俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 梅雨寒

第242回 2020年4月16日週の兼題

梅雨寒

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句

今週のお便り&俳句道場

■今週のお便り(●が皆さんからの投稿、○が正人&夏井コメント)

●新しい投句・投稿システムについてのお願い
 投句・投稿フォームが新しくなっています。投句数の増加に伴って、仕分け作業に多くの時間を要します。以下の事項を守って投句投稿して下さると、組長の負担が大きく減ります。ご協力よろしくお願いします。

①俳句の欄には俳句のみ記入して下さい。一つの欄に一句を厳守。

②「俳句に対するコメント」の欄は記入する必要はありません。(特に気になることがあれば記入していただいても結構です。)

③「ギャ句」「聞き倣し季語」は俳句欄に記入して下さい。ギャ句の原句は「俳句に対するコメント」の欄に必ず記入して下さい。

④「兼題季語についての質問・考察・情報(火曜日「俳句道場」)」は、火曜日「俳句道場」への投稿です。

⑤「『俳句ポスト365』への感想・質問・要望・俳号の変更・各地の吟行情報など」「組長&ハイポニストたちへのお便り・近況報告など」はそれぞれ水曜日への投稿です。内容に合った欄に書き込んで下さい。

◆『俳句ポスト365』へのご感想、ご要望、ご質問
●初めての投稿で緊張してますk/まずまりこ
●ごく最近に「俳句ポスト365」を知りました。 初めての投句です。よろしくお願いします。 /てっちゃん
●はじめて投句させて頂きます。どうぞよろしくお願い致します。/おちゃうけ
●初めて投稿します。結果発表が楽しみでカレンダーに記入しました! 結果発表のページの文字が小さくて読みづらいのが難点ですね。/ささくれ
●初めて投稿です、いろいろ勉強させていただきます。/夢多英
●初めて投稿致します。 考えれば考えるほど、難しいと感じました。/しる
●いつき組員でいつき組長の弟子まるかじりです。俳句ポストに投句するのは、初めてでうまくいかないので、お手柔らかにこれからもお願い致します。/まるかじり
●初めて投句させていただきます。/みどり
●初めて投句します。よろしくお願いいたします。/梶原宣俊
●初めて投稿します。よろしくお願い致します。/幸花うらら
●初めての投句です。添削をお願い致します~/高津喜久子
●「一句一遊」だけではなく、俳句の勉強のためこちらにも投句します。よろしくお願いします。/渋皮煮
●夏井先生の超カンタン!俳句塾に、 刺戟を受けて、恥を忍んで投稿致しました。 或る意味ではコロナのお陰です。/春日部 俊爺
●夏井先生に憧れ、俳句を作り始めました。俳句を作ろうとして生活すると、暇がなくなり、自宅にいても楽しくなります。1日1句は詠んで寝ることにしています。初投稿です。/清水帰
●初めてこちらに投句させていただきました。 家にいる時間が長くなり、俳句に触れていたことに感謝する毎日です。 梅雨寒はまだ体感もないので、とにかく難しくて妄想を頑張りました。 皆さんの句を拝見するのが楽しみです。/紺乃ひつじ
●「世界一わかりやすい俳句の授業」を読んで、初めて俳句を作ってみました。/わつきさんご
●初めて投稿させていただきます。ほぼ初心者です。どうぞよろしくお願いします。 投稿にあたり、過去2回の結果(春暖・ボートレース)を一通り読ませて頂きましたが、皆さまの考えの深さ、感性の鋭さに圧倒されております。私の句など駄作ばかりだと思いますが、どこか片隅にでも載れればいいなあ…/押川紫宗
●初投稿です。俳句を鑑賞するのがいつの間にか好きになったものの、自分で詠むことはあまりなかった。 最近俳句ポストという素晴らしいプラットフォームを知り、句作りにも挑戦するようになりました。うまくなるように頑張りたいです。/丘山水羊
●夏井先生の本を読んでから、俳句を作り始めました。今回は初めての投稿です。よろしくお願いします。/月見草
●夏井先生 こちらには初めての投句となります。 ステイホームの連休中、メールでの投句に挑戦しようと思い立った次第です。 俳句を始めて9か月目のチャレンジ。 ピンチをチャンスにです。/山羊座の千賀子
●初投句です。 同時に長々と質問してしまい、申し訳ありません。 今後とも、よろしくお願いいたします。/能登あつし
●初めて投稿しました。 いつか、挑戦したいと思いながら このタイミングになりました。 よろしくお願いします。/半青
●初めて投稿いたしました。どうぞよろしくお願いいたします。/渋谷晶
●俳句ポストのおかげで、発表してみようと思えました。/清水帰
●俳号って何?となりながら初めて投稿しました。 母が俳句が好きで、真似して詠んでみました /上木 暁月
●夏井いつき先生お世話さまです。初めまして。私は遠くに住む友人からSMSで届く俳句に誘われ、喜寿となった今年から俳句をし始めました。なかなか思うようにいかずすったもんだしますが、それでもいつの間にか毎日考えています。いつの日か数少ない趣味のひとつになっているのではという予感があります。先生の手元に届くのかと思うとワクワクします。光栄です。たいへんなご時世です。ますますのご健勝をお祈りいたします。/新濃 健
●初めてこの俳句ポスト365に参加させていただきました。勉強になるいい機会を作っていただき有難うございます。/藤堂星羅
●初投句いたします。夏井先生のご著書を何冊も読みましたが、うまくできません。コメントを入れなければ何が言いたいのか、わからないですね。/毒林檎
●生まれて初めて まともに俳句を作り 人様に晒す事を致しました。/春日部 俊爺
○概ねはじめまして、ようこそ俳句ポスト365へ!他人の目に晒してみることで新たな気づきもきっとあるはず!これからもどうぞよろしく!(正人)

●おはようございます。(^_^)/おけら
●よろしくお願いいたします。/やまぶき
●続けて投稿させていただきます。 よろしくお願いいたします。/佳子
●素晴らしい選評をいつもありがとうございます。/海老
●何とか一つ投句出来ました。/気がつけばカンレキ
●GW俳句がたくさんできました。いっぱい送ります。お仕事増やしてごめんなさい。/久美
●まだまだ初心者です、勉強したいと思います。/高津喜久子
●久しぶりの投句です/佐々木葉一
●励みになります。ありがとうございます。/三雲
●「俳句ポスト365」の皆様。こんにちは。どうぞよろしくお願いいたします。/松山のとまと
●奥の細道むすびの地、岐阜大垣から、今回もよろしくお願いします。/Sweet Taxi Driver
●俳句を作り三ヶ月、思い切って投稿させていただきました。 下手くそな句ですがよろしくお願い致します。/あらら
●俳句番組にハマりまして一年ほど経ちました。 先月初めて俳句を作ってみて、奥深さに改めて感動し 書籍にてこちらの俳句ポストというものを知りました。 友だちにLINEで「俳句ポストってのがあるんだって! 一緒に投稿しようぜ!」と作った俳句を見せあいっこしたりして練ったりしたのですが その過程もとても楽しく、こういった場があることにとても感謝いたしました。/フェアリー
●お疲れ様です。拝見ありがとうございます。/上杉ニグセウ
●しばらくぶりの投句です。心機一転、またがんばります!/川越雷鳴
●お久しぶりです。ご無沙汰しておりました。やはり、兼題があって作句するのは楽しいし、面白いです。この感覚を忘れてました。(苦笑)またこれから投句させて頂きます。よろしくお願いいたします。/k.julia
●今回もよろしくお願いします。/浅河祥子
●俳句初心者です。プレバトをみて勉強しております。よろしくお願いします。/大西蜜柑
●最近忙しくて俳句に携わる事がなかったのですが、コロナウイルスの影響で家で自粛生活を送っていて、ふっと浮かんだので久々の投稿です。自分でも暗い内容だと思いますが、暗い時は無理せず暗い句でも素直かなと思いました。/大福ママ
●久しぶりの投稿です。他の兼題でも句を考えてはいるのですが大抵迷ってぐるぐるしたあげくに締め切り過ぎたとたんに出来上がるので困ったものです(笑)/大佛清
●楽しいです。/沢瀉
●父と妹と一喜一憂しながら投句を楽しませていただいております。/知里
●まだ、俳句ポストへの投句は三月から始めたばかりの新米です。 老後の生活に張り合いが出来て、大変嬉しいです。 若い人たちが多いと思いますが、どうぞ、宜しくお願いします。 /朝子
●俳句を始めて5カ月程。勉強させていただきます。/珍紛漢
●俳句を学べる良い場所だと思っています。ちょくちょく顔を出します……笑笑/日々樹 愛(ひびき めご)
●今後も、永く継続してください。/風間 昭彦
●いつも選句やサイトの運営誠にありがとうございます。罌粟坊主から俳句ポストに投句を始め、今回で連続投句一年を達成しました。俳句も二年生に進級です!振り返ってみると、俳句に出会って毎日の暮らしが密になり(今は嫌われる「密」ですが、これは良い「密」だ!)、大変濃い一年だったなぁと思います。これからもご指導のほどよろしくお願いいたします。/碧西里
●こんな時だからこそ俳句!! よろしくお願い致します!/靫草子
○今回は自粛を持てあます人も多かったせいか、久しぶりに投句しますという方も多かったですね。本当にこんな時だからではありますが、これを機会に新たに連続投句記録つけ始めてみるのはいかがですか♪(正人)

●毎度楽しく俳句を拝見させてもらっております。/小金 天気
●最初は一日一句作るのは大変だろうと思ったのですが始めてみると楽しく、あっという間に作ることができます。ありがとうございます。/幸花うらら
●夏井先生の「世界一わかりやすい俳句の授業」を読んで俳句を始めました。毎日寝る前に日記感覚で一句作っています。ありがとうございます。/幸花うらら
●だんだん、作ることに集中し過ぎてしまいます。多作多捨とは言いますが、不遜に感じてしまう。つべこべ言わずに作れ!と叱られたい(笑)/アストロ@夏銀
●外出自粛をきっかけに俳句の勉強を始めました(笑 入門書を数冊読んだばかりですが、兼題について思いを馳せたり、推敲のモノマネをするだけでも面白いです。これからも投句していきたいです。選ばれたら嬉しいだろう思うので。/詠頃
●気に入った俳句の種に対して2つの展開を思いつき、どちらも捨てがたく両方投句することにしました。よろしくお願いします。/喜奈子
●TV番組や周囲の方の影響で、俳句を始めて一年経ちました。なかなか指導をいただける機会もないため、思い切って投句してみます。少ない音数に気に入った光景を詰める工程がお弁当作りのようでもあり、最初は成り行きで始めたものが確かな趣味になりつつあるように思います。このまま一生の趣味になれば良いなと考えています。/共
●一句目について。本当は中七を「やまない雨は」としたかったのですが、梅雨寒の雨と重なってしまう(同じ文字が2つ出てしまう)と思い、「明けない夜は」としました。もっと俳句のテクニックを身につければ、他の方法もあったのかなと思っています。/幸花うらら
● 夏井先生、正人さん、ハイポニストのみなさま、今回も選句作業をありがとうございました。  今回は過去最高数(8句)を応募するという暴挙?となりました。まさに、季節外れですが「枯れ木も山の賑わい」です。しかも、何を送信したんだっけ?という認知症状も醸し出しているというありさまで、今後が思いやられます。数打ちゃ当たる、というわけでもないですが、少しずつ投稿句のレベルを上げていければいいな、と思って奮闘中です。 /榊裕江子
○勉強したり試行錯誤するって実はすごく楽しい。いろんなタイプの句お待ちしてます♪(正人)

●久々に結構な数、投句させていただきトマト。だって、家にいる時間が多いんだもの。 /トマト使いめりるりら
●先生、正人さん、スタッフのみなさま、こんにちは。とんでもない世の中になってしまいました。この結果が出る頃には、収束してますようにと願ってやみません。兼題の「梅雨寒」期限も長いので安心してましたら…、今慌てて投句したところです。どうぞよろしくお願いいたします。/えみあみこ
●コロナ渦での激務化&寝落ち&投句日忘れによって4回ほどすっ飛ばしてしまいました。 何とかまた継続を見せられるよう気をつけます。/ローストビーフ
●市役所の皆さま、夏井先生、旦那様、ハイポニストの皆さま、お元気でありますように。兼題「鰻」、最終日に投稿し直していたらタイムアウトしてしまいました。あー。/わこたんのまま
●ウエンズデー正人さまへ 今回は珍しく締め切り10分前に投句完了しました! (自画自賛)(笑) /塩の司厨長
●本日、「梅雨寒」の締切日ですが、ここ数日は真夏日が続いており、とても梅雨寒の雰囲気ではありません。(泣) 何とか想像力を働かせていますが、なかなか発想が飛びません。そもそも今回は期間が一ヶ月近くもあったのに、やっぱりギリギリでの投句に。(苦笑) /塩の司厨長
●皆さんこんにちは。締め切りまであと3分!今までで最高?のギリギリ投句です。/海野しりとり
●4/29が締切だと勝手に思い込み、必死で投句して勝手に完結してました。次の兼題何かな~とチェックしたら…え?締切5/13?嘘!…あ、ゴールデンウィークでしたねーそーかそーか。とゆーわけでスイッチ入れ直し。で、結局又ギリギリに投句しております。2回目の緊張感。いつもよりたくさん投句出来ました。/古都 鈴
● 久しぶりに、締め切りぎりぎりに応募しました。申し訳ありません。/榊裕江子
●すいません、前の兼題が、5/18迄と思いましたが、違いましたでしょうか?/植木照美
●   夏井先生 正人さま スタッフの皆様いつも有難うございます  緊急事態宣言に揺れる日本!!少しは先が見えてきましたでしょうか  兼題(梅雨寒) 〆切まで充分なお時間があった筈なのにまたバタバタと投句します 水夢/水夢
●こんにちは結雅でぼくは今月俳句をいっぱいつっくていました先生はどうでしょうか ぼくはこれからも俳句ポストにととくしようとおもいました/水野結雅
●相変わらず早めに送りやっぱり違うと何度も推敲して送ってしまっています。すいません。 /藤田ゆきまち
●ゴールデンウィークがあるから、兼題の締切まだまだ先だよね、って思ったらあっという間に、締切がきてあせっています。(笑) /南方日午
●締め切りが伸びていたので安心しすぎて投句を忘れるところでした。/木乃伊
●時間いっぱいあったので、2回目出しちゃいます。/裏山小虫
○投句期間が長かった今回。複数回余裕を持って出す人も、安心が慢心に繋がってギリギリになっちゃう人も、人生いろいろ~(笑)。(正人)

●いつもありがとうございます。 春暖の夕陽を映すビルの群 を並選に入れていただいたのですが、俳号をタイプミスしておりました。せっかく選んでいただいたのに、自分の俳号を間違えるなんて、申し訳ありませんでした。今後もよろしくお願いいたします。/楠青庵
●すみません、俳号を苗字なしで送ってしまったので 苗字をつけて送り直しました。 良かったでしょうか。 お手数お掛けして申し訳ございません。/大和田美信
○大事な俳号、書き間違えるととてももったいないのでお気を付けくださいまし。特に名字部分は書き忘れるといつもの場所に自分を見つけられなくなるという~(笑)。(正人)

●すみません! 期限に間に合わなかったのですが 朝一飛び起きしたためた句です。 見て頂くだけでいいので なにとぞご容赦ください。 よろしくお願いいたします。 何処に書かせて頂いたら良いかわからなかったので こちらに書かせて頂きました。/田村美穂
○締切を過ぎてしまうと残念ながら結果に反映させることができないのです。が、このお便りが届いている以上、拝受してはおりまする。(正人)

●24516さんの代理です。今回の投句人数と投句数を教えて頂けますと幸いです。 私が俳句ポストに投句しはじめてから約3年が経ちました。その間、投句者数・投句数ともに増加しつ続け……この調子だと投句数「一万句」超えも遠くないかも ( ̄◇ ̄;)/洒落神戸
○今回も質問サンキュー!1823名10067句でありました。ついについにの一万句超えであります。想定外の数により集計システムがエラー起こしたりしっちゃかめっちゃか…これからどうなるんだ!?(正人)

●メールマガジンの登録が出来るようになったそうなので やってみます。コロナウィルスのせいで もう 脳内吟行フル回転です。/句詩呼 
●締め切り前日に励ましのメールが届き、なんとか応募しようと思いました。まだまだ気を許せない毎日です。ご健勝をお祈りいたします。/新濃 健
○無事登録&活用いただいてるようでなによりです!(正人)

●4歳から50年以上奈良に住んでいます。 私の小学校時代の遠足や写生会に始まり、娘の行事や、今通う学校、毎年の初詣等々、奈良公園には事あるごとに足を運んでいます。 こちらのサイトは「俳都松山」とうたっておられますが、奈良にまつわる俳句でも大丈夫でしたでしょうか?/音 のあ子
○松山に限ったものではありませんので大丈夫です。世界中からご投句いただいております。奈良からももちろん!(正人)

●長い時間かけて詠んだ俳句が没で 5秒で詠んだ自分でも訳わからん俳句が並選だった時は 驚きましたですじゃ。 案外、俳句も即興が良いのかも知れんのう。/脩斎@105さい
●選ばれている句やその解説を見るとあーなるほどなぁ、とかすごいなぁ、よく思いつくなぁなどと思うのですが、いざ自分でやってみようとすると小手先で考えている気がしてしまって難しいですね。/みょん
○ぽろっとできたのが選ばれるのはハイポニストあるある。軽いノリとアドリヴ。(正人)

●メロンは季語だけどめろんぱんの場合は季語とはならないと考えて良いのでしょうか?/マムシ銀行
●松山在住ながら、俳句を始めたばかりで、難しいです。 初心者の心得等を教えて頂けましたら幸いです。/ふるむーん
●ついYouTubeのコメントで質問してしまったのですが、思えばここで質問すれば良かったな、と。 ここの並選ですが、これっていわゆる「凡人レベルの句」という扱いで間違いなかったでしょうか? 最初載った時は嬉しかったのですが、よくよく考えると「並選」だから「入選レベル」ではないのだな、と。 となると目指せ人選、というのが正しいのかなと思うようになってきました。 私は並選の沼から抜けられずにいますが、もしかしたら並選に載ったことで安心しきっている人もいるかもしれません。 並選掲載の基準が知りたいです。よろしくお願いいたします。/よしざね弓
○よくある質問あれこれ。昨日の俳句道場でもいつきさんが書いておりますが、Youtubeでお答えしていける内容もあろうかと思いまする。(正人)

●夏井先生、いつも『プレバト!!』など楽しく拝見しております。2018年の句会ライブ@岐阜多治見に参加しました。以降、俳句(の形になっているもの?)を詠むことが楽しくなりました。俳句鑑賞で頂いた『松山観光・文化施設割引券』を大切に保管、「仕事が落ち着いたら松山へ!」と意気込んでいたのですが、今年のコロナ禍で春の旅行は断念・・・。割引券の有効期限は過ぎてしまいましたが、また自由に旅を楽しめる日はきっと来る!と信じて。今さらの初投句ですが、今は自宅から、チーム裾野として俳句の種まきができれば幸いです。/桃蓮まらん
○いつかコロナが去った暁には松山へぜひ吟行にお越し下さい!(正人)

●昔、50年前、道後温泉で投稿した記憶があるのですが、オンラインでは初めてです。子規はStay Homeの過ごし方の先生だと思っています。/遼子規
○ステイホームと子規が繋がるとは、言われてみれば。ちなみに道後温泉などに設置されている松山観光俳句ポストと当サイトは別物であります。(正人)

◆我ら並選隊
●コロナ禍のもと「並戦隊」にエールを送りましたが、「並選」の「選」を「戦」にして「戦隊」としてしまいました。 没沼から這い上がりながら天地人を仰ぎ見る人々と共にいられる幸せを感じております。/漂碌魂 ひいろみ
○戦い続けているという意味では戦隊も間違いではないか?(笑)(正人)

◆俳句修行は楽し♪
●夏井先生、正人さん、唐突で申し訳ございません。前回の兼題「鰻」で季重なりをしてしまいました。 鰻とビールです。これはもう凡ミスです。(反省) コロナ禍のおりくれぐれもご自愛ください!/ときわ露草
●「春暖」は、いつもより注意を要する兼題でした。季語を基本的に考え直す良い機会でした。木曜日に、「洟水」「菜の花(色)」と、季重なり叱責覚悟の句が二句選ばれましたが、少々冷や汗…。迷っても投句するものだな~と??? いつもこんなに勉強させてもらってハイポに感謝。ありがとうございます。/いしはまらんる
○ミスして覚えることもある!(正人)

●前回チャレンジした「春暖」の入選句を見て、もっと季語と仲良くならなければ!と思いました。梅雨寒くんに親しみを持って向き合うことを心がけました。/胡麻栞
●春暖の結果発表を見ながら梅雨寒をに頭を悩ませています。初冬→春暖→梅雨寒は時候の季語で前のが参考になるなと初冬の句をさかのぼってみたり。 人選の複数選句の作などを見ていると、自分の思っていた情景を見事に句に表現されているのがあって、これか!と膝を打ちます。勉強になります。/パーネ・メローネ
●組長の春暖の天地の評に強烈な衝撃を受けました。今回は提出期限まで日数がありましたので、より多くの没と思われる句を投稿しました。どなたかもコメントされていましたが没の句から学ぶことも多いです。何故没かより、没の句に共通しているのは何かを考えるようになりました。ほとんど没からこれからは没半分以下を目指します。厳しい評価をお願いします。/ブービー
○春暖、難しかった分、他の方の句や道場、天地選などに気づきの多い回でもありましたね。(正人)

●まだ始めて半年くらいの初心者です。上位に選ばれる方々の句は本当にどれも面白くて、いったいどんな風にしたらこんな句が作れるのか、頭の中がどうなっているのかと驚いてしまいます。皆さんは日々どんな生活をしてどんな風に俳句を作られているのか、どんな勉強をしているのか知りたくなりました。つまらない質問ですみません。/丹下京子
●『俳句ポスト365』への投句は、「春暖」が初めてでしたが、並に選んでいただけて、とてもうれしかったです。ありがとうございます! 天・地の方々の句や、解説がとても勉強になります。 私も「人」になれるように、頑張りたいです。 /打楽器
●過去に選ばれた俳句、そしてその解説を読んでいると、とても楽しく、勉強になります。解説を読むと、俳句というものは読む力が重要である事がわかります。これだけ読めたら楽しいだろうなぁと思って、勉強する意欲がわきます。/詠頃
●いつもギリギリ投句ですいません。 発表される先輩ハイポニストさんの句で勉強させていただくのを楽しみに毎回してます。 質問コーナーや季語考察でのご意見も「ちょうどそれを知りたかったんだ~」と言うことばかりで、大変有益です。 じかんに予約のある今こそ、熟読したいと思います/東京堕天使
●つい最近、夏木先生の本を拝読し俳句を始めたばかりでまだ駆け出しの状態です。 想いや情景等、伝えたいことを短い言葉に込めることを学ぶ為始めました。 こちらの過去作品を拝読しながら勉強させて頂いております。/美愛神
●最近読み始めました。ギャ句が面白く、しかもいろいろな句にすっと親しめます。初心者ですので、今週の俳句道場にも「ほう」と思うことがたくさん。面白い季語やなじみの薄い季語も扱っていて、面白そうです。読む速度が遅いうえにボリュームがかなりありますので、永遠に楽しめそうです。/花菖蒲
○過去の記事も活用してくださってるのつくづく嬉しゅうございます。現在のみなさんが寄せてくださる情報も未来への財産になると思うと感慨深いですねえ。(正人)

●今更ながら、以前の兼題「ボートレース」を「漕」でなく「艇」で認識していたことを恥じる日々を送っております。まさか季語の本意どころか全く別のもので捉えていただなんて……! ひとえに慢心の為せる業でございます。手元の歳時記に載っていなければしっかり調べる、歳時記に載っていても先入観にとらわれずもっと深掘りをする! 今一度初心に返ることができました。誠にありがとうございます。/高尾里甫
○逆にというか、調べたら出て来るのが歳時記という書物のありがたみでありますな。(正人)

●毎月日を決めて俳句の勉強会をしています、メンバーは8人いましたが亡くなった方もいますしだんだん出席が少なくなってきて今は3人になりましたが3年ほど前から頑張って俳句を楽しんでいます。/小倉嘉治
○身の回りで集まって俳句ができれば一番楽しいですが、人生の場面場面で難しくなる時期は訪れますものねえ…。俳句ポスト365を家にいながら活用していただけるなら幸いです。(正人)

●今回は4句投句させて頂きます。 自分が感じることを他人も同じように感じるとは限らないので、誰もが共感しそうなことを書こうとすると、即ありきたりになってしまう… 難しいものだなあ、と思いつつ、色々なタイプのものを詠んでみたいと思いました。/音 のあ子
●一番目の句は、はじめ「梅雨寒や足踏みミシンに油差す」としたが、中八となってしまうのを再考しえ、こうなりました。 下五が物足りないかなぁ。/東京堕天使
●同じ季語と俳句の種でも、少しずつ言葉が異なる句をいくつか作ります。俳句の種さがしは発想力が鍛えられそうですが、複数パターンの俳句から「この理由だから、この句が最適である」と判断する作業は、論理的思考力が鍛えられるのかもしれませんね。しかし、自力で選別しきれず沼にはまり、複数投句となってしまいます。お手数お掛けいたします。。/桃蓮まらん
○思考の過程で生まれた数パターンをまとめて投げて結果を待つ、という使い方は俳句ポスト365的には全然ありです。まずはやってみる!精神。(正人)

●「春暖」回にて、プレバトで千代丸関が詠んだ句「休場明けの春や大関突き落とす」を「休場明けの春大関を突き落とす」とする手もあると思いますがどうでしょうか、というお便りがきていました。これを見てから僕も自分なりにどちらのプラスが大きいか考え、やはり「や」アリのほうが良いという結論に至りました。その理由は4つあります。個人の考えなので、誤りや、もちろん異なる意見もあるかと思いますが、なにかのご参考になればと、書かせて頂きます。 ★1.散文調の回避。「や」を付けない場合、もちろん「春」で切れはするのですが、切れ字という明確なものがないために散文的だととられる可能性があります。ふつうの文章から「に」あるいは「、」を省略したもののように見えるということです。「や」があれば、間違いなく韻文ですよね。 ★2.季語を活かす。「春」は大きな力のある季語ですが、時候であり映像を持っていません。時候の季語は句の先頭か末尾に置かれることが多く、句の中ほどに置くのは難しめとされています。どうしても、先頭の言葉のインパクト、末尾の言葉の余韻が脳に強く残りやすいので、中ほどに映像のない季語がくると印象が薄くなってしまいがちなんですね。そこで「や」を付けて強調することで、季語の印象を強く打ち出すことができるというわけです。 ★3.句の構造を明確に見せる。「休場明けの春」は、「相撲」のイメージを伝えてはいますが具体的な光景を描写したフレーズではありません。それに対して「大関突き落とす」は、非常に鮮明で衝撃の強い映像を描いています。映像なし・ありの2フレーズで構築されている、そして構築の上手さが句の魅力のひとつなのでこれを見せたい、となったときに、フレーズ間に「や」を入れてカットを切り替えるのが効果的と言えるわけです。もちろんこれに関しては「や」が必須というわけではないのですが、あることによるプラスの効果をかって良いと思います。 ★4.リズム感の演出。この句は勢いの良さが大事なので、声に出して読んだときもするすると勢いよく流れてくれた方が得ですよね。俳句は五七五が定型とされていることもあり、5音や7音のカタマリがくると、そこでいったん落ち着く、一瞬の休符が入る感じがします(個人差があります)。一句一遊の天の句の手拍子のような感じです。特に5音は休符を伴う感覚があります。「大関を」とした場合、これが5音のカタマリなので、「突き落とす」に入る前にほんのちょっと休符が入りませんか?「春や大関突き落とす」とした場合、3音+4音+5音というリズムになり、休符が入らずに流れていくような感じがするのではないかと思います。このリズム感が句の勢いを支えています。悪く言うと「寸詰まり」というやつなのでしょうが(同じ3音+4音+(約)5音のリズムで「良くない寸詰まり」になってしまった例として、プレバトで皆藤愛子さんが詠んだ句「春暑しマスクポッケにA定食」があります)、千代丸関の句は「寸詰まり」感をうまく利用していると言えるのではないでしょうか。/いかちゃん
○詳細な考察レポートありがとうございます。ハイポニストが投げかけた疑問に対して「自分ならどうだろう?」と考えてみるのもとても有意義な学び!!(正人)

◆俳号に名字をつけよう♪キャンペーン
●いつもお世話になっております。俳号「むったん」を「むったん@狐狸山会」に変更いたします。お手数おかけしますが、よろしくお願いします。/むったん@狐狸山会
●前回、満月と月の名前で投稿しましたが、今回からふるむーんに変えさせて頂きました。宜しくお願い致します。/ふるむーん
●俳号を変更しました。長谷一諒改めいむら堅です。ちなみに私は、歳は違いますが、平井堅さんと同じ誕生日です。/いむら堅
●えりいも@鰻旅友より、また、えりいもに戻しました。/えりいも
●俳号の変更を致しました。山踏朝朗改め山踏青時雨とします。よろしくお願い致します。/山踏青時雨@山踏朝朗改め
●俳号の変更 小松眞智から宵眞智に変更いたします。/宵眞智
●俳号を 新田 淑から 新田 淑@狐狸山会に変更しました。/新田 淑@狐狸山会
●今まで、本名の「藤田真純」で投句していましたが、 「森中ことり」という俳号に変えました。 今後ともよろしくお願いいたします。/森中ことり
●「帆風ほいほい」改め、今回より「知念帆意」になりました。よろしくお願い致します。/知念帆意
●俳号に姓をつけよとのことですが、かつて母の句作に付き合っていたころに、私の名の「浩巳」を、ふざけて「緋色実」としましたが、その後、地域の文芸クラブに入り「漂碌魂 緋色実」を名乗り、そこを止めてから地域の句会「赤い実」にはいり「ひいろみ」を名乗りました。そこも健康上の理由で辞めた後、この「俳句ポスト」に応募するようになりました。ということで、今までのをつなぎ合わせて「漂碌魂 ひいろみ」とさせていただきます。/漂碌魂 ひいろみ
●睦月が他にいらっしゃるとは知らず申し訳ありませんでした。わだ睦月と変えたのですがもう全部変えます。みつき小夏にしました。春暖で見て、ないとは思いますがまたあったら辞めます。/睦月
●5月14日から俳号を睦月から、わだ睦月に変えます。よろしくお願いします。/睦月
●木染の窓です。俳号を木染湧水に変えました。今後ともよろしくお願いいたします。/木染湧水
○『俳句ポスト365』では、「ありそうな俳号をお使いの方は是非とも姓を付けて下さい運動」を展開しています。俳号は、自分の作品を自分のものだと主張する大切な記号。投句者お一人お一人の個性と習熟度を見極めながら、適切なアドバイスができるようにと日々心がけています。以下ご協力の程を。
 ① 同一人物の複数俳号の投句はお控え下さい。
 ② ありそうな俳号には必ず姓をつけて下さい。

●初投句から三回続けて入選し、俳人としての自覚を持とうと、ただ今本格的な俳号を考え中です。/まさ
●俳句をはじめたばかりの者です。 俳号のつけ方も含めて どうぞご指導くださるようお願いいたします。 /由女
○↑でもご案内していますが、要点は「他の人と被らないこと」です。自分の作品のための自分だけの名前、ぜひ考えてみてください。(正人)

◆ウェンズデー正人へ
●正人様、春暖の回で「推敲を重ねると最初の勢いがなくなる」という悩みに対し、いくつかパターンを作って比べてみたら、というアドバイスをいただきありがとうございました。 早速実践させていただいております。 同じ内容の句を3句4句比べて眺めていると別パターンがやってくることもあり楽しいです。 シャルレカフェ6月号も拝読致しました。 初心者なので大変ありがたいです。 参考にさせていただきます。/むげつ空
○シャルレカフェ6月号!読んで下さったとは~ありがとうございまする。また機会あったらお役に立てる書き物したいものですね。(正人)

●お世話になります。正人さんに質問です。5月10日は母の日でした。そして5月13日は組長の誕生日だったと思いますが、母の日のプレゼントと誕生日プレゼント、どちらも差し上げられましたか?私の場合、誕生日が5月19日なので、母の日のプレゼントはなく、誕生日にしてくれます。娘なりの?工夫です。鉢植えの薔薇とかカーネーションとか、紫陽花とか、その年の流行りをプレゼントしてくれます。薔薇も紫陽花も地植えにしたので、毎年花を楽しめています。なかなか外出のままならない日々ですが、自然は何も変わらず進んでいきます。俳句で、この苦難を乗りきっている方々も沢山でしょう!頑張りましょう! /キャサリンまさこ
○母の…日…?プレ…ゼント…?孫の顔を見せる…ってんじゃダメですかね、ダメですね…。(正人@反省)

●ずっと続けてるオンラインゲーム。五人チームになるイベントが毎月あってメンバー固定で楽しんでます。今年初めてリーダーになることに!今までのリーダーさんはチーム名(ずっと同じ名前を続けている)のあとに顔文字や絵文字や記号でその月毎の変化をつけていたんです。同じことするのもつまらないな~と思い、私は独断と偏見で季語をつけることに◎副題みたいな感じで。これがなかなか面白い。当然季節に合った季語を選びます。今回は何にしよう?とちょっとわくわく☆メンバーからの反応はないんですけどね。歳時記めくりつつあれこれ悩みます。ちなみに今回のチーム名は“囀(さえずり)”ゲームに加えて新たな楽しみ発見、なんだか得した気分です♪/古都 鈴
○ゲームとはいえリーダーはなかなか大変ですね、ええ経験者です。(正人@FF11)

●正人様。「音声実験室」の展望を、ゆる~くご紹介下さいませ。/黒子
○最近一句一遊への投句も増えていたのでスピードテストとかやりたかったんですけどね。読む速度はどれくらいまでならちゃんと聞き取れるか、など。いつきさんYoutubeの方が本格化できたため真面目な内容をする必要がもはやないのでどうしたもんか…。(正人@始めたものの…系)

◆夏井いつきへ
●「春暖」の週に、初作初投句で一句人選を頂きました…ありがとうございます。これぞビギナーズラック。嬉しいです。勢いで始めた俳句ですがハマりそうです。そしてハイポニストの皆様の句を読んで大変勉強になりました。これからもよろしくお願いします。(追伸 YouTuberデビューおめでとうございます!チャンネル登録もインスタもフォローしました~)/冬木ささめ
●夏井先生と正人さんのYouTubeチャンネル、早速登録しました。普段着の先生!という雰囲気が、とっても好きです。これからも楽しみにしています。また、この「俳句ポスト」もスマホのホーム画面に登録?できたので、簡単にアクセスできます。皆さんが少し身近になった気分♪/アガニョーク
●組長、正人様。Youtube、楽しく拝見しております。お二人の声・語り口がそれぞれ大好きで、何回も再生してしまいます。いろんな楽しみを届けてくださって、ありがとうございます。/オサカナクッション
●YouTube、楽しく見ています。お二人のやりとりを聞いていると心が元気になってきます。これからも楽しみにしています。/くみくまマフラー
●組長、You Tube脱力しすぎですー。正人さん仕切ってくれー。/こま
●ツイッターにユーチューブ、サッチャーいつき組長も、りっぱなITおばさんやな。周りのサポートが大変だと思うけど、な。まあ、がんばれ。/ちびつぶぶどう
●こんにちは。組長&正人さんのYouTube、毎回楽しみにしています!季語の語りかけに気付ける俳人になりたいです。/でらっくま
●夏井先生のYouTube配信にチャンネル登録をしました。 初心者にわかりやすいお話しをしていただきありがとうございます。 夏井先生の気さくな語り掛けに、いっそうファンになりました。 /どくだみ茶
●ユーチューブ楽しく拝見してます。たいへんなときこそ新しい挑戦に勇気をいただけます。個人的にはしんどいですが、俳句作りでがんばります。/ひろきち
●組長!「夏井いつきの俳句チャンネル」見ました!組長と正人さんの掛け合いがぼけとつっこみのようで、おもしろかったです。もちろん、勉強にもなりました。木曜日と日曜日の夜が楽しみです!/みやこわすれ
●ユーチューブ番組初心者にはとても心強いです!ありがとうございます。/佳子
●組長、正人さん、皆さま、こんにちは。いつもありがとうございます。YouTubeやTwitterでの配信も楽しみにしております。 暖冬の後訪れた山里の春はいつもと変わらない美しく穏やかな春です。町に出る回数が減った今、身近な風景でじっくりと俳句を考えるいい機会かなぁと思ったりもします。 梅雨寒の俳句はあまり広がりませんでしたが(だめじゃん(´Д`|||))。 皆さまどうかご自愛ください!/夏 湖乃
●夏井先生・正人さんYouTubeデビューおめでとうございます。もちろんチャンネル登録しましたよ(即!)なかなか配信時間に見られないのでコメントはできないのですが、あとから何度も楽しんでます。めちゃめちゃ面白いしためになるし。とてもうれしい(^o^)これからも楽しみにしてます。/古都 鈴
●YouTubeチャンネル開設おめでとうございます。お家の楽しみがまた増えて嬉しいです。いつか自分の投句した句が直接バッサリ斬られる日が来るのかなーとビクビクしてます。今のうちに首洗っておきます……。/高倉ちとさ
●Youtubeでのご活躍を楽しみにしております。/三重真浪
●組長、正人さん!YouTube拝見しました! お二人のユルいやりとり、笑わせて頂きました。チャンネルも登録済みです。ちゃんと赤から灰色になっておりますよ!今後とも楽しみにしております!/多々良海月
●夏井先生のyoutubeは、先生から直接話を聞かせていただいているようで、とても楽しく元気が出ます。ありがとうございます。今回の「蝶語」の回を見て、季語の語も「語り」の意味だと理解し、初心者の私には目からうろこの思いでした。季語が何をどう語り掛けてくれるかを楽しみながら、句を作ってみたいと思っています。/暢気
●正人さんへ ユーチューブチャンネン開設お疲れ様です、そしてありがとうございます。 正人さんそして兼光さんのお力あっての開設で組長を身近に(正人さんも♪)感じることができとても嬉しいです。今から質問コメントして来ようヾ(^▽^)ノ /藤田ゆきまち
○皆さん、ありがとう! チャンネル登録まで行き着くのが大変かもしれない年代のハイポニストもいるとは思いますが(@私はやっと出来た!2ヶ月もかかって・・ははは!)、楽しみと学びの幅は広がると思うので、是非観て下さい。(夏井)

●5月7日の「プレバト」。遂に梅沢さんが永世名人になりましたネ!無駄のない表現、心に残る季語の印象。名句でした。夏井先生が涙ぐんでおられたのも、じーんと来ました。明日14日の「プレバト」は、梅沢さんの特番のようで、また楽しみです。/アガニョーク
●夏井先生お忙しい毎日、いかがお過ごしでしょうか。仕事の都合上プレバトを毎回みることが、できないストレスありますが、間に合ったときは、家族から最優先でみせてもらっています。とてもたのしみに、毎回拝見しております。最初、俳句と無縁の夫から、「この人すごい人なんだ」と、紹介されたのが、最初でした。今まで、国民をこれだけ俳句に振り向かせることが、できたひとは、おりません。国民栄誉賞をどなたか先生にさしあげてほしいと、毎日願っております。どうぞ、コロナ感染などにも、充分ご注意下さい。先生の、お元気な姿を映像で拝見でき、うれしいです。長寿番組になることを祈ってます。/加容
●プレバト楽しみにして観ています。/梶原宣俊
●プレバト俳句楽しみにしています。/富樫 幹
●夏井先生YouTubeチャンネル開設、そしてプレバト俳句永世名人誕生、おめでとうございます。コロナウイルス流行というこのご時世ですが、こうした希望の光に新たな時代が見えるのは喜ばしい限りです。/京野さち
●プレバトで梅沢富美男さんが永世名人になられたこと、自分ごとのように嬉しく感じます。番組内では憎まれ役を演じる部分も多々ありますが、演劇同様に勉強熱心な方であることは明らかで尊敬致します。これからも梅沢さんらしい俳句と組長との愛あるやりとりを楽しみにしております。/山香ばし
●夏井先生の「プレバト」、楽しく拝見しています。季語への信頼が大切なことなのですね。 これからしっかり勉強してゆきます。/宵眞智
●ウイルス感染が怖くて、家の中でうつうつしていました。 そんな折、TVで夏井先生の歯切れの良い俳句評を拝見して、元気をいただきました。 俳句を作ってみたいと思いました。/宵眞智
●夏井先生のテレビ番組俳句を楽しみに見ています、梅沢10段とのやり取りが面白いです。/小倉嘉治
●夏井先生の優しい笑顔が大好きです(^_^) プレバト毎週楽しく拝見しています!/森田千絵
●先日夏井先生の映像をテレビで拝見しました。ちょっと驚きました。 何か病気でもされたかと。少し働き過ぎではないかとも思いました。 体大事にして下さい。/徳永 北道
●夏井さんとは、同年の早生まれですが、いつも楽しくプレバト見ております。/博さん
●オンラインでは、即座の反応や間の取り方が難しいと思いますが、プレバトは上手に番組ができていると思います。先生さすがです。楽しく拝見しています。どうぞお元気で。 /雨霧彦@木ノ芽
●組長、よしあきくん様、正人様、スタッフの皆様、いつもお世話になっております。あの、皆様の勤務とお身体は大丈夫ですか?今朝、某国民放送局の俳句番組は、昨年度の再放送でした。ロケができなかったのかなぁと。プレバトは予定が「おウチで俳句」になってました!!ではこの「俳句ポスト」は大丈夫なのかしらん?と、今更ながら思った次第です。毎回とっっっても楽しみにしてはおりますが、どうか皆様、お身体にお気をつけください。/黒子
○テレビ界もイベント界も大変なことになっておりますが、現場スタッフみなで知恵を絞り出してくれてます。どこの業界も皆同じ苦境。共に頑張っていきましょう。(夏井)

●組長、お誕生日おめでとうございます。輝かしい未来に心からの拍手を贈ります。そして同じ誕生日のわたくしめにも(・・||||rパンパンッ/きゅうもん@木ノ芽
●今日は5月13日。組長!お誕生日おめでとうございます!!!佳き日佳き一年でありますように!/まどん
●夏井先生、お誕生日おめでとうございます。/京野さち
●組長!お誕生日おめでとうございます!同じ時代を生きていて良かったと思います。いつもありがとうございます。/佐藤儒艮
●敬愛なる組長!今日は組長のお誕生日です!そして先ほど本屋さんから「予約の本が入荷されました」との電話が入りました。そう、組長の「日々是肯日」です!わーい!早く本屋さんに行かなくちゃ♪/村上 無有
●組長、お誕生日おめでとうございます! エッセイ集出版、おめでとうございます! これからもますますのご活躍をお祈りいたします。/板柿せっか
●俳句に関わる皆さまとも、コミュニケーションの取り方を考えねば…とは思っております。何しろまだYouTubeが見られる環境になく…それもじきに解決すると願っていますが…とにかく俳句と向き合う時間だけは、毎日忘れず作っていきます。皆さまもくれぐれもご自愛下さいませ☆ いつき先生、(ちょっぴり早いですが)お誕生日おめでとうございます^^ どうぞご無理なさり過ぎず、変わらず広場の真ん中にいて下さいませ♪/明惟久里
●夏井いつき先生。こんにちは。お誕生日おめでとうございます。またいつか、句会ライブでお会い出来る日を楽しみに、日々俳句に精進していきたいと思います。これからも、よろしくお願いいたします。/松山のとまと
○ふふふ、ありがとう!63歳もまた、楽しくなりそうです。るん♪(夏井)

●組長、正人さん、スタッフの皆さんいつもありがとうございます。 世界中コロナ騒動で大変なことになっていますが、何とかおうちde俳句の種を見付けては 頑張っています。 新潟・長岡での句会ライブのチケットをゲットして、夫とふたり組長にお会いできるのをと~っても楽しみに待っていましたが、残念ながら中止になってしまいました(>_<) とっても残念でしかたありません。 日本中あちこちでの句会ライブが中止になっているようなので、いつき組のみなさん、ハイポニストのみなさんと残念な気持ちを分かち合いたいと思います。 この騒動が治まったあかつきには、ぜひ句会ライブ、遠くであっても飛んで行きます(*^^*) その時はいつき組のみなさんとお会い出来ますように・・・!! /じゃすみん
●夏井先生へ、 昨年(2019年)の12月に先生が愛知県碧南市にいらっしゃったときはじめて句会ライブに参加させていただきました。全く俳句についての、また先生のライブについての知識なく参加いたしましたが、私にはとても楽しく衝撃的な句会でした。勇気なく、先生が意見を求めてられても手をあげられませんでしたが、サインは走って並び一番でいただきました。それ以来先生の本2冊、俳句歳時記の春を読み終え次は夏と精進しています。つくづく自分の感性は凡人だ、と思っていますが、先生のライブで私に俳句の世界の扉が開きこの先も楽しく俳句を楽しんでいきたいと思います。また、先生が近くでライブをなさるときは馳せ参じたいと思っています。コロナにご自愛ください。/ダイアナ
●夏井先生、スタッフの皆様こんにちは。 先生の句会ライブが中止になりがっかりしてしまいました、残念ですが又機会があれば是非お願い致します。 毎日コロナの話で気が滅入りますが、先は長いので罹患しないよう気を付けて付き合っていきたいです。 先生も各地のお出かけの際くれぐれもご気をつけてください、どうぞ御自愛くださいませ。/のぶ子
●夏井先生 この場をお借りして御礼を申し上げます。先日、出雲の俳句の入選賞品が届きました。友人の結婚式のために出雲へ行き、出雲大社で申込用紙を手に入れました。句会ライブで先生がおっしゃっていた「俳句で賞品ゲット」が出来ました。抽選で妻が当てた句会ライブ。先生とのご縁も議題に挙げてくれたのかも知れません。今後もどこかで先生のお目に触れられるよう続けて参ります。ありがとうございました。ばんどう/ばんどうまーぴー
●うー……句会ライブ行きたいよう……。組長に会いたいよう。でもコロナが収まらないよう……。ぴえーーーん泣。 (最近の心境をストレートに表すとこんな感じです。同じ考えの人いらっしゃいますよね……?(震え声))/高倉ちとさ
●予想はしていたのですが、岩手県で6月開催だった句会ライブが延期になりました、中止でなく延期で良かったです、有難や、有難や、日程はまだ未定ですが秋頃のようなので楽しみが先延びになって、待つ楽しみが増幅しました、組長にお会いできる日がとても楽しみです宜しくお願いします/斗三木童
●いつも学ばせていただきありがとうございます。講演、ライブなど中止になり、大変な世になりました。俳句文化のために、頑張ってくださっている先生、皆様方に、裾野の私達から、何かできることがあればいいのですが、、。/片栗子
○できることありますよ。小さな種蒔き、お願いします。「俳句って楽しいよ」と周りの人に伝えながら、皆さん自身が明るく暮らしていること。それが、すでに小さな種蒔きです。「プレバト観てね」「YouTubeの俳句チャンネル面白いよ」と、周りの人たちに勧めて下さることも、とっても大きな「小さな種蒔き」ですよ♪(夏井)

●4月の緊急事態宣言から仕事が休みになりました。 体質的に家籠りは合っているので苦じゃないです。 夏井先生、正人さん、お元気にしてますか? 夏井先生はじっとしてるのが苦手なイメージなのですが、大丈夫ですか。/なつぽよ
●いつき先生、ケンコーさん、プレバトの東京収録にはいかれているのでしょうか? だとしたら、命がけではないでしょうか。 自宅にいてさえも、言い知れぬ不安が押し寄せてきます。 一日も早く終息するように祈ることしかできません。 ご健康をお祈りいたします。 /のつり
○県外の仕事が動き出しました。ケンコーさんは肺癌の病歴があるので、色んな意味で気をつけつつ、いたわり合っております。愛やね~♪(夏井)

●以前投句した俳句についての要望をどこに送っていいか分からなかったので、こちらに送ります。 「鰻」の兼題の時に送った俳句のうち、「ごんぎつね」をテーマにした俳句をとりさげたいと思います。本日幼い子供を巻き込んだ鰻屋での立て籠り事件があり、無事に解放されたようでほっとしていますが、まさかこのような事件がおこるとは思っていなかった頃に作り、「鰻」と言えば心に残っている「ごんぎつね」を句にしたかったのですが、もしこの俳句を解説なしに読んだ時、人はどう感じるかな?と考えると、この事件について描いたわけではないけれど、詳しい事情は分からないけど、この事件を連想してしまうのではないかと思いました。私としてはもしそのような事件があったならそれを題材にした俳句は作りません。だからこの句を取り下げたいと思いますが、間に合いませんか?ウナギつかみ競争の句は残します。  これから投句するときにはこのようなこともあるのだと心し、句を作った時、その後の世の中のいろいろに動じない句づくりを心掛けなければならないし、大げさかもしれませんが、もし時を経ていろいろな解釈をされてもよい句をつくる難しさと覚悟の必要を知りました。勝手なお願いですがよろしくお願いします。 行き違う想い哀しき鰻かな ごんぎつねすれ違う想い鰻かな /藤井天晴
○あまり気にすることはないと思います。多かれ少なかれ、俳句を作っていると似たような経験をします。そんな経験もまた、俳人としての糧といたしましょう。(夏井)

●バカでないから先生より組長が良い、と先のコメントで読み取れました。俳都松山の組長の名詞が手元にあります。裏面の、子規記念博物館等の2割引き有効期限は今年3月末で切れました。この時世です。救済措置はあるのでしょうか。この句会も松山市です。拙宅からは歩いて行ける距離ではありません。海を渡らなければなりません。この句会の成績で、天地は全額免除、人並は5割引き、有効期限の永久延長、などなど、松山市長さんの太っ腹に期待する、との声をここに載せると届くかな。/ブービー
○「先生と呼ばれるほどの馬鹿でなし」という川柳がありますね。ハイポニストとして、「組長」と呼んでもらえると嬉しいよ。(夏井)

◆広がる『俳句ポスト』仲間たち!
●松山めゐ様ボートレースの回にてNHK俳句正木先生特選のお祝いのコメントいただきましてありがとうございました。そして『轡虫人みなちょっと不良品』の句を覚えていただきとてもうれしいです!俳句ポストを通して色々な人と関われてホントに感謝しています。俳句ポストの運営の方々、夏井組長、俳句仲間に感謝しつつこれからも俳句を楽しみたいと思っています。これからもよろしくお願いします。/あいだほ

●田村美穂さん、健康回復をお祈りします(肺癌と戦う弟の姉です)。/いしはまらんる
●夏井先生、スタッフの皆さん、俳句を愛してやまない皆さん体調は、お変わりありませんか?元気でおられますか? 私は、癌の手術から無事復帰して二ヶ月がすがようとしていますがすこぶる元気です! 春暖では、人選に二句載せて頂きありがとうございました。 手術後の様子素直にそのまま詠んだ句で夏井先生がよくおっしゃってる実体験は、強しを自でいったようで、少し恥ずかしかったですがものすごく嬉しかったです! この前のプレバトを拝見してやっと「や」の使い方が 自分なりに良く理解出来たように思います。 後、バンクシーの風船春バラの香よの説明では、季語の使い方と場所もすごくわかりやすかったです。 ただ、当たり前ですが実践できるかどうかは、別問題ですが笑笑 4月で娘から句帳をプレゼントされてから四年が経ちます。それからは、毎回お題に休まずチャレンジさせて頂いています。 五冊組の句帳が無くなりそうになってたところに今年の 誕生日に娘からまた五冊組の同じ句帳をプレゼントしてもらいました。涙が出る程嬉しかったです。 プレバトを拝見している時も句帳を前に色々書きこみ 何処へ行く時も一冊は、ペンと一緒に持ち歩き何か思いついたり見つけると書きとめたりしていたので娘からの真新しい句帳とくらべるとぶつさだけでも二倍ほどに膨れ上がりシミやら滲みやらでぶよふよになっていますが宝物です。そんな句帳を見直すのもとても楽しいですが、真新しい句帳に書き込むのも楽しみにしております。 さて、自粛生活も長くなってきていますが皆さんは、どううお過ごしでしょうか?私は、俳句を詠み音楽を聞きながら読書や絵を描き、家まるごと断捨離及び整理整頓そして大幅な模様替え衣替えを行っています。こう言う時たがらできる思い切った決断で捨てるは、吟味して収納道具を購入するわで私にとっては、家族の顔色を伺いながら出来なかった事をばんばんやってます。もう汗だくでやっていろるので、外出が余り出来ないにも関わらず体重が一キロ以上減りましたし、お金は、多少無くなりましたがもう! すっきりさっぱりです。俳句に出会ってから四年以上がたちその間本当に色々あったし真新しい句帳に書き込んでいくように色々な事があるでしょうが私は、ご機嫌さんで生きています。庭の葉っぱばかり元気な紫陽花に今年も小さくまだ硬いですが蕾がつき、新しく植えた花は、根付いかてくれた様で可愛い花達が笑ってるように咲き乱れています。長くなってしまいましたが皆さんお元気でいて下さいね! /田村美穂

●母が俳句をぽつぽつメールしてくるようになりました。/松山めゐ
●今回から、地元市教委のイベントを通して知り合った仲間が投句に参加されていると思います。一太郎さんという方です。もしかすると、こちらではなく俳句生活での投句だけかもしれません。まだ俳句歴2ヶ月ほどの新人さんですが、よろしくお願いいたします。/よしざね弓
●組長、正人さん!いつもありがとうございます!!埼玉の令ちゃんです。 私の影響で、俳句を詠み始めた友達がいます! いつき組の裾野として、微力ながら、俳句の種蒔き運動にと、その友達と俳句談義を楽しんでいます。とは言え、こちらが、勉強になる事ばかりです。 その友達、自身で俳句をどこかに出すのは恥ずかしいとの事なので、しばらくは、代理投稿させて頂きます。どうぞよろしくお願いします。/上原まり
●最近、ごく身内で俳句ポストのボツ句や未投句などを持ち寄っての反省会を句会形式で試行しています。その名も「狐狸山句会」。人になりそびれた狐や狸の夜会です。いつか全員で人になれますようにと。この句会はハイポニストの野良古さんにインターネット句会の場を提供していただきました。感謝感謝です。/かもん丸茶
○身近な人たちから遠く離れたweb上まで。仲間達、繋がっております。(正人)

●ハイポニストの人たちは俳句に詰まった時はどんな風に解消してますか?/アストロ@夏銀
○ハイポニストのご意見・体験談募集。(正人)

●シュトゥットガルト俳句女子の会/三大夜景
●シュトゥットガルト俳句女子の会/網野れいこ
●シュトゥットガルト俳句女子の会/遥明
●今回からシュトゥットガルト俳句女子の会に参加し、いろいろ勉強させていただいています。 ロックダウン中でも課題や楽しみができて、生活に張りが出てきました。俳句とお仲間さん達に感謝です。/追師うさぎ(シュトゥットガルト俳句女子の会)
●シュトゥットガルト俳句女子の会 ずっと外出制限が続いていたドイツですが、先週くらいからお店も開き始め、来週にはレストランもオープンするとのこと。お天気の良い日には街には笑顔いっぱいの人で溢れてます。そんな彼らを見て笑顔になってしまう私です。コンサートやスポーツ観戦にビクビクせずに行ける日が一日も早く来ますように。/芍薬
●シュトゥットガルト俳句女子の会/やっとStuttgartのカタカナの打ち方がわかりました!ほんとに恥ずかしい(笑)ロックダウンになり俳句女子の会の誰にも会えず、散歩とスーパーに行く日々の6週間、そろそろ吟行へも出かけたいで~す。ドイツ組はまだ無理かな?夏井先生、皆様もどうぞお気を付けてお過ごしください。youtube動画配信も楽しみに見ています。/海葡萄
●シュトゥットガルト俳句女子の会 板柿せっかさまに。春暖の火曜日蘭に私たちを詠んでくださった句を発見、小躍りした私たちです。「あなうれしい春暖の女子囀りし」/亀の
●板柿せっかさま!シュトゥットガルト俳句女子の会への素敵な春暖句をありがとうございました!それぞれ家に籠ってLINEで励まし合っている中、とても嬉しい出来事でした。まだまだ先は見えませんが、俳句もココロの支えとして、いつかこの状況が変わることを信じてがんばっていきたいと思います。ありがとうございました。梅雨寒のあかるし遠き地より文/月の道馨子
○エール交換的にさらっと句を返せるかっこよさ!これぞ俳人の粋ってやつぢゃ!(正人)

◆「人」「地」「天」~ベム・ベラ・ベロ俳人たちより
 誰が言い始めたか、「『人』選にはいりたい=人間になりたい=妖怪人間ベム」という話で盛り上がり、「『人』選に入る=人間になる=ベム俳人になる=ベムる」と、不思議な動詞や、「天地想像」なる四字熟語が生まれております。

●兼題「春暖」では、人選をありがとうございました。目標にしていたので、とても嬉しいです。投句をし始め、1年になります。継続は力なりですね。今、実感しています。もっと、想像力をつけて頑張ります。/ちか丸
●「春暖」人選ありがとうございました。/京野さち
●夏井先生こんにちは。前回の「春暖」の「人」有難う御座います。十二回連続「並」が続き勉強が足りないと落ち込んでいたところだったので、嬉しかったです。これからも継続は力なりの精神で頑張ります。/千葉睦女
●「春暖」で初めて人にとって頂き、浮かれて第一弾を投稿しましたが、段々とプレッシャーを感じてきました。この第二弾は第一弾の句よりお気に入りです。やっぱりギリギリまで考えた方がいいみたいです。/中村すじこ
●春暖で初めて人選をいただき、嬉しくてもじもじしました。二句のうちの、思ってる方「じゃない」方が選ばれることが多いのは、これはいったい…!/裏山小虫
●いつき先生、正人先生、スタッフの皆さまいつもありがとうございます。「春暖」の人選もお便りの掲載もありがとうございました。 新型コロナウィルスの蔓延、大変な状況ですが、これからこうしたものとどんな風に共生していけば良いのか、いい知恵が生まれて乗り切れますように☆ 私自身も覚悟しながら日々考えていきたいと思っています。/明惟久里

◆コロナウィルスに寄せて
○今回もコロナウィルスの渦中に多くのお便りが寄せられております。暗く塞ぐこともありますが、力強く耐えていこう、乗り越えていこうという声も多いです。読んで気落ちすることなく、それでも日本は少しずつ快方に近づいています。俳句を杖に共に乗り越えていきましょう。(正人)
●まだまだ落ち着かない日々かと存じますが、選句宜しくお願い致します。/南方日午
●投稿日5月12日、一ヶ月半後の私たち、梅雨寒の中マスクなしで生活できていますように。/いなだはまち
●コロナ禍でころころになってしまう。/こま
●自粛生活(普段からそうであるが)をチャンスに俳句作りをと思いましたが、やはり近所もぶらぶらしにくいので「吟行」のようなものが出来ない。早く普段の生活になりますように!。/しんしん
●こんな綺麗な空の下のどこにウィルスが蔓延っているのでしょうか。 どうか皆様、ご自愛くださいませ。/ちあき
●どうしても、コロナを意識した重たい句になってしまうな。おうちでほのぼの俳句、がんばろう。/ちびつぶぶどう
●こんにちは。成人してから今まで、こんなに外出しなかった日々は初めてです。まだ、読みかけの水滸伝と、ずっと見られなかったテレビ録画があり、当分は楽しめそうです。Kindleでオンラインで本が買えるのも嬉しいです。心配や不安はつきませんが、今の生活でいちばん楽しめることを!楽しんで暮らしたいです。もちろん俳句も!/ちょろたこいん
●おのれコロナめ、もう何週間も、仕事以外で外出してないではないか。ちょっぴり仙人気分でプチトマト。 /トマト使いめりるりら
●これを投句している四月十六日現在のところ全国的にコロナウィルスの影響があるらしくて私のいる富山県はこれから本番と思います。皆さまお気をつけてください。/ねずみ男
●四月は胃ろうのペグの交換なのですが病院に行くことすら出来ずに本当なら痛いことは早く済ませたいのですがこんな状態ですからちょっと我慢ですね。/ねずみ男
●4月末の今。人々の行動が、梅雨寒の頃の状況を占うのだと思います。 みんなで出来ることをやって、この句の結果が出る頃、梅雨寒の頃に、 希望の光が満ちていることを祈ります。/のもとみな
●組長、正人さん、よしあきくん、ハイポニストのみなさん、こんにちは。 お元気ですか?(この質問がこれほど切実だったことがあったでしょうか) ニュージーランドは早めのロックダウンが(今のところ)功を奏して、そろそろ警戒レベルが2に下がるのではないかという状況です。レベル2になると学校も再開されるようです。それでも引き続き、事実上の国境封鎖は続きそうです。まだまだ故郷の地は気軽に踏めそうにないです。 そんな中、俳句と句友さんとの交流にどれだけ救われたことでしょう。 そして、組長のTwitterデビューとYouTubeデビュー。嬉しくて小躍りしてしまいました。きっと同じように小躍りした海外在住組も多かったことと(勝手に)思っています。 /ほしのあお
●選者の皆さん。お世話になります。 コロナに負けず頑張ってください。/マツイミキロウ8191
●スタッフの皆さん。お元気ですか。皆さんへのエールのつもりで作句しました。 恙ない毎日をお過ごしください。/マツイミキロウ8191
● コロナ禍で、私の老人ホームは外出厳禁が続いています。俳句を詠むことで気がまぎれます。有難いことです。俳句ポスト365のスタッフの皆さんお元気で頑張ってください。/マツイミキロウ8191
●夏井組長はじめ、皆さん、こんにちは。公私ともにコロナウィルスに振り回されたGWは、持ち帰りご飯で「地元応援」に勤しみました。これまで食べる機会が無かった物を色々食べることができて、家事の手間が省けて、幸せな一時でした。/めりっさ
●夏井先生、ウェンズデー正人様、お世話になります。 兼題「春暖」にて「人選」を頂きまして、ありがとうございました。新型コロナの感染者数も少しずつ減少しており、「梅雨寒」締め切りの翌日には非常事態宣言も緩和されるとの事。学校は、まだまだオンライン授業が中心ですが、「梅雨寒」の発表の頃には社会全体が今よりも更に良い状態になっている事を願っております。 /塩の司厨長
●元気ですかー!!!/間仁田彩
●コロナに負けルナ!/間仁田彩
●近況報告、松山城は4月15日から5月31日まで閉鎖されていますのでうちの店も休業要請があり、毎日喰っちゃ寝時々俳句の日々を送っています・・・ 明日、5月14日から愛媛県は非常事態宣言は解除になるそうですが大丈夫でしょうか?まだまだもとに戻るまでには時間がかかるものと思ってはおりますが皆さん心して頑張りましょう!/喜多輝女
●お疲れさまでした!お体に気をつけてお過ごしください。/丘山水羊
●こんにちは。首都圏は緊急事態宣言の延長により、テレワーク、休校が5月末までとなってしまいました。其の上、楽しみにしていた6月6日の幕張句会ライブも中止になり残念です。どうぞ皆さまご自愛くださいませ。/玉井令子
●緊急事態宣言が出され外出自粛のため、食材の買い出し以外は家で過ごしています。最近は毎日、いつき先生の365日季語手帖の句を考えたり、過去の俳句ポスト365の兼題を見直したりと俳句と向き合う時間を増やして心を落ち着けるようにしています。こんな時、俳句と出会えていてよかったとつくづく思います。/玉井令子
●「春暖」では並選をありがとうございました。月3回通っていたバレエストレッチ講座が、コロナの影響で3月から休講が続いています。するとみるみる手足の可動域が狭くなり、関節もぎくしゃく。伸びない曲がらない……。普段から運動をほとんどしないので、この講座のおかげで何とか身体が動いていたのだと思い知りました。同じメニューを一人でやってみると、こんなにしんどいのかと、講師の先生のカウントをとる声が懐かしい。またヒーヒー言いながら身体を動かしたいと、再開を待っています。/玉響雷子
●皆様こんにちは。 新型コロナウイルスの最中、いかがお過ごしですか。 お互い国からの諸規則を守り、一時も早く悪魔をやっつけたいものです。 皆様 どうぞご自愛くださいませ。 /金目銀目猫
●コロナウィルスのせいで 自粛 休業の中 詠む事の苦しさまた楽しさなりと 自粛の中詠みました。/句詩呼 
●選者の先生方 コロナウィルスに負けないで このサイトが休止ならないように 願い祈るばかりです。/句詩呼 
●最近ラジオ聞くことが多くなりました。コロナウィルスが蔓延し始めて更に。テレビでコロナコロナと連呼されると疲れるんですよね。その点ラジオはさっぱりしていて同じ話題を長く続けない。いろんな情報を提供してくれる上にラジオの言葉は耳に残りやすい。雑談にも使えて超便利。“ながら”が可能でその場に座ってなくても全部聞けるし。radikoのタイムフリー機能で放送済みの番組も聞けちゃう。お気に入りの番組も増えてきました。以前は好きなアーティストがやってるのしか聞かなかったんですけどね。/古都 鈴
●新型コロナ禍へのメンタル面での武器は俳句だと強く感じる日々です。俳句ポストのスタッフの皆様もご自愛ください。/戸部紅屑
●新型コロナの為ステイホーム中。俳句をやり始めていたので時間を有効に使え良かったと思っています。/吾亦紅
●コロナ被害の大変な時期どうかお体ご自愛下さい/幸
●組長はじめスタッフのみなさま、いつもありがとうございます。「ボートレース」の週では人選をいただきありがとうございました。今週は何週か続いた難題から抜け出した感のある、「梅雨寒し」。とはいえ、これを書いている今はまだ、桜が葉桜となったばかり。梅雨寒を連想するにはちょっと・・・・というか、大分時期尚早。これを考えると、難題といえば難題と言えなくもありません。「梅雨寒」の語感からくるイメージ、「梅雨寒」の本意など、わからぬままにやってみました。最近、このハイポと自分の俳句写真ブログだけにかかりきりになりまして、日常の雑詠はとんとご無沙汰。コロナ騒動であまり出歩けなくなっていることを考えると、ちょうど良いのかもしれません。私の知り合いの知り合い位の近さまでコロナが迫ってきていて、もう他人事ではなくなってきた感のある昨今。私の知り合いの知り合い、つまりは私とは全く面識は無いのですが、それでも、私の知り合いは常に話をする距離にいて、その人の知り合いだから、結構な距離にまでコロナが迫りつつあるのを実感している次第ではあります。組長はじめスタッフの皆様方のご無事をただただ祈るばかりです。4月16日放送分のプレ場とでは組長、だいぶカリカリなさっておいでのようでしたが、くれぐれもご体調崩されぬよう、ただひたすらに組長のご健勝をお祈りしております。/江戸人
●この兼題に挑んでいる現在も新型コロナウイルスの影響が甚だしい東京に住んでいます。俳句が杖となって凌げているところは大きいのですが、句にする度にため息が出る時があります。それは、今回のような時候の季語を使った時に顕著なようです。私の性質なのでしょうか、どうしても風刺というか、時事的な方に傾きがちになってしまいます。そういうのは川柳が得意とするところというのを聞いたことがあり、そのあたりの匙加減はまだ判断が付きません。/高橋寅次
●夏井先生がお元気でいらっしゃることが、俳句をする人の多くを元気づけていると思います。 どうぞいつも通りの先生でお過ごし下さい。/紺乃ひつじ
●少しずつ自粛が緩和されてきますがまだ遊ぶことも旅行もためらいます。この新型コロナウイルスは、一番大事な「ヒトと人の温かいつながり」を2mはなれよとか大勢の所に行くなと、断ち切るような気がします。寂しいですね・・/砂山恵子
●つらいつらい先の見えない季節です/砂山恵子
● 夏井先生、正人さん、ハイポニストのみなさま、お元気でいらっしゃいますか?  今のコロナ感染の混沌についてですが、少女マンガの名作「エースをねらえ!」(アニメではなくマンガです)の登場人物のセリフに、こんなようなものがありました。毎日起こる出来事自体は、幸・不幸の性格を持っていない。幸・不幸の性格づけをするのは人間である。出来事すべてをハッピーになるように受け取って、死にもの狂いで努力して成長していくべきだ。・・・これを今に当てはめると、今の困難はこれまでの日本を見直してみようとの呼びかけである、これまでの戦後の平和や豊かな日常がどれほど希少なものだったかを実感して、自分にとって何が大切か、大切なものを守るために自分が何を実行していけばいいのか、と問われている、という解釈する必要があるのではないか、と思うのです。コロナ感染で亡くなられた方たちの尊い犠牲を思ってもなお、今の禍根が必ず私たちの未来にとってプラス材料になると信じ、この非常事態宣言下の生活を淡々と過ごすことが大事なのではないかと感じます。ああ、日本人だなあ。/榊裕江子
●お仕事が自粛休業となりもうすぐ二ヶ月が経ちます。 先々の不安もあり気落ちする日々ですが、 なんとか踏ん張っております。 皆さまと共に当たり前に暮らせる日々が早く来るといいのですが。/咲耶とこ野@木ノ芽
●こんにちは。前回、うなぎの句を締切前に送り忘れ、残念な思いをしたので、今度は早めですがお送りします!パンデミックで世界中大変ですが、夏井先生もみなさまも気をつけて、元気にお過ごしください。私の住むロサンゼルスは、車も人もほとんど見当たらず不気味ですが、信じられないくらい空気がいいです(笑)/桜日出郎
●お家生活に俳句があった事、感謝しております。 たくさん勉強出来そうです。 皆さまご自愛くださいませ。/三雲
●5月はいつもであれば、仕事で忙しい季節。なのに今年はコロナウィルスのせいで暇になっている。それゆえ、なんとなく季節感覚もズレてしまっているような変な感覚でいます。違った観点での句が詠めればいいのですが…。/山香ばし
●あまり外出できない、この頃、俳句ポスト365のおかげでお家で俳句しています。庭掃除の合間に、雲や空の変化に気づき、鳥たちや猫、虫など小さな自然を感じています。どうか皆様お体に気をつけてくださいね。/紫蘭
●3回目の投稿になります。 締切間近になってしまいました。 新コロナウィルスで日常生活が変化して、 気使う事も多く、テレビのニュースが気になる毎日ですが、俳句を作す時は思考回路を切り替え楽しみます。/樹孝
●数年前の親しき友人のお通夜と告別式の時を想いつつ…5/7(木)の今日、いまだに新型コロナウイルス感染拡大の終息が定かでない時ですが、医療従事者の方々の連日の懸命なる行動に対しては、心から感謝の気持ちで一杯です。そのような状況の中、我が家で出来る事は…と外出自粛と3密防止の行動を徹底して、一日も早く普通の生活に戻れることを願いながら生活しております。/上津 力
●新型コロナウイルス感染拡大が終息し、一日も早くいつもの日常に戻れる事を願いつつ、今日(5/11)もまた外出自粛中です。/上津嘉子
●コロナには全国民が戦っています。早く静まるのを祈るばかりです。/森澤佳乃
●コロナで通勤が車になり、詠んでいる時間がなくなりました/裾野51
●緊急事態宣言が長引き、特養にいる母と面会できません。それでも、テレビで俳句番組を見たあとに電話で話したり、こちらで「並選」に選んでいただいた句をハガキに書き送ったりすると母は喜びます。私は闘病生活をきっかけに俳句を始めたのですが、本当によかったと思っています。/瀬尾白果
●いつき先生、お疲れさまです。春暖の並選ありがとうございました。 新型ウィルスの猛威、相変わらずですね。処方される薬も緊急的に認可されるなど日々少しづつ快方に向かう兆しはありますが長い闘いとなりそうですね。私の仕事はテレワークにならないので、気をつけて職場を往復し仕事をしています。いつき先生方も大変と思いますが皆でこの苦難を乗り越えたいですね。私は俳句のお陰で外出が出来ない今、ストレスを多く抱えず過ごすことが出来ています。俳句、そして先生にも感謝しています!ありがとうございます。 よろしくお願いします。/清水祥月
●夏井先生、スタッフの皆様。新型コロナウイルス感染症で大変な時になっております。どうか、感染に注意なさってお過ごしください。泰然 /泰然
●拠点が二ヶ所あって行き来していたのですが、コロナの影響で県を越えた活動を自粛していますので本当に困っています。でも、出来るだけ家から出ない事で一日も早い収束を願って今日も自粛します。皆様もどうぞ感染なくご無事ですように。/大福ママ
●ニューヨークでの自主隔離中に、行動半径がすごく小さくなっている今、季節の変わり目で月日が経つのを感じている毎日です。とても勉強になっています、ありがとうございます!/潮入弥生
●よろしくお願いします。外出自粛が続き、息の詰まる毎日ですね。/天水郷
● 夏井先生、スタッフの皆さん、お変わりは、ありませんか?コロナが中々終息の兆しも見せてくれませんが、皆んな、今だからこそできる事や今やれる事を考え行動に移している方が沢山いらっしゃるようです。 良からぬ事をする輩もいますが! 兎、皆さんお元気でいて下さいませ、住んで居る家のまわりだけでも少し散歩しますと、勿論マスク付きですがジャスミンやフリージア、野苺の白い小さな花、ポピーや三色すみれや烏のえんどう、名前もわからない小さな花々が元気に咲乱れています。 政府には、もっと積極的かつ迅速な対応を望みますが、私たちは、ゆったり構えてお家ライフを優雅に過ごしましょ! /田村美穂
●この兼題発表の頃は世の中はどうなっているのでしょうか。どうかどうか穏やかな日々への小さな光が見えていますように。/藤田ゆきまち
●組長、皆様こんにちは。先日の「春暖」では、思いがけず人選を頂きありがとうございました。 いつも並選から抜け出せず苦戦しておりますので、まぐれでも嬉しかったです。 今、大変な状況ですので吟行に行くのが難しく、家のまわりの草木を人気の少ない時間に愛でております。今年は初めてテレビ越しに花見を致しました。近所の桜はあっという間に散ってしまい、今はツツジが満開です。もう少しすると紫陽花が可憐な姿を見せてくれる季節になりますね。遠慮も気兼ねもなく自由に外出できる日が来ることを、ただ祈るばかりです。 もしも今の状況を信号に例えるなら、長い赤信号で立ち止まっていますが、必ず青に変わると信じています。皆様、お体にはくれぐれも気を付けてどうかお元気でいて下さい。/藤野あき
●新型コロナウイルスの蔓延の折り、皆様自粛生活のストレスを感じて居られていることと思います。こんな時身のまわりを見ますと意外な発見があるものですね。/忍冬
●とにかく街が静かです。アメリカは日本よりもウイルス対策が徹底しています。自宅勤務の人も多い中、サービス業はほとんど閉鎖、レストランはテイクアウトのみ。外出を自粛する人、怖がる人。とにかく車が少なくなり、毎朝晩の渋滞もまるでありません。ウイルスに倒れる人が多く出る一方で、今後様々なビジネスがどこまで持ちこたえるのか。不気味な静けさが続く毎日です。/峰江
●梅雨明けにはコロナも明けますように。皆様のご健勝をお祈りしております。/邦生
●お世話になります。暫くぶりです。コロナ対策、手洗い、うがい。よく食べて、よく寝て、よく詠んでですね。よろしくお願いします。/妹のりこ
●コロナ感染拡大で、私の住むニューヨークはロックダウンから50日以上が経過しました。 自宅勤務になりひっそりと暮らしていますが、居ながらにして心はどこにでも行ける俳句に出会っていて良かったとしみじみ思う日々です。 /明世
●組長さま。新型コロナウィルスによる外出自粛生活も、そろそろダレて参りました。 とは言っても、炬燵やストーブをしまって扇風機を出したり、衣替えをしたりと、主婦のやる事はいつもと同じなんですけどね。 糖尿病である主人は、ウィルスに感染すると重篤化する可能性のあるため、月に一度の通院以外は蟄居生活。ただ、連休前には毎年恒例の、野菜の苗を買いにホームセンターへ。 そしたらまあ、混んでること!ずっと家にいるなら野菜でも作ってみよう、と考えた方が多かったみたいです。考えることは、みんな一緒ですね。 今年は、マスクを手作りするのも流行ったため、ミシンがよく売れたとか。 それに伴い、布や糸、ゴムも良く売れたそうで、洋裁をやってる友達が、「欲しい色の糸が売り切れて、困るよ~」と言ってました。色んな所に色んな影響を及ぼしている、コロナウィルス騒動です。 安心して暮らせるようになるまでは、まだまだかかりそうですね。 組長さま、皆様、どうかお気を付けて。/葉月けゐ
●会社が少なくともひと月は休業になってしまいましたー。完全ストップではなく多少は作業があるのですが、ごっそり減収確定でどうしようかなーという感じです。これから世の中どういうふうになっていくんでしょう。とりあえず生活続けて、俳句つくろうと思います。/離松
●今は、いのちあることを尊び、これが落ち着いたらまた大切な人と会えるよう、大好きなことが出来るよう、心と身体をととのえる時間に。そう思えば何だか少しだけ不安が遠のき、希望が持てます。心を整えるのには俳句が一番なので句帳をめくっています。困難な時にこそ俳句の杖が威力を発揮しますね、ありがとうございます。/筬葉

◆近況報告~♪
●お久しぶりです、日々樹愛でございます。笑「春暖」の俳句での並選、ありがとうございました! 今回で2回目の投稿になります。俳句の世界に踏み込んで日は浅いですが、季語に含まれている「感情」のようなものを少しでも感じ取れるように奮闘中です。 先日我が家にシロアリが大量発生しまして、虫嫌いの私にとっては辛すぎるものでした……笑笑コロナより怖いかもしれないです。笑笑笑 こういうので俳句読んだら面白そうですね。早速詠んでみようかしら……???笑笑/日々樹 愛(ひびき めご)
○シロアリ被害はけっこうしゃれにならないことになるのでお気を付けて…!(正人)

●ありがとうございます! マナー知らずの観光客が多い道後温泉本館より、地元の方々が静かに利用されてる椿の湯が好きです。またいつかのんびり行きたいもんです。/お調子亭ノリ太郎
●昨年から雪華に参加しております。それまでは短歌を詠んでいたのですが、なんだか出来なくなり、縁あって(ほぼ「にれかめる」)怒涛の日々。まる裏まで突然参加してやり過ぎたかしらと思いましたが、いまやこんな身動きの出来ない世の中になってしまい、何もわからずではありますが、良かったなと感じております。/かなず
○松山までお越し頂きお越し頂きありがとうございまする。身動きとれるようになったらまた松山へぜひどうぞ。来年のまる裏の頃には世界はどうなってるでしょうかねえ…。(正人)

●何処にも行けないので、借りた自然農園の世話に専念しています。暑い!!!/KAZUピー
●ひとりでウォーキングしながら作句するのが自分にあってるんだなと気がつきました。コロナ自粛でウォーキングも自粛がちですが、3密に気をつけて歩こう!/紀杏里
●神奈川ではもう十薬が咲き始めています。ゆううつな梅雨時はあの白さに救われます。/知里
● こちらでは桜、梅、チューリップ、菜の花など、いちどきに満開となりました。自然の営みは留まらずです。 皆様、感染などなさらず、ご自愛くださいませ。/淳風
●コロナが落ち着いたら、夫と山に行きたいなと思う日々です!/sugarlily
●運動不足にならないよう、毎日のように近所を散歩しています。見慣れた花が少しずつ咲いてきたり、始めてみる花があったり、花の名前を調べたりしています。前々回の兼題の姫女苑も咲いています。ピンクの濃いもの、ほとんど白に近いもの、じっくり見ました。/花菖蒲
●自粛生活が長くなりましたね。俳句のおかげで小さく一瞬の出来事を切り取る楽しみを知り、無事過ごせてます。みなさんの句や考察などいつもなるほど?!と見せていただいてます。ありがとうございます。/久素木葉子
●皆様こんにちわ。今は5月上旬、私の一番好きな季節です。以前住んでいた街(都会です)の大きな公園では緑が沢山あるのに草(緑)の匂いが感じられなく寂しい思いをしていましたが、故郷では「土.草.お日様の匂い」が感じられ日々鼻の穴をヒクヒクとさせながら過ごしています。土が沢山あったり空間が広かったりの違いなのかなと思いますが…私の今年の俳句の目標を決めました。色々な俳句を詠みつつ、せっかく恵まれた自然の中にいるので「故郷の自然をテーマ」に俳句を詠んでみようと思います!皆様も色々大変な日々をお過ごしと思いますが『ほんの小さな事でも良いので毎日何かひとつ楽しい事笑える事』を見つけましょう!小さなハッピーが訪れますよ!/貴桜李
●夏井先生、スタッフの皆さん、そして酷しい俳句の道を愛してやまない皆様、お元気ですか? 私は、俳句を考え、絵を描き、本を読み、たまった録画の編集をし、マスクをしながら散歩し、好きな香りの入浴剤を入れてまったりとバスタイムを楽しみながら過ごしております。 春暖では、久しぶりに人選に二句入れて頂き すごーく!嬉しかったです。ありがとうございます。 コロナのせいで良い天気でも外を歩いている人は、大変すくないです。そんな中マスクをしてちょろちょろしてますと、色々な素敵な物に出会う事ができます。 人がほとんど通らないので、普段出来ないような 歩道に這いつくばったり、溝にしゃがみこんだり、木によじのぼったりして風景をゆっくり楽しんだり珍しいショットで写真撮ったりできます。勿論人様のスペースやお庭の花だったりする場合は、その方の了承を得ます。マスクは、してますがピンポンすると大概御在宅です。とっても素敵なので写真に撮ってもいいですか?とお尋ねすると、皆さん心良く承諾して下さいます。 そこで交わす、短い会話も楽しいです。 綺麗ですねー!そうでしょー!これは☆☆あれは♪♪♪それは××て言うのよー!ありがとうございました。 や、撮ってもいいけど…。そんなもん写真に撮って面白いんかー?すごい格好で撮るなーあんた! などなど様々ですが皆さんとても好意的です。 鬱陶しい話題が多い中、心がほんわかぴんく色になります。皆様もどうか元気でお過ごし下さいね。 去年の暮れにかった寄せ植えの鉢の葉牡丹から小さいですがたくさん花が咲いています笑笑。/田村美穂
○自然農園や近所の自然、ちょっとした花壇などなど。人混みを避ける意識が高まったおかげで、かえって自然へと意識的にでかける人が増えたりしたのかもしれませんねえ。(正人)

●ずーっと自宅勤務で閉塞感にもやもやしっぱなしです。社交距離守った散歩に行かなければと思っているのですが、どうにももやもやから抜け出せずほとんど運動できていません。まずは気持ちの立て直しをしなければ…と思い、俳句や詩の本を読んでいます。/離松
○↑の例でみれば近所の自然…がある人はいいんですが、都市部だと難しいこともあるのかも。ゆっくり、ゆっくり。(正人)

●よく、蝶のことを書いていますが、今回はビッグニュース。家の楠の幼木にアオスジアゲハが産卵し、その幼虫が無事巣立った、と以前報告しました。昨夏蛹の1匹が羽化しませんでした。色鮮やかな緑色なので、死んでいないだろうと家の中に置いていたら、4月下旬に無事羽化し、飛び立ちました。コロナ騒ぎで憂鬱だった生活に、清々しい喜びをもたらしてくれた出来事でした。/アガニョーク
○そんな長いことサナギのまま生き抜いてたの!?すごい!!(正人)

●梅雨に備え、水とりぞうさんを数箱買いました。今年もスーツのカビごん、ちゅーいです!/かずポン
○梅雨入りしましたねえ。ちょっと油断してると水いっぱいになってたり。(正人)

●久し振りに『プラ板』でキーホルダーを作りました。娘リクエストで、鬼滅の刃のキャラクターを描いたのですが、やっぱり絵を描くのは楽しいですねぇ。コロナでの臨時休校が続いていますが、今できることで最大限楽しく過ごしたいと思っています。/かつたろー。
○実はめっちゃ流行ってて逆に読んでなかったりする。面白いらしいですねえ鬼滅の刃。(正人)

●本日、納戸の断捨離をしました。意味不明な紙袋の束、二年前のカレンダー、父の昔の血圧手帳、探していた洗剤のストックなど、色んな物が次から次へ出てきて笑ってしまいました。明日から少し納戸が使いやすくなります。/ふくろう悠々
●コロナ対策につき、家に閉じ籠って生活しています。娘から勧められメルカリ登録を行い、不要なものの処分を始めました。引越し荷物の整理も中途半端で一部屋をつぶした状態にあり、空間の活用のためにも不要品をメルカリで販売していくことに! お金を払ってゴミとして処分するより、他の方に活用してもらう手法を学んでいます。 /天晴鈍ぞ孤
○ネットニュース見てると断捨離&メルカリで意図せぬものを処分してしまって阿鼻叫喚、みたいな話もあるとかなんとか。蔵から古文書出てきて実は…みたいな。でも普通そんな蔵、家にないから大丈夫か!?(笑)(正人)

●月一度、13人ほどの句会に参加しています。 コロナ問題で、3月から、会場が閉鎖しました。 3月、4月そして5月はPC、LINE、郵便を用い、「遠隔句会」です。 4月の句会の予定日の直前に、句友が、コロナで亡くなったとの通知が入りました。 きっと、どの社会も、コロナが問題です。 先生はじめ、関係の皆様のご健康をお祈りします。 (今日5月13日、関取が、同じコロナで亡くなったとの報道がありました。) /風間 昭彦
●コロナ騒動で、公共施設が閉鎖され、平均年齢?歳が 思いついたのが、メール・FAXでの句会。アイデアはよかったが、慣れない人びとで、悪戦苦闘してます。 早く日常生活に戻れますように。 いつき先生始め、スタッフの皆様も御身大切になさって下さい。/里甫
●ネット句会で、おうちで俳句継続中。/ちびつぶぶどう
●まだ俳句を初めて半年くらいだったのにコロナのせいでリアル句会は全て中止に。なのでネット句会にちょこちょこ参加するようになりました。これはこれで楽しいけれど、なんだかあまり俳句が上達するような気がしません。早くリアル句会や吟行をして俳句を考えたいです。/丹下京子
●オホーツク在住、通勤通学・在住経験者を対象にネット中心俳句会を立ち上げようと、ようやく募集チラシを作ったものの、コロナの関係で置いてくれる場所が見つかりません。地道に頑張って俳句の種まきをしようと思います。/よしざね弓
●いつき先生と正人さんのライブ配信、拝見しました。楽しそうなお二人の会話に癒されました。自粛生活の毎日、60代女子会の旅仲間との旅も食事もままならず、オンライン女子会試みたのですが、画像に映った自分たちの姿に一同唖然とし、それ以降は文字によるラインに戻りました。昭和に生きた私達には、文字による想像力を刺激しながらの会話の方が落ち着きます。/竹春エリザベス
○どうしても三密になる句会は避けざるを得ないわけですが、おかげでインターネット句会も急速に普及してる感。ただ、画像に映った自分に…ていうのはありますね…それ系で、暗くなったディスプレイに映る自分に絶望した人も数知れぬはずぢゃ…。(正人@経験者)

●梅雨寒、とネットで調べたら、昨年の7月は関東は梅雨寒が続いたとのこと。あれ、昨年のことだっけ。色んなことが遠い過去になっていく。/海野しりとり
○去年のことどころか数ヶ月前もあやしい。(正人)

●エコーは、想像上の友だちです。 昔読んだ新聞小説で、内気な中学生の女の子の家に、エコーと名のる相手から不思議な電話がかかってくる、というのがありました。 俳句を考えていると、何だか遠い昔のことがあれこれと思い出されます。懐かしいです。 /渋谷晶
○それ系で思い浮かぶのは「ハイド氏」と「チャーリー」。(正人@元ネタクイズ)

●kindleで「教授アイザック」出版しました。 AIと"人間"の俳句戦争をテーマにしたものです。。/森下博史
○なるほど、今の時代は紙じゃなくてkindleでの自費出版とかもあるのか…!(正人)

●子規の睾丸句を研究している。子規のユーモアと写生を具現化していると思う。/遼子規
●子規の睾丸の句の研究をしています。利口な睾丸揺さぶれど桜桃忌 の利口な睾丸は開成など高校生のでしょうか太宰治のような中年なのでしょうか?/遼子規
○いつぞやの俳句甲子園で物議を醸した句がありましたなあ。(正人)

●「春暖」は難しくて投句できずに情けない思いをしました。結果発表を読んで兼題や傍題の考え方をぼんやりとではありますが学んでいます。11日から入院の予定なので、まずは一句でも投句しようと布団の中で4時ごろ考えました。入院できるかどうかは直前にならないとわかりませんが、なるようになると思ってステイホームしています。特養から出られない母とも俳句の話題で電話し合えるので助かっています。/瀬尾白果
○二次感染を恐れて病院に行きにくいご時世。しかし通常の医療が待ってくれるわけではないですからね…ご無事をお祈りしております。(正人)

●駆け出しの者には駆け出しの者なりのスランプがあります。日常の些細な出来事、人に言われた心無い一言、例えば「俳句とか考えてるヒマからあるなら×××すれば?」などがきっかけで、俳句が作れなくなってしまうような。まるで脳内俳句シナプスが切れたのでは、と。 それでもめげずにアワビのようにしがみつきたいと思います。皆さまにもそのような経験ありますか、ありますよね、あーよかった。/石田将仁
○学生の頃に「そんなことしてる暇があるなら勉強しろ」って言われるのと同じ感覚ですね。誰しもあるあるなやつー…。(正人)

●組長、こんにちは!中学校になって、入学式の翌日から休校で学校に行けませんでしたが、ようやく学校が再開することになりました。私の学校ではしばらく分散登校となりますが、それでも嬉しいです。 新しい環境で、新たな俳句の種をたくさん見つけていきたいです。/打楽器
○学校に行けるのを嬉しいと言える君の健全なマインド…僕には眩しすぎる…!(正人@学校嫌いだった)

●中古住宅を購入し大工さんの手でリフォームをしておりましたが、ついに資金が底をつき、仕方がないので私自らリフォームの続きをすることと相成りました。 道具を揃え出来る限り廃材再利用で、完成はサグラダファミリアが先か我家が先かという、気が長すぎる話となってまいりましたが 仕事の合間合間、平均健康寿命までには何とかなるだろうと達観しております。 参っておりますが、楽しんでます。 お手伝いさせてあげます。私の分も手弁当でお願いいたしやす。/大塚迷路
○風雲迷路城建築計画!?ええのう、掛け軸がくるっとまわって裏に忍者が隠れられるような仕掛ができるに違いないのう!(正人)

●マスクを手作りしようと、久しぶりにミシンを出してスイッチを入れたら動かないので分解してみるとベルトが劣化してました。部品を取り寄せようにもメーカーのカスタマーサービスの電話はずっとお話中!Amazonは欠品の文字が。こうなれば手縫いしかないと思うと気が重いです(汗)東京都医師会が、クリアファイルで作るマスクを公開していると聞きアクセスするも何故か私のボンボロパソコンは接続拒否されてしまうし(涙)でも!工夫すればオリジナルのマスクはきっと作れるはずです、何しろ時間はたっぷり有るのですから。ステイホーム頑張ります。/筬葉
●いつもなら遠くの山に登山に出かけているゴールデンウイークですが今年は山岳四団体から登山自粛の要請がでました。そんな訳で地元の市が設定しているハイキングコースに吟行がてら毎日通いました。市民の裏山みたいな所ですが、普段から人気が無く、今回もすれ違ったのは一人しか居ない日もあって自然を独り占めしました。かく言う私もコロナが無ければ行くこと無かっただろうなーと思います。でも行って吃驚!街から見える景色は変わらないのに山中は山が無くなっていました。たぶん復興の埋め立てに使われた土砂を調達したのでしょう。想像を絶する景色に色々な意味で胸が痛みました。 /筬葉
○マスクに挑戦したりハイキング吟行したり充実してるは充実してますね!(笑)…しかしながらハイキングコースでそんな痕に出会うはめになるとは、コース設定としてどうなんだろう…。(正人)

●以前、こちらでどなたかが、プレバトの鈴木光さんを「クラリスみたい」といっていたのが忘れられません。あの白いハイネック?のブラウスと、尼そぎ?ボブ?の髪型が、彼女の清楚さと相まって、もうその日からクラリスにしか見えません!!○◎王もいいけど、もっとプレバトで彼女の俳句と、それに対する組長の講評を拝見したいです。毎回とても勉強になります。/黒子
○実写版カリオストロの城か…他キャストは誰かな…。(正人)

◆ハイポニストの果実♪
●出雲の俳句に応募しました。私は残念ながら圏外でしたが、主人が入賞し喜んでおります。送られてきた結果報告の手紙は額縁に入れて、好きな女の子(私ではない)の写真の隣に飾っています。/カヅラ梅
○ご主人入賞おめでとう…だけど、その状況はいったいなんぢゃ!?(笑)(正人)

●夏井先生、正人さん、ハイポニストの皆さん、こんにちは。授業の単元の合間で行ったプチ句会の作品を今年の1月に「第27回都留市ふれあい全国俳句大会」に送ってみたんです。御褒美は忘れた頃に到着するもので…先日、職員室の机の上にその結果が置いてあり、見ると何と3名が入選をしていました。全部で30句ぐらい送ったんですが、その結果にびっくりしました。その内の一人は自分のクラスの子。突然の知らせに驚くかと思いきや、当然でしょ!って感じでニヤけてました。ジャニーズが大好きな男子生徒なんですが、彼の入選作。。。 ★コンサート30000人の冬の星 学校がもうじき再開予定なので、今年もいろいろな形で生徒の感性を引き出せるアプローチをしていきたいと思っています。/みのる
○またも成長の結果が見られておりますなあ、嬉しい限りであります!!当然でしょのニヤリがかっこいいぞ先生~~!(笑)(正人)

◆兼題「梅雨寒」に寄せて
●兼題はとても難しい。/おちゃ
●梅雨はよく聞きますがあまり梅雨寒ということは経験していないので苦労しました。/ねずみ男
●季題がわかった時点で句を考え始めますが、なかなか出て来ません。毎回難しいです。/吾亦紅
●梅雨寒は少し難しかったです。/真喜王
●梅雨は類想句が多いと思いですよね?/鷹雪
●ありのままの梅雨寒では変だけどありのまましか作れなく悩みます。/睦月
●いやー、春暖とか、こういう実体のない兼題だといつも並選ですわ。ホント苦手。/こま
○実態がない系の難しさもあれば、体験がない系の難しさもありますね。「梅雨」=「暑い」と結びついちゃう人には「寒」が疑問符だらけになる??(正人)

●夏井先生、正人様、ことば課の皆様、いつもありがとうございます。 投稿を始めて一年が過ぎたところです。この頃は自分はどうやら時候の季語が好きらしいと気がつきました。作品の出来はともかく、今回の梅雨寒の兼題は楽しかったです。 /桧木もり
●独創性を出しながら、共感を呼ぶという矛盾をいかに句にできるか…梅雨の寒さなんて、言われて見れば何でもありって気がするところが逆に怖いでトマトね。自選を失敗しそうな予感(汗)。 /トマト使いめりるりら
●春暖の火曜日コーナーにて、組長の梅雨寒ならば「悲しいな俳句」にぴったりかもというコメントを見て、トマトも初心にかえって少し作ってみたでトマト。…楽しいな俳句は、あんまり思いつかなかったのに、悲しいな俳句はぽんぽんアイデアが…というか、記憶が出てきてしまった。トマトの人生って一体!?(笑)。 /トマト使いめりるりら
●こんな気持ちになる雨ですか?/遼子規
●梅雨寒というと何か羽織るというイメージがすぐ浮かんだのですが、それ以外で作ってみようと考えました。今年、梅雨寒の日はもう少しいろいろ考え、感じて過ごせそうです。/岸 来夢
●歳時記を見ると、梅雨に関する季語がたくさんあったので、季語が動いてしまわないためにどうしたらいいのかを考えるのが楽しかったです。/秋熊
●梅雨寒といえば、プレバトの東さんの「梅雨寒しコンビニは麻酔の匂ひ」という句が印象に残っています。ああいう無機質な感じの句を作りたかったのですが、難しかったです。/倉嶋志乃
●たんに梅雨ではなく梅雨寒というところがポイントなのだろうか、そこを引き出すのがなかなか難しいですね。/ささくれ
○「寒」の一字が無機質さや悲しい気分を呼び起こすって感じでしょうか。(正人)

●じめじめと冷える心身。長丁場になっている新型コロナウイルスとの闘いに心情が重なる気がします。/夏 湖乃
●梅雨寒…ですか。“たのしいな俳句“ではなく”かなしいな俳句”の方がふさわしいとのこと。となると今はやはりウィルス関連のことをイメージしてしまいます。マスクだの自粛だの三密を避けろだの憂鬱になる、しかもいつまでなんだか。コロナウィルス、俳句に閉じ込めて封印したいですね。/古都 鈴
●梅雨寒のころには新型コロナが終結してくれたら。今梅雨寒のような心ですね/砂山恵子
●コロナのせいで、家にじっとしている時には、ピッタリのお題かもしれません。/藤源卿
●梅雨寒があって盛夏になるのだからと思いがっばろうと思います。皆様も頑張ってください。/邦生
●この投稿の〆切がいつもより先だったのと、先のことが考えられなかったのとでぼんやり過ごしてました。本当は今の梅雨前の、日射しはきっぱり風は爽やかでウキウキ~からの梅雨寒残念!というフェイントがあってこその風情なはずが、梅雨寒でもなんでもいいから来てくれよという感じです'20/裏山小虫
●先日東京マッハのオンライン句会を視聴しました。コロナなど直接的な表現を使わずに現在の状況を詠み込んだ句もいろいろあって、とてもおもしろかったです。今回の「梅雨寒」も、不安や閉塞感を重ねやすい季語かなと思うので、それに寄せたり離したりを考えています。/離松
●梅雨寒、コロナに閉じ込められているようないまの気分に通じるイメージがありますね。梅雨寒の時期、肌触りのいい布に包まれてじっとしてると自分の体温が布に伝わっていくのが好きだったと思い出しました。/離松
○2020年の梅雨寒はコロナウィルスとのイメージの結びつきも多数でてくるでしょうねえ。後年見返して「この年にできた俳句」という時代性みたいなものが出てきたりするのかも?(正人)

●兼題を見るたびに、その時の状況がよみがえります。/丘 るみこ
●どうぞよろしくお願いいたします。 昔観たドラマの一場面から浮かびました。 NHK銀河テレビ小説「崖」より。 トイレットペーパーは、実際よく落とします。 /渋谷晶
●兼題の度にタイムスリップしています。今回は、小学校一年生の一学期、肺炎で親元を離れ、呉の病院に入院していた時のこと。夜中、ふと寒さに気づくと点滴が結露して、血がチューブを逆流していました。窓を叩く雨、病室の白い壁もじっとり汗をかいていたのをリアルに思い出せます。なつかし~。同室のゆう君、元気にしてますか。/わこたんのまま
○兼題との出会いによって過去の光景が思い出されるのはよくありますが…点滴の結露!?血が逆流!?衝撃…!!(正人)

●梅雨時期は酒造りも一段落して、冬季労働者だった杜氏は故郷で農作業に励み、酒蔵では清掃や新酒の試飲の「呑み切り」が行われてきたそうで。古い土蔵に燕の巣跡があるのを見て、梅雨と日本酒という取り合わせに改めて気づきました。調べたらやはり、梅雨に合う、青や雨をイメージさせた、すてきな銘柄があるんですね。さすがコメの国、日本。梅雨寒の日、夏井先生は何を召し上がるのでしょうか?/わこたんのまま
○いつきさんは大概なんでも飲んでます。梅雨にあう日本酒ってなんでしょうねえ、飲み助のハイポニストからおすすめの銘柄情報がきたりして~(笑)。(正人)

◆今週のオススメ「小随筆」
 お便りというよりは、超短い随筆の味わい。人生が見えてくる、お人柄が見えてくる~♪

●若い頃には雨に濡れることなどなんとも思わなかった。カッパも着ずに働く男たちが格好良いとさえ思っていた。当時の私は人生の混迷期の真っただ中におり、中学・高校時代の友人には誰とも会わずに一人生きていく道を模索していた。二十歳を迎えるのに仕事をしていないのが嫌であった。食うためではなく自身の見栄のために仕事を探した。見つけた魚市場の仲買は暖かな一家で家内制手工業のような経営をしており、ひねくれた私を家族のように迎え入れてくれた。働くならば肉体労働と決めていた私だったが魚市場での仕事は辛かった。しかしその分実入りはよかった。二十歳を過ぎたばかりでは不相応な金をいつもズボンのポケットに突っ込み、高いだけが取り柄の難解な本を買い込み大人の顔をして飲み屋の出入りもしていた。魚市場には悪い仲間がたくさんいた。一番年下の私を面白がって誰もが誘ってくれた。居酒屋も寿司屋も割烹も皆仕事の取引先だった。しこたま飲んだ後にはバーやラウンジにも連れて行ってくれた。毎晩夜遅くまで遊び、酒を飲み次の日は朝早くから仕事をした。どんなに遅くまで遊んでいようと必ず仕事に出ていく私に母は何も言わなかった。そしてそんな毎日に終わりを告げる日が来る。隣の仲買の私より二つ年上の先輩に誘われた。好きではないパチンコ屋に連れていかれ、日は暮れ先輩の自動車で市内の繁華街まで行った。居酒屋で私は先輩に「もうこんな生活には縁を切る」と宣言した。そして酔いに巻かれた私たちは殴り合いのけんかをした。途中から記憶の無い私は白々と明らむ駐車場で目が覚めた。小雨で濡れた私の体は冷え切っていた。梅雨寒の朝だった。それからしばらくして私は仕事をやめた。少しだけ勉強をして東京に行き大学生となった。魚市場をやめた時に先輩から「お前が羨ましい」と言われた。今でも梅雨が来ると時々その先輩を思い出す。会いたくはないが今頃何をやってるのかと、その先輩を思い出す。/宮島 ひでき

夏井先生

ページの先頭