俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 姫女苑

第240回 2020年3月19日週の兼題

姫女苑

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句
本選句欄では、添削した形で句を掲載する場合があります。
添削は作り替えの提案として句会等でも議論されます。示唆された添削案が自分の表現したいことに合致すれば、作者の判断においてその案を自作として採用してかまいません。

人

姫女苑ここであの子は攫はれた
にゃん
占ひはたいがい「来ない」ひめじよをん
にゃん
測量のスコープ姫女苑をよけて
さるぼぼ@チーム天地夢遥
抜け道のゆるき結界ひめぢよをん
姫女苑たばねて女王となりぬ
姫女苑空の切れはし噛んでをり
花伝
ぼく今年姫女苑より背がたかい
花伝
姫女苑ときにダンプの風パンチ
日出時計
姫女苑空見てけふもをはりけり
日出時計
姫女苑これも弔ふための石
えむさい
ひめぢよをん姪つ子少しだけ敬語
えむさい
段ボールの柩満たせる姫女苑
星埜黴円
黒猫の豊かな臀部姫女苑
星埜黴円
姫女苑なきだしさうな人面樹
あいだほ
木曜は酸素がうすい姫女苑
あいだほ
登記簿に甲区と乙区姫女苑
すりいぴい
姫女苑ドロップ缶の固い蓋
すりいぴい
姫女苑喜ぶ風は鉄臭い
蟻馬次朗
姫女苑しあわせさうな犬の禿げ
蟻馬次朗
赤字路線空はまっしろ姫女苑
いしはまらんる
イソップに告げ口の匂い姫女苑
いしはまらんる
病人の家へ神父が姫女苑
シュリ
姫女苑時のぜんまいキ、レ、テ、ユ、ク
シュリ
姫女苑最後に出づる星清ら
一阿蘇鷲二
鶏払ひ姫女苑ごと刈りつくす
一阿蘇鷲二
漣の翅は光や姫女苑
古田秀
愛づるとはいたぶるに似て姫女苑
古田秀
姫女苑あんたが五人も産むなんて
古都ぎんう
村娘Aを褒めらる姫女苑
古都ぎんう
姫女苑もう素敵な空き地じゃない
七瀬ゆきこ
姫女苑首もげさうに雨を浴ぶ
七瀬ゆきこ
姫女苑ぽつかり家が消えてをり
村上優貴
ひめぢょをん濡れて微熱の作業服
村上優貴
ふぐりふらふらひめぢよをんのどうぶつえん
月の道馨子
姫女苑が嫌ひ佐藤さんが嫌ひ
月の道馨子
オルガンのふいごから風姫女苑
あきのひなた
ひめじょおんひめじょおん魔法はかからないけれど
あきのひなた
うたた寝の適正量は姫女苑
M・李子
剽軽なチワワのふぐり姫女苑
M・李子
てのひらのなかの太陽ひめぢよをん
あまの太郎
ひめぢよをん象のあしをとのやはらか
あまの太郎
復学や雨の匂ひのひめぢよをん
いかちゃん
ひめぢよをんしやきんしやきんと剣展ぐ
いかちゃん
雀斑が増えて困るわ姫女苑
うさぎまんじゅう
星の露浴びた白さの姫女苑
うさぎまんじゅう
かいらしなええ名もろたな姫女苑
うま子
いもうとのまえばみそっぱ姫女苑
うま子
姫女苑晴れた褻の日にまびかれた
かもん丸茶
この風はだれの風葬ひめじょおん
かもん丸茶
姫女苑小さき睡たさとして群れ
きゅうもん@木ノ芽
姫女苑洗い晒しの故郷の
きゅうもん@木ノ芽
姫女苑摘んでアイボの一周忌
くさ
お砂場はみんなのものよ姫女苑
くさ
百歳を尊ぶ暮し姫女苑
ぐずみ
真っ暗闇知らぬ今の児姫女苑
ぐずみ
ひめぢよをん嘘は戦争のはじまり
ぐでたまご
落し物係のしごと姫女苑
ぐでたまご
姫女苑好きな恐竜おりました
くみくまマフラー
歌いなさい花もつぼみも姫女苑
くみくまマフラー
姫女苑昨日の雲の色であり
クラウド坂の上
休日に洗う自転車姫女苑
クラウド坂の上
雨にも負けぬ人でありたし姫女苑
くりでん
姫女苑名前を呼べど来ぬ子山羊
くりでん
廃村の嗚呼ここは姫女苑畑
けーい〇
姫女苑地に静かなる切られ役
けーい〇
ひめぢよをん鬼針金に鳥の羽根
こはまじゆんこ
教会はいつも開かれひめぢよをん
こはまじゆんこ
姫女苑やがて少女にくる生理
じゃすみん
肋骨を奏でる風やひめじよおん
じゃすみん
夕風にほとびる白や姫女苑
しゃれこうべの妻
姫女苑ほしょほしょ幸の薄きひと
しゃれこうべの妻
隧道の口の真つ黒ひめぢよをん
たんじぇりん金子
思ひ出し笑ひ零れぬ姫女苑
たんじぇりん金子
姫女苑手折り名馬の墓参り
ちゃうりん
姫女苑すなおに伸びる背の淋し
ちゃうりん
竜神の祠が姫女苑の丈
つぎがい
ひめじょおん笛のふくろも砂まみれ
つぎがい
姫女苑手折れば空へ飛ぶ体
としまる
姫女苑地図から消える母の里
としまる
姫女苑配し墓碑めく渡し跡
トポル
姫女苑チョークで囲むブレーキ痕
トポル
姫女苑の白は天使の取り分
トマト使いめりるりら
美しき腐葉土姫女苑甘さう
トマト使いめりるりら
ひめじょおんフランス語っぽく言つてみる
とんぼ
貧乏にいつしか慣れてひめじょおん
とんぼ
牛を待つプレイボールや姫女苑
ひねもす
姫女苑着替持たざる車中泊
ひねもす
姫女苑でたらめなりに分かる手話
ふるてい
ひめじょおん吾より華美なる服の犬
ふるてい
海光のほつれてゆけば姫ぢよをん
ほろろ。
姫女苑ブリキの星を提げ夜の来
ほろろ。
人間もまびかれてゆく姫女苑
まこちふる
人間は線引きをする姫女苑
まこちふる
姫女苑だんだん曲がる雑巾がけ
ましろなぎさ
姫女苑三百円のおこづかい
ましろなぎさ
姫女苑錆びてはゐるがバス来たる
まんぷく
せやからな道に迷うて姫女苑
まんぷく
竹の定規を指揮棒に姫女苑
ももたもも
縁石を平均台に姫女苑
ももたもも
姫女苑きょうからひとりのこどもえん
ゆうら(3才)
姫女苑ほんとはピアノならいたい
ゆうら(3才)
姫女苑うさぎの餌にまじりけり
る・こんと
いぢめたき実習生や姫女苑
る・こんと
学問は難しひめじおん群れたり
伊奈川富真乃
ひめじおん異邦人たる隣町
伊奈川富真乃
山寺にフェラーリ停めむ姫女苑
伊予吟会 宵嵐
木星に近似種あらむ姫女苑
伊予吟会 宵嵐
ゲルニカに姫女苑一輪欲しい
育由
この世には魔女などおらぬ姫女苑
育由
灯台の百年またたく姫女苑
一斤染乃
太陽をこぼれ姫女苑の地平
一斤染乃
晴天の朝の讃美歌姫女苑
雨霧彦@木ノ芽
多摩川のラジオ体操姫女苑
雨霧彦@木ノ芽
ひめじょおんみたいな日々よかえりこよ
横縞
姫女苑宇宙ステーションに挨拶す
横縞
茎昇るやわらかき水姫女苑
温湿布
姫女苑ゆれて赤ちゃん高い高い
温湿布
姫女苑のひとつに雨の当たりけり
可笑式
文集の夢はいつわり姫女苑
可笑式
黒山羊のにこにこと食む姫女苑
夏 湖乃
木刀を供ふ武者塚姫女苑
夏 湖乃
姫女苑の丘 少女らのくるぶし
夏雨ちや
若武者は死にましたよと姫女苑
夏雨ちや
爆音に揺れる鉄柵姫女苑
夏柿
戦争を知らない子供ひめぢよをん
夏柿
溜息はきらひ姫女苑はばかね
河本かおり
あいりんの牛乳瓶や姫女苑
河本かおり
まち針に名前を書いてひめじよおん
花河童
姫女苑あした天気になる予感
花南天anne
姫女苑つっかけで行く赤のれん
花南天anne
遊んでは駄目な子ひとり姫女苑
霞山旅
姫女苑の姫の部分を毟り取る
霞山旅
列島のそばかす白く姫女苑
楽花生
押し合って今日は旗日や姫女苑
楽花生
ピンボケのやうに湧き満つ姫女苑
亀田荒太
津波などなかつたやうに姫女苑
亀田荒太
寅さんの背中は四角姫女苑
久我恒子
鉄塔はまるでガンダム姫女苑
久我恒子
黒きほど青深き空姫女苑
虚実子
志士の墓探しあぐむや姫女苑
虚実子
姫女苑いま時の子は脚長い
京野さち
姫女苑倭国に卑弥呼ありにけり
京野さち
姫女苑に地目変更されさうに
玉庭マサアキ
ひめぢよをん国の扉が錆びてゐる
玉庭マサアキ
七釜(しっかま)のトンネルさびて姫女苑
吟 梵
葬列の道は真っ直ぐ姫女苑
吟 梵
姫女苑集合写真欠け始む
戸部紅屑
姫女苑右横書きの順路札
戸部紅屑
UFOの代わりに姫女苑の土産
高田祥聖
姫女苑摘みたし摘んで如何にせむ
高田祥聖
姫女苑超えたらホームランとする
高野きぬ
フェンス越しの あ え い う え お あ お 姫女苑
高野きぬ
陰といふ陰の蒸発ひめぢよをん
黒子
制服のひかがみ清ら姫女苑
黒子
非常時の集団下校姫女苑
佐藤志祐
姫女苑決して貧乏ではない
佐藤志祐
頼りなき弟が恋姫女苑
砂山恵子
なんか退屈なんとなく姫女苑
砂山恵子
姫女苑神はまことに不公平
彩楓(さいふう)
粗壁のままの牛小屋姫女苑
彩楓(さいふう)
姫女苑午後の卵を三个買ふ
斎藤秀雄
暮方を一病とゐて姫女苑
斎藤秀雄
姫女苑ビールケースのお立ち台
山香ばし
ひめじょおん姓で呼ばるる上京後
山香ばし
姫女苑の黄とパンダの眼の直径
司啓
俺は棒人間 彼女姫女苑
司啓
姫女苑この村はみな子だくさん
四緑
長江に釣りし怪魚や姫女苑
四緑
農村の隅にコンビニ姫女苑
糸川ラッコ
どうしよう子猫がいるよ姫女苑
糸川ラッコ
僕はまだ鳥じゃないのか姫女苑
次郎の飼い主
ひめじよおん地球愉しきところかな
次郎の飼い主
蜂二匹止め姫女苑あかるし
鹿本てん点
叱られし子を匿ひぬ姫女苑
鹿本てん点
野にジャズのピアノのやうにヒメジョオン
斜楽
抱一の描き洩らしたる姫女苑
斜楽
青空の青の重さや姫女苑
淳風
咲いている君しか知らぬひめじょおん
淳風
投げやりな帰途姫女苑さえおれば
潤目の鰯
落陽を惜しむ合掌姫女苑
潤目の鰯
姫女苑水が入ればすべて花器
小川めぐる
姫女苑よきことばかり書く手紙
小川めぐる
姫女苑挿す栄養剤の茶瓶
松井くろ
二回目の恋は清貧姫女苑
松井くろ
姫女苑つくづく朽ちている手桶
上倉すず女
空つぽの山羊小屋濡れて姫女苑
上倉すず女
間奏はギターの音とひめじょおん
城内幸江
先生の縁談話姫女苑
城内幸江
ヒメジョオンどうしてまるはまあるいの
神山刻
小指てふやくそくの指姫女苑
神山刻
三度目の家出の帰り姫女苑
仁和田 永
姫女苑俺の墓前で揺れるなよ
仁和田 永
あの空へペダル漕ぎゆく姫女苑
水夢
姫女苑雲と約束交はしけり
水夢
ひめじよおん王さまずつと裸んぼ
西川由野
姫女苑でひとをぶつてはいけません
西川由野
姫女苑漫ろに摘めば風変はる
青田奈央
姫女苑風に硲はあるかしら
青田奈央
むらおさもゐてむらさきの姫女苑
石井一草
姫女苑へにゃりと曲がりへにゃりと直る
石井一草
姫女苑貧しき国の子だくさん
善多丸
姫女苑舟木一夫の学園歌
善多丸
姫女苑友の定義のごときかな
足立智美
◯◯に似てるは禁句姫女苑
足立智美
マーマレードの空の下姫女苑
痴陶人
寝たといふ記憶しかない姫女苑
痴陶人
色褪せたお薬手帳姫女苑
丹波 らる
五分刈りも姫女苑も触りたい
丹波 らる
ひめぢよをん声は電車に攫はれて
中山月波
姫女苑ちぎれるようなさようなら
中山月波
ひめじょおん手折るやはらかな自虐
宙のふう
姫女苑見しより砂骨寂しがる
宙のふう
ずる休み許してくれる姫女苑
天陽ゆう
道草は僕らの仕事ひめじょおん
天陽ゆう
重力に逆らわぬ午後姫女苑
渡野しえん太
大飛球追ひて水際姫女苑
渡野しえん太
その辺は雑草これは姫女苑
冬のおこじょ
リポビタンD尿は支子色姫女苑
冬のおこじょ
この道のあの姫女苑までに言ふ
藤田ゆきまち
姫女苑フォークダンスは二時限目
藤田ゆきまち
迂回路は焚書の跡地姫女苑
内藤羊皐
主なき象舎を翳る姫女苑
内藤羊皐
まち針を抜くやうに姫女苑を抜く
南風の記憶
姫女苑津波は展望台まで来た
南風の記憶
まあうまく車輪を避けて姫女苑
播磨陽子
姫女苑妻は死んでもかかあ天下
播磨陽子@願わくばずーっと後の時間に、私が先立って、夫がこんな風に私を思い出してくれたらそれもいいかな。いまダイニングテーブルに、摘み取ってきた姫女苑、「兼題だから」って言って飾ってます。
墓に花供へるあそび姫女苑
板柿せっか
産休の風のやはらか姫女苑
板柿せっか
ホームランボールは姫女苑のもの
比々き
野仏は四等身や姫女苑
比々き
姫女苑連絡網の先々に
稗田鈴二郎
ヒメジョオン英語ぺらぺらではないか
稗田鈴二郎
ひめじょおんなみだはいつかかわきます
服部勝枝
姫女苑や海が攫った地に咲きて
服部勝枝
どこへでも行ける明るさ姫女苑
福蔵
海に胸ひらいて島の姫女苑
福蔵
ひめぢよをんひめぢよをん揺れる様に似た歌を
碧西里
風が吹いたなら出かけよう姫女苑
碧西里
厨房の裏に洩るる灯ヒメジョオン
蜂里ななつ
明日は来るとはかぎらないヒメジョオン
蜂里ななつ
姫女苑子の説く女系天皇論
堀口房水
思ひ出せぬ二番目の恋姫女苑
堀口房水
誰にでも甘ゆるチワワ姫女苑
万喜ミツル
老人斑増ゆ姫女苑摘むときに
万喜ミツル
人はすき女はきらい姫女苑
未補
耳鳴りに聞き入る真昼姫女苑
未補
職場もう無いんだそうだ姫女苑
眠井遠雷
空遠いからこそ青い姫女苑
眠井遠雷
姫女苑ひとむれ風にかたちあり
明世
着陸の余韻左翼に姫女苑
明世
姫女苑すかさず仮設トイレ脇
木江
ハングルの丸も文字なり姫女苑
木江
紙コップに注ぐカルピス姫女苑
野ばら
姫女苑あの子寄り道ばかりして
野ばら
姫女苑献血ルーム人疎ら
野々りんどう
奥津城の日溜まりしづか姫女苑
野々りんどう
別れてより続く生あり姫女苑
野良古
姫女苑すれすれを去る君(続く)
野良古
姫女苑昼を遠きに置きし朝
蘭丸結動
砂浜の付け根を噛みぬ姫女苑
蘭丸結動
姫女苑この町で俺死ぬのかな
龍田山門
自死防ぐ柵の長さや姫女苑
龍田山門
蜜いろの箱の漂着姫女苑
緑の手
ひめぢよをんのびそろふ城攻めのやう
緑の手
末っ子は自由に生きる姫女苑
露砂
屈伸のたびに鳴る膝姫女苑
露砂
肺の病むせかえる姫女苑の白
露草乃
初恋や姫女苑噛めば苦かろう
露草乃
ひめじょをん薄墨色の鳥羽の空
朶美子(えみこ)
日のあたる日立の社宅ひめじょおん
朶美子(えみこ)
紀伊の城の青空甘し姫女苑
蓼科川奈
姫女苑今ありがたきありきたり
蓼科川奈
広島の木の影深し姫女苑
蜥蜴の尻尾
陽を遊び星を遊ぶや姫女苑
蜥蜴の尻尾
姫女苑かきわけ高架下の秘密
靫草子
耳打ちの息の湿り気姫女苑
靫草子
ひめぢよをん喪の家の子と手をつなぐ
RUSTY
きびだんごわたしてひめぢよをんもらふ
さとけん
姫女苑鬼が出ぬ間に帰らぬか
山名凌霄
ふくらみ始めた胸の高さに姫女苑
吉行直人
離れゆくボートはひつぎ姫女苑
sol
姫女苑ジャンボジェットの音に揺れ
Dr.でぶ@いつき組広ブロ俳句部
姫女苑今も健康優良児
GONZA
姫女苑白きまつ毛を見開いて
KAZUピー
夕暮の素振り百回ヒメジョオン
Q&A
ひめぢよをん健気にもたれ合う鞄
TAKO焼子
疾走する獅子のたてがみ姫女苑
wolf626
姫女苑たまご一個のお使いに
あいみのり
阿字観の懐にあり姫女苑
アヴィス
姫女苑セーフで試合再開す
あおはるぱぱ
踏ん張れよふんばれよ君姫女苑
あさり
姫女苑普通と呼べる暮らしあり
あじさい 涼音
姫女苑華奢な毒舌はびこらせ
あたなごっち
三塁線切れてファールや姫女苑
あつむら恵女
来る来ない陽は月になる姫女苑
あなうさぎ
ひめじょおん分数できぬ子はひとり
アホ太郎
入居者の決まらぬ借家姫女苑
あまぶー
姫女苑車窓から見る山は過去
アマリリスと夢
纏足の名残の爪や姫女苑
あみま
逆上がり出来ぬ日暮れの姫女苑
イエロー雲
姫女苑朗らかに受く犬の尿
いく葉
昼の星映して原野姫女苑
いごぼうら
百年後も姫女苑揺れてゐる世界
いさな歌鈴
姫女苑なんだか緩むへの字口
いたまきし
貧楽しラヂヲに笑ふ姫女苑
いなだはまち
アルパカの餌に成りおり姫女苑
いなほせどり
ヒメジョオンの空の青さへコイントス
うしうし
武蔵野の墓に長けたる姫女苑
うづら@第二まる安
傲慢な若さをいたみ姫女苑
うに子
ヒメジョオン空はどこまで高いやら
えいぎょ
ゴム跳びの声残りけり姫女苑
エイシェン
姫女苑何故踏まれても顔伏せぬ
えりいも
プロペラとなりてそらゆけヒメジョオン
おきいふ
姫女苑刈り取るボール現れる
オサカナクッション
姫女苑涙の量が減りました
お気楽草紙
ゴム跳びの汚れぬ空や姫女苑
かざばな
太陽を裏切る白さ姫女苑
かつたろー。
ままごとは犬役ばかり姫女苑
かをり
じょおんとは不思議なる音姫女苑
キートスばんじょうし
人の好い妖怪みたいひめじょおん
キープフレッシュ
ひめじょおん昭和の犬はジョンばかり
ギボウシ金森
常の日が遠くになりて姫女苑
キヨ
姫女苑腰ふっくらと描く裸体
きよなお
夕風の古墳に匂ふ姫女苑
ぎんやんま
廃屋へ誘ふ小径やひめじおん
こうちゃんおくさん
ガス止めの通知濡れをり姫女苑
こじ
長女になる庭をステップ姫女苑
こじまはじめ
女教師に恋したことあり姫女苑
こてつ川
姫女苑狸狐ハ家ニイル
サイコロピエロ
姫女苑みんながみんな敵じゃない
ざうこ
ありふれた風待っている姫女苑
さくやこのはな
姫女苑ポルトガルから宣教師
ささき良月
餌皿にたまる雨水姫女苑
さとう菓子
ケンカ負けた滲む青空ヒメジョオン
さんさん珊瑚
姫女苑つっかけハの字の勝手口
しみみ
水筒のほうじ茶きらり姫女苑
しゅうちゃん@5さい
どの風に乗って行きましょ姫女苑
しゅうふう
朝食は大広間です姫女苑
しんしん
大阪に嫁して子二人姫女苑
ず☆我夢@木ノ芽
霊山に石垣多し姫女苑
すえよし
姫女苑鬼籍は北へ送りけり
スローライフ
姫女苑村で六十路は乙女なり
せいち
姫女苑冠にして君と逢う
そまり
鳶職の最後の煙草姫女苑
たいき
一姫の気丈夫なるや姫女苑
たま走哉
国境と知らずに咲けり姫女苑
たろりずむ
太陽の刺々しさや姫女宛
ダンサーU-KI
姫女苑野鳥公園は休園
ちびつぶぶどう
姫女苑もはや夢より遠い母
ちょろたこいん
夢が丘空き地の風の姫女苑
つちや剛
自転車に乗れてカーブだ姫女苑
ツユマメ末っ子@8歳
夕暮れの唱歌のやうな姫女苑
ティアラ文緒
姫女苑シャンプーハットもういらない
テツコ@第二まる安
姫女苑着工予定は二年前
テラダスオウ
新しき靴おろす朝姫女苑
でらっくま
欠席の児へ明日の予定と姫女苑
でんでん琴女
ヒメジョオンだけ残りたる地球かな
ドイツばば
オクラホマミキサーつづきひめぢよをん
どかてい
その名前不自由そうね姫女苑
ときえ
みちのくの風葬址の姫女苑
ときわ露草
伸びる伸びる姫女苑伸びるまだ
ともかわすてむ
ヒメヂヨヲン試食大きい洋菓子店
とりこ
バス停で姫女苑と雨宿り
なかしまともこ
はないちもんめ男子の蹴ったひめぢよおん
なかの花梨
姫女苑通り過ぎたらミホちゃん家
なつぽよ
クラウンの納車日和に姫女苑
ねずみ男
ふりむけばふりつづける手ひめじょおん
はごろも
勤行の足の痺れや姫女苑
はじめ
折り紙がくるむブーケの姫女苑
はなあかり
伯母の訃を報せ了えたり姫女苑
はなだんな
裏路地はらくがきひろば姫女苑
はまのはの
姫女苑そよそよ自称魔女の庭
はむ
姫女苑耳の形はみな違う
はるく
姫女苑犬の里親になれぬ歳
ハルノ花柊
姫女苑白に秘めたる悪意かな
ひでやん
廃校のチャイムに姫女苑揺れて
ひよはるばば
オリンピック予定地占める姫女苑
ひろきち
姫女苑一緒に歌う通学路
ひろくん12さいのママ
一号車ホームの端の姫女苑
ひろしげ12さい
鍵っ子の僕道端の姫女苑
ひろの
姫女苑「かぐや姫」がラジオから
ふうせんかずら
姫女苑炒め物しか作れない
ふくろう悠々
恐竜のやうな雲だよ姫女苑
ふさこ
大楠は空の真ん中姫女苑
ふっこ
パレットに雨交ぜおりて姫女苑
ペトロア
南京錠かたし姫女苑ばかり
ほしの有紀
人の死も三日ともたぬヒメジョオン
ぽんぽこぴーな
その奥の壕のにほひや姫女苑
マーフィー
清貧や姫女苑揺る日照り雨
まぐのりあ@蚊帳のなか
ひめぢよをん通行人のA の役
まどん
姫女苑ここにビルが建つんだって
マユミの実
ひめじょおんきょうのたいようげんきやな
まりな(5歳)
微酔てふ午後のありけり姫女苑
まるちゃん2323
一族のみんな逝きたり姫女苑
みくにく
午前零時月が種まく姫女苑
ミセス水玉
姫女苑牽制球の逸れにけり
みつれしずく
ちぎり絵の野にそよぎたる姫女苑
みどちゃん
姫女苑の咲くような我が家なのか
みどりがめ
餌付けされ野良猫肥ゆる姫女苑
みのる
姫女苑引っ越し先に三輪車
みゃーけ
都会にも人住まぬ家姫女苑
みやかわけい子
風道の猫は銀色姫女苑
みやこわすれ
姫女苑の群へ演劇部の長音
むらぴ
うんていのいつことばしやひめじよおん
もっちゃん5さい
雄鶏の捨てられし野や姫女苑
もりたきみ
おさがりの服の釦や姫女苑
やぶつばき
姫女苑じゃあまたねから十年目
ゆすらご
姫女苑私の櫛は欠けている
ゆみづき
直角の父の片恋姫女苑
よしおさん
違ふ路来ても会ふ人姫女苑
らくさい
道草に乾きしなみだヒメジョオン
ラッキーの母
校庭の小さなライオンヒメジョオン
らぶか8才(さんさん珊瑚の長女)
姫女苑の花弁を起爆のピンとする
りんたろう
姫女苑昔ここには修羅がいた
るりぼうし
ヒメジョオンのっぽのジョーは本が好き
わこたんのまま
継当てを膝に踵に姫女苑
わらび一斗
牛を売りまた牛を買ひ姫女苑
葵 新吾
姫女苑微熱と嘘をついた朝
或人
姫女苑満つ骨のない母の墓
安宅麻由子
ひめじょおんみずがこんなにつよいとは
安溶二
姫女苑刈り倒されて月明かり
伊藤善隆
姫女苑つながれぬ手のつなぎたし
伊豆子
牛糞の間に間に伸びし姫女苑
伊予吟会 心嵐
お地蔵にポンと姫女苑のティアラ
位子
姫女苑すこしよけたる草刈機
位相朗
田の隅の鴨の飼育場姫女苑
一走人
惑星ヒメジョオンになつているかも
一茶お
アドリブの風の旋律姫女苑
壱太
姫女苑調律つづく奏楽堂
右田俊郎
姫女苑と家出夕食に帰宅
宇田建
ひとつぼしゆっくりうすれひめぢよをん
烏兎
俯いて歩けば叱る姫女苑
雨職人
缶けりの作戦会議ひめぢよをん
影山らてん
備前焼手にざらついて姫女苑
英与
山姥の墓に咲かせて姫女苑
幸せに見えてゐるはず姫女苑
円堂実花
姫女苑刈り残ししを刈られけり
遠音
前撮りは此処にしませう姫女苑
塩の司厨長
見失ふ犬の耳先ひめじょおん
奥野悦穂
ひみつきちけんせつよていちひめじよおん
佳山
姫女苑お城に姫はをりませぬ
加世堂幸柳
住む町に知らぬ道あり姫女苑
嘉門生造
姫女苑じゃりン子チエの下駄が鳴る
河原つばめ
ふたりをへだつ姫女苑刀のごと抜けり
花屋英利
寝転んでハイジのやうね姫女苑
雅喜
ジャグリングひとつは束の姫女苑
餓省
中国語しゃべりそうだね姫女苑
海葡萄
外野席の日陰見つけて姫女苑
海峯竜寿
姫女苑こころが怪我をした夜に
海野碧
意地悪な朝のはじまり姫女苑
絵十
苦力の敷きし鉄路や姫女苑
樫の木
姫女苑鍵つ子影となるばかり
ヒメジョオン覆う古墳の空低し
叶田屋
散歩とは詩につくること姫女苑
瓦すずめ
外野抜け球転々と姫女苑
勘太郎
雨の日も背を真っ直ぐに姫女苑
甘泉
姫女苑ねこ家移りに馴染むころ
閑茶
姫女苑のテイアラ作りて姉さまへ
岸 れん
ひめじょおん補助輪外れ風の中
輝棒
空色を小さじ一杯姫女苑
亀の
唐揚げ弁当安いと二つ姫女苑
亀山酔田
姫女苑地球を追われ月に咲く
亀田勝則
ひめぢよをん妻だけの益荒男となれ
久蔵久蔵
出作りの生薬苦し姫女苑
久留里61
五歳児のいけないあそび姫女苑
宮永風太
ここにはね家があったんだよ姫女苑
宮間ミヤマ
上京を見送る風や姫女苑
宮坂変哲
吾ばかり叱る担任ひめじよおん
宮武濱女
塞がれた塾への抜け道姫女苑
宮本象三
微笑みのどこかに刃姫女苑
宮﨑紅清
学名を賜りました姫女苑
弓女
姫女苑道道聴かすリコーダー
玉繭
姫女苑希望が丘の団地老い
金子加行
男手で育てし娘ひめじょおん
金治宜子
雲梯に退屈ぶらり姫女苑
銀命堂
ワーキングホリデー異国の草抜く姫女苑
空 春翔
姫女苑火の島今日は見えません
君島笑夢
不自然な台詞に黙る姫女苑
桂奈
姫女苑境界石に朱の十字
月見柑
姫女苑しじまの五輪スタジアム
月城花風
擦りむいた膝つばつけて姫女苑
古都 鈴
時過ぎて幾ベクレルや姫女苑
戸雁庵
すれ違ふひとは死者なり姫女苑
枯丸
犬連れて朔日参り姫女苑
湖雪
姫女苑イヤホンからは広東語
公木正
姫女苑三年売れぬ分譲地
好文木
歩く歩く姫女苑歩く歩く
広瀬 康
江戸城の石垣高し姫女苑
江戸川青風
スパイクの轍から咲く姫女苑
硬度十
姫女苑重機の削る川堤
紅さやか
ひめじょおん時間のかぎり泣いてやる
綱長井ハツオ
姫女苑彼女は哀しかつたのだ
香野さとみZ
兄死すの知らせ姫女苑に内緒
高橋笑子
敷石へ撒く水重し姫女苑
高橋寅次
チチヤスの瓶ひめぢよをんちぎりきて
高橋無垢
大学の猫の命日姫女苑
高倉ちとさ
濃やかに陽を織り込んで姫女苑
克巳@夜のサングラス
竜頭巻くじりじりじりと姫女苑
国代鶏侍
姫女苑今日も私は村人A
黒うさ狐
あの花と呼ばれてばかり姫女苑
今井佳香
ひめじよおん兄七歳の男だて
今田無明
潜りたる茨線の穴姫女苑
根本葉音
姫女苑摘むや此処なら犬も来まい
佐藤儒艮
流れてるのは私か雲か姫女苑
沙那夏
姫女苑負けてばかりの指相撲
斎乃雪
マスクする同じ色だねと姫じょおん
細川小春
障害の息子とけんか姫女苑
細木さちこ
姫女苑異動紙面の握り皺
榊裕江子
滑走路残る青空姫女苑
桜日出郎
剣士ってわたしもなれる?ひめじょおん
三浦にゃじろう
ひめじよおん続く草臥れてあるけない
三子
営業の人踏んでゐる姫女苑
三重丸
砂埃たててトラック姫女苑
山内彩月
花びらに厚みありとは姫女苑
山乃火穂
牧場の喪中の紙や姫女苑
山本嘉子
姫女苑つま先立ちで見たテレビ
四丁目
味噌汁と麺麭の朝食ひめぢよをん
始の子
姫女苑間引地蔵の欠けたる眼
志保川有
待機重機の腹をいぶかる姫女苑
姫女苑母はいまなほお嬢さま
紫檀豆蔵
姫女苑女児は三歳からおしゃま
柴原明人
母の切る私のおかっぱ姫女苑
紗智
姫女苑 若き詩人の死を悼む
朱夏A
めかくしの下で見ている姫女苑
愁愁
姫女苑すっく辞表を書き終えて
秋熊
家斉に五十五子とか姫女苑
重翁
満塁打浴びて家路の姫女苑
重木一行
ヘルパーの運ぶお膳に姫女苑
純音
マイバッグ重し路傍の姫女苑
升 丁茶
姫女苑なでて通るや車椅子
小橋春鳥
ヒメジョオン空を飛ぶ絨毯になる
小山晃
中心の黄の昂ぶりて姫女苑
小川野棕櫚
姫女苑さていつ消えた蒙古斑
小泉ミネルヴァ岩魚
祖母語る棄老の坂や姫女苑
小倉あんこ
あの家はと噂話や姫女苑
小鳥ひすい
姫女苑目印の無き待ち合わせ
小椋チル
闘犬ののし歩く道姫女苑
小野更紗
鎖場の人影はるか姫女苑
小林妙
新品のハモニカ無くす姫女苑
昇華
姫女苑一人遊びは得意です
松浦麗久
ともだちもお百姓さん姫女苑
松山のとまと
宮さまのお声匂やかヒメジョオン
松田てぃ
姫女苑選手借りるや草野球
湘輝
吹き抜ける風は短調姫女苑
笑松
こどもみらい館跡地に姫女苑
常幸龍BCAD
姫女苑昨日引き摺りズル休み
常陸人
冗談が分かるなら好き姫女苑
森一平
姫女苑ジャングルジムの四面楚歌
森永侑樹
姫女苑なでて子猫の湿っぽさ
森青萄
石仏の主訴は肩凝りひめじょおん
森川いもり
不器用な母の三つ編み姫女苑
深草あやめ
偏差値は中の上なり姫女苑
姫女苑大縄跳びの最後尾
真宮マミ
そろそろと星に飛びたし姫女苑
真繍
インディアンのフルート哀し姫女苑
真心素秋
姫女苑ただ聴くだけでいいですか
水無月
姫女苑中央分離帯も雨
粋田化石
金網をくぐる近道ひめぢよをん
酔下弦
荒れ地また心地好からむ姫女苑
数鉄砲
牛の歯の思わぬ白さ姫女苑
雀虫
太陽のちよつと近づき姫女苑
世良日守
わたしには思い出がある姫女苑
瀬尾白果
史跡野の起伏を均し姫女苑
清波
姫女苑三角ベースで日が暮れて
西村小市
牧水の恋歌姫女苑を挟む
西藤智
姫女苑が大好きなどと嘘を吐く
青海也緒
姫女苑つえつく母の歩み待つ
青嵐
けふもまた聞き上手やね姫女苑
石あい女
女生徒の尻跡凹む姫女苑
石井茶爺
ゴスペルの陽気なリズム姫女苑
石原由女
裾ゆれて輪唱のごと姫女苑
石神湖畔
のせる雨つぶもちひさき姫女苑
石川聡
赤錆の顔出しパネルに姫女苑
石田将仁
姫女苑水防団に女性班
赤馬福助
姫女苑踏まねば行けぬ旧校舎
雪うさぎ
城跡の此処は大奥姫女苑
千の葉
選手村予定地姫女苑揺れる
千恵
裏切りを終え姫女苑の花束を
千仗千紘
姫女苑そろばん塾へ二十分
占新戸
姫女苑見ずに通れぬ空き地かな
浅見弓楽
犬のいた時間 しずかな姫女苑
倉嶋志乃
姫女苑以上で恋人未満で
倉木はじめ
姫女苑と化して故郷に茂りけり
相模の仙人
疫神の疾風真直ぐに姫女苑
豆腐売りの鉦は遠のく姫女苑
蒼奏
口笛の聞える朝や姫女苑
蒼鳩 薫
姫女苑風がるるると鳴いている
村崎 雫
姫女苑蛇の棲みたる天守跡
村上yamada
姫女苑キッチンカーにアジアの香
多喰身・デラックス
妻すでに異ふ人かも姫女苑
多事
ひめぢよをん風はがさつでやさしくて
多々良海月
丹沢の水音に振る姫女苑
太子
遮断機の煩き空ろ姫女苑
大小田忍
姫女苑玉葱吊るす平家村
大村真仙
姫女苑こんな愚息を育て上げ
大塚迷路
姫女苑セーラー服の襟しゃんと
大槻税悦
姫女苑母ちゃん姉ちゃん爆心地
鷹星
学校はやつぱり良いね姫女苑
谷口詠美@けさ、部活動にいく生徒たちの呟きです。 日常と思っていた登校のありがたさが身に染みるとテニス部の中学生の ささやきでした。
大道具骨組み終へり姫女苑
箪笥
山向かふ人も住むらむ姫女苑
池田郁英
姫女苑ひとり欠けたる旅仲間
池田香
石舞台ほどのひだまり姫女苑
池之端モルト
姫女苑愛犬もよおす曲がり角
竹さ
戦友の死を看取りけりヒメジョオン
竹春エリザベス
あの雲はどこの生まれか姫女苑
竹内みんて
今川を攻めし荒野や姫女苑
竹林
姫女苑そよぐ野となり平城京
中岡秀次
くれぎはの黄金のひかり姫女苑
中根由起子
父と母帰らぬ道の姫女苑
中山白蘭
わたくしの影は黒々ひめじょおん
中村 邑
レイピアの刃まっすぐ姫女苑
長ズボンおじさん
姫女苑もいちどゆれて猫のこゑ
直樹里
廃炉視る夜ノ森の駅姫女苑
津軽ちゃう
姫女苑消ゆる宇宙の黒き穴
津軽まつ
母許や龍を呼び寄す姫女苑
津軽わさお
廃屋の銀幕スタア姫女苑
通事早矢男
姫女苑気球の浮かぶ河川敷
辻が花
体重は魔女より軽し姫女苑
鶴屋桃福
髪撫でる野の風は父姫女苑
定吉
象岩に放課後集合姫女苑
定吉
そばかすのあの子も親か姫女苑
泥酔亭曜々
ピチカート姫女苑の花が散る
田村美穂
武者返しの微分の反りや姫女苑
田中勲
目撃者求む看板姫女苑
田中耕泉
朝練の金管止みて姫女苑
田中舵郎
姫女苑散歩仲間に遠会釈
田邉真舟
ひめじょおんなんとおおきなろくねんせい
島崎伊介
信長の首は何処ぞ姫女苑
東京極遊山人
姫女苑なぎ倒し座すティ-タイム
桃泉
街灯の一つ切れおり姫女苑
桃葉琴乃
市役所の日替はりランチ姫女苑
桃和
姫女苑午後は洗車をするつもり
当卯
姫女苑わらっているよな鬼瓦
藤源卿
閂のかかる米蔵姫女苑
藤川さくら
姫女苑顔を出すのは名犬ポチ
瞳子
体育の授業は見学姫女苑
南風紫蘭@木ノ芽
虫食ひの道路予定地ひめじよをん
南方日午
二人きりのデートのはずぞ姫女苑
尼島里志
疲れ果て膝が笑うよ姫女苑
日下まひろ
姫女苑母の帰りの遅き日の
日記
姫女苑人はあっけなく逝っちゃうね
猫渓
優しかった場所は姫女苑でいっぱい
俳句ライダー
姫女苑風の音するトタン屋根
畑山六十二
姫の呪ひ鎮ず地蔵と姫女苑
八幡風花
姫女苑はじめて補助輪はづした日
樋口滑瓢
墓石には枯れた五本の姫女苑
美年
ひとむらの憂ひを透かす姫女苑
柊 月子
逆上がりできた子座る姫女苑
富山の露玉
百均を山ほど買うて姫女苑
武井かま猫
ランドセル投げる潰れる姫女苑
風慈音
ボロデニム窓枠に干す姫女苑
風舎哲坊
姫女苑誰かがわたし踏んずけた
風峰
すり減りし石段に艶ひめじょおん
福花
姫女苑おおスザンナの辿々し
福良ちどり
底抜けの寂しがり屋の姫女苑
文月さな女
姫女苑母に秘密のありにけり
文女
妹に言へない秘密ひめぢょをん
平本魚水
蹲踞を鏡としたる姫女苑
呆爺
休田を隈なく攻むる姫女苑
峰泉しょうこ
姫女苑膝くすくすと笑わせり
姫女苑山上る移動販売車
北の山猫
姫女苑いっぱい死者を焼いた原
北川蒼鴉
指示通りドローン飛ばぬ姫女苑
北村 崇雄
捨てられず解く折り鶴や姫女苑
北藤詩旦
姫女苑シャチハタ印を拒否されて
北野きのこ
かなしめば雨に紛るる姫女苑
睦月
青空の青に姫女苑の翳り
抹茶金魚
お日さまが良く描けました姫女苑
末尾波世遠
健脚の組に加わり姫女苑
夢堂
歩けば五千歩休めば姫女苑
椋本望生
太陽の前髪姫女苑傾ぐ
綿井びょう
これほどの姫女苑なら苅られまい
茂る
かごめかごめ後ろの正面姫女苑
網代
ひめじよをんゆれて鬼さん来る気配
木染の窓
ひめじょおん父亡きことを忘れ摘む
門前町光乃
土地収用告知受けたりひめじょおん
也和
姫女苑葉佐池古墳五次調査
野の花 誉茂子
姫女苑もふるもふると風の音
野地垂木
姫女苑艇庫へ担ぐ漕女たち
野々原ラピ
生活を雑務と言うな姫女苑
矢橋
溜池の多き里なり姫女苑
薮久美子
姫女苑月の便りを待つてをり
由づる
まつさらなふきんの風や姫女苑
夕虹くすん
翻る屋根のシートや姫女苑
葉るみ
母国語を話せぬ子供姫女苑
欲句歩
ひめぢよをん踏みし軽トラ畑に入る
利平
貧乏は気の持ちようさ姫女苑
見えてないふり猫と姫女苑と猫
裏山小虫
何のため誉められたいか姫女苑
里甫
ついてきた嘘の数ほど姫女苑
立石神流
姫女苑大和の水は旨しかな
立歩
姫女苑遠くへ行くにけものみち
流士
この空は繋がっている姫女苑
竜胆
姫女苑ディスコ跡地の雨あがり
鈴廣
書き留める今日の良きこと姫女苑
老人日記
姫女苑空き家の固定資産税
和光
姫女苑補修手間取るちぎれ雲
和鹿島
彼はもう十四になりぬ姫女苑
戌亥
花屋には花屋の花や姫女苑
洒落神戸
この街もシャッター通り姫女苑
煌宙
光秀は野に下る人姫女苑
獺八(うそはち)
姫女苑口呼吸する明け方や
祺埜 箕來
吾子の手にあまた萎えけり姫女苑
笙女
鳥笛に騙され笑う姫女苑
筬葉
姫女苑の群れより出でて何になる
綉綉
清貧の昭和は遠し姫じょおん
聰子
姫女苑山羊の反乱起きさうな
芍薬
姫女苑紀ノ川大河地溝帯
茫々
あの鐘はどこの寺から姫如苑
蓼蟲
姫女苑遥か交換日記は白紙
蘂六
荒畑に白い小波や姫女苑
aya
飾り気のない女です姫女苑
Nakahara結月
姫女苑オールド・ブラック・ジョーは哀し
sakura a.
ホステスのすっぴん明し姫女苑
岩のじ
国道をわたるトラ猫ひめじょおん
小田寺登女
姫女苑鉄路の錆の匂う朝
千葉睦女
保健室牛乳瓶の姫女苑
萩野庵
姫女苑成人雑誌雨に濡る
白鳥国男

並

またどこかでいっしょにあそぼう姫女苑
ちま(6才)
ヒメジョオンこんやもしろくかがやいてる
すみっコぐらしのおばけちゃん6さい(さんさん珊瑚の次女)
ヒメジョオンそらからおちたくもみたい
れいな6さい(さんさん珊瑚の三女)
ひめじょおんかれたらいやだみずいれる
三浦さんなん
ひめじょおんどこにさくのかわからない
三浦じなん
ひめじょおんもりのなかでもわすれない
三浦長男
ひめじょおん今年はひめじまで咲いた
ちばくん
愛シイケレド憎イオカタヒメジョオン
野の花 さな(8才)
子供らの飛び跳ねている姫女苑
⑦パパ@いつき組広ブロ俳句部
懐かしきばあばと植えた姫女苑
14橘貞山
子の尿の飛び散る先の姫女苑
28あずきち
好き嫌い根気の強さ姫女苑
8の月
姫女苑盛土小さき「ぴいの墓」
99カリン
タンデムの吾子の手で揺れヒメジョオン
Benじい
姫女苑とうに古びた売り家に
fujiko
憂鬱の見慣れぬ地にも姫女苑
HARUTO
幼き日姫女苑摘みておままごと
KKK
姫女苑やをんなは強し子を生めば
Kかれん
姫女苑うすく眉ひく道具べや
Mコスモ
身の内にうろ抱えをり姫女苑
okapi
てんと虫載せてゆらゆら姫女苑
PON
手を繋ぎ歩く道端姫女苑
sugarlily
ひめじょおんかき分けすすむたんけん家
Sweet Taxi Driver
父のごとスーツ似合わぬ姫女苑
SYODAI
何処より吾の庭来しや姫女苑
syuusyuu
来年は会えないかもひめじょおんよ
横ちゃん
母親の┌いってらっしゃい┘姫女苑
佐藤恒治
同窓会名前出てこん姫女苑
三水(さんすい)
自主学習枝毛を裂くだけ姫女苑
神宮くみち
絵手紙に細身をさらす姫女苑
入口弘徳
庭角にいつもの主役姫女苑
アーナンダ
除染地やさりげなく咲く姫女苑
アイゴー
風に揺れ少女に戻り姫女苑
あおか
夕闇に空腹迫る姫女苑
アオキシゲル
ハガキ読み雨を見る日の姫女宛
あおのめ
無人駅ひめじょおんと待つ列車
アガニョーク
神祀る池のほとりや姫女苑
あけみ
あきもせず恋占いや姫女苑
あさのとびら
姫女苑花占いは向かないの
アストロ@夏銀河(夏銀改め)
義父逝きて野となりし田に姫女苑
あすなろ
孫育て姫女苑のごとたくましく
あつこっとん
姫女苑鏡の中にもう一輪
あつちやん
塚の上の金魚の墓標姫女苑
あとりとまひわ
姫女苑雑草として切られおり
あべべ
白壁に洪水の線姫女苑
あまぐり
昼前のおばちゃん会議姫女苑
ありきち
駅までの道のりラララ姫女苑
アリマノミコ
葬列に頭を垂れて姫女苑
あわの花水木
ハレの日もケの日もヒメジョオン揺れる
いいよかん
川底に揺らぐ爪先姫女苑
いかすみ
姫女苑ドクターヘリを見守れり
いくちゃん
姫女苑フェンス越しより草野球
いくらちゃん
遠き日の約束の果て姫女苑
いしい美髯
ひめじょおん君に添えてはだめですか
いしだもよ
鍬をおき茶を飲む畦の姫女苑
イチロー
姫女苑雲の白より白かりし
いち坊
姫女苑アニメソングの通り過ぐ
いつか
何事も臆せぬ気性姫女苑
いまいやすのり
庭仕事休みジョウロに姫女苑
うた海月
羨んでばかりはやめた姫女苑
うといぺんこ
暴走三輪パンチくらわす姫女苑
うめがさそう
玄関に散歩の土産姫女苑
うらら恵子
気が付けば必ずそばに姫女苑
ウロ
姫女苑花瓶に挿しますいつもです
えび天
ひめぢょをん部屋に籠もりてミシン踏む
えみあみこ
君の名は派手過ぎなひか姫女苑
えらぶゆり
しおかぜの通過でゆれる姫女苑
オイラー
線路脇子が手折りしは姫女苑
おうれん
姫女苑白の制服どうかしら
おおそとガリコ
放課後のおにごっこの日姫女苑
おかもとのん
ユーミンとムーミンが好き姫女苑
オキザリス
鍵つ子の手折り損ねし姫女苑
おくにち木実
姫女苑時に中央分離帯
おけら
君の頬照らす夕陽や姫女苑
おたまじゃくし
青空とゆれる野原はヒメジョオン
おばあばあ
抜きそびれ咲けば情湧く姫女苑
おやま文枝
ちゃっかりと鉢の中にも姫女苑
オリゼ
平凡も生きる力ぞ姫女苑
カオス
姫女苑少女にもどるクラス会
かこ
姫女苑の花は閉じたり庭は夕
かずポン
姫女苑白き素肌に初化粧
かすみそう
くたくたのタオルのやうな姫女苑
かたちゃん@いつき組広ブロ俳句部
姫女苑廃線跡を秘し隠す
カヅラ梅
ひめじょおん幼き我の胸に抱く
かなこ
待ち人を探す気もなく姫女苑
かなず
中華屋の欠けた看板姫女苑
かまど
「目玉焼き!」はしやぐ童女や姫女苑
かまど猫
家系図のルーツ訪ねる姫女苑
からすちゃん
教会のオルガン響く姫女苑
ギコ
一条の光全世界へ姫女苑
きさらぎ
姫女苑あの子のうちは川向う
キッカワテツヤ
雑草と呼ばれてきりり姫女苑
きっちゃん
姫女苑各駅停車待つリュック
きのした 小町
咲き初めし姫女苑の芯薄緑
きのと
ぽこぽこと沸き生まれたる姫女苑
キャサリンまさこ
たまさかの生家の庭や姫女苑
きょうや
国民は由らしむべしや姫女苑
きよなおき
姫女苑の誰に送ろう絵手紙を
きょんきょん
姫女苑動画に孫の歩く先
キョンちゃん
畑脇私を見てよと姫女苑
くじやく女
雨礫弾きて雄々し姫女苑
くま鶉
江戸の世は遊郭ありし姫女苑
くめ仙人
「サクラサク」のチラシめくれて姫女苑
ぐりえぶらん
絵手紙や個性豊かな姫女苑
くるみデニッシュ
嘘泣きのをんなのごとく姫女苑
くれまてぃす恵子
「キューポラのある街」の土手ひめじょおん
ぐれむりん
姫女苑大地抱きしめ咲き満つる
クロまま
うさぎめく犬の散歩や姫女苑
くろりん
ひめじょおん風に特徴ありにけり
けびん
幼子の花かんざしや姫女苑
こーらるむーん
終業の砂利駐隅の姫女苑
コキア
姫女苑帰省の道や砂煙
コナラ
姫女苑摘んだら萎れ恋萎れ
こはぎ
穴掘つて虫そつと置き姫女苑
こぶこ
姫女苑意外と背が高いのね
こま
フリスビー追う犬跳ねる姫女苑
こんじゃのよしこ
名もなくて女官のように姫女苑
こんどうちひろ
ごんぎつねの弾けたボタン姫女苑
さかもと眞紅
ままごとの一皿足せる姫女苑
さくみ
姫女苑にわにきたならぬきますよ
さだとみゆみこ
土手道やかわいかわいとひめじょおん
さとうくにお
姫女苑土のう袋を突き破り
さとし
姫女苑こころがはりはありません
さぶり
花占い分解されし姫女苑
さゆみ
姫女苑昨日の事は悔やまない
しー子
誰よりも登下見守る姫女苑
じおさこん
白色の星にならんと姫女苑
しかもり
安穏に八十路への道姫女苑
しげる
分離帯我が物顔の姫女苑
しげ爺
十五センチに買ひ替へし靴ひめぢよをん
ししまる
憂鬱を笑顔に変えて姫女苑
しつじのMay
叱られてヒメジョオンも吾もうなだれて
しのぎん
姫女苑通学定期を受け取りて
ジミーあゆみ
バラードのリズムで揺れし姫女苑
しゅういずみ
ヒメジョオンが似合うビル間のコーヒー屋台
シュルツ
見送った白球の先姫女苑
シュロバッタ
姫女苑指先なぞるつげの櫛
じょいふるとしちゃん
姫女苑シネマ帰りのセーヌ川
ジョビジョバ
不要不急然れど風待つ姫女苑
シラクサ
有頂天あなたがくれた姫女苑
シロクマ太郎
ひと足をふた足伸ばし姫女苑
しをの
姫女苑満蒙開拓ノ夢儚シ
スサトヨ
姫女苑雨降るなかにゆらゆらと
すず女
背のびして走者追いかけ姫女苑
スマホ優
姫女苑道祖の神のみぎひだり
すみれ色の涙
かそけきと思へど吾似ひめじょおん
セントポーリア
なぜなのか耳に入れるな姫女苑
せんべい
おちょぼ口紫まとい姫女苑
そうま純香
姫女苑野球ボールの潜りこむ
そうり
雑草とひとくくりにされ姫女苑
それぞれのしあわせ
をんなには生きるすべあり姫女苑
たいぞう
秘密基地足音を待つ姫女苑
たかし
父眠る背を姫女苑暖める
たくばしょう
君は言うカタカナが好きヒメジョオン
たけうち晴美
恥じらいの色もかすかに姫女苑
たけし
姫女苑戦乱の日も咲き誇り
だけわらび
診察を終えて中庭姫女苑
だだちゃ豆
年一の同窓の旅姫女苑
タック
記憶より小さき家なり姫女苑
たま
姫女苑しゃがむ背中の陽はぬくし
たま蛙
姫女苑ぽかりぽかりと雲流る
たむらせつこ
通学路朝の道草姫女苑
ダリア
姫女苑下野にやつれし御身なる
たんくろう
老人の終の棲家や姫女苑
タンチャン
氏神の社取り巻く姫女苑
たん造
フライ取り敢闘賞と姫女苑
ちか丸
中華飯大盛にして姫女苑
ツーちゃんの恋人
名は知らず見覚えありし姫女苑
つたこ
ひめぢょをんゆれるゆれるやねこのみち
つつ井つつ
試験落つ帰る路傍の姫女苑
つつ井つつ夫
牛使う少女の谷に姫女苑
ツユマメ@いつき組広ブロ俳句部
日に焼けた英単語帳姫女苑
ヅラじゃない
ヒメジョンの曲は懐かしき青春
つわきの嫁
教卓の姫女苑笑む子らのごと
ティーダ
姫女苑各駅停車でまいります
でぷちゃん
姫女苑まだまだ続く廃線路
てまり
頭越すボール追いかけ姫女苑
でんきゅう
呼び合ひしジョンとヨーコや姫女苑
ときめき人
姫女苑錆びたるレール峠越え
どくだみ茶
蕎麦食べに日光街道姫女苑
とことこ
ひめじょおん好きで嫁いだ訳じゃない
としなり
10円の転がりゆきて姫女苑
どみそ
風少しくすぐり抜けて姫女苑
ともけん
横縞となりて白浪姫女苑
とも子
公園に十を数ふる姫女苑
とりまる
姫女苑セーラー服は陽の匂い
なご
子に孫曾孫集う葬礼姫女苑
なごやいろり
ヒメジョオン白衣はりつく深夜明け
なすの花
病棟のドアや重たし姫女苑
ナタデココ
二重跳び跳べたと笑ふ姫女苑
なつめモコ
通学班に姫女苑未満の一年生
なみは
異国にて逞しいかな姫女苑
ニッシャン
母苦笑い姫女苑の花束
にぬき
横道は姫女苑の林なり
にゃんみー
心底に残る楽観ヒメジオン
ねぎみそ
食卓に路傍で摘んだ姫女苑
ねこか花はっか
角ひとつ曲がれば我が家姫女苑
ねこじゃらし
姫女苑含み笑いは闇に溶け
ねむり猫
名を書けばなほあえかなる姫女苑
のつり
彼の君を見上ぐる吾は姫女苑
のぶ子
鬼監督ガンガンノック姫女苑
のもとみな
姫女苑白いリボンで束ねましょ
のら
唐揚げを落として泣いた姫女苑
のりた
摘んで摘んで摘みきれないよ姫女苑
のりりん
あの坂をのぼれば海が姫女苑
パーネ・メローネ
皆同じ人は一人や姫女苑
バーバラ
ヒメジョオン黄白緑君のよう
はち えいと
除草剤何処吹く風の姫女苑
ハチ太郎
埋葬は庭の片隅姫女苑
パッキンマン
ただ歩く見守っていた姫女苑
はなちゃちゃ
群れゐてもどこか寂しき姫女苑
ははろ
なゐの地に合わす手のひら姫女苑
はまゆう
遠回りやっとみつけた姫女苑
はらこ
いつやらに年を重ねて姫女苑
はら美華子
山歩き光り差し込む姫女苑
ばんしょう
大震災部屋に光点姫女苑
ばんどうまーぴー
石積める指の白さや姫女苑
は志むら
震災の海のきらめき姫女苑
ぴーち
通りにも通らぬ路にも姫女苑
ひいろみ
なかよしのふたりがとおるひめじよおん
ひだ岩魚
鈍行列車過ぎぬ路傍の姫女苑
ひともじ
ヒメジョオン名を呼ばれても振り向かず
ヒドリガモ
クレヨンの色を選びて姫女苑
ひな子桃青
筆先と線路の合間姫女苑
ひびの侘助
野良風に逆らいもせず姫女苑
ひよこ草
短文に思い込めたる姫女苑
ひろちゃん
たくましく生きよ姫女苑の如く
ひろのじょう
姫女苑童話のごとき喫茶店
ひろ史
姫女苑のびやかなるを手折りけり
ひろ志
切岸や野心秘めたる姫女苑
ふあり光
姫女苑摘む派愛でる派折り合はず
ブービー
課外授業でスケッチに選ぶ姫女苑
ふくうめ
懐メロと呼びたくなくて姫女苑
ふじこ
エンドロールの小さな名前姫女苑
ふじた柝の音
姫女苑朝日を吸って背を伸ばす
ふたあい
在るときくカフェ姫女苑求めけり
ふなちゃん
姫女苑刈り残しゆく農夫かな
ふみ
トロンボーンケース無造作に姫女苑
ふわり子
見上げてる腰にやさしく姫女苑
ほうすい
姫女苑とは青空を向いて咲く
ぽおや
風に聞く国境封鎖ひめぢよをん
ほしのあお
姫女苑咲く廃墟はモノクローム
ぼたにこ
知らざりし草に埋もれて姫女苑
ぼたんぴ
午下がり翅を冠りし姫女苑
ほのぼぉの@蚊帳のなか
窓打つ雨姫女苑は直ぐそこに
ぽぷり
父の居た市民農園姫女苑
ぽんたちん
オーガニックの認証マークひめじょおん
マオ
いたずらに手折り来た道姫女苑
まこ
路地裏のくずれし塀や姫女苑
まこと
姫女苑事の顛末知らされず
まつだまゆ
名も知らず花束作る姫女苑
まつやま孝子
姫女苑ねこのしつぽに撫でられり
まにあ
姫女苑少女の素足にかすり傷
まみのすけ
姫女苑臥せる片靴主人なく
マムシ銀行
秘密基地葉の皿にのる姫女苑
マユミ
姫女苑大きなあくびうつりたる
まりい@木ノ芽
「ねぇママや」これ知ってる?と姫女苑
まりちゃ。
伊吹島跳ねるイワシや姫女苑
みー
朝散歩姫女苑の風ルルリララ
みえ
姫女苑陽射しを受けて重なりぬ
みかん
手を挙げて歩道渡る子姫女苑
ミセウ愛
姫女苑現状維持の介護かな
み藻砂
毟られて飯事の飯姫女苑
むげつ空
晴れやかに空に向かうや姫女苑
むさかず
一時間待てど来ぬ友姫女苑
むじーじ
田原坂二の坂晴れて姫女苑
むったん
目に残る画像を消すや姫女苑
むべ
駅へ行く月夜の道や姫女苑
むらたふみ
坂の途中の一面に姫女苑
メイメイ
姫女苑母と祖母とは瓜ふたつ
めぐみの樹
姫女苑カーテン揺れて新居の香
めしめし
歯ブラシを換える頃かな姫女苑
めりっさ
バス遠のく土手道ひとり姫女苑
もせきのこ
姫女苑白塗りの殿星明かし
もちえちゃん
脱輪の荷台にせとか姫女苑
モッツァレラえのくし
母の墓隠れる程に姫女苑
もとこ
球児らは負けてもめげず姫女苑
もりお
飯事の跡しおれたる姫女苑
やっせん坊
姫女苑無音のほうが育ちそう
ヤヒロ
アパートの代替はりして姫女苑
やまぶき
くけ台の祖母の針山姫女苑
ヤマボー
我が道を根をはり歩もうひめじょおん
やまやま
繰り返し小さき吐息の姫女苑
やよえ
亡き父の表札の下姫女苑
ゆぃ
姫女苑賽の河原で石を積む
ゆき達磨
小さき手に小さき花束ひめじょおん
ゆこげん
靴飛ばし明日も天気ヒメジョオン
よーきー
姫女苑墓守りのごと咲きみだれし
よつ葉
料逍や姫女苑を踏む足太し
よぶこどり
拡張でユンボの下に姫女苑
よりみち
姫女苑白くはじける光浴び
ラーラ
姫女苑野辺の送りの道細き
らびっと
三輪車おいかけてるよヒメジョオン
りこ
あの先に姫女苑あり一万歩
リバティーさん
姫女苑公園駆ける犬の息
りんきょう
神経痛愚痴は言うまい姫女苑
りんごのほっぺ
一筆の整地の色や姫女苑
るびちゅ
姫女苑花びらは風のハンモック
るみ
姫女苑庫裏戸開ければ海の風
るるの父
姫じょおん一円札の有りし頃
れい
姫女苑なぶり機関車来て止まる
れっどべりー
ウオーキング見上げる如く姫女苑
ロクヨン
占いの残りは「来ない」姫女苑
ロベリスク
ひめじょおん清楚を家に連れ来り
ろん
外野席ボールが避けた姫女苑
わかこ
何処から庭に一輪姫女苑
わわ
ペダルこぐ風は背に抜け姫女苑
をぎやかなた
廃寺に風の手向けし姫女苑
亜音洲
髪飾り母の手とともに姫女苑
亜紗舞那
走る子もいる散歩なり姫女苑
阿波豊
ファアルボウル探す少年ヒメジョオン
葵 真紀
髪に姫女苑飾って鬼ごっこ
ハモニカの動かす空気姫女苑
日の暮れてアジアの果ての姫女苑
安芸彦
読みかけの置かれしベンチ姫女苑
安笑
廃線のバラスで揺れる姫女苑
案山子
言うなればあたいとおいら姫女苑
杏と優
電話の声受付嬢は姫女苑
伊沢華純
ひめぢよをん郵便ポスト撤去さる
伊藤欣次
掃除婦の会釈の後や姫女苑
伊予吟会 玉嵐
姫女苑風無き空に咲上のぼる
井上喜代子
コンタクト落とした路の姫女苑
井田みち
姫女苑昔気質の老夫婦
一の介
姫女苑より道道草畦道に
一碁一会
惚れ惚れとしそうな名前姫女苑
一周
野にあそぶ子の冠にひめじよをん
一純。
久里浜にペリー上陸姫女苑
一人静
おかつぱの揃ふ前髪姫女苑
一生のふさく
姫女苑一輪揺れる墓前かな
一刀斎嘉平
園児等が見え隠れして姫女苑
一日一笑
姫女苑改札前で見送る吾
稲垣由貴
姫女苑嗅ぐ白馬の光るる鼻
羽光
北へゆく急行列車姫女苑
浦野幸一
姫女苑新型コロナの川っ原
映千
凡々に生きる暮らしや姫女苑
永想
ジーンズに穴あちこちに姫女苑
英子
OBのボールコロコロ姫女苑
詠野孔球
散歩道姫女苑咲きなごみたり
越仙
姫じょおんミルクティーなど淹れましょか
越智敦子
姫女苑いつまで働けばいいの
猿猴川のドブネズミ
宿題を度忘れし朝姫女苑
奥山凜堂
明日は晴れ顔上げろとヒメジョオン
黄金のあひる
姫女苑かき分け集う秘密基地
岡田きなこ
姫女苑吾にも雑草の魂
岡田玲凛
姫女苑肩肘張らず陽を浴びて
乙華散
荷物まとめし妻の背中や姫女苑
佳月
気に入りで底入れる間に姫女苑
佳子
畦道を犬に追われて姫女苑
加賀もずく
彩りをなさぬがいとし姫女苑
加容
庭隅のあるじの好み姫女苑
加和 志真
論語よりゲーテを好む姫女苑
夏銀
姫女苑家族別れて輝けり
夏綱
故郷を捨てし兄あり姫女苑
河合 郁
産廃の呻き吹き上げ姫女苑
火炎猿
姫女苑嵐の前に愛ずるべく
花おうち
姫女苑野をひとりじめして笑ふ
花咲明日香
おかっぱの小学生や姫女苑
花子
ヒメジョオン離ればなれに座る朝
花紋
姫女苑那須SAのドッグラン
茄子の花
潮騒に故郷思うか姫女苑
茄子紺
廃線を弔う如く姫女苑
茄子美
姫女苑想い飲み込みダム静か
どおれどれよくみせてみなひめじょおん
華らんまま
道端にずらり姫女苑刈らないで
蛾触
くねくねと辿り着きたり姫女苑
賀代
太陽の女神に添える姫女苑
雅な童
道端の朽ち行く家に姫女苑
雅由
泣く君を励ます僕と姫女苑
会 里糸
弁当は昨日の余り姫女苑
魅力ないと言い切れないの姫女苑
海牛
姫女苑摘む手に残る緑の香
海野しりとり
まだ温き友の骨壺姫女苑
灰色狼
姫女苑風に乗ろうか思案中
貝花
五十人学級なりし姫女苑
角田弥彦
姫女苑あの日あの子を意識した
笠原 理香
黒帯の姪は中3姫女苑
葛谷猫日和
ひめぢよをんデイサービスの建つところ
釜新手打ち蕎麦
草の海ゆらゆら浮かぶひめじょおん
干しのいも子
同窓会で見つけし君や姫女苑
幹弘
故郷まで帰路あとわずか姫女苑
甘平
姫女苑時間は過ぎるやきもきと
間仁田彩
食べるかな飼育係の姫女苑
丸山隆子
名も知らず摘みてままごと姫女苑
岸 来夢
姫女苑かきわけ猫の顔出しぬ
喜多輝女
姫女苑朽ちたサイロの屋根赤し
喜多野羆
名のあると主張もせずや姫女苑
喜奈子
工期過ぎユンボの爪に姫女苑
希平
コウノトリ二羽飛来かな姫女苑
幾太波末
同窓会会いたいような姫女苑
気がつけばカンレキ
姫女苑摘んだら裏に虫のかげ
季音句歩
復興の川姫女苑にヌートリア
季切少楽
青空や後に従う姫女苑
紀杏里
コーヒーをひと口もらう姫女苑
紀友梨
自主練や涙の先の姫女苑
亀谷17
足早になる老若や姫女苑
菊池洋勝
去年ゐた場所にはゐない姫女苑
吉井いくえ
パーマ屋は園芸上手姫女苑
吉野川
寄り添えば白き道の辺姫女苑
桔梗
ネイビーの着慣れぬスーツ姫女苑
久素木葉子
腰かがめ未知の世界へ姫女苑
久鍋得利子
会津城石垣に咲く姫女苑
宮写楽
姫女苑弁当箱に塩むすび
宮田和可子
俺だけの裁縫箱の姫女苑
宮島ひでき
踏まれても笑っているよな姫女苑
球子
紅さして姫女苑待つキャンパスへ
京あられ
石畳み継ぎ目に一輪姫女苑
京丸
野々花よ一輪差して姫女苑
京子
姫女苑空の列車に手を振る子
鏡葉
薄墨に埋れゆくかな姫女苑
玉井瑞月
野仏に祈り捧げる姫女苑
玉井令子
物置のシルバーカーと姫女苑
玉悦
雑草と知りつ生け見ゆ姫女苑
玉京@今まで名前を知らずに生け花ていましたが 改めて生けてみました。
ズック靴二足駆け抜けひめじょおん
玉響雷子
場所により低き雲なるヒメジョオン
玉城
下校の児の手に握りたるひめじょおん
玉和
姫女苑一期一会の「こんにちは」
近江さなえ
舞い降りる見知らぬ土地へ姫女苑
金目銀目猫
華やかなしたり顔草姫女苑
句詩呼
廃校の尊徳像や姫女苑
愚老
ひめじょおん朗らに揺れて無人寺
空想婆
窓越しに妊婦へ手を振る姫女苑
熊縫まゆベア
畑耕しきらず姫女苑さく
唾を飲む音感じけり姫女苑
桑島幹
はじまりは1粒の種姫女苑
薫風
姫女苑白き花群れ腕枕
敬之
泣かされて帰る道端の姫女苑
渓湖
元妻に夜中の電話姫女苑
渓翠@青東高
ひめじょおんけさのごはんはめだまやき
畦のすみれ
花占い終わりなきかなひめじょおん
月あかり
待ちぼうけあちらもこちらも姫女苑
月の砂漠★★
五分袖の手首も白く姫女苑
月影ミウ
下校子の列のびのびて姫女苑
月青草青
ふるさとに続くこの道姫女苑
月野ひとみ
姫女苑白し群青の海災害地
犬散歩人
姫女苑見分ける女と恋をして
研知句詩@いつき組広ブロ俳句部@妻です。
かくれんぼ鬼が数読む姫女苑
元喜@木ノ芽
仏壇に「これしかなくて」と姫女苑
元木まだら
戯れのその他おおぜい姫女苑
戸海倫
姫女宛流れし雲を見つめおり
吾亦紅
姫女苑電車が通るたびに揺れ
鯉女子
津波禍の無念の数だけ姫女苑
光観
愛犬の逝きし道にも姫女苑
光風
ダンボールで滑るかの日の姫女苑
光本弥観
暁に飛び立つ特攻姫女苑
光友
姫女苑丸太小屋にも迫りおり
公毅
廃校の裏庭姫女苑まみれ
江戸人
ひめじょおん姉を真似してすまし顔
江藤薫
前方に無人駅あり姫女苑
江里口泰然
草刈りの後一輪残る姫女苑
浩章
疣の痕なぜか手がゆく姫女苑
甲山
姫女苑複眼のごと針山のごと
紅塩寝子
ままごとの椀に浮かぶや姫女苑
紅茶一杯
荒れし野に憩いたくはふ姫女苑
荒磯魚々
姫女苑どう呼ばれても咲いて来い
香栄
球追ふ野光背たまはる姫女苑
香椎
摘みて花踏まれて雑草ひめぢよをん
香壺
姫女苑飾り気のない人が好き
高橋冬扇
チャルメラの音近づいて姫女苑
高尾里甫
夕暮れや背なの子の落とす姫女苑
合歓
手つかずの更地いつしか姫女苑
今岡通厳
姫女苑花片に母国の記憶あり
今野浮儚
グリッサンドを繰り返しをり姫女苑
佐々木ふく
昔来し野道やいずこ姫女苑
佐山夕子
廃駅のホームに集う姫女苑
佐藤俊
姫女苑切り刻まれて「めしあがれ」
左時計
ビニールの青並ぶ土手姫女宛
砂楽梨
佳き日にも儚き日にも姫女苑
咲耶とこ野@木ノ芽
廃校のフェンスを撫づる姫女苑
咲弥あさ奏
ライムライト浴びることなき姫女苑
桜の翳
ヨイトマケの父思い出す姫女苑
桜桃の里
吾子の靴売り場かわる姫女苑
桜桃侍
正信偈ふしがちがふと姫女苑
桜姫5@在家仏教の真宗は、家族中「正信偈」を唱えます。地域によって多少節が違うことも。 (私の場合は、嫁入りした時に、同じ節だと姑に喜ばれました)
長靴を履ける雨の日姫女苑
札六(関屋@和祝句会)
姫女苑ハーモニカ吹く童かな
雑草おばさん
さわさわと聞く風の音姫女苑
三ツ藤康子
何咲くや君だったのか姫女苑
三寺ひろみ
踏切の姫女苑ベルヌーイを仰ぐ
三重真浪
ホームランボールは姫女苑の中
三水低@第二まる安
街灯に潮風が触れ姫女苑
三大夜景
ひめじよをん無邪気の怖しかごめ唄
三泊みなと
姫女苑わたくしの久遠劫は塵
三木庭
自転車のペダルも軽く姫女苑
三毳
廃果樹園測器の中の姫女苑
山くじら
姫女苑少女の時の押し花絵
山河穂香
舟唄の谺に目覚む姫女苑
山口雀昭
姫女苑白きまつ毛を揺らしけり
山女魚
姫女苑咲いて襤褸の如くに葉
山田喜則
城跡の欠くる石垣姫女苑
山本 力
姫女苑指紋を均すチョークの粉
山本先生
自転車を立ち漕ぐ君は姫女苑
丸刈りの掛け声揃ひて姫女苑
四條たんし
廃線のレールの縁に姫女苑
糸慌@木ノ芽
汽笛待つバラスト脇の姫女苑
紙威
姫女苑流るる二人乗りひしと
紙鍵盤
陣取りも数で攻め込む姫女苑
紫雲
いくさばや血のりありしか姫女苑
紫雲英
「好き」「嫌い」十二回目ぞ姫女苑
紫鋼
昼下がり眠気覚ましの姫女苑
紫香菫
路地裏や猫の鼻先姫女苑
紫蘭
コロナ禍の町の夕陽や姫女苑
試行錯誤
ひめじょおん吾娘のまなざし宿しけり
慈温
道端にキミとよく似た姫女苑
時化田白金
姫紫苑畔に1本自己主張
治玉
石段の揺るる光や姫女苑
鹿沼 湖@木ノ芽
銅鑼の音に投げるテープや姫女苑
篠田ピンク
特急の汽笛間近に姫女苑
縞午
誕生日鏡文字と絵姫女苑
紗々
銀輪の輻にからまりて姫女苑
紗千子
堤防の重機ぽつんと姫女苑
若葉猫
ままごとの夕餉に並ぶ姫女苑
朱海 祥
アスファルトから今日も生きると姫女苑
朱海 祥
骨壷に労うコトバ姫女苑
珠桜女絢未来
のりしろの瀬戸際に咲く姫女苑
種種番外
都市封鎖線路脇咲く姫女苑
樹孝
雨後にじむ白き景色や姫女苑
宗平 圭司
白球の行方真白き姫女苑
宗平圭司
曇天の祠に垂るる姫女苑
宗本智之
行進の選手先導姫女苑
秋月
姫女苑今も大事に持っている
秋月なおと
土見えぬコンクリの壁姫女苑
秋月流音@木ノ芽
ひめじょおん雨にうたれても笑ってる
秋桜
絵具箱白が三本姫女苑
塾志
姫女苑花占いには向かぬ花
俊夫
姫女苑満願笑顔の通い道
春果
廃屋に姫女苑どこにでも咲き
春日
信越線鉄路に沿いて姫女苑
春爺
風流る身を任せたる姫女苑
春来 燕
今朝も晴れ靴紐固く姫女苑
春蘭素心
河川敷ボール探しや姫女苑
准壹
歩け歩け胸ポケットに姫女苑
順女
生れし日の新聞居間の姫女苑
曙光
片言で案内せし道姫女苑
庶凡奴
叢に明り灯もせし姫女苑
勝山
放課後に友とあの野の姫女苑
勝野綾子
姫女苑夕闇の庭に星の群れ
宵待燈火
バンカーを均す砂音姫女苑
小だいふく
母の居り娘孫居り姫女苑
小鞠
道草の草はこれです姫女苑
小笹いのり
ホームランボールの行方姫女苑
小春
富士遠望背にマンションの姫女苑
小石日和
走りくる濡れ鼻に咲く姫女苑
小雪いつか
道草のランドセルふたつ姫女苑
小川 都
野辺に咲く姫女苑吾子の冠
小塚 蒼野
通過する貨物車ゆれる姫女苑
小梅
姫女苑目立つつもりのなかりけり
小木さん
姫女苑一緒に帰る日の言葉
庄司直也
吊り橋に薄日さしたる姫女苑
松ぼっくり
姫女苑ゆわいし指に移る香よ
松空
姫女苑自由貿易やり直し
松山
姫女苑チアの大技決まりけり
松山めゐ
猫のブーケか小さくゆれる姫女苑
松山女
移ろいて誰の住処や姫女苑
松端
ままごとの菜にもされず姫女苑
松茶 巴@プレバト木ノ芽
野辺渡る風を枕に姫女苑
松本裕子
太極拳出会いの朝の姫女苑
松野勉
自転車の練習見守る姫女苑
焼饅頭
明日はあす何とかなるさ姫女苑
照波
撮り鉄の鉄女を飾る姫女苑
笑々
姫女苑繁るコロナの騒ぎ収まらぬ
笑酔
敷石の隅開きかけ姫女苑
上江洲 睦
姫女苑の間羽ばたく鳥の声
植木照美
名は体を表はすはずや姫女苑
慎吾
ままごとで「目玉焼きよ」と姫女苑
慎乱
姫女苑おむつ外れし二歳かな
新開ちえ
庭を占め泣く泣くちぎる姫女苑
新谷ノル
姫じょおん天璋院の薄化粧
新田 淑
姫女苑団地を進む選挙カー
新藤柑子
ジョギングの我励ませよ姫女苑
新米笛
姫女苑制服の娘らさんざめく
森 毬藻
名を知りて野に捜しけり姫女苑
森の水車
子ら走るあとに揺れおり姫女苑
森澤佳乃
早暁や瓜実顔の姫女苑
真喜王
呼び出された校舎の裏に姫女苑
真咲よしの
帰り道九九の練習姫女苑
真珠星倫世
sometime姫女苑姫女苑ほら
真優航千の母
大きめの制服の孫姫女苑
真林
つげ櫛の職人のわざ姫女苑
神山やすこ
姫女苑山路来て知るオハナツミ
秦のヨシコ
おさげ髪陽だまりの手に姫女苑
仁葉
放棄さる畑に千のひめじょおん
須園
裏の崖小藪と化した姫女苑
吹子
下校中ひたすら潰した姫女苑
水玉香子
姫女苑巴里の花壇の深き色
水城
参道の笑まふ仏やひめぢよをん
杉浦夏甫
悪餓鬼の地団駄の跡姫女苑
杉尾芭蕉
俳人の庭にほんぽう姫女苑
杉本とらを
廃村の無聊慰め姫女苑
澄海
休耕の荒れを繕ふ姫女苑
是空
バックして後輪振れる姫女苑
星降松
母さんに摘んで帰った姫女苑
星葡萄
暮れかかる空の吐息や姫女苑
星野美咲
すれ違う少女の手にも姫女苑
晴海南風@木の芽
姫女苑レジャーシートの下で咲く
晴好 雨独
めだか墓いやに大きな姫女苑
晴日和
目薬を差して誤魔化す姫女苑
正山小種
観客のいないグランド姫女苑
清水祥月
姫女苑雨つぶ重き手が傘となる
清水千種
姫女苑犬追いかけて花まみれ
清泉
もののふも駆け抜けし地や姫女苑
清白真冬
やまびこがはやてが揺らす姫女苑
生田 武
放牧にさくさく踏まる姫女苑
精波
姫女苑いぬ戯れて花散らす
聖橋
建築の確認札や姫女苑
西山哲彦
名水に並ぶ足もと姫女苑
西川あきや
ビンディングペダル外れず見上ぐ姫女苑
西田武@ビンディングペダルはサイクリング車で使うペダルと靴を一体化させるペダル。
姫女苑ボールが消えし草野球
誠馬
姫女苑そこには母の居るやうな
青い月
姫女苑皇居の堀の深きあを
青柿
缶蹴りの鬼さんを待つ姫女苑
青鬼灯
雑草と身の丈知りて姫女苑
青玄
姫女苑子規の糸瓜のかたはらに
青山あじこ
瑟瑟よ空地に揺れる姫女苑
青修
売り土地の先住守は姫女苑
青柘榴
花火より姫女苑より君の背は
青木健一
草引きを思い留まる姫女苑
青木豊実
ママどうぞ余命半年姫女苑
青葉のぞみ
さざなみが姫女苑のせ漂うか
静香
麻混の裾ひるがえし姫女苑
石岡女依
隣家は八人家族姫女苑
石崎京子
三角ベース球を逸らせば姫女苑
石野上路無
昼間でも客のいぬ店姫女苑
雪華きなこ
乾杯や夕の濡れたる姫女苑
千条之御息所
常連の店番したる姫女苑
千聖
風渡る花嫁にも似た姫女苑
千波
姫女苑きゃらきゃら笑って咲いている
千曜 桜
水切りの石を見送る姫女苑
千葉時郎
昨日までそこにいたはず姫女苑
千里一歩
指先に土の残り香姫女苑
川口みち
姫女苑を一輪摘んで髪に挿し
川西勝久
落城の土塁に咲くや姫女苑
川島 欣也
微笑む口許吾写す姫女苑
川﨑鶴巻
宿題は明日でいいよね姫女苑
浅河祥子
この命捥がづにそつと姫女苑
双月(そうげつ)
閉校のことし最後の姫女苑
倉の人
群れてよし一本なおよし姫女苑
蒼涯
元勲の邸跡てふ姫女苑
蒼空蒼子
強いです空き地真白に姫女苑
蒼香
かけつこのびりでも泣かぬひめぢよをん
村上 無有
雑草の中に居てなお姫女苑
多聞仙
体育は見学校舎の隅に姫女苑
駄口竹流
ひとりみに来る人もなく姫女苑
泰乙女
一輪の部屋の日溜まり姫女苑
泰然
東雲や紫苑に着飾る姫女苑
胎児
大勢の中の独りや姫女苑
大谷如水
姫女苑化粧の顔は好きじゃない
大和田美信
コナカイガラと誰が言ったか姫女苑
鷹之朋輩@観葉植物にわく害虫に「コナカイガラムシ」というのがいます。
土手脇の姫女苑今朝は山積み
沢拓庵
風そよぐ野にありてこそ姫女苑
脱 流民
会釈して知らぬ同士や姫女苑
谷川の蛍子
名前負けしてる気がする姫女苑
谷田藪辛子
わたしはここにいるよ姫女苑
丹耶
世界の中心どこでもよくて姫女苑
短夜の月
鉢植えのものよりよろし姫女苑
地球人
新しき靴に慣れたか姫女苑
竹の子
野面積み荒るる城址の姫女苑
竹庵
子の行きし長き線路や姫女苑
竹織
ひめじょおん猫やら犬やらすりぬける
竹村マイ@蚊帳のなか
バラ線の空地の姫女苑しづか
竹田むべ
姫女苑曲がれば出会う卍堂
野に群れて風に揺られて姫女苑
茶々
坂道の長き石段姫女苑
中井笙石
姫女苑摘んで母のポケットへ
中原かなめ
名を知らぬ人多かりき姫女苑
中西柚子
子ら去りし鉄路にゆれる姫女苑
中村 香堂
姫女苑セーラー服のしたたかさ
中村すじこ
少女には少女の矜持姫女苑
中村やすみ
初出より一月経ちて姫女苑
中村笙平
空地にて迷路ゲームの姫女苑
中野風鈴
城壁を振り返る道ヒメジョオン
仲七
鉄橋を過ぎたる風や姫女苑
衷子
母の庭姫女苑茂り三回忌
暢気
朝露をうてなに抱く姫女苑
朝ぼらけ
一人ではつまらぬオセロ姫女苑
朝桜咲花
姫女苑緑に映ゆる黄色い眼
長谷一諒
日に焼けた売地看板姫女苑
長谷川ひろし
姫女苑埋もれたままの親知らず
鳥羽南良
ただいまはハグと手折つた姫女苑
珍紛漢
亡き母の誕生月や姫女苑
追師うさぎ
駆け込み乗車車窓にはヒメジョオン
柘植瞳
ありのまま自分を魅せる姫女苑
辻 愛生
忍び旅古寺の道姫女苑
鶴田梅勝
姫女苑母に似ている素朴さよ
定規(じょうぎ)
疫病や姫女苑は寄り添ひ合うて
定野直仁
姫女苑孔雀の羽根の広がりよ
泥塗れのポスト
「これあげる」次がすぐ来るヒメジョオン
笛柾(ふえまさ)
絶交だ!ヒメジョオン踏んづけたから
天水郷
故郷に戻る術なし姫女苑
天晴鈍ぞ孤
姫女苑清楚異国で生まれしと
貼女(ちょうじょ)
ヒメジョオンそよいで笑いの神宿る
殿さまペンギン
少女の日の植物テスト姫女苑
田中ようちゃん
なぁ君は聞いてくれるか姫女苑
田中面倒太
太陽を回す歯車姫女苑
田辺ふみ
姫女苑砂のケーキに並べおり
田本雅子
姫女苑ほほ笑みかけているようね
田本莞奈
姫女苑見上げし吾子は社会人
徒然のひろ
行間のしじまのごとき姫女苑
斗三木童
花占い結果うやむや姫女苑
杜 まお実
群生す姫女苑眺む保育園
渡邉くるり
姫女苑陰に小人のゐるやうな
渡邉久晃
愛ちゃんは双子の姉よヒメジョオン
都乃あざみ
姫女苑厳つくないし家紋向き
土王
川遊び次に向かった姫女苑
土屋木漏れ日
姫女苑姫といふ名の哀れかな
冬至三庭馬
パン屋さんごっこ通貨の姫女苑
冬木ささめ
ランニング歓声上げるひめじょおん
島村福太郎
姫女苑子は越境の学び舎へ
嶋田奈緒
姫女苑汝平凡なればなり
東山
野の原を包んで優し姫女苑
東児
そこここに咲く姫女苑午後の憂さ
桃香
手つかずの更地いつしか姫女苑
湯築塔
姉のやうなひとと語りつ姫女苑
燈穂
姫女苑束ねて母の寝室へ
藤すみ
姫女苑はなうたつくって帰り道
藤井天晴
和え物に菊の風味の姫女苑
藤原訓子
侵略の企て姫女苑は白
藤色葉菜
姫女苑普通に育てばそれでいい
藤倉密子
便りなき友の憎きや姫女苑
藤田康子
君の名の響きが好きで姫女苑
藤田真純
姫女苑わたしは私になりきれず
藤野あき
日ざし遅々として姫女苑と読書
豆闌
旅人の笑顔の先に姫女苑
陶豪
チャンバラの切られ役なり姫女苑
陶然
姫女苑空に恋してゐるさうな
姫女苑君が笑えばきっと良くなる
童好
シスターへあげるお庭の姫女苑
祝はるる傘寿の華に姫女苑
徳永 北道
姫女苑根はコンクリの地下深く
徳本あつ
棺には噎せ返へるほど姫女苑
独星
数独のマスが埋めれぬ姫女苑
豚ごりら
姫女苑生徒のやうな廃校に
那須いづみ
故郷へ帰りたいよな姫女苑
那須の田舎者
しなやかにパンチをかわす姫女苑
那津
哲学の道姫女苑嗤う道
凪太
野に果てし者の無念や姫女苑
楢山孝明
草陰の姫女苑へと光射る
楠青庵
雨上がり路傍の花よ姫女苑
二上松風
姫女苑互い違いに咲く空地
日本酒
スニーカーぬいで芳し姫女苑
如庵
角合わせ山羊の足元姫女苑
寧女
姫女苑復興載せてリアス線
猫楽
姫女苑ふりふりウオークラリーかな
猫舌扁平足
石庭に飛び入りの顔姫女苑
乃良
段ボール旅立つ犬へ姫女苑
濃イ薄イ
好き嫌い好き嫌い好き姫女苑
馬祥
孫のかんばせ祖母に似る姫女苑
馬場馬子
断捨離や本の栞に姫女苑
馬門宗太
深爪も真似る末っ子ひめじょおん
梅路みね
川風にかわす会釈の姫女苑
秤防人
茎の中雲詰めたるや姫女苑
白傘
俯かぬ姫女苑の蕾かな
白藍こはく
娘等は皆在宅勤務姫女苑
白薔薇
ひめじょおん不法投棄の洗濯機
薄安(はくあん)
ひめじょおん「カンパネルラ」は定休日
麦吉
姫女苑摘んでおもちゃ箱に仕舞ふ
視界には飛行機雲よ姫女苑
畑 詩音
姫女苑窄め令和の以津真天
半熟赤茄子
来賓の挨拶長し姫女苑
斑山羊
義仲寺の香煙細く姫女苑
飯村祐知子
姫女苑故郷の路の時留む
比良山
廃バスの錆びしバンパー姫女苑
緋乃捨楽
女優帽が一瞬で空姫女苑
尾上真理
姫女苑少女はふいに大人びて
尾張の黒うさぎ
竹トンボ飛んで舞い落ち姫女苑
美翠
強く咲く雑草の中姫女苑
美泉
幽霊の昼の姿は姫女苑
桧木もり
刈りかけて鋏ためらう姫女苑
百合乃
石段を奔る雨水姫女苑
百草千樹Z
幼子が作りし花冠姫女苑
蒜山焼きそば
お散歩のおやつのお礼姫女苑
不発匠
姫女苑おみなの髪におくせずや
不利尾
ほんわかや空き地に伸びる姫女苑
富樫 幹
祖父の遺した田んぼ売りけり姫女苑
富山湾
棟上げを誇る姿や姫女苑
富士 遊歩@ありす句会
儚さも喜びのうち姫女苑
富士子
姫女苑東尋坊の風に揺れ
風ヒカル
図書館は今日も閉館姫女苑
風花まゆみ
細腰(さいよう)の夢二の女(ひと)や姫女苑
風間昭彦
廃屋の屋根隠すごと姫女苑
風子
きっぱりと別れて来たの姫じょおん
風紋
回り道付いてくるごと姫女苑
風由花
借りた本返せず挟んだ姫女苑
文月栞
故里は少し悲しき姫女苑
聞岳
祖母居りし空家の庭の姫女苑
平井伸明
教壇にそっと飾りぬ姫女苑
平松洋子
夕薄暮遠回りして姫女苑
平野水麦
老親に送る小包姫女苑
片栗子
ひめじょおん日暮れに匂うカレーライス
勉邪明
姫女苑グラスに二輪テレワーク
弁女
姫女苑太平洋を逆行す
峰江
野山懸け負けじと生きる姫女苑
放蕩
姫女苑出羽三山に法螺響き
放浪
競技場は歓声のなく姫女苑
村へ行く馬車の蹄の姫女苑
豊田すばる
規制線中にひと群れ姫女苑
邦生
一握の土で咲けるよ姫女苑
抜かずしてプランターには姫女苑
望月ゆう
姫女苑の奥に廃屋朝散歩
北の星
板塀の路地駆ける子等姫女苑
北摂美美
好き嫌いの決着つかず姫女苑
睦月くらげ
そよ風や脇役でいい姫女苑
麻衣
悦ちやんと無口なときは姫女苑
麻野文江
姫女苑村の鎮守へ続く道
麻呂助
姫女苑弱気をつかれ野に強し
枚方乃木常
青い眼の剣道部員ヒメジョオン
満る
ヒメジョオンおまえにも名があったのか
未知
姫女苑の中より小さき猫の声
岬りこ
円陣の散り守備位置へ姫女苑
明惟久里
姫女苑消防車庫の前を占め
妄 児
姫女苑「好きだ」と言った朝の風
網野れいこ
皇女への献上の束姫女苑
木寺 仙游
雨乞いをしてくれる様姫女苑
木人
沿道の観衆のごと姫女苑
木村ひむか
ひめじょおん下校途中の髪飾り
木乃伊
姫女苑庭が作れず砂利のまま
紋舞蘭
初めからセピア色なる姫女苑
野うるし
あつまろかはなれていよかひめぢよをん
野井みこ
姫女苑囲んだ熊の出没注意
野口八藤
本立ての左隣にひめじょおん
野山遊
貧しくも夢に挑むや姫女苑
野中泰風
新作のスカートひらり姫女苑
野本 踊
負けるなよ励ます花束姫女苑
弥生乙女
廃駅への道にパイロン姫女苑
弥日
初めての登園の子や姫女苑
矢的@第二まる安
姫女苑の見送るバス停にひとり
柳児
姫女苑皇居の堀にひっそりと
有田みかん
帰ったら空き地に集合ひめじよおん
柚木みゆき
糸撚りのほどけてとけて姫女苑
由空
人住まぬ庭に群れ咲く姫紫苑
由並っ子
交差点の君は別人姫女苑
遊飛@蚊帳のなか
廃線のレールの臭い姫女苑
余熱
姫女苑斬りてチャンバラごっこかな
与志魚
電車音風に負けぬと姫女苑
与六
生けるほど花束にして姫女苑
葉っぱのようこ
ひめぢよをん小さき手には小さき花
葉月けゐ
駆けていく店は駄菓子屋姫女苑
葉月のりりん
宇宙ステーションを肉眼視姫女苑
葉子 A
捕らわれのコーヒー瓶の姫女苑
遥 みしょ
三日月や花を閉じたる姫女苑
遥風
国境の有刺鉄線ヒメジョオン
遥明
オス猫のそろり分け入る姫女苑
陽気姫
大輪に劣らじと咲け姫女苑
羅蒐
避難指示無かったかのよう姫女苑
羅馬巴里
ひめじょおん茅葺屋根に顔を出す
羅風音
姫女苑後ろの正面だあれ
雷紋
川床に群れ残りたる姫女苑
落葉勝山
タピオカの列群れている姫女苑
藍時 湘
ひめぢよをん腰に鎌差す老農夫
藍植生
今日知りて姫女苑かな手で触れる
利子
ひめじょおんくすくす笑いひみつだよ
離松
姫女苑ジョンは全然気づかない
立花日向子
国難を浄化せんとて姫女苑
立香
おままごと菜になりにし姫女苑
琉璃
何も無きひと日暮れゆく姫女苑
留野ばあば
姫女苑あとは角打ちデビューだけ
隆月
移転後は演習地なり姫女宛
隆松
姫女苑の節点括った誰か
竜田側
ウクレレにエルビス気取り姫女苑
林 和寿
土ぼこりぽこぽこ姫女苑の道
瑠璃茉莉
叢に身を投ぐひめじよをんの空
令ちゃん@埼玉
はまり役主演助演の姫女苑
令雅
姫女苑子女みち草の髪飾
鈴村智美
宿直の明けて抜け道ひめぢよをん
鈴木麗門
フランス語の響きに似たり姫女苑
麗し
近道はこのフェンスから姫女苑
和季
蹴球はサッカーになり姫女苑
和泉穣
姫女苑大きなあくび吾と子と
和福
姫女苑砂のごとく散っていく
されど今日本の花ぞ姫女苑
國本秀山
姫女苑摘んであの子に贈ります
戌の箸置
車椅子の人の触れゆく姫女苑
攝津の嫗
姫女苑悪女と紛うその瞳
目印は小指に巻いた姫女苑
姫女苑天蓋高く泣き居たり
槐かしひ
泣き虫の側に佇む姫女苑
泗水
姫女苑街に希望が二つ三つ
淺野紫桜
姫女苑刈れずに垢ぬけぬ花壇
游真
林道は崩れかけおり姫女苑
眞熊
回覧板届ける姉妹ヒメジョオン
籠居子
姫女苑貧乏草と人の言ふ
萬太郎
かくれんぼ土管の陰へ姫女苑
萬代草舟
夕映えや生家の跡の姫女苑
藪内椿
解散のペンライト淡きは姫女苑のごと
闍夢
乗客の減りが止まらぬ姫女苑
霖之助
物干しの十度かたむく姫女苑
颯萬
初老の手ちさき花束姫女苑
説教を姫女苑見てやり過ごす
鵺野純
姫女苑しみるセピアの花冠
 
遠雷にざわめきたつや姫女苑
花実人生

ページの先頭