俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 鱈場蟹

第231回 2019年10月31日週の兼題

鱈場蟹

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句
本選句欄では、添削した形で句を掲載する場合があります。
添削は作り替えの提案として句会等でも議論されます。示唆された添削案が自分の表現したいことに合致すれば、作者の判断においてその案を自作として採用してかまいません。

人

母の足太し鱈場蟹旨し
あまぶー
反戦や百の棘負ふたらば蟹
あまぶー
あしもがれたらばかになにかにきづく
あみま
鱈場蟹ランチ三回分の脚
あみま
茹でてみれば薔薇のあかるさ鱈場蟹
いしはまらんる
骨占は凶ならば砕け鱈場蟹
いしはまらんる
隕石の増えし海域鱈場蟹
うさぎまんじゅう
巻貝の遥かな記憶鱈場蟹
うさぎまんじゅう
自らの滓に塗れて鱈場蟹
かのたま
甘さうな湯をひき零す鱈場蟹
かのたま
鱈場蟹のたり銀河の息づかひ
かまど
鱈場蟹爪に樹氷のひかりあり
かまど
アメ横が般若波羅蜜多多羅波蟹
かもん丸茶
地獄語の母音は炎タラバガニ
かもん丸茶
鱈場蟹祷るかたちに脚たたむ
きゅうもん@木ノ芽
鱈場蟹の競りの昏きに落ちしづか
きゅうもん@木ノ芽
鱈場蟹甲羅に冷酒匂ひけり
ぎんやんま
国後の風のこゑかな鱈場蟹
ぎんやんま
鱈場蟹届く貧家として燥ぐ
爪ぐわしと夜ひき下ろす鱈場蟹
鱈場蟹 でどこまで話したんだっけ
くさ
先代の包丁胼胝や鱈場蟹
くさ
鱈場蟹の一撃 海が割れてゆく
ぐでたまご
世界のかたち鱈場蟹の腹のかたち
ぐでたまご
雑穀茶香ばし鱈場蟹は脚
けーい〇
鱈場蟹空とおんなじ色の海
けーい〇
たらばがにここが地球の地下十階
さるぼぼ@チーム天地夢遥
海底は火星の飛び地たらばがに
さるぼぼ@チーム天地夢遥
鱈場蟹上座はいつも祖父がいて
じゃすみん
大風の芯は甘ひぞ鱈場蟹
じゃすみん
トロ箱の隅へ暁光たらば蟹
すりいぴい
蛇口から月光たらば蟹を打つ
すりいぴい
ふつふつと睡魔よ鱈場蟹の赤よ
ツカビッチ
十ほどに壊されて来る鱈場蟹
ツカビッチ
鱈場蟹のふつふつ祖父のはかりごと
としなり
月明の波の天井多羅波蟹
としなり
鱈場蟹重き帰港や女が匂ふ
トポル@みすゞ
鱈場蟹デッキの傷を舐める濤
トポル@みすゞ
薔薇となる進化の途上鱈場蟹
トマト使いめりるりら
鱈場蟹海は昏き眩き色
トマト使いめりるりら
鱈場蟹のなんとしずかな夜明け色
にゃん
鱈場蟹月の飛沫の凍りつく
にゃん
鱈場蟹扱いにくき父ひとり
ひらいみつる
こんな日に限って囲む鱈場蟹
ひらいみつる
どの鍋にせよ鱈場蟹収まらぬ
ふるてい
鱈場蟹こわしていくといふ豪奢
ふるてい
憂鬱な棘をあつめる鱈場蟹
まこちふる
背中がかゆい鱈場蟹茹でられて
まこちふる
景気良き香具師の伯父貴や鱈場蟹
ラーラ
父の黙酒鱈場蟹酒酒酒
ラーラ
海原はつめたき鉛たらば蟹
ほろろ。
月剥ぎ取つて食つちまいさう鱈場蟹
ほろろ。
鱈場蟹鱈場蟹ぐんぐん船影へ昇る
一阿蘇鷲二
鱈場蟹ほじくり人は猿だつた
一阿蘇鷲二
鱈場蟹折る父の手のおそろしき
古田秀
多羅波蟹食うて新地の夜に饐ゆ
古田秀
鱈場蟹不味い普通に暮らしたい
或人
鱈場蟹食うて地元で生きていく
或人
酩酊を鱈場蟹食ふ手際美し
一斤染乃
鱈場蟹と女の扱ひに相関
一斤染乃
鱈場蟹に火の匂ひあるまま函す
遠石
鱈場蟹にいつもの空なく裸電球
遠石
磁器婚や冷蔵室の鱈場蟹
塩の司厨長
鱈場蟹しゃきしゃき母の割烹着
塩の司厨長
密室の畳が鳴りて鱈場蟹
瓦すずめ
商人(あきんど)は肥えててよろし鱈場蟹
瓦すずめ
吾撲りたき日よ鱈場蟹むしる
閑茶
鱈場蟹の憂鬱やはらかなる前進
閑茶
踏まれたる邪鬼にはあらず多羅波蟹
輝 龍明
網の目の歪み大きく鱈場蟹
輝 龍明
月は美し影は醜し鱈場蟹
玉庭マサアキ
歓迎の看板古し鱈場蟹
玉庭マサアキ
子にはまだ毒と嘯き鱈場蟹
玉木たまね
トロ箱に見事な土下座鱈場蟹
玉木たまね
鱈場蟹食ひて美人を崩さざる
金子加行
旅の顔鱈場蟹にて汚したる
金子加行
鱈場蟹ストーブ列車最果てへ
桑島幹
鱈場蟹には深海の塩加減
桑島幹
鱈場蟹父の鋏が切れぬ切れぬ
古瀬まさあき
列島の土台はいびつ鱈場蟹
古瀬まさあき
鱈場蟹奇岩城めく船着き場
古都ぎんう
要塞を攻むるかに喰ふ鱈場蟹
古都ぎんう
鱈場蟹這いずる闇を溢しつつ
綱長井ハツオ
鱈場蟹割れば忽ち殖えそうな
綱長井ハツオ
鱈場蟹妻健やかに穢れけり
香野さとみZ
鱈場蟹食べる程度のお付き合ひ
香野さとみZ
鱈場蟹とげは怒りに満ちてをり
砂山恵子
鱈場蟹海の底にも長き坂
砂山恵子
けだものの無心もて食ふ鱈場蟹
斎藤秀雄
うなぞこのはがねを鱈場蟹あるく
斎藤秀雄
指ほどの菜箸たらば蟹なぶり
山香ばし
鱈場蟹土鍋の蓋のヒビ暗し
山香ばし
鱈場蟹かかぐ朝日を持つやうに
山陽兵
親族がやがや鱈場蟹とげとげ
山陽兵
鱈場蟹よ屋号は「やすらかに」だとよ
司啓
まだ歩けた鱈場蟹いただきます
司啓
鱈場蟹揚がる詩人が舟描けば
酒井おかわり
星氾濫に鱈場蟹産気づく
酒井おかわり
鱈場蟹千年待ってこれっぱかし
潤目の鰯
たらばがに船が沈んでゆきますな
潤目の鰯
楽聖のデスマスクめく鱈場蟹
純音
ベンツより夫人鱈場蟹抱へる
純音
鱈場蟹もう父なんてこわくない
小椋チル
天鵞絨の夜の底にをり鱈場蟹
小椋チル
五人目の挨拶続く鱈場蟹
城内幸江
拷問のやうな手順で鱈場蟹
城内幸江
鱈場蟹坂の上から来る市電
水夢
鱈場蟹母の歳月さかのぼる
水夢
最後まで「美味い」で通す鱈場蟹
粋田化石
定食に鱈場蟹とは港町
粋田化石
鱈場蟹この仲人は気が利かぬ
西川由野
鱈場蟹戦名乗りのやうな爪
西川由野
骨を喰ひ星を吐き出す鱈場蟹
西尾婆翔
深海に散骨積もり鱈場蟹
西尾婆翔
鱈場蟹に犯される夢今しがた
赤馬福助
鱈場蟹一肩とは聞かぬ単位
赤馬福助
酒瓶は空鱈場蟹の殻も空
足跡新太
鱈場蟹漁吸殻は海に落つ
足跡新太
鍋敷きになったアルバム鱈場蟹
村上海斗
相槌で成り立つ会話鱈場蟹
村上海斗
吾の中の少年貧し鱈場蟹
多喰身・デラックス
阪神はベンチがあかん鱈場蟹
多喰身・デラックス
猫の額ほどの顔なり鱈場蟹
多々良海月
日蝕ざわざわ鱈場蟹ざわざわ
多々良海月
鱈場蟹自分の金で飲む自由
短夜の月
領収書は貰わぬ美学鱈場蟹
短夜の月
鱈場蟹の海は海王星の色
中岡秀次
知床の四角い太陽鱈場蟹
中岡秀次
鱈場蟹を捌ける母に逆らえぬ
渡野しえん太
鱈場蟹許せよ出刃にのし掛かり
渡野しえん太
狐憑きをるらし漁村鱈場蟹
内藤羊皐
皇帝の腿を穢して鱈場蟹
内藤羊皐
鱈場蟹割くアジュンマのパーマ強し
日午@アジュンマ…韓国語で「おばさん」の意味。
鱈場蟹縛る工場のビルマ文字
日午
ひと尋の先は断崖鱈場蟹
麦吉
鱈場蟹どこかに螺子があるはずだ
麦吉
アラスカの木槌に割りぬ鱈場蟹
板柿せっか
鱈場蟹小樽の空の蘇芳色
板柿せっか
鱈場蟹入れて静かな箱届く
比々き
ハレの日は大鱈場蟹屠る日ぞ
比々き
鱈場蟹正規非正規一つ鍋
比良山
鱈場蟹包む新聞キリル文字
比良山
紺藍は歪な怒り鱈場蟹
柊 月子
咀嚼音なく喉をすべる鱈場蟹
柊 月子
さいごまで棘を納めず鱈場蟹
稗田鈴二郎
正社員よりはたらいたたらばがに
稗田鈴二郎
鱈場蟹を括る輪ゴムの太さかな
武井かま猫
木箱ごと曳かれて鱈場蟹や海
武井かま猫
鱈場蟹上気してゐる僧の耳
福蔵
話さうとすればタラバの脚動く
福蔵
ダンゴウオはかわいい鱈場蟹は凄い
平本魚水
鱈場蟹割れば海もまた野性
平本魚水
鱈場蟹シデ浜の波いよよ暗し
碧西里
鱈場蟹へし折るオホーツクは時化
碧西里
家宝なる航海日誌鱈場蟹
蜂里ななつ
手持ち40ドルの夢タラバガニ
蜂里ななつ
赤ければ赤い程うそ鱈場蟹
北野きのこ
蛍光灯は不躾でいや鱈場蟹
北野きのこ
鱈場蟹外湯内湯をはしごして
夢堂
鱈場蟹ほぐしつ前途憂いけり
夢堂
ゴム手袋ごぼと水吐く鱈場蟹
木江
灯のおよぶ場で貪りし鱈場蟹
木江
鱈場蟹したたるしたたる雪も降る
木塚夏水
鱈場蟹剥く手淫らなほどに濡れ
木塚夏水
タラバガニ戦争は北から始まるか
門前町光乃
太閤さんの鳥居拝んで鱈場蟹
門前町光乃
星穿つ為の爪らし鱈場蟹
野地垂木
ほら食えと湯を滴らせ鱈場蟹
野地垂木
強面の笑顔が売りぬ鱈場蟹
柳児
鱈場蟹たぶん頑固と見受けたり
柳児
たらば喰う榾折るごとき音立てて
与志魚
生きてゐる沖の暗さのたらば蟹
与志魚
ほの暗き水槽に爪たらば蟹
竜胆
掴む折る引き出す喰らう鱈場蟹
竜胆
眼になほも深海たたふ鱈場蟹
龍田山門
タラバガニ言葉拙き渡り漁夫
龍田山門
星あをくなるたび多羅波蟹ふとる
緑の手
鱈場蟹星つかみては喰ふ角度
緑の手
鋭角に脚を残して鱈場蟹
露砂
思春期の無言たらば蟹の無言
露砂
ほどほどの喧嘩佳きかな多羅波蟹
蓼科川奈
ゆでたてのほろほろまろしたらばがに
蓼科川奈
国の名のロシアに戻る鱈場蟹
亀田荒太
水揚げや死相めきたる鱈場蟹
山名凌霄
カムチヤツカの碧な忘れそ鱈場蟹
高田祥聖
雪ふれて冷たき棘の鱈場蟹
ウェンズデー正人
鱈場蟹食ひつつ魯西亜国異聞
ちゃうりん
鱈場蟹酔はねばものを言へぬ祖父
ももたもも
漁労長の指は恐ろし鱈場蟹
亜音洲
競り帽の名字は宝鱈場蟹
28あずきち
フィヨルドの入り江の青へ鱈場蟹
28ひろきち
海底を月面のごと鱈場蟹
しいたん
鱈場蟹あぁゲッシュタルト崩壊だ
なつぽよ
マリンスノーに濁る目か鱈場蟹
なつめ
男らの蟹工船や国なまり
いまいやすのり
鱈場蟹多喜二の墓の白き黙
猫楽
北国の酒は芳醇たらば蟹
99カリン
美しき名の博愛丸や鱈場蟹
GARU
国後の近き灯りや鱈場蟹
M・李子
鱈場蟹まだ若造と呼ばれをり
RUSTY
鱈場蟹日露戦争語る祖母
sakura a.
鱈場蟹でしたら僕は黙ります
あいだほ
荒波の海底剥ぐかに鱈場蟹
あいみのり
じいちゃんが死ぬ七輪にタラバガニ
アオイノウエ
しんしんと鍋の明るさ鱈場蟹
あつちやん
指先の血を舐めながら鱈場蟹
あつむら恵女
恐き父の胸の温みや鱈場蟹
あまぐり
鱈場蟹ラヂオの声の人知らぬ
あまの太郎
泡を吹く鱈場蟹湯へ押し戻す
あるきしちはる
丹前の帯をゆるりと鱈場蟹
いかすみ
傷あまた湛ふる梁や鱈場蟹
いかちゃん
七厘の焔虹色たらば蟹
いくらちゃん
流星の名残の刺よ鱈場蟹
いさな歌鈴
タラバ売る軽トラックの「稚」ナンバー
いしい美髯
鱈場蟹母は無言でものを言う
いしだもよ
抱きよせる砂の地球を鱈場蟹
いなだはまち
北の空曇る旅路や鱈場蟹
うしうし
鱈場蟹海底火山を走りけり
えいぎょ
鱈場蟹の棘星屑を捉へけり
えむさい
しみじみと独り長寿の鱈場蟹
かさばな
たらば蟹卓のおしぼり腥し
かをり
蒼穹に爪を立てたし鱈場蟹
きのした 小町
深海でみる夢無音鱈場蟹
ギボウシ金森
鱈場蟹金剛夜叉明王かな
キャサリンまさこ(まさこ改め)
海底の鼓動たたたたたらば蟹
くま鶉
鱈場蟹海は時々激怒する
クラウド坂の上
鱈場蟹愚息三十五に娶り
くらげを
鱈場漁波は三角十重二十重
くりでん
タラバガニ群れる原子力空母の錨
くれあしおん
鱈場蟹と知れて居辛き列車かな
けら
オホーツク垂らして揚がる鱈場蟹
こじ
剥けば海豊かに甘したらば蟹
ことまと
ぬらぬらと黒い海なり鱈場蟹
コナラ
修羅場とは食べ散らかしし鱈場蟹
こま
鱈場蟹?ぎるでかい瘡蓋剥ぐ
ざうこ
鱈場蟹湯気重そうに昇りおる
さとけん
鱈場蟹北の漁師の胸厚し
しつじのMay
離婚って脱皮みたいね鱈場蟹
シュリ
足折の鱈場蟹食む真珠婚
シュルツ
たらば蟹嗤う閻魔の舌喰らう
ず☆我夢@木ノ芽
満月に向かって進む鱈場蟹
ちま(5さい)
鱈場蟹蝦夷の分厚き寒気なる
つぎがい
正座して対局のごと鱈場蟹
テツコ@第二まる安
ささくれの甘く疼くや鱈場蟹
でらっくま
海の洞塞ぐ夕陽や多羅波蟹
どかてい
死して見る北極星や鱈場蟹
としまる
鱈場蟹病むも健やかなるも自由
とりまる
日本は豊かではない鱈場蟹
とんぼ
鱈場蟹ロシアの海の色忘る
なかの花梨
鱈場蟹金亀換酒やど真ん中
ナタデココ
鱈場蟹翼にすべきだつた脚
なにわの銀次
鱈場蟹の歩脚を缶へ屈葬す
ぬらりひょん
鱈場蟹五歩で行けそな遠き島
のら
鱈場蟹空の高さも知っている
はごろも
海老蔵に似てる義弟や鱈場蟹
はずきめいこ
語部の満州行軍鱈場蟹
パッキンマン
鱈場蟹そうか、空は青いのか
はまのはの
口ずさむサブちゃんの唄鱈場蟹
ひいらぎ
家苞の大鱈場蟹また動く
ひろ志
演歌聞くトラック野郎鱈場蟹
フッコちゃん@中津からあげ句会
良い具合に焼けた鱈場蟹と地酒
ぽおや
鱈場蟹月にも海があると云ふ
ほしのあお
鱈場蟹濃厚きみは似非紳士
ほしの有紀
地平線またぐ前足鱈場蟹
ぼたんぴ
鱈場蟹下げ膳に殻暴れたり
ほのぼぉの
青森を発てば莫斯科鱈場蟹
ほろよい
鱈場蟹めでたくなしかなしくなし
ぽんぽこぴーな
鱈場蟹に刃スパイ映画が好きだ
マオ
靴下に穴たらば蟹にブラックホール
ましろなぎさ
大叔父に父のおもかげ鱈場蟹
まどん
吾が捌く父の傘寿の鱈場蟹
まほろ
初ものや秤振り切る鱈場蟹
まんぷく
関節の螺子一個失せ鱈場蟹
みかりん
鱈場蟹脱皮すオーロラ爆発す
みつれしずく
悲しみは地層となりて鱈場蟹
みどちゃん
たらば蟹置けば傾く地平線
みなと
海底に太古のうねり鱈場蟹
みやこわすれ
蟹工船アラスカの夜の苦き波
み藻砂
荒波に吐瀉しつ捌く鱈場蟹
むじーじ
鱈場蟹オロロンラインの鈍色
むったん
聞こえないふりしてわらえ鱈場蟹
むらさき(7さい)
鱈場蟹食むわ役者に花つけるわ
むらぴ
鱈場蟹の腹海神の太陽丘
めいおう星
星空の海を戻らむ鱈場蟹
もせきのこ
船頭の金歯たらば蟹の歩脚
モッツァレラえのくし
蒸し鍋の蓋の歪みや鱈場蟹
もりたきみ
あしのかずさんかいかぞえたたらばがに
ゆうら(3さい)
手荷物受け取りレーンゆつくり廻るタラバガニ
ゆすらご
妻の眼はバイカルの碧たらば蟹
よしおくん
竣工式ギラギラ乾く鱈場蟹
よだか
鱈場蟹に食べられてる夢をみた
よぶこどり
タラバガニ不意に眩しき台所
ラッキーの母
タラバ蟹サンキュー田舎暮らしに慣れたかい
りう女
たらばがにぼくはせなかをぴんとする
りすだいすき(3才)
鱈場蟹ひとり昼餉のアルマイト
る・こんと
海の紫紺背負ひて揚がる鱈場蟹
るびちゅ
冥界の呪文ふしゅふしゅ鱈場蟹
るりぼうし
鱈場蟹の脚が引き寄す海の端
わらび一斗
金のことすぐに言ふ奴鱈場蟹
葵 新吾
演歌に奮ふ年となりけり鱈場蟹
安溶二
鱈場蟹ガキ大将の目が可愛い
伊藤善隆
まづ軍手捌き慣れざる鱈場蟹
伊奈川富真乃
サハリンは神住まふ街鱈場蟹
伊予吟会 宵嵐
鱈場蟹濡れたる熨斗を背負ひけり
位相朗
水銀の重き血巡る鱈場蟹
育由
堕ちぬ星よそに鱈場蟹がさごそ
育由
鱈場蟹たったこれっぽっちの脚か
一走人
横柄に足が鍋から鱈場蟹
宇田建
嘘の舌斬りたくなくてたらば蟹
烏天狗
劇中の子役失せたり鱈場蟹
羽沖
アメ横に雨蕭蕭と鱈場蟹
雨霧彦@木ノ芽
半値なら買ふ交渉や鱈場蟹
永想
淋しさは全身の棘鱈場蟹
英子
くづおれしマリオネットや鱈場蟹
遠音
怒っているそれでもタラバガニは剥く
横縞
鱈場蟹鮮やかなりし刺々し
岡田玲凛
鱈場蟹王は存外おおらかな
加賀もずく
鱈場蟹ロシアの工作員も人
可不可
鱈場蟹さもしき箸は折れにけり
夏雨ちや
俺を睨むな蹲踞せる鱈場蟹
火炎猿
見よや見よのンどに降ろす鱈場蟹
花屋
鱈場蟹無くしたものは海の色
花咲明日香
海へ落ちた星屑甘くたらば蟹
花南天anne
落ちたかも月の裏から鱈場蟹
茄子美
関孫六研ぎ立て出刃を鱈場蟹
海柘榴(つばき)
深海は宇宙の水甕鱈場蟹
海風山本
鱈場蟹立つ海底の温い水
海野しりとり
父の手の温もり遠し鱈場蟹
海老名吟
起きる働く鱈場蟹食う眠る
鱈場蟹地上の楽園なんか嘘
灰色狼
鱈場蟹ピアノ聞こえぬ海に棲む
楽花生
玻璃越しに向かひ来る眼や鱈場蟹
樫の木
海底は空がよく見ゆ鱈場蟹
甘平
目出度やの扇めく茹で鱈場蟹
丸山隆子
たらば蟹昨夜の蠍座降りてきし
季凛
ピョートルの髭乱れけり鱈場蟹
久我恒子
鱈場蟹鉄の匂ひの吹き抜けぬ
久蔵久蔵
正座して怒られてゐる鱈場蟹
宮坂変哲
鱈場蟹の眼に初めての空映る
宮田一代
鱈場蟹手もぐ脚もぐ無言もぐ
京水
鱈場蟹日本に露語の海のあり
京野さち
七輪に火は熾したぞ鱈場蟹
玉井 瑞月
脚折れば野生の記憶鱈場蟹
玉響雷子
肩脚二肩六キロ強の嗚呼鱈場蟹
銀次
たらば蟹こんなおじさん知っている
金治宜子
鱈場蟹夜景に延びる道長し
熊縫まゆベア
鱈場蟹けさ海峡は至極色
月の道馨子
海鳴りの根っこは異界鱈場蟹
月見柑
鱈場蟹裸電気に光る紅
犬散歩人
鱈場蟹酔いたいと思えば酔える
五月闇
鱈場蟹海は干満怠らず
江戸川青風
鱈場蟹泡ふくままを茹でらるる
紅さやか
たらばがに右のはさみの指す星座
香羊
錆青き生家の鋏鱈場蟹
高橋無垢
鱈場蟹すわぶる音や海は凪
高田 仁和加
深海へつむ夢の澱たらば蟹
黒子
破壊の悦び猿人たちの鱈場蟹
今田無明
集団はひとりとひとり鱈場蟹
根本葉音
鱈場蟹仰ぐポーラースターかな
佐東亜阿介@ありす句会
蟹工船ポルノ女優のカレンダー
佐藤直哉
鱈場蟹殻しづしづと積み上がる
彩楓(さいふう)
深海の色留めたる鱈場蟹
斎乃雪
深海の色なき夜の鱈場蟹
細木さちこ
鱈場蟹大漁の旗佳き日かな
咲耶とこ野@木ノ芽
鱈場蟹抱え健さん似の漢
三重丸
鱈場蟹食ふテレビは事故のニュース
山下高
青空を掻く仰向けの鱈場蟹
珊瑚
捨てられた女に似てる鱈場蟹
士王
雑談は親に任せて鱈場蟹
志乃
夜間飛行窓に映ろふ蟹工船
紫鋼
夕べ抱いた形かなしや鱈場蟹
次郎の飼い主
王様は弱気タラバガニの鋲数多
七瀬ゆきこ
赤茶けた髪の匂いや蟹工船
朱夏A
たらばがに南へ急ぐ雲みすじ
塾志
鱈場蟹息子の文が届きけり
准壹
海上に火星泡吐く鱈場蟹
小エビ
鱈場蟹夜が明けるごと焼かれたり
小鞠
火の酒に嵐の記憶鱈場蟹
小川めぐる
鱈場蟹箱に斜めに収まりぬ
小梅
鱈場蟹水の孤独を拾ひけり
庄司直也
オ-ロラの紫を掃く鱈場蟹
昇華
茹でたのに眼が生きている鱈場蟹
松浦麗久
鱈場蟹あの世を知って居そうなり
松茶 巴@プレバト木ノ芽
鱈場蟹放つ生簀の縁に錆
笑松
説教のぐじゆぐじゆ鱈場蟹焼けた
上倉すず女
鱈場蟹手に滴るは羊水か
城内幸江
鱈場蟹四十五で今日父となる
常幸龍BCAD
鱈場蟹消防団に誘われる
新開ちえ
むらさきのままの凍て花鱈場蟹
森青萄
鱈場蟹喰らひ腹十八分目
深草あやめ
鱈場蟹屋根裏のヴィジャボード震う
鱈場蟹野菜くたくたいっしょくた
真紀
鱈場蟹同居話を提案す
真宮マミ
湯気の中紅く天降りし鱈場蟹
神山刻
先生は嫁がれるのでせうたらばがに
仁和田 永
子規さんは食べたでしょうか鱈場蟹
水城
鱈場蟹の左半身旅終わる
雀虫
広告の女は八重歯鱈場蟹
清永ゆうこ
プーチンの如き眼玉や鱈場蟹
西村 小市
たらば蟹脚吸すうひとの頬くぼむ
西藤智
ずわい蟹単身赴任の懐かしき
西條光観
岸壁を登るかに剥く鱈場蟹
青海也緒
船のこと語らぬ祖父や鱈場蟹
青柿
トロ箱の蓋が閉まらん鱈場蟹
青木豊実
鱈場蟹の片目がとれて満月に
石川 聡
煮られし鱈場蟹猫と相対す
石炭碧海
億年前この星に来て鱈場蟹
赤橋渡
あの美女があんな食べ方鱈場蟹
雪うさぎ
喧嘩して泣くのは卑怯鱈場蟹
雪華きなこ
鱈場蟹原文ママのしかめ面
千仗千紘
鱈場蟹解体速し旭日旗
川越のしょび
鱈場蟹湯気の向こうに君が見えない
浅河祥子
役者なら西田敏行鱈場蟹
善多丸
瑠璃色の生命滴る鱈場蟹
祖乞
鱈場蟹クライアントがまだ来ない
倉木はじめ
大御所のセリフ短し鱈場蟹
蒼奏
ニンゲンの評価はうそだ鱈場蟹
蒼鳩 薫
訳ありの鱈場蟹買う訳聞かず
村崎 雫
合格は運と勢い鱈場蟹
村松 縁
鱈場蟹揚がる港の曇りがち
村上 無有
皆といて独りごころの鱈場蟹
村上優貴
来し方は恬淡であり鱈場蟹
大村真仙
鱈場蟹は燃ゆ痛覚の限界
鷹星
鱈場蟹網に掬はれ陽の中へ
谷川の蛍子
鱈場蟹はさみに掬ふオホーツク
池田郁英
鱈場蟹赤し黒塗り車着く
竹村マイ
海鳴りは鱈場の便り鱈場蟹
中井笙石
百年の恋叩き割る鱈場蟹
中根由起子
虹色のデコトラ逸る鱈場蟹
中山月波
落暉受く生簀の底や鱈場蟹
中野こと子
海賊めく鱈場蟹らの棘鎧
衷子
火の音をあと少し待つ鱈場蟹
潮ベルト
鱈場蟹マスト呑み込むオホーツク
長谷川 ひろし
たそがれを淋しみタラバガイ買ひぬ
直樹里
歩くにも一度壊れる鱈場蟹
直雪
鱈場蟹大漁奴はめつたに笑はない
直木葉子
股座を曝す原発鱈場蟹
津軽わさお
鱈場蟹切つた張つたの衆若し
津田弘幸
鱈場蟹臀逞しき漁師かな
辻が花
タラバガニお風呂上がりの酒一合
定規(じょうぎ)
ガレオンは海底に朽つ鱈場蟹
天水郷
親の脛かじる孝行鱈場蟹
田中耕泉
鱈場蟹義弟の貌によう似とる
斗三木童
鱈場蟹にシベリア風のいろ少し
杜若
螺鈿の衝立の影の鱈場蟹
渡邉くるり
たらば蟹星降る夜に星探す
土田耕平
お客さんうちのは鱈場蟹だから
怒りのえびかずら
齢とは穏やかな棘鱈場蟹
冬のおこじょ
鱈場蟹旨し同期の横並び
島崎伊介
鱈場蟹持つて来るなら許したる
嶋田奈緒
鱈場蟹星の鼓動を聴いてをり
藤色葉菜
鱈場蟹アイスブルーの空懐く
透史
ひろ深く皇帝住むや鱈場蟹
陶豪
お呼ばれも裏は無かるや鱈場蟹
陶然
鱈場蟹化粧箱にてまかりこす
楢山孝明
鱈場蟹ゴム長靴の疵光る
南風の記憶
海底はかつて宇宙やタラバガニ
南風紫蘭@木ノ芽
海底の瘡蓋剥げる鱈場蟹
日比太宗
骨太の怒りは残る鱈場蟹
猫ふぐ
マトリョーシカの入れ子タラバガニの脱皮
猫舌扁平足
鱈場蟹割る店員の中国語
播磨陽子@花野句会
鱈場蟹冷たき海の潮のあじ
馬場東風(とうふう)
タラバガニ出すオバちゃんの手も厚し
白傘
海獣の住む世界から鱈馬蟹
畑 詩音
鱈場蟹骸の果ての火鍋かな
畑山六十二
鱈場蟹のとげは怒りの数なるや
八幡風花
いろいろに鱈場蟹よりばらすもの
斑山羊
爪先に海を残せる鱈場蟹
飯村祐知子
多羅波蟹抛り込んだる地獄釜
彼方 ひらく
山陰の仲居の無口鱈場蟹
尾上真理
とんがってるあの子に触れぬ鱈場蟹
美翠
鱈場蟹しほたれにける青切符
百草千樹Z
鱈場蟹ラジオの演歌指揮をとり
風慈音
父帰るけふは正しき鱈場蟹
風峰
鱈場蟹ロシアの筆記波のごと
福良ちどり
脳天に切先入るや鱈場蟹
聞岳
鱈場蟹小三治のまくら滋味深し
平野水麦
宴席のちと遠かりし鱈場蟹
鱈場蟹くらむぼんより大きかろ
豊田すばる
復興の市場たらば蟹あらはる
望月ゆう
人の輪をとほく眺むる鱈場蟹
北村 崇雄
キリル文字船に剥げたり鱈場蟹
堀口房水
父母をまへに兄と食ふ鱈場蟹に棘
抹茶金魚
鱈場蟹かの大女優逝く夜に
万喜ミツル
鱈場蟹食い散らかして窓曇る
眠る烏龍茶
鱈場蟹といふ大往生をさて
牟礼あおい
鱈場蟹の確かな質量箸重し
明世
昼市の賑わいに雨たらば蟹
明石焼穴子
鱈場蟹砕く明るき今際かな
綿井びょう
鱈場蟹背に北海の色手形
妄 児
鱈場蟹気違い相場横睨み
木人
猛者男来て遠縁と知る鱈場蟹
木村ひむか
教わったようには開かぬ鱈場蟹
木綿
鱈場蟹循環バスの朝無口
也和
オホーツクの波は怪物鱈場蟹
野ばら
鱈場蟹小樽運河の空紫紺
野々りんどう
北大に受かる鱈腹鱈場蟹
野々原ラピ
鱈場蟹の足を凹ませつつ掴む
野良古
船首天突き上ぐる海鱈場蟹
矢的@第二まる安
大皿やたっぷり熟れし鱈場蟹
有瀬こうこ
深き海影を持たざる鱈場蟹
柚木みゆき
鱈場蟹肘のぶつかるサウスポー
由空
故郷の鱈場蟹から丸もらう
遊飛
二本でももつれるのになあタラバガニ
遊浮子
漁の目の女ら選り居鱈場蟹
夕虹くすん
多羅波蟹の脚もぐ海鳴りの宿
羊山羊
下戸の聞く足二本の値鱈場蟹
葉るみ
山間の日暮れのようなたらば蟹
遥風
鱈場蟹を食いきる我の長き夜
遥明
鱈場蟹大和坐りの祝婚歌
蘭丸結動
鱈場蟹環境依存文字の箱
理酔
鱈場蟹択捉の海塩っぱいか
立歩
鱈場蟹にも馴染みて宵を酌み交はす
留野ばあば
鱈場蟹独りで食しても無言
瑠璃茉莉
三ツ星の夜景を食し鱈場蟹
鈴木麗門
鱈場蟹人間いつか丸くなる
浪速のマッキントッシュ
縁切ったはずのふるさと鱈場蟹
老人日記
わたしの手から鍋を見下ろす鱈場蟹
六日菖蒲
鱈場蟹目鼻ちらかししゃぶるなり
和鹿島
鱈場蟹妻と舅に挟まれて
丼上秋葵
旅に食ぶからくれないの鱈場蟹
朶美子(えみこ)
町の灯は遠くに震へ鱈場蟹
洒落神戸
赤札や足なき鱈場蟹買うて
淺野紫桜
男波来て網に動めく鱈場蟹
笙女
鱈場蟹今日まではまだ勤め人
籠居子
北溟は海鳴りの中鱈場蟹
茫々
鱈場蟹老人は多喜二を読む
蓼蟲
捨てた男の数だけ鱈場蟹の脚
鐵鬼
鱈場蟹まずふんどしに刃を入れる
鐵牛
包丁を研ぎ終え夜の鱈場蟹
霖之助
膝の上網外さるる鱈場蟹
靫草子

並

罪な色をしている鱈場蟹
あー無精
隣家からわぁタラバガニだよって声が
えらぶゆり
タラバガニたそがれ色の死装束
じゃらんじゃらん
たらばがにはさみで切れぬフライパン
すずね(7才)
鱈場蟹病の義父の太き骨
とりこ
たらばがにゴミといっしょにひきあげる
のぶのぶ9才
国境は無いよと北の鱈場蟹
だけわらび
この海に国境は無し鱈場蟹
いもがらぼくと
故郷の土地は忘れじ鱈場蟹
14橘貞山
政治家の配ってくれはる鱈場蟹
⑦パパ
むせるよな笊に茹でたて鱈場蟹
aya
茹でられてこその鱈場蟹だなんて
be
鱈場蟹バイクのやうな三輪車
Benじい
鱈場蟹鉄道員(ぽっぽや)の背で海渡り
Dr.でぶ
荷揚場の海より寒し鱈場蟹
GONZA
鱈場蟹鍋に足かけ赤を増す
HARUTO
古備前の皿をはみだすたらば蟹
KAZUピー
鱈場蟹かにで無くても美味ならば
KKK
鱈場蟹大鍋用意湯にひたす
Kuruma@中津からあげ句会
鱈場蟹の足斜め上より喰らふ
Kかれん
鱈場蟹鍋の円周はみだせり
Mコスモ
厳寒のうみ底の幸鱈場蟹
PON
馬耳東風殻に隠棲鱈場蟹
senyu
鱈場蟹むしり取られてなお緋色
sol
告ぐること何事あらむ鱈場蟹
syuusyuu
今年また届く鱈場や近況と
yoko
見映えよし幸せはこぶ鱈場蟹
アーナンダ
物言はず食う鱈場蟹嗚呼鱈場蟹
あい女
難儀せむほどに旨しや鱈場蟹
あおか
暴君の名もつ北欧の鱈場蟹
アガニョーク
すこし内股のたらば蟹かわいい
あきのひなた
薄野で先ず口取りの鱈場蟹
あけみ
大皿も脚のはみだす鱈場蟹
あさり
鱈場蟹の身をほぐす父食ぶる母
あさ奏
全身を刺で武装や鱈場蟹
あすなろ
猫の目も亜子の目も開くたらば蟹
あとりとまひわ
大海の夢見しタラバガニ茹る
あなぐま
鱈場蟹揺らめく光無常なり
アマリリスと夢
たらばがに漁師と勝負どっち勝つ
あや10才
国境を越えて宿借るたらば蟹
アラ
その赤は喜怒の現れ鱈場蟹
あわの花水木
手を叩く店主の白髪たらばがに
いいよかん
ああ鱈場蟹ボキリ折る身の雫
いく葉
水槽に威厳正して鱈場蟹
いごぼうら
特売やドラッグストアの鱈場蟹
いたまきし
北海はどんな所ぞ鱈場蟹
イチロー
鱈場蟹北の荒波漁師の声
いつの間にアラカン
鱈場蟹家族黙して肢を欠きつ
いと茶
発掘の蘇我邸跡の鱈場蟹
いなほせどり
荒海の名残を放つ鱈場蟹
うづら
湯上がりの子らの香りと鱈場蟹
うどんこつよし@白吟句会
ベトナムの少女裂く脚タラバ蟹
うに子
みな無言夢中にせせる鱈場蟹
うま子
貝になりたいと誰か言ったね鱈場蟹
うらら恵子
のがれ出で海にふれゐる鱈場蟹
ウロ
コチコチリ鍋肌カサリ鱈場蟹
エイシェン
不器用なマリオネットの如鱈場蟹
おうれん
宿替えて一杯酌もう鱈場蟹
おがたま
怒りの赤幾年月やたらば蟹
オキザリス
タラバガニ背中に母屋のオホーツク
おけら
難破船宝はここぞ鱈場蟹
おたまじゃくし
静かなり皆黙々と鱈場蟹
かえる
たらば蟹沈没船の深き謎
カオス
トロ箱の足はみ出してタラバガニ
かこ
滾る湯へ放り込まれて鱈場蟹
かざばな
ごつごつと迫り来る足鱈場蟹
かずポン
鱈場蟹とげの数だけ神宿る
かたちゃん
網切り切り鱈場蟹空へと逃げた
カタツムリ
鱈場蟹網に絡みたる鋏脚
かつたろー。
鱈場蟹キミの笑顔が隠し味
かつら子
鱈場蟹食った魚貝の霊数多
カヅラ梅
オホーツク海の深さや鱈場蟹
かぬまっこ
鱈場蟹子らと折る鶴はや十羽
からすちゃん
胎動の宅配届く鱈場蟹
カンガルーのしっぽ
クラムボン探しているの鱈場蟹
キイロイトリ
鱈場蟹プリーツの様に行儀よく
ギコ
鱈場蟹鍋で赤ら顔のぼせたと
きさらぎ
恋人を連れて来た日の鱈場蟹
キッカワテツヤ
鱈場蟹ボウルに殻の溜まりけり
きなこもち
海明けの鱈場蟹漁波高し
きのと
タラバガニ右の鋏が利き腕か
キヨ
鱈場蟹良きことある日缶を開け
キョンちゃん
鱈場蟹北の漁場は男域
きんえんくん
納沙布の「四島のかけはし」鱈場蟹
ぐずみ@四島(しま)
宿の膳色鮮やかにタラバガニ
くめ仙人
鱈場蟹長き車列の荷の中に
ぐりえぶらん
供養して長寿頂く鱈場蟹
くれまてぃす恵子
老斑の手でタラバガニちぎる夜
ぐれむりん
鱈場蟹棘全身に煽る奴
くろべぇ
鱈場蟹荒波ゆれて棘できて
クロまま
肘張りて我タラバガニ皿の上
ケスウヨ1101
日曜の父の無心の鱈場蟹
げそ猫
タラバ蟹北国の海荒ぶるや
こうちゃんおくさん
たらば蟹包む地方の新聞紙
コーヒー好き
エコノミークラス待ってろ鱈場蟹
ココナチオ
町内に乗った人あり蟹工船
こてつ川
味噌も鬱憤も鱈場がにもなべへ
こなねこ
鱈場蟹灯台守はもういない
こはまじゆんこ
哀惜の便り届いた鱈場蟹
こ?ぶたぶた
鱈場蟹敵とハサミ手にもちつ
こんじゃのよしこ
海神殿指す爪と脚タラバガニ
サイコロ帝釈天
私にも関節ありて鱈場蟹
さかなかな
海捺落ひしめく修羅か鱈場蟹
さきのすけ
朝市の靄消す鱈場蟹の赤
さくみ
山積みの市場の熱気鱈場蟹
さくやこのはな
何事も不問に付して鱈場蟹
さこ
国後の旅で食べたし鱈場蟹
ささき良月
たらばかにかにみそたのし酒たらり
さとうくにお
足折れし鱈場蟹見る水族館
さとう菓子
たらば蟹の棘が刺さりし年老いし父
さなぎ
あと一人揃ふを待ちて鱈場蟹
さぶり
鱈場蟹足も胴も吸い尽くしたり
さゆみ
鱈場蟹身の無き殻を母しゃぶる
しー子
雲間見て岩場を偲ぶ鱈場蟹
しおかぜ
鱈場蟹喧嘩の後のニルヴァーナ
しかもり
鱈場蟹夕日の岬の先に住む
しげる
母星では怪獣だったタラバガニ
ししまる
酔いどれて透ける手足や鱈場蟹
シニアモモ
岐れ道タラバガニの指す方へ
ジミーあゆみ
前進もたまに疲れし鱈場蟹
しみみ
湯上りに乾布ガシガシ鱈場蟹
シモーナ
鱈場蟹団らん遠き核家族
しもさん
鱈場蟹再生酵素明かされる
しゅうふう
母の病言葉詰まる父と鱈場蟹
じゅんじゅん
鱈場蟹ネオン下の赤レンガ
じょいふるとしちゃん
隠れ家と男と女と鱈場蟹
しをの
鱈場蟹海底マグマ吹いてやれ
しんしん
道頓堀ネオンの海の鱈場蟹
しんたろう
十年も会はぬ子よりの鱈場蟹
すえよし
夜深きや無言の二人鱈場食む
すじこ
猫嗅ぎて触れず触れず鱈場蟹
スローライフ
鱈場蟹ボキバキベキと捌かれる
せいち
タラバガニ血豆と刺と刃毀れで
せんべい
鱈場蟹肉の先から醤油垂る
そまり
解体ののち美しき鱈場蟹
そめいゆ
氷上の華となりおり鱈場蟹
それぞれのしあわせ
結露せし窓に落書き鱈場蟹
たいき
茹でられて怒りのかたち鱈場蟹
たいぞう
鱈場蟹向き合い頬張る銀婚式
たけうち晴美
接待に話進まず鱈場蟹
タック
持て余す脚持つ漢や鱈場蟹
たま
宅配便ずしりと重し鱈場蟹
たま蛙
鱈場蟹甲羅で隠す細き肝
たま走哉
海恋し水族館の鱈場蟹
たむらせつこ
飛行機乗り北の宿で鱈場蟹
ダリア
海流の下をタラバガニ歩く
たるみ
非婚なりアメ横に買ふ鱈場蟹
たんじぇりん金子
恨めし気夜の神睨む鱈場蟹
たん造
タラバガニ曙色に染まりけり
ちか丸
座が荒れて盆に残りし鱈場蟹
ちばくん
日帰りのお見合い鱈場蟹紅し
ちびつぶぶどう
たらばがに始めましたとラヂオ告ぐ
ちょろたこいん
宿借りて酒一合と鱈場蟹
ツーちゃんの恋人
鱈場蟹おしゃべり止まる北の宿
つつ井つつ
深海を彷徨い歩く鱈場蟹
つつ井つつ夫
昨晩の夢は隠そう鱈場蟹
つみっきー
乾杯を待つ腕だるし鱈場蟹
ツユマメ
素手で引く根がかりの糸鱈場蟹
ヅラじゃない
七回忌母の好物たらば蟹
つわきの嫁
無精髭に白髪鱈場蟹食う
ティーダ
たらば蟹赤子の足もぷっくりと
でぷちゃん
この店はいつか来た店鱈場蟹
てまり
鱈場蟹呑み過ぎオヤジ笑う口
てらだラテ
静かなる懇親会や鱈場蟹
でんでん琴女
含羞は右のハサミに鱈場蟹
ときこ
荒海の底を鎮める鱈場蟹
ときこの母よしこ
高々と四股を踏みけり鱈場蟹
ときめき人
前向きに歩き目が合う鱈場蟹
どくだみ茶
太刀持を真似て食べるや鱈場蟹
とし
たらば蟹亡夫も欲しかろ美味供ふ
とし子
反抗期終わりし夜やたらばがに
どみそ
大漁の鱈場蟹叫ぶ仲買
ともぞー
能登迫るたらばがに軋む船かな
どろん
独身の鍋収まらぬ鱈場蟹
どろん
脚のばし通路塞ぐや鱈場蟹
なかがわ 聖一
深海に鱈場蟹眠るあぶく歌
なかしまともこ
暗い水槽重なる鱈場蟹
なごみ
熱し旨し焼き鱈場蟹殻 の山
なごやいろり
潮薫る土鍋の中の鱈場蟹
ナゾラブ
鱈場蟹出張先の夫の声
なつめモコ
たらばがに湯気のむこうは勢揃い
にゃんみー
郷の荷のおがくずの香に鱈場蟹
ぬけまいり
垂れ下がる雲の暗さや鱈場蟹
ねこじゃらし
たらば蟹冬虫夏草は棚の奥
ねむり猫
番台に婆円円と鱈場蟹
のつり
暗き海底龍になりたき鱈場蟹
のぶ子
隆や隆(リュウヤリュウ)漁師の背中鱈場蟹
のもとみな
鱈場蟹殻まで食べる膝痛で
のりた
膝前に正座し売らるタラバガニ
パーネ・メローネ
初祝い初鱈場蟹初通販
バーバラ
たらばがに明日はきっとなかなおり
はいっくぐらし
沈黙で囲む食卓鱈場蟹
はすみん
鱈場蟹の凍る甲板オホーツク
ハチ太郎
退院の夜華やぎ紅き鱈場蟹
はなあかり
死ぬときは緋縅を着て鱈場蟹
はなだんな
今だ見ずふるさとからの鱈場蟹
はなちゃちゃ
鱈場蟹憂苦と棘は同じ数
ははろ
鱈場蟹ロシアの水の泡を吹き
はむ
兄弟会揃う幸せ鱈場蟹
はら美華子
蟹工船ぬるき味噌汁飯に掛け
はるく
突起物動くサボテン鱈場蟹
ばんしょう
同僚は元漁師たらばがに獲る
ばんじょうし
音無き海底タラバガニの瞑想
ばんどうまーぴー
アラスカ発都会の海へ鱈場蟹
はんぺんた
私だって進めぬ日あり鱈場蟹
ピーナッツ
鱈場蟹陸では仇なすその美脚
ひいろみ
鱈場蟹苞に海越え義父来る
ひだ岩魚
入港の無線連絡鱈場蟹
ひでやん
鱈場蟹生け簀「きのうまでそこにいたのに」
ひともじ
深海を進む鱈場蟹へ光
ひなたか小春
初競りの巷騒がし鱈場蟹
ひな子桃青
国家論消して聖書や鱈場蟹
ひねもす
バイキング山崩れする鱈場蟹
ひろしげ12さい
子ら帰省囲む土鍋に鱈場蟹
ひろちゃん
ゆうげ鍋湯気吸い指吸い鱈場蟹
ひろむままん
毛蟹にずわい迷ひて鱈場蟹を買ふ
ひろ史
鱈場蟹仕入れる女将太っ腹
ふうせんかずら
目の奥に殺意を見たり鱈場蟹
ふくろう悠々
鱈場蟹さばくひらひらさばく指
ふさこ
花魁の如き勿体多羅波蟹
ふじこ
鱈場蟹ひとり一本でも良いか
ふたあい
節くれの十指に入らぬ鱈場蟹
ふっこ
鱈場蟹自慢の甲羅皿となり
ふみ
朝焼けの色で茹でたか鱈場蟹
ふみちゃん
鱈場蟹波は三次元に寄せる
ふわり子
鱈場蟹盃の重さと庭灯り
ペコちゃん
鱈場蟹食べる音だけ響く居間
ぺち
仰向けの鱈場蟹月見ず終い
ペトロア
鱈場蟹甥に変わりし贈り主
ぽんたちん
鱈場蟹嵐の果ての日本海
ポンタロウ
タラバガニ深海底を測量す
まお実
爪先にアムールの碧鱈場蟹
まぐのりあ
鱈場蟹ほじればほじるほどしづか
まつ
鱈場蟹競って足に箸を入れ
マツイミキロウ8191
料理好きの男と呑んで鱈場蟹
まつだまゆ
とげとげととげとげとげとたらばがに
まにあ
鱈場蟹いけすの中の思案顔
まぬう
獰猛なたらば蟹とて赤くなり
まみのすけ
サハリンに眠る曽祖父タラバガニ
まゆりんご
鱈場蟹を網から外す軍手かな
まりい@木ノ芽
オホーツク紫色の至宝鱈場蟹
まりのすけ
国後の空の碧さや鱈場蟹
まるちゃん2323
択捉の海で泳ぐや鱈場蟹
みぃすてぃ
鱈場蟹うまし芽吹き屋根の庵
みえ
鱈場蟹味噌がうまい歳になり
みかん
南国の海は知らざり鱈場蟹
みくにく
鱈場蟹の脚は筆の書くしなやかさ
ミズカラス
鱈場蟹形見に貰ふ爺の鍋
みずの風華
鱈場蟹真岡乙女の碑に一礼
ミセウ愛
慣例の元気の便り鱈場蟹
ミセス水玉
足もがれても鱈場蟹なほふてぶてし
みどりがめ
たらば蟹食う真似をして箸は赤
みなつ
競り値百万円も鱈場蟹の無念
みのる
終活の話しは何処へ鱈場蟹
みやかわけい子
帰省した実家に並ぶ鱈場蟹
みやもち
矜持もて縦に歩くな鱈場蟹
むげつ空
祝砲を目指すごとくや鱈場蟹
むべ
さいはての旅の終わりの鱈場蟹
むらたふみ
鱈場蟹塀を登れば雨となる
めいめか
海揺らし縦列行進鱈場蟹
めしめし
鱈場蟹ブルーライトで眠れぬ夜
めりっさ
時に鍋に父の嫌いな鱈場蟹
もこ
鱈場蟹の鋏の間に漁師の目
もりお
はっちゃけた嘘でも好いよ鱈場蟹
モンタナオ
偶数は二で割れる数鱈場蟹
ヤッチー
鱈場蟹海に境界線はなく
ヤヒロ
海底の蒙古軍なる鱈場蟹
やぶつばき
鱈場蟹脚真二つに割る快感
やまぶき
網棚の鱈場蟹なんども見上ぐ
ヤマボー
祖母の家ストーブ上の鱈場蟹
やまりの
瞑想の足のしびれや鱈場蟹
やよえ
食卓の会話を奪う鱈場蟹
ゆぃ
鱈場蟹地元の人は見向きせず
ゆう4◯才
タラバガニ父殻むきて我に食ます
ゆこげん
侵略の体を成してる鱈場蟹
ゆみづき
タラバガニ皆ほんとうは柔らかい
ゆりたん
鱈場蟹いますぐかへりたしすぐに
よあけの晩
活タラバガニ音までも配達す
よしざね弓
競り市やカモメ飛び入る鱈場蟹
よつ葉
完走を祝われ傘寿の鱈場蟹
よひら
処すやうに鱈場ガニの足をもぐ
らくさい
海の幸赤く酔ひたり鱈場蟹
りこ
鱈場蟹喰ふ吾はや古希となり
リバティーさん
膳に並ぶ水揚げのごと鱈場蟹
りんごのほっぺ
天平の磁器の欠けらや鱈場蟹
れい
たらばがにゆでるといろがうつくしい
れい子
大物の揃ふ座敷や鱈場蟹
れっどべりー
鱈場蟹づくしの夕餉北の宿
れんげ畑
鱈場蟹この感情も調味料
ローストビーフ
鱈場蟹背中の釦留めにくい
ロクヨン
たらば蟹隈取り終える役者かな
ろん
大皿に怒り肩張るタラバガニ
わかこ
鱈場蟹ノボさん五尺と四寸ぞな
わこたんのまま
祖父が食うタラバガニの身黙々と
亜久琵
宴会の無言続くや鱈場蟹
亜蘭
忌む物の一つ多足の鱈場蟹
阿波豊
モテモテで何に赤面タラバガニ
茜峯
築地デート厚焼き玉子と鱈場蟹
嘘の恥晒す腹割る鱈場蟹
安宅麻由子
鱈場蟹大事刺し網からみ込む
安達りんだう
北方のディ?ル次第ぞ鱈場蟹
安田 信洲
鱈場蟹氷雪の門とほく見て
杏と優
鱈場蟹北極海の荒き声
伊沢華純
静かなる食べ放題や鱈場蟹
伊藤はな
北酒場飲むを忘るる鱈場蟹
伊藤欣次
鱈場蟹赤し帰省の息子待つ
伊豆子
道楽で無しと言ふ夫鱈場蟹
伊予吟会 玉嵐
アパートの部屋の狭さや鱈場蟹
伊予吟会 心嵐
たらば蟹夫の居ぬ間に二人占め
位子
鱈場蟹の香甲羅より香る父
為一暢道
魚市場にイートインあり鱈場蟹
衣代
鱈場蟹爪の先までしゃんとして
井久
宿帳は今宵は夫婦鱈場蟹
井田みち
鱈場蟹ふるさと遥か女工節
一井蝸牛
めでたさや嫁ぐ前の日鱈場蟹
一周
今日の御膳も蒲鉾は鱈場蟹
一純。
アメ横で値切られており鱈場蟹
一人静
誰だ娑婆に揚げた奴は鱈場蟹
一茶お
孫の声ちゃぶ台の上鱈場蟹
一律
宴会の会話盗んで鱈場蟹
壱太
鱈場蟹甘じょっぱくさに口を舐め
宇宙生物ぷりちーぴ
茹であがる頃に友来て鱈場蟹
宇田女@ノエル
鱈場蟹令和の御代を言祝ぎぬ
烏兎
鱈場蟹前に進むよう逃げよる
羽光
皆敷は森の息して鱈場蟹
卯年のふみ
枯れ声は売り子の爺と鱈場蟹
雲水逢心
負けてんか負けられまへん鱈場蟹
英ちゃん
味噌すするタラバの揚がる釧路港
詠野孔球
鱈場蟹毛蟹従え食卓に
越仙
たらば蟹脇目もふらず只しゃぶる
整体の相談混みて鱈場蟹
奥野悦穂
おしゃべりも沈黙も良し鱈場蟹
横じいじ
ちまちまと目鼻ありけり鱈場蟹
乙子女
ドア開けて鱈場蟹いて彼のいて
温湿布
酒肴五右衛門風呂で鱈場蟹
音澤 煙管
鱈場蟹に無沙汰せしおり秘境駅
下村ひじり
まてまて息子実はザリガニたらば蟹
伽凛花
鱈場蟹肩の力を抜きなさい
佳月
多羅波蟹ひかり届かぬ海の色
佳山
ふとももにぱつんと鋏鱈場蟹
加容
北海の底の幸追ふ蟹工船
加和 志真
水揚げの鱈場蟹みな腹を見せ
夏柿
彼の人の美しき文字鱈場蟹
夏湖
鱈場蟹明治維新を語りつつ
花伝
海底が紫になる鱈場蟹
花紋
タイタニックと消えし夢と鱈場蟹
茄子の花
タラバガニ娘婿はラガーマン
茄子紺
鱈場蟹見てくれ悪き包容力
華らんまま
ラブホで食らう手土産の鱈場蟹
我省
鱈場蟹捌きに徹す祖母と母
蛾触
豪勢な快気祝いや鱈場蟹
雅喜
たらばかに鎧紅くに負け戦
雅由
鱈場蟹怒鳴り合っても鍋囲む
海葡萄
鱈場蟹眠れないほどゆゆしくて
絵十
鱈場蟹北の酒場の置行燈
垣内孝雄
鱈場蟹シャワーがしみる指の傷
笠原 理香
海峡の利尻富士幽か鱈場蟹
梶  鴻風
この顔は義理の兄さん鱈場蟹
葛谷猫日和
たらば蟹人皆寡黙となりにけり
北配送冷凍溶ける鱈場蟹
蒲公英
鱈場蟹目の前にして値踏みかな
勘太郎
たらば蟹潮騒ももう届かない
干珠
鱈場蟹ベーリング海に日の昇る
甘泉
手と足と押さえつけ売る鱈場蟹
丸山志保
鱈場蟹解してくれた夫は亡き
岸 れん
リュウグウの降り立ちさうな鱈場蟹
岩のじ
鱈場蟹ふるさと遥かカムチャツカ
岩城佳水
四本目の脚かくして居りぬ鱈場蟹
喜多輝女
鱈場蟹市場に上がる湯気甘し
喜多野羆
鱈場蟹買い出し急ぐ滑り止め
紀杏里
いかつい手器用に使ひ鱈場蟹
軌一
釜茹でで鬼に変身鱈場蟹
輝峰亭
たらば蟹食ふお忍びのチャップリン
輝棒
濁声にまとわる女鱈場蟹
亀の
鱈場蟹殻剥く音の静けさよ
亀山酔田
たらば蟹に胃を覗かるる旅の朝
吉 や
鱈場蟹どこまで続くめでたさよ
吉井いくえ
纏たる己蹴り出しタラバガニ
吉野川
カニ飼う子食べず嫌いの鱈場蟹
桔梗
神棚に祀つてやらうか鱈場蟹
橘右近
海は富旬を運びし鱈場蟹
丘 るみこ
スターリンを冠して赤し鱈場蟹
久坂晶啓
鱈場蟹食べる子供ら型知らず
久仁重
大釜の湯気まで紅しタラバガニ
久留里61
鱈場蟹朱になりてなほウインクす
宮原青佳
この季節田舎の便り鱈場蟹
宮写楽
清掃人たる鱈場蟹いと哀し
宮島ひでき
年寄りは長湯が苦手鱈場蟹
宮﨑紅清
鱈場蟹目立ちがりやの君のごと
弓女
北方領土論じつしゃぶる鱈場蟹
虚実子
鱈場蟹お前に花を活けてやる
漁港
鱈場蟹体育坐りの夕暮れ
京あられ
鱈場蟹子供のゆびに突起の針
京子
美味そうな気色の悪い鱈場蟹
底深く静寂鱈場蟹の海
鏡葉
旅の宿膳に君臨タラバガニ
曲狸
刺し網をほどく手早し鱈場蟹
玉井令子
終活の手止め今宵は鱈場蟹
玉悦
波荒れし解禁の日や鱈場蟹
玉京
ブランドとされるがままの鱈場蟹
玉治
ロシアより肩身で来たかタラバガニ
玉和
缶切りも親父手ずから鱈場蟹
吟  梵
沈黙を鱈場蟹となすオホーツク
銀命堂
鱈場蟹あしたもあるさ足がある
銀蜻亭
鱈場蟹食べて変わるやダッピの我
句詩呼
鱈場蟹は食はぬ四島の還るまで
愚老
鱈場蟹貪り我を忘れたる
空蝉
鱈場蟹柔らかきもの隠したる
粂正春
歓声は鎧真っ赤の鱈場蟹
栗田もとえ
誰が食ふこんな高値の鱈場蟹
君島笑夢
鱈場蟹何かしらねど気ぜわしい
敬之
湯上りの帯紐緩め鱈場蟹
景潭
大皿を囲む家族で鱈場蟹
桂坂
声高き根室の朝や鱈場蟹
渓湖
食われると思うておらず鱈場蟹
渓翠@青東高
トゲトゲの茹で鱈場蟹阿修羅像
蛍子
煮立つ湯の神事のごとし鱈場蟹
月の砂漠★★
妖艶に足はみ出して鱈場蟹
月城 花風
たらればを言い合いつつく鱈場蟹
月野ひとみ
鱈場蟹網の隙間に日が出づる
月野輪熊
父が居し小鉢酢の物たらば蟹
嫌佐久
食卓に昇る太陽鱈場蟹
研知句詩
鱈場蟹手話の手だけのドラマかな
元喜@木ノ芽
傾国の王と成りゐて鱈場蟹
元々まき
地球をも持ち上げそうな鱈場蟹
幻月
鱈場蟹キッチン鋏のありったけ
古都 鈴
鱈場蟹湯気の向こうに遺影の笑み
孤高の舞
トンコリの調べ真紅の鱈場蟹
枯丸
鱈場蟹たった一足に笑顔満つ
湖西
呼出音見送る鱈場蟹の鍋
湖雪
かにかくに夫に選られし鱈場蟹
五月野敬子
昨晩の喧嘩の訳や鱈場蟹
光本弥観
密談の高級料亭鱈場蟹
光友
鱈場蟹笹おり交わす根室の夜
公毅
蒼寂のやど寄り添いて鱈場蟹
公碧
思案して箸を所望や鱈場蟹
好文木
たらば蟹仁王二対の顔の形
寂しさは通りすがりの鱈場蟹
幸久
暴君の激怒の色の鱈場蟹
広瀬 康
星の差で人が格付けたらば蟹
広島の虫キチ
小鍋から脚持て余す鱈場蟹
江藤薫
鱈場蟹広げる脚や阿修羅像
江里口泰然
鱈場蟹西郷も哭く鶴岡藩
甲山
鱈場蟹出羽三山の松並木
紅塩寝子
鱈場蟹北の領土の郵便夫
荒磯魚々
深海の掃除番長タラバガニ
香栄
熨斗貼られ畏まりけり鱈場蟹
香壺
今一度夫と食べたしたらば蟹
高橋笑子
子ども食堂に一杯欲しや鱈場蟹
高橋冬扇
濁声の旋律鱈場蟹の山
高橋寅次
鱈場蟹剥けば点字で笑ふ棘
高野きぬ
棘棘棘独り静かな鱈場蟹
合歓
神のごと鎮座しており鱈場蟹
国代鶏侍
タグ付けて万歳あはれ鱈場蟹
黒うさ狐
北方の塩の匂ひや鱈場蟹
今井佳香
北海に味を深めるたらばがに
今田 梨
たらばがに競り場に響く浜言葉
今野夏珠子
鱈場蟹宴の夜も脚長く
佐山夕子
鱈場がに美脚あろうがなかろうが
佐藤志祐
如何にせん生きて着きたる鱈場蟹
佐藤儒艮
鱈場蟹歯で食いちぎれディーエス・イーレ
榊裕江子
箸持てぬ上司の話と鱈場蟹
桜桃侍
鱈場蟹来世もきつと鱈場蟹
札六(関屋@和祝句会)
鍋の水はじけて鱈場蟹の赤
三つ葉夕
鱈場蟹轟くメタル頭振り
三水低@第二まる安
鱈場蟹食い散らかしの大人達
三大夜景
はたた神来よ来よ鱈場蟹甘し
三木庭
オホーツク沈没船の鱈場蟹
三毳
羅針盤如く動くよ鱈場蟹
山口雀昭
鱈場蟹脚一本の置きどころ
山口富子@Mamaly House俳句道場
鱈場蟹たたき割りたい面構え
山女魚
膤場蟹土産待ってろ父の性
山川真誠
カンに入り薔薇に包まれ鱈場蟹
山踏朝朗
ひねくれた腹を隠して鱈場蟹
山内彩月
遅れ来て真ん中に坐す鱈場蟹
山乃火穂
極の空甲羅におとして鱈場蟹
山部 ビブリ
皿の上三つ指をつく鱈場蟹
山部コルチ子
鱈場蟹「本物だよ」の人の声
山本 力
闊歩する海の大地や鱈場蟹
山本嘉子
さらば兄父母独り鱈場蟹
山本先生
バイトそろそろ持て来たる鱈場蟹
珊瑚月
鱈場蟹八頭身のロシア人
残り山
鱈場蟹二百海里を跨ぎけり
四丁目
鱈場蟹居間の電気は消えたまま
始の子
桑湾の漁夫の赤肌たらば蟹
志保川有
目出し帽持つべきものは鱈場蟹
糸慌@木ノ芽
赤縄の結びはじめは鱈場蟹
紙威
鱈場蟹ねぶるねぶる骨折三度
紙鍵盤
板長に紫美しき鱈場蟹
甲羅干すおほきやかなり鱈場蟹
紫雲英
鱈場蟹ノーベル賞の話など
紫苑
母の手で鱈場蟹剥くどの口に
紫香菫
たらば蟹絶滅恐れ深海へ
紫紺
鱈場蟹刺身は出汁にくぐらせて
紫檀豆蔵
鱈場蟹我より先に家に着き
紫陽花 涼音
棘要らず六十路弾みて鱈場蟹
紫蘭
借家人鱈場蟹をば食い尽す
試行錯誤
真白なる手に真白なる鱈場蟹
慈温
鱈場蟹家族の団欒奪い去る
時化田白金
万年の平の昇進鱈場蟹
篠田ピンク
皿代わりの甲羅に焼き身鱈場蟹
柴原明人
友と鍋赤心の味鱈場蟹
縞午
船にのりあわぶくぶくのたらばがに
捨楽さん家のこうたくん9才
鱈場蟹捻れしままの腹疼く
斜楽
鱈場蟹体はどこへ行ったやら
紗々
兵のごと鍋を陣取る鱈場蟹
紗智
殻剥きて己と対話たらばがに
若葉猫
鱈場蟹喰う絶望の過去の吾も
珠桜女絢未来
鱈場蟹生きるイコール嘘を吐く
珠凪夕波
空っぽの腕に悔しき鱈場蟹
宗本智之
鱈場蟹脚の数だけ靴を買う
愁愁
鱈場蟹彼女の高い腰に惚れ
秋から
しゃぶしゃぶしゃぶぷりぷりぱくり鱈場蟹
秋月
背伸びしてバキと断裁鱈場蟹
秋月流音@木ノ芽
海溝を歩く雄姿や鱈場蟹
重翁
ドヤドヤと大阪弁の鱈場蟹
俊夫
鱈場蟹おらが王様鍋熱し
春果
旨ければ出自は問はぬたらば蟹
春野いちご
鱈場蟹食卓並ぶ祝い事
春来 燕
工員の汗滴れりタラバガニ
春蘭素心
鱈場蟹荒波修羅場主に依て
淳絵樹
戦場のような漁場の鱈場蟹
淳朴@中津からあげ句会
大皿にどかと据えられ鱈場蟹
順女
アメ横の威勢にのりて鱈場蟹
小橋春鳥
立ち上がる姿を見たや鱈場蟹
小熊利雄
鱈場蟹汐みちくれば夕の宿
小渓百合乃
嬰児の白目は青し鱈場蟹
小笹いのり
鱈場蟹不漁も星の瞬けり
小山晃
タラバガニ家族写真の真ん中へ
小春
晩餐の後の散乱タラバガニ
小石日和
鱈場蟹味知らぬまま三十年
小雪いつか
贈り終え明日は離郷や鱈場蟹
小川 都
鱈場蟹裕次郎とは過去の人
小泉ミネルヴァ岩魚
鱈場蟹爪の先まで吸ふをとこ
小倉あんこ
鱈場蟹祖母こんこんと語る声
小鳥ひすい
鱈場蟹鍋と燗酒そして猫
小塚 蒼野
鱈場蟹や喉をうるほす海のあり
小殿原 あきえ
小樽港浜茹でたらば買ひし日よ
松ちゃん
大男のスクラムのごとき鱈場蟹
松井くろ
歴史書は勝者が書きし鱈場蟹
松岡 哲彦
カムチャッカは左の鋏鱈場蟹
松山
鱈場蟹届くオホーツクの風や
松山のとまと
にらみ合い誰がさばくかタラバガニ
松山女
鱈場蟹折一杯に並べけり
松田文子
キャバ嬢の潤む唇鱈場蟹
松野勉
雑炊を嫁も御代わり鱈場蟹
湘輝
鱈場蟹水揚げすさあ旅に出よう
照波
お見合いに鱈場蟹食うケセラセラ
笑々
脱皮せし運命知らぬ鱈場蟹
上江洲 睦
鱈場蟹もはや同胞とはよばず
上峰子
月割れる支えに必死たらば蟹
常陸人
ほじくりて海の底ゆくたらば蟹
植木照美
網走のセリの最後に鱈場蟹
寝たきりオヤジ
故郷の荒海を恋ふ鱈場蟹
慎吾
鱈場蟹ムネオハウスの風さむし
新田 淑
人見知り勇気の味や鱈場蟹
新藤柑子
長生きの講座聴いてるたらば蟹
森の水車
茹であげの怒りの色や鱈場蟹
森一平
鱈場蟹きっちりと身にも棘あり
森陽子
亡き父の一の贅沢鱈場蟹
深山 紫
星空を背負ひて生きる鱈場蟹
真咲子改め、真咲よしの
鱈場蟹ロシアの海の塩の味
真珠星倫世(スピカリンセ)
鱈場蟹酒席に零す運不運
真繍
義母はさみ無言でしゃぶる鱈場蟹
真生
薄暗き船輝けと鱈場蟹
真優航千の母
鱈場蟹脚の数だけ孫来たる
真林
鱈場蟹家買う覚悟す三十路なる
神宮くみち
透きとほる身の潔し鱈場蟹
神山やすこ
鱈場蟹甘い脚肉辛い酒
水間澱凡
鱈場蟹食う生きて居るつて良いね
水木 華
贅沢を快気祝いや鱈場蟹
睡柳
衆目を集めて鱈場蟹の刑
酔下弦
たらば蟹北方領土は遥かなり
酔漢
破滅への不安抱えし鱈場蟹
瑞穂
食卓の礼法いづこ鱈場蟹
数鉄砲
北方の女工哀史や鱈場蟹
杉浦夏甫
私だけ追加できずに鱈場蟹
杉山 ちとせ
左脳派の集まりて食ふ鱈場蟹
杉尾芭蕉
脚一本あらば事足る鱈場蟹
杉本とらを
孫を待つ顔よりでかい鱈場蟹
澄海
鱈場蟹震えた文字の乗船簿
世良日守@木ノ芽
なつかしき父の無骨や鱈場蟹
瀬々葱坊主
鱈場蟹錆びた鋏で断つ未練
是空
鱈場蟹引き揚げられて未知の旅
星野美咲
鱈場蟹縄でしばりて父帰る
晴海南風@木ノ芽
鱈場蟹母糸針で棘を取る
晴好 雨独
ドンと居るみそは持たねど鱈場蟹
晴日和
高くなる競り売りの声たらば蟹
清水祥月
死に際の母に一口鱈場蟹
清波
朝市の湯気また湯気に鱈場蟹
清白真冬
鱈場蟹見る見る高く殻の山
生田 武
縛られて鞠の如しや鱈場蟹
西山哲彦
甘やかを内に囲いて鱈場蟹
西川あきや
海底のヤドカリ蟹工船嗤う
西田武
マドンナの食ひかなぐりし鱈場蟹
誠馬@食ひかなぐる@食べ散らかす
鱈場蟹海の匂ゐのゆたかなり
青い月
みそよりも足が人気の鱈場蟹
青玄
歯舞へ四粁ほどや鱈場蟹
青山あじこ
咀嚼する何のカニかよ鱈場蟹
青修
店先でこれ以上の赤は無きかとタラバガニ
青泉
鱈場蟹食いたし番茶すすりたし
青柘榴
金がありゃ腹を差し出す鱈場蟹
青木健一
朝市や湯気より出ずる鱈場蟹
青嵐
初月給で子の送りきし鱈場蟹
石井せんすい
ロシア語のメニュー難し鱈場蟹
石井茶爺
人もまた缶詰になる蟹工船
石岡女依
鱈場蟹>喧嘩=沈黙
赤い彗星の捨楽@「たらばがにだいなりけんかいこーるちんもく」
北海の黒き波音たらば蟹
千の葉
鷲羽のごとき折脚鱈場蟹
千条之御息所
鱈場蟹ルスツの夜に繰り出さん
千日小鈴
シアトルより律儀に届く鱈場蟹
千葉睦女
鱈場蟹はじめて喰うた奴いずこ
千里一歩
アメ横の当たりハズレの鱈場蟹
占新戸
商談の酒は誘う鱈場蟹
川口みち
鱈場蟹いまさら言えぬ出自かな
川島 欣也
文添えて友より届く鱈場蟹
浅見弓楽
脚だけで産まれて来たの鱈場蟹
禅十郎
老いゐるも頬を染める妻鱈場蟹
倉の人
たらば蟹前に進めぬ時も良し
倉形サラ
爽爽と食らひてしがな鱈場蟹
爽草明
浜の宿皆粛々と鱈場蟹
相模の仙人
鱈場蟹競り上がるたび赤くなる
蒼涯
鱈場蟹闘いすんで四肢累々
蒼空蒼子
鱈場蟹どんと豪華に主役なり
蒼香
芳年の使ふ紅なり鱈場蟹
多事
とげだらけうまさゆえにか鱈場蟹
多聞仙
鱈場蟹缶詰で良し我が家かな
太架子
船去って港はスコール鱈場蟹
太子
これもリハビリ鱈場蟹が出る昼餉
駄口竹流
鱈場蟹母と座囲ふ猫二匹
泰樹
鱈場蟹模糊たる空の闇の中
泰然
談合も鍋できるまで鱈場蟹
鯛 風
じいちゃんの胡坐のにおい鱈場蟹
台所のキフジン
大皿が似合う姿や鱈場蟹
大三郎
堂々と吾もなりたや鱈場蟹
大谷如水
ヤドカリの顔してをりぬ鱈場蟹
大槻税悦
早々に協議の握手鱈場蟹
大和田美信
鱈場蟹北方領土引いて来よ
達哉
道産子の鋏捌きや鱈場蟹
谷口詠美
鱈場蟹甲(よろい)解かれて貪られ
谷田藪辛子
刎頸の友の帰郷や鱈場蟹
地に根ざし陽に伸びる
鱈場蟹ホモサピエンスは雑食
地球人
最後の日相応しきかな鱈場蟹
池と堀
しんがりの子はぐれてどこぞ鱈場蟹
池田香
確かめる甲羅のとげや鱈場蟹
竹 夢月
鱈場蟹食べて不器用知れ渡る
竹さ
はらからの眠る国後たらば蟹
竹庵
興宴に干からびてゐる鱈場蟹
竹三郎
キズ物のタラバでもよし年金日
竹春エリザベス
トゲノアルキョウキレイトウタラバガニ
竹織
鱈場蟹訳有りものに舌鼓
竹内うめ
言い訳をあれこれするより鱈場蟹
竹内みんて
返還の気配無い島タラバガニ
竹林
艶姿社の贄に鱈場蟹
吸うたらばスポンと喉へタラバ足
茶々
鱈場蟹喰らう口角泡ためて
茶碗酒一杯
鱈場蟹国後島の見えぬかと
中西柚子
鱈場蟹装甲の騎士は闇を抱く
中村 香堂
鱈場蟹みにくいアヒルの子でありしかな
中村 邑
鱈場蟹ガリンコ号に乗ってから
中村笙平
鱈場蟹親爪翳して眼の光る
宙のふう
鱈場蟹おやじの沽券いばりけり
朝ぼらけ
祖父からの化石のような鱈場蟹
朝桜咲花
砂となり地の殻となれ鱈場蟹
長ズボンおじさん
たらばがに蟹ではないよと言って喰う
津葦
夭折の心直進鱈場蟹
津軽ちゃう
斗酒出され辞さぬ蟒蛇鱈場蟹
津軽まつ
暗がりを真っ赤に照らす鱈場蟹
辻 愛生
茹であげて鬼の面かな鱈場蟹
鶴田梅勝
鱈場蟹梁を見つめて宴待つ
定吉
タラバガニ節榑立った父の指
泥酔亭曜々
法要の読経も佳境鱈場蟹
泥塗れのポスト
集まりて身ぐるみ剥がせ鱈場蟹
哲太
鱈場蟹領海が無い古き地図
哲也
両親に送った鱈場蟹我を待つ
典華
駄弁り止むただ食い散らす鱈場蟹
天晴鈍ぞ孤
いそいそと甲羅脱ぎ食む鱈場蟹
天辺
議事堂の断食闘争鱈場蟹
天野姫城
鼻先をつけしゃぶりつく鱈場蟹
天陽
鱈場蟹釜茹で怒り真赤赤(まっかっか)
貼女(ちょうじょ)
すだちでじゅ鱈場蟹に食らいつく
田村美穂
この体持てあます日も鱈場蟹
田中ようちゃん
泡沫(うたかた)の王位にすがる鱈場蟹
田中勲
鱈場蟹黒い企業は尽きまじや
田邉真舟
鱈場蟹近江の活気匂ひけり
兎歩補
待ち伏せか網絡まりし鱈場蟹
徒然
鱈場蟹美味なる文字を挟みけり
徒然のひろ
鱈場蟹わははと熱を溢しつつ
登りびと
海の底戻してやるか鱈場蟹
土屋 木漏れ日
鱈場蟹三百六十度の視界
冬菊
鱈場蟹竜宮城の話せよ
東京極遊山人
鱈場蟹あしよんのじとなりにけり
東山
鱈場蟹割いて穿りてみな無口
東尋坊
鱈場蟹ぱつんぱつんと切られけり
桃香
香ばしき棘持つも熱きたらば蟹
桃白
鱈場蟹旅の名残りの夕の鍋
桃福
たらば蟹喰はずとも生きては行ける
桃和
鱈場蟹一色吾子の勝手丼
灯路奈
糶声の一段高し鱈場蟹
燈穂
馳走する皆の顔消え鱈場蟹
藤郷源一朗
鱈場蟹北方領土は誰のもの
藤原訓子
居酒屋の閉店感謝鱈場蟹
藤鷹圓哉
腹の内は見せぬぞ鱈場蟹食う
藤田ゆきまち
鱈場蟹誰も彼もが無礼講
藤田康子
団欒に黙して食らう鱈場蟹
藤野あき
鱈場蟹海底より宙(そら)見上げをり
瞳子
鱈場蟹深海よりも無音なり
童好
大皿を掴むがごとき鱈場蟹
人生に横道多し鱈場蟹
独星
鱈場蟹競りの活気に妻の顔
那須の田舎者
タラバ蟹茹でる勇気は五桁の値
南城馬天
北の旅思ひ出残る鱈場蟹
南風
鱈場蟹赤い航空障害灯
楠青庵
五年ぶり鱈場蟹焼き孫はしゃぐ
二上松風
姑も静か静かに鱈場蟹
二國七海
鱈場蟹おさまり悪き皿を蹴り
尼島里志
鱈場蟹カムチャッカはもう遠し
日下まひろ
タラバガニ余所行き声の電話口
日記
水タコの足と戦ふ鱈場蟹
日本酒
身を削り何万年ぞたらば蟹
入口弘徳
鱈場蟹明日からタバコやめようかな
如月士朗
蘊蓄を言うて真先に鱈場蟹
忍冬
鱈場蟹目合わせぬ我笑う母
間違いは誰にでもある鱈場蟹
猫渓
鱈場蟹身の丈あまる酒肴
馬場馬子
鱈場蟹解禁巣立つ船の群れ
馬門宗太
オフォーツク思ひ浮かべて鱈場蟹
俳菜裕子
つよがって生きる性です鱈場蟹
背馬
背負うのは赤字の「ゆでたて」鱈場蟹
梅路みね
孫たちもサイズに驚く鱈場蟹
白山
朝ぼらけ祖父の漁場のたらばがに
白瀬いりこ
膝のうえ網ほどかれて鱈場蟹
茹でられてなほ厳しや鱈場蟹
八転笑
偏西風は黙鱈場蟹顰む
半熟赤茄子
しめは飯ゆうべの鍋は鱈場蟹
尾張の黒うさぎ
四島返還はおぼろ海底の鱈場蟹
枇杷子
鱈場蟹食べてみんなも火照る紅
美泉
出港は未明の枝幸タラバ漁
美年
義実家で供されたくない鱈場蟹
美浜美幸
水底の餓鬼が如き鱈場蟹
百合香
夜ごと星探してるらし鱈場蟹
不知火
たらば荒れ今日はここぞと決める網
不利尾
北の旅今日も主役は鱈場蟹
富樫 幹
鍋の渦紅を増す増す鱈場蟹
負勝@中津からあげ句会
お届けの個数の減りし鱈場蟹
風花まゆみ
鱈場蟹もう買いにけり朝の市
風間昭彦
ものぐさの夫の分まで鱈場蟹
風紋
降り被ったグーでも勝てぬ鱈場蟹
風由花
鱈場蟹寄居虫だろうが前進す
服部勝枝
海明けや鱈場蟹漁終え上架
文月さな女
食む人と言葉なくすは鱈場蟹
文月栞
定年の祝いの席やたらば蟹
文男
鱈場蟹両手使いが上手に捌く
平松洋子
幟立て威風堂々たらば蟹
碧三五
鱈場蟹派遣もパートも労働者
片栗子
ヤドカリと呼ばれたくなし鱈場蟹
峰江
主役なる鱈場蟹出て深き黙
峰泉しょうこ
鱈場蟹愛しみ面えくぼ背に
その2つ手で武蔵に勝てるか鱈場蟹
北山義章
鱈場蟹多喜二と母の涙飲み
北摂美美
アディダスのスパイクのまま鱈場蟹
北大路京介
化粧箱あけてうれしき鱈場蟹
凡手
流氷の海の匂ひや鱈場蟹
凡々人
蟹工船指に引く赤擦れた袖
枕木
お祝いの食卓飾る鱈場蟹
抹香鯨
やどかりの虚仮の一念鱈場蟹
末尾波世遠
脳神経の解剖生理タラバ蟹
満る
きみの柔き肌苛む鱈場蟹よ
岬りこ
鱈場蟹口いっぱいの幸せや
妙光@木の芽
鱈場蟹身の丈にあう暮らし
眠 睡花
三世代パーティーの買い出し鱈場蟹
夢芝居よしみ
鱈場蟹二三が六を七人に
椋本望生
万歳か降参なのかたらば蟹
明惟久里
鱈場蟹の孤独一村は孤高
茂る@一村は田中一村の事です
鱈場蟹三味の音にのり江戸小唄
網代
鱈場蟹ほろ酔い気分の新社長
網野れいこ
鱈場蟹を喰らう顔つき蟹に似る
木森
鱈場蟹煮えて七回忌の宴
木乃伊
鱈場蟹我が物にする座卓かな
紋舞蘭
タラバガニ浦島太郎も宇宙人
野うるし
雲梯やたかくてできぬたらば蟹
野の花さな
群閃光へ鱈場蟹乗せ傾ぐ船
野の花誉茂子
エアポート字読めぬ缶のタラバガニ
野純
網引けば龍神の附与や鱈場蟹
野中泰風
鱈場蟹雄々しく妻は閉経す
野辺よし女
鱈場蟹夕焼け色に茹で上がり
有田みかん
外つ国て足だけにされ鱈場蟹
柚和
やつかいな男の啜る鱈場蟹
由づる
湯気の窓ふたり静か鱈場蟹
由芽
鱈場蟹その味はるか思い出づ
由並っ子
遠ざかる北方領土タラバガニ
遊泉
国境線往来自由鱈場蟹
余熱
鱈場蟹の残った脚の汁を吸う
与六
鱈場蟹ただ沈黙の同期会
葉月けゐ
前世を戦国武将鱈場蟹
葉月のりりん
北の果ての波の荒さや鱈場蟹
陽気姫
意に沿わぬ異動の内示鱈場蟹
陽句瑠簾
鱈場蟹ロシア語のよむドル紙幣
欲句歩
吾子生まれ同じ重さの鱈場蟹
雷紋
満員電車の網棚の王鱈場蟹
藍時 湘
鱈場蟹も少し良い名が欲しかろに
藍植生
茹でられてカラカラ成るや鱈場蟹
蘭子
朝市の湯気あるところ鱈場蟹
利平
鱈場蟹声張りあぐる競りの人
鱈場蟹高値で落とす解禁日
里甫
鱈場蟹玄関脇に蠢けり
離松
おちょぼ口愚痴も小さめタラバガニ
立石神流
鱈場蟹終の住処はさて何処(いずこ)
琉璃
このなりで何処に宿借る鱈場蟹
隆松
たらばがに荒れた海へと船を出す
旅夢作家
刺し違え出血鱈場蟹喰らう
良日
こそげ集むもひと口で消ゆ鱈場蟹
林 和寿
孫はしゃぐ初鱈場蟹北の夜
令雅
電柱の撤去工事や鱈場蟹
鈴木之之
鱈場蟹借家の四畳半が波
鈴廣
たらば蟹指に染みつく旨さかな
麗し
骨のよな足向けタラバ蟹が立つ
蓮花麻耶
風神のもたらす恵鱈場蟹
露草
活気ある北の港や鱈場蟹
六花
深く暗くなお深く暗く鱈場蟹
六々庵
タラバガニ発泡スチロールの音
和光
生き延びよ縦にも歩け鱈場蟹
和泉穣
北市場活きて踊るや鱈場蟹
國本秀山
焼き網に足放り出す鱈場蟹
巫女
半生を語り尽くして鱈場蟹
戌の箸置
天敵は又も人間鱈場蟹
攝津の嫗
約束の場所には来ない鱈場蟹
鱈場蟹鍋入らぬ足箸で捏ね
泗水
鱈場蟹脚一本の威厳かな
游真
坐禅組み眼を見開いて鱈場蟹
煌宙
スクラムの重きにほひや鱈場蟹
獺八(うそはち)
箸二膳隠れし宿や鱈場蟹
眞路
鱈場蟹原価計算間違えた
祺埜 箕來
鱈場蟹祝儀値付かぬ朝の市
齋藤文十郎
祖母行きし輓曳の夜は鱈場蟹
筬葉
荒海やわたしをつくる鱈場蟹
綉綉
大河ドラマもう最終話鱈場蟹
脩平
子を孕む吾子の笑顔や鱈場蟹
芍薬
旬もとめ北の荒浪鱈場蟹
萬太郎
タラレバでもの言うな喰え鱈場蟹
蘂六
北海の波やごつごつ鱈場蟹
蜥蜴の尻尾
ひと脚を脳へ噛みしむ鱈場蟹
邯鄲
蒸しあがり鬼面のごとしたらばがに

ページの先頭