俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 蒸鰈

第237回 2020年2月6日週の兼題

蒸鰈

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句
本選句欄では、添削した形で句を掲載する場合があります。
添削は作り替えの提案として句会等でも議論されます。示唆された添削案が自分の表現したいことに合致すれば、作者の判断においてその案を自作として採用してかまいません。

人

蒸鰈昏きを塩で満たす朝
世良日守@木ノ芽
顎口を塩のえぐりて蒸鰈
世良日守@木ノ芽
蒸鰈透けて廃炉の話など
蒸がれひ胎に太陽ふくらめる
蒸鰈女系天皇容認論
ぐでたまご
蒸鰈月はわたつみへと還る
ぐでたまご
命の朱とどめおきたる蒸鰈
いさな歌鈴
若狭てふ日本の腰や蒸鰈
いさな歌鈴
あきつしまの括れはきれい蒸鰈
玉庭マサアキ
東雲の風に甘かれ蒸鰈
玉庭マサアキ@蒸鰈の本場の小浜の方は甘かれ(い)と呼ぶようです。 冷たい風にあたることでより美味しく。
蒸鰈しょっぱし野村克也の忌
ふるてい
蒸鰈異動希望の欄に○
ふるてい
蒸鰈焼けばどうにも酒が要る
トポル
腹は酒背は飯用に蒸鰈
トポル
蒸鰈薄暮は銀に発酵す
トマト使いめりるりら
蒸鰈食む度尖る富士の影
トマト使いめりるりら
蒸鰈先史の湖の波あまし
とりこ
原発のふるへむしがれひほろほろ
とりこ
ほぐす身の月の白さや蒸鰈
にゃん
蒸鰈うるはしまろし鼻濁音
にゃん
むしがれひこころがしろくなるやまひ
ほろろ。
蒸鰈ほぐせば雨のやはらかし
ほろろ。
蒸鰈ちろちろ萎む火のまどか
古田秀
寺町に女犯の噂蒸鰈
古田秀
蒸鰈あけぼの色に焼きあがる
比々き
蒸鰈嗅げり女陰を嗅ぐごとく
比々き
蒸鰈焼くらうらうと腹子透け
じゃすみん
海棚の月はやはらか蒸鰈
じゃすみん
蒸鰈不老不死めく伽羅の色
すりいぴい
蒸鰈陸の水夫の喧嘩好き
すりいぴい
蒸鰈若狭の海も平らです
あきのひなた
原発の群れはしづかや蒸鰈
あきのひなた
蒸鰈なにか呟く笠智衆
いしはまらんる
蒸鰈若狭くまなく水の国
いしはまらんる
蒸鰈ほろり転職しようかな
えむさい
まるで裸電球のよな蒸鰈
えむさい
蒸鰈にんぎょの腓ではないか
かもん丸茶
蒸鰈干す雲上の月の贄
かもん丸茶
蒸鰈ひいきは灘の男酒
ギボウシ金森
若狭の陽しみて香るよ蒸鰈
ギボウシ金森
腋の下のさびしき白よ蒸鰈
きゅうもん@木ノ芽
生乾きの空しみじみと蒸鰈
きゅうもん@木ノ芽
夕風に尾鰭の触れて蒸鰈
ぎんやんま
飴色の廊下に匂ふ蒸鰈
ぎんやんま
蒸鰈ざらつく塩を甘うして
くさ
蒸鰈痘痕の月が燻される
くさ
月白を宿したる身ぞ蒸鰈
くりでん
蒸鰈海はしづかに排卵す
くりでん
蒸鰈若狭の雲ののたりのたり
けーい〇
黒っぽい親戚集い蒸鰈
けーい〇
友人は雨連れて来て蒸鰈
ざうこ
さしで呑む初めての夜蒸鰈
ざうこ
蒸鰈干す此処までが海なのだ
さとけん
なまぐさき人のうちがは蒸鰈
さとけん
蒸鰈白し廃炉より三年
さるぼぼ@チーム天地夢遥
蒸鰈たましひなべて半透明
さるぼぼ@チーム天地夢遥
蒸鰈若狭が見える穴一つ
シュリ
蒸鰈海の重さと陽の軽さ
シュリ
割りばしのいびつ蒸鰈のせぼね
ちびつぶぶどう
再雇用の夜に毟る蒸鰈
ちびつぶぶどう
潮風の硬き暁蒸鰈
つぎがい
蒸鰈砂金の如き三角洲
つぎがい
蒸鰈きれいに尖る若狭富士
どかてい
むしがれひ透けて若狭の一宮
どかてい
卵巣の膨らみ固し蒸鰈
ねぎみそ
受け入れた陽は飴色に蒸鰈
ねぎみそ
御食国の調は塩なり蒸鰈
はまのはの
原発の空蒼々と蒸鰈
はまのはの
蒸鰈の鰭香ばしや身をせせる
ぽおや
白い眼玉の落つこちてゐる蒸鰈
ぽおや
蒸鰈油断のならぬ皮めくる
ぽんぽこぴーな
蒸鰈やうやう酒の色となる
ぽんぽこぴーな
若乃花の仏壇返し蒸鰈
マーフィー
寡黙なる父の初恋蒸鰈
マーフィー
蒸鰈の無垢を骨からはずしたり
まこちふる
日本の海岸凸凹蒸鰈
まこちふる
浜風に雪ぐ蒸鰈と星と
まどん
蒸鰈ですよ陰膳のあしたよ
まどん
蒸鰈小雨では傘を差さない
或人
蒸鰈の美味思い出の女たち
或人
蒸鰈盃空くるたび考の声
伊奈川富真乃
話し合ふ漁協の未来むしがれひ
伊奈川富真乃
福島の酒やはらかし蒸鰈
伊予吟会 宵嵐
足の裏ほどの硬さや蒸鰈
伊予吟会 宵嵐
青葉山の馬頭観音蒸鰈
一走人
夜の星を集める宿の蒸鰈
一走人
ワイド版岩波文庫蒸鰈
遠音
おほどかにゑひて語らず蒸がれひ
遠音
まほろばの御食の国や蒸鰈
夏柿
産小屋の砂の真白や蒸鰈
夏柿
蒸鰈今は乾いた空である
花伝
親指の匂ひのとれぬ蒸鰈
花伝
婆ちゃんはもうこつくりこ蒸鰈
蒸鰈僕の爺さん船長さん
牡は皆薄つぺらなり蒸鰈
樫の木
引揚船の沈みし湾や蒸鰈
樫の木@戦後間もない1945年(昭和20年)8月24日に舞鶴港沖合の舞鶴湾で引揚船が爆発し沈没したそうです。
蒸鰈辺土より先昏れにけり
子に毟る鬼もあるらん蒸鰈
箸といふ腑分けの道具蒸鰈
瓦すずめ
蒸鰈二十年目のちゃぶ台に
瓦すずめ
蒸鰈帰路は京都へ廻らむと
亀田荒太
太陽足りぬか蒸鰈裏は白
亀田荒太
猫に明け猫に暮るるや蒸鰈
久我恒子
亡き妻の名は呼びやすし蒸鰈
久我恒子
蒸鰈嘘で楽しく生きませう
久蔵久蔵
蒸鰈呑む打つ買ふの男死す
久蔵久蔵
蒸鰈酒肆の騒めき潮騒か
虚実子
蒸鰈仏のことはさておきて
虚実子
落語なら上方といふ蒸鰈
京野さち
原発の動く動かぬ蒸鰈
京野さち
まらうどは小谷の杜氏蒸鰈
古瀬まさあき
湾頭の風を頂く蒸鰈
古瀬まさあき
仄かなる紅からくずす蒸鰈
江戸人
蒸鰈白き北アをまなかひに
江戸人
たをやかに箸押しかへし蒸鰈
今野浮儚
鼎談の中心に据ゑ蒸鰈
今野浮儚
蒸鰈幾夜の月にぬれたるや
斎乃雪
相伝の螺鈿塗箸蒸鰈
斎乃雪
鳴き砂のほろ苦き声蒸鰈
山香ばし
声変わり迎え蒸鰈ほぐす
山香ばし
蒸鰈同姓だらけ漁村地図
司啓
蒸鰈裏向け海もう見れない
司啓
蒸鰈雪深き地の生れとか
志保川有
蒸鰈女の武器をつい売りに
志保川有
蒸鰈ランプの宿に陸路無し
糸川ラッコ
蒸鰈湿った雪のかすかな香
糸川ラッコ
蒸鰈この世はなるる母の骨
次郎の飼い主
蒸がれひ卵巣ほのり星の色
次郎の飼い主
蒸鰈天国に行くには臭い
潤目の鰯
蒸鰈縫い目となりし骨ほどく
潤目の鰯
蒸鰈石の鏃を拾ふ海
純音
東京へ行くときかぬや蒸鰈
純音
蒸鰈酒三合分の惚気
上倉すず女
繊月の空のかたぶき蒸鰈
上倉すず女
蒸鰈をとこの箸で取り分ける
城内幸江
蒸鰈骨に微かな意地のあり
城内幸江
蒸鰈満中陰になお湿る
常幸龍BCAD
蒸鰈ほじくるサビが思い出せぬ
常幸龍BCAD
輪郭の少し歪みて蒸鰈
仁和田 永
蒸鰈匂へる路地を回覧板
仁和田 永
白肌に纁色透けて蒸鰈
西川由野@字化けのため再送します。そひ色(糸へんに燻のつくり)色名の一つ。蘇比とも書く。アカネ科アカネを用いた染色の色で、橙だいだい色に近い伝統色名のこと。
直箸を気にせぬ仲と蒸鰈
西川由野
蒸鰈焼かばファラオの黄金色
青海也緒
原発の町のたひらか蒸鰈
青海也緒
闇の濃き昭和の夜の蒸鰈
星埜黴円
赤坂の女は怖し蒸鰈
星埜黴円
蒸鰈かならず汁は豆腐なり
千恵
蒸鰈も一度奴と呑みたかった
千恵
月光に海は濡れゐる蒸鰈
多々良海月
若狭富士よりも真白き蒸鰈
多々良海月
蒸鰈黄昏時は笑ふ時
大和田美信
申年の喰はぬ蒸鰈がうまい
大和田美信
蒸鰈僕が生まれる前の海
鷹星
父無くば得られた自由蒸鰈
鷹星
庸として都へ献ず蒸鰈
地球人
御食国山水浄し蒸鰈
地球人
蒸鰈食べねほやほやほや食べね
池之端モルト
蒸鰈螺鈿煌めきたる箸を
池之端モルト
水の音火の音しんと蒸鰈
中根由起子
若狭井へ続く水音蒸鰈
中根由起子
ひかりの世生きる老いらく蒸鰈
中山月波
仙人のからだはあはし蒸鰈
中山月波
蒸鰈おほらかなるや塩加減
冬のおこじょ
蒸鰈日本列島微動せり
冬のおこじょ
蒸鰈もう毒舌が懐かしく
藤色葉菜
蒸鰈常世の色の卵子かな
藤色葉菜
蒸鰈鰭を匂へる謀意かな
内藤羊皐
天竺のをんなほぐせる蒸鰈
内藤羊皐
青冴の酒白濁の蒸鰈
南風の記憶
蒸鰈波を毟つたやうな空
南風の記憶
蒸鰈りんと切れたる黒電話
南方日午
蒸鰈よっちゃんとこの塩加減
南方日午
蒸鰈湾のをんなは日向色
柊 月子
蒸鰈ひかりは桐箱に納む
柊 月子
同人誌ほどの厚みに蒸鰈
稗田鈴二郎
縁側に漣幽か蒸鰈
稗田鈴二郎
腹子透けて夕日抱くごと蒸鰈
富山の露玉
妃殿下の朱き塗り箸蒸鰈
富山の露玉
色街の雨やはらかし蒸鰈
福蔵
ふるさとの畳の匂ひ蒸鰈
福蔵
箸に皮少しねちりと蒸鰈
平本魚水
蒸鰈隠岐の男と恋に落ち
平本魚水
知床と根室は口や蒸鰈
豊田すばる
蒸鰈つつくお箸は朝の色
豊田すばる
雲ほどの明るさで揺れ蒸鰈
北野きのこ
海風に撓む湾なり蒸鰈
北野きのこ
ほどほどの暮らし蒸鰈は美味い
未補
居候じみた同棲蒸鰈
未補
白比丘尼に晩年のある蒸鰈
木江
海霊は猪口に収まる蒸鰈
木江
卓袱台に蒸鰈のる小津映画
門前町光乃
海に丘そり立つ町や蒸鰈
門前町光乃
蒸鰈差しで呑む夜は金曜日
野々りんどう
しとしとと塩のしとりや蒸鰈
野々りんどう
蒸鰈風のつかひを欺かず
蘭丸結動
蒸鰈この世の影になる高さ
蘭丸結動
泣くか喰ふどちらかにせよ蒸鰈
利平
蒸鰈干して次なる漁へ行く
利平
身に透ける陽の寂しくて蒸鰈
龍田山門
蒸鰈つまらぬ面よお互ひに
龍田山門
たからだくやうむしがれひそりかへる
緑の手
地軸よづるがごとく蒸鰈裂く
緑の手
蒸鰈尾ひれ静かに山を指す
令ちゃん@埼玉
墓じまひ終へたる岬蒸鰈
令ちゃん@埼玉
蒸しがれい目の下の皺わらってる
朶美子(えみこ)
むしがれい葡萄色の目はうるんでる
朶美子(えみこ)
女人ならガラシャであろう蒸鰈
蜥蜴の尻尾
ガスの火の興なきことよ蒸鰈
蜥蜴の尻尾
蒸鰈火成岩めき持ち重る
ウェンズデー正人
蒸鰈江戸に好色一代記
ウェンズデー正人
はかどらぬ写真の整理蒸鰈
也和
褒められたくて綺麗に蒸鰈を食ふ
あいだほ
店番の猫は居留守や蒸鰈
28あずきち
蒸鰈むしつたゆび舐め猪口も舐め
⑦パパ
端然と箸使ふひと蒸鰈
GARU
山陰に空の晴れ間や蒸鰈
GONZA
焼網に皮引つ剥がる蒸鰈
Kかれん
蒸鰈廊下の床の黒光り
Mコスモ
呑む酒に陽の名残りかな蒸鰈
syuusyuu
甘醤油香り立つ夕むしがれい
yoko
金離れよき男ゐて蒸鰈
アイゴー
父逝きてぐい呑ざらり蒸鰈
あいみのり
蒸鰈目一つ取れて焼かれおり
アヴィス
葉脈の骨格のこし蒸鰈
アガニョーク
尼寺のいたづら猫や蒸鰈
あけみ
蒸鰈背びれの焦げに進む酒
あさのとびら
夢二の絵掛かる座敷の蒸鰈
あさ奏
亡き夫舅姑蒸鰈
あじさい涼音
蒸鰈つつき小言は途切れたり
あつむら恵女
明るき夕透ける卵や蒸鰈
あなうさぎ
月に照る我が受精卵、蒸鰈
あまの太郎
蒸鰈せせる雀のごとせせる
あまぶー
菊姫でこれ食べまっし蒸鰈
あみま
ありし日の父の弱音や蒸鰈
アラ
蒸鰈潮の香移る母の文
いかすみ
むしがれいはむずかしい味うみの味
いかちゃん
入り日きて汀の明かり蒸鰈
いくらちゃん
油滲む福井新聞蒸鰈
いしい美髯
晒されて風の言の葉蒸鰈
いなだはまち
老いらくの恋は美し蒸鰈
いなほせどり
蒸鰈延々つづく山談義
いまいやすのり
鉄錆の匂ふ漁港や蒸鰈
うさぎまんじゅう
蒸鰈ちょっと顔きく角の店
うま子
鵜の瀨より法螺貝の音蒸鰈
うみの海月
箸先に耕す畝や蒸鰈
ウロ
東京へ見送る夜や蒸鰈
えみあみこ
端座位の弛む腓や蒸鰈
えりいも
蒸鰈干場に風のお友だち
おけら
蒸鰈吾は生まれし箸の国
カオス
残骨の現に透くや蒸鰈
かざばな
蒸鰈の赤み後妻の眼光
かつたろー。
さて箸をどこから入れる蒸鰈
かぬまっこ
ほろほろと月のもれくる蒸鰈
かまど
原発は今も蒸鰈干す人静か
からすちゃん
海苔卵味噌汁白飯蒸鰈
きおき
蒸し鰈故郷は今雨模様
ギコ
蒸鰈あはれ尾鰭の焦げゐたり
キッカワテツヤ
尾の穴は風の記憶や蒸鰈
キートスばんじょうし
蒸鰈ただしお酒は無かりけり
きばやし
蒸鰈つつきつ予想する内示
きよなお
水上勉の昏き昭和や蒸し鰈
ぐずみ
蒸鰈皮の捲れの旨さかな
くによ
古九谷の金継ぎ細し蒸鰈
くま鶉
再雇用可の報せ待つ蒸鰈
くめ仙人
その腹に夕陽溜め込み蒸鰈
クラウド坂の上
地図帳の海は和(な)ぎなり蒸鰈
くれまてぃす恵子
落陽を溜め蒸鰈モルトにて
ぐれむりん
海は翡翠色真珠めく蒸鰈
クロまま
のったりと陽の傾いて蒸鰈
けら
蒸し鰈暗き厨に父と焼く
こーらるむーん
蒸鰈届くや禁酒誓ひしに
こじ
箸さばき美しく息子は蒸鰈
ことまと
一枚の波横たわる蒸鰈
コナラ
おひさまとうみをいただくむしがれひ
こま
蒸鰈塩味遠き面接日
サイコロピエロ
うすぺらの腹にいちもつ蒸鰈
さくみ
蒸鰈透けてる嘘や旅の宿
さくやこのはな
蒸鰈浜の番屋の祝い唄
ささき良月
炙りだす甲骨文字や蒸鰈
さだとみゆみこ
立酒の思はぬ長居蒸鰈
さぶり
ひとつ有り今日の良き事蒸鰈
しー子
たましひの抜けて蒸鰈は白し
ししまる
化石暴くごと蒸鰈の身外してる
せり坊
口吻にリアスの名残蒸鰈
たま走哉
蒸鰈真一文字に箸を引く
たんばたろう
亡き師映すテレビを見つつ蒸鰈
ちばくん
蒸鰈挟んで腹の読めぬ妻
テツコ@第二まる安
独身となりし君美し蒸鰈
でらっくま
よそ者はやはり嫌はれ蒸鰈
でんでん琴女
越前の風の塩梅蒸鰈
ときこ
波杢の格天井や蒸鰈
ときめき人
空の底ひっくり返して蒸鰈
としまる
難読のバス停閑か蒸鰈
どろん
蒸鰈揺れて夕日の揺れにけり
とんぼ
塗り箸に探られてをり蒸鰈
なご
蒸鰈子なき我らは猫を呼ぶ
なつめモコ
蒸鰈焼く定年の朝は晴れ
なみは
青白き炎透けたる蒸鰈
ねこじゃらし
鬼平もしばし休んで蒸鰈
ねずみわ
三分で多分ザッパに蒸鰈
ねずみ男
なのちやんはほんわりわらふ蒸鰈
のつり
天応丸自沈の海の蒸鰈
のら
蒸鰈海より海の味がする
はごろも
舞鶴を目におさめたり蒸鰈
はなあかり
かみしめる弔辞の結び蒸鰈
はむ
蒸鰈まだまだ知らぬ海がある
はるく
百歩程歩めば良き日蒸し鰈
ひな子桃青
月の海に水入れたしよ蒸鰈
ひねもす
いなくても好みは父似蒸鰈
ひよはるばば
蒸鰈ゆっくり過ごす最後の日
ひろしげ12さい
蒸鰈ひとり建屋のモップ掛
ふっこ
蒸鰈青竹切りてぐい呑に
ふわり子
刻み食に小骨探りて蒸鰈
ペトロア
たおやかに旅愁を解きし蒸鰈
ぼたんぴ
神の火の数多若狭の蒸鰈
ほろよい
わだつみは眠ることなし蒸鰈
ましろなぎさ
蒸鰈ああ黒龍の旨きこと
まな
蒸鰈これより先はみづのくに
まんぷく
口癖の「ばか」の懐かし蒸鰈
みくにく
ちゃん付けで呼び合う夜や蒸鰈
みやこわすれ
くすぶって渇く野心や蒸鰈
むつき
蒸鰈日本はとても細長い
むらさき(7さい)
蒸鰈祖母直伝の針仕事
めぐみの樹
弟が父に似てきて蒸鰈
めりっさ
型枠の骨の要塞蒸鰈
モッツァレラえのくし
蒸鰈からげた尻へ錆びた風
ももたもも
ぷらぷらととめられとるよ蒸鰈
ゆうら(3さい)
蒸鰈娘は父が煙たくて
ゆすらご
蒸がれひ風も西入る蛸薬師
よしおくん
むしがれいもびょうきのぼくもわらわない
りすだいすき(3才)
東京の子の来ておりぬ蒸鰈
る・こんと
蒸鰈半分乾いた目のやさし
るりぼうし
清く正しく骨残るや蒸鰈
れい
蒸鰈社宅の壁の薄きまま
ローストビーフ
蒸鰈故郷近くなりにけり
ロクヨン
宿直の七輪の蒸鰈反る
ロベリスク
天神にお礼参るや蒸し鰈
わかこ
驢馬に乗り嫁に来し祖母蒸し鰈
わこたんのまま
よき宿によき朝餉あり蒸鰈
亜音洲
蒸鰈人形寺の笑ふ声
葵 新吾
再婚の古希めく赤の蒸鰈
安溶二
丸太小屋カントを読むや蒸鰈
位子
青春18きっぷの旅や蒸鰈
育由
蒸鰈来てなんとする般若湯
一茶お
蒸鰈月に引かれる塩の味
壱太
天体に還る姿の蒸鰈
羽沖
蒸鰈伊能忠敬幾千歩
影山らてん
弔いや先ずは一献蒸鰈
永想
バーディをねじ込み昼の蒸鰈
詠野孔球
神宮は石段多し蒸鰈
円堂 実花
温い雨ぱらり今宵は蒸鰈
塩の司厨長
蒸鰈となり村から嫁が来た
奥野悦穂
蒸鰈雨漏りせぬか問ふ手紙
横ちゃん
蒸鰈あめいろの海解けたり
横縞
行商の女のにほひ蒸鰈
佳月
なみなみと酒の張力蒸鰈
佳山
蒸鰈姑のお猪口は江戸切子
加賀もずく
蒸鰈仏頂面の真ん中に
加能あさふろ
蒸鰈に海を泳ぎし頃の傷
可笑式
お天道様と一杯やるかむしがれい
嘉門生造
蒸鰈岩打つ波の夜を孕み
夏 湖乃
解放のバルは相席蒸鰈
河野しんじゆ
海一枚買って大和へ蒸鰈
火炎猿
とおくからもらいなさって蒸鰈
花屋英利
次の世も夫は飲兵衛蒸鰈
花咲明日香
蒸鰈南天箸の手にやはく
花南天anne
蒸鰈古女房の匙加減
花紋
蒸鰈ぽそぽそ家は広くなり
茄子紺
裏側の少し寂しき蒸鰈
茄子美
蒸鰈炙る手舐めてまず一杯
蛾触
天寿にて白妙の祖母蒸鰈
雅喜
蒸鰈声に艶ある老婆かな
灰色狼
蒸鰈僕は最初に目をつぶす
蒸鰈透かし見てみる海昏し
軌一
蒸鰈観音様のほほ染むを
亀の
酔うほどに原発は邪魔蒸鰈
亀山酔田
自意識は苦し蒸鰈は清し
吉行直人
山峡の詩人となるや蒸鰈
吉野川
行商に祖母のがま口蒸鰈
杵築きい
旅僧の不思議な話蒸鰈
宮永風太
俺のため海を呑み込め蒸鰈
宮島ひでき
海見ゆるやうに干されて蒸鰈
宮武みかりん(みかりん改め)
炎鵬が白鵬投げた蒸鰈
宮本象三
蒸鰈干されし服のお隣に
魚返 みりん
上出来の子の箸遣い蒸鰈
玉井瑞月
風にあて少し反りたる蒸鰈
玉悦
焙りつつ酒は生のまま蒸鰈
玉響雷子
蒸し鰈つつき社説を斜め読む
玉和
妻に注ぐ地酒のありて蒸鰈
金子加行
ほねばなれ○子離れ○蒸鰈
句詩呼
蒸鰈写楽の謎はけぶの中
空想婆
蒸鰈スズランテープ軽く鳴る
月見柑
新調の入れ歯の祖父や蒸鰈
月野ひとみ
二割お湯あとは焼酎蒸鰈
犬井山羊
この風は伊吹越す風蒸がれひ
古都ぎんう
蒸鰈へ塩の蘊蓄ばかりかな
戸部紅屑 (とべべにくず)
蒸鰈生臭きほど澄みし空
枯丸
確かここはあの子の実家蒸鰈
湖雪
本日の若狭たいらか蒸鰈
光風
蒸鰈越しの若狭に雲流る
光本弥観
女房と銘酒談義や蒸鰈
光友
蒸鰈目ん玉溶けていい気分
公木正
近江路は海へと続く蒸鰈
江戸川青風
美術部員描いてから喰う蒸鰈
江口小春
笠雲のかかる筑波や蒸鰈
江里口泰然
ふたつほど焦げのたんこぶ蒸鰈
紅塩寝子
引き締まる核は骨なり蒸鰈
綱長井ハツオ
盃を選べる宿や蒸鰈
高橋寅次
方舟の底はゆふぐれ蒸鰈
高橋無垢
参勤交代宿場を覗く蒸鰈
高倉ちとさ
目玉無き蒸鰈にも一夜かな
高田祥聖
ぐい飲みの深き翠や蒸鰈
国代鶏侍
蒸鰈あたたまりゆき霞色
黒子
伊賀越えによき塩梅の蒸鰈
今田無明
潮風の刷毛をひと塗り蒸鰈
佐東亜阿介@ありす句会
蒸鰈に日は充ち小浜線線快走
佐藤儒艮
手の平は優しき岬蒸鰈
砂山恵子
蒸鰈インコ明るく愛の唄
彩楓(さいふう)
潮騒が塔をのぼりつ蒸鰈
斎藤秀雄
色悪のきれいにむしる蒸鰈
桜姫5@色悪=イケメンだけど悪人の役柄
裏側が旨いと捲る蒸鰈
三水低@第二まる安
蒸鰈独り占め成る星明かり
三泊みなと
空と猫の間はためく蒸鰈
山下高
托鉢の瞳鳶色蒸鰈
山踏朝朗
ほろふはり白は毀れて蒸鰈
山内彩月
蒸鰈昼まだ昏き香住港
山名凌霄
蒸鰈酒屋丸ごと買ってこい
始の子
蒸鰈透けて焔の影揺れて
紙威
蒸鰈黒きまなこは星になる
鹿本てん点
シッダールタの舌に湿りや蒸鰈
七瀬ゆきこ
タクシーが集まる店や蒸鰈
朱夏A
手の平の丸ごと薫る干鰈
珠凪夕波
蒸鰈さみしくなってあるきだす
酒井おかわり
地の酒の含み香まろし蒸鰈
樹朋
二杯目の焼酎頼む蒸鰈
宗平圭司
春の陽のごと澱む蒸鰈の瞳
秋熊
蒸鰈過去に拘る人もいる
秋月なおと
むしかれい骨はきれいな春もも色
秋桜
反る鰭に旅立ちそうな蒸鰈
俊夫
蒸鰈終えてしょっぱい手を叩く
春亀
一口の白湯のうまさや蒸鰈
曙光
蒸鰈日向言葉の多き母
小川めぐる@日向言葉・・・「陰口」と逆で、本人のいないところで褒めること
蒸鰈つまむ螺鈿の若狭箸
小倉あんこ
床下に父母の記念酒蒸鰈
小鳥ひすい
海しづか蒸鰈にも影ありて
小椋チル
蒸鰈まなこどんどんうつとりす
小木さん
蒸鰈船屋へ夕日打ち寄せる
小林妙
釣船のラジオサブちゃん蒸鰈
松井くろ
蒸鰈や原発は再稼働せり
松山女
この人にいくつの転機蒸鰈
笑松
酌交わす停年仲間蒸鰈
新米笛
炭赫赫右眼に染みる蒸鰈
森川いもり
常連となりて三年蒸鰈
深草あやめ
従姉妹らの昔語りや蒸がれい
神山やすこ
裏日本なにも無いよと蒸鰈
須佐衛士
露座仏へつづく石段蒸鰈
水夢
海士屋は夕日に烟る蒸鰈
睡柳
蒸鰈陰の数だけ骨のある
粋田化石
斜交けの多き戸籍や蒸鰈
雀虫
蒸鰈経理三年庶務五年
澄海
星空に明日を占ふ蒸鰈
是空
札束のやうに束ねる蒸鰈
晴海南風@木の芽
蒸がれい盃はみやげの氷坂焼
清水祥月
誰かに似てるこの蒸しがれい黒いとこも
清泉
海しらぬ子のきちんとほぐす蒸鰈
清波
昼飲みの言い訳届く蒸鰈
西田武
身骨皿おなじ白なし蒸鰈
西藤智
潮読みの家系の末や蒸鰈
青柿
裏面を茶漬けに残す蒸鰈
石井茶爺
蒸鰈に隠るる小さき蒸鰈
石崎京子
ぼくの臓器のひとつに蒸鰈
赤馬福助
蒸鰈ひと口吟醸に替へる
雪うさぎ
母にだけ甘い父なり蒸鰈
雪華きなこ
水の夢解きほぐしては蒸鰈
千葉信子
塵無き位牌と黒焦げ蒸鰈
川口みち
山宿の朝風呂熱し蒸鰈
浅河祥子
歯に引けば潮の香熱き蒸鰈
善多丸
蒸鰈とぼとぼ裂いて四十八
祖乞
蒸鰈ひねもす海は縹色
倉木はじめ
蒸鰈海の見えないワンルーム
足立智美
蒸鰈船乗りの唄くせ強し
村崎 雫
店員の鼻濁音好し蒸鰈
村上 無有
墨滴のごとき腸かな蒸鰈
村上yamada
夕星を吊り上げてゐる蒸鰈
村上優貴
原発の町へ朝日や蒸鰈
多喰身・デラックス
朱鷺色の張りもて重し蒸鰈
多事
蒸鰈の両目をさがす月明り
太子
入り組む議論原子力より蒸鰈
泰然
日本海の呼び名それぞれ蒸鰈
大塚迷路
六尺を締めて祝ふや蒸鰈
沢拓庵
若狭には四代の墓蒸鰈
谷口詠美
蒸鰈陸奥のおんなに負ける酒
短夜の月
三度目の快気祝いの蒸鰈
竹春エリザベス
飴色の腹子あまやか蒸鰈
中岡秀次
老いてなほ角とれぬ母蒸鰈
中村 邑
蒸鰈お猪口とお箸おろしけり
中村やすみ
蒸鰈焙り加減はやや強め
中村笙平
蒸鰈と目の合う位置をさがしけり
中嶋浄土
街道は裏と表や蒸鰈
宙のふう
蒸し鰈ふくふく喉を甘くせり
衷子
黄泉の宿のよう軒端に蒸鰈
長田写々
昼に見た海女が仲居で蒸鰈
直樹里
蒸鰈乾きて最後烈火の点
直雪
奥座敷三味は蘭蝶蒸鰈
津葦
父と酌む歳になったぞ蒸鰈
津軽ちゃう
蒸鰈いつか教師の身を離れ
津軽まつ
蒸鰈小さき嫗の喉仏
辻が花
来ぬ男干からびていく蒸鰈
定吉
蒸鰈炙るきうきう骨が泣く
天水郷
達磨寺目の黒剥がる蒸鰈
天野姫城
蒸鰈ひっくり返して雨となり
天陽ゆう
蒸鰈ほろりと甘い夢を見ん
田村美穂
星屑も月もやはらに蒸鰈
杜せき
蒸鰈納税は明日すればよい
渡野しえん太
風吹かば吹かれるはうへ蒸鰈
桃和
ちゃぶ台に蒸鰈などある非日常
藤郷源一朗
蒸鰈ことばの足りぬ夜もある
藤鷹圓哉
蒸鰈父の寝床のワンカップ
藤田ゆきまち
亡き父の背広を処分蒸鰈
豚ごりら
蒸鰈耕すように身をほぐす
楠青庵
箸置けば蒸鰈はや美しき骨
日出時計
下戸なりにつきあひ上手蒸鰈
忍冬
カウンター越しに生い立ち蒸鰈
播磨陽子
「また死んだ」集う老女や蒸鰈
秤防人
左利きのをんなきやうに蒸鰈
白鳥国男
身を焦がす音微かなり蒸鰈
白藍こはく
ぷうくりと焦げの風船蒸鰈
麦吉
蒸鰈ラジオをフォークチャンネルに
半熟赤茄子
蒸鰈午後には陰る勝手口
板柿せっか
串刺しの痕のこりをる蒸鰈
飯村祐知子
湾ごとに炉心の灯し蒸鰈
樋口滑瓢
師が焼きし皿の手触り蒸鰈
尾上真理
ほぐしてある蒸鰈訳あり
美翠
先負日の夕餉は美しき蒸鰈
風慈音@美しき(いしき)
羽根そろと生えてきさうな蒸鰈
風峰
蒸し鰈阿吽の呼吸に焼き上がる
風紋
対岸の立山白し蒸鰈
文女
芝浜に泣いて笑って蒸鰈
平野水麦
むしがれひゆふかげのさいばしをもて
碧西里
禁色の子を御饌として蒸鰈
蜂里ななつ
蒸鰈縁者の遠くなりにけり
邦生
蒸鰈斜め読みのスポーツ欄
北の山猫
雲果てぬ蒸鰈むしつたやうな
北村崇雄
真白なるおりん座布団蒸鰈
北藤詩旦
蒸鰈ほろほろ母と仲直り
睦月くらげ
蒸鰈夫婦箸なら若狭塗
堀アンナ
若狭富士の風はさみどり蒸鰈
堀口房水
来し方は手酌で語り蒸鰈
万喜ミツル
鹿児島の醤油の甘く蒸鰈
夢堂
海の食ふ蘇洞門吾の喰ふ蒸鰈
明惟久里
開け閉てのかろき障子や蒸鰈
明世
こんにちはさよなら蒸鰈の透ける
綿井びょう
「前略」と母のくせ字や蒸鰈
茂る
昭和から抜け出せぬまま蒸鰈
木寺 仙游
蒸鰈干す熱気球二機高し
木染の窓
猫の眼の風吹く先の蒸鰈
木村ひむか
蒸鰈旨し酒場の人いきれ
木乃伊
二周目のデパ地下蒸鰈にする
野ばら
媚び売らず陰口言わず蒸鰈
野地垂木
「もんじゅ」廃炉措置認可や蒸鰈
矢的@第二まる安
蒸鰈説教しない父の酒
柳児
自転車の袈裟はためけり蒸鰈
柚木みゆき
蒸鰈裂く「イムジン河」の望郷
遊子@花芭蕉句会
蒸鰈お前に渡そう風の笛
遊浮子
蒸鰈髄にうしほを止めたる
夕虹くすん
蒸鰈箸でほぐせば雨が降る
与志魚
町内の役の終ひや蒸鰈
葉子 A
ほどく荷にまだやはらかき蒸鰈
雷紋
蒸鰈酌み交わす夢夢のまま
離松
蒸鰈わりない仲のまま終わる
流士
蒸鰈苗字の変わる吾子といて
隆月
蒸鰈やはり九里半越が良し
隆松
蒸鰈食べて構造主義の本
竜田側
義父の手の甲の冥さや蒸鰈
林わこ
蒸鰈小骨を噛んで耳かゆし
林知智
蒸鰈泳ぐ有田の青海波
瑠璃茉莉
女房の忌塩気の過ぎる蒸鰈
露草乃
蒸鰈塩は泪か海の香か
丼上秋葵
裸電球に照らされており蒸鰈
戌の箸置
蒸鰈彼の静脈透けてをり
戌亥
北へ行く特急白し蒸鰈
洒落神戸
カラオケの一曲百円蒸鰈
籠居子
蒸鰈魂は荒海戻りけり
綉綉
蒸鰈むしり尽せぬ支那事変
脩斎@105さい
宰相はどこを見ちょるか蒸鰈
脩平
蒸鰈の卵巣は雨水の味
芍薬
蒸鰈で昨日の鬱を飲んでゐる
茫々
蒸鰈京への旅は愉しかろ
萬代草舟
蒸鰈今夜の寄りは紅一点
蓼蟲
森茉莉の猫は喰ったか蒸鰈
蘂六
喉元に小骨のある日蒸鰈
蘂六
クレームの終わりが見えぬ蒸鰈
霖之助
てのひらの丈に揃へる蒸鰈
靫草子
若狭なる古式神事や蒸鰈
安田 信洲
蒸鰈京までの道三十里
杏と優
登美子想ふ若狭の夜よ蒸鰈
ラーラ@小浜市出身の歌人、山川登美子。与謝野鉄幹を師と仰ぎ鳳晶子(後の与謝野晶子)とは親友で、歌に恋にライバルであった。
鎮守府の海光らせて蒸鰈
克巳@夜のサングラス
蒸鰈若狭に眠るしづかな火
佐藤直哉
蒸がれひ老いの暮しもまた宜し
宗本智之
本山の修行は二年蒸鰈
小笹いのり
蒸鰈水ほんのりと伽羅の香
田中勲
京に海ありとねちねち蒸鰈
彼方ひらく
沖どめに欠伸はやりて蒸鰈
百草千樹Z

並

砂浜に紙ひこうきや蒸鰈
あべべ
お互いに白髪まじりに蒸鰈
アリマノミコ
七輪の男等無言蒸鰈
いつか
蒸鰈ちょっと叩かれ焼かれけり
キャサリンまさこ
蒸鰈少年野球保護者会
こはまじゆんこ
やさしさと物足りなさと蒸し鰈
さこ
蒸鰈そのまま海に帰りそう
さゆみ
小さき嘘孕んで透けて蒸鰈
しゃれこうべの妻
今更に妻の笑窪や蒸鰈
しをの
喧嘩あとを引き俺の蒸鰈は白
ず☆我夢@木ノ芽
百歳に道問われたり蒸鰈
せっちゃん
食堂のチャンネル固定蒸鰈
たろりずむ
七輪の煙も旨し蒸鰈
伊豆子
ワタクシは正座は苦手蒸鰈
河原つばめ
蒸鰈焼く煮る揚げる思案する
雅咲
蒸鰈五十路の恋は艶めく
楽花生
地方紙の四コマ漫画蒸鰈
輝棒
蒸鰈骨の鍵盤砂地唄
桔梗松山
蒸鰈取り込む洗濯物のように
銀之助
蒸鰈田舎の飯は美味いのに
高尾梨歩
老人ホーム内覧会の蒸鰈
雑草おばさん
路面電車乗り継ぐ先に蒸鰈
山帰来
日陰干し薄いコートと蒸鰈
パンツシャツシーツのとなり蒸鰈
四條たんし
乳癌の胸を永らへ蒸鰈
紙鍵盤
徳利の音もまた良き蒸鰈
重木一行
胆石を見する呑み助蒸鰈
昇華
夕餉時のテレビ消しをり蒸鰈
生田 武
蒸鰈剥げたる夫婦箸の先
倉嶋志乃
割り箸をキレイに割って蒸鰈
仲七
蒸鰈息子に負けた腕相撲
野辺よし女
品書きに醤油の染みや蒸鰈
鈴木麗門
蒸し鰈一箸ごとに杯を干し
老人日記
一匹を猫と分ける日蒸鰈
重翁
えんがわにそぐい箸いれ蒸鰈
~白銀のシリウス★★★
蒸鰈土産話しや瀬戸の旅
14橘貞山
指で押すほど良い窪み蒸鰈
99カリン
蒸鰈連絡船の離岸せり
A Cup of Tea
陰干しの透ける腹子の蒸しがれい
aya
揺れる世にどっこん胡座で蒸鰈
Benじい
蒸鰈列車の生んだ風に揺れ
Dr.でぶ@いつき組広ブロ俳句部
蒸鰈火灯す頃に風となる
HARUTO
星降りてワインの傍に蒸鰈
KAZUピー
蒸鰈塩の香をるや旅の宿
KKK
燃やしてる浜の流木蒸鰈
kuruma@中津からあげ句会
燻煙や土日限定蒸鰈
M・李子
潮騒に滲む灯りや蒸鰈
okapi
蒸鰈遠き若狭の美し海
PON
祖父逝きぬ翌朝の黙蒸鰈
Q&A
蒸鰈食み調庸の塩おぼゆ
sakura a.
潮の香の髪の女よ蒸鰈
sol
コップ酒無口なおんな蒸鰈
Sweet Taxi Driver
蒸鰈サッカー審判昇級す
SYODAI
蒸鰈家族会議を聞きながす
TAKO焼子
「東京さ行くだ」日本酒と蒸鰈
wolf626
旅先に初に食する蒸しガレイ
アーナンダ
熱燗すする口の形や蒸鰈
あい女
海の香に軒先見れば蒸鰈
アオキシゲル
陳列の腹は真白や蒸鰈
あさり
巣立つ子の手のひら柔し蒸しがれい
あじこ
猫の手をよけつつむしる蒸鰈
あすなろ
正しく箸もち身をほぐし蒸鰈
あとりとまひわ
風邪で臥す微かに聞こゆる「蒸鰈」
あまぐり
蒸鰈揺れる砂紋におどけた目
アマリリスと夢
蒸鰈レタスを和えて晩御飯
あみだじじい
誘われてのれんへ夜風蒸鰈
あわの花水木
むしがれい雲間に影敵襲来
いくちゃん
蒸鰈ふたりでつつくゆうげかな
イクラ
網に爆ぜる蒸鰈夜の音に
いく葉
蒸鰈ゆんべのことをもう忘れ
いごぼうら
恨み言共に干したる蒸鰈
いしだもよ
蒸鰈レジ打つ指のひび割れて
いたまきし
熟田津の風に揺られる蒸鰈
イチロー
俯せど天を見遣るや蒸鰈
いち坊
浜風を隠し味にて蒸鰈
うづら
うすべにの卵しっぽり蒸鰈
うに子
縄のれんに眼鏡の曇る蒸鰈
うめがさそう
蒸鰈若狭街道抜けて来ぬ
うらら恵子
柔らかな若狭の風や蒸鰈
えいぎょ
蒸鰈供す県道ひろがりぬ
エイシェン
妻冷酒夫熱燗蒸鰈
えび天
原発は嫌ひなんです蒸し鰈
えらぶゆり
高浜の軒下で舞う蒸鰈
オイラー
赤き炭焦げし蒸鰈闇濃かり
おうれん
三毛猫と鳶競いて蒸鰈
おかか丸
若狭湾沖みて並ぶ蒸しガレイ
おかもとのん
箸止まる透ける卵や蒸鰈
オキザリス
仲間には内緒の店で蒸鰈
おくにち木実
赤提灯若き日思うや蒸鰈
オサム
骨姿の美しきかな蒸し鰈
おたまじゃくし
縁側に七輪火起こし蒸鰈
おやま文枝
みどり児にふれたるように蒸鰈
おんちゃん。@白吟句会
蒸鰈濡れし象牙の如きかな
お気楽草紙
民宿のほぐす潮の香蒸鰈
かこ
試験合格祝いの席に蒸鰈
かずポン
泣き止まぬあの子にあげる蒸鰈
かたちゃん@いつき組広ブロ俳句部
蒸鰈ことしの塩はややきつい
カタツムリ
日本酒に合うと気付いた蒸鰈
カヅラ梅
むしがれい卵旨味の骨多し
かなこ
蒸鰈元気だしぃと酒とくる
かなず
父はもう出航しない蒸鰈
かのたま
診断日右手を見つめる蒸鰈
カルニボラ
蒸鰈炙る天日塩の甘露
カンガルーのしっぽ
珍客来たり蒸鰈あな旨し
キープフレッシュ
二百年前から届く蒸鰈
キイロイトリ
ぬる燗がしみわたるかな蒸鰈
きえもん3号
父子で笑む夕餉の一杯蒸鰈
きさらぎ
海哭く夜若狭の宿の蒸鰈
きっちゃん
肝臓に黒き影あり蒸鰈
きなこもち
蒸鰈前掛け外し飲むポン酒
きのした 小町
大山は雪の斑に蒸鰈
きのと
炙りたるひれ芳しや蒸鰈
キヨ
蒸鰈ほぐす先から箸きそい
キョンちゃん
香菜に潜みて睨む蒸鰈
くらのかみ
蒸鰈渦巻く風に眠ってる
グランディーヌ
片道七百キロの荷蒸鰈
ぐりえぶらん
畑仕事刻みし手の甲ムシガレイ
コキア
エイジャの市や影と売る蒸鰈
こしまはじめ
酌み交わす馬の鼻向け蒸鰈
こじ丸
千日手打開の策や蒸鰈
こてつ川
蒸鰈揚げて鰭骨バリバリと
こぶこ
蒸鰈ワンカップは飛び切り燗
こんじゃのよしこ
日本海脂のつてるむしかれい
さとうくにお
打つ風に返す返すや蒸鰈
さとう菓子
遠来の潮香を包み蒸鰈
さとし
瀬戸の朝暴れて釣られ蒸鰈
しおかぜ
ひとり暮らしの食卓広し蒸鰈
しかもり
浦里の軒端にゆれる蒸鰈
しげる
冷で良し燗でなほ良し蒸鰈
しげ爺
蒸鰈波の彼方にユーラシア
しつじのMay
済州の朝アジュンマ焼きし蒸しガレイ
ジミーあゆみ
蒸鰈うすくれないのいのち食む
じゃらんじゃらん
蒸鰈食後の骨を愛でにけり
しゅういずみ
ノムさんのぼやきの味や蒸鰈
しゅうちゃん@5さい
蒸鰈盆地暮らしに見当たらず
しゅうふう
海風に一串残る蒸鰈
シュルツ
蒸鰈七輪囲み試食待つ
しゅんらん
海風に干され口開く蒸鰈
じょいふるとしちゃん
飴色に業師の仕業蒸鰈
ジョビジョバ
名を問えば若狭育ちの蒸鰈
シラクサ
蒸鰈火の粉蹴散らす纏かな
しんしん
太りめの亡き妻恋し蒸鰈
すえよし
蒸鰈面は堅き貝の色
スサトヨ
蒸鰈かの国からの木造船
すじこ
立ち上る湯気に歓声むしがれい
すづ
蒸鰈の空に絹雲炊飯器
すみっこ忘牛
蒸鰈一升瓶を逆さにす
スローライフ
紋所は粋な銭形蒸鰈
せり花@こちらでは、水草鰈と言いますが、背中の銭形を見ればあつ!干して食べたいとよだれが出てきます 蒸て干す、、、臭みが抜けるのでしょうか? 水草鰈の匂いは、焼くといい味に消される気がするんですけどね~~?
一周忌蒸しがれい食みひとり飲む
せんべい
表裏ほぐし異なる蒸鰈
そうま純香
波音のやさしき夜に蒸鰈
そまり
夜の友焼いて焼かれて蒸鰈
それぞれのしあわせ
子に裏をわれに表を蒸鰈
たいぞう
蒸鰈の香が誘う故郷かな
たくばしょう
飛び出る尾買い物籠の蒸鰈
たけうち晴美
潮騒ぐ浜は古里蒸鰈
たけし
昔日の竈の煙蒸し鰈
だけわらび
蒸鰈市場の隅の漁師丼
タック
変わりなき日々こそよけれ蒸鰈
タナカようちゃん
足噛む砂と戯る子蒸鰈
たま
風に告ぐ干されてやったのさと蒸鰈
たま蛙
潮の香の迷路の道に蒸鰈
たむらせつこ
旅の朝有田の皿に蒸鰈
ダリア
蒸鰈戻すかに友赦したる
ダンサーU-KI
業の火の色に出にけり蒸鰈
たんじぇりん金子
腹見せて陽を浴びている蒸鰈
たん造
松の波簾の奥に蒸鰈
ちぃ
とんでゆけ叶わぬ願い蒸し鰈
ちえぴー
夢の父徳利ひとつ蒸鰈
ちか丸
夫に似て中骨強し蒸ガレイ
ちょいと人生かくれんぼ
剣呑な貌無視できぬ蒸鰈
ちょろたこいん
箸使ひを叱ふ祖母や蒸鰈
つつ井つつ
海底の砂はおだやか蒸鰈
つつ井つつ夫
留守電に山陰の母蒸鰈
ツユマメ
蒸鰈横腹見せてぺったんこ
ツユマメ末っ子@8歳
裏木戸や庭にゆれるは蒸鰈
つわきの嫁
蒸鰈一口残す酔い覚まし
ティーダ
はららごも骨も桃色蒸鰈
でぷちゃん
相席の尺三寸の蒸鰈
てまり
浜風に海へ戻らむ蒸鰈
ドイツばば
風の夜の子にほぐしやる蒸鰈
ときえ
蒸ガレイ若狭の空の鉛色
ときわ露草
海なしの街に住まいて蒸鰈
どくだみ茶
断酒日に蒸しガレイとは天恵か
とし
入れちゃえ入れちゃえとアメ横蒸鰈
としなり
蒸し上げて軒端に干さる蒸鰈
とし子
蒸鰈ほぐせば燗の好くぬるむ
どみそ
海底に小さき揺れあり蒸鰈
とも子
観音のお顔拝して蒸鰈
とんとん
蒸鰈の日陰で眠る猫法師
なかしまともこ
残りたる骨も美し蒸鰈
なかの花梨
裏表つつく白き手蒸鰈
なごやいろり
先程の喧嘩は何処へ蒸鰈
ナタデココ
鉄骨のバルーンライト蒸鰈食む
なにたてお
蒸鰈軒に七輪雨しずく
にゃんみー
蒸鰈炙る片手に空の猪口
ネコ目
蒸鰈雑魚寝の如く重なりて
ねむり猫
焼きたての蒸鰈ちと薄つぺら
のぶ子
むしがれい「おほねをキレイにとりませう」
のもとみな
例年の若狭の便り蒸鰈
のりた
蒸鰈酔う父にらむ母の目よ
のりりん
蒸し鰈冷めたり独り酒の夜
パーネ・メローネ
集中の目と手むしるや蒸鰈
バーバラ
のんべえの父卓袱台に蒸鰈
はじめ
蒸鰈古民家の夜シャルドネと
はち えいと
じゃんけんに負け裏を取る蒸鰈
パッキンマン
蒸鰈身の無さそうで有る甘み
はなだんな
若狭の風透き通る身や蒸鰈
はなちゃちゃ
身を締める一夜の風や蒸鰈
ははろ
焦げ目より立つ潮の香や蒸鰈
はまゆう
蒸鰈焼いて溢れる日本の香
はら美華子
蒸鰈食堂より風は変わる
ハルノ花柊
酒肴骨まで食える蒸鰈
ばんしょう
我はお茶祖父はビールで蒸し鰈
ばんどうまーぴー
蒸鰈初めて知る語心明く
ばんびぃ
蒸鰈提げ参上若狭衆
は志むら
引継を終えて今夜は蒸鰈
ぴーち
むずむずと喉に違和感蒸鰈
ピーナッツ
蒸鰈むしられ易き我が世かな
ひいろみ
一人居の茶碗酒して蒸鰈
ひだ岩魚
蒸鰈旧友(とも)と飲み飲む柑橘香
びっこ
腹黒きやつもいるはず蒸鰈
ひでやん
蒸鰈未来の父の箸先ぬらす
ひより
鯖街道入る目印や蒸鰈
ひろきち
朝市の今日の目玉の蒸鰈
ひろくん12さいのママ
手酌酒グチ聞いてくれ蒸鰈
ひろちゃん
蒸鰈夕餉に緩む父の顔
ひろのじょう
蒸鰈どこ見てすすむ迷い箸
ひろむままん
料理酒は灘の辛口蒸鰈
ひろ志
蒸鰈剣のごとく刺さり居る
ふあり光
蒸鰈一夜の風に紅さして
ふあんた
蒸鰈ぐい呑徳利揃え待つ
ふうせんかずら
裏腹と見せかけの世か蒸鰈
ブービー
蒸鰈さらば優しき愛煙家
ふくろう悠々
蒸鰈おひつのご飯甘やかに
ふさこ
蒸鰈炙りて酒の旨き夜
ふじこ
感知灯合図で炙る蒸鰈
ふみ
蒸がれひ海底恋し砂ぶとん
ふみちゃん
海辺来て暖簾をくぐる蒸しカレイ
ほうすい
蒸鰈花紺青の皿を買う
ほしのあお
夫の肉緩し蒸鰈は甘し
ほしの有紀
肉厚な祖母の手干すは蒸鰈
ぼたにこ
本当は腹に一物蒸鰈
ぼつか
誰待つやカウンターの染み蒸鰈
ほのぼぉの@蚊帳のなか
蒸鰈泳ぐ姿湯気上る
ぽぷり
一泊のゴルフの土産蒸鰈
ぽんたちん
山の湯のひと夜や白き蒸鰈
まぐのりあ@蚊帳のなか
裏街道前見て歩め蒸鰈
まさ
蒸鰈とりの肴に妻そっと
マツイミキロウ8191
辛口の酒とトークと蒸鰈
まつだまゆ
ひと口に一喜一憂蒸鰈
まつやま孝子
蒸鰈何の因果で干されけり
まにあ
補欠合格晩のおかずは蒸鰈
まみのすけ
夜間干し星座を仰ぐ蒸鰈
まめ
蒸鰈母の味付け目を閉じた
マユミ
蒸鰈口の大きさ順に干し
まりい@木ノ芽
本めくる音聞こえぬ日や蒸鰈
まりまりむ
喉元に感嘆符あり蒸鰈
まるちゃん2323
酒こぼれヒヤッとしつつ蒸鰈
みー
蒸鰈小さな村の料理店
みえ
旨味増し酒が進むよ蒸鰈
みかん
今日こそは早く帰るさ蒸鰈
みこ
若狭にて一夜干されし蒸鰈
ミセウ愛
スパイスはお日様と風蒸鰈
ミセス水玉
あて所なしの葉書や蒸鰈
みどりがめ
蒸鰈湯気と踊りて柔らかき
みなてぃあ
モールス信号打つごとほぐす蒸鰈
みのる
蒸鰈父の還暦飲みすぎて
みゃーけ
はしつかいよろしきをのこ蒸鰈
みやかわけい子
香住の叔母より下宿へ届きし蒸鰈
ミユキ
病める手でホロホロほどく蒸鰈
み藻砂
平らかに見上げる闇や蒸鰈
むげつ空
声ほがら店の売れ筋蒸鰈
むじーじ
熊川の朝餉香ばし蒸がれひ
むったん
料亭の明かりほのかや蒸鰈
むにむにちゃん
蒸鰈身ほぐす父の箸使い
むべ
若狭着帰郷の朝の蒸鰈
むらたふみ
昔から無口な息子と蒸鰈
むらぴ
蒸鰈思い出話し繰り返し
めしめし
蒸鰈割った先から白あふれ
メッテルニヒ
蒸鰈に酔ふ昭和を唄ふ吾
もせきのこ
エンガワのせんべい評定蒸鰈
もちえちゃん
蒸鰈一寸炙りて一寸呑む
もとこ
蒸鰈や孫の箸づかひ親に似て
もりお
蒸鰈稲荷山なる鳥居の朱
もりたきみ
三方に奉書まといて蒸鰈
やっせん坊
酒呑みの血統なので蒸鰈
ヤヒロ
蒸鰈僕も少々いける口
やぶつばき
蒸鰈夫の口出す飯支度
やまぶき
熊胆も木乃伊も薬蒸鰈
ヤマボー
目尻には深き皺あり蒸鰈
やよえ
母か言う少しお焦げよ蒸鰈
ゆぃ
明けの海息白からず蒸鰈
ゆき達磨
解体は僕に任せて蒸鰈
ゆみづき
下戸だってしみじみ美味し蒸鰈
よーきー
蒸鰈さばき始めのにらめっこ
よしまき
軒先につるし蒸鰈ひらひらと
よつ葉
一手間が鮃に負けぬ蒸鰈
よひら
蒸鰈湖に消えゆく山の鐘
よぶこどり
蒸鰈身ばなれ良しも身は少なし
よりみち
若狭宿ほろほろほどく蒸鰈
らくさい
蒸鰈盛るは若狭の鳳足焼
らびつと
浜日和潮騒纏ふ蒸鰈
リカ
みやげ屋の海の匂ひや蒸鰈
りこ
酌み交わし骨のみ残す蒸鰈
リバティーさん
父酔いてもきれいにほぐす蒸鰈
りんごのほっぺ
若狭湾付近は曇り蒸鰈
るびちゅ
蒸鰈透け透けの身のまろやかや
るみ
献上の竹籠狭し蒸鰈
るるの父
蒸鰈ずらりと干して海青し
れんげ畑
味うまし風に晒され蒸鰈
ろん
料理酒を切らしてワイン蒸し鰈
亜久琵
細い露地を曲がれば海だ蒸鰈
阿波豊
珍しき尋ね人あり蒸鰈
阿万女@ノエル
日を吸って紅くなりけり蒸し鰈
阿野 理由
むしがれい母の手料理懐かしく
芦田きみ
熱の子は口を開けけり蒸鰈
安芸彦
ほくほくと小さき胎動蒸鰈
安宅麻由子
蒸鰈終の棲家となりにけり
伊織
料理本左党もてなす蒸鰈
伊沢華純
蒸鰈今宵はさつと切り上げん
伊藤欣次
丸い目が浮き雲眺め蒸鰈
伊藤善隆
朝市の三方よしや蒸鰈
伊予吟会 玉嵐
蒸鰈名画見るごと歩けり
伊予吟会 心嵐
蒸鰈若狭の青の透いてあり
位相朗
八十八や気比の宴に蒸鰈
井原靖
潮の香を忘れて久し蒸鰈
井上喜代子
スマホ置き中二がほぐす蒸鰈
井田みち
蒸鰈自慢の地酒舌鼓み
一の介
重力に従う蒸鰈の目怖い
一井蝸牛
蒸鰈ひと皿供え杯を嘗め
一碁一会
山々も目覚めて来たり蒸鰈
一周
六星を崩し喰らへり蒸鰈
一純。
塩梅てふ奥深きもの蒸鰈
一生のふさく
七割の成功率の蒸鰈
稲垣由貴
目も骨も透けて乾ひぬ蒸鰈
宇雁卯香子
蒸鰈貪りし髭の棟梁
宇田建
味噌塗りたくる蒸鰈これ母の味
羽光
よどむ空お前に似てる蒸鰈
雨職人
飯盒の喧し湯気蒸鰈
雨霧彦@木ノ芽
塀の漁網くたびれてをり蒸鰈
卯年のふみ
薄曇り京の山家の蒸鰈
嘘八(うそはち)
旧友と昭和のはなし蒸鰈
浦野ハッピー
蒸鰈皮が貼り着く箸の先
映千
もう一本燗をつけてよ蒸鰈
英ちゃん
英字新聞に包まれ届く蒸鰈
英子
喉がなる故郷かえる蒸鰈
越仙
蒸鰈食べ上手な次男坊
曼陀羅の境地悟りて蒸鰈
猿猴川のドブネズミ
友集い一升瓶と蒸鰈
奥の木蛍子
亡き祖母の手はさながらや蒸鰈
奥山凜堂
蒸鰈お猪口と友と並ぶ縁
黄金のあひる
蒸鰈耳のうしろのいいにほひ
温湿布
晩酌に囲炉裏立てたり蒸鰈
下村ひじり
むしがれいならば伸びるか父の箸
加容
辛口に肴ひとつや蒸鰈
加和 志真
白骨の美し脆さや蒸鰈
夏雨ちや
影薄き女の喰ふ蒸鰈
夏銀
蒸鰈知らず歳時記開きをり
夏目  坦
染みわたる人肌燗に蒸鰈
河合由布
訪れし天橋立蒸鰈
花おうち
子発ち君の蒸鰈をほぐす音
花実人生
荒れた庭にともしび戻り蒸鰈
茄子の花
生き様は雑踏の中蒸がれひ
華らんまま
蒸鰈海に還らぬポリ袋
我省
若狹では諸手であちち蒸鰈
芽ぐみ
不器用の我食易し蒸鰈
雅由
くだを巻く飲兵衛見つめる蒸鰈
会 里糸
蒸鰈半透明な流行歌
海葡萄
蒸鰈身離れ箸に骨拾ふ
海風山本
蒸鰈骨を揃えて置きにけり
海峯竜寿
蒸鰈明日から二枚買へばよく
海野しりとり
荷の底に新聞包み蒸鰈
海野碧
波模様の手拭い添えて蒸鰈
絵十
モジリアニの人の肩線蒸鰈
貝花
大将の今日の一押し蒸鰈
垣内孝雄
蒸鰈昔の愚痴をむしかえし
笠原 理香
天帝のこんにちはです蒸鰈
葛城広光
独り身も悪くはないさ蒸鰈
葛谷猫日和
蒸鰈手酌の同期の愚痴を聞く
叶田屋
身離れの見事なりけり蒸鰈
勘太郎
大吟醸香露鍋島蒸鰈
干しのいも子
干し吊られ蒸鰈等は何語る
甘泉
小雨降る夜の寄り合い蒸鰈
甘平
蒸鰈皮をむしれば少しの湯気
閑茶
蒸鰈若狭塗の修行中
丸山隆子
蒸鰈仄かに匂ふ日本海
岩のじ
子らが待つ蒸鰈の身ほぐすまで
喜多輝女
蒸鰈今宵吟醸人肌で
喜多野羆
行者の馳走蒸鰈と沢庵
希平
猫曰く干すのが悪い蒸鰈
季切少楽
昼休みあれこれ迷う蒸鰈
紀杏里
蒸鰈じじいの声が朝を割る
紀友梨
蒸鰈お前と俺の暮らし有り
輝峰亭
炭起こし肴一品蒸鰈
亀田勝則
瘡蓋の剥がす癖かな蒸鰈
菊池洋勝
若狭路や五感ざわめく蒸鰈
吉 や
透き通る美しさ持ちて蒸鰈
吉井いくえ
蒸鰈干され仲間か乾鰈
吉村よし生
ひらひらと透ける腹子や蒸鰈
桔梗
煙草噛む父物干しの蒸鰈
橘右近
観光地のれんの柄も蒸鰈
久鍋得利子
元禄の噂にのりて蒸鰈
久美
お昼寝の赤子の匂ひ蒸鰈
久留里61
ひらべったく生きるも悪くない蒸鰈
宮間ミヤマ
なじみ宿今宵のお膳蒸鰈
宮写楽
しくじりや蒸鰈めちゃくちゃほぐす
宮川邦恵
蒸鰈土産に提げて父の来る
宮田和可子
地元紙の見出しに包む蒸鰈
宮﨑紅清
塩梅の良し悪し決まる蒸鰈
弓女
荒縄に吊るされ哀れ蒸鰈
球子
身をほぐす子は待ちきれぬ蒸鰈
京あられ
蒸鰈透けて腹子の赤さかな
京丸
蒸鰈温泉宿のつるし干し
京子
くだを巻く酒の肴や蒸鰈
玉井令子
蒸鰈若狭の潮香鼻に抜け
玉京
潮の香を骨よりほぐし蒸鰈
金治宜子
海の味なほのこりたる蒸鰈
金太郎
なんとなくひょっとこ面似る蒸鰈
金目銀目猫
深酒の専務の小言むし鰈
吟  梵
むしがれい指ではがして噛みしめる
句織
蒸鰈わたしもいつか骨となる
玖美
蒸鰈提げて息子が一人くる
病に慣れ楽しみ喰らう蒸鰈
空 春翔
海を見て暮らす毎日蒸鰈
空山
荒波や波止場に篝蒸鰈
障子灯りでほぐす蒸鰈かな
桑島幹
今宵妻母許なるや蒸鰈
君島笑夢
蒸鰈ぶらぶら行くや九十九里
薫風
蒸鰔波止場に群れる鳥も無し
敬之
寂しさに堪えて喰らう蒸鰈
景鎮
合格の夜の蒸鰈はふはふし
桂奈
端正な肌を晒して蒸鰈
渓湖
見え透いたことをまた言う蒸鰈
渓翠@青東高
休場に星なくしてや蒸鰈
畦のすみれ
異動やも深酒のあて蒸鰈
結城 然
塩原に海の名残りや蒸しガレイ
月の砂漠★★
食べ尽くし骨酒啜る蒸鰈
嫌佐久
火鉢から炙る匂いが蒸鰈
犬散歩人
蒸鰈一目惚れした生原酒
研知句詩@いつき組広ブロ俳句部
蒸鰈チビチビ呑んで三時間
元喜@木ノ芽
婚家より往なされし祖母の蒸鰈
元木まだら
蒸鰈燐寸いくつも駄目にして
古都 鈴
蒸し鰈眼に映す黒き雲
戸海倫
表裏ないようである蒸鰈
鯉女子
蒸鰈月一万円の食費かな
光観
蒸鰈下着のごとく干してあり
公毅
舟守の番屋に吊るす干鰈
いい子で留守番してろよ蒸鰈
幸久
5限目の美術で使う蒸鰈
広瀬 康
玉のれんおやじ差し出す蒸鰈
康寿
蒸鰈片目片目と連なりて
江藤薫
道の駅指先さまよう蒸鰈
甲山
頬の身をまづはほぐせり蒸鰈
紅さやか
真中より箸の切り裂く蒸鰈
荒磯魚々
蒸鰈朱きはららご白に透く
香栄
説教も肴のひとつ蒸鰈
香壺
蒸鰈蒸され焼かれて美味になり
高橋笑子
蒸鰈骨するり抜く祖父の酒
高田 仁和加
蒸鰈皺に埋もるる祖父の傷痍(きず)
高尾彩
蒸鰈こぼる淡雪皿の上
合歓
海の香も子もむさぼりて蒸鰈
黒うさ狐
父母といた夕餉の味や蒸鰈
黒﨑晶
民宿の朝と弁当蒸鰈
今井佳香
熱燗に蒸鰈を付けて黄泉の旅
今田 梨
独りより二人が寂し蒸鰈
根本葉音
真実の腹から透けて蒸鰈
佐々木ふく
七人の侍かこむ蒸鰈
佐々木信天翁
蒸鰈『目玉取って』と子の頼み
佐山夕子
蒸鰈名前忘れし恩師かな
佐藤志祐
蒸鰈祖母と干し場を行き来して
佐藤明桜
むしり方母と同じの蒸鰈
沙那夏
淡き夢ほろとくずれて蒸鰈
斎藤数
蒸鰈「星めぐりの歌」に合わせ
細木さちこ
蒸鰈「カンバイ」だすけ放っとけて!
榊裕江子
ほぐし身を夫の皿に蒸鰈
咲耶とこ野@木ノ芽
蒸鰈赤き卵と風に揺れ
桜桃の里
熱燗と指先ペロリ蒸鰈
桜桃侍
天神講備えて祈る蒸鰈
桜木レイ
砂被る生き方もあり蒸鰈
札六(関屋@和祝句会)
蒸鰈わけありそうな未亡人
三子
蒸鰈嫁から届いた粋な肴
三寺ひろみ
見栄切つて大谷鬼次や蒸鰈
三重丸
身をほぐす器用不器用蒸鰈
三水(さんすい))
蒸鰈脱皮のごとくほぐす父
三大夜景
波を聴くは箸先なりや蒸鰈
三木庭
杯を上げ袖ひとめくり蒸鰈
山くじら
恙無い子の箸使い蒸鰈
山下 昇
大和の神に捧げるは蒸鰈
山口雀昭
蒸鰈亡父が食べた歳になり
山女魚
御食国の包み蒸鰈の朱や
山川真誠
割烹屋よそゆき顔の蒸鰈
山茶花静
あのうわさ大嘘でした蒸鰈
山乃火穂
深海の色した皿に蒸鰈
山部ビブリ
蒸鰈浜田の友も無音なり
山辺道児
飲んべえの厚き唇蒸鰈
山本 力
蒸鰈漁場は自慢の若狭湾
山本嘉子
降車ボタンに夕陽の差して蒸鰈
山本先生
蒸鰈齢ひ重ねて知る旨さ
山野はな
やけ酒のあてには向かぬ蒸鰈
珊瑚
食べ合わせの好み違いて蒸鰈
史季
小上がりの男てこずる蒸鰈
四丁目
蒸鰈穏やかならぬペルシャ湾
四緑
民宿の主は漁師蒸鰈
子猫陶太
蒸鰈白く変えゆく風の午後
紙川南明
潮の香や蒸鰈焼く強し皮
紫雲英
唐人の使節迎へし蒸鰈
紫鋼
蒸鰈茶菓子代わりに突く母
紫香菫
ダイヤルを回す手ゆるり蒸鰈
紫檀豆蔵
蒸鰈食べたい予定日は明日
試行錯誤
皿の目はまだ海を見し蒸鰈
慈温
上司との沈黙耐える蒸鰈
時化田白金
集く友昔ばなしと蒸鰈
治もがり笛
幼子の箸ていねいに蒸鰈
篠田ピンク
暗黒の宙より来たか蒸鰈
柴原明人
唇の後味もまた蒸鰈
縞午
蒸鰈夜風の味を覚へけり
斜楽
漬物と蒸鰈焼く二人分
紗々
原発の海ひたひたと蒸鰈
紗千子
取り皿の海恋ふ色や蒸鰈
紗智
蒸鰈花かんざしのピンク色
若葉猫
蒸鰈風が吹くほど美味くなる
手荒れ
粥続く蒸鰈むしる手旨い
朱海
涙波トリアージせん蒸鰈
種種番外
菱形のやわき白身よ蒸鰈
州芳
食い初めや覗く目睨み蒸鰈
秋月流音@木ノ芽
むしがれい食べてくれろと大の字に
塾志
仰向けの石畳狭し蒸鰈
春果
砂浜に松折りくべる蒸鰈
春日
蒸鰈粋なお皿に載ってみる
春爺
蒸鰈浜に干されて寄目かな
春野いちご
蒸鰈湯気昇り立つ香に笑むか
春来 燕
はじめてのクレヨンはあか蒸鰈
春蘭素心
若狭から水届きけり蒸鰈
准壹
カタログに発見したり蒸鰈
順女
蒸鰈箸持つ老母の美しさ
宵待燈火
クルーズを下りて食べたい蒸鰈
小くじら山
日本酒に蒸鰈焼く佳き日かな
小鞠
酒酌みてひ孫の話蒸鰈
小橋春鳥
蒸し鰈骨からほぐす朱塗り箸
小熊伸子
蒸し鰈七輪で焼きコップ酒
小熊利雄
棟上ぐる縁起佳き日や蒸鰈
小山晃
父さんの蒸鰈子のライスカレー
小春
山里も海の香りや蒸鰈
小雪いつか
清らかに身の崩れゆく蒸鰈
小川 都
蒸鰈女将駆け引き上手なり
小谷百合乃
むしかれい天日に干され舌が呼ぶ
小池敬二
青白い裏を並べて蒸鰈
小虫
食卓に我が家に初の蒸鰈
小塚 蒼野
蒸鰈標本の骨弧を描く
小梅
湯巡りの後の店先蒸鰈
小野みっちゃん
蒸鰈干されて海の風匂ふ
庄司直也
縁側に少し焦げつけ蒸鰈
承穂
蒸鰈母の小言を無視しよう
松浦麗久
悔しさに箸ちから込め蒸鰈
松下童子
湿布薬剥がし入浴蒸鰈
松山
父発熱磯に母だけ蒸鰈
松山のとまと
感極まりない味となり蒸鰈
松茶 巴@プレバト木ノ芽
火に裂ける繻子めく皮の蒸鰈
松田てぃ
蒸鰈女将に茶わんポイと出し
松風女
卓袱台にぐい呑み一つ蒸鰈
湘輝
地酒手に父の説教蒸鰈
照波
蒸鰈五島の海の軽石の色
笑酔
蒸鰈歯間のほどの身のほぐれ
上市まさ
干して増す味の深さか蒸鰈
浄幸
蒸鰈熱湯をかけ臭み抜き
植木照美
潮騒の届く旅宿蒸鰈
慎吾
里帰りの娘に持たす蒸鰈
新開ちえ
蒸鰈にきびの痕のむっつあり
新田 淑
黒胡椒削るサラダと蒸鰈
新藤柑子
蒸鰈黙々むしり吹っ切れる
森 毬藻
焦げ目から箸を付けゆく蒸鰈
森の水車
蒸鰈今宵どの手で口説こうか
森一平
若狭男を若狭にかえし蒸鰈
森青萄
人恋うる力あったか蒸鰈
深山 紫
蒸鰈ふるまう寺の賑やかさ
身離れの潔さこそ蒸鰈
真紀
蒸鰈考似の孫と酌み交わす
真宮マミ
熱下がる病児の膳に蒸鰈
真咲よしの
輝けり切子の猪口と蒸鰈
真珠星倫世
海幸の身をやく怒り蒸鰈
真繍
蒸鰈鐘の音響く御食つ国
真心 素秋
蒸鰈無言でむしりて一人酒
真林
蒸鰈もらい涙にもらい酒
神谷たくみ
透徹の眼のけはひ蒸鰈
仁葉
卵から食べてお代わり蒸鰈
水間澱凡
蒸鰈ごはんのお供か晩酌か
水玉香子
作業場は高齢女子よ蒸鰈
水城
一刷きの紅華やかに蒸鰈
酔下弦
団欒の主役となりし蒸鰈
酔棋
徳欠くも淡き交はり蒸鰈
数鉄砲
家飲みの少し贅沢蒸鰈
杉浦夏甫
男どもの皿にほぐして蒸鰈
杉山ちとせ
うなぞこの自慢話や蒸鰈
杉尾芭蕉
色白の裏を誉めたる蒸鰈
杉本とらを
蒸鰈横にらみする朝の宴
裾野51
ほくほくとほぐす腹の身蒸鰈
瀬々葱坊主
厚き手の婆婆の商う蒸鰈
瀬波秋鮭
蒸鰈けふの良きこと噛みしめつ
瀬尾白果
蒸鰈酒塗り炙り旨み出す
星夢 光風
砂浜に下戸も集まる蒸し鰈
星野美咲
蒸鰈つついてはがすもどかしさ
晴好 雨独
夕陽浴びほのかにピンク蒸鰈
晴日和
母に似て爪は真四角蒸鰈
正山小種
蒸鰈上戸の母の手土産に
正木羽後子
蒸鰈母の味付け祖母の味
清水 千種
廃線の引込線や蒸鰈
清白真冬
蒸鰈の宮中料理推し量り
聖一
政治家の厚顔無恥やむしがれい
聖橋
朝市や肴は能登の蒸鰈
西山哲彦
若狭路や古井戸のかげ蒸鰈
西川あきや
身をよじり海を見ている蒸鰈
西村 小市
むしがれひ魚拓を飾る父の部屋
誠馬
宵肴なにやらすけて蒸鰈
青鬼灯
むしり食ふ若狭名物蒸鰈
青玄
蒸鰈今微笑つたのなぜかしら
青山あじこ
陰干しの潮の香りに蒸鰈
青修
宝くじ財布に納め蒸鰈
青柘榴
蒸鰈祖父の瓶酒の品揃え
青田奈央
行商のペダル軽やか蒸鰈
青木りんどう@宮城県名取市の閖上地区で魚の行商をしていた叔母の姿を詠みました。 80歳間近にして震災に遭い、長年続けてきた自転車での行商を止めました。頑丈な体つきから筋肉が無くなっていく様は、見ていて辛かったです。
蒸鰈らしくあらんと襟を立て
青木健一
朝寝坊島の旅館の蒸鰈
青木豊実
蒸鰈つまみ奮発給料日
青葉のぞみ
辛口を蛇目お猪口で蒸鰈
青嵐
波の音かすかにたてて蒸鰈
静香
物干し竿の蒸鰈を見て酌む
石井一草
肴は父の説教と蒸鰈
石岡女依
蒸鰈昔語りの二人酒
石原由女
水色の塔立つ浜よ蒸鰈
石神湖畔
蒸鰈嫉妬の目して焼き上がる
石川聡
蒼穹の色たがわんや蒸鰈
石炭(いわき)馬謖
秋波から逃れし目玉蒸鰈
石田将仁
蒸鰈八百羅漢閉づる目を
石野上路無
蒸鰈口座残高底値也
赤橋渡
金網に透きて銀の身蒸鰈
千の葉
独り酒唄聴かせるは蒸鰈
千曜 桜
まーだだよもーいいかいと蒸鰈
千葉時郎
受け口の女将のあぶる蒸鰈
千葉睦女
継ぎ手無し昔ながらの蒸鰈
占新戸
独身寮一升瓶や蒸し鰈
川崎雪駄
蒸鰈首尾を果たせぬ浜鴉
川島 欣也
かしら右隊列なして蒸鰈
川﨑鶴巻
妹も嫁ぎてひとり蒸鰈
蒸鰈海と空とを隔てる涙
双月(そうげつ)
囲炉裏端猪口に恋する蒸鰈
倉の人
蒸鰈一番好きと敦賀人
相模の仙人
びようと風むしかれいの無言
草青
釣り宿の朝餉験よき蒸鰈
残骸が残らぬ皿や蒸鰈
蒼い朱鷺
蒸鰈ほぐす紅葉手父の膝
蒼涯
三世代大人の夕餉蒸鰈
蒼空蒼子
蒸鰈私好きですこの薄さ
蒼香
猫膝にひとり夕餉の蒸鰈
蒼水
「ありのままで」と声響かせて蒸鰈
蒼奏
知多海の潮風醸す蒸鰈
蒼鳩 薫
蒸鰈海は底から湧き上がる
村松 縁
蒸鰈あとはおいしい酒でいい
多聞仙
蒸鰈介護のフォーク待ちきれず
駄口竹流
蒸鰈炙る火鉢は仕舞わずに
鯛 風
真白の身に真白の骨や蒸鰈
大小田忍
ほろ酔いで箸もほろ酔い蒸鰈
大村真仙
畏まり食むや子持ちの蒸鰈
大谷如水
ぞぞぞぞと鰭皮むしる蒸鰈
大槻税悦
術後飲む酒に子持ちの蒸鰈
達哉
蒸し鰈手に友来る昼下がり
脱 流民
蒸鰈しがみて苦き日暮れかな
脱 流民
竹ひごに目を貫かれ蒸鰈
谷川の蛍子
蒸鰈上目遣いがやさしくて
谷本義明
蒸鰈若狭の箸で身をほぐす
丹耶。
蒸鰈最期は俺の食卓か
檀凛凪
蒸鰈故父の言葉を再考す
地に根ざし陽に伸びる
誰よりも見事に食らふ蒸鰈
池と堀
美食家もひととき黙る蒸鰈
池田 功
蒸鰈岩場のさきに破船みゆ
池田郁英
蒸鰈無心にむしる箸の先
池田香
蒸鰈刺す囲炉裏に掌翳すごと
痴陶人
ほやほやの孫待ち受けに蒸鰈
竹さ
かぐわしき匂いの先の蒸鰈
竹の子
買積の北前船や蒸鰈
竹庵
門出の朝ご飯みそ汁ささがれい
竹織
ほどけゆく昼の喧騒蒸鰈
竹村マイ@蚊帳のなか
瓮精のちびりちびりと蒸鰈
竹内うめ
晩酌は此れ一品や蒸鰈
竹林
蒸鰈一盛五枚朝の市
蒸鰈痩せた男の一人酒
中井清心
待ってますの印めきたる蒸鰈
中川裕規
海鳴いて漁師の晩酌蒸鰈
中村 山叶
蒸鰈旨し肴とカップ酒
中野風鈴
蒸鰈恋女房の白い肌
昼行燈
こまごまと身を寄せ一口蒸鰈
暢気
一人夜のぽくぽくぽくと蒸鰈
朝ぼらけ
蒸鰈が旧友の愚痴聞いておる
朝桜咲花
蒸鰈まだ好きのままちょい焦がし
潮ベルト
皇室の明し絨毯蒸鰈
長ズボンおじさん
送り出す社友と食す蒸鰈
長谷一諒
舐り取る鰭の骨の身蒸鰈
長谷川 ひろし
蒸鰈子らの詰碁に口を出し
鳥羽南良
寛解の声の若やぐ蒸鰈
直木葉子
蒸鰈御前のせいぞ古酒酌むは
津軽わさお
ポニーテール風に吹かれて蒸鰈
辻愛生
箸を持ち蒸鰈待つ喜寿の父
辻恵子
追い炊きに沁みる傷口蒸鰈
鶴屋桃福
おなご達祝いの支度(したく)蒸鰈
鶴田梅勝
蒸鰈煮ても焼いても酒の友
定規(じょうぎ)
潮騒やシトラスの染む蒸鰈
定野直仁
軒先の青き籠の蒸鰈
泥酔亭曜々
死神の静かに笑ふ蒸鰈
泥塗れのポスト
親子酒うまさ分かるか蒸鰈
笛柾(ふえまさ)
蒸鰈あいつが俺を待っている
哲太
蒸鰈今はふわりと空を舞う
天晴
嘘のこと鮃に委ね蒸鰈
天晴鈍ぞ孤
蒸鰈光折る海は厭わしい
貼女(ちょうじょ)
取り寄せの蒸鰈あてに酒俳句
殿さまペンギン
うつとりと細指すべる蒸鰈
田中耕泉
簡単にわかれてしまった蒸鰈
田辺 ふみ
血圧は暫し忘れよ蒸鰈
田邉真舟
手紙添え背への荷物に蒸鰈
徒然のひろ
家々の軒塩其れ其れの蒸鰈
斗三木童
風みがく銀のごと蒸鰈
杜 まお実
新品のチャイルドシート蒸鰈
渡会不二人
ぬる燗で食う蒸鰈一人の夜
渡辺 香野
廬(ろ)の茣蓙の独り寝酒肴蒸鰈
渡邉くるり
ゆったりと時を重ねて蒸鰈
都花
深海は宇宙より遠し蒸鰈
都月郁陽
この香り姿見えぬが蒸鰈
土屋 木漏れ日
和太鼓を異人叩けど蒸鰈
冬至三庭馬
蒸鰈障子に透ける海の声
島村福太郎
竜宮産大将自慢の蒸しガレイ
島田 朗
八百年の長寿伝説蒸鰈
嶋田奈緒
酒伏見肴若狭の蒸鰈
東京極遊山人
蒸鰈酒と交互の良きリズム
東山
裏表なき人清し蒸鰈
東尋坊
蒸鰈むしつて磯の香り立つ
桃香
蒸し鰈のお膳に並ぶ叔父来る日
桃泉
左でも箸は持てると蒸鰈
桃葉琴乃
パッカー車の激流泳ぐ蒸鰈
灯路奈
蒸鰈道は浜辺にずいと入る
燈穂
塩をして蒸す干す悼む蒸鰈
当卯
ありがとうに救われし日々蒸鰈
藤すみ
蒸鰈白き身ほぐす若狭塗り
藤原訓子
島民の生き様知るや蒸鰈
藤原太
朝酒は浴衣で飲るべし蒸鰈
藤源卿
離乳食一匙ずつの蒸鰈
藤田由美子
恐竜も歩いた海辺蒸鰈
透史
目を寄せて食卓目指せ蒸鰈
陶豪
蒸鰈孫に毟るを咎めらる
陶然
蒸鰈皿に貼りつく皮までも
日と風に透けてうす桃蒸鰈
瞳子
映え狙い日本酒に合う蒸鰈
童好
陽に向かいあめ色になる蒸鰈
眼のにらみ右か左か蒸鰈
徳英
渡されし包みずしりと蒸鰈
徳本あつ
落人の幽魂と言ふ蒸鰈
独星
湯治場の朝餉の匂い蒸鰈
那須の田舎者
潮騒のレクイエム聴く蒸鰈
那津
夜もすがら味を深めて蒸鰈
楢山孝明
幸せや酒の肴に蒸鰈
南 風
伊根の夕舟屋で光る蒸鰈
二上松風
シャッターの扉つづいて蒸鰈
尼島里志
蒸鰈早期退職せし今宵
日記
物陰に鷹の目猫の目蒸鰈
日々是工事中
蒸鰈腹子も旨し友と酒
日本酒
連なって陽射しに揺れる蒸鰈
如庵
蒸鰈酒は土佐鶴青パック
猫ふぐ
ホロロンと希有な味わい蒸鰈
猫河豚
蒸鰈気をつけのまま干されおり
猫楽
蒸鰈島のオジイのクバ笠や
猫渓
蒸鰈定石通りに右を向き
能登の里
蒸鰈渚の砂城崩す波
馬祥
山を越え塩の道くる蒸鰈
馬場東風(とうふう)
老二人蒸鰈好き赤ワイン
馬場馬子
むしがれい軒と縁側行き来して
馬門宗太
七輪の炭の香りや蒸鰈
俳菜裕子
蒸鰈金杯に酔ふ誕生日
白井百合子
盃の白にぬくもる蒸鰈
白居千夜
朝飯に妻のたくらみ蒸鰈
白傘
やや塩味強しおばあの蒸鰈
白瀬いりこ
寄り目して酒を囲むは蒸鰈
迫久鯨
酔えるとはありがたきこと蒸鰈
蒸鰈やはらかき肉磯かほり
畑 詩音
蒸鰈雨の浜なる苫の家
畑山六十二
蒸鰈ながし目のまま日陰干し
八重
酌み交わす訛り懐かし蒸鰈
八転笑
飯炊き上がる蒸鰈はまだか
八幡風花
卵巣に温もり見える蒸鰈
帆風ほいほい
夕されば店先の蒸鰈の目
斑山羊
若狭鯖街道の蒸鰈かな
比良山
棒手振りや若狭の旬の蒸鰈
尾張の黒うさぎ
蒸鰈反る遠くに見る原発
枇杷子
お勧めのメニュー本日蒸鰈
美年
蒸鰈やなぎのごとく干されけり
不利尾
蒸鰈海底の味運び来ぬ
富樫 幹
蒸鰈の味の薄さは母譲り
富山湾
薄塩でチョット一杯蒸鰈
富士 遊歩@ありす句会
娘は手酌母は無口に蒸鰈
負勝@中津からあげ句会
身も骨も湯気も白きや蒸鰈
武井かま猫
魚の棚震災明けの蒸鰈
楓屋権之助
蒸鰈狙う烏と猫と吾
風ヒカル
あはれかな腹は真白し蒸鰈
風花まゆみ
潮の香を猫忍び寄る蒸鰈
風間昭彦
友来る新聞紙に蒸鰈
風子
蒸鰈やひと炙りで酒冷めりゃ〆
服部勝枝
蒸鰈の群れは海風吐き出せり
福良ちどり
蒸鰈母の手裁もう華麗
焚き木
左党の目ぎらり蒸鰈のてかり
文月さな女
ごめんねのかわりに好きな蒸鰈
文月栞
受診日のハミング今夜蒸鰈
文緒
蒸鰈親子げんかの納めどき
聞岳
蒸鰈選んだ君は目利きなり
平井伸明
蒸鰈残す背骨の一直線
平松洋子
背の星に命繋がん蒸鰈
平本牛車
蒸鰈若狭の潮を絡め食む
呆爺  (ほうや)
海に湖(うみ)わかさの里に蒸し鰈
峰江
潮風に翻りつつ蒸鰈
峰泉しょうこ
友来たり差しつ差されつ蒸鰈
放浪
朝行の鍾ひびく浜蒸鰈
蒸鰈凝縮味の目のくもる
分厚くて皺深き手や蒸鰈
望月ゆう
砂浜に一夜松原蒸鰈
北摂美美
蒸鰈腹にほどよき焼目かな
北川蒼鴉
野仏や父にも似たり蒸鰈
北村 鯨子
はららごの透けてあはれや蒸鰈
凡々人
蒸鰈港酒場の一人酒
麻呂助
つい触れる右の耳たぶ蒸鰈
抹茶金魚
割り箸が演歌に乗りて蒸鰈
末尾波世遠
蒸鰈親子三代による作
未知
のれん仕舞いぬる燗つけて蒸鰈
岬りこ
再会や若狭日和の蒸鰈
妙光@木の芽
蒸鰈むしる箸先焦げており
眠 睡花
臓に傷寡黙な父と蒸鰈
眠井遠雷
きまつてや説教となる蒸鰈
夢見昼顔
蒸鰈だんまりとほす夫の箸
椋本望生
岩風呂に砕ける波や蒸鰈
明石焼穴子
美しき骨晒したり蒸鰈
明明
日を嫌い浜風が好き蒸鰈
妄 児
むしがれい汐と潮とのハーモニー
網代
酢に胡麻油醤油と葱に蒸鰈
網野れいこ
徳利の空きて転がる蒸鰈
木人
蒸鰈今夜は酒がうまくなる
紋舞蘭
老猫に塩抜きあたう蒸鰈
野うるし
路地裏に入りて熱海の蒸鰈
野の花 倖菜
蒸鰈ますます顔の小さくなる
野の花 誉茂子
噛むほどに海や感じる蒸鰈
野中泰風
蒸鰈海に逃れし切支丹
野々原ラピ
出張の夜にふるまわれ蒸鰈
野良古
蒸鰈同じ顔して酒を酌み
野棕櫚
晩飯の米を残して蒸鰈
弥日
夫の趣味掃除洗濯蒸鰈
薮久美子
神饌や伊勢にはるばる蒸鰈
薮内椿
蒸鰈かかあ天下の小料理屋
有田みかん
あの世では新婚の父母蒸鰈
柚和
蒸鰈空に白線流しかな
由づる
蒸鰈時をり箸のあたる音
由空
薄き身に詰まりし美味や蒸鰈
遊亀
蒸鰈三尾頼みて二人酒
遊飛@蚊帳のなか
連れ合いにほぐす優しさ蒸鰈
遊木 朝
浜風に色透きとほる蒸鰈
余熱
飲み屋にてみんなで突く蒸鰈
与六
人はみな人しかなれぬ蒸鰈
羊山羊
懸賞のワイン飲みたし蒸鰈
葉っぱのようこ
民宿は今年限りと蒸鰈
葉るみ
蒸鰈今宵は弔ひ酒となり
葉月けゐ
蒸鰈全員揃う旧家かな
葉月のりりん
ほろ酔ひの妹背でつつく蒸鰈
葉茶庵
金網の跡がうまそな蒸鰈
遥風
ねっとりと死に抗いて蒸鰈
陽気姫
波の音波の煌めき蒸鰈
欲句歩
大海を生きた末路は蒸鰈
羅蒐
離婚した引出物の皿蒸鰈
羅馬巴里
蒸鰈デデレコデンに没頭す
羅風音@富山県の民謡「こきりこ節」の リズム
面積がほぼ体積よ蒸鰈
落合耳目
ほぐす身の箸で味はふ蒸鰈
落葉勝山(おちばしょうざん)
酒の味ようやく知りぬ蒸鰈
藍時 湘
蒸鰈禁酒の沙汰は後回し
藍植生
蒸鰈ワイシャツのごと干されたり
愚痴一つ聞かぬ女将と蒸鰈
理酔
旅の宿熾きで焙るや蒸鰈
里甫
失恋し泣きつつ美味し蒸鰈
立石神流
蒸鰈古稀の祝いの裏表
立歩
恋を捨て晩酌に焼く蒸鰈
琉璃
萩焼は手づくりなりや蒸鰈
竜胆
片口の酒は熱燗蒸鰈
龍秀樹
失恋の酔いつぶれし夜蒸鰈
林 和寿
単身赴任若狭の風の蒸鰈
令雅
ピンポンを追ふ酔ひどれや蒸鰈
鈴廣
蒸鰈つつく客の手節くれて
麗し
蒸鰈つつきつちらり割烹着
蓮花麻耶
整ひてけふの仕事や蒸鰈
和よ
蒸鰈静かなる最終電車
和光
蒸鰈隣席お内儀いける口
和鹿島
魔の膜や総身ちぢむ蒸鰈
和泉穣
二人して一枚で足る蒸鰈
和利
眼を凝らし身と骨分けて蒸鰈
國本秀山
海遠き里に売らるる蒸鰈
攝津の嫗
控え目な絶叫になる蒸鰈
櫻庭詩想
蒸鰈グラスに響く不協和音
泗水
老いらくの恋を伝える蒸鰈
涅槃girl
蒸鰈洗濯バサミに吊るさるる
淺野紫桜
朝の陽に透ける子の色蒸鰈
游真
蒸鰈両手使って箸を待ち
獺八(うそはち)
蒸鰈空の端へ飛行機雲
祺埜 箕來
蒸鰈つつき可惜夜の深酒
笙女
閖上はのたりのたりと蒸鰈
筬葉
蒸鰈伊根の舟屋の大夕日
萬太郎
ねぶる指のかをり芳ばし蒸鰈
蓼科川奈
獺祭てふ酒のうまさや蒸し鰈
蒸鰈風を避けつつ親を待ち
鵺野純
藁の上に裏返しされ蒸鰈
髙橋冬扇
蒸鰈朝からトルコ行進曲
入口弘徳
スケルトンのオルゴールメカ蒸鰈
熊縫まゆベア
腹の子の鳳の舌めく蒸鰈
ハチ太郎

ページの先頭