俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. ボートレース

第238回 2020年2月20日週の兼題

ボートレース

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句
本選句欄では、添削した形で句を掲載する場合があります。
添削は作り替えの提案として句会等でも議論されます。示唆された添削案が自分の表現したいことに合致すれば、作者の判断においてその案を自作として採用してかまいません。

人

ボートレース水開かれて水の閉づ
さとけん
接近に水強張れりボートレース
さとけん
ボートレース時間が飛んでゆく若さ
いしはまらんる
海に礼す競漕の子ら大夕陽
いしはまらんる
レガッタや覚えてしまう応援歌
いなだはまち
競漕や水の機嫌に逆らはず
いなだはまち
ボートレース風の卵はみづのいろ
ほろろ。
ボートレースの風のびやかに唄ひ出す
ほろろ。
競漕や錆びて明るき橋の裏
古田秀
陽へ掲ぐボートレースに勝ちし艇
古田秀
競漕の一礼揃ふ朝かな
大雅
競漕のみづに一閃与へけり
大雅
三番のオール遅れたボートレース
けーい〇
膝立てた力を櫂へボートレース
けーい〇
尻の皮四回剥けてボートレース
ざうこ
競漕や櫂はまだ熱持っており
ざうこ
ボートレース大きく止まる河の息
世良日守@木ノ芽
ボートレース豊かな富士に舵を取る
世良日守@木ノ芽
競漕や水面に糖度めくひかり
ふるてい
レガッタの水の香ぞ濃き木のオール
ふるてい
ボートレース水尾の先から死んでゆく
まこちふる
競漕の光りへ心臓吐きだされ
まこちふる
ボートレース号砲に日は砕けたる
江戸人
競漕の余波かるがもの浮き沈み
江戸人
ボートレース川面を閉じて閉じてゆく
Kかれん
競漕を追ひかけて雲つんのめる
Kかれん
競漕の熱呑み水面静まれリ
okapi
竜うねるごとレガッタの河を咬み
okapi
ぎゆんぎゆんと競漕の動力は人
あきのひなた
銀のエンゼル出たボートレースにぎやか
あきのひなた
レガッタや鞄に硬き参考書
いかちゃん
レガッタの切つ先すでに橋の遠
いかちゃん
ばね指めきボートレースの豪腕
ウェンズデー正人
ボートレース第一艇に華の大書
ウェンズデー正人
競漕の追い抜けさうな間合かな
キッカワテツヤ
見所を教わるボートレースかな
キッカワテツヤ
けぶりゐるものに墨田の競漕よ
きゅうもん@木ノ芽
競漕や人ごゑ弾となりて飛ぶ
きゅうもん@木ノ芽
競漕の波外側へ逃げてゆく
ギル
レガッタの勝者十秒空を見る
ギル
風濡るるボートレースに空青し
ぎんやんま
ボートレース風に点呼のこゑ高し
ぎんやんま
神風や競漕のゆっくり崩る
ボートレース横目にまづはダムカレー
レガッタがどんどん大きくなる画面
くさ
競漕や馬鹿正直な平目筋
くさ
沈没 俺たちのボートレース果つ
ぐでたまご
観光船の通過を待っているレガッタ
ぐでたまご
ビル群へ波を映してボートレース
じゃすみん
ボートレース吐く吸ふ吐く吸ふ櫂の音
じゃすみん
レガッタや発火して行く右心室
シュリ
レガッタや金の鏡を滑り行く
シュリ
ボートレース櫂は光かつさらふ
すりいぴい
ダ・ヴィンチの描く背筋やボートレース
すりいぴい
ボートレース絃張り詰めるごと進む
たんじぇりん金子
肩に軽きぞ競漕の勝利艇
たんじぇりん金子
笛の音をボートレースがわりすすむ
ちま(5さい)
風よりも水が敵だぞボートレース
ちま(5さい)
ボートレース踏み込む脚に舳先伸び
としまる
レガッタの肩組み歌う寮歌かな
としまる
水面より明るき空へ競漕す
トポル
ママチャリのコーチが叫ぶボートレース
トポル
ボートレース見ずに空ばかり見てゐる
とりこ
後輩のボートレースや桜橋
とりこ
引き波の波止まで届く競漕よ
ひでやん
応援の踝へ波ボートレース
ひでやん
司教座の町ボートレースの町
ひねもす
レガッタをはこび乗手となりにけり
ひねもす
ボートレース飛沫は夕日色になり
ふっこ
オープニングの花束投下ボートレース
ふっこ
手の平に爪食ひ込みてボートレース
ペトロア
メガホン握り直す漕艇五秒前
ペトロア
競漕や沖にポセイドンめく雲
マーフィー
競漕の艇庫の闇の匂ひかな
マーフィー
ボートレース横目にランボーの詩
ましろなぎさ
飛沫みな湖に戻りてボートレース
ましろなぎさ
競漕会明けてぞ今朝の水平ら
まんぷく
競漕の聲海抜零米
まんぷく
一人ずつ息の乱れてボートレース
ゆうが
レガッタのちょっと左にずれてゆく
ゆうが
敵称ふるエールは空へ競漕会
伊奈川富真乃
レガッタや力尽きたる櫂へ風
伊奈川富真乃
漕ぐ櫂のはじめは鈍しボートレース
一阿蘇鷲二
ボートレース燃えさしのごと尖る波
一阿蘇鷲二
レガッタの舵手は古代詩研究科
加能あさふろ
レガッタの後のダム湖の大落暉
加能あさふろ
競漕やつぎつぎ水は覚醒す
可笑式
ボートレース果つ両者の水尾消えず
可笑式
青年に淡き髭ありボートレース
花伝
空と海伸びやかに縫ふボートレース
花伝
競漕や四番同士小競合ふ
花紋
競漕や応援みんな漕いでいる
花紋
ボートレース終へてオールを後輩に
亀田荒太
競漕の負けの決まりし後を漕ぐ
亀田荒太
競漕や敵と重なるストローク
蟻馬次朗
お花見レガッタしあわせそうな犬
蟻馬次朗
ボートレースの一人のけぞる勝利かな
久我恒子
ボートレースの胸りうりうとエンブレム
久我恒子
ボートレースや届かぬ声を張り上げし
久蔵久蔵
ボートレースや青春は下半身なり
久蔵久蔵
競漕の一滴零し星零し
玉庭マサアキ
ボートレースのゴール間違へてゐる客
玉庭マサアキ
競漕の水脈交はりて晴れゆけり
月の道馨子
敵コックスの声追うてくるボートレース
月の道馨子
ボートレース縺れて波来横風来
古瀬まさあき
漕手とは爪なりボートレース吼ゆ
古瀬まさあき
夕星を背負ひてボートレース果つ
彩楓(さいふう)
競漕の櫂の揃ふは歌の如
彩楓(さいふう)
レガッタや水面ひろびろつかはるる
斎藤秀雄
競漕や雲あをあをと匂ひたる
斎藤秀雄
金色に暮れる葦原ボートレース
山内彩月
競漕や艇に乙女の腿おさめ
山内彩月
手書きチラシ手に来たボートレースかな
司啓
レガッタの敗者ただただ漂へり
司啓
競漕の翅を浸して隅田川
次郎の飼い主
競漕のエイトに風の傷いくつ
次郎の飼い主
ボートレース無音ピアノを弾くように
七瀬ゆきこ
川底の抵抗しづかボートレース
七瀬ゆきこ
この辺が見やすいと聞きボートレース
潤目の鰯
ゴールした鼻孔を血の香ボートレース
潤目の鰯
競漕の勝者抱き合ひ水躍る
昇華
競漕の敗者のけぞり空崩る
昇華
競漕す翔び発つものに振り向かず
神山刻
八十島をかけて男ら競漕す
神山刻
レガッタの土手を歩きに行かないか
星埜黴円
おにぎりの角を漕艇横切れり
星埜黴円
レガッタの肩の回転耳光る
西藤智
レガッタに触れた水みな甘そうな
西藤智
レガッタの波は車窓の端へ流る
石井一草
レガッタの早稲田に託すAランチ
石井一草
失格にをはる母校やボートレース
赤馬福助
濡髪のをなごら猛るボートレース
赤馬福助
レガッタの堤に猫の欠伸かな
善多丸
敗戦のレガッタ空の電波塔
善多丸
ボートレース果て敗北といふ浮力
倉木はじめ
壮年やボートレースの澪永く
倉木はじめ
海賊の血脈ここにボートレース
村上優貴
競漕や陽を眉に乗せ湖に老い
村上優貴
美しく仰け反り揃ふボートレース
多々良海月
花びら逃るボートレースの熱気より
多々良海月
伴走は水神ボートレース佳境
大塚迷路
ごみ掬いつ帰る着外ボートレース
大塚迷路
ボートレース終わる空き缶拾うスタッフ
丹波 らる
ボートレース水の抵抗無くなる時
丹波 らる
ボートレース追うて戸田橋外れとや
内藤羊皐
ボートレース艇庫の中を獣臭
内藤羊皐
機械めくボートレースの獣臭
南方日午
大腿の震へて競漕の舳先
南方日午
ボートレース日和と言ひて隅田川
楢山孝明
ボートレース彼奴が死んでもう二年
楢山孝明
ボートレース山をすべり落ちる夕日
南風の記憶
てのひらの鮮血すがしボートレース
南風の記憶
レガッタやわがコックスの土佐訛り
日出時計
羽音立つレガッタのはや迫り来て
日出時計
ボートレース二人は水をかき出しぬ
板柿せっか
競漕や肩甲骨を研く風
板柿せっか
そよ風を腥くして競漕す
比々き
競漕す脳を激しく発火させ
比々き
競漕の青年湖に眩耀す
平本魚水
ボートレース終はれば玉子サンドイッチ
平本魚水
ボートレースや彗星へ櫂を揚ぐ
碧西里
水の上はボートレースらしと亀
碧西里
競漕やどの筋肉も二揃い
北野きのこ
陽をさらふボートレースのオールかな
北野きのこ
水尾荒れてもはや競漕とは呼べぬ
堀口房水
競漕の水尾よ十五の初恋よ
堀口房水
釣りに来てボートレースに立ち会ひぬ
木江
レガッタに漕がれし水のみなうしろ
木江
差入れはしうまい弁当ボートレース
野々りんどう
水鳥がさつと逃げて競漕来る
野々りんどう
競漕やリズムの違う櫂一つ
矢的@第二まるごと
競漕の櫂粘る湖水を重吹かせて
矢的@第二まる安
レガッタに裂かれし川の痛みかな
龍田山門
競漕の艇に遅れて水匂ふ
龍田山門
太陽へ飛ばす潮粒ボートレース
緑の手
初めてのレガッタ声援があをい
緑の手
荒川は光に溢れレガッタ果つ
朶美子(えみこ)
レガッタやコックスの声水神の声
朶美子(えみこ)
ボートレース飛沫の起伏打ち進む
蜥蜴の尻尾
蒼白に歪むゴールやボートレース
蜥蜴の尻尾
競漕の波引き受けて主審艇
吉野川
ボートレース風はふと獣のぬくさ
RUSTY
青きうみに競漕の獣放たれり
いくらちゃん
二度目の失恋ボートレースのあはひ
いしい美髯
競漕や東雲色の竹生島
28ひろきち
漕艇会難関校が揃いたる
⑦パパ@いつき組広ブロ俳句部
ボートレースイーゼル越しの歪む水
Dr.でぶ@いつき組広ブロ俳句部
競漕の第2種梃子の散らす陽よ
GARU
キュッと髪結びてボートレースかな
GONZA
レガッタの蒼穹に引く一直線
haruwo
競漕の引き波広し隅田川
KAZUピー
ボートレース銀の指輪の重たそう
Mコスモ
レガッタの一艇一心に進む
sakura a.
戸田川の波の温さやボートレース
syuusyuu
がたつく洗濯機真昼のボートレース
wolf626
競漕のまぶしき中に波有りて
アーナンダ
レガッタや同じ川なる屋形船
アイゴー
健やかな都心をボートレースかな
あいだほ
ボートレース空と川とを縫い進む
あいみのり
蒼穹を競漕の熱押し上げる
アヴィス
競漕のゴールの先の水平ら
あけみ
ボートレース敵の応援する彼女
あつむら恵女
テイクアウトのコーヒー苦しボートレース
あまぐり
旅立ちやボートレースのわだち消ゆ
あまの太郎
庶務課の姉ボートレースに駆り出され
あまぶー
歓声に遅れてボートレース果つ
あみま
レガッタの櫂に校旗の十字かな
うさぎまんじゅう
還暦のレガッタさして争わず
うま子
クルー力漕行儀正しき膝小僧
ウロ
ボートレース炭酸抜けるやうに風
えむさい
飛行機雲追いかけぐんぐんボートレース
おうれん
ボートレースの掛け声の光たり
お気楽草紙
競漕終え櫂やわらかくやわらかく
カオス
競漕や三井の晩鐘のやわき音
かこ
競漕や踏ん張る足の硬き肉刺
かつたろー。
レガッタや校旗をしかと応援部
かまど
ボートレース何度も燃えた川の街
かもん丸茶
ボートレース水面も止まる決勝戦
からすちゃん
競漕やあらまほしきは好敵手
キートスばんじょうし
伸びやかな體を畳みボートレース
キープフレッシュ
競漕やカメラ構えるゴール前
きなこもち
競漕や水尾ぶつかりて決着す
キャサリンまさこ
ボートレース隅田に件の屋形船
ぐずみ
ボートレース揃ひし膝の光けり
くま鶉
八人の名を知る人といてボートレース
クラウド坂の上
レガッタのひと漕ぎ風を追い越して
けら
力瘤ならぶよろこぶボートレース
こじ
レガッタを担ぎ来る歩も揃ひけり
こじまはじめ
麗しの直線ボートレースはも
ことまと
競漕や橋をくぐればとなり町
こはまじゆんこ
大橋に立つ吾をくぐる競漕会
こぶこ
ボートレース光を抜きつ水を裂く
こま
ボートレースきみは湖畔で弛緩して
サイコロピエロ
青空を撹拌されしボートレース
さくやこのはな
一致屈む一致仰け反るボートレース
さだとみゆみこ
ボートレース水引つ張つて進みけり
さぶり
ボートレース漕ぎ手の肘にメスの痕
しかもり
初めてのレガッタ血豆のハイタッチ
じゃらんじゃらん
レガッタの足下をくぐり行く刹那
しゃれこうべの妻@足下(そっか)
ボートレース第二漕手の力瘤
しゆういずみ
エンジンは八つの脚さボートレース
しゅうちゃん@5さい
競漕の不揃い囃す依怙贔屓
しゅうふう
黒髪のほどけて競漕川光る
シュルツ
黄金の飛沫の櫂や勝ち競漕
ジョビジョバ
競漕の雨に打たれし水面かな
スローライフ
波静かボートレースの脈満ちる
そまり
ボートレース声押し潰す波と風
たくばしょう
応援の土手真っ二つボートレース
たま走哉
競漕や青空落ちて水の中
たむらせつこ
帰郷間近橋下ではボートレース
たるみ
志望大学ボートレースで決めにけり
ちか丸
新人に集まる檄やボートレース
ちゃうりん
ボートレース歓喜の艇の漕がず行く
つぎがい
ボートレースコックスは55kg
ツユマメ@いつき組広ブロ俳句部
競漕の小さき舵手より太き声
テツコ@第二まる安
空撮さるるレガッタの水尾美し
でぷちゃん
ボートレース終へて水面の無傷かな
てまり
ボートレース佳局なめらかなる舳先
でらっくま
ボートレース黒雲と時競いたる
ドイツばば
おにぎりの角は円やかボートレース
どかてい
寝転べば草ふんぷんとボートレース
ときえ
ボートレース観る弟のボルボは代車
ときこ
二分の二拍子レガッタすべりゆく
どくだみ茶
漕ぐ渦のピッチ乱るる贔屓かな
としなり
眩き水面や空を漕ぐ競漕
トマト使いめりるりら
レガッタの選手に見えぬゴールあり
とも子
競漕の惰性の間は泣いていい
どろん
ボートレース少女たちの大円筋
にたいも
競漕の水面鉄紺の航跡
にゃん
歓声とボートレースと我が拳
にゃんみー
レガッタや漕ぎ手に空がのしかかる
ねぎみそ
競漕や子等も早稲田の小旗手に
ねずみ男
筋肉の波動ボートレースの午後
ねむり猫
湖白しボートレースのツーンと過ぐ
のつり
光陰を貫くボートレースなり
パーネ・メローネ
競漕や一秒先を櫂で追う
はごろも
応援の中にソプラノボートレース
はずきめいこ
競漕の櫂の乱れを堤より
パッキンマン
レガッタのオール薄暮を零しゆく
はなあかり
四つ葉手にボートレースを眺めけり
はまゆう
競漕の水脈あくまでも一直線
ひだ岩魚
わだつみの言祝ぐ風のボートレース
ひともじ
競漕を終えしオールの渇きかな
ひろきち
放らるる甥はコックス競漕会
ふじた柝の音
ボート選手権大会中学新人戦不覚の沈
ぽおや
競漕の絶叫あおし湖ふかし
ほしの有紀
ボートレース乗せて夕日のゆさぶらる
ぼたんぴ
雷神のごとき鼓動や競漕は
ほろよい
競漕の声水底に眠る村
まぐのりあ@蚊帳のなか
競漕や鋼の四肢は贔屓すじ
マツイミキロウ8191
レガッタの櫂漕ぐ腕に守り紐
まにあ
レガッタやここは魔物の巣くう水尾
まるちゃん2323
ボートレースこの日のための空の青
みえ
競漕の応援の声残りけり
みくにく
競漕や先輩からのカップ麺
みずの風華
競漕会美しきテナーの導ける
みつれしずく
競漕の進むは龍の押すちから
みどりがめ
ボートレースこの一漕ぎで刺すゴール
みやこわすれ
固そうな水を叩いてボートレース
むらさき(7才)
水葬の匂い残してボートレース
めしめし
競漕や部室の寝床にはニーチェ
もせきのこ
競漕の気勢極まる祖父母席
もちえちゃん
舳先やや浮いてボートレースの勝ち名乗り
モッツァレラえのくし
レガッタの櫂の水深揃ふなり
もりお
ボートレース石垣高き城の堀
もりたきみ
競漕や川面の傷の早癒ゆる
やぶつばき
しろくもとおなじはやさよボートレース
ゆうら(3才)
ボートレース鉄橋潜り主導権
ゆすらご
光陰を置き去りに競漕の櫂
よしおくん
競漕や校歌の山のけぶりたる
る・こんと
箸とめてボートレースを追ふ車窓
るびちゅ
ボートレース果つるや水の匂ひ初む
るりぼうし
断金の交はりボートレースの酒
ローストビーフ
ボートレースだいだらぼっちの鱗あり
ロベリスク
くはし女のひた漕ぐボートレースかな
わこたんのまま@注:くはし(上代古語)麗し、細し、美し。
橋脚にボートレースの舳先伸ぶ
わらび一斗
競漕や水面の影は切り裂かじ
阿野 瑠
陵を巡るレガッタ櫂は白
葵 新吾
太陽の匂いや競漕のオール
或人
競漕や雨をとどむる比叡の山
安芸彦
ボートレース舵手の断食けふ終る
杏と優
ボートレース喫水線の雲早し
位相朗
声からし勝ったキスしたボートレース
井田みち
水面輝々ボートレースの腕隆々
一斤染乃
競漕や恋敵はダークホース
一走人
競漕や我が身もろとも櫂ならむ
宇雁卯香子
ボートレース浮き沈む広背筋
宇田建
競漕やくす玉の吐く金銀その他
雨霧彦@木ノ芽
競漕の波かけ声を追いかける
卯年のふみ
競漕の気合入れたる訛かな
永想
乙女八人一艘掲げボートレース
遠音
ボートレースおばけ煙突みえてをり
塩の司厨長
ボートレースのびるのびる櫂光る
奥野悦穂
空の淵真っ直ぐにゆく競漕や
横縞
手を翳すボートレースの光り行く
黄金のあひる
レガッタを撮り逃したるくしゃみかな
夏 湖乃
競漕や千恵子といふ友がゐた
夏雨ちや
ボートレース亀は甲羅を干してをり
夏柿
綱引きの息もてボートレースかな
河本かおり
レガッタにぎしと筋肉繋ぐ揺れ
火炎猿
月に漕ぐボートレースの幻想を
花おうち
ボートレース五番目の人などと言ひ
花南天anne
ボートレースBGMはコブクロ
我省
レガッタが遊覧船を抜いていく
海葡萄
競漕やスタート前の背中あり
海峯竜寿
川光るボートレースの残像に
海老名吟
競漕や川面の風に餃子の香
灰色狼
昂れどボートレースの捻れかな
絵十
競漕の掛け声先にゴールする
楽花生
競漕迫り欄干の鳩飛び立つ
樫の木
競漕の艫より空のうまれをり
レガッタや同窓生の声嗄れて
叶田屋
レガッタや昔日の恋敵の背
瓦すずめ
競漕や潰れし豆の握る櫂
干しのいも子
レガッタやオペラグラスの脇を締め
幹弘
競漕の水尾に遊ぶか二羽の鳥
甘泉
競漕や二艘は風の壁抜けて
岩のじ
ボートレースの朝オール舐める猫
希平
レガッタの鬼コーチとは気が合わず
季切少楽@いつき組広ブロ俳句部
競漕の八つの櫂の音一つ
規子
レガッタや記念写真に君がいて
亀山酔田
競艘をやり過ごしたるカヌーかな
宮川邦恵
レガッタや水面を裂ける傷真直ぐ
宮武みかりん(みかりん改め)
レガッタのオールに友の名を刻む
宮﨑紅清
ボートレース鳥は大空旋回す
弓女
伯父となりボートレースのはなしかな
京野さち
背筋緩むボートレースのゴールかな
玉響雷子
かたき水やはらかき水ボート漕ぐ
金子加行
北斎のしぶき左右やボートレース
金治宜子
ママチャリのコックス急ぐ競漕会
吟 梵
ボートレース葉と葉の間には光
銀之助
競漕や返すオールの低く飛び
銀命堂
空の縁蹴つて進むボートレース
玖美
水つかむボートレースの櫂櫂櫂
熊縫まゆベア
ボートレース土手を郵便カブが行く
犬井山羊
ボートレース少し離れて発電所
元喜@木ノ芽
立ち漕ぎの声援ボートレース追う
古都ぎんう
競漕の舳先に氏神のお札
光本弥観
レガッタや二高時代の肩疼く
公毅
ボートレース空に膨らむ肺胞
公木正
レガッタやカメラの狙ふ横つ腹
好文木
過去昏しボートレースの声眩し
広瀬 康
口承の歌ボートレースを送り出す
綱長井ハツオ
競漕や地球は丸いはずがない
高橋寅次
競漕のひとかたまりの熱過ぐる
高橋無垢
競漕や敗れて顔の見えぬまま
高田祥聖
ボートレース水面の裂ける閉じる裂ける
高野きぬ
水面蹴る蹴るレガッタの櫂若し
克巳@夜のサングラス
ボートレースだんだん息の合うてきて
国代鶏侍
声援の拳もボートレース漕ぐ
今田無明
ボートレース地球を縫いとめる呼吸
佐々木ふく
空に反り競漕はトップスピードに
佐藤儒艮
レガッタの呼吸呼吸に波新た
佐藤直哉
ボートレース水はこんなに重いのか
砂山恵子
手のたこも味方にボートレースかな
斎乃雪
操縦の腕はくろがねボートレース
桜の翳
レガッタの櫂に水草掛けたまま
三重丸
ボートレースいちご白書を語る叔父
三水低@第二まる安
ボートレース水ぶつかつて押しのけて
三泊みなと
ボートレース江戸の鬼門をなぞるかに
山香ばし
ボートレースヒラメ筋は頑張った
山女魚
競漕は一直線やはり地球は球じゃない
山陽兵
競漕の審判員の多かりき
始の子
競漕の船軽々と運ばれり
紙ふうせん
水飛沫ボートレースに亀丸く
紙威
ボートレース果てて戻らぬ月の櫂
紙鍵盤
休日のボートレースのチェコ大使
鹿沼 湖@木ノ芽
ボートレース追ふや全校生徒の眼
鹿本てん点
隅田川はしやぎレガッタ始まりぬ
実花
競漕や水脈に乗りたる水鳥ら
篠田ピンク
レガッタの勝者や湖を叩きたる
紗千子
先輩の血豆のあとやお花見レガッタ
朱夏A
月薄しボートレースの終はりたる
朱契
水色は弱さうボートレースにおいて
珠凪夕波
レガッタに昭和が一人カップ酒
酒井おかわり
歓声に湖狭くなるボートレース
宗平圭司
競漕や拳を握る車椅子
秋熊
大空は動かずボートレースかな
塾志
競漕の伸び縮みする舳先かな
春川一彦
あはうみを叩きてボートレースかな
純音
競漕や妻のおむすび巨きなる
小だいふく
競漕了え交わし合う手の火照りかな
小川 都
競漕の空ぐんぐんと後退る
小川めぐる
富士を背にボートレースの応援歌
小倉あんこ
競漕や三校寮歌リフレイン
小谷百合乃
心臓の暴れてレガッタ滑り出す
小鳥ひすい
競漕や縫い目きれいなほうが勝ち
小椋チル
OBの礼漕しづかボートレース
小野更紗
ボートレースに初恋という忘れ物
松井くろ
ボートレースへ地下の部室で漕ぐオール
松山
レガッタ果つ隅田の空をとりもどす
松山めゐ
ボートレース果て慣性てふ愉楽
笑松
レガッタの声は光を越してゆく
城内幸江
競漕や虹に突っ込むジェット雲
常陸人
ボートレース終へてむさぼる馬の肉
森一平
ボートレースいま見ゆるものすべて白
森青萄
レガッタの後の監督船でかい
森川いもり
病室で見下ろすボートレース遠く
真咲よしの
ボートレースマドンナの犬よく騒ぐ
真繍
ボートレースぬーんと屈伸する水面
仁和田 永
ボートレースあの日選手と言う義父と
水間澱凡
競漕の雨となりける日曜日
水夢
ボートレース長い欠伸の前過る
粋田化石
競漕を終へ縄文の舟となる
酔下弦
競漕の瀬波に打たれウキ踊る
杉尾芭蕉
遠き日のボートレースと恋仇
是空
レガッタも早稲田贔屓の血が騒ぎ
晴好雨独
ボートレース並走の犬抜き返す
晴日和
朝連のレガッタに吐く息荒し
正木羽後子
櫂あぐる飛沫勝ち鬨蒼天へ
清波
レガッタや水上バスに荒れる面
西山哲彦
コックスの門歯やボートレース眩し
西川由野
ボートレース吾は意志持つ部品なり
西村小市
一漕ぎやレガッタ宙に浮くごとし
青柿
ボートレース快哉天を青にする
青田奈央
ボートレース岸辺の浮きに寄せる波
青木豊実
バスタオル胸に出待ちすボートレース
斉藤立夏
競漕の風を追ひ抜く速さかな
石あい女
ボートレース船首を伸ばす如すべる
石川聡
きらきらと無音遠きボートレース
雪うさぎ
競漕や湖水に諏訪の神のをり
千の葉
山河より水運ばれてボートレース
千恵
レガッタのベタ記事切るや陽は高い
千条之御息所
希死念慮ボートレースの熱に解く
千仗千紘
ボートレース青空よりも青き湖
川岸輪子
ボートレース前夜の水面ゆらす風
倉嶋志乃
奪還のボートレースに滾る旗
ボートレース鏡に戻る水面かな
蒼奏
電気ブラン競漕の熱冷めやらぬ
足立智美
太陽にフレア下界のボートレース
村崎 雫
胴よりも競漕の腕太くあり
村上 無有
歓声を滑るレガッタ波しづか
大熊さんちの猫
ボートレース豚汁の椀三百個
大小田忍
寂しさの最中にボートレースあり
大和田美信
ボートレース「生きているから痛いんだ。」
鷹星
助つ人の腕は白しボートレース
谷口詠美
レガッタやスーラの水面漕ぎ出しぬ
短夜の月
ボートレースのあひだ空を見てゐた
箪笥
ボートレース見下ろす通勤列車かな
知里
コックスの肩落つボートレース果つ
池之端モルト
競漕や両国メンチはふはふと
竹庵
ふるまいの汁に青空ボートレース
竹織
競漕の胸筋に満つる憧れ
中根由起子
競漕やオール引くとき空仰ぐ
中山月波
ボートレース猫懐に土手を行く
中村 邑
競漕や勝者敗者のごとく臥す
直樹里
競漕や斗南藩士の裔の腕
津軽ちゃう
御船島競漕は古道をめぐる
鶴屋桃福
ボートレースや低き恐さに興じおり
泥酔亭曜々
お花見レガッタ校歌三番うろ覚え
天水郷
ボートレース湖面傷付け膝高く
天晴鈍ぞ孤
星の夜隠者乗せ滑るレガッタ
田村美穂
レガッタのいつまでも交じわらぬ線
田中勲
レガッタを追い越せぬまま着く電車
田中耕泉
ボートレースを追ふ堤防の砂埃
渡野しえん太
ボートレース引退試合後の車中
都月郁陽
筋肉の噴火水面裂くレガッタ
土田耕平
諦めて淋しきオールボートレース
冬のおこじょ
レガッタを終えてボートを担う影
東京極遊山人
ボートレース次投げ込まれるのは誰
東山
競漕のメガホン言ひたい放題
桃和
コックスは仏文二年彼女無し
当卯
競漕や両のボートの男泣き
藤原訓子
割れ鐘の声ボートレースに満つ
藤源卿
ボートレース櫂の正しき調べかな
藤色葉菜
ボートレース水の奈落を漕ぎ出だす
藤川さくら
競艇部艇を頭上に運びをり
藤倉密子
ボートレース掻き出す川の怒号めく
藤田ゆきまち
ボートレース留学生の混じりけり
藤田康子
レガッタや特大にぎり飯九個
亡兄のボートレースオール居間にあり
那須の田舎者
ボートレース歩く漕手の腿太き
那津
ボートレース川辺の俺は競わない
尼島里志
ボートレース水平線はまだ見えぬ
入口弘徳
ボートレース歓喜を写す水面かな
如庵
ボートレース仏語学科には負けられん
播磨陽子
早慶レガッタさいごの橋を横並び
白鳥国男
さよならにうってつけの日ボートレース
麦吉
ボートレースや風はらむ大学旗
八幡風花
競漕の叩き割る湖面の光
帆風ほいほい
胸筋を誇りてボートレースかな
斑山羊
レガッタやまばゆき四肢の伸び縮み
飯村祐知子
腕腕腕濡れそぼつボートレース果つ
彼方ひらく
競漕や漕ぎ手は漕ぎ手を見て漕げリ
樋口滑瓢
ボートレース櫂は勝者の頭上なり
美翠
屋形船からボートレースを囃したて
不利尾
ボートレース兄の恋人らしき人
富山の露玉
明日は競漕夕映えの琵琶湖凪ぐ
武井かま猫
競漕の四肢が勝手にあがきけり
風間昭彦
ボートレース反曲の身は船外へ
風慈音
競漕の声聞こゆるかのやうな父
風舎哲坊
レガッタやゴールの余韻櫂ゆるし
服部勝枝
ボートレース空のくまなくしづかなり
福蔵
競漕や雲は見事に蹴散らされ
福良ちどり
レガッタを追って漱石尻端折り
平野水麦
競漕の首がつくりと決勝線
蜂里ななつ
緋毛氈に芸者衆並ぶレガッタぞ
豊田マカデミア@隅田川でボートレースが行われていた頃芸者さんが応援に来ていたとよく夫の祖父が話していました。 祖父は東大のボート部でした。
波飛沫ボートレースの警備艇
邦生
レガッタや今回も写真判定
北の山猫
競漕や岸のテントでジャンバラヤ
北村崇雄
競漕の広背筋の波打てる
凡々人
友を得しごと競漕は逸りゆく
抹茶金魚
半ばなるボートレースの大差かな
末尾波世遠
レガッタや水面を畳みつつ進む
満る
競漕の知らぬ一人に手を振った
未補
コックスのテナーゆたかにボートレース
岬りこ
決勝の相手の艇に恋敵
夢堂
ボートレース水平線を傾けて
椋本望生
ボートレース喫水線の上下動
明世
レガッタや真昼を刻む櫂と波
綿井びょう
若さ一直線競漕の川曲がりたる
木寺 仙游
競漕や果てて舟庫に灯なほ
木村ひむか
レガッタや宣伝飛行遠ざかり
也和
ガッツポーズの腕が上がらずボートレース
野うるし
一気にぬいて肩組むボートレース
野の花さな(8才)
羽根畳むやうに競漕終へにけり
野ばら
ボートレースや碧き星蹴って行く
野中泰風
競漕に向いてる体つきらしい
野良古
レガッタや水の筋肉盛り上げぬ
野棕櫚
全力で負け切るボートレースあり
柳児
ボートレース光のオールグイと漕ぐ
有田みかん
艇硬きベクトルとなるボートレース
柚木みゆき
競漕を終へしオールの重みかな
遊亀
花びらに触れで競漕行き過ぎる
遊飛@蚊帳のなか
ボートレース肩甲骨の先へ先へ
遊浮子
竜神の匂ひボートレースの声傾れ
夕虹くすん
競漕に日はアポロンの若さかな
与志魚
大気圏に声届きそうボートレース
葉月のりりん
レガッタは剥がされ湖を垂らしけり
欲句歩
競漕の去り一枚の面に戻る
落合耳目
櫂上げてボートレースの勝者泣く
ボートレース白熱たこ焼き熱し
理酔
痛いのは汗か陽射しかボートレース
里之照日日
競漕や鳶の吾の中吾もまた
里甫
ボートレース速しプテラノドンの骨
隆月
競漕のスタート静かなる渾身
竜胆
ボートレースアナウンス雨ニモマケズ
竜田側
ボートレース終えし岸辺の靴の跡
令ちゃん@埼玉
ボートレース角帽の日々連れて来る
令雅
ボートレース母校の校歌とよみけり
鈴木麗門
競漕す雲の舟艇遠からず
鈴廣
ボートレース赤きミサンガへの祈り
露砂
太陽の脈打つ水面にボートレース
露草乃
スタートで見た浮き雲や競漕果つ
和季
ボートレース水鏡の山を乱さず
攝津の嫗
競漕や筋肉きしむ風の壁
泗水
競漕や俯くクルーの絆創膏
芍薬
競漕に負けて引き上ぐボートかな
茫々
ボートレース観光船の横波が
萬代草舟
ボートレースひかりは自由に遊ぶ
蓼科川奈
競漕や揃ひて動く膝頭
桃香
競漕に荷船の白波合図待つ
三大夜景
無職なりボートレースの波眩し
安宅麻由子

並

ボートレース何故にあの差がつくのやら
縞午
レガッタの岸のあの娘の薄化粧
秋月なおと
始まりは毎日あるさボートレース
桃葉琴乃
算数を手放した日のボートレース
ボートレースこの写真遺影にしたき
茂る
並走す外輪船と競漕と
14橘貞山
競漕や背にWの光りをり
28あずきち@Wは早稲田大学のユニフォームです。
レガッタ前進手を振る声を置き去りに
99カリン
ボートレース川面に道を残しけり
A Cup of Tea
競漕の水の尾二線強く引き
aya
レガッタもバイクも尻が悲鳴上げ
Benじい
出来栄えも競う学舎ボートレース
chiro
競漕や託す背中の波に消ゆ
HARUTO
ボートレース掛け声合わせゴールにゴー
KKK
四万十に映る空裂くボートレース
M・李子
女子も乗るボートレースの華やぎて
PON
ボートレースモーセの如く水面割る
sol
レガッタの波がとどく想い揺れる
Sweet Taxi Driver
一糸乱れぬボートレースの水飛沫
SYODAI
ボートレースの色めく飛沫ふくらむ鼻
TAKO焼子
ボートレース負けて夕陽のなほ朱し
yoko
ボートレース小さいことは忘れよう
あおか
表彰へレースボートを空けにけり
あおはる
ボートレース目指すゴールは後方に
アガニョーク
隅田川あらしのボートレースの記
あさのとびら
競漕にかける男の締まる体
あさり
教頭はボートレースか妻残し
あじこ
ボートレースリズムを刻む龍の髭
あじさい涼音
水面をぎりぎり走る絵が浮かぶ
あすか
静寂やボートレースの合図待つ
あすなろ
ボートレース中継テレビに喝
あっこ
手に汗ながらこころは弾むボートレース
あつこっとん
ボートレース白い軌跡に小さき虹
あとりとまひわ
実況の夢叶えたりボートレース
あなうさぎ
逆風に漕ぐ重たさよボートレース
あべべ
競漕や両舷櫂入れ櫂用意
あまぎり
6色のボートレースの虹が咲く
アマリリスと夢
戦隊ヒーローのごとボートレース
あやたか
ボートレース激励残りし水の紋
あらさなえ@TOKYO
ドローン2機ボートレースの青空へ
アリマノミコ
十八の我舵手なりきボートレース
いいよかん
車窓からボートレースと青き街
イエロー雲
櫂握る隆々たる腕ボートレース
いかすみ
激戦ボートレース現場中継
いくちゃん
空仰ぐボートレースと明日の式
いく葉
魂のひと漕ぎ揃え競漕会
いごぼうら
頬つたう涙一筋ボートレース
いたまきし
ボートレース水馬のごと辷りゆく
イチロー
鞴吹くボートレースの伸び縮み
いち坊
成し遂げて青空広しボートレース
いつか
ボ-トレ-ス瀬田の慰霊碑色あせて
いなほせどり
競漕にクルーの殺気ほとばしる
いまいやすのり
川風やボートレースを鳥の追う
うづら
瀬戸際のボートレースの櫂のこゑ
うに子
堤防に鼓動伝えてボートレース
うめがさそう
琵琶湖にはボートレースの鎮魂歌
うらら恵子
競漕やコックスの声凛凛と
えいぎょ
ボートレース土手に寄り道ベビーカー
えび天
一筋の飛竜となりてボートレース
えみあみこ
レガッタのオールの律の美しや
えらぶゆり
水に映ゆボートレースの竜の阿阿
えりいも
三世代のボートレースや鬨の声
オアズマン
琵琶湖畔ボートレースの線五本
オイラー
競漕や背で風切って前進す
オキザリス
喝采の老若男女ボートレース
おけら
筋肉のうねり豊やボートレース
おたまじゃくし
工場始業す荒川のレガッタ
おんこう
からくりの滑りゆく如競漕会
おんちゃん。@白吟句会
体育座りで友とおしゃべりボートレース
かずポン
競漕や真空地帯あと一歩
かたちゃん@いつき組広ブロ俳句部
競漕はラインダンスのごとぱさんぱさん
カタツムリ
競漕の舟から琵琶湖周航歌
かたな
ボートレース競う激しさ波しぶき
かなこ
ボートレースの昼頼むBランチ
カルニボラ
父と吾ボートレースの水飛沫
カワウソ次郎
ボートレース母校の校歌なつかしき
かをり
水面裁ち始むボートレース開始
カンガルーのしっぽ
漕艇す湖岸は犬の散歩道
キイロイトリ
手足逞しレガッタ漕ぐや声一揆
ギコ
ボートレースまだ見ぬ世界や胸躍る
きさらぎ
競漕や幾度剥けたか固い尻
きっちゃん
ボートレース終はりし川面夕日さす
きのと
レガッタの櫂の作りし水輪かな
キヨ
覇を競うボートレースや恋を告ぐ
きよなお
筋肉のビリビリと鳴るボートレース
キョンちゃん
俺達は一生一緒にボートレース
きんえんくん
競漕や敗者夕日を背に受け
くめ仙人
競漕や午後の波風静かなり
グランディーヌ
ボートレースたたく水面の硬きかな
ぐりえぶらん
競漕の妻に旗振る漁師かな
くれまてぃす恵子
レガッタの順位や舳先一センチ
ぐれむりん
キャッチ、ソー、強く速くボートレース
クロまま
終盤のボートレースの声必死
くろりん
競漕の波の光るを見ておりぬ
こーらるむーん
ボートレース相対速度習う君
コキア
穏やかなボートレースや水しぶき
こけさん
ボートレース空突き破り海削る
コナラ
レガッタをかつて漕ぎたるをみなかな
こはぎ
ボートレースの波高くこだませり
こんどう ちひろ
競漕やほのり汽水の香の届く
さくみ
初恋にボートレースは似合わない
さこ
コックスの声も枯れるやボートレース
ささき良月
ボートレースも大学名で応援す
さとう菓子
写真抱くボートレースに向かう道
さとし
ボートレース合わせて走る川の水
さゆみ
レガッタや櫂のリズムの波寄り来
さるぼぼ@チーム天地夢遥
競漕やハムストリング躍動す
しー子
ボートレースの波受けてゆらりと近場釣り
しおかぜ
ボートレース右岸左岸に人走る
しげる
遠く見るボートレースや家出の子
ししまる
地球は回るボートレースは走る
しつじのMay
競漕の賑わい聞ゆ葬儀場
しみみ
競漕やまだまだいける舵手の声
じょいふるとしちゃん
隅田川群れるお花見レガッタを
シラクサ
ボートレース葦に目覚の航跡波
しんしん
競漕の揃いし腿と腕の波
ず☆我夢@木ノ芽
応援は時の気分で早慶レガッタ
すえよし
ボートレースひと漕ぎごとの疾き風
スサトヨ
競漕や飛沫も唸るけうの敵
すみれ色の涙
光る希望ボートレースの空を裂く
そうま純香
最終のボートレースや曇り空
たいき
競漕の息吸ふ刹那水を切り
たいぞう
競漕の八本の無念かける二本
たかし
ボートレース帰りの酒と寿司旨し
たけうち晴美
レガッタの疎水すべりし水脈細き
たけし
接戦やボートレースの汗しぶき
だけわらび
追い風にボートレースや力こぶ
タック
ボートレース手を叩く子は父の背な
たま
女子マネの声に弾けるボートレース
たま蛙
ボートレースで待ち合わせたる師弟
たろりずむ
戸田の午後ボートレースに歓声が
ダリア
辞表を出そうボートレースをやってみよう
ダンサーU-KI
水掴むボートレースの櫂しなる
たん造
ボートレース終わりて凪を赤く染め
ちえぴー
夢のごと進まぬボートレースなり
ちょろたこいん
ボートレースの掛け声聞ゆ土手の午後
つつ井つつ
空の青ボートレースの水飛沫
つつ井つつ夫
ボートレース熱狂浴びて勇気わく
ツユマメ末っ子8歳@俳句のために初めて見たボートレースはユーチューブの早慶戦。
ボートレース我が人生を重ねけり
つわきの嫁
ボートレース無音の動画リピートす
ティーダ
ボートレース輪唱の如きゴールかな
でんでん琴女
競漕や一直線の木曽の峡
ときめき人
競漕の二すじの雲もせめぎ合う
ときわ露草
ボートレースの中継乱す新幹線
とし
競闘の水尾引くボート・レースかな
とし子
新調のシューズは緋色ボートレース
どみそ
飛沫散るボートレースの蒼海や
ともかわすてむ
ボートレース二羽のかもめの見守りぬ
とんぼ
レガッタや湖渡る風頬を撫づ
なかの花梨
雨足に追い付かれずやボートレース
なご
肉刺潰し胼胝のごつき手ボードレース
なごやいろり
風を切るボートレースやライン美し
ナタデココ
オールあげボートレースに勝鬨を
なつめモコ
競漕のオール水面に機を織る
なみは
競漕の青年の腕しなりけり
ねこじゃらし
ボートレース風身に添へる櫂捌き
のぶ子
ボートレース若人の喉潰すほど
のもとみな
ボートレース審判然とスカイツリー
のら
ボートレース水上のムカデのごとく
のりりん
競漕や形見握りて応援歌
はじめ
競漕の舵手「さあ行こう」「さあ行こう」
ハチ太郎
肩越しにまばゆきしぶきボートレース
はなだんな
欄干の手すり空き無しボートレース
ははろ
ボートレース心身シンクロさせ進め
はまのはの
初デート想い出きざむボートレース
はらこ
レガッタの追いつ抜かれつ隅田川
はら美華子
隅田川舵手の喝飛ぶ競漕会
はるく
ボートレース靴裏返り明日は雨
ハルノ花柊
カランカラ青空うつるボートレース
ばんしょうばんしょう
タイムに歓声ボートレース10位
ばんどうまーぴー
ボートレース勝った負けたは置いといて
は志むら
ボートレース舵手の大喝滑り増す
ひいろみ
ボートレース子等は堤を走りおり
ひな子桃青
青春をしずめておくれボートレース
ひより
ボートレース歓声の中目をつぶる
ひろくん12さいのママ
競漕や親子そわそわ発表会
ひろちゃん
競漕や半艇身を追いつけず
ひろのじょう
競漕の勝利の叫び櫂上げて
ひろ史
軋む背やボートレースは後へ行く
ふあり光
クラス別ボートレースのダム湖畔
ふうせんかずら
ボートレースの櫂より恋はこがすもの
ブービー
ボートレースあれが母校のユニフォーム
ふくろう悠々
ボートレース応援団は変声期
ふさこ
レガッタの後の寝相の乱れかな
ふじこ
ボートレース飛沫はシャチの群れのごと
ふたあい
競漕を終えし水面に星座揺れ
ふみ
オールの飛沫を揃えボートレース
ふわり子
OBの老紳士吼ゆボートレース
ほしのあお
競漕や舟の拍動なる我ら
ぼたにこ
漕艇のあげし声聞け雲居より
ほのぼぉの@蚊帳のなか
ボートレース二の腕太きパラ選手
ぽんたちん
競漕の接戦制す舳先の差
ポンタロウ
競漕や油膜浮きたるレモンサワー
ぽんぽこぴーな
ボートレース迷いなき磁針まっすぐに
まこ
ボートレースの応援声の高くなり
まつだまゆ
河川敷き車窓を走るボートレース
まつやま孝子
競漕の川に白線あるような
まどん
ボートレース同時にゴール判定は
まな
ボートレース和合の滴りとびはねる
まみのすけ
レガッタの若き背中の力瘤
まめ鶴
ボートレースや波の彼方のケンブリッジ
まゆりんご
競漕や水の惑星切り込みぬ
まりい@木ノ芽
二枚目俳優ら競漕の水光る
みー
ボートレースその一瞬の旋風
みぃすてぃ
肌に付く砂も熱くボートレース
みかん
ボートレース黒き上腕三頭筋
ミセウ愛
競合いのボートレースや応援歌
ミセス水玉
ボートレース右岸左岸の声分けて
みどちゃん
競漕のワルツのリズム水面裂く
みのる
ボートレースまっすぐなる舵手の声
みやかわけい子
ボートレースの歓声揃ひて動く力こぶ
ミユキ
ボートレース若人の声水飛沫
みょん
ボートレース尻の皮むき優勝す
み藻砂
疾風来て俄かに速し競漕や
むげつ空
競漕後倒れて見あぐ雲速し
むじーじ
駒形の橋影ゆがめレガッタ過ぐ
むったん
レガッタや巻き直しするテーピング
むべ
競漕の勝利を祈る空青し
むらたふみ
競漕の四人同期する伸縮
むらぴ
ボートレースの声のびやかに葦の原
めぐみの樹
深碧のダム湖ボートレースに沸き
めりっさ
歓声と超える限界ボートレース
ももたもも
競漕や一丸となる会社員
もりまる
荒波や部員獲得ボートレース
もりやす雄介
ボートレース櫂捌く腕に応える舟
もんちゃん
コックスや宙に舞たる競漕か
やっせん坊
競漕の川風の滑らかに吹く
ヤッチー
配達の車窓にボートレースかな
ヤヒロ
ボートレース空に直線独走す
やまたん
立て掛けるボートレースの櫂と夢
やよえ
ボートレース星よひねもすありがとう
ゆき達磨
若人の漕ぐ声聞けぬこの年の川
ゆこげん
ボートレース筋肉爆発水面切り
よーきー
水しぶき吾子の夢乗せボートレース
よつ葉
雑踏に君を見つけてボ-トレ-ス
よぶこどり
ボートレース翼の羽ばたきにも似たり
ラーラ
競漕の水鳥揺らす水尾かな
らくさい
ボートレース天然色の君の眦
りう女
競漕やオール操る力瘤
リカ
ボートレース元コックスの叫ぶ声
りこ
競漕の水尾(みお)唐橋にクロスせり
リバティーさん
レガッタの櫂の重みや墨田川
りんごのおもちゃ
ボートレース荒川の土手父と見し
りんごのほっぺ
ボートレース去り余波に鴨たゆたへり
れい
青空へボートレースの声響く
れんげ畑
力瘤ボートレースに挑みけり
ロクヨン
至福さそうボートレース飛沫の後
ろん
ボートレースのゴールや高層ビル群
わかこ
競漕のここにも在りしワンチーム
をぎやかなた
我は顔ボートレースは午後一時
阿山季思
ボートレース艇庫はアルノ川岸に
阿波豊
濡れた髪ボートレースの女子選手
競漕や青春の恋波に消へ
安笑
競漕や琵琶湖を背に猛特訓
安田信洲
レガッタは雲をかき分け進みたり
案山子
急く気持ち抑へて合はすボートレース
伊沢華純
人の波うち寄すボートレースかな
伊藤欣次
ボートレース白線光る青い空
伊藤善隆
レガッタのテレビ中継本伏せり
伊豆子
ボートレース快速の止まらぬ駅舎
伊予吟会 宵嵐
ボートレース漕手を包む凱歌かな
伊予吟会 心嵐
レガッタや一糸乱れぬ若さの美
位子
湖にボートレースの汗しぶき
依糸
目に涙皮剥けゆがむボートレース
井原靖
5ノットの風背に受けてボートレース
育由
校旗振るボートレースの熱戦譜
一の介
ボートレース闘志漲る航跡波
一井蝸牛
人混みや父肩車ボートレース
一碁一会
声援を力に替えしボートかな
一周
ボートレース櫂の乱れに飛沫たつ
一純。
鳴門旅ボートレースと大渦と
一心
競漕の緊張の耳合図待つ
一生のふさく
ボートレース対岸に学ランの群れ
一族の者
競漕の敵は真横の赤組ぞ
一茶お
競漕の声咲き初めて汽水域
一刀斎嘉平
逆光の影となりゆく競漕会
壱太
早朝のボートレースと飛行機雲
稲垣由貴
競り合いて水面切り裂くボートレース
烏兎
ボートレース見おろす難攻不落の城
羽沖
右の腕太くなりけりボートレース
羽光
ボートレースや担ぐも漕ぐも絵になりて
雨職人
空と湖の縁を劈くボートレース
浦野ハッピー
勝ち負けは5センチも無しボートレース
閏 務 (うるうつとむ)
競漕の賑はひ虚子館の閑けさ
影山らてん
競漕やくぐるボートを待つ橋上
映千
ボートレース飛沫の先に富士の山
英ちゃん
蜘蛛の脚めくレガッタの櫂水を蹴る
英子
競漕のオールのピッチリズミカル
英与
ボートレース力強さとハーモニー
詠野孔球
一直線ボートレースの始まりぬ
土手に咲くボートレースのおみな達
横じいじ
ボートレース風に乗る人遥かに
横ちゃん
レガッタは諏訪湖の水面裁つ剪刀
岡田きなこ
愉しげやボートレース水の鞠
岡田信幸
川下る色も変わりしボートレース
音澤煙管
ボートレースパブで火花のヴァーシティ
佳月
インカレの沈の痛みよボートレース
加賀もずく
競漕の声遠く波立つ此岸
加藤志朗
ボートレース眩しき声のきらめけり
加容
競漕の小さき勇者舵手一人
加和 志真
競漕や水面に映る曇を漕ぐ
嘉門生造
ボードレース伏せた睫毛の光る先
夏銀
渓谷と溶け合ふボートレース
夏綱
ボートレース鋭角二つ競る刹那
河原つばめ
競漕や勝者が櫂に塵を寄せ
花屋英利
ボートレース渾身のエールを君へ
花咲明日香
ボートレース前へ前へを謳歌せよ
花実人生
ボートレース数多の旗も揺れている
茄子紺
恋ふるごとく鴎ら来てボートレース
茄子美
心臓の鼓動炸裂ボートレース
競漕の航跡波背にする勇士かな
華らんまま
新卒の吾子とボートレースの眩し
雅な童
男らの風のやまざるボートレース
雅喜
競漕や凪照り返し息荒く
雅由
隅田川の果てボートレースの陰(かげ)
会 里糸
ボートレースゴールはみんな水の中
海風山本
一艇に一本の線ボートレース
海野しりとり
ちぎれた虹子が手をふるボートレース
灰猫
朝匂い跳ねる髪ボートレース
葛城広光
艇庫開けボートレースの始まりぬ
勘太郎
競漕のゴール幾重にも波紋
甘平
ロンドンのボートレースやパブの酔い
間仁田彩
ボートレース水の重さ水の硬さ
閑茶
ボートレースメトロノームのごと滑り行く
丸山隆子
ボートレース光る昨日腫瘍の影消えて
岸 れん
ボートレース湖にひく筋三本
喜多輝女
ボートレース上腕二頭列列列
喜多野羆
きらきらと川面走るやボートレース
気がつけばカンレキ
ボートレース浮き見詰めつつ稚児の竿
紀杏里
艇庫には汗と落書きボートレース
輝峰亭
隅田川光るレガッタ見下ろして
輝棒
ボートレース艇身ずれて後孤独
亀の
白熱のボートレースや鷺が飛ぶ
亀谷17
ボートレース白波ずっと平行線
亀田勝則
無観客開催ボートレースかな
菊池洋勝
競漕の水は光の如く飛び
吉 や
身体より大きなオールボートレース
吉井いくえ
競漕や梃子の原理の化身となれ
吉行直人
レガッタの猛者(もさ)喰らふいちご大福
吉村よし生
リズムあり競漕すみて櫂滴
桔梗松山
ボートレースあの子の声が僕を押す
橘右近
空っぽに声を出し切りボートレース
杵築きい
ボートレース孫追いかけるシャッター音
丘るみこ
ボートレース空に伸びるや音の良し
久鍋得利子
われは湖の子ボートレースの後の月
宮永風太
ボートレース親父と啜るたぬきそば
宮間ミヤマ
ボートレース鏡の上を滑る竜
宮坂変哲
競漕や合わせる息に波青む
宮田和可子
レガッタは真面目な男しか乗せず
宮島ひでき
レガッタや刻々移ろうピッチ数
宮本象三@※ピッチ数:1分間にこぐストロークの回数 ユーチューブで早慶レガッタを見てみたら、ピッチ数が刻々変わるのでびっくりしました。
クオドプルオールひとつにボートレース
球子
競漕の飛沫の涯の校歌かな
虚実子
日本酒に光を映すボートレース
魚返みりん
ラジオからボートレースやちどり縫い
京あられ
筋肉の限界挑むボートレース
京丸
ボートレース太陽の下で水しぶき
京子
ボートレースコックスの苦悩顕かな
玉井瑞月
喜びのオール掲げる競漕会
玉井令子
瀬田川の土手走る子と競漕と
玉悦
競漕終えり夕暮れ湖岸二本の水尾
玉京
ボートレース1かき毎に身のしなる
玉治
競漕の漕ぎ手ぜんまい仕掛けかも
玉和
漕艇のオールに耀ふ水飛沫
近藤承穂
ボートレース来た見た勝った万歳す
金目銀目猫
汗握るボートレースに腕まくり
金曜日の男
ボートレース風立ち櫂の重げなる
空 春翔
テムズ光るボートレースの水尾二条
空想婆
ボートレースおにぎり空へ万歳を
栗田もとえ
午後の光競漕の歓声に溶け
桑島幹
競漕や女だてらと言ふなかれ
君島笑夢
ボートレース一糸乱れぬ語源知る
敬之
風豊かボートレースの大歓声
桂奈
逃げきりの水脈あざやかやボートレース
渓湖
競漕や漕ぎ手の腕の盛り上がり
渓翠@青東高
競漕や互いに挙ぐ血潮かな
月の砂漠★★
伸び伸びと差し切るボートレースかな
月見柑
ぐんぐんとボートレースや風生みし
月野ひとみ
ボートレース土手に寝ころび草を香ぐ
犬散歩人
ボートレースの波せまりくる橋
研知句詩@いつき組広ブロ俳句部
ボートレース櫂の雫の一文字
古都 鈴
ボートレース琵琶湖の艶肌くすぐりぬ
戸海倫
伸縮の校章は背にボートレース
戸部紅屑(とべべにくず)
競漕の掴み上げゆく波の銀
湖雪
声援をかき分け滑るレガッタぞ
吾輩はペンである
レガッタと共に川辺を走る子ら
鯉女子
競漕のゴーの合図の閑かなり
光観
水面は鏡のごとくボートレース
光友
隅田川ひかる直線ボートレース
公碧
競漕や墨田水嵩増にけり
競漕やひかりの遊ぶ隅田川
江戸川青風
ボートレース眺めるスーツの凛々し
江藤薫
ボートレースペンキの剥げた艇庫かな
江里口泰然
園児列しずかに手ふるボートレース
甲山
ボートレースのしぶき光輝燦然
硬度十
競り負けてくづれゆく水脈ボートレース
紅さやか
ファスナーを上げスタートボートレース
紅塩寝子
競漕の水面を切るや櫂の音
荒磯魚々
ボ―トレ―ス瀬田の風並み流れゆく
香栄
レガッタの水鳥もどる隅田川
香壺
ワンチームハリケーン並みボートレース
高橋笑子
ボートレースめざす先には日和山
高橋冬扇
ミサンガの赤に切れ目ボートレース
高倉ちとさ
息一つオールも一つやボートレース
合歓
競漕や父の垢つく櫂握り
黒うさ狐
レガツタやオールはゴールより揃ふ
黒子
競漕の水面を離れ浮かぶ鳥
黒田大輔
かけ声の乱れ飛びたる競漕会
今井佳香
水紋の跡美しきボートレース
今田 梨
吾のこゑもボートレースの唸りなり
今野浮儚
競漕はエイトビートのリズム打つ
根本葉音
競漕やこの日この川命燃ゆ
佐山夕子
胸筋やボートレースのゴール前
佐東亜阿介@ありす句会
夕陽よりボートレースの声弾む
佐藤志祐
セピア色友等と共にボートレース
佐藤俊
水草がユラリグラリとボートレース
細木さちこ
ボートレース白い両翼今か今か
榊裕江子
水飛沫オール漕ぐ手にラストパワー
咲耶とこ野@木ノ芽
競漕や戸田に校旗の振り切らる
咲弥あさ奏
ボートレース歓声あおく女高生
桜桃の里
レガッタの朝練きみの力こぶ
桜姫5
歓声と太陽光の中に消えてくボートレース
桜木レイ
ボートレースや人のまばらの吾妻橋
札六(関屋@和祝句会)
湖にボートレースの静けさや
鯖寿司
ヴァイキング戦士の形相ボートレース
三浦にゃじろう
ボートレース背に風集め新天地
三寺ひろみ
汗も飛沫も淡海となりてボートレース
三木庭
ボートレース飛び魚掴む速さかな
三毳
ボートレースゴール湖水も空も青
山くじら
競漕や鋭く突ける槍のごと
山下 昇
漕艇部レースの写真六高時代
山帰来
天の川豪快過ぎるボートレース
山口雀昭
ボートレースの嵐にゆれる人も魚も
山口嶺
大漁旗静まり競漕の合図
山川真誠
水面の飛行機雲やボートレース
山乃火穂
ボートレース応援の声クラスごと
山部ビブリ
競漕のゴンドラ走る琵琶湖晴
山辺道児
漕ぎ返すボートレースの太き腕
山本 力
競漕へ叫ぶ母校の応援歌
山本嘉子
手に赤き痕やボートレース閉づ
山本先生
ボートレースオールと波とかけ声と
山野はな
ボートレース愛する人の名が力
競漕の声援止みて広き海
史季
競漕の切り裂いていく隅田川
四丁目
ボートレース蜻蜓となりて一直線
志保川有
蒼穹へオールを上げしボートレース
糸慌@木ノ芽
口下手やボートレースの男達
糸川ラッコ
ボートレースや吹き荒ぶ風も喝采
紙川南明
ボートレース汚き川へ投げ祝ひ
紫雲英
潮しぶき水面のボート虹の舞
紫光
競漕やレンズの先の一直線
紫鋼
母とゆくボートレースと河川敷
紫香菫
ボートレース飛沫の渦の底の魑魅
紫檀豆蔵
メガホンと川縁走るボードレース
紫蘭
競漕の君の顔追ふ遠眼鏡
試行錯誤
ボートレース鋼のやうなクルーたち
慈温
櫂空切り飛沫ひかるボートレース
時化田白金
ボートレースしぶきに探すコックスの子
七生姫
観客も息シンクロす競漕会
柴原明人
競漕に敗れし後の周航の歌
斜楽
ボートレース上腕に光る汗粒
紗々
競漕やオール捌きの仁王顔
紗智
水面をオールで叩くボートレース
手荒れ
ボートレースや海の背中を斬りし水脈
宗本智之
妻と見るボートレースや水しぶき
秋から
ボートレース腕逞しく空も掻く
秋月流音@木ノ芽
二の腕に視線集まるボートレース
重翁
競漕の櫂の混ぜたる雨と水
俊夫
明日へも漕いでゆくお花見レガッタ
竿先やボートレースを追いかけり
春果
コックスのボートレースや声高し
春爺
競漕やゴールに果てるマスターズ
春野いちご@レガッタのカテゴリーGは65歳から69歳とか。80代のカテゴリーもあると知り、驚きました。
向かい風ボートレースや波蹴散て
春来 燕
レガッタ早慶戦ゴールは僅差
春蘭素心
レガッタや声張り上げて桜橋
准壹
降られたるボートレースに手を振りぬ
順女
競漕の熱き気炎や隅田川
小鞠
土手走る自転車ボートレース追ひ
小橋春鳥
レガッタを終り静かに流す艇
小熊伸子
隅田川ボートレースと積み荷舟
小熊利雄
ボートレース愚直なまでにキャッチ・ロー
小笹いのり
あの頃は俺らも主役ボートレース
小山晃
ボートレース朝から飯をたらふくに
小春
水面わりモーゼの道を競漕す
小雪いつか
文庫手に少し追うボートレースかな
小虫
ボートレース先輩のオール魂こめ
小塚 蒼野
競漕や櫂かろやかに同期せり
小田寺登女
窓越しのボートレースや桜橋
小梅
背の低き舵手の乗りたるボートレース
松浦麗久
ボートレースまだ二千歩の今日暮るる
松山のとまと
競漕終え彼女らの息荒々し
松山女
胡座して声援おくるボートレース
松茶 巴@プレバト木ノ芽
手かざしてボートレースの若さ追う
松田てぃ
競槽の軌道は墨の滲みめく
松尾千波矢
ボートレース陽の真ん中に河川敷
松本裕子
競漕や拳突き上げ応援歌
湘輝
競漕の歓声爆音天を突く
焼饅頭
競漕の時待つ水面静かなり
照波
巣立ちの漢競艇海に押し出せり
上垣利久子
ボートレース湖面に響く琵琶湖の唄
植木照美
号砲にボートレースの櫂揃ふ
慎吾
ボートレース性別不明のだみ声
新開ちえ
競漕や大殿筋の躍動す
新田 淑
ボートレース蛍光テープの駐車場
新藤柑子
早慶のこの競漕や叶う恋
新米笛
突っ走る龍のまなこやボートレース
森の水車
疫病が歓喜消し去る競艇場
深山 紫
望遠鏡ボートレースの決着は
ハイタッチを交わし水面へボートレース
真宮マミ
競漕のオール揃いて波えぐる
真珠星倫世
声枯らす佐田の岬やボートレース
真林
競漕やオールは塊のごとく
神山やすこ
ボートレース川は無害となりました
神谷たくみ
夫誘うボートレースの昼下がり
秦のヨシコ
競漕の帰り焼肉は大盛
水城
待ち合わせボートレースに急かされて
水鳥
レガッタや終へしクルーと夕日影
杉浦夏甫
競漕や登紀子の琵琶湖周航歌
杉山ちとせ
レガッタの息合ふ一瞬続きけり
杉本とらを
レガッタの果てて楼船灯りけり
雀虫
散る波の先をゆくゆくボートレース
裾野51
告白はボートレースにかき消され
澄海
ボートレース名を上げたい子見ている子
瀬尾白果
待ちわびてボートレースや道は何処
星夢 光風
時間差で喰い込む阿吽ゴールライン
星野美咲
ボートレース周航歌を口ずさむ祖母
晴海南風@木の芽
ボートレース呼吸の度の歯痛かな
正山小種
競漕の三艘の疾ぶ矢のごとく
清水祥月
ボートレース戦いすんで波静か
清泉
風向きに流れるコール競漕す
清白真冬
ボートレース熱くメガホン握り締め
生田 武
競漕や飛沫ひかりて虹が立つ
聖橋
競漕や土手駆ける子に向かい風
西川あきや
ボートレース遙かの声は遅く着き
西田武
レガッタのコックスを追ふ白い鳥
誠馬
ボートレース追う足音子らの声
青鬼灯
競漕の掛け声高く波高く
青玄
漕ぐ音の三拍子唸るボートレース
青柘榴
競漕や手に汗握る互角戦
青葉のぞみ
レガッタやGO!の号令風を呼ぶ
青嵐
ボートレース波紋広がるオールあと
静香
競漕の櫂を押し引く力かな
石井せんすい
競漕の黄色き声に脇見せり
石井茶爺
時刻むボートレースの櫂の音
石岡女依
ボートレース飛沫の中に舳先見ゆ
石原由女
起きては漕ぎ起きては漕ぎてボートレース
石崎京子
ボートレーススタート一閃の無音
石川八右衛門
ボートレース臨界点にオール消ゆ
石野上路無
かけくらべボートレースのむこう岸
雪てる
競漕の揃いの帽子洗いたて
雪華きなこ
レガッタや導く声にピッチ上げ
千日小鈴
声援は櫂漕ぐ腕の汗となり
千曜 桜
競漕や等間隔の水しぶき
千葉時郎
声援抜き去り競漕突き進む
千葉睦女
ボートレース飛沫もろとも桜橋
千里一歩
ボートレース破れる手の皮尻の皮
占新戸
ボートレースの勝鬨宙を超えて
川口みち
競漕の櫂は三年水脈長し
川島 欣也@「櫂は三年櫓は三月」と言うそうです。
息使いこころ走る漕ぎボートレース
川﨑鶴巻
ボートレースしぶき遠目に魚釣り
浅河祥子
竜が吠え爪痕残すボートレース
祖乞
競漕の櫂はリズムを奏でたり
双月(そうげつ)
競漕の湖水になびく歓喜の輪
倉の人
土手に座しボートレースと昼寝かな
相模の仙人
競漕やあぶく分裂分裂
草青
レガッタの漕ぐて踏むあし波をきる
蒼涯
ボートレース心拍計は振り切れり
蒼空蒼子
女子の部も有りてレガッタ華やかに
蒼香
絹糸のごとき水脈ボートレース
蒼鳩 薫
ボートレース無観客試合の無念
村松 縁
競漕や岩魚棲む山の源流
村上yamada
競槽やスカイツリーに強き風
多喰身・デラックス
舵手席の伸び縮むかにボートレース
多事
ずぶ濡れのボートレースの選手かな
多聞仙
ボートレースやゃはっきりと2番なる
太子
ボートレース長距離走者を抜かしけり
胎児
競漕や舳先の龍の波飛沫
鯛 風
ボートレース我は海の子波まくら
大村真仙
レガッタの勝者飛び込む水しぶき
大谷如水
背筋の揃ひて猛るボートレース
大槻税悦
ツーピーと鳥のコールや競漕す
大島清白
ボートレース オール漕ぐ手の逞しき
大嶋メデ
ボートレース視界に揺れた赤い傘
鷹まる
ボートレース後の仰ぎたる紺碧
沢拓庵
レガッタの声溌剌や青き空
脱 流民
応援もずぶ濡れ雨のボートレース
谷川の蛍子
漕艇や水平線へ滑りゆく
丹耶
観客に旧友のありボートレース
炭野谷一敦
競漕の揃ふ上腕二頭筋
檀凛凪
水山風時流れつつボートレース
地に根ざし陽に伸びる
ボートレース機械仕掛けのごとオール
地球人
かよわさやボートレースに鍛えられ
池と堀
ボートレース舵手の鼓動艇を押す
池田郁英
競漕の櫂を握る手硬き肉刺
池田香
競漕艇流星のごと推進せり
痴陶人
飛ぶ檄やボートレースに国訛り
竹さ
半艇差はボートレースの神様と
竹の子
土手のかおりボートレースのざわめき
竹春エリザベス
競漕やすべる川面を割くしぶき
竹村マイ@蚊帳のなか
岩肌にボートレースやしぶき白
竹内うめ
ボートレース視線を逸らす漕ぎ手かな
竹内みんて
人生は人の繋がりボートレース
竹林
往年のボートレースの哀愁歌
ボートレース漣受けて順を待つ
茶々
ボートレース母も拳を固めてる
茶碗酒一杯
競漕の若者の腕眩しめる
中井清心
いっせいに動く筋肉ボートレース
中岡秀次
ボートレース飛ぶ矢のごとく水を切る
中山白蘭
レガッタの櫂持つ腕に絡む風
中西柚子
ボートレース顎髭を濡らすのは勝者
中村すじこ
競漕の後に大きなうねりあり
中村やすみ
ボートレースコンビナートの隣にて
中村笙平
吹く風や瀬田川べりにボートレース
中野風鈴
競漕やクルーの腕の水飛沫
宙のふう
競漕のみずも光るや若き声
朝ぼらけ
ねえしおりボートレース部入ろうよ
長谷一諒
ボートレース風に途切れる応援歌
長谷川ひろし
ボートレース水面の雲を横切りし
長田写々
羽衣を織るボートレースの追風で
鳥羽南良
漕手らの筋肉まぶしボートレース
直木葉子
「ありがとう」競漕仕舞う舵手の声
津軽まつ
熱帯びる競漕声が見せ所
津軽わさお
ボートレース私巻き込む風となる
辻 愛生
竜神の仕業ボートレースの波瀾
辻が花
空見あげボートレースは時の運
鶴田梅勝
合図待つ戦慄走るボートレース
定規(じょうぎ)
白髪揺れOBレガッタ隅田川
定吉
ラヂオに捉ふボートレースの飛沫
定野直仁
ゴール音ボートレース一荒い息
笛柾(ふえまさ)
伝説の嵐のボートレースかな
天陽ゆう
ボートレース力尽きて空青く
貼女(ちょうじょ)
若き等の競漕の声遠景色
田中ようちゃん
ボートレースの櫂は羽ばたく赤きブイ
田辺 ふみ
ボートレース水脈を見つめる敗者かな
田邉真舟
ボートレースゴールし聞こゆ拍手かな
徒然のひろ
隅田川競漕前のエール戦
斗三木童
滑るレガッタ雫青空映し
杜 まお実
ボートレース原発の海苦い水
渡邉くるり
ボートレース兄が出走するのだけ
渡邉久晃
櫓が揃う角度も嬉しボートレース
土屋 木漏れ日
水を掴むオールのしなり競漕会
島崎伊介
競漕やキャッチの響く首都高下
島村福太郎
胸薄き眼鏡が主将ボートレース
嶋田奈緒
競漕に水面も跳ねて勇喜する
東児
漸くにレガッタの息合いたりし
桃泉
土砂降りのボートレースや漕ぎ抜ける
燈穂
競漕を眺めし窓はあの病棟
藤すみ
レガッタの波騒がせる嬌声歓声
藤鷹圓哉
ボートレース吾を追い抜く鴎優雅
藤田真純
琵琶湖目覚めるボートレース開幕す
豆田こまめ
掛け声は烈火の如しボートレース
陶豪
競漕や水をつかみてはしる湖面
瞳子
ボートレースベクトル合わせ競いけり
童好
どよめきをなびかすボートレースかな
波かぶり湯気ほとばしるボートレース
徳永 北道
犬吠えし借景にボートレース
徳本あつ
競漕や号砲の鳴る二分前
独星
ボートレース結果分からぬ車窓から
豚ごりら
ボートレース港祭りの華となり
南 風
川波をボートレースが柔く裂く
楠青庵
競漕や軋むオールの金切音
日下まひろ
歓声のボートレースや比良おろし
日記
頑張って行きまっしょいボートレース決勝
日々是良日
歓声を櫂掻き立てるボートのレース
日比太宗
ボートレース水面滑るクルーの顔
日本酒
対抗は向かひ風とやボートレース
忍冬
ポートレース二秒差を追う厩橋
猫ふぐ
レガッタや雌雄決する早慶戦
猫楽
競漕や花巻き上あげる水の青
乃乃
競漕や踵を返す秋田犬
馬祥
競漕や四回生の乗らぬ艇
馬場東風(とうふう)
敵味方の前レガッタ遠ざかる
馬場馬子
ボートレース想い出の雫幾重の輪
馬門宗太
レガッタの何もわからず櫂握る
俳菜裕子
ボートレース背に受く風に立ち向い
秤防人
ボートレース崖よじ登り旗を振る
白井百合子
光るよなボートレースの歓声よ
白居千夜
コロナコロナボオトレエスノ波高シ
白傘
ボートレース我が大学のオール勝ち
白山
ボートレース崩れし軌跡や 過ぎ去って
白楓
ボートレース光る水面を切り裂いて
白藍こはく
ショートボブボートレースの風に揺れ
白薔薇
ガレッタや湖面狭しと突き進む
畑 詩音
おおらかに賞でよボートレースは水の華
畑山六十二
ボートレースあの日の真青なる鼓動
半熟赤茄子
競漕のゴールやクルーみな臥して
比良山
父の手に引かれてボートレースの岸
尾上真理
豆なじみ櫂と一体ボートレース
尾張の黒うさぎ
リュック背に何処まで歩こうボートレース
枇杷子
鐘の音鳩が飛びたつボートレース
美泉
競漕やもたりと揺れるミルクティー
美村静佳
パトカーの追跡ダツシユやボートレース
美年
競漕の水面一斉に櫂の怒号
柊 月子
競漕を終え十八の座高浮く
稗田鈴二郎
競漕の櫂先光る琵琶湖かな
百草千樹Z
競漕の面影残る友の腕
富樫 幹
水面切るボートレースに疾風往く
富士 遊歩@ありす句会
告知見るボートレースと縁は無く
富士子
裕次郎レガッタ帆布きしませて
負勝@中津からあげ句会
競漕や円陣で食む塩むすび
風花まゆみ
ボートレース耳に残りし櫂の音
風峰
競漕や櫂の角度の乱れなし
風紋
太陽へボートレースの水尾かな
風由花
レガッタやコックスの声しわがれて
文月さな女
ボートレース光を返すオールかな
文女
ボートレース岸辺に広ぐ昼餉かな
聞岳
おだやかな流れをけってボートレース
丙午
競漕や意地で漕ぐ櫓の鍔競り合い
平井伸明
櫂漕げば腕は負けぬぞボートレース
平松洋子
屋根にあるブルーシートやボートレース
勉邪明
交差する車窓の吾とレガッタと
弁女
大接戦ボートレースに声枯れる
歩深
ボートレース光る水面を散らす櫂
峰江
若きらの声が声追ふボートレース
峰泉しょうこ
競漕のメガホン叱咤川面揺れ
放浪
弛まないボートレースのピッチかな
方寸
競漕や忌日とありて黒リボン
声も手も上体も揃いボートレース
豊田すばる
競漕や水面ぐんぐん割りしぶく
赤きレガッタ過ぎぬ追憶の橋
房菓
競漕や固く結びし握飯
望月ゆう
競漕や比良の風波中止告げ
北摂美美
ボートレース神も女神も高感度
北川蒼鴉
ボートレース遠き日もっこ背負ひの浜
北藤詩旦
ボートレースのカーブ美しき曲線
睦月くらげ
比叡より風の声ありボートレース
麻呂助
息詰めてボートレースの下検分
万喜ミツル
ボートレース鼓動追ひ越すオールかな
慢鱚
ボートレースオールのリズムコンサート
妙光@木の芽
ボートレース影幾重幾重にひとつ
眠井遠雷
競漕の川の字長く遡上せり
明惟久里
競漕の歓声(こえ)遠き朝志賀のうみ
明石焼穴子
風琴のポルカのリズムやボートレース
明爽
競漕のマッチョ八人舵手一人
妄 児
ボートレース漕ぎ手軽やかト長調
網代
レガッタのコックスの声置き去りに
網野れいこ
レガッタの漕がぬコックス汗淋漓
木人
運搬車に積まれレガッタ帰路につく
木染の窓
競漕や互いの顔に水飛沫
紋舞蘭
青春は疾しボートレースの白線
門前町光乃
レガッタの櫂一斉にタクトのごと
野の花 誉茂子
我は歯車汝も歯車ボートレース
野井みこ
コックスのボートレースに負けて声
野地垂木
競漕や教え子たちの同窓会
野辺よし女
声援と谺置き去り競漕す
野々原ラピ
ボートレースや沖合いに島組対抗
薮久美子
競漕や不意に聞こゆる父の聲
由づる
ウフィッツの窓に映さるるレガッタ
由空
レガッタの漕ぎ手に君の面映す
遊子@花芭蕉句会
轟音と水飛沫かなボートレース
余熱
ボートレース終り負け組オールに鴎二羽
与六
レガッタの橋上響く応援歌
葉るみ
土手すべりつつ児らの追ふ夫のレガッタ
葉子 A
凪の朝水面荒らしてボートレース
遥風
老樹の梢ゆらす掛け声ボートレース
遥明
ボートレース最後尾には風やさし
陽気姫
競艇の華やぐ裏の無一文
羅蒐
夕さりの湖を捉え行くボートレース
羅馬巴里
ボートレースマッハのごとく海を飛ぶ
羅風音
レガッタに積み込む絆の動力源
雷紋
ボートレース擬宝珠のごとき応援者
藍時 湘
ボートレース身ひとつで見る大時計
蘭丸結動
風を得て水切るボートレースかな
利平
この川で編まれしボートレース模様
離松
ボートレース波クレシェンド隅田川
立石神流
レガッタや校歌を艫に引き具して
立歩
ボートレース勝者の帰る檀ノ浦
流士
ボートレースドローンは撮す人生を
琉璃
兵の往き来し湖を競漕会
隆松
隅田川子規も見しかとボートレース
林 和寿
競漕や澄ました祖父の奥歯鳴る
林知智
ボートレース飛行機雲と並走す
瑠璃茉莉
ボートレース機械の如く進み行く
麗し
わこうどの乱れぬ腕やボートレース
蓮花麻耶
レガッタや敗れし櫂の虚ろなる
老人日記
競漕や跳ねては還れ水飛沫
和よ
ボートレースとぎれとぎれの雲の列
和光
競漕やそびらのうねり胸ボタン
和泉穣
白波を束ねてボートレースかな
丼上秋葵
揺れ動くボートレースと逆さ富士
咏芽
初漕ぎのボートレースの過呼吸ぞ
國本秀山
ボートレース直線距離をまっしぐら
戌の箸置
川岸に母の応援ボートレース
朶美子
ボートレースアップルパイにかぶり付く
櫻庭詩想
競漕の尺取るごとく隅田川
洒落神戸
月の夜のボートレースが狂おしい
涅槃girl
レガッタの王者突き上ぐ太き腕
淺野紫桜
競漕の掛け声遠い昼下がり
獺八(うそはち)
渦巻はボ-トレ-スの力波
眞熊
ボートレース加速してゆく青春よ
眞紅
高架橋ボートレースの佳境かな
祺埜 箕來
手も足も声も連動ボートレース
笙女
告白はコックスの声ボートレース
筬葉
ボートレース揃いのシャツの線青し
籠居子
ボート漕ぐ女子の体のうつくしき
綉綉
久闊やレガッタ見むと隅田川
聰子
始まれば終わっているよボートレース
脩斎@105さい
後悔を蹴って歓喜のボートレース
脩平
本選のボートレースやホーン鳴る
萬太郎
ダム湖静かボートレースの水尾(みお)四本
蓼蟲
ボートレース漕ぎ出せる瞬間の吼
蘂六
ボートレースや歓声と水しぶき
藪内椿
水面にビル明かりボートレース果つ
靫草子

ページの先頭