俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 麦踏

第235回 2020年1月9日週の兼題

麦踏

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句

よしあきくん一期一会の一句!

 「いで湯と城と文学のまち・松山」を応援するのが、それがしの務め。本サイトを応援することも我が喜びにござる。そして、我が座右の銘は「一期一会」。我が心に怒濤の感動を呼び起こす一期一会の一句、今週もドドドーン!とご紹介いたしますぞ!
 以下、●が皆さんからの投稿。○が拙者のコメントでござる。

◆よしあきベストセレクション

第10位
もう喝だスマホアプリで麦を踏む コケデカ
●なんでもスマホのアプリやらなんやらですね。農作業もスマホ片手にやっている方を見かけます。そのうち麦踏みもなんやらのアプリを考えてやるんかな!なんでも楽に楽にってもう、喝だ!/コケデカ
○コケデカ殿、よしあきくんでございまする。さようえございまするか。麦踏殿にもスマホアプリ殿でございまするか。拙者も勉強いたしまする。

踏まるる麦の爆睡中よ試験中 みー
●本日センター試験の監督をしてきました。開始20分ほどで爆睡する女子が二人いました。しかも何科目も。この日のための苦労は、果たして実るのか否か?とても気になりました。/みー
○みー殿、それはお疲れさまでございまする。その女子殿もお疲れさまでございまする。良い夢をご覧になれるとよろしいのでしょう。

第9位
麦ふめばじょうぶになるよ足こしが あおいフォーク
○あおいフォーク殿、さようでございまするな。一生懸命、麦踏殿でございまするな。拙者も、どんどんと麦踏殿でございまする。

ダイエット昔に戻り麦踏みで あつこっとん
●肥満気味の方々、農機具を使わず昔の麦踏み(足踏み)を頑張り、ダイエットをしましょう。/あつこっとん
○あつこっとん殿、かたじけのう存じまする。拙者も精進するのでございまする。

麦踏やバケツ二個手に廊下立つ えぬ
●麦踏の踏まれて強く育つイメージと、昭和時代のバケツを持ちながら廊下に立って強く育つイメージを、取り合わせ手法で重ねてみました/えぬ
○えぬ殿、バケツ殿を2個でございまするか。懐かしい風景でございまする。拙者もバケツ殿と、よくご一緒させていただきました。

つい、そっと甘く麦踏み親心 飴
●ここまで育てた親心から、つい、踏みつけがあまくなってしまう。。/飴
○飴殿、さようでございまするか。麦踏殿も甘くでございまするか。拙者はどすんどすん、でございまする。

麦を踏む姉さんドS ハイヒール 塩の司厨長
●よしあき殿、久方ぶりに月曜日に投句致します。一期一会に宜しくお願い申し上げます。/塩の司厨長
○塩の司厨長殿、お久しぶりでございまする。姉上殿は、どS?なのでございまするか。その、拙者はその方面には、あまり詳しくないのでございまするが。ハイヒールは履かないのでございまするが。

ピョコンぐっ麦踏跡ぞ絡む空 真優航千の母
○真優航千の母殿、麦踏殿の跡が続くのでございまするな。広い広い麦畑殿と空でございまするな。

第8位
今はただ麦踏む馬場の十六文 カオス
○カオス殿、馬場殿でございまするか。十六文キックではなく、麦踏殿でございまするな。それは、麦踏殿もお喜びでございまするな。

麦踏の体験学習エグザイル 秋月流音@木ノ芽
○秋月流音殿、体験学習中でございまするか。エグザイル殿もご一緒なのでございまするか。拙者もエグザイル殿とご一緒に麦踏殿でございまする。

村おこし門脇麦と麦踏を シロクマ太郎
●映画のタイトルみたいにつくりました/シロクマ太郎
○シロクマ太郎殿、さようでございまするか。門脇麦殿でございまするか。拙者もご一緒したいのでございまする。

麦踏めばゴッホゴッホと応えたり 明爽
○明爽殿、さようでございまするか。麦踏殿は、ゴッホ殿が応えていただけるのでございまするか。では、拙者も、ゴッホゴッホ、いや、マスク殿はしておりまする。

第7位
ビール好きされど麦踏み知らず人 わわ
○わわ殿、さようでございまするな。拙者も麦踏殿をご一緒せずに、ビール殿をいただいておりました。これからは、麦踏殿ともご一緒したいのでございまする。

麦踏やうどん県だよ金比羅宮 下村ひじり
●うどん県頑張れの気持ちを/下村ひじり
○下村ひじり殿、さようでございまするな。うどん県殿もガンバっておいででございまするな。拙者もせっせと麦踏殿とガンバルのでございまする。

麦踏みやならぶペンギン蟹歩き 季切少楽
●麦踏みしている方々がペンギンのように見えました。/季切少楽
○季切少楽殿、ペンギン殿が麦踏殿でございまするか。ペンギン殿なのに蟹歩き殿でございまするか。拙者も蟹歩き殿でガンバってみるのでございまする。

麦踏に似るが憎しや嫁稼業 文緒
○文緒殿、さようでございまするか。嫁家業殿はたいへんでございまするな。拙者が応援応援でございまする。

第6位
麦踏やキャメルで糞のルーレット 和泉穣
○和泉穣殿、キャメル殿?でございまするか。糞殿でございまするか?拙者は、?????のルーレット殿でございまする。

麦踏やエンターキーは黒光り 隆月
○隆月殿、さようでございまするな。拙者もお城では、エンター・エンターでお勤めをするのでございまする。しかし、拙者も指ではなかなか、エンター殿を押すことができませぬ、グスン。

納期過ぎ麦踏放題のごとどこもバグ 樹出 比皷沙
●バグすなわちプログラム障害という言葉がどの世代まで通用するか/樹出 比皷沙
○樹出 比皷沙殿、さようでございまするか。あちらこちらでバグ殿なのでございまするか。それはたいへんなのでございまする。バグ殿に少しだけご遠慮いただきたいのでございまする。

洗濯機壊れて麦踏む労を知る 青木健一
○青木健一殿、洗濯機殿がたいへんでございまするな。麦踏殿のように洗濯でございまするな。拙者も体重でお手伝いしたいのでございまする。

麦踏は昭和レトロに指定され オイラー
○オイラー殿、昭和レトロ殿でございまするか。麦踏殿はまだまだ、ガンバっておられるのでございまする。

第5位
麦を踏む五七五調で上の空 かたちゃん
●最初は麦踏に集中しているのだけど… 気付けば俳句を空想してたり。 五七五調のステップも、楽しいリズム感を生むのです。 上の空だったりもしますが、今年もなんとか麦踏終了!/かたちゃん
○かたちゃん殿、さようでございまするか。五七五で麦踏殿でございまするか。拙者も五七五で麦踏殿をご一緒すりのでございまする。

麦踏みや乱す一句の列の先 川越のしょび
○川越のしょび殿、川越のしょび殿も五七五殿でございまするか。乱す?のでございまするか。拙者も、五七五でガンバってみるのでございまするが。

作句さく韻を踏みつつ麦踏みす 雅鬼
●心地よい言葉遊びをしてみました/雅鬼
○雅鬼殿、さようでございまするな。五七五殿で麦踏殿をガンバルのでございまするな。拙者もガンバルのでございまする。

麦みその新入社員麦を踏む 松山
●ギノー味噌のレトルト味噌汁おいしいです。/松山
○松山殿、さようでございまするな。拙者も味噌殿は大好きでございまする。毎日、毎日、美味しいお味噌汁殿でございまする。

美味くなれ愛情込めて麦を踏む 小池敬二
●よく人間は叩かれて踏まれて強くなるっていいますね。甘やかされては、強くならない。麦も踏まれて踏まれていい麦になるんですな。起きあがり負けてなるかって強くなるって思うんですね。/小池敬二
○小池敬二殿、さようでございまするな。麦踏殿をガンバルのでございまするな。美味しい美味しい麦殿になるのでございまするな。

麦踏やタップダンスでアルデンテ ささき良月
○ささき良月殿、こちらではタップダンス殿でございまするな。タップダンス殿で麦踏殿でございまするな。麦殿もどんどん美味しくなるのでございまするな。

踏まれても踏まれても立つ麦ふみや 植木照美
○植木照美殿、さようでございまするな。麦踏殿をガンバルのでございまするな。麦殿はどんどんつんつんでございまするな。

麦踏や萌えり命の風薫り しもさん
●麦踏みの香りが蘇った/しもさん
○しもさん殿、麦踏殿をガンバルと麦殿もガンバルのでございまするな。どんどんガンバルのでございまするな。拙者もどんどんガンバルのでございまする。

怖いより笑えるホラー麦を踏む 幸久
○幸久殿、幸久殿はホラー殿がお好きでございまするか。拙者も怖いよりは楽しいホラー殿が好きでございまする。

第4位
朝早く家族揃って麦踏だ 美泉
●休みの日になると家族みんなで麦踏をする寒いけどみんなでやると言うことがうれしい幼い頃の田舎の風景が懐かしく思える。/美泉
○美泉殿、さようでございまするか。麦踏殿をご家族でなさるのでございまするな。麦殿もたいへんなお喜びでございまするな。

麦踏や我を育てた親の愛 二上松風
●畑仕事をしながら麦踏みのように厳しく愛情いっぱいに育ててくれた/二上松風
○二上松風殿、さようでございまするな。親御殿の愛でございまするな。拙者もたいへん感謝感激でございまする。

妻と吾腰に足踏み麦を踏む 青修
●痛む腰の部位を妻が足踏みを私は根張りを強くし成長を助ける土踏みの状況を詠む/青修
○青修殿、さようでございまするな。足腰殿を大事にされるのでございまするな。拙者も足腰殿にお世話になるのでございまする。

麦踏に現場は駄目と云ふ親御 庄司直也
○庄司直也殿、どうされたのでございまするか。現場がだめなのでございまするか。拙者も心配でございまする。

童子踏む知らぬ他人の麦畑 沙羅粗伊
●小学生の頃帰り道にある知らぬ畑のでよく道草に麦踏みしました。商家の私は腰に後ろ手を組み大人を真似をして踏むのがとても楽しかった/沙羅粗伊
○沙羅粗伊殿、麦踏殿はみなさんに踏まれてお喜びでございまするな。拙者もガンバってガンバって、麦踏殿をガンバって、するのでございまする。

るんたルンタるんた?麦踏み疲れ眠る吾子 むさかず
○むさかず殿、麦踏殿とお子様でございまするな。ご一緒に麦踏殿でございまするか。眠れ眠れ、吾子殿でございまするな。

麦踏やワルツが好きな老女たち 入口弘徳
○入口弘徳殿、老女殿も麦踏殿でございまするな。ワルツ殿とご一緒でございまするな。クルクル、楽しいのでございまするな。

麦踏や糞じじい共ありがとう 黒うさ狐
○黒うさ狐殿、さようでございまするとも。麦踏殿のみなさまに感謝感謝でございまする。どなたさまも麦踏殿でございまするな。

友達の「明日?麦踏み。」に感動 西田武
●街なかに住んでいると農作業というものが、とても遠い世界の事のように思えます。/西田武
○西田武殿、さようでございまするか。明日も麦踏殿でございまするか。お友達殿も麦踏殿とご一緒なのでございまするな。

第3位
円形に麦踏み宇宙人をよぶ 鳥羽南良
○鳥羽南良殿、お呼びなのでございまするか。宇宙人殿をお呼びになるのでございまするか。麦踏殿も宇宙人殿とご一緒なのでございまするな。

麦踏や版画に見入る畠の縞 仲川光風
●雪国育ちの者にとって麦踏みという意味も知らず、姿も見たことが無い時代です。/仲川光風
○仲川光風殿、さようでございまするか。麦踏殿を版画殿にご覧なのでございまするか。麦踏殿は、どちらでもガンバっておいででございまするな。

どのやうに麦を踏むやら阿波の国 軌一
●阿波の国に人はきっとあの踊りが身に沁みこんでいるはず。とすると、麦踏をしようとしても、その動きがどうしても出てきてしまうのでは。/軌一
○軌一殿、さようでございまするか。阿波の麦踏殿は、阿波の踊りなのでございまするか。拙者も阿波にお伺い申し上げまする。麦踏殿をご一緒するのでございまする。

温暖化食い止めるごと麦を踏む 凛
○凛殿、さようでございまするな。温暖化殿をご遠慮いただきたいのでございまするな。麦踏殿は、どのようにガンバラれるのでございまするか。拙者もご一緒にガンバルのでございまする。

麦踏やトランプの壁アベの矛 理酔
○理酔殿、さようでございまするか。世界は壁や矛盾に満ちているのでございまするな。拙者も粉骨砕身、ガンバルのでございまする。

麦踏や眼科広がるエアロゾル ぶっち
○ぶっち殿、さようでございまするな。世界のあちこちでたいへんなのでございまするな。拙者もマスクして、ガンバルのでございまする。

第2位
麦踏や孤高の戦士ミスグレタ 流鏑馬
●言うまでなく、スウェーデンの環境活動家の少女グレタ・トゥンベリさんのことである。国連気候変動サミットで「私たちは絶滅しかかっているのに、あなたたちが話すのはお金と永遠の経済成長というおとぎ話ばかり」と地球温暖化に及び腰の大人たちを痛烈に批判し、昨年のタイム誌の表紙を飾った。麦踏のように地道でいいから、確実に進めないと本当に「地球は滅びる」。/流鏑馬
○流鏑馬殿、さようでございまするな。麦踏殿とグレタ殿とガンバルのでございまするな。拙者も麦踏殿とご一緒にガンバルのでございまする。

麦踏や鉄の畑を退職す すみっこ忘牛
○すみっこ忘牛殿、ご卒業おめでとうございまする。鉄の畑なのでございまするな。鉄の畑を踏みしめておられたのでございまするな。

麦踏やいまだ揃わぬ管楽器 たま
○たま殿、そろわないのでございまするか。管楽器殿もたいへんでございまするな。拙者も体と頬をふくらませてガンバルのでございまするな。

第1位
0対2仲間の記憶と麦を踏む HARUTO
○HARUTO殿、さようでございまするか。0対2の試合だったのでございまするか。拙者も麦踏殿とご一緒にガンバルのでございまする。

◆掲示板
●新しい投句・投稿システムについてのお願い
 投句・投稿フォームが新しくなっています。投句数の増加に伴って、仕分け作業に多くの時間を要します。以下の事項を守って投句投稿して下さると、組長の負担が大きく減ります。ご協力よろしくお願いします。

①俳句の欄には俳句のみ記入して下さい。一つの欄に一句を厳守。

②「俳句に対するコメント」の欄は記入する必要はありません。(特に気になることがあれば記入していただいても結構です。)

③「ギャ句」「聞き倣し季語」は俳句欄に記入して下さい。ギャ句の原句は「俳句に対するコメント」の欄に必ず記入して下さい。

④「兼題季語についての質問・考察・情報(火曜日「俳句道場」)」は、火曜日「俳句道場」への投稿です。

⑤「『俳句ポスト365』への感想・質問・要望・俳号の変更・各地の吟行情報など」「組長&ハイポニストたちへのお便り・近況報告など」はそれぞれ水曜日への投稿です。内容に合った欄に書き込んで下さい。

◆「ギャ句」に挑戦!
 古今東西の名句を1音変えてみると、愕然と意味が変わる?!「最小の音変換による最大の意味変換」を狙う知的遊びであります。

麦を踏む怪獣は地へぬけてゆく にゃん
●ギャ句 元句「麦を踏む体重は地へぬけてゆく」津田清子/にゃん
麦踏のゴジラ噴いてもただひとり にゃん
●ギャ句 元句「麦踏のこちら向いてもただひとり」後藤夜半/にゃん
空也忌の堕落が見たし麦踏めり にゃん
●ギャ句 元句「夕焼の奈落が見たし麦踏めり」中拓夫/にゃん
後ろ手の麦踏のユダ引返す にゃん
●ギャ句 元句「後ろ手の麦踏の黙引返す」笠原古畦/にゃん
肩たたき少額なれば麦踏まん にゃん
●ギャ句 元句「あたゝかき正月なれば麦踏まん」北里 信子/にゃん
孝行になるかならぬか麦を踏む にゃん
●ギャ句 元句「空港になるかならぬか麦を踏む」松山足羽/にゃん
○にゃんくん、いや、どうもどうもどうだです。おお、なかなかいいじゃあ内科小児科肛門科。頭から良く出来てオール5。いやあ、今週はスタートから気分が良いのう。よろしいよろしい、うほんごほん。

「ギャ句に挑戦!」三日はやドジ踏む人のあるはあり ひろ志
●原句は「三日はや麦踏む人のあるはあり/長谷川素逝」 /ひろ志
○ひろ志くん、なるほどほどほど。いや、なんでも踏むもんじゃ焼き。うほん。

ギャ句“:麦踏の実体験やヘイ、マンボ! 吉村よし生
●原句:麦踏の実体験や万歩計/泉田秋硯 /吉村よし生
ギャ句“:後ろ手にボルガで踏みし麦の青 吉村よし生
●原句:後ろ手にポルカで踏みし麦の青/市橋章子 /吉村よし生
ギャ句“:麦踏や最中(もなか)の筈の父と子と 吉村よし生
●原句:麦踏や不仲の筈の父と子と/能村登四郎 /吉村よし生
ギャ句“:麦踏や九郎の牛の恋の胸 吉村よし生
●原句:麦踏やクローン牛の恋の胸/市川伊團次 /吉村よし生
○吉村よし生くん、おお、世界に広がるのう。よろしいよろしい。しかしじゃ、伊團次さんの句が、元句とギャ句が入れ替わっておるような気がするが、ワシの勉強不足かのう。ひとつ、よろしく哀愁!うほん。

麦踏の男が消えて女の声 黒子
●ギャ句[元句]麦踏の男が見えて女の声 野澤節子/黒子
○黒子くん、どうしたどうした竹下景子。事件じゃ事件じゃ、どうしたのじゃ、うほん。

北風にコートうばはれ麦踏めり 根本葉音
●ギャ句です。元句「北風に言葉うばはれ麦踏めり/加藤楸邨」/根本葉音
麦踏むやうーいワイは呑み終りたる 根本葉音
●ギャ句です。元句「麦踏むや海は日を呑み終りたる/森田峠」/根本葉音
歩み来し人鞭振りをはじめけり 根本葉音
●ギャ句です。元句「歩み来し人麦踏をはじめけり/高野素十」危険です!近づかないでください!!/根本葉音
歩み来し人無茶ぶりをはじめけり 根本葉音
●ギャ句です。元句「歩み来し人麦踏をはじめけり/高野素十」/根本葉音
○根本葉音くん、おお、そうかそうか草加せんべい。まあなにしろ、危険には近づかんことじゃ。無茶ぶりにも近づかんことじゃ、うほんごほん。

麦踏み能登沖は羽後わが通る 山香ばし
●ギャ句 元句は「麦踏の遠き背後をわが通る/鈴木六林男」/山香ばし
麦踏み芝刈り五月雨ありにけり 山香ばし
●ギャ句 元句は「麦踏みしばかりの乱れありにけり/目野六丘子」/山香ばし
麦踏のリズムに飽きてからスナック 山香ばし
●ギャ句 元句は「麦踏のリズムに飽きて鴉啼く/影島智子」/山香ばし
麦踏の男髪の出女の越え 山香ばし
●ギャ句 元句は「麦踏の男が見えて女の声/野澤節子」/山香ばし
夕焼の奈良拝みたし麦踏めり 山香ばし
●ギャ句 元句は「夕焼の奈落が見たし麦踏めり/中拓夫」/山香ばし
隠せツノ鮮やかな鬼麦を踏む 山香ばし
●ギャ句 元句は「岳雪のあざやかなるに麦を踏む/吉田冬葉」/山香ばし
牛ロデオに乗れなぐさめ麦を踏む 山香ばし
●ギャ句 元句は「うしろ手におのれなぐさめ麦を踏む/山上樹実雄」/山香ばし
油断普請割れにも蟻や麦を踏む 山香ばし
●ギャ句 元句は「ユダの不信吾にもありや麦を踏む/後藤一朗」/山香ばし
○山香ばしくん、おお、なかなかのもんじゃ焼き。景色が見える1句目もよろしいよろしい。区切り変更変換も、板に付いてきたのう。いい、かまぼこのようじゃ。ひとつ、この調子でよろしく哀愁!うほんうほん。

麦踏んできょうはひとりになり焚火 山内彩月
●ギャ句です。元句「麦踏んで今日はひとりになりたき日/後藤比奈夫」/山内彩月
道問へば麦踏二人もごもごと 山内彩月
●ギャ句です。元句「道問へば麦踏む二人こもごもに/皆吉爽雨」/山内彩月
○山内彩月くん、いや、これは上々じゃ。1句目の濁点だけのギャ句変換は、お見事じゃあ内科小児科肛門科。2句目も、細やかな入れ替え、お見事じゃ、うほん。

麦を踏む裸足の老医感電死 星埜黴円
●元句: 麦を踏む裸足の老医観念し  中川宋淵/星埜黴円
神官のゲロはかぬ日は麦を踏む 星埜黴円
●元句: 神官の足袋はかぬ日は麦を踏む  後藤智子/星埜黴円
麦踏むや一人ぶらぶら赤頭巾 星埜黴円
●元句: 麦踏むや一人かぶらぬ赤頭巾  土岐善麿/星埜黴円
麦踏でひとり見しのみ十円禿 星埜黴円
●元句: 麦踏をひとり見しのみ十円区  秋元不死男/星埜黴円
遠目にも足のあがりて糞踏める 星埜黴円
●元句: 遠目にも足のあがりて麦踏める  宇津木未曾ニ/星埜黴円
畑みちを行きしが麦酒飲みはじむ 星埜黴円
●元句: 畑みちを行きしが麦を踏みはじむ  中島碧江/星埜黴円
麦を踏む父子禿方を異にせり 星埜黴円
●元句: 麦を踏む父子嘆きを異にせり  加藤楸邨/星埜黴円
老ひとり影絵のごとく麦踏めり 星埜黴円
●元句: 老ひとり踏絵のごとく麦踏めり  中条角次郎/星埜黴円
麦を踏む人骨折のあるごとく 星埜黴円
●元句: 麦を踏む人に祈のあるごとく  嶋田峰生/星埜黴円
足踏の遠目のうちに猪木アリ 星埜黴円
●元句: 麦踏の遠目のうちに未だあり  中村汀女/星埜黴円
麦踏みのまたはいかなるものめざす 星埜黴円
●元句: 麦踏みのまたはるかなるものめざす  鷹羽狩行/星埜黴円
麦踏みの足まげてみぬ夕日の中 星埜黴円
●元句: 麦踏みの足まねてみぬ夕日の中  鳥海高志/星埜黴円
歩み来し人妻踊をはじめけり 星埜黴円
●元句: 歩み来し人麦踏をはじめけり  高野素十/星埜黴円
壇ふみのかほの下から差す日かな 星埜黴円
●元句: 麦ふみのかほの下から差す日かな  渡辺白泉/星埜黴円
○星埜黴円くん、おお、今週もガンバッタじゃあ内科小児科肛門科。おまけに、リューマチ科。しかしじゃ、まあ、禿、禿というのもどうなんじゃもんじゃの木。気にしておらんぞ、ワシは、気にはしておらん、うほんごほん。

麦踏を見つめておれりそれで寝る 西村 小市
●ギャ句゛@原句は《麦踏を見つめておれりそれで足る/高澤晶子》/西村 小市
空に青龍この家の人等麦踏みへ 西村 小市
●ギャ句゛@原句は《裏に清流この家の人等麦踏みへ/金子兜太》/西村 小市
ジャズ近き麦踏いよよ悟りの貌 西村 小市
●ギャ句゛@原句は《ジャズ近き麦踏いよよ独りの貌/加藤知世子》/西村 小市
ともに踏みて光る麦の芽乞うティッシュ 西村 小市
●ギャ句゛@原句は《ともに踏みて光る麦の芽好敵手/伊藤京子》/西村 小市
猫を子にゆだねて麦を踏みはじむ 西村 小市
●ギャ句゛@原句は《凧を子にゆだねて麦を踏みはじむ/佐野美智》/西村 小市
光る山影さして少年麦を踏む 西村 小市
●ギャ句゛@原句は《光る山傘さして少年麦を踏む/田川飛旅子》/西村 小市
夕ざれや麦踏む谷戸の山畑 西村 小市
●ギャ句゛@原句は《夕ざれや麦踏む音の山畑/中島月笠》/西村 小市
少しづつテラスに麦を踏みちかづく 西村 小市
●ギャ句゛@原句は《少しづつ鴉に麦を踏みちかづく/大熊輝一》/西村 小市
宅地並課税の旗や麦を踏む 西村 小市
●ギャ句゛@原句は《宅地並課税の畑に麦を踏む/瀬上實》/西村 小市
老いの足小刻み麦と怒り踏み 西村 小市
●ギャ句゛@原句は《老いの足小刻み麦と光踏み/西東三鬼》/西村 小市
孝行になるかならぬか麦を踏む 西村 小市
●ギャ句゛@原句は《空港になるかならぬか麦を踏む/松山足羽》/西村 小市
麦を踏むけはしき眼何を睨む 西村 小市
●ギャ句゛@原句は《麦を踏むけはしき眼何を憎む/加藤楸邨》/西村 小市
麦踏の荷をどうするか見てゐたる 西村 小市
●ギャ句゛@原句は《麦踏の手をどうするか見てゐたる/茨木和生》/西村 小市
麦踏のいつしかゐなくなりて雪 西村 小市
●ギャ句゛@原句は《麦踏のいつしかゐなくなりて月/加藤楸邨》/西村 小市
麦踏のたつた一人にみな敬礼 西村 小市
●ギャ句゛@原句は《麦踏のたつた一人にみな雪嶺/加藤楸邨》/西村 小市
○西村 小市くん、どうもどうもどうだです。おお、なかなかのもんじゃ焼き。「光る山影さして・・」は、格調があるのう。そうじゃそうじゃ、ワシも敬礼をしておこう。いや、よろしいよろしい。うほんうほん。

うしろ手におのれのくさめ麦を踏む 比良山
●ギャ句です。元句:うしろ手におのれなぐさめ麦を踏む 上樹実雄 スランプ脱出と脳トレのため初心に戻り、ギャ句再開しました。宜しくお願い致します。 /比良山
終の歯も吹き折る朝の麦踏める 比良山
●ギャ句です。元句:ついの葉も吹きちる朝の麦踏める 金尾梅の門/比良山
○比良山くん、おお、いいじゃあ内科小児科肛門科。1句目の濁点とずらしの工夫は生きたギャ句じゃ。しかし、終の歯を吹き折るとはのう。まあ、その調子で、ガンバってもらいたい、うほん。

あほくさと麦踏み石を斬りにゆく 万斛
●原句 そそくさと麦踏み石を斫りにゆく 西本一都 解釈 あほくさ、と諸事に見切りをつけ、麦を踏み、石まで日本刀で斬ってしまう、オレって人生の達人?/万斛
鎮まらぬ火の山負ひて麦を踏む 万斛
●原句 鎮まりし火の山負ひて麦を踏む 白澤良子 解釈 噴火を続ける火山を背景にヤケクソのように一人麦を踏む女。これでは麦踏みも命がけですな(笑) では/万斛
○万斛くん、なんとなんと南都銀行。いやあ、そんな方向にガンバルとは、見上げたもんじゃ焼き。まあ、人生、あほくさいことも多々有るがのう。まあ、ひとつ、よろしく哀愁!うほん。

道問へば麦踏む二人グーグルに 羅馬巴里
●元句 道問へば麦踏む二人こもごもに 皆吉爽雨/羅馬巴里
○羅馬巴里くん、うん、まあ、グーグルも役に立つもんじゃ焼き。グーグルとともにガンバってもらいたい、うほん。

◆今週の「聞き做し季語」?!
 兼題の季語が、耳にどう聞こえるか?……というクダラナイ試み。

釘踏 ふにふに 葱風味 大塚迷路
●聞き做し季語です。/大塚迷路
○大塚迷路くん、はあ、なんじゃもんじゃの木。「ふにふに」じゃと?まあ、釘でも踏んで、イタタと言っておきなさい、うほん。

「聞き做し季語」釘踏み 竹織
●字を見るだけで痛そうです。/竹織
○竹織くん、おお、キミも釘を踏むのか。まあ、危ないから、気をつけなさい、うほんごほん。

無限踏み・ムギュッ!踏み さとう菓子
●「聞き做し季語」/さとう菓子
○さとう菓子くん、おお、なかなかいろんなものを踏むもんじゃ焼き。無限はムギュという音がするのかのう、うほん。

「聞き倣し季語」麦笛(夏) 無分別 釘踏み ひろ志
○ひろ志くん、ああ、キミも釘を踏むのか。まあ、分別を持って踏むように、うほん。

◆今週の「なんちゃって回文」

麦踏す干害眼下墨斑着む ウロ
●回文俳句です。 むぎふみす かんがいがんか すみふきむ / 墨斑(すみふ):植物の葉で、濃緑色の地に薄緑色の斑が入っているもの。 む:推量の助動詞。活用語の未然形に接続する。着む:まとうだろう。負うだろう。/ 麦踏をする。干害がもう足元まで迫っている。緑の葉もボツボツ斑に冒されてゆくのだろうなあ。 /ウロ
麦踏や二期作さきに闇賦金 ウロ
●回文俳句です。 むぎふみや にきさくさきに やみふきむ / 二期作(にきさく):二毛作。一年間に米と麦など2種類の異なった作物を同じ耕地に栽培すること。/ 麦踏みをするこの土地もすでに地主は、二毛作を当て込んで内々の執りたてをしやがる。 /ウロ
○ウロくん、おお、いやあ、ご苦労ご苦労さんじゃ。考えていただいたようじゃのう。よろしいよろしい。しかし、闇の金は、どうなのじゃ、うほん。

見い麦踏絵の笑み不義無意味 さとう菓子
●「なんちゃって回文」みいむぎふみえのえみふぎむいみ(なんのこっちゃ(~_~;))/さとう菓子
○さとう菓子くん、なんだか、ちょっとシュールな回文じゃが、よろしいよろしい。無意味なものを追いかけるのも、回文俳句かもしれんのう、うほほん。

嘘の痛み不義麦踏みたいのそう 遠音
●回文俳句。うそのいたみふぎむぎふみたいのそう/比喩でなく、胸が窪む、蓋を抜かれたマンホールの中へどうと我先に黒い濁ったものが溢れ込む、一拍おいて気づく、ああこれは偽る痛みなのだと、ぎしりときしむ肋骨の一本がやけに白い、なんでこんなものが視えるのだろう、自分の骨なんて見たことないのに、おばの不義なんて知りたくもなかった、醜かった、今までのたわいないあたたかな思い出が全部全部ぼこりぶくりと汚泥に沈められた、知らぬふりをすると決めた、だから麦踏をしたいと言った、あんなに嫌がってたのにと驚かれたが誰のせいだと思っているんだろうか、ぎしぎしとぐりぐりととにかく踏みしめたかった、言葉を呑み込み、ねめつければ、ひとこと、そう、と言って、また無関心になる背中をにらみつける、終わらない、麦踏は終わったとしても私の人生がいつか終わるのだとしても、このネメシスの鉄槌を下せぬ鬱憤は永遠にたゆたうのだ、この古ぼけた柱のいつも陰になる辺りに。/遠音
○遠音くん、おお、大丈夫か。いや、人生を痛めつけることもない。ワシなんぞは、何を言っても何をやっても、良い人生じゃ。まあ、ひとつ、よろしく哀愁!うほんごほん。

平和とは麦踏み武器無鳩輪家 星埜黴円
●回文です。へいわとはむぎふみぶきむはとわいへ/星埜黴円
壬生戯夢の黄泉焼く闇夜の麦踏 星埜黴円
●回文です。みぶぎむのよみやくやみよのむぎふみ/星埜黴円
○星埜黴円くん、いやあ、そうかそうか草加せんべい。平和の鳩も麦踏みのようなもんじゃのう。黄泉国まで続くのかのう、うほん。

少し麦踏み身凍み拭き無事故す 西川由野
●回文です「すこしむぎふみしんしみふきむじこす」 /西川由野
ふらつき麦踏むトム蕗剥きつラブ 西川由野
●回文です「ふらつきむぎふむとむふきむきつらぶ」 /西川由野
○西川由野くん、そうじゃのう、無事故が一番じゃからのう。ちなみにじゃ、トムくんはお元気か。まあ、よろしく哀愁!うほんうほん。

 

※『俳句ポスト365』の文字が小さすぎる?
 この問題に関しては「それぞれのパソコンの個性によって見え方が違ってくるので、統一して同じ大きさにするのが難しい」のだそうです。次の方法でひとまず対処して下さい。
 「CTRL(コントロール)」のキーを押さえておいて「+(プラス)」のキーを押すと、自動的に文字が拡大されます。同じ方法で「-(マイナス)」のキーを押すと小さくなります。一度この方法を試してみて下さい。

よしあきくん

ページの先頭