俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 鱈場蟹

第231回 2019年10月31日週の兼題

鱈場蟹

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句

よしあきくん一期一会の一句!

 「いで湯と城と文学のまち・松山」を応援するのが、それがしの務め。本サイトを応援することも我が喜びにござる。そして、我が座右の銘は「一期一会」。我が心に怒濤の感動を呼び起こす一期一会の一句、今週もドドドーン!とご紹介いたしますぞ!
 以下、●が皆さんからの投稿。○が拙者のコメントでござる。

○今週は、年末に向かってドドドーンと大サービスでございまする。ドドドーン。

◆よしあきベストセレクション

第15位
大漁旗やぶつぶつ上目タラバガニ うめがさそう
○うめがさそう殿、よしあきくんでございまする。さようでございまするな。鱈場蟹殿は上目遣いにお話になっておいででございまするな。

水槽のキングの座なりタラバカニ アオキシゲル
○アオキシゲル殿、さようでございまするとも。鱈場蟹殿は、威風堂々でございまする。

たらばがにガバッと大きく店占める るみ
○るみ殿、鱈場蟹殿はお店でも偉大な存在なのでございまする。

たらば蟹王様とよばれて朱くなる あきおかば
○あきおかば殿、さようでございまするか。鱈場蟹殿もハニカムのでございまするか。

第14位
食い放題飲み放題や鱈場蟹 イサポン
○イサポン殿、うらやましいのでございまする。鱈場蟹殿をいくらでも食べるのでございまするか.

鱈場蟹大家族の争奪戦 Vn 花のん
○Vn 花のん殿、さようでございまするな。鱈場蟹めがけて、みなさま突進でございまするな。

ひとり足二本ずつだよ鱈場蟹 こぶこ
○こぶこ殿、さようでございまするとも。みなさま、仲良くするのでございまするとも。

鱈場蟹鋏で切ってハサミ食う 村上yamada
○村上yamada殿、鋏は必要でございまするな。鱈場蟹殿のハサミは堅いのでございまするな。

タラバガニ食った食ったなぁZzzzz 良太
○良太殿、さようでございまするか。そんなに鱈場蟹殿を召し上がられたのでございまするか。うらやましいのでございまする。

軍手してもイタタ手強き鱈場蟹 季よしこの夜
○季よしこの夜殿、さようでございまするな。鱈場蟹殿は強い強いのでございまする。痛い痛いのでございまする。

第13位
鱈場蟹泣くおっちゃんの一人酒 wolf626
○wolf626殿、大丈夫でございまする。拙者も一人寂しくでございまする。グスン。

北の海来たぞ美味なりタラバガニ 東児
●大きなのを送って貰った事があった。 本当に上手かった。/東児
○東児殿、北の海殿でございまするか。拙者も行きたいのでございまする。うらやましいのでございまする。

いい匂い蠅足擦りや鱈場蟹 星夢 光風
●鱈場蟹の美味しい匂いに 誘われて蠅が喜んでおる様子を 俳句にしました。/星夢 光風
○星夢 光風殿、蠅殿も鱈場蟹殿が大好きなのでございまするな。拙者も手をすりすりでございまする。

ごちそうだ鍋にタラバの足が見え ほうすい
●冬のごちそうの第一はかにすきです/ほうすい
○ほうすい殿、それは嬉しいのでございまする。鱈場蟹の足は嬉しいのでございまする。拙者もご一緒したいのでございまする。

第12位
偽装騒ぎに迷惑顔の鱈場蟹 おんちゃん。@白吟句会
○おんちゃん。@白吟句会殿、さようでございまするか。鱈場蟹殿もお困りなのでございまするか。鱈場蟹殿もたいへんなのでございまする。

味わえるキラキラネーム鱈場蟹 未知
○未知殿、鱈場蟹殿はキラキラネーム?なのでございまするか。拙者も味わいたいのでございまする。

第11位
泣き出した孫と鱈場蟹は初対面 雑草おばさん
○雑草おばさん殿、孫殿もさぞかし驚かれたことと存じまする。拙者も初めて鱈場蟹殿にお目にかかったときには、驚き桃の木でございました。

鱈場蟹聞いて固まる母の顔 菊池洋勝
○菊池洋勝殿、母上殿はどうされたのでございまするか。母上殿、どうぞお大事になさっていただきたいのでございまする。

第10位
勘定に驚く美味い鱈場蟹 玉城
●そのまま/玉城
○玉城殿、鱈場蟹殿は確かに、お高いのではございましょうが、美味しいのでございまする。

もしも金があっタラバ蟹喰いてえ 吾輩はペンである
●ふざけたような句に見えますが、貧乏人にとっては高嶺の花であるタラバ蟹に対して、そのままの気持ちで詠みました。素直すぎるので投稿するかどうか迷いましたが、チャレンジしてみました。/吾輩はペンである
○吾輩はペンである殿、タラバ蟹殿なのでございまするな。タラ殿、レバ殿、鱈場蟹殿でございまするな。拙者もさよう存じまする。

鱈場蟹入れ歯の母もしゃぶりつく 凛
○凛殿、それは頼もしい母上殿でございまする。拙者もかぶりつきたいので、ございまする。

鱈場蟹詠む余裕なし孫襲来 千恵
●9ヶ月男児手を持ってもらって歩くのに夢中、2週間お付き合いいたしました 本日帰京/千恵
○千恵殿、さようでございまするか。9ヶ月は可愛いのでございまする。拙者の手は大きすぎるので、なかなか握ってもらえないかもしれませぬ、グスン。

第9位
タラバガニカニじゃないよヤドカリだ こじ丸
○こじ丸殿、さようでございまするか。拙者も勉強になりまする。粉骨砕身、努力いたしまする。

たらばがに先祖伝来ヤドカリかな ひよとり
●ヤドカリは食ったことないが、裏の田んぼの奴、一度食ってみるか。/ひよとり
○ひよとり殿、今週も勉強ばかりでございまする。拙者の先祖は何でございましょうか。

タラバガニハナサキガニとヤシガニも 秋桜
●すべてやどかりの仲間です/秋桜
○秋桜殿、さようでございまするか。鱈場蟹殿以外にも、そんなにみなさまがお集まりでございまするか。

グレーではもどかしかろう雪場蟹 いつか
●蟹の名を持ち実はヤドカリ。雪場蟹もさぞかしもどかしく思って
いる事でしょう。 /いつか
○いつか殿、鱈場蟹殿にお聞きしたいのでございまする。きっと、ブツブツおっしゃっておいででございまする。

ノルウェーの女性暗紫の鱈場蟹 あかしの小桃
○あかしの小桃殿、さようでございまするか。ノルウェーでは、そうなのでございまするか。鱈場蟹殿に、お聞きしてみるのでございまする。

第8位
タラバガニ娘はアレルギー二皿目 羅馬巴里
○羅馬巴里殿、アレルギーはたいへんでございまする。どうぞ、お大事になさっていただきたいのでございまする。

ジョンケージヨンサンサンヤタラバガニ 里之照日日
○里之照日日殿、うう、拙者の頭ではよく分かっていないのでございまするが、どなた様でございましたでしょうか。

横這ひのアブラカタブラ鱈場蟹 佐藤らんど
○佐藤らんど殿、横這い殿でございまするか。魔法のランプ殿でございまするか。鱈場蟹殿は世界中においででございまするか。

鱈場蟹取れタラそのバで食べるカニ 雅鬼
○雅鬼殿、さようでございまするか。鱈場蟹殿はそうなのでございまするか。

鱈場蟹何故かタラレバ同居する 紫峰
○紫峰殿、鱈場蟹殿はますます、タラレバ殿でございまするか。お忙しいのでございまするか。

第7位
旅みやげ親を横目にたらば蟹 おうちの花
●北海道旅行から帰った息子。よほどおいしかったらしく夢中でかなりの量平らげてしまったことを思い出しました。/おうちの花
○おうちの花殿、さようでございまするか。ご子息殿のお気持ち、拙者もよく分かりまする。

タラバガニ割る人焼く人食べる人! おばあばあ
●まあ毎年暗黙の了解で、役割分担が決まって?いるようで、みな
なにも言いませんが うらやましいことです /おばあばあ
○おばあばあ殿、それはうらやましいことでございまする。拙者も出来ることなら、食べる人になりたいものでございまする。

鱈場蟹の殻剥き係欲し夕餉 睦月くらげ
○睦月くらげ殿、さようでございまするとも。おばあばあ殿にお願いされるのはいかがでしょうか。

たらばがにたまにはみんなで食べたいな 勉邪明
○勉邪明殿、さようでございまするな。みなさまのご一緒に食べたい、鱈場蟹殿でございまするな。

たらば蟹茹でて焼いて味噌食らう 瀬戸波波
●蟹が大好きを読みました。/瀬戸波波
○瀬戸波波殿、さようでございまするな。鱈場蟹殿も全てを食べていただけるのは幸せでございまする。

鱈場蟹買わされているバスツアー 楢葉
●日帰りお得バスツアーということで。/楢葉
○楢葉殿、バスツアー殿でございまするか。鱈場蟹殿もどんどん買われて行くのでございまするな。

第6位
鱈場蟹コウラにロックなトゲむっつ さだとみゆみこ
○さだとみゆみこ殿、鱈場蟹殿はロックなのでございまするな。拙者も、ロック!になってみるのでございまする。

初キスや嬉し恥ずかしタラバ蟹 馬祥
●思い出すだけで顔が茹でた蟹のように赤くなるほどの思い出を詠みました。/馬祥
○馬祥殿、なんと!でございまする。初キス殿は恥ずかしいのでございまする。拙者もお聞きするだけで恥ずかしいのでございまする。

たらばがに癌サバイバー母の胸 杜 まお実
●50年戦っている戦士です。本人曰く「死ぬタイミング忘れてしまった…」と。ご安心下さい!普通に暮らしておりますよ。/杜 まお実
○杜 まお実殿、さようでございまするか。素晴らしい、お母上殿でございまするな。お母上殿に乾杯でございまする。

ベテランのタラバガニ科の脳外科医 当卯
○当卯殿、さて、どんな外科医殿でございましょうか。拙者もお目に掛かりたいのでございまする。

第5位
鱈場蟹載った方から埋まる席 おくにち木実
●宴席で誰の隣に座るか迷った目の先に赤い蟹。吸い寄せられるように座る。/おくにち木実
○おくにち木実殿、載った方?でございまするか。さて、どんなお方でございまするか。拙者も鱈場蟹殿のお近くには座らせていただきたいのでございまする。

鱈場蟹の脚は十本忌明けのカタログ 石田将仁
●ある方のお葬式から暫くして送られてきたお香典返しのカタログに、丁寧に脚が並べられた鱈場蟹のセットが掲載されていました。不謹慎ながら、つい脚が何本入っているのか数えてしまいました。下五が八になっているのがこの場合許されるのかが心配です。/石田将仁
○石田将仁殿、いろんなカタログがあるのでございまするな。鱈場蟹が載っている!のでございまするな。鱈場蟹がお好きなのでございまするな。それで、八になっているのでございまするな。

アメ横に買いに行きます鱈場蟹 空
○空殿、さようでございまするな。そろそろ年用意のころでございまするな。

脚ばかり胴は何処や鱈場蟹 京丸
○京丸殿、さようでございまするな。鱈場蟹殿の胴殿はどこに去られたのか、鱈場蟹殿にお聞きしたいと思いまする。

鱈場蟹その美味決める三杯酢 小熊伸子
○小熊伸子殿、さようでございまするか。三杯酢殿も鱈場蟹殿にご協力されるのでございまするな。拙者も三杯酢殿とご一緒したいのでございまする。

たらば蟹みそを除きて茹でにけり 新米笛
●ヤドカリ類の蟹はみそを除いて茹でるということをテレビで見たのでそれを詠みました/新米笛
○新米笛殿、さようでございまするか。拙者も勉強になりまする。鱈場蟹殿をよろしくご指導のほどお願い申し上げまする。

鱈場蟹の鋏はセンサー名ハンター 双月(そうげつ)
○双月殿、さようでございまするか。今週も拙者が勉強させていただくばかりでございまする。

第4位
鱈場蟹マッスル鍛え股間ひらく 那津
○那津殿、さようでございまするか。鱈場蟹はそんな訓練もされておいででございまするか。拙者も、マッスルマッスルでございまする。

鱈場蟹八本足でむしろ蛸 筋トレ俳人
○筋トレ俳人殿、蛸殿?でございまするか。鱈場蟹殿は蛸殿?お二人にお聞きしたいのでございまする。

鱈場蟹かぶりて踊る無礼講 野棕櫚
●「無礼講にも節度っていうものがあるだろ/野棕櫚
○野棕櫚殿、それは驚きでございまする。鱈場蟹殿を被って踊られるのでございまするか。なかなか拙者には勇気がございませぬが。

鳥黐と畳の居間と鱈場蟹 かたな
○かたな殿、とりもち?でございまするか。拙者には、良く理解が出来ていないのでございまするが。申し訳ございませぬ。

鱈場蟹明日は嵐のコンサート のりりん
○のりりん殿、おお、さようでございまするか。嵐殿でございまするか。拙者も行きたいのでございまする。

「 紅白 」とともに色づく鱈場蟹 牛乳ポテト
●紅白歌合戦を見ながらタラバガニを食べている時に、歌合戦の方が盛り上がりつつ、蟹も鍋で 茹でられて赤白に染まっていく様を描きました。/牛乳ポテト
○牛乳ポテト殿、紅白でございまするな。今年は、Kis-My-Ft2殿もお目見えになるということでございまする。拙者も応援するのでございまする。

タラバガニの前進恨むズワイガニ 桜姫5
○桜姫5殿、鱈場蟹殿はそんなにうらやまれておいでなのでございまするか。ズワイガニ殿もそうなのでございまするか。

前方に踏み出せる脚鱈場蟹 紗千子
○紗千子殿、さようでございまするな。鱈場蟹殿は、前へ前へでございまするな。拙者も前へ前へでございまする。

鱈場蟹ずわいと競いノーサイド 春爺
○春爺殿、なんと、鱈場蟹殿とズワイガニ殿はそんなことまで。どちらもたいへんなのでございまする。

越前もさばきに困る鱈場蟹 浩章
●鱈場蟹と双璧といえば越前ガニ。越前といえば大岡越前。大岡越前も鱈場蟹を捌くのは苦労しただろうし、また、鱈場蟹が蟹かヤドカリかの裁きにも困ったであろう状況をかけて詠みました。/浩章
○浩章殿、さようでございまするか。大岡殿もさぞかし、お困りでございましょう。拙者もお助けするのでございまする。

下がれ下がれば庶民に届く鱈場蟹 治もがり笛
○治もがり笛殿、さようでございまするな。鱈場蟹殿がお安くなれば、みなさまに届くのでございまするな。拙者のご城下でもそうなることを願っておりまする。

カニカマをそっとつんつん鱈場蟹 吉行直人
○吉行直人殿、鱈場蟹殿はカニカマ殿ともお知り合いなのでございまするな。拙者もカニカマ殿とは仲良しでございまする。つんつん。

鱈場蟹酔っ払いにはカニカマを シロクマ太郎
○シロクマ太郎殿、さようでございまするな。酔っ払い殿にもカニカマ殿を差し上げるのでございまするな。シロクマ太郎殿は、鱈場蟹殿でございまするな。

眼が高い家康公や鱈場蟹 神田央子
○神田央子殿、おお、さようでございまするか。家康殿も鱈場蟹殿とお知り合いなのでございまするな。拙者も嬉しいのでございまする。

第3位
殿は鱈場蟹っす土方さん 中村 智雪
●鋏を挙げて威嚇する感じがなんとも言えません‥/中村 智雪
○中村 智雪殿、土方殿もご存じでございまするか。鱈場蟹殿もお喜びでございまする。

鱈場蟹モビルスーツだアムロレイ 末摘花
○末摘花殿、なんとアムロレイ殿も鱈場蟹殿とお知り合いでございましたか。それは嬉しいのでございまする。

海もぐるボディビルダー鱈場蟹 野田の木9
●ちょうどお風呂に入っていたので、鱈場蟹の真似をしてお湯に潜ったりして思い付いたようです。/野田の木9
○野田の木9殿、さようでございまするか。お風呂殿でも鱈場蟹殿スタイルでございまするか。拙者もお風呂殿で試してみたいのでございまする。

王になれパンプアップの鱈場蟹 みこ
○みこ殿、バンプアップ殿でございまするか。トレーニングでございまするな。拙者もトレーニングでございまするな。

王様は裸のやうなたらば蟹 嘉門
○嘉門殿、王様殿が裸でございまするか?鱈場蟹殿は裸でございまするか?筋肉隆々のようなのでございまするな。

鱈場蟹殊勲のトライVサイン マユミ
○マユミ殿、おお、トライ殿でございまするか。今年は、トライ殿が大活躍でございまする。トライ殿、ワンチーム殿、大活躍でございまする。

鱈場蟹最初に食べた人勇者 みわ坊
○みわ坊殿、さようでございまするとも。鱈場蟹殿は怖そうなのでございまするが、美味しいのでございまする。拙者も大好きなのでございまする。

高圧電源触れるな鱈場蟹 草青
○草青殿、さようでございまするな。高圧電線殿は、触れないのがいいのでございまする。鱈場蟹殿も高圧電線殿とは仲良くされないのがよいのでございまする。

脚折り鱈場蟹サドっ気の女 戸部紅屑
●茹でられて脚をきちんと折った鱈場蟹を正面から見ると、妖しい仮面の如きシルエットに見えたので詠んだ句です。/戸部紅屑
○戸部紅屑殿、さようでございまするか。拙者は、気付くことが出来なかったのでございまする。もう一度、ゆっくりと鱈場蟹殿を拝見するのでございまする。

掲げよ鱈場蟹ビニール袋を ともかわすてむ
●もし、住処の近くにこんなもの落ちてました、というようなトーナメントが開催されたとして鱈場蟹さんはビニール袋を持ってきました、みたいなかんじです。/ともかわすてむ
○ともかわすてむ殿、さようでございまするか。鱈場蟹は、そんなことまでなさるのでございまするな。拙者もご城下で、ガンバってみるのでございまする。

許すまじ吾子の独立たらば蟹 桃葉琴乃
○桃葉琴乃殿、どうされたのでございまするか。吾子殿は、どうされたのでございまするか。何があっても、お許しいただければと存じまする。拙者からもお願い申し上げまする。

グラタン千円鱈場蟹入りで納得 ひろくん12さいのママ
○ひろくん12さいのママ殿、それは奮発でございまする。鱈場蟹殿入りとは大奮発でございまする。拙者も、ガンバって大奮発してみたいのでございまする。

昼抜いてご馳走になる鱈場蟹 江口小春
○江口小春殿、それはうらやましいのでございまする。そんな時は、ぜひとも、拙者にもご連絡いただきたいのでございまする。

第2位
鱈場蟹クラスに紛れ込んでいる 相沢 雨
○相沢 雨殿、それはそれは、驚き桃の木でございまする。相沢 雨殿のクラスに拙者も紛れ込みたいのでございまする。席は、大きめでお願い申し上げまする。

神となり宙(ちゅう)おも行くや鱈場蟹 シラクサ
●蟹座は鱈場蟹に違いない。 甲羅の赤さは大気圏によるものだ。/シラクサ
○シラクサ殿、鱈場蟹殿はついに宇宙に行かれたのでございまするか。拙者も空を見上げて、鱈場蟹殿をお呼びするのでございまする。鱈場蟹殿ーーーーーー!

第1位
存在の詮無き不安たらば・・・蟹 ねぎみそ
○ねぎみそ殿、さようでございまするか。拙者も存在感は大きいのでございまするが、存在の不安を抱え、こんなに大きくなったのでございまする。

◆掲示板

●新しい投句・投稿システムについてのお願い
 投句・投稿フォームが新しくなっています。投句数の増加に伴って、仕分け作業に多くの時間を要します。以下の事項を守って投句投稿して下さると、組長の負担が大きく減ります。ご協力よろしくお願いします。

①俳句の欄には俳句のみ記入して下さい。一つの欄に一句を厳守。

②「俳句に対するコメント」の欄は記入する必要はありません。(特に気になることがあれば記入していただいても結構です。)

③「ギャ句」「聞き倣し季語」は俳句欄に記入して下さい。ギャ句の原句は「俳句に対するコメント」の欄に必ず記入して下さい。

④「兼題季語についての質問・考察・情報(火曜日「俳句道場」)」は、火曜日「俳句道場」への投稿です。

⑤「『俳句ポスト365』への感想・質問・要望・俳号の変更・各地の吟行情報など」「組長&ハイポニストたちへのお便り・近況報告など」はそれぞれ水曜日への投稿です。内容に合った欄に書き込んで下さい。

◆「ギャ句」に挑戦!
 古今東西の名句を1音変えてみると、愕然と意味が変わる?!「最小の音変換による最大の意味変換」を狙う知的遊びであります。

○いやどうもどうもどうだです。金子どうだです。今年も残りわずかじゃのう。みなさん、ワシのわがままにお付き合いいただき、感謝感激な1年じゃった。ワシもまだまだガンバルので、これからも、ひとつ、よろしく哀愁!うほんごほん。

鱈場蟹殿がコーラで煮られをり 黒子
●ギャ句です。 [元句]鱈場蟹おのが甲羅で煮られをり 長谷川櫂/黒子
大猿に選り分けられし鱈場蟹 黒子
●ギャ句です。 [元句]大笊に選り分けられし鱈場蟹 林周平/黒子
○黒子くん、なんじゃなんじゃなんじゃもんじゃの木。ひょっとすると、よしあきくんが、煮ておるのか。うーん、変わった趣味じゃが。まあ、よろしい。うほん。

パラパラにして踊るもの鱈場蟹 根本葉音
●ギャ句です。元句「ばらばらにして売るものに鱈場蟹/後藤立夫」昔、パラパラっていうダンスが流行ったのですが、皆さん、覚えておいででしょうか?鱈場蟹がパラパラを踊るというイメージで。/根本葉音
耳鳴りの遠くに鱈場蟹を食ぶ 根本葉音
●ギャ句です。元句「海鳴りを遠くに鱈場蟹を食ぶ/遠藤和彦」/根本葉音
怒られてここ諍いの鱈場蟹 根本葉音
●ギャ句です。元句「おごられてここ居酒屋の鱈場蟹 /松田ひろむ」/根本葉音
口濡れし目も手もどかぬ鱈場がに 根本葉音
●ギャ句です。元句「雪濡れし眼もて届きぬたらば蟹/桂 樟蹊子」/根本葉音
大猿に選り分けられし鱈場蟹 根本葉音
●ギャ句です。元句「大笊に選り分けられし 鱈場蟹/林 周平」/根本葉音
○根本葉音くん、なるほどほどほど。パラパラのう。ワシは踊ったことなどないもんじゃ焼き。しかし、今週は、どうも、大猿が流行る予感がするがのう、うほんげほん。

アサイー茶夢にあらはる鱈場蟹 山香ばし
●ギャ句 元句は「朝市や湯気にあらはる鱈場蟹/沼澤石次」/山香ばし
泣き濡れしメモで届きぬたらば蟹 山香ばし
●ギャ句 元句は「雪濡れし眼もて届きぬたらば蟹/桂樟蹊子」/山香ばし
鱈場蟹己学校裏でニラ手折り 山香ばし
●ギャ句 元句「鱈場蟹おのが甲羅で煮られをり/長谷川櫂」/山香ばし
鱈場蟹割烹料理土間盛る戸より 山香ばし
●ギャ句 元句は「鱈場蟹北方領土守る子より/木下慈子」/山香ばし
○山香ばしくん、おお、そうかそうか草加せんべい。アサイーというのが良いのか。ひとつ、ワシも健康のために試すかのう。いや、今週もご苦労をかけたようじゃ。よろしいよろしい。うほんこほん。

おこされてここ居酒屋の鱈場蟹 星埜黴円
●元句: おごられてここ居酒屋の鱈場蟹  松田ひろむ /星埜黴円
ぱらぱらをして売るものに鱈場蟹 星埜黴円
●元句: ばらばらにして売るものに鱈場蟹  後藤立夫 /星埜黴円
腕太き息子のはなつ『蟹光線』 星埜黴円
●元句: 腕太き息子にとほく『蟹工船』  あらきみほ/ いやあ、蟹工船が傍題だなんて、想像もしなかったです。/星埜黴円
糞漏れし眼もて届きぬたらば蟹 星埜黴円
●元句: 雪濡れし眼もて届きぬたらば蟹  桂 樟蹊子/ いや、それはミソかもしれない。だって、「ミソもクソも(以下略)」/星埜黴円
耳鳴りを遠くに鱈場蟹を食ぶ 星埜黴円
●元句: 海鳴りを遠くに鱈場蟹を食ぶ 遠藤和彦/星埜黴円
○星埜黴円くん、いやどうもどうもどうだです。なんじゃなんじゃなんじゃもんじゃの木。やはり、今週は、パラパラも来るのじゃのう。そしてじゃ、耳鳴りがしても、ガンバってもらって、いいじゃあ内科小児科肛門科。おまけに、リューマチ科。ま、ひとつ、よろしく哀愁!うほんうほん。

大まかに選り分けられし鱈場蟹 西村 小市
●どうだ先生に捧げるギャ句゛シリーズ@原句は《大笊に選り分けられし鱈場蟹/林周平》/西村 小市
垂れこめて行き交い待つか鱈場蟹船 西村 小市
●どうだ先生に捧げるギャ句゛シリーズ@原句は《垂れこめて雪か飛沫か鱈場蟹船/山田尚良》/西村 小市
鱈場蟹おのがアウラで売られをり 西村 小市
●どうだ先生に捧げるギャ句゛シリーズ@原句は《鱈場蟹おのが甲羅で煮られをり/長谷川櫂》/西村 小市
朝市や禿に洗はる鱈場蟹 西村 小市
●どうだ先生に捧げるギャ句゛シリーズ@原句は《朝市や湯気にあらはる鱈場蟹/沼澤石次》/西村 小市
行き暮れし眼もて届きぬたらば蟹 西村 小市
●どうだ先生に捧げるギャ句゛シリーズ@原句は《雪濡れし眼もて届きぬたらば蟹/桂樟蹊子》/西村 小市
鱈場蟹売れる露店に人殺到 西村 小市
●どうだ先生に捧げるギャ句゛シリーズ@原句は《鱈場蟹売れる露人に人殺到/小林道子》/西村 小市
○西村 小市くん、いやあ、いいじゃあ内科小児科肛門科。なかなかのもんじゃ焼き。レベルが貴乃花じゃ。「大まか」は良い。「行き暮れし」もなかなかの味わいじゃ。いかし、「禿」はなんじゃ。ワシは気に食わん。が、まあ、年末なので許そう。うほんごほん。

○さてじゃ、今年も、よくやったもんじゃ焼き。来年も、ひとつ、よろしく哀愁!うほんうほほーん。

◆今週の「聞き做し季語」?!
 兼題の季語が、耳にどう聞こえるか?……というクダラナイ試み。

鱈ばかり・鱈馬鹿に・鱈ボコに・高らかに さとう菓子
●「聞き做し季語」/さとう菓子
○さとう菓子くん、確かにのう。鱈ばかり、ではのう。高らかに、行きたいもんじゃ焼き。うほん。

修羅場堪忍 大塚迷路
○大塚迷路くん、なんとなんと南都銀行。確かに、そうじゃそうじゃ。ワシもそう思う1年じゃった、うほんごほん。

「聞き做し季語」さらば、兄 竹織
●今秋は実兄の三回忌でした。/竹織
○竹織くん、そうかそうか草加せんべい。お兄さんを思うことじゃのう。いや、合掌。思う行く年来る年じゃのう、うほん。

◆今週の「なんちゃって回文」

辛い鱈場蟹かはらたいらか 西川由野
●回文です「からいたらばがにかはらたいらか」/西川由野
背中に蒲ら鱈場蟹が何故 西川由野
●回文です「せなかにかばらたらばがにがなぜ」/西川由野
○西川由野くん、なかなか不思議なもんじゃ焼き。はらたいらさんがのう。この味は、ワシは好きじゃ。2句目も、良い味わいじゃ。よろしいよろしい。うほんごほん。

モニカ原田鱚が好き鱈場蟹も 星埜黴円
●回文です。 もにかはらだきすがすきたらばがにも モニカ原田? きっと、北の方の白人系の超美人でブロンドで青い瞳でナイスバディな蟹好き、なのだと思います。/星埜黴円
荷がバラだ貨物に積もか鱈場蟹 星埜黴円
●回文です。 にがばらだかもつにつもかたらばがに/星埜黴円
○星埜黴円くん、なんじゃなんじゃなんじゃもんじゃの木。モニカ原田じゃと。そんなところに、ワシに相談もなく行きおって。けしからん!来年は、必ず、ワシをつれて行くように、うほんげほん。

ビヨンセ愚に貸す蟹工船予備 純音
●回文俳句。びよんせうこにかすかにこうせんよび/野桃摩耶。21歳。極音句会で一目ぼれした大羽田優弦とやっと知り合えたものの、小句会のあとのカラオケの選曲でイメージを悪くしてしまったのではないかと、気を揉むうら若き乙女である。 カラオケ店での締めは、俳句結社「極音」の愛唱歌でもあるクリスタルキングの「愛をとりもどせ!」を皆で合唱し、特に曲中の(Youはshock!)のところではお互いを指さしてシャウトしながら、次回句会への士気を高め合いつつのお開きとなった。「それじゃあ、みなさん、名残惜しいけど・・優弦くんもバイク気を付けてよお~」両子の言葉に優弦も笑みを浮かべ皆に会釈をし、ヘルメットを被った。スモーク・シールドのため、ほとんど表情は分からなかったが、その奥にある瞳を見つめるように摩耶は優弦を見つめた。「ブオーン!ブオーン!バリバリ!ブブブウオオーーン!!」信号が青に変わった途端、アスファルトに穴が空くかと思われるほどの爆音を響かせ、ロケットスタートで飛び出したかと思うと、第一コーナーを肘と膝を擦らせながら右へと曲がり、瞬く間に彼は消えてしまった。「風のように行っちゃたわね・・、そうそう、下北沢に一人暮ししてるんだって。いやーん、優弦くんと下北沢、ちょっと意外~どんだけ~!」マダム一同、バイクの見えなくなった道路の先へ指を一本立てながら、しばし「どんだけ~」を繰り返した。続いて、マダム達も三々五々電車等に乗り、あしたのジョー句さんは健康の為にと住まいのある荒川区まで走って帰り、俳児さんは孫の用是夫くんが車で迎えに来てくれ、定子さんとデュー句さんはいつの間にやら姿が見えなくなっていた。「さて、摩耶ちゃん、私達も帰りましょうか。今夜は遅いし、たまにはタクシーにしましょうよ。アパートまで送ってあげるわ。大丈夫、わたしのオ・ゴ・リ。可愛い後輩をこんな時間に一人で歩かせられないわよ~」いつになく今夜の両子は上機嫌であった。 タクシーに乗るなり、両子はスマホを取り出した。「摩耶ちゃん、そういえば、北斗七男さんのラジオ番組知ってる?」「え?七男さん、ラジオもやってるんですか?」「そうよ、もう二十年くらいやってるわ~、ほんと七男さんてね、俳句主宰者以外にも、映画監督やら劇団団長やら、そうそうロックバンドのリーダーもしてるのよお。」「ロックバンド!」「一句すJAPANていうの。ドラムとピアノ担当で、なんとドラムを叩きながらピアノも弾いちゃうのよお~それで俳句の主宰者って、これがほんとの口八丁手八丁ってやつね。」「はあ・・」「ラジオなんだけど水曜の夜の2時間生放送俳句番組で(北斗七男のオールナイト一喜一憂)っていうの。ちょうど始まる時間だから、ちょっと聴いてみる?」そう言いながら、両子はスマホのボリュームを少し上げた。「OKベイベー!OKベイベー!今夜も始めちゃうよ!みんなの投句とリクエスト曲の2時間ナ・マ・ホ・ウ・ソー!イエー!北斗七男のオールナイト一喜一憂ゥ~!チェケラウト!」「七男さん・・句会とはまた違う感じではじけてますね・・」「そーなのよ。ちょっと引いたでしょ?私も最初これほんとに俳句番組?って思ったけど・・、とにかく七男さんは俳句がもつ従来の古臭いイメージを打ち破りたいみたいなのよね。・・よくね、伝統と革新とか言ったりするけど、俳句も芭蕉より続く伝統という大きな幹を保ちつつ、そして常にその時代に合う俳句の新しい在り方、多様性方向性を、もっと模索していくべきなのよ・・と七男さんが言ってたけど、なんか難しくてよくわかんないわ~ウフ」 車内に七男の声が響いた。「今夜もたくさんの投句!そして今夜のリクエスト曲は冬の夜に聴きたいあなたの一曲!たくさんたくさん、センキューベイベーだぜ! それではさっそくいっちゃおうかあ~!最初の一句一曲、おっとこれは、USAからだぜ~おいおい・・ビヨンセ!え?本人?なわけないよなあ、なになに、『私は大の蟹好きで中でも鱈場蟹が大好きで専用の船も所有しているのですが、先日、友達の友達にどうしてもと頼まれ、船を全部貸してしまい、なんと今年はまだ鱈場蟹を食べていません。』そっかあ・・そんな彼女の一句(ビヨンセ愚に貸す蟹工船予備)・・うーむ・・こんなつまんない一句でいいのかあ!ビヨンセ!ということで彼女の冬の夜に聴きたい一曲はビヨンセでListen・・聴けってか?」車内に歌姫の切なくも力強い歌声が流れた。 「さて、お次は誰だ。おっと、我らが俳児ちゃんじゃないかあ!『七男先生、こんばんは。私の生れ故郷は白馬村というところでございます。小学校卒業後、東京の知人宅へ女中として雇われ、やがて独立するも、金が無い、学歴が無い、なんの技能も無いという孤独の中で、ときに人におもねてみては、世間の冷たさを味わい、口惜しさや淋しさに声をあげて泣いたことも度々ありました。けれどそんな中、よい人とめぐり逢い、子も授かり、そしてこの人生の晩年、俳句という楽しみも頂きました。本当にありがとうございます。 東京に住んで80年近くにもなりますが、今日のような雪の降る日には、ふと故郷の山を思い出してしまいます・・。』そっかあ・・そんな俳児ちゃんの一句(アルプスの絵より声して雪の街)リクエストは最近、孫に教えてもらってすっかり気に入ったという一曲、くるりの東京・・」 車内にエレキギターの歪んだ音が激しくも優しく響いた。 「さーてお次は、おっと来ましたよ我らがヒーロー、あしたのジョー句さん!『おっちゃん、こんばんは。随分昔の話なんだけどさ、ある寒い日にある人から、それとなくボクシングを止めるように勧められたことがあったのよ・・で結局止めなかったんだけど、そしたら、そのあとその人は嫁に行っちゃってさ・・。今日みたいな寒い夜は、ふとそんな昔のことを思い出しちまうんだよな。』・・ジョー句さんもなあ、色んなとこ通ってきたんだよな。そんなあしたのジョー句さんの一句、(マンモスの隣の君や冬花火)リクエストは、SUPER BUTTER DOG のサヨナラCOLOR・・」 摩耶の脳裏に初めて見た時のジョー句さんが浮かんだ。壁に凭れるように座って静かに微笑んでいたったけ・・。 そうこうするうちにアパートの前にタクシーが止まった。「両子さん、お言葉に甘えます。」「いいのよ~。それより摩耶ちゃんも続けてラジオ聴いてみてね。それから、今日思ったんだけど・・優弦くん・・摩耶ちゃんに気があるわよ。」「え・・」「命短し恋せよ乙女!全力で応援するわよウフ・・おやすみ。」 外階段を上がりながら摩耶もスマホのラジオのチャンネルを合わせた。極音句会で名前を聞く方々の句やリクエスト曲が次々と流れた。「さてお次の方は・・おお!こちとら江戸っ子の墨田両子ちゃん!『七男さん、すっかり寒くなってきました。ところで以前にも話した息子のことだけど、もう二年以上音信不通のままです。どこでどうしているのやら。これも母子家庭のせいかなあ。お世辞にも立派な子育てをしたなんて言えないけど、それでも一生懸命愛して育ててきたつもりなんだけどなあ・・。こんな冬の夜は、息子がよく聴いていた音楽を聴きたくなります。』そかそか・・そんな両子さんの一句、(冬の夜や息子のすきな曲を聴く)リクエストはMAN WITH A MISSIONのMemories・・おい息子!聴いてたら連絡ぐらいしろー!かーちゃん心配してるぞおお!」 「両子さん・・」摩耶の脳裏にさっきまで隣に座っていた両子の笑顔が浮かんだ。 「さて!残り時間も少なくなってきっちゃったよお。うん?おおこれは初投句かあ!出ました我らがアイドルの優弦ちゃんだあ!」 明らかに心拍数が上がるのを摩耶は感じた。「なになに、『北斗先生、僕にはいま気になる女性がいます。でもまだ挨拶もしたことありません。すると先日、ある句会のお誘いがあり、その人がそこに来ることがわかりました。うまくお話ができればいいなと思います。それにしても・・僕が人を好きになるなんて去年までは考えられませんでした。僕には親がいますが、でも本当の親に会ったことがありません。でも色んな人に支えられ、俳句にも出会い、自分を受け止められるようになったと思います。こんな僕ですが、これからもご指導よろしくお願いします。』・・そうか優弦・・たった一度の人生!思い切り恋をして思い切り失恋もして、そして思い切り生きろお!そんな優弦の一句、(吾の知らぬ父と母ゐる銀河の端)リクエストは、優弦のお母さんが好きだという一曲、和田アキ子の(あの鐘を鳴らすのはあなた)・・」 摩耶の目から、嬉しいような哀しいような・・ないまぜの涙がこぼれた。 「ハイ!今夜もついにお別れの時がやってまいりました!あっという間の2時間!うおー!ラストの一句一曲だあ!・・うん?俳号がないぞー!名前ぐらい書けー!『七男さん、初めまして。僕はプレバトの夏井いつき先生の教える俳句が面白くて俳句に興味を持ち、今も夏井先生のいつき組の端っこで俳句を詠んどるよ。極音句会も面白そーなんで、いつか参加してみたいなあ。そん時はよろしく!』 おうおう、どんどん結社歯医者、垣根も国境も前線も越えて出てこいやあ!待っとるでえ!そんな名無しさんの一句、(歪みゆくギターのソロや冬銀河)曲は、ジョン・メイヤーのEdge of Desire、今夜は、この曲でお別れするぜい!センキューベイベー!」 しっとりとしたミドルテンポの洋楽が流れる中、摩耶は窓を開けて東京の夜空を眺めた。さっきまでの雪は止んで、冬銀河とまではいかないものの、幽かな光を放つ冬の星が疎らに見える・・ 「楊梅の山山山や野桃摩耶」 初めて作った自分の句をなぜか呟いてみた。 「楊梅の山山山や野桃摩耶・・」 野桃摩耶、21歳。大都会の冬の夜空は・・・どこまでも静かに澄んでいた。 完。/純音
○純音くん、そうかそうか草加せんべい。ついに、物語も年末にして完結か。まあ、キミの「ビヨンセ」は、まあ、そんなもんじゃ焼き。しかし、野桃摩耶くんの回文俳句は、よろしいよろしい。まあ、ひとつ、来年も、よろしくご指導のほどお願いいたします。うほん。

○みなさん、今年も良くガンバッタじゃあ内科小児科肛門科。ひとつ、来年も、よろしく哀愁!うほーん。byどうだ。

 

※『俳句ポスト365』の文字が小さすぎる?
 この問題に関しては「それぞれのパソコンの個性によって見え方が違ってくるので、統一して同じ大きさにするのが難しい」のだそうです。次の方法でひとまず対処して下さい。
 「CTRL(コントロール)」のキーを押さえておいて「+(プラス)」のキーを押すと、自動的に文字が拡大されます。同じ方法で「-(マイナス)」のキーを押すと小さくなります。一度この方法を試してみて下さい。

よしあきくん

ページの先頭