俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 空蝉

第221回 2019年5月30日週の兼題

空蝉

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句

よしあきくん一期一会の一句!

 「いで湯と城と文学のまち・松山」を応援するのが、それがしの務め。本サイトを応援することも我が喜びにござる。そして、我が座右の銘は「一期一会」。我が心に怒濤の感動を呼び起こす一期一会の一句、今週もドドドーン!とご紹介いたしますぞ!
 以下、●が皆さんからの投稿。○が拙者のコメントでござる。

●月曜日「よしあきくんの一期一会の一句」 「水鉄砲」の回でまたまた5位に選んでいただきました。 御城主よしあき殿、有難うございます。/住吉 敦子
○住吉 敦子殿、よしあきくんでございまする。拙者の選をお喜びいただけるとは、恐悦至極に存じまする。以後、お引き立てをお願い申し上げまする。

◆よしあきベストセレクション
第10位
空蝉やことばしらねど初づくり 市川夏和@ありす句会
●初めて俳句を一句作ろうと思うのですが、ことばの使い方が解らない今の自分の心境を表しました。/市川夏和@ありす句会
○市川夏和殿、初づくりでございまするか。拙者も市川夏和殿を目指してガンバリまする。

空蝉やリオパラ柔道銅メダル 薫風
●リオパラは2016年リオデジャネイロ・パラリンピックのこと /薫風
○薫風殿、それはすごいことでございまする。来年の東京パラリンピックも楽しみでございまするな。

第9位
ぞぞぞぞぞ集団発生空蝉ぞ 州芳
○州芳殿、それは、ぞぞぞぞぞ、でございまする。すごいような怖いような、ぞぞぞぞぞ、でございまする。

空蝉や連骸となる新生命 川西勝久
○川西勝久殿、「連骸」でございまするか。聞いたことがありますような、ないますような、で、ございまする。さてさて、で、ございまする。

帰巣本能?空蝉の下の死骸 ダンサーU-KI
○ダンサーU-KI殿、さようでございまするか。空蝉殿にお帰りになるのでございまするか。拙者も空蝉殿のことが、よく分かるような気がするのは、なぜなのでございましょうか。

空蝉や小さな命懸命に 川村 なしえ
●地中の中で大切に育てられた蝉の小さな命を地上では一生懸命に鳴いて存在を明らかにする姿を思い浮かべながら作りました。/川村 なしえ
○川村 なしえ殿、さようでございまするな。空蝉殿から生まれた蝉殿の一生でございまするな。拙者も懸命に努めさせていただくのでございまする。

外壁に張りつく空蝉情緒なし ダンテ
●樹木に付いてる空蝉を見ると「あ~夏だな~」と季節を知らせる風景だけど、街で生まれたら羽化する場所が建造物だったりして、見つけても「こんなところに・・・」と思えてしまう。/ダンテ
○ダンテ殿、さようでございまするな。空蝉殿のご苦労が思われまする。拙者の本丸をお使いいただきたいのでございまする。

第8位
大きな木下で空蝉コレクション 浅河ひま子
○浅河ひま子殿、コレクションでございまするか。たくさんたくさんの空蝉殿でございまするな。空蝉殿に囲まれるのでございまするな。

空蝉や如何したヤクルトスワローズ たけ爺
○たけ爺殿、空蝉殿も応援するのでございまするな。たけ爺殿も応援するのでございまするな。スワローズ殿もガンバルのでございまするな。

第7位
空蝉を集めてどないするんやねん 豚ごりら
○豚ごりら殿、やはりコレクションでございまするか。浅河ひま子殿にお聞きになるのでございまするな。どないするので、ございまするか。拙者も分からないのでございまするが。

空蝉や多分カルシウムが豊富 山部の大野
●見た目気持ち悪いけど、からりと揚げれば案外クリスピーでいけるのではと想像して作りました。/山部の大野
○山部の大野殿、空蝉殿を召し上がるのでございまするか。それは、なかなかのことでございまする。拙者は空蝉殿を尊敬しておりまする。

空蝉や義父さん菓子じゃありません 二葉
○二葉殿、義父殿もお召し上がりになるのでございまするか。空蝉殿はお菓子殿ではございませんので、くれぐれもお召し上がりにはならぬようにお願い申し上げまする。

空蝉でふりかけ作るとおどす母 小崚 糸杉子
●あまりにも沢山の抜け殻を持って帰ってこられた日に息子に言ってやりました。/小崚 糸杉子
○小崚 糸杉子殿、むむむむむ、やはり、お召し上がりに・・。それも、今度はふりかけ殿になさるのでございまするな。拙者、目が点点々・・・。

第6位
心配だ慣れない世界空蝉に 美泉
●長い土の中の生活は慣れているが空中でのなれない生活をどう過ごすか心配だ。/美泉
○美泉殿、空蝉殿の厳しい生活をご心配いただき、感謝感激でございまする。拙者も空蝉殿の一生を心配するのでございまする。

空蝉やイナバウアーのごと羽化す はじめ
●蝉の羽化する姿を見て /はじめ
○はじめ殿、おお、さようでございまするか。ついに、空蝉殿もイナバウアー殿に!さようでございまするな。イナバウアー!!イナバウアー!!なんか、そのようなお方がおいでになられたような気もいたしまするが。

第5位
らっしゃいらっしゃい空蝉の大セールですよ よあけの晩
○よあけの晩殿、ああ、なんと。今度はバーゲンセールでございまするか。空蝉殿は、どのようになるのでございましょうか。空蝉殿の一生が心配になっているのでございまする。

ぎょっぎょっぎょっぎょっぎょっ空蝉の山薬なり ほうすい
●以前中国を旅した時店先に空蝉のやまが飾ってました。漢方の一つです。/ほうすい
○ほうすい殿、さようでございまするか。漢方薬になられる空蝉殿でございまするか。空蝉殿は世界に羽ばたかれるのでございまするな。羽ばたく空蝉殿でございまするな。

生薬にもなれない空蝉以下の俺 秋津州はじめ
○秋津州はじめ殿、さようにお嘆きなさいませぬように。空蝉殿は大活躍でございまするが、みなさまもきっと、生薬以外でも活躍なさいます。

空蝉や廃プラだったらどうしよう ひよとり
●最近、世界てきに梱包材類のプラ材が、問題になっている。 先見のメイあり。拍手。 いっそ、これを研究し梱包材料にしたらと思います。/ひよとり
○ひよとり殿、さようでございまするな。空蝉殿ももっともっと、活躍して欲しいのでございまするな。

午前二時空蝉の術を使いけり ごようまつ
○ごようまつ殿、それは、びっくりでございまする。空蝉殿の術とはびっくりでございまする。拙者は、そんな術はございませぬ。

第4位
空蝉は門出の証おめでとう めりっさ
●セミの抜け殻があるということは、無事に羽化したセミがいるということ。素直におめでとう!/めりっさ
○めりっさ殿、さようでございまするとも。空蝉殿はセミ殿の親?でございまするな。空蝉殿もセミド殿も応援しておりまする。

空蝉や一夜限りの木登り隊 じょいふるとしちゃん
○じょいふるとしちゃん殿、さようでございまするか。夜も観察でございまするな。空蝉殿は夜にガンバルのでございまするな。

うつせみを見るたび想う過去の我 ちゅうちゃん
●自分にとって一皮むけたのはいつだったかを思い出させてくれる。/ちゅうちゃん
○ちゅうちゃん殿、ご成長の証しでございまするな。空蝉殿と共にご成長でございまするな。拙者は、いつ、空蝉殿のようになれるのでございましょうか。

黒い影茹だる己は空蝉か さゃんこフォソデュ
○さゃんこフォソデュ殿、さようでございまするか。茹だるのでございまするか。それはたいへんでございまする。拙者も茹だりやすい体型でございまする。細心の注意をするのでございまする。

めいっぱい厚化粧の下空蝉や いしだもよ
○いしだもよ殿、厚化粧?でございまするか。さて、でございまするが。厚化粧をなさって、空蝉殿と・・さて?

第3位
君の形の布団に空蝉の術とメモる 百幸
○百幸殿、空蝉の術でございまするな。拙者も先ほど、学ばせていただきました。さっそく、空蝉の術を使いたいのでございまする、ドロン。

登下校憂空蝉の通りゃんせ ハマさん
●子供の頃、小学校を行き来する時は必ず苦手な蝉がいる林の側を通らなければなりませんでした。夏になるといつも憂鬱で、脱け殻を目にするだけでもびびってたあの頃を詠んでみました。/ハマさん
○ハマさん殿、さような思い出でございまするか。貴重な思い出でございまする。空蝉殿もきっと、貴重な思い出を脱ぎ捨てておいででございまする。

うつせみはこえのきこえるなきごえかわい れい子
●うつせみはじめんながくいていろんなことしてやっと土からでてきてやっとなきごえがする/れい子
○れい子殿、さようでございまするな。空蝉殿はながいながい、土の中でございまするな。セミ殿の声もいっしょうけんめい聞くのでございまするな。

第2位
キンコンカン空蝉歩むアントまあ ケスウヨ1101
●学校の校庭で蟻に運ばれる空蝉を詠みました。/ケスウヨ1101
○ケスウヨ1101殿、それは、なんとなんと、貴重な発見でございまするな。空蝉殿も蟻殿も、夏をガンバルのでございまするな。

空蝉やウルトラマンは小休止 秋月
●夏の暑い日のヒーローショー。スーツアクターの小休止中に床に置かれたウルトラマンの着ぐるみと空蝉とを取り合わせてみました。/秋月
○秋月殿、さようでございまするな。ウルトラマン殿も、夏はたいへんなのでございまするな。きっと、空蝉殿と並んでお休みでございまするな。

空蝉やバルタン星の置き土産 泡
●人知れず脱皮した蝉は、一時鳴いた後は故郷のバルタン星へと帰って行くのかもしれない。殻を地球に残して。/泡
○泡殿、おお、こちらもバルタン星でございまするか。空蝉殿の故郷がバルタン星とは。シュワッチとお帰りになるのでございまするか。

第1位
うつせみのうまれるしゅんかんすごいけり がんばるたくみ6才
●公文の俳句カードを毎日1枚読んでいて、切れ字のことを「必殺技」と教えています。この句の「けり」も「必殺技の『けり』」とのことです。(代送・あるきしちはる)/がんばるたくみ6才
○がんばるたくみ6才殿、必殺技でございまする。すごいけり、でございまする。拙者も、すごいけり、と申しまする。これからも、すごいけり、でございまする。

◆掲示板

●新しい投句・投稿システムについてのお願い
 投句・投稿フォームが新しくなっています。投句数の増加に伴って、仕分け作業に多くの時間を要します。以下の事項を守って投句投稿して下さると、組長の負担が大きく減ります。ご協力よろしくお願いします。

①俳句の欄には俳句のみ記入して下さい。一つの欄に一句を厳守。

②「俳句に対するコメント」の欄は記入する必要はありません。(特に気になることがあれば記入していただいても結構です。)

③「ギャ句」「聞き倣し季語」は俳句欄に記入して下さい。ギャ句の原句は「俳句に対するコメント」の欄に必ず記入して下さい。

④「兼題季語についての質問・考察・情報(火曜日「俳句道場」)」は、火曜日「俳句道場」への投稿です。

⑤「『俳句ポスト365』への感想・質問・要望・俳号の変更・各地の吟行情報など」「組長&ハイポニストたちへのお便り・近況報告など」はそれぞれ水曜日への投稿です。内容に合った欄に書き込んで下さい。

◆「ギャ句」に挑戦!
 古今東西の名句を1音変えてみると、愕然と意味が変わる?!「最小の音変換による最大の意味変換」を狙う知的遊びであります。

夜の子もうつせみの子も城さする じゃすみん
●ギャ句です。元句「黄泉の子もうつせみの子も白絣」能村登四郎/じゃすみん
休憩といふ空蝉に似たるもの じゃすみん
●ギャ句です。元句「旧姓といふ空蝉に似たるもの」辻美奈子/じゃすみん
現し身と成るべく脚を定めけり じゃすみん
●ギャ句です。元句「空蝉と成るべく脚を定めけり」夏井いつき/じゃすみん
震えつつわが空蝉の突伏して じゃすみん
●ギャ句です。元句「ふるさとにわが空蝉の突伏して」正木ゆう子/じゃすみん
○じゃすみんくん、いやどうもどうもどうだです。金子どうだです。そうじゃのう。城さする?か。よしあきくんくんに言っておこう。しかし、どのギャ句もいいじゃあ内科小児科肛門科。いや、ご苦労ご苦労ご苦労さんじゃ、うほん。

空蝉の群れを抱へて草の上 にゃん
●ギャ句 元句「空蝉の胸を抱へて草の上」島田藤江/にゃん
一震へ尿空蝉となりゆけり にゃん
●ギャ句 元句「一震へして空蝉となりゆけり」稲畑廣太朗/にゃん
空蝉を背の人たちの負荷軽き にゃん
●ギャ句 元句「空蝉の背の一太刀の深かりき」塚田文/にゃん
空蝉の身の透くばかり洗濯す にゃん
●ギャ句 元句「空蝉の身の透くばかり恋着す」稲垣きくの/にゃん
あらまロック脂ぎつたる空蝉よ にゃん
●ギャ句 元句「汝等まろき脂ぎつたる空蝉よ」中村草田男/にゃん
空蝉の羊羹濡れて在りしかな にゃん
●ギャ句 元句「空蝉の両眼濡れて在りしかな」河原枇杷男/にゃん
空蝉をヒモが手にせり欲しと思ふ にゃん
●ギャ句 元句「空蝉を妹が手にせり欲しと思ふ」山口誓子/にゃん
○にゃんくん、おお、よろしいよろしい。「・・群れ・・」「・・尿・・は1字変換じゃが、景の転換が見事じゃのう。しかしじゃ、「空蝉の羊羹」はどうじゃかのう。ヒモから奪うのものう、うほん。

ギャ句に挑戦!」討つ蚤にまた夜が来て朝が来て ひろ志
●原句は「空蝉にまた夜が来て朝が来て/稲田眸子」 /ひろ志
○ひろ志くん、そうかそうか草加せんべい。まあ、蚤も生きるもの。なかなかのしぶとさじゃ。そんなことも、有るクルーじゃ、うほん。

「ギャ句」現し身を妹が手にせり欲しと思ふ 亀田荒太
●(元句)「空蝉を妹が手にせり欲しと思ふ/橋本美代子」妹だけが蘇ったのを姉が「私も身体が欲しい」と言ってるのですよ、ホラーなので無季です。/亀田荒太
○亀田荒太くん、なるほどほどほど。まあ、夏じゃから、そんなこともあるもんじゃ焼き、うほん。

ギャ句“:空蝉や麦とろご飯お代わりか 吉村よし生
●原句:空蝉と麦焼酎の湯割りかな/金子兜太 /吉村よし生
ギャ句”:空蝉はなるたけ脚を休ませり 吉村よし生
●原句「空蝉となるべく脚を定めけり/夏井いつき」 /吉村よし生
ギャ句”:空蝉はなるたけ脚を定めませ 吉村よし生
●原句「空蝉となるべく脚を定めけり/夏井いつき」/吉村よし生
ギャ句”:さかあがり残る力や蝉のから 吉村よし生
●原句「さかしまに残る力や蝉のから/子規」/吉村よし生
ギャ句”:足六つでも不足かや蝉の殻 吉村よし生
●原句「足六つ不足もなしに蝉の殻/子規」/吉村よし生
○吉村よし生くん、いやあ、ワシの句もサンキューサンキュー。ワシも麦とろは好きじゃが、まあそうじゃのう、もう少し、変換文字数が少ないのが理想じゃ。ギャ句は、最小限の文字変換で最大限の意味変換をする遊びじゃからのう、うほん。

空蝉の谺とならずバックれる 久我恒子
●ギャ句です。原句は、空蝉の谺とならず谿昏れる 山田晴彦。/久我恒子
○久我恒子くん、そうかそうか草加せんべい。まあ、気持ちは分かるが、正直・真っ直ぐもいいもんじゃ焼き。うほん。

空蝉怒鳴るまで鳴くお仕事かな 山香ばし
●空蝉となるまでなくを仕事かな/乙州」/山香ばし
空蝉に軽はずみ鳴き砂の音 山香ばし
●ギャ句 元句は「空蝉にあるはづもなき砂の音/大木孝子」/山香ばし
蝉の手の触れ空蝉のふと動く 山香ばし
●ギャ句 元句は「神の手の触れ空蝉のふと動く/小泉八重子」/山香ばし
空蝉隣で物盗る詰め掛けて 山香ばし
●ギャ句 元句は「空蝉となりても登る爪かけて/照敏」/山香ばし
嬌声と憂鬱セミに似たるもの 山香ばし
●ギャ句 元句は「旧姓といふ空蝉に似たるもの/辻美奈子」/山香ばし
食い逃げてひがな空蝉もてあそぶ 山香ばし
●ギャ句 元句は「無為にしてひがな空蝉もてあそぶ/川端茅舎」/山香ばし
海女脱ぎし空蝉透けて夜明けなり 山香ばし
●ギャ句 元句は「今脱ぎし空蝉透きて夜明けなり/和田和子」/山香ばし
夢の世にかかあ執着空蝉は 山香ばし
●ギャ句 元句は「夢の世にかかる執着空蝉は/斉藤慎爾」/山香ばし
○山香ばしくん、おおおお、なかなかの労作じゃ。しかしじゃ、「食い逃げ」はイカンガー。「海女」はなかなか幻想的な魅力があるのう。その海女さんに、紹介して貰いたい。まあ、ひとつ、よろしく哀愁!うほんごほん。

てのひらに空蝉のせて山を越え 小市
●どうだ先生に捧げるギャ句゛シリーズ@原句は《てのひらに空蝉のせて山のこゑ/田中里佳》/小市
鷹来れば空蝉も鳴く夕茜 小市
●どうだ先生に捧げるギャ句゛シリーズ@原句は《たかぶれば空蝉も鳴く夕茜/澁谷道》/小市
快楽のあとくらくらす空蝉よ 小市
●どうだ先生に捧げるギャ句゛シリーズ@原句は《快楽のあとくらくなる空蝉よ/齋藤愼爾》/小市
十ほどの空蝉熾の匂いする 小市
●どうだ先生に捧げるギャ句゛シリーズ@原句は《十ほどの空蝉雪の匂いする/鳴戸奈菜》/小市
空蝉をつぶす壊れぬものがなし 小市
●どうだ先生に捧げるギャ句゛シリーズ@原句は《空蝉をつぶす壊れぬものが欲し/伊藤トキノ》/小市
髪の毛の触れ空蝉のふと動く 小市
●どうだ先生に捧げるギャ句゛シリーズ@原句は《神の手の触れ空蝉のふと動く/小泉八重子》/小市
空蝉の眼より軽きものありや 小市
●どうだ先生に捧げるギャ句゛シリーズ@原句は《空蝉の眼より暗きものありや/齋藤愼爾》/小市
空蝉を愛し人間には会わず 小市
●どうだ先生に捧げるギャ句゛シリーズ@原句は《空蝉を愛し人間にも飽かず/富安風生》/小市
○小市くん、いやどうもどうもどうだです。おお、いいじゃあ内科小児科肛門科。それにしても、「快楽のあとくらくら」するのは、心配じゃ。行くところに行きなさい、行くところに!「壊れぬものがなし」も無常じゃのう。いや、人には会いなさい、うほんげほん。

空蝉や山のそばネの毛越寺 星埜黴円
●元句: 空蝉や山の日照雨の毛越寺  皆川盤水/星埜黴円
バルタンの背なのチャックはこわれたり 星埜黴円
●元句: 空蝉の背なのチャックはこわれたり  岡本星女 /星埜黴円
空蝉をバタと焼きたる老後かな 星埜黴円
●元句: 空蝉にはたと逢ひたる老後かな  田中鬼骨/星埜黴円
茂吉の墓空せみはみな旋毛を曲げて 星埜黴円
●元句: 茂吉の墓空せみはみな背を曲げて  松村蒼石 この句の背景はきっと、山寺の蝉の種類論争なんでしょうね・・・。/星埜黴円
空蝉を置いてパクチーに翳り生む 星埜黴円
●元句: 空蝉を置いて白紙に翳り生む  鍵和田柚(ほんとうは禾)子/星埜黴円
空缶のまろべば金の音すなり 星埜黴円
●元句: 空蝉のまろべば紙の音すなり  小林清之介/星埜黴円
銭かねの水よりはやく流れゆく 星埜黴円
●元句: 蝉がらの水よりはやく流れゆく  西垣脩/星埜黴円
空蝉のごとく服剥く背を明けて 星埜黴円
●元句: 空蝉のごとく服脱ぐ背を明けて  加藤三七子 沢田研二の「カサブランカダンディ」みたいな光景と、思ってくださいまし。/星埜黴円
空蝉もこれは突く突く帚にて 星埜黴円
●元句: 空蝉もこれはつくつく法師にて  永井東門居/星埜黴円
埋火をあそびごころに抱き寄せる 星埜黴円
●元句: 空蝉をあそびごころに掃き寄せる  佐野まもる/星埜黴円
めざしがある空蝉を火に置けば 星埜黴円
●元句: めざましが鳴る空蝉を机に置けば  秋元不死男/星埜黴円
梅沢を見る妻の瞳のうるむなり 星埜黴円
●元句: 空蝉を見る妻の瞳のうるむなり  杉山岳陽 熱狂的な、梅沢さんファンのご婦人方も、多く居られることでしょう。/星埜黴円
壁に爪たててかに道楽まみれ 星埜黴円
●元句: 岩に爪たてて空蝉泥まみれ  西東三鬼/星埜黴円
仰向けに猪木が蹴るやアリの土 星埜黴円
●元句: 仰向けに蝉ぬけがらや蟻の土  池内たけし/星埜黴円
空蝉や好みひとつに服を集め 星埜黴円
●元句: 空蝉やこの身ひとつに苦を集め  鈴木真砂女/星埜黴円
空蝉を旦那におけば彼おこる 星埜黴円
●元句: 空蝉を掌上におけば風おこる  松本旭/星埜黴円
帚とめて空蝉はがす死をはぐごと 星埜黴円
●元句: 帚とめて空蝉はがす詩を待つごと  赤城さかえ/星埜黴円
祝詞の白い札咲く森の空蝉笑む 星埜黴円
●元句: 呪詛の白い札咲く森の空蝉蹴る  伊丹三樹彦/星埜黴円
もらい来し桜うづまき卓におきて呑み 星埜黴円
●元句: 拾い来しうつせみ卓におきしのみ  安住敦/星埜黴円
"拾い来しうつせみ卓におきて呑み " 星埜黴円
●元句: 拾い来しうつせみ卓におきしのみ  安住敦/星埜黴円
汝等わろき脂ぎつたる中年よ 星埜黴円
●元句: 汝等まろき脂ぎつたる空蝉よ  中村草田男/星埜黴円
空蝉をひろふ流人の墓ボトり 星埜黴円
●元句: 空蝉をひろふ流人の墓ほとり  大野林火/星埜黴円
空家のふんばつて居て壊はれけり 星埜黴円
●元句: 空蝉のふんばつて居て壊はれけり  前田普羅/星埜黴円
空蝉を妹が手にせり虫と思ふ 星埜黴円
●元句: 空蝉を妹が手にせり欲しと思ふ  山口誓子/星埜黴円
○星埜黴円くん、おお、なかなかのもんじゃ焼き。ガンバッタじゃあ内科小児科肛門科。おまけに、リューマチ科。まあ、確かに虫と言えば虫じゃが・・。中年も脂ぎってはおるが・・。しかし、桜うずまきを知っておるとは、俳句甲子園通じゃのう、よろしいよろしい。うほんごほん。

梢より仇を討ちけり蝉の殻 末尾波世遠
●ギャ句 原句「梢よりあだに落ちけり蝉の殻/松尾芭蕉」 ギャ句から離れたいと思います。/末尾波世遠
○末尾波世遠くん、なんじゃなんじゃなんじゃもんじゃの木。それは寂しきことじゃ。まあ、いつでも帰ってきなさい。ギャ句は逃げはせんからのう、ひとつ、よろしく哀愁!うほん。

空蝉やトランプ落す泉かな 万斛
●原句 空蝉をとらんと落す泉かな 飯田蛇笏 大意 空蝉を眺めているとtramp(浮浪者)が来たので「ツラでも洗え」と泉に突き落としてやった。これを、Trump大統領のことと解釈してもらっても一向に構わない。/万斛
日本海朝立ちの背に蝉殻一つ 万斛
●原句 日本海早立ちの背に蝉殻一つ 金子兜太 大意 日本海に向けて小便をする隆々とした私の朝マラに、蝉の抜け殻が一匹とまっている。今しがた、殻を抜けた蝉は、海風をついて海峡を渡っていくのである。嗚呼、なんという雄大な光景であることよ!/万斛
○万斛くん、おいおいおいと言うておこう。ワシの句を、なんとなんと南都銀行。こんなことをするなら、次は、もっとギャ句を送ってきなさい、うほんげほん。

◆今週の「聞き做し季語」?!
 兼題の季語が、耳にどう聞こえるか?……というクダラナイ試み。

浮く蝉・売ってみ?・打つ背に・いつゼミ? さとう菓子
●「聞き做し季語」/さとう菓子
○さとう菓子くん、いやどうもどうもどうだです。うん、そうじゃのう、何を売るのかのう?ゼミの教授は○○さんじゃったが、うほん。

聞きなし季語 はずきめいこ
●打つ蝉、写す背見、グズせみ、ブス蝉、/はずきめいこ
○はずきめいこくん、おお、いや、何と聞こえようがいいんじゃが、蝉をあまりイジメんでもらいたい。しかし、ブス蝉はちょっと失礼じゃが、見ては見たい、うほん。

「聞き倣し季語」現身(うつせみ) 鬱ゼミ 俯せ ひろ志
○ひろ志くん、いやいや、とかくこの世は生きにくいが、うつぶせになって生きるほどでもないぞ、うほんごほん。

「聞き做し季語」薄笑み 亀田荒太
●薄ら笑いというと馬鹿にしている感じですが、薄笑み(うすえみ)だとちょっとホラーな印象ですね。/亀田荒太
○亀田荒太くん、なるほどほどほど。いや、ワシは出来んが、そういう人もおるようじゃのう、誰かのう、うほん。

打つ背に、薄墨、伏す検見、桜うずまき、ブスミニ、靴墨、薄紅、含め煮。 星埜黴円
●聞き做し季語です。/星埜黴円
○星埜黴円くん、またまた、いろいろと聞こえてしもうたようじゃのう。桜うずまきは旨い酒じゃがのう。酒のアテは、何の含め煮かのう、うほん。

薄墨 大塚迷路
●聞き做し季語です/大塚迷路
○大塚迷路くん、そうじゃそうじゃ、が、何に使う薄墨かは気になるもんじゃ焼き。うほん。

◆今週の「なんちゃって回文」

雄空蝉登仙せうと見せつ羽を ウロ
●回文俳句です。 をうつせみとうせんせうとみせつうを 蝉は最初、新しい旅立ちが、うまくゆかなかったのですが、今度こそ羽化登仙しようと羽を大きく広げて見せました。 羽化登仙(うかとうせん):蘇軾(そしょく)の漢詩、「前赤壁賦」に見える熟語。羽根が生えて天に昇ること。もともとは、酒に酔った気分をいう。 /ウロ
空蝉は流さるさがな歯見せつ兎 ウロ
●回文俳句です。 回文俳句です。 うつせみはながさるさかなはみせつう / 蝉は風のなかを羽のように飛んでいたが、今は流される魚のように風になぶられている。みんな運命なんだよ、と、ウサギは歯をむき出して笑った。 流さるさかな:「流される魚」と「流される性」の両義。 /ウロ
空蝉よ西鳥と死に夜見せつ卯 ウロ
●回文俳句です。 うつせみよにしとりとしによみせつう / せみの殻よ。西方は鳥と共に眠りにつくところ、そのときはもう、東は暗くて夜を見せていた。 方位では、西は酉、東は卯。 /ウロ
○ウロくん、おお、そうかそうか草加せんべい。確かに、空蝉も羽化登仙の心地かもしれんのう。空蝉の回文俳句は、自ずから悠久の想いを映しておるのじゃのう、うほん。

おらが消ぬ鑿攻む蝉の脱殻を こなねこ
●私という存在があたかも消えたかと思うほど、心が空っぽになってしまったよ。 とっくに中身の無い脱殻が、鑿でさらに刳り貫かれたようだ。 …という回文俳句です。/こなねこ
○こなねこくん、なるほどほどほど。空蝉をノミでのう。今週は、空蝉だけに哲学を感じるのう、うほん。

市中空蝉の店通貨なし さとう菓子
●「なんちゃって回文」しなかうつせみのみせつうかなし/さとう菓子
○さとう菓子くん、ほほう。空蝉だからのう。通過も無いのかのう、うほん。

悔い見せつ後ろ下ろし空蝉往く 遠音
●回文俳句。くいみせつうしろおろしうつせみいく/感情にまかせ過ぎる歌声のようだった。ある種の人達の心を掴んで離さない抑揚、刹那の快楽が、どぼりとあふれてこぼれ落ちる。泣いてたんだ。蝉は、生まれながら、泣きそぼって、くしゅくしゅと縮こまって、光と風が痛いばかりの未来を悔いて、しっとりとやわらかく甘い闇を恋うて、背なはそり返り、おのが身を厭い、しがみつき、ついに、古いからだが悔恨をこぼし切って、背なから滴り落とし、やがてふいに身軽になって、鉤爪だけが使命を忘れず、新しいからだの為にいつまでもしがみつき、記憶だけがどんどん迸り、うねりながら消えてゆく。まだ抜けきってないんだよ、あれは。だから、しがみついていられるんだ。/遠音
○遠音くん、なんじゃなんじゃなんじゃもんじゃの木。空蝉もそのような心を抱えているのかのう。人生、いや、蝉生も不思議なもんじゃあ内科小児科肛門科。うほん。

夜店通飲み屋の闇の空蝉よ 塩の司厨長
●(よみせつうのみやのやみのうつせみよ) 回文俳句です。夜店通(つう)の彼は、ふと屋台の後ろの樹に光る空蝉を見つけた・・・。続きはWeb・・・、いえ、何でもありません。/塩の司厨長
○塩の司厨長くん、何々なんじゃ。Webじゃと。それがどうしたどうした。ワシは面倒なことが嫌いなんじゃ。早く言いなさい、早く言いなさい。うほんげほん。

蝉の殻語りをり高らかの店 純音
●回文俳句。せみのからかたりをりたからかのみせ/ 返信メールで文字化けしてた箇所: 特に一席をとった句を作った人は、みんなから、「Youはsho句!」と呼ばれてそれはもう大変な賞賛を受けることになるのよ~、 摩耶は蝉の声が一段と強くなったような気がした。 /純音
蝉の殻語りをり高らかの店 純音
●回文俳句。せみのからかたりをりたからかのみせ/ 野桃摩耶。高知生まれ高知育ちの21歳。地元の短大を卒業後、東京下町の某印刷会社の事務員として働きながら、テレビ番組「プレバト」の俳句大会でアイドルと慕う〇〇君が見事一位を獲ったことを目の当たりにし、自らも俳句を詠み始めたうら若き乙女である。 「あら、あなたもしかして俳句やっていない?」昼休みにそう声をかけてきたのは事務長で年齢不詳の墨田両子さんだ。摩耶は俳句を始めてから指を折るくせがついていた。「えー!そーなの~、いーじゃない~。若いのに偉いわよ~。実はね、私も俳句やってるの。結社にも入ってるのよ。」「え、結社・・」摩耶の脳裏に一瞬フリーメーソンのマークが浮かんだ。「結社ってのはね、んー、みんなで俳句を作ってわいわい楽しむサークルみたいなものよ。今夜ね、その句会があるの、あなたも参加してみない?楽しいわよ~」「はあ・・」こうして摩耶は両子さんに連れられて人生初の句会なるものに参加することになった。 句会の場所はその結社主宰者のご自宅ということで、退社後二人は電車を乗り継いで日暮里に降り、谷中霊園近くの閑静な住宅街に歩を進めた。そこは見るからに由緒正しい旧家といった家が立ち並び、どの門構も立派なものであった。「摩耶ちゃん、ここよ」二人は大きな平屋の家の門の前に立ち止まった。表札には「北斗」とある。「随分、大きな家ですね」「フフ、そうねえ、東京ドーム五個分はあるかしら。この間、家の中で迷子になって三日間出られなかったことがあったわ~なーんて嘘よ、ウフ」摩耶はときどき両子さんについて行けないと思うときがある。「そうそう、私たちの結社の名前まだ言ってなかったわね、極める音と書いて極音(ゴクオン)というの。主宰者の北斗七男さんは四代目にあたる方で、ひいおじいちゃんの音詩郎(オンシロウ)さんとそのお兄さんで羅音(ラオン)さんは当時の俳句界の異端児として名をはせていたのよ。二人は擬声語擬態語を駆使した句が得意で、二人の代表句、「おあたたたたたたた!あべし風薫る 音詩郎」、「おりゃりゃりゃりゃりゃりゃりゃりゃ!たわば春の風 羅音」は子規の「鶏頭の十四五本」と並ぶ問題作として今もその評価について多くの俳人の間で論議されてるそうよ」(ホントかよ)。「それからこの結社には色々特徴があって、例えば良くできた句を佳句とか入選句とか普通は言うんだけど、この結社ではそれを「sho句(ショック)」と呼んでるの。特に一席をとった句を作った人は、みんなから、「Youはsho句!」と呼ばれてそれはもう大変な賞賛を受けることになるのよ~、あたしはまだ言われたことないんだけどねえ~言われたみたいなあ~」どうもこの結社は普通の俳句結社に比べて一癖二癖あるようだ。「はあ・・あれ?これ?」「あら、こんなところに蝉の抜殻ねえ・・」表札の少し下のところに蝉の抜殻が一つとまっていた。そういえば先ほどから蝉の声が聞こえる。 「蝉の殻で思い出したんだけど、さっき話した音詩郎さん羅音さんには異母兄弟が一人おられて、名前を吐句(トク)といったの。でも喘息で体を壊して東京を離れて信州の田舎町で駄菓子屋を営みながら俳句を詠んでたそうよ。その吐句さん晩年の句に、 蝉の殻語りをり高らかの店 という句があるんだけど、俳句には「意味の無い句」とか「意味がよくわからない句」とかあるんだけど、この句は「意味がありそうで多分無い句」としてとても有名な句なのよね~ウフ。あら、随分立ち話しっちゃたわね、そろそろ句会始まるわよ。」二人は門をくぐった。果して俳句結社「極音」とは、またそこに集う人々とはいかなる人たちなのか? 摩耶は蝉の声が一段と強くなったような気がした。/純音
○純音くん、壮大な物語の始まりかのう。これからが楽しみじゃのう。しかしじゃ、摩耶ちゃんには会ってみたいのう。まだまだ、この物語が続いていくのじゃのう、うほん。

空即是空蝉絶雨是九相苦 星埜黴円
●回文です。 くうそくぜうつせみぜつうぜくそうく/星埜黴円
利絶えた蝉の殻かの店耐えたり 星埜黴円
●回文です。 りたえたせみのからかのみせたえたり/星埜黴円
蝉の殻流罪の躄る裸火の店 星埜黴円
●回文です。 せみのからるざいのいざるらかのみせ 表現に一部、現在は不適切とされているところがあります。しかし、これは差別を目的としたものではありません。ご容赦ください。場合によっては、不掲載にてお願いいたします。その際は、 蝉の殻無罪の勇む裸花の魅せ せみのからむざいのいさむらかのみせ あたりに、差し替えてくださいまし。/星埜黴円
端見せ痛痒ぞ競うよ空蝉は 星埜黴円
●回文です。 はみせつうようぞきそうようつせみは/星埜黴円
裂ける背の魅せつ空蝉の競る今朝 星埜黴円
●回文です。 さけるせのみせつうつせみのせるけさ/星埜黴円
空蝉や農夫家風の病み背痛 星埜黴円
●回文です。 うつせみやのうふかふうのやみせつう/星埜黴円
○星埜黴円くん、おおおお、ガンバったじゃあ内科小児科肛門科。おまけに、リューマチ科。なるほど、空蝉は、空即是色。いやあ、表現というものは無限のもんじゃ。これからも、ひとつ、よろしく哀愁!うほんごほん。

博士に紙説空蝉か偽皮 西川由野
●回文です「はかせにかみせつうつせみかにせかは」 /西川由野
弾くか空蝉を見せ通学児は 西川由野
●回文です「はじくかうつせみをみせつうがくじは」 /西川由野
○西川由野くん、なんとなんと南都銀行。博士も通学児も、空蝉には。心を引かれるもんじゃ、うほん。

 

※『俳句ポスト365』の文字が小さすぎる?
 この問題に関しては「それぞれのパソコンの個性によって見え方が違ってくるので、統一して同じ大きさにするのが難しい」のだそうです。次の方法でひとまず対処して下さい。
 「CTRL(コントロール)」のキーを押さえておいて「+(プラス)」のキーを押すと、自動的に文字が拡大されます。同じ方法で「-(マイナス)」のキーを押すと小さくなります。一度この方法を試してみて下さい。

よしあきくん

ページの先頭