俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 梅雨寒

第242回 2020年4月16日週の兼題

梅雨寒

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句

よしあきくん一期一会の一句!

 「いで湯と城と文学のまち・松山」を応援するのが、それがしの務め。本サイトを応援することも我が喜びにござる。そして、我が座右の銘は「一期一会」。我が心に怒濤の感動を呼び起こす一期一会の一句、今週もドドドーン!とご紹介いたしますぞ!
 以下、●が皆さんからの投稿。○が拙者のコメントでござる。

◆よしあきベストセレクション
第10位
梅雨寒やステイホームをエンジョイす HARUKO
○HARUKO殿、よしあきくんでございまする。さようでございまするな。梅雨寒殿にもホームステイ殿にも楽しむということでございまするな。

梅雨寒でしろたんむぎゅっ夫とね sugarlily
●お部屋で雨音を聞きながら、夫と大好きなたてごとあざらしのぬいぐるみ、しろたんをむぎゅーと抱く幸せな気持ちを読みました。/sugarlily
○sugarlily殿、むぎゅっでございまするな。夫殿とでございまするな。拙者も、むぎゅっとしたいのでございまする。

第9位
コロナ寒終息願う梅雨寒頃 ばんびぃむーん
●緊急事態宣言が延期になり、毎日心が寒い毎日。梅雨の頃には治って欲しいという願いを込めてよみました。/ばんびぃむーん
○ばんびぃむーん殿、さようでございまするな。拙者も、コロナ殿にお願いしたいのでございまする。

コロナ失業懐中寒し梅雨寒 あみだじじい
○あみだじじい殿、それはたいへんでございまする。拙者も応援するのでございまする。

梅雨寒に力をためて打ち勝つぞ えみ柴
●コロナゆえ自粛で外出をひかえているので、生活をみなおしているところです。/えみ柴
○えみ柴殿、さようでございまするとも。打ち勝つのでございまするとも。拙者も、えいえいおー!でございまするとも。

梅雨寒はコロナの嫌いな季節かも 筋肉男
●そう願っています。/筋肉男
○筋肉男殿、さようでございまするな。コロナ殿にお願いするのでございまするな。

梅雨寒やコロナ恐怖の長引けり 高津喜久子
●長引くコロナ禍と寒さの恐怖を詠みました。/高津喜久子
○高津喜久子殿、コロナ殿には退散いただくお願いをするのでございまする。拙者も、もっとお願いするのでございまする。

梅雨寒やコロナの後は新世界 三寺ひろみ
○三寺ひろみ殿、新世界殿でございまするな。コロナ殿は、ご遠慮いただいて、新世界殿にガンバっていただくのでございまするな。拙者も、新世界殿とご一緒にガンバルのでございまするな。

梅雨寒やコロナウイルス最前線 仲七
○仲七殿、コロナ殿はそろそろ、最前線からご遠慮いただいて、拙者がガンバルのでございまする。

第8位
梅雨寒にマスクも湿る自粛なり みかん
○みかん殿、自粛殿はたいへんでございまする。マスク殿もたいへんでございまする。これからは、マスク殿とご一緒にガンバルのでございまするな。

梅雨寒は体温調整難しい みんなのき
●今の時期は体調をくずしますね、若い頃は時期で体調が悪くなるとほ感じていなかったです。/みんなのき
○みんなのき殿、さようでございまするな。拙者は、1年中、体温調節が難しいのでございまするが。どうしてで、ございましょうか?

梅雨寒や外出禁止天の声 小くじら山
○小くじら山殿、さようでございまするな。確かに、天の声殿が聞こえたような気もいたしまする。拙者の大きな耳でもよーく聞いてみまする。

自粛め心は負けじ梅雨寒も 光源氏
●政治経済や天候気温など、あらゆる環境が逆行でも、心は真っ直ぐ一本道を、進 負けじ魂の句/光源氏
○光源氏殿、負けないのでございまするな。拙者も、負けないのでございまするな。一本道を、どっしどっしと行くのでございまするな。

第7位
梅雨寒にうどんを温めしつゆゴクリ なかしまともこ
●温めしはぬくめしと詠みました。/なかしまともこ
○なかしまともこ殿、うどん殿も美味しいのでございまするな。汁殿も美味しいのでございまするな。拙者も大好きなのでございまするな。

梅雨寒にますますつきし体脂肪 暁
○暁殿、さようでございまするか。なにか、拙者のことを指摘されているようでございまする。申し上げますると、拙者は、決して梅雨寒の時期だけではございませぬが。

唐辛子食べたあとから梅雨寒だ ばんしょう
●唐辛子ははじめ甘み感じるが後から辛さを感じる。梅雨時急に寒さが来る梅雨ざむにどこか似ているよ!/ばんしょう
○ばんしょう殿、唐辛子殿でございまするか。始めが甘いのでございまするか。拙者には、どうもずっと辛いような気がするのでございまするか。

吾に迫る雲のクチビル梅雨寒し 長ズボンおじさん
○長ズボンおじさん殿、雲のクチビル?殿でございまするか。どのようなクチビル殿でございまするか。雲殿のでございまするな。拙者の頭には、難しいのでございまするが。

梅雨寒でこたつにはいり昼ご飯 美泉
●夏と言うのにこたつで昼ご飯とはなんとちぐはぐでおもしろい。/美泉
○美泉殿、こたつ殿の登場でございまするか。こたつ殿は温かいのでございまするが、梅雨寒殿は、どのようにお考えなのでございましょうか。こたつ殿と梅雨寒殿はお友達なのでございまするな。

第6位
梅雨寒やアホ毛とともに初デート 彩然
●1句目からの連続ものです。いかに張り切っておしゃれしても、梅雨時期の湿度の高さに抗えずアホ毛か立ち、寒々しい気持ちで出掛ける様子を詠みました。/彩然
○彩然殿、アホ毛殿も登場でございまするか。アホ毛殿と梅雨寒殿もお友達なのでございまするな。梅雨寒殿と初デート殿もお友達なのでございまするな。ということは、アホ毛殿と初デート殿もお友達でございまするな。

梅雨寒や傘ぶん遠いみさちゃんと 季音句歩
○季音句歩殿、みさちゃん殿でございまするか。うらやましいのでございまする。みさちゃん殿ーー。拙者は、遠くとよろしいのでございまする、みさちゃん殿ーー。

梅雨寒に君の温もりどんぴしゃり 千波
○千波殿、君殿の温もり殿でございまするか。うらやましいのでございまする。うらやましいのでございまする。うらやましいのでございまする。

梅雨寒夫の股引借りにけり 麻衣
○麻衣殿、股引殿も登場なのでございまするか。夫殿の股引殿なのでございまするな。お借りになるのでございまするな。夫殿の股引殿は、温かいのでございまするな。温かいので・・・

巻き誇る天然パーマの梅雨寒さ 秀たぁ
○秀たぁ殿は、天然パーマ殿でございまするか。拙者は、髷でございまするが、本当は少しだけ、天然パーマ殿でございまする。髷の先が少しだけ、ぴょこんとするときがあるのでございまする。

氷期かとおののく君や梅雨寒や 曙光
○曙光殿、それはたいへんでございまする。氷期殿は、寒いのでございまする。君殿も寒いのでございまする。梅雨寒殿もたいへんでございまする。

梅雨寒や寄り添う君の白き肌 東谷こはく
○東谷こはく殿、うう、君殿と寄り添うのでございまするか。白き肌殿でございまするか。うう、拙者はどうすれば・・・

第5位
梅雨寒しツァラトゥストラや胃にもたれ 網代
○網代殿、ツァラトゥストラ殿でございまするか。ニーチェ殿でございまするか。胃もたれ殿でございまするか。拙者の頭では、ますます、たいへんでございまする。

梅雨寒や青いマスクに涙染み 笑々
○笑々殿、青いマスク殿でございまするな。拙者も、青いマスク殿にはお世話になるのでございまする。涙殿にはあまりお世話にならないのでございまする。

梅雨寒や筋トレ親父見栄薄着 二上松風
●筋トレ親父が見栄を張って薄着になるが今日梅雨寒で後悔している/二上松風
○二上松風殿、拙者は筋トレ殿はお世話にならないのでございまするが、お城山に昇るのも筋トレ殿と申せば、さようかと存じまする。

第4位
梅雨寒のゴミ出し結び目に良心 颯奏
●梅雨寒の朝にゴミ出しに出ると、とても固く縛ったゴミ袋が出されていた。誰が陽性かわからない新型コロナ感染を広げない様、自宅から出すゴミの口を一層きつく縛り、ごみ収集に携る人の安全を思いやる良心を見た。/颯奏
○颯奏殿、さようでございまするな。ゴミ出し殿もたいへんでございまするな。気を遣うのでございまするな。拙者も、しっかりと結んで出すようにいたしまする。

梅雨寒や一寸複雑十万円 麦秋
●痛みのない人にも一律は?。/麦秋
○麦秋殿、さようでございまするか。給付金殿でございまするな。給付金殿もたいへんでございまするな。

暗き世に梅雨寒こたえ夏を待つ 透
●コロナですっかり疲弊してしまった感のある世の中を思い作りました。/透
○透殿、さようでございまするな。梅雨寒殿とご一緒に耐え忍びまする。夏殿を待つのでございまする。拙者も、待つのでございまする。

洗濯物7キロ乾燥機にぶちこむ梅雨寒の日曜 風ヒカル
○風ヒカル殿、さようでございまするな。日曜日の洗濯殿は多いのでございまするな。7キロは多いのでございまするな。拙者の洗濯は、もっと多いような気もいたしまするが。

第3位
四割のカットで暮らす梅雨寒し 煌宙
●俳句に対するコメントではありません。 先日(ボートレース)の季語についての コメントありがとうございました。内容が 是でも非でもどうでも良いのです。大好き な先生のコメントを頂きとても嬉しいです 俺は相変わらず「並」ですが何とか頑張ります P.S. くれぐれもコロナウイルスには注意してご活躍下さい。/煌宙
○煌宙殿、さようでございまするか。夏井いつき組長にも、お話差し上げまする。しかし、四割のカット?でございまするか。拙者は、体重を四割カット出来ると良いのですが、そうなると、拙者は、よしあきくんで無くなってしまうのでございまする。

梅雨冷の飛雪の滝でととのう 六朗
●飛雪の滝があるキャンプ場ではサウナテントを行っており、そこでサウナで火照った身体が滝の水飛沫と少し冷える梅雨の風でまるで夢現のような心地よい状態を読んでみました。/六朗
○六朗殿、飛雪の滝殿でございまするな。キャンプ場殿でございまするな。拙者も、サウナ殿で四割カットでございまするな。しかし、拙者がよしあきくんで無くなるのも困るのでございまするが。

梅雨寒は二の腕に憑く妖怪か あわいきりん
○あわいきりん殿、さようでございまするか。二の腕殿に憑かれるのでございまするか。妖怪殿は、梅雨寒殿なのでございまするな。梅雨寒殿がだんだん恐ろしくなってくるのでございまする。

梅雨寒は悪魔召喚の儀式なり 左時計
○左時計殿、とうとう悪魔殿でございまするな。悪魔殿がお出ましでございまするな。ますます、梅雨寒殿が、恐ろしくなっていくのでございまする。

第2位
梅雨寒やミルの奏に踊る吾子 湊吾子
○湊吾子殿、ミル殿でございまするな。拙者もミル殿は存じ上げておりまする。ミル殿にあわせて踊られるのでございまするな。吾子殿は、踊りがお上手なのでございまするな。梅雨寒殿も忘れるのでございまするな。

梅雨寒や俳句仮面って誰だろう 小だいふく
○小だいふく殿、さようでございまするか。俳句仮面殿でございまするな。拙者もそう思うのでございまする。いったい、誰殿なのでございましょう。俳句仮面殿ーー。

第1位
梅雨寒の寝屋に三点リーダ満ち 香椎
○香椎殿、三点リーダ殿?でございまするか。三点リーダ殿が、たくさんたくさんおいででございまするか。三点リーダ殿は何をされておいででございまするか。拙者の寝屋にも三点リーダ殿をお呼びするのでございまする。

◆掲示板

●新しい投句・投稿システムについてのお願い
 投句・投稿フォームが新しくなっています。投句数の増加に伴って、仕分け作業に多くの時間を要します。以下の事項を守って投句投稿して下さると、組長の負担が大きく減ります。ご協力よろしくお願いします。

①俳句の欄には俳句のみ記入して下さい。一つの欄に一句を厳守。

②「俳句に対するコメント」の欄は記入する必要はありません。(特に気になることがあれば記入していただいても結構です。)

③「ギャ句」「聞き倣し季語」は俳句欄に記入して下さい。ギャ句の原句は「俳句に対するコメント」の欄に必ず記入して下さい。

④「兼題季語についての質問・考察・情報(火曜日「俳句道場」)」は、火曜日「俳句道場」への投稿です。

⑤「『俳句ポスト365』への感想・質問・要望・俳号の変更・各地の吟行情報など」「組長&ハイポニストたちへのお便り・近況報告など」はそれぞれ水曜日への投稿です。内容に合った欄に書き込んで下さい。

◆「ギャ句」に挑戦!
 古今東西の名句を1音変えてみると、愕然と意味が変わる?!「最小の音変換による最大の意味変換」を狙う知的遊びであります。

梅雨寒し猫が水爬虫を跨ぐ見て  水爬虫@タガメ じゃすみん
●ギャ句です。元句「梅雨寒し猫が手紙を跨ぐ見て   石川桂郎」/じゃすみん
梅雨寒し忍者は二時に猫となる じゃすみん
●ギャ句です。元句「梅雨寒し忍者は二時に眠くなる   野口る理」/じゃすみん
梅雨さむし伯母のこけたる鬼瓦 じゃすみん
●ギャ句です。元句「梅雨さむし鬼の焦げたる鬼瓦   加藤楸邨」/じゃすみん
○じゃすみんくん、いや、どうもどうもどうだです。金子どうだです。おお、これは、それぞれ、なかなかのもんじゃ焼き。最小変換ではないが、音感・語幹を生かしておるのが、よろしいよろしい。まあ、ひとつ、この調子で、ひとつよろしく哀愁!うほん。

梅雨冷えのハイポのトマト赤点かな トマト使いめりるりら
●ギャ句でトマト。元句は「梅雨冷えのサラダのトマト赤きかな/久保田万太郎」 /トマト使いめりるりら
○トマト使いめりるりらくん、おお、そうかそうか草加せんべい。まあ、赤点もたまにはよろしい。いつもは、つらい。そこのところ、ひとつ、ガンバってもらいたい、うほん。

梅雨さむし赤江珠緒にすぐ替へて にゃん
●ギャ句 元句「梅雨さむし赤い鼻緒にすげかへて」長谷川双魚/にゃん
梅雨寒の牛に子牛をあてて急く にゃん
●ギャ句 元句「梅雨寒の口に拳をあてて咳く」加倉井秋を/にゃん
梅雨寒のお灸の色はあらあらし にゃん
●ギャ句 元句「梅雨寒の砂丘の帰路はあらあらし」古館曹人/にゃん
梅雨さむき東亜の端にねむりけり にゃん
●ギャ句 元句「梅雨さむき養痾を花にねむりけり」石原舟月/にゃん
梅雨さむく憑依の田亀われを視る にゃん
●ギャ句 元句「梅雨さむく鏡裡のわが瞳われを視る」柴田白葉女/にゃん
梅雨寒き琴そののちに鼓鳴り にゃん
●ギャ句 元句「梅雨寒きことそののちにつづくなり」八木林之介/にゃん
梅雨寒や病躯を語る肩旋毛 にゃん
●ギャ句 元句「梅雨寒や屏風を渡る蝸牛」庄司瓦全/にゃん
梅雨寒や背中合はせの絵師のキス にゃん
●ギャ句 元句「梅雨寒や背中合はせの駅の椅子」村上喜代子/にゃん
○にゃんくん、おお、よくガンバったじゃあ内科小児科肛門科。いや、よろしいよろしい。キミも、語幹を感じてのギャ句じゃのう。ところでじゃが、その絵師は、ちょいと難しいことをしておるもんじゃ焼き。ああ、そうかそうか草加せんべい、としておこう、うほんごほん。

「ギャ句に挑戦!」本当に泣く児に子守つゆ険し ひろ志
●原句は「本堂に鳴き龍こもる梅雨寒し/篠崎志津子」 /ひろ志
「ギャ句に挑戦!」汁だくがこだはりと言ふラーメン屋 ひろ志
●原句は「梅雨寒やこだはりと書くラーメン屋/加藤タミ」/ひろ志
○ひろ志くん、うん、なるほどほどほど。なかなかそこそこ。なんたらかんたら、うほんごほん。

ギャ句“:梅雨寒の袖なし編むは鯛車 吉村よし生
●原句:梅雨寒の袖なし編むは鳩車/西本一都 *どちらも郷土玩具 /吉村よし生
ギャ句“:放蕩に日月寒し梅雨の苔 吉村よし生
●原句:法灯に日月寒し梅雨の苔/大谷碧雲居 /吉村よし生
ギャ句“:なづな噛む癖ある馬や梅雨寒し 吉村よし生
●原句:手綱噛む癖ある馬や梅雨寒し/椎橋清翠 /吉村よし生
ギャ句“:梅雨寒く子株真白く洗はるる 吉村よし生
●原句:梅雨寒く小蕪真白く洗はるる/鈴木真砂女 /吉村よし生
ギャ句“:梅雨さむき道たどたどしつかれかな 吉村よし生
●原句:梅雨さむき道たどり来しつかれかな/久保田万太郎 /吉村よし生
ギャ句“:梅雨冷えの皿盛りトマト赤きかな 吉村よし生
●原句:梅雨冷えのサラダのトマト赤きかな/久保田万太郎 /吉村よし生
ギャ句“:梅雨寒し忍者は尼寺(にじ)に眠くなる 吉村よし生
●原句:梅雨寒し忍者は二時に眠くなる/野口る理 /吉村よし生
ギャ句“:その言やよし梅雨寒の象と鹿 吉村よし生
●原句:その言やよし梅雨寒の蔵六/田中裕明 /吉村よし生
ギャ句“:露寒の昼風呂ながき夫人かな 吉村よし生
●原句:梅雨寒の昼風呂ながき夫人かな/日野草城 *「ざ」と「さ」とで季節も違う/吉村よし生
ギャ句“:侍する背に消さる門灯梅雨寒し 吉村よし生
●原句:辞する背に消さる門灯梅雨寒し/後藤雅夫 *仕えているのに灯を消すとは! /吉村よし生
○吉村よし生くん、おお、そうかそうか草加せんべい。いや、ガンバったじゃあ内科小児科肛門科。あとは、なんじゃな、ギャ句〝らしいウイットがもう少しあればということじゃ。期待してオール5。うほんごほん。

梅雨寒の夜かきまはす鳥羽一郎 久美
●梅雨寒の空かきまはす鳥一羽 浜口高子/久美
梅雨寒しLINEが来ない修理中 久美
●梅雨寒しラインの館は修理中 堀井乃武子/久美
○久美くん、なるほどほどほど。ギャ句〝定番の鳥羽一郎さんじゃのう。うれしいのう。まあ、LINEも待つもんじゃ焼き。うほん。

梅雨寒の今日チョコレート折れ易き 根本葉音@花芭蕉句会
●ギャ句です。元句は「梅雨寒の教師にチョーク折れ易き/藤井吉道」/根本葉音@花芭蕉句会
梅雨寒の昼メロながき夫人かな 根本葉音@花芭蕉句会
●ギャ句です。元句は「梅雨寒の昼風呂ながき夫人かな/日野草城」/根本葉音@花芭蕉句会
トイザらス瀟洒になりて梅雨寒し 根本葉音@花芭蕉句会
●ギャ句です。元句は「とびからす病者に啼いて梅雨寒し/石橋秀野」この句はフィクションです。登場する社名、店舗名は架空であり、実在のものとは関係ありません^^;/根本葉音@花芭蕉句会
梅雨冷や舌に酒のこる餓鬼草子 根本葉音@花芭蕉句会
●ギャ句です。元句は「梅雨冷や舌に朱のこる餓鬼草子/三森鉄治」/根本葉音@花芭蕉句会
○根本葉音@花芭蕉句会くん、いやどうもどうもどうだです。そうなのか、チョコレートもなのか。トイザらスものう。まあ、酒でも飲んで忘れることにするもんじゃ焼き。うほんうほん。

梅雨寒のガサあるフルート畳みけり 山香ばし
●ギャ句 元句は「梅雨寒の傘ふるふると畳みけり/高澤良一」/山香ばし
梅雨寒の火の出は焼かれ屋根木散る 山香ばし
●ギャ句 元句は「梅雨寒の日の出早かれ柳散る/渡邉水巴」/山香ばし
師老子の死に引く水や梅雨さむさ 山香ばし
●ギャ句 元句は「代牛の尾にひく水や梅雨さむさ/菅原師竹」/山香ばし
梅雨寒し口減らす子四国行くと 山香ばし
●ギャ句 元句は「梅雨寒し口紅少し濃く引くと/金井綺羅」/山香ばし
梅雨寒の母を頼むとムショ連行 山香ばし
●ギャ句 元句は「梅雨寒の母を頼むと遺書一行/冨田みのる」/山香ばし
ありなしのツケ夜の街や梅雨寒き 山香ばし
●ギャ句 元句は「ありなしの月夜の町や梅雨寒き 富田木歩」/山香ばし
○山香ばしくん、なんじゃなんじゃなんじゃもんじゃの木。ガサ入れか。いや、もう連行されとるのか。ツケがまわったのか。そうかそうか草加せんべい。まあひとつ、よろしく哀愁!うほん。

梅雨寒く小顔真白く現るる 山内彩月
●ギャ句です。元句「梅雨寒く小蕪真白く洗はるゝ/鈴木真砂女」/山内彩月
○山内彩月くん、ほほう、どなたかな?お目にかかりたいもんじゃ焼き。小顔好きじゃからのう、うほん。

今日も股白き蝶着て梅雨寒し 星埜黴円
●元句: 今日もまた白き蝶来て梅雨寒し  武田鶯塘/星埜黴円
梅雨さむし桜井嵐眼の隅に 星埜黴円
●元句: 梅雨さむし桜井駅趾世の隅に  門脇無声洞/星埜黴円
梅雨寒の挑発胸を突き出だす 星埜黴円
●元句: 梅雨寒の長髪胸に梳きくだす  福島早苗/星埜黴円
梅雨寒やひたいの上のさびしさよ 星埜黴円
●元句: 梅雨寒やたゝみの上のさびしさよ  中嶋ノブ子 / 寒さとか、雨とか、感じやすいですよね? どうだ先生。/星埜黴円
梅雨冷の駄菓子持ちよる某句会 星埜黴円
●元句: 梅雨冷の駄菓子持ちよる患者会  目迫秩父 / 某句会へ参加しますと、選句のお時間には、お菓子が回されてくるのです。駄菓子とかいっちゃあ、失礼な内容です。某地方の銘菓とか某ぐんまちゃんのプリントクッキーとか。選句には、大脳の栄養補給である糖分が必要なので、とても助かっております。ま、私の場合、脳みそに回らずに腹部に貯蓄するんですけどね。/星埜黴円
梅雨寒の猫にちゅ~るをのみとらる 星埜黴円
●元句: 梅雨寒の猫に怒りをよみとらる  三沢みよし / ちゅーる、ちゅーる、ちゃおちゅ~る♪/星埜黴円
とびげりす勝者に啼いて梅雨寒し 星埜黴円
●元句: とびからす病者に啼いて梅雨寒し  石橋秀野/星埜黴円
梅雨寒く狂気のわが瞳われを見る 星埜黴円
●元句: 梅雨寒く鏡裡のわが瞳われを見る  柴田白葉女 / おお、なんだかゴッホっぽい。/星埜黴円
くそだしや声高妻も梅雨寒も 星埜黴円
●元句: うとましや声高妻も梅雨寒も  久保田万太郎/星埜黴円
掃除機が去り梅雨寒の塵ありぬ 星埜黴円
●元句: 掃除婦が去り梅雨寒の壁ありぬ  池内友次郎 /星埜黴円
梅雨寒の部屋を徘徊歩き出す 星埜黴円
●元句: 梅雨寒の部屋を憂鬱歩き出す  山岡敬典/星埜黴円
梅雨寒や防波堤にするトイレクソ 星埜黴円
●元句: 梅雨寒や亡夫宛にくるダイレクト  明才地禮子/星埜黴円
梅雨寒やこの頃胸にゐる玄鳥 星埜黴円
●元句: 梅雨寒やこの頃棟にゐつく鳥  大須賀乙字 / 若いツバメは、うっふん。お金がありそで、うっふん。なさそで、うっふん。/星埜黴円
梅雨さむし山猫軒にささと降り 星埜黴円
●元句: 梅雨さむし山霧軒にささと降り  長谷川素逝/星埜黴円
○星埜黴円くん、おお、そうかそうか草加せんべい。股白き蝶なのか。うーん、どんなもんじゃろうアルじゃロウ。ほほう、句会の菓子はいいのう。しかし、いつも、糞ばって、いや、踏ん張っておるもんじゃ焼き。なかなかいいじゃあ内科小児科肛門科。おまけにリューマチ科。ひとつ、その調子で、糞ばって、もらいたい、うほんごほん。

梅雨冷の吐く息香り妻へだたる 西村小市
●ギャ句゛@原句は《梅雨冷の白衣着てより夫へだたる/八牧美喜子》/西村小市
梅雨寒の秘所をあらはに火焚く妻 西村小市
●ギャ句゛@原句は《梅雨寒の肱をあらはに火焚く妻/猿橋統流子/西村小市
梅雨さむし数へて十にたらぬ友 西村小市
●ギャ句゛@原句は《梅雨さむし数へて十にたらぬ鶏/上村占魚》/西村小市
曾祖父が去り梅雨寒の壁ありぬ 西村小市
●ギャ句゛@原句は《掃除夫が去り梅雨寒の壁ありぬ/池内友次郎》/西村小市
梅雨寒の野球の帰路はあらあらし 西村小市
●ギャ句゛@原句は《梅雨寒の砂丘の帰路はあらあらし/古館曹人/西村小市
梅雨寒しピストンといふ形かな 西村小市
●ギャ句゛@原句は《梅雨寒しピストルといふ形かな/皆吉司》/西村小市
○西村小市くん、おお、なんじゃなんじゃなんじゃもんじゃの木。奥さんは、大丈夫か。いや、大事にしてくれたまえ。しかし、野球に負けたくらいで荒ぶれてはイカンガ-。ピストンでも考えながら帰るのじゃ。まあ、そんなもんじゃ焼き。うほん。

「ギャグ句」 梅雨寒や頭を突きし馬の骨 網代
●「元句」 梅雨寒や頭のつきし魚の骨 鷹羽狩行 4月20日 ギャグ句の作法伝授有り難く候。 ここに「秘太刀馬の骨」にて挑戦つかまつり候。 /網代
「ギャグ句」 人間は軽口叩き梅雨寒し 網代
●「元句」 人形は軽く口開け梅雨寒し 対馬康子 /網代
○網代くん、おお、そうかそうか草加せんべい。嬉しいお言葉じゃ。そうじゃ、軽くじゃ。ギャ句〝は、軽みじゃからのう。しかし、頭突きした馬の骨は不思議じゃのう。どこの馬の骨かのう。うほんごほん。

◆今週の「聞き做し季語」?!
 兼題の季語が、耳にどう聞こえるか?……というクダラナイ試み。

汁ざぶん・梅雨ダム・梅雨たぶん・TOヨン様 さとう菓子
●「聞き做し季語」迷走~m(_ _)m/さとう菓子
○さとう菓子くん、うんうん。汁ざぶん、は、よろしいよろしい。しかし、ヨン様に伝言されてものう。うほんごほん。

「聞き倣し季語」露寒(晩秋) 通算 ひろ志
「聞き倣し季語」to you/Sam ひろ志
○ひろ志くん、まあ、そうじゃのう。通算すると、そうではあるが。それにしても、キミは、Samくんに伝言か、うほんごほん。

「聞き做し季語」To you,Sam. 竹織
●名前がSamでなければロマンス小説っぽいのに…/竹織
○竹織くん、ほほう、キミも、Samくんにのう。Samくんは、人気者なんじゃのう、うほん。

◆今週の「なんちゃって回文」
愚梅雨寒白湯注ぐ さとう菓子
●「なんちゃって回文」ぐつゆさむさゆつぐ/さとう菓子
○さとう菓子くん、おお、なかなかのもんじゃ焼き。まあ、梅雨寒には、温かいもんがいいじゃあ内科小児科肛門科。うほん。

自句待つ梅雨寒詠むさ湯津爪櫛 星埜黴円
●回文です。 じくまつつゆさむよむさゆつつまぐし/星埜黴円
泣く梅雨冷え鏡抱え冷ゆつくな 星埜黴円
●回文です。 なくつゆひえかがみかかえひゆつくな /星埜黴円
○星埜黴円くん、いやはや、ほやはや、なかなかの労作じゃあ内科小児科肛門科。次からリューマチ科。「爪櫛」は良く持ってきたがのう。まあ、ひとつ、よろしく哀愁!うほん。

湖水萎むさ柚子梅雨寒星いずこ 西川由野
●回文です「こすいしぼむさゆづつゆざむほしいずこ」 /西川由野
実る蔓梅雨寒白湯つるつる飲み 西川由野
●回文です「みのるつるつゆざむさゆつるつるのみ」 /西川由野
○西川由野くん、おお、そうかそうか草加せんべい。こちらも、労作じゃのう。「つるつる」はなかなかのもんじゃ焼き。うほんうほん。

富む沢か梅雨寒白湯遣はさむと 遠音
●回文俳句。とむさはかつゆさむさゆつかはさむと/ちょっと、白湯が欲しかっただけなんだ。なのに、なんだよこれ? 河? たしかにさ、きれいだよ、この河の水は。でもね、違うんだ。ビブラートが湿り気を帯びてしまう梅雨の気配は、僕の背筋を薄く淡く刷いてゆく薄墨の毛並み、気づいた時はもう侵されつつあるんだ、きりりと錐のように尖りたいのに、突き破りたいのに、冬に眠る生き物のように、しなしなとすぅと精気がひかりながら分解されて端から霧散してゆく、駄目だ駄目だこのままでは僕はしなる、この黒い靄を払うには、白湯なんだ。ぎりっと舌を焼く、清冽な痛み。あれが、いい。なのに、貴方は、白湯を遣わそうといって、あの薄墨色のひどく立ち込めるこんな河に案内させた。いっそ、どっぷり染まっちまえということか? 染まり切るとね、記憶が飛ぶんだ。この意味、わかる? いいんだね? 錐がしなるとどうなるか? 僕も知らないんだ。ははは、/遠音
○遠音くん、いやどうもどうもどうだです。まあ、みなさん、白湯で苦労なさったようじゃのう。しかしじゃ、「遣はさむと」は、秀逸じゃ。いや、よくガンバったじゃあ内科小児科肛門科。うほんごほん。

 

※『俳句ポスト365』の文字が小さすぎる?
 この問題に関しては「それぞれのパソコンの個性によって見え方が違ってくるので、統一して同じ大きさにするのが難しい」のだそうです。次の方法でひとまず対処して下さい。
 「CTRL(コントロール)」のキーを押さえておいて「+(プラス)」のキーを押すと、自動的に文字が拡大されます。同じ方法で「-(マイナス)」のキーを押すと小さくなります。一度この方法を試してみて下さい。

よしあきくん

ページの先頭