俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 冬眠

第233回 2019年11月28日週の兼題

冬眠

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句

よしあきくん一期一会の一句!

 「いで湯と城と文学のまち・松山」を応援するのが、それがしの務め。本サイトを応援することも我が喜びにござる。そして、我が座右の銘は「一期一会」。我が心に怒濤の感動を呼び起こす一期一会の一句、今週もドドドーン!とご紹介いたしますぞ!
 以下、●が皆さんからの投稿。○が拙者のコメントでござる。

◆よしあきベストセレクション
第10位
うなずくが冬眠議員頭打つ コケデカ
●国会議員でねてる議員いますよね。こっくりこっくりうなずきますが、うなずきすぎて机に頭をぶつけました。/コケデカ
○コケデカ殿、よしあきくんでございまする。さようでございまするか。議員殿もコックリゴツン、でございまするか。拙者もゴツンに気をつけまする。

帰路暗し冬眠したいバイクとね Benじい
●#バイク これ実現したらどう思うかなあ(((^^;)/Benじい
○Benじい殿、バイク殿でございまするか。拙者も体のサイズに合うバイク殿をおねがいしたいのでございまする。

ダイエット食欲に負け冬眠す えのくしひかめく隊 へやま
○えのくしひかめく隊 へやま殿、ダイエット殿と冬眠殿の戦いでございまするな。拙者も戦うのでございまする。

大腿部骨折アーア冬眠す 日本酒
○日本酒殿、骨折でございまするか。それはたいへんでございまする。どうぞ、お大事になさっていただきたいのでございまする。

冬眠のランドセルを処分今年こそ かなな
○かなな殿、ランドセル殿も冬眠中でございまするか。拙者も冬眠せずにガンバルのでございまする。

冬眠をしたい時でも金はなし こじ丸
○こじ丸殿、それはたいへんでございまする。冬眠貯金をおねがいしたいのでございまする。

第9位
熊さんや充分食べて冬眠ネ つかさ
●山に食べ物が不足して、街中まで出没してしまう熊さん。 熊さんが冬眠前に、十分な食べ物にありつけますように。/つかさ
○つかさ殿、さようでございまするな。熊殿も冬眠をしていただきたいのでございまする。餌殿にもおねがいしたいのでございまする。

食べちゃった冬眠の熊撃ち殺し くまさんくまさん
●初めての俳句です。よろしくお願いします。/くまさんくまさん
○くまさんくまさん殿、それはそれはたいへんでございまする。熊殿をお食べになったのでございまするか。熊殿、お許しを。

冬眠の虫も熊も春を待つ 山野はな
○山野はな殿、さようでございまするな。みな殿も春殿を待つのでございまするな。拙者も太い首をのばして春殿を待っているのでございまする。

寝ぼけ熊クリスマスに起き温暖化 一碁一会
○一碁一会殿、熊殿がクリスマスにでございまするか。それは、クリスマス殿もたいへんでございまする。熊殿とクリスマス殿でお祝いでございまする。

冬眠の子にできるだけ冷えた土 栗田杯閃
○栗田杯閃殿、さようでございまするな。冬眠殿には冷えた土殿がひつようでございまするな。

冬眠で熟成競う肉魚 しもさん
●今年は熟成合戦で食品の価値向上していた/しもさん
○しもさん殿、熟成でございまするか?冬眠殿もお忙しいのでございまするな。

冬眠や春秋次第狂う常 ともかわすてむ
○ともかわすてむ殿、さようでございまするな。冬眠殿も、春殿や秋殿にお気遣いでございまするな。

冬眠可家宝者なり不可あわれ 杜志
○杜志殿、さようでございまするな。冬眠殿をお迎えになるのは家宝でございまするな。拙者も家宝が欲しいのでございまする。

冬眠や書庫に埃の義父句集 夏目 坦
●大掃除の時本棚を整理して埃を払って居たら義父が古希の時の記念の句集を見つけて懐かしく手を止めて読んでしまった。/夏目 坦
○夏目 坦殿、義父殿の句集でございまするな。それは大事な大事な冬眠殿でございまするな。

第8位
うさ吉は遅いと亀夫冬眠す せいち
○せいち殿、さようでございまするか。それは、亀夫殿もお待ちになったのでございましょう。うさ吉殿にもガンバっていただくのでございまする。

時奏で5分経つ朝冬眠す 隆月
●あと5分では終わりません。/隆月
○隆月殿、さようでございまするな。朝はなかなかきびしいのでございまするな。拙者も朝殿とゆっくりしたいのでございまする。

冬眠に予約のとれぬ蛇遣ひ たいぞう
○たいぞう殿、蛇殿の冬眠殿でございまするか。それは、蛇遣い殿もたいへんなのでございまする。拙者ならお手伝いするのでございまするが。

冬眠を覚ます美熟女森の中 茶碗酒一杯
○茶碗酒一杯殿、なんでございましょうか。森の中に美熟女殿がおいででございまするか。拙者もお目に掛かりたいのでございまする。

ポストあり立って冬眠するごとし ふあり光
○ふあり光殿、ポスト殿も冬眠殿と仲良くされるのでございまするか。そう申せば、朱い顔をして立っておいででございまする。

第7位
冬眠し今か今かとナウマンゾウ 丼上秋葵
●昨今のクローン技術はめざましい発展を遂げています。ほんのわずかな体細胞の核さえあれば、どんな生き物も復元できる、そんな時代も遠からず、といった今日この頃です。 でも、僕は命ってそんなに勝手に生み出していいものなの? と非常に懐疑的です。仮に僕の細胞から僕と全く同じ見た目、同じ能力を持った人間が生まれたとして、それはやはり僕ではないと思いますし、彼は、自分が何のために生まれてきたのかを僕以上に悩むことになると思います。 氷の中に眠る恐竜やマンモスたちは、一体どんな夢を見ているのでしょうか? 氷河期の終わった今の時代に目覚めるのを、今か今かと待ちわびているのでしょうか? 僕だったら、起こしてなんてほしくはなく、ずっと布団の中で、静かに休んでいたいと思います。/丼上秋葵
○丼上秋葵殿、さようでございまするな。ナウマンゾウ殿もずっと眠っておいででございまするな。

冬眠起かちんこちんのちんこちん 創一郎がゆく
●冬眠から目醒めたインスピレーションを句にしてみました。/創一郎がゆく
○創一郎がゆく殿、ほんとうでございまするか。ほんとに、冬眠殿は硬そうでございまするな。

虫歯冬眠させ歌はBON JOVI ぽんぽこぴーな
○ぽんぽこぴーな殿、虫歯殿も冬眠されるのでございまするか?BON JOVI殿は、虫歯殿と仲良し・でございまするか。

冬眠もおちおちできずこの気温 隆松
○隆松殿、さようでございまするな。なかなか温暖化殿がガンバルのでございまするな。温暖化殿ももう少しゆっくりとしていただきたいのでございまする。

第6位
冬眠やスマホいじらずペン握る くろぶち
●受験生があらゆる誘惑を振り払い合格の春を迎えられるように一心不乱に勉強に打ち込んでいこうとする決意を詠んでみました。受験生が合格の春を迎えられるようにスマホを封印(冬眠)し、一心不乱に勉強に打ち込んでいこうとする決意を詠んでみました。冬眠から目覚めたとき合格の春が待っていることを願っています。/くろぶち
○くろぶち殿、さようでございまするな。受験はいよいよ正念場でございまするな。みなさま、ガンバルのでございまするな。

冬眠をさめしネクタイ締める子の姿 からすちゃん
○からすちゃん殿、冬眠殿から戻られるのでございまするか。ネクタイ姿もキリリでございまするな。

冬眠のネズミ驚く大ダフり 詠野孔球
○詠野孔球殿、ネズミ殿もびっくりでございまする。力強いショットでございまする。いや、力強いチョットでございまするか。

第5位
冬眠と姪につたえる葬式場 うすしおポテト
●初投稿です。/うすしおポテト
○うすしおポテト殿、さようでございまするか。冬眠殿でございまするか。安らかな冬眠殿でございまするか。

今年またこの病院に冬眠す 蛾触
○蛾触殿、病院殿へと冬眠殿とごいっしょでございまするか。お大事になさってくださいませ。

退職の花束抱き冬眠へ きんえんくん
○きんえんくん殿、ご退職殿でございまするな。おめでとうございまする。どうぞ、ごゆるりと冬眠殿とお過ごしくださいませ。

百万の無職難民冬眠す バーバラ
○バーバラ殿、さようでございまするな。早く冬眠殿ともお別れになることをお祈り申し上げまする。

老親に冬眠醒めぬ子供部屋 マンギス
●子供部屋おじさんという言葉があるのですがニートが続きおじさんの年齢になっても子供部屋に籠もっている社会現象/マンギス
○マンギス殿、さようでございまするか。子供部屋から出られるのをお祈り申し上げまする。

叱られて彼女思いで冬眠す 芥川光正
●会社の上司から叱られて気落ちの中家の中で明日から休みたいと思う気持ち/芥川光正
○芥川光正殿、叱られるのは辛いのでございまする。拙者もごいっしょに叱られるのでございまする。

冬眠か?スマホ鳴らぬ失恋か? 句詩呼
○句詩呼殿、さようでございまするか。失恋も辛いのでございまする。拙者も、そんな時は、辛い辛いのでございまする。

会社辞め親の年金冬眠す のりた
●最近身近でも同年代の引きこもりが増えてきて、どうにかしないといけないが、問題提起として詠んでみました。/のりた
○のりた殿、さようでございまするな。引きこもり殿も辛いのでございまするな。

週末は冬眠決め込みコンビニへ 典華
●寒い冬、コンビニで食料を買い込みビデオ三昧。至福のひとときです。/典華
○典華殿、さようでございまするか。週末は、ゆっくりされるのが一番でございまする。拙者も、ゆっくりとするのでございまする。

冬眠はできない今夜はロールキャベツ 竹内みんて
○竹内みんて殿、ロールキャベツ殿は、大好きでございまする。冬眠殿を中止して、ロールキャベツ殿でございまする。

冬眠終えてセカンドOL初出社 岡田玲凛
●13年ぶりに仕事復帰しました!/岡田玲凛
○岡田玲凛殿、仕事殿に復帰されるのでございまするか。それは、おめでとうございまする。フレーフレーでございまする。

朝千代田線乃木坂まで冬眠 越後村上自転車屋
○越後村上自転車屋殿、さようでございまするか。千代田線殿と冬眠殿でございまするか。乃木坂駅では、どうぞ、冬眠殿とお別れくださいませ。

第4位
夫は靴下を今日も裏返さず冬眠 くれあしおん
○くれあしおん殿、靴下殿を裏返さず・・でございまするか。裏のママなのでございまするか。

冬眠のコタツにもぐる吾が夫 倉の人
○倉の人殿、コタツ殿で冬眠殿とご一緒なのでございまするな。コタツ殿は拙者も気持ちいいーーのでございまする。

妻の顔普段と違う冬眠だ 小林舟戸
●妻の文句を黙って絶える夫の様子/小林舟戸
○小林舟戸殿、さようでございまするか。奥方殿もごいっしょに冬眠殿ということも、難しいのでございまするな。

洗濯の山で冬眠演ず吾子 じゅんじゅん
○じゅんじゅん殿、吾子殿は冬眠殿と洗濯度とご一緒なのでございまするな。

進まぬ掃除居間で冬眠する父子 秋月流音@木ノ芽
○秋月流音@木ノ芽殿、それはたいへんでございまする。父子殿は冬眠殿から覚めていただくのでございまする。

冬眠をする気か妻はよく食べる ポンタロウ
○ポンタロウ殿、奥方殿は冬眠殿の準備中でございまするか。何を食しておいででございまするか。

冬眠を決め込むこの歳のデート ひよはるばば
○ひよはるばば殿、デート殿とはうらやましいのでございまする。拙者もお願いしたいのでございまする。

虫食いの衿冬眠の茶人かな 紅子
●防虫剤を過信しました。まあ何年も保つ訳はありません。/紅子
○紅子殿、虫食い殿も冬眠殿にあるのでございまするな。防虫剤殿ももっと入れないといけませぬか。

第3位
冬眠のニート活用せよ政府 脩平
○脩平殿、さようでございまするな。ニート殿も冬眠殿とお別れでございまするな。

冬眠のスーツきついが明日試験 勉邪明
○勉邪明殿、冬眠殿から覚められたスーツ殿もガンバルのでございまするな。スーツ殿、ガンバレ!

冬眠や野党の面子みな同じ 脩斎@105さい
○脩斎@105さい殿、さようでございまするか。野党殿もたいへんでございまするな。拙者も何かとたいへんでございまする。

長き冬眠目覚めれば温泉へ ひろちゃん
○ひろちゃん殿、温泉殿でございまするか。それは、うらやましいのでございまする。拙者のお城下も、道後温泉殿や飛鳥の湯殿や、温泉殿がいっぱいでございまする。

道民は冬眠島民は惰眠 ばんどうまーぴー
●北の方の厳しさと南の方の長閑さが出るかなと。/ばんどうまーぴー
○ばんどうまーぴー殿、さようでございまするか。道民殿も島民殿も、お元気にガンバルノデございまする。

冬眠す母のおなかや我を待つ まつやま孝子
●12月は私の誕生日ですが、本来は1月が予定日だったので、母は年内に用事を済ませ、年が明けたら出産準備をしようと思っていたそうです。でも私の誕生を楽しみに待っててくれたのではないかと思います。そんな母との思い出です。/まつやま孝子
○まつやま孝子殿、さようでございまするか。お母上殿もガンバラれたのでございまするな。

第2位
お買い得のポップ人工冬眠機 ぐりえぶらん
●人間にも必要かも、冬眠/ぐりえぶらん
○ぐりえぶらん殿、人工冬眠機殿でございまするか。拙者も一度、お目に掛かりたいのでございまする。

残業の夜半冬眠すプリンター 石神湖畔
○石神湖畔殿、プリンター殿が冬眠殿ではたいへんでございまするな。プリンター殿にもガンバっていただくのでございまするな。

冬眠の金庫ダイアル解けぬまま 杵築きい
○杵築きい殿、金庫殿も島民殿でございまするか。ますます、たいへんでございまする。

冬眠や医師も見つめるポケトーク 雑草おばさん
○雑草おばさん殿、ポケトーク殿でございまするか。ポケトーク殿で診察でございまするか。

冬眠す浅瀬の鯉やゼリー寄せ 三大夜景
○三大夜景殿、鯉殿がゼリー寄せ殿でございまするか?鯉殿もなんだかたいへんそうでございまするが。

第1位
チルしてる言いつつ実は冬眠中 もこ
○もこ殿、チル殿でございまするか。チル殿は島民殿でございまするか。どうぞ、ごゆっくりしていただきたいのでございまする。

◆掲示板

●新しい投句・投稿システムについてのお願い
 投句・投稿フォームが新しくなっています。投句数の増加に伴って、仕分け作業に多くの時間を要します。以下の事項を守って投句投稿して下さると、組長の負担が大きく減ります。ご協力よろしくお願いします。

①俳句の欄には俳句のみ記入して下さい。一つの欄に一句を厳守。

②「俳句に対するコメント」の欄は記入する必要はありません。(特に気になることがあれば記入していただいても結構です。)

③「ギャ句」「聞き倣し季語」は俳句欄に記入して下さい。ギャ句の原句は「俳句に対するコメント」の欄に必ず記入して下さい。

④「兼題季語についての質問・考察・情報(火曜日「俳句道場」)」は、火曜日「俳句道場」への投稿です。

⑤「『俳句ポスト365』への感想・質問・要望・俳号の変更・各地の吟行情報など」「組長&ハイポニストたちへのお便り・近況報告など」はそれぞれ水曜日への投稿です。内容に合った欄に書き込んで下さい。

◆「ギャ句」に挑戦!
 古今東西の名句を1音変えてみると、愕然と意味が変わる?!「最小の音変換による最大の意味変換」を狙う知的遊びであります。

熊の胆の主冬眠したるさま にゃん
●ギャ句 元句「蜘蛛の囲の主冬眠したるさま」高木晴子/にゃん
俺んちに蛇冬眠に入らんとす にゃん
●ギャ句 元句「トレンチに蛇冬眠に入らんとす」阿波野青畝/にゃん
運針へ冬眠に来してんと虫 にゃん
●ギャ句 元句「文鎮へ冬眠に来してんと虫」太田土男/にゃん
神官と亀冬眠し国沈む にゃん
●ギャ句 元句「森寒と神冬眠し湖沈む」長谷川かな女/にゃん
冬眠に入る北山の杉野勢 にゃん
●ギャ句 元句「冬眠に入る北山の杉の精」大島民郎/にゃん
冬眠のものの夢欲る悟空かな にゃん
●ギャ句 元句「冬眠のものの夢凝る虚空かな」竹岡一郎/にゃん
冬眠の野武士のほかは寝息なし にゃん
●ギャ句 元句「冬眠の蝮のほかは寝息なし」金子兜太/にゃん
冬眠はやめや西暦二千年 にゃん
●ギャ句 元句「冬眠の亀や西暦二千年」鈴木沙万沙/にゃん
○にゃんくん、いやどうもどうもどうだです。のっけから、なかなか良いじゃあ内科小児科肛門科。どのギャ句も良く出来てオール5。「俺んち」はちと、好きじゃがのう、うほんごほん。

「ギャ句に挑戦!」島民にまどへるものの射たれけり ひろ志
●原句は「冬眠にまどへるものの撃たれけり/森岡正作」 /ひろ志
○ひろ志くん、おお、なんじゃなんじゃなんじゃもんじゃの木。そりゃ、物騒じゃ。気をつけてくれたまえ、うほん。

「ギャ句」路面の血の斑先に腹を裂く 亀田荒太
●「元句」「冬眠の地のむらさきに藁を撒く/佐野美智」/亀田荒太
○亀田荒太くん、なるほどほどほど。まあそうじゃ、ガンバって貰っておるのじゃが、変換が多いと焦点がぼけることもあるからのう、うほん。

ギャ句“:冬眠のはじまりカラスがまた騒ぐ 吉村よし生
●原句:冬眠のはじまりガラスが先ず曇る/伊藤淳子 *「赤城の子守唄」 /吉村よし生
ギャ句“:大書庫のゲーテ万感冬眠す 吉村よし生
●原句:大書庫のゲーテ万巻冬眠す/稲田歌子/吉村よし生
ギャ句“:南無三宝冬眠の亀もくちなはも (南無三、寝損なったら大変だ!!) 吉村よし生
●原句:南無帰命冬眠の亀もくちなはも/上村占魚 *同じ原句で、もうひとつ。 ギャ句“:ナンプラー冬眠の亀もくちなはも (ナンプラーはタイ料理の魚醤) /吉村よし生
ギャ句“:冬眠のなき人間の虫垂炎 吉村よし生
●原句:冬眠のなき人間の尾骶骨/角川春樹 *同じ原句で、もうひとつ。 ギャ句“:春眠長き人間の尾骶骨 /吉村よし生
ギャ句“:檸檬と記され鰐の冬眠す 吉村よし生
●原句:獰猛と記され鰐の冬眠す/山口波津女 *檸檬(レモン)は「どうもう」とも読むそうな。 /吉村よし生
○吉村よし生くん、おお、なかなかのもんじゃ焼き。よく考えておるのう。よろしいよろしい。「ナンプラー」はちと、好きじゃが、うほんごほん。

今日の蜜喰め冬眠の前ぶれに 黒子
●ギャ句[元句]狂気満つ亀冬眠の前ぶれに 対馬康子/黒子
冬眠のはじまりカラスがマスクとる 黒子
●ギャ句[元句]冬眠のはじまりガラスが先ず曇る 伊藤淳子/黒子
○黒子くん、なるほどほどほど。いや、努力賞じゃ。よろしいよろしい。うほん。

蜘蛛も豬も彼の地冬眠したるさま 根本葉音
●ギャ句です。元句「蜘蛛の囲の主冬眠したるさま/高木晴子」/根本葉音
冬眠の蝮を捕獲値引なし 根本葉音
●ギャ句です。元句「冬眠の蝮のほかは寝息なし/金子兜太」/根本葉音
時針見て島民のそりゆり覚ます 根本葉音
●ギャ句です。元句「地震来て冬眠の森ゆり覚ます/西東三鬼」島に暮らす人たちののんびりとした朝の目覚めを詠んだ句^^;/根本葉音
臭いねと蛇の眠りをどけにけり 根本葉音
●ギャ句です。元句「草の根の蛇の眠りにとどきけり/桂信子」/根本葉音
○根本葉音くん、元句選びが秀逸じゃ。よろしいよろしい。「臭いね」はちと、好きじゃがのう。ああ、全国俳句大会、ご苦労さんじゃった、うほんげほん。

冬眠の蛇を恋する聖母のマリア 山香ばし
●ギャ句 元句は「冬眠の蛇を恋する祖母の鞠/橋閒石」/山香ばし
冬眠す我地選逃し級売り払い 山香ばし
●ギャ句 元句は「冬眠すわれら千の眼球売り払い/中谷寛章」/山香ばし
今日で三日目冬眠の前ぶれに 山香ばし
●ギャ句 元句は「狂気満つ亀冬眠の前ぶれに/対馬康子」/山香ばし
コンクリート槽酸性雨を冬眠す 山香ばし
●ギャ句 元句は「コンクリート槽山椒魚冬眠す/右城暮石」/山香ばし
冬眠の蛇に幌馬車死路あり 山香ばし
●ギャ句 元句は「冬眠の蛇に滅びし社あり/有馬朗人」/山香ばし
点滴を穴に注がれて冬眠す 山香ばし
●ギャ句 元句は「天敵を穴にのがれて冬眠す/浜渦美好」/山香ばし
冬眠のけ者の父と正座かな 山香ばし
●ギャ句 元句は「冬眠のけものの位置と星座かな/佐怒賀正美」/山香ばし
冬眠喉中の寿司にツナ・ガリ減る 山香ばし
●ギャ句 元句は「冬眠の土中の虫につながり寝る/大野林火」/山香ばし
○山香ばしくん、おお、よろしいよろしい。なかなかの達者なギャ句揃いじゃのう。「酸性雨」には気をつけんとのう。おちおち冬眠してもおれんからのう。うほんごほん。

冬眠のけもののちいと正座かな 山内彩月
●ギャ句です。元句「冬眠のけものの位置と星座かな/佐怒賀正美」   ちょっと目が覚めてしまいました。/山内彩月
○山内彩月くん、おお、バク転変換がいいじゃあ内科小児科肛門科。その調子で、ひとつ、よろしく哀愁!うほん。

シンザンに投票我は親不知 星埜黴円
●元句: 深山に冬眠我に親不知/めいおう星/星埜黴円
農民のこむらがえりの小指かな 星埜黴円
●元句: 冬眠のこむらがえりの小指かな/兼光/星埜黴円
道民の彼掘り出してまた埋める 星埜黴円
●元句: 冬眠の亀掘り出してまた埋める/神楽坂リンダ/星埜黴円
道民の兄は腹部に重みだけ 星埜黴円
●元句: 冬眠の鰐は腹部に重みかけ  山畑禄郎/星埜黴円
動員に入る北山の杉の勢 星埜黴円
●元句: 冬眠に入る北山の杉の精  大島民郎/季語は花粉症です。/星埜黴円
ゴリラには冬を眠るといふことなし 星埜黴円
●元句: 彼等には冬を眠るといふことあり  相生垣瓜人/星埜黴円
齢深く雌雄の性も冬眠す 星埜黴円
●元句: 土深く雌雄の性も冬眠す  中条角次郎/わたしゃ、もう起きそうにないです。/星埜黴円
興奮の鰐いつきより静か 星埜黴円
●元句: 冬眠の鰐巌より静か  福田蓼汀/星埜黴円
獰猛と記され姉の入眠す 星埜黴円
●元句: 獰猛と記され鰐の冬眠す  山口波津女/星埜黴円
ムーミンの蛇の胃の腑に残るもの 星埜黴円
●元句: 冬眠の蛇の胃の腑に残るもの  有馬朗人/あれは蛇ではなくてニョロニョロ? /星埜黴円
冬眠の途中の家につまが居寝る 星埜黴円
●元句: 冬眠の土中の虫につながり寝る  大野林火/星埜黴円
蜘蛛の囲の主永眠したるサマー 星埜黴円
●元句: 蜘蛛の囲の主冬眠したるさま  高木晴子/星埜黴円
永眠の蝮のはかは寝息なし 星埜黴円
●元句: 冬眠の蝮のほかは寝息なし  金子兜太/星埜黴円
痴人来て冬眠の森ゆり覚ます 星埜黴円
●元句: 地震来て冬眠の森ゆり覚ます  西東三鬼/星埜黴円
"草の根を蛇が眠りてときどき蹴り " 星埜黴円
●元句: 草の根の蛇の眠りにとどきけり  桂信子/星埜黴円
○星埜黴円くん、おお、なんとなんと南都銀行。ガンバッタじゃ内科小児科肛門科。おまけに、リューマチ科。うんうん、どのギャ句もなかなかのもんじゃ焼き。そうじゃのう、好きと言えばじゃが、「ムーミンの蛇」は見てみたいのう。いつきくんにも、よく言っておこう、うほんごほん。

冬眠の蝙蝠に似て不登校 西村 小市
●どうだ先生に捧げるギャ句゛シリーズ@原句は《冬眠の蝙蝠に似て不透明/金子兜太》/西村 小市
往来で冬眠せむとにはあらず 西村 小市
●どうだ先生に捧げるギャ句゛シリーズ@原句は《蓬莱で冬眠せむとにはあらず/徳永山冬子》/西村 小市
冬眠の蛇に滅びし八代亜紀 西村 小市
●どうだ先生に捧げるギャ句゛シリーズ@原句は《冬眠の蛇に滅びし社あり/有馬朗人》/西村 小市
冬眠の蝮のほかは贔屓なし 西村 小市
●どうだ先生に捧げるギャ句゛シリーズ@原句は《冬眠の蝮のほかは寝息なし/金子兜太》/西村 小市
冬眠の虫と別るる形見分け 西村 小市
●どうだ先生に捧げるギャ句゛シリーズ@原句は《冬眠の虫と別るる片眼向け/村越化石》/西村 小市
冬眠す蛙の時計おもはるる 西村 小市
●どうだ先生に捧げるギャ句゛シリーズ@原句は《冬眠す蛙の鼠蹊おもはるる/中田剛》/西村 小市
冬眠のけものの位置に正座かな 西村 小市
●どうだ先生に捧げるギャ句゛シリーズ@原句は《冬眠のけものの位置と星座かな/佐怒賀正美》/西村 小市
○西村 小市くん、いやどうもどうもどうだです。おお、なかなかのもんじゃ焼き。しかし、今週はみなさんに正座してもらって、申し訳ないのう。まあ、そうじゃのう、「形見分け」はしみじみと考えさせるのう。「贔屓なし」「八代亜紀」も好きじゃが、うほんげほん。よろしく哀愁!うほん。

◆今週の「聞き做し季語」?!
 兼題の季語が、耳にどう聞こえるか?……というクダラナイ試み。

遠見・富・都民・島民・止め・当面・「ミント」を何回も繰り返して言う。 さとう菓子
○さとう菓子くん、どうもどうもどうだです。おお、なかなか考えたのう。よろしいよろしい。確か、枝雀さんの代書屋の中に、トメ、というのがおったのう。いや、余談じゃ。うほん。

ききなし季語 はずきめいこ
●冬眠 農民 公民 問う民 透明 十民 素麺、ユーミン、 /はずきめいこ
○はずきめいこくん、いやあ、そうかそうか草加せんべい。ユーミンくんも登場か。よろしいよろしい。うほんごほん。

「聞き倣し季語」都民 道民 当面 ひろ志
○ひろ志くん、おお、いいじゃあ内科小児科肛門科。今週は、あちらこちらの民のみなさんに会えるのう、うほん。

「聞き做し季語」島民、当人 亀田荒太
●たまには肩の力を抜いて。/亀田荒太
○亀田荒太くん、そうじゃそうじゃ総社。良いことじゃ。うほんごほん。

道民、農民、ムーミン、ユーミン、貧民、浪人、ひふみん、動員 星埜黴円
●聞き做し季語です。/星埜黴円
○星埜黴円くん、なかなかのもんじゃ焼き。まあ、ひふみんは、よほど耳をかっぽじいてみんと、無理そうじゃが、うほんごほほん。

「聞き做し季語」道民 竹織
●寒いの大っ嫌い!だから、北海道民の方々には頭が下がります。/竹織
○竹織くん、いや、ほんとうじゃ。今週も、道民の方やいろんな民の方にお世話になった。感謝じゃ、うほん。

◆今週の「なんちゃって回文」

新味疎んじ詩人冬眠し あつちやん
●なんちやつて回文 しんみうとんじしじんとうみんし/あつちやん
○あつちやんくん、おお、のっけから、よくガンバッタじゃあ内科小児科肛門科。よろしいよろしい。うほん。

冬眠日しづけく結し弦弱音奏 ウロ
●回文俳句です。 とうみんけしづけくけつしげんみうと / 日(け):三日(みっか)・四日(よっか)など、日(か)と同源。二日以上の日にち。日々。 弱音奏(ミュート):弱音器を取り付けて演奏すること。コン・ソルディーノ。/ 冬眠中は弱音器をそっと取りつけて、ツィゴイネルワイゼンが流されました。動物たちは、さぞかし、いいゆめを結んでいたことでしょう。 /ウロ
冬眠里目醒めり芽覚め霖見うと ウロ
●回文俳句です。 とうみんりめざめりめさめりんみうと / 冬眠の里はようやく永い眠りから目覚めかかる。芽はもう起きでて外は長雨になっているよと教えてくれた。 /ウロ
○ウロくん、おおそうかそうか草加せんべい。「ミュート」はよくガンバッタ。回文俳句も、もっと、楽しくなるといいのう、うほん。

意志問う冬眠をバレバレは御身疎疎しい くろべぇ
●なんちゃって回文 いしとうとうみんをばればれはおんみうとうとしい 冬眠は難解です 俳句ギブ なんちゃって/くろべぇ
ガン見疎しと小屋終いマジや今年冬眠か くろべぇ
●なんちゃって回文 がんみうとしとこやじまいまじやことしとうみんか でけましたでぇ~俳句に進めますでぇ~なんちゃって/くろべぇ
○くろべぇくん、いやあ、ご苦労ご苦労さんじゃ。今週も、みなさんにご苦労をかけたのう。いや、その調子でひとつ、よろしく哀愁!うほん。

簀と兎冬眠見うとうとす さとう菓子
●「なんちゃって回文」すとうとうみんみうとうとす/さとう菓子
○さとう菓子くん、なるほどほどほど。まあ、冬眠は難しかったのう。いや、明日に向かって撃て、じゃのう、うほん。

甘味疎まし来よ小島冬眠か 遠音
●回文俳句。かんみうとましこよこしまとうみんか/飽いた。飽いた、というたのじゃ!聞こえぬのか?蜜月は、終わったのじゃ。ふん。遠い南の島で採れたそうじゃな、この滋味。うす墨、濃墨、黒白の襲のなかにほっちりと朽葉の色が陰になっているかのような、くらがりで見当をつけて探っても触れられぬ、しまいには狂おしい恋のような、もとの探しものもわからなくなってくるような、ああもう色などどうでもよい、たぐり寄せられぬのなら、いっそその島ごと我が掌中に収めてみせるわ。のう?その島を、からめ取るのじゃ。嚆矢を放て。使いをやるのだ。雪丸がよかろう、宣戦布告をしたためよ。…なに?雪丸は臥せっているとな?冬眠?あやつは「雪」ではないか!?ぬぬう。…相分かった。雪を待とう。音もなくきて、世界を蹂躙し尽くすのじゃ、アレは。凶暴な白が消える頃には、このケも、失せ果てておるやもしれぬ。どれ、私も眠ることに、しよう。早う、去ね。私は、あの白のなかに浮かむのだよ。/遠音
○遠音くん、おお、なかなかのもんじゃ焼き。物語じゃのう。よろしいよろしい。まあ、ワシは甘味は好きじゃがのう。それにしても、全国俳句大会良かったのう。いや、今週は嬉しいことが多いのう、うほんごほん。

這いて行かん美海冬眠海底は 星埜黴円
●回文です。 はいていかんみうとうみんかいていは/星埜黴円
冬眠さ蜜柑缶噛み酸味宇土 星埜黴円
●回文です。 とうみんさみかんかんかみさんみうと/星埜黴円
美しき冬眠深雨と来し苦痛 星埜黴円
●回文です。 うつくしきとうみんみうときしくつう/星埜黴円
○星埜黴円くん、おお、そうかそうか草加せんべい。いや、なかなかの労作じゃ。よろしいよろしい。しかし、蜜柑缶は噛まんほうが、よろしい、うほん。

庶子めの冬眠見宇土の飯好し 西川由野
●回文です「しよしめのとうみんみうとのめしよし」 /西川由野
とことん冬眠せんミュータントごと 西川由野
●回文です「とことんたうみんせんみうたんとごと」 /西川由野
○西川由野くん、よろしいよろしい。「ミュータント」は良くガンバッタじゃあ内科小児科肛門科。ひとつ、その調子で、よろしく哀愁!うほん。

 

※『俳句ポスト365』の文字が小さすぎる?
 この問題に関しては「それぞれのパソコンの個性によって見え方が違ってくるので、統一して同じ大きさにするのが難しい」のだそうです。次の方法でひとまず対処して下さい。
 「CTRL(コントロール)」のキーを押さえておいて「+(プラス)」のキーを押すと、自動的に文字が拡大されます。同じ方法で「-(マイナス)」のキーを押すと小さくなります。一度この方法を試してみて下さい。

よしあきくん

ページの先頭