俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 轡虫

第223回 2019年6月27日週の兼題

轡虫

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句

今週のお便り&俳句道場

◆『俳句ポスト365』へのご感想、ご要望、ご質問
●初めて俳句を投稿させていただきます。 俳句の美しい世界に少しでも触れられたらな、と思っております。/フレア
●俳句歴2ヶ月の初投稿です。よろしくお願いします。/いちな
●今回初めて投稿させていただきました。いつもテレビ番組などで俳句を見ていて、友人をキッカケにこの俳句ポストを知り、この度投稿させていただくに至りました。 自分では考えつかないようなみなさんの様々な句を拝見して、より深く俳句に浸かれるような気がして、今後のささやかな楽しみが1つ増えたような気がします。/ちょくる
●初体験です。これから勉強して行きたいと思います?テレビで先生を知りやってみたいと思ったです。よろしくお願いします。/轡虫手本通りの初鳴きか
●初投句です。 どうぞよろしくお願いします。/五月町まりィ
●俳句に興味がでてきたタイミングでインターネット検索をしてサイトをお見掛けし投稿させていただきました。これから継続して拝見し勉強していきたいと思っています。/司馬隆
●新人です。よろしくご指導お願いいたします。/和鹿島
●初めての投稿です。勝手が分からず、失礼があるかと思いますが、宜しくお願いします。/笙女
●アメリカから初めて投稿します!/淳 絵樹
○俳句ポスト365へようこそ!またも国外勢が増えた!!(正人)

●組長、正人さん、スタッフのみなさん、いつもお世話になります。ありがとうございます。気が付けば俳句を始めて投句5年目に突入(笑) そんなことも1ヶ月も過ぎてから気付くほど、新しい職場が忙しすぎて。そんな中、ちょっとうれしいことが!社員旅行で10月に高知・松山に行きます!! 私自身、四国は初めてなのと、俳句に触れられるのもうれしい! まだ詳細が分からないのですが、これは食べてみて!とか、ここ行ったらいいよ!なんていう場所、組長や正人さんのおすすめはありますか?/chiro
○おいでませ松山!鯛飯の食べ比べとかしてみてほしいですねえ、松山風と宇和島風と。どっちが好きかご意見聞かせてくださいな♪(正人)

●夏井先生、正人さん、ハイポニストの皆さん、こんにちは。卒業生が数名、松山にある大学で頑張っています。先日、サッカーの大会で全国大会を賭けての決勝戦だったようですが、惜しくも敗退。いつかこの子たちの試合を観に行くという名目で、松山を体感したいと思います。俳句の都ということもありますが、歩いていたら夏井先生や正人さんにバッタリなんてことを期待しています。そういう可能性ってたくさんあるんですかね?/みのる
○伊月庵のある道後周辺だとバッタリ遭遇は本当にあるかも~(笑)。(正人)

●こんばんは。(^-^)m(__)m/おけら
●よろしくお願いいたします。/やまぶき
●私の俳句の原動力になっております。/コタロー
●いつも 楽しみにしています。ユーモア溢れる表現に感心しています。/マツイミキロウ8191
●夏井先生、よしあき様いつもありがとうございます。 退職後から俳句ポストに投函して、毎回ドキドキしながら結果発表を見ています。退職しても、こんなにドキドキする/紫蘭
●いつも期待と不安で、投稿してます。/酔芙蓉
●今回もまたよろしくお願いします。/楠青庵
●楊梅から投句し始めた新人です(^^) いろいろ教えて下さい。 宜しくお願い致します。/Benじい
●いつも選句ありがとうございます。お手数おかけしますが、宜しくお願いいたします。/日午
●組長、皆さま、いつもありがとうございます。今回もよろしくお願い致します。/靫草子
●こんにちは。お世話になります。今回も楽しく句作することができました。連続して投句できていることも、なんだか楽しいです。よろしくお願いします。/平本魚水
○連続投句を支える原動力が日々のドキドキでありますな!今回もガチャガチャがんばりませう。(正人)

●毎回とてもたくさんの句で、全部の俳句を読みきれませんが、いろんな方の俳句を読むことで脳みそを刺激しています!/夏湖
●いつも楽しく拝見させていただきながら、沢山の皆さんの俳句を拝見し勉強させていただいています。楽しいひとときをありがとうございます。/れんげ
●今回も発想力を中心に投句しましたが天や地の人たちの俳句を見てみるとレベルの高さに圧倒します。発想だけではいい俳句は作れないと何事もコツコツと勉強を重ねるのみです。/ミズカラス
●私、楊梅より仲間入りをさせて頂きましたが、月曜日から金曜日まで実に丁寧に解説、選句延々と打ち込みが続いて最後まで見ているとタブレットが熱をおびてきます。手抜き工事の無い完璧な建物のようで、お世話して下さる方々に感謝いたします。「天」に立たれた蟻馬次朗さんおめでとうございます。「ひもろぎ」勉強になりました。/摂津の嫗
○自分の無理のない範囲で他の方の句も読んでいくと楽しいしためになる♪…しかし「天に立たれた」っていうと若干パトラッシュ的に召されたようにも読めなくもないなあ(笑)。(正人)

●兼題が早くも秋に入りました。ということは、昨年「色鳥」で俳句ポストデビューを果たした私は、すべての季節を廻ったのか?早いものです。よく続いたものです。改めて、よしあきくん、正人さん、組長、松山市役所の皆さま、そしてご一緒くださいました、ハイポニストの皆さま、ありがとうございます。これからも、よろしくお願いいたします。う~ん、ベムりたい?/かつら子
○ほぼほぼ一周年(?)おめでとう!これからもベム目指してどうぞよろしく!(正人)

●先生、正人さま、いつも有難うございます。 俳句を始めると季語って普段の生活で触れ合っているものが いかに少ないかと痛感しますね。 お題がでるとまず季語の勉強からはじめるので句作まで中々(笑) 少しでも上達していればいいのですが・・・ /大和田美信
●毎回 兼題季語に 楽しく苦戦して投句してますが その兼題季語に 合わせて 感動の仕方と生き様を勉強できるサイトです。/句詩呼
●俳句は素晴らしいとつくづく思います。難しい漢字で書いたり、花を観察したり、近くにないときは、スマホで見たり、出かけてみたり、毎日が楽しいです。 /丘 るみこ
●夏井先生、よしあき君、こんにちは。プレバトで俳句の楽しさに目覚め、蟇の句から投稿している初心者です。ビギナーズラックで二回続けて並句に選んでいただきました。 毎回兼題について調べるようになり、色々な発見や気づきがあり、ささやかですが世界が広がり、生活に張りが出ました。 次は「人」になれるように精進します。夏井先生とは同じ年齢で、勝手に親近感を抱いています。これからもよろしくお願いします。/大島雲流
○実は普段意識してないけど季語と触れ合ってた…ってケースもありますからねえ。今回の轡虫は実は聴いてたりするのかも??(正人)

●ゲリラ投句組もすっかり板につき、まさかまさかの締め切り3時間前投句となってしまいました。 でもまだ上手がいそうな気がするのは私だけ?/北村 崇雄
●締め切り2時間前。今回もどうにかギリギリ投句のメンバーです。/半熟赤茄子
○2時間前以上の人もきっといるはず!?(笑)(正人)

●忙しかった仕事も一段落し、久しぶりに投句します。 何だか懐かし意気がします。/秋月なおと
●前回の兼題「鱧」、せっかく良さげな句を思い付いたのに、「句として形になったぞ!」というタイミングで締切に。無念…。 今回は、先に送った5句に全てを託すことにします。/多々良海月
●たくさん構想を練って、創作していたにも関わらず前のお題「鱧」の締め切りを逃しました。とてつもなくショックでした…。今度からスケジュール帳とカレンダーに締切日を書いておくことにします。/神宮くみち
●こんばんは。楊梅から3回連続で投句忘れました!引っ越しって怖いわぁ?ん(*_*)/ざうこ
●前回は締切日に母の癌と入院。手術予定が決まり頭が真っ白となって投句し損ねてしまいました。明日は締切日であり、母の手術日です。/ローストビーフ
○締切逃しの切なさよ…。が、人生の大事に無理は禁物!!お母さんの手術とその後のケアに集中してあげて!成功をお祈りしております…!!(正人)

●24516さんの代理です。今回の投句人数と投句数を教えて頂けますと幸いです。 Twitterでいつき組の皆さんと情報交換していますが、私も含め「虫苦手」という方が……今回は少なめじゃないかな。/洒落神戸
○代理質問今回もサンキューでーす!1409名7612句となりました。虫苦手な人も果敢に挑戦したということか…!(正人)

●投句数の制限がないところが『俳句ポスト365』の素晴らしいところ……ではありますが、それなりに句作を重ねてくれば「自選の力」も養いたいと思います。というわけで、今回より一句のみの投句でがんばってみます。/RUSTY
○その意気やよし!作ってるうちに「…これは没だな」って自分で沈めること、あるよね…。(正人@セルフ供養)

●たくさんの投稿者の方々の俳句を見て「これも俳句なのか」と時折笑い、驚きもあって楽しく「俳句ポスト」を読ませて頂いております。時代の波に乗ることと歴史を重んずることの両方を兼ね備えたような俳句を作りたいな、なんて思います。「言うは易し、行うは難し」ですね。 いつも楽しい「俳句ポスト」をありがとうございます。/春来燕
○手前味噌ではありますが、かっちりしたのからぶっ飛んでるのまで、これだけ幅広い選句コーナーってそうそうないんじゃないのかな。これも皆様の集って下さるおかげです、ありがとうございます。(正人@深々)

●今朝投稿の一回目二回目、操作ミスで重複してしまいました。二回目を削除お願い致します。 こちらが改めて二回目です。ヨロシクお願い致します/茶々
●すみません。確認メールが届かなかったので、同じ句を3度投稿しています。今までは確認メールが届いていたのですが。/桃香
●申し訳ありません。 先ほどまた鱧の句を間違って投句してしまいました。 だいぶんヤバいですね私。 失礼しました。/方寸
●投稿後返信メールを頂きましたが、「脚?がれ(あしもがれ)」の?の文字が?となっておりました。手偏に宛です。再度送信してみます。/山踏朝朗@山踏楊梅改め
○時折確認メールが返ってこない症状が出ますが、投句自体は無事に拝受しております。文字化けは機種依存文字というやつ。「もぐ」は随一文字化け頻出文字ですねえ…メール上では表示できず「?」になってしまうのです。更新のあとに僕がこちこち一つずつ表示できるよう専用の処置を行っています。締切過ぎての投句は…タイミング的に更新後の到着になっちゃうので救済ができないのですごめんなさい。なにとぞ締切までの投句よろしくお願いいたします…!(正人)

●今更当たり前の質問なのかもしれませんが、投稿した全ての俳句が「並」以上を取れるわけではないのですよね?並にも満たない句は掲載されないということですよね?/緋路
○通称・「没沼」。深く暗い没という沼が広がっているのよ…。(正人@経験あり)

●あくまで、意見ですが、一部のみ添削していただくと、有り難いのですが。/コタロー
○火曜俳句道場に稀に登場する「添削という名の杖」コーナーで触れることがあるかも、くらいです。…ふと気になって調べてみたら、プレバトで2018年に登場した句が全部で339句らしい。俳句ポスト365に集まる句をざっくり一回7000句、計算しやすいようにお休みをなしと仮定し一年に53週÷2のざっくり26回。7000×26=182000句。それら全てを一部添削したと仮定すると、俳句ポスト365で一年間添削する句の量は…プレバトの添削536年分!!人生何回分プレバト観れるんだ!!?いやー、こういう馬鹿らしい計算って好き。(正人@空想科学読本にかつて大ハマリしていた我が家)

●日頃縁の薄い兼題は難しい。発想が広がらない/富樫 幹
●兼題の季節がどんどん進んでいくので、私のような初心者にはちょっと難しく思えます。 私の住む福岡では旱梅雨で夏の渇水の心配をしている状況だったりするものですから。 (決して、決して、文句ではありません)/まほろ
●ああ、またしても日本にしかないようなものが季語なのですね。つらいです。日本の一部の地域に限られるよりはマシですが。/峰江
○そういう時に空想を羽ばたかせられるのが俳人の強み!自分の過去の体験を思い返したり、歳時記の記述から夢想してみたり、これからその季節を迎えたらどうなるだろう、と想像したり。(正人)

●一度に2句までの投稿になるので、複数案が出来てしまった場合、何度か投稿することになるのですが、毎回同じことを書くのもなあと思って、毎回悩んでいます。/日午
●俳句のコメントは、注釈が必要なときに書いたほうがよいのでしょうか。(句にこめた思いをかくと、詠む楽しみがなくなってしまうのでは、とふと思いました・・・・・)/日午
○基本的に、どうしても書いておかないとわからないような特殊な内容以外はコメントなくても大丈夫です。変わった読み方する単語とかそういうやつ。(正人)

●クツワムシ、漢字にしたいが変換出来ません。/大三郎
●出来ないクツワムシの漢字変換を標題をコピーしてカバーした。/大三郎
●季語の漢字変換ができない場合、「募集中の季語」を範囲指定して「コピぺ」すれば簡単です。また、同じく季語を範囲指定して「ユーザー辞書登録(iphone,ipad)」すれば、作句のときにも便利です。こちらの方がスマートかな。/としなり
○俳句ポスト365は皆様のこういう互助の精神で成り立っております、知識の共有ありがとう!!(正人)

●俳句ポスト365のバナーリンク先の「俳都松山」のサイトで、俳句ポスト365へのリンクの画像に「遠隔で新しいお題(兼題)が…」と記載されていますが、「遠隔」は「隔週」の誤りでしょうか?(俳句ポスト365のトップには「隔週で」と記載されています。)インターネットを通じて投句という形式をとっている以上、「遠隔」というのも間違ってはいないような気もしますが・・・。/ほろろ。
○教えていただいてありがとうございます。遠隔…隔週……遠隔…うーん、間違いのようなそうでもないような…?いずれにしてもお知らせしておきます!(正人)

●マガジンを再度申し込みしたいのですが申込書を送ってください。/幸
○マガジンが何を指すのかちょっとわからないのですが…。伊月庵通信というものが新たに始動しているところだったりもします。詳しくは組長ブログをご参照下さい。(正人)

◆我ら並選隊
●いつき先生お疲れ様です。楊梅で並選ありがとうございました。宜しくお願いいたします。/清水祥月
●先生方こんにちは。 前回の楊梅も並選に選んで頂きありがとうございます。 ずーっと並選にいるので早く人間になりたいのですが、なかなか難しいですね。全ボツにならないだけマシだと思うことにします。(笑) 「これは絶対人選だ!」と思うものが入らず、投稿直前に頭に浮かんだ句が入選ということがよくあります。「もう肩の力を抜いておやんなさいな 」と言われているようです。/浅河祥子
○あるあるですねえ、今回こそは達成できるか!?(正人)

◆俳句修行は楽し♪
●NHK学園の通信で「句全体が季語の説明になっている」と指摘を受けました。先生が指定する兼題に挑むことも大変ですが、自分で季語を選び、表現したいことを句にするということが難しすぎて、大変苦しめられています。提出のスピードが大幅に遅れていて、もう無理かなと思ったりもするのですが、なんとか最後まで頑張りたいと悶えています。/ふくろう悠々
●夏井先生 スタッフの皆様 お世話になります。 いずれは純粋な一物仕立てを詠もうと意気込んではおります。 どうぞよろしくお願い致します。 多香/多香
○「句全体が季語の説明になっている」をめちゃくちゃ上手く仕上げたのが「一物仕立て」。難しいですねえ、いつかやってみたいねえ!(正人)

●先生方こんにちは。先日某通信教育の添削が戻ってきたところ、結構な辛口添削で何を詠んでも脳内でダメ出しをしてしまい、なかなか形にならずに困っています。なんとか3句詠んだので送ります。/浅河祥子
●最近、一緒に俳句をやってくれる人が見つかり、俳句を教えられるよう真面目に勉強し始めました。本サイトの火曜日「俳句道場」や、わかりやすい俳句添削教室(原雅子先生のサイト)のバックナンバーを3ヶ月かけてすべて読み終え、作句や選句のポイントは一通り理解できました。が、作句がやたら難しい。類想を避けた題材を選び、季語の本意と呼応する平明かつ奥行のある言葉選びしながら、季語が際立つように語順や比重を弄って、切れや調べで雰囲気を調整して、とやっているとあちらが立てばこちらが立たず状態。言葉のパズルとは言いますが、納得のいくピースはなかなか見つからないものですね。/ツカビッチ
○俳句道場も参考にしていただいてありがとう!各種勉強も知識の一つとして認識しつつ…くらいで気軽に構えてはいかがでしょうか。あんまり考えすぎると動けなくなりますしねえ。ピース探したり、うまく入らなかったら削ったり、いろいろやってみよう!(正人)

●ううっ、罌粟坊主にてやっと人間(人選)になれました。…妖怪の句だったけど。 /口岩健一
●やっぱり、たくさん句を作ると実力がついてくる気がしますね。って、ただの一人よがりかもね…エヘヘ。 /口岩健一
●写真を撮るのも好きです。100枚のクズ写真に1枚のまあまあが有れば良い方と思っているのですが、俳句道場に「多作多捨」の文字を発見。 そうですか! 作らなければ始まらないよねと楽しんで俳句を作ってはみたものの、方向すら定まらなく道標を探して右往左往してる感じです。写真はシャッターを押せば100枚位はなんのそのでも俳句は押しても何も出ない、ひねり出しても出ない!うなり声ばかり?(笑)/筬葉
○多作多捨その通り、ゴージャス!シャッター100枚押したらたしかに1枚くらいいい写真撮れてそうだし、その精神!?(笑)(正人)

●兼題として季語が出された際、初心者故に発想が浮かばず、いつも俳句が「二の脚」を踏んでしまいます。そういう時はどう考えれば良いのでしょうか?/ヘルシーアイランド
○昨日の俳句道場でもちょっと言われてましたけど、歳時記を開いて例句を読んでみるとなにかヒントになるかも。(正人)

◆俳号に名字をつけよう♪キャンペーン
●笑子さんが他にもいらっしゃるので、名字を付けました。(ここ2回、自分の句が選ばれたと早とちりして、あれ、この句は作っていないなぁ?ということが続いたので、気づきました)/高橋笑子
●俳号の変更を致します。山踏楊梅改め山踏朝朗とします。よろしくお願い致します。/山踏朝朗@山踏楊梅改め
●あおいの俳号でしたが葵の上に変更しました。お願いします。/葵の上
●俳号は落葉勝山(おちばしょうざん)です。/落葉勝山
●俳号の変更:中川徳之から春来燕に変更しました。 いつも多くの方々が投稿なさっている俳句を時に「これも俳句と言えるのか(笑)」と感じながら楽しみに見させて頂いております。/春来燕
○『俳句ポスト365』では、「ありそうな俳号をお使いの方は是非とも姓を付けて下さい運動」を展開しています。俳号は、自分の作品を自分のものだと主張する大切な記号。投句者お一人お一人の個性と習熟度を見極めながら、適切なアドバイスができるようにと日々心がけています。以下ご協力の程を。
 ① 同一人物の複数俳号の投句はお控え下さい。
 ② ありそうな俳号には必ず姓をつけて下さい。

●ありふれた俳号、風花に自分の名字をつけると舌を噛みそうなものになるので、 新しい俳号、今しばらく、考え中です。/風花

●この度、自主制作で絵本を出版しました!喫茶店に置いてもらったり、イベントを利用したり、地道な手売り活動ですが、ペンネームを「伊澤華純」としました。今までは「若澤杏子あんずのこ」でしたが、これからは「伊澤華純」でよろしくお願いします!/伊澤華純

◆ウェンズデー正人へ
●正人様、楊梅の回ではコメントいただきありがとうございました。ところで、水曜日の投稿を読んでいると、もしやジョジョ廃人、もといジョジョ俳人が結構いらっしゃるのでは…?ぜひ私もその末席に加えて頂きたいです。いつか天地選をもらうという、黄金のような夢に賭けよう…!!これが掲載されるころには、アニメ第五部も終わって、彼も去っているのかぁ…くぅ。/碧西里
●いつもお世話になっております。ジョジョのアニメの最終回がオンエアされてから1ヶ月経った頃が、丁度この轡虫の発表週だったと思います。おーい、自分、呼吸してる?8月18日のアニメイベント(東京)は楽しかった?狙っていたグッズはきっちり回収出来た?目も耳も心も幸せになれた?アニメ終わって寂しいけど、大丈夫、9月にはヒプマイのライブが待ってるぞ!一口馬主やってるゴールドシップ産駒のデビューもそろそろだぞ!だからさっさと投句して、宿題持たずに秋を楽しむように!ついでに、今の内にしっかり働いて稼ぎなさい!!/次郎の飼い主
○なぜか多いジョジョ廃人ならぬジョジョ俳人。大丈夫?二人とも動いてる?放送終了と共に右手の負傷に気づかなくなってたり身体にカビが生えないようになってたりしてない?(正人)

◆夏井いつきへ
●夏井先生、俳句の種まき頑張ってください! いつまでも応援しています。/いさささ
●夏井いつき先生のブログ見てます。旅先からの画像とても楽しみにしてます。一緒に歩いている気分です。/丘 るみこ
○ありがとう!ブログ『夏井いつきのいつき組日誌』は、日々の活動やお知らせなど、毎日掲載しております。よろしく♪(夏井)

●(おウチbe俳句)を買いもう勉強です。 読めるとイイな~の(^^♪頑張るね。/空
●俳句を詠むおかげで 負けも笑いに転化して 自分と向きあえて 俳句は自分を知る アイテムです 過激な入門書の影響が大きいですけど 夏井先生様のおかげが 1番大きいです ありがとうございます。/句詩呼
●夏井先生 日経新聞 くらしナビに「旅を栖とする日々よ」が連載されました。 毎週、拝読できることを楽しみにしております。ご健闘をお祈りいたします。 /英ちゃん
○日経新聞夕刊にて、毎週木曜日連載しています。十二月末までの予定です。ネットでも読むことができるので、お楽しみ下さい。(夏井)

●7月5日山形市で夏井先生の俳句 ライブがあり、この機会は見逃せ ないと家内と会場に馳せ参じまし た。早めにチケットを申しことも あり、一番前の特等席で見る事が で来ました。 2時間30分のライブは、笑いの中 で終了致しましたが、大変勉強を させていただきました。 夏井いつき先生ありがとうござい ました。/山口雀昭
●先日米子市句会ライブでお会いしたカミキくん、ハイポニスト・デビューは果たしたかな?おばさんは楽しみにしております。/のつり
●俳句をたのしむ裾野のひとりです。 公開句会に二度参加させていただきました。 句日記として一日一句を目指しております。 /根なし草
●少し前になりますが、滋賀県多賀町の図書館で地元で発掘された「あけぼのぞう」の化石レプリカの見守る中で開催された句会ライブに参加しました。小学生にパンフレットが配布されたので、お父さん、お母さん、おばあちゃんに連れられた小学生が多数参加していて、楽しいライブになりました。俳句初挑戦のお父さんの句やスタッフで本の読み聞かせをされた方の句が選ばれたり、チーム裾野が大活躍されました。これも俳句の種まき運動をされて、日本全国津々浦々に飛び回られている組長とご主人のおかげです。11月には彦根市でも句会ライブが開催されます。また、お会いできることを楽しみにしています。/キャサリンまさこ(まさこ改め)

●前回から投稿をさせていただいています。昨年と今年、堺市で開催された句会ライブに参加した3人で、チ~ム裾野泉北支部を結成し、1日5分で一句を目標に、575と指を折って句作をしています。作った句をラインで送り合って、添削し合っていますが、素直に受け入れられないときがあります。/香栄
○ははは! 添削というのは、かなり高度な指導です。お互いに意見を述べ合うことは有効ですが、お互いに添削し合うってのは、ちょっと違うかもな~(苦笑@夏井)

●こんにちは。山形での句会ライブ、楽しかったです。今度、来仙なさるとか…(風の噂)。ぜひまた組長にお会いしたいです。/でらっくま
●東京近郊で、夏井先生の講演は近日中にありますか?/あら サナエ
●夏井先生、また句会行きたいです。 関西へ次はいつ来てくれますか。 夏井先生に会いたいです。/なつぽよ
●北陸での句会ライブを楽しみにしていますが皆様のご健康があってのことと思います。あまり無理せずにしてください。/寝たきりオヤジ
○句会ライブの予定は、夏井&カンパニーのホームページにてご確認下さい。是非、お会いしましょうね♪(夏井)

●NHKで「恐竜超世界」という番組が7月7日に放送されました。羽毛恐竜を扱った番組でした。変温動物から恒温動物へ、ということ、魚の捕食、抱卵などが扱われていました。口は嘴のようで、手は恐竜より大きくなり、子育てをするようになった恐竜がいた・・。また、「鳩」wikiによれば、「恐竜の末裔である鳥類の歩行の研究は、まだまだ、謎に満ちている分野であると言える」らしいです。面白かったです。面白かったですが、「575でカガク!」の募集句「恐竜」の句が浮かんだわけではありませんが。そういえば、「はやぶさ2」がリュウグウの土壌採取のための2回目の降下を開始したと7月9日のニュースが報じていました。番組を楽しみにしています。/すりいぴい
○NHKのEテレにて『575でカガク!』第4回のテーマは「恐竜」です。8月29日夜9時からのオンエアです!(夏井)

●プレバト俳句楽しみに見ています。/富樫 幹
●いつもテレビで拝見し大変勉強になります。感謝いたします。/司馬隆
●テレビで夏井先生の俳句を見て、自己流で作りました。/森澤佳乃
●プレバト俳句をいつも楽しみにしています。楽しくいい勉強をさせていただいています。/雨霧彦@木ノ芽
●プレバト、今週も面白かったです! 光ちゃんのつくばいの句が、先生の添削で一気に鮮やかになって感動しました。 「つくばい」とか素敵な日本語を知っていて若いのにすごいなーと思います。私も響きが好きな単語を使ってもっと俳句を作ってみたいです。/香羊
●「楊梅」では人選をありがとうございました。7月4日放送のプレバトで、夏井先生の“キング・オブ・ザ・凡人”の解説に笑いが止まらないオット。特待生や名人の方たちの句にも「現状維持やな」とか、破調の句に「五・七・五になってへんやないか。こんなんでエエんか? それやったらいくらでもできるで!」とのたまっております。そんな日がいつか来てほしいものですが…。/玉響雷子
○家族で『プレバト』を見てくださるのも、大いなる俳句の種まき!嬉しいことです。(夏井)

◆広がる『俳句ポスト』仲間たち!(※9月3日追記:データ不備により掲載ができておりませんでした。大変失礼いたしました。)
●妻と俳句を勉強する日々。楽しいです。/とりこ
●久々の投句です。最近、私の影響で夫が俳句を始めました。知らないうちに俳句ポストデビューをしていてびっくりでした。夫婦で俳句談義に花が咲きます。楽しいです。/とりまる
○ご夫婦俳人で俳号が共にとり始まりとは!さながらおしどり夫婦?(笑)(正人)

●こんにちは!妹を誘って俳句のすそのの仲間入りさせました!「俳句って良いね。自然のこと学んだり、思考したりする機会にもなるし、知識も増える。昔のこと思い出したりもして、ボケ予防の為にもなるし是非これから私も俳句の世界体験していきたい!」だそうです。今は仕事バリバリの戦う女ですが、引退したら本格的に始めたいそうです!/伊澤華純
○ナイス俳句の種まき!戦ってる最中のことも句にして残しておくと後々思い出して楽しいやら激情が蘇ってきたりするかも?(笑)(正人)

●シュツットガルト俳句女子の会:/海葡萄
●シュトゥットガルト俳句女子の会/三大夜景
●シュトゥットガルト俳句女子の会/網野れいこ
●シュトゥットガルト俳句女子の会/遥明
●シュトゥットガルト俳句女子の会/亀の
●シュトゥットガルト俳句女子の会は本日、締切の迫ってきた『575でカガク!』に向けて句会をいたしました。面白い句もありましたので、誰か、どんな形でもいいからひっかからないかなー。というのはさておき、そちらに夢中になるあまり、さらに締切が迫っている、いやはっきり言えば時差もあるし今日中には投句せねばならない轡虫をうっかりしちゃいそうになりました。みんな出せたかなー/月の道馨子
○結果も発表となった『575でカガク!』、みんな大活躍!!海外でも見られるNHKのありがたさ!(正人)

●私は、「俳句ポスト365」だけの投稿ですが、近隣に、「仲間」というか、グループあるのですか。/丘 るみこ
○例えば↑のシュトゥットガルト俳句女子の会はドイツシュトゥットガルト中心に俳句を楽しもう!という人たちが集った集団。全国各地でハイポニストたちが各々自分たちでチームを作っております。勝手にチーム作っちゃってもよし、どっか近隣にあったら紛れてみるのもよし。(正人)

●夏井先生、スタッフの皆さん、お疲れ様です。今回のお題、轡虫、大変難しかったです。このところ、つずいて、人に選んでいただいていました。ありがとうございます。ですが、鱧あたりから、雲行きが怪しく、苦戦いたしました。親友が名古屋に引っ越してからずいぶん経ちますが、俳句メールと名を打って俳句の交換をしています。お互いの俳句を、褒めあい、けなしあいは、あまりありませんが、遠き友とも、俳句でつながっています。遅い梅雨入りからこちら、変な天気がつずいておりますが、皆様お体だけには、お気を付け下さい。シクラメンのいい香りがします。田村美穂/田村美穂
○句友がいると何倍も楽しいのが俳句でありますねえ。いい友達だ♪(正人)

●いつもなのですが、投稿した後に、ああすればよかった、こうすればよかったの推敲案が出てきます。家事をしながら俳句を考えていて、どうしてもまとまった時間をとれないからなのか、料理の合間に思いつき、忘れないうちに投稿して、料理をしている間に思い直して再投稿するという感じです。今回もやらかしてます。すみません。悪い癖と思いますが、改めて机などに向かってみても一句も出てこないことのほうが多く、「ながら族」になっています。みなさんはいかがでしょう?どーしたもんでしょうか。/播磨陽子@花野句会
○ハイポニストのご意見募集。ながら族大いにけっこうと個人的には思いますけど、じゃあ自分はどうかと翻って考えると…比較的集中してタイプ…な気がする?(正人@曖昧)

●皆様は、吟行へ行く時、何を持って行きますか?/コタロー
○ハイポニストの吟行情報募集。個人的にはペンとメモ帳、電子辞書!(正人)

● なぜかサスペンスを見ていると、俳句がうかぶことが多いです。仲間から「僕もサスペンスよく見るのにな」と言われました。俳句の実力はともかく、妄想することなら彼に負けません。ホントは実力でも勝ちたい!/ふくろう悠々
●こんにちは。先日、在仙ハイポニストのましろなぎささんと映画de句会を行いました。短い時間でしたが、俳句で映画を語るという楽しい時間を過ごしました。映画de句会、おすすめです。/でらっくま
○いいじゃない映画句会!好きだよ映画!基本洋画派だけど最近久々に邦画観ました。『カメラを止めるな!』(2017年/上田慎一郎監督)。最初はどうなることかと思ったけど最終的にめちゃくちゃ面白い映画だったんで、未見の人は騙されたと思って観ましょう。うん、僕も最初「だまされた…」って投げだしそうになった!(正人@ネタバレ検索ダメ、ゼッタイ。)

●一応なつめ、は、政治・思想も詠みます。現代社会を描けるように、がんばります。/一応なつめ
●「一応なつめ文庫」で、現代俳句の公開をはじめました。 そのうちに、独自ドメインに移転する予定です。 https://jubilee38.wixsite.com/ichiounatsume/一応なつめ
○自分でこういう準備環境作れる人ってすごいなあ。時事句難しいけどナイスファイト&ナイスチャレンジ!(正人)

◆「人」「地」「天」~ベム・ベラ・ベロ俳人たちより
 誰が言い始めたか、「『人』選にはいりたい=人間になりたい=妖怪人間ベム」という話で盛り上がり、「『人』選に入る=人間になる=ベム俳人になる=ベムる」と、不思議な動詞や、「天地想像」なる四字熟語が生まれております。

●ずっと短歌をしておりましたが TVのいつき先生の俳句コーナーの添削が的確すぎてこちらに迷い込みました たまに人に選ばれ恐縮ですが天をめざしたいです/青木健一
●「楊梅」人選ありがとうございました。/京野さち
●やったー、罌粟坊主に続き楊梅でも人に入りました。夏井先生、ありがとうございます。しかし、よく聞く通り自分の予想と選ばれた句に差を感じますです。ただ、何となく人と並の違いが分かって気がします。技術がついてきたら、季語の特徴を掴み、オリジナル性を出すことが大事のようですね。 /口岩健一
●夏井先生、ウェンズデー正人様、お世話になります。 兼題「楊梅」にて「人選」を頂きまして、ありがとうございました。私は時々、女性目線の句を作ってみているのですが、あくまでも想像でしかありません。今回も何となく想像しながら作った句を選んで頂けたので嬉しいです。今後も基本を守りながら、様々な視点から詠んでみたいです。 /塩の司厨長
●罌粟坊主での人選有難うございます。二句とも人は初めてなので飛び上がって喜びました。蟹の句同様、組長に感謝です。/真
●兼題「楊梅」の回では人選に挙げていただき有り難うございます。 気付けば「桜鯛」より人選期間更新中であります。 「蟇」以来の二句選組に入れるように頑張ります。/北村 崇雄
●「楊梅」回での2句人選、ありがとうございました。最近は色々な句作方法を学んだことで、俳句がより楽しくなると同時に、ますます迷海の奥に沈むような気もしています。難しいですね。でも、やっぱり楽しい。/いかちゃん
●前回の罌粟坊主!なんと地選、正しく目を疑うと言うことですね、仰天しました。 何時もは良くて人、大概は並みなので木曜に無いのはとうとう並みにも無く残念と思っていたのですが、嬉しいことで驚くような事があるとは思いませんでした、有難うございました。 所で前回の伊丹の句会ライブに行きました、大変楽しかったです(藤郷源一郎ことアロハのおっちゃん)/藤郷源一朗

◆近況報告~♪
●暑中お見舞い申し上げます/ともかわすてむ
●毎日ジメジメしていて体が重く感じます。/なつめモコ
●よろしくお願いいたします。埼玉は雨がちになり、いよいよ梅雨めいてきました。傘で視界が狭まった状態で歩いていると、庭先に紫陽花があるご家庭が多いことに気付かされます。/天水郷
●もう暑い日々。発表の頃やいかに。/こま
●7月2日に書いていますが、8月末の私は俳句上達してますか。すっきりした気分で俳句と向き合えていますか。ちょっと未来の自分宛に書かせていただきました。/いなだ君二年生
○9月も目前に迫った今日この頃、朝晩冷え込むくらいになってきました。7月2日ってめちゃくちゃ昔に感じるなあ。(正人)

●とうい(4さい)、もうすぐ5歳になります!/とうい(4さい)
●俳句ポストの皆さまこんにちは。 私も6月で50の大台に上がりました。昨日から投句する時に選ぶ年齢層が変わり(ぐえー、中身はまだまだ20代なのに)と思っています。俳句のほうはフレッシュな感覚で詠めたらいいな、と思います。/畦のすみれ
●こんにちは。 ついに40代を選ぶ最後の回となりました。 気合を入れて、と思ったのですが、どうやら空振りしそうです。/池之端モルト
○ハッピーバースデートゥーユー!おめでとう!喜んでる人も悲しんでる人も等しくおめでとう!(笑)(正人)

●六月に新潟で大地震がありましたね。お見舞いを申し上げると共に隣県のことですからこりゃ富山にもそろそろ来るなという気持ちで一杯です。また話は変わりますが罌粟坊主の結果発表の水曜日のお便りコーナーを見させていただきました。皆さんよく夏井先生のお誕生日をご存じのようで私なんかはまだまだもぐりですね。/寝たきりオヤジ
●令和の1号台風は当地ではかすめた程度でしたが、去年ひどい目にあいましたので、少し真面目に警戒しておりました。地震も心配です。なぜか、昔に比べて多いような気がするのは、情報伝達が速くなったせいとばかりは言えないと思います。お気をつけください。/散土
○松山は割と変わらず穏やかな台風ではありましたが、全国皆様大丈夫でしょうか。(正人)

●日常生活で何かしら思い悩む問題が発生すると気持ちを切り替える事が苦手なために、俳句へ向ける心、思考が滞りがちになります。 心煩わす事ですら俳句に昇華できるようになりたいもだけれど…と思うこの頃です。 /茄子美
●風邪ひいた。蜂蜜入りの梅酢で喉のメンテナンス。超適当な梅仕事が役立った件。/こま
●最近、腰痛で接骨院通いの日々です…。今までも疲れが溜まると背筋に痛みが出ることはあったのですが、腰痛は初体験。こんなにキツいんだ…という思いを日々感じています。コルセットは暑いし…早く治ればいいのですが…。/かつたろー。
●組長、ハイポニストの皆様方、如何お過ごしでしょうか? 最近、しっかり眠った筈なのに、眠気と怠さが取れない…と検査を受けたら、中度の無呼吸症候群と診断されました……(泣) 現在、在宅用呼吸器での治療を受けています。(←CPAPではなく、ごく普通の呼吸器です) 肥満が一番の原因だと思い、逃げまくっていたダイエットも、亀の歩みで始めました。 これも、俳句のタネじゃ~ッ!(T^T)/祺埜 箕來
○日々のメンテナンスマジ大事。肥満も立派な病なのですね、僕も気をつけなくては…。(正人)

●家族が入院しました、それなのについつい五文字七文字を探してしまいました。病院ならではの匂いや音、見た事も無い医療機器の数々、聴こえて来る会話の内容などいろいろが非日常でした。健康に暮らせる事は何よりも幸せなんですね。/筬葉
○身内の病気も俳句の種…といっては聞こえが悪いですが、気に病むばかりでも疲れるというもの。句材を拾ったと己の心を慰めつつ、家族助け合ってまいりませう。(正人)

●夏井先生、正人さん、こんにちは。先日、初めて一句一遊に投稿し、水曜日に読んでいただきました。読んでいただけた事も勿論嬉しかったのですが、お便りに何も書かなかったにもかかわらず「俳句ポストに投句している人」と認識していただいていた事に吃驚し、とても感激しました。こちらと同じくマイペースにではありますが、投稿を続けたいと思います。ありがとうございました。/赤い彗星の捨楽
○俳号目立ちますしね!(笑)(正人)

●組長、ウェンズデー正人さん、こんにちは。俳句生活での天の結果に驚いています。ありがとうございます。一番最初に始めたのがこの俳句ポスト365です。たくさんの句友さんたちと共に、これからもがんばります。/古瀬まさあき
○俳句生活での天おめでとうございます!次は一句一遊か、俳句ポスト365か♪(正人)

●友人達とクレーンゲームであるキャラクターのぬいぐるみをゲットしました。自宅で飼ってる愛犬に見せたらどんな反応を示すか気になって近づけてみたのですが、全く反応してくれませんでした…/ミズカラス
○そのへん犬もこどももおんなじですね…喜ぶと思ったのになあ、っていう…(笑)。(正人)

●アンドロイドからiフォンに変えました 子供3人皆iフォンなので、なんかその方が良いかと思い、 慣れずに難解ですが、何事もチャレンジですね/千恵
○アンドロイドとiフォンはいったい何が違うんだ???(正人@ケータイ音痴)

●『歌よみに与ふる書』を休憩時間にぽつりぽつり読みすすめています。子規さんの感情をあますところなく伝えながら理路整然とした反論の仕方がいいなあと思います。/わこたんのまま
○それも自己客観の境地なんですかねえ。(正人)

●遠方に住む母は夏休みに故郷に帰る娘を待ち焦がれ、別れが近づくと不機嫌をあらわにします。 「また冬休みにね。」と言い聞かせても「年寄りの明日はわからん!」とそっぽを向いて。 母の寂しさが伝わって切なくなります。そんな思いを詠んでみました。 /咲耶とこ野@木ノ芽
○最近テレビのCMとかで離れた場所でもテレビ電話みたいなので顔見られるますよ~話せますよ~みたいな演出ありますけど、実際はさみしいもんですよねえ。(正人)

●今回投句のある句にあたり、気になって調べたのですが、点火、着火、引火、発火 は違う(使い分ける)のですね。名詞の場合、英語ではignitionの一語らしいですが。動詞ではlight, fire, burn, flame, igniteなどがあります。あくまでざっくりですが。適切な語を選ばなければ、と思いました。/すりいぴい
○へーーーそんなにいっぱい訳語あったのか、初めて知った!ありがとう!(正人)

●俳句甲子園応援句、ボランティアもやられている笑松さんの句が、最優秀句に選ばれていた。さすがです。/ちびつぶぶどう
●組長、スタッフの皆さま、いつもありがとうございます!俳句甲子園の決勝大会もうすぐですね。東京むすめのどかていさんより声をかけていただき、友松悦子さん主催の幟旗争奪!俳句甲子園応援句会「悦悦杯」に初めて参加しました。結果はゼロ点で、幟旗ははるかにかないませんでしたが、俳句を作るのも選句も結果も楽しく、俳句甲子園がぐんと身近になりました。悦子さん、皆さんありがとうございました!/まどん
○俳句甲子園&税悦杯おつかれさまでした!!会場まで幟見に来てくれたかなあ♪(正人)

●前回「鱧」の締切日の翌日の事です。昼時にNHK総合テレビの「サラメシ」と言う番組で金子兜太先生の事が紹介されていました。東京築地にて新聞の俳壇に寄せられた句を選考される時は、お昼に松花堂弁当を食されていたそうです。 「鯛ご飯」「鮴と筍の付け焼き」「豚のつくね」「シャコの五色揚げ」等々。毎回、5千通の応募を5時間かけて選考されていたそうです。申し訳ありませんが私は金子先生の事はあまり存じ上げませんでした。しかし番組で紹介された句にとても心を動かされました。 「よく眠る夢の枯野が青むまで」(金子兜太先生) 「眠る」とは心をときめかせる事では? 深く思慮する事では? 私は、そう感じました。いつか、金子先生の句集を拝読したいです。まとまりの無い内容で申し訳ありませんでした。 /塩の司厨長
○青鮫の句に代表される独特な世界観。ぜひご一読くださいまし。(正人)

●音楽が好きで毎日楽しんでおりますが、老化に伴い高音が聞き取れない状況に陥っています。バイオリンのpppの高音等弦の響きが失われつつあり、最弱音全体が…。これも、天命。そのうちに、妻の声が聞こえなくなったり?これは、聞こえぬふりに使えるか? /天晴鈍ぞ孤
○音楽用語に疎い自分にはpppがどれほどの弱い音なのかわからぬ…なんか音楽分からない人間にもわかる喩えってないもんか!?(笑)(正人)

●この間はお能鑑賞デビューし、今度の海の日の三連休にはこれまた生涯初の歌舞伎鑑賞。今からワクワクしております。しかし、プレイガイドでチケットを購入の際に、申込み書にイベント名を記入するのですが、歌舞伎の「伎」を迷った末に「技」と書いてしまい、あとでチラシを見て赤面しました。そんな初心者ですが、俳句がどんどん興味の視野を広げてくれて楽しい日々を過ごしております。/尼島里志
○嗚呼、微妙な間違いの恥ずかしさ~わかるなあ、人に見せるようなやつに限って書き間違えるの…恥もかき捨てとして楽しんできてください(笑)。(正人)

●最近「通勤吟行」を始めました。通勤の行き帰りに見えたもの、感じたことを句材にして詠んでいます。世界は句材にあふれているなと感じています。/日午
○一番無理なくできる吟行が通勤吟行ですね、えらい!!(正人)

●皆様へ 吟行へ行かれた話 句会の話 私もしたかった質問 いつも疑問に思っても聞きそびれていることなどなど読めば読む程勉強になります。いつも有難うございます。楽しく拝見させていただいています。いつか俳句で役立てることのできる力が付けば良いなあと「継続は力なり」を目標にやっていきたいと思っております。有難うございます。蒸し暑い梅雨の季節となりましたけれどお元気で。/蜥蜴の尻尾
●時に文法を誤り、時に意図せぬ季重なりをし、毎回火曜日の季語深耕に己の浅さを嘆き、何としても秒殺の没句しか浮かばず…、されど投句を止められそうにありません。それは、(おそらく皆さんと同じように)天地の句をはじめ多くの句に感動し、自分の中の「小随筆」を探す行為だからなのでしょう…たとえ、グリコのおまけに当たらなくとも。いやいや、何より大きいのは日々の組長の種蒔きに感化されてきたお蔭と考えます。ありがとうございます。8000句を捌いている皆さまに感謝、これからもよろしくお願いします。/野地垂木
○なんだって学びになる、なんだって成長の糧になる。本当にありがたいことであります。俳句っていいなあ。(正人@しみじみ)

◆ハイポニストの果実♪
●今年もペットボトルならずでした。また修業を続けます/赤馬福助
●お~いお茶俳句、佳作特別賞をいただきました。俳句ポストをコツコツ続けていて良かったです。/みこ
○もうそんな時期かー、おめでとう&次またがんばろう!!ファイト!!(正人)

●夏井先生へ 俳句ポストと関係ない話です。かに道楽の札束(笑)が届きました!商品券はもちろん嬉しいのですが、何よりも、作品集に先生のサインが入ってたのがすごく嬉しかったです♪ありがとうございました!/ぐ
●先日、某カニ料理チェーンの俳句募集で秀句に選んで頂いてありがとうございました。 選に選ばれるのはグリコのオマケみたいなものだと先生はおっしゃってましたが、大変大きなオマケを頂いて俳句やってきて良かったと思いました。 これからもどんどん投句してたまにオマケがもらえるといいかな・・・くらいに頑張っていきます。/けーい○
○わはは、巨大なグリコのおまけゲットされましたか~おめでとう!舌鼓はもううちましたかねえ♪(正人)

◆おすすめ吟行情報!
●組長!正人やん!こんばんは!(いつものように安定の23時51分) 今週末とべ動物園行きますよ~ 轡虫はひとつ…/江口小春
●組長、ウェンズデー正人さん、こんにちは。7月14日のとべZOOまじめ句会ライブ、行く予定で考えています!楽しみにしています~!/日午
○お二人とも会えて嬉しゅうございましたぞ!はるか昔のことのようだ…このタイムラグよ(笑)。(正人)

●夏井先生、正人様、来週、家内と祇園祭りを観に行きます。今回は、宵山も観る予定です。楽しみにしています。ただ、雨が心配です。「祭」の俳句が出来るかな?/KAZUピー
○祇園祭、人生で一度はみてみたいですねえ。雨に遭わずに見られたかしら。(正人)

●皆様こんにちは。以前「リラ冷え」についてお便りした貴桜李です。その後故郷へ「リラ冷え」を紐解く旅に出ました。この言葉を生み出した俳人・榛谷美枝子さん父子(お父様も俳人)の句碑の前に立ち、「榛谷通り」と名付く通りを歩き収穫の多い一日でした。この通りは何十年も歩いた道ですが知らなかった…町の人の親切にも触れた一日でもありました。私の中で今俳句は「楽しい」を通り越して体の一部になったような気がしています。上手く言えませんが…皆様お体に気をつけて元気で頑張りましょうね!/貴桜李
○季語を紐解く旅で地元を再発見するっていいですね!俳句がもっと身体の一部になって、その自分が故郷の一部になって。サークルオブライフ。(正人@ライオンキング)

●いつも休みは夫や娘と過ごす私。 嬉しくもあるのですが、夫は必ずお買い物にも着いてきます。一人で、俳句を考えなからのんびりしたいときもあるのだけれど…一人になりたいと言うと機嫌を損ねることもあり…。 ですが意を決して夫に、 「夏休み、一人で吟行に行く!」 と言いました。 すると、 「宣言すること?」 と、言われました。……どうやら、「銀行」だとおもったようで。そらそうだわな。 その後説明すると、意外とすんなり納得してもらえました!趣味の力は強い! 半日吟行に郡上八幡に行くつもりです。/白傘
○夫婦での趣味への理解、大事大事!!存分に吟行楽しんできて下さいませ!そのうち旦那さんも俳句に目覚めることがあれば嫌がらずにご一緒させてあげて~♪(笑)(正人)

●睡蓮で有名な池に行ってきました。モネの絵画の様で繊細なトンボが飛び交い、光の加減で煌めきを変える池の佇まいにへぇ~~こんな所が有るんだと驚きました。しかし毎度の事で結局は物見遊山になってしまい俳句を作るのは辞典や歳時記が手近に有る机の上、それも世間が寝静まった夜遅い時間にもそもそと作ったりしています。いつかこの物見遊山も何かの閃きになれば良いな♪  目指せ吟行!/筬葉
○人によって吟行の効能(?)はけっこう差があるみたい。歩いてる最中からぽんぽん俳句を作っていくタイプもいれば、吟行中はまったく書くことはせず、家に戻ってから反芻して作るタイプも。(正人)

◆兼題「轡虫」に寄せて
●もう秋の季語なのですね。季節の流れは早いなあ。/花節湖
●春から参加していますが、兼題が難しく ハイペースなので…正直フウフウ言ってます(^^;)/りこ
●初めての投稿で「並」2回目の投稿で「一期一会の一句」ありがとうございました。嬉しいです。精進します。3回目の投稿、兼題・轡虫はどうなるでしょうか?/紀杏里
●生物季語が簡単と、爆弾発言をしましたが、二十四節気を詠むほうが、むずかしいという実感から言ったまでです。他意はありません。/中原秋波子
●もう秋の季語「轡虫」ですね~!!むしむし蒸し暑い室内で、早く梅雨明けしないかなあと思いながら考える「轡虫」とても難しかったです!これから夏本番の青空が待ち遠しいです。スタッフのみなさんも熱中症にならないように気を付けて下さいね。/じゃすみん
○天候も落ち着くかと思いきや、今朝はたらいひっくり返したような豪雨が…!!こんなに強烈な雨を虫たちはどう過ごしているんだろう、流されたりしないんだろうか。(正人)

●轡虫…毎回毎回参加することに意義あり! で今回も投句しました。 鱧と同じくらい難産でした。/里甫
●轡虫はあまり縁がなかったので、調べまくりました。俳句の出来はともかくとして、楽しく勉強できました。/木森
● 俳句を詠む過程で自分の得て不得手は知っておいたほうがいいと思い、歳時記を開いては様々なジャンルで詠む訓練を最近しています。  その上で、苦手なのが虫や食べ物です。しかしながら、このところ俳句ポストでは空蝉、楊梅、鱧ときて、次こそは…と思ったら轡虫!  でも、調べてその季語を見つめることはとても楽しく面白いです。不得手にもめげることなく挑戦します。/夕波
○調べてみると少しだけ好きになれるかも!?(笑)(正人)

●夏井いつき様、轡虫実際に見て、鳴き声を聞きたいです。轡虫いそうな場所教えて下さい。/コタロー
●代々木公園の虫の音はすごかった。/こま
● 関東平野のちょうど真ん中あたり、群馬、栃木、茨城、埼玉の県境付近に位置する所に、渡良瀬遊水地というラムサール条約にも登録されている広大な湿地があります。その葦原に行くと、クツワムシの鳴き声を聞くことができます。かなり多く生息していると思われますが、空がとても広く開放的な場所であるため、全くうるささは感じません。他にも貴重な動植物の宝庫ですので、機会がありましたら、是非吟行してみてはいかがでしょうか。/山香ばし
○湿地いってみたいなあ。轡虫は葛を食べるって話も昨日ありましたね。葛探してみよう。(正人)

●俳句を考えるときは集中しないと考えられません。でも長続きしなくなりました。劣化かな~。/しんしん
●俳句考えるゆとりがなかったというか、切り替えが下手すぎてボーッと生きてました。チコちゃんに怒られたいです。もっと重症になったら夏井先生に怒られたい(M?/ず☆我夢@木ノ芽
●日ごと、俳句の数が減っています。五感を刺激するような俳句が出てこない。俳句は詩なのだから美しくなければいけない。夏井いつき先生は映像の浮かぶような俳句をと言われています。今回の作品、絵になるか?!/横ちゃん
○ガチャガチャガチャガチャくつわむし~って歌からするとあんまり美しい感はないけどはてさて絵になったのか!?(正人)

●組長はじめスタッフの皆様、いつもありがとうございます。「楊梅」の週では人選をいただきありがとうございました。「楊梅」はあまり馴染みが無く、難題の部類でしたが、「轡虫」は最近でこそ見かけなくなりましたが、昔は所沢でも結構普通に聞かれましたが、ここ数十年、やはり身近な虫ではなくなりました。とは言え、子供の頃から馴染んだ虫ですので、「楊梅」よりは良いか・・・・・、と思いましtが、ところがどっこい、意外に手強い兼題ではありました。軒端に吊るした虫籠から聞こえる、あのけたたましい鳴き声を思い出しながらの一句ではありました。/江戸人
●ボート練習を見ていた土手や空手や剣道をやる道場を通る時に聴いていたあの虫かぁ…と、入力しながらだんだん思い出してきました…確か結構大きめな虫でした。次は秋の薔薇ですか…浮かぶかしら…七夕の短冊に句が浮かびますように♪と書けばよかった…梅雨の不安定なお天気が続いていますが、皆さまどうぞ笑顔でお過ごし下さいませ☆/明惟久里
○先日今治に句会にいったんですけど、駐車場で見かけた虫が轡虫にすごく似ていたような…気がする。暗くて細部まで見られなかったけどフォルムがwikiにあるのとそっくり。昼にみかけたかった…!(正人)

●いつも楽しく参加しております。 兼題の季語で一句作る俳句ポストですが、「季語の必然性」を考えて、俳句を作るのが難しいと感じています。今回も、「轡虫」を「法師蝉」や「螽斯」でも成立すると思うとまだまだ精進が足りないんだなと思うこの頃です。/川口みち
○「轡虫ならでは」の金曜日に期待!!(正人)

●ギャグというのは元々は英語で猿轡を表す言葉だそうです。見慣れないと思っていった「轡」の文字がこんな所に!これはもしやギャ句にうってつけのお題だった?/京野さち
○へーー猿轡って意味だったのか!!(正人)

●皆さんこんにちは。轡虫と言えば、「あれ松虫が鳴いている?♪」と言う童謡を思い出す方もいるかと思います。 私の亡くなった明治生まれの祖母は、この童謡を尋常小学校の発表会で歌うようにいわれ、練習をしすぎて声が出なくなってしまい、結局本番は歌えなかったんだ、という話を、秋になる度してくれました。 小学生の私には、小学生の祖母が想像できず、不思議な気持ちになったものです。/海野しりとり
○なんだか童話みたいな出来事でかわいそうだけど素敵。絵本になりそう。(正人)

●いつき先生、正人先生、スタッフの皆さまいつもありがとうございます。「楊梅」の並選、お便りの掲載、あたたかいコメントありがとうございました。うまく気分転換もできず、クツワムシも全然浮かばぬまま〆切に…欠詠もしゃあないかなぁと諦めていましたら書店で昆虫図鑑が目に入り…ディズニー映画で観たのがそうかなぁと思いました。高校生まで都区内の寺町で暮らしていたので、轡虫いっぱいいたのに…虫が苦手だというどなたかもきっとちゃんと投句されるのでしょうし、駄句でも送ってみます。/明惟久里
○ディズニーで轡虫っぽいのいたっけ…ピノキオに出て来るやつ…?(正人)

●轡虫、名前は知っているものの、姿や声を思い出せず、ネットで検索して見て見ましたが、なかなかのサイズ感ですね。 私はわりと虫が平気なのですが(生息数が減っている蝶の幼虫を保護して育てたりもしています)、苦手な人(うちの夫です)は悲鳴をあげそうです。 ニュージーランドには世界で一番重たい虫(カマドウマの一種)がいるのですが、もしも虫が平気でしたら、ジャイアント・ウェタで検索してみてください。/ほしのあお
○ぎゃああああああああああ無理無理無理無理!!!!!!(正人@検索した)

●脳内でイメージを結ぶことに苦しみながら『俳句生活』の「蝉」を投句し終えた大の虫嫌いの私を待っていたのが「轡虫」とは。…虫は、仮面ライダーの造型位が限界です。/次郎の飼い主
● いつも私の稚拙すぎる句を読まされて、大変にお疲れさまです。このところ、中古マンションを買ったので、あらゆる方面に忙しいのです。実は私は虫が大嫌いです。女性には多いのではないでしょうか。ですから、マンション(1階です・・・)には轡虫といえど、入ってきて欲しくない訳なのです。/榊裕江子
●敬愛なる伊月先生 轡虫は鳴き声しか知りませんでした。今年の秋は懐中電灯片手に轡虫の実像を確かめに行こうと思います。 虫が苦手なのでちょっぴり怖いですが・・・。俳句を始めてから、苦手な蚯蚓や百足も恐々ですが観察できるようになりました。触れられるようになるまでには、まだ少しかかりそうです(苦笑)/村上 無有
○苦手なみなさん、ジャイアント・ウェタで検索しちゃいけないぞ!絶対だぞ!!(正人@トラウマになった)

◆今週のオススメ「小随筆」
 お便りというよりは、超短い随筆の味わい。人生が見えてくる、お人柄が見えてくる~♪

●水曜日の「今週のお便り」のたいてい最後に掲載されている宮島ひできさんのエッセイ的な文章を楽しみにしている一人です。勝手に立松和平さんの声をイメージしつつ読ませていただいています。/山香ばし
○音声を想像するとまた味わい深い♪(正人)

●農家の玄関は時折夜なべや悪天候のなか作業も行える広い三和土である。 その一番端の囲いの中に農耕馬は飼われていた。 耕運機などまだ持てる時代ではなかった。 山中の起伏の激しい段々畑ばかりの父の実家では馬は欠くことの出来ない貴重な労働力であり、家族と同様の扱いで人間と一つ屋根の下で飼われていた。 そして轡で繋がれていた馬の存在は深夜の漆黒の中でも息使いや轡の音で分かったものである。 クツワムシってのは私にはイメージが悪すぎる。 その容姿である。 大きいそしてずんぐりむっくりしており、コオロギやスズムシのような可愛らしさが無い。 その異様な姿は漆黒がさらに濃くなった馬屋近くから現れた。 ドキッとした私にはお構い無しである。 馬屋からの使いは三和土の真ん中あたりにゆっくり這い出てくる。 気持ちの悪いものをしっかり見てしまうのは私だけではないと思う。 その美しくない容姿に目を奪われているとどこからか現れたネコがパクっと咥えていく。 ネコの貴重なタンパク源となるのであろう。 クツワムシはそこで生涯を終える。 あのクツワムシはガチャガチャと鳴いたのであろうか。 童謡『虫の声』に出てるのは、ただ単に♪ガチャガチャガチャガチャくつわむし♪という語呂の良さからだけなのではないだろうか。 私にとって何の魅力も感じないクツワムシ。 しかし、妙に存在感のある不思議な秋の夜長の登場人物である。/宮島ひでき

夏井先生

ページの先頭