俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >

第241回 2020年4月2日週の兼題

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句
本選句欄では、添削した形で句を掲載する場合があります。
添削は作り替えの提案として句会等でも議論されます。示唆された添削案が自分の表現したいことに合致すれば、作者の判断においてその案を自作として採用してかまいません。

人

新月を塩辛臭き鰻筒
板柿せっか
鰻食ふ仮病と知つてゐる母と
板柿せっか
黒電話鳴りて生簀の鰻の目
板柿せっか
牛丼屋にをりて鰻を食ふ不思議
高田祥聖
誘ひたき気もして一人鰻食ふ
高田祥聖
黒塗りの箱に明るき鰻かな
高田祥聖
すり抜ける水のかたちの鰻かな
青空に鰻かつこむ日なりけり
うなぎ焼く日暮あまやかなる小指
のらくらとくゆるうなぎのそまぎいろ
ぐでたまご
御香香をこここ鰻の皮ちちち
ぐでたまご
鰻うまし幸せになってもいいのだ
ぐでたまご
うなぎ焼くまひる気怠き戦闘機
斎藤秀雄
裂かれんと鰻目打ちに口開く
斎藤秀雄
裂かれたる鰻この世に骨残す
斎藤秀雄
鰻焼く江戸に読本噺本
さとけん
目を打たれ鰻しづかな脈となる
さとけん
天井を電車の音や鰻食ふ
さとけん
鰻焼くきゆるりと痛む唾液腺
にゃん
鰻ふるまふはかつてのごんたくれ
にゃん
鰻めし頬張るいまさら結婚など
中岡秀次
浜名湖は覗色なり鰻めし
中岡秀次@覗色(のぞきいろ)
神奈備の鰻の淵の常磐色
RUSTY
放流の鰻小さし水かたし
RUSTY
百年のタレへ鰻の頭放る
すりいぴい
あいしあふかにからまつてああ鰻
すりいぴい
鰻食うてより耳の骨が痛い
あまぶー
鰻割く嫁の手際のなんとまあ
あまぶー
ダンヒルのタイを押込み鰻かな
きゅうもん@木ノ芽
鰻食ふ鰻のことに触れず食ふ
きゅうもん@木ノ芽
鰻の香嗅がす小さな商店街
GONZA
鰻重や地名に残る沼と葦
GONZA
鉢巻はバンダナ捩りうなぎ焼く
Kかれん
バチバチと火に叩かるる鰻かな
Kかれん
よどみなき仮名の一筆鰻食ぶ
Mコスモ
鰻のる炎をくぐる備前焼
Mコスモ
鰻食ふ悲しいこと忘れたやうに
あきのひなた
鰻は海へ宇宙色した卵産む
あきのひなた
鰻と目を合はさぬやうに選びをり
いさな歌鈴
舟唄来居心地のよき鰻筒
いさな歌鈴
鰻裂く夕悶々と日の疲れ
いしはまらんる
ひたひたと海坂擦りつ鰻寄す
いしはまらんる
親指に鰻の頭きうと鳴く
キッカワテツヤ
腕貫の出納係鰻食む
キッカワテツヤ
竹串に鰻の肝の匂ひけり
ぎんやんま
鰻重の差入れ雨の消防署
ぎんやんま
鰻くひにぬけ道熱き神楽坂
こじ
ふはふはの鰻なんでも貶す舌
こじ
うなぎの鱗なまめく月夜に吐息
じゃすみん
鰻食ふ終はらせるため要るちから
じゃすみん
うな肝串を刮げ舐るや昼の酒
しゃれこうべの妻
のたうつをじぎりと目打つ鰻かな
しゃれこうべの妻
聞いたから鰻と一応言ってみた
シュリ
暖簾から鰻を食べた人の顔
シュリ
水郷に鰻を食べぬ言い伝え
たま走哉
源内は男色なりや鰻めし
たま走哉
鰻食ふ女吸ひつくやうな肌
ちゃうりん
隅田川雨に膨れる鰻の香
ちゃうりん
さあ聞こうぢやないか鰻頼んだし
どかてい
鰻来てくにやくにやの子ら座り直す
どかてい
鰻食む夕日は雲を炙りゆく
トマト使いめりるりら
富士を砥ぐ風はまろやか鰻取る
トマト使いめりるりら
うなぎ焼く生きてゐたのはどこまでか
とりこ
法案成立鰻重は飯まで甘し
とりこ
鰻釣る空缶も拾って帰る
はまのはの
腹立つなあ江戸の鰻がうますぎる
はまのはの
鰻待つ二階暮れゆく隅田川
はむ
鰻重を開けるは玉手箱めきて
はむ
鰻へ目打ち一閃「仕留めのテツ」
ひでやん
兄弟子は山国の出や鰻掻き
ひでやん
タレ壺の中よりカンダタの鰻
ひねもす
曽我物のあとに後生の鰻かな
ひねもす
まほらなる筑紫次郎やうなぎめし
ふじこ
白壁の城下を鰻焼く匂ひ
ふじこ
鰻筒利根まんまんと水湛う
ふじた柝の音
鰻匂やか乳房赤子のものとなる
ふじた柝の音
土曜日は十を仕掛くる鰻筒
ぽおや
鰻喰はぬといふ選択肢はない
ぽおや
鰻焼く膿みたる闇に月生まれ
ほろろ。
鰻裂く夜や月光の鋭利なる
ほろろ。
ジャングルジムの影はさみしく鰻の香
まこちふる
骨刺さる歯茎は元気うなぎ食ふ
まこちふる
潮風のかつてここまで鰻食ふ
まどん
待つことも食ふことのうち鰻めし
まどん
夫とゐる離れ座敷や鰻食ぶ
ラーラ
男ぶり良き背と食ぶる鰻かな
ラーラ
先斗町の川面の色や鰻食む
るびちゅ
鰻焼く煙ながれて花街へ
るびちゅ
鰻めし寅さん煙草吸はざりけり
葵新吾
鰻喰ふあんなちひさな流人船
葵新吾
猛烈な生きづらさ鰻を食らう
或人
ふっくらと鰻次から次へと愚痴
或人
論たけて重役会の鰻めし
伊奈川富真乃
商談へかつこむ英気鰻めし
伊奈川富真乃
何もかも門外不出鰻焼く
伊予吟会 宵嵐
鰻裂く切っ先に中骨やわら
伊予吟会 宵嵐
地下水に磨く鰻の身のぎゅんと
一斤染乃
海嶺のいろ背負ひたる鰻焼く
一斤染乃
母いまも鰻ひとかけ吾に呉れる
可笑式
いまの焼き音こそわれの鰻かな
可笑式
返り血が臭ふ鰻の腹開き
夏 湖乃
熾火にてかりり老舗の鰻かな
夏 湖乃
胴に昼背に夜刻み鰻来る
火炎猿
鰻焼く匂い歩幅を絡めとる
火炎猿
田の神の動脈の如大鰻
霞山旅
あかちやんぷくぷく鰻ぷくぷく昼ひなた
霞山旅
鰻裂く出刃はのた打つ尾を追ひて
樫の木
海溝は子宮の裂け目鰻食ぶ
樫の木@鰻の産卵場所はマリアナ沖だそうです。
虚子論やうなぎぬるりと掌を逃げる
旧道に水音たてて鰻裂き
暴れゐて江戸紫の鰻かな
久我恒子
日没を儀式のごとく真蒸しかな
久我恒子
国芳の絵に誘われて鰻くふ
久蔵久蔵
鰻食ふ好色といふ誉め言葉
久蔵久蔵
恋の句碑あまた在る街うなぎ食ふ
宮武濱女
けふ捌く鰻の水を新しく
宮武濱女
金糸雀色の鰻の腹に出刃立てる
宮本象三
重箱の右で鰻が折り返す
宮本象三@神田きくかわの鰻重
鰻食ふひび割れさうに白き空
虚実子
鰻焼く煙に盃を重ねけり
虚実子
人は人に殺されるのだ鰻食ふ
玉庭マサアキ
火のつぎは鰻てふもの捕らえたり
玉庭マサアキ
往来をもつれ鰻の烟りたる
古田秀
今切の泥は鰻の吐息なり
古田秀@今切…「いまぎれ」です。浜名湖の海と繋がっている部分です。室町末期の地震によって今のような汽水湖になったそうです。
黄金を焦がせば匂ふ鰻かな
古都ぎんう
鰻だと思ふが竹輪やもしれぬ
古都ぎんう
鰻食う碁盤は白がやや有利
広瀬 康
鰻より生まれし仮名文字の数個
広瀬 康
鰻むんずと静脈の浮くかひな
江戸人
畳糸手繰り抜き上ぐ大鰻
江戸人@鰻の夜釣りをする時、昔は畳の縁を縫う頑丈な畳糸を使って、鰻の置き釣り用の糸に利用したようです。鰻針にドバミミズ(極太の大ミミズ)を縫い刺しにして、夜の沼や川に仕掛けを沈めて、翌朝その針を上げに行きます。
星屑の焼き目を宿す鰻かな
高橋寅次
鰻重を友も四角く食べてをり
高橋寅次
鰻喰うあんた太陽呑んだ貌
高橋無垢
奪衣婆は面喰いかもねさて鰻
高橋無垢
鰻食ぶ新車安全祈願して
彩楓(さいふう)
店先に鰻を裂きて浄め塩
彩楓(さいふう)
建干しの鰻両手を昇りをり
斎乃雪
トランクは退院の荷物鰻食ふ
斎乃雪
泥の川うなぎは泥を縫い合わす
山香ばし
百点満点まるの日のうなぎ
山香ばし
縮みゆく鰻を返す二度三度
山内彩月
看病の日の鰻人は腹が減る
山内彩月
鰻食ふ母の舌鋒際立てり
山名凌霄
秀吉の食うた鰻が此れなるか
山名凌霄@創業400年京都わらじやのう雑炊は筒状の鰻と九条葱と庄内麩、春雨が入ったお鍋。食べた後は雑炊にしてくれます。鰻と言えば蒲焼きですが、ここのう鍋、う雑炊も一度お試しあれ。
鰻にします昨夜喪服を脱ぎました
司啓
鰻いる海から生えている川に
司啓
イタリーの靴が鰻屋いきたがる
七瀬ゆきこ
猿楽町ノボさんとゆく鰻かな
七瀬ゆきこ
からみあう鰻の頭いずこやら
塾志
鉄色に光りからみて鰻かな
塾志
捌かれて尾をひとくねり鰻かな
春野いちご
ぢうぢうと皮の凸凹うなぎ焼く
春野いちご
みづうみに富士のひろごる鰻めし
純音
レシートを記念としたる江戸鰻
純音
通夜の家鰻の黒の極まりぬ
小川めぐる
喉越しはどうだ鰻の心臓の
小川めぐる
行幸や鰻の腹は陽をはじき
小泉ミネルヴァ岩魚
下総の醤油ほの赤うなぎ鳴く
小泉ミネルヴァ岩魚
ダンサーに馳走す天然鰻かな
小野更紗
鰻売る店に盗賊除けの札
小野更紗@昨年、水戸の鰻屋にしんじゆさん、めいおう星さん、てん点さんと行きました。黒光りする竹の壁のある老舗でした。美味しかったな~
川底の足の隙間に鰻の眼
松井くろ
夜空から鰻に旨き糸垂らす
松井くろ
鰻ざくから始むる路地の突きあたり
上倉すず女
水底の日の斑たはぶる鰻筒
上倉すず女
大ごとの事件にやうに鰻食ぶ
城内幸江
鰻食ぶあと十年は生きられる
城内幸江
鰻食う祖父はまたビルマの話
常幸龍BCAD
鰻食う新築の梁ピシと鳴り
常幸龍BCAD
裂かれたるうなぎ半身は逃げやうと
神山刻
鰻とふ抗ふためのかたちかな
神山刻
この海に間引かれ還る鰻かな
世良日守
白亜紀の甘き黄昏鰻飯
世良日守
噴煙のごと鰻丼は開けらるる
星埜黴円
赤道は遥か鰻は裂かれたり
星埜黴円
うなぎ掻く腕の重さや月くもる
清波
裂かれつつ鰻沈みゆく深海
清波
モスリンのやうに鰻の蒸しあがる
西川由野
半玉の常陸訛りや旅うなぎ
西川由野@旅うなぎ=江戸前に比べて痩せている、水が綺麗な田舎で育ったうなぎ。
鰻食ぶる日は黒ネクタイをつけ
石井一草
ぴつちやんとぬめるうなぎのいけすかな
石井一草
丼をねじ伏せるごと大鰻
赤馬福助
このをとこ鰻の食ひ方も知らぬ
赤馬福助
富士よりの水に鰻のひしめきぬ
雪うさぎ
瞑想の鰻が夜の桶の中
雪うさぎ
うなぎ焼くそばから酒のぬるみけり
雪華きなこ
鰻の日離婚届もただの紙
雪華きなこ
鰻焼く匂ひや野外ロックフェス
倉木はじめ
新人のくせに鰻を食べてゐる
倉木はじめ
浜名湖の海はどこから鰻食ふ
蒼空蒼子
我が鰻今一息に割かれたり
蒼空蒼子
鰻焼く肉食獣の耳となる
足立智美
不健康自慢そこそこに鰻喰う
足立智美
浅草に母の母校や鰻食ふ
多喰身・デラックス
うなぎの香万太郎碑は雨のなか
多喰身・デラックス
投げ込んだ餌へ鰻の雪崩れ込む
多々良海月
鰻うねる淫靡な音を纏ひつつ
多々良海月
鰻掴む月しづかなる戻り舟
大雅
空舟(うつほふね)鰻の淵の鎮まれり
大雅
錐の痕一つ増やして鰻裂く
大谷如水
竹筒の太さに見合ふ鰻釣る
大谷如水
うかうかと零れ落ち日常も鰻も
谷口詠美
鰻の香這ふ水郷の構図かな
谷口詠美
鰻でも食うかの「でも」を反芻す
丹波らる
速く食べねばならぬような鰻
丹波らる
清流の晩年にあり鰻啼く
地球人
地獄より出づる鰻の金の腹
地球人
七匹のうなぎからまぬやうぬめり
池之端モルト
白焼のうなぎ純米ちょいと塩
池之端モルト
ひつまぶしいやひつまむしひまつぶし
痴陶人
嬉しからずや鰻の味を子が覚え
痴陶人
神さびて淵に隠るる大鰻
中根由起子
鰻筒少年恭しく掲ぐ
中根由起子
股関節ぽきぽき鰻ぬるぬる
中山月波
付き添ひの姉へ鰻を差し入れる
中山月波
正直の儲けは消えて特鰻重
津軽ちゃう
ほら子規よ鰻なお食べ気張りなせ
津軽ちゃう
鰻筒揚げて日暮の来たりけり
辻が花
舟で行く生家の土間の鰻かな
辻が花
鰻さばかれここは近親婚の邑
天玲
鰻百さばかれ観音水こんこん
天玲
千本の鰻捌かれ千の肝
田中耕泉
ピン札は一日成さず鰻買ふ
田中耕泉
白飯のありて鰻は報はれり
渡野しえん太
唐草の蓋に皹あり上鰻丼
渡野しえん太
情死なることば留めて鰻喰ふ
内藤羊皐
産土の神顰むがに鰻掻く
内藤羊皐
飛び出でて鰻の眼潤みたる
南方日午
うなぎぬめぬめひらがなのかけらめく
南方日午
丼はみ出程よき焦げの鰻めし
日下まひろ
揉めに揉め多数決にて鰻飯
日下まひろ
東雲や闇より軽きうなぎ筒
日出時計
鰻釣りアセチレンの灯の重たるく
日出時計
鰻食ふ職場の席の並ぶまま
飯村祐知子
貪りけむ月の光を大鰻
飯村祐知子
たれを塗り鰻の屍輝かす
比々き
ヂョリリリと泣かす鰻の中骨を
比々き
河童の手躱し鰻はマリアナへ
樋口滑瓢
昼酒や待てば鰻の焼きあがる
樋口滑瓢
うと書けばうなぎ愛し鰻食べたし
稗田鈴二郎
十枚は撮って漸く鰻食う
稗田鈴二郎
蘊蓄は語らず並の鰻喰ぶ
風慈音
黒船を観たか観たよと鰻喰ふ
風慈音
鰻食ひ手ぶらで歩く銀座かな
福蔵
山椒をかけすぎてゐる鰻かな
福蔵
普請中の空のいびつや鰻食ふ
蜂里ななつ
雨馬の勝利称へよ鰻の夜
蜂里ななつ
鰻満ち胴丸籠の蠕動す
邦生
うふふふとうなずきながら食ふうなぎ
邦生
缶ピース買ひに出たまま鰻かな
北村崇雄
フーテンの雪駄擦る音鰻焼く
北村崇雄
鰻の尾おやじの左手を叩く
北野きのこ
桶十個鰻百匹生きてゐる
北野きのこ
商談に貴賤あるらし鰻飯
堀口房水
発酵するごとく蠢く鰻かな
堀口房水
筆名で呼び合う人と鰻食う
未補
裏側へ鰻の逃げたあとの夜
未補
鼻歌はサビ繰り返し鰻掻き
眠井遠雷
あをあをと龍の落胤鰻筒
眠井遠雷
鰻突く頑固ぢぢいと言はれよが
椋本望生
鰻割く肝かふぐりか指入れて
椋本望生
火の如く竹骨撓る鰻かな
木江
鰻食らふ我に右脚左脚
木江
風速計午後は回らん鰻食う
也和
ベクトルに始点終点鰻裂く
也和
鰻なら食べられさうと父の言ふ
野ばら
真向かひに鰻重の「松」運ばるる
野ばら
鰻焼く手際にぐびと喉仏
野地垂木
鰻膳二階へ二つ消えたきり
野地垂木
出刃たどたどし鰻の背進みゆく
野良古
すこし反れば水すこし落ち鰻の尾
野良古
この人も鰻のしっぽ好きなんだ
遊飛@蚊帳のなか
迸る乳や祝いの大鰻
遊飛@蚊帳のなか
神池の主は耳ある鰻とな
八代目神事のやうに鰻裂く
鰻重は松古民家の卓は無垢
竜胆
水迸る暗き笊の鰻へ
竜胆
浮世絵の隅に鰻を料る人
龍田山門
石松のまた惚れたるか鰻飯
龍田山門
はらぺこうなぎ砂利石を振り飛ばす
緑の手
千枚通しつらぬくうなぎの見たる海
緑の手
鰻めし窓に斜陽の二階席
令ちゃん@埼玉
やすやすと夫を許して鰻めし
令ちゃん@埼玉
鰻めし上司も部下も栃木の出
露草乃
祖父の骨拾つた右手で鰻食ふ
露草乃
雨降れば雨にまぎれて鰻釣る
朶美子(えみこ)
うな丼や店のテレビに八代亜紀
朶美子(えみこ)
百貨店の鰻分厚し通り雨
芍薬
よそ行きの声の注文鰻食む
芍薬
鰻届くまでは鬼平犯科帳
る・こんと
南座の鰻は重し大看板
まんぷく
鰻喰ぶ通天閣の上に夜
砂山恵子
それぞれの見目も生け簀の鰻かな
善多丸
米ほどの友はおらんや焼き鰻
鷹星
ダンスビートに埋まる街鰻の香
箪笥
鰻の眼海の欠片の残りしか
冬のおこじょ
重箱の幅に鰻の揃へらる
嶋田奈緒
曲がりくねる長き廊下や鰻食む
桃泉
鰻籠まだ現役と喜寿の会
陶然
むつかしき顔で鰻の肝を喰ひ
楢山孝明
鰻焼く木星を切り取つた色
南風の記憶
鰻の目開聞岳の濡羽色
28ひろきち
錆びついた鰻包丁研いでみた
⑦パパ@いつき組広ブロ俳句部
曇天に割く鰻の背青きかな
Dr.でぶ@いつき組広ブロ俳句部@天然鰻でも幻と言われる『青うなぎ』
主は鰻と聞くや水面に風うねる
okapi
四万十の鰻食み読む万葉歌
sakura a.
鰻焼く古き神田の匂ひかな
syuusyuu
掴みたる鰻の太さありにけり
あー無精
皆々様上棟式は鰻です
あいだほ
只の鰻のその面よきことよ
アヴィス
義父の口髭ふもふもと鰻食ふ
あおはる
黒潮の鋼にしなる鰻かな
あさふろ
雨の夜は女体恋しやうなぎ食ふ
あまの太郎
鰻待つうちに上がるや通り雨
いくた 武
逝くもかなし生きるもかなし鰻喰ふ
いしい美髯
明日帰る子に鰻の尾ゆずりけり
いち坊
品書きの店主の癖字鰻食む
いつか
黄うなぎの耳石に海の匂ひかな
いなだはまち
下顎の張り違うらし地の鰻
うさぎまんじゅう
うなぎ膳品良き隠居にはなれず
ウロ
引き上げてごぼりごぼりと鰻筒
えいぎょ
うなぎ屋の墨絵に似たる鰻かな
エイシェン
鰻の白焼き骨っぽい気がする
おおそとガリコ
空っぽの養鰻池の水車かな
おかもとのん
鰻飯かっ込む電車がまいります
オサカナクッション
鰻食ぶ重箱の隅を突きつつ
お気楽草紙
うなぎ食う町内会長任期終え
カオス
薄笑いのいじめっ子の目鰻の目
かつたろー。
放られし鰻の肝のうごめける
かまど
鰻屋の匂ひ文庫本の匂ひ
きなこもち
二階右端奥個室鰻めし
きのした小町
半分はにほひとなりて鰻空へ
くさ
鰻焼く街路に伸びる水銀柱
ぐずみ
鰻筒振って覗いて傾けて
くりでん
剣先の活き活き鰻の背を裂きて
クロまま
するするとまな板をゆく鰻かな
けーい〇
ぬめる鰻第二反抗期の倅
こぶこ
鰻裂く一瞬透きとほる弛緩
ざうこ
抵抗はやめて鰻をいただきます
さこ
鰻裂くピアスの男養子らし
さぶり
親串の技の位置決め鰻串
ジョビジョバ
まず鰻たらふく喰って籤ひく
ず☆我夢@木ノ芽
暖色の思い出一つ鰻焼く
そまり
親父の忌なじみの店の鰻めし
たいぞう
うなぎ食ふ若者面接終えたか
だだちゃ豆
鰻でもとれと襖の向こうから
たろりずむ
大甕は益子うなぎは利根より来
たんじぇりん金子
晴天の山たおやかに鰻食う
ちびつぶぶどう
素のままの身のほろ甘き鰻かな
つぎがい
子の釣ったザリガニで釣る鰻かな
ヅラじゃない
鰻焼く図柄不明の渋団扇
てまり
静かなる箸にほぐれる鰻かな
ドイツばば
齧りたる鰻の骨や山頭火
ときめき人
四万十の川の弾力鰻かな
としなり
初めての鰻に小さき口の開く
とも子
サヨナラの一打肴に鰻かな
ナタデココ
排熱の地面這う街鰻食ふ
ねぎみそ
鰻の日裂く手焼く手と運び手と
ねずみ男
行列へ湖へ鰻の白煙
のつり
鰻食む高さの合わぬ旅枕
のぶ子
土臭い雨あがりかなうなぎ食う
のら
鰻食ふ夢醒めたれば日傾く
パーネ・メローネ
鰻焼く知覧の空へ雲一筋
はるく
鰻焼く匂ひに乾く濯ぎもの
ひだ岩魚
鈍重な器も愛でて鰻食う
ひな子桃青
京成のS字のカーブ鰻かな
ひろしげ12さい
鰻食す明日は天竜川を越え
ひろのじょう
玻璃ごしの鰻さく手と焼く手かな
ふうせんかずら
昇段を逃した一手鰻食う
ふぇるま
身籠りて鰻のたれの甘きこと
ふくろう悠々
ぽんぽんと七対三に切る鰻
ふさこ
母の忌の嫌いなものに鰻かな
ふっこ
釣鰻土間赤々とにほひけり
ふみ
うなぎ喰ひこころの何処か太るかな
ふみちゃん
里帰りの娘鰻を掻っ捌く
ペトロア
砂利の鳴る熱田の杜や鰻の香
ほしのあお
岩のぼる鰻や月光湿りゆく
ほしの有紀
鰻待つ手酌のうちや午の雨
ほのぼぉの@蚊帳のなか
鰻食ぶつるりと心臓が愛し
ぽんぽこぴーな
夭折はもはや叶はず鰻食ぶ
マーフィー
湯気立つる鰻茂吉の丸眼鏡
ましろなぎさ
店中で一番偉そうな鰻買う
まみのすけ
鰻食ふ側に友あり忌引明け
マユミの実
暗き淵うなぎおるでと義父の過ぐ
みつれしずく
鰻重の並びて続く弔辞かな
みどちゃん
逃げられたあとの手ぬくし鰻の目
みやかわけい子
船頭のさばく竿よし鰻喰う
み藻砂
おごられた鰻は喉に骨を刺し
むげつ空
鰻食む天竜川に簗の跡
むじーじ
桜島は海を食む吾は鰻食む
むらぴ
きりきりと山椒決意の鰻丼
めぐみの樹
貧乏はとっくに飽きた鰻食う
めしめし
おっちゃんに夜逃げのウワサ鰻来ぬ
めりっさ
天つ日を月を鵜呑みにして鰻
モッツァレラえのくし
父さんが好きだったねと鰻買う
ももたもも
天然物と漁師鰻の胸を見せ
もりお
鰻食ぶ姪も二人の子等を生す
ヤッチー
爺ちゃんは聖火ランナー鰻食う
ゆあな
青春は二度も有るかと鰻喰う
よぶこどり
夫の亡き三人づれや鰻食ふ
らくさい
坪庭の風浅みどり鰻食ぶ
るりぼうし
ひらがなのなかにうなぎのぬるらるら
わこたんのまま
叔母とかいふ女が提げて来し鰻
わたりどり
うたた寝の後の四万十の鰻かな
阿万女@ノエル
鰻の香南洲殿の目玉かな
阿野 瑠
湖からの風寄る窓辺鰻食ぶ
杏と優
鰻食ふと殊更に告げ早仕舞ひ
伊予吟会 心嵐
亜麻色の脂の薫る鰻飯
育由
硝煙を匂はせ鰻かつ込みぬ
一阿蘇鷲二
捌く手に鰻ぷるぷるふるえをり
一走人
うな重の手綱を締むる黒山椒
雨霧彦@木ノ芽
うなぎめし日本に田の神水の神
影山らてん
休診の院長と喰ふ鰻かな
永想
下顎の弛みて鰻裂かれ切る
遠音
中陰の満ちて娘と鰻めし
遠野肇
まな板の鰻や父へ下りたり
塩の司厨長
見るものは無いよ鰻は旨いけど
横縞
手の中の夢がするりと鰻かな
佳月
出張の父と無言の鰻かな
加容
「一生の頼み」いなしてウナギ食ふ
夏雨ちや
ひらがなは暖かき文字うなぎ食ふ
夏柿
蘊蓄はいよいよ尽きて鰻待つ
河本かおり
還暦の恋タブラ・ラサ鰻待つ
花屋英利
大鰻共に白髪となりにけり
花咲明日香
四半期の決算終へて食ふ鰻
花伝
鰻食ひつくづく夫の早死によ
雅喜
ダム反対の立て看錆びて鰻掻
海峯竜寿
ジオラマのように山椒振り鰻
灰色狼
よく焦がし鰻を用意よき日かな
絵十
身も蓋も背も腹も無く鰻焼く
釜眞手打ち蕎麦
鰻くねり陽光は刃に似たる
瓦すずめ
浜名湖の主かもしれぬあの鰻
干しのいも子
遠縁の法事終わりの鰻かな
閑茶
鰻黒黒ビブラートの読経
岩のじ
一閃に腹割かれたる鰻かな
喜多野羆
まな板に山杢の凸鰻裂く
亀の
旧街道天然鰻出すぼろ屋
亀山酔田
鰻切る包丁の背の鈍光(どんびかり)
亀田荒太
鰻食う大黒柱背もたれに
亀田勝則
重箱の隅よりほぐしゆく鰻
蟻馬次朗
謎めいた旅路の果てが真蒸しとは
吉村よし生
鰻の香溢るる昼や子だくさん
久留里61
一合の酒と鰻やゆるり老ゆ
宮田和可子
釘頭のつぶれ鰻の尾のうねり
宮﨑紅清
上司への愚痴を聞いてくれるか鰻
京野さち
鰻待つ間はむつかしき話止み
玉響雷子
ばたばたと団扇丈夫や鰻焼く
金子加行
出雲屋の鰻も籠に根雨の宿
吟  梵@資料によると昭和23年頃の大阪市内の鰻屋(蒲焼)は300軒以上が「出雲屋」と称し、多くは出雲地方の天然鰻だったそうです。
入口で鰻焼くなんて反則
銀之助
鰻めし食ひつつ下る湖西線
愚老
山の端の形の空や諏訪鰻
空想婆
頭突く鰻しぶとく身をよじる
熊縫まゆベア
大鰻裂きて鎮むる身の真白
月見柑
鰻食う祖父にスプーン渡しけり
月野ひとみ
鰻突くヤスに巻き付く胸黄かな
犬散歩人
どるるんと火焔流るる鰻かな
古瀬まさあき
吾子なりの秘密の場所に鰻筒
戸部紅屑
ガス灯の屋台で捌く鰻かな
公毅
両手から鰻あふれて光残る
公木正
うなぎ飯こげる手前の焼き加減
幸の実
柴又の軒先低し鰻喰ふ
江戸川青風
鰻喰へ焼肉喰へとのぼり旗
江里口泰然
鰻裂く祖母の目打ちの過たず
紅さやか
不死はいりません鰻をいただきます
綱長井ハツオ
鰻屋のうなぎ登りの石瑞相
香壺
わたくしに水の時代や鰻筒
高津
鰻肝は刃先に砡のごと現る
克巳@夜のサングラス
この鰻娘と同年かもしれず
佐々木ふく
古文書を紐解くやうに鰻食ぶ
佐藤 藍魚
鰻の目言っておきたいことがある
佐藤志祐
鰻の背すっと包丁の鈍角
沙那夏
伝言板消えし駅舎や鰻食ふ
歳三
天然とふ太き鰻や泥くさし
桜の翳
鰻重やみあひと見ゆるおちょぼ口
桜姫5
dポイントで愛知県産鰻喰う
三ノ宮ねこ
年下の上司に奢られた鰻
三浦にゃじろう
鰻食い少し優しくなりにけり
三水低@第二まる安
寄り添うてゐても寂しき鰻かな
三泊みなと
鰻釣り雨後の闇には煙草の火
山女魚
削ぎ切りといふはさびしき鰻かな
山田喜則
梅花藻を漱ぐ川音うなぎ食ぶ
山踏朝朗
顎髭の痒み朗らか鰻食う
山本先生
ばあちゃんの山椒届いて鰻めし
始の子
鰻食ふ借金一千兆の国
志保川有
どの客も静かなりけり鰻食う
糸川ラッコ
東京の夕はジオラマ鰻食む
紙鍵盤
鰻重に箸割つてゐる慰労金
鰻平らげ仁侠映画二本立
次郎の飼い主@鰻旅友
鰻食う精悍になった横顔
朱海 祥
沖縄の鰻の太き雨あがり
朱契
鰻割く手首に絡む尾に力
樹朋@頭部を釘で止めても手首に絡んできました。尾の力を再認識しました。
粋人の鰻冊ふた串冷2合
秋月なおと
鰻食う前に聞きたい回遊記
春来 燕
鰻食む義母の七人きょうだいと
淳風
たゆとうてうなぎ縁より垂れ出づる
潤目の鰯
成田さんあの鰻屋へ寄るつもり
順女
まかないの鰻一片米二杯
庶凡奴
岡山弁やさし青鰻あつさり
小鞠
針一本も飲まれへん鰻食う
小笹いのり
でいだらぼっちの沼や地付きの大鰻
小倉あんこ
重箱の朱のよろしき鰻かな
小鳥ひすい
丑でない日に来られよと鰻焼く
小林弥彦
退勤は近いぞ鰻タレの焦げ
庄司直也
鰻筒うたかた消ゆる小名木川
昇華
世の中の不条理に鰻をどうぞ
松浦麗久
予土線の鰻おにぎり青き川
松山
バイト終へ牛丼店の鰻食ふ
松本裕子
B定の横の直筆うなぎ飯
松野勉
鰻丼や母が好みし青海波
森一平
うなぎ捌く手練れ流るるごときかな
森青萄
兄作の鰻筒よりぬらり二尾
森川いもり
問題は山積みなれど鰻食ふ
深草あやめ
兜太似の鰻を釣ったどうしよう
新聞紙湿りて重き鰻買う
松山めゐ
バイト終へ牛丼店の鰻食ふ
松本裕子
B定の横の直筆うなぎ飯
松野勉
鰻丼や母が好みし青海波
森一平
うなぎ捌く手練れ流るるごときかな
森青萄
兄作の鰻筒よりぬらり二尾
森川いもり
問題は山積みなれど鰻食ふ
深草あやめ
兜太似の鰻を釣ったどうしよう
待つ間にも鰻の話ばかりして
真繍
人寄せのひらがなとなる鰻かな
神谷たくみ
鰻重や昔ながらの調剤室
水夢
鰻待つ繋ぎの新香疾うに無し
粋田化石
老年の怒りに任せ鰻喰ふ
酔下弦
闇に狩る鰻や空に星は満ち
瀬尾白果
鰻食べ再燃「死刑廃止論」
是空
鰻食ふ結婚式は延期ださうだ
正山小種
名店や梁も鰻も良く肥えて
清白真冬
鰻筒川面の雲に沈めけり
西山哲彦
うなぎぬらぬらニンゲンの目ぎらぎら
青海也緒
難しい話は抜きや鰻食へ
青柿
ぐるんぐるん暴れ鰻の桶重し
青田奈央
桶の鰻下へ下へと重なりぬ
石あい女
銀うなぎ冷たくなるまで手を洗ふ
石神湖畔
金色に青い鰻を捧げ持つ
石川聡
水替ふるたびに鰻の愛ほしき
石田将仁
印旛沼みて本店の鰻食ぶ
千の葉
裂いて研ぎ研いでは裂いて鰻かな
占新戸
水面は静か兵十は鰻焼き
川口みち
鰻の香縫う帰路今宵は五合
浅河祥子
鰻食ぶ町家の奥に京ことば
色褪せて亡父と写る大鰻
蒼香
十三駅前ポルノ映画と鰻釣り
蒼奏
難破船をしばしねぐらとして鰻
村上 無有
鰻食ふ帰郷の夜や千の星
村上yamada
喉元に水の刃の鰻捕り
村上優貴
寅さんが来たんよ此処と鰻めし
多事
鰻焼く焦げたる所またうまし
多聞仙
うなぎ一匹キユッと鳴いたような朝
太子
素手で捕る紅のほのかに川鰻
蒼鳩 薫
舟板に突き刺し鰻口を剥く
大村真仙
意に反し釣れし鰻の外道面
大塚迷路
階段の艶に鰻の匂ひ立つ
大和田美信
目打ちされ頭落とされ鰻の眼
沢拓庵
タイ外し精進落としの鰻かな
脱 流民
鰻喰う僕は将来副社長
短夜の月
どしゃ降りの魚籠の鰻の背の青さ
知無須園
鰻屋を出て真っ白なアスファルト
知里
いつからか父に奢りし鰻かな
智雪
鰻丼が好きは忘れぬ海馬かな
池と堀
あと何回鰻を食ぶる余生かな
池田香
はとバスの停まる老舗の鰻飯
竹さ
鰻焼く煙り染み込む大柱
竹庵
これほどにひしめくか木桶の鰻
武井かま猫
カーバイトランプ三つ四つ寄せて鰻裂く
中村 邑
鰻焼く太陽フレアの衝撃
中村すじこ
鰻食むエアポートの暖簾街
宙のふう
大将の首取りしごと天然鰻
衷子
鰻つかめぬ華奢な手の置きどころ
長ズボンおじさん
懐妊や鰻の肝の食納め
鳥羽南良
父母と雨の潮来に待つ鰻重
直樹里
鰻馬鹿なれど不倫はせざるなり
津軽まつ
上鰻俺の死に目の前祝
鶴屋桃福
ぬらぬらと虚空に掴む鰻かな
天陽ゆう
鰻稚魚川に行かなと月の夜
貼女(ちょうじょ)
荒れる今鰻よお前食われるぞ
田村美穂
晩酌の鰻丸々食はれけり
田中舵郎
泥ぬたり鰻はそこにいるらしい
田辺 ふみ
鰻食ふための浜松社員旅行
冬木ささめ
星空の美しき海鰻生まる
桃和
川の名を戴く店の鰻かな
当卯
大鰻豊葦原の水ゆたか
藤色葉菜
鰻の切腹あまりにもあつさり
藤田ゆきまち
この鰻きつと大海知らぬだらう
藤田康子
四万十の肩書もてる鰻かな
無言にて鰻バケツを囲む衆
徳本あつ
御詠歌を謡えば鰻くねり出す
凪太
鰻釣り大和平野に陽が昇る
二上松風
ご先祖は西郷どんの股ぬけた鰻
播磨陽子
妻誕生日鰻をさばく勝手口
馬場馬子
単身赴任五年も過ぎて焼く鰻
半熟赤茄子
鰻割き肉削ぎ落とす刃研ぐ
斑山羊
人波は新勝寺から鰻屋へ
美年
ピンヒール折れて一人で食う鰻
柊 月子
黒潮の色を賜る大鰻
福良ちどり
暮れ色や鰻の骨の揚げ加減
文月さな女
白焼きのうなぎ原爆落ちた町
平本魚水
魚徳の国産鰻審議中
平野水麦
存外と丈夫な床几鰻の香
碧西里
絡まる鰻糸口みせぬ桶の中
よく笑ひ甘へ上手や鰻食ふ
北摂美美
鰻食う水車の臼の重き音
北川蒼鴉
自らをむすぶかにあばるる鰻
北藤詩旦
気の強い舛花色の鰻かな
睦月@舛花色はますはないろ
蓋に松螺鈿細工の鰻重
堀アンナ
いい日です鰻重食べて夫といる
麻衣
無人街胸鎖乳突筋鰻
抹茶金魚
鰻重の来たる机の黒ぐすみ
末尾波世遠
鰻より大切なものあるかしら
万喜ミツル
飯鰻鰻飯飯飯鰻
岬りこ
枝川の水曲に肥ゆる鰻かな
明惟久里
鰻照る雨天の雲母ほどに照る
綿井びょう
鰻裂く砥石は薄うなりにけり
茂る
大熊手見下ろす座敷の大鰻
門前町光乃
皮も身もぜんぶふわふわうなぎどん
野の花 さな
碧空を溶く四万十川の鰻
野の花 誉茂子
御門主のお髪剃り終え鰻食む
矢的@第二まる安
並みの日の並のうな重妻と食ぶ
柚木みゆき
岩陰に老婆住むとや大うなぎ
夕虹くすん
水自慢伯父の奢りの上鰻
葉るみ
うなぎとは水の形に泳ぐのだ
葉月
鰻丼をデスクでかきこむ星光る
遥風
重箱の縁まで達す鰻かな
遥明
蘊蓄の尽きて鰻の舌鼓
欲句歩
太指で啼かせ裂かるる太鰻
落葉勝山
美しき夜に鰻を焙り直しけり
蘭丸結動
鰻掻き女難の相が出てますね
隆月
星ひとつ仕舞う暖簾の鰻の香
瑠璃茉莉
鰻捌く親父は今日も迷いなし
麗し
好きにしろと言われ鰻を食ひにゆく
露砂
鰻喰った翌朝のラジオ体操
老人日記
掴むのは鰻の光ばかりなり
和季
鶏鳴や仕掛け引き寄せ大鰻
巫女
養生の祖母にだけ鰻のお膳
戌の箸置
山里に酒蔵並ぶ鰻食ふ
戌亥
階段の軋むも老舗鰻食ぶ
攝津の嫗
長子には肝吸付けし鰻かな
蜥蜴の尻尾
仕掛けから三寸ばかり鰻の尾
霖之助
堀浚ひこれぞ主や大鰻
靫草子

並

鰻裂く男の指の血の匂ひ
28あずきち
稚魚鰻育て喰い尽すのは人
99カリン
水に流せぬこと哀れ鰻裂く
マオ
利根川の鰻隠れし忍者かな
まお9才
鰻釣り昔狐が化けて出た
まぐのりあ@蚊帳のなか
日は西に腕まくりして鰻筌
マツイミキロウ8191
鰻鳴く海の辛さよ沈む陽よ
やぶつばき
吸物にうなぎの肝の一欠片
一茶お
親へウナギ若き大黒柱より
宮坂暢介
鰻ゆえ球児のごとく米汚す
種種番外
クジラでも釣れたかの如ウナギ釣れ
松山女
鰻の日十日前より印付け
松端
帰り道軽い足どり手に鰻
星私
真直なひかうき雲よ鰻さく
石野上路無
突き刺した簎ごと掴む大鰻
泰然
影絵めく鰻を掴む指使ひ
比良山
鰻の目打つマリア像血を流す
緋乃捨楽
捌きたる鰻に真白な宇宙かな
葉月のりりん
うなぎ屋に鰻盲ひて日の光
茫々
泥まみれ掴むうなぎの吾子の顔
aya
長筒をCubに積み込みうなき取り
Benじい@#バイク これも実話です(^^)vうなぎの皮剥きは結構大変でした(^^;
朱に染まる家路急ぎぬ鰻掻き
haruwo
夜が更けて腕の太さの鰻釣る
KAZUピー
目打ちされ鰻さばくや男いき
KKK
白焼の鰻と吟醸あれば足る
M・李子
かごわなの鰻を見たよかの川で
PON
愛でながら許されながら裂く鰻
sol
うなぎ来たいつもの如く実家から
sugarlily
参道よりのれんに覗く鰻かな
TAKO焼子
無念の帰郷行きつけの鰻の香
wolf626
是非も無し捕らえた鰻腑に落とす
yoko
鰻食ふ小江戸川越子の奢り
あーすススメ
浜名湖や鰻の肝のほろにがさ
アーナンダ
しあはせとうなぎはつかみづらきもの
アイゴー
四万十のみどり纏いし大うなぎ
あいみのり
せめてもの楽しみ鰻国産で
あおか
時の疫コロナ避けつつ鰻喰う
アオキシゲル
黒々と桶にのたうつ鰻の日
あおのめ
せせらぎや獲りたてといふ鰻食ふ
アガニョーク
里山の細き小川の大鰻
あけみ
人生をぬるりくるりと鰻かな
あさのとびら
筒仕掛け兄の自慢の鰻食う
あさり
Sとして生涯終える鰻かな
あじさい涼音
煤けたる暖簾を揺らす鰻の香
あずお
鰻裂く店の軒先雨雫
アストロ@夏銀河
言わずとも最後と思い鰻食べ
あすなろ
エレキテル指先流る鰻の血
あたなごっち
人気者見た目と違う鰻なり
あつこっとん
店先で鰻割く手のしなやかさ
あつむら恵女
深海の黒纏ひたる鰻かな
あなうさぎ@紫外線の届かない深海で孵化したウナギは、 幼生~稚魚となるまでは透明、 川をのぼり始めると、紫外線の悪影響を受けないように背中が黒く変化することを知りました。
「姑の怒り」に怒る鰻割く
あまぐり
それならば敢えて鰻に梅干しを
アマリリスと夢
鰻焼く鼻腔に拡がる蓋開ける
あみだじじい
飯粒のひとつひとつの鰻の香
あみま
もふもふと鰻の香りおかわりや
アルプスの俳人
子の寝るや氷で締める活鰻
あろーま
一合が二合となりて鰻待つ
あわの花水木
工場帰り半値の鰻じっと見る
イエロー雲
汽水湖の波のまにまに鰻かな
いかすみ
大海をめぐりし鰻四万十へ
いくちゃん
うなぎ食ふここは水郷白秋の地
いくらちゃん
砂袋抜ける鰻の密の自在
いく葉
聴くほどに太さの増して大鰻
いごぼうら
捕われし鰻は何処へ雨の朝
いたまきし@雨の朝に本当にいなくなっていました。
語り継ぐてんやわんやの大鰻
イチロー
ふっくらと焼き届けらる鰻の日
いと茶
石垣に餌を差し入れ鰻かな
いなほせどり
よき声に昼餉の鰻散財す
いまいやすのり
俎板の鰻はきゅうと鳴きにけり
うづら@第二まる安
鰻釣りお腹鳴る前鈴よ鳴れ
ウナカ@鰻旅友
刻まれてかくも香ばし鰻飯
うに子
鰻好き大阪焼きを贔屓する
うま子
鰻膳に猫三匹も加わりぬ
うらら恵子
鬱々も食欲そそる鰻かな
えみあみこ
鰻棲む湖水に揺るる逆さ富士
えらぶゆり
吾子の手をぬるりと躱し笑む鰻
えりいも@鰻旅友
掻い堀や鰻一匹大明神
オアズマン
鰻割く音もご馳走夜さりかな
おうれん
隅田川夜景背負って鰻釣り
おかか丸
蛇行して我先にと逃げうなぎ
おかり
うなぎの日薬味の木筒手から手へ
オキザリス
鰻食う白寿の皺の深さかな
おたまじゃくし
うなぎさんニョロニョロしてるかわいいな
おばけちゃん(6才)
老いた母に椅子席探し鰻食む
オリゼ
鰻とはきっと家族と食べるもの
おんちゃん。@白吟句会
祖父の居て父兄居てのうなぎかな
かこ
泥鰻追い込む漢の声荒し
かざばな
黒き手の鰻割く人歯の白き
かしま
西郷どんの像や鰻の香ばしき
かずポン
鰻重と地酒でいはふ傘寿かな
かすみそう
掴み取り鰻に勝てど持て余す
かたちゃん@いつき組広ブロ俳句部
初給与自分の金で買う鰻
カヅラ梅
鰻くう子達の奥に笑顔あり
かなこ
うなぎ焼く匂ひだけでは飯食へぬ
かまど猫
利根川を御して古利根うなぎ筒
かもん丸茶
閉店の貼り紙褪せる鰻店
からすちゃん
昔は丼今はお重の鰻かな
かわいぬ
若い衆が磨く鰻の日の三和土
キートスばんじょうし
袖まくりネクタイ緩め鰻喰ふ
キープフレッシュ
竜宮の使いになる前は鰻
キイロイトリ
軍手はめ鰻捌くや五寸釘
ギコ
路地裏の鰻のかをり誘い来る
きさらぎ
白焼きを待つ間楽しき胆と酒
きっちゃん
夜釣する糸引く鰻の鈴の音
きのと
鰻池月夜の色に盛り上がり
ギボウシ金森
引き篭るぬらぬらくねる鰻かな
キャサリンまさこ
宇治川のウナギ焼く店今もなほ
キヨ
アマゾンを終のすみかに大鰻
きょうや
南洋に稚魚は謎めく鰻かな
キョンちゃん
柳川の二つ目の角鰻食う
きんえんくん
今は父鰻の煙目に染みて
クウシンサイ
田の溝にうなぎ棲みにし頃を知る
くによ
昼酒に待つ間湛はし鰻の香
くま鶉
滝壺の鰻岩肌に雨落つ
くみくまマフラー
鰻生まれるマリアナ海の地図広げ
くめ仙人
「う」のつく鰻恋患に処方され
ぐりえぶらん
夜の海光を当てて鰻漁
くるみデニッシュ
鰻食う謎をまるごと食いつくす
くれまてぃす恵子
ささめごとしばしうなぎを待つあひだ
ぐれむりん
鰻裂く刃先に一心喉鳴らす
ケスウヨ1101
柄物の服を着て食う鰻かな
けびん
ひたひたと毒吐く血筋鰻食う
こあまぶー
初孫の産声まだか鰻食う
こうせん
ミシュランの鰻重フレンチの如く
こうちゃんおくさん
樹木葬笑ひ合ひて鰻食ふ
こうやこう
オンライン呑みの肴にうざくかな
こーらるむーん
風にのりうなぎの煙お昼かな
コケデカ
父親を愛する恣意や鰻買う
こじまはじめ
うなぎ食う彼女を誘うシタゴコロ
こた。
風さわぐ鰻に錐を刺したれば
ことまと
鰻重を一旦閉じて落ち着いて
コナラ
二階より夫の鼻唄鰻かな
こはまじゆんこ
嫋やかに鰻裂きたる妻の笑み
こま
鰻屋の小僧駆け出すデリバリー
コロコロ
出前とり鰻を食べて頑張れる
ゴロゴロ
鰻煙しわい屋は飯わしは酒
こんじゃのよしこ@落語の始末の極意(しわい屋)のうなぎ屋の煙のところが大好きです。
呪われし愛情表現鰻斬る
サイコロピエロ
誕生日思いもよらぬ鰻めし
さかも
鰻の日焦げた竹串回し抜く
さかもと眞紅
夕暮れに小舟出てゆく鰻とり
さくま博美
鰻焼く風は上から吹いており
さくみ
鰻焼く幟の文字や風踊る
さくやこのはな
白焼きは父の鰻と決まりをり
ささき良月
恩ありて鰻食さぬ民ありて
さだとみゆみこ
白き腹絡め鰻のぬらぬらと
さとう菓子
鰻捕り影二つ三つ吉野川
さとし
体揺らし真っ直ぐ進む鰻かな
さゆみ
せつかちの上をゆく義父うなぎ待つ
さるぼぼ@チーム天地夢遥
鰻食ひて調停向かふ友の背よ
さんさん珊瑚
還暦を鰻で祝う日曜日
しー子
うなぎ釣り滑り川底逃げられた
しおかぜ
冴えないと言われ続けて鰻食う
しかもり
腹開き腕と味良し鰻良し
しげる
つぷつぷと息する三河大うなぎ
ししまる
九十路完食したる鰻飯
しつじのMay
冷水の盥のふちの鰻かな
ジミーあゆみ
絽の帯を褒める男と鰻食ぶ
しみみ
鰻丼のちょこなんと乗る寂しさよ
しもさん
家事疲れ夫の誘いの鰻かな
じゃらんじゃらん
秘伝のたれ秘伝の炭で鰻焼く
しゅういずみ
痛点を知る鰻屋の五つ星
しゅうふう
冷のまま肴は鰻ざく江戸切子
シュルツ
胴上げの顧問の奢るうなぎ丼
シュロバッタ
つかめども指間を抜ける鰻かな
しゅんぷう
親父たち鰻いる小場秘密にし
しゅんらん@小場=こば 昔は趣味で父親の仲間達で夕方仕掛けして、早朝に引揚、家でさばいて食していました。
鰻食ふ暖簾のうの字日に褪せて
じょいふるとしちゃん
東海道商談行脚鰻食ふ
シラクサ
衣ずれを秘めて澄まして鰻かな
しをの
黒潮の蛇行鰻へは鉄串
しんしん
太鰻突くN700隧道へ
しんまいじいさん
石垣の何処に鰻が父熟知
すえよし
縁談と云われ鰻重箸止まる
スサトヨ
駄馬負けて鰻は遠くなりにけり
すすきの獅子扉
ほうじ茶と燻されどうしうなぎ重
すぴか
通り行く鰻香ばし正午前
スマホ優
生誕日流動食のウナギ
スローライフ
海流で来て帰る鰻の道不思議
せっちゃん
蒲焼きも恋も焦がして鰻かな
セントポーリア
桶の中アルファオメガの鰻かな
せんべい
新幹線南へ鰻の郷愁
そうま純香
白亜紀の遺伝子食す鰻の日
そうり
恙なく今年も揃ふ鰻丼
そめやまさみ
チリチリと焼く音香り鰻かな
それぞれのしあわせ
清流の鰻逞しく帰りけり
たくばしょう
お決まりの鰻は父の命日に
たけうち晴美
鰻屋の暖簾あたまで潜り抜け
たけし
鰻焼くけむりの匂い飯の友
だけわらび
暇なしの子も集まりて鰻食う
タック
「ここのはね」机上の名刺や鰻待つ
たなかさん
うな丼の祝ふてくれる誕生日
たま
三世代揃う仏間や鰻食ぶ
たむらせつこ
猫の追ふ噺家の指鰻かな
たわし
鰻を捌く目がかゆい目がかゆい
ダンサーU-KI@鰻の血は毒なので、ここで目をかくと大変なことになります
四万十や鰻仕掛けの朝を待つ
たんちゃん
突くヤスの先を鰻は悠々と
たん造
鰻の日生まれし君の健やかなれ
ちえぴー
特別な来客予定鰻の日
ちか丸
うなぎ屋の増設迷路ただよう香
ちな
鰻待つ部屋しづかなり三回忌
ちばくん
養鰻や右往左往の網すくい
ちひろ
水底の鰻に怖じる川遊び
ちょろたこいん
行先は鰻に聞けと追いかける
ツーちゃんの恋人
うな重のずしりと重き旨さかな
つちや剛
鰻捕る坊主頭とおかつぱと
つつ井つつ
四万十の岩陰蒼し鰻取り
つつ井つつ夫
骨つまみ想いで寄せて待つうなぎ
つる凛々
船頭の唄鰻香る我が故郷
つわきの嫁
俗人が通人騙る鰻かな
ティアラ文緒
娘の彼に初めましての鰻かな
ティーダ
うなぎ釣る河口潮の香を巻きつけて
でぷちゃん
鰻食ふ不要不急の逢瀬にて
でらっくま
うなぎ待つ眼下に広がる城下町
でんきゅう
つかみどりの細き鰻へ名付ける児
でんでん琴女
母疾うに捌かぬ鰻選る記憶
ときえ
職人は鰻の鼓動最期まで
ときわ露草
小川せき止め水抜きて捕る鰻
とことこ
大甕の照り百年や鰻焼く
としまる
捌かれて身を振る鰻長きかな
とし子
彼の持つ生き抜くちから鰻喰う
どみそ
垂れを掛け土用の丑の鰻丼
ともかわすてむ
名店の二階に食べし鰻かな
とりまる
日の丸と五輪器旗仰ぎうなぎ食む
とんとん
十字架のごとき目打や鰻裂く
とんぼ
盥から鰻一匹はみ出たる
なかしまともこ
琥珀色の奈良漬添えて鰻丼
なかの花梨
朝の淵そこだけ霊気大鰻
なきうさぎ (晴日和改め)
鰻搔き宙に字を書く鰻かな
なご@鰻搔きを使った漁の映像を見ました。鮮やかさにほれぼれでした。
炊き合わす鰻のかしら京豆腐
なごやいろり
指曲げて挟めば躍る鰻かな
なすの花
はためける煤けた暖簾鰻食ふ
なつめモコ
鰻焼く店主愛想よし基地の町
なみは
川遊び置き針仕掛け鰻とり
ニッシャン
炭熾るうなぎうなぎの勢揃い
にゃんみー
今年も来るうなぎの予約とる季節
ねこか花はっか
七輪の火花はじけし鰻焼く
ねこじゃらし
かこつけてにぎやかなりきうなぎめし
ねむり猫
鰻焼く美女の香りも燻しけり
のもとみな
無くなりし集団就職鰻かな
のりた
鰻屋の列東京タワーと青空
のりりん
大雨や小河飛出す大鰻
バーバラ
身が少なき鰻の頭母の皿
パクヒロ
マジ猫と鰻出待ちす用水路
はしびろこう
天井絵鳴き龍なるや大鰻
はじめ
AIを操る嫁や鰻膳
はずきめいこ
腹空かぬといふ母鰻ペロリかな
ハチ太郎
上鰻子会社行きを口説かれる
パッキンマン
誇らしき藍染め暖簾のち鰻
はなあかり
縁願い客に振る舞う上鰻
花おうち
おとなしくバケツの丸みに沿う鰻
はなだんな
初自腹父母ゆっくりと鰻食う
はなちゃちゃ
新調の暖簾に踊る大鰻
ははろ
うなぎ待つ間のスマホゲームかな
はまゆう
サラリーマン定時で帰る鰻の日
はらこ
せめてもと留守居の夫に鰻買う
はら美華子
病床の父の口もと鰻食む
ハルノ花柊
白ご飯鰻が乗ると喉がなる
ばんしょう
タイムマシン果たす屋台のウナギ釣り
ばんどうまーぴー
俎の鰻ひうひう鳴りて果つ
は志むら
参道に煙の匂ひ鰻食う
ぴーち
母家出鰻捌けず泣きじゃくり
ひいろみ
鰻光る私の素足するりすん
ひなたか小春
香り良し財布の紐も鰻かな
ひびの侘助
嫗乞う鰻うなぎと頷いて
ヒマラヤで平謝り
父捕りし筋肉質の鰻あっさり
ひよはるばば
海からぞここまでどう来た大鰻
ひるぜん焼そば
失ひし尻尾よ九蟠青うなぎ
ひろきち
見た目より深い人生鰻かな
ひろくん12さいのママ
手際よく腰折母のうなぎ処理
ひろちゃん
鰻食ひ縁台将棋再開す
ひろの
暖簾の「う」鰻とわかる孫なでる
ひろむままん
誘はるる暖簾の奥の鰻の香
ひろ史
うなぎ用目打ちに残る血の匂
ひろ志
母急死鰻の起こす波何処
フォン
アステアのダンスの如き鰻かな
ふじのん
故郷から来た鰻買う雨の夕
ふたあい
鰻焼く扇ぐうちわのたれの染み
ふわり子
大漁とウナギ川よりぶら下げて
ほうすい
ありありと枝雀鰻を指で追い
ぼたにこ
少年の釣りし鰻や夕日あび
ぼたんぴ
長旅を噛み締めながら鰻食う
ぽぷり
体内の赤き炎や鰻食む
ほろよい
くそ親父輸入物かと鰻食ひ
ぽんたちん
わだかまり解けたる友と鰻食う
ポンタロウ
胸三寸するり掴めぬ鰻かな
まこ@いつき組広ブロ俳句部
鰻重を食うて愁ひの消えにけり
まつだまゆ
母留守で父と鰻重鰻巻きかな
まつやま孝子
鰻の香1キロ先のあの店か
まな
母の愛うなぎ大きく切り分ける
まぬう
タレはある実家の電話鰻待つ
マムシ銀行
首都封鎖自宅待機の鰻かな
マユミ
住吉の神に参りて鰻丼
まりい@木ノ芽
鰻重の鰻をあてに晩酌す
マンデー久寿男
奮発し成田の鰻座敷席
みえ
深海を這うごとき海鰻
みかん
鰻重の特上頼む婆であり
みくにく
宣告に父と最後の鰻かな
みずの風華
夜勤明けプチ贅沢の鰻かな
ミセウ愛
白焼きのうなぎ甕よりはみ出しぬ
ミセス水玉
鰻啼くベトンの小川にゃ巣穴なし
みのる
鰻の眼しんと光りて海のいろ
みやこわすれ
木の間よりもれ来るものはうなぎの香
ミユキ
仕事終え沁みる上司の鰻かな
みょん
鰻ウナギうなぎ シッポから食す
むさかず
仲見世の老舗のれんの鰻の香
むったん
鰻焼く匂いばらまく換気扇
むにむにちゃん
二人して五坪の店や鰻焼く
むべ
空腹をまた呼び戻す鰻の香
むらたふみ
鰻待つ教授は弟子に渋茶注ぐ
もせきのこ
四万十の焼かれてけぶる鰻かな
もちえちゃん
考の取るほぼろに溢る大鰻
もとこ
ピロリ菌陰性なりと鰻食ふ
もりたきみ
鰻開く腹が西向きゃ背は東
もんちゃん
浜名湖の夕陽突いて鰻めし
やっせん坊
喧嘩の原因スーパーの鰻めし
ヤヒロ
鰻蒸す蒸さぬ境界富士眺む
やまぶき
五代目のじゃつと一閃鰻裂く
ヤマボー
鰻丼のタレつき御飯また旨し
ゆぃ
七輪の煙香ばし蒸さぬ鰻
ゆこげん
鰻返して炭返しての店主かな
ゆすらご
肝吸いを目当てにたのむ鰻かな
ゆみづき
成田山せがれのおごり鰻なり
よう
嵐去り父の背追って鰻捕り
よーきー
ダメもとで鰻どうかと妻に問ひ
ヨシケン
母戻る実家に鰻二人前
よしざね弓
鰻屋へ軍艦マーチ耳にして
よだきんぼ
路地裏や鰻の焼き香風さそう
よつ葉
釣り糸に鰻巻き付く瀬戸の夕
よひら
鰻焼く至味のひとつゆ煙立つ
らびつと
鰻食ふ特別なことなけれども
ららら句
のろけ話聞きつつ待てる鰻かな
りう女
行列と匂ひ絶えぬや鰻の日
リカ
ふるさとの池の記憶や大鰻
りこ
小川消え鰻の仕掛け忘れたり
リバティーさん
講話聞く帰り楽しみ鰻食む
りんごのほっぺ
背開きの鰻うらめし火あぶりや
るみ
鰻食ふ嘘と真が交差する
るるの父
試食して国産うなぎ当てられず
れい
鰻裂く捌く包丁南無阿弥陀
れっどべりー
天然の松野の鰻うましうまし
れんげ畑
チンをする鰻や九百八十円
れんぢ
御馳走様帰省するたび鰻飯
ロクヨン
箸入れの感度やわらか鰻飯
ロベリスク
鰻食ふ横顔兄は無職なり
ワイズ万太郎
腹割って話せば分かる鰻かな
わかこ
鰻鳴く溶け合ふやうに身を寄せて
わらび一斗
祝い事特上にする鰻かな
わわ
料亭の風情は鰻入間川
をぎやかなた
誰となく見栄張り放つ細鰻
亜音洲
腹か背か食すと同じ鰻かな
亜久琵
鰻身は夫に差し上げタレで飯
亜紗舞那@鰻旅友
鰻食う愚痴を止めたるをんな在り
阿山季思
二度三度取っては置いて買う鰻
阿波豊
デパ地下の鰻目線で選びをり
鰻捕る従弟の声の逞しき
悪七兵衛
甘辛い鰻でよごす白いめし
マリアナの深き淵知る鰻の目
安芸子守熊
開店を広く知らしめ鰻の香
安芸彦
我先にひしめきあって鰻かな
安笑
静寂の水底開きくる鰻
安宅麻由子
古家や鰻を捕りし魚籠ひとつ
安田信洲
鰻食ぶクイズの答えは三分後
安溶二
どこ産かとにかく鰻であればよい
案山子
燻される鰻世界はセピア色
伊沢華純
うなぎ肝焼きすぎ気味が好みなり
伊藤欣次
鰻焼く店主が怒鳴るいらっしゃい
伊藤善隆
柿田川湧水にて鰻想ふ
伊豆子
成田屋の船乗り込みや鰻食ふ
伊予吟会 玉嵐
素通りの鰻の店に今日は居る
位子
よじるとも鰻鎮めし目打かな
位相朗
十七もちょっとおどける鰻の日
井田みち
鰻重に名物女将威勢良し
一の介
目打ち針穿たれもがく鰻かな
一井蝸牛
ぬるぬると焼かれちゃかなん鰻逃げ
一碁一会
じっくりとゆっくりたべるうなぎじゅう
一周
みちのくの用水路までうなぎかな
一純。
病母へと鰻を提げて峠道
一人静
川よどに迷い来たるや大鰻
一日一笑
気休めの滋養強壮鰻食う
壱太
鰻寝る仁淀ブルーの底の陰
稲垣由貴
遠のいて鰻の味を忘れけり
右田俊郎
焼きたての鰻立ちのぼる山椒
宇雁卯香子
お重の米粒終え鰻一切れ
宇田建
うなぎの名「うなとと」と呼ぶ太鼓持
烏兎
石垣に棲み聴力を増す鰻
羽沖
液晶に「今日は鰻」と光る帰路
雨職人
清流の闇でできてる鰻かな
卯年のふみ
引越しの荷物を椅子に鰻喰う
浦野幸一
かつて鰻棲みし河口や戦車ゆく
英子
並でいい鰻も吾もこの先も
英与
竹筒の仕掛けで集う鰻かな
詠野孔球
蒲焼の匂いで稼ぐ鰻かな
越仙
拗ねている己宥めて鰻食う
越智 敦子
鰻やの鰻尻目に泥鰌鍋
三世代渾名源内鰻食ふ
円堂実花
お重にご飯奈良漬けうなぎのタレ
猿猴
暗闇にひかめく神使仔の鰻
猿猴川のドブネズミ
志ん朝や天で鰻は解禁か
奥山凜堂
密談はいつしか雑談鰻食ふ
奥野 悦穂
するりんと呉須色鰻桶に落つ
岡田きなこ
燻される鰻とサイフ護摩供養
乙華散
卒寿爺の健啖嬉し鰻重
音 のあ子
兵十の魚籠のうなぎをくわえたる
佳山
うなぎ肌なめらかに猶照りてをり
佳子
蒸す蒸さぬ侃々諤々うなぎ飯
加賀もずく
鰻筒十本仕掛け漁ひとつ
加和 志真
やはらかな日本語の音鰻食ふ
嘉門生造
メダカ食ふビーズのような鰻の目
夏綱
鰻うねうね競って中へ入らむとす
河原つばめ
待ち構へ鰻をつかみ右左
河田
稚ウナギや点滴の粒あと半分
花結い
どれだけ泳げば鰻になれるのか
花紋
同僚昇進今日は一人で鰻食う
茄子紺
手土産の蒲焼き妻の鋭き目
特別とただただ鰻親心
華らんまま
水滑る鰻で桶の蒼仄か
我省
新橋の路地の鰻に深呼吸
蛾触
常備薬は葛根湯鰻の日
賀代
匂いだけご飯に乗せし鰻かな
雅な童
砂蹴散らせ逃げる鰻に夕陽落つ
雅鬼
鰻焼く匂いにつられ店の前
雅咲
一歩出で鰻匂ふて昼餉へと
雅由
でこに汗七輪かこみ焼き鰻
会 里糸
父の気まぐれ家族を連れて鰻屋へ
絶滅危惧種の若い牧師と鰻かな
海葡萄
生煮えの返事背中に鰻描く
海野しりとり
釘打たれ歯剥く鰻の円らな目
海野碧
上座には座らぬ父の鰻かな
海老名吟
鱗すらうちに秘めたる鰻かな
灰猫
暖簾くぐれば鰻のたれ香唾をのむ
貝花
県大会敗れ祖父と鰻食う
楽花生
鰻落ち銀に光る背中かな
葛城広光
お新香でちびちび鰻待つ至福
葛谷猫日和
結実す部署一同で食む鰻
叶田屋
断頭の鰻長々動きをり
寒国
バケツには逃げ損ねたる鰻かな
勘太郎
通ぶりて白焼頼む鰻かな
幹弘
蒲焼きや戸棚から塗椀を下ろす
環波留
目打ちされ鰻裂く音カリカリと
甘泉
五里霧中明日はいい日さ鰻食う
甘平
マリアナのマリンスノーや鰻の恋
丸山隆子
訛声で精が出るぜと鰻焼く
岸 れん
運ばれし盆を目で追い鰻待つ
岸 来夢
作法かに「わあっ」と言いて鰻食む
喜奈子
緊急事態宣言いけす渦巻く鰻かな
希平
おっきさを張り合い並ぶ鰻かな
幾太波末
やっと来た大義名分鰻食う
気がつけばカンレキ
いざ買わん吾の忌む鰻夫のため
季切少楽@いつき組広ブロ俳句部
蓋開けて姿見比べ鰻かな
紀杏里
リモートで祝いそれぞれ鰻食う
紀友梨
自然薯の化けし鰻ぞ川の主
軌一
今残る鰻取り召せ万葉歌
輝峰亭
浪速人うなぎの腹を掻っ捌き
輝棒
捌かれず名前付けたる鰻かな
菊池洋勝
柔らかき一切れの鰻食うお通夜
吉井いくえ
何食わぬ顔は角刈り鰻焼く
吉野川
鰻裂く手つき手馴るる理科教師
桔梗
鰻重は乾く上司は飲み始め
杵築きい
年一度強い体と鰻食べ
丘 るみこ
帰り道たれ染む鰻の炭火かな
久素木陽子
鰻様今宵我が家は御座所
久美
学生の海図ぐるぐる泥鰻
宮永風太
切腹はいたしかねるよ江戸鰻
宮間ミヤマ
歳月の薫る暖簾や鰻焼く
宮坂変哲
まな板の鰻捌きに爺の腕
宮写楽
おふくろの味は鰻か涙の味か
宮島ひでき
くねくねのうなぎ裂くとき一直線
弓女
天然の鰻はいずこ海の旅
球子
チャイム鳴るふるさと便の鰻なる
京あられ
鰻買う価値の今や二度さわぐ
京子
まむし食べ所変われば舌変わり
京女
「特上ね」声大きくて鰻かな
玉井瑞月
まな板の端から端や大鰻
玉井令子
ヤス磨き一週間後鰻突く
玉悦
里の川鰻塚にも縄張りが
玉京
背開きか腹をさくかと鰻なで
玉治
蒲焼きの鰻を想い唾が湧く
玉城
お取寄せ鰻着いたと夫の声
玉繭
鰻入り友が目をひく昼休み
筋トレ俳人
焼鰻小さき頭(かしら)付けており
金治宜子
v字谷鰻筒沈め崖のぼる
金目銀目猫
ご褒美よご飯に鰻有難い
句詩呼
うなぎ一貫闘病の母思い出す
苦悶流詩心
ウチダ氏が鰻釣りたる疎開宿
空 春翔
朝の瓶捕らえし河の鰻空
栗田もとえ
遅刻した言い訳長し鰻食う
桑島幹
先ずは温泉に浸かりて鰻待ちにけり
君島笑夢
また釣り堀へ隔日の鰻飯
薫夏
鰻待ちその後詣でる新勝寺
薫風
鰻食う男盛りの見栄え良さ
敬之
レギュラーを取って鰻の三杯目
桂奈
茂吉ファンとう町医者の鰻好き
渓湖
煤けたるのれんの鰻香ばしく
渓翠@青東高
もんどりの違ひと言ひて鰻食ふ
畦のすみれ
特別の人に特別の鰻焼く
鶏白@ノエル
人生はのらりくらりと鰻かな
結雅
右手から放物線をかく鰻
月影ミウ
鰻重は関西押しの東京人
月城花風
水槽のうなぎ相見す昼下がり
月青草青
一匹を母と分け合う鰻かな
犬井山羊
夫さばく子らのとりたる大鰻
犬塚たま
鰻嫌いな妻鰻好きな夫
研知句詩@いつき組広ブロ俳句部
脂ぎる中国産の鰻かな
元喜
鰻食ふ一休みして王座戦
元喜@木ノ芽
背筋には青を入れたい鰻の絵
元木まだら
父さんがにこにこ鰻持ち帰る
古都 鈴
鰻の香暖簾に沁みし高架下
戸海倫
墨絵なれど紙はぜるごと鰻生く
枯丸
京の路地曲がる前から香の鰻
湖雪
遠き日の川の匂いす鰻かな
吾亦紅
第一シード一回戦負け鰻めし
後人
土曜鰻ひと切れふやし子の丼へ
鯉女子
若女将鰻を運ぶ腕白し
光観
蘊蓄を聞きて頬張る鰻かな
光本弥観
契約のまとまり拝む鰻かな
光友
うなぎの全長スイミーの長い旅
向井利佳
銀舎利に垂れと鰻と香の物
好文木
選ぶこと選ばれること鰻食ふ
幸久
四万十の蒼き流るる鰻かな
康寿
何曾知らず鰻待ちつつ二合半
江藤薫
やれ鰻そんなに故郷が恋しいか
浩章
顔までも水中にありウナギ突き
甲山
てりつけて白肌膚やけるや鰻食う
硬度十
釣上げし鰻の紫紺色に白
紅塩寝子
生鰻回遊の始まりは海
香栄
約束の一つにあの店の鰻
香野さとみZ@一応、時事(コロナ)句です。
サプライズ鰻蒲焼き病む夫に
高橋笑子
鰻重の松竹梅に迷いけり
高橋冬扇
便りなき息子を想う鰻かな
高田 仁和加
お先にと喰うた鰻の旨きこと
高尾里甫
ひらがなのやうにのたうつ鰻かな
高野きぬ
蓋とるや旅の終わりの鰻かな
合歓
まづ鰻を食はせて不平聞きにけり
国代鶏侍
術後の鰻ナポリを見てから死ね
黒うさ狐
「鰻キライ」しゃべる女の赤い舌
黒子
憂き事を吹き飛ばす日や鰻食ふ
今井佳香
籠の鰻ペンキ缶から出てきたか
今田 梨
鰻待つ刻の流れはすみだ川
今田無明
鰻焼く背中見い見い鰻食ぶ
根本葉音@花芭蕉句会
うなぎ待ち待ち待ち食す美味さかな
佐山夕子
クロールで一等獲った鰻の日
佐竹ゆかり
清流に育ちて白き鰻かな
佐藤恒治
うなぎ屋の職人技に秘伝のたれ
佐藤俊
にぎやかな火葬場で待つ鰻かな
左時計
取り分けし鰻一片母の椀
砂楽梨
ぬうらりと鰻のごとく世を渡る
斎藤数
つかみ取り掴まれ裂かれて鰻串
細川小春
四万十の鰻きらりと吾子叫ぶ
細木さちこ
拍子抜け獰猛ウナギの丸顔よ
榊裕江子
鰻焼く煙と匂いに根負けし
咲耶とこ野@木ノ芽
陶窯のうごめく炎鰻食ぶ
咲弥あさ奏
えっ鰻ぬるりと我を逆なです
桜桃の里
店先の鰻呑気にひとくねり
笹弓
鰻屋の知らずに座る馴染み席
札六(関屋@和祝句会)
老舗の火金串黒き鰻かな
雑草おばさん
最高の鰻食べさせ空港へ
三寺ひろみ
線香の香る仏間のうなぎ丼
三水(さんすい)
鰻食べ生き長らえる老躯かな
三大夜景
忘却や匂い残さず鰻めし
三毳
鰻の味金が無くてはわかるまい
傘踏弾正
ダム底の陸封うなぎ泥乱す
山くじら
御勤めや精進鰻に舌鼓
山帰来
一匹の鰻にみんな踊らされ
山口雀昭
廃校や今は元気にうなぎ育つ
山茶花静
白米の上に君臨せし鰻
山乃火穂
鰻筒並べ明日待つ夕波や
山辺道児
「コン」「グッ」「スー」鰻開きし職人芸
鰻食ぶ京の町屋の風のたり
四丁目
まるまると肥えて食はるる鰻かな
四緑
鰻焼く頭にはドビュッシー止まず
氏家支
岩松の伝説の主大鰻
糸慌@木ノ芽
太宰読み鰻待つ列枯山水
紙威
鰻踏む三方から三角網
紫雲英
湧水を浴びし鰻や三島宿
紫鋼
商店街香り漂う鰻かな
紫香菫
ふんどしの尻を投げ出し鰻捕り
紫檀豆蔵
大海原くるり眺める鰻の目
紫蘭
巻かれても長いものなり鰻かな
詩楽麿
回忌には父の好物鰻食ふ
試行錯誤
カラメルのような照り具合うな丼や
時化田白金
鰻焼くタレは秘伝の三代目
治もがり笛
遺言をしたためて食ふ鰻かな
鹿沼 湖@木ノ芽
鰻食ふ老母の頬のふくよかに
鹿本てん点
蓋開けて山椒かおる鰻かな
七瀬あきら
復興の槌音高し鰻めし
篠田ピンク
跳ね上がる鰻は強き網の中
柴原明人
昼は鰻と決めたんだ決めたんだ
縞午
マリワナの新月を嗅ぎ鰻生まる
斜楽
誕生日鰻の頭まで食べる
紗々
来年の法事のはなし鰻食ふ
紗千子
鰻住む故郷の川や祖父の背
紗智
鰻屋の排気口下でむすび食う
守安――――――――――――――雄介
懐の様子を聞かず鰻飯
寿女
賞味切れ真空パックでも鰻かな
樹孝
七輪に焼きし鰻や郷遠し
宗平圭司
鰻焼く煙に怯む猫の群れ
宗本智之
フル稼働する我が五感鰻食う
秋月
トレー待ち厚さ比べて択る鰻
秋月流音@木ノ芽
稚魚よ来い立派な鰻になるために
秋桜
鰻食べ僅かに余す野良仕事
舟御前
鰻一尾丸ちゃぶ台の真ん中に
住吉 敦子
養殖の鰻の跳ねる津波かな
充生
餌かごに群れる鰻に見る地獄
重翁
仄暗き滑り重なる鰻桶
俊夫
深海が謎の始まり鰻旅
春果
薬にと妻と分け合う鰻かな
春日
出世した子に鰻重の梅驕る
春爺
覗き込むタライを不思議なる鰻
春蘭素心
子離れの休日静か鰻めし
准壹
鰻丼に泣く子バケツの水静か
曙光
幟立つその日ばかりの鰻かな
勝野綾子
銀さんのスクーターにも鰻の香
升 丁茶
早退の妻待ち渡る鰻かな
小だいふく
梅干しも鰻も食ぶる長寿かな
小橋春鳥
鰻食ふ店も主も不愛想
小山晃
鰻屋に自慢話の溢れたり
小春
通院終へ御徒町にて鰻食ふ
小松 眞智
あの家も鼻孔くすぐる今晩うなぎ
小雪いつか
果物をむくごと鰻さばく技
小川 都
活鰻の骨まで響き裂かれたり
小川野棕櫚
専用の包丁光る鰻かな
小梅
暖簾までうなぎの匂い染みており
小野みっちゃん
蒲焼きの煙り浴びせる換気扇
彰子
鰻焼く煙は外へ客を呼ぶ
承穂
軒先で雨を凌ぐや鰻の香
松ぼっくり
ごちそうの鰻匂ひてさわぐ子ら
松山のとまと
山椒を少し多めに鰻めし
松茶 巴@プレバト木ノ芽
三島宿大社詣でに鰻かな
湘輝
男衆が目凝らし漁る鰻稚魚
焼饅頭
店頭にどんと居座る鰻かな
照波
滑らかにひかり映せり鰻の背
笑松
大回遊鰻の寝床は太平洋
笑々
鰻の仕掛け待つ満ち潮の黒瀬川
笑酔
鰻裂く職人の手のしなやかさ
上江洲 睦
鰻焼く弟子と目配る親方と
上津 力
鰻裂く先ずは目打の修行なり
上津嘉子
鰻筒を仕掛けし小川今いずこ
城山英
昼休みネクタイ緩め鰻喰う
常陸人
子らの来て財布のゆるむ鰻の日
慎吾
鰻丼はタレで一膳身で二膳
慎乱
諭吉いちまい懐に鰻食ふ
新田 淑
親戚総動員鰻店回す
新藤柑子
鰻生地へ潮の匂いが道しるべ
新米笛
鰻重や三人給仕のおばちゃん
新陽
うなぎ鳴く声の微かに聞こえけり
森の水車
鰻の背ぬめりに潜む海の青
森初音
鰻焼き団扇で扇ぐ路地の奥
森澤佳乃
鰻絶つ結願までの母の夢
深山 紫
鰻食う夫は名古屋が良いと言う
真宮マミ
鰻食む力ある君ありがたし
真咲よしの
四万十の鰻重そに跳ね上がり
真珠星倫世
鰻食ふ伯父貴の言葉重かりし
真心 素秋
焼酎をかけて鰻の腹を裂く
真林
昼会議なにはともあれ鰻から
神山やすこ
赴任行駅前食堂鰻良し
神誉
鰻焼く団扇の音に向く踵
人見 七扇
湿疹の吾子せがむ汁鰻丼
仁葉
四万十川とれた鰻は街へ行き
水間澱凡
濠干して捕獲の鰻鷺が食む
水城
目打ちされ尾びれの跳ねる鰻かな
水無月
鰻はね夫の口癖聞き飽きし
翠理
生態を海淵に秘し太鰻
数鉄砲
匂ふれど食はず嫌ひの鰻かな
杉浦夏甫
特上の鰻と言はれ正座せり
杉尾芭蕉
鰻屋の前に揺蕩ふ鰻の日
杉本とらを
衣を裂くごとき鰻の割かる音
雀虫
鰻満つ宙よりバチャとかけ流し
裾野51
典座にも魚籠あり中に鰻居り
澄海
勝ち負けのこだわり放って鰻食う
瀬波秋鮭
インスタの話を聞きて鰻食ふ
成瀬敦
香り立つ団扇に踊る鰻かな
星降松
養殖の鰻の祠いにしえに
星野美咲
鰻捕り遠く去り行くあかりかな
晴海南風@木の芽
澄み透る汁や鰻の肝沈む
晴好 雨独
鰻の香老舗のれんへあと戻り
正子@いつき組
うねうねとうのじかくよなうなぎかな
清水祥月
百寿まで添い遂げようと鰻食う
清水千種
四万十に泳げる鰻空ひろし
清泉
卵からの鰻養殖道遠し
聖一
鰻焼く永い一日暮れにけり
聖橋
嗚呼熱海鰻供するラーメン屋
西村小市
鰻屋の行列だけは並ぶ父
西田武
弁当のうなぎの声や新幹線
誠馬
蓋開ける空気までもが鰻色
青い月
うなぎ捕りし川空き缶を沈めけり
青雅
箸袋折り紙で待つ鰻重や
青鬼灯
田舎にも棲む場所はない鰻かな
青玄
鰻裂く店主ぎょろりと我を見ぬ
青山あじこ
病気明け滋養に母が鰻だす
青修
半額の輸入鰻に出来ぬ故
青柘榴
目打ちされうねる鰻を刃で鎮め
青木豊実
味濃いめ父に供える鰻飯
青葉のぞみ
切腹上等上方流鰻
青嵐
魚屋の桶に蠢く鰻かな
石井せんすい
よせ席の前座の内に食ふ鰻
石井茶爺
夕食の鰻二切れ弁当に
石岡女依
鰻屋の隅に陣取り一人酒
石原 由女
ふわとする鰻の肉の厚さかな
石崎京子
ペリカンの喉にのたうつ鰻かな
折口一大
佳き日には父のみやげの鰻なり
千恵
東雲やひずむ鰻の岩流
千条之御息所
舞う鰻桶水しぶき片目閉じ
千太
同じ店亡き母息子鰻好き
千能
鰻食ふ老父の笑顔白き歯よ
千曜 桜
車窓に浜名湖鰻飯食いけり
千葉時郎
縺れ合い鰻は餌を貪りて
千葉睦女
川甚に鰻を食いに出かけるか
千里一歩
卓につく鰻の焼ける間の長さ
千仗千紘
浜名湖の連山を背に鰻飯
川橋
会席の鰻一匹平らげし
川崎雪駄
うなぎ獲り仕掛けの餌も食いちぎり
川西勝久
打たせ水鰻の禊の籠の中
川島 欣也
釘射ち背裂き蒸し炙り鰻喰らう
川﨑鶴巻
縄文の五尺のもじりに鰻をり
双月(そうげつ)
元気でるみなぎる汗の鰻かな
倉の人
てらてらと炙る鰻や朝の瀬戸
倉嶋志乃
出身は外国なりと鰻飯
相模の仙人
差し入れは鰻とのど飴通夜の夜
蒼い朱鷺
コロナ禍や鰻片手に2メートル
村崎 雫
鰻食ふ彼と歩く裏通り
多可木@ノエル
吉野家やうなぎも「かしら大盛」で
多風
誕生日の祝いに誘う鰻かな
泰山木ノエル
妻デパートへ土産に鰻奢りをり
鯛 風
土曜日の職員室や鰻めし
大小田忍
鰻なら小骨厭わず食らふ吾子
大槻税悦
晩酌ののどごしに鰻の小骨
鷹之朋輩
店主まづ天然うなぎと腹を見せ
谷川の蛍子
謎多き生い立ち知らず鰻かな
谷田藪辛子
川風と川音と食む鰻かな
知子
大盛りうな重咀嚼せず完食ペロリ
地に根ざし陽に伸びる
明日はまたどんな難事か鰻食う
池田郁英
鰻食ぶくすんだ梁の田舎家で
竹の子
前世はジャンヌダルクか大鰻
竹春エリザベス
これの次その次の次鰻重
竹織
内定をつかみそこねて放る鰻
竹村マイ@蚊帳のなか
手に鰻跳ねて四万十川の朝
竹田むべ
逃げきれず吾の前にある鰻かな
竹内みんて
手渡しの重き鰻重ゆるむ頬
竹林
鰻の香や江戸っ子気風長財布
鰻の旅を寝物語に聞かせた日
茶々
鰻重を窓から覗く我が子かな
中井優希
鰻食ふこのしあはせの何時までも
中井笙石
四万十の川の主なる大鰻
中山白蘭
酒飲みはまず白焼きを鰻屋で
中村笙平
天然鰻淀川べりで舌鼓
中野風鈴
マリアナから海越えご縁のこの鰻
暢気
暗闇に潜みて鰻光待つ
朝ぼらけ
社会の情勢さておき鰻食む
朝桜咲花
ひと昔夫の土産は白鰻
朝子
我が父の快気祝いに鰻食ふ
長谷一諒
品書きを隅々読んで並鰻
長谷川ひろし
まわりみち鰻のかをり近ければ
珍紛漢
鰻焼く昔は河岸のあった場所
津葦
失楽園読みて重箱鰻馬鹿
津軽わさお
香ばしや古稀一心に鰻めし
通事早矢男
里帰り鰻と共に送る朝
辻愛生
里帰り爺と籠持ち鰻取り
鶴田梅勝
浜名湖も鰻の味は又旨し
定規(じょうぎ)
結願嬉し成田不動の鰻めし
定吉
大鰻故郷を訪ね二千年
泥酔亭曜々
この川の水は死んでる「鰻より」
泥塗れのポスト
無事帰宅老舗の鰻熱い内
笛柾(ふえまさ)
凡ミスの夜の鰻はもちゃもちゃで
天水郷
泥臭し産地不明の鰻めし
天晴鈍ぞ孤
背開きの鰻の意味を知りて食う
天馬@ノエル
鰻焼く親父の額に煙る皺
殿さまペンギン
楽しみは鰻受け見る夜明け前
田中ようちゃん
デパ地下の行列のできない鰻
田中勲
曾祖父の味を求めて鰻焼く
田中面倒太
スーパーの最高級の鰻買ふ
田本雅子
食卓に並ぶ鰻や父笑顔
田本莞奈@小学6年生です。私のお父さんは、鰻が大好きです。
セルビンに掛かりし鰻母の顔
田邉真舟
鰻焼くバイトの袖やたれ匂ふ
徒然のひろ
七輪で鰻焼きたる夕まぐれ
斗萌@ノエル
四万十の鰻食みつつ大往生
杜まお実
今日からは二人暮らしね鰻食う
渡辺 香野
真珠婚座敷の談笑鰻の香
渡邉くるり
店裏の小池に鰻つややかに
渡邉久晃
荒川の鉄橋下に鰻の子
都月郁陽
昼酒や鰻丼梅二つ
都乃あざみ
広告のうな重見てはつばき呑む
土屋 木漏れ日
水平線の果てくねくねと鰻
土田耕平
花金にスーツで掻き込む上うなぎ
島村福太郎
空襲の思い出深き鰻かな
東京極遊山人
鰻重や一息置いて松の声
東山
うな丼を欲と値段がしのぎあう
東児
しあはせと隣合せに鰻食ふ
桃香
ほろほろと現在(いま)噛みしめる鰻かな
桃葉琴乃
母と祖母嫌う横目で食う鰻
湯真白
髪結の亭主このごろ鰻焼く
燈穂
鰻の尾どこからなのと聞く子あり
藤すみ
行き違う想い哀しき鰻かな
藤井天晴
孫知らぬ祖父のまむしは鰻なり
藤原訓子
ウナギ焼くおやじの汗と鉢巻と
藤源卿
鰻食む非常事態と言いながら
藤川さくら
淀川に天然鰻肉厚し
藤倉密子
うなぎのお取り寄せうちで踊ろう
藤鷹圓哉
初七日の父食べられぬ鰻かな
藤田真純
元始おんなは太陽おとこは鰻
豆闌
よき人と佳き日に食べし鰻かな
鬼平のページめくれば鰻の香
瞳子
母の里神に使いし鰻かな
童好
ぬたり出で河の主なる大鰻
病み人よ鰻を食めば明日が見ゆ
徳永 北道
四万十の網打つ舟や鰻食う
禿げのぼーる
鍛冶町の店で掻っ込む鰻めし
独星
根性なし鰻の肝のぐらいかな
豚ごりら
那珂川や炭火の鰻やなに舞う
那須いづみ
記念日に顔揃えゆく鰻かな
那須の田舎者
声ならぬものの声聞く鰻裂き
那津
昭和の子石垣の穴の鰻釣る
南風
鰻屋の香に誘われし独り身よ
尼島里志
うなぎ飯食ぶ川風の北浜に
日記
万葉の鰻料理は滋養源
日本酒
朝まだき鰻の仕掛け上げる漁夫
入口弘徳
鰻喰ひ腸なきを訝しむ
忍冬
四万十に空映り込み鰻漁
猫楽
子の手噛み鰻タライへ逃げ落つる
猫舌扁平足
ポコポコと気泡を連れた鰻かな
濃イ薄イ
富士山の湧水に棲む鰻焼く
馬祥
稚魚光る天竜ウナギちらほらと
馬門宗太
旧街道歩き疲れて鰻食ふ
俳菜裕子
丼の内に納まる鰻かな
這う這うの鯛ェ
終活のパンフ片手に鰻食う
秤防人
鰻重に上るる川はタレと米
柏餅
夫婦旅最後の夜の鰻かな
白井百合子
鰻重や洗朱にタレの光たる
白傘
うなぎ焼く香りおかずにご飯食べ
白山
特上鰻今日こそ「No」と言ってやる
白瀬いりこ
柳川の舟の波紋や鰻めし
白藍こはく
うなぎ哉体躯三尺川底に
迫 久鯨
小上がりに眠る赤子や鰻の日
麦吉
会合の楽しみ一つ鰻食ふ
麦秋
掌にすべる鰻行く先決めてをり
養鰻場縄張りなんてありません
畑 詩音
親不孝鰻重食えば目に涙
畑山六十二
生鰻タダと言っても触れられぬ
八藤
丸桶に命くねらす鰻かな
八幡風花
開かれし鰻の腹の白光り
帆風ほいほい
鰻屋や煙が誘う途中下車
尾張の黒うさぎ
花魁のうなじたわやか白焼き鰻
美翠
柳川の船乗り待ちで鰻飯
美泉
ホスピスへ戻る母との鰻飯
美村和奏
うなぎ待つ焼き台の音香ばしく
美津治
鰻焼く煙流れる客がくる
柊15
飲み会の主役にしたる鰻かな
百鶏@ノエル
腹割って生業語り鰻飯
百合乃
手みやげの鰻ですすむハイボール
百草@ノエル
命日の供へやぼたもちと鰻
百草千樹Z
百敷の中を過ぎ来る鰻の香
不利を
病み上がり昼餉の鰻光をり
富樫 幹
小上がりへ中庭の風鰻食ぶ
富山の露玉
黒蜜のごとく身をくねらす鰻
富山湾
鰻肝や年季が渋い目打ち台
富士 遊歩@ありす句会
鰻飯かこんで祖母の話など
敷しま@ノエル
女子会の体操終えて鰻どん
負勝@中津からあげ句会
蒸し鰻錦糸玉子がよく似合う
舞妓はん
髷物のドラマに生きる鰻かな
風花まゆみ
雑念のまた湧くほどの大鰻
風間昭彦
うなぎ鳴くきゅっきゅっきゅっとぎうぎうと
風峰
鰻重のしゃり一斉に匂ひたつ
風紋
鰻掻や生簀遊ばす鈎の手並
服部勝枝
団扇にも匂ひ香ばし鰻焼く
文月栞
眼差しのやさし媼や鰻裂く
文女
鰻には鰻の寿命籠を上ぐ
聞岳
滅びゆく鰻を食し乗り切るか
丙午
満腹に特価の鰻自慢かな
平松洋子
真ん中は子らに切り分け鰻かな
片栗子
つかめないうなぎも夢もなにもかも
勉邪明
四万十の四季を尽くして鰻かな
弁女
待ちわびた天然うなぎ噛みしめむ
峰江
風そよぐ坂東太郎鰻喰う
放浪
浜名湖は新居の宿の鰻膳
諏訪湖一周皆と巡りて鰻食う
房菓
鰻屋の垂れより若き三代目
望月ゆう
腹切りの鰻捌きを徹夜して
北の山猫
久々の友の来訪鰻取る
北の星
吉原に遊びしあとの鰻かな
凡々人
店頭に五人過ごして鰻蒲焼き
麻野文江
鰻焼く匂いに酔える裏通り
麻呂助
罰走の恨み恋しや鰻の日
湊吾子
黒光りひしめき合うはうなぎかな
妙光@木の芽
鰻重のページ開きて渡されり
夢堂
背広着てネクタイ絞めて鰻食う
無苦路
染め抜きのうの字の捩れ鰻の香
明世
定年の日の昼ひとり鰻かな
明石焼き穴子
初の鰻たれで一膳身で二膳
明爽
病床へ母の見舞いの鰻肝
妄 児
夕照の蕪村の句碑や鰻釣る
網代
コロッセオデュエルの前に食ふ鰻
網野れいこ
御招待嫌いと言へず喰ふうなぎ
木の葉
空に希望幟の鰻登り出す
木寺 仙游
バスを待つ人に攻め込む鰻の香
木染の窓
垂れ色に煙る厨や鰻の日
木村ひむか
手にはただ逃げた鰻のぬめりのみ
木乃伊
ひつまぶし今夜は酒がうまくなる
紋舞蘭
母の笑み河清となりしうなぎめし
夜明希
言ひたくて言へないことを鰻で言ふ
野うるし
熱田の杜歩きながら鰻待つ
野井みこ
川うなぎ骨身に沁みる噛みごたえ
野山遊
四万十で育つ鰻や日本一
野中泰風
ひらめきの行方分からず鰻かな
野本 踊
直会の客をもてなす鰻かな
野々りんどう
美女同盟結び我らは鰻食う
野々原ラピ
路地裏の換気扇から鰻の香
弥日
祖父の座すトロ箱に鰻泳ぎたる
矢橋
昼飯を鰻に決めし横須賀線
柳児
鰻焼く香や浜名湖をサイクリング
薮久美子
早朝や二匹の鰻仕掛け籠
薮内椿
背度の川ぬらりぬらりと大うなぎ
有田みかん
独眼の父の笑ひて鰻めし
由づる
鰻喰ひたい飛沫を飛ばし合ひながら
由空
鰻捕る川に石積み雨後を待つ
由並っ子
上手なる鰻つかみやあの手つき
遊亀
鰻焼く天下御免の煙かな
遊泉
黙々と鰻重を食ぶ会議の夜
余花
真っ二つぬめるまな板鰻かな
余熱
尾根を越す鰻いく匹夜の雨
与志魚
子供たち捕った鰻だと触りおる
与六
炊きたてに錦糸卵と鰻載せ
葉っぱのようこ
桶の底つの字つの字と書く鰻
葉月けゐ
桶の鰻てらっと反りて水匂ふ
葉子 A
四万十の水たうたうとうなぎ漁
陽気姫
参道の長さに勝る鰻香
陽広
鰻さばく喘息の祖父咳込みて
羅馬巴里
磔はキリストのごと鰻かな
雷紋
鰻割く親父の指が太すぎて
利平
名物の鰻も知らず上京す
梨瀬
大叔父のわざと吾に見せ鰻肝
裏山小虫
南無三宝への字くの字の鰻裂く
里甫
常世生まれ日本育ちの鰻かな
離松
自粛の狭い部屋で最期に鰻
立石神流
闘病の妻に土産の鰻かな
立歩
富士山の水で泥吐く鰻かな
流士
残りもん鰻(う)まき巻き巻き腐れ縁
琉璃
はやりつつ山車来るまでを鰻食ぶ
留野ばあば
身の上は聞かぬとしよう鰻の日
隆松
捕まえたツルリと逃げた落ち鰻
隆美
葉擦れ止む山のあなたの大鰻
竜田側
鰻喰ふだけで旅した気分とし
林 和寿
背開きの鰻が祝う初出社
令雅
飛騨川にウナギの影見サギ飛ぶや
鈴村智美
とこしへのうなぎの旅や回帰線
鈴木麗門
法服を剥げば凡夫と為る鰻
鈴廣
鰻食ふ帽子の祖父と百貨店
蓮花麻耶
鰻重や待つ首はぐぐっと天空へ
六々庵
日光より強き鰻の蒲焼
和光
瀬田なれば鰻許六に頬ずりし
和鹿島
枡形を見下ろす穴や鰻塚
和泉穣
黒塗りの棺鰻に合掌す
丼上秋葵
黒い梁骨が肴や待つ鰻
咏芽
ニュース見てけふは鰻よ日眩し
國本秀山
鉄のごと陽を反射する鰻かな
泗水
離縁して最初の晩は鰻めし
涅槃girl
客寄せの鰻のけむり手土産に
淺野紫桜
浜名湖にさざ波寄せる鰻かな
獺八(うそはち)
希とはあのうな重を二人前
眞熊
煎餅になりし鰻も鰻かな
笙女
鰻にて腹をこしらへ夜勤なり
筬葉
苦しむ姿すつかり忘れ鰻食ぶ
綉綉
参詣のあとは鰻と決めてをり
聰子
正信偈あげて当院食ふ鰻
脩平@当院=寺の跡取り
上へ下へ板場の魚籠の鰻かな
萬太郎
待望の鰻残すや病上がり
萬代草舟
食べ慣れぬ鰻の骨を喉に刺し
蓼科川奈
鰻重の隅に十粒の御飯粒
蓼蟲
鰻香ばし二代目は無愛想
蘂六
鰻漁夜明けの川面閑かなり
餃子
うな重をわかつ昼餉の老いふたり

ページの先頭