俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 翡翠

第243回 2020年5月14日週の兼題

翡翠

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句

今週のお便り&俳句道場

■今週のお便り(●が皆さんからの投稿、○が正人&夏井コメント)

●新しい投句・投稿システムについてのお願い
 投句・投稿フォームが新しくなっています。投句数の増加に伴って、仕分け作業に多くの時間を要します。以下の事項を守って投句投稿して下さると、組長の負担が大きく減ります。ご協力よろしくお願いします。

①俳句の欄には俳句のみ記入して下さい。一つの欄に一句を厳守。

②「俳句に対するコメント」の欄は記入する必要はありません。(特に気になることがあれば記入していただいても結構です。)

③「ギャ句」「聞き倣し季語」は俳句欄に記入して下さい。ギャ句の原句は「俳句に対するコメント」の欄に必ず記入して下さい。

④「兼題季語についての質問・考察・情報(火曜日「俳句道場」)」は、火曜日「俳句道場」への投稿です。

⑤「『俳句ポスト365』への感想・質問・要望・俳号の変更・各地の吟行情報など」「組長&ハイポニストたちへのお便り・近況報告など」はそれぞれ水曜日への投稿です。内容に合った欄に書き込んで下さい。

◆『俳句ポスト365』へのご感想、ご要望、ご質問
●俳句ポスト365へ初めての投句です。よろしくお願いいたします。/おおるり
●初めて投稿します。/なし
●初めて投稿します。 妻に誘われて俳句を始めました。/ノグチダイスケ
●はじめまして。 何年にもなるのに うまくなりません。 投稿を自らに課して 楽しみたいです。 よろしくお願いします。/ひとえ
●僕と次男が大変ご縁のある松山市ということで初投句をさせていただきます。/びんごおもて
●気になっていた俳句、在宅勤務中に本をなんとなく買って俳句ポスト365を知りました。 初めて作りました。 言葉を考えているのがとても楽しい。 継続的に参加していきたいです。 /よし季
●初めての投稿です。/一石浩司
●初投稿でドキドキです。 よろしくお願いします。/花子
●初投稿致します。十七音という限られた中で表現することの難しさを痛感すると共に、改めて日本語の美しさを実感しました。よろしくお願い致します。/喜祝音
●初めて俳句をつくってみました。良くわかりませんが、投稿しました。ご指導いただけたらこれからの人生が豊かになるとおもってます。/亀石
●「俳句ポスト365」があることを始めて知りました。今回が初めての投稿です。俳句は考えれば考えるほど言葉の奥深さに気づかされます。もっと早くに俳句を始めれば良かったのですが。出来るだけ長く続けたいと思っています。/菊池 克己
●コロナ禍で散歩しながら初めて作ってみました。/月すずめ
●はじめて投句します。膨大な量の句、全てに目を通していただき、選んでいらっしゃることを知ってびっくりしています。今後は毎回、投句出来るように楽しみながら頑張りたいと思います。/後藤麻衣子
●初めて俳句を投稿させていただきました。 読んで頂き、誠にありがとうございます。 読者に、自分が表現したいことや感じたことが伝わることを第一に俳句を詠みました。 これからも精進して、投稿をさせて頂きます。 また読んで頂けると幸いです。/黒猫
●最近、俳句を作る楽しさに目覚めた初心者です。季語の選び方についても難しくて、これからいろいろと勉強していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。/佐々木照風
●子どもが家で宿題をやっているのですが、その中に俳句の課題があり、一緒にやっているうちに続けてみようかな、と思い応募しました。/三柑
● 友達に聞いて投稿サイトを知りました。 これから勉強させてください。/珠樹
●初めて投稿します。宜しくお願い致します。 上岡重子/重子
●こんにちは。小野睦(むつみ)と申します。たぶんここには初めての投句です。よろしくお願いします。/小野 睦
●はじめまして。鹿児島の直と言います。 組長のブログで句友の方からの翡翠情報に刺激を受け、初投稿させて頂きます。以前住んでいた奄美大島の自宅前の川ではよく翡翠を見かけました。その頃俳句をやっていたら、リアルな句ができたかも…と悔やまれますが、これから一歩ずつ学ばせていただきたいと思います。 どうぞよろしくお願いします。 /直
●松山出身なのに、俳句ポストを使っていなかったことを今更もったいなかったと。これから俳句に素直な思いのせていきたいなあと思いました。/梅の香
●はじめまして。 去年から、自己流で俳句を詠みはじめました。 まだ一度も誰にも教わらず、投稿せず、俳人の俳句集も作り方の本も読まず、全くの自己流です。 先程早まって、「翡翠やテレビ図鑑の世界かな」とはじめて投稿しましたが、投稿後に、現代は何事も図鑑、辞書でなくスマホだったとこの句に推敲しました。 私は、今、誰にも師事せず句集編集しています。100首集まったら自分で綴じてみようと思います。 俳句になっていなくても面白くなってきました。老後の楽しみになりそうです。 /撫品
●初めて投句させていただきました。よろしく ご指導お願いいたします。/風花美絵
●俳句初心者です。よろしくお願いします。/蜜蜜みかん
●ハワイ島から友人3人で投稿を始めました。3人とも夏井先生のファンです。/能千
●夏井先生、皆様こんにちは! 先生のブログの翡翠の写真に導かれて、初めて投句します。 翡翠の機敏な動きを詠めたらいいなと思います。/野本美食
○ようこそ俳句ポスト365へ!今回「翡翠」は兼題と写真を見て思わず、という方も多そうな雰囲気。これからみなさんどうぞよろしく!(正人)

●おはようございます。(^_^)/おけら
●二度目の投句です。よろしくお願い致します。/おちゃうけ
●「俳句ポスト365」の皆様。こんにちは。どうぞよろしくお願いいたします。/松山のとまと
●いつもお疲れ様です。 /千聖
●よろしくお願いいたします。/やまぶき
●よろしくお願いいたします/花南天anne
●毎回楽しみにしてます。/やまやま
●いつも本当にありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。/渋谷晶
●大変勉強になります。 ありがとうございます。 続けることを目標にしております。 よろしくお願いいたします。/佳子
●5月に入り毎日一句、俳句を作っています。1日を振り返って作るので日記のようで楽しいです。/幸花うらら
●素晴らしいサイトだと思っております。長く続いていくように願っております。/山本詩季
●楽しく勉強させてもらっています。よろしくお願いします。/野本 踊
●組長、皆さま、いつもありがとうございます。お元気ですか?今週もよろしくお願い致します!/靫草子
●いつもお世話になります。お忙しい中とは存じますが、選句よろしくお願い致します。/南方日午
●「俳句ポスト」を永く続けてください。/風間昭彦
●たくさんの俳句を詠まれるご苦労に感服いたします、ありがとうございます。/邦生
●「おうちで俳句」俳句という趣味があってよかったと実感するこの頃です。/えりいも
●休校中に、俳句ポストへの投句を始めて、新たな楽しみが増えました! 俳句ポストを運営してくださる皆様、本当にありがとうございます。/打楽器
●俳句ポストの魅力は気軽に投句できるところである。 今やコロナ自粛の毎日でネット俳句はとてもありがたいツールである。 /にし子
●こんにちは、よーきーと申します。毎回お世話さまです。 「俳句ポスト365」のおかげで、ステイホームのたっぷりの時間を有意義に使えているのではと思っています。初投句から5ヶ月。これからも奥の深~い世界を悩みながら楽しみたいです。/よーきー
●前回の兼題「梅雨寒」で投句した際、自分の事を「ほぼ」初心者などと書いてしまいましたが、私の2倍以上の年月俳句をなさっている方々が初心者と名乗っていらっしゃり、私などは「ほぼ」どころか「超」初心者だという事に気付きました。前言訂正いたします。超初心者ですが、どうぞよろしくお願いしたします。/紫宗
●夏井先生 この度は「姫女苑」(人)にお選び頂き有り難うございました。 久しぶりの事でしたのでとても励みになりました。 今度は投稿やめにしようかなと思うほど何も湧いてこないときがあります。 でも拙句でも投稿をやめないで続けていればいいこともあると思いました。 「継続は力なり」を信じ生き甲斐にして参りたいと頑張る気持ちになりました。 ”プレバト”はかかさず拝見しております。先生の素敵なお姿、お元気なご様子、 を心から嬉しく思っています。これからも楽しみにしております。 よろしくお願いいたします。/小橋春鳥
●俳句ポスト365に投稿をさせていただき1年たちました。毎回休まず皆勤賞です。人選1回は嬉しかったです。人選目標に精進し投稿を続けていきます。よろしくお願い致します。/紀杏里
●夏井先生、初めてお便りします。山田 哲也と申します。先生とほぼ同じ年です。64歳です。 俳句歴、1年、プレバトがきっかけです。今年のNHK俳句全国大会に入賞しました。  大仏の半眼に問ふ去年今年 「いつか壇上に」が目標です。 堀本先生の句会(イルカ句会)に参加して指導を受けています。 /哲山
●夏井先生、正人先生、お久しぶりです。思うところありまして、しばらく休みました。また、勉強始めます。よろしくお願いいたします。/横ちゃん
●チーム野の花なお(7才)2度目の投句です。 次回は何ヵ月先になるかわかりませんが、気長に見守っていければいいかなと思ってます。 よろしくお願いします。(祖母誉茂子より)/野の花なお(7才)
●とても久しぶりに投句します。前に投句したのは確か妊娠中、毎週投句していたのは独身時代。子供は明日で2歳。最近は、どこにも出さずにたまに子育て俳句を作っています。俳句はいつでもどこでも楽しめますね◎ /藤紫ゆふ
○続けてもよし、休んでもよし、元気が出てきたら再びやってもよし。しかしまあよその子の育つ速度の早いこと!!2歳かあ、お母ちゃんは大変な時期ですなあ…。(正人@共感)

●夏井いつき先生のブログから、俳句ポストを知りました。ハイポニストの皆さんの季語の捉え方や俳句に関する情報量の多さに驚き、この場で勉強させて頂きたいと思いきって投稿しました。よろしくご指導下さい。/直
●勢いで飛び込んだ俳句ですが、とってもとっても難しいです。ハイポニストの先輩方の句を見て勉強させて頂きます。/冬木ささめ
●いつも同じ思考になってしまうのが悩みです/でんきゅう
●俳句ポストの俳句やみなさんの近況報告、先生方のブログやコメントに学んでいます。それを生かそうとしながら、まだいろいろできないままです。でも、俳句を通してつながった様々な方々からの情報や楽しいお話には日々共感しています。/藤井天晴
●俳句ポストの投稿を始めましたが、どうして良いやら?何が良いのや悪いのやら?さっぱりわからないまま参加させていただいています。 組長先生や先輩方のお教えを大切に少しずつ少しずつ頑張ろうと思います。/知無須園
●今回も全然ダメなのは自分でわかっていながらとにかく数を作るしかないと思って参加しました。もっとうまくなりたいな。季語もですが言葉をもっと自由に操れるようになりたいです。/丹下京子
●今回も父と妹にせっつかれて投稿します。 父は12句、妹は8句も投稿したと挑発してきますが、私は2句で精一杯です。 よろしくお願いいたします。/知里
●俳句の間を空けて投句しておりました。初歩的なところで、何回も注意されているにもかかわらず、投句することにだけ一生懸命になっていました。お恥ずかしい限りで、穴があったら入りたいぐらいですが、私用の穴は人の3倍は要りますので、穴を掘る時間を俳句に使いたいと思います。鰻も梅雨寒もカワセミの途中までも空けております。気づかせていただきありがとうございました。頑張ります。/大嶋メデ
○えらいっ!素晴らしい!己の間違いに気づいたところから進歩が始まるのであります!俳句ポスト365を切磋琢磨の場として磨きあってまいりましょう♪(正人)

●田舎の高齢者の生活を、俳句が楽しくさせてくれました。 なかなか敷居の高い俳句ですが、テレビで楽しく拝見しています。 皆様の質問等、楽しく読ませていただいています。 /吹子
●夏井先生はじめ皆さま、俳句ポスト楽しませていただいてます。散歩や自転車に乗りながらなど、ふとした時に見える光景を頭のシャッターで切り、五七の作業が日常化してきました。皆さんの句に学び、投句を続けることを目標に細々とですが実作に勤しんでます。ありがとうございます。/久素木葉子
●今回はちと、肩の力を抜いて作句してみたでトマト。さて、結果はどうなるか。 /トマト使いめりるりら
●俳句作り初心者。ありのままの自分を表現していきたいです。祖母が和歌を詠んでいた時のノートが出てきました。それを引き継ぎ、母もまた。私は、俳句で 引き継ごうかと思っているところです。/やすべえ
●今回も、どうぞ宜しくお願い致します。 お陰様で、並みに選ばれ始めて数回、これからは、感覚のみで詠むのではなく、もっと、一文字一文字を大切に、助詞や言葉の配置にも気を配り、俳句を科学できるようになりたいと思います。 そうといっても、やはり俳句は、詩という芸術。流れの美しさ・・・目で見た時、声にして読み上げた時の情緒というものも意識してゆければ理想です。/間仁田彩
●何が起こるかわからない世で、俳句をやっていて良かったと思う何度も言いますけど 最近 言葉もマナーも悪い人達が多い中 俳句をやっていたおかげで言葉に気をつける事が出来るし 大和言葉を知ろうと勉強したりします。日本人は大和民族ですから。/句詩呼
●最近ずっと俳句について考えています。中々上達しませんが、俳句を考えている時間はとても楽しく充実しています。これからも俳句を頑張っていきたいです。/宮川裕光
○好きこそものの上手なれと申します。楽しんで続けていくうちに着実に力は育っていくはず!楽しくないと俳句じゃないぜ!(正人)

●よろしくお願いいたします。今回かなりギリギリになってしまいました・・・。カワセミはなかなか普段お目にかかる機会がありません。/天水郷
●毎度毎度、締め切り日当日の投稿です。/もんちゃん
●翡翠…出来なくて今締切の22時ギリギリーズはここから勝負(なぜか短歌)/古都 鈴
○なにをうまいことギリギリにしていらっしゃるのか。座布団一枚。(正人@システムが違う)

●24516さんの代理です。今回の投句人数と投句数を教えて頂けますと幸いです。「翡翠」(カワセミ)、綺麗な鳥で最初は詠みやすいかなと思ったのですがコレはコレでなかなか難しい…… /洒落神戸
○今回も代理質問サンキューです!1655名8574句でありました。綺麗だし挑戦したくなる反面、類想を避けようとすると難しい、という感じでしょうか。みんなあの色とか動きとか題材にしたくなるよねえ…。(正人@嫌な予感)

●すみません。さきほどご送信してしまいました。/宮永 風太
●義母の代理投稿なのですが、先ほど同じ句を間違って自分の俳号うづらで送ってしまいました!こちらの、高橋笑子の俳号の方が正しいです。すみません。/高橋笑子
●すみませんでした。締め切りを一日オーバーしました。推考したまま、寝入ってしまったのです。/山田 哲也
○間違った時はだいたいの場合、正しい内容を送り直しておけば大丈夫です。ですが締切オーバーだけは別。締切を過ぎてしまうと集計システム上どうしても正しい回に入れられなくなってしまうのです。皆様くれぐれもご注意ください。(正人@自戒)

●翡翠や長調の声ウィーンへと この俳句?取り消せませんか?どうも何を伝えたかったのか分からないので。これから気を付けます。/みつき小夏み
○結果が出る前の取り消し・取り下げなどは原則必要ないです。単純に他の句が良かった場合は選ばれないまま闇に沈んでいきますし、ご本人が気づいてないだけで良い句の場合は選ばれます。ある意味単純な仕組。(正人)

●「Ctrl」+「f」を教えていただき、ありがとうございました!途方に暮れるところでした。/岸来夢
●パソコンで投稿し発表はスマホで検索していました。正人さんから自分の句を見つける方法(姫女苑の結果)を教えてもらい、パソコンで実行したら簡単にヒットしました。但し、見落としでなく全部没では検索できませんでした。検索できるよう木曜日掲載の句をめざしてがんばります。この検索方法は固定しておくと初めての方などに便利ではないかと思いましたけど。/ブービー
●夏井先生、正人さん、ハイポニストの皆さん、こんにちは。俳句ポスト365に投句するようになってもう3年近くになります。これまで「並」と「人」を繰り返してきたのですが、実は2回入らなかったことがあるんです。「あー、季語の活かし方が甘かったのかなぁ」とかいろいろ考えていたのですが、たまたまその時の俳句ポストの結果発表を見ていた時に、何と…月曜日の「よしあきくん!一期一会の一句」にその2回が選ばれていました。教え子も「麦踏み」の回に1位に選んでいただいていて・・・。これはこれですごいことなんですかね?これからは月曜日のコーナーから丁寧に読もうと改心いたしました。よしあきくん…ごめんなさい<(_ _)>/みのる
○全部没になった~と嘆く人のうち何割かは月曜火曜金曜あたりをご覧になってなかったりします。…いや、たまにあるんですよ「金曜に残るはずがない」って思い込んで、あとで句友から「金曜だよ」って言われて驚くパターン。検索する場合、木曜日以外もお忘れなく。(正人@実話)

●やっとメールマガジンが登録出来て良かったです。締め切りが分かるので助かります。 コロナのおかげで プチ吟行も出来ないので 脳内吟行ですけど/句詩呼
●いつもお世話になっており、感謝しています。連絡です。 この度加入しているメール屋がドメインを変えろと言ってきました。 抗争しましたがガンとして動かず、やむなくメールアドレスを変えねばなりません。  /むじーじ
○メールアドレスの変更は俳句ポスト365本体としては特に必要ありませんが、メールマガジンに登録している方は新しいアドレスでの再登録が必要になります。メールマガジンの登録ページからよろしくお願い致します。(正人)

●先に投稿した翡翠の句のことで、「父からの翡翠色の指輪かな」の【指輪】は【指環】の文字のほうが適切だったかなと後で思いましたが、いかがでしょうか?/佐々木照風
●添削はしていただけますか!?? 個人的にその結果を認識(しる)方法はありますか!??/月尾(げっぽ)
○稀に火曜の俳句道場内「添削という名の杖」であります。その他、木金に添削された形で掲載されることもありますが、いずれも稀です。(正人)

●私の影響で俳句を初めた友達の、代理投句しています。超初心者なので、添削のお手伝いをしますが、こう直したら良いとか、私の意見を答えとして、具体的に言わないようにしてます。 私自身が、未熟で自信が無いからと言うだけでなく、自身が詠んだ句と言う実感を大事にしたいからです。本人の言いたい事に寄り添い、本人の言葉を引き出すよう心掛けています。この事が、私自身にも、とても勉強になります。自分の句の推敲は、主観的になりがちですが、友達の句なので、俳句に対して客観的になれます。この事で、気付かされる事が多いです。友達同士で、俳句について、あーでもないこーでもないと、語り合う時間は楽しいです。 令ちゃん@埼玉/上原まり
○素晴らしい学びですね!自分で作った実感、自分で推敲した実感が成長の糧になるのであります。(正人)

●俳句を作り始めて3年半ほどです。 句会に参加したことがないので、自分の句のどこが悪いのかは、投句した句が何故選ばれなかったのかを自分で考えるしかありません。 上記の二句。どこが悪いかを教えて頂けるとありがたいです。一句目は一人よがりすぎ、句に奥行きが無いように思います。二句目は「嵌める」はいい動詞を見つけたと思っていますが、翡翠にヒスイをもってくるのは作りすぎかとも思います。本当は「トルコ石の目」にしたかったのですが字余りになってしまうのでヒスイにしたという安易さもひっかかっています。/直
●組長お疲れ様です。先日は「姫女苑」で人選を頂きたいへん光栄です。ですが実のところ、本命の句は別にありました。ですので「なんで本命は選ばれなかったんだろう」と思案していたところ、金曜日の結果発表を見て氷解しました。自分なりの反省として、季語の捉え方にズレがあったように思っています。例句を見るという勉強を怠っていたのが大きな失敗でした。今回は例句をある程度拝見し、季語がどのように捉えられているかを探りつつ類想は避けつつ……と作ってみました。宜しくお願いします。/升 丁茶
○「なんで本命は選ばれなかったんだろう」って考えることで様々な気づきが得られますね。「本命が選ばれない」は俳句あるあるですが、ただのあるあるで終わらせないところがえらい!!(正人)

●遅ればせながら、姫女苑についてです。姫女苑は、子供の頃、貧乏草と読んでいました。農作業をさぼるとすぐ生えてきて花が目立つからです。あそこの家は怠けているから貧乏になっちゃうぞ、というわけです。怠けものに見られないために、せっせと抜いたものです。近所迷惑にならないよう、種を飛という意味もあります。そういうわけで、雨に濡れたところなど、汚らしい、綿のはみ出たところのような花、との印象がぬぐえません。よく見れば、なかなか綺麗でかわいい花なんですが。外来生物ですが、始めは観賞用として輸入されたそうです。ハルジオンとの区別は「姫は抱かない」というそうで、花の本でみました。ハルジオンの葉は、茎をまくように出るのですが、姫女苑の葉は茎に巻き付いていない、ということです。ぜひ、見てみてください。/花菖蒲
○追加の季語情報ありがとうございます!「姫は抱かない」ですか、なるほど。語呂的に特徴覚えられるといいですねえ。(正人)

◆我ら並選隊
●兼題「姫女苑」では、並選に選ばれ、とても嬉しいです。 ありがとうございました。 苦い思い出を詠んだのですが、実体験を詠むと、やっぱり響くものがあるのですね。 /ちか丸
○実体験の力は確かなものですねえ。良い体験も悪い体験も、ものは使い方次第?(正人)

◆俳句修行は楽し♪
●奥の細道むすびの地…。今回もよろしくお願いします。俳句を始めて約半年になりました。型にはまり過ぎるのも嫌だなと思い、プレバトで得た知識と自分の感性だけを信じてやっておりました。が、この辺でやはり基礎を学んでみるかと思い「世界一わかりやすい俳句の授業」を読みました。ちゃんと宿題も全部やりましたよ(笑)今まで、やみくもに考えて作っていたのが、型を知ることでポンポンとできるようになりました!良い句かどうかはともかく(笑)。今回の二句目以降は、「世界一…」を読んだ後に作った句です。しばらくは、基本の型をじっくりと作ってみようかなと思っています。ご指導よろしくお願いします。/Sweet Taxi Driver
○今回も大垣からサンキューサンキュー。学ぶって楽しいですね!(正人)

◆俳号に名字をつけよう♪キャンペーン
●前回は「てっちゃん」の俳号でしたが、今回より「てつお」に変更させていただきます。/てつお
●俳号を変えました。 ときえ→にじのすみれこ/にじのすみれこ
●前回の俳号を忘れましたので、 また変えてしまいました。/のろ爺
●俳号を睦月からみつき小夏に変えました。/みつき小夏
●今回から、俳号に苗字をつけました。 朝子だけでは、分かりにくいかも知れないので、山口 朝子です。 宜しくお願いします。/山口 朝子
●今まで俳号「ひろの」で投稿させて頂いてましたが、名字をつけ「川村ひろの」と改めさせて頂きました。 (5月23日の投稿で、その変更の旨をお便りの欄に間違えて記入してしまいましたので、こちらで改めてご報告させて頂きました。記入欄を間違えてしまい申し訳ありませんでした。よろしくお願いいたします。)/川村ひろの
●もう一度 大嶋日出子から大嶋メデに変更いたします/大嶋メデ
○『俳句ポスト365』では、「ありそうな俳号をお使いの方は是非とも姓を付けて下さい運動」を展開しています。俳号は、自分の作品を自分のものだと主張する大切な記号。投句者お一人お一人の個性と習熟度を見極めながら、適切なアドバイスができるようにと日々心がけています。以下ご協力の程を。
 ① 同一人物の複数俳号の投句はお控え下さい。
 ② ありそうな俳号には必ず姓をつけて下さい。

●俳号は、どのようにして付ければいいのでしょうか?/田中強
●昨年秋?に、最初の投句、二句投句して、一句人に、一句並に入り、今回、二回目の投句です。 その頃、金木犀が咲いていて、よい香りが漂ってましたので、「木犀女」と、俳号をつけました。 /木犀女
● 「俳号」の変更したくて考え中です。「人」選10連続できたらと、そして今回がその課題。俳号は納得できるのが思いついたのですが、肝心の句は‥ドキドキ/千恵
○俳号の付け方は自由です。咲いていた金木犀に触発されて、なんて理由も実に素敵。他の人と被らないように気をつけつつ、自分だけの俳号を名乗ってくださいませませ。(正人)

◆ウェンズデー正人へ
●正人さん!紅茶豚美味しい。紅茶で肉を40分茹でて、一晩から三日、たれにつけとくだけ。一緒にタマネギスライス漬けたり、茹で卵漬けたり。自粛でレパートリー増えた、/こま
○漬ける作業は何気にえらいって思うの…ずぼらにはまずそれがめんどくさいのだ…。(正人)

●正人様へ。お花の歳時記で「サイネリア」を探していたら「あらせいとう」を見つけました。大分前のクイズですよね、すみません。。/渋谷晶
○懐かしいなあ、出しましたねそんなクイズ!あれ読めるようになった瞬間、自分に感動しませんか!?(笑)(正人)

●正人様へ。いつもありがとうございます。 「ジョジョ」シリーズのファンです!皆様のお便りに「ジョジョ」ネタを見つけるのが楽しみです。これからもどうぞよろしくお願いいたします。個人的にはスタープラチナとスパイスガールが大好きです。/渋谷晶
○自分としてはやはりキラークイーンでしょうか。あと地味にチューブラーベルズとか好きです。(正人@4部と7部好き)

●正人様 「囚人」はそう、このご時世のあや、私はお家でぴんぴんとしてござりまする:)囚人という言葉は、病床の子規さんがいくつも詠んでいるんですね。夏井先生の「子規365日」に載ってたかなあ。あの本では「ちょっとしたバージョン違い」の味わいを知りました。/裏山小虫
○言葉のあやで一安心。子規も然り、ずっと閉じこもっていると人はそういう感覚に陥るってことですねえ…。(正人)

◆夏井いつきへ
●久しぶりに投稿させて頂きました。 何の進歩もない、俳句と呼べるか分からないものを時々作っていますが、気軽に応募できる場を与えて下さって、ありがとうございます。 投稿を続けていると、上手い下手、一席、その他、と順番がつくのは仕方がないことだと思っていますが、疲れてきました。かといって、横並びも苦手で困っています。 俳句は詠みたい時にしか詠みませんので、不勉強なままです。それでも、年齢、性別、社会的地位や、選者の先生方との交友関係などがあるかないかなどに関係なく、気軽に親しめるものであって欲しいと思っています。 (普段は主に短歌を詠んでおります。アマチュア歴が長いため、愚痴のようなものになってしまっていたら、本当にすみません。)/圭子
○「年齢、性別、社会的地位や、選者の先生方との交友関係などがあるかないかなどに関係なく、気軽に親しめるもの。」 大事なことだと思います。私たちは、俳句という一点で繋がることのできる、清々しい仲間でありたいと願っております。(夏井)

●夏井先生のYouTube、チャンネル登録しました。/傘踏弾正
●YouTube見てます!/焼饅頭
●YouTube見てます。チャンネル登録もしました。インスタもTwitterもフォローしました。夏井先生はスマホなのかしら。インスタの写真もっとアップして欲しいで?す。/中村すじこ
●YouTube始められていたのに気が付き早速登録しました。 さらにさらに俳句が身近に感じられて嬉しいです/定吉
●ユーチューブ俳句チャンネル開設おめでとうございます。投句締め切りの5月27日現在登録者数は1万9千人です。いつき先生と正人さんの息ぴったりの配信、これからも楽しみにしています☆彡/オキザリス
●「夏井いつき俳句チャンネル」楽しいです!生まれて初めてチャンネル登録というのをしました!もちろん、息子に教えてもらいながらです。(笑)「伊月庵通信」も、申し込みました。裾野で、がんばっていきます。/みやこわすれ
●夏井先生のYouTubeを娘と見ています。先生のコメントが五七五だ!と娘。「そこですかあなたの心に触れたのは」(キスマイ「王国の蝶」歌詞解説⑤の回)。凄い!と、しばらく五七五でしゃべろうとしました。家藤正人さんとの掛け合いに笑いこけ、全配信堪能いたしました。木・日が楽しみです。/わこたんのまま
●お世話になります。俳句ユーチューブを見て、仲良し親子と、画面には見えない、優しい旦那様の様子を毎回楽しんでいます。キスマイファン?でなくても「王国の蝶」にはハマりました!とても素敵な歌詞と曲ですね!蝶語を聞けた組長も凄いし、選んだ俳句も素敵だし、歌に仕上げた年上の横尾氏も凄い。歌っている横尾君、千賀君も素敵!登録人数も増えて、これからも楽しみにしています。/キャサリンまさこ
●胃ろうのペグの交換がひと月遅れたためペグが無茶苦茶痛いです。看護士さんに言わせると経管栄養でも後二十年くらいなら生きられるとのことですが心配で心配で。それとYouTubeを見ましたがチャンネル登録が出来なくてすみません。/ねずみ男
●Youtubeを拝見しました。夏井先生はテレビで存じ上げていましたが、家藤正人さんがお隣にいらっしゃって、「この方が正人さん…!」と勝手にお会いしたかのように感じました。その後、この俳句ポスト365の正人さんのコメントは、Youtubeでお聞きした声で頭の中に聞こえています。/岸来夢
●先生と正人さんの、ユーチューブ楽しく拝見しています。先日、先生が、初めは二階堂くんと千賀くんの区別がつかなかった、とおっしゃっているのを聞き、あ!一緒だ!と可笑しくなりました。私も判別に時を要しました。ところで、先生の句集「蝶語」再販の予定あれば、教えて下さい。もう品切れで…/アガニョーク
○YouTube観て下さってありがとう。ウェンズデー正人と一緒にやってますので、是非周りの人たちにもお知らせして下さい。このサイトにも、さまざまな質問や疑問届きますが、「よくある質問」「基本的なことへの疑問」などは、YouTubeでお答えしておくのが、お互いに便利であることに気づきました。まだ20本ほどしかアップしてませんが、毎週木・日の夜8時に配信できるよう、コツコツ頑張ってます。皆さんから、チャンネル登録・コメントが継続の力になります。応援してね♪(夏井)

●先日、松山市のシティプロモーション推進課という部署からメールがありました。市の広報の番組で組長が担当されるコーナーがあるそうですね。私の俳号と俳句を使用してもよろしいかとの問い合わせでしたので、勿論、OKの返事をさせていただきました。YouTubeで見られるみたいなので、楽しみにいております。/堀口房水
○松山市の広報番組に、俳句ポスト365の句をご紹介するコーナーがあります。YouTubeで観ることができますので、是非さかのぼって観ていただけたら嬉しいです!(夏井)

●話題は別ですが伊月庵通信届きました。きれいな夏らしい表紙でこの表紙でも一句作れそうですね。/真喜王
●いつき先生、お疲れさまです。姫女苑の並選ありがとうございました。「伊月庵通信」もありがとうございました。 私が俳句を続けているプレゼントに、先生の『日々是「肯」日』を句友が贈ってくれました。これから読みます。よろしくお願いします。/清水祥月
●伊月庵通信2020夏号が届きました。号を重ねるごとにボリュームアップしていて、読み応えじゅうぶんです。さまざまな素晴らしい句に出会えましたが、なかでも花紋さんの桜の句、堀アンナさんの花衣の句、中山月波さんの啓蟄の句がお気に入りです。組長のものでは三椏の花の句が素晴らしいと思いました。秋号も楽しみに待っています。/いかちゃん
○仲間の句を、自分のお気に入りとして記憶できるって、素敵なことです。そして、いつか誰かが自分の句をお気に入りとして愛唱してくれることもあるに違いないと憧れつつ♪私たちは自分のために俳句を作り続けていきましょうね。(夏井)

●組長、正人さん、こんにちは! 先日誕生日を迎え、俳句ポストの年齢欄が一つ繰り上がりました。 今年は誕生日当日に伊月庵通信が届き、なんとおウチde桜を詠む企画の桜ストールを頂いてしまいました! まさかの誕生日プレゼントとなり、とても嬉しかったです。 ありがとうございました。 また、同じ週にカタログハウス様の俳句投稿企画である俳句生活の方でも「蛙」で天をいただき、まさかまさかのバースデーバブルに浮かれっぱなしの一週間でした。 選は「グリコのおまけ」とはいえ、本当にありがとうございました。これからもこつこつと俳句を続けていきます。 /古田秀
●おうちde桜の詠むの賞品の桜のストール届きました。先生のことが大好きな母の誕生日プレゼントにさせて頂きます。きっと一年間は自慢してまわると思います。ありがとうございました。/みどちゃん
○今年の伊月庵「花守祭」がコロナのため中止になりました。『伊月庵通信』の「色の歳時記」を連載してくれてる染織家・宇都宮弘子さんの桜染めのストール、特選の皆さんに
プレゼントさせていただきました。来年の春には、道後上人坂伊月庵にて花守祭を楽しめたら嬉しい♪

●緊急事態宣言が解除されて、まずはひと段落ですが、当分緊張状態は続きますね。 プレバトも大変かと思いますが、遠隔参加や梅沢さんの新企画を興味深く拝見しています。 これからも楽しく勉強させていただきます。夏井先生、スタッフの皆様、どうぞお元気で。/雨霧彦@木ノ芽
●プレバト俳句、梅沢富美男永世名人の試練は二句連続で「ボツ」。句集ができるのに、いつまでかかるのやら。とはいえ、これからほぼ毎回出られると考えると十二年はさすがに掛からないかと思いますが。その時をお待ちしています。/京野さち
●時折『プレバト』を視聴(み)て拙く勉強をば致しております。が、 何分にも『ど素人』なもので・・・。/月尾(げっぽ)
●夏井先生と梅沢富美男のやり取りの面白さ、俳句を身近に感じる種を撒かれた功績は素晴らしい。 毎週『プレバト』楽しみです。 今や、私のストレス解消になってます。/立香
●プレバトのおかげで俳句の良し悪しがだんだん分かってきましたが 詠んでいるうちに自分の俳句のダメさもわかるようになり 冒険できなくなりました(´・ω・`)/脩平
○梅沢のおっちゃんも、「俳句の良し悪しがだんだん分かってきましたが 詠んでいるうちに自分の俳句のダメさもわかるようになり 冒険できなくなり」という年数を克服して、今のおっちゃんになっています。冒険するためには、基本の足腰を鍛える必要がある。コツコツ一緒に歩きましょう。(夏井)

●夏井先生はいつもプレバトで見ています。あこがれの先生です。/一石浩司
●夏井先生!今日もプレバト拝見しました。 勉強になりました。 しかし上達は別物です。/紫雲
●プレバト俳句楽しみにしています。/富樫 幹
●俳句は家にいても出来るので、良いですね。 この世には俳句の入門書が五万とあるんですね。 順番に読んでいます。黒田杏子先生が300冊は読むようにと書かれてました。先生の師匠だと先生の句集を見てしりました。 プレバト見ています。私も参加したいです。 句集の精査などしてもらいたいです。おっちゃんが羨ましい! 励みます。/檀凛凪
●組長、正人様、スタッフの皆様、ハイポニストの皆様、おはようございます!「梅雨寒」から投句を始めました、渋谷晶(しぶやあきら)と申します。「プレバト!!」での組長の劇的添削を目の当たりにし、俳句の世界に飛び込んだ超初心者です。スタッフの皆様には早速色々とお手数をおかけしていることかと思われます。本当に申し訳ございません。今は、俳句を考えている時間がとてもとても幸せです。どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします!「プレバト!!」の「放送人グランプリ2020企画賞」受賞おめでとうございます! 大変な時期ですが、どうぞお身体を大切に、今後とも「プレバト!!」を初め、全国を飛び回られる組長の益々のご活躍をお祈り申し上げます。/渋谷晶
●夏井先生お忙しい毎日ですね。久々に、実家に帰ってきております。昔、俳句を楽しんでいたと思われる父に、俳句ポストに、投稿している話をしたところ。『まあ5年は、続けてみるんだな。』と、いわれました。さらに、スマホで、夏井先生のお顔を見せてあげたところ、『このひとは、しっかりしているんだよ。相手が男の人でも、絶対負けてないんだ!』と、先生を絶賛しておりまして、しっかり認識できていたのにはおどろきました。先生おみそれいたしました。/加容
○お父さんに誉められることは、私にとっとの「グリコのおまけ」だな♪ お父さんにYouTubeもご紹介下さい~♪(笑)(夏井)

●夏井いつき様 実に「蕨餅」以来の投句となりました。3月から東温市・坊っちゃん劇場に俳優として滞在しております。愛媛に来たらあちこち吟行に出かけようと目論んでいたのですが、コロナのすったもんだでレジデンスに籠もりっきりの生活。ふた月延びた初日もようやく決まり、6月7日にいよいよ舞台の幕が開くことになりました。僕の登板は7月末までなのですが、もしもご都合つくようでしたら是非劇場に足をお運びください!お目にかかれたら幸甚です。 /天辺
○坊っちゃん劇場、再開されたとニュースで聞きました。今回は、桃太郎の話だそうですね。お客さんの数が入れられないので、どこも大変だけど、お互いに頑張ろうね。(夏井)

◆広がる『俳句ポスト』仲間たち!
●いつき先生、正人先生、スタッフの皆さまいつもありがとうございます。「姫女苑」の並選もありがとうございました。地選のむらさきさんの句、スゴかったです…翡翠は美しく飛びますが、私の発想は全然飛びません…/明惟久里

●ぐでたまご様の「春暖」の句がホンワカとして楽しい句で、私もこのような句が作れたらいいなと、感心致しました。/佐々木照風

●すえよしさん、NHK俳句入選おめでとうございます。「風通しよき大広間初鰹」櫂未知子選。/純音

●にゃん様へ、姫女苑の回にて、わざわざお返事頂きありがとうございまトマト。そして、姫女苑にての地選、おめでとうございまトマト。いつも、独創的で、技量の高い句を作る方だなと思っておりました。これからも参考にさせていただきますので、よろしくです。あっ、トマトも猫大好きです(笑)。 /トマト使いめりるりら
●トポル様へ、姫女苑の回にて、わざわざお返事頂きありがとうございまトマト。本当によく並びますねというコメントを頂いたその日に、まさか俳句生活の地選で、トポル様と前後並んで入選するとは…席が隣のよく喋る同級生と、大きな大会の決勝戦とかで、出くわしたような嬉しさでした。ミラクル!では、これからも、トポル様と並ばせて頂きたく思いますのでよろしくです。いつか、ここハイポでも並んで金曜に出れたら…を夢見て頑張らせていただきトマトです。 /トマト使いめりるりら

●組長、正人さんこんにちは。「姫女苑」水曜、葉月けゐさまのご主人の白内障の手術のお便りを拝読。思い出してしまいました。母が手術を受けた時、私も見ました。いや、見させられました。大型モニターいっぱいに瞳がドアップ。そこへ針というか器具というかが(以下略)。しかもその一部始終をDVDに焼いたものをいただきました。どうも医療事故に備えてのもの、らしく透明性が確保されますとのこと。良心的といえば良心的ですね・・。あんまりちゃんと見ていないけど。/すりいぴい
○おお、なるほど…そういう意味があったのですね…言われて納得。(正人)

●こんにちは 種まきした友達のひとり、なんと私の弟子だなどと言って俳号を「風花美絵」とつけて投句した模様です。 まさか私が弟子をとるのはとんでもないことなので、 “札幌の風花姉妹”ということで、これからふたりして売り出します!まずは歳時記を買うことから勧めました(笑) どうぞよろしくお願いします。風花まゆみ/風花まゆみ
○札幌の風花姉妹ってなんかめちゃめちゃカッコイイコンビ誕生してるー!(笑)(正人)

●シュトゥットガルト俳句女子の会/網野れいこ
●シュトゥットガルト俳句女子の会/遥明
●シュトゥットガルト俳句女子の会/芍薬
●シュトゥットガルト俳句女子の会/海葡萄
●シュトゥットガルト俳句女子の会/亀の
●シュトゥットガルト俳句女子の会、がんばるぞー/月の道馨子
●シュトゥットガルト俳句女子の会/三大夜景
●シュトゥットガルト俳句女子の会/翡翠の漢字に、最初はヒスイ(翡翠)としか繋がらず、祖母から形見でもらった翡翠の指輪を回想しました。ヒスイの指輪に翡翠を思い出せたらいいな。。/海葡萄
●今回の兼題「かわせみ」からすぐに思い付いたのは平岩弓枝著「御宿かわせみ」という小説。女主人公のるいさんのファンで、彼女を思わせるしっとりとした恋愛歌を1句だけでもと考えましたが、どうも今の私の日常からはかけ離れてしまった世界だったよう。全く思い浮かばず諦めました。/追師うさぎ(シュトゥットガルト俳句女子の会)
○憧れは憧れとして作ってみてもいいんじゃないかな!?(正人)

◆小さな俳句の種蒔き運動♪
●夏井先生を見習って、俳句の楽しさを伝えたいと、周りの人に俳句の種蒔きをしてきましたが、一向に芽が出ませんでした。しかし、今回の自粛生活で、二人が俳句を始め、俳句ポストに選ばれることで、とても喜んでくれています。仲間が増えると、よりたのしいです。/なかの花梨
○種蒔き成功おめでとう!仲間が楽しそうにしてると自分も楽しくなれますしね!これからがまた楽しみ!(正人)

◆「人」「地」「天」~ベム・ベラ・ベロ俳人たちより
 誰が言い始めたか、「『人』選にはいりたい=人間になりたい=妖怪人間ベム」という話で盛り上がり、「『人』選に入る=人間になる=ベム俳人になる=ベムる」と、不思議な動詞や、「天地想像」なる四字熟語が生まれております。

●俳句を始めてもうすぐ1年になります。この度姫女苑の回で人に選んでいただき、ありがとうございます。自分の句を見つけたときは「や、やった!」と本当に人かどうか見直ししたほどです。何せ人の壁は厚かった…締切間際に寝落ちしたこともたびたび…これからも結果に甘んじることなく、俳句の道を一歩ずつ進んでいけたらと思います。/なかしまともこ
●ご無沙汰しております。姫女苑の人選ありがとうございました。なんとか投句できましたが、またまた超繁忙期に突入です。翡翠のように何か咥えて戻れますように。 コロナの緊急事態宣言は解除されましたが、皆様、ご自愛くださいませ。/ラッキーの母
●夏井先生、ウェンズデー正人様、お世話になります。 兼題「姫女苑」にて「人選」を頂きまして、ありがとうございました。「緊急事態宣言」が全都道府県で緩和されました。そう、私は「解除」ではなく「緩和」と捉えています。こんな世の中だからこそ、の17音があるはず。と思いながら、「5・7・5」と指折り毎日を過ごして居ります。頑張ります♪ /塩の司厨長
●こんにちは。姫女苑では人選をありがとうございました。自分で気に入ったものを選んでいただいたことで、より励みになります。詠みたかったものを句にすることができたのかな、と思いました!/夏 湖乃
● 夏井先生、正人さん、スタッフのみなさま、いつもありがとうございます。今回も6句を応募させていただきました。何がよくなったかはもちろんあるかないかわかりませんが、何となく作ったという部分は少なくなっている気がします。「姫女苑」で久しぶりに人選をいただきました。ありがとうございます!これは、自分でもこれでどうかな?と考え抜いたところのある句でした。ですから、なおさらうれしいです。次回の兼題季語も、燃えさせていただきます。/榊裕江子
●先生そしてみなさま、いつも刺激をいただき、ありがとうございます。 初めてのお便りのわけは、久々に「姫女苑」で並選から人選になったから。やっぱり嬉しくて、つい‥/絵十
●「姫女苑」二句人選ありがとうございました。/京野さち
●兼題「姫女苑」で2句人選を戴き、本当にありがとうございました。2句採って戴いたのは初めてで、やっと『人二句(にんにく)俳人』(勝手にネーミングしております)に成れたーっと万歳しました。 新コロナ禍、もう少しで収束です。皆様ご自愛下さいませ。/戸部紅屑
●姫女苑で2句人選有難うございました。自選するならこれとこれ と思っていた句が選ばれたのは初めてで、殊更嬉しかったです。/定吉
●組長!「姫女苑」での「人」選、ありがとうございました。そして、びっくりしました。数句投句させていただいた中で、よりによって「姫女苑華奢な毒舌はびこらせ」が選ばれるとは思いもしませんでした。 正直に書きます。この句は、プレバトでの組長のお姿をイメージしてつくったものです。 かつて握手させていただいたときの手の小ささ・柔らかさ、また、俳句の種まき・裾野を広げんと忌憚なく物申すお姿は、国内の至る所に小さき花をはびこらせる姫女苑と似てる気がして。ついついふざけて組長をからかってしまいました。ごめんなさい。人をからかい「人」をもらうのは失礼千万!正人さん、兼光さん、「没」に落としてやりなさいっ!/あたなごっち
●「姫女苑」での地選、ありがとうございました。いつか組長にお会いした際には「あぁ、あなたがあのさるぼぼかい!」と言って頂けるよう、少しでも印象に残る句が作れたらいいなと思っています。ぼちぼちがんばりますー。/さるぼぼ@チーム天地夢遥
●夏井先生、正人さま、スタッフの皆さま、いつもお世話になりありがとうございます。第240回松山ポスト「姫女苑」の回にて「天」に選んでいただき、本当にありがとうございます。最初結果を見たとき、我が目を疑いました。この約四年半、休まず投句を続けてきて良かったとしみじみ思いました。「姫女苑」は大変惹かれる季語であったので、尚のこと嬉しかったです。コロナウィルスの不安渦巻く現在・・皆さまのご健康を心よりお祈りしております。本当にありがとうございました。(花伝)/花伝

◆コロナウィルスに寄せて
●緊急事態宣言もようやく解除。早く登山や旅行に行き、素敵な俳句を読みたいものです。/sugarlily
●コロナウイルス。収束に向かいつつあり、先生並びにライバルのみなさん無事乗り越えられてご同慶の至りです。/ウロ
●やっと緊急事態宣言が解除になりそうだ。これからが大切な時間、我慢のしどころだ。/ちびつぶぶどう
●こんにちは。不安と未定ばかりの日々ですが、夏井先生を見習って生花を飾ったり、ゆっくりネイルを塗ったり、ライブDVDみたり、中華まんやナンをてづくりしたり…ステイホームにもすこしずつ慣れてきました。でも、本音をいえば、早く外出したいです。安心して出掛けられる日が、一日でも早く訪れて欲しいです。/ちょろたこいん
●こんにちは。オンライン飲み会とか、オンライン句会とか、コロナ禍の中、新しい動きに乗ってみました。慣れるしかないなと。しかし、この流れは続くのでしょうかね…。/でらっくま
●コロナの影響で、俳句仲間に会えません。そこで、初めて、五月に仲間達とネット句会を行いました。とまどいは、ありましたが、楽しかったです。/KAZUピー
●コロナ騒動で、ホームステイな日々。すっかり世捨て人気分でトマト。 /トマト使いめりるりら
●夏井先生、スタッフの皆様こんにちは。 緊急事態が解除され、そろりそろりと新しいタイプの生活始めなくてはならないですね。 今まで通りにならないのは残念ですが、それも句作の種になるかなとか考えています。 俳句、先生のテレビで始めて良かったと思っています。有難うございました。 /のぶ子
●プレバトが 身近になった 春の待機/のろ爺
●緊急事態宣言解除に伴い、街がすこしずつその姿を取り戻しつつあるようです。しかしコロナ前の生活に戻ることは永遠にないのかもしれないと思うと、気が重くなります。私は心臓などに基礎疾患を持ち、肺も片肺しか機能を果たしていないため、この状況はかなり厳しいと言えます。 俳句が心の安らぎにならないかと何度も努力しましたが、むしろ俳句に心が向かわない自分にため息が出るばかりです。 なんとかまた俳句に向き合えるように、頑張りたいと思います。/ふくろう悠々
●ステイホームになってから、俳句を考えてる時間が増えました。/やまやま
●コロナも暑さも大変になりますが、皆様のご健康をお祈り申し上げます。(井上喜代子83歳おうちで俳句でなんとか生きとります)/井上喜代子
●在宅勤務で環境のよろしくない状態で仕事して、すっかり視力が落ちました。/海野しりとり
●お元気でしょうか?これから、梅雨、夏、と、また湿度高い暑い季節がやってきますね。しかも今年は、まるでコロナ第二波へ備えての準備期間とでもいうような自粛態勢の中・・・疲れます・・・が、そのような中でも、楽しみを見つけ、俳句になるような一瞬一瞬を大切に、せっかくの季節をはじけてゆきたいです!またどうぞ宜しくお願い致します!/間仁田彩
●こんにちは。在宅勤務を始めて丸3ヶ月。そろそろ嫌いな上司の顔も忘れてきました笑 緊急事態宣言解除されたばかりなのでこれからどうなっていくことやら。。。皆さまStay healthyで!/紀友梨
●首都圏を除いて緊急事態宣言が解除となりましたね。新型コロナウイルス流行も収束でしょうか。とはいえ油断せず、外出にはマスク(もう夏マスクですね)を忘れぬよう気を引き締めていきたいと思います。/京野さち
●新型コロナの自粛生活は当方大阪ではまだまだ続きそうです。俳句を心の杖に、もうひと踏ん張り頑張りましょう。/戸部紅屑
●お体を大切に。頑張りましょう。/幸
●組長はじめスタッフの皆様、いつもありがとうございます。緊急事態宣言が日本中に発出されて一か月が経過し、棒グラフの右肩が大分下がってきましたが、まだまだ日々の行動の箍は緩めるわけには参りませんね。市役所の方々もコロナ対策に加え、給付金への対応という新たな作業が加わり、更に日々の業務が多忙を極め、疲弊されていることと拝察いたします。市民のため、ご家族のため、さらにはご自身のためにもどうぞご自愛下さって、業務にあたって下さいますように。組長も句会や講演、収録などなど、従前のご多忙から少し解放され、体力の温存・増強の時間、俳句の研究など、日頃忙しさにかまけて取り組めない事柄などに時間が使えるようになっていらっしゃるのではないでしょうか。私は今年に入って、ブログの写真俳句を、ハイポの兼題にしぼり、毎日UPしていますが、同じ季語で毎日作り続けるのは大変なのではありますが、逆にその楽しさもあるな・・・と感じてもいる昨今ではあります。組長が仰っていた「季語は日本文化のインデックス」。これをしみじみ感じてもいる毎日でもあります。プレバトでの梅沢名人への厳しいご指導、とても楽しい俳句教室となっています。組長はじめスタッフの皆様、松山市役所の皆様、気楽に気長に頑張りましょうね。/江戸人
●コロナによる、非常事態宣言も解除されましたので、行ったことのない句会へも参加していきたいと思っておりますので、ご紹介いただけると幸いです。/浩章
●新型コロナウイルスの影響で、勤務日数半減から6月は店舗休業となりました。時間を持て余すので、おウチでしいたけ栽培キットなるものを購入してみました。うまくいけば、この兼題が発表される頃には収穫ができていると思います。/高橋寅次
●いよいよ解除が近づいてきたようです。自粛太りにブレーキをかけるためにも、少しは外へ出て季節を感じたいと思ってます。/紺乃ひつじ
●新型コロナウイルス、山のように研究者と話し、日曜ごとに話して、おそらく第二派はあっても小さいのではないか(今ほとんど収束に向かっている)7月には旅行できるかもしれない。希望をもっていけるのではないかと思います。正しく怖がり、今はヒトを信じていいと思います。/砂山恵子
●新型コロナウイルスは多少今から細かいうねりはあるでしょうがおそらく沈静化するのではと思います。 次回冬になるかどうかは解らない。ただ生きていてよかったです。1日中新型コロナウイリスのこれからの推移を過去の感染症と照らし合わせ調べたのですが、おそらくこの6月はじめにいったん沈静化するのではと思います。/砂山恵子
●新型コロナは人間を避けなければいけない、という「絆を作ってはいけない」と恐怖で人と接しないといけないつらさがありますね・・・人を見たら疑うということを刷り込まれてしまっています。つらいです。/砂山恵子
●自粛自粛ですっかり心が萎えています・・旅行したいですね。/砂山恵子
●俳句をやっていてよかったなぁと実感するこのごろ。/山香ばし
●疫堝で大変ですが 頑張ってください /狩谷和寓
●組長、正人様、スタッフの皆様、ハイポニストの皆様、いつもお世話になっております。 健康に関して、まだまだ油断できない状況ですが、その上、今は季節の変わり目でもあります。皆様どうぞお身体を大切にお過ごしください。/渋谷晶
●敬愛なる組長!私はもともと「おうちにお籠り」が好きなので、今の状況はさほど苦にはなりませんが・・・居酒屋に行きたいです。もう少しの辛抱です。/村上 無有
●組長こんにちは! 5月25日から、学校も一斉登校となり給食も始まる予定です。とても楽しみです! まだまだ油断は禁物ですが、少しずつコロナ流行前の日常が戻ってきて、うれしいです。 いつか句会ライブに参加できる日に備えて、俳句のタネをたくさん見つけたいと思います。/打楽器
●夏井先生、スタッフの皆様、緊急事態は解除になりましたがもうしばらくは警戒してお過ごしください。/泰然
●緊急事態宣言が解除されました。第二波が来る気しかしませんが、どうかこのまま収束しますように。みなさまお気をつけてください。/冬木ささめ
●福岡県です。コロナウィルス流行で大変だった。ステイホームで俳句を、作りました。コロナウィルスの終息を祈ります。/藤田由美子
●非常事態宣言解除。県内移動ならOKか…。と近場の史跡や寺社を検索。こんな工業地帯の下町にもゆかりの地が意外にあるもんやなぁ、と発見して楽しんでいます。でも基礎疾患があるから調子に乗って出かけるのは良くない。でも寺町とかは閑静なところが多いしなぁ。来月半ばからは県跨ぎもOKか。でも焦って行っても私には良いこともないし、かと言ってじっくり待つと人出がまた増え始めるしなぁ、とぶつぶつ言っている日々でございます。/尼島里志
●コロナの緊急事態宣言の間、仕事を休みました。 本を読みました。 不慣れの[LINE」「フェイスブック」「Twitter」を使いこなせるようにしました。 早朝は、知人と公園で体操し、夕方は近くをウオーキングしました。 それなりに、上手に過ごしたと思います。 /風間昭彦
●まさか夏までは続くまいと思われていたウイルス騒動ですが、5月中旬の今現在まだ収束には向かっていません。しかし社会全体の封鎖には限界が来たようで、これから徐々に緩和されていきます。この緩和によってどの程度ウイルス感染者数が増えるのでしょうか。今までの自粛によってウイルスが消えたわけでもないのですから、このまま感染者数が減っていくとは考えづらいです。こんな時に美しい野鳥を思い浮かべて句を詠む。最高の現実逃避ですね。/峰江
●やっと動き出した感のコロナ自粛ですが、皆様いかがお過ごしですか。 私は余り家に居ても苦にならないタイプでは有りますが、逆に買い物さえも行くのが苦痛になるくらいです。 上着だけでも奇麗な色を羽織ってから買い物に行きます。/方寸
●夏になってもコロナに気を緩めずにしてご活躍ください。/邦生
●いろいろが自粛の時期ですが私は逆に忙しくなってしまい、あたふたしています。一喜一憂することなく一句一遊の時間を見つけたいと思うのですが…皆さまもどうぞご自愛下さいませ☆/明惟久里
●この兼題の結果発表の頃には、少しは日常が戻ってきているでしょうか。 もう戻れない何かがあることを常に意識しているような不穏な日々、俳句があって良かったなと実感しています。 いつもありがとうございます。 /明世

◆近況報告~♪
●北の野外美術館にて彫刻を清掃したり草を刈ったり枝を払ったり芝生に水やりをしたりしています。野鳥やリス、鹿、狐などの野生動物に遭遇するのも仕事の楽しみの一つです。/乙華散
○なんて素敵な職場環境!俳句の種もりもり!!(正人)

●今年は外出自粛もあり、早めに家庭菜園での夏野菜作りに取り掛かれました!スナックえんどうは収穫し終えましたが、今育てているのが…きゅうり・ピーマン・じゃがいも・おくら・春菊・マクワウリ・サンチュ・えごま・しそ・ミニトマト・大玉トマト・ナス・ししとう・唐辛子・マクワウリ・アスパラ・セロリです!!毎朝水やりをしながら、大きくなっていく野菜たちを見るのは幸せな時間だなと思います。/かつたろー。
○品種多い!?家庭菜園にしちゃ規模大きくない!?(正人)

●組長!正人やん!こんにちは!松山に行って温泉につかりたいです!/江口小春
●松山の露口行きたい。/こま
○最近ちょっとずつ道後にも人出がでてきた感じ。露口も自粛期間中はかなり空いてたそうですが今どうだろう?(正人)

●これを投句する前日に病院まで胃ろうのペグの交換に行って来ました。病院では何もすることがなくて院内吟行をしてきました。/ねずみ男
○痛いペグ交換、転んでもただでは起きない俳人スピリッツが素晴らしい!(正人)

●夏井先生、ご無沙汰しております。2016年の春、「夏井いつきの一句一遊」にて一度「べら」「砂」の兼題でドイツより投稿させていただいた者です。昨年末無事帰国し、新しい俳号で再度挑戦してます。 渡独後2か月くらいは毎日一人で吟行して作っていました。知人が一人もおらず言葉もできない異国での生活で、普通なら少し落ち込みそうですが、毎日「感動するもの」を探しに外出することで元気が出て、俳句に大変救われました。しかしその後、ドイツでは日本語の俳句を詠むのは難しいと分かり、作句をお休みしてました。俳句の季語は日本の季節や情緒に密接に繋がっており、日本語の季語ではドイツでの風景や気持ちや経験を思うように詠めないと感じたのです。季語自体が「文化」なんだなぁと思いました。これからもよろしくお願いします。/もりのまりりん
○海外で俳句を作る時にどうするのか問題。個人的にはドイツなりの四季を見てみたいなあと思っちゃうのです。(正人)

●「姫女苑」では並選をありがとうございました。最近、句作にかけた時間と選は比例することを身にしみて感じております。気分も新たに頑張りたいと、夏井先生の新刊を購入し、『王国の蝶』も歌えるようになりたいと視聴中。この曲、とても好きです。問題はラップですが(笑)。/玉響雷子
○ラップ早くて口回らない問題。(正人)

●受験だ入学だといつのまにやら複数の電子辞書を所持していた娘。しかも全く使わなくなっていた!「1つ使っていい?」「いーよ」(←あっさり。彼女からすれば親のお金かいただいたお祝いで買ったものなので痛くも痒くもないのだった)とゆー訳で電子辞書譲り受けました。いや~便利。俳句に出てくる漢字難しいし、兼題調についてもすぐ調べられる。スマホの辞書アプリより自分には合っているかも。こんないいものずーっと眠ってたんだなーもったいない。これから活躍しそうです。紙の辞書も好きなんだけどね。 /古都 鈴
○電子辞書は我々も活用しております。中身はちゃんとした辞書っていうのが妙に安心感。(正人)

●たった一人の吟行、たった一人の句会、それならその一人を味わってみてもいいかもしれません。/砂山恵子
○一人大好きっ子としてはそれはそれで充実に感じまする。(正人)

● 夏井先生、正人さん、ハイポニストにみなさま、いつもお疲れさまです。わが家には1匹の猫がおりますが、これがまた姿かたちは「動物プロダクションに売り込もう」と勘違いしたほどの美形なのです(動物プロはその後、ビジュアルだけでなく演技力や我慢力が必至、と聞いて断念しました)。ところがこの子、かなりの狼藉者です。「そこはダメって言ってるでしょ!!」(レンジフードに乗る)、「ここは乗らないでって言ってるでしょ!!」(俳句を投稿している机、PCに乗る)、「落とさないでー!!←金切声」(神棚に飛び乗り器を落とす、水や米が散らばる)。毎日、大小この類のやりとりが起こります。私の皺が増加しないためにも、彼には満遍なく年を重ねていってもらってそれなりの体力になり、「あんなこともあったねえ」などと振り返りたい、と夫ともども願っております。/榊裕江子
○動物プロダクション!?そういうのもあるのか…!(正人)

●組長、組員の皆様ごきげんよう。レトルトパウチカレーに水1カップ弱と和風だしの素を入れてひと煮立ちさせると、カレーうどんのスープになります。和そばでもおいしいです。/松山めゐ
○カレーうどん…なるほどたしかに、カレーの中にだしの味がするのはそうやって作ればいいのか…納得。(正人)

●特養で面会禁止の母と電話とハガキで俳句談義。先日は特養の方が準備してくださったWEB面会で久しぶりに顔を見て話すことができました。/瀬尾白果
○最近はweb面会なんて技術も生れてきたんですねえ。コロナは大変だけど、その中で生活様式が進化している感はたしかにありますね。(正人)

●ネット句会、ズーム句会に少しだけ参加してみました。夏雲システムというものを利用してやっていますが、とてもとく出来たネット句会用のシステムで驚きました。考えた人はすごい。/丹下京子
○夏雲システムを開発したのは我らが野良古さんであります!ねっ、すごいでしょ!!(正人@なんだか自分が褒められたようにうれしい)

●最近noteを始めました。(https://note.com/chouto_rinna/m/m36533947a934) 毎日日記を書く習慣はありませんでしたが、自分がとても俳句が好きになっていたことに気がつきました。 /檀凛凪
○アウトプットして初めて気づくことってありますなあ。よきかな。(正人)

●夏井先生、スタッフのみなさん、お変わりはありませんか? 暑くなってきましたが早く公共機関に安心して出向け 少し咳こむと視線が痛い様な状況でなくなると良いのですが、もう私は、どっかり腰をすえ家中の断捨離に励んでいます。もう汗だくになってやっていますので、病院手術で一キロ減っていましたが、近所に買い物に出かける以外は、運動らしき事は、してないのですがさらに二キロ体重が落ちました。 正人さん!お心遣いのコメントとても嬉しかったです。 うちの家族は、皆んなクールですので退院さた日の夕食から作らされていましたので、正人さんの優しい言葉が本当に心にしみました。ありがとうございます! なんとか、人選をキープさせて頂いております、皆さんありがとうございます! 今回の翡翠も私好みの季語なのでたとえ駄作であろうともぽろぽろ出来るのでは!と思いきや、断捨離で疲れてしまい不本意な結果に終わりそうです。 二年間は、毎月の経過観察状態ですが、大変元気にしとおり。あれもほるー!これも粗大ごみー!と言う状態で家族を恐怖の淵へと追い込んでいます笑笑 今年は、少し小ぶりですが庭の紫陽花がピンクの花をたくさんつけています。去年は、青と紫だったのですが? プレバトの大型シュレッダーには、傷をおさえ大笑いしてしまいました!夏井先生の十二年付き合ってあげるから! でもうひと笑い!でも、この頃夏井先生の添削や浜ちゃんより早く助詞や語順の入れ替えをみつけるぞー! また、新たな楽しみな見方をさせて頂いてます。 今日は、締め切りぎりぎりまで粘ろうと思ってうましたが かっこうの断捨離素材を見つけてしまい苦渋の選択を迫られています。長くなりましたが皆さんお元気でお過ごし下さい。/田村美穂
○かっこうの断捨離素材ってどんなものなんじゃろ…(笑)。(正人)

●2週間前位からコロナ規制も緩み、久しぶりに友人と運動を兼ねて、徒歩で駅前に出掛けましたが、気持ちは何故か晴れ晴れとはせず、胸の奥がモヤモヤとしたまま、友人もやる気が出ないと言い同じような気持ちでプチ鬱なのかなと話しました、駅前までは8000歩位で1時間ほど、頃合いはランチ時、ランチメニューに昼から飲み放題を付け、このコロナ禁欲生活に始末をつけてきました、だからといって、まだまだ気分爽快とまではいかず、句作も同じようなところをぐるぐる回っているような感じで、広い視点で物事を捉える感覚が掴めません、このような冴えない気分のときの脱却方法などないものでしょうか?/斗三木童
○暴飲暴食って一時的な快楽だけですぐ跳ね返ってくるんですよねぇ…体重やら後悔やら…。気分、冴えない…。(正人)

●仕事柄、コロナ対策のことでいろいろ対応しなければならず、句を作ろうとしても「コロナ禍」って入れてしまっている自分がいます。後で読むと、なんて自分は陳腐な発想しかできないのだろう、なんて言葉が乏しいのだろうと落ち込んでしまいます。 50近い年ですが、昨年子供が生まれました。親と違って、子供には豊かな語彙を得られるように一緒に俳句が楽しめたらなと思っています。/平井伸明
○なんとお子さんが!おめでとうございます!!仕事柄・時節柄大変でしょうがともにがんばってまいりましょう!(正人@子育て世代)

◆兼題「翡翠」に寄せて
●今回の兼題は辛かったです/秋熊
●翡翠がこんなに可愛いとは知りませんでした/横縞
●翡翠がカワセミとは知りませんでした。 俳句の腕は上がりませんが、季語を通じて、日本の良さを知る機会は確実に増えました。/気がつけばカンレキ
●翡翠、結構難しかったです。鳥って難しいですね。/紀友梨
●見た事もない鳥を詠む もう脳内吟行で詠みました。/句詩呼
●カワセミについては名称(な)を聞き及んでいるだけでほぼほぼ無知に近い!! 処であります。/月尾(げっぽ)
●翡翠と書いて、カワセミ。鮮やかな色合いはまさに宝石のようだと思いました。/幸花うらら
●翡翠という季題は難しいですね。 /千聖
●むずかしいです、コロナで外出禁止の中では作句に限界がある。もっとも、外出自由でも自分の才能のために作句には低い限界がありますが・・・・・・・!/北村 鯨子
●コロナ禍の中で、妄想しながら作りました/立香
●日頃縁のない兼題は、昔の記憶を想起しての観念句になりがち、難しい。苦戦です。/富樫 幹
●翡翠についての知識があまりない。自分にあまり身近でない、理解もちゃんと出来ていない季語を使って句を作るのは難しい。取り合わせるのもとても難しい。/丹下京子
●今回もよろしくお願いします。少し外に出られるようになってきて、実物を見て空気を感じるって大事だなぁと実感しております。でも、翡翠実際は見たことないんですけどね。/浅河祥子
●翡翠の兼題が決まってから色々と調べましたが知らないことばかりで改めて季語から学ばせていただきました。 果たして学びを生かせているかは疑問ですが…/真喜王
●翡翠をヒスイと読まずにカワセミと読むと言うことにまず戸惑って、句になりませんでした。 私には、難しい兼題でしたが、ダメ元の精神で投句しました。/吹子
○まずは字に驚くところからの今回の学び、皆様調子はいかがでしょうか~(笑)。(正人)

●あの頃を思い出して、 胸が熱くなりました。/のろ爺
●むか~し、六甲山で青い鳥を見ました。お陰様で夫婦円満、コロナ離婚の危機もなく過ごさせて頂いています。/一呆堂
●ここ数ヶ月、様々なことがあって俳句の「は」の字も忘れて過ごしていました。身辺がだいぶ落ち着きを取り戻し始めたので、久々に俳句ポストを訪れてみたところ、テーマが「翡翠」とのことで、先月亡くなった野鳥好きの実父のことを思い出しました。俳句を練る過程は、自分の中にある様々な思いを整理することにも繋がるのだなと改めて実感しました。/あなぐま
○各々の季語との出会いやエピソードが蘇ってくるのが俳句の面白いところ。翡翠は美しさが余計にそうさせるのかも?(正人)

●兼題があるとどうしても、その兼題そのものにつられて、変に一物にとらわれてしまうことが多いです。 自分で勝手に作る場合は、季語を後から探すという方法もあると思いますが、一物にとらわれず、季語と言いたいことがマッチする取り合わせをうまく考えられる方法を今模索しているところです。 /平井伸明
●今回は、翡翠という兼題季語だったので、翡翠の姿を活かした句や色んな物と取り合わせた句を詠んだのですが、もし翡翠という季語を活かすならどのように詠むのが適切だったのでしょうか/黒猫
●子規の句を研究している。翡翠の句の多さに驚いた。いろいろの字を使っているのも興味がある。吟行の時はひらがなを書いている。/遼子規
○困った時には先人の例句から学ぶのも立派な学習。子規もいろんな字を使ってたんですねえ。(正人)

●海辺で、生活する私は生まれてこの方「翡翠」を見たことが無い。大歩危か吉野川の渓谷当たりまでゆくと、見られるのかな?なので動画の情報のみでした/里甫
●翡翠、難しいです。実際には見たことがないかもです。子供が生き物好きだったので図鑑や野鳥園では見てると思います。/三雲
●カワセミを見たことがないので、YouTubeを見まくりました。 いつき組特派員レポートも参考にさせていただきました。 /どくだみ茶
●東京でも見つかるという翡翠ですが、一度も遭遇したことがないのです。いつかあの鮮やかな色彩に出会えたらいいなと思います。/せり坊
●組長、いつも膨大な数の句の選、ありがとうございます。ステイホームで少しはゆっくり休めましたでしょうか?ユーチューブで組長と正人さんの掛け合いで俳句の勉強をしたり、「夏井いつきの日々是「肯」日」を読んで癒されたり、伊月庵通信でいつき組のみなさんの句の鑑賞したり、なかなか忙しい一週間でした!!楽しかったです。それでというわけではありませんが、近くに翡翠の見られるという川や湖や沼があるのですが、私が行ったときには姿を見せてくれませんでした(泣)夫は鮎や山女魚など渓流釣りをするのですが、しょっちゅう見かけるよ、と私を悔しがらせます。この兼題が終わってからも翡翠ウオッチングは続けるつもりです。悔しい~!!/じゃすみん
○わはは、綺麗な鳥だけに「みたよ!」と自慢されると余計悔しい!?(笑)(正人)

●我が家の前が川になっており、時折カワセミを見かけます。その姿を撮りに、野鳥ファンがやってくることもあり、そういう場所に住んでいるんだなぁと実感。/山香ばし
●なかなか、本物の翡翠に出会うことが出来なかったけれど、近くで一瞬でも見ることが出来て感動でした。/山口 朝子
●わが家のすぐそばの弁天池に翡翠がよく来ています。自然の中での翡翠の死を目の当たりにすることも。/柝の音
●私「へい親父。翡翠見たことある?」 父「近くの川で見かけるよ。季節になるとカメラマンも多い」 私「(川の場所を検索……)意外と近くにいるんだ。マジか」 父「お父さん、情報通でしょお。えっへん(ドヤ顔)」/高倉ちとさ
●昔、道後公園の池に翡翠が住んでいて、「二羽いるけど両方オスだよ」と教えられた。松山に来る度にウォッチングしてましたが、最後に見たのは、父が死んだ年。通帳の引き継ぎ等と暑さでヘトヘトになって公園のベンチに座り込み、缶コーヒーで一息入れてたら、すっと飛んで来て目の前の枝に止まりました。超然と。疲れを忘れ見蕩れることしばし。12年前の真夏。あれから見かけないけど、今も居るのかな。/いしはまらんる
●難しい季語でした。だけどそれならみるしかない。不器用で想像力のない私はともかく足を運びました、(車ですが)美しい自然にあえてよかった。/砂山恵子
●ともかく徹底的に何度も何度も山へいってみました。 今回は想像でなくカワセミの声を聴く、カワセミの里を見る。 吟行句で頑張ってみようと。 朝、昼、3回以上足を運びました。(車でそこまで15分かからないので) 葭切とか鴬がうるさいくらいないていたけど「キャ、キャ、キャ」という カワセミは聞こえました。/砂山恵子
○案外人里近くでもみかけられる翡翠。視覚的な印象が強い翡翠ですが、鳴声まで印象を仕入れられるのが吟行の強みですなあ!(正人)

●好き過ぎて句が作れなかった兼題はこれが初めてでした。10万円が入ったらカワセミのために新しい図鑑を買いに行きます。 近所の川で今年は見かけず、焦っていたら先週河口で漁をするカワセミを目撃、豪雨から川の整備で河岸を変えていたようです。写真家の知人に、町内に山蝉もいるよと教えてもらいました。/わこたんのまま
●来世は翡翠になりたい、それくらい愛らしく美しい構造色、それでいてハンター完璧な生き物/藤田ゆきまち
○来世生まれ変わるほど!?愛、迸ってますなあ!(笑)(正人)

●兼題の説明を読んで、何より驚いたのが「雀が17cm」! 身近な小鳥ですし毎日見ますが、そんなに大きいとは。/松山めゐ
○そんな貴方は焼き鳥屋でスズメを頼むとさらに驚くことでしょう。ちっさくなるんよ…羽毛なくなると…。(正人@体験談)

●水辺に棲む翡翠。どうしてもイメージ的に「水」とセットになってしまいます。/村上 無有
○ああっ、ぽっかりと口を開ける類想という名の罠が…!(正人@自戒)

●道後温泉の近くにある湯築城を訪ねたときに堀端で翡翠をじっと待っていた写真愛好家がおられました。/抹茶くん
●インスタのフォローさんが いつも色々見せてくれます 名古屋の都市公園でカワセミみてたら 跳びこむたび歓声が 徳川園 /狩谷和寓
●ある写真の勉強組織に入会しています。毎日一枚投稿出来、会員がそれを見ることができます。翡翠の写真を毎日のように投稿される方がおられ、その見事な写真に感心しています。写真も俳句もなかなかうまくいきませんが、上手な方の手本がたくさんあるので見習って行きたいです。 /北の山猫
●翡翠はめったに見かける事はなく、みかければ幸運を感じます。シャッター押すのも憚られる。/徳永 北道
●先月に続き応募いたしました。翡翠といえば私には野川の風景が懐かしいです。近くの水車農家で江戸時代に創設された水車の機構などを解説するボランティアに携わり、その傍ら翡翠もよく見にいきました。友達同士ワイワイガヤガヤと遊ぶ小学生らと話したり、見知らぬカメラマンと近しくなり超望遠でフアィダー越しに翡翠を見せてもらったりいろいろ思い出があります。夏井先生はじめ皆さま、コロナは見えざる敵だけにくれぐれも気をつけてお過ごしください。これからもよろしくお願いいたします。/新濃 健
●  夏井先生 正人さま スタッフの皆様いつも有難うございます  兼題(翡翠)近くの公園で見られると聞き早速駆けつけてみました  ズラリと並んだ一眼レフカメラ 一瞬のシャッターチャンスを待つ人々  私には見ることが出来ませんでしたが!!  翡翠には人を惹きつける力があるのですね   水夢/水夢
○翡翠を撮りに構える人たち、まさに同じく道後の湯築城跡で見かけたことあります。ずらっと並んだカメラ、迫力あるよね。(正人)

●吟行に翡翠を見たくて町内の川にバードコールを持って出かけてみましたが、どこに居るのか全く反応無しでした。そもそも、バードコールを使って鳥が寄ってきた例がないのにあのクルクル回すだけで鳥の声の様な音を出すのが面白くてついつい夢中になりました。翡翠はどんな声が好きなのかと高音低温いろいろ試しましたが、もしかするとこのあたりには生息していないのかも(汗)/筬葉
○バードコール…クルクル……風の谷のナウシカの虫笛みたいなもの?(正人@偏った知識源)

●皆さまお世話になっております。 兼題のカワセミについて調べ たら私の住む市の鳥に指定されていました。 ちょっと驚きでした。これからもよろしくお願いします。/英与
○wikipediaいわく、多数の自治体が「自治体の鳥」に指定しているのだそうです。ぱっと見20以上?(正人)

●翡翠は東京のど真ん中の北の丸公園にもいるらしいのですが、まだお目にかかったことがありません。以前より幻の鳥ではなくなってきたようなのですが、私にとってはまだ夢の鳥です。きれいすぎて夢みたいだし。/離松
●どうぞよろしくお願いいたします。 坪井川(つぼいがわ)は、故郷の熊本市を流れる川です。/渋谷晶
●都内の緑と水のある広めの公園にも翡翠が棲みつくようになっていて、うれしいかぎりです。コロナ禍が過ぎ去ったら、また見に行きたいものです。 /迫 久鯨
●東京では江戸時代の大名屋敷が残っている所があり公園として整備されたりしています。そういう所では翡翠を見ることが出来るようです。/真繍
●翡翠、東京にすんでいる身としては全然馴染みがない生き物でした。 でも調べてみると、都心でも観察できる場所があると知ってびっくり。 天気はいいのになかなか外出できないのはとてもつらいのですが、 こまった時のYoutube!たくさん観察しました。/南方日午
●この地(川崎市)で翡翠を2度見ることができました(1年半)。散歩中、待っていてもなかなか出会うチャンスは巡ってきません。一度見ると鮮やかな青と長いくちばしが印象に残ります。護岸のためにコンクリート化されている平瀬川で見れたこと驚きでした。繁殖のためには、土の護岸が必要であるとのこと。翡翠の生活の場を追いかけてみたいと思うが、追いかけのつてがありませんね! /天晴鈍ぞ孤
○ほうほう、土の護岸が条件になってくるのですか。愛好家に人気ありそうだし、調べたら場所の候補でてきたりするんでしょうかねえ。(正人)

●秋田の名酒 刈穂 かわせみ。今度通販で、またたのもう。(JKではない)/ちびつぶぶどう
○かわせみ違い!季語体験違い!だがそれもまたよし(笑)。(正人)

●おはようございます!いつもありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。 今回の季語で、昔のドラマ「御宿かわせみ」を思い出しました。今更ながら、うつくしい名前のお宿だったのですね。/渋谷晶
●「御宿かわせみ」から発想が飛ばず、いつも以上に苦労しました。 時代小説読みたいのだけどおススメある?と聞かれると必ずこれを推します。 今と違い身分が恋心を阻む時代。 切なく優しい愛の物語とミステリー(捕物帖でもあるので)が相まった素晴らしい作品です。/むげつ空
○昨日の俳句道場も含めてけっこういろんな人が言ってくれてた「御宿かわせみ」。名前って大事ですよねえ。仮に「御宿ペリカン」だったら全然雰囲気でないでしょうし…。(正人@例えが極端)

◆今週のオススメ「小随筆」
 お便りというよりは、超短い随筆の味わい。人生が見えてくる、お人柄が見えてくる~♪

●実は私はカワセミをまだ見たことがない。美しいヒスイはいくつも目にしてきたのだが。台湾の母、黄絢絢さんが見せてくれた黄家に代々伝わる上手に煎った銀杏のような透き通る濃い緑色のヒスイの腕輪。二人で行った故宮博物館ではヒスイからくり抜かれた白菜とバッタを飽きることなく眺め続けた。写真で見るカワセミはそのどちらにも負けず劣らずのまるで空飛ぶ玉である。か・わ・せ・み、と乾いた四音も心地良い。二十歳の頃、平岩弓枝原作の小説をもとにしたNHKのテレビドラマ『御宿かわせみ』を熱心にみた。時代劇が好きであった。主人公の庄司るいに憧れた。神林東吾が格好よかった。兼題『翡翠』で脳裏に浮かび来るのはこの程度である。翡翠とは出会ってないが、翡翠がいてもおかしくないような渓谷の水辺を知っている。子供の頃嫌な事がある時に一人で自転車を走らせた。小学生だった息子を車に乗せて走った事もある。いつも誰もいない私だけの空間がそこにはあった。水の流れや音は心を和らいでくれる。緑の中での時間は私に勇気をくれた。翡翠はあの不釣り合いに大きなくちばしで出来るだけデカい獲物を狙うためにジッと木枝に止まっていたのかも知れない。私は知らぬうちに翡翠に迷惑をかけていたのだろうか。私がいなくなるのをジッと待っていたのかも知れない。しかし、その時に翡翠を目にしていたらその場所は私の行く場所ではなくなっていただろう。緑の中で飛ぶ玉は私の心をさらに落ち着かぬものにしていただろうから。そんな私のことを気遣って翡翠は鳴くこともなく私を見守っていてくれたのかもしれない。実は私はカワセミをまだ見たことがない。/宮島ひでき

夏井先生

ページの先頭