俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 春暖

第239回 2020年3月5日週の兼題

春暖

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句

よしあきくん一期一会の一句!

 「いで湯と城と文学のまち・松山」を応援するのが、それがしの務め。本サイトを応援することも我が喜びにござる。そして、我が座右の銘は「一期一会」。我が心に怒濤の感動を呼び起こす一期一会の一句、今週もドドドーン!とご紹介いたしますぞ!
 以下、●が皆さんからの投稿。○が拙者のコメントでござる。

◆よしあきベストセレクション
第10位
春暖やコロナウイルス上の空 仲七
春暖や治まり祈るコロナ風邪 お調子亭ノリ太郎
春暖やいま挨拶はコロナの禍 近藤ちひろ
●挨拶の始めとして、春暖ですよね・・・しかし、今年は、コロナウイルスが話題に!!その禍の被害が、日々の挨拶になっている。/近藤ちひろ
○仲七殿、お調子亭ノリ太郎殿、近藤ちひろ殿、よしあきくんでございまする。感染の広がりは拙者も、心を痛めているところでございまする。お城もさまざまの規制がでておりまする。グスン。

春暖やコロナ禍忘れ女子会す 藤原訓子
春暖や旅を邪魔するコロナ菌 弥生乙女
●私の誕生日が3月12日なのですが、主人と旅行を計画していましたが、コロナウイルスの拡散で自粛することにした思いを詠みました。/弥生乙女
○藤原訓子殿、弥生乙女殿、さようでございまするか。自粛が大事でございまする。拙者も自粛中でございまする。

春暖やコロナ恐怖の異変あり 春爺
春暖や硬貨を洗いコロナ除菌 中山白蘭
春暖マスクのしたのコロナかな ひよとり
●[歴史的緊急事態]とわけのわからぬ 言葉を並べあおるコロナの蔓延。 マスクノ下で収まれば万歳かな。/ひよとり
○春爺殿、中山白蘭殿、ひよとり殿、コロナ殿には一刻も早くご退散いただきたいのでございまする。拙者もそのために自粛中でございまする。

春暖やウイルス菌よさようなら 三水(さんすい)
春暖やとめどコロナの終わりかな 博さん
●こんにちは、私は今地方でビーチボールと言うニュースポーツのクラブチームの会長をしていますが、この3月で任期が終わると言うのに、最後の試練か、コロナ渦に翻弄されています。インフルエンザの様に暖かくなって終息してくれればとの思いで、この句を作りました。/博さん
○三水殿、博さん殿、さようでございまするな。コロナ殿に明るくお別れをしたいものでございまする。

春暖が疫病の精抑え込む 凛
春暖にパンデミックも収束す 一碁一会
○凛殿、一碁一会殿、拙者も祈っておりまする。コロナ殿、みなさまの願いを聞き届けていただきたいのでございまする。

第9位
花粉症春暖だけどハックション 秋桜
春暖の花粉多すぎハックション ふじこ
花よりも鼻かむが先春暖は まこ
●花粉症になってからは、まず鼻や目などが反応して春を感じます。 悲しいです・・・。/まこ
○秋桜殿、ふじこ殿、まこ殿、さようでございまするな。今年は、花粉症殿も静かにしていただきたいのでございまするな。

春暖やのらりくらりと花の咲く 千波
○千波殿、今年の花殿は、ほんとうにゆっくりゆっくりでございまするな。

春暖やソックス代わり靴すなり アオキシゲル
○アオキシゲル殿、春暖殿とご一緒にソックス殿も変わられるのでございまするな。

第8位
春暖やグルグルグルル腹の音 いたまきし
○いたまきし殿、さようでございまするか。春暖殿にもお腹の音でございまするか。拙者は、お腹殿がすいたときに鳴ってしまうのでございまする。

春暖やサイクリングでルルルルル からすちゃん
○からすちゃん殿、サイクリングは楽しいのでございまする。拙者は、クルクルクルでございまするが。

春暖や庭の虫たち顔チョロリ 位子
○位子殿、さようでございまするな。今は、虫殿も顔を出すのでございまするな。

春暖や肩はスッキリ手はツルリ 久鍋得利子
○久鍋得利子殿、それは嬉しいのでございまする。肩こりも無く、手もツルツルでございまするか。拙者の手は、グローブ殿のように丈夫でございまする。

春暖や母の最期はホーホケキョ 流鏑馬
●何もいいことが無かった母の人生。最期は緩和ケアで過ごした日々。その時だけは微笑んで・・・/流鏑馬
○流鏑馬殿、さようでございまするか。母上殿も笑顔でございましたか。天国でもきっと笑顔でございまするな。

第7位
春暖ぶっ飛ぶ温度地球病む 桜木レイ
●春暖かくなったというより最近は夏のような温度になります。温暖化でしょうか/桜木レイ
○桜木レイ殿、地球殿も温かいのがお好きなのでございまするな。でも、ときどきは春暖殿を思い出していただきたいのでございまする。

春暖も北半分で南は秋 羅蒐
●「春になって暖かくなってきた」とは言うものの、それは地球上では北半球だけのこと。南半球は秋。段々と寒くなっていく。北と南で全く逆のことが起きている訳です。 にも関わらず、北半球に住む自分は春になり段々と暖かくなっていくことが、何だか世界全体が暖かくなっていく様な感覚に陥りがちで…。 しかし、所変われば、様々な事柄が変わる訳です。 季節、自然、常識、人間…。時折、そういう事を意識してみるのも良いのではないか、思うのです。/羅蒐
○羅蒐殿、さようでございまするな。地球殿の南殿は、寒くなるのでございまするな。地球殿は広いのでございまするな。

第6位
カフエの娘に春暖の恋老いが秘事 ブービー
●カフェと小文字にすべきかわかりません。娘はこです。/ブービー
○ブービー殿、それはうらやましいのでございまする。カフェも春暖殿に包まれるのでございまするな。拙者もカフェにうかがいたいのでございまする。

春暖し好きとも言えず恋思う ほうすい
●フフフ昔を思いました。/ほうすい
○ほうすい殿、さようでございまするな。思い出すと春暖殿のように、温かいのでございまするな。

心臓と心臓の間の春暖や toron*
●抱き合うとあたたかいので…。/toron*
○toron*殿、こちらも、なんだか、うらやましいのでございまする。拙者は1人の心臓でございまする。

花嫁と一家春暖フォトグラフ 井原靖
○井原靖殿、こちらも、うらやましいのでございまする。拙者も、そんなことになってみたいのでございまする。グスン。

春暖や入れ歯入れればイイ女 筋トレ俳人
○筋トレ俳人殿、入れ歯殿でございまするか。さようでございまするか。入れ歯殿を入れるのでございまするか。さようでございまするか。

春暖の培養液にあなたの眼 GONZA
○GONZA殿、ひょえー、こわいこわいこわいのでございまする。拙者は、結構でございまする。ひょえー、ひょえー。

第5位
春暖の初デート枝から枝へ 藪内椿
●散歩中に鶯の声を耳にして声のする方向に目をやると、ひとつがいの鶯が谷渡りを楽しんでいた様子を俳句にしました。/藪内椿
○藪内椿殿、鶯殿でございまするな。初デートはうらやましいのでございまする。拙者も鶯殿とご一緒したいのでございまする。枝にはとまれないのでございまするが。

春暖のベンチ混み合い鳩も来る 朱海
○朱海殿、公園殿でございまするな。公園殿のベンチ殿は混み合うのでございまするな。今は、三密ご用心でございまする。鳩殿もご用心くださいませ。

春暖雌受け取るや雄の餌 花おうち
○花おうち殿、こちらも中むつましいのでございまするな。拙者も、中むつましい殿がうらやましいのでございまする。

春暖に白球追うも無観客 松山女
○松山女殿、さようでございまするな。せっかくの球場もお客様がおいでにならないと士気が上がらないのでございまするな。フレーフレー。

春暖は8時間庭仕事 丘 るみこ
●暖かくて庭仕事が楽しく、お茶しながら、一日中外にいる。/丘 るみこ
○丘 るみこ殿、お庭で過ごすのはいいのでございまする。拙者もお城山で過ごすのが幸せなのでございまする。

第4位
春暖や飛びては響く黒い筒 にしきのおびむすび
●春が近づき、卒業の季節となりました。最近は、コロナウイルスの猛威もあり、卒業式ができなかった学校もあったと思います。その中でも、私のいとこは、無事卒業式を迎えることができました。その中でも、私が目にとめたのは、卒業証書を入れる黒い筒です。いとこの卒業を祝うパーティーをするということで、いとこを待っているとき、外を歩く卒業生たちが、卒業証書が入った筒を投げたりしながら帰っている姿がありました。学校生活の思い出が詰まった黒い筒、それを投げながら遊ぶ姿と、春の暖かさ…なんだか心も温まった気がします。/にしきのおびむすび
○にしきのおびむすび殿、さようでございまするな。近頃の情勢では、卒業式も縮小なのでございまするな。早く、安心な世の中になることを願っているのでございまする。

卒園式吾と母と春暖 藤田由美子
●新型コロナウィルス流行で、卒園式は、心配です。みんな頑張れ。/藤田由美子
○藤田由美子殿、卒園式も縮小でございまするな。お子様たちの健やかな成長を願うばかりでございまする。

春暖に虫二十四節気より早く 秋色あじさい
○秋色あじさい殿、虫殿もお待ちかねでございまするか。虫殿がお元気でお出ましになるのをお待ち申し上げまする。

春暖の蜜に舞い降り蜂景色 桔梗松山
○桔梗松山殿、蜂殿もお元気でございまするか。蜂殿が花々殿の間を飛行されるのを楽しみにしておりまする。

春暖で川辺の柳猫になり 山 叶
○山 叶殿、栁殿が猫殿でございまするか。それはたいへんでございまする。ひょっとすると、猫柳殿でございまするか。

第3位
高くなれ春暖の日低体温 大根の煮たの
●低体温で体調がいまいちですが日がが高くなってきました。私も上がりたい。/大根の煮たの
○大根の煮たの殿、それはたいへんでございまする。低体温が、日に日に上がってゆくことをお祈り申し上げまする。

春暖もプレバトビデオ見て過ごし 蒼香
●暖かな良い季節、休日も新型コロナウイルスの影響で外出もままならず、プレバトのビデオを見て 俳句の勉強をしている昨今です。/蒼香
○蒼香殿、さようでございまするか。拙者も、プレバト!!を見て、粉骨砕身努めるのでございまする。

春暖の御座候の甘さかな ミセウ愛
●御座候(ござそうろう)とは兵庫県姫路市にある御座候という会社の商品。(岡山、広島にもあります。愛媛には無い?)一般的には大判焼、今川焼というのだと思いますが。実演販売で皮が薄くて餡たっぷり。我が家は赤餡(小豆)派。友人はあっさり白餡(てぼう豆)派。一個95円というお手軽さもあり、ちょくちょく購入します。/ミセウ愛
○ミセウ愛殿、御座候殿でございまするか。おいしそうでございまする。拙者もいただきたいのでございまする。パクパクモグモグ。

春暖や肌が潤い取り戻す 新谷ノル
○新谷ノル殿、さようでございまするな。春暖殿とご一緒に、心もお肌も潤いを取り戻したいものでございまする。

春暖かな20㎝の尻尾 何事もチャレンジャー
●尻尾の様な生地がついた子供服を見て大の大人がその尻尾に触りたくなるという衝動に駆られた暖かな句(のはず)です。/何事もチャレンジャー
○何事もチャレンジャー殿、尻尾殿でございまするな。20cmは長いのでございまする。拙者には尻尾殿はございませぬが、尻尾殿は楽しそうでございまする。

第2位
春暖や階段は二段飛ばしで 天水郷
○天水郷殿、それはうらやましいのでございまする。拙者は、とても二段飛ばしは無理でございまする。しかし、少しずつ、ガンバって見たいのでございまする。

春暖に肉づけられし肢体かな 次郎の飼い主
●人物デッサンの練習をしていて浮かびました。冬場はそこそこ暖房が入っていないと、手が冷え切って、クロッキーをするのも大変ですが、春になると描きたい欲がグッと強くなります。競馬以外で春を感じるのはそんな時ですね(笑)。/次郎の飼い主
○次郎の飼い主殿、さようでございまするか。春暖殿とご一緒に肢体殿も、グングンでございまするか。拙者の体は、もともとグングンでございまする。

第1位
ねこちゃんもかばにも春の暖く ゆうら(3さい)
○ゆうら(3さい)殿、さようでございまするな。ねこちゃん殿も、かば殿も、みなさまも、春暖殿とご一緒したい、この頃でございまするな。

◆掲示板

●新しい投句・投稿システムについてのお願い
 投句・投稿フォームが新しくなっています。投句数の増加に伴って、仕分け作業に多くの時間を要します。以下の事項を守って投句投稿して下さると、組長の負担が大きく減ります。ご協力よろしくお願いします。

①俳句の欄には俳句のみ記入して下さい。一つの欄に一句を厳守。

②「俳句に対するコメント」の欄は記入する必要はありません。(特に気になることがあれば記入していただいても結構です。)

③「ギャ句」「聞き倣し季語」は俳句欄に記入して下さい。ギャ句の原句は「俳句に対するコメント」の欄に必ず記入して下さい。

④「兼題季語についての質問・考察・情報(火曜日「俳句道場」)」は、火曜日「俳句道場」への投稿です。

⑤「『俳句ポスト365』への感想・質問・要望・俳号の変更・各地の吟行情報など」「組長&ハイポニストたちへのお便り・近況報告など」はそれぞれ水曜日への投稿です。内容に合った欄に書き込んで下さい。

◆「ギャ句」に挑戦!
 古今東西の名句を1音変えてみると、愕然と意味が変わる?!「最小の音変換による最大の意味変換」を狙う知的遊びであります。

毛馬堤春暖のたりのたりかな 網代
●(元句) 春の海ひねもすのたりのたりかな これは、ギャグ句にはなりませんか。/網代
○網代くん、いやどうもどうもどうだです。そうじゃのう。まあ、上に書いてあることをよく読んでもらいたい。そういうことじゃ、うほん。

あたたかに鳴る屁の朝の日和かな 万斛
●原句 あたたかになるへき朝の日和かな 正岡子規 解釈 屁がなった。臭い。朝から、茹で卵のような、かったるい日和であることだ。/万斛
あたたかきカエルの脚を掴み抜く 万斛
●原句 あたたかき案山子の脚を掴み抜く 鷹羽狩行 解釈 うわあ、残酷。/万斛
○万斛くん、まあ、そんな朝もアルじゃロウ。身から出た錆、いや、屁じゃ。カエルなどには当たらんほうがよろしい、うほん。

昨日今日暖かければ嘘を搗く トマト使いめりるりら
●ギャ句でトマト。元句は「昨日今日暖かければ味噌を搗く/西村きぬこ」 /トマト使いめりるりら
暖かに姉弟帽子のつかみあい トマト使いめりるりら
●ギャ句でトマト。元句は「暖かにしてぼろ紐のつかひやう/夏井いつき」 /トマト使いめりるりら
○トマト使いめりるりらくん、そうじゃのう、嘘つきはなんとかの始まりとか言うからのう。いや、誰のことでもないぞう。帽子のつかみ合いくらいが平和かのう、うほん。

春暖の遺作火災に止まづ舞ひ にゃん
●ギャ句 元句「春暖の思索瑣細に山ずまひ」飯田蛇笏/にゃん
春暖の偽作多彩にアマ上手い にゃん
●ギャ句 元句「春暖の思索瑣細に山ずまひ」飯田蛇笏/にゃん
春暖も在宿のゴキゐたりけり にゃん
●ギャ句 元句「春暖も大熟の時至りけり」相生垣瓜人/にゃん
春暖の逆子のこぶし不意の圧 にゃん
●ギャ句 元句「春暖の赤子のこぶし雨意の松」宇佐美魚目/にゃん
○にゃんくん、うーん、遺作は火事を避けんとのう。偽作は、あまりやり過ぎるとのう。ゴキは仕方がないもんじゃ焼き、うほん。

「ギャ句に挑戦!」思はざる大患を得て寸断に ひろ志
●原句は「思はざる大患を経て春暖に/築城百々平」 /ひろ志
○ひろ志くん、それは大変じゃあ内科小児科肛門科。いや、外科か。まあ、気をつけてくれたまえ、うほんごほん。

ギャ句“:あたたかい味噌汁まで在る 吉村よし生
●原句:あたたかい白い飯が在る/種田山頭火 *これで一対/吉村よし生
ギャ句“:鳳尾の字芳菲に隣るあたたかし 吉村よし生
●原句:褒美の字放屁に隣るあたたかし/中原道夫 *国語辞典は楽し!! /吉村よし生
ギャ句“:ぐつたりと田楽ぬくし春の星 吉村よし生
●原句:ぐつたりと鯛焼ぬくし春の星/西東三鬼 /吉村よし生
ギャ句“:休め!他に風邪うつすなよ暖かさ 吉村よし生
●原句:休め田に星うつる夜の暖かさ/尾崎放哉 *新型コロナよ はよ収まってくれい!! /吉村よし生
ギャ句“:暖かにしてポロシャツのつかひやう 吉村よし生
●原句:暖かにしてぼろ紐のつかひやう/夏井いつき /吉村よし生
ギャ句“:暖かや芯は﨟たけ造り花 吉村よし生
●原句:暖かや蕊に蝋塗る造り花/芥川龍之介 /吉村よし生
ギャ句“:アサヒより猶あたゝかきキリンかな 吉村よし生
●原句:朝日より猶あたゝかき入日かな/正岡子規 *ビールはアサヒにキリンにサッポロも /吉村よし生
ギャ句“:ごしゃごしゃと降る雪ぞらの暖かさ 吉村よし生
●原句:ごみごみと降る雪ぞらの暖かさ/宮沢賢治 *牡丹雪がごしゃごしゃ振る日は暖かい(雪国人の実感) /吉村よし生
○吉村よし生くん、おお、ガンバったじゃあ内科小児科肛門科。うんまあ、飯には味噌汁じゃ。そうそう、人にうつすのはイカンガー。そうじゃ、ワシはビールは、アサヒ・キリン・サッポロ・エビス・オリオンなんでもじゃ。今は、コロナも飲んでしまわんとのう、うほん。

春暖の朝餉の昆布茶雨意の松 根本葉音
●ギャ句です。元句「春暖の赤子のこぶし雨意の松/宇佐美魚目」/根本葉音
春暖く茶のけむりたつ朝餉かな 根本葉音
●ギャ句です。元句「春暖く茶のけむりたつあらきかな/飯田蛇笏」わりとフツ~の句でした。/根本葉音
春暖の退職の時至りけり 根本葉音
●ギャ句です。元句「春暖も大熟の時至りけり/相生垣瓜人」/根本葉音
春暖の食後のテラス菓子まだ?ちっ! 根本葉音
●ギャ句です。元句「春暖の燭餉をてらすかしまたち/飯田蛇笏」春暖の食後のテラスで、デザートの菓子を催促しても、なかなか出てこないので怒って舌打ちをしているところ。/根本葉音
○根本葉音くん、まあ、そうかそうか草加せんべい。そんなに怒ることはない。こんな時じゃから、怒るよりもニッコリじゃ。退職もゆっくりとのう、うほん。

春暖く罵り鍬・斧放りけり 山香ばし
●ギャ句 元句は「春暖く野の禽桑を上がりけり/飯田蛇笏」/山香ばし
春暖の諸公家を照らす年増たち 山香ばし
●ギャ句 元句は「春暖の燭餉をてらすかしまたち/飯田蛇笏」/山香ばし
春暖くホッケにあらぬ寿司のピーク 山香ばし
●ギャ句 元句は「春暖く佛にあらぬ龕の比丘/飯田蛇笏」/山香ばし
春暖く茶の毛反り立つあっ!ラッキーかな 山香ばし
●ギャ句 元句は「春暖く茶のけむりたつあらきかな/飯田蛇笏」/山香ばし
○山香ばしくん、おお、ガンバったじゃあ内科小児科肛門科。しかし、なんじゃのう、ワシの髪の毛は茶髪ではないが、反り立っておるぞ。まあ、少しじゃが、うほん。

縁談も大熟の時至りけり 山内彩月
●ギャ句です。元句「春暖も大熟の時至りけり/相生垣瓜人」   観念しました。 /山内彩月
春暖の燭蹴散らかすかまいたち 山内彩月
●ギャ句です。元句「春暖の燭餉をてらすかしまたち/飯田蛇笏」  突風が吹きこみました。 /山内彩月
○山内彩月くん、なんじゃなんじゃなんじゃもんじゃの木。諦めることはなーい。蝋燭を蹴散らすこともなーい、まあ、ひとつ、よろしく哀愁!うほん。

あたゝかやでんがくあぶるとうふく寺 星埜黴円
●元句: あたゝかやてんがくあぶるとうふく寺  徳元/星埜黴円
暖かや背の子の股間垂れながし 星埜黴円
●元句: 暖かや背の子の言葉聞きながし  中村汀女/星埜黴円
樅よ欅よ茂吉のまたはあたたかし 星埜黴円
●元句: 樅よ欅よ茂吉のうたはあたたかし  大野せいあ/星埜黴円
庭にゐる父の股間のあたたかし 星埜黴円
●元句: 庭にゐる父の背中のあたたかし  富山妙子/星埜黴円
春ちゃんも早熟の時至りけり 星埜黴円
●元句: 春暖も大熟の時至りけり  相生垣瓜人/星埜黴円
嫁いびりする母見えてあたたかし 星埜黴円
●元句: 畑いぢりする母見えてあたたかし  宮原双馨/星埜黴円
暖かや真に象降る造り話 星埜黴円
●元句: 暖かや芯に蝋塗る造り花  芥川龍之介/星埜黴円
瞬断の半熟の時至りけり 星埜黴円
●元句: 春暖も大熟の時至りけり  相生垣瓜人/星埜黴円
春暖の名画の女芋を抱く 星埜黴円
●元句: 春暖炉名画の女犬を抱く  富安風生/ これは、オリジナル句の季語が違いますね・・・。/星埜黴円
春暖の炎必要なかりけり 星埜黴円
●元句: 春暖炉炎錯乱なかりけり  茂恵一郎/ これは、オリジナル句の季語が違いますね・・・。/星埜黴円
ケンシロウ民を守りてあたたたた 星埜黴円
●元句: 天邪鬼寺を守りてあたたかし  酒井京/星埜黴円
この禿はあたたたたたたギュウキかな 星埜黴円
●元句: この雨はあたたかならん日次かな  其角/ ケンシロウ「さあ来い、ハゲ」/星埜黴円
あたたたになるやひでぶのほつぺたは 星埜黴円
●元句: あたたかになるや椿のほつたほた  調竹/ 例句に春暖がほとんどないのは、どうしたものだろう? ギャ句゛として成立しないような気がします。しかたないので、「暖か」の句も用いてしまいました。 しかし、あたたか、と聞いただけで、北斗の拳が頭から離れません。どのあたたかの句をみても、あたたたにしか思えない。というわけで、「あたたか北斗の拳」シリーズがたくさん出来てしまいました。/星埜黴円
あたたたといふそれだけでおまえはすでに死んでいる 星埜黴円
●元句: 暖かといふそれだけで足ひをり  能村登四郎/星埜黴円
○星埜黴円くん、いやあよーくガンバったじゃあ内科小児科肛門科。おまけにリューマチ科。・・・と思ったら、なんじゃなんじゃなんじゃもんじゃの木。「暖か」じゃあ内科小児科肛門科。ほんとに、リューマチ科。おまけに、禿じゃと。けしからん!春ちゃんを連れて、謝りに来なさい!うほんげほん。

春暖や退塾の時至りけり 西村小市
●ギャ句゛@原句は《春暖も大熟の時至りけり/相生垣瓜人》/西村小市
医師に背を愛されてゐてあたたかし 西村小市
●ギャ句゛@原句は《椅子に背を愛されてゐてあたたかし/林翔》/西村小市
石切りの筋引いている暖かさ 西村小市
●ギャ句゛@原句は《石蹴りの筋引いてやる暖かさ/臼田亜浪》/西村小市
葛飾に野の花の香の暖かし 西村小市
●ギャ句゛@原句は《いつしかに野の花の香の暖かし/阿部みどり女》/西村小市
○西村小市くん、おお、なんとなんと南都銀行。なかなかのもんじゃ焼き。よろしいよろしい、いや、なんとも基本に忠実なギャ句をいただくとホッとするのう。ひとつ、その調子で、よろしく哀愁!うほん。

(ギャ句)あたたかな白壁うつす水面かな 東京極遊山人
●(元句)あたたかな白壁ならぶ入江かな 子規/東京極遊山人
(ギャ句)あたたかな白焼ならぶ鰻店 東京極遊山人
●(元句)あたたかな白壁ならぶ入江かな 子規/東京極遊山人
(ギャ句)暖かき餡の中からあんみつ姫 東京極遊山人
●(元句)暖かき飴の中から桃太郎 川端茅舎          /東京極遊山人
(ギャ句)暖かき竹の子煮からかぐや姫 東京極遊山人
●(元句)暖かき飴の中から桃太郎 川端茅舎/東京極遊山人
(ギャ句)あたたかき光ふるなり花粉症 東京極遊山人
●(元句)あたたかき雨がふるなり枯葎 子規  暖かくなると花粉症に悩まされます。/東京極遊山人
あたたかき火の粉ふるなり二月堂 東京極遊山人
●(元句)あたたかな雨がふるなり枯葎 子規   奈良二月堂のお水取り。/東京極遊山人
○東京極遊山人くん、いやどうもどうもどうだです。よくガンバっていただいたのじゃが、このギャ句コーナーの始めに書いてあることを読んでもらいたいもんじゃ焼き。「最小の文字変換で最大の意味変換」というところがミソじゃ。そんなことで、ひとつ、よろしく哀愁!うほんごほほーん。

◆今週の「聞き做し季語」?!
 兼題の季語が、耳にどう聞こえるか?……というクダラナイ試み。

「聞き做し季語」フォンダン 竹織
●ケーキやチョコレートなどを飾る砂糖衣。なんとなく春っぽいかも。/竹織
○竹織くん、まあ、そうじゃのう、確かに春っぽいのかのう。ワシには、フォンダン(判断)出来んのう、うほんごほごほ。

死んだん?、集団、銃弾、瞬断、絨毯、(お出汁のよう)しゅんだん、(立川)談春、dancing... 洒落神戸
●聞き做し季語です。お久しぶ~り~ね~♪ /洒落神戸
○洒落神戸くん、おお、久しぶりか、そうかそうか草加せんべい。この頃は、食べるものもテキトーにダイエットの噂があるが。ま、ひとつ、よろしく哀愁!あ、死んではおらんうーたん。うほん。

中段・集団・瞬断・摘んだ・ずんだ・蠢動・手段 さとう菓子
●「聞き做し季語」/さとう菓子
○さとう菓子くん、おお、よろしいよろしい。摘んだ、は好きじゃが、出来れば関西風に「摘んだん?」がいいのう。うほん。

「聞き倣し季語」瞬断 手段 集団 冗談 ひろ志
○ひろ志くん、いや、今週もみなさんにご苦労をかけたようじゃ。まあ、そんなことも有ろうかのう、よろしくのう、うほん。

瞬電、瞬間、絨毯、集団、循環、ミュンヘン、シュンちゃん。 星埜黴円
●聞き做し季語です。/星埜黴円
○星埜黴円くん、いやあ、シュンちゃんはお元気か。しばらく会ってないからのう。シュンちゃんを連れてきなさい、うほんごほん。

◆今週の「なんちゃって回文」

モンタンゆ沁みいでて異味春暖も ウロ
●回文俳句です。 もんたんゆ しみいでていみ しゅんだんも / シャンソンの流れているここの珈琲は春暖をもモンマルトル風に変質させる。/ モンタン:イヴ・モンタン。シャンソン歌手。 /ウロ
震旦揺し球菌球鬼春暖市 ウロ
●回文俳句です。 しんたんゆし きうきんきうき しゆんだんし / 震旦(しんたん):中国のこと。梵語由来のことば。日本の異名は「扶桑(ふそう)」。/ 春暖の街は中国全体を震撼させる新型コロナウイルス球菌のはびこる巣窟と化している。 /ウロ
○ウロくん、いやあ、ご苦労をかけたようじゃ。どうもどうもどーもくん。モンタンか、枯葉じゃのう。春じゃが。懐かしいのう。それにしても、世界が心配じゃ。いや、心配じゃのう、うほん。

芝春暖歓談愉しばし さとう菓子
●「なんちゃって回文」しばしゆんだんかんだんゆしばし/さとう菓子
○さとう菓子くん、よろしいよろしい。芝の蕎麦屋にでも行きたいもんじゃ焼き。うほんごほん。

和紙の春暖だんだん油紙の皺 遠音
●回文俳句。わしのしゅんだんだんだんゆしのしわ/ほら、見てこの手紙、もこもこっとしてる!なにこの紙、面白いわぁ。え、和紙?ふぅん、もう、作られてないのよね?ダンゼツのキューヒャクネン前のヤツね?なんか春みたいね、このてざわり。え?面白いこと言うって?だって、そう思ったんだもの。春は、ひやっとしなくて、ほこほこで、でこぼこしてるのよ。霜柱の抜けた庭みたいに、この和紙もぼこぼこしてて、あったかい。濡らしたら、どうなるかなぁ。え?濡れない紙もあるの?ユシ?へえ、雨ガッパの紙?なにそれ、おままごとみたい!着てみたいっ。着たら一発でシワシワかなぁ、うふふ。え、もともと折り目が付いてる?じゃあ、着れば着るほどシワシワおばけになっちゃうねぇ、うふふふふ。/遠音
○遠音くん、おお、いいじゃあ内科小児科肛門科。そういえば、油紙を見ることも少のうなったもんじゃ焼き。まあ、ひとつ、よろしく哀愁!うほん。

春暖が過ぎてもできず元旦ゆーし 山内彩月
●ひさかたのなんちゃって回文です。「しゅんだんがすぎてもできずがんたんゆし」    「春暖の句が出来ない。もう元旦だってゆーし。」手強かったです(^_^;)/山内彩月
○山内彩月くん、そうかそうか草加せんべい。いや、ご苦労をかけたようじゃ。しかし、面白いじゃあ内科小児科肛門科。まあ、瓢箪から駒、元旦から回文じゃ、うほほん。

溜まり場や春暖断湯しやはりまた 星埜黴円
●回文です。難しかったです。 たまりばやしゆんだんだんゆしやはりまた/星埜黴円
○星埜黴円くん、おお、キミにもご苦労をかけたようじゃ。よろしいよろしい。まあ、今は溜まり場には、なかなか出かけられんからのう。よろしく哀愁!うほんげほん。

彼の名春暖か多々ある花の香 西川由野
●回文です「かのなはるあたたかたたあるはなのか」 /西川由野
風間春暖段々湯島坂 西川由野
●回文です「かざましゆんだんだんだんゆしまざか」 /西川由野
○西川由野くん、お、これは、なかなかのもんじゃ焼き。苦労の甲斐がアルじゃロウ。回文は楽しいのう。みなさん、こんな時期じゃ、家で回文にハゲみましょう、うほん。

 

※『俳句ポスト365』の文字が小さすぎる?
 この問題に関しては「それぞれのパソコンの個性によって見え方が違ってくるので、統一して同じ大きさにするのが難しい」のだそうです。次の方法でひとまず対処して下さい。
 「CTRL(コントロール)」のキーを押さえておいて「+(プラス)」のキーを押すと、自動的に文字が拡大されます。同じ方法で「-(マイナス)」のキーを押すと小さくなります。一度この方法を試してみて下さい。

よしあきくん

ページの先頭