俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 藤袴

第246回 2020年6月25日週の兼題

藤袴

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句

よしあきくん一期一会の一句!

 「いで湯と城と文学のまち・松山」を応援するのが、それがしの務め。本サイトを応援することも我が喜びにござる。そして、我が座右の銘は「一期一会」。我が心に怒濤の感動を呼び起こす一期一会の一句、今週もドドドーン!とご紹介いたしますぞ!
 以下、●が皆さんからの投稿。○が拙者のコメントでござる。

○みなさま、よしあきくんでございまする。夏のお休みをいただいておりました。感謝感激でございまする。本日から、また、スタートでございまする。

◆よしあきベストセレクション
第10位
庭園のコロナにやつるる藤袴 オイラー
○オイラー殿、さようでございまするな。コロナ殿は、まだまだ、ガンバっておいででございまするが、そろそろ、退散をお願いしたいのでございまする。

コロナ禍に娘も白衣藤袴 なすの花
○なすの花殿、ご息女殿は、看護師なのでございまするか。医療現場もたいへんでございまする。拙者も、応援応援でございまする。

未だ癒えぬ早や藤袴コロナ禍な のろ爺
●ここまで延びるとは思わなかった。 コロナの心身に及ぼす影響/のろ爺
○のろ爺殿、さようでございまするな。藤袴殿も、コロナ殿にお願いしているようでございまする。

マスク縫い糸屑集め藤袴 オリゼ
○オリゼ殿、マスク殿をお作りでございまするか。マスク殿には、頑張っていただきたいのでございまする。

第9位
御近所さんに頂いた藤袴枯れかけ急いで水をやる ばんびぃむーん
●数年前に藤袴の苗を頂いた御近所さんが、時々訪ねて来てくれるので、枯らしたら大変と、毎年咲かせるのに一苦労あります。/ばんびぃむーん
○ばんびぃむーん殿、さようでございまするとも。藤袴殿にもお水でございまする。たくさんのお水でガンバっていただきたいのでございまする。

字余りや指折て悩む藤袴 ひろちゃん
○ひろちゃん殿、575でございまするな。なんなら、拙者の太い指をお貸しするのでございまするが。

屁をしても安全圏に藤袴 ゆうこB
●いっぱい句が浮かんだけど、これが一番や。/ゆうこB
○ゆうこB殿、安全圏でございまするか。ソーシャルディスタンスでございまするか。コロナ殿にも屁殿にも、ソーシャルディスタンスでございまするな。

トイレには藤袴より白檀か たくばしょう
○たくばしょう殿、さようでございまするか。トイレ殿には、白檀殿でございまするか。拙者も試してみるのでございまする。

藤袴ポプリの香りアロマかな まつやま孝子
○まつやま孝子殿、さようでございまするな。良い香りには、癒やされるのでございまするな。アロマ殿でございまするな。

第8位
藤袴速歩に燃やす体脂肪 とし子
○とし子殿、おお、なんだか拙者も耳が痛いのでございまする。拙者も燃やしたい脂肪が、てんこ盛りでございまする。しかし、速歩は苦手なのでございまする。

藤袴金賞狙いで生けてみる ふくうめ@木の芽
●秋の生け花展 藤袴で勝負してみた 金賞とれたらいいな/ふくうめ@木の芽
○ふくうめ@木の芽殿、金賞殿でございまするか。よろしゅうございまするな。賞金殿と仲良しになりたいのでございまする。

畑に咲く大株主の藤袴 ふうせんかずら
○ふうせんかずら殿、なんと、大株主殿でございまするか。それは、賞金殿とどちらが大きいのでございましょうか。

画像サーチ花か着物か藤袴 理観
●藤袴という花を聞いたことも見たこともなかったので、「藤袴」が次の兼題だよ、と友達に聞いて、戸惑った時の様子を句にしました。/理観
○理観殿、さようでございまするな。まずは、お調べになるのでございまするな。たくさんの藤袴殿でございまするな。

第7位
恋が散りふじばかま咲く頃雨降られ 音澤煙管
○音澤煙管殿、それは哀しいのでございまする。散ってしまうのは哀しいのでございまする。藤袴殿は咲いていてほしいのでございまする。

藤袴香に誘はれてうふふふふ ねこじゃらし
○ねこじゃらし殿、うふふふふ?でございまするか。あれ、うふふふふ?でございまするな。そうでございまする、うふふふふでございまする。

モンローのくびれのしなり藤袴 パクヒロ
○パクヒロ殿、くびれのしなり・・・やはり、うふふふふでございまするか。うふふふふ。

藤袴傘は何傘相合い傘 ゴールデン文子
○ゴールデン文子殿、ああ、相合傘でございまするなああ。相合傘でございまするなあああああ。相合傘なのでございまするなあああああああ。

韓流のラブコメ二時間藤袴 かずポン
○かずポン殿、寒流殿をお好みなのでございまするな。寒流殿もいいのでございまする。拙者も、2時間じっと観るのでございまする。

恋すれば藤袴でもわからずや 朧
○朧殿、さようでございまするか。藤袴殿も分からず屋とは存じ上げませんでした。拙者も、これからは、藤袴殿に平身低頭、お願いすることにいたしまする。

片思い花キューピット藤袴 羅風音
●ある方に思いを寄せて心痛む中 藤袴へ願いをかけました。 藤袴の花言葉は「恋のキューピット」 /羅風音
○羅風音殿、さようでございまするな。藤袴殿にもお願いお願いでございまするな。拙者からも、藤袴殿お願いお願いするのでございまする。

幽霊の赤いスカート藤袴 泥塗れのポスト
○泥塗れのポスト殿、幽霊殿でございまするか?幽霊殿がスカートをおはきなのでございまするな。怖いような、お目にかかりたいような、拙者でございまする。

へんずりの髑髏びつしり藤袴 帝釈鴫
○帝釈鴫殿、髑髏殿でございまするか。髑髏殿がそんなにびっしりでございまするか。一度、へんずり殿に詳しくお聞きせねばなりませぬ。あ、もしもし、へんずり殿。

恥ずかしやああ恥ずかしや藤袴 康寿
●本当に恥ずかしい気持ちですね/康寿
○康寿殿、さようでございまするか。そこほどまでに、恥ずかしいとは。拙者もお聞きするだけで、なんだか、赤面でございまする。ああ、恥ずかし。

第6位
藤袴俳句で広がる花の世界 sugarlily
●藤袴のことを全く知らなかったため、どう俳句にしたら良いか全く思い浮かばず、素直な気持ちを読んでみました。藤袴、ヒメジョオン…俳句に触れることでお花にも詳しくなれそうです。/sugarlily
○sugarlily殿、さようでございまするな。俳句をなさると、いろいろな花殿が、眼に入りまする。拙者もお城山の花殿を拝見するのでございまする。

万葉のグローバル化やふじ袴 小太郎
●よく見られる藤袴が万葉の時代に中国から、伝わったということを詠った。先に送信した俳句が中七、グローバルの、のをやに変え、再送しました。/小太郎
○小太郎殿、さようでございまするな。藤袴殿は万葉の時代から、ずっと、グローバルでございまするな。拙者も、見習いたいものでございまする。

ふじばかま詠まれ愛でられ産まれは唐土 羅蒐
●藤袴は万葉集から始まり、多くの歌・句の題材になってきてものであり、植物としても日本に於いて古くから親しまれてきたものですが、原産は中国とされております。しかし、だからと言って、藤袴を詠んできた、愛でてきた歴史が変わる訳でも無く、勿論、原産が中国であることも変わる訳でも無く、昨今見られる様な「何々の起源は何処々々だから云々」といった話が如何にナンセンスであるかを詠んでみたつもりなんですが、正直に言いますと、上手く出来ている自信は無いです。/羅蒐
○羅蒐殿、さようでございまするな。藤袴殿は、どこにおいででも、藤袴殿でございまするな。拙者も、そのようになりたいものでございまする。

公達の恋のツールや藤袴 ふんわり子
●源氏物語の「藤袴」の巻で、夕霧が御簾の端から想いの丈を込めて玉鬘に藤袴を差し入れた場面が忘れられません。/ふんわり子
○ふんわり子殿、さようでございまするな。公達殿は、藤袴殿を愛で、心を愛で、ずっと咲き続けるのでございまするな。

藤袴湯上りの手にラブレター 新米笛
○新米笛殿、湯上がりでございまするか。さぞかし、お肌つるつるのことでございましょう。藤袴殿もお喜びでございましょう。

おまえもかレッドリストに藤袴 案山子@いつき組広ブロ俳句部
●幼い頃に見慣れていた植物や動物が、環境省の絶滅危惧種や準絶滅危惧種に指定されていて驚くことがある。そういえば最近みかけない。あいつ、どうしてるだろう…。/案山子@いつき組広ブロ俳句部
○案山子@いつき組広ブロ俳句部殿、藤袴殿もレッドリスト殿でございまするか。これからも、美しい藤袴殿を見続けたいのでございまするな。

セメントがお友達でしょ藤袴 袴田朱夏
○袴田朱夏殿、さようでございまするか。セメント殿もお友達でございまするか。藤袴殿も、どこにおいででも、咲き誇っていただきたいのでございまする。

何故なのかアサギマダラと藤袴 玉治
○玉治殿、さようでございまするか。アサギマダラ殿も藤袴殿とご一緒なのでございまするな。拙者も、ご一緒したいのでございまする。

藤袴アサギマダラをコーデして 水蜜桃
●ベタな光景しかイメージできませんでした。ただそのイメージに一番しっくりくる言葉を考えてみました。(水蜜桃)/水蜜桃
○水蜜桃殿、水蜜桃殿もアサギマダラ殿と藤袴殿とご一緒されるのでございまするな。美しいのでございまするな。

藤袴集まる蝶の休憩所 青葉のぞみ
○青葉のぞみ殿、さようでございまする、さようでございまする。やはり、美しい方々は美しい方々とご一緒なのでございまするな。拙者は、お仲間には入れないのでございまする、グスン。

虫の目で見れば無数の藤袴 研知句詩@いつき組広ブロ俳句部
○研知句詩@いつき組広ブロ俳句部殿、さようでございまするか。虫殿も、藤袴殿とご一緒なのでございまするな。虫殿の目は、たくさんの目でございまするな。

薬局の「はらぺこあおむし」藤袴 豪七五
○豪七五殿、あおむし殿も藤袴殿とご一緒・・・・。ひょっとすると、お食べになるのでございまするか。虫殿。。。。

第5位
友に会う貴重になりて藤袴 仙台碧
●コロナ自粛でずっと会えていなかった友達と、最近ようやく会うことができました。リアルで会うことが貴重な世の中になったなぁと思います。/仙台碧
○仙台碧殿、さようでございまするな。お友達殿とお目にかかるのも、藤袴殿も貴重なのでございまするな。

ふじばかま揚春雨がもじゃもじゃと 一井蝸牛
○一井蝸牛殿、春雨殿も・・・。いや、揚げられるのでございまするか。ということは、何か中華料理とか、美味しいものでございまするか。拙者も、ご相伴に与りたかったのでございまする。

藤袴せたけに合わせて生花も 京子
○京子殿、生花をされるのでございまするな。藤袴殿もさぞかし、お美しいのでございましょう。

藤袴色を聞かれど 「ウ?」と言い 春日
●答えに詰まる色の花/春日
○春日殿、さようでございまするな。藤袴殿のお色を一言では言い表せないのでございまする。なんと、微妙な美しさでございましょうか。

七草でめだたないのがふじばかま 秋桜
○秋桜殿、さよう申されれば、確かにでございまする。藤袴殿の美しさは、静かなものでございまするな。

ふじばかま七草かゆに香り立つ 白山
○白山殿、七草がゆ・・・うーん、藤袴殿で、七草がゆ・・・うーん、うーん。

藤袴アンパンマンの靴が鳴く 片岡ひまり
○片岡ひまり殿、かわいいのでございまする。アンパンマン殿の靴でございまするな。藤袴殿も喜んでおいででございまする。

第4位
「藤袴、仕立てます」夏は呉服屋 高校中退
●藤を育てる季節そのものを呉服屋さんに見立てた句です/高校中退
○高校中退殿、お着物えございまするか。どのように美しいお着物になるのでございましょうか。拙者も、楽しみでございまする。

93藤袴と共に頑張らん 佐次郎
●花市の藤袴と共に何時までも元気に長寿でありたい。/佐次郎
○佐次郎殿、さようでございまするか。それは、お元気で何よりでございまする。拙者も、佐次郎殿を見習って、ガンバリまする。

藤袴空で声援志村けん 聖一
●大丈夫だと空で声援しているに違い無い/聖一
○聖一殿、さようでございまするな。志村けん殿も、きっと、空の上でご覧になっておいででございまするな。拙者も、声援声援でございまする。

第3位
ゆふべの月未だ手首に藤袴 加世堂魯幸
○加世堂魯幸殿、拙者にはなかなか難しいのでございまするが、なんだか、詩の匂いがふんぷんでございまする。とても、ステキな感じがいたしまする。ただしく、選評は出来ませぬが、ステキでございまする。

余の留守藤袴ヒマか婆自負するの夜 花芭蕉句会・さとう菓子
○花芭蕉句会・さとう菓子殿、あああのう、藤袴殿からの留守電でございまするか。それはたいへんでございまする。すぐに、ご返事をお願い申し上げまする。婆さまもお待ちかと存じまする。

藤袴離婚したとはつゆしらず 最中
●なな草粥を食べているときに、いとこの離婚を聞いた/最中
○最中殿、それはたいへんでございまする。藤袴殿が離婚!と思いましたが、いとこ殿の離婚もたいへんでございまする。拙者、おろおろ、おろおろ。

第2位
祖母の背の折り曲がりゆく藤袴 星ぶどう
○星ぶどう殿、お婆さまでございまするか。それはたいへんでございまする。お婆さまでございまするか。背は曲がるのでございまするが、くれぐれもお大事になされますように。

第1位
アレクサのお帰りクール藤袴 珠桜女絢未来
○珠桜女絢未来殿、さようでございまするか。アレクサ殿は、そのようにクールな殿でございまするか。拙者も、アレクサ殿とお目にかかりたいのでございまする。

◆「ギャ句」に挑戦!
 古今東西の名句を1音変えてみると、愕然と意味が変わる?!「最小の音変換による最大の意味変換」を狙う知的遊びであります。

○いやあ、どうもどうもどうだです。金子どうだです。しばらくのご無沙汰じゃった。いや、失敬失敬。まあ、ワシもいい夏休みをいただいたもんじゃ焼き。うほんうほん。今週から、また、よろしく哀愁!うほんごほん。

スキップでぎっくり腰に藤袴 あじさい涼音
●ギャ句です。 原句は山野妙子さんの「スコップをざつくり入れて藤袴」です。/あじさい涼音
○あじさい涼音くん、おお、そうかそうか草加せんべい。うんまあ、面白いとは思うのじゃが、ギャ句の基本、「最小の音変換による最大の意味変換」じゃ。ガンバってもらいたい、うほん。

藤袴傘は何傘野点傘 ゴールデン文子
●ギャ句(ギャグ)を詠んでみようと挑戦しました。初挑戦です。 正岡子規の 藤袴笠は何笠桔梗笠 をギャグりました。 /ゴールデン文子
○ゴールデン文子くん、おお、よろしいよろしい。まあ、次は、変換音数を少しでも少なくするということに挑戦してもらいたい、うほん。

藤袴匂ひと声や山鴉 じゃすみん
●ギャ句です。元句「藤袴にもひとこゑや山鴉   藤田湘子」/じゃすみん
枯れ果てて霜の中なる藤袴 じゃすみん
●ギャ句です。元句「枯れ果てしものの中なる藤袴   高浜虚子」/じゃすみん
たまとゆらつつむ風呂敷藤袴 じゃすみん
●ギャ句です。元句「たまゆらをつつむ風呂敷藤袴   平井照敏」  うちの猫を包んでみました。/じゃすみん
藤袴タオル垂る香を身のほとり じゃすみん
●ギャ句です。元句「藤袴手折りたる香を身のほとり   加藤三七子」/じゃすみん
○じゃすみんくん、なるほどほどほど。1句目は、ガンバってヒジョーに惜しいところまで詰めておる。どうするか、まあ、急に言われても・・・。お宅の猫くんには謹んで哀悼の意を表すもんじゃ焼き。うほんごほん。

たぬ化けふいいずこも照りぬ藤袴 ドイツばば
●「丹波けふいづこも照りぬ藤袴」岡井省二/ドイツばば 「この照りじゃ化けられねえやと狸いふ」でござりまする。ギャ句は癖になりまするがゆえ、この辺りで留めておきまする。/ドイツばば
酒かくされて雨の日の愚痴仲間 ドイツばば
●ギャ句 元句「酒かくされて雨の日の藤袴」増山美島/ドイツばば/ドイツばば
音たててまた来るダンプ藤袴 ドイツばば
●ギャ句 元句「音たててまた来る山雨藤袴」 福田蓼汀/ドイツばば/ドイツばば
風呂仲間重たきタオル持ち歩く ドイツばば
●ギャ句 元句「藤袴思はず手折り持ち歩く」 福島二美/ドイツばば/ドイツばば
はらからをすごく咎めて藤袴 ドイツばば
●ギャ句 元句「みづからをすこし咎めて藤袴」友岡子郷/ドイツばば/ドイツばば
藤袴金はともかく奉公す ドイツばば
●ギャ句 元句「藤袴色はともかく芳香す」 土井木賊/ドイツばば  夏井いふちふぶに触発され、ばばもギャ句といふもの試み候。新参者ゆえお手柔らかにお頼み申し上げ候。 /ドイツばば
金持ちの妻濃い羽織藤袴 ドイツばば
●ギャ句 元句「家持の妻恋ひ日和藤袴」 牧長幸子/ドイツばば/ドイツばば
○ドイツばばくん、おお、いいじゃあ内科小児科肛門科。どれも、良いレベルに来ているギャ句〝じゃのう。うん、よしよしよし子さんじゃ。「愚痴仲間」「ダンプ」は、ワシは好きじゃ。まあ、たいへんなこともあろうは、ギャ句〝に奉公してもらいたいもんじゃ焼き。うほんうほん。

枯れ果てしもののけのなる藤袴 トマト使いめりるりら
●ギャ句でトマト。元句は「枯れ果てしものの中なる藤袴/高浜虚子」 /トマト使いめりるりら
○トマト使いめりるりらくん、うんうん、なんだか、蕭条とした景が見えてくるのう。いや、こういうギャ句〝もいいのう、いいのう、うほん。

藤袴殿道通るよ熊野へと なかの花梨
●ギャ句 元句は、藤袴どの道とるも熊野へと 伊丹三樹彦/なかの花梨
肉親というおせっかいなもの藤袴 なかの花梨
●ギャ句です。 元句は肉体というやっかいなもの藤袴 大西泰世/なかの花梨
○なかの花梨くん、そうかそうか草加せんべい。なんじゃ、よしあきくんかのう。送っておくことにしよう。2句目は、惜しい。上五の変換だけで良いのじゃ。ギャ句〝は、最小変化じゃ、ひとつ、よろしく、うほん。

羊羹を置く小みちはヌルヌル藤袴 にゃん
●ギャ句 元句「熔岩を置く小みちは濡るる藤袴」杉山岳陽/にゃん
藤袴切腹相当堪えけり にゃん
●ギャ句 元句「藤袴切腹衝動堪えけり」浅賀穀象虫/にゃん
ネクタイというやっかいなもの藤袴 にゃん
●ギャ句 元句「肉体というやっかいなもの藤袴」大西泰世/にゃん
藤袴ゆれれば井戸を見失ふ にゃん
●ギャ句 元句「藤袴ゆれれば色を見失ふ」山下美典/にゃん
羽釜炊く腰の高さの藤袴 にゃん
●ギャ句 元句「袴穿く腰の高さの藤袴」松崎鉄之介/にゃん
ナンパより興に入るなり藤袴 にゃん
●ギャ句 元句「丹波より京に入るなり藤袴」森澄雄/にゃん
大原女の老いをきかばや藤袴 にゃん
●ギャ句 元句「大原女の恋をきかばや藤袴」日野草城/にゃん
ややこ亡きあとも匂へり藤袴 にゃん
●ギャ句 元句「綾子亡きあとも匂へり藤袴」松崎鉄之介/にゃん
○にゃんくん、おお、なかなかのもんじゃ焼き。「ネクタイ」もいいひねりじゃ。「大原女」もなかなかご苦労があるのじゃのう。「ややこ」は泣けるのう。いや、よろしいよろしい。うほんうほん。

「ギャ句に挑戦!」重ひことふと声に出づ岩煙草 ひろ志
●原句は「想ひごとふと声に出づ藤袴/永方裕子」  /ひろ志
○ひろ志くん、いや、濁点消し変換か。やるのう。ひとつ、この調子で、よろしく哀愁!うほんごほん。

ギャ句゛ 一泊を牢にある日の藤袴 よしざね弓
●原句は「一泊を京にある日の藤袴  林 桂」です。/よしざね弓
ギャ句゛ 重い琴ふと声に出づ藤袴 よしざね弓
●原句は「思ひごとふと声に出づ藤袴  永方裕子」です。/よしざね弓
○よしざね弓くん、どうしたどうした竹下景子。何をしでかしたんじゃ。まあ、そんなこともアルじゃロウ。うほん。

ネクタイというやっかいなもの藤袴   亀田勝則
●ギヤ句です。元句「肉体というやっかいなもの藤袴 大西泰西」/亀田勝則
○亀田勝則くん、おおそうかそうか草加せんべい。キミもネクタイには苦労するのう。まあ、お城勤めもたいへんじゃ、うほんごほん。

ギャ句”: 藤袴見しよりくもる賜ばる酒 吉村よし生
●原句:藤袴見しよりくもる田原坂/桑原志朗/吉村よし生
ギャ句”:酒くさかりし雨の日の藤袴 吉村よし生
●原句:酒かくされて雨の日の藤袴/増山美島/吉村よし生
ギャ句”: 狩勝の方は雲なり藤袴 吉村よし生
●原句:雁坂の方は雲なり藤袴/村沢夏風 *雁坂(かりさか)峠は埼玉・山梨の県境に。狩勝(かりかち)峠は北海道の日高山脈に。/吉村よし生
ギャ句”:短波より京に入るなり藤袴 吉村よし生
●原句:丹波より京に入るなり藤袴/森澄雄 /吉村よし生
ギャ句”: 藤袴笠は何某桔梗笠 吉村よし生
●原句:藤袴笠は何笠桔梗笠/正岡子規/吉村よし生
ギャ句”: 家持(いへもち)の妻恋ひ日和藤袴 吉村よし生
●原句:家持(やかもち)の妻恋ひ日和藤袴/牧長幸子 /吉村よし生
○吉村よし生くん、ななになんじゃもんじゃの木。狩勝が雲なのか。まあ、よろしい。回り道をしよう。それにしても、家を持つのも、苦労じゃのう。うほんうほん。

紅かくされて雨の日の藤袴 久美
●酒かくされて雨の日の藤袴 増山美島 雨が降っても会いたい人がいる幸せとやっかみ!/久美
藤袴花の終りの50さい 久美
●藤袴花の終りの絮とばし 本岡歌子 女性は50さいからです。負けるな私!鏡見て言い聞かせる。ハハハ/久美
音たててまた来る瓜坊藤袴 久美
●音たててまた来る山雨藤袴 福田蓼汀 /久美
音たててまた来る姑藤袴 久美
●音たててまた来る山雨 福田蓼汀 新婚時代抜き打ち検査の様によくいらっしゃいました。/久美
○久美くん、まあ、そうかそうか草加せんべい。いろんなものが、来るのう。瓜坊も姑さんものう。うんうん、ごほん。

ギャ句 藤袴日和ひよどり花鳥か 玉京
●元句 藤袴日和ひよどり花晴か 岡井省二/玉京
ギャ句 藤袴笠は何笠市女笠 玉京
●元句 藤袴笠は何笠桔梗笠 正岡子規/玉京
○玉京くん、いや、ガンバってオール5。これからもガンバってオール5で言ってくれたまえ、うほん。

ギャ句゛:藤袴手折りたる香を身の程に 戸部紅屑
●原句:藤袴手折りたる香を身のほとり 加藤三七子/戸部紅屑
ギャ句゛:藤袴負目晴らして枯れにけり 戸部紅屑
●原句:藤袴折目正して枯れにけり 北見さとる/戸部紅屑
ギャ句゛:藤袴切腹騒動堪(こた)えけり 戸部紅屑
●原句:藤袴切腹衝動堪えけり 浅賀穀象虫/戸部紅屑
ギャ句゛:藤袴手に満ちたりどうもコスモス 戸部紅屑
●原句:藤袴手に満ちたれど友来ずも 橋本多佳子/戸部紅屑
ギャ句゛:うつろなる程煮た芋や無事か釜 戸部紅屑
●原句:うつろへる程似た色や藤ばかま 立花北枝/戸部紅屑
ギャ句゛:藤袴ゆれれば帰路を見失ふ 戸部紅屑
●原句:藤袴ゆれれば色を見失ふ 山下美典/戸部紅屑
ギャ句゛:肉代というやっかいなもの藤袴 戸部紅屑
●原句:肉体というやっかいなもの藤袴 大西泰世/戸部紅屑
ギャ句゛:藤袴何色と云ひ掛りされし 戸部紅屑
●原句:藤袴何色と云ひ難かりし 粟津松彩子/戸部紅屑
ギャ句゛:喪の列に着る旬ありし藤袴 戸部紅屑
●原句:喪の列に入る順ありし藤袴 青木綾子/戸部紅屑
ギャ句゛:月のものやぬしに問はれ藤袴 戸部紅屑
●原句:月のものくすしに問はれ藤袴 河村静香/戸部紅屑
ギャ句゛:藤袴地層顕わにして明るし 戸部紅屑
●原句:藤袴死相顕わにして明るし 橋閒石/戸部紅屑
ギャ句゛:ミスカラオケすこし拝めて藤袴 戸部紅屑
●原句:みづからをすこし咎めて藤袴 友岡子郷/戸部紅屑
ギャ句゛:生まれゆく色を色とし藤袴 戸部紅屑
●原句:すがれゆく色を色とし藤袴 稲畑汀子/戸部紅屑
ギャ句゛:丹波京出雲も照りぬ藤袴 戸部紅屑
●原句:丹波けふいづこも照りぬ藤袴 岡井省二/戸部紅屑
ギャ句:洋館廃屋小みち跳ぬる貉(むじな)かな 戸部紅屑
●原句:熔岩を置く小みちは濡るる藤袴 杉山岳陽/戸部紅屑
ギャ句:音たてて松山来るさ宇品から 戸部紅屑
●原句:音たててまた来る山雨藤袴 福田蓼汀/戸部紅屑
ギャ句:差は慣れや未知数から成る蒸しバナナ 戸部紅屑
●原句:嵯峨なれや道すがらなる藤袴 宮本すま子/戸部紅屑
ギャ句:無知だから吾も行かうなどガニメデへ 戸部紅屑
●原句:藤袴吾亦紅など名にめでて 高濱虚子/戸部紅屑
ギャ句:苗札の富士はトマトと世迷言 戸部紅屑
●原句:苗札のふぢばかまとぞ読まれける 山口青邨/戸部紅屑
ギャ句:サンバ四人急に要るなり無理パナマ 戸部紅屑
●原句:丹波より京に入るなり藤袴 森澄雄/戸部紅屑
ギャ句:虫歯かな子の言ふグレーのしめぢかな 戸部紅屑
●原句:ふじばかま此の夕ぐれのしめりかな 斯波園女/戸部紅屑
ギャ句:虫だからどの道捕るさ蜘蛛の糸 戸部紅屑
●原句:藤袴どの道とるも熊野へと 伊丹三樹彦/戸部紅屑
ギャ句:八代亜紀撫づるがごとき浮き輪かな 戸部紅屑
●原句:八一歌碑撫づるがごとく藤袴 和田春雷/戸部紅屑
ギャ句:薬缶持ちの妻コーヒー日和厨(くりや)から 戸部紅屑
●原句:家持の妻恋ひ日和藤袴 牧長幸子/戸部紅屑
○戸部紅屑くん、おお、なんとなんと南都銀行。ずいぶんガンバったじゃあ内科小児科肛門科。「煮た芋」は面白いが、やはり、変換は極力絞るのがギャ句〝の極意じゃ。変換技を際立てるには、焦点を絞ることじゃ。そういう意味では、「肉代」は、濁点変換だけじゃから、ギャ句〝の見本と言って良いのじゃ。まあひとつ、よろしく哀愁!うほんうほんごほん。

タラバけふいづこもテリーヌ藤袴 山香ばし
●ギャ句 元句は「丹波けふいづこも照りぬ藤袴/岡井省二」/山香ばし
廃れゆく色廃炉とし藤袴 山香ばし
●ギャ句 元句は「すがれゆく色を色とし藤袴/稲畑汀子」/山香ばし
藤袴紫蘇植わる輪にして明るし 山香ばし
●ギャ句 元句は「藤袴死相顕わにして明るし/橋閒石」/山香ばし
都無きや共に屠り藤袴 山香ばし
●ギャ句 元句は「綾子亡きあとも匂へり藤袴/松崎鉄之介」/山香ばし
藤袴城下かれい野を出づる 山香ばし
●ギャ句 元句は「藤袴白したそがれ野を出づる/三橋鷹女」/山香ばし
仲間吐く致死の高さの藤袴 山香ばし
●ギャ句 元句は「袴穿く腰の高さの藤袴/松崎鉄之介」/山香ばし
○山香ばしくん、おお、よろしいよろしい。「タラバ・・テリーヌ」は良く工夫したのう。いいのう、いいのう、伊能忠敬。「城下かれい」もいいのう。じゃが、野を出る城下かれいは、なかなかの変わりもんじゃのう、うほんごほん。

想ひごとふと声に出づ「んなバカな」 山内彩月
●ギャ句です。元句「想ひごとふと声に出づ藤袴/永方裕子」   思わず「そんな馬鹿な!」と。/山内彩月
藤袴白しやさぐれ野へ出づる 山内彩月
●ギャ句です。元句「藤袴白したそがれ野を出づる/三橋鷹女」   ささくれだった心に、優しい花です。/山内彩月
○山内彩月くん、ふんふんふん鹿の糞。いや、「んなバカな」は、ちと好きじゃ。笑わしてくれるじゃあ内科小児科肛門科。うほんうほん。

たまねぎをつつむ風呂敷藤袴  鹿沼 湖@木ノ芽
●原句 たまゆらをつつむ風呂敷藤袴 平井照敏/鹿沼 湖@木ノ芽
○鹿沼 湖@木ノ芽くん、うん、惜しい!音変換の基本は、出来るだけ、同じ列(あ音は、あ音。う音はう音)とすると聴感上の類似性で、鏡館がアルじゃロウ。もちろん、難しいが、それがギャ句〝じゃ、うほん。

藤袴この又ぐらのしめりかな 星埜黴円
●元句: 藤袴この夕ぐれのしめりかな  園女/星埜黴円
ダンパより興に入るなり藤袴 星埜黴円
●元句: 丹波より京に入るなり藤袴  森澄雄/星埜黴円
重いこと太声に出づ藤袴 星埜黴円
●元句: 想ひごとふと声に出づ藤袴  永方裕子/星埜黴円
何度余を討てど果てずや藤袴 星埜黴円
●元句: 何と世を捨ても果てずや藤袴  路通/星埜黴円
魚ゐて木に登りをり藤袴 星埜黴円
●元句: 重なりて木の暮れてをり藤袴  永田耕一郎/星埜黴円
喪の列に松潤ありし藤袴 星埜黴円
●元句: 喪の列に入る順ありし藤袴  青木綾子/ 松潤っていったら、MJのことです。/星埜黴円
ふぢばかま道ばたの海にクリオネ 星埜黴円
●元句: ふぢばかま道ばたの海濁りをり  伊藤東吉/星埜黴円
幾代経し禿の皺かも藤袴 星埜黴円
●元句: 幾代経し蔵の罅かも藤袴  松井葵紅/ この句の表記は、歳時記によって「幾代」と「幾世」の2バージョンがありました。/星埜黴円
用便を置く小みちは濡るる藤袴 星埜黴円
●元句: 溶岩を置く小みちは濡るる藤袴  杉山岳陽/星埜黴円
藤袴弑したせがれ野を出づる 星埜黴円
●元句: 藤袴白したそがれ野を出づる  三橋鷹女/星埜黴円
藤袴手に満ちたれど髪来ずも 星埜黴円
●元句: 藤袴手に満ちたれど友来ずも  橋本多佳子/星埜黴円
藤袴吾もこうだとおめでたい 星埜黴円
●元句: 藤袴吾亦紅など名にめでて  高浜虚子/星埜黴円
○星埜黴円くん、おお、また、ガンバったじゃあ内科小児科肛門科。おまけにリューマチ科。「松潤」「クリオネ」は、まあ、馬鹿らしくてワシは、好きじゃ。しかし、どうも、禿の皺が気になるのは、何でだろう何でだろう。まあ、よろしい。うほんげほん、ごほごほ。

モノリスに入る順ありし藤袴 西村小市
●ギャ句゛@原句は《喪の列に入る順ありし藤袴/青木綾子》/西村小市
タンゴより興に入るなり藤袴 西村小市
●ギャ句゛@原句は《丹波より京に入るなり藤袴/森澄雄》/西村小市
幾代経し蔵の秘夢かも藤袴 西村小市
●ギャ句゛@原句は《幾代経し蔵の罅かも藤袴/松井葵紅》/西村小市
性なるや道すがらなる藤袴 西村小市
●ギャ句゛@原句は《嵯峨なれや道すがらなる藤袴/宮本すま子》/西村小市
国体というやっかいなもの藤袴 西村小市
●ギャ句゛@原句は《肉体というやっかいなもの藤袴/大西泰世》/西村小市
重いことふと声に出づ藤袴 西村小市
●ギャ句゛@原句は《想ひごとふと声に出づ藤袴/永方裕子》/西村小市
音たててまた来るサンバ藤袴 西村小市
●ギャ句゛@原句は《音たててまた来る山雨藤袴/福田蓼汀》/西村小市
重なりて手の触れてをり藤袴 西村小市
●ギャ句゛@原句は《重なりて木の暮れてをり藤袴/永田耕一郎》 エスと言ってもわかる人は少なくなったかもしれません。/西村小市
○西村小市くん、いやどうもどうも金子どうだです。「モノリス」は入る順があったとはのう。いや、勉強になった。しかし、今週は、「タンゴ」や「ダンパ」や、みなさん、いろんな事に興にいっておるのう。まあそれも、「性」じゃのう。いや、よくガンバってくれて、嬉しいのう、うほんごほん。

担架より京に入るなり藤袴 川越羽流
●原句 丹波より京に入るなり藤袴/森澄雄  たらい回しで京都まで。/川越羽流
藤袴靴下削がれ能出づる 川越羽流
●原句 藤袴白したそがれ野を出づる/三橋鷹女  足袋にかえてください。/川越羽流
藤袴色富みつつも淡かりし 川越羽流
●原句 藤袴色と見つつも淡かりし/稲畑汀子/川越羽流
藤袴落ち目たらしの彼逃げり 川越羽流
●原句 藤袴折目正して枯れにけり/北見さとる/川越羽流
重いよとふと声に出ず米俵 川越羽流
●原句 想いごとふと声に出ず藤袴/永方裕子/川越羽流
苗札をぶちまけてとぞ踏まれける 川越羽流
●原句 苗札をふぢばかまとぞ読まれける/山口青邨/川越羽流
性なれや艶姿なる藤あや子 川越羽流
●原句 嵯峨なれや道すがらなる藤袴/宮本すま子/川越羽流
すがれゆく色をとこだね藤岡弘 川越羽流
●原句 すがれゆく色を色とし藤袴/稲畑汀子/川越羽流
回文 知らぬ間か端踏み藤袴濡らし 川越羽流
●しらぬまかはしふみふしはかまぬらし/川越羽流
声嗄れて無事だからとも言えずなり 川越羽流
●原句 立ち枯れて藤袴とも見えずあり/清崎敏郎/川越羽流
多尿意も夜さむに成てぶちまける 川越羽流
●原句 寝用意も夜さむに成てふぢばかま/千川/川越羽流
藤袴とておだて来し蕾もつ 川越羽流
●元句 藤袴とてそだて来し蕾もつ/山口青邨  豚もおだてりゃ・・・。/川越羽流
重いよとふと声に出ず藤袴 川越羽流
●元句 想ひごとふと声に出ず藤袴/永方裕子  ちょっと大きくなった子の抱っこ。/川越羽流
うろたへる程似た人や藤ばかま 川越羽流
●元句 うつろへる程似た色や藤ばかま/立花北枝/川越羽流
乱闘をしてもバテずや藤袴 川越羽流
●元句 何と世を捨ても果てずや藤袴/路通/川越羽流
立ち退きの後荷物ありふぢばかま 川越羽流
●元句 橘の後に物ありふぢばかま/沢露川/川越羽流
藤袴手折りたる顔見る仏 川越羽流
●元句 藤袴手折りたる香を身のほとり/加藤三七子  折ったりしてごめんなさい。/川越羽流
サンバより興に入るなり藤袴 川越羽流
●元句 丹波より京に入るなり藤袴/森澄生/川越羽流
万華鏡いづこも照りぬ藤袴 川越羽流
●元句 丹波けふいづこも照りぬ藤袴/岡井省二/川越羽流
立ち枯れて無事墓場とも見えずあり 川越羽流
●元句 立ち枯れて藤袴とも見えずあり/清崎敏郎/川越羽流
白猫の目つきやさしや藤袴 川越羽流
●元句 白がねの目ぬきやさしや藤袴/濱田酒堂  白猫は頭のいい子が多いです。/川越羽流
あさってもひねもすのたり藤袴 川越羽流
●元句 あさっての花も済みたり藤袴/金子晋  今日も明日もあさっても。/川越羽流
眠たいというやっかいなもの藤袴 川越羽流
●元句 肉体というやっかいなもの藤袴/大西泰世  昼食後は特に。/川越羽流
○川越羽流くん、いやあ、キミもガンバったじゃあ内科小児科肛門科。そして、なかなかのもんじゃ焼き。「担架」は心配じゃのう。まあ、最近聞くことも有るのが、心配じゃ。「色富みつつも」は、よく区切れと漢字の複合変換を発見した!いやあ、たくさん読ませてもらった。ワシも、眠たいので、続きは明日にするもんじゃ焼き。うほんうほん。

音立てて屁するハチ公藤袴 北村 崇雄@TFP句会
●ギャ句"です。 原句は「音たててまた来る山雨藤袴」(福田蓼汀)。/北村 崇雄@TFP句会
音立ててスープにパスタ藤袴 北村 崇雄@TFP句会
●ギャ句"です。 原句は「音たててまた来る山雨藤袴」(福田蓼汀)。/北村 崇雄@TFP句会
風呂場より寮に入るなり藤袴 北村 崇雄@TFP句会
●ギャ句"です。 原句は「丹波より京に入るなり藤袴」(森澄雄)。/北村 崇雄@TFP句会
サンバより能に入るなり藤袴 北村 崇雄@TFP句会
●ギャ句"です。 原句は「丹波より京に入るなり藤袴」(森澄雄)。/北村 崇雄@TFP句会
藤袴カニかまの朱の明るし 北村 崇雄@TFP句会
●ギャ句"です。 原句は「藤袴死相顕わにして明るし」(橋閒石)。/北村 崇雄@TFP句会
藤袴学童の頬の明るし 北村 崇雄@TFP句会
●ギャ句"です。 原句は「藤袴死相顕わにして明るし」(橋閒石)。/北村 崇雄@TFP句会
ゴーフルをつつむプチプチ藤袴 北村 崇雄@TFP句会
●ギャ句″です。 原句は「たまゆらをつつむ風呂敷藤袴」(平井照敏)。 /北村 崇雄@TFP句会
消しゴムもつつむAmazon藤袴 北村 崇雄@TFP句会
●ギャ句″です。 原句は「たまゆらをつつむ風呂敷藤袴」(平井照敏)。/北村 崇雄@TFP句会
○北村 崇雄@TFP句会くん、おお、なかなかのガンバリじゃ。よろしいよろしい。しかーし、「最小の音変換による最大の意味変換」という基本をもう一度、確認しておくぞ。「最小の音変換による最大の意味変換」じゃ。大事なことなので、2度言いました。意味変換はよく出来てオール5。まずは、変関数を少なく、うほんうほん。

オムレツに炒る順ありし藤袴 北藤詩旦
●ギャ句゛:原句◇喪の列に入る順ありし藤袴 青木綾子/北藤詩旦
聞き流すタモリの雑音藤袴 北藤詩旦
●ギャ句゛:原句◇聞き流すつもりの雑音藤袴 落合よう子/北藤詩旦
藤袴満腹衝動堪えけり 北藤詩旦
●ギャ句゛:原句◇藤袴切腹衝動堪えけり 浅賀穀象虫/北藤詩旦
○北藤詩旦くん、どうもどうもどうだです。いや、がんばってくれたようじゃ。どのギャ句〝も、なかなかのもんじゃ焼き。ワシは、「タモリ」がちと、好きじゃ。1音変換という基本にも忠実じゃ。ひとつその調子で、よろしく哀愁!うほん。

音立ててまた来る山姥藤袴 有田みかん
●ギャ句です。元句は 音立ててまた来る山雨藤袴 福田寥汀/有田みかん
藤袴ゆれれば恋を見失う 有田みかん
●ギャ句です。元句 藤袴ゆれれば色を見失う 山下美典/有田みかん
滝の上に熊現われて落ちにけり 有田みかん
●ギャ句です。 滝の上に水現れて落ちにけり 後藤夜半/有田みかん
蟷螂の群れ立つは乱あるごとし 有田みかん
●ギャ句です。 向日葵の群れ立つは乱あるごとし 大串章/有田みかん
○有田みかんくん、いやどうもどうもどうだです。ギャ句〝をガンバルのはありがたい。まあ、恋を見失うほどにがんばることはない。ただ、兼題「藤袴」の元句からにしてもらいたいのじゃ。元句はその週の兼題句!ひとつ、よろしく哀愁!うほんうほん。

想ひごと太声に出づ藤袴 夕虹くすん
●ギャ句です。元句 「想いひごとふと声に出づ藤袴」 永方裕子/夕虹くすん
藤袴手折るお煎を身のほとり 夕虹くすん
●ギャ句です 元句「藤袴手折りたる香を身のほとり」 加藤三七子 /夕虹くすん
○夕虹くすんくん、そうかそうか草加せんべい。キミも太声じゃな。まあ、誰も居ないところなら大丈夫じゃ。いや、今週も、みなさん、ギャ句〝をガンバったじゃあ内科小児科肛門科。うほんうほんごほん。

◆今週の「聞き做し季語」?!
 兼題の季語が、耳にどう聞こえるか?……というクダラナイ試み。

●「聞き倣し季語」古羽釜 ひろ志
○ひろ志くん、おお、道具を大事にのう、旨いメシを頼むぞ、うほんごほん。

藤井バカな!(藤井さん!何てことしてるの!の意。)・夫人バハマ 花芭蕉句会・さとう菓子
●「聞き做し季語」/花芭蕉句会・さとう菓子
○花芭蕉句会・さとう菓子くん、ほほう、なかなかの良い耳をしてオール5。世の中が楽しいのう、うほんごほん。

牛若丸、富士仲間、斑な河馬、ウチは釜、牛なカバ、節は鎌、蛆の皮。 星埜黴円
●聞き做し季語です。/星埜黴円
○星埜黴円くん、キミの耳も、なかなかのもんじゃ焼き。「斑な河馬」はちと、好きじゃ、うほんうほんごほん。

「聞き做し季語」富士ヶ浜、9時?馬鹿な… 竹織
●言葉が先に浮かび、まさかと思って調べたら高知県にありました。富士ヶ浜。富士山は見えないと思うけれど。/竹織
○竹織くん、おお、そうかそうか草加せんべい。まあ昔は富士が見えたかものう。うほんうほん。

◆今週の「なんちゃって回文」

種蒔かば地覆の草愚作の句藤袴ネタ くろべぇ
●なんちゃって回文 たねまかばじふくのくさぐさくのくふじばかまねた/くろべぇ
○くろべぇくん、いやどうもどうもどうだです。始めに、意味の分かる回文が出てくるとホットスナックじゃ。まあ、愚策、いや、愚作と言わず、これからも、よろしく哀愁!うほんうほん。

●「なんちゃって回文」よのするふじばかまひまかばじふするのよ(何だかこんがらがってしまいまいました~泣。タイムオーバー!)/花芭蕉句会・さとう菓子
○花芭蕉句会・さとう菓子くん、うーん、なんだか少し違う気もするが、まあ、そんなもんじゃ焼き。早口言葉を言い間違えたようで、面白いわい、うほん。

藤袴九つの此処蒔かば十 遠音
●回文俳句。ふじばかまここのつのここまかばじふ/そうだよ、よく知ってるねぇ?なんだい、叶えたい望みがあるのかい?これに首を突っ込んでくるのは大概、身の丈を過ぎた望みを抱えている輩ばかりだからねぇ。んん、御託はいいからくれるのかどうかって?あんたも大概図々しいねぇ。はぁ。この藤袴の花の首が十本に分かれているものはね、自然と生えてはこない。まじないが要るんだよ。あんたにゃ無理だ。え、馬鹿にするなって?馬鹿になんかしてないよ。ただ無理なんだよ。だってあんた、九歳じゃないだろ?この十枝の藤袴はね、九歳でないと造り出せないのさ。ななつ、やっつ、ここのつ…「つ」が取れる間際、その指だけが、この花を生み出せるんだ。ここの花壇にぱらりぱらとおぼつかないおよびでまくここのつのうた、うたはまじないだ。あんた、うたえる?変声期の前の声で、魂のかたちのさだまりきらない震えのままに、さ?わかったかい?あきらめな。悪いことは言わないから。うん。/遠音
○遠音くん、いやどうもどうもどうだです。いや、今週も物語るのう。よろしいよろしい。手毬唄のようじゃのう。ひとつ、この調子で、ガンバってもらいたい、うほんうほん。

私 藤袴 いまカバ自負したわ 塩の司厨長
●(わたしふじばかまいまかばじふしたわ) どうだ先生、ご無沙汰しております。久方ぶりに回文俳句 (らしきモノ) が出来ました。躊躇う事を捨てたカバの捨て身の一句です。 /塩の司厨長
○塩の司厨長くん、ほほう、いいじゃあ内科小児科肛門科。まあ、人間、というか、河馬というか、おのれを再確認するのも大丈夫じゃ。うほんうほんごほん。

泣かすさ藤袴蚊は恥部刺すかな 星埜黴円
●回文です。 なかすさふぢばかまかはちぶさすかな/星埜黴円
藤袴綺羅雲昏き禍は死符 星埜黴円
●回文です。 ふじばかまきらぐもくらきまがはしふ/星埜黴円
魔が八分闇死す染みや藤袴 星埜黴円
●回文です。 まがはちぶやみしすしみやふぢばかま/ 今回の回文は、三句ですが、いずれも初秋の爽やかな雰囲気ですねっ。/星埜黴円
○星埜黴円くん、おお、おお、いいじゃあ内科小児科肛門科。おまけにリューマチ科。初秋の爽やかな・・・・?それにしても、大事なところは隠して寝なさい、うほんうほんごほん。

湯着閉づ藤袴かはしふつと消ゆ 西川由野
●回文です「ゆぎとづふじばかまかはしふつときゆ」 /西川由野
この筆紛はし藤袴蝶の娘 西川由野
●回文です「このふでまがはしふじばかまてふのこ」 /西川由野
○西川由野くん、いやあ、たおやかな景じゃ。なかなかのもんじゃ焼き。1句目は温泉宿かのう、いいのういいのう伊能忠敬。うほんうほん。

回文 草の間が端増え藤袴の咲く 川越羽流
●くさのまかはしふえふしはかまのさく/川越羽流
回文 駅に居藤袴か端ふいに消え 川越羽流
●えきにいふしはかまかはしふいにきえ/川越羽流
○川越羽流くん、2句目は、秋の階段、いや、怪談かのう。よろしいよろしい。いや、回文も、みなさん、よくがんばった。次週も楽しみじゃ。まあ、ひとつ、よろしく哀愁!うほんうほんごほん。

 

※『俳句ポスト365』の文字が小さすぎる?
 この問題に関しては「それぞれのパソコンの個性によって見え方が違ってくるので、統一して同じ大きさにするのが難しい」のだそうです。次の方法でひとまず対処して下さい。
 「CTRL(コントロール)」のキーを押さえておいて「+(プラス)」のキーを押すと、自動的に文字が拡大されます。同じ方法で「-(マイナス)」のキーを押すと小さくなります。一度この方法を試してみて下さい。

よしあきくん

ページの先頭