俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >

第回 2019年6月13日週の兼題

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句
本選句欄では、添削した形で句を掲載する場合があります。
添削は作り替えの提案として句会等でも議論されます。示唆された添削案が自分の表現したいことに合致すれば、作者の判断においてその案を自作として採用してかまいません。

人

鱧の夜は久女多佳子のあれやこれ
あつちやん
板長のネクタイすがし鱧料理
あつちやん
あんなとこやめたろかいな鱧の皮
あまぶー
鱧到来酒の吟味を怠らず
あまぶー
鱧つつくえらいややこいはなしやな
とおと
鱧の皮日本拷問刑罰史
とおと
真一文字の鱧俎板のうるはし
きゅうもん@木ノ芽
鱧さげて来る元市議の従兄かな
きゅうもん@木ノ芽
先斗町のくだ巻く画家や祭鱧
しゃれこうべの妻
噛みしむる奥歯へ鱧の甘からむ
しゃれこうべの妻
その筋の人の隣席鱧の味
トポル@みすゞ
鱧吸ひやあんがい諄い京女
トポル@みすゞ
鱧膳や今日にかぎって安い靴
くさ
鱧鍋や上司は目だけ笑ってない
くさ
島鱧に熟き醤をちと注ぐ
ぐずみ
鱧の歯を研いで京大吉田寮
ぐずみ
鱧食ひに通天閣をくぐりけり
すりいぴい
五代目のかよた店やで鱧の皮
すりいぴい
鱧の肝こくりと甘し京の宵
めぐみの樹
素揚げして鱧の背骨のゆるく反る
めぐみの樹
金ばかりかかる倅や鱧の皮
或人
鱧料理祭なら死ねると嘯く
或人
鱧を食ぶ妻ゐる人の隣かな
桃猫雪子
住みにくき故郷遠し鱧の皮
桃猫雪子
鱧待たせ砥石湿らすところより
野地垂木
大鱧や邪鬼のひとつも呑み込まん
野地垂木
鱧鮨を前にうんちくやめてくれ
Kかれん
歯向かってくる鱧の首ぶった切る
Kかれん
鱧の皮 で本題はなんやっけ?
あいだほ
薄氷のやうなさかづき炙り鱧
あいだほ
鱧ざくざくエセ関西弁切ってまえ
あつむら恵女
鱧には酢味噌だろ俺にはお前だろ
あつむら恵女
留守電に鱧皮買うておくと母
いしい美髯
大和とはたとへば朝のぼたん鱧
いしい美髯
水鱧や人魚を祀る海の洞
いもがらぼくと
病食に一皿ついて祭鱧
いもがらぼくと
鱧食めば伏見の酒のまろきかな
うづら
お日柄も良く鱧食べに上洛す
うづら
鱧の膳貴方と違う人と食う
きのした小町
あの背中覚えありけり祭鱧
きのした小町
ぎやまんは水に潜らせ鱧料理
ギボウシ金森
関西弁まだ身に付かず鱧の皮
ギボウシ金森
鱧の歯も刃物板前の眼も刃物
ぐでたまご
まっすぐな懐紙の折り目鱧料理
ぐでたまご
腕力を殺しておろす鱧に艶
くらげを
鱧くらふ悪ろき男に奢られて
くらげを
商談も猥談めきて鱧の皮
くりでん
牡丹鱧酔ひて正気といふ孤独
くりでん
手捻りとおぼえし皿の鱧料理
こはまじゆんこ
裏口に研師来ている鱧の皮
こはまじゆんこ
わだつみの心中に虫をらば鱧
さるぼぼ@チーム天地夢遥
奧にまだ座敷あるらし鱧料理
さるぼぼ@チーム天地夢遥
京の灯に燻らす鱧の愁ひかな
ツカビッチ
西京や夜ののんどは鱧にあり
ツカビッチ
これが鬼の牙を削ぎたる鱧包丁
つぎがい
スーパーにハモ大阪に二十年
つぎがい
鱧鮨や南座向かふ人の波
なかの花梨
いけずする小姑二人鱧の皮
なかの花梨
魔が避けてくれさうな気がする鱧の顔
なみはやらんる
鱧を喰む隣は離婚協議中
なみはやらんる
大丸の地下に鱧買ふマダムかな
にゃん
雨六日続き鱧裂く走り庭
にゃん
鱧づくし卓上ほのと明るうし
はむ
帯留を迷ひて祭鱧の宵
はむ
庭園の美しき緑や鱧の碗
ふるてい
鱧すきを食む恋仲でなき人と
ふるてい
生い立ちを語りすぎし夜鱧の皮
ふわり子
南座の開演前の鱧料理
ふわり子
念入りに愛を語りて鱧食らふ
ほしのあお
父方は皆同じ顔鱧残す
ほしのあお
鱧の歯の月噛み砕く噛み砕く
ぼたんのむら
長州の密談の夜の鱧茶漬け
ぼたんのむら
月喰らひて鱧ざんざんとみづの貌
ほろろ。
青空を洗ひて鱧の落としかな
ほろろ。
祭鱧知らない人と酌み交わす
みやこわすれ
言い訳の京都ことばや鱧の骨
みやこわすれ
徐の目打一刀鱧の尺
めいおう星
失恋や鱧でも食ひに行きますか
めいおう星
鱧の身のあえかな熱に身籠もれり
よしおくん
金星は比叡したがへ鱧ましろ
よしおくん
いつまでも年下の夫鱧を食ぶ
ラーラ
ふるさとの贔屓力士に鱧奢る
ラーラ
鱧の椀つつつと逃げる貴船かな
る・こんと
秘書室の人事のうわさ祭鱧
る・こんと
鱧の皮阿波の男は喋りすぎ
葵 新吾
また鱧がきた捌けない鱧がきた
葵 新吾
釜座に釜師在りけり牡丹鱧
伊予吟会 宵嵐
首だけの鱧に噛まれし煮方かな
伊予吟会 宵嵐
鱧へ刃のずんずん弾む国訛
一斤染乃
鱧ちりやぬらりと躱す京言葉
一斤染乃
ほいたらな鱧がひゆーんてなるやんか
塩谷人秀
鱧の目に何と煌びやかなる釘
塩谷人秀
鱧の骨断つ音軽し雨激し
可笑式
鱧料理なにはともあれ首を断つ
可笑式
鱧の皮きつと始まる痴話喧嘩
夏柿
かはおとに耳をあづけて鱧料理
夏柿
縁談のつるんつるんと鱧料理
花紋
鱧料理できる男に惚れかける
花紋
鱧のかほ死んだをんなの目をしてる
瓦すずめ
決め台詞とちつたやうな鱧の面
瓦すずめ
水鱧の京に咲く咲く囃子咲く
蟻馬次朗
千円で鱧の骨切りまで見せし
蟻馬次朗
鱧の宵昼湯をつかひ逢ひにゆく
久蔵久蔵
包丁を研ぎに研ぎたる雨の鱧
久蔵久蔵
ていねいに教わる鱧の殺しかた
玉庭マサアキ
鱧の骨ゆるめるやうな淫雨かな
玉庭マサアキ
老い先を言ふまい今日の鱧の膳
金子加行
七十の男未熟や鱧の席
金子加行
鱧食うたついでの水掛不動かな
銀命堂
祭鱧東男の正座かな
銀命堂
雨つぶのひかりゆたかや銀の鱧
古瀬まさあき
千年を雨は巡りて祭鱧
古瀬まさあき
ともしびや貴船の闇は鱧を食む
古田秀
篝火の下の夜ぞ濃き鱧を食む
古田秀
鱧ちりや次にくぐるは天満橋
古都ぎんう
北斎の白波のごと鱧料理
古都ぎんう
夫のゐて会ふ人のゐて鱧料理
香野さとみZ
金継の青磁の鉢や落し鱧
香野さとみZ
先生の帰郷や鱧を食ふ相談
高橋無垢
勝手口から入る生家や祭鱧
高橋無垢
質問に鱧と答へて電話切る
国代鶏侍
さうここは水の都や祭鱧
国代鶏侍
鱧料理育ち良さそな箸使い
彩楓(さいふう)
襟足の美しき老妓や鱧料理
彩楓(さいふう)
眼を張りて「は」と言うてをる鱧の口
山内彩月
庖丁に身は透きゆきて鱧の冊
山内彩月
釣り上げし鱧に一行詩の沈黙
次郎の飼い主
生鱧の生きていること疑はず
次郎の飼い主
雨の漏るアーケード街鱧を買う
紗々
鱧揚げる外は警報級の雨
紗々
鱧二匹木桶の水の跳ねまはる
朱契
雨止んで鱧の頭を捨てに出る
朱契
ざりざりと骨切るそれは鱧なのか
潤目の鰯
百年の恋叶ふたか鱧の花
潤目の鰯
鱧食むや母の匂ひの一つ紋
純音
雨音の福沢通り鱧の皮
純音
硝子器の蓋も硝子や鱧白し
小川めぐる
思い出はすこしざらつき通夜の鱧
小川めぐる
鱧食ぶや裏に誰ぞの暗殺地
小泉ミネルヴァ岩魚
鱧白し花街を分かつ川昏し
小泉ミネルヴァ岩魚
焼鱧や賀茂は夜雨を啜る町
神山刻
水鱧や糺ノ森は柔き棘
神山刻
鱧料理糺の森の水ゆたか
水夢
波音の他は風音鱧料理
水夢
まつすぐに刃の進みけり鱧の腹
仁和田 永
めかしたる子らと絹婚式の鱧
仁和田 永
口説かむと鱧に誘って深酔いす
世良日守@木ノ芽
我をして淫らに喰らふ鱧の骨
世良日守@木ノ芽
鱧店の看板の鱧間抜け顔
星埜黴円
目の縁の酔いたる妻の鱧茶漬
星埜黴円
祭鱧ぼんもう就職しはったん
青海也緒
祭鱧テレビのやうな京言葉
青海也緒
水鱧やあすあへへんのさみしいわあ
青柿
桶の端に残りし鱧の歯型かな
青柿
父の忌や残りし者ら鱧を喰ふ
石川 聡
鱧椀やのろろんと身の舌にのる
石川 聡
夜雨を来て女と鱧を食べにけり
倉木はじめ
鱧を食ふ女の眉の細きかな
倉木はじめ
海鳴は水のはこべる鱧のこゑ
村上優貴
人間はひとつの管よ鱧を割く
村上優貴
魚市場どうしてもこの鱧がいる
鷹星
殉職のあいつ今ごろ鱧かもな
鷹星
スサノヲに捧ぐ八坂の祭鱧
谷口詠美
漱石の間に風通り祭鱧
谷口詠美
牡丹鱧跫音うつす高瀬川
中岡秀次
米朝の語る地獄や鱧茶漬
中岡秀次
鱧皮や半透明の京ことば
中山月波
鱧の皮くるりと変はる声音かな
中山月波
結婚は一度でよろし鱧の皮
津軽わさお
龍の字の付く酒と鱧のざくざく
津軽わさお
どの星も低くありけり祭鱧
藤色葉菜
おつかない鱧ゆつくりと舌にとけ
藤色葉菜
貴船社の水占白し鱧白し
藤川さくら
耳朶疼く音して鱧の骨切らる
藤川さくら
水鱧や老婆躄れる羅生門
内藤羊皐
鱧刻むをのこ語りぬ仇討譚
内藤羊皐
鱧の骨切る音マイクにて拾う
背馬
何にでも醤油を垂らす鱧もそう
背馬
鱧甘し舞妓あんぐわい毒舌で
板柿せっか
家刀自のゆたかな臀や鱧料理
板柿せっか
升酒のとぷとぷとぷ鱧じよりじよりじより
武井かま猫
開かれて鱧ひとすぢのくれなゐを
武井かま猫
極道と隣り合せや鱧づくし
福蔵
鱧鍋や宿の暗さも気に入つて
福蔵
吉と出づる水占いや鱧おとし
平本魚水
骨あればこそ大阪は鱧である
平本魚水
馴れ初めはこの板場なり祭鱧
鱧膳や衣紋を少し抜いてみる
古書の海はもの潜んでをりさうな
北野きのこ
鱧などは殊に嫌うてゐた故人
北野きのこ
鱧甘し笛吹き足らぬ紅唇に
堀口房水
鱧料理湯気にも小骨ありさうな
堀口房水
この鱧で旨いと言ふか東もん
凡鑽
鱧の骨口に触ると小声なり
凡鑽
火のうつる水のにほひよ祭鱧
末尾波世遠
とめどなく夜は膨らみ祭鱧
末尾波世遠
鱧白し明日も誰かを裏切って
綿井びょう
水の香をそのままに鱧光りけり
綿井びょう
鱧食べて相槌うって鱧食べて
野々りんどう
祭鱧とろんとしてる赤い月
野々りんどう
私の知っている鱧は無垢な白
雷紋
鱧怖い怖い怖いと言い食べる
雷紋
また異動生鱧の血を箸で切る
蘭丸結動
神前に湯の華やぎぬ鱧料理
蘭丸結動
百年は生きし鱧の目ではないか
利平
初めてと思へぬ鱧の食ひつぷり
利平
わかればなしきりだせさうな鱧の夜
緑の手
さざなみのやうに湯引の鱧真白
緑の手
鱧料理食べる音楽聴くやうに
朶美子(えみこ)
海舟の書に見下ろされ鱧料理
朶美子(えみこ)
お公家さんらしき法要鱧の皮
邯鄲
釣り銭に五百ウォンあり祭鱧
邯鄲
鱧の皮一枚残しまう一合
⑦パパ
鱧の目は見れない嘘がバレるから
be
酒飲みのたわごと鱧にかしこまる
chiro
鱧食らふ「あの」と前置きされる家
k.julia
落し鱧ぽつぽぽつぽと咲きにけり
KAZUピー
水鱧やことに斬る音活きかへる
Lu
鱧の皮今日饒舌のぬるき酒
Mコスモ
泪よりあかるし鱧のさばかれて
RUSTY
萩焼に鱧おとしの優し清し
sakura a.
ギリギリと鱧の背を剥ぐ一途かな
yoko
港食堂ぞんざいな鱧の盛り
あいみのり
鱧の膳従兄は今も京ことば
アダー女
「差し上げ」の百の手太し鱧旨し
あまぐり@神輿を高く担ぎ上げることを「差し上げ」といいます。
どの花にうまれかわつたろうか鱧
あやの
口あけて見る鱧の口あいてゐる
いかちゃん
掛け軸の一文字読めず鱧料理
いつか
品書きのふつくら跳ねて祭鱧
いつき組福岡リスナー班/由美子
鱧の皮提げて今宵の気分かな
いなだ君二年生
鱧しゃぶや荘子の宇宙老子の詩
いなほせどり
なだれ込む鱧の光や明けの糶
うしうし
星ひとつ山気の堂の祭鱧
うめがさそう
鱧胡瓜けふも相槌だけの夫
えむさい
鱧御膳伏見の一本おんな酒
えらぶゆり
金閣も行くには行った鱧料理
おおやぶちょ
鱧食へばほうとなきだす鳩時計
オリヒロ
赤銅の鱧や揺らいで京の夕
かずポン
全霊が鱧に真向かふ骨切りよ
かのたま
鱧料理刃も歯も研いで食べっぷり
きんえんくん
鱧の骨切りて佳き日の番屋かな
ぎんやんま
腰骨を流しにあてて鱧料理
くすん
豊後より続く徒雲祭鱧
くま鶉
沸かし湯の大衆芝居鱧料理
くめ仙人
郷里から届く「獺祭」鱧の皮
クラウド坂の上
噛みつかんとす鱧の歯はまるで水晶
クロまま
べっぴん鱧積んで四条の風古し
けーい○
砂の音ひびく鱧の骨切り包丁
けんた
割引の鱧の湯引に手酌かな
こじ
にらむ顔にらみ返して鱧食らう
コタロー
鱧白く椀へ咲きたる一周忌
ことまと
才媛はみんな上京鱧の市
こなねこ
竹林を踏みしめるごと鱧刻む
これでいいのだ
父が切るジッジッジッと鱧の音
さつまおごじょ
トと書いてうらと読むのよ祭鱧
さとけん
あれこれと聞かぬがよろし鱧の皮
さぶり
甲子園は乱打戦なり鱧を食ぶ
しみみ
水鱧やうつつを吐くは夜の波
じゃすみん
落とし鱧当てにならない友も来た
シュリ
亜麻色の出汁に鱧あり湯気細く
じょいふるとしちゃん
鱧ちりに國元の酒諾えり
ず☆我夢@木ノ芽
鱧しづか宇宙色に吸ひ込まれさう
すずき忍すけ
鱧喰いに切符を買うや一人旅
スローライフ
友人の友人楽し鱧の皮
せいち
新幹線の刻まで鱧の皮香ばし
せり坊
味わわず飲み込んだあれ鱧なのか
せんべい
およばれの高田馬場のまさか鱧
そめいゆ
大阪で暮す覚悟の鱧の皮
たいぞう
鱧食べにゃ京に生れた甲斐がない
だけわらび
鱧料理旅に会う人みなやさし
たむらせつこ
鱧料理大きな星に誘われて
チャーリー・バゲット
小ぬか雨ますます透ける祭鱧
ちゃうりん
魂が抜けて一閃鱧の口
ちゃんこフォンデュ
父の死に涙はゐらぬ鱧の皮
つちのこ
鱧の花仄かに甘き他人の妻
でぷちゃん
設への花の名知らず祭鱧
でらっくま
痒いつて言へない鱧の骨切られ
どかてい
三味線の撥のしなりや鱧の皮
としまる
夕暮れの粒子加速器鱧を食む
とりこ
鱧鮨や嵐山より宵の月
とんぼ
鱧は歯を研ぐわたくしは歯を磨く
ときこ
鱧捌く弓手のあえかなる小骨
としなり
箸使ひだけ褒められて鱧湯引き
なご
腑抜けとは今日の我なり鱧食らう
なごやいろり
青空に海をさがすや桶の鱧
ナタデココ
ふるさとは鱧じゃやぐらじゃ酒盛りじゃ
なつぽよ
名作に名脇役や鱧落とし
なめろう
鱧切りの清く響きて木の香り
なよろ
鱧料理「ささやかですが」と喪主のこゑ
のつり
靴擦れに尻を預けて鱧料理
のぼ子
鱧ゆでる間も縮む前頭葉
パッキンマン
襟足の切りたての髪祭鱧
はなあかり
鱧食べへん人とは話ようしまへん
はまのはの
鱧さげてゴッホの太陽もう真上
ひいらぎ
鱧しやらりしやらりや墨を磨る納言
ヒカリゴケ
星間雲みたくきれいな鱧の皮
ひなた
鱧御膳箸丁寧に運びけり
ひな子桃青
腕に乗せてもらふ反物はもづくし
ひねもす
鱧と聞き先祖伝来の刃物磨く
ひよとり
鱧の名を冠して売っている何か
ふあり光
うるせぇよ!鱧食ってから家出する
ふくろう悠々
父の背や鱧と南の匂ひして
ふみちゃん
三味の音のとぎれとぎれに鱧食らふ
ペコちゃん
鱧の面イタリア悪役スターに似て
ペトロア
誰一人鱧と分からぬ酒のアテ
ペンギンおじさん
祭鱧客も主も外資系
ほうじ茶
片肺となりて窪める鱧の皮
ぼたんぴ
湯上りの城跡の風鱧湯引き
ほろよい
ぼんのくぼザクリと鱧の致命傷
ぽんのじょう
二の膳に鱧を選んで七回忌
まぐのりあ
鱧寿司の骨挟まつて月桂冠
まこちふる
光くるくる沖より来る鱧釣れり
まどん
鱧の背青々と水映しけり
みかりん
川音の大きくなりぬ鱧料理
みくにく
ひいやりと硝子の殺気鱧の牙
ミズカラス
恩師吾等ともに老いたり鱧の椀
みちる
鱧鍋や島に三階建ては無し
みどりがめ
湯引き鱧くるり光を巻き込んで
むらさき(7さい)
鱧の皮花見小路のにわか雨
めしめし
鱧ちりや吾らあっさりちりぢりに
もせきのこ
炙り鱧斜めにギチと立ち飲み屋
ももたもも
水晶をざくざく刻むやうに鱧
よだか
はもはくもだからかみなりきをつけて
りすだいすき(3才)
鱧の骨は無駄よって恋も無駄
りんたろう
言い出せぬまま鱧懐石はデザートへ
るびちゅ
鱧くねる盥も雨にけぶるかな
るりぼうし
歌舞伎座の勢獅子跳ね祭鱧
るるの父@勢獅子:きおいじし
舞浚う口三味線や祭り鱧
れい
暗がりに頭を落とし祭鱧
わらび一斗
鱧食ひて秘密の企画練りにけり
安溶二
鱧の目のジュラ紀の海の名残かな
伊佐ササ
身の内をかすかに風の鱧料理
伊藤欣次
鱧さげて男入りたり妾宅へ
伊奈川富真乃
人波にひとり鱧天錦小路
井田みち
鱧皮や三条河原処刑場
育由
水鱧に今日を装う単衣着て
一人静
鱧豆腐ふわふわ雨の嵐山
一走人
鍵盤にふれるごと切る鱧の骨
一茶お
青空に半月ありし祭鱧
烏兎
水鱧やこぼれ刃の鈍き光よ
雨霧彦@木ノ芽
まな板に軍靴の音や鱧の骨
英子
梅肉の朱ぽつてりと鱧咲ききらず
遠音
まな板の鱧よちと長すぎないか
乙子女
鱧でもと貧に別れし男放く
花屋
鱧食うて枯山水の砂目かな
花伝
祭果て鱧の生首二万匹
霞山旅
鈍色の鱧や古伊万里金で継ぐ
我省
恋文を懐に秘め祭鱧
雅喜
鱧の皮剥いであらわにならぬ罪
海月漂
鱧食はぬをんなを口説きゐる夕べ
海野しりとり
何喰ってきたかわからぬ鱧を食う
笠原 理香
ペンだこの疼く右手に鱧を食ふ
聞けばまあ遠縁だとか鱧料理
甘党
鬼女空を駆け川床は鱧祭
輝峰亭
遠くより友来囃子来鱧を買ふ
亀田荒太
原発の障害灯や鱧を捕る
吉田竹織
アンモナイトの殻穿ちけむ鱧の牙
久坂晶啓
水清き厨に鱧を捌く音
宮﨑紅清
鱧の骨刺さる初心に立ち返る
泣きそうだ
南無大師遍照金剛鱧食みぬ
虚実子
淡々と鱧を凶暴なる鱧を
京野さち
偉い順に並ぶ重役鱧弁当
玉木たまね
鱧の骨切るは軍靴の音のごと
玉和
鱧の来て人の波来て京の街
金治宜子
鱧釣や夜空遥かに列車往く
吟  梵
ぼんぼりの色映りたり鱧の椀
空遊雲
祭鱧蛤門の銃の跡
桑島 幹
鱧の身の白さや京の玻璃薄し
桂奈
鱧到来さてもさてもと包丁とぐ
渓翠
三六四日以外の鱧の一日
月の砂漠★★
鱧刻む琴爪弾く弦の張り
月見柑
祭鱧四条通りは英語圏
月城花風
湯引き鱧映る器の青きかな
古都 鈴
金色の盥を磨き祭鱧
枯丸
牡丹鱧「だんさんおたのもうします」
湖雪
商談はさておき鱧の料理かな
光友
ながさきやすいそうのはものめこわし
公毅
ややや鱧なるは竜の子であったか
口岩健一
島の夜めきたり鱧の左目は
広瀬 康
杉箸に震へる鱧の白さかな
江戸人
南座のあとはかねての鱧のすし
江里口泰然
週末の鱧やまろやかなる灯
綱長井ハツオ
板長の手の平厚し落とし鱧
香羊
五十年を星と語らひ鱧漁師
香壺@鱧は一匹一万円。私の友人は鱧漁専門の漁師です。友人の家は鱧御殿と噂されています。
一人でもかましまへんと鱧料理
高橋寅次
祭鱧旨い気のする京旅行
高田 仁和加
鱧しゃぶや雨に猫座す法善寺
克巳@いつき組
水鱧や芸妓は黒き塩瀬締め
黒子
祭鱧死んだら風になる男
今田無明
初七日の法事の帯や鱧白し
佐東亜阿介@チーム天地夢遥
ごゆつくりといはれ慌てて鱧を食ぶ
砂山恵子
廃盤を掘出し鱧の木屋町へ
斎藤秀雄
月光の濡らす坪庭鱧料理
斎乃雪
五日経ち鱧を捌ける姉帰る
細谷細清
ぶつ斬らる鱧の頭の行方かな
三重丸
もさもさの鱧や両家の顔合わせ
三重野とりとり
海神は好い漢かと鱧に問ひ
三木庭
鱧よ祖母は京女のまま死んだ
山下高
鱧鍋に今日の運勢大吉と
山口雀昭
褒めることひとつ見つけて鱧料理
山香ばし
祭鱧縞の鼻緒の刻み足
山踏楊梅
祭鱧センセイ怪気炎の夜
山陽兵
鱧の目のきらりとしづかなる初潮
残り山
死んだふりの顔して鱧が死んでいる
司啓
骨切ってまで鱧食べようと誰思ふ
紙威
鱧料理精進打ちの夜は白く
紫陽花 涼音
鱧尽くし残るは真髄の犬歯
七瀬ゆきこ
迷路のやうな四階の奥鱧づくし
柴原明人
別れてもいいですか鱧のざくざく
斜楽
漆黒の蓋開く牡丹鱧の咲く
若澤杏子
二の腕の逞しきこと祭り鱧
朱夏A
鱧ちりや記憶にぽつかり浮かぶ雲
樹梢@木の芽
遺影には目がふたつずつ鱧を食ぶ
愁愁
鱧を喰ふ全力すぎる新人と
秋月
「ほうこれが鱧なのですね」と標準語
塾志
鱧の前歯と奥歯に触ってみる
春日
よく喋る婿二人なり祭鱧
小鞠
癪やけどいけずな彼と鱧の夜
小山晃
大丸の大食堂の鱧の皮
小市
金玻璃の酒杯や鱧の柔き反り
小田寺登女
どういう訳かうつかり妻と鱧を食う
小木さん
増刷の決まりし夜や鱧の椀
小野更紗
祭鱧香具師のあんちゃん嫁募集
昇華
俳句とは削ぎ落すもの鱧の皮
松原くるりん
鱧のおすまし花嫁のわたぼうし
松山めゐ
せせらぎは桟敷の下や鱧料理
湘輝
山越えて届きし鱧のあばれやう
笑松
啖呵切るをんな美々しや鱧の皮
上倉すず女
鱧にでも騙されとったらよろしゅおす
上峰子
俎板の隅に置きたる鱧の顔
城内幸江
満中陰鱧茶漬けの音ひびき
常光龍BCAD
瑠璃色の汐風ほのか湯引き鱧
寝不足のラムネ
鱧食べて心に牙を装着す
新藤柑子
鱧好きの祖父かけおちは雨だった
真宮マミ
大阪に食ひ倒れむと鱧料理
真繍
幾たびも鱧は初めてかと訊かれ
神山やすこ
水鱧や姉の犬歯が恐いのです
逗留舎なお
鱧の皮腹に据えかねたたつ切る
水木 華
だんじりや鱧の背切りは河内人
酔芙蓉
鱧の皮ざくざく雨の法善寺
正子@いつき組
底無の夜ひと筋の鱧浮かぶ
正木
百年の梁剥き出しや鱧料理
正木羽後子
リュウグウノツカイノツカイナノカハモ
清水祥月
お品書き鱧一匹を食べ尽くす
清波
夕暮れや鱧シャリシャリと華になり
西川あきや
水鱧や深きくちづけほど冷えて
西川由野
「鱧野郎!」つて褒めてゐるつもりです
青山あじこ
恐妻の脛白きかな祭鱧
青木りんどう
大阪にええとこあるで鱧の皮
石井茶爺
顎骨の美しき女将や鱧料理
赤馬福助
鱧の皮前に呑むなはあんまりな
雪うさぎ
今宵書類の山残し湯引く鱧
川口みち
一撃の鱧や竜馬の頭蓋骨
善多丸
肩と肩ふれて無口や鱧料理
倉形さらさ
鱧鮨や京へもどれば京ことば
蒼鳩
男前子だくさんとなり祭鱧
霜月
「鱧食ひに行くか」とけふは誘はれたく
村上 無有
この店も京のはしくれ鱧捌く
多々良海月
大往生で済ます母の死皿に鱧
大塚迷路
鱧食べて行けと町屋の竪格子
谷川の蛍子
鱧食ぶや真珠の指輪ねだりつつ
短夜の月
鱧の眼の月の裏側覗きし眼
地球人
告白に裏がありさう鱧の皮
池田郁英
鱧料理西入ル上る東入ル
池之端モルト
扁桃腺腫れてゐさうに祭鱧
茶鳥
鱧料理笛の音色の定まらず
中西柚子
鱧の皮つぎの逢瀬を決めぬまま
宙のふう
結納や蒔絵の椀の鱧料理
宙のふう
雨やがて化すや幾千鱧の骨
衷子
鱧切るや比叡を駆ける修行僧
鳥歩
蘇民の裔騙りて恬と祭鱧
直樹里
鱧の花正座くずして七回忌
直雪
じょんがらの撥の捌きや祭鱧
津軽ちゃう
男との縁じゃりっと鱧切る手
津軽まつ
箱階段ぎしぎし鳴らし鱧料理
辻が花
鱧の骨切る音いいことあった音
田名あみ子
恐れながら鴨川で鱧捕れませぬ
渡野しえん太
「鱧食おか」「いちげんさんお断りどす」
都乃あざみ
ハングルのざらめく鱧の刺身かな
土井デボン探花
鱧のみが皿の冷たさ耐えている
土屋 木漏れ日
鱧の皮問わず語りの恋の花
冬のおこじょ
身をくねる鴨川白き落とし鱧
桃福
包丁の銘は堺ぞ鱧を切る
当卯
鱧の花ゆつくり開く東山
藤井祐喜
鱧は雨の日に食う人の来ない日に
藤鷹圓哉
鱧鍋やたかじんの歌渋かつた
藤田康子
ガラガラの昼のバス揺れ鱧の夢
豆闌
鱧が言ふ白は髑髏の象りさ
透史
遠縁に口利き頼む鱧料理
陶然
祭鱧まだ独り身の息子おり
鱧食べに行く旅の靴買いにけり
徳本あつ
鱧啼きてみやこの闇も震へをり
楢山孝明
終末の予言鱧の首蠢く
南風の記憶
海の音くっと閉じ込め鱧揚がる
尼島里志
笛太鼓鳴るは怖ろし鱧の夜
日田路
鱧料理あとの深刻なる話
忍冬
トロ箱を越えんと発条のごとき鱧
播磨陽子@花野句会
ぎざぎざの夫婦生活鱧の皮
馬勝
喧騒の舟遠ざかる鱧白し
白居千夜
塗椀の鱧や疏水に街あかり
麦吉
国産みの島の女子会鱧到来
夜の海をとどめる鱧の黒眼
八幡風花
鱧の皮をんなをとこを責めつづく
彼方ひらく
鱧の皮昔心中未遂の仲
尾上真理
嫁ぐ日や椀に湯引きの鱧咲かす
美智子
鱧湯掻く形の揃ふ膝頭
柊 月子
傷すべて翳りへと変え鱧無血
稗田鈴二郎
大粒の雨甘からむ鱧肥えむ
富山の露玉
鱧の皮下戸でも味は分かります
浮間普請
鱧食べて待つ鱧食べて待つ
風舎哲坊
夕さりに鱧捌く刃へ和紙明かり
服部勝枝
会釈して二階へあがる祭鱧
福花
大首絵写楽見終えて鱧料理
福良ちどり
鱧を切る切先蒼く骨を断つ
聞岳
鱧似合う男の艶冶鴈治郎
平野水麦
久々に父近くをる鱧の鮨
峰泉しょうこ
食べ歩く鱧や錦の水豊か
蜂里ななつ
長崎の鳥居臨みて鱧厚く
暴朴
祇園より浪速が恋し鱧料理
麻呂助
地下鉄に夜の口吻ありて鱧
抹茶金魚
鱧おろし月出ぬ道に石を踏む
末摘花
父の死の饐えた記憶や鱧の椀
万斛
鱧会席母の好みの青年と
未貫
鱧の骨刺さりあなたを忘れない
未補
転居三日目スーパーに鱧発見
岬りこ
いつまでも海が暴るる鱧の髄
牟礼あおい
きざみ菜にその香をうつす鱧の皮
明惟久里
命日の一間で足りぬ鱧の頃
茂る
娘婿来る日の鱧の厚からむ
木村ひむか
鱧食ひに行かぬまま職変えにけり
木綿
腹裂きて出づる清廉祭鱧
木塚 夏水
鱧釣るや鱧の形で海に穴
紋呶
殺生の痕は消えたり鱧の白
門前町光乃
にくにくたぶたぶじごくのおなべ鱧のくち
野の花さな
祭鱧バックパッカー増えた街
野の花誉茂子
鱧鍋や恩師は箸をまだつけず
野ばら
スカイツリーの底の花街鱧の味
油揚げ多喰身
鱧だけはおしゃれな皿に乗ってきた
野良古
こいさんの嫁ぐ日は雨鱧さばく
柳児
鱧食ふや上七軒に三味の音
遊泉
水鱧や子の人見知り始まりぬ
遊飛
鱧食ひし夜は北の枕とす
夕波
下京や仏壇暗く落し鱧
与志魚
謝らぬ人は嫌ひよ鱧の皮
羊山羊
瀬音にも京の訛りか鱧の宿
陽気姫
鱧躍る京や浪花や競る符丁
欲句歩
鱧を奏づるかに鱧切り包丁
立志
戒名に「鱧」入る父は漁師かな
立石神流
受理されぬ相続放棄鱧の皮
竜胆
頼みごと断りにくし鱧料理
龍田山門
二階より二胡の音かすか祭鱧
鈴木麗門
鱧料理喪服で語り合ふ未来
露砂
急に雨降りくる峡や鱧料理
老人日記
北天の鱧なき街に暮らしけり
國本秀山
成績が全てではない鱧捌く
戌の箸置
ふっつりと鱧をひらけば夜になる
西陣に鰻の寝床まつり鱧
洒落神戸
チーママと馴染みの鱧屋京の夕
淺野紫桜
夕方の遠き笛の音鱧料理
芍薬
鱧白くちぢれやはらかなる夜半
蓼科川奈
鱧食むやさて故郷は何処とせん
蓼蟲
おばちゃんが今日は値切らず祭鱧
蜥蜴の尻尾
水という水を吸いとる鱧がいる
蝙蝠
夫婦喧嘩鱧の歯の擦れた凹凸
霖之助
船渡御に贔屓の役者祭鱧
こつき
仏前の湯引きの鱧の白きこと
こま
店主らの法被新し祭鱧
しー子
鱧切りの腕確かなり千日講
ひろのじょう
焼き鱧の錦市場に匂ひけり
ひろ史
大阪の陽も傾きて鱧落とし
風来
ざうざうと雨ふる京や鱧の皮
カトレア
雨後の市ならぶ水鱧美しきこと
甘泉

並

食べたことない鱧の味懐かしく
梔子
マラカスのリズムで切らん鱧の骨
緋路
祭鱧息子と歩く宵の京
千歳
鱧の骨切りて汗ばむ盆の窪
川越雷鳴
鱧の目の虚に映す海の底
比呂子
初めての義姉との旅行鱧を待つ
なつめモコ
曇天やドライブインの鱧天丼
文月さな女
出張の仕上げは鱧と地酒かな
葉るみ
竿を振り上げ背をそらすさてはハモか
たるみ
せせらぎと風と緑と祭鱧
14橘貞山
京の雨降れ降れ鱧の飲まん雨
28あずきち
京の熱気の醒めぬ車窓を鱧弁当
99カリン
鱧料理無風の宵や京の宿
aya
落とし鱧時きざみゆく掛け時計
Dr.でぶ
風よどむ奥の小路や鱧落とし
GARU
鳴声がしそうに鱧の並びけり
GONZA
せせらぎを背に聞きながら鱧料理
KKK
祭鱧をねだるおさなごの叫び
Mat
裂かれゆくジュラ紀のきおく鱧の口
sol
鱧食めば夜はしんしん東山
syuusyuu
川に流る黒き水に鱧光る
time-R
食べ歩く串カツはハモ法善寺
wolf626
瀬戸の海鱧の落としや殊に美味
アーナンダ
風渡り川の音して鱧料理
あい女
鱧切りや湯の中ふわり華が咲く
あおか
骨切れて吸い込む鱧の喉通り
アオキシゲル
雨多く破戒の顔や鱧の首
あかしの小桃
骨切りの音かろやかに鱧を切り
アガニョーク
くたびれた夜にハモ天妻と分け
アキノ舞子
鱧食らふ人は怪物より怖い
あけみ
夕仕込み鱧の骨切りスタッカート
あざみ
夫の舌この骨切りの鱧に酔い
あさり
社会人になりて京都の鱧を食ぶ
あさ奏
川床のせせらぎの音や鱧の白
あすなろ
鱧の骨切りし背中の丸さかな
あなぐま
まつしろな花咲かせたり祭鱧
あまの太郎
骨切りは鱧の睨みに怖じ気づき
アマリリスと夢
二代目の包丁捌き鱧料理
あみま
字が立派身体も凄い鱧白し
あらーさなえ
酒の座に免許返納鱧の皮
アリマノミコ
ミクロンに骨を切らせて鱧まろし
あわの花水木
鱧ちりの湯気より出し雲の橋
いくらちゃん
鱧仕入れ板前腕の見せどころ
イサポン
鱧の尾をつかみ損ねて東夷めく
いざわ
おしるしを祝う竹笊鱧の顔
いしだもよ
鱧の歯や昨日の海を語りしか
イチロー
鱧なんぞ板前の見栄穴子喰う
いつの間にアラカン
鱧をまえ箸をだす手がたちどまる
イナケン
行き過ぎて又戻り来る鱧の店
いまいやすのり
さばかれる鱧の嘴歯が命
いわきり かつじ
鱧落とし白き歯ごたえ舌ざわり
うさぎまんじゅう
鱧喰らい小銭無くせし憂さはらす
うま子
鱧食す無言の風や骨納め
うらら恵子
蔭膳に弟ありて鱧の皮
ウロ
藍染の鱧つかみかねる手の宙に
エイシェン
鱧食べて又吉を読む京の夜
オイラー
捌かれてなお澄む鱧の黒目かな
おがたま
切られても空に咬みつく鱧落とし
オキザリス
板長の鱧の骨切り確かなり
おくにち木実
海風に誘はれ旬の鱧食ひに
おけら
鱧料理夜の商談判を待つ
おたまじゃくし
スーパーの鱧を器へ此処は京
おんちゃん。
海底をがさりとなぞる鱧暗し
ガオガオ
鱧料理君は北から嫁に来て
カオス
鱧の皮なにわ天満締手打ち
かげろう
京の宵そぞろ歩きと鱧鮨と
かこ
鱧裂くや一 直線の手慣れの刃
かざばな
義母のこと思い出すのは鱧のこと
かたちゃん
かけそばの鱧天セット駅の風
かたな
ガラスの反射鱧切り包丁の刃
かつたろー。
こんちきちん鱧の骨切るBGM
かつら子
鱧笛を膨らせて聴く川の音
カヅラ梅
黒塗りの椀に開くや牡丹鱧
かぬまっこ
顔合わせの会話とぎれて鱧料理
かまど
鱧の味夢見て今朝も出社せり
カワウソ太郎
鱧切り刃入れれば修業終わりけり
キーヨ
シャキシャキと鱧の煩悩断ち切るや
ギコ
鱧吸いやほろ酔いの父もう一杯
きさらぎ
人いきれ抜け出で路地へ祭鱧
キッカワテツヤ
紅添えて艶かしきは鱧の寿司
きっちゃん
ざくざくと鱧の骨切り清々し
きなこもち
お湯割りを好みし亡夫鱧の皮
きのと
祭鱧手紙の文字の軽きこと
キャサリンまさこ(まさこ改め)
清水の皿に清しき湯引き鱧
キョンちゃん
鱧の枷反り返るまで外しゆく
ぐりえぶらん
夜は鱧京都で背のび二十歳かな
くれあしおん
鱧吸いや脊椎骨に深手あり
くれまてぃす恵子
鱧落し日本語きかぬ先斗町
ぐれむりん
海を縫う鱧地震無き紀伊水道
クロチョイス
鱧食えば舞妓のぽっくり響きけり
けいはく
里帰り父を上座に鱧の味
けら
うらめしや落しに化ける鱧の顔
こうまみえ
骨切りは誰ぞに任せ鱧を摂る
ココダン
一尺の鱧放したり八幡浜
こてつ川
雨になる暖簾重たき鱧の夕
コナラ
シュギッシュギッシュギッ骨切る鱧の身の溢れ
こぶこ
鱧ちりや食する時の作法など
こまち
包丁に鱧分け入ってザクザクと
こまち婆
祭鱧始終無言の二人席
さくみ
道ならぬ恋の駆け引き京の鱧
さくやこのはな
床の間の大書掛軸鱧の椀
ざくろくん
半世紀鱧を知らずに生きており
さこ
腰骨に変形ありし鱧握る
ささき良月
渡月橋今宵のアテは鱧の笛
さだとみゆみこ
瀬戸の海銀色なびく鱧や鱧
さとうくにお
鱧白しペトリコールの淡き宵
さとうりつこ
黒塗りの椀にふわりと鱧ゆれて
さとう菓子
鱧の骨探りし舌の滑りかな
さゆみ
亡き友へ一筆啓上鱧の味
しかもり
鱧湯引く妻の背中の凛となり
しげる@妻の湯引きはプロ並いやそれ以上の絶品です。私は氷水に入れず梅肉や酢味噌も要らず醤油だけで食べます しめ鯖と同じように50回は噛んで鱧の味を堪能します 鱧大好き人間です。
まつり鱧祇園久しく墓ぽつり
じじい風まかせ
定年や父の夕餉は鱧の皮
ししまる
こきこきと鱧こきこきと古希の歯も
シニアモモ
アルコール抜かれて鱧は好々爺
ジミーあゆみ
鱧祭り写真の我は20歳
シモーナ
はもつつきカルピス飲んでぷはーっとな
しゅうちゃん@5さい
仏壇を下げて洗いの鱧と猪口
じゅりあん山本
白と紅鱧で一献うなじかな
しゅん
此の道を行けば木陰や鱧の皮
シラクサ
眉上げて見栄は張るもの祭鱧
すえよし
川床に言の葉流る鱧料理
すず音
彼の人の捨て台詞聞き祭り鱧
すみれ色の涙
物忘れこれで治るか鱧料理
せり花
ザクザクと命の音に揺れる鱧
それぞれのしあわせ
雨後の川音立てうねる鱧の皮
たいき
川床や鱧はこび窄む紅の艶
たけうち晴美
鱧料理小骨応える三味の音
たけし
鱧料理京言葉なお懐かしき
タック
骨切られても鱧は鱧なり我は我
たま蛙
痴話げんか湯引きの鱧が丸くなり
たま走哉
数多の血喰らいて鱧の身の白し
ダンサーU-KI
はや灯る置屋の戸口まつり鱧
たんじぇりん金子
水鱧や小骨切る妻背が曲がり
たん造
鱧の顔歯より鋭き目をもって
ちか丸
包丁の後に連なる鱧の雲
ちまる
鱧落とし雨粒ぽつり祇園坂
ちゃんごりん
朝市の鱧を見つめる赤子かな
チョクメイ
鱧ぎらり新選組の死装束
ちょろたこいん
二代目の鱧の骨切り京の雨
つつ井つつ
鱧の頭落ちてなお噛む獰猛さ
つつ井つつ夫
キャラクターの描かれている皿に鱧
つりっくマン
鱧御膳やさしい雨の祇園町
つわきの嫁
鱧捌く父の手つきに無駄の無し
ティーダ
鱧捌く京ことばとは裏腹に
テノールこさる
鱧笛の箸洗ひかな茶懐石
でぷちゃん ー
両腕を広げてもなお鱧の丈
てまり
うなぎ床午後の待合鱧湯引き
てるてる
強面の鱧美しく刻まれて
ときこの母よしこ
志野皿の鱧の湯引きや白ワイン
ときめき人
湯引き鱧白き花びら開きけり
どくだみ茶
斗町の湿度膨らむ鱧をひく
とのじ
じゃりじょりと鱧の骨切り旅の夜
とみことみ
鱧づくし尽くすは技とまことぞかし
ともかわすてむ
訓示つき鱧の皮食む友の家
とんとん
鱧の皮締めの一膳茶漬けかな
なかがわ 聖一
張りこんだ鱧はどこやら土瓶蒸し
なごみ
哲学と猫と疏水と鱧の皮
なつめ
鱧の身の骨切りの音心地よく
なにわっこ
はもの花早く食べたい鍋のゆげ
にゃんみー
父の忌に朝市の声鱧の白
ぬけまいり
翳ふかき町家の昼の鱧の寿司
ぬらりひょん
もうそんな時期ねと鱧の夕餉かな
ねぎみそ
笑う鱧骨キュリキュリと軋みけり
ねむり猫
今日満ちてされども鱧の味知らず
のぶ子
桟敷席くぐるみずねと祭鱧
のら
鱧料理泣くひ孫抱く父卒寿
のりりん
初鱧の切り身開くや白い花
バーバラ
水鱧やダムの水減るニュース聞く
パオ
鱧さばく朝の流し場猫二匹
はじめ
蘊蓄を終えてそろそろ鱧の膳
はずきめいこ
睨む鱧に許し請いて食す鱧
はすみん
骨切りの鱧三千の骨の音
ハチ太郎
魚幾匹食み来しや鱧の小さき眼
はなだんな
鱧知らぬ東育ちを憐れまる
ははろ
骨折れの証奥歯に伝う鱧
ハマさん
潮の香を残し刎ねらる鱧の首
はら美華子
はもってねすごく体が長いんだ
はるか7才
酒を呼ぶ市場に白き鱧の花
はるの 紅葉
海老も善し鱧の一期もさらに善し
ひいろみ
鱧鍋や剃刀負けの赤ら顔
ピサロ昆布
骨切りといふを見飽きず鱧料理
ひだ岩魚
ご相伴に与りますえ鱧料理
ひでやん
祭鱧旅の終わりも噛みしめつ
ひろ
縄文時代鱧をめぐって一波乱
ひろくん11さいのママ
俎板へ牙剥く鱧の頭かな
ひろ志
鱧きざむ板長の手の皺と艶
ふあんた
三代続く鱧漁師舟進水す
ふうせんかずら
ぴかいちの鱧の睨みや朝の風
ふさこ
白き花ふわり咲きゆく鱧の鍋
ふじこ
偽電気ブランの支度夜は鱧
ふたあい
鋸の目立ての音や鱧弁当
ふっこ
久々の老眼鏡や鱧の皮
ふなちゃん
一箸の鱧の白さや風そよぐ
ふみ
苦笑いいかつい顔に鱧食す
ほうすい
店先の濁声猛し鱧選ぶ
ほしの有紀
衣はぎて食らう鱧の白さかな
ほっこ
せせらぎを越えて三味音鱧落とし
ほのぼぉの
祭鱧一年ぶりのグリーン車
ぽんたちん
鱧甘く救われたりもするけれど
ぽんぽこぴーな
前へ前へショリショリ切らん鱧の骨
ポン太
余生を探る朝夕に鱧の顔
マオ
一日を降りとほす雨鱧茶漬
ましろなぎさ
料亭の鱧の天ぷら食らう吾子
マソップ
鱧料理各種並ぶや物産展
マツイミキロウ8191
京言葉と河内弁なり鱧を食ふ
まつだまゆ
獰猛な鱧も板前には勝てず
まにあ
改めて包丁を研ぐ鱧の目や
まぬう
小言ばかり言う姑の好きな鱧
まみのすけ
鱧料理上司の話上の空
マユミ
鱧ちりや同窓会は関西弁
まゆりんご
岸和田の太鼓の音や鱧料理
まりい@木ノ芽
旅打ちのブー麻雀や鱧料理
まるちゃん2323
鱧の床見栄と詭弁を噛み砕き
まんぷく
梅肉や瑠璃の器の湯引き鱧
みぃすてぃ
ピラニアのごと桶からグッと睨む鱧
みえ
酒贈り義父に学ぶ京の鱧
みこ
鱧の骨同窓会の恩師の背
みずの風華
ジャツジャツと鱧開きたる目と口と
ミセウ愛
ほろ酔いの京の町屋で鱧茶漬け
ミセス水玉
高級といわれてるだと?知らねえよ
みっこりん
骨切りの償ふ音や鱧の皮
みどりちゃん
鱧しゃぶの白き花咲く淡路かな
みなと
品書きの文字のかすれや牡丹鱧
みのる
瀬音聞き風に一献鱧料理
みやかわけい子
ポスターはほど良き昭和鱧料理
みやこまる
納骨を終へて喪服の鱧料理
みゆき
鱧こうてしゃりんしゃり厨鳴る
みよしい
鱧食す深海漁の腸のごと
み藻砂
骨切や雨音せかす鱧仕込み
むじーじ
梅肉をちょぴり飾り鱧豪華
むすびめ
えらい好き由良の港のべつぴん鱧
むったん
通し湯に花のごとくや鱧湯引き
むべ
修羅の道扨置き鱧の落とし食う
むむむげこ
鱧料理みさきの民家の木看板
むらたふみ
鱧食って靴磨き抜く多湿の夜
むらぴ
鱧おとし暖簾無口で押し通す
モッツァレラえのくし
ことほぎの膳いろどるや鱧に梅
ももとせこえ
鱧の骨三千余本備ふとか
もりお
病室で鱧まごたちは踊り歌う
やえ子
往復の陸路空路や祭鱧
ヤッチー
祭鱧嘘も誠も腹の中
ヤヒロ
曇天や鱧の骨切りリズミカル
やぶつばき
鱧落としやはり京都の人だった
やまぶき
目に痛き鱧の白さを含みけり
ヤマボー
あざやかに梅肉の赤鱧料理
やよえ
古希祝う鱧の吸い物湯気ほわり
ゆぃ
母の手の骨切り粗し初鱧や
ゆこげん
鱧は知らぬ自分の中の白き身を
ゆみづき
青空に銀の背光る瀬戸の鱧
ようざん
鱧落とし辛子酢味噌か梅肉か
よしいくえ
祝日の京を歩きて鱧づくし
ヨシケン
鱧ざくざく茗荷ざくざく君ぱくぱく
よしこ
鱧吸いの出しの旨みや母想う
よつ葉
小気味よく鱧の骨絶つ捌きかな
よぶこどり
舌鼓接待の場の鱧尽くし
ライブラリー
捌く手のたしか骨切り鱧落し
らくさい
未だ知らぬ恋の行方と鱧の味
ラランジャ
瀬戸内の凪にたゆたふ鱧光る
りぃらっくま
鱧にして鱧らしからぬその味や
りこ
あの面(つら)も変化(へんげ) するなり牡丹鱧
リバティーさん
清流聞き川床料理鱧食むや
りんごのほっぺ
二人旅小宵は逃さぬ鱧尽くし
るかわせな
びいどろの小鉢に一切白き鱧
るみ
すがたよいはものからあげたべたいね
れい子
悪漢の歌舞伎役者のごとく鱧
れんげ畑
故郷の鱧で一杯たまらんなあ
ロクヨン
縄文の土になれずか鱧の骨
ろびんちょ
鱧さばく惚れ惚れとする手さばき
ろん
南無阿弥陀盃重ねるや若狭鱧
わかこ
鱧の首つかみ川越す高足駄
わこたんのまま
鱧の美味解らぬままに黄昏ぬ
わわ
良きものを良きと言へるや鱧料理
ワンダフルもずく
梅肉を背負いて鱧は蹲り
亜音洲
哀れかな口先切られ並ぶ鱧
亜久琵
鱧食べに乗り継ぐ電車小旅行
阿波豊
鱧狙いはえ縄手繰る痩せ漁師
哀顏騎士
憧憬の鱧の吸い物酔の締め
結髪や鱧のほどける口紅の
安達りんだう
ロクヨンの水割りがよし鱧の皮
安田 信州
切られてなほ歯向かってくる鱧の肉
杏と優
兄恋し都なまりと鱧の鮨
伊藤はな
左心房鱧の流るゝエネルギー
伊藤正美
鱧が逃げのらりくらりと人脅え
伊藤善隆
鱧白し澄ましに委ねる潔さ
伊豆子
バット折りつつサヨナラ打肴鱧
伊予吟会 玉嵐
鱧の骨断ち切る音や夕籬
伊予吟会 心嵐
直刀を鍛へるごとくに鱧裂かれ
位相朗
鱧の目や淡路島の夜は静か
為一暢道
鱧おとし八年前の甲子園
井久
庖丁の切れ味たしか鱧料理
井上喜代子
京の旅昼夜の二食鱧料理
一の介
鱧に梅朱に染まりたり夫婦酒
一井蝸牛
鱧の身の背骨を欠いて昼になる
一音乃遥
義父と呑む焼霜造りの祭鱧
一純。
生け簀より睨みし鱧を一口に
一心
鱧ならば食うてやるわと3日目のベッド
一呆堂
鱧料理小骨を溶かす大吟醸
壱太
祭鱧川辺で亀が甲羅干し
稲垣由貴
蘊蓄を先ず聞かされて鱧料理
右田俊郎
一番星エコバッグに鱧五パック
宇田建
一軸は春挙の水郷鱧料理
烏飛兎走
鱧祭黒目には鉾三兄弟
烏龍
竹林を見ながら鱧の土瓶蒸し
羽沖
鱧のお吸い物ひきこもる吾に母の声
羽光
骨切りは秒針を追い鱧しろし
卯年のふみ
祭鱧焼けて祇園の夜さりかな
雲居の空
鱧づくし一年無事に過ぎました
映千
釣り上げて巻き付く鱧や昇り竜
栄魚
鱧料理けふの予定は終はりけり
永想
威勢良しだんじり笛に鱧が舞う
英ちゃん
川床で豊かさ浸る鱧懐石
英傑
瀬戸内の島をめぐりて鱧喰らう
詠野孔球
鱧の味関東人にはわかりか
越仙
酔ふことは楽しむ事や鱧祭
駆け落ちや嵐電でゆく鱧料理
猿人
恍惚の舌忘れ得ぬ鱧の膳
塩の司厨長
強面と身のやさしさの鱧料理
横じいじ
新しき帯は紅祭鱧
横ちゃん
鱧を食ふ母の唇母の指
横縞堂
お忍びで鱧食ぶ午後の銀座かな
温湿布
鱧咥え港に伸びる猫の影
音澤 煙管
茶碗蒸パステル調の鱧甘し
下村ひじり
親介護済んで独り身鱧の皮
佳月
骨を切る音の清しき鱧の白
加賀もずく
割箸をりりっと裂いて鱧の皮
加能あさふろ
鱧天を気に入りし子と浜の宿
夏湖
鱧は沼島産「お」と声が出にけり
夏出ひさし
冷水に鱧の身反りて白映ゆる
花丸
鱧食べて京言葉など真似てみる
花咲明日香
鱧食ぶや明日他人になる人と
花節湖
鱧の皮あっちゃん里に帰ったよ
花南天anne
鱧睨む贔屓チームは連敗中
茄子紺
再会の夜うつむき加減なごり鱧
華らんまま
湯引き鱧赤か黄色か迷い箸
蛾触
鱧の目や骨ごと花になりあがる
雅な童
腕まくる亡父(ちち)が出てくる鱧料理
雅鬼
口当たり骨良き応ふ鱧食ふ
雅由
呼び鈴にお隣からの生の鱧
海葡萄
風抜ける錦小路に鱧の照り
海風山本
しなやかに横たふ鱧の反射光
海老名吟
鱧喰うや君に言いたき事数多
灰色狼
鱧を切る昔は蕎麦屋だったそう
灰田《蜻蛉切》兵庫
鱧茶漬け食うて無聊の老夫婦
梶  鴻風
衝立の向こうのふたり鱧の鍋
勘太郎
長男の彼女は美人祭鱧
幹弘
鱧見せる友の誇らしそうな顔
幹人
甘味には飽きていつもの祭鱧
甘平
夕暮れて妻待ちつゝも鱧の皮
閑茶
鱧喰って今朝の目覚めの早きこと
岸 れん
鱧の歯や乳白色の硬く透け
岩のじ
一瞬に湯引きの妙や鱧の花
岩水ひとみ
骨切りの鱧吸物の中に咲く
喜多輝女
捌かれてなほ猛々し鱧の牙
喜遊
酸っぱさの満つる厨や鱧湯引く
幾恋良石
鱧ふくみ目蓋で辿る京の旅
気のまま風
立ち食いの鱧天食らう錦市場
季よしこの夜
両親へ労い初の鱧料理
季凛
鱧食し囲む食卓招福か
紀杏里
定年の父の目尻や鱧柔し
紀友梨
鱧の歯の四百とやらどこにある
貴桜李
途中下車高くついたり鱧茶漬け
輝棒
水鱧や歪みし皿の青き釉
亀の
鱧ならぶ三白眼は虚ろなり
菊華堂
華やぎや巽明神牡丹鱧
菊子
鱧骨の髄までしみる噛む力
菊池洋勝
「元気だよ」だけの着信祭鱧
吉 や
骨切りの鱧も一期(いちご)の湯びきかな
吉村よし生
物言はす鱧の双眸垣間見て
桔梗
怖い顔されど美味なり鱧料理
丘 るみこ
文士には酒よ女よ鱧の皮
久我恒子
音のして京の雅と鱧の皮
久仁重
団十郎大見得を切る湯引き鱧
宮坂変哲
漁師宿潮風頬に鱧御膳
宮写楽
鱧の骨切る親父に会いに行く
宮島ひでき
たましいの未だそこなる鱧一匹
宮武桜子
海原の白波みゆる鱧料理
弓女
京の町コンチキチンの鱧落とし
京あられ
鱧鍋や手拭い首に囃子聞く
京丸
鱧鍋の約束をして転移切る
強引愚我路
吸物の鱧に六腑やじんわりと
鏡葉
馴染みなき鱧料理をば自慢され
玉井 瑞月
伊予の鱧京の祭に花を添え
玉京
ガラス器に風通る膳鱧づくし
玉響雷子
十三回忌語らい土瓶の鱧摘み
桐亜
少年のギザギザハート鱧の牙
琴女
漁師が店番しもなだ鱧まつり
筋トレ俳人
なににむけられしか鱧の憤怒は
金太郎
鱧の膳シャリと骨切り心地よい
句詩呼
鱧に梅肉の清々しいことよ
空山
釣糸に螺旋を図く鱧の胴
熊縫まゆベア
五十三次終着地とや鱧料理
君島笑夢
はしり鱧義母と落暉の復路便
薫夏
鱧好きの従兄弟の笑顔三回忌
敬之
胸の靄鱧と刻んで白い皿
桂木綾子
仲人の関西訛り鱧料理
渓湖
柳葉を研ぎて明日の鱧を待つ
畦のすみれ
ジャッジャッと鱧の骨切り暖簾揺れ
蛍子
鱧の皮きざむ男のしたり顔
蛍川
鱧ちりや酒酌み交わし友はいま
鶏心
哲学を貫く覚悟牡丹鱧
月のうさぎ
おしながきの墨みづみづし祭鱧
月の道馨子
ウンチクも美味し不味しの鱧の夜
月々
鱧料理両家の和む顔合わせ
嫌佐久
鱧湯引き母山羊に似て可愛らし
犬井山羊
鱧鍋やあの日は遠く京囃
犬散歩人
ちびちびとまたちびちびと鱧の皮
元喜@木ノ芽
祭鱧遺産などなき我が家かな
元元
隙あらば逆襲するのか皿の鱧
元木まだら
ギシギシと鱧の骨切り酒のあて
己心
背伸びして暖簾をくぐり食べた鱧
娯李音
来世でも契り結ぶと京で鱧
光本弥観
鱧食ふや八坂の塔は夕まぐれ
江戸川青風
骨を断つ音清々し鱧おとし
江口小春
鱧肥える茶を啜りつつ雨を聴く
江藤薫
夜の底一人鱧鍋ラジオ聴く
甲山
引抜きの歌舞伎あざやか牡丹鱧
紅さやか
トタン打つ雨の飛沫や鱧の皮
紅塩寝子
鱧椀や京を先取り伊予自慢
荒川無雲
口きかぬ夫の好きな湯引き鱧
香栄
鱧鮨は今が旬とや幟立つ
高橋冬扇
ここいらでは肝も食ふらし祭鱧
高田祥聖
鱧がごと華燭の誓ひ貫かん
高梅 仁
酒苦き小骨刺さるや鱧祭り
黒うさ狐
鱧食べて渡り切る天橋立
今井佳香
ふっくらと真白き鱧や雨匂ふ
今野夏珠子
しやりしやりと鱧包丁の潔し
根本葉音
鱧食みてあふるる熱気京の夜
佐山夕子
骨切りのリズムも楽し鱧料理
佐藤こはる
お通しに鱧や西入ル路地を来て
佐藤儒艮
鱧白し箸持つ指に染み増えぬ
佐藤文旦
鱧天や記念日ごとの台所
佐羅
鱧食べし大阪ぐらし懐かしき
沙無
割れ鍋と綴じ蓋が食む鱧料理
歳三
木漏れ日に青き畳や鱧白し
細木さちこ
道頓堀(とんぼり)で泣いて笑うて祭り鱧
咲耶とこ野@木ノ芽
3度目の稟議却下鱧の骨切り
桜桃侍
妓のうなじ白さも白し湯引き鱧
桜姫5
俳席を混ぜかへす鱧北千住
札六(関屋@和祝句会)@句会の後の懇親会で「まさか千住で鱧は無いよねぇ」とか話しながらメニューを眺めてたら、なんと、有りましたっ。で、頼んで出てきた鱧を皆で「あ~だ、こ~だ」言いながら、眺めたり嗅いだり、隅から隅まで味わって大いに盛り上がりました。句会、懇親会、座の文芸、大いに楽しんでいます♪
下駄の音をかき消す雨や祭鱧
雑草おばさん
板前の律儀さ刻む鱧の背に
皿檸檬
熟年の飲む打つ買うや鱧を喰う
三休
川風や祇園の紅と鱧の白
三子
鱧の骨切る音鳴りて喉鳴りて
三水低@第二まる安
今日もまた夢見し川床鱧御膳
三大夜景
幾年ぞ鱧切る音に生家あり
三毳
おんなだてらに鱧捌きたるへそピアス
山口富子@Mamaly House俳句道場
結納の祝いや鱧の花手毬
山吹美羽
鱧裂いて街の賑わい骨切りの音
山裾 都
ひとパックの鱧の湯引きで労えり
山田喜則
牛鬼と走り込みの間の鱧茶漬
山部コルチ子
鱧の味わからぬままに五十路かな
山部の大野
生鱧のまな板渋き傷の跡
山本 力
鱧ちりやひねもす送る貴船床
山本嘉子
鱧料理只管清き下水道
山本先生
古都の雨破れし恋と鱧の味
山野はな
鱧湯がく噂話は忘れよう
山野ゆうり
ザクザクとされて初めて鱧となり
散土
鱧食べて帰ろ今日のような日には
珊瑚
撥真直ぐに空を切る祭鱧
四丁目
ブラジリアン鱧を肴に夕ご飯
士王
悪意の顔ぬめる鱧の腹白し
始の子
旅先の雨ざうざうと鱧料理
子漱
真っ新な手帳埋めたる鱧の詠
志緒乃
乾杯はそこそこにして鱧料理
志保川有
蘊蓄の聞こえし席で鱧食へり
糸慌@木ノ芽
塗り椀の鱧の光りの艶かし
紙魚
八戒に十年の予備鱧の牙
紫雲英
飛梅の祟り宥めし祭鱧
紫鋼
いとさんは別嬪さんや祭鱧
紫檀豆蔵
メトロノームの如く鱧の骨切る
紫陽花
シャキシャキと鱧の骨切り先斗町
紫蘭
釣り上げし鱧に噛まれて指咥う
詩楽麿
湯引鱧コピー用紙のような白
試行錯誤
瀬戸内に潮の道あり鱧来たる
慈温
お品書き贅沢決めた酒と鱧
治もがり笛
首切られ骨削られて鱧の花
鹿柴
祭鱧なには人情好きやねん
鹿歩
川風が祇園に匂う祭鱧
七生姫
祭鱧言祝ぐ令和コンチキチ
篠田ピンク
肉も骨も切らせよ鱧の身の白し
紗千子
鱧引くや巡りし街の緩やかさ
紗智
鱧およぐ湯に花開き喉が鳴る
若葉猫
孫残す鱧を待ちつつ晩の酌
守安 雄介
待ちわびて祇園祭の鱧の汁
朱久瑠
包丁と技は相伝鱧を引く
樹朋
静けさや座敷で食らふ落し鱧
宗本智之
暗き水に眼険しき鱧の生く
秋月 馨
鱧の骨切りや父の目が怖い
秋月真
病院の会計終えて鱧料理
秋月流音@木ノ芽
弾力や骨なき鱧の京料理
秋籠る
顎強き鱧に手を焼く漁師かな
重翁
老いてなお鱧の骨切り板冥利
春果
鱧の顔想像せずに箸つつく
春爺
骨切は「関の孫六」鱧落とし
春野いちご
「手繋ぎ」でギネスに挑戦はもずくし
春蘭素心
ガラス酒器と鱧で四十路の同窓会
純父
とぐろ巻くこともありしか鱧の骨
順女
鱧や探り入れ牙を剥き出す犬
小エビ
篝火の奥座敷かな鱧料理
小橋春鳥
板前の鱧骨切りの音莢か
小熊伸子
提灯に灯入れて鱧でコップ酒
小熊利雄
淀屋橋交わすジョーダン鱧の味
小山波子
鱧鮨や名入れ提灯火を灯し
小春
鱧食べて冥土みやげを決める母
小川都雪
淡路島のべっぴん鱧や真珠婚
小倉あんこ
鱧入荷食わず女房の有り様で
小倉じゅんまき
母の頬てらてらしたり鱧茶漬け
小鳥ひすい
船底の闇にうごめく鱧の臭
小塚 蒼野
骨のある人が好きよと鱧喰らひ
小殿原 あきえ
筆文字の鱧ありますに誘われて
小梅
つの字の鱧に逆らひて往く東
小椋チル
水槽で出番待つ鱧眠そうに
小崚 糸杉子
嘶けど竜にはなれぬ鱧の朝
庄司直也
鱧焼くを待てず一人の2合酒
承穂
砥部焼の白より白き鱧である
松浦麗久
前のめり鱧に包丁しゃっしゃっしゃ
松永裕歩
下顎の長さや鱧よ何処を見る
松山
乳癌よ共に5年や鱧白し
松山のとまと
客集い四十九日の膳に鱧
松山女
目に太平洋身は湯船にて鱧料理
松茶 巴@プレバト木ノ芽
賑わわす京間の卓の鱧づくし
松田てぃ
湯引き鱧でもう一杯真珠婚
松風女
地場産の鱧にも京の香りあり
照波
鱧食し母乳たっぷり継承す
祥葉
強面骨も抜かれて鱧うまし
笑子
白き鱧白き紙鍋の美し
笑酔
波のよう鱧薄造り京の宵
城山のぱく
コンチキチン蒸す夜の小風ぼたん鱧
常陸人
骨切りをカウンターごし鱧料理
植木照美
鱧切りに父の志を受く二番板
寝たきりオヤジ
シャキシャキと進む秒針はもきざむ
新田 淑
つくばいのカタンと鳴りて鱧を食む
森の水車
京にゐて鱧嫌ひなる舞妓かな
森一平
酸素噛み殺すか鱧の眼光の
森沢奏
食卓に鱧汁のある暮らし向き
深山 紫
鱧睨みおろしも知らぬ東人
深川リンの父
一仕事終へし高揚鱧料理
深草あやめ
両親は離婚をしをり鱧料理
鱧食ふは西の文化と教へられ
真咲子
刻まれて鱧は真白き花となる
真珠星倫世(スピカリンセ)
店先の鱧の品書き歌舞伎文字
真心素秋
博多のまつり祝い盃光る鱧
真妃
旧友の集いし夕べ祭鱧
真林
鱧膳や街路樹そよぐ御堂筋
神田央子
縄文人歯は残したり鱧の塚
仁葉
鱧や鱧千秋楽の宴が沸く
水間澱凡
貴船川気張って座る鱧料理
水城
鱧引くや延陽伯が白尾の手
水尾
今宵もて浪速の男の子鱧尽し
数鉄砲
鱧鮨や杉箸の香と山椒の香
杉浦夏甫
鱧しゃぶの子等を集めて自慢せり
杉尾芭蕉
趣味人の鱧に咬まれし腕の傷
杉本とらを
質草の乾山写し鱧の皮
雀虫
鱧椀の隠し味にも京訛り
是空
鱧の背がたらいでくるりくりかな
星降松
友きたり鱧を食らって来年も
晴海南風@木ノ芽
おや開かぬ鱧の吸い物椀の蓋
晴好 雨独
白き身や泥底の鱧硝子皿
晴日和
つり上げし鱧絡み付く黒き腕
正宮崎
借景の比叡の山や鱧料理
西山哲彦
鱧求めロードムービー気取り淡路島
西田武
雨音を聞きて刻みぬ鱧の皮
西藤智
おいでやす湯引きの匂ふ鱧料理
誠馬
鱧食へば川の流れも静まりて
青玄
鱧切る音小上がりの人静かなり
青泉
鱧の骨シャシャシャシャリシャリ京料理
青柘榴
おん母のおそるる鱧や箸の先
青萄
香り立つ鱧の骨切りしゃりしゃりと
青木 藤貴
おのころの鳥居に佇つや鱧料理
青木豊実
父笑うかな鱧ちり供え遺影見る
青嵐
目を奪う煌めく鱧や宙を舞う
静香
板前の鱧の骨切り見惚れけり
石井せんすい
淡白な味に秘めたり鱧の牙
石岡女依
鱧二本つの字つの字に籠の中
赤橋渡
鱧頼む声に関西訛りあり
折口一夫
鱧飯が旅の思い出語り掛け
折鶴 翔
手招きす鱧が一皿藍暖簾
雪渓之岩魚
料亭の明かり仄かや鱧づくし
千の葉
鱧食ぶや今宵今年を折り返す
千恵
梅肉の鱧の透き間にゆきわたる
千葉まどか
祭り鱧蔵から運ぶ黒漆器
千葉睦女
湯引き鱧めはなとおりてわく唾
占新戸
鱧に酒G20を締めくくる
川西勝久
鱧噛みて船上祭に眼を瞑る
川島湖西
しゃぶしゃぶとゆるり開けり鱧の花
浅見弓楽
玻璃皿に青竹の箸鱧料理
船岡遊子
思いやり足りずさよなら鱧旨し
祖乞
鱧食むや佳人匿せる鋭き歯
素秀
剣先の如く鋭き鱧の顔
双月(そうげつ)
珍客に鱧をもてなす奥座敷
倉の人
余所ゆきな言葉ならべし鱧料理
想予
俎上にも鱧の眼光まだ死せず
相模
横顔の極めて遠し鱧の嘘
草青
仏前に供える鱧や母忌日
鱧料理写真の母の苦笑い
蒼い朱鷺
骨切リの技に見とれし鱧料理
蒼香
刺青師の肌を打つ音鱧骨切り
蒼奏
コンチキチ座りなおして鱧祭り
走哉
先斗町とんとわからぬ鱧の味
村松 縁
海中の一条の銀鱧の艶
多香
ざくざくとざくざくと鱧ざくざくと
多事
せせらぎと鱧のあらいと酒でいい
多聞仙
賀茂川や鱧食う人は二人連れ
多与門
火の音の弾け途切れて鱧の宿
太子
旅気分舌に新し鱧の味
駄口竹流
熱湯の手品のごとし鱧の花
泰然
雨にほふ坪庭に風祭鱧
鯛 風
鱧食うて少し大人になりにけり
台所のキフジン
ザクザクと背伸びするなり鱧食らう
大井河薪
大正の匂い一杯鱧の皮
大三郎
祭鱧や転地の息子の膳一つ
大村真仙
包丁に銘あり京の鱧料理
大谷如水
ほろほろと崩るる鱧や皮も美味
大槻税悦
鱧の皮さく音たしか母の腕
大坪美智子
母の手の薄き柳刃鱧湯引き
大島雲流
一日を舞妓となるや祭鱧
大和田美信
床下を鯉ゆったりと鱧料理
沢田朱里
折からの川面の風に鱧料理
只暎
湯引き鱧酢味噌梅酢をたつぷりと
達哉
香港は自由を求め我は鱧
知音
ダメ人間だから何だよ鱧の皮
地に根ざし陽に伸びる
梅肉や鱧の落としにぽつちりと
智雪
鱧の口スープとなりて観念し
池と堀
だんまりの夫婦喧嘩や鱧落とし
竹 夢月
哲学の道を外れて鱧料理
竹の子
鱧の骨刻むうなじに豆絞り
竹春エリザベス
宵の口鱧寿司かかえ急ぐ帰路
竹村マイ
幾重にも交差する雨祭鱧
竹内 みんて
鱧の歯や鬱たる気分吹っ飛びて
竹内うめ
北斎のぼかしの藍や鱧の花
竹林
大まな板や鱧の骨切りくいだおれ
京の旅舌鼓うつ鱧の椀
茶々
京じゆうで祭鱧食ぶ小路(しょうじ)かな
中原秋波子
夕風や玻璃の小鉢に鱧の皮
中根由起子
鱧のえら持たばつくづく鋭き歯
中村 邑
鱧喰えば浪速の風を思い出す
朝ぼらけ
公式のない難問や鱧の牙
朝桜咲花
「鱧嫌い」二十余年や酒すすむ
朝日もふ
水鱧や同じ名字の料理人
潮ベルト
コンチキチンたらいに「つ」の字祭鱧
長谷川 ひろし
京の字の催事巡りつ鱧の通
長田写々
鱧の皮せせらぎを背につつく哉
鳥ノ海 開 とりのうみ かい
通人を気取る男と湯引き鱧
直木葉子
鱧さばき男ひとりの手酌酒
鶴田梅勝
祭り鱧初めて食ふと恋のうそ
定吉
骨刻む音さえ鱧の美味さかな
泥酔亭曜々
老いて尚ぬた和え嫌い鱧嫌い
泥塗れのポスト
下駄鳴らしドカッと腰掛け鱧食らう
哲也
パチンコ屋開店前の鱧の骨
鉄鰈
和やかに結納進む鱧の膳
典華
お子様ランチ卒業の鱧を食ぶ
天水郷
鱧の眼は骨切ることを許すまじ
天晴鈍ぞ孤
鱧を削ぐ板前きらと出刃包丁
天津飯
椀の蓋開ければ海に白き鱧
貼女(ちょうじょ)
紅い月夜に蠢く鱧姿
田村美穂
緊張と鱧噛み締める求婚者
田中ピロミン
夢あらば鱧の骨切り精だせり
田中ようちゃん
干からびた鱧の湯引きや披露の宴
田中勲
上澄みを撫でる友禅鱧の宴
田中耕泉
彼の実家正座で挨拶鱧料理
田畑尚美
鱧の骨切り板前の腕を聞く
田辺 ふみ
関西の匂ひの記憶鱧の皮
田邉真舟
下町のうからは町医者鱧料理
兎飛兎走
祭鱧ドヴォルザークに箸合わせ
斗三木童
黒漆椀に鱧だと今日決めた
渡邉くるり
素因数分解鱧は骨と雲
登りびと
パエリヤの鱧も美味なり中目黒
冬戸梅雨
骨切りや板場をギロの如き鱧
島崎伊介
湯引鱧閉店時間の無きがごと
東山
大皿は青海波なる鱧料理
東尋坊
湯に開く白きが美しき鱧落とし
桃香@京都あたりでは、湯引き鱧のことを「鱧の落とし」とか「鱧落とし」とかいいます
鱧食めば大徳利の三本目
桃泉
鱧とはいえ虫歯はあるぞ二三本
桃葉琴乃
鱧好きの祖父は頑固で長く生き
桃和
食細き友よ召しませ牡丹鱧
燈穂
共に鱧食べし君いま母の顔
藤すみ
コンチキを耳に鱧食ふ町屋かな
藤郷源一朗
鱧皮は身より旨いと通ぶって
藤原訓子
上半期いいことなくて鱧づくし
藤田真純
骨切るの大変そうね鱧刺身
陶豪
鱧あるよ車中にラインひとり笑む
同行二人
清水の辺りは雨よ祭鱧
鱧の花白く咲くなり椀の中
瞳子
鱧料理献上米に烏山
童好
学生の賄ひに鱧明日は晴れ
徳永 北道
一口で鱧を納めて皿愛でる
豚ごりら
鱧知らぬ京都の人と鱧を食む
奈緒女
鱧焼きや焼いて京都追いかけて
那須いずみ
鱧料理囲みて飛び出す関西弁
那須の田舎者
鱧食いにそろりと歩く大路かな
楢葉
鱧も聴く祇園精舎の鐘の音
南雲風花
オノコロの神話の島や黄金鱧
南城馬天@黄金鱧=こがねはも
板前はもはや殺し屋鱧捌く
南風紫蘭@木ノ芽
白き鱧上品(じょうぼん)の命の喰らい方
楠青庵
鱧食べて明日は熊野へペダル踏む
二上松風
先生の説教長し鱧を食ふ
二葉みのる
湯引き鱧あいつ浪速に居るのかよ
日下まひろ
鱧料理松屋に買へり大阪人
日記
夜更けて鱧の引き待つリールかな
日午
酒を手に板長と語る鱧料理
日本酒
高圧線の円弧に跳ねる鱧がいる
入口弘徳
京女の芯に触れたし鱧料理
猫ふぐ
祭鱧巡行の鉾熱帯びて
猫楽
鱧を食ぶ貴船の川の苔の色
猫渓
三日目の夕飯も鱧や京の宿
波音
合羽着て揚げるはえ縄鱧の牙
馬場東風(とうふう)
鱧ありにのんべの五感擽ぐらる
馬場馬子
鱧づくし彼方に囃子近き三味
馬門宗太
お吸物鱧よ泳ぎて積乱雲
俳ビギ名
馬面に獰猛な歯の鱧旨し
俳菜裕子
京の昼鱧を見つける椀の底
梅雨
鱧椀やほっと息つく病み上がり
梅木若葉
鱧捌くぶつ切りもよし椀の中
白井百合子
シャリシャリと鱧の骨切りシャリシャリと
白銀のシリウス
首だけで動く鱧の目黒く澄み
白傘
京育ち母の口ぐせ鱧の美味
白山
三日目の三十五度や鱧ひらく
白瀬いりこ
丁寧に鱧骨切りて深呼吸
畑 詩音
荒縄で鱧を吊るして下駄の音
畑山六十二
この面の鱧じゃかぶりつかれたこの顎じゃ
半熟赤茄子
職人技器の中で咲いた鱧
板東まーぴー
鱧の骨真昼の月のごとくあり
飯村祐知子
居酒屋や膝送りする鱧の皮
比良山
何億の鱧の命も一夜の膳
比呂
喉仏納骨の夕鱧の白
枇杷子
鱧梅肉お椀に華やぐ日本なり
美翠
隣室の華やぐ声や祭鱧
美年
かろやかや父がはも切る骨の音
美魔女
舞妓さん最後に鱧をとってをり
姫山りんご
いとはんの心の海に祭鱧
百合乃
鱧漁や空港橋に絡む網
百草千樹Z
骨切りの鱧の巻かれている市場
不知火
天神の太鼓どんどこ鱧料理
富樫 幹
色白の鱧に化粧す梅の紅
風花
鱧食べて浪速の人となりにけり
風間昭彦
刎ぬし鱧見詰むる先の宴かな
風慈音
見開きし鱧の目の色海の色
風峰
すっかりと京の人なり鱧落とし
風紋
暴れ鱧漁夫の腕に夜明けかな
風由花
鱧釣りに骨切包丁買うために
風来松
旅先で自分に奢る京の鱧
風鈴
顔じゃない戒めに噛む鱧の骨
福島宙輝
無口なる夫と過ごすや鱧の味
文女
睨み合う包丁にゴツ鱧の意地
文乃
鱧鍋は一人ではだめ寂しすぎ
平康
鱧づくしポン酢ポンポン旨いらし
平松洋子
かけうどんのつゆは透明祭鱧
碧西里
鱧の歯のごとき言葉に負けはせぬ
片栗子
吹き上げる風をのせようハモ料理
勉邪明
水鱧や「いただきます」の翠雨かな
弁女
京の市人混み避けて鱧の皿
峰江
牙剥けど身を切り尽くす白き鱧
方寸
鱧光るこの子の七つのお祝いに
鱧の骨切る足音に闇通り
芳海
鱧の骨ぷつりぷちりと噛み砕く
豊田すばる
京の宿濁軽やかに鱧さばく
若衆の膝の揃へて祭鱧
望月ゆう
刻む鱧十針を縫う右の膝
北村 崇雄
紅き碗湯引きの鱧は真白き
睦恵
愛らしき犬に見へたり鱧の貌
凡々人
鱧湯引く骨切までは人任せ
摩耶
盛り上がる膚骨切りの鱧かくや
枕木
俎板を削り直して鱧料理
抹香鯨
鱧の躍動バンドネオンの響
満る
半世紀教訓の味鱧は祖母
未知
高瀬川恵比寿橋越え鱧料理
未々
鱧食ひて我大阪の祭人
妙光@木の芽
鱧の骨切デゴイチの進むごと
眠る烏龍茶
酢を少しきつめにしてや鱧の皮
夢見昼顔
水鱧のゆるく京都に住みゐたり
夢見亭笑楽
同窓会真に大人の京の鱧
夢芝居よしみ
外人に身振り手振りの鱧なるや
夢堂
龍神の化身の逢瀬牡丹鱧
霧子
鱧皮や連れが来るまで一人飲み
明石焼穴子
鱧の顔昔漫画で見たような
網野れいこ
魚市場並ぶ鱧の目怒気強し
木森
大漁の鱧競り台に行儀よく
木人
路地小路上ル下ルの鱧の花
木乃伊
鱧らしき載せられたるや通夜の皿
木槿
誘はれて初めて食す鱧の味
紋舞蘭
魚店の鱧白妙や軒深し
也和
縁なくて鱧のあれこれ知りませぬ
野うるし
己噛む鱧と自分とウロボロス
野純
末法の足音響く鱧の膳
野倉夕緋
鱧食べて吉井勇や古都に寝る
野中泰風
罪深き半端の骨や湯引き鱧
野々ゆか
海へ鱧投げる神事や供養祭
野々原ラピ
鱧の皮いつか食べたしはや五十
矢羽へーや
傷跡や眼鋭き京の鱧
矢的@第二まる安
鱧切りの包丁に銘ありにけり
有瀬こうこ
城下の角鱧の骨切る四代目
柚和
鱧好きに悪人なしと浪花びと
遊亀
ひんやりと梅肉しみる鱧料理
余熱
鱧料理待つ子に響く骨切り音
与六
鱧届き薔薇の折り紙友に折る
葉っぱのようこ
五尺余の鱧を横目に砥石出す
葉月けゐ
頑健に活きる遺伝子持つ鱧よ
葉月のりりん
鱧の歯や回り始めた三連水車
葉子 A
濃紺の皿は義母より鱧落とし
遥明
鱧にして川のせせらぎ古都の膳
羅風音
鱧を消しゴムに例へて怒られる
落合きり
鱧縮む100キロ漕いだ脚のごと
藍時 湘
鱧鍋をあてと問うてや笑い酒
蘭子
鱧釣りの引きに魅せられ釣果いな
里之照日日
淡路島ここから始む鱧の旅
里甫
鱧を引く作務衣の袖のリズムかな
立歩
板前の生白き手や鱧の腹
流雨
鱧好きははしり名残りと京通い
琉璃
梅肉か酢味噌に迷ふ落とし鱧
隆松
板長の鱧切る音にジャズが和し
林 和寿
骨切りのリズム軽やか鱧料理
瑠璃
箸先の鱧鴨川の水を切る
令雅
定年や鱧を肴に日が暮れる
麗し
東京の知己にもてなす鱧料理
露草
鱧の骨断つ嫉妬も断つ夜明けかな
六日菖蒲
ひと鉢を親子で分ける牡丹鱧
六々庵
鱧の肉貴方とはまだ腐れ縁
和光
タッグ組む鱧のお椀や京名水
和鹿島
鱧と梅余命と吾の因果関係
なつかしき人と鱧食う祇園かな
巫女
バースデーケーキに添えるまつりはも
涅槃girl
床上げや義母の給仕の鱧美味し
游真
しじら着て鱧食し日を知らぬ君
筬葉
鱧好む転校生の訛りかな
籠居子
鱧喰らひ阿部定姉に近づきぬ
綉綉(しゅしゅ)
子や孫で膨らむ座敷祭鱧
聰子
鱧湯引くビルマ生き延び皺深し
脩斎@105さい
鱧や黒Tシャツの背が日に焼ける
脩平
悪相の無惨に白し祭鱧
茫々
鱧しゃぶや部屋を冷やして手酌酒
萬代草舟
抜け衿のうなじも白し祭鱧
蘂六
鱧知らず天命を知る齢過ぐ
靫草子
付き出しの口に清しき鱧の梅
鱧の歯や神保町のキーマカレー
伊勢史郎

ページの先頭