俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 姫女苑

第240回 2020年3月19日週の兼題

姫女苑

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句

今週のお便り&俳句道場

■今週のお便り(●が皆さんからの投稿、○が正人&夏井コメント)

●新しい投句・投稿システムについてのお願い
 投句・投稿フォームが新しくなっています。投句数の増加に伴って、仕分け作業に多くの時間を要します。以下の事項を守って投句投稿して下さると、組長の負担が大きく減ります。ご協力よろしくお願いします。

①俳句の欄には俳句のみ記入して下さい。一つの欄に一句を厳守。

②「俳句に対するコメント」の欄は記入する必要はありません。(特に気になることがあれば記入していただいても結構です。)

③「ギャ句」「聞き倣し季語」は俳句欄に記入して下さい。ギャ句の原句は「俳句に対するコメント」の欄に必ず記入して下さい。

④「兼題季語についての質問・考察・情報(火曜日「俳句道場」)」は、火曜日「俳句道場」への投稿です。

⑤「『俳句ポスト365』への感想・質問・要望・俳号の変更・各地の吟行情報など」「組長&ハイポニストたちへのお便り・近況報告など」はそれぞれ水曜日への投稿です。内容に合った欄に書き込んで下さい。

◆『俳句ポスト365』へのご感想、ご要望、ご質問
●初投句です。⑦パパさんとDr.でぶさんに影響を受け俳句を始めた、父(研知句詩)と母(季切少楽)に巻き込まれて投句することになりました。よろしくお願いします。/季音句歩
●夏井先生の本を読んで、初めて俳句を詠んでみました。 そして初投稿してみました。よろしくお願いします。/野本 踊
●俳句ポストへ始めて投句します。 俳句を始めて約1年、一句一遊に何とか投句できるようになってきました。今年は365への投句もボチボチ頑張りますのでよろしくお願いしま?す。 /シュロバッタ
●初めての投句です、宜しくお願いいたします。/すず女
● 初めての投句です。 よろしくお願い致します。/つたこ
●初めての投句で感想などはありません。/雅山
●夏井先生の本を読んで、この「俳句ポスト365」を知りました。初めての投稿ですが、これからどうぞよろしくお願いします。/岸 来夢
●姫女苑はなぜか郷愁の花です。 初投句よろしくお願い申し上げます。/千聖
●初めて投稿させていただきます。つい最近俳句を作り始めたばかりで、まったくの初心者です。思いきって投稿します。どうぞよろしくお願いします。/近江さなえ
●プレバト!!をずっと観ていただけでしたが、夏井先生の「世界一わかりやすい俳句の授業」を一気に読んで、初めて俳句を詠んでみました。まだまだ勉強不足ですが、言葉の大切さを改めて感じています。/岸 来夢
●夏井いつき先生の世界一わかりやすい 俳句の授業を最近購入しました。 俳句投稿が出来る事を知り、初めて投稿しました。勿論俳句を作るのも初めてですが、 テレビの俳句バトル(TBC)は楽しみに見てます。/樹孝
●初めて投稿いたします。 俳句を始めて約三カ月です。 勉強のためにと思い投稿させていただきました。 脳トレにと始めましたが、学ぶことが多く楽しんでいます。「やがてかなしき鵜舟」にならないように、永く続けていきたいと思っています。 これからもよろしくお願いします。/珍紛漢
●ほんとうについ最近初めてみようかと思い、始めたばかりです。 季語を指定されると、俳句は作り易いですね。 89歳になる母が30年ほど前から俳句をやっており、今でも日々俳句を作っており新聞などで入選して いるのを見ていて、やってみようかなと思いました。 ご指導願います。/吉沢かずみ
●プレバトの俳句査定、夏井先生の毒舌添削をいつも楽しみに観ています。 観てはいましたが、いざ自分で詠むとなるとやはり難しいです。 俳句は小学生時代に、国語の授業で触れただけで、これが初挑戦になります。 未熟者ですが、宜しくお願い致します。/鷹之朋輩
●初めて投稿します レストランの女将をしておりまして、お客様のお品書きに一句添えさせて頂いております。備忘録の為にインスタへアップしていた時に、こちらを知り投稿させて頂きました。 宜しくお願い申し上げます。/0
○はじめまして、ようこそ俳句ポスト365へ!いろんな境遇の方がいらっしゃいますが、女将さんは珍しい!?お品書きに添えるとは風流ですなあ♪(正人)

●おはようございます。(^_^)/おけら
●いつもどうもありがとうございます!!/まどん
●いつもありがとうございます! 皆様、呉々もお体大切になさって下さい。/いく葉
●「俳句ポスト365」の皆様。こんにちは。どうぞよろしくお願い致します。/松山のとまと
●よろしくお願いいたします/花南天anne
●よろしくお願いいたします。/やまぶき
●毎回勉強になります/やまやま
●いつも楽しく投句させて頂いております。/真喜王
●今回で3回目の投稿です。だんだん俳句が楽しくなってきました。/真喜王
●今後も継続してください。/風間昭彦
●奥の細道むすびの地、水都大垣から。今回もよろしくお願いします。ぼちぼち本気出します(笑)/Sweet Taxi Driver
●2回目の挑戦です。蕨餅や蒸鰈の結果を見て、なんという世界に足を踏み入れてしまったことかと恐れおののいています。/喜奈子
●お読みいただきありがとうございます。俳句が生活の楽しみになっています!/喜奈子
●テレビで拝見していて、凄いなあと感動することが多いです。選者お勧めの本で勉強しながら作句をしています。/吾亦紅
●プレバトで夏井先生の大ファンです! 先日の「楽しいな俳句」を見て自分も作ってみようと思い立ちました。 よろしくお願いいたします。/庶凡奴
●選者夏井先生へ。LAより投稿しています。こちらにもぜひ講演にいらしてください!/桜日出郎
●今回2度目の投句です。今は「寝る前に読む一句、ニ句。」を読んでます。少しずつ作句を生活の中に取り入れて馴染ませてます。みなさんのアツい投稿、勉強になります。ありがとうございます。/久素木葉子
●毎回、何千という投句に目を通していただき、 ありがとうございます。ほんと頭が下がります。 こんな初心者ですが、末長く続けていきたいと思っていますので、ご指導ご鞭撻のほど、お願いします。/殿さまペンギン
●友達が教えてくれて その友達も 投稿を楽しみにしています。私も 楽しみながら 頑張ってみます。/大嶋日出子
●次郎の飼い主さんにお誘いされ、1年3ヶ月続いております。/亜紗舞那
●知り合いの方々がよく投稿されているみたいなので、私も 挑戦してみたいと思う気持ちが強くなりました。 兼題が中々難しいのですが、そこがまた挑戦したくなります。/紫雲
●夏井先生、スタッフの皆さん、ハイポニストの皆さんこんにちは。 兼題「蟇」から投稿を始めてもうすぐ一年です。俳句が上達している、とは思えないのに一年続いたことに我ながらビックリです。 目標だった「人」にも何度か選んでいただき、励みになっています。二年目は、人選に二句選ばれるように地道にこつこつ、そして楽しみながら俳句の種探しを続けていきたいと思っています。/清白真冬
●いつもお世話になっております。俳句ポストへ投句、2年目に突入です。新しい季語に出会うたびに、自分の世界が広がるような思いです。ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。/平本魚水
○継続は力なり。2年目ともなると走馬灯のように難しかった兼題の数々が思い出されてきますねえ…。(正人)

●何とか投句だけはしました。ただ投句のみですm(__)m/気がつけばカンレキ
●なんともよく分からなくなりました。俳句ではないものを投稿しているようでごめんなさい。/睦月
●俳句の楽しみを味わいつつ、兼題に挑みます。/紀杏里
●落選すると落ち込みますが 色々挑戦した結果でもあるから 直ぐに立ち直りまた挑戦です。 継続は力なりです。/句詩呼
●俳句を始めて3カ月、凡句凡句で、悩んでいますが、色々なことに注意深く見ている自分に、驚いています。落ち込まず、頑張ります。よろしくお願いします。/野口八藤
●時間が余り、ボケないため勉強を始めようと思い立ち、刺激になればと投稿しましたが 難しく大変ですね/きょんきょん
●俳句初心者のため、毎回知らない兼題が多く苦戦していますが、楽しく創作させていただいております。/くるみデニッシュ
●私は、この句がいつき先生が拝見いただくだけで光栄です。 お忙しい中、選句いただきありがとうございます。/くるみデニッシュ
●皆様には感謝あるのみです。昨年末にはじめた俳句で日本人であることも悪くないなって思えるようになりました。わたしは昨年から闘病生活を送っていますので、新型コロナ騒ぎでも生活に大きな変化はありません。私にとっての最近の変化は俳句に親しむようになったことです。/瀬尾白果
●お読みいただきありがとうございます。俳句を始めて今日で1か月です。最初の1週間は深く考えずに楽しいだけで詠んでいましたが、勉強を進めるにつれ悩みが始まっている最近です。/喜奈子
●上手い方の俳句を拝見するのが楽しいです。私は全然うまく詠めませんが、兼題を出されると、何もない所から生み出すよりかなり楽です。このまま続けていけたらいいな、と思います。/玄久
●いつも素敵な兼題ありがとうございます。駆け出しの私には「???」の時もありますが、できるだけ毎月投稿したいと思っています。よろしくお願いいたします。/くるみデニッシュ
●駆け出しの私の句も夏井いつき先生の目に止まると思うとすごくうれしいです。 文語に挑戦すべく、今勉強中です。 だけど、知識にとらわれずに自分らしい句をいつまでも作りたいと思っています。/くるみデニッシュ
●夏井先生 これからも勉強を重ねて、先生に選んで頂けるような句を詠めるように頑張ります。 /ひろの
●やっと歳時記を買いました!精進します。/秋熊
○うまく作れないと悩むのも俳句やってるとよくあること。そんな中で歳時記買ってるのはえらい!歳時記の解説や例句、ものによっては写真なんかも載っていたり、発想のヒントに歳時記は大いに役立ってくれます。(正人)

●手術した耳の経過観察のため、通院を続けていますが…病院が県外のため、電車に乗らなければならず、おまけに行き来しているのが感染者の多いとされているエリア。リスキーな通院でございます。コロナめ…! 兼題「蒸鰈」にて、(今度こそ)「一年間人選」を達成いたしました!正直、「蒸鰈」はあまり自信がなかったので、達成感より安堵が勝っております。 今後の年間目標は「複数人選掲載7割」に設定して、邁進していきたいと思います。/多々良海月
○今度こそおめでとう!!新たな年間目標にむけてレッツラゴー!(正人)

●前回の「春暖」は俳句を作っていたのに、気づいたら投稿時間が過ぎていました。投稿できず残念でした。投稿していないと結果発表の週の楽しみが一つ減ります。/映千
●皆様、この非常事態の折どうぞご安全にとお祈りしています。 ところで2週間前、在宅勤務を命じられた初日のこと。なれない状況に疲労困憊し、「春暖」の回、提出し忘れてしまいました。1年10ヶ月連続提出していたのに。あーあ。また今回からがんばります。/海野しりとり
○痛恨…!まずは今回投句が間に合ったご自分を褒めて次にいこうではありませんか。(正人)

●サイトのトップ画像が春になった♪でも兼題はさらにその先の季節でありました。/裏山小虫
○そして立夏を迎えて現在夏となりました。トップ画像もそのうち変わる…はず。(正人)

●24516さんの代理です。今回の投句人数と投句数を教えて頂けますと幸いです。 姫女苑と春紫苑の違いに悩む毎日。いや俳句的にではなくて、散歩に行っては「これは姫女苑?それとも春紫苑??」と。/洒落神戸
○今回も質問サンキュー!1557名7903句でありました。実は見たことあるけどそんなには意識しない?結果が反映されたかのような数。いやそれでも多いんですが。(正人)

●初投稿の寒椿で二句ともに選ばれなかったと記したら、先生から一句が木曜日にありますよ、教えてくれました。再度確認したら並選に載っておりました。名前が似ていると検索漏れやすいですね。それ以上に、蒸鰈の発表にもありますが、3歳児や6歳児の俳句が選ばれており、その児らよりも俳句力がないことを思い知らされました。/ブービー
○今回も同じような人がきっといるに違いないので書いておきませう。自分の句を見つけられない人は、「ctrl」と「F」を同時に押して開く語句検索機能で自分の俳号を検索!(正人)

●沢山投稿してしまってあいすみません...。/箪笥
●(すみません。仮名遣いに不備があったので、投句し直しました。)/南方日午
●先日「ひめじょおん球音響く河川敷」と言う句を投稿しました。 今になって球音に”響く”は無駄ではないかと思い”球音響く”を他の言葉に置き換えることを考えました。 結果、ひめじょおんを擬人化した今回の方が良いのではないかと思い再度投稿しました。 前回の句を今回のものに置き換えたいというのが真意です。 投稿のルール上この様な行為は許されるのでしょうか? ルール違反であれば、今回の投稿は無視して下さい。 また、この欄この様なことに使ってよいのかどうかもご指導ください。 /薄安(はくあん)
○俳句ポスト365は投句数に制限はないのでどうぞどうぞ。多作多捨ってやつです。仮名遣いの間違いや推敲したものを送り直すのももちろんOK。その際別に断りとか書かなくてもだいたい察せるので問題ありません。ちなみに推敲した結果、推敲の前の方が良かった場合、そちらが選ばれることもあります。「推敲後が受け取られてない!」みたいなわけではないのであしからず!(正人)

●近所の麦畑が、5月終わり頃から収穫時期を迎えます。どうしてもその様子を詠んでみたくて、でも「麦畑」は季語だし、どうしようかと悩みました。試行錯誤するうちに「あ、これならいける」とパズルのピースがぴたりとはまる感じがあって、なんとか形に。俳句というのはこういう楽しみがあるのですね。ことばの宝探しのようでした。/オサカナクッション
○いい句材が身近にあるって素晴らしい♪さて今回兼題「姫女苑」とうまく共存できてるかどうか~(笑)。(正人)

●同じ人の作品なのに、並でも選ばれた句と没の句はどこにあるのか、新たな勉強のテーマとなりました。一ランクアップするには避けられない課題と思いましたので、今回は複数句を投稿します。/ブービー
●まだまだ俳ポ初心者です。月火水と並選まで、全てバックナンバーを順番に読み返していていましたが、「春暖」の例句を探していて俳句ポスト第108回「暖か」を見つけました。今と違うところがあって驚きでした。ウェンズデー正人さんが水曜担当になられた記念回だったんですね。俳句ポストのバックナンバーはもはや宝の山を通り越して大鉱脈です。ダンジョンマップほしい・・・。/わこたんのまま
○大鉱脈とは言い得て妙。選の結果や金曜の選評、火曜の俳句道場など学びの宝の山なのであります。…しかし僕が水曜担当になったの「暖か」からでしたか…もうそんなに経ってるのね…!(正人@驚愕)

●夏井先生。正人さん「深~い沼」より並に引き上げて下さりありがとうございます。「並」選の有り難さを痛感しております。PCの故障が無事に直りました。「春暖」を初スマホで送信いたしましたが届いているといいのですが・・・ 今後ともよろしくお願いいたします。/ときわ露草
●スマホ変えたらメールアドレス間違って入力してました。投句完了メールが届かないので何度も送ってしまいました。ごめんなさい/なすの花
○スマホ投句ご苦労様でございます。このお便りが届いてるということはOKということでありますね。(正人)

●添削の機会を増やしてほしいです。/でんきゅう
○火曜の俳句道場で稀に!(正人)

●暫くぶりにネットのチェックなどしていてショックが2つほど、1つ目は「蕨餅」で初の全没の鉄槌をくらいました「うらうら」から投句して何とか並選までの記録を続けてましたが途切れました、やっちまったなーという気持ちです雑誌で組長から選句して頂いたという嬉しさ倍倍の後だっただけに天国と地獄とはこの事かー、これも叱咤激励と思いがんばります、因みに「蒸鰈」も既に発表なってましたが見るのに勇気要りましたー結果は1句並選で安堵し嬉しかったです、2つ目は俳句王国が行くの俳句募集の期限が5日ほど過ぎていましたが、期限の後に()書きで(*締切延長しました)とあったので、延長したのかい?ラッキー、にしても変な解せない文だと思いNHKに電話確認したら、いっぱい待たされたあげく「今は担当者が居らず、分からないのでメールで問合せして頂ければ、若しくは応募してみても宜しいかと思います、分かりにくい文面で申し訳ありません担当者にこの事は伝えますので」との言葉、早く返事が欲しかったから電話にしたんですけど、仕方無いので電話でのアドバイス通り、1句投句し、メールでの問合せをしてみました、3日後の夜に返信あり、3/16締切だったのが3/23に延長したという意味で募集は終わっているとの返事でした、小まめにチェックをしなかった私が悪いのはジュウジュウ承知の助ですが、気持ちの高揚もあっただけにとても気落ちしてしまいました、前回のお便りに組長から読みにくいとコメント頂きましたので、今回は句点を自分なりに多めにいれてみました/斗三木童
○おおう、俳句王国…そして肝心の収録実施はコロナウィルスによってできていないという…。(正人)

◆我ら並選隊
●一月から俳句を始め、最初の投句麦踏で、初めて「並」を頂き嬉しかったです。 次は、「人」に選ばれるように頑張ります。 /亀田勝則
●蒸鰈ではじめて並選いただきました。 これからも頑張ります。/ひろきち
●蕨餅の回で初投句しました。 並選でしたが嬉しかったです。/マムシ銀行

◆俳号に名字をつけよう♪キャンペーン
●もしかしたらどなたかとかぶっているかもしれないと思い、俳号を「ねこか」から「ねこか花はっか」に変えました。今回すでに一句をねこかで投稿してしまいました。/ねこか花はっか
●毎回、俳号に名字を付けようと思うのですが、どのようにお知らせするか、いつも、迷って、次回次回と先延ばしてしまいます。「夏銀」あらため「アストロ@夏銀河 」にします!よろしくお願いします。次回から、アストロ@夏銀河で投稿します。/夏銀
●俳号を変更しました。 朱海→朱海 祥 です。 今回初めて結果発表をみて、俳号は氏名の方が良い事を理解しました。 よろしくお願いいたします。 /朱海 祥
●「天晴」から「藤井天晴」に変更しました。前回、俳号の変更を近況報告欄に書いてしまったような気がします。申し訳ありませんでした。/藤井天晴
●こんにちは、いつもお世話になりありがとうございます。 俳号の変更です。空を麻衣に変更します。よろしくお願い致します。 /麻衣
● 夏井先生皆様こんにちは 線路の敷石から土筆と杉の子が出ているのを見つけました♪ ハナズオウやしじみそうも咲き始めています この度は、俳号の変更をさせていただきたいと思います 「野山遊子」改め「野山遊」に変更しますのでよろしくお願い致します。    ありがとうございました /野山遊
●遊浮子をあたなごっちに変更させていただきます。 どうも私に遊浮子は重すぎて、かっこつけすぎてる気がしたので、すみません。/あたなごっち
●名字をつけました。/アストロ@夏銀河(夏銀改め)
○『俳句ポスト365』では、「ありそうな俳号をお使いの方は是非とも姓を付けて下さい運動」を展開しています。俳号は、自分の作品を自分のものだと主張する大切な記号。投句者お一人お一人の個性と習熟度を見極めながら、適切なアドバイスができるようにと日々心がけています。以下ご協力の程を。
 ① 同一人物の複数俳号の投句はお控え下さい。
 ② ありそうな俳号には必ず姓をつけて下さい。

◆ウェンズデー正人へ
●正人さーん。俳句マスクとか、商品化してほしい。/こま
○デザインマスク的な?自分で書く的な?(正人)

●コロナ肥満。/こま
●外出自粛で、料理の回数が増えた。実験的メニューは評価真っ二つ!/こま
●正人さん、マウントプリンバスチー食べました? 私、あれ一つで一日幸せです!/なつぽよ
○美味しい新商品開発する企業ってホントえらいなって。素人の実験メニューとはわけが違いまさあ…。(正人@今はバスチーアイスが気になってる)

●正人様。だいじょうぶ。でぶではないです(^^)テレビは1.5倍から2倍ほどでぶに映るものですが、テレビ映りグッドですよ!あ!あれは俳句仮面さんだったか!間違えたわい(笑)デブとでぶと肥満と・・・本当に表記によって感じが変わってきますね~♪勉強になります! 敬愛なる伊月先生。コメントに嬉し過ぎて鼻血がでそうでした(涙)。はい!こつこつ俳句を頑張らせて頂きます!どうぞ末永くお見守り下さいませ(^^)伊月先生の背中が道標です♪/村上 無有
○言葉もねえや…。(正人@ダンベル持ち直しながら)

●いつもお世話になっております。本来なら今頃は俳句ポスト365を一時お休みして、やるべきことをやっている筈だったのですが、案の定コロナにそれを潰されました(ライブやらバドミントンやらももれなく潰されましたが 泣)。何でしょうね、このパープル・ヘイズと対峙させられている感じは。イルーゾォの気持ちがちょっとだけわかりますわ。「うばぁしゃあああああ」って唸り声上げられながら、殴られている気がしますもの。一方で仕事だけはどうにも忙しく、半休も取れないレベルなのもメンタル面で結構な追い打ちになっています。時差出勤とか、したくても出来ませんし。それでも、個人の通信手段がほとんど無かった阪神・淡路大震災の時を思うと、友人知人そして推しと繋がりを持てるのはありがたいことですが。唯一順調なのが意外にもダイエットです。スタートしてから現在でマイナス7キロ落とせましたよ。姫女苑を見かける頃には2桁ダウンを達成させたいものです。そんなこんなで、こちらはどうにか人間もクマも元気です。俳句ポストに関わる皆さまもお元気でありますように。/次郎の飼い主
○まさかここまで全て中止になるなんてねえ、そりゃ俳句ポストお休みになれんわけですわ。コロナウィルスはどっちかというと獰猛なパープル・ヘイズっていうよりは狡猾なグリーン・デイのイメージ。(正人@ジョジョ脳)

●近頃作句をしようとしてもなかなか言葉が出てこず、前の方が自然に作れていた気がします。ぐちゃぐちゃと考えすぎなのでしょうか。ヘブンズ・ドアーで人の語彙を覗きたい…だが断る、私の中の岸辺露伴が「自分の見たことや体験した事 感動した事を描いてこそおもしろくなるんだ!」と叱咤してくる…/碧西里
○味もみておこう。(正人@グリグリ)

◆夏井いつきへ
●夏井先生、正人さん、ハイポニストの皆さん、こんにちは。俳句ポスト365に毎回投句を頑張っている教え子たちも今日(4/1)から社会人になりました。今回の「姫女苑」の俳句も、入社前のドキドキ感やちょっと憂鬱な感じを詠み込んでいて、その時々の成長が句からも感じられるなぁと改めて思いました。そして、この春から国語科の心強い同僚が育休から戻ってきてくれました。その同僚もプレバトの大ファン、夏井先生の大ファン・・・。心強い味方を得て、今年は「楽しいな俳句」「悲しいな俳句」「腹立つな俳句」・・・等、単元の間、間でいろいろ仕掛けてみたいと思います。学校現場もいよいよ新年度を迎えます・・・。/みのる
○子どもたちに、自分の心を表現するすべを教えてやってください。辛いこと、憤ることを言葉で吐き出せる子は、それだけで心が少しラクになる。俳句で吐き出せば、それは作品として、誉めてもらえる可能性も♪(夏井)

●夏井先生、「王国の蝶」聴きました!俳句で構成された歌詞も、メロディも心に残ります。音痴の私ですが、ずっと口ずさんでいたいな、と歌詞をノートに写しました。とりあえず最後の二行は覚えました。残りも頑張ります!?(がんばる処が違うような…)/アガニョーク
○俳句が韻文であることを感受するために、歌うのもアリだなあと思っています。是非、歌えるようになってください。(夏井)

●夏井先生、いつもテレビで拝見しています!/でんきゅう
●プレバト俳句楽しみにしています。/富樫 幹
●コメントいただければ幸いです。 プレバトみて俳句が好きになりました。/謝 満生
●夏井先生プレバトも楽しみにしております。 私の周りも俳句を始める方が多くなりました。理由はプレバトを見たからだそうです。/紫雲
●前回の『春暖』から続いて2回目の投句になります。今回も夏井先生が選者と知ってビックリ。テレビに執筆活動に、いつお休みされてるんだろうと少し心配です。梅沢富美男さんに、免疫力の高いものを差し入れしてもらってくださいね。どうぞご自愛ください。/萩野庵
○コロナ禍の今だからこそできることを、あれこれ考えています。本を仕上げたり、リモート収録したり。皆さんの心を豊かに、楽しませる。今だからこその知恵を絞っています。(夏井)

●夏井先生のブログで「俳句王国」という番組を知り初めて見ました。みなさんの掛け合いが楽しくて元気をもらい、夏井先生の着物の色柄と、梅を見に行かれた時の服の色使いと布使いが気になる俳句初心者でした。これはブログにコメントすることだと思いますが、コメントの仕方がよく分からないのと勇気がないのでこちらに書きました。/藤井天晴
○コメントの仕方がわかるように、ブログに入り口作ってもらいました。そちらにもまた書き込んでね。励みになります。(夏井)

●組長! 某王国で銀賞いただきありがとうございました! 年甲斐もなく、キャーキャー叫び、しばらく機嫌のよかった私です。 この感じが定着すればいいのですが、なかなかこれが難しい…  ほぼ引きこもり状態の今、地力の底上げを図りたいところです! が、何から手を付ければよいやら… う~ん、時間だけが過ぎていっているような…/飯村祐知子
○現場に出向いて、皆さんに直に会うことができない今、ユーチューバーもやり始めました。俳句の話、あれこれしてます。(夏井)

◆広がる『俳句ポスト』仲間たち!
●柚木みゆきさま…蕨餅地選おめでとうございます。なんだな胸にずしんと来ました。 私は夫の実家で夫の両親と同居してますが、義父が3月より車椅子生活となったところ。医師からも老衰と言われ、身の回りのことは義母が面倒を見ています。実際マジで手がかかります。 でも“居ること”が義父の仕事なのだとみゆきさんの句で気づかされました。家族みんなで介助して居てもらおうと思えました。ありがとうございました。 /古都 鈴

●組長!ご無沙汰しています!この前は蕨餅で人選をありがとうございました。あの後、蒸鰈やボートレースなど投句したいと思いつつ、超多忙期に突入!頭の中から俳句がすっかり抜け落ちておりました。残念。今回久々に投句できたことがとても嬉しいです。いつもぎりぎりまで何かないかと心の中の隅っこまでしらみつぶしに探しまくり、一人シーンとなる時間が好きです。さて、今回の蒸鰈の天、地の皆さんの句、いつもにまして心に響きました。一斤染乃様始め皆さん、とても素敵です。才能だけでなく研鑽されているからこその句であると感じました。蒸鰈の持つ独特の土地の匂いを感じました。吟行、今はとても行けませんが、コロナが収まったら出掛けたいものです。組長始めスタッフ方々、ハイポニストの皆さま、どうかご自愛くださいませ??/ラッキーの母

●夏井先生の句会ライブ in 徳島(2019年3月30日)から1年が経ちました。 あの時先生に教えていただいたこのサイト。妻と一緒に投稿し続けています。 私がSNSで「皆さんもいかがですか」と呟いたら、いつの間にか母親も投稿し始めてました。 蕨餅では一期一会の句に選ばれており、麦踏と蒸鰈は並の句で上下並んでいて「ふふっ」てなってます。/ばんどうまーぴー

●「蒸鰈」回お便りのトマト使いめりるりらさん、ほーんとよく並びますね。小学校の席替えで隣同士になったような親近感です。ただし「ハイポの十本の指と言っても過言ではない方云々」、か、過言です。とんでもなく過言です。100人の指全部使えば入るかも、でトマト。/トポル
●トマト使いめりるりらさま、「蒸鰈」の水曜日に自分の俳号を見つけ喫驚、過分なるお言葉にたいへん恐縮しております。私は、家庭の事情で早期退職した2017年5月頃からプレバトを機に俳句を始めました。おウチde俳句専門ですので、夏井先生の選をいただける俳句ポストは本当にありがたく貴重な学びの場です。こちらに初めて投句したのは「鰯」の回で、まだまだ初心者。毎回みなさまの俳句から刺激と感動をいただいております。ありがとうございます。それにしても、トマト使いめりるりらさまの俳号は可愛らしくて不思議。私の「にゃん」は単に無類の猫好きだからつけたものなのですが、今では愛着があって俳号に名字をつけようキャンペーンにも乗れぬままでいます。今後ともよろしくお願い致します。あ、トマト大好きでほぼ毎日食べます。(笑) /にゃん

●自分の俳句を毎回検索するうちに、出席番号「というべきか?」の近いハイポ二ストさん達は何か、友達か兄弟姉妹のような気持になるのは皆さんも同じでしょうか?「の」のつくハイポ二ストさん一緒に頑張りましょうね!/のつり
○ずばり↑のような感じ。のつりさんの上下の人もおんなじ風に思ってるかもかも!(正人)

●『蒸鰈』の回で、夏井先生が『広ブロ俳句部の広ブロって何だよ?』と書かれてたので・・・ お答えします。 『広島ブログ』と言う広島に関するブログの集まるランキングサイトがあり、その略が『広ブロ』です。 ⑦パパさん、かたちゃん、ツユマメさん、研知句詩さん、季切少楽さん、そして私Dr.でぶ、みんな広島ブログ繋がりです。 これからも@いつき組広ブロ俳句部、がんばります!(笑)/Dr.でぶ@いつき組広ブロ俳句部
○一句一遊でのいつきさんのつぶやきに返答サンキューです!地域ごとにブロガーの横のつながりってあるんですねえ。(正人)

●シュトゥットガルト俳句女子の会/網野れいこ
●シュトゥットガルト俳句女子の会/遥明
●シュトゥットガルト俳句女子の会/三大夜景
●シュツットガルト俳句女子の会/海葡萄
●シュツットガルト俳句女子の会/3月30日コロナ・ウィルスの事で日本から独に戻るウィーン経由の飛行機が欠航、おかげでフランクフルト直行便へ変更してもらい、夫にそこまで迎えに来てもらうという更に楽ちんな旅になりました。この日は私の誕生日?夜行便0:10発で出国し、独到着が同日朝5:15・・計算するとこの日31時間を過せるというプレゼントを頂き、忘れられない日になりました。日本ー欧州と感染している方々の早い回復と抗ウィルス剤が一日も早くできる事を祈りつつ。/海葡萄
●シュトゥットガルト俳句女子の会 正人さん、3月25日励ましのコメントありがとうございます。皆んなとの集まりは自粛中ですが月の道さんが私たちに色々課題を出してくれてとても刺激になっています。俳句を通してみんなと繋がりありがたや。 /亀の
●この3月より、シュトゥットガルト俳句女子の会に入会いたしました。 この状況ですのでまだメンバーの方とお会いすることもできず、LINEでアドバイスをいただきつつ俳句を考えております。 俳句は初心者です。どうぞよろしくお願いいたします。/三ツ藤康子
●シュトゥットガルト俳句女子の会 組長、正人さん、運営の皆様、いつも有難うございます。 ご存知のようにドイツもコロナで大変な事になっております。市民は比較的落ち着いていますが、これも国民性(あまり感情を表に出さない)かもしれません。外出制限がかかって既に2週間が経ち、閉じこもりがちな日々でストレスが溜まってきました。が、そこは俳句作りで良い方向に持っていきたいと思います。日本の皆様も十分にお気をつけて!(姫女苑の発表の頃には収束していますように!)/芍薬
●シュトゥットガルト俳句女子の会、コロナに負けず活動中。直接会えないのでLINEグループで毎日やりとりしました。今後もまだまだこの状況が続くので、新しく当地へ来られ参加希望だった方にもグループに入ってもらいスタート。今やアメリカ、日本に住む方も半分ですし、ちょうどまたみんなでやりとりが出来てよかったかなと思っています。そして姫女苑は5音なので、この機会に基本の型と取り合わせの練習を。とはいえ経験者はマンネリだと飽きるかな?と、間にひとつ「直感で関係のない写真を選び取る」という段階を噛ませてみました。私が『夏井いつきの365日季語手帖』を使っての毎日5分インスタ即吟でやっていることをヒントにしてみたんですが、どうかなあああああーーー!?指導者がいないので試行錯誤の毎日ですが(みんなごめん)、私は楽しんでいまーす♪/月の道馨子
○ドイツだけでなく世界中なシュトゥットガルト俳句女子の会、コメント見られるとみんな無事を確認できて嬉しゅうございまする。そんな中でも学びの共有してるリーダー月の道さんえらいぞー!すごいぞー!(正人)

◆「人」「地」「天」~ベム・ベラ・ベロ俳人たちより
 誰が言い始めたか、「『人』選にはいりたい=人間になりたい=妖怪人間ベム」という話で盛り上がり、「『人』選に入る=人間になる=ベム俳人になる=ベムる」と、不思議な動詞や、「天地想像」なる四字熟語が生まれております。

●米国に住んでいます。一時帰国の時に、父がいつも楽しみにしているというプレバトを一緒に見ました。 俳句を作ってみたくなって数ヶ月、このサイトを見つけて茸の兼題から投句を始めました。 以前から俳句を作っていた父にも伝え、蒸鰈から離れ離れの親子が同じ季語と格闘して投句しています。 先日の結果発表で、二人とも一句ずつ人選に取っていただきました。とてもうれしかったです。 今、コロナに自宅に閉じ込められていますが、それでも思いは遠くに飛ばして、家族とも俳句で繋がれる気がしています。 /明世
●いつき先生、お疲れさまです。 蒸鰈の人選ありがとうございました。 新型ウィルスの影響でいろいろ大変ですね。 いつき先生には少しでも休養になっていますように。 よろしくお願いします。 /清水祥月
●夏井先生へ 3/26発表、兼題「蒸鰈」 久しぶりに人となれました。ありがとうございます。 大変、ローカル色の強い「九里半」(鯖街道の一つ若狭小浜と近江今津を結ぶ九里半街道のことでした。)という言葉を使用したにも関わらず人となり、少しは地元のPRかできたかと嬉しいです。/隆松
●ねずみ男の俳号も馴染んできたようで連続して人に選んでくださりありがとうございます。/ねずみ男
●先生、正人さん、スタッフのみなさんこんにちは。世の中、コロナで閉塞感がさらに漂い、これからどうなっていくのだろうととても不安にもなりますが、どんな大変な時でもやることはあるもので、今は自分の目の前のやるべき事をコツコツとやるしかないのだなと思っております。その中にちゃんと俳句は入っております。蒸鰈では思いもよらなかった「人」を頂きどうもありがとうございました。これを励みにがんばります。/えみあみこ
●「蒸し鰈」人選ありがとうございました。どうやったらもっと良くなるか、考えています。/わこたんのまま
●「蕨餅」で7回目の人選になります。ありがとうございました。7は完全を表す数。俳号をそろそろ改めようかと思いつつも、子離れできずにいます。/わこたんのまま
●夏井先生、ウェンズデー正人様、お世話になります。 兼題「蒸鰈」にて「人選」を頂きまして、ありがとうございました。浮き沈みが大きい俳句人生を送っております。おそらくは、自分の気持ちがそのまま現れているのでしょうね。俳句とも、自分とも、ちゃんと正対しなければ。 /塩の司厨長
●蒸鰈では人選をありがとうございました。この海の幸は全く見当もつかず、闇夜を手探りで進むような難しさでした。皆さんの句を見ていい~!とは思いつつ、レベルの高さにたじろいでいます。ついて行けるかな、という…。/夏 湖乃
●「蒸鰈」二句人選ありがとうございました。/京野さち
● 蒸鰈での人選2句入選ありがとうございます。難しい兼題だったのでとても嬉しく思いました。これを励みに、また次の兼題にも楽しく取り組んでいきたいです。  組長、正人様、ハイポニストの皆様、コロナウィルスなどに負けないで頑張りましょう。/中根由起子

◆コロナウィルスに寄せて
● 夏井先生、正人さん、ハイポニストの先生方、新型コロナウィルスにかかるなどされずに、お元気でいらっしゃいますか?毎日繰り返されるニュースからは、出口のない混沌しか見えません。でも、こんなときこそ唇に歌を、心に俳句を!いつか終わる、と今は我慢して、せっせと俳行にいそしみたいですね。今回も、読んでくださってありがとうございました。/榊裕江子
●暗雲立ち込める不穏なこの世界でこそっと生きております。 せめて俳句なと明るい言葉を綴りたいのですが落ち込んだ気持ちを鼓舞するのも限界かな? お若い正人君、頑張ってくださいな。/咲く耶とこ野@木ノ芽
●コロナ禍が収まりますように。 お身体ご自愛ください。/淳風
●新型コロナの感染が急に広がってきて心配です。収束していますように。/冬木ささめ
●新型コロナ肺炎に皆様罹患しませんように!/邦生
●コロナ騒動で公の施設が次々に閉鎖されて、老人の楽しみの句会が約一ヶ月できてないので、中々頭が回転せずギリギリ投句になりました。 やっとできると思えば我が県で新たな感染者が出ました。4月は句会できるかな? お身体ご自愛下さい。/里甫
●とにかくもうコロナがコロナ。皆様御自愛下さいませ。/いしはまらんる
●先生方、ほんと体調に気をつけて…!!!若者はもう1ヶ月間外出自粛しております。。/紀友梨
●先生方ハイポニストの皆様方お元気でありますように。 新コロナへの勝利宣言でている頃で ありますように!/ず☆我夢@木ノ芽
●新型コロナウイルスの感染が日々拡大し収まる気配が見えませんね。日頃お忙しくされている夏井先生ほかスタッフの皆さま、俳ポニストの皆さま、くれぐれもお体に気をつけて。ご自愛くださいね。/ときえ
●夏井先生、皆様、こんにちは。お変わりありませんか? 私は、健康とまでは言い切れないものの、何とか生きています。今、大変な世の中になっていますが、 お体に気をつけて、どうかお元気でお過ごしくださいませ。/藤野あき
●新型コロナ、ますます泥沼化の由。皆様、お身体に気をつけて。/しんしん
●拙いながらも頭の中の風景に思いを馳せることで心の酸欠、俳句に救われています。ありがとうございます。/乙華散
●コロナ禍只中、自分さえ良ければという人間の弱さだったり、格差、差別や、不安が生む敵意だったり、そんな負のエネルギーが充満してきて、心が荒んでしまう。その一端が形を変えて俳句に出てしまったような。。。でもそれもきっと俳句の一つの効能ではないかと思う。 どうにか持ち堪えましょう!!! 事態の一日も早い収束を心から祈るばかりです。 /靫草子
●今回の季語は「姫女苑」。花の季語は好きです。でも、思うようには詠めないのですが・・コロナ騒ぎの中、桜がきれいに咲いています。早く日常がもとに戻りますように!/みやこわすれ
●このコメントが載るころまでに、コロナ騒動が終わってますように、お祈りプチトマト。 /トマト使いめりるりら
●いろいろ予定が起こってはコロナウィルスの影響で流れたりして、どことなく気持ちの定まらない毎日です。/にぬき
●私は胃ろうで毎年四月と十月にペグの交換があるのですが今年はコロナの影響で病院のマスクも間に合わないようで予約が取れない状況です。痛い目は早くすませたいのですが。/ねずみ男
●医療職です。新型コロナウイルスの流行で毎日バリバリに気が張りこの4月は俳句やすむつもりでしたがなぜか出してしまうのです。/砂山恵子
●今本当に新型コロナウイルスでみんな参っています。今回は出せないと思いますが、続けることが大事だと思い,下手ですが出してみます。医療職はものすごくしんどいです。/砂山恵子
●講習は片っ端から新型コロナでお休みです。今新型コロナウイルスのまさに盾〔貧弱ですが)とならなくてはとやはり医療関係はしんどいですね。土日は新型コロナウイルスのネットでの勉強とか。 私たちはおそらく、私の医学、化学、生理学・・・みんな100m沙希のわずかなマッチの炎が「希望につながらないか」新型コロナの療法とか予防とか・・必死で目を凝らしているんです。/砂山恵子
●趣味の時間以外が他人事のような毎日です/松山めゐ
●コロナ騒ぎは夏も続くのでしょうか?何かものすごく重苦しいです。国民みんなコロナノイローゼみたいです。/砂山恵子
●新型コロナウイルスと戦う人類。日本国内が終息しても、世界的蔓延は当面続くであろう。そんな閉塞状態の社会はいつまで続くのか?見えない恐怖が人間を変えてしまう、そんな気さえします。   雑草のような姫女苑に着目したことはありませんでした。 /天晴鈍ぞ孤
●世界が急激に陥った大惨状は、そのあまりのことに、まるでドラマを見ているような錯覚すら覚えます。大好きだった志村けんさんの突然の訃報は実に大きな衝撃でした。ウイルスとの戦いは長期戦ですね。不安なく俳句が楽しめる環境を早く手にしたいものです。いつき先生および俳句愛好者の皆さんの健康と無事をお互いに祈りましょう。/雨霧彦@木ノ芽
●「蒸鰈」では人選をありがとうございました。火曜日の季語道場で「蒸」の真相がわかってびっくりしました。普通に蒸すのかと思ってましたので…。それはそれとして、コロナの包囲網がじわじわと迫っている感じがして、落ち着きません。今のところ自分や周囲に異変はありませんが、何しろバスで通勤しているもので、不安は拭えず。そのせいではないものの、今回の句作は不調です…。/玉響雷子
●色々と本当に色々あって仕事を辞めることになりました……。今コロナ騒ぎで暗い世の中ですが「俳句は人生の杖」を合言葉に前向きに生きて来ます。下手ですが……。/高倉ちとさ
●オリンピックは延期 コロナウィルスは拡大広がってるし 外出禁止とか 年明け早々 大変な世の中 せめて心と言葉は綺麗に綺麗な言葉と出会う醍醐味を味あえる 俳句を詠みましょう。皆さま/句詩呼
●毎日コロナウイルスのニュースばかりで、外に出かけるのも怖々という感じで窒息しそうです。日本中の人達が同じ気持ちだと思いますが、このウイルスに効く薬が出来てみんなが安心して初夏の外へ出掛けられますように願っています!!家の中で俳句を杖にして頑張っています。世界中のハイポニストのみなさんも無事でありますように・・・!!/じゃすみん
●東北の桜は4月に入ってからが本番。新型の病原ウィルスのせいで花見酒というわけにはいきませんが、単身赴任のマンション近くの小さな公園を花を愛でながら歩くことを楽しみにしています。/宵待燈火
●本日、関東は雪です。満開の桜に雪がほんのり積もり、不思議な光景になりました。空も外出自粛を促したのでしょうか。姫女苑の発表の頃、日本はどういう状況にあるのか。悪い状況しか浮かびませんが、出来ることをやるしかない。 夏井先生、どうかどうか、ご自愛ください。/ふくろう悠々
●昨日東京では週末の外出自粛要請が出た。そして今日は旧暦の3月3日。深く澄んだ紺碧の夜空に赤く細い三日月がキレイでした!この姫女苑が発表される頃、吟行ができるようになっていますように。/黒子
●コロナ禍がいつ終息するのか、先が見えない状況ですね。皆さま、くれぐれもお気をつけてください。 志村けんさんは皆を笑わせて最期には泣かせて&警鐘を鳴らしてくださったと思います。志村けんさんで思い出したことが!駄洒落が大好きな私と違って生真面目で冗談など言えない亡母が、親戚が来たときだったか、ヒゲメガネをかけて”ヒゲダンス”を踊ったことがありました。めったにふざけない母のそんな姿に大笑いした晩を思い出してしんみりしました。/小野更紗
●光あふれる春の景色とコロナのニュースとが釣り合わず、自分のすべきことになかなか集中できません。ついついぼんやりとしてしまいます。俳句というテレワークがあってよかったです。組長、正人さん、ハイポニストのみなさん、どうぞご無事にお元気にお過ごしくださいませ。/キートスばんじょうし
●コロナウイルス感染で大変な状況になっておりますが、田舎の年金生活者ですので買い物に出かけるくらいでほとんどは家におり、晴耕雨読の生活をしております。夏井先生やスタッフの皆様もどうか感染に十分に注意なさってお過ごしください。泰然 /泰然
●「できるだけ在宅で」という指示に従いつつも出来るのが「俳句」。出逢っていたことに感謝しつつ、こんな時だからこそ学びます。 全国行脚がお休み中のいつき先生も皆さまも、「俳句の神様からの休息のひととき(とはいえご多忙でしょうが…)」、どうぞ少しでも心身を休められますように☆ /明惟久里
●いつき先生、正人先生、スタッフの皆さまいつもありがとうございます。「蒸鰈」の人選も深謝です。 今回のお便りに「この時期には少し収まっているといいなぁ」と書きました新型ウィルスの猛威、相変わらずですね。今週末東京は「感染爆発を心して警戒した生活を」と呼びかけられました。これを書いているその週末前の平日昼間、公園は大変な混雑、スーパーはかなり商品が少ない棚も…う~ん…言われている生活がどのようなものか、またこうした非常事態に日頃からどんな備えが必要なのか、私には再考するありがたい機会になっています。/明惟久里
●「雑草といふ草はなし姫女苑」 (古川充子) 姫女苑について調べていますと、この句が目に留まりました。今、世界中をコロナウイルスが席巻し多くの方々の命が脅かされています。一人、一人に人生があり、ごく普通の毎日があるはずなのです。そんなささやかな生活を一刻も早く取り戻したいです。 終息の日が来ることを心より願っております。皆さまもどうかくれぐれも、ご自愛下さい。 /塩の司厨長
●花々は咲いているけれど中々楽しい句を詠もうという気持ちになれません。早く平穏な日常が戻りますように。 このお便りが載る頃には状況が良くなっているといいなぁ。 皆様もお元気で過ごされますように。/横縞
●よろしくお願いします。 世間はコロナ騒ぎ大変ですが、みんな気をつけましょうね。こんな時こそ、俳句!おうちでプレバトの録画を見ながらせっせと俳句作っています。/浅河祥子
●春、桜の季節だけど、なかなかすっきりしませんね。怪談話のように、少しずつ少しずつコロナの恐怖心が心に溜まっていく気がします。つたなくても、類想でもいいから、俳句で心の負担を吐き出していこう。/ちびつぶぶどう
●いまこそ、おうちで俳句を実践しよう。夏雲ネット句会もスタートさせたぜ。めざせ、NHKホール!/ちびつぶぶどう
●始まりの春が、コロナ感染でストップされている毎日です。窮屈な毎日ですが、きっと収束することを願って、 こんな時だからこそ、言葉のチカラを信じて、俳句をたのしむ時間を持ちたいと思ってます。 反転攻勢のためにチカラを溜めて、できる事をしっかり守って頑張りましょう!/京あられ
●組長、正人さん、皆さんこんにちは。疫病の収束が見えませんが、お身体大丈夫ですか? 田舎住まいなので人ごみとは無縁ですが、仕事や買い物の時はマスクなど気を付けています。 なんとなく不安な気持ちを俳句や読書や城山歩きで紛らわしています。この困難が去った時には存分に楽しめるよう、やりたいことを計画したりするのもいいですよね。/夏 湖乃
●夏井先生、スタッフの皆さん、お疲れ様です。 桜が咲き始めましたが、姫女苑は、夏の季語なのですね。 世間では、コロナの話題で持ちきりですが、こんな時だからこそ、読書や家の模様、家族との時間や世界情勢などを考えたり、様々な時間の使い方が出来ると思います。 栄養を取って規則正しい生活を心がけ、手洗いうがいで対処しましょう。変なニュースや噂には、惑わされないようにしましょうね。夏井先生もスタッフの皆さんもお体には、お気をつけ下さい。枝垂れ桜は、満開です。/田村美穂
●家にこもらざるをえない最近ですが、じっくりゆっくり俳句を熟考できます。あまり悲観的な句は作らないのですが、ここはひとつ、大いに思考にダイブして潜り込んで、深層心理まで575に表せればいいです・・・なーんて・・・。あーお花見行きたい!旅行したい!レジャーがいかに大事かですね!今現在、右手に俳句、相棒!という感じです、本当に。。。あ、吟行にも出られない!早く春を楽しみたいですー!!/間仁田彩
●みんな自粛モードでストレスが溜まっていますね。私はしんどい時はずっと自粛モードなので、あまり変わりません。先生の楽しい俳句大会も待っている人がたくさんいることでしょうね。当面は俳句を作ってしのぎましょう。先生もお元気で。またプラバトなど楽しみにしています。/檀凛凪
●ここ最近ちょっと外出ができないことが続いていますが、こうやって俳句ポストで投句できる幸せを噛み締めています。お忙しい中とは存じますが、選句宜しくお願い致します。/南方日午
●組長、正人さん、スタッフのみなさま、お元気ですか?いつも俳句ポストを運営していただき、本当にありがとうございます。さぞご不安なことだと思います。わたしは会社からお金を頂いている身ですが、それでも会社の経営、自分の雇用、そして、自身の健康が不安です。どうか、この結果発表の時はもう少し事態が落ち着いていますように……。そして、俳句が憂いなく楽しめる日常が戻っていますように!祈るばかりです。/しかもり
●お世話になります。蕨餅の回で、秋蝶以来の全没に沈み、大いにへこんでいました。さらに蒸鰈で、お便り・近況報告さえも没?で、へこみ拡大!投句意欲低下甚だしく、追い打ちをかけるようにコロナウイルスの感染拡大!日本、大丈夫か?組長の、あちこちでの俳句ライブも中止、延期でしょうか?桜は励ますように、咲きほこっていますが、花見自粛の嵐に、可哀想です。 志村けんさんの死去は、知っている方なだけ、コロナの怖さが見に染みます。若者たちよ、元気だけれど、感染しているかもしれないぞ!振り撒くなコロナ菌!志村けんさんは、そう叫んでいるはずです。組長、正人さん、スタッフの皆さん、そして、ハイポニストの皆さん、コロナウイルスに負けないで、頑張りましょう。/キャサリンまさこ
●まだまだ気の張る毎日ですが、ここが日本の頑張り時といつも皆さんと気持ちを重ねています。やれることをやっていくぞと毎日改めています。/弁女
●ドイツ在住です。今街が封鎖せれ、厳しい外出制限がありますが、春らしいお天気になり、希望を感じて毎日を過ごしています。/追師うさぎ
●アメリカはコロナウイルス のためにキチガイ状態になってきました。いろいろなものが売り切れています。なるべく外に出ないようにするため、そしていつお店が閉まってもいいように備えているようなのです。消毒用のグッズ以外に牛肉、豚肉、鶏肉全てが売り切れているのはそのためのようです。こんな異常事態がいつまで続くのか。先が見えない不安だらけの今日この頃です。/峰江
●夏井先生、正人さん、よしあき君、ハイポニストのみなさん。お元気ですか。(と言うよりも、お元気でいてほしいです!)ニュージーランドは新コロナウイルスのために、あれよあれよと言う間に国境封鎖になり、国家非常事態宣言、そして、ただいまロックダウン中です。姫女苑の結果が発表になっている時、予定ではロックダウンが終了しているはずなのですが、実際はどうなっているのか、まったく予想もつきません。ニュージーランドは日本くらいの国土に横浜市民くらいの人口なので、感染ルートがわからない感染者が2人出て、国全体の感染者数が50人を超えたあたりで、さっさとロックダウンを決めました。あまりのスピード感に戸惑っていますが、家族3人元気に引きこもっています。一緒に暮らしている人以外とは、たとえ親族でも接触が禁止されていて、散歩と食料品の買い出しのみ許可されています。日常生活を送っているのに、ものすごく非日常な世界。まるでSFのようです。この状況でもエッセンシャルワークとして、感染のリスクを感じながら働き続けている人たちに頭が下がります。そして、遠く離れた母国の家族、友人、皆様のことも心配です。どうか皆さん、ご無事でいてくださいね!このお便りが皆さんの目に触れる頃、「この人は、なんでこんなにシリアスだったの?」と笑ってもらえますように。/ほしのあお
○ゴールデンウィークの自粛も一部明けつつありますが、気の緩んだ時こそ危ないものです。外出する人が増えれば簡単に第二波第三波が起きてしまうかもしれません。一層自らと周囲を守って参りましょう。(正人)

●「新型」コロナウイルスと言ってますが。「新型」は暫定的に用いているのでしょうね。 アメリカでは「COVID-19」と呼んでいると聞きました。 この種の名称は、誰が決めるのでしょうか? そういえば、昔アメリカは日本の台風に名称を付けていました。 有名なところでは「キャサリーン(台風)」 これも誰が名付け親になるのでしょう・ こんな疑問を持ちながら「新型コロナウイルス」の治まるのを待っています。 /風間昭彦
○今回気になって調べてみたところ、WHOが命名するものだそうです。そして名称には通常、流行・発生した地域や河川の名が用いられるとのこと。「エボラ出血熱」が当時のザイールのエボラ川から名称が採られたりとか。思わぬところで一つ知識が身につきました。(正人)

◆近況報告~♪
●なんだか周りが出産ラッシュ。一月に一人、三月に二人と、こんなご時世の中とても嬉しい知らせで、勢い余ってお祝いに俳句を作って送りつけてしまいました。句歴の浅い私が贈答句なんて図々しいし洒落臭いかもしれませんが、句にすることで祝う気持ちや感慨が凝縮されるというか、手前味噌ながら感動してしまいました。俳句の力ってすごいなぁと改めて感じ入った次第です。/碧西里
○大変な時こそ命の誕生は嬉しい!お祝い句大いに結構ぢゃ~!!(正人)

●しんきちが年少になりました。とても早く感じます。あと3年で卒園なんて・・・。腹の立つこともありますが、毎日を大切に過ごしたいなと思います。/28あずきち
○年少さんくらいの時期ってなんでああもイヤイヤ期と相まって強烈なんでしょうね…共にがんばりませう…。(正人)

●いよいよ明日から4月です!息子は大学生活のスタート、娘は高校への受験生活スタート、僕は部署の管理者業務スタートです!!やるしかない!!!/かつたろー。
●この度、職場を異動しました。前の職場で俳句仲間が増えてきつつあったので残念です。新しい職場でも、俳句の種まきをしたいと思いますが、残してきた種からもきっと俳句の花が咲くと期待しています。(いや、その前に自分の俳句かー!!)/めりっさ
●こんにちは。コロナショックのまっただなか、みなさま、お元気でしょうか。組長、スタッフ、ハイポニストの皆様が、この難局をぶじに過ごせますように、祈っています。 私事では4月から、契約社員から正社員になれました。もう少しタイミングが遅かったら、今年は無理だったでしょう。運の良さだけは自信あります。そして、なにごとにも、タイミングがあるなと思います。今は、じっとするタイミングです。外出自粛はつらいけど、おうちで俳句があるから大丈夫!/ちょろたこいん
○みんな新しい環境での生活がスタートする4月ですが、コロナのおかげで一層環境定まらないでしょうねえ。無事にスタートきれたかしら。(正人)

●夏井先生、正人様  新型コロナウイルスの影響で、通っている俳句教室、絵手紙教室、男の料理教室も当分は、休講です。残念!!!しかし、自然農園だけは、影響なく、欠かさず、通っています。最近、孫達の大好きなアスパラガスやスナップえんどうが採れだして、収穫に精を出しています。/KAZUピー
○逆に開放的な畑での作業は癒されますねえ。新しい緑が嬉しい。(正人)

●旧暦の3月3日、桃の花が咲きはじめました。今見頃。おとついくらいから蛙がケロケロ鳴いています。声が可愛い。/わこたんのまま
●組長のブログにあった「春が動いている」という言葉に惹かれました。 そういえばいつもは時間差で咲く花が、今年は一斉に咲きました。 川の両岸の千本桜(染井吉野)、そのすぐ近くの公園には山桜、枝垂れ桜、連翹、雪柳、まだ梅も残っていたし、山吹も咲いています。 2月に来ていただく予定だった八千代の風景です。/むげつ空
●3月24日頃、桜は、二分咲き位でしたが、日光街道は、山桜が、多いのですが、4月の中頃に、ならないと、咲きません。杉並木が、あるせいか、杉花粉が、多いのが、悩みです。南極以外は、花粉症は、悩まされとか。/とことこ
○桃も桜も春爛漫。ただし、花粉症だけは勘弁な!(正人)

●組長様。 世間は新型コロナウィルスで混乱しておりますね。幸い徳島は、一人以上の陽性者は出ておらず、その方もとっくに退院され、今は不気味な沈黙を守っております。(3月30日現在) スーパーに行っても人が少なく、走っている車も少ないように感じます。ただ、週末の夜中の暴走族は、元気に走ってますが…(^_^;) そんな中、主人が白内障の手術をしました。手術の時に、「手術の様子をモニターで見られますが、どうなさいますか?」と聞かれ、思わず「見ます」と言ってしまいまして…。 モニターの前に座った時は、「なんで、こんなもの見たいって言っちゃったんだろう?」と思ったりして。だって、モニターいっぱいに、目玉のドアップですもの。それでも、手術の後半には、身を乗り出して見入ってしまっておりました。さすが、ホラー映画好きの私。(^^)v 今、この体験を何とか俳句にできないものかと、日々奮闘しております。できるかな~?/葉月けゐ
○ぎゃーお、すごい場面!!身内の病気も句材にしちゃう俳人根性の素晴らしさよ~!(笑)(正人)

● 夏井先生、正人さん、ハイポニストのみなさま、またまた拙句をお読みいただきまして、ありがとうございました。  ある程度の年になると周りに亡くなる方が多くなってくるものですね。先日も、元職場の尊敬する先輩が鬼籍に入られました。長年見返りなどさらさら求めず人のために尽くしてきて、倒れられた無念さはいかばかりだったろうと想像します。私などが見習っても微塵も真似できないので、せめてこの口惜しい思いを俳句のどこかに託して表現できたら、と思います。/榊裕江子
○それもある種の追悼句ってやつですね。どんな季語が似合うかなあ。(正人)

● 夏井先生、正人さん、ハイポニストのみなさま方、今回も拙句をお読みいただいてありがとうございました。 俳句投稿するときは「今度こそ人選!」と意気込む私、しかし俳句メモ帳を見直してみると「言いたいことがさっぱりわからん!!」・・・これが大体毎回辿る、定番コースです。  さてさて、うちには1匹の猫さまがおります。姿かたちはとても眉目秀麗なイケメン猫です。しかしやることなすことにしつこさ、破壊力、俺様精神、ボクを見てアピールなどが詰まっております。いつか、この猫の生活実態の描写で、人選を獲得したいと願っているわたくしです。/榊裕江子
○「困ったときの猫頼み」なんて言葉もあったりしますがはてさて結果は??(正人)

●先日の「蒸鰈」を食べたことがなく、高級魚店にでも売っているのか思って、勇気を出して行ってみたけど「ない」と言われ、近所のスーパーでたぶん干鰈?を買って食べてやっぱりちょっとパサパサして残念な感じだったので、そのイメージで句を作りましたが、みなさんの句を読むにつけ、私は本物の「蒸鰈」を食べたことがないのだなと思いました。でも、その機会に高級魚店のおばあちゃんは私の祖母と同じ九州の出身だと聞き、いろいろ話をして、ちょっと知り合いになれたので、海の美味しいお魚がなかなか手に入らない地域ではありますが、魚屋さんにも顔を出していきたいと思います。/藤井天晴
●兼題「蒸し鰈」について、次のサイトがひな祭りとの関連、蒸し鰈の名前の由来と製法に詳しかったです。 京都塩干魚卸協同組合 www.kyoto-enkangyo.or.jp 蒸し鰈の「むし」は、覆いの莚(むしろ)のむし。塩が甘くなるとか。「まむし」と同じく京言葉ですか。(有職故実かも。やっぱし文化っていじわるです。) 上記サイトで分からなかった塩のイオン化や、甘い塩についてサーフィンして、夕張の天日製塩や北イタリアのチェルヴィアで伝統的な製塩が行われているのを知りました。塩は大切ですね。製法が失われないよう祈ります。 /わこたんのまま
○引き続き捜索の続いている「蒸鰈」とそのレシピ周り。みんなけっこう蒸鰈がお気に召した!?(正人)

●夏井先生、スタッフの皆様、どうそ安全第一でお家にいてください。俳句ポストは楽しみなので続けていただきたいですが、必要なお金ってどこから出ているんでしょう? もし足りなくなったらクラウドファンヂングでもしてください。夏井グッズを売るのもいいかも。買う人は多いと思います。 外出自粛で俳句を始めた人もいるようです。私はメルカリに使わないモノを出して断捨離しているのですが、先日ハンディ版歳時記が売れました。購入者は小学生の娘さんと一日一句作ることにしたそうです。ステキですね。 /瀬尾白果
○松山市の事業なのでその辺はどうぞご安心下さいませ。もし余裕があれば松山市のふるさと納税とか、コロナ後に松山に遊びにきてくれたりしたら市としては嬉しいんじゃないですかね!(正人)

●伊集院静さんの「ノボさん 小説 正岡子規と夏目漱石」を読みました。子規の俳号の由来など初めて知ることばかりでした。野球をやる姿も俳句に命をかけて取り組む姿も魅力的でした。/田辺 ふみ
○司馬遼太郎の『坂の上の雲』もいいぞ♪(正人)

●囚人になっても俳句は自在に詠めると思っていたけど、いざとなると「囚人だ」という句しか読めなかったりして、と身につまされるこの数日です。/裏山小虫
○え、囚人!?獄中!?…って思ったけど、コロナ的なやつだよね、と合点がいき、ほっ。…だよね?(正人)

●徳島の知人がフィッシュカツと甘夏を送ってくれました。フィッシュカツは初めて見ました。徳島の郷土食だそうでちょっと甘くて辛くて美味しい蒲鉾? あぁ??四国に行きたかったな??行ける日が来る事を信じて、今出来る事しなければならない事をして、自分と大切な人を守る!頑張らなければいけませんね。/筬葉
●このご時世、吟行も最近は遠くに行けないのでだれも居ない近所の堀川の桜並木を散歩してきました。そこで凄い発見がありました。桜の下がちょっとした花壇になっていて、よく見ると沢山の種類の植物季語がずぅ~~~っと植えてあるんです!堀川沿いの季語の小径、何て素敵な場所なんでしょ♪ 意図的なのかたまたまなのかは分かりませんが手入れして下さってる方に感謝です。/筬葉
○遠くを思いつつ、身近を吟行する。俳句ってやっぱりこんな時だからこそ助かる人生の杖だなあとしみじみ。(正人)

◆ハイポニストの果実♪
●ご健康をお祈りしています。地方紙に句が載りましたが、志村けんさんの訃報でしんみりしました。鳥雲によき笑みの人召されけり。/わこたんのまま
●某誌に投句が掲載されました。ときおり教会に匿名で花束を持ってきてくれている人のことを詠んで、それきり忘れていました。入選を知った日、帰りがけにまた花束が置いてありました。没になった句は覚えていたので、何だか慄然としました。/わこたんのまま
○なんだか巡り合わせを感じる瞬間…人生にそういう不思議な重なりってあるよね…!(正人)

◆兼題「姫女苑」に寄せて
●姫女苑という言葉を初めて聞いたのでどういう事なのかとにかく調べました。/真喜王
●実際に咲いている姿を見ていないことから、写真などを見て句を作りましたので難しかったです。/吾亦紅
●姫女苑という花があること初めて知りました。難しい兼題でした。/一周
●還暦を過ぎたと言うのに「姫女苑」と言う名前さえ知りませんでした。ググった結果、ああぁ見覚えがあるなぁ?と実感したところです。今回の兼題をきっかけに、視野を広げ興味を持とうと心した次第です。ありがとありがとうございます。/玉井瑞月
○知らない言葉だな~と思いつつ、見たら「あぁ!」な花。(正人)

●いつもありがとうございます。今回もよろしくお願いします。姫女苑はきれいでかわいいなあと思っていました。/楠青庵
●代々木公園にいっぱい。/こま
●放課後の花?/こま
●花びらがひげっぽい。/こま
●身近で見る花ですが、名前を知りませんでした。 俳句で学ぶことが多くあります。/風間昭彦
●あの花が姫女苑という名前だったこと初めて知りました/泗水
●よく見る花ながら、若い自分には名前の分からない花でした。姫女苑をじっくりと観察する中で、その清楚な美しさを知りました。/矢橋
●姫女苑これは何ぢやと曇る眉。実物は見た昔俳句に。 この次の兼題うなぎ眉ぴくり。みな眉ぴくり千五百人。/末尾波世遠
●可愛いお花でも咲いていないとき葉っぱ踏んでいるかもしれません。/佳子
●よろしくお願いいたします。姫女苑、「見たことあるけど名前は知らない」花の代表格なんじゃないかと思います。道端や公園でよく見かける花に、「姫女苑」や同属の「春紫苑」のような美しい名前が付いているとは知りませんでした。/天水郷
●姫女苑、川沿いの散歩時によく見る、たくさんある花です。名前を調べようと以前から思ってたところへ今回の兼題でした。ありがとうございました。だけど俳句は・・・・・。/しんしん
●姫女苑は群れて咲くと聞いて、「群れたらコロナ危ないよ!離れて!」って思ってしまいました。/浅河祥子
●道端によく見る花で、どこでも比較的咲いているので力強さを感じます。 そんな身近で力強さを表現するコツを知りたいです。/くるみデニッシュ
●毎度 詠むのに苦戦してます。情景を17音に表す難しさを楽しみ 昔よく若い頃はよく見かけた花です 今は 見るのが難しいです。記憶を辿り脳内吟行です。/句詩呼
● 今回の兼題季語「姫女苑」は、読んだときかすかに聞き覚えがあるな、と感じました。続いて調べたとき、画像を見て「ああ、あの花か!」と思い出し、幼いころ見て記憶の片隅に残っていた画像と花の名が初めて一致しました。昔(とは、いつまで?)そこらへんによく咲いていました。緑の垣根がたくさんあぅた頃の、懐かしき映像です。/榊裕江子
●姫女苑は気軽に摘める花でした。でも瓶にさしても、すぐに花がしおれ気味になってしまった記憶が。懐かしい情景が蘇る花です。/海野しりとり
●小さいけど確かに、菊っぽい微妙な香りがした気がします。あとチクチクする。/裏山小虫
○子どもの頃に摘んできて活けたような記憶ありますねえ。でも匂いまでは意識したことなかったかも。(正人)

●私の場合わからない言葉や兼題があるとタブレットで検索します。今回は時間もなくどうしようかと焦りました。/ねずみ男
●3月末締切の別の兼題をギリギリまで粘ってからこちらの「姫女苑」に腰を据えたので、ほぼ一日でがんばりました。姫女苑について科学的に調べたこと、五感と連想力、姫女苑に関する過去の思い出、その写真、句ができてからは型・語順・文法・表記をあれこれ、とにかく頭をフル回転させました。良き一日でした。/いかちゃん
●はて?以前は得意だったはずの植物の季語…新しい手法を見い出してから、得手不得手のジャンルが変わってしまったようで、予想外に苦労してしまったでトマト。 /トマト使いめりるりら
●前回の「蒸鰈」が並選に選ばれ、とても嬉しいです。とても難しくて、ダメかと思っていましたが、送った中では、自信のある句だったので、更に嬉しかったです。 今回の「姫女苑」も思いつきそうで、なかなか句にならず、悪戦苦闘致しました。また、並選に選ばれたいです。/ちか丸
●姫女苑を主人公にした句の作り方を知りたいです。/でんきゅう
○生態などなど調べた上でどう活かすか?逆に地味だからこそ難しい…!(正人)

●同じかわいい姫女苑でも、違う環境(今回のような死んだような街では)では別の花に見えてくる。人間が死んでも私たちは生きてやるぞという花のようで怖かったです。/砂山恵子
●庭先に春がやってきました!ツクシにヨモギ、ハルジオン、タンポポ、カタバミにシロツメクサなどなど。どれも根張りの強い雑草とレッテルを貼られるツワモノぞろい。今年も終わりなき草むしりという戦いが始まります。もちろんヒメジョオンも。それぞれ句に詠んで供養できればいいのですが。とはいえ、新型コロナウィルスのことを思えば、草むしりだって幸せな行為なのかも。/山香ばし
●皆さん、思考だけはポジティブに行きましょう!と自分に言い聞かせてみる。/山香ばし
○イエス、ポジティブ大事!でも雑草の強さときたらもうね…。(正人@畑仕事中)

●「ひめじょおん」ってフランス語ような、どこか懐かしいような不思議な響きです。/茄子美
●ハルジオンと見分けもせず、「貧乏草」呼ばわりしていたことを反省。意外とかわいい花であることを発見!/黒子
○フランス語っぽい響きかと思えば「貧乏草」呼ばわりまで幅広い~(笑)。(正人)

◆今週のオススメ「小随筆」
 お便りというよりは、超短い随筆の味わい。人生が見えてくる、お人柄が見えてくる~♪

●背の低い子どもの頃は誰もが地面が友達だ。歩く道のどこの道端にどんな草が生え、名も知らぬがどこの花にハナムグリが潜り込んでいて、どこの角で同級生のタケちゃんが10円玉を拾ったのかをみんな知っていた。タケちゃんは10円玉を拾う名人だった。勉強が出来るわけではなく、足が早いわけでもないタケちゃんはそんな時だけヒーローだった。今思えばタケちゃんはクラスで一番背が低かった。地面に一番近かった。母と兄と三人で歩く時には母が花の名前を教えてくれた。『ヒメジョオン』小学生の私には漢字など浮かぶはけはなく、カタカナの『ヒメジョオン』だった。いつも目にしていた小さな花がそんな名前で意外だった。小学校から一人帰る道、タケちゃんのように私もヒーローとしてもて囃されたくて、重いランドセルを背負って目を皿のように丸くしていつもの道を歩いて帰った。そして、タケちゃんが最近10円玉を見つけた角の手前で私は光る『ヒメジョオン』の花の頭を見つけたのである。それは手に取ると花ではなく、ボタンであった。『ヒメジョオン』に似せたように真ん中の金色に縁どられた丸は黄色、その金色の外周の丸は白色のロゼットのような高級そうなボタンだった。私はボタンをポケットに突っ込み走って家まで帰った。そしてまだ母が帰ってこないうちに母の木製の裁縫箱の小引出しに放り込んだのだ。その引き出しはボタン入れであった。母がいつからその裁縫箱を使っていたのか聞いたことは無かったがたくさんのいろんなボタンが収まっていた。子供ながらに男の触るものではないと思いながらも母の裁縫箱が好きであった。特にこのボタン入れをときどき覗くのが好きであった。いつかは見つかってしまい母に怒られるのではないかと思ったのだがその日は来なかった。そして今その裁縫箱は私の手元にある。母には必要の無くなったこの裁縫箱はいずれ形見と変わる。この魔法の裁縫箱は私の記憶再生装置でもある。そして、引き出しの『ヒメジョオン』はいつでも若くはつらつとした母を思い出させてくれる。/宮島ひでき

夏井先生

ページの先頭