俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >

第245回 2020年6月11日週の兼題

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句

よしあきくん一期一会の一句!

 「いで湯と城と文学のまち・松山」を応援するのが、それがしの務め。本サイトを応援することも我が喜びにござる。そして、我が座右の銘は「一期一会」。我が心に怒濤の感動を呼び起こす一期一会の一句、今週もドドドーン!とご紹介いたしますぞ!
 以下、●が皆さんからの投稿。○が拙者のコメントでござる。

●前回「よしあきくん一期一会の一句」にて五位に。難しい言葉は知らず。カタカナペンネームの自分で笑われるかも、と思いながら初挑戦。それが。やる気を出させてもらえ感謝です。有難うございました。 /フラモナ
●よしあきさんお世話になっております。鰻の選句俳句は(並)でした。 次回選句が(天)になれば、うな重を奢ります。次回をお楽しみに、定規/定規(じょうぎ)

○フラモナ殿、定規殿、よしあきくんでございまする。拙者のコーナーにお越しいただき、恐悦至極に存じまする。拙者もますます精進して、うな重をいただきたいのでございまする。

◆よしあきベストセレクション
第10位
みんみんと「コロナ」よ去れと鳴きにけり たんちやん
○たんちやん殿、よしあきくんでございまする。さようでございまするな。コロナ殿には、ご遠慮願いたいのでございまするな。拙者は、3密をさけて、手洗い・うがいでございまする。

コロナ冷え蝉の元気に励まされ 二上松風
●コロナで経済は冷え込んでいるが蝉はいつもと変わらず夏を知らせるように鳴き始める 負けずに元気を出そう/二上松風
○二上松風殿、蝉殿のお元気をいただいて、コロナ殿とはお別れでございまするな。

コロナ禍やこの世を叱る蝉しぐれ 流鏑馬
●少し数値が良くなるとすぐ緩和だ解除だと甘い。ウイルスを舐めないでくれ。/流鏑馬
○流鏑馬殿、蝉殿にガンバっていただくのでございまするな。拙者もますます、手洗い・うがいでございまする。

じんわりとコロナのマスク蝉時雨 植木照美
○植木照美殿、じんわりでございまするな。この夏はマスクでございまするな。

蝉よ鳴け波動でコロナはじき出せ 西麿(にしまろ)
○西麿殿、ますます、拙者も蝉殿を応援するのでございまする。コロナ殿にも静かにしていただくことをお願いするのでございまする。

蝉のみずからをもって運ぶせい しろい湯気
●「自ら」と「水から」です。 ※俳号を間違えたので2度投稿する形となりました。/しろい湯気
○しろい湯気殿、蝉殿が運ばれるのでございまするか。どこに運ばれるのでございましょか。

蝉だけがあなたの鼾止められる ねもじ
○ねもじ殿、さようでございまするか。拙者のいびきも止めていただけるのでございまするか。それでは、蝉殿、よろしくお願い申し上げまする。

父ちゃんの怒声一発蝉静か のりた
●小さい頃、父親に叱られた時、時が止まったように周りが一瞬無音になって怖かった時の体験を詠んでみました。/のりた
○のりた殿、お父上殿でございまするか。それには、蝉殿も黙られるのでございまするな。コロナ殿には、お父上殿に登場いただきたいのでございまするな。

第9位
蝉食べる軽い歯触り脚の棘 おおそとガリコ
○おおそとガリコ殿、蝉殿を食されるのでございまするな。そう申せば、以前、信州の方々とお話申し上げたときに、お聞きしたような気もするのでございまするが。

蝉イナゴ天ぷらにした敗戦後 こてつ川
○こてつ川殿、天ぷら殿でございまするか。拙者も天ぷら殿は大好きなのでございまする。蝉殿の天ぷら殿も美味しいのでございまするか。

蝉鳴くやフライパンからジジジイと 万波五郎
●昆虫食(^_^)/万波五郎
○万波五郎殿、万波五郎殿はフライパン殿とご一緒でございまするか。蝉殿は、どのように鳴いておいででございまするか。

蝉食す文化有りての地球人 聖一
●世界的に昆虫を食べる人は多いようです/聖一
○聖一殿、さようでございまするか。拙者、外つ国の事情には疎いのでございまするが、地球には、蝉殿などを食される国が多いのでございまするな。

第8位
子供から人気が欲しいよセミ心 sugarlily
●カブトムシの様に、子供から人気が欲しいと思うセミの気持ちを読みました。どちらかと言えば、煙たがられるセミ。儚いです。/sugarlily
○sugarlily殿、さようでございまするか。蝉殿は、お子達のお友達が少ないのでございまするか。拙者は蝉殿ともお友達でございまする。

昼の支配者は蝉なりジージージー wolf626
●昼に集中して仕事をしているとけたたましく鳴く蝉の声が聞こえてくる。他の音をかき消す程強烈なその音を一帯の音を支配している支配者と表現しました。/wolf626
○wolf626殿、蝉殿が支配者殿でございまするな。そう申せば、拙者のお城山でもこのところ、蝉殿がお元気でございまする。

一日目はよ羽乾け蝉焦る ちゃんぽんこつ
●蝉が脱皮しているところを見たことがあります。ゆっくりゆっくり出てきて、乾くまでじーっとしています。 長くは生きられない蝉。その、乾かしている時間がもどかしくて、口も悪くなっちゃうんじゃないかしら、と思ってこの句を詠みました。/ちゃんぽんこつ
○ちゃんぽんこつ殿、さようでございまするな。蝉殿も早く飛び立ちたいのでございまするな。拙者も、蝉殿にフレーフレーでございまする。

蝉娑婆へアンラグ生活を終わる 加和 志真
○加和 志真殿、さようでございまするな。蝉殿も長年のご苦労が報われるのでございまするな。

7年もがまんしたのでさわぐせみ 秋桜
○秋桜殿、さようでございまするとも。蝉殿もぞんぶんにお騒ぎいただきたいのでございまする。拙者もフレーフレーでございまする。

そろそろと出できし蝉の子散歩して 寿女
●今年はいくつ穴があくだろうか! 頑張って出て来るんだよ。 所が年々少なくなって、遠くから聞こえてくる事が多くなりました/寿女
○寿女殿、さようでございまするか。蝉殿のお子達は散歩されるのでございまするか。それでは、拙者もご一緒に散歩するのでございまする。

第7位
ドアホンの画面いっぱい蝉の腹 は志むら
○は志むら殿、蝉殿はドア殿にもおいででございましたか。それは、歓迎申し上げたいのでございまする。拙者もお城山のドアにもおいでいただきたいのでございまする。

ドアノブの傘差すポトリ油蝉 ツナ好
●どこから入り込んだのかドアにかけたビニール傘から蝉の亡骸が落ちてきた時のことを詠みました。よろしくお願いします。/ツナ好
○ツナ好殿、さようでございまするか。油蝉殿もポトリ殿でございまするか。蝉殿の無常でございまするな。黙祷でございまする。

ドアに居る蝉一匹に回れ右 みょん
●蝉は急に飛ぶし、どの方向に飛ぶかわからないのでちょっと苦手です。蝉というと、昔帰宅したときに家のドア枠に蝉が止まっていたことがあり、ドアを開けると蝉が飛ぶんじゃないかと思って家に入れなかったことを思い出します。いい大人が蝉1匹に翻弄されてちょっと滑稽だったなと思って。/みょん
○みょん殿、蝉殿が苦手でございまするか。さようでございまするか。蝉殿はたしかに、飛び回られるのでございまする。拙者は、体が大きいので、蝉殿が多少ぶつかってこられても、大丈夫でございまする。

若セミは気象予報士出す日傘 ろん
○ろん殿、さようでございまするか。若蝉殿は気象予報士殿になられたのでございまするか。こんど、テレビの天気予報を見てみるのでございまする。

第6位
蝉とりて膝打ちし児よバルタン星人 はしびろこう
○はしびろこう殿、今度は、バルタン星人殿でございまするか。蝉殿とバルタン星人殿でございまするか。バルタン星人殿は、どうされたのでございましょうか。

敗れたりバルタン星人蝉時雨 グルメオヤジ
○グルメオヤジ殿、バルタン星人殿がお負けになったのでございまするか。蝉殿に負けられたのでございまするか。蝉殿がガンバったのでございまするか。

蝉しぐれスタアスタアがレッドカーペット マオ
○マオ殿、レッドカーペット殿?でございまするか。ということは、外つ国でございまするか。スタア殿が、おいででございまするか。どなたが、おいででございましょうか。

南仏の蝉もミンミンボンジュール もりのまりりん
●夏に南仏を訪れた際、蝉の声を久しぶりに聞き、日本の蝉と鳴き声が同じだと思った経験を詠みました。/もりのまりりん
○もりのまりりん殿、さようでございまするか。拙者は、申し上げたように、外つ国のことはよく分かっておりませぬ。ボンジュールボンジュール、ケスクセケスクセ。

リモートやWOWOW(ワウワウ)と鳴くうちの蝉 万年(まんねん)
○万年殿、それはたいへんでございまする。そちらの蝉殿は、そんなに鳴いておいででございまするか。その蝉殿には、お目にかかりたいのでございまする。

第5位
ミンミンやツクツクボウシ何処蝉 ともかわすてむ
○ともかわすてむ殿、さようでございまするな。蝉殿も、たくさんたくさん、おられるのでございまするな。夏中、蝉殿はガンバラれるのでございまするな。

みんみんとわんわんとにゃんにゃんとぼく 葉月
●俳句甲子園の開成さんの『原稿は白紙でみんみんが近い』という句をみて、「みんみん」が季語として使えるなら擬音語で攻めようと思いました。/葉月
○葉月殿、さようでございまするな。開成殿もガンバられたのでございまするな。蝉殿も、犬殿と猫殿とガンバっておいででございまするな。

ミーンミン蝉に起こされ日曜日 羅風音
●ゆっくり寝ていたい日曜日の朝 蝉が大きな声で鳴いている。/羅風音
○羅風音殿、さようでございまする。蝉殿は、月曜日も火曜日も水曜日も木曜日も金曜日も土曜日も日曜日も、ガンバっておられるのでございまするな。

キコキコキコたまにーおジー蝉の声 三寺ひろみ
○三寺ひろみ殿、さようでございまするな。蝉殿の鳴き声は、たくさんたくさん、あるのでございまするな。拙者もたまには、違う声で喋ってみるのでございまする。

蝉しぐれ小さい身体のスタミナは 定規(じょうぎ)
○定規殿、蝉殿はお元気でございまする。スタミナ殿も十分でございまする。7年間の蓄積があるのでございまする。拙者も、見習うのでございまする。

網戸にて絶唱謳歌プロの蝉 八木甚兵衛
●手風琴のような滑らかな蛇腹の動きは逞しく、羽も燕尾服のように見えて、うっかり網戸に張り付いちゃう蝉も、人生を賭けたプロの歌手だなぁ、と思ったのです。/八木甚兵衛
○八木甚兵衛殿、さようでございまするな。蝉殿はたしかにプロ殿でございまするな。プロ殿の鳴き声殿でございまするな。拙者も、蝉殿の鳴き声殿を見習って、ガンバルのでございまする。

みーんみんみんぴたりぺたり蝉取り 閏 務 (うるうつとむ)
○閏 務殿、ああ、ついに蝉殿も取りもち殿に捕まるのでございまするか。蝉殿もたいへんなのでございまするな。

提出日蝉の標本お前もか 馬門宗太
○馬門宗太殿、夏休みの宿題でございまするな。蝉殿の標本を作るのは、なかなかたいへんでございまする。拙者は、蝉殿とは仲良しでございまするが、標本は作ったことがございませぬ。

第4位
蝉ぢゝゝ形はロボット目はボタン のぶ子
○のぶ子殿、ロボット殿でございまするか。ロボット殿とは存じませぬでございまする。目も、ボタン殿とは存じませぬでございまする。さようでございまするか。勉強させていただきまする。

3歳と7歳まるで蝉時雨 まな
○まな殿、お子様でございまするか。蝉時雨殿は、賑やか賑やかでございまするな。お子様も、お元気お元気、賑やか賑やかでございまするな。拙者もご一緒に遊びたいのでございまするな。

薬打つ人いる蝉投げ捨てて一目散 位子
●小学生の時の経験でした。本当に恐ろしかったです。/位子
○位子殿、それはたいへんでございまする。ビックリドッキリでございまする。これは、小学校の予防注射でございまするか。拙者も、予防注射は苦手でございまする。

MRI受けて懐かしせみのこえ 京女
●あの大きい音蝉の声と思えば検査も堪えられる/京女
○京女殿、そう申せば、さようでございました。たしかに、MRIの中にはいると、蝉殿がたくさんおいででございまするか。さようでございまするか。蝉殿でございまするか。

第3位
團十郎のにらみ蝉の一生 春蘭素心
○春蘭素心殿、蝉殿もついに、團十郎殿とのにらみ合いでございまするか。いや、蝉殿のお目が團十郎殿の、あのお目でございまするか。蝉殿の大見得でございまするな。

蝉はげしクマとアブラのせめぎ合い 小島神泉
○小島神泉殿、さようでございまするな。蝉殿は、熊殿と油殿でございまするな。どちらも、お強いのでございまするな。

バス待ちに妹みんみん蝉いっぱい 新見遊子
○新見遊子殿、妹君殿でございまするな。バス停でございまするな。蝉殿に囲まれているのでございまするな。バス土のはなかなか来ないのでございまするな。

第2位
ふさがれし羽化せし庭の蝉いずこ 蓮花
●以前住んでいた家の前を通りかかったら 庭がコンクリートで塞がれて駐車場になっていました。まいとし数十匹の蝉が羽化してました。 ちゃんと羽化できたか心配です。/蓮花
○蓮花殿、さようでございまするか。蝉殿が心配なのでございまする。コンクリート殿は蝉殿の道を開けていただけるのでございましょうか。拙者も、心配でございまする。

第1位
常冬のオフィスの帰路の蝉の声 槇原
●夏のオフィスは、クールビズでも男性の体感に合わせた温度で寒くて芯から冷える。帰るとき外に出て、蝉の声を聞くと、季節を感じてほっとする。/槇原
○槇原殿、さようでございまするか。オフィス殿の冷房殿はガンバリ過ぎるのでございまするな。たしかに、拙者も体型が冷房殿と仲良くしてしまうのでございまする。以後、気をつけて、冷房殿に少し控えていただくようにお願いしてみるのでございまする。

◆掲示板
●新しい投句・投稿システムについてのお願い
 投句・投稿フォームが新しくなっています。投句数の増加に伴って、仕分け作業に多くの時間を要します。以下の事項を守って投句投稿して下さると、組長の負担が大きく減ります。ご協力よろしくお願いします。

①俳句の欄には俳句のみ記入して下さい。一つの欄に一句を厳守。

②「俳句に対するコメント」の欄は記入する必要はありません。(特に気になることがあれば記入していただいても結構です。)

③「ギャ句」「聞き倣し季語」は俳句欄に記入して下さい。ギャ句の原句は「俳句に対するコメント」の欄に必ず記入して下さい。

④「兼題季語についての質問・考察・情報(火曜日「俳句道場」)」は、火曜日「俳句道場」への投稿です。

⑤「『俳句ポスト365』への感想・質問・要望・俳号の変更・各地の吟行情報など」「組長&ハイポニストたちへのお便り・近況報告など」はそれぞれ水曜日への投稿です。内容に合った欄に書き込んで下さい。

◆「ギャ句」に挑戦!
 古今東西の名句を1音変えてみると、愕然と意味が変わる?!「最小の音変換による最大の意味変換」を狙う知的遊びであります。

●初めてギャ句に挑戦しました。意外な発見なのですが、原句を何度も諳んじることになるのでそれを結構覚えてしまい、俳句の良い勉強になりました。/戸部紅屑
●ギャ句が楽しいのでたくさん投句しています。しょーもないのはボツにしてくださいませ。/川越羽流
○戸部紅屑くん、川越羽流くん、いやどうもどうも金子どうだです。いや、そう言っていただくとワシも嬉しいもんじゃ焼き。やる気が倍増するというもんじゃ焼き。うほんうほん。

いろいろの売り人肥えて蝉の昼 じゃすみん
●ギャ句です。元句「いろいろの売声絶えて蝉の昼   正岡子規」/じゃすみん
あらぬこと考えて蝉、老いの鈍る じゃすみん
●ギャ句です。元句「あらぬこと考えて蝉、音の鈍る   高澤良一」/じゃすみん
おろおろと寒さに泣くの油蝉 じゃすみん
●ギャ句です。元句「おろおろと寒さの夏の油蝉   岩田由美」/じゃすみん
○じゃすみんくん、おお、そうかそうか草加せんべい。1句目の「絶」から「肥」の漢字視覚変換も基本技のひとつじゃ。そしてじゃが、まあ、キミが泣かずとも、蝉は鳴いてくれるもんじゃ焼き。うほん。

あるあした醤油の柱蝉這うて トマト使いめりるりら
●ギャ句でトマト。元句は「あるあした書屋の柱蝉這うて/山口青邨」。 /トマト使いめりるりら
○トマト使いめりるりらくん、ほほう、なんだか、旨そうな柱じゃあ内科小児科肛門科。うん、まあ、そんな柱もアルじゃロウ。うほん。

豪快に祖父母が睦み夜の蝉 にゃん
●ギャ句 元句「東海に祖父母が睦み夜の蝉」坪内稔典/にゃん
これもまた浪花の恋の油蝉 にゃん
●ギャ句 元句「これもまた浪花の声の油蝉」鷹羽狩行/にゃん
くま蝉を握つて先ほどまでは医師 にゃん
●ギャ句 元句「くま蝉を握つて先ほどまではゐし」飯島晴子/にゃん
蝉鳴けり逸見泣くより静かにて にゃん
●ギャ句 元句「蝉鳴けり泉湧くより静かにて」水原秋桜子/にゃん
電柱に融点にきて油蝉 にゃん
●ギャ句 元句「電柱に充電にきて油蝉」佐藤和枝/にゃん
赤羽の満月蝉のそら音散る にゃん
●ギャ句 元句「あかがねの満月蝉のそら音散る」松村蒼石/にゃん
○にゃんくん、おお、いいじゃあ内科小児科肛門科。1音変換の基本技も生きておるのう。よろしいよろしい。赤羽の月も楽しんでもらいたい。うほん。

「ギャ句に挑戦!」雪踏のいちだんらくや飯にせん ひろ志
●原句は「夕蝉のいちだんらくや飯にせん/高澤良一」 /ひろ志
○ひろ志くん、まあ、たいへんな作業者からのう。ゆっくりと飯を食ってくれたまえ。うほん。

ギャ句“:蝉なくや骨に沁み入る九のつぼ 吉村よし生
●原句:蝉なくや骨に沁み入る灸のつぼ/吉川英治  *つぼが九つも? /吉村よし生
ギャ句“:蝉鳴くや隣の屋台きるゝ時 吉村よし生
●原句:蝉鳴くや隣の謡きるゝ時/二葉亭四迷 /吉村よし生
ギャ句“:聞きそめた日より鹿嶋市蝉の声 吉村よし生
●原句:聞きそめた日よりかしまし蝉の声/正岡子規  *「鹿嶋市」は茨城県、「鹿島市」は佐賀県。 /吉村よし生
ギャ句“:蝉鳴くや寒暖計は三十七超 吉村よし生
●原句:蝉鳴くや寒暖計は九十九度/正岡子規  *摂氏37度超え!そりゃ暑い!! /吉村よし生
ギャ句“:総状の榎かしまし蝉の声 吉村よし生
●原句:僧正の榎かしまし蝉の声/正岡子規 /吉村よし生
ギャ句“:桟や鬘(かづら)にすがる蝉の声 吉村よし生
●原句:桟やかづら(葛)にすがる蝉の声/正岡子規  *読みはいずれも「かづら」だが、「葛」はつる草、「鬘」は髪飾り・添え髪。 /吉村よし生
ギャ句“:先頭の舟には居らず蝉のこゑ 吉村よし生
●原句:船頭の舟には居らず蝉のこゑ/正岡子規 /吉村よし生
ギャ句“:鶯の蝉にせりあふ子連れ哉 吉村よし生
●原句:鶯の蝉にせりあふ木末哉/正岡子規 /吉村よし生
○吉村よし生くん、いやあ、子規さんの元句をたくさんじゃのう。ご苦労ご苦労ご苦労さん。やはり、変換音数が少ない1音変換ものは、総じて、読ませるのう。まあ、ひとつ、この調子で、よろしく哀愁!うほん。

ギャ句 いち早く朝明くる蝉の鳴きにけり 玉京
●元句:いち早く日暮るる蝉の鳴きにけり飯田蛇笏/玉京
ギャ句 初蝉を近くにきぬ夕散水 玉京
●元句:初蝉を遠くにききぬ夕散歩内田八重子/玉京
ギャ句 初蝉や母の唄へる青い目の人形 玉京
●元句:初蝉や母の唄へる赤い靴/玉京
○玉京くん、うんまあ、やろうとしておることは分かる。しかしじゃ、ギャ句〝の基本、「最小の音変換による最大の意味変換」を考えてもらう事じゃ。うほんごほん。

ギャ句:夜の店一桁どこかくひちがふ 戸部紅屑
●原句:夜の蝉人の世どこかくひちがふ 成瀬櫻桃子/戸部紅屑
ギャ句:あぶな絵に擬せり遊妓へ両手つき 戸部紅屑
●原句:油蝉死せり夕日へ両手つき 岡本眸/戸部紅屑
ギャ句:墓泥の業や夜明のミイラ室 戸部紅屑
●原句:はかどらぬ稿や夜明の蝉ひとつ 水原秋櫻子/戸部紅屑
ギャ句:蝉もセレブやもとより目鼻立ち自尊 戸部紅屑
●原句:蝉むせぶやもとより目鼻なき地蔵 古沢太穂/戸部紅屑
ギャ句:朝飲みて猪木の顔を張りにけり 戸部紅屑
●原句:朝の蝉命の声を張りにけり 稲畑汀子/戸部紅屑
ギャ句:とほうもなき永き一升店飲みに 戸部紅屑
●原句:とほうもなき永き一生蝉の身に 仁藤さくら/戸部紅屑
ギャ句:見るからに負けるきらひの店トルコ 戸部紅屑
●原句:見るからに負けず嫌ひの蝉とる子 小山尚子/戸部紅屑
ギャ句:淋しくて一部の狂ひ咲き野菊 戸部紅屑
●原句:蝉時雨一分の狂ひなきノギス 辻田克巳/戸部紅屑
ギャ句:セミ農家はじまつてゐる月四回 戸部紅屑
●原句:蝉の羽化はじまつてゐる月夜かな 大野崇文/戸部紅屑
ギャ句:水嵩や烏賊にしみ入るレミの声 戸部紅屑
●原句:閑さや岩にしみ入る蝉の声 松尾芭蕉/戸部紅屑
ギャ句:皇帝に栄華はじまるまで納税民 戸部紅屑
●原句:校庭に映画はじまるまでの蝉 大牧広/戸部紅屑
○戸部紅屑くん、いや、なかなかガンバったじゃあ内科小児科肛門科。このガンバリはよろしいよろしい。これからは、「最小の音変換による最大の意味変換」という基本を極力、意識することじゃ。そして、1句のなかに変換が多いのも、ギャ句〝の焦点をぼやけさすので、出来れば1点に集中すると変換技が際立つのじゃ、うほんうほん。

ハツ・モツ・肝・カシラに蝉のかしましき 山香ばし
●ギャ句 元句は「花も月も見知らぬ蝉のかしましき/正岡子規」/山香ばし
恋は苦の言葉つまづく夜の蝉 山香ばし
●ギャ句 元句は「告白の言葉つまづく夜の蝉/鷲谷七菜子」/山香ばし
失点の苦も無くなんと蝉に風 山香ばし
●ギャ句 元句は「一点の雲無くなんと蝉に風/原石鼎」/山香ばし
ローゼンの花をいただき蝉涼し 山香ばし
●ギャ句 元句は「のうぜんの花をいただき蝉涼し/百合山羽公」/山香ばし
糸引く君何もせんや蝉時雨 山香ばし
●ギャ句 元句は「いと低き幹にも蝉や蝉時雨/富安風生」/山香ばし
いろいろ脳裏語彙絶えて蝉の昼 山香ばし
●ギャ句 元句は「いろいろの売声絶えて蝉の昼/正岡子規」/山香ばし
○山香ばしくん、いやあ、そうかそうか草加せんべい。うーん、ワシもハツ・モツは好きジャが・・・。なになに、ローゼンくんから花をもらったのか。まあなんじゃ、暑い折じゃが、語彙も大切なときは、あるもんじゃ焼き、うほん。

閑さやシワにシミ入る蝉の声 山内彩月
●ギャ句です。元句「閑さや岩にしみ入る蝉の声/芭蕉」   お肌の曲がり角です。/山内彩月
角打に蝉は頭蓋の内に居る 山内彩月
●ギャ句です。元句「聞くうちに蝉は頭蓋の内に居る/篠原梵」   飲みすぎました。/山内彩月
仰向けに夜のプールに浮びをり 山内彩月
●ギャ句です。元句「仰向けに夜のプールに泳ぎをり/森重昭」  夜空を眺めているだけですのでご心配なく(^_^)/山内彩月
○山内彩月くん、まあなんじゃもんじゃの木。蝉の声も、いろいろしみ入るもんじゃが。そうそう、角打もいいもんじゃ焼き。ワシも嫌いではない。次は、ひとつ、よろしく哀愁!うほん。

皐月なり蝉鳴きおなご孕みたり 西村小市
●ギャ句゛@原句は《皐月なり蝉鳴きいなご弾みたり/金子兜太》/西村小市
蝉の谷いま黄葉して青き脛 西村小市
●ギャ句゛@原句は《蝉の谷いま黄葉して青狐/金子兜太》/西村小市
せみのからわつて見たれは静か哉 西村小市
●ギャ句゛@原句は《せみのからわつて見たれは雫哉/正岡子規》/西村小市
いろいろの売声絶えて蝉の来る 西村小市
●ギャ句゛@原句は《いろいろの売声絶えて蝉の昼/正岡子規》/西村小市
アルトでは稽古の如き蝉時雨 西村小市
●ギャ句゛@原句は《或時は稽古の如き蝉時雨/後藤比奈夫》/西村小市
家族から見放され止む蝉の声 西村小市
●ギャ句゛@原句は《家族から見放され病む蝉の声/右城暮石》/西村小市
こゑ太し僻地の谷の油蝉 西村小市
●ギャ句゛@原句は《こゑ太し茂吉の国の油蝉/伊藤白潮》/西村小市
じいと鳴く蝉それきりの朝の森 西村小市
●ギャ句゛@原句は《じいと鳴く蝉それきりの朝ぐもり/能村登四郎》/西村小市
かうかうと蝉鳴き牛を外に出す 西村小市
●ギャ句゛@原句は《かうかうと蝉鳴き潮迫門に寄す/大野林火》/西村小市
この森の蝉取の子に日は高く 西村小市
●ギャ句゛@原句は《この森の蝉取の子に木は高く/山口青邨》/西村小市
アベマスク蝉声勁く入り交り 西村小市
●ギャ句゛@原句は《アヴエマリア蝉声勁く入り交り/野澤節子》/西村小市
あかがねの満月蝉の空へ散る 西村小市
●ギャ句゛@原句は《あかがねの満月蝉のそら音散る/松村蒼石》/西村小市
○西村小市くん、おお、ガンバッタじゃあ内科小児科肛門科。いや、穏やかに出来てオール5。と思ったが、なになになんじゃ、孕ませたのか。うーん、たいへんじゃ。え、マスクもまあ、いろいろとあるからのう、うほんごほん。

かく高く誘ふか君の恋の笑み 川越羽流
●元句 かく高く誘ふか幹の恋の蝉/山口青邨/川越羽流
シネマには銭払うに惜しくなし 川越羽流
●元句 死に真似は蝉習ふにしくはなし/中原道夫  映画好き。/川越羽流
アカペラの蝉と聞きつつ又眠る (変換2音) 川越羽流
●元句 あかつきの蝉と聞きつつ又眠る/山口誓子  みんなアカペラ。/川越羽流
深酒や時移りゆく蝉の羽化 (変換2音) 川越羽流
●元句 ふかき夜や時移りゆく蝉の羽化/柳沢杏/川越羽流
この部屋の関取の子に気は高く (変換3音) 川越羽流
●元句 この森の蝉取の子に木は高く/山口青邨  この部屋の関取に期待!/川越羽流
月長く明日行く旅や油蝉 (変換2音) 川越羽流
●元句 月ながら雨いくたびや油蝉/水原秋櫻子  長旅なので、油蝉とはもう会えません。/川越羽流
老け顔の君うつせみのうつつなや (変換2音) 川越羽流
●元句 ぬけがらの君うつせみのうつつなや/正岡子規  ちょっと気の毒。/川越羽流
爺と泣く孫それきりの朝ぐもり (変換2音) 川越羽流
●元句 じいと鳴く蝉それきりの朝ぐもり/能村登四郎  ケンカした?/川越羽流
鯉こくを待ち一斉に蝉鳴き出ず (変換1音) 川越羽流
●元句 この刻を待ち一斉に蝉鳴き出ず/山口誓子/川越羽流
翌檜と知るよしもなき蝉の声 (変換1音) 川越羽流
●元句 明日なきと知るよしもなき蝉の声/迫谷富子  とまっている木は翌檜というのですよ。/川越羽流
蝉の羽化はじまつてゐぬ月夜かな (変換1音) 川越羽流
●元句 蝉の羽化はじまつてゐる月夜かな/大野崇文  まだです。/川越羽流
夕蝉や父の弱さを母が言ふ (変換1音) 川越羽流
●元句 夕蝉や父の齢を母が言ふ/野中亮介  母は強し?/川越羽流
汗を吹く納屋の松風蝉時雨 (変換1音) 川越羽流
●元句 汗を吹く茶屋の松風蝉時雨/正岡子規  野良仕事中。/川越羽流
いま行くは予ゼミならずや星月夜 (変換1音) 川越羽流
●元句 いま鳴くは夜蝉ならずや星月夜/水原秋櫻子  代々木ゼミナールという塾のことを予ゼミと言います。/川越羽流
まほろばや花の夕の蝉衣 (変換1音) 川越羽流
●元句 まほろしや花の夕の蝉衣/正岡子規/川越羽流
みちのくや出前へ出ても蝉の声 (変換1音) 川越羽流
●元句 みちのくや出羽へ出ても蝉の声/正岡子規/川越羽流
ひぐらしに響を譲らず油蝉 (変換0音) 川越羽流
●元句 ひぐらしに今日を譲らず油蝉/百合山羽公  意味はほぼ同じです。/川越羽流
蝉鳴いて退社に昼の暗さあり (変換0音) 川越羽流
●元句 蝉鳴いて大社に昼の暗さあり/小澤克己  早退は気が引けます。/川越羽流
○川越羽流くん、おお、これはガンバッタ。よろしいよろしい、努力賞じゃ。代ゼミならワシも知って折るもんじゃ焼き。たしか、有名な先生がおったのう。変換音数を意識するのも、さすがじゃ。出来る人への注文としては、「劇的な意味変換」というところを、さらに意識してもらえば、完璧じゃ。ひとつ、この調子で、よろしく哀愁!うほんごほん。

(ギャ句) みんみんの餃子食うまの蝉遠し 網代
●いつも、ありがとうございます。このギャ句間違って投稿してしまいました。 (元句) みんみんの息つぐひまの蝉遠し 篠原梵 年々去来の花雨 この(元句)の作者名を飯田龍太と間違ってしまいました。 正しくは、篠原梵です。 訂正よろしくお願いします。 /網代
(ギャ句) フランスに行きたし女の声と蝉の音と 網代
●(元句) 永久に生きたし女の声と蝉の音と 中村草田男/網代
(ギャ句) 餓鬼は飯こぼしつづけて蝉の声 網代
●(元句) 崖は土こぼしつづけて蝉の声 鷹羽狩行/網代
(ギャ句) じいと泣く孫それきりの朝ぐずり 網代
●(元句) じいと鳴く蝉それきりの朝ぐもり 能村登四郞/網代
○網代くん、おお、よしよし良子さんじゃ。みんみんの餃子はワシも好きじゃ。狙いはよろしいよろしい。変換音数を意識してもらうと、さらによろしい、うほんごほん。

気を変へし彼のこころやぶれにけり 星埜黴円
●元句: 樹を変へし蝉のこころにふれにけり  木下夕爾/星埜黴円
親死にても生きても同じひややかさ 星埜黴円
●元句: 蝉死にても生きても同じひややかさ  加藤かけい/星埜黴円
孤児園に野生のグルメ朝から蝉 星埜黴円
●元句: 孤児園に野菜の車朝から蝉  中島斌雄/星埜黴円
緬甸に雲行く蝉のしらべかな 星埜黴円
●元句: 深山木に雲行く蝉のしらべかな  飯田蛇笏 /緬甸 :ミャンマーです。 /星埜黴円
子の犯行泣きつつ銭を手に放さず 星埜黴円
●元句: 子の反抗泣きつつ蝉を手に放たず  加藤楸邨/星埜黴円
寺町にみちまりあんぬ蝉しぐれ 星埜黴円
●元句: 寺町にみちあやまりぬ蝉しぐれ  川畑火川/星埜黴円
鳴きやめて飛ぶ時蝉の身ゆるなり 星埜黴円
●元句: 鳴きやめて飛ぶ時蝉の見ゆるなり  正岡子規/星埜黴円
胸に来し蝉ふりはらたいら惜しむ 星埜黴円
●元句: 胸に来し蝉ふりはらひたる惜しむ  西垣脩/星埜黴円
蝉時雨棒のごときで人殴り 星埜黴円
●元句: 蝉時雨棒のごとくに人眠り  清崎敏郎/星埜黴円
金欠にみじろぎもせず夜蝉鳴く 星埜黴円
●元句: 咯血にみじろぎもせず夜蝉鳴く  富田木歩/星埜黴円
シャムもよし犬もまたよし油蝉 星埜黴円
●元句: 病むもよし死ぬもまたよし油蝉  長谷川秋子/星埜黴円
老いてきし師ほどに遠き蝉のあり 星埜黴円
●元句: おいてきし子ほどに遠き蝉のあり  中村汀女/ この師は、学生時代の先生のことです。いやあ、組長先生は若い、若~いっ。美しいっ! /星埜黴円
銭咽ぶ他郷信濃の古上司に 星埜黴円
●元句: 蝉咽ぶ他郷信濃の古城址に  中村草田男/星埜黴円
二三千再た沸きかへし油虫 星埜黴円
●元句: 二三日再た沸きかへし油蝉  阿波野青畝/星埜黴円
芭蕉葉にひたとひた鳴く蝉とあり 星埜黴円
●元句: 芭蕉葉にひたとひた鳴く蝉のあり  皆吉爽雨/星埜黴円
蝉の背の根性みせて貸せよ金 星埜黴円
●元句: 蝉の背の紺青にして樫の風  原石鼎/星埜黴円
便塊に散華きらきら蝉の昼 星埜黴円
●元句: 天界に散華きらきら蝉の昼  山口誓子/星埜黴円
蝉啼いて禿にも脂の流れけり 星埜黴円
●元句: 蝉啼いて杉にも脂の流れけり  闌更 /オイルフェンスを張れっ。/星埜黴円
板の間にもふゝゝ寝るや猫の声 星埜黴円
●元句: 板の間にへたゝゝ寝るや蝉の声  鳳朗/星埜黴円
○星埜黴円くん、おおこれは、いいじゃあ内科小児科肛門科。おまけに、リューマチ科。いやあ、根性をみせたのう。そして、まりあんぬくんやはらたいらさんにも、よろしくのう。いやガンバッタ、ガンバッタのじゃが、なにか気になると思ったら、禿に油?いや、これはどうだどうだ金子どうだ。うほんげほん。

◆今週の「聞き做し季語」?!
 兼題の季語が、耳にどう聞こえるか?……というクダラナイ試み。

「聞き做し季語」Say me. 竹織
●Lionel Richieの「Say You,Say Me」懐かしー!/竹織
○竹織くん、おお、そうかそうか草加せんべい。AORというのじゃな、うほん。

紙魚・さみぃ~(寒い)・船尾・背に・親身・施火・須弥・趣味 さとう菓子
○さとう菓子くん、なるほどほどほど。いや、よろしいよろしい。うほん。

「聞き倣し季語」ゼミ 宣命 ひろ志
○ひろ志くん、おお、なるほどほどほど。で、専門はなんじゃ、うほん。

代ゼミ(夜蝉)、餃子のみんみん、パンダの名前一般(にいにい、みんみん)、蛇時雨。 星埜黴円
●聞き做し季語です。/星埜黴円
○星埜黴円くん、うーん、そうかそうか草加せんべい。そうじゃのう。まあ、餃子でも食べるか、うほん。

◆今週の「なんちゃって回文」

濃いな蝉のションベン葦の店な行こ くろべぇ
●なんちゃって回文 こいなせみのしょんべんよしのみせないこ/くろべぇ
○くろべぇくん、ほほう、なかなかのもんじゃ焼き。いや、回文も軽いのも良いのう。で、どこの地方の方かな?うほんごほん。

焼いた蝉を見せた嫌 さとう菓子
●「なんちゃって回文」やいたせみをみせたいや/さとう菓子
○さとう菓子くん、それはのう。ちょっと残酷ジャガイモ。まあ、動物愛護をよろしく哀愁!うほん。

エコの店ふるふる震ふ蝉の声 山名凌霄
●回文です。「えこのみせふるふるふるふせみのこえ」/山名凌霄
○山名凌霄くん、いやあ、エコ生活は素晴らしいのう。ワシも見習おうかのう、うほんごほん。

見せし尾の俯く無痛の唖蝉 星埜黴円
●回文です。 みせしおのうつむくむつうのおしぜみ/星埜黴円
未染見ん右側若きミンミン蝉 星埜黴円
●回文です。 みせんみんみぎがわわかきみんみんぜみ/星埜黴円
苦難せし夜店の蝉よ死線啼く 星埜黴円
●回文です。 くなんせしよみせのせみよしせんなく/星埜黴円
○星埜黴円くん、おう、なかなかいいじゃあ内科小児科肛門科。おまけに、リュウマチか。蝉の診察も、よろしく哀愁!うほん。

母屋で蝉時雨櫛見せてやもお 西川由野
●回文です「おもやでせみしぐれくしみせてやもお」もおっ!いじわる、という感じで。 /西川由野
俳都なす蝉の木の店砂と岩 西川由野
●回文です「はいとなすせみのきのみせすなといは」松山の海岸をイメージ。 /西川由野
○西川由野くん、いや、よろしいよろしい。松山への挨拶回文とは、お見事じゃ。その調子で、ガンバってもらいたい、うほんげほん。

回文 夜蝉今満つまで待つ身舞い見せよ 川越羽流
●よせみいまみつまでまつみまいみせよ/川越羽流
回文 空飛んでみせし唖蝉天取らそ 川越羽流
●そらとんてみせしおしせみてんとらそ/川越羽流
回文 夜蝉老ひ後の命の火を見せよ 川越羽流
●よせみおひのちのいのちのひおみせよ/川越羽流
回文 蝉の名は聞いて持て行き花の店 川越羽流
●せみのなはきいてもていきはなのみせ/川越羽流
回文 むら草に死みんみん見しに咲くらむ 川越羽流
●むらくさにしみんみんみしにさくらむ/川越羽流
回文 蝉尾根は遠きなき音翅を見せ 川越羽流
●せみおねはとおきなきおとはねおみせ/川越羽流
回文 鳴かぬ蝉舞い腹は今見せぬかな 川越羽流
●なかぬせみまいはらはいまみせぬかな 本日「鳴かぬ蝉腹は見せぬかな」で投句しましたがキャンセルしてください。 なんとか強引に五・七・五にできたので、こちらにします。/川越羽流
○川越羽流くん、おお、いいじゃあ内科小児科肛門科。ガンバッタじゃあ内科小児科肛門科。ワシは、「夜蝉老い・・」が、ことさら響いたのう。この調子で、ぜひ、ガンバってもらいたい、うほん。

夜の未成年安寧蝉乗るよ 遠音
●回文俳句。よるのみせいねんあんねいせみのるよ/青春ハツラツ!とかさ、甘酸っぱい青春時代とかさ、あれさぁ、どこの世界の話?って思うわけよ。青春ってさ、一言で言うと、鬱屈だぁね。気づまり。倦怠。あんなテンプレのキラキラ青春、異世界にしかみえない。え?ひがみ?んー、そうかもねぇ。でも、キラキラしている奴になりたいわけでもないよ?僕はね、夜の底になずむのが好きだったな。夜、同級生とも家族とも分かたれて独りの世界にもぐり込むと、心の底から安堵したなぁ。ヘッドホンつけて、活字を追いかけて、外の世界を完全にシャットアウト。本当に、落ち着くよ。夜はね、昼にやかましかった蝉も鳴かない。この世から消え去ったみたいだ。でも、いるんだよ。鳴かないだけで。独りで繭を造ってこもっていた僕みたいだ。多分、蝉って夜は、そうやって独りの繭を造ってる奴らの上に止まってるんだよ。無音を吸い込んで、吸い込んで、明日の反動にするために。でなきゃ、あんなに金切り声で叫び続けてらんないよ。無音を、安寧を反動にして、なんとか生きてられるんだよ。子どもも蝉も。ん、もう一杯おんなしのをくれよ。もう子どもじゃないんだからさ、いいだろ?/遠音
○遠音くん、そうじゃのう。若者を案ずるのう。蝉もしんぱいしておるのじゃのう。うほんごほん。

 

※『俳句ポスト365』の文字が小さすぎる?
 この問題に関しては「それぞれのパソコンの個性によって見え方が違ってくるので、統一して同じ大きさにするのが難しい」のだそうです。次の方法でひとまず対処して下さい。
 「CTRL(コントロール)」のキーを押さえておいて「+(プラス)」のキーを押すと、自動的に文字が拡大されます。同じ方法で「-(マイナス)」のキーを押すと小さくなります。一度この方法を試してみて下さい。

よしあきくん

ページの先頭