俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 梅雨寒

第242回 2020年4月16日週の兼題

梅雨寒

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句
本選句欄では、添削した形で句を掲載する場合があります。
添削は作り替えの提案として句会等でも議論されます。示唆された添削案が自分の表現したいことに合致すれば、作者の判断においてその案を自作として採用してかまいません。

人

梅雨寒や夜空に月が捨ててある
トマト使いめりるりら
指先の血豆ふくよか梅雨寒し
トマト使いめりるりら
梅雨寒の鋼のごとき雲の裏
玉庭マサアキ
梅雨寒に裏向きさうな月睨む
玉庭マサアキ
梅雨寒や食はねばならぬ物を買ふ
金子加行
梅雨寒に歩くや坂の多い首都
金子加行
梅雨寒や万の墓石と似たる都市
龍田山門
梅雨寒のナイフはナイフ辞めにけり
龍田山門
梅雨寒や耳を塞ぐと咀嚼音
木江
梅雨寒に目覚めて骨を確かめる
木江
梅雨寒や村食堂に酢の匂ひ
福蔵
豚骨を叩くハンマー梅雨寒し
福蔵
梅雨寒の夜船は夜に倦んでいる
未補
梅雨寒のすこし狂いしばね秤
未補
長靴の暗闇ふたつ梅雨寒し
明世
マネキンの肩の接ぎ目や梅雨寒し
明世
ワイドショー煌々梅雨寒の食堂
月の道馨子
梅雨寒の納骨堂に火の匂ひ
月の道馨子
梅雨寒や髭剃り泡に混じりて血
ふるてい
梅雨寒や匂はぬものにうさぎの糞
ふるてい
よれよれの札吐くATM梅雨寒
いかちゃん
梅雨寒し子よりの電話詐欺と思ふ
いかちゃん
梅雨寒の巨人の何と痛さうな
けーい〇
梅雨寒の銅の匂いは酸っぱそう
けーい〇
梅雨寒に触れ観音のヒラメ筋
酒井おかわり
梅雨寒の補欠の背中コカコーラ
酒井おかわり
梅雨寒や駅の便所で脱ぐ喪服
森川いもり
梅雨寒の味6番の抜歯窩は
森川いもり
肋浮く犬よく睡る梅雨寒し
いしはまらんる
梅雨寒やジェンダー空欄僕は僕
いしはまらんる
ため息のやうにラの音梅雨寒し
ぐでたまご
「法改正反対!」梅雨寒の西口
ぐでたまご
梅雨寒や中古ピアノのラは無音
にゃん
梅雨寒の燃やせぬゴミに出すギター
にゃん
梅雨寒に毟られ街の丸裸
火炎猿
水平線の手前に梅雨寒の壁
火炎猿
梅雨寒の一部白骨化した雲
吉行直人
梅雨寒し溶解液のごと視線
吉行直人
梅雨寒や青鈍色の鸚鵡の目
古田秀
毟られて鶏はすべらか梅雨寒し
古田秀
梅雨寒やイコンの青のざらつきて
古都ぎんう
梅雨寒の耳が勝手に吸う言葉
古都ぎんう
ずすずすと波は6B梅雨寒く
山香ばし
梅雨寒し幸江(仮名)の取材記事
山香ばし
梅雨寒の深夜K氏の女装癖
赤馬福助
サイボーグの消耗期限梅雨寒
赤馬福助
煙草てふ愉しき悪事梅雨寒のBAR
雪うさぎ
梅雨寒やゴーシュのやうな音のチェロ
雪うさぎ
にんげんこはい梅雨寒のハッシュタグ
倉木はじめ
日章旗垂れ梅雨寒の裁判所
倉木はじめ
ビルといふガラスの城や梅雨寒し
村上優貴
梅雨寒し血は傷痕にきて熱し
村上優貴
寮監の日誌一行梅雨寒し
大雅
梅雨寒や弁当の汁漏れてをり
大雅
梅雨寒や捌かれてゐる魚の息
丹波 らる
梅雨寒や磨く硬球十ダース
丹波 らる
ファックスに潰れし数字梅雨寒し
板柿せっか
梅雨寒やテレビは東京のはなし
板柿せっか
子守唄の脅し文句や梅雨寒し
比々き
梅雨寒の義父母の打打発止かな
比々き
梅雨寒のベルトはへびがばけたもの
稗田鈴二郎
咲くようなガス火に見蕩れ梅雨寒し
稗田鈴二郎
梅雨寒の畳の裏の御札かな
池之端モルト
梅雨寒を市立博物館の便所
池之端モルト
梅雨寒の中まで焼けていないパン
Nakahara結月
梅雨寒の餌を置いても来ない鳥
Nakahara結月
梅雨寒し再放送の由美かおる
RUSTY
梅雨寒や孔雀の綺羅を玻璃越しに
RUSTY
青瓶に満たす硬水梅雨寒し
いいよかん
梅雨寒のオクターブ弾く指痛し
いいよかん
気の抜けた炭酸ぷくん梅雨寒し
いさな歌鈴
断乳の右乳疼く寒き梅雨
いさな歌鈴
梅雨寒やひとり刀剣展示室
うさぎまんじゅう
朝刊に梅雨寒折り込まれてゐし
うさぎまんじゅう
梅雨寒の耳鼻科耳の図見て過ごす
うしうし
梅雨寒の影なき街に売るカメラ
うしうし
梅雨寒の釣りの背中を見てゐたり
ウロ
梅雨寒やひとのにほひのなつかしく
ウロ
棟上げや梅雨寒の粒打ち振りぬ
ウェンズデー正人
梅雨は寒くつてミントが味しない
ウェンズデー正人
梅雨寒のポストの底の不在票
かもん丸茶
梅雨寒しウツボカズラに咽と腹
かもん丸茶
梅雨寒の空踏み外す禽一羽
きゅうもん@木ノ芽
消毒液壜青く煌めき梅雨寒し
きゅうもん@木ノ芽
梅雨寒や宗派異なる夫の通夜
きよなお
梅雨寒や利休鼠溶く膠の香
きよなお
梅雨寒の火の粉ゆたかに風のこゑ
ぎんやんま
地下鉄の長き通路や梅雨寒し
ぎんやんま
梅雨寒やお道具箱をふわけする
うつ伏せに眠るマネキン梅雨寒し
梅雨寒や鞣した革は仄ぬくく
くさ
梅雨寒の疼痛ひとに胃はひとつ
くさ
梅雨寒や名古屋弁めく西班牙語
ぐずみ
梅雨寒や書肆に列なす入門書
ぐずみ
梅雨寒へひとすじ父の焚く煙
くりでん
梅雨寒や河童のおらぬ河童淵
くりでん
梅雨寒の眼鏡の螺旋を締め直す
こはまじゆんこ
梅雨寒や切らねば伸びる足の爪
こはまじゆんこ
梅雨寒につけ込んでくるうちの猫
こま
ベネチアングラス赤々梅雨寒し
こま
梅雨寒やバターきれたと夫の言ふ
さとう菓子
新刊の紙の鋭し梅雨寒し
さとう菓子
梅雨寒や爪は鉄製ではないか
さとけん
梅雨寒や鼻歌は胃液に呑まれ
さとけん
紅生姜たんと盛る梅雨寒のすき家
さるぼぼ@チーム天地夢遥
梅雨寒のカレー乾ぶるカレー皿
さるぼぼ@チーム天地夢遥
獣にけもの重なる森や梅雨寒し
じゃすみん
梅雨寒や鞄の底の診断書
じゃすみん
梅雨寒し愚痴の詰まった餃子焼く
シュリ
梅雨寒ししぼんだ街の尻叩く
シュリ
梅雨冷えや玄米粥は八分づき
シュルツ
梅雨寒し千曲に残る去年の泥
シュルツ
カルピスの看板梅雨寒のバス停
すりいぴい
瓦斯の火の円く梅雨寒の厨
すりいぴい
この度は梅雨寒につき寝て候ふ
セントポーリア
梅雨寒や写経かぼそき二三枚
セントポーリア
連写するシャッター音や梅雨寒し
そうり
鍵盤のソの音くもる梅雨寒し
そうり
ロッカーに丸めた湿布梅雨寒し
たろりずむ
梅雨寒や傷口閉じるホッチキス
たろりずむ
梅雨寒や甘苦きこの歯磨き粉
つぎがい
梅雨寒の列車犇めきしづかなり
つぎがい
Gペンの線梅雨寒に掠れたり
どかてい
市役所の放送梅雨寒のノイズ
どかてい
こんな日は手をつなぎ寝よう梅雨寒
としなり
タップシューズの鋲梅雨寒のB2階
としなり
飛び立つに邪魔な電線梅雨寒し
トポル
白湯でのむ命の母A梅雨寒し
トポル
梅雨寒くサランラップの刃の柔く
とりこ
アルバムの蒼き膨らみ梅雨寒し
とりこ
梅雨寒に歪むギターの余韻かな
はなあかり
旧名の透けし看板梅雨寒し
はなあかり
梅雨寒やキリンの籠る鳥獣舎
ふじこ
梅雨冷の夜のホテルの聖書かな
ふじこ
梅雨寒し汁もろともに味噌ラーメン
ふじた柝の音
梅雨寒のスープ背脂透き通る
ふじた柝の音
梅雨寒やボオドレエルが捨ててある
ほろろ。
上向きに落ちたる梅雨寒の画鋲
ほろろ。
給食のカレー梅雨寒の月曜
マオ
梅雨寒し先生は今日から産休
マオ
梅雨寒の空は痺れて五重塔
まこちふる
梅雨寒の瓶缶しずかな回収日
まこちふる
願いましては梅雨寒を弾く珠
まどん
梅雨寒やアクリル板の穴から手
まどん
梅雨寒の鬼の居そうな橋の下
まりい@木ノ芽
梅雨寒や子猫に一本欠けたる歯
まりい@木ノ芽
梅雨寒や殊に色錆び易き杜
まんぷく
梅雨寒の水を讃えて樹木葬
まんぷく
太閤御所の金箔鈍く梅雨寒し
むったん@狐狸山会
解体の空家の暦梅雨寒し
むったん@狐狸山会
梅雨寒のやかんはくすんだぎんいろ
むらさき(7才)
梅雨寒のかべはひたひたすみに石
むらさき(7才)
梅雨寒の酢酸カーミン液臭う
めぐみの樹
梅雨寒や声の優しき象使い
めぐみの樹
ストローを走る青まで梅雨寒し
ヤヒロ
東京へ空傾いて梅雨寒し
ヤヒロ
徒波に軋む線路や梅雨寒し
やぶつばき
梅雨寒の虫歯じんはり疼き出し
やまぶき
梅雨寒や喋る絵本に貸す電池
ゆすらご
時計から借りる電池や梅雨寒し
ゆすらご
梅雨寒や銀座に古き金春湯
ラーラ@金春湯=コンパル湯という銭湯
広すぎる本家の厠梅雨寒し
ラーラ
独り言で会話する梅雨寒の朝
或人
梅雨寒や飲み込んだ唾は血の味
或人
梅雨寒や精巧な精巧なショパン
伊予吟会 宵嵐
梅雨寒や畳売れたる気配なし
伊予吟会 宵嵐
梅雨寒のチャイムぼうんと伸びにけり
遠音
梅雨寒の輪ゴムどれも撚れてゐる
遠音
梅雨寒や猫の嗅ぎたる赤き紙
遠野肇
梅雨寒しカシオペアまで臥所まで
遠野肇
梅雨寒が蝕むマニキュアで抗う
横縞
小指から腐食する梅雨寒の夕
横縞
梅雨寒し鈍くひかれる人魚の尾
佳山@水戸
Tシャツの英文卑猥梅雨寒し
佳山@水戸
梅雨寒や少年の目が沼となる
可笑式
失言を謝す梅雨寒のラヂオかな
可笑式
梅雨寒や角の欠け落つ角砂糖
夏雨ちや
梅雨寒の帰郷 骨壺の拒絶
夏雨ちや
梅雨寒や割り箸は音なく割れる
楽花生
梅雨寒の空使用済みのステンレス
楽花生
梅雨寒の解剖室に水の音
梅雨寒の絵刷毛に染みる水の音
梅雨寒やゆんべもろうたほおの痣
蟻馬次朗
梅雨寒や豚の陽物ドリル型
蟻馬次朗
臓器めく書庫の丹色や梅雨寒し
久我恒子
梅雨寒しダイヤは五十六面体
久我恒子
美しき女を抱きて梅雨寒し
久蔵久蔵
梅雨寒や湿りて香る鉋屑
久蔵久蔵
梅雨寒の花泥棒の靴の跡
宮武濱女
梅雨寒の体ちぢまる音きゆきゆきゆ
宮武濱女
梅雨寒や将門塚に燻る香
虚実子
梅雨寒や未読の本に積もる塵
虚実子
入って梅雨寒出て梅雨寒の純喫茶
京野さち
梅雨寒や缶に入りたる酒安し
京野さち
魚の目に凝りたる芯梅雨寒し
月見柑
梅雨寒や眼窩に兆す偏頭痛
月見柑
梅雨寒や輸血の赤の重きこと
古瀬まさあき
梅雨寒の生臭き筋鈎の銀
古瀬まさあき
茶渋濃き母の湯呑や梅雨寒し
古都 鈴
梅雨寒しまだ絞り出す歯みがき粉
古都 鈴
梅雨寒や動物園の檻に人
広瀬 康
梅雨寒やエンドロール後の世界
広瀬 康
能面の瞳の穴や梅雨寒じ
江戸人
梅雨寒や初めて着けしT字帯
江戸人
低空を飛ぶ偵察機梅雨寒し
江里口泰然
梅雨寒や防災無線の人探し
江里口泰然
スキップや梅雨寒が粘ついている
綱長井ハツオ
梅雨寒しアハハ誰にも愛されん
綱長井ハツオ
梅雨寒のカーラジオより八代亜紀
高橋寅次
ぶすり差す靴べら梅雨寒の一歩
高橋寅次
梅雨寒や屍人ごっこの第二幕
高橋無垢
梅雨寒の井戸の底より不眠症
高橋無垢
梅雨寒のナイフに脂汚れ残る
高田祥聖
梅雨寒や茎より腐る供花ばかり
高田祥聖
梅雨寒よ105番でお待ちの吾よ
高尾里甫
梅雨寒や検索履歴の「争議権」
高尾里甫
玉垣に寄付の金額梅雨寒し
砂山恵子
梅雨寒や証明写真に椅子ひとつ
砂山恵子
明け方の授乳甘やか梅雨寒し
彩楓(さいふう)
梅雨寒とは銀髪を梳く指心地
彩楓(さいふう)
あばら轟かせ梅雨寒の青年壊ゆ
斎藤秀雄
梅雨寒の不在の錠の見ゆるかな
斎藤秀雄
梅雨寒や絶版の書の綿埃
斎乃雪
深爪の廻すドアノブ梅雨寒し
斎乃雪
梅雨寒や四角い家の四角い夕餉
山名凌霄
じやらじやらと匂へる鉄鎖梅雨寒し
山名凌霄
梅雨寒や麻酔のまぶた縫われており
司啓
梅雨寒の監視カメラに調律師
司啓
糠混ぜな梅雨の寒さと塩足して
梅雨寒や触れて造花の胡蝶蘭
梅雨寒を走るサイレン村の昼
宗平圭司
借りて小さき考の上着や梅雨寒し
宗平圭司
梅雨冷えの待合室や嗚呼嗚嗚呼
慈温
梅雨寒の土瓶ふつふつ煎じ薬
慈温
角砂糖の紙はがす爪梅雨寒し
渋谷晶
梅雨寒や留守番の日のオルゴール
渋谷晶
梅雨寒や古家の立てる音いろいろ
淳風
大いなる烏賊の卵嚢梅雨寒し
淳風
梅雨寒鋭し公園の便器の割れ目
潤目の鰯
梅雨寒のポストいかにも重き腹
潤目の鰯
梅雨寒のどれも貌なき対向車
純音
車両事故見せるビデオや梅雨寒し
純音
梅雨寒に傷ついた眼鏡を替える
升 丁茶
梅雨寒や線路に落ちている切符
升 丁茶
梅雨寒の茶筒くきくき閉まりけり
小川めぐる
丸皿にピザのひと切れ梅雨寒し
小川めぐる
梅雨寒を剥離しメスの替え刃百
小泉岩魚
梅雨寒の米櫃コメを吐き渋る
小泉岩魚
梅雨寒や三年越えた靴の穴
小鳥ひすい
顔洗う腕胡粉色梅雨寒し
小鳥ひすい
梅雨寒や喉を押さふる散髪屋
昇華
梅雨寒や唾液溢るる歯石除去
昇華
あはれ濃き乙女のうぶ毛梅雨寒し
上倉すず女
玻璃つづく青山通り梅雨寒し
上倉すず女
梅雨寒の電線に影止まりけり
城内幸江
梅雨寒や鎖骨は戦闘態勢よ
城内幸江
梅雨寒の空は近く塀は高く
常幸龍BCAD
梅雨寒に握る地下室への鍵
常幸龍BCAD
梅雨寒や古城の壁の落書K
神誉
梅雨寒や切り取り線を2ミリずれ
神誉
梅雨寒や両手に包む無精卵
仁和田 永
呼び止める名は舌に錆び梅雨寒し
仁和田 永
梅雨寒し行列をなすスマホの灯
酔下弦
梅雨寒の街呪はれてゐる気配
酔下弦
梅雨寒や星の棺の壊れをり
世良日守
シャドーボクシング梅雨冷の肋骨
世良日守
梅雨寒や麒麟は長き睫毛伏す
星埜黴円
この門の先アフリカ区梅雨の冷
星埜黴円
梅雨寒やこんにゃく色の伊勢の空
清水祥月
梅雨寒のほぐほぐ抜ける仔犬の毛
清水祥月
防人の領巾降る山や梅雨寒し
清波
梅雨寒や子の無き家の猫のドア
清波
梅雨寒や日に二回来る十一時
西川由野
梅雨寒の内踝がさびしそう
西川由野
梅雨寒の寝ころんでいるリラックマ
西村小市
梅雨寒や池に浮かびしレジ袋
西村小市
駐車場の「空」のランプや梅雨寒し
青い月
右肩が泣きだす朝や梅雨寒し
青い月
梅雨寒に皮膚炎は広がつてゆく
青海也緒
梅雨寒はすこし冷蔵庫がこはい
青海也緒
根の国の空はしろねず梅雨寒し
石井一草
梅雨寒し出島はアスファルトの中
石井一草
梅雨寒の水に濡れたる絆創膏
石原 由女
観音の肌の鈍色梅雨寒し
石原 由女
梅雨寒や烏賊素麺のうすぐもり
石川聡
梅雨寒や弾けば六弦うるみけり
石川聡
マネキンの裸体の窓や梅雨寒し
善多丸
梅雨寒や納屋にセンサー糖度計
善多丸
梅雨寒し教室はミニチュアハウス
倉嶋志乃
オクターブ届かぬ指や梅雨寒し
倉嶋志乃
梅雨寒ですこれは孤独じゃないのです
足立智美
急停車ばかりの夫梅雨寒し
足立智美
梅雨寒や聖堂統ぶる碧光
多事
梅雨寒やオルガンで弾くゲゲゲのゲ
多事
梅雨寒やピアノの蓋に猫眠る
大小田忍
X線の透過する音梅雨寒し
大小田忍
梅雨寒や穴があっても入れない
大塚迷路
ワタクシニ口二ツアリ梅雨寒シ
大塚迷路
梅雨寒や握手する度アルコール
鷹星
老化ニハ勝タズ梅雨寒ニハ負ケズ
鷹星
舌先に匙当てるごと梅雨寒し
沢拓庵
コンビニに買う当てはなく梅雨寒し
沢拓庵
梅雨寒し早く病名つけてくれ
短夜の月
梅雨寒や乳房にメスの入る午後
短夜の月
梅雨寒の京の鶯張りの寺
竹田むべ
梅雨寒や去勢の猫の手術痕
竹田むべ
梅雨寒のレールに映る雲の色
中岡秀次
梅雨寒や港は錆を吐き出しぬ
中岡秀次
梅雨寒や戸棚にくすむ銀の匙
中根由起子
梅雨寒の三半規管濡れてゐる
中根由起子
大部屋の誕生会や梅雨寒し
中山月波
公序良俗のCM梅雨寒し
中山月波
梅雨寒し千人風呂に身を預く
津軽ちゃう
梅雨寒や醤油に馴染むアジフライ
津軽ちゃう
梅雨寒や五臓六腑に超音波
田中耕泉
鉗口の人事だだ漏れ梅雨寒し
田中耕泉
梅雨寒の緋色の棘を手懐ける
冬のおこじょ
塩飴の喉に纏わり梅雨寒し
冬のおこじょ
梅雨寒や供へられたる山羊の首
内藤羊皐
梅雨寒の姉の婚儀の滞る
内藤羊皐
梅雨寒や焼け残りたる義眼球
楢山孝明
梅雨寒やコーラの瓶の翠ゐろ
楢山孝明
梅雨寒の雲海中の砂の色
南風の記憶
梅雨寒や青めくトートーメーの螺鈿
南風の記憶
梅雨寒し喉に貼り付く粉薬
南方日午
梅雨寒のエックス線に曝す胸
南方日午
梅雨寒に耐えるアンモナイトの夢
斑山羊
これ以上引き算は無理梅雨寒し
斑山羊
梅雨寒しティラノザウルスがらんどう
風峰
梅雨寒や幟はためくらうめん屋
風峰
梅雨寒の消毒液の昭和臭
福良ちどり
梅雨寒のハモニカ濁るレとラとシ
福良ちどり
梅雨寒し薬の二錠残りけり
聞岳
梅雨寒や職業欄に書く無職
聞岳
梅雨寒やあの子は今日ももの盗む
平本魚水
梅雨寒のみづゆぶゆぶと水時計
平本魚水
梅雨寒や「ただいま」「おかえり」独りごつ
平野水麦
梅雨寒や高層ビルの影尽きず
平野水麦
「但し病歴のある者を除く。」梅雨寒し
碧西里
鼻の奥じくりと腫れて梅雨寒し
碧西里
梅雨寒や骸骨ブラシしやべりさう
北藤詩旦
絆創膏ずれし梅雨寒の指先
北藤詩旦
梅雨寒の天井の染み活き活きと
末尾波世遠
梅雨寒や一升瓶の底の酒
末尾波世遠
梅雨寒を吸ってぎいっと開く肋
綿井びょう
梅雨寒やアキレス腱の淵の濃き
綿井びょう
キャバクラの看板梅雨寒の渋谷
網野れいこ
夕暮れの教室梅雨寒のショパン
網野れいこ
梅雨寒や胸に重たき砂の風呂
木村ひむか
図書館に出勤のごと梅雨寒し
木村ひむか
梅雨寒や入水の川の水位線
門前町光乃
梅雨寒や暗渠に白き猫の声
門前町光乃
梅雨寒し水銀灯の明かり遅々
也和
梅雨寒の音叉を床に落としけり
也和
梅雨寒や細菌培養ペトリ皿
野の花 誉茂子
梅雨寒の第二病棟談話室
野の花 誉茂子
梅雨寒の公園管理棟より灯
夕虹くすん
梅雨寒や湯の街発の路線バス
夕虹くすん
ひと匙の塩の白さや梅雨寒し
与志魚
梅雨寒や漂流物のごとく本
与志魚
梅雨寒や一円足りぬ締め作業
雷紋
梅雨寒や余震の糸の張りつめし
雷紋
梅雨寒の欄(おばしま)に生む素性かな
蘭丸結動
梅雨寒に男の服を宛がひぬ
蘭丸結動
梅雨寒やタバコの箱の注意書
利平
吊さるる豚の生ハム梅雨寒し
利平
爪弾くは皆相聞歌梅雨寒し
離松
梅雨寒や心臓とととねことひと
離松
梅雨寒の鏡をさびいろの雨粒
緑の手
梅雨寒の暗渠漂白剤にほふ
緑の手
麻酔醒め梅雨寒を言ふ四人部屋
朶美子(えみこ)
きしきしと鳴る梅雨寒の鎖骨かな
朶美子(えみこ)
梅雨寒や肋骨に固きレントゲン
洒落神戸
噺家の普段着で居て梅雨寒し
洒落神戸
梅雨寒やギプスの先の足の指
游真
新薬に怖き名のあり梅雨寒し
游真
錆びたレール製紙工場の梅雨寒
筬葉
梅雨寒や顎に挟みし駐車券
筬葉
梅雨寒や手話にて探る風の影
蜥蜴の尻尾
梅雨寒や男は温き身体持つ
蜥蜴の尻尾
梅雨寒や体温計の先は銀
あいだほ
定刻のゴミ収集車梅雨寒し
でらっくま
梅雨寒や風神雷神図に余白
GONZA
梅雨寒や蛇皮線の音の奄美の夜
28ひろきち
梅雨寒や基地のフェンスを越えた球
⑦パパ@いつき組広ブロ俳句部
梅雨寒のひとりで開くエレベーター
99カリン
梅雨寒やボタンひとつを掛け違え
Dr.でぶ@いつき組広ブロ俳句部
梅雨寒や調律前の古ピアノ
k.julia
梅雨寒の東京タワー赤かつた
KAZUピー
木の床の鈍き悲鳴や寒き梅雨
Kかれん
梅雨寒や古文書めける百科辞典
M・李子
梅雨寒や外に崩れし段ボール
Mコスモ
梅雨冷えや一輪挿しの瑠璃冴えて
okapi
梅雨寒や迂回の矢印の傾き
sakura a.
梅雨寒や安バーボンの香の如く
syuusyuu
健さんのくわえ煙草や梅雨の冷え
tamiful
梅雨寒や女の声の給湯器
あー無精
梅雨寒や待ちぼうけの街の底
あいみのり
微熱得て梅雨寒の音夢に聴く
あおのめ
液晶のひびうつくしく梅雨寒し
あきのひなた
大津絵の鬼が笑うよ梅雨寒し
あけみ
梅雨寒に同居のラヂオとボンカレー
あさのとびら
梅雨寒や告知の部屋はガラス張り
あじさい涼音
梅雨寒や土曜の夜の親知らず
あずお
梅雨寒し人体模型のニックネーム
アストロ@夏銀
梅雨寒し鍾乳洞の青い淵
アダー女
梅雨寒や屋根裏へ父居間に猫
あたなごっち
梅雨寒や紙垂かたかたと地鎮祭
あつむら恵女
梅雨寒やじんわりと灸の火の落つ
あなうさぎ
梅雨寒やマグリットの帽子借りてみる
あべべ
梅雨寒や義母の肌着の名は褪せて
あまぐり
梅雨寒し口に馴染まぬ標準語
あまぶー
梅雨寒の境界にある空き家かな
あみま
梅雨寒や上着の釦ひとつなし
アメタロウ
枝うちの北山杉や梅雨寒し
アリマノミコ
梅雨寒や積木積む積む積む積む積む
あろま
梅雨寒が鼻孔を通る坐禅なり
イエロー雲
梅雨寒や洗濯屋より噴く蒸気
いくた 武
梅雨寒や病める地球いつかの青
いくちゃん
梅雨寒や母の匂いのカーディガン
いくらちゃん
休漁の船のぎしぎし梅雨寒し
いごぼうら
梅雨寒の三角関数のぐるぐる
いしい美髯
梅雨寒や居留守の家に電話鳴る
イチロー
梅雨寒や鉄骨外階段痩せて
いち坊
蓄音機音を無くして梅雨寒し
いつか
梅雨寒や箪笥二段目引く音が
いなだはまち
梅雨寒やつっかい棒の海女の小屋
いなほせどり
梅雨寒の靴下の穴明るかり
うづら@第二まる安
梅雨寒や解体待ちの昭和荘
うま子
すべり台軋む声して梅雨寒し
うめがさそう
梅雨寒の沖をゆるりと潜水艦
えいぎょ
折り紙の梅雨寒の色だけ残る
えむさい
梅雨寒の灰降る海に桜島
えらぶゆり
梅雨寒や休業札の糊の痕
えりいも
梅雨寒し分析室の機械音
おうれん
梅雨寒や鑑真和上の袈裟薄し
おかか丸@毎年6月初旬に、奈良の唐招提寺において、天平時代の鑑真和上像が公開されています。
梅雨寒や夜のポストにビラ2枚
オキザリス
梅雨寒やシーラカンスの目の虚
オサカナクッション
梅雨寒や株価ボードは緑色
かずポン
梅雨寒や切れ目で開かぬ菓子袋
かつたろー。
梅雨寒の三回忌ストッキングのうろ二つ
かつての向日葵
梅雨寒や宿直室の将棋盤
かまど
梅雨寒やシ♭の響く部屋
からすちゃん
梅雨寒や単身の地の二連休
キッカワテツヤ
梅雨寒の聖書もわりと湿りたる
きなこもち
梅雨寒の無言電話の切れる音
ギボウシ金森
梅雨寒や嘘を吸い込む鯉の口
キャサリンまさこ
ごりごりと潰す足つぼ梅雨寒し
くみくまマフラー
梅雨寒の雲渺渺と古墳群
クラウド坂の上@イメージは宮崎西都原古墳群。雨の時はちょっと陰鬱となります。古墳は墓であることを再認識させられます。
梅雨寒や循環バスを三周目
くれまてぃす恵子
梅雨寒や更地になりし雑居ビル
ぐれむりん
ピアノ線切れて梅雨寒ファが出ない
クロまま
梅雨寒の冷凍やけのうどんかな
こうや こう
梅雨寒やマネキンだけの呉服店
こじ
梅雨寒や体液臭きシガーキス
こじまはじめ
梅雨寒やインコの無精卵四個
ことまと
微熱ありて梅雨寒の夜半発酵す
こはぎ
書架にまだ余裕のありて梅雨寒し
ざうこ
梅雨寒の飴はいつまで口の中
さかもと眞紅
味噌蔵の裸電球梅雨寒し
さぶり
梅雨寒の風は昭和歌謡曲
さゆみ
梅雨寒や出口に青の磨り硝子
しかもり
梅雨寒や叫ぶムンクと合う視線
ジョビジョバ
梅雨寒や引き出し隅の片ピアス
しをの
梅雨寒や荷造に聞くさだまさし
しんしん
梅雨寒や後期高齢者といふ字
すえよし
西の間の畳みの擦れや梅雨寒し
すぴか
梅雨寒し家宝の鍔を磨きけり
スローライフ
梅雨寒しからだは影の色に寄り
せり坊
裏返る父の地下足袋梅雨寒し
そまり
梅雨寒やイエスの首は右に垂れ
たいぞう
梅雨寒しつるかめ算はまだ解けぬ
たま蛙
梅雨寒やガイドの声の電子音
たま走哉
梅雨寒の波を染めたる集魚灯
たむらせつこ
ポケットの底に綿ごみ梅雨寒し
たんじぇりん金子
梅雨寒やこどもしんぶん並び読む
ちびつぶぶどう
梅雨寒や先生の名前わからない
ちま(6さい)
梅雨寒や誰か来ている懺悔室
ちゃうりん
やまびこが帰ってこない梅雨寒し
ツユマメ末っ子@8歳
エビデンス無き家系図や梅雨寒し
てっちゃん
梅雨寒や部室のロッカーひとつ空く
でんでん琴女
梅雨寒に薄皮のごと怠け癖
ドイツばば
梅雨寒や調弦あまいギター弾く
どくだみ茶
三度目の留守番電話梅雨寒し
としまる
梅雨寒や格天井の比丘尼寺
とし子
梅雨寒の廊下の果ての義母の部屋
どみそ
迷路めく大病院や梅雨寒し
とんぼ
部屋の隅何か屈まる梅雨さむし
なご
金平糖こりり梅雨寒の留守番
ナタデココ
梅雨寒や♭に転調する世界
なみは@♭(フラット)
梅雨寒や三角に折る薬包紙
にし子
仰ぎ見るタービン停止梅雨寒し
ネコ目
梅雨寒や能登も隠れたこの窓辺
ねずみ男
梅雨寒や首筋の痣いま見つけ
ねむり猫
梅雨寒や犬のふぐりが薄紫
のつり
ひととひとのあいだのまして梅雨寒
のら
梅雨寒や切り紙の端が毛羽だつ
パーネ・メローネ
梅雨寒や高架をくぐる舟一艘
ハイジ
田の水の微かに匂ふ梅雨寒し
はごろも
梅雨寒のチューインガムの角かたし
はずきめいこ
飛び出さぬ飛び出す絵本梅雨寒し
はまのはの
梅雨寒や切れぬ包丁に悪態
はむ
梅雨寒のリハビリ室に紙風船
はら美華子
梅雨寒や燻らせた紫煙の重さ
はるく
梅雨寒やピアノソナタのイ短調
ぴーち
梅雨寒や明日の納期の設計書
ひでやん
塩素匂う梅雨寒の朝溺れおり
ひなたか小春
JOKERが一回りして梅雨寒し
ひな子桃青
梅雨寒やシンクに落つる歯磨粉
ひねもす
梅雨寒やエアーベッドはすぐ凹み
ひよはるばば
梅雨寒やラケットの音♭(フラット)に
ひろくん12さいのママ
梅雨寒や登山鉄道車庫にいる
ひろしげ12さい
梅雨寒や掃除忙しき古本屋
ひろ史
梅雨寒し八紘一宇の宮司の書
ひろ志
梅雨寒や抜け落ちた白髪の軽さ
ふあんた
梅雨寒や猫まんまより劣る飯
ブービー
親友という名の敵や梅雨寒し
ふくろう悠々
梅雨寒や肋骨浮きし猫の乳房
ふわり子
梅雨寒や叱責こびりついたまま
ぺた
梅雨寒やバードケトルの湯気歌ふ
ほしのあお
梅雨寒の処置室をギプスカッター
ほしの有紀
梅雨寒や鉄塔鈍色に伸びたり
ほのぼぉの@蚊帳のなか
梅雨寒やにぶく光れる阿弥陀仏
ほろよい
梅雨寒を古るる捜索チラシかな
マーフィー
梅雨寒や蛇の目の下の角隠し
まきぢ
蜘蛛の巣や蜘蛛だけがいて梅雨寒し
マツイミキロウ8191
梅雨寒しくるぶし上のゴムのあと
マムシ銀行
梅雨寒の火照りのなかのひとりかな
まるちゃん2323
「白鯨」の船長だった梅雨寒の夜
みー
梅雨寒やスパイス香るマサラチャイ
ミセス水玉
溶け残る粉末ジュース梅雨寒し
みつれしずく
梅雨寒や一円合わぬ決算書
みどりがめ
梅雨寒の今朝も目が合うポメラニアン
みなも
梅雨寒やサッチモのジャズのやうなパン
みのる
頭骨のこつと鳴る音梅雨寒し
みやかわけい子
梅雨寒や遺影の写真撮りました
み藻砂
野良猫の目の中に海梅雨寒し
みやこわすれ
梅雨寒の墨の匂いは畳に溜まる
むらぴ
梅雨寒やハローワークの認定日
めしめし
受診票照らす寝間の灯梅雨寒し
もせきのこ
梅雨寒をいささか更けているミシン
モッツァレラえのくし
梅雨寒や弦ゆるみたるマンドリン
もりたきみ
梅雨寒や立って裸足の仁王像
やっせん坊
梅雨寒の赤きネオンや歌舞伎町
ヤッチー
梅雨寒のむらさきっぽいいろのみず
ゆうら(3才)
梅雨寒の昏き仄日父眠る
ゆき達磨
梅雨寒や一年ぶりの薬売り
らびっと
梅雨寒の潜水艦のような家
りんたろう
両端の切れるテレビや梅雨寒し
る・こんと
梅雨寒は銀の菌糸のはかりごと
るりぼうし
梅雨寒やジュラ紀の層にたがね打つ
るるの父
梅雨寒や高速の下のリフティング
れい
数学は先生が嫌梅雨寒し
ローストビーフ
梅雨寒の名古屋の空は四角かな
ロクヨン
梅雨寒し玄米飯の咀嚼音
ロベリスク
書き終えた履歴書白し梅雨寒し
ワイズ万太郎
点滴をのぼるわが血や梅雨寒し
わこたんのまま
旧館へ渡る段差や梅雨寒し
わらび一斗
梅雨寒の不漁や熱き中華蕎麦
亜音洲
梅雨寒や子のかさぶたの数の報告
阿山季思
文鎮に指紋の二つ梅雨寒し
引き揚げし砲身黒く梅雨寒し
安芸彦
梅雨寒のバスは月曜日の匂ひ
安宅麻由子
梅雨寒やペットボトルの水重く
安溶二
梅雨寒し主婦と書きたき職業欄
伊奈川富真乃
薬待つ心はほかに梅雨寒し
位相朗
ジョギングに堆肥の匂ひ梅雨寒し
一井蝸牛
梅雨寒のショーウィンドウマネキン解体
一斤染乃
梅雨寒や鏡に映る白き髪
一走人
梅雨寒の寒さ夜尿二回分
一茶お
梅雨寒の匂いはモツの煮込みから
一日一笑
梅雨寒や天守閣から城下町
右田俊郎
梅雨寒や旋盤飛ばす火花あを
宇雁卯香子
梅雨寒や蜘蛛吐く糸の地に至る
雨霧彦@木ノ芽
梅雨寒や去年の今日の日記繰る
卯年のふみ
梅雨寒や乙巳の変の皇子の太刀
浦野幸一
ロボットの淹れるコーヒー梅雨寒し
影山らてん
梅雨寒の血液検査の針の先
映千
変な虫死して艶あり梅雨寒し
永久
梅雨寒や漆喰の龍塒巻く
詠頃
梅雨寒や歪な銀河の端にいて
越智敦子
梅雨寒に来し手紙「髪切りました」
猿猴川のドブネズミ
轟音はドクターヘリか梅雨寒し
塩の司厨長
梅雨寒や明日から借りてくる不安
奥野悦穂
レントゲンの昏き光や梅雨寒し
押川紫宗
梅雨寒や厚紙はさむ椅子の脚
加能あさふろ
梅雨寒や夕陽の覗く外厠
加和 志真
梅雨寒の階段軋まぬように降り
夏 湖乃
ポケットに探す小銭や梅雨寒し
夏柿
コーヒー豆に注ぐ細き湯梅雨寒し
河原つばめ
梅雨寒や水の底には音がない
河本かおり
梅雨寒や胃の腑のなかの真水かな
花屋英利
梅雨寒の落下してゆく生卵
花咲明日香
つれなきはクラブのジャック梅雨寒し
花伝
ゴム長に昨日の泥や梅雨寒し
花南天anne
梅雨寒のカルピス喉を通らない
花紋
社会的距離梅雨寒の摩天楼
我省
梅雨寒や鏡の部屋のダンサー達
雅な童
梅雨寒や爪に桃色丹念に
雅喜
梅雨寒やハンドクリーム茜色
海老
生憎と豆腐しか無く梅雨寒し
灰色狼
梅雨寒や鸚哥を飼うを思案中
絵十
梅雨寒や服片付かぬ部屋で寝る
笠原 理香
新聞にくるむ臓物梅雨寒し
樫の木
梅雨寒はいつも箪笥の奥に着く
葛城広光
梅雨寒の雑踏に他人の空似
葛谷猫日和
ペコちゃんの目玉が動く梅雨の冷
瓦すずめ
梅雨寒やスパイス強めのチャイの湯気
干しのいも子
パソコンに話す会議や梅雨寒し
幹弘
梅雨寒やカルピスゼリー仏壇に
間仁田彩
梅雨寒のすりガラス野良猫の過ぐ
閑茶
梅雨寒をひとりスキャット響かない
岩のじ
がんがらんシャッター揺らす梅雨寒よ
喜多野羆
梅雨寒や渋谷暗渠へ溜まる黙
喜奈子
梅雨寒やポケットに去年のレシート
幾太波末
駅からはずうっと下り梅雨寒し
亀山酔田
梅雨寒や朽ちずに丸き石の椅子
亀田荒太
梅雨寒や羊羹のしつとりと照る
菊川和奏
硬式のボール磨きや梅雨寒し
菊池洋勝
梅雨寒やサッシのとづる音微か
吉田海音
梅雨寒や大きテンペラ画の食堂
久留里61
梅雨寒のミッフィー手術をしてあげる
宮永沙織
梅雨寒や朽ち果てるまで部屋にゐる
宮坂変哲
ひと回り十五歩の部屋梅雨寒し
宮本象三
豆乳の膜張る時間梅雨寒し
宮﨑紅清
軒先の鳩の古巣や梅雨寒し
弓女
梅雨寒やはくりと割れる琥珀糖
梅雨寒やほどく羽織の朱の裏地
玉響雷子
梅雨寒や樋口一葉あせし札
金治宜子
梅雨寒し去年の遺書を書き直す
吟  梵
梅雨寒や道路に摩擦するタイヤ
銀之助
梅雨寒や盲導犬のいない町
駒斗
梅雨寒や独居ばかりの旧街道
空想婆
梅雨寒やハローワークに三時間
熊縫まゆベア
梅雨寒やミサの無き聖堂の床
桑島幹
梅雨さむや砂浜均す重機音
君島笑夢
梅雨寒や切れ長の眼の銅版画
薫夏
梅雨寒の夜やからす座など見上ぐ
渓湖
梅雨寒や温泉街に拉麺屋
月の砂漠★★
梅雨寒や廊下に楽器ごとの円
月青草青
梅雨寒や囲碁打つ祖父のコルセット
月野ひとみ
梅雨寒や老人ホームの落語会
元喜@木ノ芽
梅雨寒や烏襲いし小鳥の巣
戸海倫
貸し傘の骨の曲がりや梅雨寒し
戸部紅屑
下糸の奥の絡まり梅雨寒し
胡麻栞
梅雨寒や奥の箱からバーバリー
光風
梅雨寒の式典村に赤き橋
光本弥観
梅雨寒やパチンコ玉は山盛りに
光友
梅雨寒しクレヨンの白よごれけり
幸の実
梅雨寒や朝刊に弁明の顔
江戸川青風
梅雨寒ししばらくながめ齧るピザ
香野さとみZ
梅雨寒し厨に空の弁当箱
香壺
梅雨寒や化石と同じ色のソファ
高野きぬ
梅雨寒や戦後の母は蔓を食ひ
克巳@夜のサングラス
専門家ずらり並んで梅雨寒し
国代鶏侍
梅雨寒や小窓くもれる給湯器
黒子
梅雨寒の注文のない料理店
今野浮儚
リカちやんのスカート脱がせ梅雨寒し
根本葉音@花芭蕉句会
梅雨寒や逆剥けを噛んでしまつた
佐々木ふく
梅雨寒の赤い点滴数へけり
佐藤志祐
非透過性納体袋梅雨寒し
佐藤儒艮
梅雨寒や初めて擦った燐寸の香
沙那夏
水底にとどまる魚や梅雨寒し
在 芽里子
低き空梅雨寒を染むボブ・ディラン
桜日出郎
梅雨寒や駄菓子屋の戸に夕陽見ゆ
雑草おばさん
梅雨寒やオープントゥの青い爪
三ツ藤康子
梅雨寒開催贋作限定骨董店
三浦にゃじろう
梅雨寒の三和土にハーレーダビットソン
三重丸
梅雨寒の水溶液理論とずれ
三重真浪
梅雨寒や警察署から問い合わせ
三重野とりとり
梅雨寒や草結びする恐山
三水(さんすい)
梅雨寒やなんのかんのとピザ提げて
三泊みなと
梅雨寒や山路の花は白ばかり
三輪多美子
豊葦原や令和二年梅雨寒し
三毳
グリコで3段差は縮まらず梅雨寒し
山くじら
まぶたを載せて梅雨寒のひざを抱く
山田喜則
梅雨寒やこきりと鳴れる指の骨
山内彩月
梅雨寒や傘の向こうに遠き恋
山野はな
梅雨寒や吾の遺影を選び置く
四丁目
梅雨寒や墓石の天辺に鴉
始の子
梅雨寒や推敲に間引きし語、語、語
志保川有
梅雨冷え 字足らずにくるしじまかな
氏家つかえ
梅雨寒の秘色のインク澱みをる
鹿本てん点
梅雨寒のラクダの睫毛なほ甘し
七瀬ゆきこ
梅雨寒や遠嶺の色の萎えて富士
篠田ピンク
「さぼるのはいや」と言へずに梅雨寒し
柴原明人
梅雨寒や父は土方でありました
斜楽
芳しき柔軟剤や梅雨寒し
朱夏A
梅雨寒はホラー漫画の匂いして
朱海 祥
梅雨寒や履きつぶしたるハイヒール
秋熊
梅雨寒の管理組合役員選
秋月なおと
梅雨寒や夫の名前で届く本
住吉 敦子
梅雨寒や糺の杜は海の底
春野いちご
本棚の三島に埃梅雨寒し
諸塚凡志
梅雨寒や藁に玉子の三つ五つ
勝野綾子
梅雨寒や子宮の中に光無く
小鞠
梅雨寒や口内炎の二個三個
小笹いのり
見飽きたる求人票や梅雨寒し
小山晃
梅雨寒や深夜を転ぶはつか飴
小春
梅雨寒やされるがままの猫の耳
小川野棕櫚
梅雨寒や滲む井桁の伊予絣
小倉あんこ
梅雨寒やジャングルジムにロープはる
小梅
梅雨寒や吾の澱食らふ獣を待つ
小椋チル
梅雨寒や仏器磨きの報恩日
小野みっちゃん
ミュウミュウと獏啼く闇や梅雨寒し
小野更紗
ずっと残響体育館の梅雨寒
庄司直也
梅雨寒や炒飯食えば殻を噛む
松井くろ
足袋炙る久女や梅雨寒の朝
松岡杜棋
梅雨寒や真直ぐに来たる銀不成
松山
梅雨寒やガードレールの真新し
松山めゐ
梅雨寒の手首にやつれ測る汝
松田てぃ
梅雨寒や親爺に聞かれし我が名前
湘輝
梅雨寒や戸棚の何処に小豆缶
笑酔
マリーンブーツ逆さに振つて梅雨の冷
上泉呑海
梅雨寒や家を出ぬ夜の救急車
新開ちえ
梅雨寒の常に目が合う仁王像
新蕎麦句会・凪太
梅雨寒し本番前の控え室
新見遊子
梅雨寒や薬袋張りを無くしおり
森の水車
梅雨寒やレシピどこかで間違へた
森一平
梅雨寒やルーペをあてる請求書
真宮マミ
梅雨寒しエラーが続く血圧計
真珠星倫世
折鶴に目をせがまれて梅雨寒し
真繍
梅雨寒や圧力鍋の笛の音
真心素秋
梅雨寒のもやしぽそぽそ湯がくかな
神山刻
梅雨寒や朱雀門より客の群
水夢
梅雨寒や利休の井戸はビルの横
水無月
梅雨寒や角の破れし世界地図
水野結雅
梅雨寒や夜もカレーが待っていた
粋田化石
烏骨鶏鳴くのは日暮れ梅雨寒し
杉浦夏甫
梅雨寒や散髪後の首まわり
杉尾芭蕉
梅雨寒の深夜便から「Let・it・be」
是空
梅雨寒や人妻といるかずら橋
晴海南風@木の芽
梅雨寒や高層ビルの影重し
清白真冬
梅雨寒やうどんを啜る道の駅
誠馬
梅雨寒の穴の開きたる肌着かな
青柿
梅雨寒や猫左眼に物貰い
青柘榴
公園のピンクの河馬や梅雨寒し
石井茶爺
梅雨寒や楊枝三本塩瓶に
石岡女依
梅雨寒や期限まぢかのビスコ缶
石田将仁
梅雨寒や義父は田に水入れ過ぎる
雪華きなこ
梅雨寒や「温めて食べて」の走り書き
千恵
布越しの鉗子の音や梅雨寒し
千条之御息所
ふっと寄るだけの教会梅雨寒し
千葉信子
街頭にひとり演説梅雨寒し
占新戸
梅雨寒や花のくさめの聞く如し
想予
梅雨寒やここにあそこにつくもがみ
蒼空蒼子
梅雨寒や釦ホールのほつれ糸
蒼奏
一円玉踏まれ続けて梅雨寒し
蒼鳩 薫
梅雨寒のベンチやぽつと鳩の糞
村上 無有
梅雨寒や日比谷に叫ぶ学生ら
村上yamada
梅雨寒の窓に火輪を描く子かな
村上右佐
この花の青を梅雨寒色とせり
多々良海月
新駅の明朝体や梅雨寒し
大西蜜柑@山手線の新駅「高輪ゲートウェイ」
梅雨寒や階段好きの猫跨ぐ
大和田美信
梅雨寒し恋を怠けて半世紀
谷口詠美
梅雨寒や軍港に佇つ赤煉瓦
丹耶
梅雨寒を行けば献体供養塔
箪笥
梅雨寒の空にフランス色の傘
知子
梅雨寒やマーマレードは発光す
知念帆意
梅雨寒や蘇生しないに打つレ点
知無須園
梅雨寒の飼い犬は草叢を見据え
地球人
梅雨寒や破船をあらふ白き波
池田郁英
梅雨寒や流しに干からぶティーバッグ
痴陶人
梅雨寒や健診結果に要治療
竹さ
熱き血は梅雨寒に触れ錆びていく
竹の子
梅雨寒やたたけば直る古時計
中村 邑
梅雨寒や防災無線「詐欺注意」
中村すじこ
梅雨寒しオカリナの音にビブラート
中村水音
梅雨寒し象舎の子像の目の小さき
宙のふう
猫位置の天気図により梅雨寒です
衷子
梅雨寒のどれも針めく手術器具
長谷川凜太郎
梅雨寒や具足らずの饂飩を一気
長田写々
梅雨寒に酌むや縄文人の宿
津軽まつ
梅雨寒の啄木若し二十六
津軽わさお
嬰児のこぶしに血色梅雨寒し
辻が花
梅雨寒に人よひとひと月の石
鶴屋桃福
梅雨寒の足を触られ心電図
定規(じょうぎ)
梅雨寒の六弦静かアルペジオ
天陽ゆう
梅雨寒や誕生石はターコイズ
田村美穂
梅雨寒しルンバの通った床の艶
田辺 ふみ
梅雨寒や英語教師のr音
斗三木童
胃カメラの存外太きかな梅雨寒
渡野しえん太
梅雨寒や濡れ縁の夫(つま)爪を切り
渡邉くるり
梅雨寒やペーシュカショーロの牙折れた
都月郁陽
萩焼のでこぼこ梅雨寒の茶寮
嶋田奈緒
梅雨寒や銀の指抜き曇りたり
東京堕天使
真夜に覚め障子明るし梅雨寒し
東谷正清
梅雨寒や母の爪切る音高く
桃泉
追いつけぬドラマの字幕梅雨寒し
藤ちゃん
梅雨寒のB定食のもつ煮かな
藤色葉菜
梅雨寒や猪鹿蝶の部屋饐える
藤鷹圓哉
梅雨寒のプラレール単三がない
藤田ゆきまち
梅雨寒や微笑みつづける石仏
藤田康子
梅雨寒やあやかし譚を読み耽る
梅雨寒やポストに故人宛て封書
瞳子
梅雨寒や背中合わせで数独す
徳本あつ
梅雨寒や生酒は少し甘くなる
独星
梅雨寒の足の小指を探しけり
尼島里志
梅雨寒やプテラノドンの骨細し
日下まひろ
狛犬の口はへの字や梅雨寒し
日出時計
梅雨寒や昨日の残りの塩にぎり
猫ふぐ
梅雨寒やみなし仮設のドア軋む
猫楽
梅雨寒やハローワークのパイプ椅子
能登あつし
梅雨寒の肺の出し切る星の水
播磨陽子
梅雨寒や深爪のまた薬指
馬祥
梅雨寒の抽斗に入れないボク
背馬
梅雨寒の膝のギターのアルペジオ
秤防人
絶望のほうがまし梅雨寒のゼライス溶かす
白居千夜
梅雨寒や迷いインコのビラに雨
白藍こはく
終業の告知A4梅雨寒し
麦吉
梅雨寒や煙りて探る火吹き竹
畑山六十二
梅雨寒や潰れし碑文解読す
半熟赤茄子
梅雨寒しプラネタリウムに億の星
樋口滑瓢
梅雨寒や派閥の出来る放課後なり
美翠
梅雨寒や箪笥に銀の涙壺
柊 月子
疼きにも満ち欠けありて梅雨寒し
百合乃
真鍮の曇るドアノブ梅雨寒し
富山の露玉
梅雨寒の太鼓の革の湿りたる
富山湾
鰐の口めきて梅雨寒の投函
武井かま猫
水枕換ふる水憂し寒き梅雨
風慈音
梅雨寒や夜汽車の窓の貌となる
風紋
梅雨寒や男無言の喫煙所
文月さな女
梅雨寒やシマフクロウの調査小屋
文女
梅雨寒し筧糸引く真夜の星
呆爺
神木の虚に鬼寝て梅雨寒し
朋知
梅雨寒や合掌造り田に揺らぐ
梅雨寒の入りこんでる三面鏡
角砂糖とろりと沈む梅雨寒し
蜂里ななつ
梅雨寒の軒先しづかに動く蛇動く蛇
豊田すばる
じゃん拳で決める買出し梅雨寒し
望月ゆう
梅雨寒に伯母見舞う馴染なき駅
北川蒼鴉
梅雨寒や買い物カゴへピロエース
北村 崇雄
梅雨寒や耳にしみこむ海のいろ
睦月
五階会議室梅雨寒のスクリーン
妹のりこ
梅雨寒のトイレの赤い造花匂う
抹茶金魚
梅雨寒し東京タワー蒼ざめて
万喜ミツル
梅雨寒や音楽室のホ短調
岬りこ
仏壇の金のくもりや梅雨寒し
眠 睡花
梅雨寒の中にいる紅色の傘
眠井遠雷
広告の裏は真っ白梅雨寒し
夢堂
梅雨寒や運針さなかの針折れて
茂る
梅雨寒し五百羅漢の顔へ雨
妄 児
梅雨寒や思ひ出削る肥後守
木寺 仙游
梅雨寒やうどんのだしのよくかほる
木染湧水
虫たちと雨やどりする梅雨さむし
野の花さな(8才)
みしみしと前屈の骨梅雨寒し
野ばら
梅雨寒や明日の天気を当てる膝
野地垂木
梅雨寒や第6弦の振動
野辺よし女
梅雨寒や庭にインコのお墓あり
野本 踊
梅雨寒し膝傷沁みるオロナイン
野々りんどう
抱卵の鶏の熱さや梅雨寒し
矢的@第二まる安
梅雨寒や風呂の種火の青く揺れ
柳児
梅雨寒や顔盥とはもう死語か
薮久美子
梅雨寒し鳥こゑだけの医学棟
由づる
梅雨寒の廊下みどりのリノリウム
由空
梅雨寒やロイヤルミルクティーに膜
遊飛@蚊帳のなか
梅雨寒や廃校銅像薪背負い
余熱
梅雨寒やチャットで某の訃報知る
遥明
梅雨寒のワンルーム荷はあと三箱
陽気姫
古武士めく父はリハビリ梅雨寒し
梅雨寒や前世は娼婦名は胡蝶
理酔
梅雨寒やアルバムやけに匂ふ夜
立石神流
新車から電子音声梅雨寒し
琉璃
梅雨冷や羽織に妣の香の微か
留野ばあば
梅雨寒が届くゼムクリップの錆
隆月
吸殻の積もる灰皿梅雨寒し
竜胆
梅雨寒や前の住人の文鎮
竜田側
梅雨寒や薬代わりのカンロ飴
瑠璃茉莉
旧姓に戻る紙切れ梅雨寒し
令ちゃん@埼玉
梅雨寒や書斎の窓を青き鮫
鈴木麗門
かりかりと歯を削る音梅雨寒し
麗し
梅雨寒し駅に眼鏡の落とし物
露草乃
病の母入れる梅雨寒のベトナム珈琲
浪人生
恐竜の揃はぬ骨や梅雨寒し
老人日記
梅雨寒や家系図半畳はぎ取りぬ
和鹿島
梅雨寒ややがてひとりになるふたり
和泉穣
点滴につながれ眠る梅雨寒し
丼上秋葵
梅雨寒に邪鬼像湿る多宝塔
攝津の嫗
梅雨寒の小指の爪の人見知り
梅雨寒の書架思想が俯いてゐる
靫草子
梅雨寒やすれ違う目のがらんどう
梅雨寒やバスドラ漏れる赤信号
28あずきち@バスドラとはバスドラムの略で低音のドラムの事です。
梅雨寒や黴のにほひの手風琴
獺八(うそはち)
梅雨寒や老舗酒造の通し土間
聰子
マイセンの白磁の青や梅雨寒し
脩斎@105さい
梅雨寒の神宮ポン菓子の破裂
芍薬
大皿は北斎の青梅雨寒し
茫々
梅雨寒の月単身のカップ麺
萬代草舟
梅雨寒や銀のスプーンくぐもれる
蓼科川奈
紙パンツしとどに重く梅雨寒し
蘂六
梅雨寒や人妻として人に逢ふ
藪椿

並

梅雨寒やLine飲み会バイク会
Benじい@#バイク 先日実施しました(^^)vが終わった後が少し虚しい
梅雨寒や湯気まで楽しい珈琲
のりた
梅雨寒の墓前供花の葉ピンと張る
わかこ
梅雨寒のおもさ大福ふたつ分
糸川ラッコ
梅雨寒し椅子が背負うランドセル
林 和寿
雨垂れの集まり落ちぬ梅雨寒し
haruwo
梅雨寒や砂文字はいま波に消されて
Aoyama Risa
ぬれ縁にみひらく猫や梅雨寒し
aya
閑散とシャッター通り梅雨寒し
KKK
パソコンも部屋の片隅梅雨寒し
kuri
革命のエチュード出だし梅雨寒し
Q&A
巣ごもりの独り紅さす梅雨寒し
sol
梅雨寒の霧島遥か湯割りかな
Sweet Taxi Driver @「霧島」はダブルミーニングです。
梅雨寒やのれん窮屈さうに曲ぐ
TAKO焼子
梅雨寒の街始発前のたぬきそば
wolf626
梅雨寒の乳房は熟れて母を成し
yoko
写真立ての中は梅雨寒の空だ
あーすススメ
梅雨寒やうどんぬくめて曇る窓
アーナンダ
梅雨寒や病後の母の七分粥
アイゴー
検査慣れ目の梗塞は梅雨寒や
アオキシゲル
梅雨寒やホットミルク顔緩む
アオハル
梅雨寒や送った菓子に不満の娘
アガニョーク
梅雨寒し明日着るつもりシャツ洗う
あきみ
梅雨寒や化粧途中に友の来て
あさり
梅雨寒や手ぶり鼻うた微醺と月
あすか
梅雨寒や残り物です鍋囲む
あすなろ
梅雨寒や骨身に滲みる山陰地方
あつこっとん
梅雨寒にタイ米多き茶碗かな
アマリリスと夢
梅雨寒や薄きコーヒー飲み干すなり
あらら
梅雨寒や灯火ふたつ揺らめきて
アルプスの俳人
梅雨寒や胡坐の中の喉鳴らし
あわの花水木
梅雨寒や塩分控えて漬けてみる
いかすみ
梅雨寒にどこでもドアを開く夢
いく葉
梅雨寒のテレワーク独り咳き込む
いたまきし
梅雨寒やサムゲタン摂る昼ごはん
いと茶
ちぐはぐに着ても声なし梅雨寒や
イナケン
気が付けば釦ちぐはぐ梅雨寒し
いまいやすのり
新居浜の輪郭おぼろ梅雨寒よ
いむら堅
梅雨寒やホットサンドの具はSPAM
いろはニホ
梅雨寒や煮え立たされて朝餉の湯
うに
寝床から押し入れ見やる梅雨寒し
うみ
梅雨寒や写真の整理はかどらず
うらら恵子
梅雨寒や面会謝絶母寂し
えび天
梅雨寒も犬の寝息の心地よき
えみあみこ
遺作かな小筆折る母梅雨寒し
オアズマン
梅雨寒や温泉宿で長湯治
オイラー
あとでねと花壇は梅雨寒水浸し
おおそとガリコ
梅雨寒や今日の日記は12文字
おきいふ
梅雨寒し声を聴きたき人もなし
おくにち木実
梅雨寒の曇天遊ぶ鴉かな
おけら
梅雨寒やねぼけたままの日曜日
おすし
梅雨寒や郵便受けに督促状
おたまじゃくし
梅雨寒に足らぬ袖口七分丈
おちゃ
梅雨寒の海は鈍色船点々
おちゃうけ
亡き父のカーディガン羽織ってみる梅雨寒
おやま文枝
梅雨寒にしましまうまうまバー買ふ
オリゼ
梅雨寒や初乳と従姉妹知らぬ吾子
おんちゃん。@白吟句会
梅雨寒に濡れた木の葉も道迷う
お調子亭ノリ太郎
梅雨寒や重りのやうな腕と脚
ガオガオ
待合のテレビは小声梅雨寒し
カオス
夜もすがら老犬抱いて梅雨寒し
かこ
梅雨寒やポトフ一品足す夕餉
かざばな
梅雨寒や敷布乱るる昼下がり
がじゅまる
梅雨寒や無人でまはる観覧車
かすみそう
梅雨寒や我が子の墓に妻と我
かずや
梅雨寒の砂場に埋まる招き猫
かたちゃん@いつき組広ブロ俳句部
梅雨寒の学び舎時は止まりけり
カタツムリ
梅雨寒や傘の高跳棒で跳ぶ
かたな
梅雨寒や増える薬と腕の傷
カヅラ梅
梅雨寒の庭の木立の息静か
かなこ
マスク無き顔は裸よ梅雨寒や
かなず
シャッターの廃業告知梅雨寒し
かめのべ
梅雨寒に肩で風きる我家かな
カモメ
梅雨寒やくれない映ゆる萬翠荘
カワセミ
買い物は十分で終ふ梅雨寒し
かをり
街は梅雨寒モンゴロイドヘイト
カンガルーのしっぽ@モンゴロイドは黄色人種、蒙古人種の意で使いました。 その他の呼称には、コーカソイド(白人)、ネグロイド(黒人)など。 コロナ禍下のヘイトで買い物もビクビクしています。
梅雨寒しネット画面に小さき母
キートスばんじょうし
独り言増える在宅梅雨寒し
キイロイトリ
ゆるり帆を降ろし梅雨寒缶珈琲
ギコ
梅雨寒やライン電話の弾む声
きさらぎ
梅雨寒や酒飲み猫と話しする
きっちゃん
梅雨寒し右中指欠けたネイル
きのした 小町
マンションに堂鳩の声や梅雨寒し
きのと
うつむいて考える人梅雨寒し
きょうや
梅雨寒や動画に孫の顰め面
キョンちゃん
梅雨寒や傘が無くとも行かなくちゃ
きんえんくん
梅雨寒や財布が一厘薄くなる
クウシンサイ
梅雨寒やマウスパットに触れる手が
くめ仙人
佐渡島の梅雨寒先のビール瓶
クラムチャウダー
梅雨寒や締切のばせぬ表現者
ぐりえぶらん
梅雨寒や中間色の人ばかり
けいママ
梅雨寒し足音ひたと回廊に
けら
梅雨寒に音軋む車庫昇降機
こうせん
梅雨寒やなかなか来ないバスまちて
こうちゃんおくさん
待ちぼうけホームのベンチ梅雨寒し
こう司
梅雨寒やふるえあたたか新生児
コキア
梅雨寒や自粛生活ヒロシです
コケデカ
梅雨寒肉球をしっかり拭いてね
ココダン
梅雨寒や街頭ビジョンの黙
こつき
梅雨寒や岡本太郎の塔恋し
こてつ川
梅雨寒や利休鼠に沈む池
コナラ
梅雨寒や遮光カーテン閉めたまま
こぶこ
梅雨寒の斥力として薩摩琵琶
ゴマ四郎
梅雨寒も換毛の毛も煩わし
こんじゃのよしこ
梅雨寒や鳥肌そっと隠しをり
こんどうちひろ
寝返を数えるばかり梅雨寒し
さくみ
梅雨寒やテレビゲームに連敗中
さくやこのはな
梅雨寒のきみの指には絆創膏
さこ
梅雨寒に期待するなり終息を
ささき良月
梅雨寒や若竹色のカーディガン
ささくれ
梅雨寒はフルーツゼリーの透き間から
さだとみゆみこ
梅雨寒や傘傘傘のぬれねずみ
さとうくにお
梅雨寒や老猫が息丸まりて
さとし
梅雨寒き触感はホチキスの針
さばちー
梅雨寒や書きかけの便箋の湿り
さんさん珊瑚
梅雨寒やジューとアイロン蒸気吐く
しー子
梅雨寒や干潟で探す海ソーメン
しおかぜ
田の神さあ畦にぽつりと梅雨寒し
しげる@田の神さあ(たのかんさあ)は鹿児島県や宮崎県南部の農業神です。彩色されたり表情もそれぞれ豊かな石像で 鹿児島の友人に何度も連れていってもらいました。とても親しみのある石像ですよ***
梅雨寒く三帖一間の下宿かな
しげ爺
梅雨寒の夜更けの薄墨は薄し
ししまる
迷ひつつ捨てしアルバム梅雨寒し
しつじのMay
梅雨寒に中年の足は固まりぬ
ジミーあゆみ
梅雨寒し縁の剥げたる味噌汁碗
しみみ
梅雨寒に鈍色の空三重奏
しもさん
砂山の赤いスコップ梅雨寒し
じゃらんじゃらん
御朱印の墨の滲みや梅雨寒し
しゅういずみ
父の忌を忘れて三日梅雨寒し
しゅうふう
梅雨寒や新一年生送り出し
じゅんじゅん
梅雨寒やミニバスの客我一人
しゅんぷう
梅雨寒や三代寄りてバーベキュー
しゅんらん
過去帳の文字の擦れて梅雨寒し
じょいふるとしちゃん
梅雨寒や黒き郵便配達車
シラクサ
梅雨寒やドゥブロヴニクに憩うねこ
しる
梅雨寒が肌をとがらせ目をつむる
しろい湯気
梅雨寒やコロナ嫌って毛布だし
シロクマ太郎
梅雨寒の夜に田を見回る数珠の糸
じん
梅雨寒の浮き瞬きに何故沈む
しんまいじいさん
靴下の右側ばかり梅雨寒し
ず☆我夢@木ノ芽
梅雨寒に震えているか幸福の木
すおみ
梅雨寒や果てなき天の謀
スサトヨ
梅雨寒や等圧線を書く私
すず女
梅雨寒や靴下重ね小径ゆく
スマホ優
梅雨寒やビルの谷間の石畳
せいじ
梅雨寒を舞妓の白き襟が行く
せいち
梅雨寒や隠れ家のアンネを想う
せつこ
梅雨寒に層雲の湧く箱根みち
せっちゃん
梅雨寒にもみじおろしを使い切る
せんべい
梅雨寒や差し延べられし手を握る
そうま純香
転勤の話は消へて梅雨寒し
そめやまさみ
空見上げ紺色のシャツ梅雨寒と
それぞれのしあわせ
今日もまたあなたに会えない梅雨寒
そん
待ちわびし便り届かず梅雨寒し
ダイアナ
梅雨寒や寝癖を直す片想い
たいき
梅雨寒や無言で座る斜め向かい
たくばしょう
梅雨寒や日雇いバイト最終日
たくや
梅雨寒に啜るミルクティー甘く
たけうち晴美
梅雨寒にこれくらいはと伊達男
たけし
梅雨寒や線路かたこと列車見ゆ
だけわらび
梅雨寒やビニールハウス薄曇り
ダリア
梅雨寒の夜背後に安全太郎
たるみ
キャンセルの大安吉日梅雨寒し
たんくろう
帰宅して足はシワシワ梅雨寒し
ダンサーU-KI
梅雨寒や車椅子押す老介護
たんちゃん
梅雨寒や自分で作る晩の飯
たん造
家捨てし子の足音や梅雨寒し
ちあき
梅雨寒し遠くのおとうと便りなし
ちえぴー
梅雨寒や掛け声響く武道場
ちか丸
梅雨寒の港の汽笛重き空
ちばくん
ほっとする梅雨寒来たり温暖化
チャールズ
梅雨寒や入浴剤は透きとほる
ちょろたこいん
休校の体育館や梅雨寒し
つつ井つつ
梅雨寒や小雨の中の墓じまい
つつ井つつ夫
振り返る誰もおらぬよ梅雨寒し
ツユマメ@いつき組広ブロ俳句部
梅雨寒やバジルの香る冷蔵庫
ヅラじゃない
梅雨寒や庭に転がる草履履き
つわきの嫁
ポスト鳴る切手はがれて梅雨寒の日
ティアラ文緒
黙念と鏡面磨く梅雨寒し
ティーダ
ペナントの跡の白さや梅雨寒し
でぷちゃん
梅雨寒や拍車のかかる無駄遣ひ
てまり
梅雨寒やあの旅客機の悩む様
テラダスオウ
梅雨寒や薬缶置きたるガスコンロ
でんきゅう
梅雨寒やボンネットバスと水溜り
ときめき人
梅雨寒や飯盛山の自刃の場
ときわ露草
梅雨寒やここよ膝よとねこを呼ぶ
どくろく
梅雨寒ややせ我慢の人ぞおかしき
としこ
ため息はよれたマニキュア梅雨寒し
とみことみ
湿り戻す種々干しや梅雨寒よ
ともかわすてむ
梅雨寒や白黒傘の見へ隠れ
ともけん
梅雨寒の畳に声の沈みゆく
とも子
梅雨寒や飛ばぬ飛行機並び居り
とんとん
梅雨寒やしずくまみれのドアミラー
絵はがきのシャガールの馬梅雨寒し
なかの花梨
梅雨寒の雲の隙間に青い星
なきうさぎ
梅雨寒し今朝も遺影に愚痴並べ
なごやいろり
梅雨寒や巣から落ちたる鴉の子
なすの花
梅雨寒や空調の音駒の音
なつぽよ
梅雨寒や子宮筋腫を身籠れり
なつめモコ
読み返すハードカバーや梅雨寒し
ななえ
明日は梅雨寒吾の予報士は痛む膝
ななしのかかし
梅雨寒や愛した猫が死にました
にいやのる
行く当ても梅雨寒きまま雨宿り
ニコチン大王
梅雨寒や飛鳥の里は静まりて
ニッシャン
梅雨寒に靴下探す指の穴
にゃんみー
梅雨寒や静けさ積もる交差点
ねぎみそ
梅雨寒しこびといそうな杜の中
ねこじゃらし
梅雨寒や寒天培地のコロニー
ねもじ
梅雨寒やばね指撓りをさまりぬ
のぶ子
梅雨寒に不貞寝決め込む孤族なる
のぼさん
恐ろしいほど手を洗い梅雨寒を
のもとみな
梅雨寒や校庭(にわ)のミサンガ土色に
のりりん
梅雨寒や島へ緊急高速艇
バーバラ
梅雨寒や軍手が一つ道示す
パクヒロ
梅雨寒や味噌汁今朝はいりこ出汁
はじめ
梅雨寒のタクシー止める手の遅し
バス待ち人
梅雨寒のイスタンブールで迷いけり
はち えいと
航空機の轟音近し梅雨寒し
ハチ太郎
容赦なき嫁の断捨離梅雨寒し
パッキンマン
梅雨寒やちびりちびりと独り酒
はな
無症状感染者なのか梅雨寒
はなだんな
梅雨寒やパッチワークの布選び
はなちゃちゃ
果てのなき籠りの街や梅雨寒し
ははろ
梅雨寒や授業動画の板書の音
はまち
梅雨寒やレインコートの防護服
はまゆう
梅雨寒や傘のすき間に陽をさがし
はらこ
梅雨寒や灸の跡残る合谷
ハルノ花柊
梅雨寒や百のパン乗せ学校へ
はるや
梅雨寒やマスクで眼鏡倍曇る
ばんどうまーぴー
梅雨寒や伸びぬ膝もて徘徊す
は志むら
梅雨寒や就寝前の薬用酒
ピーター
悪天一ヶ月あしたも梅雨寒の予感
ビール星人
梅雨寒の一人居残る男子寮
ひだ岩魚
梅雨寒しレントゲンには白き影
ひともじ
梅雨寒の鼠の街に堕ちる音
ひびの侘助
梅雨寒や寝息ふたつのハーモニー
ヒマラヤで平謝り
梅雨寒にエアコンの除湿緩めけり
ひよとり
梅雨寒や不意に取り出すレンガ本
ひろきち
梅雨寒に傘をすぼめて早歩き
ひろのじょう
梅雨寒は緑柱石のため息か
ふあり光
梅雨寒の関東人の部屋片す
ふーじー
梅雨寒の布団の脇に方丈記
ふうせんかずら
仕舞い忘れのヒーター崇むる梅雨寒
フェアリー
梅雨寒や毬栗頭の上の湯気
ふぇるま
熱燗が旨い屋台で梅雨寒
ふくうめ
梅雨寒のせんたくもののひんやりと
ふくろう
梅雨寒の朝ふじ色の手帳買ふ
ふさこ
鉛筆を立ててころがし梅雨さむし
ふじさん
梅雨寒を踏みしめて行くホームレス
ふじのん
閉めをくは秘めごとに以て梅雨寒むし
ふじ江
わたあめのような層雲梅雨寒や
ふたあい
梅雨寒やピアノの跡の白き丸
ふっこ
日矢差して梅雨寒の空針運ぶ
ふみ
梅雨寒や出番待つてる青いシャツ
ふみちゃん
梅雨寒や方針決まらぬウェブ会議
ペトロア
梅雨寒に靴下取り出しどうしようか
ほうすい
梅雨寒や振り子時計と雨音と
ぼたにこ
梅雨寒や化粧直しの肌の色
ぼたんぴ
梅雨寒やまぶたの裏のひまわり畑
ぽぷり
そうかしら嗚呼そうか梅雨寒に
ポンキング
梅雨寒や三人だけの家族葬
ぽんたちん
順調に進む老化や梅雨寒し
ポンタロウ
梅雨寒に己が輪郭吸いとられ
ぽんのじょう
梅雨寒や缶切り探す午前四時
ぽんぽこぴーな
梅雨寒やゆっくり満る猜疑心
マキコ
押入れに母の遺品や梅雨寒し
まぐのりあ@蚊帳のなか
梅雨寒やほのかにぬくい蛍石
まこ@いつき組広ブロ俳句部@蛍石=フローライトという天然石
梅雨寒や相合傘で触れた肩
まさ
梅雨寒や人には言へぬ絵空事
まつだまゆ
梅雨寒しこたつなき部屋素足の子
まつやま孝子
梅雨寒や相合傘の肩がふれ
まにあ
梅雨寒や親子の傘が前を行く
まぬう
部屋干しのシャツと共存す梅雨寒の日
まみのすけ
梅雨寒や懐も待つ晴れ間かな
マユミ
梅雨寒の水跳ねておりふくらはぎ
マユミの実
青痣を忘れて歩く梅雨寒や
まりちゃ
診療所を閉づまゝ梅雨寒の海
まるかじり
梅雨寒の静脈透けた手の握手
まるひるま
梅雨寒や遊ぶ子どもは半袖だ
マロン
梅雨寒やコロッケ頬ばり見上ぐ空
みえ
梅雨寒の膨らんでゐる古雑誌
みくにく
梅雨寒し女医が温める聴診器
みずの風華
梅雨寒や太陽風は今静か
ミセウ愛
梅雨寒や手摺の欲しき一の宮
みどり
梅雨寒やまた動かせる弥次郎兵衛
ミユキ
梅雨寒や逢瀬の後の独り風呂
みょん
梅雨寒や介護施設はうっそりと
むげつ空
梅雨寒や 犬の散歩と子等の声
むさかず
梅雨寒や歩幅僅かに縮みおり
むじーじ
梅雨寒の草に隠るる野の仏
むにむにちゃん
梅雨寒や手持ちぶたさのバンホーテン
むべ
梅雨寒や最終バスの明かり待つ
むらたふみ
梅雨寒やセーラー服の重き襟
めりっさ
梅雨寒や離婚届に滲む朱
める
梅雨寒や先行く人の轍かな
もとこ
梅雨寒や渡り廊下の床きしむ
ももたもも
雲の間のにぶき星影梅雨寒し
もりお
梅雨寒に始業の鐘鳴れば倫敦
もんちゃん
梅雨寒や書きかけ手紙破り捨て
やっせんぼ
図書館の返却ポスト梅雨寒し
ヤマボー
梅雨寒し雨音数えて自粛する
やまやま
梅雨寒のコインランドリー愛想無し
ゆあな
梅雨寒や暖色系の服選び
ゆぃ
真新し半そで制服梅雨寒や
ゆこげん
梅雨寒や膝関節の独り言
ゆふ葉
梅雨寒や砂壁に咲くゴッホの絵
ゆみづき
梅雨寒やドリップ見つめ思惟す朝
よう
梅雨寒に震える花冠のいじらしさ
よーきー
梅雨寒やテイクアウトのアーケード
ヨシケン
梅雨寒に差し置く離婚訴状かな
よしざね弓
梅雨寒にラジオを軽く点けてみる
よだきんぼ
梅雨寒も揚がる魚体の腹膨れ
よひら
梅雨寒し湖に消えゆく山の鐘
よぶこどり
証明の誤り気づく梅雨寒し
らくさい
梅雨寒にぐいぐい家路子犬かな
ラランジャ
梅雨寒や重き命のトリアージ
リカ
梅雨寒やヨガのポーズで息を吸ふ
りこ
梅雨寒の八百八段登りきる
リバティーさん
梅雨寒の夜に迷子猫さがす声
りら
ジャズ聞いて昔を想う梅雨寒や
りんごのほっぺ
梅雨寒や音なふ風はピアニシモ
るびちゅ
梅雨寒や明日のことは明日決める
るみ
サーカス小屋の嘶く馬や梅雨寒し
れっどべりー
梅雨寒やスーパーレジにアクリル板
れんげ畑
池の主甲羅干したる梅雨寒よ
ろん
梅雨寒や形見となりし腕時計
わたりどり
梅雨寒や隣のカレー香り立つ
わつきさんご
梅雨寒を気にしてしまうストーブかな
わわ
梅雨寒や鳥静かなる鈴ヶ森
をぎやかなた
梅雨寒に愛兎の健康チェックする
亜久琵
梅雨寒や登校の列粛々と
阿波豊
梅雨寒や桐のタンスのあつた場所
阿野 瑠
梅雨寒やクラムチャウダー二杯注ぐ
愛棄丸
梅雨寒を歩くや西の正倉院
葵新吾
梅雨寒や新宿アパート四畳半
悪七兵衛
梅雨寒や馬手に湯たんぽ弓手に歩
安芸子守熊
梅雨寒に友との別れ名を呼べり
安笑
梅雨寒や初合宿の巡航船
安田信洲
梅雨寒の玄関見慣れぬ靴ふたつ
案山子
梅雨寒や溜息色の養命酒
杏と優
梅雨寒やおろちの如き飛行機音
伊沢華純
命日の読経の畳梅雨寒し
伊藤はな
出る妻に投函たのむ梅雨寒し
伊藤欣次
梅雨寒や真夜中に入る露天風呂
伊藤善隆
梅雨寒嬉しつなぐ手は温かし
伊豆子
梅雨寒や湯屋の花壇の極彩色
伊予吟会 心嵐
梅雨寒や薄墨つけて古今集
位子
梅雨寒や熱き茶を買い出張す
井田みち
梅雨寒や弘法水は生温い
育由
梅雨寒や奥の細道ひとり旅
一の介
梅雨寒の狐の嫁入り天気雨
一碁一会
廃仏の首筋の傷梅雨の冷え
一幸
ネオン濡れ梅雨寒赤い傘ぽつり
一止
梅雨寒し温泉入りにごり酒
一周
山鳩の細き鳴き声梅雨寒し
一純。
梅雨寒やころころ変わる師の話
一人静
梅雨寒や予定未達の腕まくり
一生のふさく
梅雨寒や上衣はどれか靴はどれ
一太郎ラン坊
梅雨寒や見上ぐ橙色の雲
一呆堂
梅雨寒や雀の声の荒い朝
壱太
玄関に空の犬小屋梅雨寒し
稲垣由貴
梅雨寒を跨ぐ種牡馬の蹄かな
宇田建
梅雨寒や室内干しのシャツ赤し
烏兎
梅雨寒のしかもゴーストタウンめき
羽沖
梅雨寒に恋しく思う鍋奉行
雨井杏子
梅雨寒や子の肩を抱く母の指
雨音
三箇月ラジオに語る梅雨寒し
閏 務 (うるうつとむ)
梅雨寒やワイングラスに角氷
永想
梅雨寒や異世界誘う万華鏡
英与
梅雨寒や長袖探す出かけ前
詠野孔球
梅雨寒に憂鬱顔の人多し
越仙
梅雨寒しあばら長屋の雨音に
梅雨寒に我儘猫が寄ってくる
奥ノ木 蛍子
梅雨寒や五間の竿を磨く笑み
奥山凜堂
梅雨寒にじっと空みる野良の猫
横じいじ
梅雨寒や水面で笑う逆さ虹
岡田信幸
梅雨寒の部屋に居座る金曜日
温湿布
盧遮那仏に両手合はせる梅雨寒し
音 のあ子
梅雨寒や被る布団に雨響く
音和
スティホーム梅雨寒覆い街沈む
下村ひじり
梅雨寒や長き廊下の床きしむ
佳月
梅雨寒にベンチに忘る棘ホツリ
佳子
梅雨寒や公益質屋に人の波
加賀もずく
季違いの羽織恋しき梅雨寒し
加世堂魯幸
梅雨寒や互いに距離を測らせて
加茂 亘
白マスク梅雨寒の空仰ぎ見る
加容
梅雨寒や遊んでばかりじやつまらない
嘉門生造
梅雨寒や餌持つ蟻の細き腕
夏綱
教会にピエタほの白く梅雨寒し
花おうち
梅雨寒にドリップ跳ねし琥珀の球
花衣
梅雨寒やスリッパ洗ってみたものの
花結い
梅雨寒にカレーことこと煮込む午後
花実人生
梅雨寒や二度間違えるパスワード
花菖蒲
梅雨寒や右足首のサポーター
花節湖
梅雨寒の空をゆっくり観覧車
茄子紺
梅雨寒や残り一個のドロップ缶
茄子美
梅雨寒に喧嘩終わりの小さき毛布
華らんまま
アルバイト解雇通知や梅雨寒し
蛾触
梅雨寒や思ひ返して言しまふ
賀代
梅雨寒が世界を覆う一人食
雅鬼
梅雨寒の伝へ来るかな衣裾
雅由
雨滴響く暗がり一人梅雨寒
会 里糸
梅雨寒の地球岬と濡れた友
梅雨寒の美術館サティーの薫り
海葡萄
点滴の液黄色くて梅雨寒し
海峯竜寿
梅雨寒に出掛けぬ訳を押し付ける
海野しりとり
梅雨寒の紅茶洗濯機は回る
海野碧
梅雨寒やボタン電池の行方不明
海老名吟
梅雨寒や電子社会の無数の目
灰田《蜻蛉切》兵庫
梅雨寒や言葉の棘の突き刺さる
貝花
同窓の御芽出度梅雨寒を凌ぐ
角俳
梅雨寒や低音寄りに三味響く
叶田屋
梅雨寒や法灯よぎる人の影
寒国
梅雨寒や色よき返事待ち惚け
勘太郎
梅雨寒の京の竹林人も無く
甘泉
梅雨寒や朝の光の痩せて見え
甘平
梅雨寒の十一時才能ほしい
丸山隆子
採血の手に蒸しタオル梅雨寒し
岸 れん
梅雨寒やジグソーパズル角探し
岸 来夢
梅雨寒や膝までの草雫おび
企鵝
梅雨寒や煙りて見ゆる天守閣
喜多輝女
パズルして抹茶香る梅雨寒の夜
希平
梅雨寒や役にたつとはものぐさが
気がつけばカンレキ
梅雨寒の昼寝亡母に逢えそうで
季切少楽@いつき組広ブロ俳句部
梅雨寒の教会の鐘凛とせし
紀杏里
梅雨寒や賞与額には物申す
トトロ差す小さき傘や梅雨寒し
貴桜李
梅雨寒や校舎に子どもはいるだろか
貴茂菫
梅雨寒や目を伏せ歩く顔ばかり
軌一
梅雨寒や青椒肉絲食べ放題
輝峰亭
梅雨寒や右肩疼く二連投
輝棒
梅雨寒や手に消しゴムの温みをり
亀の
梅雨寒し窓曇らせし京の宿
亀田勝則
梅雨冷えや曇りガラスの防護服
吉 や
梅雨寒やデスクに置かれた薄いお茶
吉井いくえ
オホーツク生まれなんだね梅雨冷よ
吉村よし生
梅雨寒や祖母の三味線弾かぬ訳
吉野川
かたくなに蕾ほどかぬ梅雨の冷
桔梗
梅雨寒や取り合いになるメンチカツ
杵築きい
空見上げ恵と思う梅雨寒に
丘 るみこ
梅雨寒の歪に微笑ふモナリザ像
丘山水羊@●微笑ふは「わらう」
梅雨寒し靴下重ねラジオかな
久素木葉子
梅雨寒にフォションのジャムをかぶりつく
久鍋得利子
梅雨寒し市内電車は空の箱
久美
梅雨寒やまだ捨てられぬ母子手帳
宮永 風太
梅雨寒しメール未読のままの恋
宮永風太
梅雨寒にゐるみちのくの炬燵なり
宮間ミヤマ
梅雨寒の地下の沸騰リンダリンダ
宮坂暢介
梅雨寒や布団冷たき尾瀬の小屋
宮写楽
梅雨寒の心もとなき膝小僧
宮田和可子
梅雨寒の雨に打たれし駐車場
宮島 ひでき
梅雨寒や庭の草木の沈む朝
球子
梅雨寒の自己紹介ズームなる
京あられ
梅雨寒に折り皺目立つ上着着る
京丸
毎年の事と分かりて梅雨寒く
京女
梅雨寒や襟立て降りるエレベーター
玉井瑞月
梅雨寒しレインコートは水の色
玉井令子
梅雨寒や終活の手にアルバムが
玉悦
梅雨寒や断捨離せむと腰は上げたが
玉京
梅雨寒し抱卵親の無事なるや
玉治
梅雨寒やテレビ会議は淡々と
玉繭
梅雨寒や錆こびりつく廃線路
金目銀目猫
抱き寄せる犬の匂いに梅雨寒し
銀命堂
梅雨寒し給付申請響く世か
句詩呼
梅雨寒や除菌シートに指荒れて
空 春翔
梅雨寒や一息つきて独房で
薫風
梅雨寒や墨絵ぼかしの駅に降り
敬之
梅雨寒や塵一つなき母の部屋
桂奈
梅雨寒やトランプの箱くたびれて
渓水
言い勝ってもやもや残る梅雨寒し
渓翠@青東高
梅雨寒にボクサーパンツ陳列す
渓雪
梅雨寒し京都に人が見えぬとは
畦のすみれ
梅雨寒や路上ライブのしゃがれ声
月影の桃
梅雨寒の駅に迎えの車列波
月影ミウ
梅雨寒しすうっと吸われし睡眠に
月見草
梅雨寒や全て稼働の乾燥機
月城花風
梅雨寒や段々畑を昇る雲
懸垂男
梅雨寒や絶交の友へメールす
犬井山羊
梅雨寒や時疫で手帳白くなり
犬散歩人
梅雨寒や栞はさみてミルクティー
犬塚たま
梅雨寒やタンブラーにはウイスキー
研知句詩@いつき組広ブロ俳句部
梅雨寒や近江牛すじカレー食ふ
湖雪
青銅の雀うつむく梅雨寒や
虎寝子
梅雨寒に散歩する音途絶えけり
吾亦紅
自販機のボタンみな青梅雨寒し
鯉女子
梅雨寒や家族の揃わぬ夕べかな
光観
梅雨寒や赤提灯の手酌酒
公機
梅雨寒のドアに貼られたALSOK
公木正
特養の白きシーツや梅雨寒し
好文木
田畑を越えて晩鐘梅雨の冷え
梅雨寒や明けない夜はあらぬかな
幸花うらら
梅雨寒や誰とも知れぬ通行人
幸久
梅雨寒や猫は特等席におり
江藤薫
梅雨寒に目で追う文字も上滑り
浩章
梅雨寒を焼酎湯割りでバッハ聴く
甲山
千ピースのジグソ-パズル梅雨寒し
紅さやか
梅雨寒やオープンカフェの整理券
紅すだれ
梅雨寒や樋リズム吐きテンポ変え
紅塩寝子
梅雨寒や去年とは違う古希の日よ
荒磯魚々
梅雨寒や郵便受けに死亡通知
香栄
梅雨寒や並べる枕今は亡く
高橋笑子
梅雨寒や殺陣師の技の冴えわたる
高橋冬扇
梅雨寒し「馬鹿」と吐かれた帰り道
高倉ちとさ
梅雨寒や冷たい妻の足を抱き
高田 仁和加
梅雨寒に血豆蓄えいざ行かん
高糖脂
梅雨寒の街やバンクシーのネズミ
豪七五
梅雨寒やインターホンに凄む猫
黒うさ狐
梅雨寒発進のエンジンの音
今井佳香
空梅雨梅雨寒寒古里里恋慕
今田 梨
研ぎ澄ます鎌梅雨寒の月となる
今田無明
バーチャルの水槽の泡梅雨冷ゆる
紺乃ひつじ
ペン回し上手き上司や梅雨寒し
佐々木のはら
ちぐはぐな服が目立って梅雨寒し
佐々木葉一
梅雨寒や大川端を過ぎし日々
佐山夕子
梅雨寒や自宅勤務の大欠伸
佐藤俊
梅雨寒と裏腹心暖かき
佐藤名桜
階段を駆け下り裾野梅雨寒し
佐藤明桜
梅雨寒や噴水ひとり友の逝く
沙無
梅雨寒や散歩の犬のしぼんだ毛
砂楽梨
梅雨寒のじっと見ている案山子かな
最中
梅雨寒し肉そば三振り唐辛子
細川小春
梅雨寒の葉裏に滴宇宙あり
細木さちこ
梅雨寒のピアノ譜裏で動く耳
榊裕江子
君が手の冷たきことよ梅雨寒し
咲耶とこ野@木ノ芽
梅雨寒や探す当てなき探し物
咲弥あさ奏
古書店の饐えたる匂ひ梅雨寒し
桜の翳
梅雨寒の川懸命にはぐれ鯉
桜姫5
梅雨寒や機嫌悪そな母の顔
桜木レイ
釣り人の珈琲香る梅雨寒し
笹弓
梅雨寒や踏み下ろす足もとに蟻
札六(関屋@和祝句会)
梅雨寒や車の音に木管の音(ね)
薩克期風
梅雨寒しお地蔵様に缶コーラ
三雲
梅雨寒やどこに落とした襟ボタン
三子
梅雨寒の郵便受けの納付書よ
三水低@第二まる安
山道のロッジや梅雨寒の夜更け
三大夜景
梅雨寒や帰り支度はまだ出来ぬ
傘踏弾正
梅雨寒や廃線レールに浮かぶ錆
山 叶
梅雨寒の日なか遺品を仕舞ひをり
山河穂香
梅雨寒や最終列車の客拾ふ
山帰来
梅雨寒に棺の中は暖かろ
山口雀昭
梅雨寒や味付け迷う六時半
山川真誠
梅雨寒にうたた寝肩を凝らしたり
山茶花静
梅雨寒の指グーグルの波に濡れ
山踏青時雨@山踏朝朗改め
梅雨寒や即席スープ発掘す
山乃火穂
こんにゃくをちぎり梅雨寒雲重し
山辺道児
梅雨寒や何もない日を明後日も
山本先生
梅雨寒や漢方薬の効果索く
山羊座の千賀子
梅雨寒の午後二杯目を白湯にする
山陽兵
梅雨寒に喉の奥震えず孤独
梅雨寒やカバンの底で本が濡れ
史季
梅雨寒やきりきり痛む手術痕
四緑
梅雨寒や踊り衣装を洗濯す
糸慌@木ノ芽
梅雨寒に釣り銭もらう手の温み
紙威
梅雨寒のソナタ父そっくりの手で
紙鍵盤
息あつし梅雨寒の闇ボード飛ぶ
紫雲英
梅雨寒や弦の切れたる竹刀措き
紫鋼
梅雨寒や愛犬撫でる夜が更ける
紫香菫
ルノワールの肌色やさし梅雨寒し
紫檀豆蔵
鳥の音のぴたりと止んだ梅雨寒に
紫蘭
梅雨寒や回覧板は秋行事
詩野風太
自販機のホット売り切れて梅雨寒
試行錯誤
暗がりに除湿器の声梅雨寒し
時化田白金
触る手に冷えた欄干梅雨寒さ
治もがり笛
梅雨寒の愛を知る苗育ちゆく
耳飾り
感染者数棒グラフ梅雨冷
鹿沼 湖@木ノ芽
梅雨寒の滝行撮影サスペンス
七生姫
巧言のくちびる寒し梅雨寒し
実花
梅雨寒を吸って子牛は鳴きにけり
縞午
梅雨寒や時短営業灯り消す
紗々
コピー機の甲高き音梅雨寒し
紗千子
雨はじく屋根も鈍色梅雨寒し
若葉猫
丸虫の足を数える梅雨寒夜
守安 雄介
梅雨寒にお茶と煎餅羊羹も
手荒れ
梅雨寒や鶏団子など拵える
朱久瑠
梅雨寒の古書店なれば憩ひけり
朱契
攻撃の猫間違える猫梅雨寒し
珠桜女絢未来
梅雨寒や踵を返す青二才
種種番外
梅雨寒にノボリはためく特売日
寿山
梅雨寒の蹴りやりし夜具引き寄せて
寿女
梅雨寒や人も草木も静まれり
寿摩子
葛根湯ウロウロ探す梅雨寒し
樹孝
梅雨寒の生簀の底に魚の鬱
樹朋
老犬に上着を掛ける梅雨の冷
宗本智之
梅雨寒や仕事帰りにたこ焼きを
秋から
梅雨寒や赤き上着の近衛兵
秋月
ベッドより見送る友の背梅雨寒し
秋月流音@木ノ芽
梅雨寒や音の欠けたるトイピアノ
秋原みかげ
梅雨寒の雲黒々と職探す
渋皮煮
梅雨寒や北アルプスの分水嶺
重翁
手旗振る警備員に礼梅雨寒し
塾志
梅雨寒し梁の交差す蔵の中
俊夫
梅雨寒にセーター袖出す行李かな
春果
大津絵の鬼のかっぽれ梅雨寒し
春川一彦
梅雨寒に営業成果あてもなく
春日
梅雨寒や恋の微熱にすり替わり
春爺
梅雨寒に雀静かに日差し待つ
春来 燕
門閉じた鎌倉の古寺梅雨寒し
春蘭素心
重ね着の色悩みける梅雨寒し
准壹
病院の深夜の廊下梅雨寒し
順女
梅雨寒も土鍋の棚に届かぬ手
宵待燈火
梅雨寒や歯医者の予約失念す
宵眞智
梅雨寒や病む古傷をいとほしむ
小橋春鳥
梅雨寒や添ひ臥し公卿の娘かな
小金 天気
サイレンの近所で止むや梅雨寒し
小石日和
梅雨寒やついこの前の服探す
小雪いつか
梅雨寒や手術の日なる誕生日
小川 都
梅雨寒に吾子の手足の温かさ
小塚 蒼野
梅雨寒も球児達の声枯れぬ
小夜
夜逃げする者の物買ふ梅雨寒し
小林弥彦
口紅を濃く引く女将梅雨寒し
承穂
梅雨寒や人肌の酒二合飲み
松ぼっくり
梅雨寒を猫は尻尾で訴える
松浦麗久
梅雨寒や添削済みの束抱え
松永裕歩
梅雨寒の胃に二の腕のやはらかし
松山のとまと
梅雨寒や香のけむりが仏壇に
松山女
梅雨寒やフォークギターはどこ行った
松端太郎
梅雨寒や土曜は夫の耳掃除
松茶 巴@プレバト木ノ芽
梅雨寒や背筋の伸びた銀髪婦
松本裕子
梅雨寒し怒れ若者怒れ俺
松野勉
独り夜に茶漬けすすりて梅雨寒し
焼饅頭
消えかけのセンターライン梅雨寒し
照波
テンキーを叩く半時梅雨寒し
笑松
梅雨寒や足先痺れ湯に浸かる
笑心
梅雨寒や塩せんべいも湿けて候
上原まり
梅雨寒や湯上がりの子を追ひかけし
上江洲 睦
梅雨寒は一級品の自己辯護
上市まさ
梅雨寒に途絶える声と絶えぬ音
上杉ニグセウ
梅雨寒の乗り場に通過列車かな
上津 力
梅雨寒や乙女の頃の懸想文
上津嘉子
梅雨寒や漬け込み酒に目がくらみ
常陸人
雨垂れが地球をうがつ梅雨寒し
植木照美
梅雨寒の薬缶に貰ふ温みかな
慎吾
梅雨寒も雀鳴く声変わりなく
慎乱
クリオネは天使にあらず梅雨寒し
新田 淑@狐狸山会
梅雨寒や小鳥が逃げた空の籠
新藤柑子
梅雨寒や外人の声遠ざかり
新濃 健
駅ピアノ梅雨寒の昼誰か弾く
新米笛
梅雨寒つかの間あおぐ葉にしずく
新陽
梅雨寒やのど飴三つ固まりて
森 毬藻
梅雨寒の朝三味線の三下り
森初音
梅雨寒や炊きこみご飯の湯気甘し
森中ことり
片付けた服を又出す梅雨寒や
森澤佳乃
窓越しのさよなら言うよ梅雨寒
深山 紫
梅雨寒や枯山水の砂の色
隧道の奥に光りし梅雨寒や
真喜王
君が香の残る上着や梅雨寒し
真咲よしの
梅雨冷えや身ふるわせて蝿の逝き
真土
梅雨寒やじゃがビー三箱ガリゴリり
真優航千のだけどね母
夫の腰揉む手に力梅雨寒し
真林
嘘をつく娘の唇梅雨寒や
神宮くみち
梅雨寒や龍のごと雲走りゆく
神山やすこ
積読の「津軽」手繰りぬ梅雨寒よ
仁葉
梅雨寒や禍の字は語尾に居すわれり
逗留舎なお
梅雨寒にあの人の名が出てこない
吹子
梅雨寒の朝に裸足のタップダンス
水無月
忘れ居し傷の疼きや梅雨寒し
数鉄砲
梅雨寒や砂糖多めのミルクティー
杉本とらを
傘の柄で呼び鈴押して梅雨寒し
雀虫
梅雨寒の水に隠るる苗太る
裾野51
梅雨寒や書留ですと配達夫
澄海
玻璃のあお聖母のマント梅雨寒し
瀬尾白果
梅雨寒やこころも固き通夜の刻
星加 鷹彦
梅雨寒に釣り糸煙る通り雨
星降松
梅雨寒の庭のコーヒーの苦み
星私
梅雨寒やしょったギター髪揺れる
星夢 光風
名も知らぬ鳥鳴き止まぬ梅雨寒し
星野美咲
梅雨寒や行くべき階を押し忘れ
晴好 雨独
梅雨寒や出口の狭き茶葉の缶
正山小種
疎開先知らぬ夜道の梅雨寒し
正子@いつき組
筆先の古りし紅筆梅雨寒し
正木羽後子
梅雨寒や祖母の腰痛灸すえる
清水 千種
梅雨寒しタイ風スープはふはふと
清水帰
梅雨寒に笑笑笑う友と談
清水千種
梅雨寒やランドリー三密のこゑ
生野薫
梅雨寒に空き缶つぶす音響き
聖一
梅雨寒や仮眠の妻に羽織かけ
聖橋
遠ざかるSLの音梅雨寒し
西山哲彦
梅雨寒や自粛の頃のシャツを出す
西田武
梅雨寒や母の逝きしは花の前
青雅
梅雨寒や机の上に単行本
青玄
積み置きてフレコンバック梅雨寒し
青山あじこ
ある目覚め寝床に未練梅雨寒し
青修
梅雨寒や肉やのコロッケ五個も買う
青泉
梅雨寒に曽遊の町なほ遠し
青田奈央
梅雨寒や烏の留まる木の雫
青木豊実
梅雨寒やラーメン求め長い列
青葉のぞみ
梅雨寒や鍾馗の札を西に貼る
青嵐
梅雨寒やコロナ禍の中足早に
静香
終電のプラットホーム梅雨寒し
石あい女
梅雨寒やちぐはぐな色身に纏ふ
石井せんすい
梅雨寒や黒き帽子に黒き傘
石崎京子
梅雨寒やよかつたことをあげてみる
石神湖畔
自粛せよは自粛にあらず梅雨寒し
石野上路無
かっぽう着きれば母に似梅雨寒し
千の葉
梅雨寒し天地の揺れに手を合わせ
千曜 桜
梅雨寒や肉まん一つくださいな
千葉時郎
梅雨寒や文箱に黄ばむ懸想文
千葉睦女
梅雨寒や順番のくる予感する
千里一歩
梅雨寒や隣家の声は遠ざかる
千仗千紘
眠る子を奪ひ合ふ夜や梅雨寒し
川越雷鳴
梅雨寒にぼそりと話す墓じまい
川岸輪子
杲杲な盛り場迷い梅雨寒し
川口みち
梅雨寒や前掛け濡しお地蔵さん
川崎 雪駄
梅雨寒や一銭洋食みやげ待ち
川西勝久
梅雨寒し陸奥の続く地震
川島 欣也
豆大福口惜しさ噛みしめ梅雨寒
川﨑鶴巻
梅雨寒やショール淡いナフタリンの匂い
浅河祥子
老いてなお梅雨寒に田を守りけり
浅見弓楽
梅雨寒やジェットコースターのごとき日足
洗 広大
梅雨寒や梅干ひとつ白湯に入れ
双月(そうげつ)
梅雨寒やいつもと違う散歩道
倉の人
コロナ禍と梅雨寒に立つ道祖神
相模の仙人
梅雨寒や疫神いだく蒼き星
梅雨寒や開けっ放しの衣装箱
蒼い朱鷺
息吹いて茶柱沈む梅雨寒し
蒼涯
梅雨寒も熱かと体温計る日々
蒼香
梅雨寒の雨ビの音の孤独かな
村崎 雫@雨ビ:新聞配達で雨の日に新聞を入れるビニールのこと
梅雨寒や突如動かぬ洗濯機
多喰身・デラックス
梅雨寒や盃ふたつ逝く友と
多聞仙
梅雨寒や雲の羽袖をうすき月
太子
梅雨寒やポッケに隠す火傷後
打楽器
梅雨寒や将棋の駒の音も鈍
駄口竹流
梅雨寒やカーデーガンをショーケース
泰乙女
梅雨寒の学び舎友の影疎ら
泰然
梅雨寒は釜揚げうどん今一度
大丸
平家谷宮に赤幣梅雨寒し
大村真仙
梅雨寒や失せ物またも一つ増ゆ
大谷如水
狼の舌梅雨寒の鹿の肉
大津美
梅雨寒や花束濡るるガードレール
大槻税悦
梅雨寒や令和二年を塗りつぶす
大福ママ
つけ汁を温め梅雨寒の昼餉
大佛清
梅雨寒や三毛猫奪い合う姉妹
鷹雪
梅雨寒やくるまり泥のごと眠る
鷹之朋輩
梅雨寒や一皮剥けしつらのかわ
沢瀉
また伸びし診察時刻梅雨寒し
達哉
梅雨寒の雑踏はモザイクに似て
脱 流民
百十円の百均の傘梅雨寒し
谷川の蛍子
梅雨寒や心ざわめき披露宴
谷田藪辛子
起きぬけのスマホぼやぼや梅雨寒し
丹下京子
玄関で履く靴下や梅雨寒し
知里
梅雨寒や人に教わりしこと僅か
地に根ざし陽に伸びる
梅雨寒や歩行訓練やりやすべ
池と堀
梅雨寒や辛き麻婆に悶絶す
池田香
梅雨寒や転院せがむ兄の居て
竹庵
梅雨寒やひとり籠りて髪を切る
竹春エリザベス
梅雨寒や戻る気はないと言う子
竹織
梅雨寒し無言で渡すお弁当
竹村マイ@蚊帳のなか
梅雨寒の波打ち際に青い犬
竹内みんて
梅雨寒や干物一汁1人膳
竹林
一人居は梅雨寒のごとし無返答
梅雨寒の二度寝決めこむシューベルト
茶々
梅雨寒や遅刻気かがり服選び
中井優希
梅雨寒や籠るほかなき老二人
中井笙石
梅雨寒や足を抱へて見るドラマ
中西柚子
梅雨寒に湯を足しつつの長湯かな
中村笙平
梅雨寒に丁稚羊羹マイ楊枝
中野風鈴
梅雨寒や客待つ狸に雨しとど
暢気
梅雨寒に濡れて光るや摩天楼
朝ぼらけ
梅雨寒や吾子らはおのおの寝ると言ふ
朝桜咲花
回覧板印鑑にじむ梅雨寒し
朝子
梅雨寒や小包ひとつ玄関に
潮入弥生
梅雨寒や横断歩道に傘並ぶ
長谷一諒
梅雨寒や腿に張り付く濡れズボン
長谷川ひろし
梅雨寒やボトルシップのある旅館
鳥羽南良
欠席を楕円で囲み梅雨寒し
直樹里
梅雨寒に釜の松風とどまりて
珍紛漢
梅雨寒のカレーライスは金曜日
津葦
梅雨寒や看護通いの地下通路
追師うさぎ
梅雨寒や変えて忘れるパスワード
鶴岡木葉
梅雨寒の缶ビール手に仲間たち
鶴田梅勝
梅雨寒や燈明と影共に消し
定吉
梅雨寒やつっかけ二つの侘び住まい
庭野ちぐさ
梅雨寒や深き眠りの深き夢
泥酔亭曜々
梅雨寒はキシリトールの甘さかな
泥塗れのポスト
梅雨寒の苗なお燻す不寝番
笛柾(ふえまさ)
梅雨寒の風に手向かえ吠える犬
天晴鈍ぞ孤
うつうつと梅雨寒のてふ手でつつみ
貼女(ちょうじょ)
半袖の赤も沈んで今朝の梅雨寒
殿さまペンギン
梅雨寒の一人カラオケ佳境なり
田中ようちゃん
真夜中の既読の三文字梅雨寒し
田中勲
梅雨寒や老舗定食屋のチラシ
田中舵郎
新たな友も出来ず梅雨寒過ごす
田中面倒太
梅雨寒やテレビ会議は淡々と
田邉真舟
実習の辛さ身に沁む梅雨寒よ
徒然のひろ
梅雨寒や無頼気取りて畦を行く
杜まお実
梅雨寒し今日明日へと齢の身
都花
薄布団を膝に韓ドラ梅雨寒し
都乃あざみ
梅雨寒の今日はすき焼き復活し
都忘れ
梅雨寒か味噌汁に豚入れてくれ
土王
干し竿に滴が光る梅雨寒
土屋 木漏れ日
空爆のごと梅雨寒の夜の救急車
土田耕平
梅雨寒の便器に胃液ばかり吐く
冬木ささめ
梅雨寒にバターの溶けたトースト食う
島村福太郎
梅雨寒や木小屋に古き藁の笠
東山
梅雨寒もコロナ消えつつ人あふれ
東児
梅雨寒の匂い微かに目を覚ます
桃花
梅雨寒し穴の開きたる世界地図
桃香
梅雨寒やいずれの象も絵の具あお
桃蓮まらん
君を待つ窓拭ひつつ梅雨寒し
桃和
梅雨寒の呑気横丁抜けられます
当卯
梅雨寒や曇りし窓に書く名前
藤すみ
梅雨寒に羽織一枚あらまほし
藤井天晴
膝上に猫一匹の梅雨寒夜
藤原訓子
アルバムは心写さず梅雨寒し
藤源卿
梅雨寒し約束違え自己嫌悪
藤倉密子
捲る袖直して梅雨の寒さかな
藤堂星羅
梅雨寒や頁めくりし手に栞
藤野あき
梅雨寒やファイナリストのなまあくび
豆闌
梅雨寒のやせ我慢かな白い服
陶豪
梅雨寒やせめて自筆で閉店と
陶然
梅雨寒にシンギングボウル響きけり
童好@シンギングボウルの音は、ヒーリング効果がある
梅雨寒や青いベストは年季物
銅鑼の音
梅雨寒や電話健診長く待つ
徳永 北道
梅雨寒や単身赴任の独り言
毒林檎
梅雨寒やコンクリートの蓋暗渠
豚ごりら
梅雨寒や長靴に穴あいており
奈於美
梅雨寒や閉店間際のおでん屋へ
那須いづみ
梅雨寒や茶室の畳青さまし
那須の田舎者
梅雨寒や既読にならぬ五文字あり
那津
梅雨寒や暗き雲間の月を待つ
南 風
梅雨寒やバスケットボール消毒す
南行
梅雨寒や広告の品売り切れて
南風紫蘭@木ノ芽
遺されて尚梅雨寒の祖母の庭
肉野州民菜
梅雨寒や最終公演のチケット
日々樹 愛(ひびき めご)
鏧一打深く一礼梅雨寒し
日本酒
梅雨寒や水の分子の分解し
入口弘徳
梅雨寒に傘忘れたとふれる肩
如庵
梅雨寒に雨読のページ指馴染む
如月菜乃花
梅雨寒しひとり暮らしの大宇宙
忍冬
トラックの牛と目の合う梅雨寒し
猫渓
梅雨寒や視界の歪む母の文字
猫舌扁平足
梅雨寒や暖房便座にの目盛り
乃良
梅雨寒や佳境で入るコマーシャル
濃イ薄イ
梅雨寒を並んで歩くため息と
覇識
梅雨寒や自販機で買いワンカップ
波音
地球儀は新コロナ色梅雨寒し
馬場馬子
梅雨寒はチワワ抱えて丸くなる
馬門宗太
梅雨寒や博物館は休館中
俳菜裕子
梅雨寒や空にいらだつ冷蔵庫
梅木若葉
梅雨寒の景色を余所にWeb面接
這う這うの鯛ぇ
赤ちょうちん梅雨寒の町明あかと
博さん
梅雨寒や酸素ボンベを引いてをり
白井百合子
梅雨寒やゾルビデムはオレンジ色
白傘
梅雨寒に湯気香り立つアーケード
白山
梅雨寒や大型犬のような夫
白瀬いりこ
梅雨寒や胎児のごとく眠りたり
白木小鳩
梅雨寒や薔薇の棘には毒あるや
白薔薇
梅雨寒や焼いて食おうか握り飯
薄安
梅雨寒や焙煎の火の黒々し
迫 久鯨
梅雨寒し打ち棄てらるるショベルカー
梅雨寒や鉄橋渡る風重し
畑 詩音
梅雨寒や煉瓦重なるピザの窯
八幡風花
梅雨寒の蛇口より落つ宵の黙
飯村祐知子
梅雨寒やにゆうめんてふ手あつたのか
比良山
お風呂場に下水の臭い梅雨寒し
尾張の黒うさぎ
劇場を一人で外へ梅雨寒し
尾東志郞
梅雨寒にパジャマのゴムを入れ直す
美音
梅雨寒や窓に豆苗くび曲げる
美年
コロナ禍に人恋しくて梅雨寒し
美保
梅雨寒や診察を待つ椅子硬し
桧木もり
パリ行きの機体がキラリ梅雨寒し
百隠
梅雨寒のあぶれし手にて茶を淹れよ
百草千樹Z
梅雨寒や生命の熱は六度五分
漂碌魂 ひいろみ
朝練のキャッチボールや梅雨寒し
浜高邦人
梅雨寒やほめられて来た下校の子
不利を
梅雨寒し名残の蕊も黄泉の国
富樫 幹
梅雨寒く洗濯の泡縮こまる
富士 遊歩@ありす句会
梅雨寒やバス隊形に並ぶ朝
富田朗
梅雨寒にさらりと羽織るピンク色
負荒れ
梅雨寒や薄いスカート若き人
舞妓はん
梅雨寒や母の一言飾りなし
風花まゆみ
梅雨寒や空がまとまり降りてくる
風間 昭彦
梅雨寒や夜更けのコンロ炎揺れ
風由花
梅雨寒やライオン子産み新舎なる
服部勝枝
梅雨寒や単調過ぎる水琴窟
文芸サロン
やっと慣れ欠伸ひとつす梅雨寒に
文月栞
身震いし梅雨寒の朝一巻きす
丙午
梅雨寒も大鍋に肉足してをり
平松洋子
梅雨寒やポーカーフェイス貫いて
片栗子
つゆざむや負けつづけるのはいつも吾
勉邪明
梅雨寒し日曜の夜だからなお
弁女
梅雨寒に病原菌の街しずか
峰江
湯の岩に虫も動かず梅雨寒や
放蕩
梅雨寒しレコ-ド廻す独り居よ
放浪
梅雨寒に拾い見詰める虫の斑
方寸
梅雨寒に蛹羽化せず果つるかな
邦生
梅雨寒やししむらゆるむ便座温
梅雨寒しピアフ流るる純喫茶
房菓
梅雨寒や色広がらぬ水彩画
北の山猫
梅雨寒や臥せる白鷺動かざる
北の星
梅雨寒しビリケンさんの入院や
北摂美美
梅雨寒の胸に三色ボールペン
北大路京介
梅雨寒や薄毛の人とすれ違ふ
睦月くらげ
梅雨寒のシーツの湿り許さざる
堀口房水
梅雨寒へ陽を呼ぶ騎士のほどく髪
本村なつみ
梅雨寒やかぼそき声の迷ひ猫
凡々人
梅雨寒や吾縮まりて草は伸ふ伸ひ
麻野文江
梅雨寒や長き説法もてあます
麻呂助
梅雨晴れや昨日のことは過ぎしこと
抹 香
梅雨寒や混んだ車内に柔軟剤
慢鱚
車イス遺る梅雨寒の廊下に
満る
梅雨寒の立つ茶柱や薄茶かな
妙光@木の芽
梅雨寒の鉄道員の姿勢よさ
眠兎
梅雨寒のカフェ3杯目の珈琲
無苦路
梅雨寒と晴れ待ちわびる童たち
矛々
鼻腔を拭ふ滅菌スワブ梅雨寒し
椋本望生
梅雨寒や省察すべきズーノシス
明惟久里
軒下に鳴く猫の子ら梅雨寒し
明石焼穴子
梅雨寒や昨日の気温さがす朝
明明
梅雨寒や週末のコインランドリー
木乃伊
梅雨寒しあたたかきは赤子の手
紋舞蘭
梅雨寒や仕舞ひし背広探す朝
野の花 倖菜
梅雨寒やようかん照らす銀の紙
野山遊
梅雨寒に吾が手や添える君の肩
野中泰風
梅雨寒に不老不死の湯黄金咲く
野々原ラピ
梅雨寒や妙に踏切多い道
野良古
梅雨寒やビニール傘の骨の艶
弥日
梅雨寒の見世や禿は絵描き歌
矢橋
梅雨寒の鏡のやうな尾瀬の池
薮内椿
梅雨寒しカーラー巻いて明日結婚式
勇進丸さっこ
梅雨寒やコロナ禍続く列島に
有田みかん
梅雨寒君と離れた一ヶ月
柚原結女
梅雨寒のアスピリン錠てのひらに
柚木みゆき
梅雨寒に鄕の納戸の箪笥捨て
柚和
梅雨寒や吾子がんばれとお腹見つ
由女
梅雨寒し夫重ね着し一日過ぐ
由並っ子
梅雨寒や濡れたる壁のバンクシー
遊亀
梅雨寒の水割り腹に沁みにけり
遊亀子
梅雨寒や痛む古傷六十年
遊泉
梅雨寒や琴糸重き音色かな
雄咲(ゆうしょう)
梅雨寒にカントの書物閉じたまま
与六
梅雨寒やどうぞこのまま口ずさむ
葉っぱのようこ
梅雨寒やほうじ茶の湯を急かす朝
葉るみ
眠りたる猫を抱えて梅雨寒し
葉月けゐ
梅雨寒やジグソーパズルは佳境なり
葉月のりりん
母逝きし朝の景色や梅雨寒し
葉子 A
梅雨寒し午後は至福のレモネード
遥 みしょ
梅雨寒や雲間の太陽白々と
遥風
梅雨寒や胸におさめる赤子の手
陽広
梅雨寒の安全光に己が影
欲句歩
梅雨寒に雨粒残る独居の窓
羅蒐
梅雨寒や祖母の揺り椅子ぐうと鳴る
羅馬巴里
梅雨寒の石段くわばら二寧坂
羅風音
梅雨寒し風呂で抱きをる膝小僧
落葉勝山
梅雨寒に鳴く紙詰まりエラー音
藍時 湘
梅雨寒や真夜中走る救急車
藍植生
梅雨寒や在来線の音憎し
蘭子
梅雨寒を知る銀山の出口かな
裏山小虫
梅雨寒し汁もういっぺん温めり
里之照日日
梅雨寒し島の学校迷路かな
里甫
梅雨寒や夜更けのジャズに温まれり
立歩
梅雨寒の学路駆け抜く傘の黄々
流雨
梅雨寒の水を替へなむ墓湯呑み
流士
梅雨寒やそれもまた良し露天風呂
流鏑馬
梅雨寒や犬一震い玉しぶき
隆松
オンライン稽古音声ずれて梅雨寒
遼子規
梅雨寒にネイルぬくまる猫の腹
林檎嬢
梅雨寒が幕間を演じ再出発
令雅
梅雨寒をピチャンピチャンと踏み歩く
玲香
独り居の昼の昏さや梅雨寒し
玲子
梅雨寒し添い寝の犬は毛布取る
鈴村智美
煙突の高さ日本三位の梅雨寒し
鈴廣
梅雨冷えや小銭集めて買うものは
蓮花麻耶
梅雨寒に鉢の水遣り忘れけり
六々庵
濡れずある葉に熱ほのか梅雨寒し
和季
梅雨寒や行方知れずの七ページ
和光
梅雨寒や富士の見へない富士見坂
和利
梅雨寒や今日もインコが鳴いている
梅雨寒や手のひら二つ見つめをり
國本秀山
梅雨寒やどの名湯を選ぼうか
巫女
梅雨寒やこんな時こそ愛歌へ
戌の箸置
梅雨寒や橙色のバスソルト
戌亥
明日は晴れ梅雨寒に独りごちてゐる
梅雨寒や転勤先のドア重し
櫻庭詩想
梅雨寒の墨絵のごとく滲む空
泗水
梅雨寒の町に防災アナウンス
淺野紫桜
山背とは梅雨寒なりや狸ならず
眞熊
呼吸器のアラーム鳴るや梅雨寒の
祺埜 箕來
梅雨寒にマネキンの目は遠方に
笙女
梅雨寒し手話早すぎて読み取れず
綉綉
梅雨寒や休息万病早口に
萬太郎
門燈の早目に点る梅雨寒し
蓼蟲
梅雨寒やベッドシーツの皺ひとつ
霖之助
鴉さえ子の死に哭くに梅雨寒し
颯(はやて)
梅雨寒や十本書いた数直線
颯萬
梅雨寒の地べたにスマホ夢中なり
梅雨寒し湿る二人と四畳半
鵺野純

ページの先頭