鈴
空蝉の背割るは陣痛の如し
服部勝枝
空蝉を並べショパンを聴いてゐる
文月さな女
空蝉に花一本の手向けして
平松洋子
空蝉やその伽藍堂に宇宙あり
平野水麦
蝉の殻あのひとの笑顔みたことない
碧西里
空蝉や老後は遠くなるばかり
片栗子
空蝉やパイクスピーク遥かなり
峰江
観音の衣の襞に蝉の殻
峰泉しょうこ
空蝉や五十年目のクラス会
朋女
空蝉ふたつそつと根元に埋めにけり
芳香
空蝉や吾子抱き向かう野球場
北葛城 達生
靴底に乾きし音の空蝉や
睦恵
静けさの心持ちなり空蝉は
堀アンナ
朝寝坊空蝉のせい雨のせい
磨湧
空蝉の着くビル街の掲示板
麻呂助
空蝉に成って踏ん張る浮世かな
抹香鯨
地に穴の木に空蝉の多し多し
末尾波世遠
空蝉へ吾子の眼の近づきぬ
万斛
空蝉や分別臭き恋をして
未貫
空蝉やいやこは身あり濃く光る
未知
空蝉やなれは無事かと問ひにけり
未々
空蝉を集めナウシカごっこの子
岬りこ
空蝉を脱ぎし空蝉輪廻かな
妙光@木の芽
空蝉の眼にうつろな空が残る
眠 睡花
旅立ちを星は知りたる蝉の殻
夢見昼顔
空蝉やサンドバッグに開きし穴
夢見亭笑楽
バックネットの空蝉の無重力
夢芝居よしみ
空蝉に産みの苦しみありにけり
夢堂
空蝉や絵日記いまだ真白なり
明石焼穴子
そもそもが空蝉と云う幻想
茂る
空蝉や白墨で描くケンケンパ
網野れいこ
空蝉や朝陽の匂う雨上がり
木森
空蝉や誰を何時まで待つつもり
木人
空蝉や口をへの字に祖母の真似
木田余ふぢこ
空蝉や時はただただ流れたり
木槿
空蝉や長く務めし職場去る
紋舞蘭
空蝉や鑿跡深き道しるべ
也和
空蝉や背に透明な羽根がある
野ばら
空蝉や星の中での時の跡
野中泰風
精巧に過ぐる空蝉ここに在り
野々ゆか
八日目の乾いた空や蝉の殻
野々りんどう
空蝉や生きるは何と問いかける
柳 春子
産土に子らの声なき蝉の殻
薮久美子
空蝉を笑顔で潰す吾子二歳
優純bow
蝉の殻あたまを下に落ちにけり
悠久
空蝉や二万以上の今日を生き
柚和
空蝉や検査結果に太字あり
裕人
空蝉の汀ただよふ軽さかな
遊亀
空蝉や母の箪笥の母子手帳
遊子
空蝉の身の何処なる大手門
遊泉
空蝉とパンドラの箱似て非なり
夕波
主去れど生きた証の空蝉や
夕美子
空蝉の一つ棺に置かれけり
余熱
空蝉の煎りそら豆の殻に似て
葉っぱのようこ
空蝉や二十歳の息子カミングアウト
葉月あわい
空蝉よ翔べ透いて見ゆるあの世まで
葉子 A
空蝉や世界へ羽ばたく一章節
遥明
空蝉を風吹き抜ける日暮れかな
陽気姫
空蝉や二連D51待つレンズ
欲句歩
空蝉や生きものたちは同じ季
羅風音
空蝉に閉じこもること許されて
落合きり
真横から子の放つ蝉の殻々
藍時 湘
空蝉や故郷を捨てて半世紀
藍植生
空蝉を置かれ夜逃げの証しかな
蘭丸結動
空蝉や不動明王とにらめっこ
蘭子
シャカシャカとかごいっぱいの空蝉や
梨の花
空蝉の遥か山の背覗く陽よ
里之照日日
人知れず未練残すか空蝉は
里甫
地中より明るい未来空蝉よ
立香
空蝉はブラックホールの宿主です
立石神流
空蝉や命に二度のなかるべし
立歩
暗き朝空蝉一つ三つ三つ
流雨
穴二つ空蝉一つ空仰ぐ
琉璃
空蝉や酔ひし女のベアバック
隆松
空蝉や君亡き後も生き行く吾
林 和寿
空蝉や七日の命を守りきり
麗し
樹の幹を空蝉しかと噛んでいる
露草
空蝉や己が啼き声仰ぎ見る
六々庵
子の拾ふ空蝉の声賑やかし
和伊子
空蝉や幼き悩み重いまま
和光
空蝉は諸行無常の響きあり
和舟
空蝉や救急の担架に轢かれおり
空蝉や定年辞令貰ひけり
國本秀山
空蝉よ山の探検懐かしむ
惠悟
空蝉や百年後には実る恋
戌の箸置
空蝉の匂いかすかに夢の跡
空蝉となりてこの身に空を飼う
梔子
空蝉に縋る翡翠色のニンフ
櫻川俵船
空蝉がバージンロード転がって
涅槃girl
空蝉をジオラマにおき恐竜か
筬葉
空蝉の乾ききったる不思議かな
籠居子
空蝉や詠めぬ短冊白紙なり
脩斎@105さい
空蝉や一筆箋は白紙なり
脩平
空蝉や六百余基の古墳森
茫々
眠る子の手に空蝉や昼下がり
萬代草舟
空蝉やパパとママ離婚するって
蘂六
空蝉や目には魂残しおり
蜥蜴の尻尾
空蝉を信心深く手の平に
酩酊堂
空蝉や老舗旅館の湯にしずか
霖之助
空蝉に臍の緒ごときもののあり
靫草子
空蝉や高齢多発の隙間風
空蝉や握り潰したE判定
齊藤立夏
空蝉やカレーの鍋の決壊す
しっぽ
飛騨路にて空蝉を百拾いけり
ももとせこえ
殺されし女の腹に空蝉や
咲也
空蝉や名前浮かばず立ち話
桜桃侍
数合わせ地面の穴と空蝉と
水間澱凡
独り者居間に空蝉飾りけり
瀬々葱坊主
空蝉が酒席に咲かす武勇伝
天津飯
旅の後空蝉電車に揺られけり
祐雲
空蝉に叱られハローワーク行く
令雅
空蝉やお前は疾に死んでゐる
蓼蟲

ページの先頭