俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 落葉

第230回 2019年10月17日週の兼題

落葉

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句

今週のお便り&俳句道場

■今週の俳句道場~初級者向け解説コーナー
さあ、今週も皆さんからいただいた投句をもとに、俳句のイロハを解説していきます。毎週読んでいるうちに俳句の作り方がわかってくる講座でございますよ。

◆俳句の表記~五七五の間は空けない
カラカラと 財布の中身 濡れ落ち葉 あみだじじい
がさごそと  赤色黄色   落ち葉かな くるみ
落葉はく はくはくはくはく 我ひとり ちゅんこ
長き道 紅き落葉を 拾う母 ばんびぃ
石鎚や 鎖と落葉 我に問う 越後村上自転車屋
落葉や 我狐なら 何に化す 希風
病み明けの 目に落葉の 新しさ 四郎
手に染みる ぺんだこの指 落葉を行く 駿河台
落ち葉にも 生きてた名残 残ってる 能天気大五郎
落ち葉踏み リズムを作る 子らが列 白晃
舞い落ちる 落ち葉が俺を 笑ってる 鼻から牛丼
○俳句は五七五の間を空けず一行に縦書きするのが正しい表記です。ネット俳壇の横書きは、泣く泣く許容しております。強い芸術的主張がある場合、敢えて分かち書きしたり、多行書きしたりもしますが、初心の時期は基本を守っていきましょう。
 この関門をクリアしないと、木曜日「並選」以上には進めません。俳句の修行の第一歩は、正しい表記から~♪次のご投句待ってますよ。

◆季重なりブラザーズ
焼き芋を 吹く息白し 落葉焚き ミユキ
落葉寄せ たき火の中へ おいもさん 小林番茶
ゴミ袋 落ち葉詰められ 汗をかく 夕朝
雪虫と枯れ葉と私ランデブー coyote
落葉踏む一足ごとの寒さかな かなこ
落葉広い微笑む理由秋なんてすぐ終わるから にさい
凍みる夜にかそけき落ち葉森震わす 明爽
露天風呂銀杏落葉の一葉落つ まりのすけ
○季語が複数入っている名句もあるので、「季重なり」は絶対にダメ!とは言いませんが、複数の季語を作品として成立させるのは、上級者コースのウルトラ技。まずは、一句一季語からコツコツ練習です。

落ち葉焚き懐かしかろう山茶花も 気のまま風
●敢えて季重なり。垣根の垣根の曲がり角の落ち葉焚き、とんと見られなくなりました。/気のまま風
○敢えての季重なりというよりは、童謡の世界をなぞっていることのほうが、問題かもしれません。

◆兼題の考え方
台風や 城に運びし きみ桜 花
オリオンの沈黙や暖簾下ろしけり 大西
○本サイトでは毎週「兼題」と呼ばれるお題を出していますが、季語が出題された場合はその季語(あるいは、その季語の傍題)を必ず詠み込む、というのがたった一つのルールです。
今募集中の兼題は、12月11日24時締切の「冬眠」です。ご投句お待ちしてます♪

●初心者です。ベテランの方々には当たり前のことかもしれませんが・・・ 標題と季語は一致しないといけないのでしょうか。 今回、「落ち葉」そのままで使わない手法もあるのでは?と思ったのですが いかがでしょうか?/ちぃ
●派生季語は、この「落葉」の場合はどこまで広げて考えてよいのでしょうか?/斑山羊
○本サイトでは、2週間に一度、季語を兼題として出題しています。一つ一つ季語を覚えていく修行でもあります。「派生季語」とは「傍題」のことだと思いますが、初心のうちは傍題に逃げないで、まずは真っ向から兼題の季語そのものと格闘してみることをオススメします。

●私の歳時記には、「落葉焚」は「焚火」の傍題として載っていますが、その一方で「落葉」の傍題にもなっています。(人)付きですが。 落葉という兼題で落葉焚を使うのは不誠実な気がしましたが、「落葉掃き」にも、他の季語にも代えられないと感じて思い切りました。/むげつ空
○歳時記は、編者の考え方やページ数の関係によって、内容が微妙に違います。複数の歳時記を手に入れることをオススメします。

滑るなや銀杏落葉の下り坂 南風
銀杏の黄踏み行く友は尻尾立て 白康人
プラタナス相談終えて順に落つ 山本博文
○確かに落ちてる葉を詠んではおりますが、銀杏やプラタナスなど具体的な葉ではなく、「落葉」というモノをどう詠むかというのが、今回の命題です。以下、「季語深耕」を参考にして下さい。

◆季語深耕
●落葉は桜落葉や以前兼題になった柏落葉、柿落葉などなどいろいろな季語がありますので、先週発表の茸同様に総体としての落葉に注目せよということと受け止めました。(合ってるのかな?) /池之端モルト
●「黄落」は秋の季語で「落葉」は冬の季語なのですね。乾いた葉のかさかさ感と寂しさに焦点を絞ると類想の沼に沈みそう…/うに子
●「落葉」と「木の葉」の使い分けは考えました。明確に違うのは、枝からまだ離れていない葉を言うのが「木の葉」ということのみ。「~の雨」や「~焼く」など同じ使い方もする非常に似通った季語です。ただ、「柿落葉」「朴落葉」とは言うが、「柿木の葉」というのは無いのではないでしょうか。そこから、「落葉」の方がより焦点を絞っている季語とみました。あとは「落」の漢字の持つイメージも大事にしたい季語だなと感じました。/高橋寅次
●「落葉」と「木の葉」の季語の使い分けが難しい。落葉はまさに落ちようとしている・落ちたもの、木の葉はぶらさがってるものも含むってことなのですが。意味が似てるところもあって、どうしようとなりました。落葉感がうまく表現できるかどうかがポイントですよね。/日午
○比較してみるのは、季語の本意を考える上で重要な手立てです。加藤楸邨に「木の葉ふりやまずいそぐないそぐなよ」の一句があります。

●木にくっついてない落葉を思うとき、思い浮かぶのは、降り積もった状態です。その色が、明るい場合と暗い場合、両方を詠んでみました。当地では、まだ紅葉も始まっていませんが。/めりっさ
●今まさに落ちようとする落ちぬ落ち葉も落葉か/あじこ
●「今まさに落ちている葉」か「地上に落ちている葉」か。どちらに焦点を当てるか迷ってしまいます。傍題も「落葉の雨」「落葉掻く」「落葉焚く」など豊富ですね。昔も今も身近にある季語ですが、それだけに詠み尽くされているとも言えます。単純な季語のようで奥が深いと、作句して感じる次第です。/京野さち
●木の葉:散りゆく木の葉、散りしいた木の葉、落ちようとして残った木の葉。落葉:散りしいた葉。枯葉:草木の枯れた葉。枯れたまま樹上に残るものも。、、、言われていることはわかっているつもりですが、じゃあどうする?、、、いつものように皆さまの作品から学びます。/黒子
●落葉という季語は、今まさに落ちてゆく葉も、既に散って地上にある葉も、どちらも指すという点が面白いと思いました。ある方と話していて気づいたのですが、句を一読してどちらの落葉かがわかるかというのも作句の大事なポイントになるのではと考えています。例えば、「むさしのの空真青なる落葉かな 水原秋桜子」は明らかに今散っていく落葉の様子ですし、「家をめぐりふるき落葉の上に落葉 長谷川素逝」などは両方の意味の落葉を一句の中に読み込んでいます。一方で落葉降る、落葉舞うなどとすると落葉は降るものだから、となりくどくなりそうです。使い方に悩む季語でした。/碧西里
○よく分析してくれてますね。「句を一読して、どちらの落葉かがわかるか」今回の季語深耕の重要なポイントです。

●類句を詠みそうな兼題季語です 1句をらくようと読み 2句をおちばと読んで 詠みました。/句詩呼
●読みを「らくよう」としてもいいのでしょうか?/青嵐
●らくようと言うのか、おちばと言うのかで大分違う感じがしますね、らくようは漢文、おちばは大和言葉な感じです/藤郷源一朗
○俳句では、「らくよう」という読みはあまり見かけませんが、否定することもできませんね。以下、すりいぴい君の情報ですが、彼も困惑しています。

●落葉(おちば。「らくよう」の読みは掲載なし。植物、三冬、傍題:落葉籠、落葉掻、落葉焚、朴落葉、柿落葉、落葉時、落葉山)。「晩秋から冬のあいだに、あらゆる落葉樹は葉を落としてしまう。街頭や庭などに落ちた葉は、掻き寄せて焚いてしまう。~略~ 落葉は前にも言うように、木の葉の散りつつあるさまをも、地面や水面に散り落ち、また埋まっているものをも言っているが、「木の葉」は外に、梢に散り残るさまをも含めて言う。外に「朽葉」「枯葉」があるが、「朽葉」は『滑稽雑談』に「重し」と言っているように、腐った落葉を言う。~略~ 「朽葉色」は朽葉のような色で、赤みがかった黄色。~略~ 枯葉は、草木にあるのも、散ったのも籠めて、枯れた葉。紅葉、黄葉は含めない。~略」(「カラー図説日本大歳時記 冬」講談社、1981年、山本健吉)。略の部分には古典文献をたくさん挙げて詳しく述べているが書ききれない。
★ 類似の別の単独季語は「枯葉」(三冬)「柿落葉」(初冬)「銀杏落葉」(初冬)「朽葉」(三冬)「木の葉」(三冬)「紅葉散る」(初冬)など。おそらくみなさんが(私も)悩むのは、「落葉」と「朽葉」「枯葉」「木の葉」との違いかと思います。「いちばんわかりやすい俳句歳時記 秋冬新年」(主婦と生活社、2017年、辻桃子=安部元気)には「秋の終わりから冬にかけて落ちる木々の葉」とだけ。「枯葉」は「枝についているものも地上に落ちたものも指す。落ちた葉が雨雪にさらされた朽ちたものが朽葉」と。「木の葉」は「落葉も枯葉もいう」と(傍題:落葉(らくよう)、落葉時、落葉山、落葉箒、落葉掃く、落葉籠)。「落葉焚」は人事カテゴリでした。ここで頭を抱えてしまいました。
★「俳句歳時記 冬第四版増補」(角川文庫、2011年。「らくよう」の読みは掲載なし)には「落葉樹は冬の間に葉を落とし尽くす。その散り敷いた葉のこと」。「枯葉」は、「草木の枯れた葉。地に落ちた葉は時間がたつとかさかさに乾き、文字通り枯葉になってしまう。枯れたまま樹上に残っているものもある」(傍題:落葉時、落葉掻、落葉籠)。「木の葉」は、「散りゆく木の葉、散り敷いた木の葉。また落ちようとして木に残っている葉を含めていう」。ますますわからない。/すりいぴい
●また「木の葉雨」「木の葉時雨」「木の葉散る」という、「木の葉」の傍題がある。枯れきっていない葉が散りつつあるさまも「落葉」とする、という記述からするとこれらの「木の葉」傍題と被らないか。「落葉降る」という言い回しはアリか。「濡落葉」は「朽葉」と区別できてアリなのか。「らくよう」はどうなのか。
★ 枝について枯れているもの、落ちて枯れているもの→「枯葉」、落ちてまだ枯れきっていないもの、枯れきっていない葉が落ちるさま→「落葉」、落ちた葉が湿って朽ちたもの→「朽葉」、「木の葉」→枝に散り残るさま、か・・。いやそうとも言い切れないような。例句をいろいろみてもなんとも断言できないような。とにかく詠んで、「これは枯葉ではなく、「落葉」の句か」などと自問するしか僕にはできません・・。理では割り切れない。自分なりの印象を掴むしかない・・。
★ なお「冬木」「冬木立」「枯木」(三冬)はどうも葉ではなく幹・枝に焦点があるような。上記歳時記では、連想としては葉の落ちつくした裸木を「冬木」と言い、「冬木立」は冬木の立ち並んだ群れを言うらしい。/すりいぴい
○これらの情報を脳内に置いて、私も選句を進めていきます。すりいぴい君、いつもありがとう!

◆季語雑学部
●季語雑学部  地域的な観天望気の中で、「朴葉が裏返ると積雪が多い」というものがあります。落葉の状態からその年の積雪量がわかるという意味です。ホオノキの落葉は表側は飴色をなし、裏側は灰白色をしています。この落葉が灰白色の裏面を向けているものが多い年は、積雪量が多くなるというものです。これは表面と裏面の収縮率の違いから、葉が枯れると葉の裏側が表側に巻くことが多く、散った後も風に煽られて裏返るからとも言われています。いわば冬型の気圧配置となると山間部は雪になるため、北西の風に煽られたホオノキの落葉が裏返り、裏側を見せるからだとも推測されています。もちろん、裏返った灰白色の葉の方が目立つため、積雪の多い地域でそう感じるのかも知れません。/山香ばし
○へえ~古老の言い伝えってのは、ちゃんと科学的な裏付けがあるということか。面白いなあ。

●落葉について調べた。 自分が育った時代、田舎の農家生活ではとても身近に存在していた。焚き付けに、堆肥に、焼き芋づくりに、なくてはならないものであった。 都会では、落葉の処分が悩ましい事件のようにとりあげられてしまう。公園も落葉だらけにしておくわけにはいかないようだ。自然がそうであったように、落葉が土壌生物によって分解されていく環境を作れば!と思っても、難しか?  林の中の落葉はいつか消えていく。土の上に降り積もると、土の中の分解を得意とする小さな生き物が活躍する。ミミズや昆虫の幼虫他の土壌生物が活躍する。初期段階で細かくなり生物の体を通過すると、団粒状になる。排泄された有機物に、菌類・細菌類等の微生物が介在して無機物へと分解していく。即ち、植物が根から吸収できる栄養素をつくりあげる。これが自然のリサイクルシステムの一部。 植物は光合成でデンプンをつくり、動物のエネルギー源を確保してくれる。 土中は生物が動きまわることで、空隙ができ水や空気を含むふかふかな土となっていく。 このようにして作られた土壌には、生物が豊富に住んでいる。  なんと、すごい仕組みではないか!都会では、この仕組が壊れている!何とかならないものか? 土壌生物、微生物、植物他みんなすごい!人はこのサイクルを壊し続けながら生き続けている!続けられるのか!断定する。否!/天晴鈍ぞ孤
○生きているものたちに、無駄という生はないのですね。つくづくしみじみ。

●処変われば(18)落葉かれこれ 町中の大通りに面した住宅に住んで騒音の苦情を言う。秋に隣の家の木から落葉すると文句を言う。この種の事は「処変わらず」の人間の性かもしれません。隣近所トラブルに関することは日本もドイツも民法で規定されていて、ドイツは更に州別に「隣近所法」まであり、どのような樹木や植物を境界線から何メートル離して植えるかまで載っています。ドイツでは法に詳しい筋では、隣近所トラブルの際はまずは測量士を呼べ、といいます。隣との境界線、垣根、塀などは往々にして1-2センチずれていたり、隣に食い込んでいたりして、これが時には武器になります。こういう事書きながら、我ながら根性曲がっていると感じますが、実は東京の実家を売る際に隣家のブロック塀が2センチ境界線を越えていて、「それぐらい別にいいじゃないの」と言ったところ仲介業者にいたく諭された経験があります。「東京の何某の土地2センチ?13メートル分、いくらかご存知ですか?」。この大手の不動産仲介業者は隣から承認書を取ってきて別に喧嘩にもトラブルにもならずに済みました。だからいくら家の前のベルリン市有のヘーゼルナッツの大木が毎年どんなにナッツと落葉を家の前の歩道と前庭を山積みにしても、夏は木蔭を作ってくれ、秋には落葉になる、という自然をたのしむというスタンスで、「落葉掃き」は無料のフィットネスであり、メディテーションであります。「でも、腰と膝痛くなる!」。 /ぐれむりん
○ぐれむりん君の「処変われば」シリーズ、楽しみにしてる読者も多いのではないでしょうか。2センチ×13メートル、なるほどと納得。

◆俳句文法研究部
●俳句文法研究部 文語では、「か(が)」と「くゎ(ぐゎ)」が区別されている。例えば、 「かい」・・・階、界、戒、開、海など 「くゎい」・・・会、回、灰、快、怪、絵、廻、魁、壊、懐など 同じように、「かん」と「くゎん」、「がつ」と「ぐゎつ」もある。 例えば、「月」の音読みは「ぐゎつ」である。 この違いは、やはり、中国語での発音の違いから来ていると思われる。 俳句を詠むにあたっては、平仮名表記をするときには気を付けないといけないが、「か」も「くゎ」も一音なので音数の影響はないと思われる。/ひでやん
○この読みの問題は、いちいち辞書調べないと分かりません。ま、漢字で書けば一緒なんですけどね。

◆こんなお便り、質問届いてます!
●フカフカもパリパリもいい。/こま
●濡れ落葉はダメ。/こま
●落葉って子供の頃は軽いイメージがあったのですが、大人になるにつれて重くて湿っぽいなというイメージになりました。多分近くに山があり、よく山に入る家庭環境だったからかなと思います。他の方のイメージの落葉は『軽い』のでしょうか。それとも『重い』のでしょうか。/カヅラ梅
●「落葉」は郷愁をそそります。さして 父・母の姿が目に浮かびます。有難い兼題をいただきました。/マツイミキロウ8191
●「枯葉」との違いを考えると「落ちる」動きが表現できると良いのかなと思いました。似ている季語があると悩みます。/やまぶき
●水面に浮かぶ落葉を指す「落葉船」という言葉は私の知る限り季語、傍題になっていないのですが、これはやはり季語にはならないのでしょうか?/よしざね弓
●落葉は自然と動詞をつけられるので動きが出て良いですね。 やりやすい季語だなぁと思いました。 ただ、落葉自体が指す特定の植物がないので、大きくなってしまうのが少し難しかったです。 大きく詠むのは…まだ私には難しい。/一音乃 遥
●落葉はどこかもの悲しく、儚い印象がありますが、例えばその葉が次の春の肥沃となるような事を前向きに表現しても良いのでしょうか。/越後村上自転車屋
●秋のそよ風をもっと秋らしい優しい風をちがうことばで、表現したかったのですが浮かびませんでした。/加容
●葉っぱは四季の営み全部が当たったとして季語になるんですね。/古都 鈴
●落葉という季語の中に、冬の気温や渇いた空気の質感も含まれている、という事を考えると、さらに俳句を詠むことが難しい気がします。/虎寝子
●この落葉は冬の季語ですが今も落葉はあるので一生懸命写生と観察をしてみたいと思います。/砂山恵子
●銀杏落葉と違い、枯れ葉の茶色が浮かびます。 緑の季節が終わる寂しさ、散らかる厄介者…負のイメージを背負いなおかつそれだけに終わらせない句は難しいと思いながら、絞り出しました。/夏湖
●落葉。寂しい句しか浮かんでこないステレオタイプ。/海野しりとり
●落葉は身近すぎて、難しいと思いましたが・・、病人とのつながりを発見しました。/風間昭彦
●落葉は紅葉のようにきれいな色とは限らないけれど、枯葉のように彩りを失いきってもいない。落下という動きを含みうる一方で、落ちた後の静的な状態をも指す。どこか寂しげな雰囲気もあるが、落葉掻きや落葉焚きなど、わりと楽しげな活動にも隣接している。一見軽く乾燥したイメージだが、落葉の山に手をつっこんだときの湿った冷たさにも覚えがある。落葉、身近ながらなかなか手強い兼題です。/離松
●お久しぶりです。可不可です。ご記憶にございましょうか。 さて、落葉。寂しさとか虚しさが先行する季語なのでしょうか。ただ、たくさんの落葉は豊かな夏の繁りや秋の実りの証。それを豪奢に捨ててゆく自然と時への敬意を喚起させられる一面もあるように感じます。/可不可
○可不可くん、お帰り♪ 落葉の頃の復帰ですね。よかった、よかった。

●休みの朝に犬の散歩がてら近所の森に吟行して参りましたが、台風の爪痕がそこかしこにあり、大木が倒れるなど1週間前とは全く違う姿になっていたことに驚きました。 千葉とはいえ被害が甚大な地域からはかなり離れていてこの状況ですから、被災地を思うと心が痛みます。 被害にあわれた方にこの場をお借りしてお悔やみ申し上げます。 /池之端モルト
○季語の現場に出向いてこそ気がつくことは、沢山ありますね。

●「落ち葉」と「落葉」では、印象違いますか? また、時々、漢字をワザワザ平仮名や片仮名にする方もいらっしゃいますが、一般的にどんな効果がありますか?柔らかさやポップな雰囲気出るのでしょうか? ケースバイケースだとは、思いますけれど。/のもとみな
●基本的なことだが、俳句はやはり旧仮名使いが良いのでしょうか?/コタロー
○どの仮名遣いを選ぶか、送り仮名を付ける付けないも含めて、全て作者が意図的に選ぶべきものです。出来不出来もケースバイケースです。

●オノマトペは一句にひとつしか使えませんか?/容女
○これもケースバイケースです。

●字余りや字足らずについて毎回悩みます。575で収まればよいのですが色々と考えてもうまくできないときがあります。どの程度575にこだわれば良いのでしょうか。/泗水
○五七五が最も安定していると思いますが、一句の調べは、その内容によって決定されるべきものだと、私は考えています。きちんと五七五に入るのに、技術が不足しているために字余りや字足らずになるのは、残念なことです。お互いに精進いたしましょう。

●兼題がレモンの時はまずアリゾナを思い浮かべました。オレンジやレモンやグレープフルーツの木があちらこちらで見かけられるからです。そして今回は落葉。コロラドを思い浮かべました。全てコロラドを考えての句です。/峰江
●落葉から、『葉っぱのフレディ』を思い出しました。それを句に活かすことは出来ませんでしたが、久しぶりに絵本を開くきっかけになりました。/ふくろう悠々
●「森は海の恋人」。畠山重篤さんの著書『鉄は魔法使い』で、腐葉土に含まれるフルボ酸鉄が川に運ばれ海中の植物プランクトンを育み、美味しい牡蠣が育つと述べられていました。落ち葉は海の幸にも関わっているのですね。/わこたんのまま
○色んなふうに連想していくことも俳句のタネ探しの一つですね。

●妻子が富山の小都市に住んでいて冬の落葉掃きとか雪かきとか町内あげてのおおごとだと聞きました。過疎地域ですから残された者の繋がりはきついと思います。私は何もしてあげられずすまないと思っております。毎朝早く起きて脳内吟行をしていますが、経験や知識を聞きかじって俳句にすることが多く行きづまることがあります。質問なのですが経験や聞きかじりでいいものでしょうか?/寝たきりオヤジ
○富山・滑川の句会ライブで、寝たきりオヤジに初めて会いました。来てくれてありがとね。脳内吟行もOKですが、今、現在見えているもの、聞こえてくるもの、肌に触れるもの、全てが句材ですよ。

●「竜田姫」の兼題で「並」に選んでいただけてうれしかったっです。選外となった一句「留守番の南天の木に竜田姫」は、姑の庭にある木を詠みました。今年卒寿の姑は、アルツハイマー型認知症で施設にお世話になっており、もう自宅に帰ることはありません。そんな留守宅にも季節が巡って秋はやってくるというつもりで詠みましたが、「主なき」では姑に申し訳ない気がし、しかし「留守番の」では状況が伝わらないと迷いました。南天の木が留守宅を守ってくれているという意味合いも込めて「留守番の」を選びましたが、もしかしたら、自分がこの考察の中で使用した「留守宅の」のほうがよりふさわしかったかもしれません。歳時記によると、南天の花が夏の、南天の実が冬の季語とありましたので、「南天の木」としました。並入選に加え、自作考察の機会を頂戴しまして、ありがとうございました。 〔自作改定〕主待つ南天の木や竜田姫 はんじょうし/ばんじょうし
●今日の某俳句会の先生が俳句は季語が大事か内容が大事かとの指摘があり花鳥諷詠を目指してきた小生の限界は季語を重んずるあまり内容をおろそかにしてきたのかとも思うに至り今後の課題とします。俳句は奥深く面白いですね。達哉/達哉
●いつも楽しく拝見させていております。国語力は以前から冗談にもあるといえない私ですが、幸い俳句には最近興味を持つことができ、1日1句を目標としています。季語を調べるために歳時記というものがありますが、歴史も古い俳句には難しい漢字、理解するのが困難な句があるような気がしております。そのような句を詠んで筆者の気持ちを理解できやすい為に利用するような辞書的書物はないのでしょうか…やはり国語力アップが第1でしょうか?若輩者ですが教えていただければ幸いです。/春来 燕
○難しい漢字や言葉は、普通の辞書があれば十分ではないかと思います。興味を引かれた句に難しい言葉、漢字がある時は、私もいつも辞書のお世話になっています。

●質問です。 毎回8000句もあると、誰の句が最近変わったとか覚えてないですよね?私はあちこちにいるお友達の句も覚えきれません。/有瀬こうこ
○勿論、全ての人の句を覚えているわけではありません。しかしながら、選に携わっていると、ある時期にふっと「この人、急に巧くなったな」と分かる時があります。取り合わせの感覚や、素材の切り取り方等、勉強してるなと分かるのです。そうなれば、何かの折にアドバイスする内容が、こちらとしても変わってくるのです。少し高度なアドバイスをしてもOKだなと。句会など直接指導する場合はさらに顕著に分かりますよ。

 

●新しい投句・投稿システムについてのお願い
 投句・投稿フォームが新しくなっています。投句数の増加に伴って、仕分け作業に多くの時間を要します。以下の事項を守って投句投稿して下さると、組長の負担が大きく減ります。ご協力よろしくお願いします。

①俳句の欄には俳句のみ記入して下さい。一つの欄に一句を厳守。

②「俳句に対するコメント」の欄は記入する必要はありません。(特に気になることがあれば記入していただいても結構です。)

③「ギャ句」「聞き倣し季語」は俳句欄に記入して下さい。ギャ句の原句は「俳句に対するコメント」の欄に必ず記入して下さい。

④「兼題季語についての質問・考察・情報(火曜日「俳句道場」)」は、火曜日「俳句道場」への投稿です。

⑤「『俳句ポスト365』への感想・質問・要望・俳号の変更・各地の吟行情報など」「組長&ハイポニストたちへのお便り・近況報告など」はそれぞれ水曜日への投稿です。内容に合った欄に書き込んで下さい。

夏井先生

ページの先頭