俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 翡翠

第243回 2020年5月14日週の兼題

翡翠

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句

よしあきくん一期一会の一句!

 「いで湯と城と文学のまち・松山」を応援するのが、それがしの務め。本サイトを応援することも我が喜びにござる。そして、我が座右の銘は「一期一会」。我が心に怒濤の感動を呼び起こす一期一会の一句、今週もドドドーン!とご紹介いたしますぞ!
 以下、●が皆さんからの投稿。○が拙者のコメントでござる。

◆よしあきベストセレクション
第10位
新コロナ喰ふに困るかカワセミも アーナンダ
○アーナンダ殿、よしあきくんでございまする。コロナ殿を喰ふ?でございまするか。それは確かに、カワセミ殿もお困りでございまするな。

カワセミや急降下してコロナ撃て 白山
○白山殿、さようでございまするな。カワセミ殿のお力で、コロナ殿にご遠慮いただきたいのでございまするな。

翡翠や航空ショーで宙返り 尾張の黒うさぎ
○尾張の黒うさぎ殿、ついに翡翠殿も航空ショーにご出演でございまするか。拙者も応援するのでございまする。

川面の我とチキンレースの翡翠かな 浩章
●川面に映る自らと対峙し、逃げずに飛び込む勇気は、まるでチキンレースの勝者の様/浩章
○浩章殿、翡翠殿とチキンレース?なのでございまするか。それはたいへんでございまする。翡翠殿と衝突でございまする。

魚狗の滑空 怒涛の就活か 鹿野煎餅
●かわせみの滑空を実際に見たとき、速すぎて目で追えないほどでした。コロナ禍での就活、目まぐるしく変化していく世の中に置いていかれそうな気持ちを込めました。/鹿野煎餅
○鹿野煎餅殿、魚狗殿でございまするな。魚狗殿も就活に飛び回られるのでございまするな。水面すれすれもたいへんでございまする。

第9位
カワセミ色アイスをねだる月末 たるみ
○たるみ殿、アイス殿でございまするか。カワセミ殿の色でございまするか。それは、美しいアイス殿でございまする。拙者も、一口、ペロリでございまする。

翡翠の突入せしプリンのプール サイコロピエロ
○サイコロピエロ殿、こちらはプリン殿のプール殿??でございまするか。拙者の頭がプリン殿でございまする。

ペンダント翡翠色よ探してね ともかわすてむ
●謎を解いて欲しいってかんじです。/ともかわすてむ
○ともかわすてむ殿、翡翠殿の色のペンダント殿でございまするか。うーん、拙者の頭では謎が解けそうにありませぬ・・・。

翡翠の色と姿勢の若上司 カヅラ梅
●翡翠ってとても色も綺麗で横顔が美しいと思うんです。そんな姿勢と色の若上司って絶対カッコイイなぁという私の理想です笑/カヅラ梅
○カヅラ梅殿、そんな上司殿がおいでならば、拙者も喜んでお城にお招き申し上げまする。もちろん、カヅラ梅殿もご一緒でございまする。

翡翠やイケメンなのに足短か 青山あじこ
○青山あじこ殿、こちらは上司殿ではございませぬな。イケメン殿はどなたでございましょうか。短足殿はどなたでございましょうか。拙者でございまするか・・・。

第8位
翡翠の俺すごいんだ枝の上 シラクサ
●俺すごくない! 水の中の魚取れるだよ/シラクサ
○シラクサ殿、さようでございまするな。翡翠殿の技は、上々でございまするな。拙者はとてもまねなどは出来ないのでございまする。

コロナ禍やカメラマン捜す翡翠 永遠
○永遠殿、さようでございまするか。カメラマン殿もなかなかおいでになれないのでございまするな。カメラマン殿がいつものようにシャッターが切れる日をお願いするのでございまする。

翡翠や密なるマスクカメラマン 一石浩司
●再送版です。先ほど送りましたが拝号が漏れていました、失礼しました。 家の近くに神奈川県立四季の森公園があり、そこの池に翡翠の家族が住み着いています。これをカメラに収めようと多くのカメラマンが、朝から晩まで毎日来ています。神奈川県はまだ自粛措置中ですが、最近散歩する人と共にカメラマンも多くなったようで、皆マスクをしていますが、やや蜜の常態になっています。 /一石浩司
○一石浩司殿、さようでございまするか。そちらでも、マスクのカメラマン殿でございまするか。拙者も、大きなマスクを愛用しているのでございまする。

翡翠やカメラ目線でポーズとり 宮写楽
○宮写楽殿、翡翠殿もはいチーズ!でございまするか。拙者もご一緒に、はいチーズ!でございまする。

翡翠のphotoも俳句もピン甘し 煌宙
●いつもありがとうございます。 ご存知と思いますが「ピンが甘い」とは 写真用語で「ピントが会ってない」つまり ピンボケのことです。(笑)/煌宙
○煌宙殿、それは少々、残念ではございまするが、拙者は、ほぼ、ピン甘しでございまする。そのために、いつも、少し、ふっくらと写るのでございまする。

きれいだきれいだどえりゃあきれい翡翠よ 蘂六
○蘂六殿、さようでございまするな。翡翠殿は、どえりゃあきれいだがや。これからも、大事にしてちょ、でございまするだがや。

翡翠のウオッチング多摩川は密 笑酔
○笑酔殿、さようでございまするか。多摩川殿も、密密でございまするか。密密は避けて、ウオッチングしたいのでございまするな。

川蝉やホバリング芸ハチドリも 青修
●鳥でありながら、ハチドリも川蝉も空中停止が可能な名人芸の様子を詠む。 /青修
○青修殿、川蝉殿もハチドリ殿も、名人芸殿でございまするな。拙者は、お城山でも、ホバリング殿は無理なのでございまする、グスン。

カワセミがスズメと言われ毛を染める 東児
●以前送った句が、あまりに雑だったので、直して送ります。/東児
○東児殿、さようでございまするか。カワセミ殿もお悩みでございまするか。どんな風に染められたのでございまするか。拙者も、一度、染めてみるのでございまする。

濡れ衣を着せられてゐる翡翠かな 満る
●カワセミとワライカワセミは同じものだと勘違いしていました。恥ずかしい(;^_^A/満る
○満る殿、さようでございまするか。翡翠殿もワライカワセミ殿をご存じかと思いまする。国をまたいだお付き合いがあるかも知れませぬ。

第7位
翡翠や高飛び込みで金メダル オイラー
○オイラー殿、翡翠殿も高飛び込み殿をなさるのでございまするな。拙者も、是非、拝見したいのでございまする。応援したいのでございまする。あ、今は、無観客。さようでございまするか。

アマビエに似たる横がほ翡翠ダイヴ 佐々木のはら
○佐々木のはら殿、アマビエ殿でございまするか。翡翠殿がアマビエ殿でございまするか。アマビエ殿が翡翠殿でございまするか。翡翠殿が・・・・・

翡翠や五輪延期も金の舞 まさ
●二日前に下五を「飛込す」で投句いたしましたが、ピンとこなかったので再考し、こちらを改めて投句させていただきます。/まさ
○まさ殿、オリンピック殿でございまするな。金メダル殿でございまするな。拙者も応援したいのでございまする。

翡翠の一撃イチローのバット をぎやかなた
○をぎやかなた殿、翡翠殿はイチロー殿でございまするか。通りで、素早い動きをされると思っておりました。これからは、もっともっと応援するのでございまする。

翡翠も運動不足魚逃す 佳里
○佳里殿、さようでございまするな。翡翠殿も自粛生活が長かったのでございまするな。これからは、どんどん飛んで運動不足を解消でございまする。拙者もお城山でどんどん、ぶんぶん、でございまするな。

第6位
翡翠を指にとらえ宙ぶらり 高校中退
●指(および)です。 飛ぶさまを、遠くから指で捉えていると・・・あの赤い脚に指先だけ捕えられ、河の上を渡っていきたくなります。小鳥に連れられ空中散歩・・・♪わくわく、胸が躍ります。 わたしは捉え、翡翠は捕える。ふたつの言葉をこめて、「とらえ」としました。/高校中退
○高校中退殿、翡翠殿との空中散歩でございまするか。うらやましいのでございまする。拙者は、ちょっと、無理かも知れませぬ。翡翠殿にご負担をかけ過ぎまするので。

「翡翠だ」逃げるし声でかくて嫌 おおそとガリコ
○おおそとガリコ殿、さようでございまするか。どうぞ、翡翠殿と仲良くなさっていただきたいのでございまする。きっと、美しいお姿を拝見できるのでございまする。

かわせみの素早さ政府学ばざり 下村ひじり
●すべて他人任せで空回り/下村ひじり
○下村ひじり殿、さようでございまするか。残念至極でございまするな。翡翠殿のように美しく、速く、が理想でございまするな。

政治家のやうな翡翠鳴きにけり 多喰身・デラックス
○多喰身・デラックス殿、それは、なんとお鳴きになっておいででございましょうか。きっと、鋭く鳴いておいででございましたか。

どんくさい翡翠なのねあんたって せいち
○せいち殿、どんくさい?でございまするか。拙者、どんくさい翡翠殿とはお目にかかる機会がございませぬ。一度、お目にかかりたいのでございまする。

翡翠はヒトの退化を見せつける 豚ごりら
○豚ごりら殿、さようでございまするか。翡翠殿の進化でございまするか。拙者も、翡翠殿のように進化したいのでございまする。シュッとした、よしあきくんにご期待くださいませ。

第5位
翡翠をばガッチャマンに加えたし あべべ
○あべべ殿、翡翠殿もガッチャマン殿でございまするか。それは、楽しみでございまする。♪ガッチャマン♪~

かわせみの餌どり見ながら塩カルビ ぽぷり
○ぽぷり殿、翡翠殿もお食事でございまする。ぽぷり殿もお食事でございまするな。塩カルビ殿は、拙者も大好き大好きでございまする。塩カルビ殿ーーーー。

納豆アボカドさっくりまぜるよ翡翠 緑歩
○緑歩殿、さようでございまするか。納豆殿にアボカド殿でございまするか。美味しそうでございまするなあ。拙者も、ご相伴に与りたかったのでございまする。ズルリ。

第4位
カワセミはくちばし長い顔でかい 季音句歩
○季音句歩殿、さようでございまするな。翡翠殿は、かっこいいのでございまする。拙者も、翡翠殿を見習い、くちばしを長くしてみるのでございまする。顔はもともとでかいのでございまするが。

かわせみの瞳魅せられもう五年 にゃんみー
○にゃんみー殿、さようでございまするか。長く翡翠殿ともお付き合いでございまするか。翡翠殿の瞳は澄んでいるのでございまするな。拙者の瞳はまん丸でございまする。

派手な色ステキな声はかわせみよ はらこ
○はらこ殿、さようでございまするな。拙者も翡翠殿のお姿・お声にブルブルするのでございまする。お城山ではございませぬが、湯築城のお堀には翡翠殿がお住まいでございまする。

翡翠か拡大変身スマホ画像 夏みかん
○夏みかん殿、お撮りになったのでございまするか。翡翠殿は、とても速く飛ばれまする。なかなか、撮らせていただけないのでございまする。

カワセミはカッコイイの?コワイの? 藤井天晴
●翡翠は実際には見たことあるのかもしれないし、ないのかもしれない。 そして思い出すのは「やまなし」 そのお話は小学生の私には幻想的だけどちょっとコワくて 分かったようでよくは分かっていない気がするという印象でした。 もう一度読み直してみようと思って調べていたら なんとすごく身近なところにピカピカの教科書があってそこに載っていました。 そして、今読むと分かる。謎がとけました。 「やまなし」の後に「イーハトーヴの夢」というお話もあって それがコロナ禍の今の世に読むとまたよく分かるお話でした。 /藤井天晴
○藤井天晴殿、さようでございまするか。宮沢賢治殿でございまするな。クラムボンが笑うのでございまするな。

翡翠や窓に頬付け剥製屋 鵺野純
●小学校の裏に剥製店がありショーウインドウに飾ってある剥製を飽きずに見ていました。/鵺野純
○鵺野純殿、剥製なのでございまするか。たくさんの鳥殿や動物殿でございまするか。翡翠殿もおいでになったのでございまするか。

翡翠やテレビ図鑑の世界かな 撫品
●綺麗な翡翠の映像や写真を良く見ますが、実際に見たことがありません。 うぐいすのさえずりも良く聞きますが、身近な自然の中にいるうぐいすを見たこともありません。 身近にいるうぐいすでさえ見つけられないのに、ましてや、翡翠を実際に見ることなんて.../撫品
○撫品殿、テレビ殿にも美しい翡翠殿はおいででございましたか。どこで見ても、翡翠殿は美しいのでございまするな。

指先のパズドラ翡翠の目光る 風ヒカル
●スマホゲームなど全く無縁の私。パズドラをやってる人の指先の動きは、目にも止まらない速さで、画面には色とりどりに光輝く丸やなんかが、出たり消えたり。もう 私には色も速さも翡翠にしか見えません/風ヒカル
○風ヒカル殿、さようでございまするか。パズドラ殿は翡翠殿でございまするか。それはそれは、速いのでございまするな。拙者の太い指では、難しいのでございまする。

かわせみや高倉健の殺陣まはり 麻野文江
○麻野文江殿、高倉健殿の殺陣は凄いのでございまするな。翡翠殿なのでございまするな。拙者は、とても、ゆっくりゆっくりでございまする。ドタドタどん。

第3位
翡翠よ人は見た目か恋やぶれ ゆあな
●美人じゃなくても 愛されると思っていたのに失恋。翡翠の美しさに目を奪われる/ゆあな
○ゆあな殿、そんなことを申されますな。拙者が言うのもなんなのでございまするが、人は心でございまする。拙者も大きな体に小さなハートでございまする。

翡翠や逢瀬の湖畔の一夜恋 笑々
○笑々殿、なんとなんとでございまする。そんなことを、申されましても。拙者もどうお答えして良いのやら、悪いのやら。いやその、そんなことを申されましても。

切替えて流した涙翡翠かな 松岡 哲彦
○松岡 哲彦殿、さようでございまするとも。何事も、切り替えてでございまするとも。拙者も、切り替えてでございまするとも。何をでございまするか。まあ、急に申されましても・・・。

鴨川に二羽の翡翠恋心 京子
○京子殿、鴨川殿でございまするか。鴨川殿に翡翠殿が二羽でございまするか。二羽二羽二羽でございまするか。拙者も、二羽はうらやましいのでございまする。二羽でございまするな。二羽。

翡翠や麻央は太一をねらつている 丹下京子
●かわせみがじーっと川面を見てるなーと思ったら一気に川に飛び込んで魚をとる、という動画を繰り返しずっと見ていた。まるで友人の麻央ちゃんみたいだなあと思った。/丹下京子
○丹下京子殿、麻央殿でございまするか。太一殿でございまするか。さて、どうなるのでございましょうか。拙者も興味津々、津々浦々なのでございまする。どうなるのでございましょうか。しんしんしん。

翡翠や貴方のそばへまっしぐら 那須いづみ
○那須いづみ殿、まっしぐらーーー!!でございまするなあ。ああ、まっしぐらーーー!!でございまするなあ。

第2位
お薬を飲むとき増えるかわせみや 葛城広光
○葛城広光殿、さようでございまするか。どんなお薬でございまするか。拙者も、いろんなお薬を飲むのでございまする。お薬を飲んでいる葛城広光殿を翡翠殿がご覧になっておいででございましょうか。

第1位
翡翠よ宇宙映して地球なる よし季
●土と水の色のように思う。/よし季
○よし季殿、さようでございまするな。地球殿は、宇宙殿を映しておいででございまするな。宇宙殿は広いのでございまするな。地球殿より、広いのでございまするな。

◆掲示板
●新しい投句・投稿システムについてのお願い
 投句・投稿フォームが新しくなっています。投句数の増加に伴って、仕分け作業に多くの時間を要します。以下の事項を守って投句投稿して下さると、組長の負担が大きく減ります。ご協力よろしくお願いします。

①俳句の欄には俳句のみ記入して下さい。一つの欄に一句を厳守。

②「俳句に対するコメント」の欄は記入する必要はありません。(特に気になることがあれば記入していただいても結構です。)

③「ギャ句」「聞き倣し季語」は俳句欄に記入して下さい。ギャ句の原句は「俳句に対するコメント」の欄に必ず記入して下さい。

④「兼題季語についての質問・考察・情報(火曜日「俳句道場」)」は、火曜日「俳句道場」への投稿です。

⑤「『俳句ポスト365』への感想・質問・要望・俳号の変更・各地の吟行情報など」「組長&ハイポニストたちへのお便り・近況報告など」はそれぞれ水曜日への投稿です。内容に合った欄に書き込んで下さい。

◆「ギャ句」に挑戦!
 古今東西の名句を1音変えてみると、愕然と意味が変わる?!「最小の音変換による最大の意味変換」を狙う知的遊びであります。

○うほんうほん、どうもどうもどうだです。金子どうだです。今週も、ひとつ、よろしく哀愁!ところでなんじゃが、もうすぐ、ギャ句”の新しい本が出るのじゃ。ワシもちょっと書いてオール5。うほんごほん。

川せみや口ばし長くして家斉 じゃすみん
●ギャ句です。元句「川せみや口ばし長くしていやなり  正岡子規」/じゃすみん
かはせみの仕切り直して甘へけり じゃすみん
●ギャ句です。元句「かはせみの仕切り直して構へけり  阿波野青畝」/じゃすみん
○じゃすみんくん、おお、初っぱなから、なかなかのもんじゃ焼き。将軍家斉公とは、渋いじゃあ内科小児科肛門科。2句目も母音合わせ変換じゃのう。よろしいよろしい。うほんうほん。

この磯に翡翠を見て酒を飲む トマト使いめりるりら
●ギャ句でトマト。元句は「この磯に翡翠を見て鷺を見ず/相生垣瓜人」 /トマト使いめりるりら
山翡翠になんじゃもんじゃの顔真青 トマト使いめりるりら
●ギャ句でトマト。元句は「山翡翠になんじゃもんじゃの花真白/遠山郁好」 /トマト使いめりるりら
○トマト使いめりるりらくん、ほほう、なるほどほどほど。まあ、どこで飲むのも自由じゃがのう。なんじゃもんじゃと言うのも自由じゃがのう。そうじゃのう、うほん。

翡翠にとぶ妊活の水の玉 にゃん
●ギャ句 元句「翡翠にとぶ二ン月の水の玉」大峯あきら/にゃん
翡翠の瀬に挨拶して巣立ちけり にゃん
●ギャ句 元句「翡翠の背に藍さして巣立ちけり」島崎秀風/にゃん
川蝉の川も女もすでに仮死 にゃん
●ギャ句 元句「川蝉の川も女もすでに亡し」佐藤鬼房/にゃん
川蝉の棲めるあたりの獺よ にゃん
●ギャ句 元句「川蝉の棲めるあたりの川渦よ」佐藤鬼房/にゃん
かはせみの居間まで至るところかな にゃん
●ギャ句 元句「かはせみの今までゐたるところかな」渡邊白泉 /にゃん
かはせみのしたり顔して構へけり にゃん
●ギャ句 元句「かはせみの仕切り直して構へけり」阿波野青畝/にゃん
○にゃんくん、おお、なかなかのもんじゃ焼き。よろしいよろしい。「妊活」の濁点変換、「仮死」の同母音変換、「獺」も1音変換じゃ。「居間」の同音異義語変換もお見事じゃ。まあ、ひとつ、この調子で、よろしく哀愁!うほんうほほーん。

ギャ句“:川せみや口ばし長くしていやになり 吉村よし生
●原句:川せみや口ばし長くしていやなり/正岡子規 /吉村よし生
ギャ句“:芍薬や琥珀の月の朝ぼらけ 吉村よし生
●原句:芍薬や翡翠の月の朝ぼらけ/正岡子規 *この句では宝石の翡翠だろうが、子規記念館のデータベースで「翡翠」でせっかくヒットしたので。 /吉村よし生
ギャ句“:川せみやながめくれたる悔いの先 吉村よし生
●原句:川せみやながめくれたる杭の先/正岡子規 /吉村よし生
ギャ句“:古池や翡翠来べき句意の形 吉村よし生
●原句:古池や翡翠来べき杭の形/正岡子規 /吉村よし生
ギャ句“:川蝉のあとへきて鳴く仰々し 吉村よし生
●原句:川蝉のあとへきて鳴く行々子/正岡子規 /吉村よし生
ギャ句“:翡翠や詐欺のかくれしあたりより 吉村よし生
●原句:翡翠や鷺のかくれしあたりより/正岡子規 /吉村よし生
○吉村よし生くん、まあそう言うな。いやになるのも分かる。悔いの有るのも分かる。そう、仰々しく考える必要は、内科小児科肛門科。「詐欺」は同音異義語変換なので、ほめておこう、うほん。

翡翠や肩とんとんとさあ終わり 根本葉音@花芭蕉句会
●ギャ句です。元句は「翡翠の影こんこんと遡り/川端茅舎」あ、翡翠が来たから、肩たたきはもう終わりね!という意味。/根本葉音@花芭蕉句会
○根本葉音@花芭蕉句会くん、おお、ワシにもとんとんとお願いしたいもんじゃ焼き。まあ、肩の凝ることが多いからのう、うほん。

為替見や詐欺の隠れし粗利選り 山香ばし
●ギャ句 元句は「翡翠や鷺のかくれしあたりより/正岡子規」/山香ばし
苦労依願退職あつまれよ翡翠に 山香ばし
●ギャ句 元句は「黒い眼帯してあつまれよ翡翠に/飯島晴子」/山香ばし
新都心川せみ飛ぶや山の池 山香ばし
●ギャ句 元句は「しんとして川せみ飛ぶや山の池/正岡子規」/山香ばし
古池や川蝉札でグレを阻止 山香ばし
●ギャ句 元句は「古池や川蝉去つて暮遅し/正岡子規」/山香ばし
かはせみの死斬り直して鎌えぐり 山香ばし
●ギャ句 元句は「かはせみの仕切り直して構へけり/阿波野青畝」/山香ばし
かはせみの苦異を唱えて股痒し 山香ばし
●ギャ句 元句は「かはせみの杭を替えて又濃ゆし/山口青邨」/山香ばし
翡翠や流れくれたる水の麺 山香ばし
●ギャ句 元句は「翡翠やながめくれたる水の面/正岡子規」/山香ばし
翡翠や小賢しく蝿って飛んで行く 山香ばし
●ギャ句 元句は「翡翠や小魚くはへて飛んで行く/正岡子規」/山香ばし
○山香ばしくん、いやあ、ご苦労ご苦労ご苦労サンジャポ。「新都心」は労作じゃのう。あ、それでじゃが、股が痒いときは、かゆみ止めの軟膏を塗りなさい。うんうん、辛抱するでないぞ。「グレを阻止」はちと、好きじゃ、うほんごほん。

翡翠の影来ぬ来ぬと逆上がり 山内彩月
●ギャ句です。元句「翡翠の影こんこんと溯り/川端茅舎」   待つのは退屈ですので。 /山内彩月
翡翠や蜜飲み痴れる三つの密 山内彩月
●ギャ句です。元句「翡翠やみづのみ知れるみづの創/恩田侑布子」   飲み過ぎで密は注意だそうですよ。/山内彩月
○山内彩月くん、

終礼のかはせみ声をありゃ待たず 星埜黴円
●元句: 秋冷のかはせみ声をあやまたず  岡井省二 /星埜黴円
翡翠の安息罪のごとくなり 星埜黴円
●元句: 翡翠の短足罪のごとくなり 飯田龍太/星埜黴円
寒明の翡翠とゲリ湖の上 星埜黴円
●元句: 寒明の翡翠とべり湖の上  岡井省二 /星埜黴円
川蝉のあとへきて鳴く騒々し 星埜黴円
●元句: 川蝉のあとへきて鳴く行々子  正岡子規 /星埜黴円
かはせみや水つきかゝるうすらはげ 星埜黴円
●元句: かはせみや水つきかゝるふくらはぎ  日野草城/星埜黴円
三振時イケズ阪神藤浪に 星埜黴円
●元句: 三宝寺池の翡翠藤浪に  川端茅舎/星埜黴円
かはせみの青伴宙太見たるもの 星埜黴円
●元句: かはせみの青晩秋に見たるもの  細見綾子/星埜黴円
翡翠をあつとおどろくためごろう 星埜黴円
●元句: 翡翠をあつとこころはこえるなり  阿部完市/星埜黴円
翡翠は荒ぶる亀の踊かも 星埜黴円
●元句: 翡翠は荒ぶる神の囮かも 宮地良彦/星埜黴円
野分中翡翠の声ありしごとなし 星埜黴円
●元句: 野分中翡翠の声ありしごとし 千代田葛彦/星埜黴円
翡翠の一千枯野埋めてゆく 星埜黴円
●元句: 翡翠の一閃枯野醒ましゆく 堀口星眠/星埜黴円
翡翠の大根おろしに炊るゝか 星埜黴円
●元句: 翡翠の筑波おろしに吹るゝか 加舎白雄/星埜黴円
髪の毛の一度失せしが麦の穂に 星埜黴円
●元句: 翡翠の一度失せしが露の穂に 下坂速穂/星埜黴円
父の恋会社が飛んで母の老 星埜黴円
●元句: 父の恋翡翠飛んで母の恋  仙田洋子/星埜黴円
翡翠の一蹴し去る悔いたかな 星埜黴円
●元句: 翡翠の一蹴し去る杭かな 野村喜舟/星埜黴円
翡翠のねばねばものに執しをり 星埜黴円
●元句: 翡翠の飛ばねばものに執しをり  橋本多佳子/星埜黴円
川上へ翡翠が飛びたいのかね 星埜黴円
●元句: 川上へ翡翠が飛び賽の神  和知喜八/星埜黴円
翡翠や禿に青空映りそむ 星埜黴円
●元句: 翡翠や露の青空映りそむ  石田波郷/星埜黴円
翡翠に忘れられたる親子かな 星埜黴円
●元句: 翡翠に忘れかねたる都かな  長谷川零余子/星埜黴円
川せみをねらひ謝る樵かな 星埜黴円
●元句: 川せみのねらひ誤る濁かな  正岡子規/星埜黴円
はつきりと翡翠犬にとび蹴り 星埜黴円
●元句: はつきりと翡翠色にとびにけり  中村草田男/星埜黴円
翡翠が掠めし水のみダレのみ 星埜黴円
●元句: 翡翠が掠めし水のみだれのみ  中村汀女/星埜黴円
あっと指す翡翠はホラの色 星埜黴円
●元句: あっと指す翡翠は空の色  白川陽子/星埜黴円
翡翠の飛ばぬゆゑ吾もめがねざる 星埜黴円
●元句: 翡翠の飛ばぬゆゑ吾もあゆまざる  竹下しづの女/星埜黴円
翡翠の崖こんゝゝと穴掘り 星埜黴円
●元句: 翡翠の影こんゝゝと遡り  川端茅舎/星埜黴円
○星埜黴円くん、どうもどうもどうだです。いや、それにしても、今週もガンバったじゃあ内科小児科肛門科。おまけにリューマチ科。まあ、過ぎたるはお呼びでない、という諺もあるような気もするが、「あっとおどろくためごろう」は、ひとまず、捨て置こう。しかし、なんじゃ、禿とかうすらはげとか、なんじゃなんじゃなんじゃなんじゃもんじゃの木。ワシは別に気にしとらん、気にしとらんのじゃ。よろしいよろしい。気にしとらんのじゃ。うほんごほん。

子の声と翡翠のゆくへ予告なし 西村小市
●ギャ句゛@原句は《子の声と翡翠のゆくへ澱みなし/飯田龍太》/西村小市
一月の翡翠とほるオーラかな 西村小市
●ギャ句゛@原句は《一月の翡翠とほる御寺かな/大峯あきら》/西村小市
翡翠とぶその四五秒の点呼かな 西村小市
●ギャ句゛@原句は《翡翠とぶその四五秒の天地かな/加藤楸邨》/西村小市
朝寒の翡翠家族池の面 西村小市
●ギャ句゛@原句は《朝寒の翡翠覗く池の面/石塚友二》/西村小市
翡翠の悔い置去りにされにけり 西村小市
●ギャ句゛@原句は《翡翠に杭置去りにされにけり/八木林之助》/西村小市
翡翠に忘れかねたる土産かな 西村小市
●ギャ句゛@原句は《翡翠に忘れかねたる都かな/長谷川零餘子》/西村小市
翡翠の一閃山を蒼くせり 西村小市
●ギャ句゛@原句は《翡翠の一閃山を遠くせり/須藤徹》/西村小市
翡翠の一蹴し去るクイズかな 西村小市
●ギャ句゛@原句は《翡翠の一蹴し去る杭かな/野村喜舟》/西村小市
○西村小市くん、いやどうもどうもどうだです。まあ、そうじゃ、いや、落ち着くのう。基本技に近いものは、安心じゃからのう。「点呼」は、よろしいよろしい。忙しそうな点呼じゃが。「家族」も、そうなのか。うんうん。これかも、ひとつ、よろしく哀愁!うほんうほん。

◆今週の「聞き做し季語」?!
 兼題の季語が、耳にどう聞こえるか?……というクダラナイ試み。

「聞き做し季語」哀れみ 竹織
●あぁ?絶不調?!聞き做しも俳句も浮かばない…/竹織
○竹織くん、そうかそうか草加せんべい。まあ、そんなこともアルじゃロウ。浮かんだ夏雲でも眺めるがよろしかろう、うほん。

交わす身・カラスミ・皮仙人(痩せてる仙人の意) さとう菓子
●「聞き做し季語」/さとう菓子
○さとう菓子くん、うん、ワシはカラスミは好きじゃ。大根とな、ちょいと一杯。パスタもよろしいよろしい。うほんうほん。

からすみ、かなしばり、かなへび、蚊は蝉、画家ゼミ、変わってみい、彼は下痢、哀しみ。 星埜黴円
○星埜黴円くん、そうじゃろう、からすみは良いじゃろう。「蚊は蝉」はなんじゃなんじゃなんじゃもんじゃの木。うほん。

為替me Can Y say me? 大塚迷路
●聞き做し季語です。誰か和訳してね。/大塚迷路
○大塚迷路くん、うーん、和訳か。まあ、それは、誰かに任せておこう。でじゃが、為替はどうなるかのう。うほんうほん。

◆今週の「なんちゃって回文」

何だ翡翠の店若旦那 さとう菓子
●「なんちゃって回文」なんだかわせみのみせわかだんな/さとう菓子
○さとう菓子くん、若旦那がなんだか、面白いのう。翡翠が法被を着ておるような気もしてくるもんじゃ焼き。うほん。

神世話か気を編む青き翡翠か 星埜黴円
●回文です。かみせわかきをあむあおきかわせみか/星埜黴円
翡翠の妻しばし待つのみ背羽が 星埜黴円
●回文です。かわせみのつましばしまつのみせわが/星埜黴円
長崎や店は翡翠焼き魚 星埜黴円
●回文です。ながさきやみせはかはせみやきざかな/星埜黴円
○星埜黴円くん、「翡翠の妻」がなんだか、気になるのう。「長崎」は店のキャッチコピーぽくて、和むじゃあ内科小児科肛門科。ついでにリューマチ科。うほん。

気の良い翡翠の店和解よ軒 西川由野
●回文です。「きのよいかわせみのみせわかいよのき」/西川由野
ダイブ見せ我が儘翡翠拭いた 西川由野
●回文です。「だいぶみせわがままかわせみふいた」/西川由野
○西川由野くん、なんだか事情は分からんが、和解はよろしい。まあ、和解しなさい。揉めるでない。そんなことで、ひとつ、よろしく哀愁!うほん。

店分ち川縁へ分ち翡翠 遠音
●回文俳句。みせわかちかわべりへわかちかわせみ/おりゃあね、ボンだったんだよ。ホントはね。材木商ってやつさね。ホントは俺が継ぐんだったんだよ。木の新鮮な脂が匂い立つ気配、あんまし好きじゃなかったけど、おかげで羽振りはよくてね、だいぶん、わがままも通して派手にやってきた。ところが、青天のヘキレキっての?親父に外で作った子がいてさぁ。俺とほとんどおない年なわけよ?意味わかる?こんちくしょうよ。そいつに、店を譲るときた。足元が崩れてくの、感じたよ。まぁ、いろいろだ、で、のれん分けってやつで、店から離れた別の支流の方に、構えたんだよ。俺の店。真面目にやってこなかったから、いろいろがうまくいくわけがねぇ。だけどもな、ひとつ、いいことがあった。カワセミが、家の前の川辺に棲みついたんだ。ツバメじゃねぇけどな、そんなこともあるもんなんだな。まぁ、最初は目の端をよぎるブツでしかなかったけど、次第に見慣れて、なんか、愛着わいたんだよ。あんなキレイななりして、すごい仕事するよな。命がけで魚とってくる。俺なんて、あんなキレイに生まれたとしても、流れる水に何度も飛び込むなんてごめんだよ。うん。なんか、感化されちまったんだろう、今思うと。この店、こんなに大きくなるなんてな。孫の顔も見れたし、あのキレイな鳥は少ししか生きられなかったみたいだけど、俺は、いろんなモノもらったよ。最近、ふと思い出すんだよ。逢えるときが近いのかもな。ははは。/遠音
○遠音くん、そうなのか。まあ、それぞれの事情はあるが、そこは大きな気持ちで店も大きな気持ちで、ということじゃ。ま、よろしく哀愁!うほんごほん。

 

※『俳句ポスト365』の文字が小さすぎる?
 この問題に関しては「それぞれのパソコンの個性によって見え方が違ってくるので、統一して同じ大きさにするのが難しい」のだそうです。次の方法でひとまず対処して下さい。
 「CTRL(コントロール)」のキーを押さえておいて「+(プラス)」のキーを押すと、自動的に文字が拡大されます。同じ方法で「-(マイナス)」のキーを押すと小さくなります。一度この方法を試してみて下さい。

よしあきくん

ページの先頭