俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 麦踏

第235回 2020年1月9日週の兼題

麦踏

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句

今週のお便り&俳句道場

■今週のお便り(●が皆さんからの投稿、○が正人&夏井コメント)

●新しい投句・投稿システムについてのお願い
 投句・投稿フォームが新しくなっています。投句数の増加に伴って、仕分け作業に多くの時間を要します。以下の事項を守って投句投稿して下さると、組長の負担が大きく減ります。ご協力よろしくお願いします。

①俳句の欄には俳句のみ記入して下さい。一つの欄に一句を厳守。

②「俳句に対するコメント」の欄は記入する必要はありません。(特に気になることがあれば記入していただいても結構です。)

③「ギャ句」「聞き倣し季語」は俳句欄に記入して下さい。ギャ句の原句は「俳句に対するコメント」の欄に必ず記入して下さい。

④「兼題季語についての質問・考察・情報(火曜日「俳句道場」)」は、火曜日「俳句道場」への投稿です。

⑤「『俳句ポスト365』への感想・質問・要望・俳号の変更・各地の吟行情報など」「組長&ハイポニストたちへのお便り・近況報告など」はそれぞれ水曜日への投稿です。内容に合った欄に書き込んで下さい。

◆『俳句ポスト365』へのご感想、ご要望、ご質問
●初めて投句しました。よろしくお願いします。/スサトヨ
●初めて投句します。よろしくお願いいたします。/は志むら
●初めての投句です /賀代
●昨年12月に、句会ライブに参加して、投稿句を取り上げてもらったことから、(初心者で下手でも、それなりに)もっと俳句をやってみたいと思い、この俳句ポストにも初めて投稿しました。 これからも、できる限り、投稿を続けていきたいと思っています。 よろしくお願いします。 /しゅういずみ
●今年から俳句を自分なりにお勉強したいと思い、投稿させていただきました。 普段の生活に新たな彩りが出て楽しくなりそうです。/つる凛々
●初めての投稿です。/ゆうどん
●初めての投稿で緊張しています。 これから勉強し、表現力に磨きをかけられればと思っています。 よろしくお願い致します。/畠山 緋彩
●初めて俳句を詠みました。「世界一わかりやすい俳句の授業」を読んで挑戦しました。よろしくお願いします。/北牛
●初めて投稿します。今まで言葉遊びはツイッターなどでは投稿したことがあり、折角ならもう少し人の意見もほしいなと思いました。批判をお願いします。/刀虫
●子の寝かしつけ中に何か出来ないかと思いはじめてみました。俳句歴1か月未満です。よろしくお願いします。/森川いもり
●はじめて投句させていただきました。ご指導いただけたらと思っています。よろしくお願いいたします /小春
●フレバトを見て、夏井先生のキャラクターと俳句の面白さに惹かれ、勉強を始めたばかりの初心者です。 いつかは選んで頂けるような俳句を作れるよう精進します。どうぞよろしくお願いします。/重木一行
●ぼおっとしてたら 浮かんだので3つ送ります。 俳句をつくるのはうまれて 初めてです。 麦踏みの情景は 50年も前の記憶です。/窓 四角
●はじめてつくりましたが 今日1日 俳句っぽかったです。ほんわかな一日。季語とかよくわかりませんのですみません! 川柳の 七七取りて 「川句亅あれば 千句は出来ん なにをまたまた /窓 四角
●初めまして、よーきーと申します。初めて見たプレバトで、なんて素敵な方と夏井先生のファンになりました。新年を迎え未開の脳地の開拓にと俳句(らしきもの)作りを楽しみ始めました。兼題の「麦踏」は子供の頃母の里でよく見た光景で懐かしさに想像が膨らみました。益々のご活躍をお祈りいたします。 /よーきー
●組長!俳ポ初投稿です。兼題によってイメージも湧かずに詠めないまま〆切になってしまうことが多かった去年でしたが、「雪女」の週、皆さんの俳句の迫力に圧倒されて、今年はこの壁を越えていこうと奮起しました。宜しくお願い致します。/岡田 きなこ
○ようこそ俳句ポスト365へ!他の場所では投句したことあるけど俳句ポストは初めて、という方もいらっしゃるでしょうか。こちらでもよろしくね!(正人)

●おはようございます。/おけら
●よろしくお願いいたします。/やまぶき
●今回もよろしくお願いします。/古瀬まさあき
●よろしくお願いしますです。/沢拓庵
●宜しくお願い致します。/清水 千種
●よろしくお願いします/沙羅粗伊
●「俳句ポスト365」の皆様。こんにちは。どうぞ、よろしくお願いいたします。/松山のとまと
●いつもありがとうございますございます。せっせと投句させていただきます。頑張るぞー/浅河祥子
●とにかく毎回がんばります。/沢拓庵
●「俳句にやってはいけないことはない」という組長のコトバを頼りに。マジメにフマジメ。/沢拓庵
●1年ぐらいは自分なりに「楽しさ」を優先して詠みます/沢拓庵
●お忙しい中とは存じますが、選句宜しくお願い致します。/南方 日午
●今後も永く継続してください。/風間昭彦
●明けましておめでとうございます。本年の初投句です。今年も頑張りますので、よろしくお願い致します。/竹織
●2回目の投稿、投句です。昨年までは全くあり得なかったのですが、俳句を気にしてから、十七文字でなく、五字や、五字たす七字の計十二字が頭をよぎるようになりました。このポストに載ったみなさんの句や講評から、いろんなことを吸収するつもりです。/無尾
●昔のことを思い出しながら書いてみました。俳句をはじめて2回目なので、まだどう感じたことを17音にしたらよいか、難しいです。宜しくお願い致します。/清水 千種
●この俳句ポストの兼題をみることで、「あ、もうすぐ春か!」と気づくことができます。私にとって季節のお便りです。/紀友梨
●組長、正人さん、スタッフの皆さん、お世話になります。いつもありがとうございます。今日は初めてスマホから投句致します。/chiro
●俳句命。本年もよろしくお願いいたします。/ふさこ
●奥の細道むすびの地、岐阜県大垣市からこんにちは!/Sweet Taxi Driver
●よろしくお願いします。/じゃすみん
●一寸した俳句ブーム、選者様方々のご努力によるものと思います。/やっせん坊
●松山の俳句に対する姿勢半端ない!/やっせん坊
●夏井先生、正人さま、お忙しいなか、コメント頂いて、とても嬉しいです。ありがとうございます。/丘 るみこ
●夏井先生様が 時の人如く 俳句の種まき活動してくださっている事に感謝です。 今年も宜しくお願いします。シツコク挨拶して申し訳ないですけど! /句詩呼
●夏井先生スタッフの皆様新年おめでとうございます。 本年もよろしくお願い申し上げます。 北国とは思えないほどの温かさで、少し居心地の悪い毎日です。 自分は毎日俳句考へ有意義に暮らすことができて幸せだなと思います、毎日感謝の限りです。 先生のご活躍僭越ながら応援しています。 /のぶ子
●自分の言いたいことを俳句にすると、「説明」になってしまいます。みなさんの句を詠んで勉強中です。/玖美(乙子女改め)
●一つも選ばれないとがっくりですが、負けずに作ります/しんしん
● 俳句ポストに出会って2年くらい経ちました。今年も果敢に挑んでいきます。よろしくお願い致します。/珠凪夕波
●いつもお世話になっております。こちらに投句させて頂くようになって、1年と少しが過ぎました。素晴らしい発想をお持ちの方々の句や鍛錬の賜物と思われる手練れの方々の句を拝読していますと、自分の年齢からくる?(あるいは元々の)発想力の貧困さや勉強を続ける根気の無さなどにほとほと嫌気がさし、ああ、もう無理!と何度思ったことでしょうか。でもある日、今更ながらのように、やっと気づいたのです。自分らしく自分の身の丈に合った句を、楽しみながら作れば良いのではないかと。そして、それを気軽に投句させて頂ける場所がここにあるということの有難さに。何千という句を選句される夏井先生を始め、運営をされている皆様に心からお礼を申し上げたいと思います。本当にありがとうございます。長文失礼致しました。/加賀もずく
○継続は力なり、今回もご投句ありがとう!2回目な人も数年な人も、磨かれておりますぞ!(正人)

●なんと!三年もお休みしてました。光陰矢の如し、またよろしくお願いします。/えみあみこ
○おかえりなさいませ!随分投句増えまくってて最初は結果見るにあたり怯むかも!?笑(正人)

●むすびめさんの依頼により、俳号七草のiPadから投句させて頂いてます。どうぞ宜しくお願いします。/むすびめ
●祖母92歳、俳句ポスト2回目の代理投稿です。楽しいようで、兼題を伝えるとたくさん句を作ってお手紙で送ってくれます。/東谷正清
○代理投稿ありがとうございます。直接パソコンやスマホができない人も一緒に繋がれるのはこういう暖かさのおかげであります。(正人)

●今回の「麦踏」は春への期待を込めて、いつもより早目に投句しま~す!!/じゃすみん
●寒椿、まだまだと思って油断。早めに一つ二つ放り込んでおいてよかった。/こま
○えらいぞ、早め投句!!(正人)

●推敲して直しました。よろしくお願いします/沙羅粗伊
●インフルエンザで自宅軟禁中。熱も下がりしんどさもなくなったので、いつもより時間がゆっくり過ぎてます。火曜日に投句したものが、何かひっかかる水曜日。自分なりに推敲して再投句させて頂きます。 時間のゆとりの大切さを感じてます。/谷山 みつこ
○怪我の功名ならぬ風邪の功名?(笑)(正人)

●雪女…数句投句したあと零時近くにふと浮かんだので超ギリギリに投句。おそらく送信したの0:00を数秒過ぎていたかも。間にあったーと胸を撫で下ろしたのもつかの間、なんと下五のあとにいらない句点がついてしまっていて(/o\)やばーい!…まぁこれが入るかはわからないし…と甘く考えてましたらこのギリギリの句か並選に入るとゆー快挙(?)もちろん句点も入ってます(ToT)あー恥ずかしい(*_*;以後気をつけます。 しかしギリギリまで考えて出していなければ全没だったわけで、そんなわけでギリギリ~ズは止められませぬ。只今23:07。今回もまたギリギリです。/古都 鈴
○まあ0よりはよかったということにいたしましょうや~(笑)。(正人)

●前回は痛恨の寝落ちで投句を逃してしまいました。/ローストビーフ
●すみません、締め切りを過ぎてしまいましたが、寒椿に参加したくて応募しました。/なかしまともこ
○寝落ちはつらいよな…わかるよ…。そして締切が過ぎてしまうと残念ながらどうにもならないのです。システム上申し訳ない…!(正人)

●24516さんの代理です。今回の投句人数と投句数を教えて頂けますと幸いです。 「麦踏」、これまた難しい兼題ですね。実際に麦を踏んだ事がある人がどれだけいるか…… ハイポニストには麦を探し回る人までwww /洒落神戸
○今回も代理質問サンキューです!1530名7967句でありました。麦を探し回る人ってなんか飢饉に見舞われた古代ギリシアみたいでそれはそれでかっこいいな!?(笑)(正人)

●多い人でどのぐらい投句してるのでしょうか。/沢拓庵
○兼題によりますが多い時は一人で200句くらい出す人もいらっしゃいます。さすがに稀ですけども。(正人)

●メールアドレス変更します/正木羽後子
○投句自体には問題ありませんが、メールマガジンの登録をされてる人はそちらを個別に変更してくださいませませ。(正人)

●ところで、いつまで背景画像が「秋」なのでしょうか。/はなだんな
○あ、本当だ。冬すっとばして春になっちゃいますね…ご連絡ありがとうございます。(正人)

●数分前の投稿は操作ミスによるものです。 現在の投稿が正です。 申し訳ありません。/居村一諒
●先程投稿しました句(麦踏や遠くに白き比良の山)が以前既に投稿して重複していました。ご迷惑をお掛けし、大変失礼致しました。お詫び申し上げます。/東京極遊山人
●同様の句を投稿したのですが、誤謬がありましたので、再投稿させていただきます。 申し訳ありませんがよろしくお願い致します。/畠山緋彩
●先に11日投稿しましたが、確認の返信メールが入らず、ダブルかも知れませんが、再度投稿します。/小熊伸子
●11日投句するも確認メールが入らず・もしかすつと重複したかもしれませんが再度の確認投稿です /小熊利雄
●明けましておめでとうございます。今年もよろしく願います。 お尋ね・・・・ 「麦踏」で投稿していますが今回に限り いつものようには -----【このメールは自動返信されております】 湘輝様 俳句ポスト365へご投稿ありがとうございました。 下記内容で受付いたしました。-------- がこちらに届きません。 こちらのパソコンの所為でしょうか?お忙しいとは思いますがご返事いただければ幸いです。 湘輝   ateru21@live.jp /湘輝
●昨夜上記の俳句をスマホから投稿しましたが、確認メールが返ってこないので念の為パソコンからも同じ俳句を投稿させて頂きます。 パソコンからの投稿に確認メールが返ってくるか確かめます。 スマホに受信制限は設定していません。 昨夜の投稿が届いていればいいのですが。/堀田和敬
●先ほど応募させていただきましたが、受付完了のメールが届きませんので、念のため、再応募させていただきました。 ダブって受付していただいておりましたら、ご容赦ください。/林 和寿
○だいたいのことは送り直しておけばOKです…といいつつ、最近返信が返らない報告も多いですね。うむむ…。(正人)

●サイト内検索をご存知でしょうか。特定のサイト(ホームページ)内で語句を検索する方法です。例えば「俳句ポスト365」で「○○」を検索したいなら、アドレス欄に「site:haikutown.jp ○○」と入れてエンターを押します。(サイト名と検索語句の間にはスペースを入れてください。)私はこの検索のおかげで、全没と思っていたら並選に入っていたことと、まさかの組長からのお返事を発見しました。/松山めゐ
○ctrl+F以外にもこんなやり方もあるんですねえ!情報共有ありがとうございます!!(正人)

◆我ら並選隊
●いつき先生、お疲れ様です。雪女の並選ありがとうございました。よろしくお願いします。/清水祥月
●夏井先生、ウェンズデー正人様、お世話になります。 兼題「雪女」にて「並選」を頂きまして、ありがとうございました。従来のイメージとは逆の雪女を作ってみました。何となく思いを成就できたような雪女の姿でした。 /塩の司厨長
●夏井先生様が 関わっているサイトに投句出来て 今年も宜しくお願いします。 並とかベストセレクションに選んでいただいて嬉しくて俳句をやって良かったと思い誇りです。/句詩呼
●いつき先生、正人先生、スタッフの皆さまいつもありがとうございます。「雪女」の並選もありがとうございました。いやはや本意を全然捉えていない駄句を作っていました(猛省)m(__)m/明惟久里

◆俳句修行は楽し♪
●毎回思うのだけど、特に雪女の金曜日の句は凄いレベルだったでトマトね。どうも、新たな学習方法を見出さないと、天地は狙えそうにないでトマト。というわけで、いくつか候補があったので試してみました…久しぶりに投稿数が増えちゃったでトマト。 /トマト使いめりるりら
●最近、投句してるサイトが増えたせいか、気付かぬうちに以前作った句とそっくりの句を投句してしまってることがあるでトマト。うーん、ちゃんとメモはしてあるんだけどな…類想類句の最大の敵は、過去の自分でトマトね。 /トマト使いめりるりら
○語尾が変なのに意外とマジメでトマト…!(正人)

●写生がきちんとできるようになりたいと思いつつ、17音で現実とは別の世界を立ち上げてみたいという思いもあるので、虚構についての干珠さんへの回答に励まされました。いろんな句をよんでみたいと思います。/離松
○両方やれたらもっとカッコイイに違いない!(正人)

◆俳号に名字をつけよう♪キャンペーン
●こんにちは。お世話になっております。こちらに投句を始めて3ヶ月ちょっとのぺーぺーですが、俳号を変更することにいたしました。「二國七海」改め、「都月郁陽(とつきいくひ)」です。よろしくお願い致します!/二國七海 改め 都月郁陽
●俳号を「天陽」改め、「天陽ゆう」に変更しました。よろしくお願いいたします。/天陽ゆう
●志乃から名字をつけまして、倉嶋志乃としました。特に理由はないですがなんとなく憧れの名字です。志の字は大好きなフルポンの村上健志さんの名前から勝手に拝借しました!/倉嶋志乃
●”いつの間にかアラカン”から”気がつけばカンレキ”に俳号を変えました。今年とうとう、いよいよ、やっと還暦となりますので。/気がつけばカンレキ
●かって俳号を「舟呂」としていました。その後諸事の都合で投稿を辞めましたが、この度からまた始めたいと思いますのでよろしくお願います。 俳号は「金目銀目猫」に変えました。 オッドアイの猫が我が家に迷い込み、5年ほど飼っていましたが、一昨年9月に亡くなりました。 今はぬいぐるみの白猫3匹がいます。当たり前ですが、ものも言わず、動きもせず、寂しいですが部屋に飾ってあります。 時たま昔の名前で呼んであげています。/金目銀目猫
●島田佳可の名前で、以前投稿しましたが、俳号変更してください。/大熊さんちの猫
●今回より俳号に、@蚊帳のなか を付けました。/まぐのりあ@蚊帳のなか
○『俳句ポスト365』では、「ありそうな俳号をお使いの方は是非とも姓を付けて下さい運動」を展開しています。俳号は、自分の作品を自分のものだと主張する大切な記号。投句者お一人お一人の個性と習熟度を見極めながら、適切なアドバイスができるようにと日々心がけています。以下ご協力の程を。
 ① 同一人物の複数俳号の投句はお控え下さい。
 ② ありそうな俳号には必ず姓をつけて下さい。

●前回の「雪女」の初投句にはからずも評をいただき、その評に再び自分の俳句と向き合うことになり、 俳句の深さとおもしろさと難しさを知りました。それを伝えたくてその方法がよく分からず「麦踏」にもう一句投句することになりました。 「雪女」の句の時、自分にしか分からないけど、天気の上でも名の上でも「晴れ」に縁があり、天気の上でも名の上でも「ゆき」に縁のある妹とのいろいろな事情でお互いをうらやむという葛藤を軽い気持ちで表したのですが、やっぱり一般的な意味の「雪女」「晴女」という意味もあり、評を読むと私の中にある「雪女」と「晴女」と解釈していただいたのかなと思ったりしました。そうすると、雪女でもエルサみたいな感覚や晴女にも天気の子の陽菜ちゃんみたいなこともあり、どちらがいいとかあまりそんな意味を込めたつもりはないのですが、どこかに私の心を見通されたのかもしれない、私の中にも「雪女」の部分も「晴女」の部分も両方あるのだろうなとしばらく悶絶しておりました。これぞ俳句セラピー。恥ずかしくなって俳号返上しようかと思いましたが、せっかくつけた初俳号。名前負けしないように、実は「雪女」かもしれない自称「晴女」を脱して本当の「晴女」となれますように、「天晴」として模索と精進をしてまいりたいと思います。ありがとうございます。/天晴
○ついでにこの勢いで名字もつけちゃお!!(正人@お願い)

◆ウェンズデー正人へ
●年末たまたま見た「俳句の種を蒔く」という番組で、正人さんの声を聞きました。いいお声ですね。 /わこたんのまま
○ありがとうございます、恐縮です。よく噛みます。(正人)

●ウェンズデー正人様 雪女の回で俳句は度胸の開き直りを褒めていただいて喜んでいます。まだまだ私の度胸はふくらんだりしぼんだりですが、この喜びを燃料にどんどん作ります。/木森
○度胸もふくらんだりしぼんだりして育ちます。そう、筋肉と同じだね。(正人@脳筋)

●いつもお世話になっております。やめるやめる詐欺みたいで恥ずかしくなってきましたが、今回もまだいます。すみません。主食抜きダイエットを始めたタイミングでのこの兼題、なかなかの飯テロでした。パン食、そして麺類が恋しいです。もう何日口にしていないことか。もっとも『むずかしい事』は!いいかい!もっとも『むずかしい事』は!『自分を乗り越える事』さ!なんて思いつつ、次の兼題を確認したら更なる強敵「蕨餅」が…。/次郎の飼い主
○パン・麺・蕨餅「「「だが断る」」」。(正人)

●正人さんへ。「雪女」の回で、チュコフスキーの「わにがまちにやってきた」の、わにの名前が原文では、クロコディール・クロコディール・クロコディーロブィッチだった、と書きました。正人さんから「わにが2匹?」という感想を頂いたので、ロシア人の名前について説明させて下さい。ロシア人の名前は、3つから成り立っています。名前・父称(父上由来の名前)・姓の順です。文豪の名を挙げてみましょう。レフ・ニコラエヴィチ(ニコライの子)・トルストイ、フョードル・ミハイロヴィチ(ミハイルの子)・ドストエフスキー、が2人のフルネームです。だから、2番目の「クロコディール」は「わにの子」という意味です。長文失礼しました。/アガニョーク
○まん中のやつは父称というのですか!へー!!じゃあプーチン大統領も「ウラジーミロヴィチ=ウラジーミルの子」ってことになるんですかね?(正人)

◆夏井いつきへ
●まる裏楽しかったです。 一生の思い出になりました。/みどちゃん
●まる裏俳句甲子園、とても楽しかったです。ありがとうございました。一緒に来た釣りキチの夫と息子はその日、新居浜で大きな鮃を釣り上げ、愛媛をとても好きになったようです。また遊びに行きます!/高橋無垢
●夏雲システムで、年末年始に即吟筋力トレーニングを行った。いちおう、頭の中を(くだらない)俳句が走り回る俳句脳になってきた。いつまで続くやら。/ちびつぶぶどう
●まる裏俳句甲子園に出場した。「庭」というむつかしいお題に沈没した。 2020庭には二羽の冬雀(にわにわにわにはにわのふゆすずめ)こんなことばかり考えてちゃだめだよな。/ちびつぶぶどう
●夏井先生。昨年は大阪で生まれた句会や堺、そして1月はまる裏俳句甲子園と前日の句会ライブと色々お世話になりましてありがとうございました。 まる裏俳句甲子園はポンコツぶりを発揮してしまいましたが、即吟のスキルと夏井先生から頂いた宿題を勉強してリベンジしたいと思っております。 またお会いできる日を楽しみにしております。/けーい〇
●夏井組長!ウエンズデー正人さん!先日のまる裏俳句甲子園ではついにお会いすることができまして、本当に嬉しかったです。ツイッターで交流のあったいつき組の方々にもご挨拶でき、松山まで行ってよかったと心から思いました。ふるていさん、けーい〇さんとチームを組んだ(お二人ともありがとうございました!)までは良かったものの、当日は私が足を引っぱる形で予選敗退してしまい、お二人には申し訳ない思いでいっぱいでした。が、それ以上に楽しい記憶もたくさんでき、来年も是非参加したいと思います。今年は鍛錬の年にします。/古田秀
○目標があるということは、日々の句作に弾みが生まれます。来年の「まる裏俳句甲子園」に向けて、俳筋と貯金、励みましょう!(夏井)

●先生の句会ライブ、家の近くでやらないかなーとこっそり心待ちにしています。。/まるだいず
●夏井先生の大阪での句会ライブ楽しみです。これからも続けていただけたら嬉しいです。/垂水隼人
●夏井先生の句会ライブに参加してみたいです。アルバイト生活なので松山にいけるのは年に一度くらいです。香川県であっても仕事休めないので行けない可能性たかいので。済みません。/藤原太
●コンサートホールの俳句募集に応募した夫ですが、なんと、入選してチケットをゲットしました!夫は気を良くして、「プレバト!」を熱心に観ています。びっくりです。/みやこわすれ
●長浜盆梅ライブ、カメラを携え、夫婦でいきます 楽しみにしています/裾野51
●今施設はインフルエンザの患者が出て外出禁止面会謝絶の状態になっています。この冬はインフルエンザの流行が早いのでいいタイミングで富山の句会ライブに参加出来たと思います。/チームすそのりょういち
○新型コロナの影響で、各地の俳句大会や句会ライブの中止や延期が広がりつつあります。うがい・手洗いなど、基本的なことを丁寧に続けていかねばと、肝に銘じております。(夏井)

●プレバト冬麗戦で、季語の生かし方による僅差での決着、思わずうなりました。ひとの句を読むのは楽しいですが、実作となると…また頑張ります。/はなだんな
●1/16のプレバト、先生の句またがり中七の扱い方よくわかりました。/くによ
●夏井先生は添削も早いし度胸もいいですね。/森澤佳乃
●プレバト俳句楽しみにしています/富樫 幹
●プレバト俳句「着物で浅草旅行」の回、出演者のどなたの句も季語を大切にされていると感じられ、実際に夏井先生が季語には手を入れられませんでしたね。良い句に出会うと心が洗われるという事を、いささか感じた次第です。そして梅沢さんが圧巻の句で永世名人への道を一歩リード。しっかり定型に抑えた事と「さくさく」というオノマトペ。遥か先に思えた永世名人が、今度こそ見えてきたでしょうか。ますます目が離せません。/京野さち
●年末に駆け込みで転職を決めました。以前から関心のあった分野へのチャレンジです。 4月からの新しい環境のために準備をしているところです。 慌ただしくしていたので、久しぶりの投句です。よろしくお願いします。 プレバト冬麗戦の録画していたものをようやく見ることができました。 梅沢さんの『四方の春』の句を夏井先生が添削したときに、迫力ある華やかさが伝わってきて鳥肌が立ちました。少しの添削でこんなに劇的に表情が変わるなんて本当に俳句はおもしろいですね。/香羊
○添削というのは、作者の表現したい内容と、実際に表現された字面の間にある溝を埋めてあげる作業です。別に、字余り・句またがりが好きなわけではありませんが、初心者は往々にして内容を詰めすぎる傾向があるので、どうしても音数が溢れてしまいがちです。苦肉の策の字余りや破調。そうなってくると、五七五にぴったり入っている句は、やはり気持ちいいなあと改めて思いますね。(夏井)

●人選と並選の句の数は、回によって結構変動している気がします。選者の印象として、全体的な出来不出来に波があるように感じられることはあるのでしょうか?/斑山羊
○全体的な出来不出来があるのは、当然のことです。「天」は一句、「地」は十句前後と決めていますが、「人」「並選」については(毎回の投句数も変動しますが)特に数や割合を決めているわけではありません。(夏井)

●俳句に没頭できる2か月が過ぎてしまいましたが、今年も俳句を続けていきたいです。先生の本やっと全て読みました。句集が大好きです。これからもプレバトは必ず見ます。今年も宜しくお願いします。 /季凛
●今日組長が夢に出てきました。私「夏井組長!まだお会いできる状態ではなく太っています!ゆきまちです、すいません!」と信じられないくらいテンパりそのあと組長 「おうおう!とりあえずお茶にしましょう」と笑 凄い夢でした。私は組長が大好き。俳句ポスト、一句一遊、プレバトこの三つだけでもノート片手にさらに学び、さらに復習。無料でいいの?授業を受けているように思い本当にありがたい。そして全てに目を通して下さっている事を感じずにはいられない。私の師は組長です。私はこれから最低でも40年は俳句を続けます!(^O^)/藤田ゆきまち
○プレバトノートをつけているという人に、時々出会います。私はそんな人たちを、プレバト俳人と呼んでいますが、自然に力をつけている人が多いです。(夏井)

●気忙しい感じの年末年始の期間、俳句を作っては投句作っては投句してひたすら投句目標を目指しました何故か投句結果を確認する気持ちを逸していて、先日ようやく結果発表を開いてみました初冬から雪女までまとめて見るのは読応えがあり気忙しさや陰鬱感からやっと脱した気持ちになりました。皆さんのいづき庵通信刊行へのお祝い文を読んで初刊行を知り驚くとともに早速、冬号から注文しました残念ながら冬号への投句などの参加は期限切れですが…元々ぼんやりとした性格なのでウッカリや見落としなど仕方無いのですがHPから注文の際、お試し的に8月に秋号も出されていたのかな~などと思いヤラカシタ感が否めません残念だなぁと思うばかりです後悔先に立たずなので冬号が届くのを楽しみに待ち次号にむけて頑張ります /斗三木童
○「伊月庵(いげつあん)通信」は、春号が出たばかりです。次の投句〆切りまで、まだ日数があります。ご一緒に楽しんでまいりましょう♪(夏井)

●前回の個人的な質問に、まさか先生の真摯なお答えを頂けるとは、ただただ驚いており、先生の人間性に深く感動いたしました。俳句を学んで行くなかで、楽しい事ばかりでなく、嫌なこともある…?と言うことを、まさに学んだ出来事でした。これは、特定な片隅で起こったことだったと思いますが、これからは、自分のアンテナを良く磨いていきます。なお、正人さんの不特定多数の類想類句についての一般的な回答は、十分、心に命じておりますが、今回のご相談は、少し前に同席した句会の句に限りなくすり寄った句についてのご相談でした。感謝。/川越のしょび
○色々ありますが、それもこれも人生の学び。俳句を磨くことは、精神を磨くこと。言葉を育てることは、心を育てること。そのように考えてまいりましょう。(夏井)

●組長、老後の目標ができました! 介護施設で俳句をしたいのです。 子どもの頃からお年寄りが好きでした。 今は、娘に怒鳴られたり、孫にバカにされたり、ゲームに夢中になっている父子に放置され車椅子に所在なげに座っているお年寄りを目にするたびに無茶苦茶悲しくなります。だからといって何かできるわけではない自分も悲しいです。 施設に来る方の境遇はそれぞれと思いますが、その時間が楽しく、そして俳句が杖になる人が出てくるかもしれません。 65歳まで今の会社で働くのであと6年、バリバリの初心者からちょっと成長し、また伝え方も組長から学ぶ予定です。 それでも「教える」ことは難しいと思いますが、一緒に楽しむことはできるはずです。 またひとつ、目標という幸せをいただきました。 /むげつ空
○介護施設や公民館などで、小さな種まきをしてくれる人たちも増えてきました。嬉しいことです。その場に合わせた工夫、色々と試して下さいね。誰かの手に、俳句という温かい小石を手渡す。それが俳句の種まきです。(夏井)

◆広がる『俳句ポスト』仲間たち!
●夏井先生こんにちは。先日、初めてリアルの句会に参加したのですが、参加された方の中にいつき組のたんじぇりん金子さんがいらっしゃいました。私が金子さんのお名前を存じ上げていたのは勿論、なんと金子さんも私の名前を知ってくださっていて、恥ずかしいやら嬉しいやら。知らない方々の輪に入っていくのは私にとってかなりハードルが高いのですが、金子さんのお陰で少し緊張が和らぎ、楽しい時間を過ごす事が出来ました。ありがとうございました。都合が合えば次回も是非参加したいと思います。/緋乃捨楽
○助けられる感がめちゃくちゃ共感できますねえ。初めてお会いする方でも、俳号知ってるだけで大昔からの知り合いがいるみたいにほっと和らぎますよね心が。(正人)

●凪太さんの提案で、長野県と新潟県のいつき組メンバーが集まる「新蕎麦句会」を一月から始めました!あまりにも強いメンバーで、ドキドキです!楽しみです!/古瀬まさあき
○切磋琢磨切磋琢磨♪(正人)

●吟行の経験がありません。豊川市近辺であれば教えてほしいです。よろしくお願いいたします。/久鍋得利子
●兵庫県に住んでおりますが、同エリアでの吟行や、俳句の会の情報があればお教えいただくと幸いです. /浩章
○お近くの方情報お寄せくださいませ!(正人)

●シュトゥットガルト俳句女子の会、地道に活動中。/月の道馨子
●シュツットガルト俳句女子の会/海葡萄
●シュトゥットガルト俳句女子の会/亀の
●シュトゥットガルト俳句女子の会/三大夜景
●シュトゥットガルト俳句女子の会/網野れいこ
●シュトゥットガルト俳句女子の会/遥明
●シュトゥットガルト俳句女子の会(女子会ではありません 笑) 組長、正人さん、運営の皆様、一月のまる裏では大変お世話になりました。 組長や正人さんにお会いできて感激しました!組長にはいろいろいじっていただき(笑)、かっこいい正人さんにも親切にしていただき、まるで夢のような日々でございました。 前日の焦点会や打ち上げで素晴らしいハイポニストの方々とお会いできることも出来て、大変素敵な思い出が出来ました。皆様の勉強ぶりに刺激を受けて帰りました。 亀の歩みながら頑張って行きたいと思います。今年もどうぞよろしくお願い致します。/芍薬
○はや一月のまる裏での出会いから一ヶ月半も経つんですから早いもんですねえ。「俳句女子の会」の「の」が抜けてたりとかあったなあ(笑)。(正人)

◆小さな『俳句の種まき』運動♪
●「おうちde俳句」賞金20万円!で俳句の種まきをしています。俳句が趣味ですと堂々と職場でカミングアウトできるようになりました。あまり親しくなかった人と井戸端会議で、毒舌先生いいよね~、いいですよ~と、プレバトの話もできるように。肝心の句がまだでした。/わこたんのまま
○プレバト楽しいよね、と他の人とお話することも立派な種蒔きでありますよ♪(正人)

●私達のSNSで新年のネット句会を実施中です。今回のお題は「年賀状」と「初写真」です。10数名で50句が集まり、私が事務方として作者名を伏せて、コミュメンバーが選句中です。仲間同士で作品を持ち寄ることで、いい刺激になり、いい勉強になっていると思います。いつき先生の番組をいつも楽しく拝見し、勉強させていただいています。ますますのご活躍をお祈りします。/雨霧彦@木ノ芽
○仲間同士が切磋琢磨する場を作って活動することは蒔いた種を育てること。ナイス!!(正人)

◆「人」「地」「天」~ベム・ベラ・ベロ俳人たちより
 誰が言い始めたか、「『人』選にはいりたい=人間になりたい=妖怪人間ベム」という話で盛り上がり、「『人』選に入る=人間になる=ベム俳人になる=ベムる」と、不思議な動詞や、「天地想像」なる四字熟語が生まれております。

●投句を始めてちょうど一年、「雪女」で初めて「人」に選んでいただきました。ありがとうございます。でも正直、え?これですか?の句で評価の基準がますます悩ましいです。前頭葉の活性化の為と評価は気にせずに投句していましたが、「人選」は嬉しい!もう少しちゃんと勉強したいと思います。/真珠星倫世
●夏井先生、正人様はじめまして。プレバトを見て俳句の楽しさを知り、自己流ではじめたばかりの初心者です。本日発表の雪女のお題で、人選に選んで頂きこれを励みにコツコツと自分らしい句を詠んでいきたいと思っています。どうかよろしくお願いします。/天陽ゆう
●雪女の回では人に選出していただき本当にありがとうございました。2回目もやってみよう、という気持ちになれました。/白粋
●夏井いつき先生、スタッフの皆様、いつも有難うございます。 今回 “鱈場蟹” の結果発表にて初めて “人” で選んで頂きました。 こちらへ投句をやり始めて丁度1年、ずっと “並“ で選んで頂いていました。 今回も “並” に選んでいただけているかな?と思いながら結果発表を拝見しておりましたが、無かったので、今回は駄目だったのね???? と思いながら、遅れて発表の “人” の欄を拝見しておりました。 え??え??え???? 何と私の名前か有るでは無いですか?? もう、飛び上がらんばかりの喜びで、何度も何度も見返しましたが、間違いない! こんな事が有るから、作句、投句は辞められません。 夏井先生がいつも仰ってるように、頑張って続けていこうと思っています。/しつじのMay
●雪女、人選ありがとうございました。やって大丈夫なのか試しにやってみたことに、「大丈夫だよ」とおっしゃって頂いたようで、とてもうれしかったです。/ふくろう悠々
●夏井先生、正人さん、皆さん、こんにちは。 雪女では人選をありがとうございました。雪女は実体験がなく難しいと思いながらも妄想して楽しく詠むことができました。/夏 湖乃
●組長、『雪女』での人選2句! ありがとうございました。久々でした。また、『季語手帖』でも秀作に2句。年明け早々、幸先良いです。この調子で、『おうち de 俳句』も頑張ります! /飯村祐知子
●70代突入しました。蟻から投稿を始めて1年7カ月 ついについについにぃ~! 雪女で人選2句頂きました。 テレビやサイトでの先生の句作の注意事項をメモしたノートも3冊目 コツコツは報われる、たとえゆっくりでもまだまだ進歩できる と信じてこれからも頑張ります。/定吉

◆近況報告~♪
●今年の目標:①投句総計千句②俳句ポスト又は俳句生活地選③NHK入選④一句一遊金曜選⑤山本山入選のどれかは達成したいと思います。年一のウェブ募集もアンテナ立てて臨みます。散歩のついでに富士山には登れない、という格言を胸に励んでまいりたいなあ~!。/いなだはまち
●今年のハイポにおける目標を決めました! ハードルは高めに、「今年の兼題の半分以上で複数句掲載」です! 目標達成のネックは、体調不良になりやすい夏場ですが、今年は回避できるのか。 あと、このお便りを送る時点で、まだ前年の目標「一年間人選以上キープ」の結果が見えていないので(ハイポデビューが二月発表の兼題だったので、この辺を起点にしてます)、もし達成出来なかったら、前年の目標再挑戦か、複数句掲載チャレンジに移行するかが悩ましいところです。/多々良海月
●投句を始めて3年目に入り、「天地」を目指して頑張りたい書いてしまったような記憶がありますが、とてもとても、まだまだその域には達していないことに気付いております。改めて、今年は、「並」から「人」を目指して頑張りたいと思います。よろしくお願いいたします。 /泰然
●明けましておめでとうございます。 本年初の投稿をさせていただきます。今年は俳句2年目になります。独学で本来の型に納まっていない句を投句させていただくかもわかりませんが、今年は昨年より1句に重みを感じながらしっかり句を作って行こうと思っています。 先生をはじめ、スタッフの皆様、またハイポににストの皆様、今年が昨年よりよい1年になるといいですね。 今年も宜しくお願い致します。 /春来 燕
●お世話になっております。最近、俳句ポストとは別に俳句を投稿する機会があり、平行して俳句を作っております。今は、投稿のすべてが取り合わせの句ですが、いつかは一物仕立ての句もどこかでと投稿できるよう精進しております。今年中に4度くらい一物仕立ての句を投稿を目指して頑張ります。/川口みち
●毎度 今年も兼題季語に苦戦する 嬉しいプレッシャーです。今年も宜しくお願いします。/句詩呼
●どうも、季語のジャンルによって得手不得手があるトマトです。動植物以外の季語で、いかに自分らしい句を作れるようになるかが2020年の課題でトマト。 /トマト使いめりるりら
●今年も勉強させてください。松山の地を偲びつつがんばります。よろしくお願いいたします。/マツイミキロウ8191
● 我が家の寒椿を詠みました。梅にしろ、桜にしろ、花はいいですね。心が休まります。今年も宜しく御指導ください。/マツイミキロウ8191
●ハイポニストさんたちの勉強熱心さには頭が下がります。俳歴の割に全く上達しない私は、今まで全く努力していなかったことに気付かされました。今年からホトトギスの地元俳句会に8年ぶりに復帰します。以前は真剣に向き合っていませんでしたが、今回は本気です。花鳥諷詠の基礎を学ぼうと思っています。今年こそ並選から脱却したい。頑張ります。/よしざね弓
●年が明けてすぐに誕生日を迎え、またひとつ歳を重ねました。自分が思っていたような大人にはなれていないように思いますが、間違いなく自分なりに人生を歩み、月日を積み重ねてきている事実が、ここにはあります。来年の誕生日には、少しでも自分が思い描いていた大人のイメージに近づいた自分になっていたいと思います。ちなみに今年の抱負は『丁寧な生活をする』です。人の話を聞く姿勢、仕事や家事など、自分自身で雑だなぁ…と感じている今を変えていきたいと思います!/かつたろー。
○新年の目標今回もまだ続々。丁寧な生活をするって総合的だけど真摯でいい言葉やなあ…。(正人@元が雑人間)

●おかげ様で、息子のセンター試験、無事終える事が出来ました。私に出来ることは、いつも笑顔で、あったかいご飯を作ること、送り迎え、以上!不器用なお母ちゃんでごめんね、なのに…いつもありがとう、と息子!なんとかなるさ、命とられやしないよ、と会場に向かう息子の背中のリュックの合格お守りが揺れていました。昨年、台風で被災し、被害を受けた我が家。 一条の光となりてサクラ咲け 正解にこれだけなんてないんだよ、やり直したって、立ち止まったって!思ったようにやってごらん。いつもいつまでも、あなたを応援します。そんな気持ちなりました。 あー、親バカですね(笑)/ぽんず
○センター試験お疲れ様でした!!台風から立ち直って乗り越えたと思うと一層感慨深いな…!!(正人)

●夏井先生、正人さん、ハイポニストの皆さん、こんにちは。授業中に俳句のことを話したことで、昨年末より「受験生俳句」を付け始めた高校3年生の生徒。先日、無事にセンター試験も終え、こんな俳句を作って送ってくれました。「自己採点二度確認し春隣」・・・本人も二度確認するぐらい、なかなかいい出来だったようで、目下2次試験に向けて猛勉強を続けています。「春隣」という季語がこんなに明るく聞こえたことはありません。世の受験生たちに素晴らしい春がやってきますように・・・。/みのる
●こんにちは、組長、スタッフのみなさん。 今年も迎える入試と送り出す入試業務重なり、まる裏に行けず、 歯痒い思いでおりました。涙。 センター試験、私大入試と生徒たちもエンジンかけております。 受験勉強とは、自己否定との闘いを強いられると体験的に実感。 例題でバツがついても、自分の価値にはバツがつかないことを 信じて自分を磨いていけるか、心理戦としみじみ改めて再確認。 俳句を詠む体験とは反対のベクトルだなと。でも春には必ず ひとり一人が自分だけの花を咲かせてきたのを33年間見送って思う。 両方のベクトルを体験してきた生徒さんのしなやかさって、強靭だなと。 いつかまる裏でみなさんと語り会える時を信じて、わたしは今ここで咲いております。 /谷口詠美
○こどもたちを支える先生方もこの季節本当にお疲れ様です。全員が良い春を迎えられるかな~。(正人)

●長かった夏休みもあと10日ほどで終わります。 2月からは新学年。 娘の新しい担任の先生(なんと学年末に既に発表になっています)はピンクと紫の髪のパワフルな女性です。 今から三者面談に緊張している母(私)です。 /ほしのあお
○ピンクと紫!?さすが迫力が違うぜ…!(正人)

●ベトナムの季節便りです。 ここベトナムでは、テトと呼ばれる旧正月(陰暦1月1日、今年は1月25日)を控えお祭りムードです。ベトナムには新暦の正月を祝う習慣がなく、代わりにテトで一週間ほど休み新年を祝います。親戚や同僚にお菓子やお茶を派手に仕立てたギフトを配り、建物の入り口には金柑と桃の鉢植えを配し、赤や黄色の飾り物で家やお店を飾り、街にはそれらを売る臨時市や露店商が立ち並び...それはそれは大変な騒ぎです。 一年に唯一の長いお休みで、里帰りして家族と過ごすのが普通のようです。 私たち海外在住者にとっては一時帰国したり旅行したりする良い機会です。/碧西里
○ほほー、一年の始まりの祝い方もさまざまですね。金柑と桃っていうセレクトも新鮮で興味深いなあ。(正人)

●お世話になります。田舎ゆえ、麦畑はあるのですが、麦踏をしているのを見たことがありません。今時は人が踏むのではないと思いますが、それに代わるローラーを引くトラクターも見ないような?踏まれなくとも十分に成長するように品種改良されていたりして!絶滅季語間近かもしれませんね。さて、有難いことに暖冬で雪が降りません!滋賀県でも北部に位置する彦根ですが、この冬、まだ一度も降らないのです!スノータイヤに代えてあるにもかかわらずなのです。伊吹山も琵琶湖を囲む山々も白くならないのです!朝、白くても、すぐに溶けてなくなります。スーパーやホームセンターで 冬になると、ところ狭しと並べてある雪掻き道具、雪靴などは最早、豆まきグッズと雛あられに占領されています。我が家でも、玄関に用意していましたが、物置小屋へ!このまま春になってほしいものです。これを投稿した1月22日は結婚40年の記念日です!どうでも良かったですね。/キャサリンまさこ
○話が二転三転してますがともかく結婚40年おめでとう!!(笑)(正人)

●年末年始のお休みがわりと長かったのでまだ休みボケが抜けません。ぼやぼやしていてどうしよう。/離松
●皆さんこんにちは!今年は暖冬ですね。雪かきもせず、スキーにも行けず、一月下旬となってしまいました。/海野しりとり
●きょう20日は大寒ですね。 地球温暖化でおぉー寒いという実感がわきませんが、この後寒さがぶり返してくるかも。本格的な春が来るまで、お互いに自愛しながら過ごしましょうね。/金目銀目猫
●一月と言っても、気温高めだったりしますネ! 徳島の平野部では、今や氷柱なんて見かけません 冬のイメージが変化しているような昨今 反って体調を崩しやすいように思えます! 皆様、どうかご自愛くださいませ^^/胸きゅん小町
●毎日毎日を健康で!/公一
●一日一句を目指して作句中。ウォーキングしながら作句もまた楽し。/紀杏里
●最近、図書館にハマっています。いろいろあって足が遠のいていたのですが、行けばこれほど楽しい所はないです。いろいろ勉強したい分野があるのですが、まず必要なのが勉強する体力。体力つけなきゃ?。/しかもり
○季節の変わり目は体調崩しやすいですがみなさん大丈夫ですかね。暖かくなってきたし歩いて出掛けて体調管理。…したいなぁ…。(正人@運動不足)

● いつもご選考、お疲れさまです。自分ながら、最近ひらめきが低下しているように感じます。生活に疲弊している?それとも猫のいたずらのせい?早く、ひらめきがきらめきに変わるようなコンディションに持っていきたいです。/榊裕江子
●「雪女」では人選をありがとうございました。去年から紅まどんなのマイブームが続いており、贈り物にもしたところ「あんなに美味しいみかんは初めて食べました」との感想が届いて、ひとり満足しています。紅まどんなとデコポンを冬の小さなぜいたくに、春まで過ごしたいと思います。/玉響雷子
●夏井先生、スタッフの皆様、お疲れ様です。 どうしてもパソコンの調子悪く、初めて三週間の、アイホンで投稿してありますので、重複しておりましたら、申し訳ありません。 不穏な世界情勢に強く心を痛めながら、怒りを持ちながら でも、おこたに入りながら俳句を考えてる私自身に、それで良いのか私!と思いながらも強良い意志を持って挑ませて、頂きまし。 空気の乾燥から喉を痛め風邪やインフルエンザになる方が多い様です。皆様お体に気をつけてお過ごし下さいませ。小さな葉牡丹と赤いシクラメンと黄色と青のパンジーの寄せ植えが長持ちしてくれています。田村美穂/田村美穂
○気にしすぎてもどうにもならないこともあるんで、みかんでも食べて落ち着きながらにいたしましょうや。甘平もいいぞ!(正人)

●今(次女の旦那さんの出張もあり)次女と孫を3週間預かっていますが。1歳半の孫に振り回されています。仕事もあり、俳句を詠むのも大変ですが、それでも読みたいから読んでいます。/砂山恵子
●みなさま、いつも更新を楽しみにしています。 去年より縁あって俳句に親しむようになり、そこで初めてうちの父も俳句を詠んでいるぞという事を思い出しました。年に数回しか会わず、高齢の父と娘なぞ何を話してよいのやらと、体調の話以外なかなか盛り上がらず話題に事欠いていましたが、これで次回からの安心材料ができました。/雪華きなこ
○家族とのつながりも俳句の種♪(正人)

●締切り日の前日投句!明日は全面的断水になるため外出することに。根岸・子規庵を目指す。子規が母、妹と一緒に過ごした家。楽しみだ。/天晴鈍ぞ孤
○断水が外出のきっかけになるとは~(笑)。(正人)

●麦踏という言葉を再認識したのは昔聞き齧った曲に麦踏云々という言葉があったからです。余談ですが中央競馬には麦秋ステークスというのがありそれではじめて麦秋という言葉を知った次第です。中央競馬は農林水産省の管轄下なので麦踏ステークスというレースを作って日本文化を広めてもらいたいところです。/チームすそのりょういち
○思わぬところで季語が取り入れられてるのが面白いですね。皐月賞とかいいますし。(正人)

●こんにちは。突然ですが、奥歯を抜きました。虫歯で根っこがダメになっていたので、ある程度は覚悟していたのですが…抜歯はあっというまに終わり、今まで自分の一部だった歯が、ただの物体になってしまう。あっけなくて、寂しいものですね。こんな体験も、俳句にできればいいのにと、思えるようになりました。思っても、的確に表現できないのが悔しいですが(^^;/ちょろたこいん
●父がポリープを取り、一つ悩みがなくなりました。/ふわり子
○抜けた歯と同じようになくなったポリープにも愛着が…わかないか(笑)。(正人)

●お正月に餅を食べていたら歯の詰め物が取れてしまいました。早く歯医者に行かなければと思いながらも気が重く、歯医者って苦手だなぁ?。最近メーガン妃の映像を見る度に何故か歯ばかりに目が行ってしまいます。明日こそは歯医者に行くぞぉ???!と誓う毎日、、、トホホ(汗)/筬葉
○気が重いけど意外と行ったらスッキリしますよね歯医者。(正人)

●兼題「雪女」の妻の便りで、私が妻を観察しながら雪女の句を詠んでいることが言われていて、「美しい」って意味かな?とコメントいただきましたが、まさにその通りです!出会って十年近く経ちますが、今でも顔を見るたびその新鮮な美しさに驚きます。/とりこ
●私の住んでいる青梅市には、ハーンの小説のルーツと言われる雪女の碑(多摩川べり)や絵(昭和レトロ博物館)があります。 その故か季語「雪女」は詠みやすかったです。 おかげさまで「勝負腰巻選べぬ哀れ雪女」を「一期一会の一句」の八位に採っていただきました。 有難うございました。 この句は名将野村克也さんが、「私の勝負パンツはピンク」と言われていたことがあったのを思い出して作ってみました。 色白でスリム、目鼻立ちのすっきりした冷たく凛とした風情ながら、心は優しく温かいのが私の雪女に対するイメージです。 いわば、私の理想の女性像です。 こんな戯句も作ってみました。 「抱けるなら死ぬるも問はず雪女」好文木 年甲斐もなくお恥ずかしい次第です。/好文木
●「雪女」は、とても空想あふれる力作揃いで面白い兼題でした。金曜日の地選を読んでいると、昔「ウルトラマン」に出てきたウーと言う怪獣が思い出されました。雪ん子(人間の少女)の呼びかけで現れる、彼女の死んだ母親の怪獣化で、大雪を降らせる雪女的な設定でした。哀愁ありすぎて泣きながら見た記憶があります。雪女のコロニー…、何処かにひっそりとあればいいなと思いました。/いしはまらんる
○雪女のイメージあれこれ。まさかのウー登場でせっかくの美しい奥方のイメージが台無しだよ!!(笑)(正人)

●いつも有難う御座います。この歳になって、こんなに夢中になる趣味に遭遇するなんて、思いもしませんでした。「季語の現場に行く」この言葉、非常に響きました。一度、仕事をサボって行きました。趣味で仕事をサボったのはドラクエ以来です。どうやら悪い種を食っちまったようです(尊敬の言葉です)/北藤詩旦(きたふじしいたん)
○さては3だな!?社会現象になってたニュース映像の記憶が~。(正人)

●最近では唯一動く右手も硬くなり理学療法士からこのままだとタブレットも自由に打てなくなると警告を受けています。投句がなくなったらそういう事情なんだと思ってください。/チームすそのりょういち
○そういう状況でも使える入力デバイスとかそのうち開発されていったりしないもんですかねえ…。(正人)

●母を亡くし、娘を亡くし、最愛の2人を亡くした今、この俳句ポストへ投稿することで、2人との思い出を懐かしく思い出すことができて、私の密やかな楽しみの1つとなりました。/まつやま孝子
●明けましておめでとうございます。今年も御指導くださいませ 昔の懐かしい想いを作句しました。嫌いな父ではありましたが、心の底では尊敬していました。/マツイミキロウ8101
○家族の記憶が俳句を媒介にして蘇るのも素敵なことです。(正人)

●私の頭の中はいつも江戸と共存していたのに、年末年始に戦国武将総選挙やお城の番組ばかり見ていたのですっかり戦国に戻ってしまいました。 歴女だったのはもう35年前。 ところで、加藤嘉明はずっと「かとうよしあきら」だと思っていました。 よしあきくんごめんなさい!/むげつ空
○いわれてみれば。歴史上にも「なりあきら」とか登場しますものね。(正人)

●数ある言葉を17音に切り詰めて世界を表現する俳句は、盆栽に似ているかも、と最近思います。 ずっと自分とは縁遠いと思っていた俳句を始めて以来、ほかの伝統的な日本文化ものに対する心理的ハードルがぐっと低くなった気がします。もともと寄席演芸や浮世絵は好きでしたが、さらに歌舞伎や能、茶道、各地の歴史も気になってきています。いろいろ知ることが楽しいです。/離松
○広範な興味が句作にも影響与えてくれるかも♪(正人)

●今年は令和という時代の変換期にあたり、それをひとつのきっかけとして年賀状を送ることを止められた方が多く見受けられました。年賀状スルーという言葉もあるようで、昨年に比べいただく年賀状の数も減ったように思います。もちろん、自身の日頃の不徳故、努力が足りないが故かもしれませんが。ただ、年賀状も日本人の大切な風習であり新年の季語。いずれ絶滅季語とならぬよう、細々とでも守っていきたいと思うこの頃です。/山香ばし
○文化として~というところはわかりつつ、とてもとても年賀状苦手。字が下手な人間には拷問なのぢゃ…。(正人)

●前回の「寒椿」の回で、 SDGsの十七番目寒椿 という句を送りました。 SDGsとは、 sustainable development goals の略で、 「持続可能な開発のための目標」という意味です。2030年までの実現を目指して、国連が17項目の目標を定めました。「誰ひとり取り残さない」という考えが基本にあります。 その十七番目の目標とは、「パートナーシップで目標を達成しよう」というものです。 寒椿のように垣根を低くして、いろんな国が手を取り合ってSDGsを実現させる。そんな思いをこの句に込めました。 この句を送って数日してから見直したときにはっと気がつきました。SDGsも俳句もどちらも「17」だと。さらにその十七番目の目標は、俳句界においても句会などで日々実践されているものです。SDGsと俳句との符号に驚くとともに、「俳句でSDGsを実現させよう」と叫びたくなりました。/豆闌
○専門用語を一句の中で効かせるのってなかなか難しいですよねえ。音数的には「えすでぃーじーず」の七音換算でいいのかしら?(正人)

◆ハイポニストの果実♪
●正人先生の第三十四回俳壇賞最終選考までの勝ち上がり、おめでとうございます(だと私は思います^^) いつき先生の片腕のお一人としてのお仕事量、今はきっとものすごいでしょう。その中であれだけのレベルの句をご自分も作ってまとめて出されるというのは、きっと想像を絶する大変さでいらっしゃるはず。本当にお疲れさまです。その他あちこちでお名前だけは知っている皆さまを見つけては、とても嬉しくなります♪ 今日のNHK俳句「雑煮」では七瀬ゆきこさんの佳句が入選されていました^^♪ こちらも昨日は雪でした。インフルエンザも流行っています。皆さまご体調を崩されることなく、どうぞ笑顔で春をお迎え下さいませ☆/明惟久里
○ありがとう&おめでとう!!いろんな方の名前を見る度に刺激をもらっていますが、逆に自分も誰かの刺激になれてたらいいなあ。(正人)

◆おすすめ吟行情報!
●日光東照宮に行ってきました。ずっと修理していたイメージがあったのですが陽明門の工事が竣工したと聞いて行こうと思っても、春は花粉症なので無理、夏は暑いから無理、秋は紅葉で混むから無理、ならば冬だよねとやっと出かけました。文化財の修復については興味深く、思いを馳せる事も多くアーだコーだと時空を行ったり来たり妄想も楽しく徒歩でのんびりと巡り約5時間、ちょっとしたハイキングを楽しみました。名物はゆば。ゆばには湯葉と湯波があるそうで、へーと言いながら堪能しました。/筬葉
○5時間ゆったり巡れるあたり吟行には最適物件ですなあ!いっぱい句もできたかしらかしら~。(正人)

◆兼題「麦踏」に寄せて
●想像で作るしか無かったです。/けーい〇
●実感ゼロ。/こま
●麦踏みを見たことが無いので、ひたすら画像を探しました。/いしはまらんる
●麦踏みした事が無いので、苦労しました。画像、映像を見て、イメージを膨らませました。/令ちゃん@埼玉
●投句を始めてから一番馴染みのない季語だったかもしれません。麦踏まないから…/横縞
●麦踏は、小さい頃見たかどうか、くらいなので、実際に麦を踏んだ句は、できません。/樹出 比皷沙
●実際に見たことも無い『麦踏』という行為を想像で描くのは難しいな、と思いました。/玄久
●経験、体験の少ない季語は、むずかしく、観念的になって苦慮します。/富樫 幹
●難しい季語が続きます。というより,全てむんずかしい。/沢拓庵
●「麦踏」は「雪女」以上に想像になります。したことがない。/沢拓庵
●自分は 美しい響きや意味の日本語 を知らないのだなと。/沢拓庵
●時代から離れていく「麦踏」への対し方。/沢拓庵
●最初の頃より知れば知るほど詠むのが難しくなってきました。/沢拓庵
●選者さま&ハイポニストの皆さんにも経験のない季語というのはあると思いますが,どうしてますか。/沢拓庵
●また難しいのがきたか!というのが実感です。麦踏の体験もないし、見たことさえありません。プレバトのごとく「発想を飛ばす」しかないのでしょうが、その才能に乏しい私にはつらい季語です。/峰江
●夏井先生、スタッフの皆さん、ハイポニストの皆さん、こんにちは。 兼題「麦踏」は、言葉は知っていても、見た事もやった事もなく全く実感が伴わず、「竜田姫」や「雪女」とは違う意味でとても難しかったです。 昨年12月に厄介な目の病気を発症して、気分が落ち込みがちでしたが、眼球への注射が効いて日常生活に支障がないくらいまで回復をしました。元気がなくてもその時に感じた事を言葉にしてみよう、と思い、不安な時間を乗り切る事ができました。これからも毎日暮らす中で俳句の種を探していきたいと思います。/清白真冬
●今回の兼題「麦踏」は、イメージがつきづらく、とても難しかったです。何とか数句詠みました。皆さん、どんな句を詠まれたのか、楽しみです。勉強させていただきます。/ちか丸
○難しい季語に対してどう挑むかということですが、以下一例。(正人)

●麦踏~!わからん!と思いましたが、農作業、農作物に関係ある風習や風景がたくさんあるんでしょうねえ。 俳句を通じて少しでも知る機会を得るのはありがたいことです。 /青山あじこ
●見たこともない風景なのですが、作物を作る難しさ、自然との戦いに苦労と知恵とを考えるられました。/丘 るみこ
●麦踏みはどうしても我慢を連想してしまいます。/平井伸明
●北国なので麦踏みは経験ありませんが、春の畑の土の匂い、温かさ、そういうものはすごく分かります。まだ冬真っ只中ですが、春の季語にワクワクしました。/海野しりとり
●   夏井先生 正人さま スタッフの皆様いつも有難うございます  今回の兼題(麦踏)今では機械で行うことが多い…実際見たこともなく麦畑を想像するのみ…難しかったです  まあいつも四苦八苦しております   水夢/水夢
●麦踏という季語によって祖父と過ごした尊い日々が記憶から切り取れました。ありがとうございました。/村上優貴
●敬愛なる伊月先生 今年初のハイポです!本年もよろしくお願い申し上げます!兼題の「麦踏」。実は今まで一度も見たことがありませんでした。今年はご近所さんの農家の方の働き方をつぶさに観察したいと思います。周りには田んぼと畑が広がる環境に身を置いているのですから!いろいろな季語を身近に勉強できるこの土地が好きです♪/村上 無有
●夏井先生、正人さん、スタッフの皆さんこんにちは。 お題の「麦踏み」なかなか見かけることもない風景でイメージが湧かず難しかったです。   動画を見て、麦を踏むとどんな感触なんだろう、どんな香りがするんだろうと想像してみましたがうまく浮かばず… 結局一度体験してみたい、という気持ちを詠みました。 お題についていろいろと調べたり考えたり、想像してみたり実際に体験してみるのは楽しく、視野が広がる感じです。 これからも楽しみますね? /蓮花麻耶
○見たことやったことがなくても想像できるのが俳人のたくましいところ。言葉そのものが喚起してくれるイメージみたいなものも句材になり得ますよねえ。(正人)

●麦踏は聞いたことあっても、実際見たことなくて何のためにするのかも今回初めて知りました。正直お手上げでした。/浅河祥子
●生えたての麦を踏むのは、罪悪感でいっぱい。本当に大丈夫?体重重くてごめん。枯れないでー!/黒子
○効果効能にびっくりしますよね。痛いですって!絶対躊躇いますって!!(正人)

●麦踏の経験はないのですが、幼い頃には雑草のカラスムギは格好の遊び道具でした。踏んづけるのは当たり前、引っこ抜いてままごとに使ったり、実を採ってツバメとかバッタと言って遊んだ記憶があります。/山香ばし
○麦は踏んだことないけど、類似品踏んだ記憶が今回のヒントになってる?(笑)(正人)

●「麦踏」でまず思い出したのは、はるか昔の小学生時代、国語の教科書に「麦ふみ」という詩が載っていたことです。「サクサクサクと麦をふむ」という一節があった記憶があります。都会で生まれ育ったので麦ふみという言葉もその詩で初めて知りました。私は夏井先生とほぼ同い年ですが、どなたかこの詩をご存知ないでしょうか?/真咲よしの
○少なくとも僕個人は教科書でみた覚えはないなあ…世代の問題?地域の問題?(正人)

●組長はじめスタッフの皆様、いつもありがとうございます。かつては私のウォーキングコース沿いに、それでも二か所の麦畑があったのですが、今では一か所は野菜畑に姿を変え、一か所は半分くらいが宅地となり、規模が縮小され、細々と麦畑が存在している程度になったしまいました。当地もご多分に漏れず、都市化の波と農業の後継者問題を目の当たりにしながらのウォーキングではあります。麦を踏む姿も、記憶の彼方から大声で呼び戻さないと、なかなかイメージできなくなってきています。 /江戸人
●私の家は代々農家ですが現在は稲作のみで残念ながら麦は取り扱っておりません。母から「麦踏み」の経験がある、と聞き僅かな記憶を手がかりに作句に挑んでみました。現在の麦踏みはトラクターの後ろにローラーを付けた形で行われているそうですが、やはり昔ながらの麦踏みの人の足で少しずつ踏まれてゆく様は趣があるように感じました。 /塩の司厨長
○近くに農地があっても技術発展によって消えていくケース。そりゃたしかに一気にごろごろっとやった方が強く踏めるし早いしなあ…。(正人)

●麦踏みといえばかれこれ40年程前に祖父の畑を手伝った記憶が思い出されました。一条立てた畝の上を横向きにバタバタと歩く祖母。凄く懐かしいです。 今は機械なので畝が広く一見麦とは思いませんでした。/木乃伊
●兼題が時間旅を演出してくれる。昨年の[水鉄砲]然り。[麦踏]は六十年をプレーバックした! 自分は農家生まれの農家育ち。多くの農作業を経験している。[麦踏]もその一つである。父母と一緒に遊ぶように、麦踏をした。 米文化中心の日本であるが、今や大半が輸入されている小麦もそこそこ収穫されていた。 小麦畑に雲雀が巣をつくる。雲雀は巣の場所を離れた所から、飛び立つ。そんな光景を目にしてから半世紀以上経過。兼題に向き合う自分がいる。 どうしても農業問題が真っ先に浮かんでしまう。/天晴鈍ぞ孤
○貴重な経験者が!!60年前と言われるとなるほど現在で見ないのも納得感。(正人)

●いつもありがとうございます。麦踏…見たことがないのですが、自宅から遠くない筑波山の麓ではユメシホウ(夢紫峰)という小麦を作っているので、それを思いながら書きました。/楠青庵
○美味しそうな小麦の名前聞くと食べてみたくなるやないか…好きです、小麦&小麦粉。(正人@炭水化物大好きマン)

◆今週のオススメ「小随筆」
 お便りというよりは、超短い随筆の味わい。人生が見えてくる、お人柄が見えてくる~♪

●脳内吟行を余儀なくされた兼題であった。 私の記憶の引き出しから出てきたのは宮崎駿監督の『風の谷のナウシカ』に出てくる風の谷であった。風が吹き渡り麦の穂は揺れている。その間の道を一日の仕事を終え、家族の待つ自宅へ帰り急ぐ農夫が歩いている。もうすぐ陽はもっと傾き、刈り取りが近づいた麦は金色に輝き始める。そんなイメージが私の麦畑のイメージである。麦のイメージはそこでおしまいである。青い麦の子供をガシガシと踏みつける、そんな風景は想像し難い。優しい雰囲気を持つミレーの落穂拾いが頭に浮かんでしまう。日本の食糧自給率の問題で小麦が10%と言っていたことも思い出した。もともとの日本の生産量がどれくらいだったのか知らない。食生活が変わったことも大きな原因であるのだろう。しかし、これが単純に麦の作付け面積が減ることによっての減少であるならば問題である。『麦踏』が出来なくなってしまう。一部の富裕層の娯楽になってしまうことはなかろうか。選ばれし者の遊興となり、いずれは日本から消え去って死語なってしまわないだろうか。一度も踏むことの無いまま死語となるのは少し悔しい。続けて夏井先生の『絶滅寸前季語辞典』を思い出す。あれは面白かった。まだ読んでない人は、ぜひ買って読んでください。と頼まれないのに宣伝をしている私の頭の中は『季語』と『死語』で一杯になってきた。 『麦踏』から『死語』へ頭の中はくるくる回る。気候変動やAI化などでどんな言葉でも死語となる可能性は持ち合わせているのかも知れない。 しかし、四季のある山紫水明の日本で生活し、日本語を使う者ならば歳時記を開いて目に飛び込む季語で懐かしさや自分の体温が上がるような思いをして欲しい。そんな人たちがいる限り『麦踏』も死語となる日は来ないであろう。/宮島ひでき

夏井先生

ページの先頭