俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. ボートレース

第238回 2020年2月20日週の兼題

ボートレース

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句

今週のお便り&俳句道場

■今週のお便り(●が皆さんからの投稿、○が正人&夏井コメント)

●新しい投句・投稿システムについてのお願い
 投句・投稿フォームが新しくなっています。投句数の増加に伴って、仕分け作業に多くの時間を要します。以下の事項を守って投句投稿して下さると、組長の負担が大きく減ります。ご協力よろしくお願いします。

①俳句の欄には俳句のみ記入して下さい。一つの欄に一句を厳守。

②「俳句に対するコメント」の欄は記入する必要はありません。(特に気になることがあれば記入していただいても結構です。)

③「ギャ句」「聞き倣し季語」は俳句欄に記入して下さい。ギャ句の原句は「俳句に対するコメント」の欄に必ず記入して下さい。

④「兼題季語についての質問・考察・情報(火曜日「俳句道場」)」は、火曜日「俳句道場」への投稿です。

⑤「『俳句ポスト365』への感想・質問・要望・俳号の変更・各地の吟行情報など」「組長&ハイポニストたちへのお便り・近況報告など」はそれぞれ水曜日への投稿です。内容に合った欄に書き込んで下さい。

◆『俳句ポスト365』へのご感想、ご要望、ご質問
●初めて俳句ポストを拝見いたします。これからお勉強させていただきたいと思います。/歩深
●初めて俳句という物を詠んでみました。/雪てる
●プレバトを見て、やってみたいなあと思い、群馬から初投稿しました。学校での授業以来、俳句も初めてです。/焼饅頭
●夏井先生の添削を拝見して、日本語の美しさ、巧みさに感動しました。私にも出来たらいいなという思いで初めて読んでみました。これからもお勉強させていただきたいと思います。/歩深
●はじめまして 宜しくお願いいたします。/みんなのきが
●俳句は高校の授業で少し習った程度だったのですが、某番組で夏井先生を知り、俳句の面白さを知りました。SNSで俳句ポストを知り、挑戦したいみたい!と今回初めて投稿させて頂きました。/ぽんかん
●2月の句会で、ステージにあがることになった者です。 夏井先生とあのように間近でお会いできて、大変光栄で嬉しく、その反動で脳内は緊張と混乱の嵐でした。 ありがとうございました。 超すそ野であった私ですが、これを機に俳句の深い湖に足を踏み入れてみようかと、今回初ポストです。 よろしくお願いいたします。 /まこ
●妻に誘われ初投稿です。季語の重なりを避け、17音にまとめ、、、制約があることの面白いこと!/もんちゃん
●母に誘われ始めました。未熟者ですがよろしくお願いします。/傘踏弾正
●随分前から 仲間たちに投稿を勧められていました。 今回、思いきって投稿させていただきました。パソコンの扱いも なかなか慣れなくて…   次回はあるのかしらと思いながら…/紙ふうせん
●夏井先生のプレバトは毎週欠かさず見ています。出たお題を1人楽しんで作っていましたが 、友達に俳句ポストがあるよと教えてもらいましたので初めて応募いたします。/大嶋メデ
●代理投句しました。安芸津句会で40年以上俳句を作られてきた上垣利久子さん、俳ポ初投句です。よろしくお願いいたします。夏井いつき先生の大ファンで、自慢のプレバトノートは細字がびっしり。フルポン村上さんを熱烈応援されています。今月句会はお休みですがメンバーに俳ポの兼題をお伝えしていました。こんなご時世だからこそ、文芸復興かなあ。俳ポが有難いです。(わこたんのまま)/上垣利久子
●NY在住の妹に誘われて、父が始め、私もつられて初投句です。俳句は13年ぶりです。 高齢の両親は外出を控えていますので、共通の季節の話題で気が紛れてありがたいです。 カンを取り戻すのに時間がかかりそうですが、これを機にのんびり楽しませていただきます。 よろしくお願いいたします。/知里
●プレバトで俳句に興味を持ち、今回初めて俳句を作ってみました。ボートレースが6語ということで字数が難しく、初心者には早いと思いましたが、575ではない句を作ってみました。読んだときのテンポが悪くならないように気をつけましたが、どうしてもボートレースの語感が良くなってない気がしました。また、17音に収めるために入れたいアイデアを削る必要が出てきて、俳句の難しさと奥深さを痛感しました。/与太郎
●プレバトに出演していらっしゃる夏井先生を拝見し、夏井先生のトーク力、表現力や感性に惹かれ、以来ずっと夏井先生のファンです。最近は仕事の合間に俳句にチャレンジしており、今回このような投稿に初挑戦してみようと思い、投稿いたしました。 わたしは、俳句が選ばれる選ばれない以前に、私を俳句好きにさせて下さった夏井先生にお礼申し上げたく、今回の俳句を読ませていただきました。俳句のことなどほとんど何も知らない未熟な私ですが、今回は全力で取り組み、詠んだ句ですので、何卒よろしくお願威申し上げます。/黒亞
○ようこそ俳句ポスト365へ!仲間や家族に誘われて~という方も最近多い気がしますね。同じ趣味持てると楽しい♪(正人)

●今回もよろしくお願いします。/浅河祥子
●よろしくお願いいたします。/やまぶき
●組長、皆さま、今回もよろしくお願い致します!/靫草子
●先生、正人様、いつも有難うございます。/大和田美信
●「俳句ポスト365」の皆様。こんにちは。どうぞ宜しくお願い致します。/松山のとまと
●3回連続で、投稿できました。継続がとりあえずの目標です。/小虫
●4回目の投稿です。作り始めたばかりで、自由な発想には程遠いですが、季語の力を信頼して創る、というのが興味深く、楽しんで作っています。/大熊さんちの猫
●ちょこちょこ書けて便利です。/山の雫
●このサイト面白げですね。/山の雫
●いつもお世話になります。お忙しい中とは存じますが選句宜しくお願い致します。/南方日午
●いつもありがとうございます。今回もよろしくお願いします。/楠青庵
●今後も長く継続してください。/風間昭彦
●風邪に気をつけてまいりましょう。(^-^)/☆~/おけら
●奥の細道むすびの地、岐阜県大垣市からよろしくお願いします。/Sweet Taxi Driver
●超初心者ですが、言葉遊びの面白み、日本語の深さに気づき始めています。/丙午
●やはり、発想が凡人かなあといつも思ってます。/平井伸明
●お世話になります。よろしくお願いいたします。/平本魚水
●父の影響で俳句を始めてはや1年、続いています。趣味の世界が広がりました。/紀杏里
○継続は力なり!俳句を趣味にするメリットの一つはさらに興味が広がっていくこと。どんどん広がる趣味の世界!(正人)

●夏井先生のファンです。 私はまだ若く未熟者ですが、見てくださると嬉しいです。/疾風怒濤
●初心者ですが、少しずつ楽しめるようになってきました。美しい日本語に改めて感動しています。 これからも少しずつ楽しんでいこうとおもいます。/手荒れ
●17音に気持ち情景を描ける俳句の素晴らしさ凄いです。/句詩呼
●色々な事こそ俳句の種になる事が 分かって俳句を趣味にして良かったです。 夏井先生様に 関わっているので誇りです感謝します。ありがとうございます。/句詩呼
●投句のプレッシャー 自分の発想の無さに落ち込みながら 詠む俳句は素晴らしくないけど 生きている 今の自分を知ることが出来る 良い趣味を持ったと思います。 選者の先生様たち ありがとうございます。 /句詩呼
● 夏井先生、正人さん、ハイポニストのみなさま、いつも拙句を読んでいただきまして、ありがとうございます。今回二回目の投稿です。できるだけ発想を広げて、愚作でもたくさん練習することが上達につながるということですので、老体に鞭打ってがんばります。/榊裕江子
● 先生方、選考お疲れ様です。今回は無謀にも、6作を投じてしまいました。真の駄作を6つも見ていただくとは・・・光栄です。ああ、いつかは天・地欄に名前が載るといいなあ、最大の夢です。/榊裕江子
●投句を初めて1年以上経ちました。はじめは読む時期と季語の季節の違いに戸惑い、ちぐはぐな句を読んでいました。季節の美しさや雰囲気を気にしながら過ごしてきた1年をこれから生かしていきたいと思いますが、早速、ボートレースで卒業式を読もうとしていた私です。/浅河祥子
○継続して作る、たくさん作る中で新たな自分が発見できてきたりも楽しい。(正人)

●俳句など幸せ者の堕落論/山の雫
○堕落できるって最高に幸せだと思うの。お布団大好き!(正人@だらだら大好きマン)

●高校時代に部活で俳句をやっておりました。社会人になった今、1,2年ぶりの俳句ポストへの投句です。/おんこう
●こちらのサイトに投句し始めた頃に小さなお店をオープンいたしました ボートレースのごとく走り抜けた感覚です 短い間でしたが50代の体がよく頑張ってくれたと思います 皆様に助けられてかけがえのない経験をさせていただきました これからも投句は終えること無く続けようと思います/方寸
○人生の節目をそれぞれお迎えになってらっしゃるなあとしみじみ。お疲れ様でした&新たな船出にカンパイ!(正人)

●目標にしていた「一年間人選継続」は、寒椿で達成となりました!やったぜ。 何気に生まれてこの方、長期的な計画を成し遂げたことがなかったので、色んな意味で励みになりました。俳句ポストのおかげと思っております。ありがとうございます。 以前、新たな年間目標「複数掲載率50%」掲げましたが、「70%」に上方修正するか、「とにかく金曜日に一回以上呼ばれる」に変更するか、思案中。ハードルが高い方を選びたいところですが、はてさて…。/多々良海月
○うーんどっちもかなりの難易度な気が!?(正人)

●お便りを送信した後、違和感を感じて確認してみたら…「一年間人選」、まだ全然一年立ってないじゃないか…。とんちんかんなお便りをしてしまったことをお詫びいたします。/多々良海月
○って達成してなかったんかい!大丈夫さ、そのうち一年になるさ~(笑)。(正人)

●何とか締め切り15分前に1句だけ投句。前回は投句出来なかったので、今回はまず”投句ありき”でした。選者の方、誠に申し訳ありません。/気がつけばカンレキ
●毎度毎度難しいんですが今回は本当に本当に本当に難しい。全く未体験ゾーンだし周りに行ってる人もいないし。本日(締切日前日)までほぼ浮かばなくて浮かんでもイマイチで。マジで無理かと思ってましたがなんとか形になってきました。あと1日でなんとかもう少し深めたい!あきらめないぞ!/古都 鈴
●ギリギリ投句すみませんっ。 一日前投句を心がけていたのですが、火曜の夜は「恋つづ」に魂を抜かれ何もできません。 あと一回、ギリギリ投句になりそうです。 みなさまよき恋を!/むげつ空
●組長、正人さん、スタッフの皆さん、いつもお世話になります。ここのところ、投句が継続出来なくて残念(泣)/chiro
●毎度ぎりぎりです。 寝落ちして投句を逃したりやる気が湧かなかったり休みが寝るだけになるなど仕事のストレスと疲れがかなり溜まってきています。 /ローストビーフ
●毎回、投句出来る訳ではありませんが、出来る限り続けてゆきたいと思っております。どうぞ宜しくお願い致します!/間仁田彩
●兼題「ボートレース」が難しそうなので、今回はパスしようと思っていましたが、締切の3時間半前に気を取り直して挑戦しました。「選り好みしてる場合じゃないでしょう」といういつき先生の声が聞こえてきたような?/ドイツばば
○わはは、組長の幻影に叱咤されての投句ご苦労様でした~(笑)。(正人)

●夏井先生、ウェンズデー正人様、お世話になります。 兼題「麦踏」にて久々の全ボツでした。どうしても句が作れない時はどうすれば良いのでしょうか? /塩の司厨長
○なんにもしない!…って魔女の宅急便で絵描きのお姉さんが言ってた。あるいは欠席回避のためだけに目つむって出す。(正人@結果は忘れる)

●24516さんの代理です。今回の投句人数と投句数を教えて頂けますと幸いです。 「ボートレース」、公営競技の競艇(BOAT RACE)とは違うんですね……更に沖縄で実物を観戦した事がある「ハーリー」で詠もうと思ったらこれも違う(ペーロンなどは仲夏の季語)とは(泣 /洒落神戸
○質問サンキュー!1487名7413句でありました。今回はけっこうその辺の季語認識の間違いとかも多そうな予感。(正人)

●さきほど、パソコンの誤操作で同じものを2回送信しました。すみません!/キートスばんじょうし
●入力しそこないましたので、再度投句させていただきます。/ふわり子
● ちなみに今日何か、俳句の投句口がおかしく何句か同じ句をいれたのでごめんなさい!/砂山恵子
●先ほど送信したのですが、受け付けていただいた旨のメール返信がありませんので再送いたしました。 二重の投句となりましたら、申し訳ないことでございます。 どうぞよろしくお願いいたします。/林 和寿
○送り直しはOKです、不安だと思ったら出し直しておけばだいたいOK。(正人)

●先程「ボートレースすみし川面に秋の月」「競漕のおわり夕照秋の月」ニ句を送りましたが、読み返して見ましたらとんでもない事をしでかしていました。春の季語に「秋の月」は幾らなんでもないですね。大ボケです。/東京極遊山人
○えらい、自分で気づけるのがめちゃくちゃえらい!!それが成長の証!!(正人)

●お疲れさまです。 メールマガジンに登録したいのですが、「ページを開ません。サーバが見つかりません」と表示されてしまいます。(iPhoneからアクセス)/定野直仁
○最近このお声を多く頂戴します。原因は私ではわからんのですが…。たとえばなんですが、パソコンなど別の方法でアクセスしてメールアドレスだけ登録することはできるかもしれません。もしiPhone以外に閲覧できる環境あればお試しいただけると幸いです。(正人)

●俳句のルールや約束事あんまり知りません。 季語あんまり知りません。 友達少ないです。 友達作り中です。 でも平気!泣かないよ!/山の雫
●最近の「兼題」の選択はすんごいです/沢拓庵
●関連季語、子季語がどの程度まで許されるのか、教えて頂ければ有難いです。/痴陶人
●三度目の投句です。今回の兼題は特に難しかったです。まず六文字で、上五で字余りにして据えるか、中七に持ってくるかしかない。次にボートレースというと、今では競艇を連想させます。私にはボートレースで句作はできませんでした。関連季語、子季語として艇だけでは無理ありますよね。こういうのは、ギャ句っていうのですか?出直します。/痴陶人
●ボートレースのところを開くと競漕と、レガッタが小さい字で下に載っていますが、こちらを使っても良いという考えでいいのでしょうか? 俳句歴が浅いので教えてください。/マムシ銀行
○今回この手の質問もとても多かったです。火曜日俳句道場で解説されると思いますので、ぜひご一読ください。(正人)

●いつもありがとうございます。俳句ポストでは、特に、季語の勉強をさせて頂いてます。そのメモ等を一冊にまとめるようにしていて、いつかそれが、私の「季語ノート」になるのを、楽しみにしています。/令ちゃん@埼玉
○自分でまとめるのもえらい!火曜俳句道場を真剣に手元にまとめていくとすっごい資料ができるんじゃないかと思ってます。お役に立ててくださいね♪(正人)

◆我ら並選隊
●いつき先生、お疲れ様です。麦踏の並選ありがとうございました。よろしくお願い申し上げます。/清水祥月
●いつき先生、正人先生、スタッフの皆さまいつもありがとうございます。「麦踏」の並選ありがとうございました。/明惟久里
●兼題「麦踏」では、並選をありがとうございました。難しく、すごい悩んだ季語だったので、嬉しかったです。皆さんの俳句を拝見させていただき、「麦を踏む」という表現もありなのかぁ、と思いました。この辺の解釈を教えていただきたいと思いました。/ちか丸
○季語を動詞の形にして使ったりするケース、ありますね。季語によってはそういう使い方できるものもあります。(正人)

◆俳号に名字をつけよう♪キャンペーン
●新参です。お世話になります。 俳号に名字をということでしたのでこの機に乗じ、生涯あり得ない乙女チックに賭けるのもよしかなと。  文緒改めティアラ文緒とさせてもらいます。 お笑いくださいませ~。 これからもよろしくお願いします。/ティアラ文緒
●俳号を「ばんびぃ」から「ばんびぃむーん」に変更いたしました。/ばんびぃむーん
●すじこ改め中村すじこです。今のところ「すじこ」を名乗るのは私くらいだと思いましたが、俳号に名字をつけました。「中村」は母の旧姓です。どうぞよろしくお願いします。/中村すじこ
●俳号を 杜せき から 松本裕子 に変更します。 よろしくお願いします。/松本裕子
●俳号を藤原から変えようと思います。/山内三人
●俳号を裕規からひろきちに変更しました。/ひろきち
●こんにちは。 毎回ウンウン唸りながら句作り、そして締め切り間際の投句を繰り返しています。 またその後、皆さんの句を読んで、その発想の豊かさ、奇抜さに今度はウ~ンと唸るのも毎回のことです。 でも、それで鍛えられて、それが楽しいのですよねぇ。 これからもよろしくお願いいたします。 「あさ奏」改め「咲弥あさ奏」 /咲弥あさ奏
●俳句が一時的な熱ではなく、生活のルーティンのひとつであるとようやく胸を張って言えるようになりました。遅ればせながらですが、記念に歳時記を買いました。ついでに名字もつけます。「みこ」から「野井みこ」に変わります。/野井みこ
●初投句にも関連し、私のいろいろにちなんでつけた「天晴」という俳号をとても気に入って 後で「天晴」は「あっぱれ」とも読むということに気付いて、たじろぎつつも 新しい名前を持った喜びに浮かれて、使ってみたくて少々浮足だっておりました。 しかしながら名字をつけるにしてもいい案が浮かばず、本名を匂わすことは 恥ずかしさと恐れがあり、でも引き続き投句していきたいのでいろいろな気持ちを込めて 「藤井天晴」で投句してみます。よろしくお願いします。 /藤井天晴
○『俳句ポスト365』では、「ありそうな俳号をお使いの方は是非とも姓を付けて下さい運動」を展開しています。俳号は、自分の作品を自分のものだと主張する大切な記号。投句者お一人お一人の個性と習熟度を見極めながら、適切なアドバイスができるようにと日々心がけています。以下ご協力の程を。
 ① 同一人物の複数俳号の投句はお控え下さい。
 ② ありそうな俳号には必ず姓をつけて下さい。

●私の俳号について。なんでも形にこだわる質で、俳句作る前に俳号を考えました。まあ、単なるええカッコしいなんです。当初高浜虚子さんを参考にしたつもりでしたが、俳句について知るうちに、鷹羽狩行さんに近いことに気づきました。俺てもしかしてその名付け親の山口誓子さんのセンスに近いんかなぁ。と独り悦に入ったのは言うまでもありません…。/尼島里志
●こたつ銀行からマムシ銀行に変更しました。 吾子は漢字ばかり続くときひらがなでも良いのでしょうか? 他を変えてこちらは漢字のままが良いのでしょうか?/マムシ銀行
○俳号はご自分の好き好きでけっこうです。文字のバランス考えたりも楽しみの一部です。もちろん悦に入るのも~(笑)。(正人)

◆ウェンズデー正人へ
●いつもありがとうございます。お便りコーナーでの、ご丁寧な返信も、とても参考になります。/令ちゃん@埼玉
○恐縮です。時々適当です。(正人)

●正人さん、確かに最近太ってるこまです。キミは?/こま
○聞いてくれるなおっかさん…をを、涙。(正人)

●いつもお世話になっております。まだ居(以下略)。1月から始めた主食カットのダイエット、2日前にやっとマイナス5kg地点を通過しました。やったー!残り5kgもスルスル落ちてくれますように。ボートレース→春暖と、兼題季語も暫く食べ物系から遠ざかりそうなので、今のうちに。長らく米もパンもパスタも口にしていないので、ひもじいと感じることもあるのですが、ひるむ…と!思うのか…これしきの…これしきの事でよォォォオオオオ/次郎の飼い主
○アツアツのピッツァも食いてえ!ナラの木の薪で焼いた故郷の本物のマルガリータだ!ボルチーニ茸ものっけてもらおう!(マサンチャ)

●ウェンズデー正人様の「句会デモンストレーション」があり、伊月庵通信が届き、盆と正月が一緒に来たよう!この年度末にして嬉しさの嵐!一方私には易しい兼題はないのですが、「ボートレース」は「蒸鰈」より難題。逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだと思いつつ、ここは保留という名の現実逃避。待てば海路の日和あり?!/黒子
○先週から今週にかけて花粉症の服薬でノックダウンしてます。いい加減片をつけたい。つける。(正人@おそらくイネ科)

◆夏井いつきへ
●夏井いつき先生、お忙しいことと思います。 お体に十分留意され、さらなる活躍を願っております。 昨年、高梁市の句会ライブでは思わぬ入選をいただき、ありがたくもあり、ちょっぴり迷惑ともなりました。 結果、俳句好きのかみさんに怨念の火がつき、先月四国中央市での句会ライブへとドライブ。 遅刻すれすれに2階へ飛び込み、楽しいひとときを過ごし、さあ投句の時間。 なんと、かみさんの句が入選7句の1つに! 俳句のすそ野夫婦で連続入選となりました! 奇跡の贈り物、本当に本当にありがとうございました! 助かりました! これでもう遠くの句会ライブへと出かけなくて済みます。 今後は、この俳句ポストで楽しませていただきます。 /遊浮子
●長浜盆梅、行かせてもらいました いつき組、滋賀県支部の末席に参加させてもらいました 一斤染乃さん、夫婦で参加していた者です よろしくお願いします/裾野51
●2月5日の「まちづくり句会ライブin泉ヶ丘」。ドキドキの初句会参加でした。句はあえなく轟沈しましたが、組長にお会いできた上に握手までしていただき、もう感激!「チーム裾野」、これからも頑張ります。/いしはまらんる
●2月29日、とうとう句会ライブに参加する機会をいただきました。本文掲載時には、先生・正人さんにお目にかかれたかどうか、はっきりしてるんだろうな~と思いつつ。今年の目標の一つ、一句一遊での金曜選。根深汁(葱汁)で早くも達成!次は、ポスト・生活での地選だぁ~!/いなだはまち
●組長、正人さん、皆さんこんにちは。いつもありがとうございます。 瑞浪の句会ライブ、楽しく参加させていただきました。トークが面白くて、もっとずっと聴いていたいと思いました。また東濃にいらしてください!/夏 湖乃
○俳号だけ知ってる皆さんと、初めて会う!この瞬間は、何度体験しても楽しいんだよね。句会ライブに参加すると、句友がどんどん増えていきます。(夏井)

●夏井先生、ウェンズデー正人様へ 廿日市さくらピア句会ライブ初参加しました。 夏井先生の軽快なトークにハートを鷲掴みされ、ウェンズデー正人様の美声に感動しました。サイン会では、⑦パパさんとその仲間たちでお話出来て最高でした。/研知句詩@いつき組広ブロ俳句部
●先日の句会ライブin廿日市、お疲れ様でした! 広ブロ俳句部全員参加しましたが、自分はもちろん、みんなものすっごく楽しめたようです! サイン会の時、夏井先生とほんの少しだけお話もできたし、ウェンズデー正人さんには『俳ポのオフ会に是非!』と言われて。もう大満足でした! てか、間近で見る夏井先生が想像以上にプリチティーで、今まで以上に大好きになっちゃいました!(⑦パパのおかげ)/Dr.でぶ@いつき組広ブロ俳句部
●2月16日に夏井先生の句会ライブへ参加して、いつき組広ブロ俳句部メンバーの結束が強まりました! なので、今回から俳号の後ろにチーム名を付けて送ります。よろしくお願いいたします。 この度、句会というものに初めて参加したのですが… 最高に楽しかったです!!! 俳句って本当に面白いと改めて思いました♪ありがとうございました♪ /かたちゃん@いつき組広ブロ俳句部
○いつき組広ブロ俳句部の連中にも会えました。リーダー⑦パパのおかげやな~。現在は、コロナのために句会ライブの中止や延期が続いています。句会ライブ、再開できる日まで、腕磨いて待っててね。(夏井@プリチティー)

●先日のNHK全国俳句大会楽しく勉強させていただきました!受賞されたハイポニストの方々おめでとうございます!全くの初心者がこちらに投句を始めて2年になります。人選に2句!を夢見ながら、これからも楽しく続けて行きたいと思います。俳句ポストの運営はお忙しい中大変なご苦労かと思いますが、どうかお身体大切に、今後共よろしくお願い致します(^^)/オキザリス
●NHK全国俳句大会、新潟から上京した妹と観覧させていただきました。楽しかったー!勉強になりましたー!遠かったけれど組長の生のお姿を拝見出来て、妹と二人で感激しました。いつか組長と直接お会いして、「あなた達、姉妹だったの??!」と驚いてもらうのが夢です(笑)私の猛プッシュで一年程前からハイポニストに仲間入りした妹とは、結果発表の木曜日、朝からLINEで「発表だね…ドキドキ」とかやってます(金曜日はいたって冷静(^^;)俳句の話で盛り上がれる仲間が出来てとても幸せです!/靫草子
●NHKテキスト俳句3月号掲載(2019年12月投句分)、組長の俳句道場「季重なりの句を詠む」の回で初めて佳作に選んで貰いましたありがとうございます私はプレバトから俳句に興味を持ち始めたプレバトチルドレンなのですが組長がNHKの選者と知ったときにはもう終了時でテキストの俳句道場が投句生活の初まりでしたその後、当県の全県俳句大会にて組長にサインを貰った際、俳句ポスト365を教えて頂き2019月1月の「うらうら」から投句開始し、組長の選句している投句先をちょこちょこ仕入れては投句をしている現在の生活スタイルがあるのですNHKテキストへは2018年5月号が初投句で2019年12月号の投句で初めて選句して貰え初心の念願が叶い嬉さひとしおです12月号で最終回の文字を見て、いつかは選句されるような句を作りたいと思ってましたのでショックでしたこの回で送る句が最後なんだなーと願う気持ちで葉書を投函しましたその最終回に選んで貰えたのはなんとも感慨深く頑張れとエールを頂いた気持ちでいっぱいです他の選者さんからも時おり選んで貰えることがありますが佳作オンリーでなかなか上達出来ませんまだまだ益々頑張りたい気持ち増幅してます宜しくお願いします /斗三木童
○NHK全国俳句大会にも挑んでみて下さいね。特選に選ばれた作者は、NHKホールの舞台に並びます。来年のNHKホールにて会いましょう!(夏井)

●伊月庵の桜は咲きましたか?/ず☆我夢@木ノ芽
○桜は、すでに葉桜ですよ。今年は、花守祭できなかったけど、来年こそは会いましょうね。(夏井)

●夏井先生のテレビや著作物が分かりやすく先生の大ファンです。/酔棋
●プレバト俳句楽しみにしています。/富樫 幹
●プレバトを毎週楽しく拝見して、本当にいい勉強をさせていただいてます。いつき先生のますますのご活躍をお祈りします。/雨霧彦@木ノ芽
●夏井先生、いつもテレビで応援しています。お仕事ご移動等大変と存じますか、どうかお身体ご自愛ください。 『ブロッコリー茹でて蕾の黄と緑』 ブロッコリー食べて頑張ってください。諏佐豊弘/スサトヨ
○コロナのせいで、句会ライブも講演も俳句大会も全て中止。いつになく、人間らしい健康的な生活を送ってます。(夏井)

●敬愛なる伊月先生!365日季語手帖発売しているのですね!本屋さんに買いに行かなきゃ♪情報入手が後手後手になりすみません(冷汗)伊月庵通信も楽しみにお待ちしております(^^)最近プレバトで伊月先生のおっしゃることを同時に思っている自分がおります。私の中に芽生えた「いつきイズム」でしょうか?この感覚を大切にして句作に励みたいと思います。 /村上 無有
●2/19伊月庵通信はまだ届きません。 明日届くといいなぁ。 2/20発行、到着、そして誕生日。 バースデープレゼント(嬉)。/むげつ空
●今月初めて伊月庵通信が家に届く予定です。楽しみです。nhkの年末の番組の中で伊月庵で花見?をしていたようですが今年は新型コロナの影響受けそうでしょうか?それと寒椿の兼題で初めてこのサイトで掲載していただけました。まだまだ後になって気が付いたり、何年もかかって気がつかない事の多い私ですがよろしくお願いします。夏井先生が選者でいるうちは投句する予定です。/藤原太
●伊月庵通信2月号楽しみです。/藤原太
●やっと、やっと手にしました!伊月庵通信! リサーチ不足で創刊に気づかず完全に出遅れ、年末年始を挟み更に遅れ、気づけば次号が発行されそうなタイミング。それでも創刊号からお願いしました。この表紙、どれだけ焦がれたことか!満たされた思いです。さぁ俳句のお勉強しなくては!ちょっとうきうき(^-^)/古都 鈴
○季刊誌「伊月庵(いげつあん)通信」夏号は、ただ今鋭意編集中です。お楽しみに♪(夏井)

●夏井先生が、日経に掲載されていたエッセイ、楽しく拝読させていただきました。特に、幼稚園のころの息子さんのお花が最高でした。/豆挽子
○このエッセイも、いつか一冊にまとめたいなあ。(夏井)

◆広がる『俳句ポスト』仲間たち!
●【轡虫】の、あいだほ様。『轡虫人みなちょっと不良品』辛いときに口ずさみ、大変励ましてもらいました。ありがとうございました。そして遅ればせながら、NHK俳句特選おめでとうございます!/松山めゐ

●高尾彩様、突然ですが寒椿の回より復帰されたようで、お帰りなさいませでトマト。トマトは、俳句修行のため過去の俳句ポストデータを見てて、偶然貴殿のことを知り、勝手にファンを名乗ってるものでトマト。貴殿と共に俳句ポストに参加できることを幸せに思っておりますでトマト。どうぞ、無理なさらず、自分のペースで参加してくださいませ。 /トマト使いめりるりら

●私の麦踏の『並の句』の下にある句の俳号を見て「もしや?」と思いました。母が知らぬ間に麦踏の句を投稿していました。 親子で並んで選ばれて嬉しいです。/ばんどうまーぴー
○知らぬ間に!?(正人)

●シュトゥットガルト俳句女子の会/遥明
●シュトゥットガルト俳句女子の会/網野れいこ
●シュトゥットガルト俳句女子の会/三大夜景
●シュトゥットガルト俳句女子の会/亀の
●シュツットガルト俳句女子の会/海葡萄
●シュトゥットガルト俳句女子の会 組長、正人さん、俳句ポスト運営関係者の皆様、いつも有難うございます。 現在巷ではコロナウィルスの事で持ちきりですが、ドイツでも例外ではありません。 食料の備蓄の為かスパゲティや缶詰がスーパーの棚から無くなったりしています。 マスクや消毒液も無いそうです。 アジア人だから、と避けられるという事はありませんが、公共では咳などしないように心がけています。 ボートレースの発表の頃には終息している事を心から願っています。 皆様もご自愛下さいませ。/芍薬
○終息どころかさらに拡大中のコロナウィルス。世界中の苦境を慮るばかりであります…ドイツの状況の推移はいかがでしょうか…。(正人)

◆「人」「地」「天」~ベム・ベラ・ベロ俳人たちより
 誰が言い始めたか、「『人』選にはいりたい=人間になりたい=妖怪人間ベム」という話で盛り上がり、「『人』選に入る=人間になる=ベム俳人になる=ベムる」と、不思議な動詞や、「天地想像」なる四字熟語が生まれております。

●兼題「寒椿」では人選を戴き、本当にありがとうございました。これを励みに頑張ります。/戸部紅屑(とべべにくず)
●「寒椿」で「人」になれた!嬉しいです!さらなる高みを目指して進む。/のもとみな
●麦踏で人選をいただきありがとうございました。18回休みなく投句してやっとです。 凡人中の凡人を自覚していますが、チーム裾野の一員としてこれからも勉強したいと思います。/どくだみ茶
●「麦踏」人選二句ありがとうございました。一昨年の春「石蓴」から投句を始めて三年目となりました。改めましてよろしくお願いいたします。/京野さち

◆コロナウィルスに寄せて
●夏井先生、スタッフの皆様こんにちは。 コロナウイルスですっかり世の中が委縮して大変ですね、一日も早く回復出来る様に手洗い・人ごみを避けるを励行しています。 速く収まってくれることを祈っています。 先生も全国彼方此方訪れられていますので、どうぞ罹患しないようにお気を付けください。 5月近くの市である先生の俳句ライブ中止にならない様に願っています。行きたいです!/のぶ子
●コロナウイルスに翻弄される3月です。正しく、恐れたいです。/夏銀
●コロナウイルスに世の中が振り回されていますね。ボートレースの発表の頃には収束していますように!そして、こんな時でも楽しめる俳句をやってて良かったと、心から思います。/夏 湖乃
●皆さんこんにちは。外出控えて作句に励む春ですね。早くこの混乱が落ち着きますよう。/海野しりとり
●この兼題での結果が発表になる頃には、新型コロナウィルスが収束していることを願いたいですね。/山香ばし
●いつき先生はじめ皆様方、この度の「疫病」正しく恐れ、規則正しい生活を送りましょう。 御身大切にm(__)m。/里甫
●新型コロナウイルスが流行し、それによる社会的な影響が広がっていますね。年度末というのも大きく響いてきそうです。私の身の回りの行事も次々と中止になりました。皆様ご無事でしょうか。/京野さち
●コロナウイルス が全世界で大問題となっていますね。今後海外から日本への渡航自粛を迫られるのでしょうか。現在2月末ではまだだいじょうぶなようですが、これから日本で感染者数が増えていったらどうなるかわかりません。先が見えない不安がいっぱいの現状です。 /峰江
●コロナウィルスのせいで世の中知っちゃかめっちゃかですね。デマだとわかってるのに何故トイレットペーパー争奪戦起こるんでしょ。どのドラッグストアの棚もからっぽ…驚きです。買い置きそんなにしてないけど買いに並ぶような暇もないのが正直なところ。仕事もですがいろいろ忙しい。やることも考えることもたくさんある…“ボートレース”難題だし(^^;もしかしたらそれで紛れているのかも。俳句考えることがこの非常時の精神衛生上有効だったりして。夏井先生の言う通り“春は必ず来る”のだから、それまで今自分にできることをやるしかないですよね。ボートレースもう少しがんばる。うがいも手洗いもなるべく頻繁にやる。今手元にあるものでしのぐ。祈ることしかできないけどどうかみなさまご無事で。/古都 鈴
●夏井先生、スタッフの皆様いつもありがとうございます。 今日は朝からとても残念なお知らせがありました。新型肺炎の影響で瀬戸内海俳句大会の表彰式が中止になったとお電話を頂きました。 初めての俳句大会投稿で特選を頂いていたもよですから年がいもなく浮かれていたり、夏井先生にお会いできる機会をドキドキして心待ちにしていたのでとてもトホホな気持ちに。 とは言っても前を向いて行くしかないので、俳句ポストと来年の大会目指してがんばります! また、この近況が載る頃には肺炎も終息していることを祈っています。/楽花生
●今年も中島にご縁がなくて残念でした。夏井先生に会いたいです。/28あずきち
●この兼題に取り組んでいる頃(2月後半~3月初め)は、コロナウイルスで世の中が大騒ぎしていました。参加する予定だった2月29日の千葉県八千代市の句会ライブもコロナの影響で中止となりました。4月6日の結果発表時には騒ぎが落ち着いているといいのですが…。/高橋寅次
●大分市に続き松山市でも新型コロナウイルスが出ましたね。日本が世界中が無事に乗り切ることができますように願わずにはいられません。/樫の木
●とんだウイルス騒動で、ゆっくりできてそうで、まあぼちぼちいこか。/ちびつぶぶどう
●ややこしいウイルスで、世の中は静まり返ってる。句会も飲み会も自粛ムード。ここは静かに、365にせっせと投句するかな。おうちでの飲みすぎ注意。(JKではない)/ちびつぶぶどう
● コロナコロナで春が霞むのが悲しいです! しっかり春を感じて、コロナさえも俳句にしてやるぞー! と強い気持ちで挑んでます!/珠凪夕波
●新型コロナウィルス騒ぎで大変な事態ですね。組長の句会ライブや講演も中止や延期が相次いでいるようで。またいろんな職種に影響が出ていて経済もメタメタ。もう大人しく家でじっと「おウチde俳句」活動をするしかないですね。組長と兼光さんの骨休めになるかなとそれだけが唯一の良いことです。皆さまどうぞご無事で!/小野更紗
●コロナウィルスで各地大変な事になっております。組長様正人様よしあき様ハイポニストの皆様どうか気をつけて下さいね。この発表の時には収まっていて欲しいです。/いしはまらんる
●夏井先生、正人様へ 新型コロナウイルスが愛媛県にも拡大しましたね。私が通っている俳句教室も3月、4月共に休講になりました。残念です。/KAZUピー
●兼題を詠むにあたってボートレースの練習場を見学に行く予定にしていましたが、コロナのお蔭で中止となりました(仕方ないので、近辺の写真だけ撮って帰りました)。楽しみにしていたJO☆STARSのライブも、コロナのお蔭で中止となりました。あと2回で冬季教室が終わる予定だったバドミントンも、コロナのお蔭で中止となりました。そして、コロナのお蔭で競馬は無観客開催になり、四位さんの引退式に行けなかった…。あァァァんまりだァァアァ(泣)。…皆様のご無事をお祈りしています。/次郎の飼い主
●結果発表の頃には落ち着いていると良いのですが……世間はいま新型コロナウイルスの脅威下にあります。僕は教育と物流の兼業で生活しているので、影響をモロに受けています。昼は休校の余波で塾に流れてきた生徒たちの面倒を見、夜はデマの余波で品薄が起きているスーパーに商品を入れる日々です。兼題について調べる時間がなかなか取れません。ぼちぼち、やれる範囲で楽しんでいこうと思います。/いかちゃん
●コロナウイルスの蔓延で家に閉じ込められています。「ボートレース」の発表の頃には収まっているでしょうか?いろんな人達が色々なところで異常事態に遭遇していて、マスクやトイレットペーパーやテッシュペーパーの買い占めなどに踊らされている人もいます。病気になった方々が一番大変だと思います。早く収まりますように・・・!!/じゃすみん
●こんにちは。コロナウイルスのせいで、外出系の楽しみは軒並み自粛、景気も不安定、トイレットペーパーは店から消え、先行き不明の不安な日々です。この結果発表の頃にはおちついているといいのですが。もっとも、最近は北方水滸伝を読んでおり(全19巻!)、続編もあるので、外出しなくても楽しみはあります!/ちょろたこいん
●次の検診の帰りにデパートで姪の卒業祝いを買おうと思っていたら、コロナウィルス拡散防止のために、毎週火曜は休みになるそうで、少々がっかりしました。この俳句が発表になる頃には、コロナウィルスは収まっているでしょうか。 先生も皆さんも私も、元気でこの難局を乗りきれますように。/ふくろう悠々
●花粉が辛い。まさかこのダルさはコロナ?と、電車通勤往復2時間半の私は、冗談でなく心配。ガッツリ予防中!/黒子
●コロナウイルスの第一線とはいえないけど、医療機関は休めない。精神的にも参っている。でも、ここで踏ん張らないとと。今本当にボートレースをしている気持ちです。/砂山恵子
●新型コロナウイルスで大変な世になっています。どうか自分で面倒くさいことを自らする。自らの手洗い、自らの行動自粛、しばらく自分でできることは何かを考えてみたいと思います。/砂山恵子
●頑張って、あとこの週末の土日の遠征と来週土日の遠征を残すだけで単位習得と思いきや・・・最後の講習会がコロナウイルスで延期になり、この春の遠征はこれで終わりのはず、あとは5月の集会で取ります。仕事終わって夜JRでいって、そしてとまらなかったり、深夜バスとか・・それが5週間でした。(3月1日までなら) でも夜行バス、ゲストハウスでの男女混合部屋、寒い中の3時間待ち。よくやったなあ・・・まだまだですが。 結局俳句作れないって思っていましたが、とあるネット句会で「作れないなら全員の句評をしてみよう」この何百に及ぶ〈早慶じゃないわ総計だ)句評が唯一の俳句とのつながりでした。句会断らなくてよかった・・・そしてこの苦しい大遠征もきっと何かの力になるでしょう。あ、それから60歳以上ならジパングクラブ(JR2割から3割)とかともかくバスを利用、おすすめです。60歳の最後の意地です。/砂山恵子
●悪疫蔓延る中仕事にも生活にも支障を来しております。 俳句を詠むどころではないと思うか、俳句を詠むことで心慰めるか。 いただいたお題に悩んでいる間は俳句の世界に浸りましょう。 本来の暖かい春の陽が待ち焦がれます。/咲耶とこ野@木ノ芽
●新型コロナはどうみても「人的情報不明確性流感」です。既存の病気への対応が遅れないように。 十分お体に気をつけてください。/沢拓庵
●ウイルスで「休校」と言う「悪策」は子供にとって気の毒です。以下、前に送った内容の再掲です。 新型コロナウイルス、下記A及びBを合わせて考えると、現状は「大人の感染を防ぐために若者の学校は休校とする」状況です。この状況はとんでもない。専門家Bの見解では、若者は基本的に今までの生活スタイル準じた生活でよいのです。大人が感染しないようにすることだけが重要であって、休校は悪策 A:先週、首相が突然に「休校」、 B:今週、専門家「若者は感染しにくい、感染しても発病しない、その結果元気に外へ出るので、大人が感染しやすい。 そして、休校と言う悪策を進めています。 この悪策、俳句の力で、何とかできないでしょうか?? /風間昭彦
●もう春です。世の中は新型のウイルスで落ち着きませんが。自分たちにできることを粛々とするだけです。 手洗い、うがい、手洗い。 こういう事も俳句にできるといいんですけど…そうしたらかっこいいのにな。/竹内みんて
●夏井先生、スタッフの皆さん、お疲れ様です。 なんとか手術は、終わりました。  元気にしております。 しかし、手術は、しんどいです。健康第一です!でも、麻酔が覚めてすぐ何句か投稿させて頂きましたが、もーろーとしていたので句帳に残せていません。残念です。コロナやインフルエンザがすごい事になっていますが、皆さん焦らず、手洗いうがい、こんな時位お家で家族でゆっくりすごしましょうね!あわてないでくださいねー!私は、まだしばらくは、入院生活ですが、少し頑張って早く家に帰ります。田村美穂/田村美穂
●新型コロナウィルスの影響で閉じこもっています。それにしても、買いあさる人の群れに閉口。スーパーの棚に食材が消えている!東日本大震災の時に食材不足を知らず、大分遅れて買い物に。キャットフードを仕入れてきた笑い話(よく確認しないでカゴに入れた自分を自分で笑う)を思い出しました。/天晴鈍ぞ孤
●小山の句会ライブ、延期にして頂きありがとうございました!! 6月にはコロナウイスルが収まっていますように。/みどちゃん
●3月1日息子の高校の卒業式でした。コロナウィルス感染拡大防止のためのマスク着用の中、式自体は30分、それぞれのホームルームで1時間…そんな短縮した卒業式でした。ホームルームで一人ひとり担任から卒業証書をもらい、その後親に一言感謝を伝える…そんな演出でした。息子からの言葉…親として嬉しい言葉でした。でも泣いてないですよぉ!!/かつたろー。
●夏井先生、正人さん、ハイポニストの皆さん、こんにちは。学校現場は先日からの新型コロナウィルスの拡大防止措置によっててんてこ舞いの毎日です。(この「ボートレース」の結果発表が行われる頃には収束しているハズ)。去年から中学校の教壇に立ち始めた教え子が今年初めて1年生の担任をもち、突然クラスが終わってしまうことになったことで「何を伝えたらいいのか?」と連絡をしてきました。ここからクラスのまとめに入る時期の全てがなくなってしまったのだからその思いは当然だと思います。でも、これも忘れてはいけない経験。当たり前のことが突然当たり前でなくなることがあるということを今回のことが教えてくれました。夏井先生の句会ライブを指折り数えて後何日、後何日と楽しみにしていた方々もたくさんいらっしゃるはずです。だからこそ皆さんに素晴らしい春が訪れますように・・・と願わずにはいられません。/みのる
●夏井先生、正人様、スタッフの皆様お世話になっております。2月29日の八千代句会ライブ、とても楽しみにしておりましたが、新型コロナの影響で中止になってしまいました。ハイポ三姉妹そろっての参加予定でしたので残念です。今は、極力外出を控え、俳句つくりに専念(?)しております。 /むったん
●マスクや消毒液だけでなく、トイレットペーパーまでもお店から消えているこの状況。俳句に詠んで、自分自身の中に残して起きたいです。同じようなことを考えているハイポニストさんが、きっといらっしゃると思います。/めりっさ
●「蒲団」では並選をありがとうございました。私はバス通勤しているのですが、最近バスが少し空いてきています。時差通勤でしょうか、自宅待機でしょうか。私は花粉症でマスク着用&鼻グスグス&バスで鼻もかみます。鼻をかむ前に「花粉症ですから!」と宣言したい思いです。トイレットペーパーの買い占めでは、遥か昔のオイルショック当時を思い出しました。仕事でもコロナの影響が出始めていますが、明るい季語でも使って俳句を詠みながら乗り切りたい気分です。/玉響雷子
●新型ウイルスの拡散に驚くとともに、早期の収束を祈っています。イベントや仕事がすべて中止となり、自宅引き籠り状態です。俳句にいそしむ時間が増えましたが、実に大変なことですね。いつき先生のイベント等にも大きな影響があると拝察します。俳句の皆さん、お互いに無事を祈りましょう。/雨霧彦@木ノ芽
●退院して自宅と通院での治療が続いています。退院したら運動がてらに近場の名所探索なんてことを考えていたのですが、コロナウィルスで吹っ飛びました。今は試練の踏ん張りどころ。俳句鑑賞や色々な勉強時間に充てて静かに過ごしたいと思います。これはこれで、視点が変わり何かを得ることが出来ると思います。リラックス、リラックス…。/尼島里志
●新型ウィルス騒動、この発表の頃には、少しでも収まっていますようにと祈っています。いつき先生もおっしゃっていたように、こういう時でもどこでも、ペンとメモがあれば句は作れますね♪皆さまもくれぐれもご留意なさって下さいませ☆/明惟久里
●組長、俳ポニストの皆様方、如何お過ごしでしょうか? 新型コロナが日本中を混乱に巻き込んでおり、影響の大きな方々もいらっしゃると思います。 私は引きこもっているので特に影響は無いのですが、家に居るが故の春の実体験として、蜜蜂に刺されました...。 2回目だったので少し焦りましたが、アレルギー等の問題は無く、薬で治った...と思ったらぶり返し、痒みを我慢できず引っ掻いてしまったので、刺された当初より腫れています。 成人してからの貴重な(?)体験だと思っています。/祺埜 箕來
●今月に入っていろんなイベントが中止や延期になっていてとても寂しいのですが、こんな時だからこそ、野山に行こうと前向きに気分を変えて、吟行をしています。近所も違うルートで散歩をすると、こんな季節も見つかるんだ、と感動しております。/南方日午
●新型コロナウイルスの影響が日本に広がり落ち着かない日々だと思いますが、組長、正人さん、俳句ポストスタッフの皆さんがどうか少しでも心安く過ごされますように。 自分としては、不安や悪意、批判、その他ネガティブなものに過剰反応しないように、世間との距離感を調整するのも大事なことだと思っています。これが掲載される頃には落ち着きを取り戻していることを切に祈っております。 なお、ベトナムではコロナウイルスに関しては水際対策が功を奏し感染は広がっていませんが、その代わり季節外れの大雨や雹など異常気象が続いています。 自然からのメッセージを受け取る知恵を、私たちは持っていたはず。せめて自分のできることを一つ一つ積み上げて行こうと思う、そんな毎日です。/碧西里
○「正しく恐れたい」とはまさに。正しく恐れ、正しく守り、正しく助ける今日を続けていきましょう。(正人)

◆近況報告~♪
●いつも楽しみにしております。暗いニュースが多い中、俳句があると、周りを忘れて創作意欲を掻き立てられ、又、一度訪れた松山の温暖で文化高い香りに想いを馳せます。特に、今回の兼題はボートレースという事だったので、その光景を思い浮かべ集中すると、爽やかな春の訪れに胸高鳴らす事が出来ました。実際のボートレースの時期が待ち遠しいです。/間仁田彩
○元の生活に戻れた時にはぜひ松山へレガッタ見に来てくださいね!(正人)

●松山に旅をし、初めて一句一遊を聴きました。とても俳句密度が高い番組ですね。しかも正人さん美声! 組長、麦踏では人選をありがとうございました!/夏 湖乃
○聴いて下さってありがとうございます!投句もぜひ!(正人)

●仕事が休みになり、思いがけず長い春休みになりました。 青春18きっぷで、松山へ行こうと思います。/公碧
○このご時世家でじっとしてる方が良いのではないか…!?(正人)

●本日誕生日の投句です/なつめモコ
●40代最後の投句になりました。 これからもよろしくお願いします。/青山あじこ
●2月19日に還暦となり60の大台になりました。この歳になるとあまり歳の話はしたくないものですね。/ねずみ男
○誕生日おめでとう!…と言っていいのはいったいいくつまでなのだろう、と考えさせられますな…(笑)。(正人)

●実は三十路でした/しゅうちゃん@5さい
○ええ、5さいではないでしょうよ~(笑)。(正人)

●仕事先で偶然、ハイポニストさんに遭った…夢を見たでトマト。願望? /トマト使いめりるりら
○仮にハイポニストだとわかる瞬間ってどんなのだろう。「俳句やってるんですよ~」みたいな会話ありき?(正人)

●吟行が妻とのデートになっています。/島村福太郎
○なんて素敵なご夫婦!!(正人)

●高校生のころ、通学電車の中で眠ってしまい、起きたら遥か海まで行ってしまったことがあったでトマト。時間にして一時間半ほど、当然ズル休み(笑)。 /トマト使いめりるりら
○なにその青春ムービーみたいな。ずるい。(正人)

●しょうもない遊びですが、童謡の文末を「ゴンザレス」に歌いかえて、笑わずにいるというのを子供とやっていました(全世界のゴンザレスさんごめんなさい)。当たり前かもしれませんが、懐かしの童謡には、五音終わりが多いのを発見。伸ばすと七音、三音にも縮めやすく、絶妙な距離感のある語です。色々やってみて校歌がいちばん強烈でした。渋滞や信号待ちにおすすめです。/わこたんのまま
○七五調の童謡…「花」とか?…春のうららのゴンザレス…のぼりくだりのゴンザレス…のどかだな。(正人@こういうのけっこう好き)

●寒いのが苦手なんですが、今年はそうでも無いですね。/山の雫
●日差しがすっかり春らしくなりましたね。木蓮の蕾もほころんでいます。今年の冬は暖かで過ごしやすかったけど、日本の四季が崩れていくのが心配です。俳句を詠みながら、四季を感じて大切にしていきたいです。/みやこわすれ
●今シーズンは富山でも雪が少なくて春の訪れが早いようです。春の麗らかな雰囲気の中を吟行してみたいのですが中々思うようにはいきませんね。想像を膨らませます。/ねずみ男
○いえいえ今年に関しては暖かくなったからって吟行厳禁ですぞ。家にいましょう、家に。(正人)

●私が高校生の頃に亡くなった婆ちゃん。俳句がとても上手くて色んな所に入選していたみたいです。一方、影では押し入れの半分を句帳で埋めるくらい詠んでいた模様……。押し入れの半分は難しいかもしれませんが、婆ちゃんから貰った歳時記片手にぼちぼち練習します。(下手っぴですが……。)/高倉ちとさ
○押し入れ半分はすごいですねえ!やはり多作多捨してこそなのですなあ。(正人)

●体調が悪い時は俳句を作ればいい。 そう思うと自分を少し許せる気がします。 潰瘍性大腸炎は普段の食事から気を使い、吟行に出られないことも多いのですが、心の支えとなっています。 なかなか「並」から這い上がれず、ウロウロしていますが、いろんな表現にチャレンジしてみたいです。/檀凛凪
●2月末日に退院いたしました。 ひとまず、病気による炎症や顔面麻痺は回避できました。入浴時に、耳に水が入らないようにだけ注意すれば、あとは今まで通りに生活が出来ます。入院をネタに、30近く作句も出来ましたし、有意義な日々でしたよ。 勿論、良いことばかりではなく。当面は通院が続きますし、何より耳の組織が壊れてしまっているので、来年再手術をするのが前提という…。 相変わらず職業面で苦労しているため、今回の入院費は親に頼ってしまいましたが、来年もそうなるのは申し訳ない。諸事情で今の職場の社員登用は望みが薄いので、ここいらで見切りを付けて就活再開を検討しております(勤め先がドラッグストアなので、ご時世的に全力慰留されそうですが)。 健康を手に入れると同時に、自分の立場の危うさがよく分かった、今回の入院でした。/多々良海月
●夏井先生、スタッフの皆さん、お疲れ様です。 なんやかんやと病気と縁が切れない私ですが。 とうとう癌に身染められ明日入院します。 スマホに娘が俳句ポストのアプリを早々に入れてくれたので病院や手術後の俳句を生々しくお届けしたいと思います笑。なのでちょっと不謹慎ですがわくわくしています。 夏井先生やスタッフの皆さん、ハイポニスの皆さんは、健康診断にちゃんと行って下さいね!健康第一ですよ! 梅も木瓜も咲いてしまいましたね。 しかし、ボートレースのお題は、難しかったです!/田村美穂
○健康第一に過ごしてもどうしても病魔に取り憑かれてしまうことはあります。こんな時期で一層不安でしょうが、「句材にしちゃる!」の前向きさもきっと杖になってくれると信じております。どうぞ皆様ご無事で!!(正人)

●敬愛なる伊月先生!私も花粉症です。薬はなるべく飲まないようにしているので、くしゃみ鼻水は出っ放しです。マスクもなけりゃテッシュもない・・・。軽い喘息で咳も出る・・・あぁ無情! 前回の兼題「麦踏」と同様に「畦塗」も農家さんは機械やトラクターでこともなげにやっていらっしゃいます。麦踏、畦塗、「絶滅危機」です・・・。「新しいトラクター買って、ま~た借金しちゃったよォ~」とボヤくイマゼキさん。田畑が広いうえ人手不足の中、生産性をあげるためにはどうしても機械に頼らざるを得ない現状のようです。/村上 無有
○元農業高校生のワタクシ、高校の先生が「新しい器具買った借金を返すために働き、返し終わったらまた新しいの買うことになる」って話してくれて戦慄した記憶が蘇りました。ひええ。(正人@17年くらい前の話)

●昨年、ある山で突然出来た俳句らしきものが俳句を学ぼうと思ったきっかけになりました。カモシカに出会い感激して詠んだのが人生初の俳句です。カモシカは季語だったんですね。先日、少し早いのですがその山に登って一周年記念俳句を作ってきました♪ 毎年ここで俳句を詠む事を区切りとして一年を頑張ろうと気分も盛り上がり、ザックに入れた歳時記の重さも嬉しい一日でした。/筬葉
●以前から書こうとは思っていたのですが、やっと遺言書を書きました。しかるべき遺言書は金がかかる。死んだ後の事にケチってもと思いつつ根っからの貧乏性なので無料の自筆遺言書にしました。でもそれを入れておくのは家中で一番りっぱな蒔絵の文箱です。昔頂いた物でそのときはこんなの何に使うんだよぉー、と押し入れの奥深く放ったらかしにしていたのを思い出しました。この文箱に出番があるとは!人生は面白いものです。いかにも大事な物が入っていそうで発見されやすいのが良い所です(笑)開封したらガッカリして皆で笑ってくれると良いな♪/筬葉
○おお、なんだか俳句始めたきっかけカッコイイなあ!そして文箱にしまう理由がめっちゃ人間くさくて好きですわ~(笑)。(正人)

●蒸鰈季語体験記その4☆その後句友さんから、蒸鰈の蒸しは火によるものではなく、砂の上に置いて藁薦を覆い温かい湿気で蒸すのだと聞きました(『日本山海名産図会』)。さらにその後「秘密のケンミンSHOW」で、沼津の干物は塩汁(しょしる、塩と水とそれぞれの店の独自のもの)に漬けてから干すと放送していました。それで調べると、沼津ふなとという干物屋さんで、鰈の干物が通販で売っていました。問い合わせると、塩汁に漬けているそうです。残念ながら蒸してはいませんが、取り寄せて食べてみます。また、同じく沼津の川正商店で、砂を使用して「砂干し」した砂干しのサバを売っているようです。沼津なのできっと塩汁をしているでしょうから、これがサバでなく鰈なら完璧な蒸鰈なのに!ちなみに和歌山に灰干しさんまがあり、元々紀州に砂の上で魚を乾燥させる製法があったことが影響しているとのことです。/つぎがい
○おお、お店情報までサンキューです!外出禁止の慰みにこの機会に通販して季語体験しても楽しいかも!?(正人)

◆ハイポニストの果実♪
●ここで精進したおかげで某大手新聞の俳壇に載り、小川軽舟先生から選評までいただきました/赤馬福助
○おめでとうございます!自分の学びの確かさを実感する瞬間って嬉しいですね♪(正人)

◆兼題「ボートレース」に寄せて
●スポーツに縁がない上、自身とはかけ離れた季語に悩みました。/令ちゃん@埼玉
●ボートレース難し過ぎます。  「作っても作っても陳腐」 けーい〇/けーい〇
●おそらく日本人の99%は体験したことのないお題ですね…/木乃伊
●最近縁のない季語は回想句になり、難しい/富樫 幹
●ボートレースが季語とは知りませんでした。/風間昭彦
●今回は、あまり良く知らないものでしたので、かなり苦労しました。/藤源卿
●いざ作ってみると難しく、なかなか絞れませんでした…/明惟久里
●先生、正人さん、皆様こんにちは。ボートレース、いつにもまして大変に難しかったです。イメージはあってもなかなか言葉で表現するのは難しいですね。地道にがんばります。/えみあみこ
●地方の片田舎に住んでいるとボートレースの競技など全く見ることはないです。 イメージが湧かず苦労しました。ネットで見てあれこれイメージして詠んで見ました。/金目銀目猫
●兼題季語が 難しいと思いながらこれをクリアした時の満足を目指して投句してます。/句詩呼
●今回、ボートレースが季語である事を初めて知りました。歳時記にまだまだ目を通しきれていない事実を痛感いたしました。/戸部紅屑(とべべにくず)
●組長はじめスタッフの皆様、いつもありがとうございます。「ボートレース」。この季語も平素馴染みの無い季語だし、日頃目にしない競技ですので想像力と妄想力をフル動員しなくてはならぬ季語でした。時折散見するのは、それも年に一回かそこらですが、高校の部活とか大学の対抗レガッタくらい。またまた組長には実に腹立たしい投句原稿を読まされる、地獄の選句作業にしてしまいましたが、どうぞ堪えて下さって、宜しくお願い申し上げます。/江戸人
○さあ今回も「難しい!」の大合唱であります。結果発表を通して少しでもボートレースの正体に近づけるか否か!?(正人)

●「競漕」や「レガッタ」ではなく「ボートレース」縛りでいきます/沢拓庵
●最終日に1つ浮かんだので応募しました。さんざん投稿していて今さらですが子季語での応募はOKでしたっけ? ボートレースはよく川の河口付近とか波の静かな内海とかで行われますが、こういう場所には鰡が多く驚くと跳び跳ねて逃げます。私はボートレースはやりませんが、釣りをやるので鰡や都会の川を思い出しながら作ってみました。/泗水
○傍題などの扱いは昨日の俳句道場の方もご参考下さい。(正人)

●近くの川で、カッターの練習をよく見かけます。そんな春ですね。/丘るみこ
●「ボートレース」ニュースでしか、見聞きすることしかないので、イメージが、難しかった! 海員学校があった頃に「カッター」の練習で、島から島へ漕いでいるのが、微かな記憶です。/里甫
○カッター…とはちょっと違うかなあ。でも水の上を漕いで動くものは基本好きです。(正人@個人の好み)

●ボートレースが変換候補にすぐ出ない……。ボー「ド」レースがなぜか出てきてしまいます。/高倉ちとさ
○「ボード」「レース」と文節変換されている…?いや、「ぼーとれーす」と入力して変換してるなら変だよねえ…。(正人)

●ボートレースとか中止のニュースを見て詠みました。/句詩呼
●ボートレースをネットでいろいろ調べようとしたらあちこちで中止の文字。コロナウィルスの影響で。嗚呼。/紙川南明
○水の上なら…とも思いそうですが、いえいえ艇を出す以上出掛けるし人ともふれあいますからねえ…。(正人)

●お世話になっております。偶然、某大レガッタ部の練習が近所であることを耳にし、これは俳句の神様の思し召し!?と思っていたのですが…。どうやら練習日はこのお題の締め切り後らしく、おしい!とひとりモダモダしています。まだまだ俳句の神様は微笑んでくれなさそうです。/都月郁陽
○当分は無理だ残念!(正人)

●隅田川のレガッタ。/こま
●   夏井先生 正人さま スタッフの皆様 いつも有難うございます   今回の兼題(ボートレース)ですが 競漕 競艇 いろいろありますが春といへば   矢張り隅田川の早慶戦を思い出しました  がいざ作句となると難しかったです 水夢   /水夢
●今年の早慶レガッタは4月12日。この機会に今回初めて応援に駆けつける予定です。判官贔屓で慶応頑張れ!/いなだはまち
●ボートレースは、早慶レガッタも戸田橋の練習も、地方でも何度か観たことがあります。隅田川でも桜と一緒に詠むのは難しく、ましてやスカイツリーは、きっとたくさん詠まれるだろうなぁと思いました。/明惟久里
●「ボートレース」といえば、子どもでさえ「宮島ボート」。手漕ぎボートといえば、「(地獄の)江田島カッター」。太田川放水路(近くに住んでた)や芦田川(近くで働いてた)でボートレースが行われているとは、ちいとも知りませんでした。レガッタ(という言葉も耳新しかった)の動画を見てると楽しそうで。近場なら見に行きたいです。兼題のおかげで世界が広がりました。 「麦踏み」に投稿した際、「エチレン」(正)を「アセチレン」(誤)としていました。/わこたんのまま
●よろしくお願いいたします。ボートレースといえば、やはり「早慶レガッタ」が最も有名なのではないかと思います。競技そのものも勿論アツいのですが、両校応援部による応援合戦も熱気に溢れています。/天水郷
○ボートレースといえばここ!と地名に行き着いた人も多かったですね。同時に類想にも注意しないといけない!?(正人)

●ボートレースは早慶レガッタが有名だと動画を見ましたがボートレースそのものよりも隅田川の川の色が気になってしまいました。東京生まれの東京育ちなので荒川も然り上流はさておき川は底が見えないものだと思っていましたが、三重県伊勢市に嫁ぎ十数年こちらの川は下流でさえも川底が透き通って見えます。ボートレースと話がズレていますが川の色の衝撃が強かったです。これをうまく俳句に詠めれば良いですがまったく違う発想へと飛びそうです(汗)/藤田ゆきまち
○おお、見事な着眼点のずらし方!(正人)

●今回の兼題「ボートレース」は、関西では我が故郷の滋賀県瀬田川がメッカである。そんな故郷を偲びつゝ(とは云っても隣県の事ではあるが)投句させて頂いた。因みに琵琶湖では船券を掛けるボートレース場もある。漕艇場と競艇場、どちらもボートレースをする場所には違いはないが……。やゝこしい事である。/東京極遊山人
○賭け事の方のボートレースになっちゃった人が多い中、違いをちゃんと把握しててえらい!(正人)

●お世話になります。兼題ですぐに琵琶湖が浮かび、作りやすいと思ってましたが、差にあらず!ボートレースが6音、置き所に困り、例句では競漕で詠まれています。ボートレースを検索すると、いわゆる競艇の説明になります。かっこよいオックスフォード大学とケンブリッジ大学との間でテムズ川で行われる伝統あるレガッタ、ヘンリーレガッタ云々。 ますます想像の域を越えた!とにかく、琵琶湖に戻して考えた。地元彦根の高校ボート部は500メートルの直線の壕(お城の)で練習しているらしい。スタートダッシュを鍛えていると聞く。学校のカラーは井伊の赤備えで赤である。ボート部も赤!琵琶湖に赤のユニフォームが映える。転覆した時のための練習は「沈する練習」という。締め切りギリギリに何を書いているのやら、琵琶湖周航の歌のメロディーが悲しい。/キャサリンまさこ
●今回の兼題「ボートレース」が発表になる2日前に毎年恒例オークランドレガッタがありました。…が!夫に誘われたものの暑いからという理由で見に行きませんでした。そんなものですね。はい。気を取り直して、別の日にオークランド港(運が良ければレガッタの練習を目撃できる)へ行ってみましたが、運は良くありませんでした。とほほ。代わりに数十億円するらしいスーパーヨットが停泊しているのを眺めたり、海洋博物館でマオリの伝統の船やイギリスからの移民の歴史、アメリカズカップ(来年、ニュージーランドで開催されます)の過去の栄光について学びました。せめて手漕ぎボートに関する資料がないかなーと探してみると、二人乗りの手漕ぎボートで大西洋を横断したニュージーランド人についての展示がありました。時々、真面目に無茶をするニュージーランド人らしいなあ。/ほしのあお
○海外のボートレース!!実に観てみたいですねえ。元がヨーロッパのスポーツだっただけに本場の味わい。(正人)

● 「ボートレース」でググると、トップはギャンブル系のページ。しばらく眺めてはたと気付く。いや、モンキーターンは無理でしょう…。改めて「競漕」で調べ直す。あっ、そーか。松山東高校ボートレース大会。映画「がんばっていきまっしょい」。懐かしい懐かしい。田中麗奈も良かったが、鈴木杏・相武紗季版テレビドラマの、aikoの主題歌が好きだった。…そんな知識しか無い私には、ほとんど未知の兼題。もう勢いだけで投句しました。あ~、でもいいなぁ、青春!/いしはまらんる
○映画、当時愛媛県でも大いに取り沙汰されておりました。実はまだ観てない。(正人)

●「モーターボートレースの投票」のご経験はあるのでしょうか?/沢拓庵
○僕はないです。組長はあるかも?競馬は吟行で行ってた気がする。(正人)

●約半年間ほど投稿が出来ませんでした。「兼題」が難しくて(実は初心者なので)。ところが今回は 「ボートレース」とある。驚きました。やっと、投稿しようと意欲が出てきました。実は50年以上前の 学生時代は明けても暮れてもボート一色の生活でした。1年の150日は合宿生活、それでも卒業できた。 まさに、古き良き時代でした。そのおかげで定年後、現在も仲間と共にボートを楽しんでいます。 毎年の全日本マスターズや時には世界マスターズレガッタにも出場しています。 季語は春ということですが、全く春のイメージがピッタリします。土手の桜が満開の荒川を漕ぎわたるのは 爽快の一語です。さあ、俳句つくるぞー。/オアズマン
○おお、お仲間!自分も元ボート部員であります。バリバリマスターズとは尊敬の念を禁じ得ない…!!(正人@いまやさっぱり)

●以前、知り合いの競漕選手から聞いた話ですが、脚が最も疲れるそうです。/てまり
○一見手で漕いでるから、手が一番疲れると思う人も多いみたいです。(正人@質問された経験上)

●大学時代、チームワークを学ぶか何かのセミナーの一環として、カッター訓練に参加したことがあります。(ボートレースとは違うかな?)櫂は重いし、教官の「櫂立て~~!」の声に頑張って櫂を立てようとするも、力入らず櫂が揺れる揺れる。そうすると、「5番!!何をしておるかーーーー!」なんて怒声が飛び、ブルブルと震える腕に力を入れて櫂を立てたことを思い出しました。/平本魚水
○スパルター!!(笑)…ああいうスパルタ訓練でのチームワーク云々って実際効果あるんですかねえ…。(正人@比較的まったり派)

●私は池のボートでも怪しい。岸にぶつかり離れられなくなったり、他のボートとぶつかったり。しだれる桜に突っ込んでから、自粛。/黒子
○ぶつかったのが他のボートでなくてなによりでございまする(笑)。(正人)

●今回の俳句中でレガッタをガレッタと表記間違いしている句がいくつかあると思います。正解は、レガッタ!です。 申し訳ありません。 レガッタで詠んで頂けると幸いです。 書く曜日がわからなかったので、こちらに書かせて頂きました。 ちなみに、ナックルフォアと言う日本独自のものもあるそうです。復興のために四人乗りの小ぶりなボートを使用するようです。/田村美穂
○ナックルフォアも一時期乗ってました。部員少なくて最後はシングルに行き着きましたが。ナックルフォア小ぶりっていってもめっちゃ重いですねん。(正人@うちのボート部にあった艇の場合)

●季語の現場に立とうと思い立ったものの、近所でボートレースをしている所などなかったため、とりあえず近所の河原へ行ってみました。土手を下りて河川敷を横切り、芽生え始めた草原から川を眺めていたところ、足を踏み外して高さ50~60cmの川べりを滑り落ち、右足をどぽんと川に落としてしまいました。あ~あと思う間もなく最初に思ったことは、周囲を見渡してこの失態を誰かに見られはしなかったかということ。幸いにも?人の気配はなく見られていなかったことに一瞬ホッとしたのも束の間、右足の靴とズボンは川の水と泥でぐちゃぐちゃ。とっさに左手で草を掴み、瞬間的に全身に力が入ったらしく、その後は謎の筋肉痛にも見舞われました。今思えば、全身落っこちて流されなくてよかったなと。人の気配がないということは、発見される確率も減るわけですからね。皆さんも吟行の際はくれぐれもご注意を。/山香ばし
○一瞬笑いますけど危険度的にはけっこう笑えない…?物見遊山も吟行もくれぐれも安全第一に!!水は楽しいけど怖い!(正人)

◆今週のオススメ「小随筆」
 お便りというよりは、超短い随筆の味わい。人生が見えてくる、お人柄が見えてくる~♪

●レガッタなどという高尚なものにまったく縁のない人生を送ってきた。「ボートレース」と言えばそのまま「競艇」である。ギャンブルが好きなわけではない。しかし成り行きで競艇場まで行ったことがある。ゼネコン時代からの付合いのある行政OBの方がされていた仕事の手伝いで、ある年末に東京まで行った。特殊なバクテリアを使ってレストランの厨房にある排水溝の油を溶かす臭いのきつい汚れる仕事であった。京都から東京まで夜を徹して車を走らせての作業であった。仕事の終わった早い午後にはくたくたになっていた。二人で交代で京都まで東名・名神を一気に京都まで帰る予定だったが「泊まって帰るか」のOBの一声に従った。従った先は平和島競艇場だった。横のサウナで夜を明かすと言う。併設の映画館では『ラストサムライ』を上映中であった。日本人と武士道をアメリカ人が描いたこの映画は私のその年末一番観たい映画だった。上映開始までに時間があり「ひと稼ぎするぞ」のOBの声のあとを競艇場までついて行った。年末の冷たい空気の中、ボートのあげるしぶきは妙に白く見えた。疲れ切った二人の田舎サムライに勝負に勝てる要素はまったく無かった。『ラストサムライ』は期限なしの延期となった。サウナ内の焼き鳥屋でビールを飲み串に食らいつき仮眠室に入る前に映画上映室に入った。『阿弥陀堂だより』をやっていた。医師である南木佳士の小説が好きであった。今晩はこれで手を打とうと心に決めながらも、リクライニングチェアに身をゆだねるとじわじわ来る全身の疲れを感じながら眠りに落ちようとしていた。寺尾聰の低い声は私の眠さを誘った。そのほんのしばらく後に室内を揺るがすような大音響、離れた場所で先に寝入ったOBのいびきであった。いたたまれなくなった私は一人仮眠室に向かった。OBもしばらくしたらやって来た。ほかの客にたしなめられたようであった。雑魚寝で大晦日の朝をサウナの仮眠室で迎え、朝早く京都に向かった。大掃除をすることもなく家内の買い出しに付き合うこともなく自宅に着くと大晦日は終わっていた。同じ言葉でも人によって当然記憶は違い、持つイメージは違う。ボートレースは私には家族への罪悪感でしかない。こんなことを口にする男は多いことと思う。ギャンブラーではない私はそれとは少し違うと言い訳したいところであるが、考えれば仕事にかこつけて遊んでいるとしか第三者の目には映らないだろう。仕方ない、義理と人情で世の中は動く、男は言い訳無しで信じた道を進むしかない。東名高速を京都に向いて走り、駿河湾沿いから振り返って見た富士山がいつもよりきれいだったのをよく憶えている。 /宮島ひでき

夏井先生

ページの先頭